北海道ƒeƒXƒg‚O‚P北海道十三仏霊場    
霊場(れいじょう)とは神仏の霊験あらたかな場所の意で、神社・仏閣などの宗教施設やゆかりの地など、神聖視される場所をいう。古くから信仰の対象になっており、現在でもお遍路や修験者などの往来の多いところがある。 恐山、比叡山、高野山など数多くの霊場が存在する。その多くは山岳信仰に根ざしたものであるが、全ての霊場が山にあるとは限らない。志度寺(四国八十八箇所)のように海沿いの霊場や、弁天洞窟(東京都稲城市)のような地下霊場も存在する。 また、日本では西国三十三所、坂東三十三箇所、秩父三十四箇所を合わせて日本百観音と呼ぶ。「百観音」という言葉そのものは平安時代からあり、その内容は時代と共に移り変わってきたが、現在では上記の霊場を百観音とする定義が一般的である。

北海道三十三観音霊場    
北海道三十三観音霊場(ほっかいどうさんじゅうさんかんのんれいじょう)は、北海道にある33か所の観音霊場のこと。

北海道三十六不動尊霊場    
霊場(れいじょう)とは神仏の霊験あらたかな場所の意で、神社・仏閣などの宗教施設やゆかりの地など、神聖視される場所をいう。古くから信仰の対象になっており、現在でもお遍路や修験者などの往来の多いところがある。 恐山、比叡山、高野山など数多くの霊場が存在する。その多くは山岳信仰に根ざしたものであるが、全ての霊場が山にあるとは限らない。志度寺(四国八十八箇所)のように海沿いの霊場や、弁天洞窟(東京都稲城市)のような地下霊場も存在する。 また、日本では西国三十三所、坂東三十三箇所、秩父三十四箇所を合わせて日本百観音と呼ぶ。「百観音」という言葉そのものは平安時代からあり、その内容は時代と共に移り変わってきたが、現在では上記の霊場を百観音とする定義が一般的である。

有珠善光寺 北海道伊達市有珠町124番地    
有珠善光寺(うすぜんこうじ)は、北海道伊達市にある寺院。「善光寺跡」として国の史跡に指定されている。 境内には春は桜から始まりツツジやアジサイ、牡丹など〈花の寺〉として有名。大銀杏など紅葉も楽しめる。

永祥寺 北海道帯広市西三条2丁目   曹洞宗  
永祥寺(えいしょうじ)は、北海道十勝地方帯広市に所在する曹洞宗の寺院。山号は十勝山(じっしょうざん)で、本尊は釈迦牟尼仏。創建年は1903年(明治36年)。

永専寺 北海道網走市南6条東2   真宗大谷派  
永専寺(えいせんじ)は、北海道網走市にある真宗大谷派の寺院。網走市街地の国道244号沿いに建つ。長らく網走監獄の教誨師を務めた僧侶・寺永法専が住職であった寺で、その縁から1924年(大正13年)に旧網走監獄正門が当山の門として払い下げられた。現在は旧網走監獄正門のある寺として広く知られる。

教願寺 北海道札幌市北区篠路町上篠路21番地   真宗大谷派  
教願寺(きょうがんじ)は、北海道札幌市北区篠路町上篠路21番地にある真宗大谷派の寺院。本山は京都の東本願寺(真宗本廟=通称:お東)。札幌市内の真宗大谷派の末寺では歴史ある寺院。現如上人が北海道開拓の折、当地にたたれ、この地に一寺建立の発願により創設。当時の真宗大谷派では、東の苗穂村に法国寺、西の琴似村に浄恩寺、南の豊平村に慧林寺、北の篠路村に教願寺が建立された。

金龍寺 (石狩市) 北海道石狩市新町4    
金龍寺(きんりゅうじ)は北海道石狩市新町4にある日蓮宗の寺院。幕末の石狩に建てられた4寺のひとつ。旧本山は、函館実行寺。 1857年(安政4年)創建。荒井金助の弟である栄太郎が、井上氏を継いだものの早世して断絶してしまったため、その菩提を弔うため建立された。 達磨なる人物から龍の夢を見たと語って聞かされた、京都の公家の3男である外山貞妙が、荒井金助の「金」と「龍」を組み合わせて寺名としたもので、当初は「金龍庵」と称した。 境内の手水鉢は石狩弁天社の旧蔵品で、石狩市内最古の石造品である。

金輪王寺 北海道亀田郡七飯町大川392    
金輪王寺(きんりんのうじ)は、北海道亀田郡七飯町大川392にある寺院である。

光顕寺 (北海道幌加内町)    
光顕寺(こうけんじ)は、北海道雨竜郡幌加内町朱鞠内にある真宗大谷派の寺院。本堂は「朱鞠内旧光顕寺・笹の墓標展示館」となっている。

光善寺 (北海道松前町) 北海道松前郡松前町松城303   知恩院末(知恩院派)  
光善寺(こうぜんじ)は、北海道松前町にある浄土宗の寺院。山号は高徳山。

高野寺 (函館市) 北海道函館市住吉町12-13   高野山真言宗  
高野寺(こうやじ)は、北海道函館市にある高野山真言宗の寺院。山号は北南山。高野山金剛峯寺大日堂から下付された藤原期の大日如来を本尊としている。北海道三十三観音霊場1番札所。

高龍寺 北海道函館市船見町21-11    
国華山高龍寺(こうりゅうじ)は、北海道函館市にある曹洞宗の寺院。函館市内にある最古の寺院である。

国泰寺 (北海道厚岸町) 北海道厚岸郡厚岸町湾月町1丁目15   臨済宗南禅寺派  
国泰寺(こくたいじ)は、北海道厚岸郡厚岸町(創建時は釧路国)のバラサン岬に所在する臨済宗南禅寺派の仏教寺院。山号は景運山。国の史跡に指定されている。

直行寺 (小樽市) 北海道小樽市緑1丁目23-8   浄土宗  
直行寺(じきぎょうじ)は、北海道小樽市にある浄土宗の寺院である。山号は金元山。

実行寺 (函館市) 北海道函館市船見町18-18    
実行寺(じつぎょうじ)は、北海道函館市船見町にある日蓮宗の寺院。箱館(現在の函館)開港後は一時ロシア領事館の仮止宿所としても使用された。

聖教寺 (北海道士幌町) 北海道河東郡士幌町字士幌西2線167   真宗大谷派  
聖教寺(しょうきょうじ)は、北海道河東郡士幌町(十勝地方)にある真宗大谷派の寺院である。

勝福寺 (士別市) 北海道士別市下士別町40線東3   真宗大谷派  
勝福寺(しょうふくじ)は、北海道士別市下士別町にある真宗大谷派の寺院である。山号は紫雲山。

正法寺 (函館市) 北海道函館市高盛町18-1    
正法寺(しょうぼうじ)は、北海道函館市に所在する日蓮正宗の寺院。山号は真実山(しんじつざん)。

真宗大谷派函館別院 北海道函館市元町16-15   真宗大谷派  
真宗大谷派函館別院(しんしゅうおおたにははこだてべついん)は、北海道函館市元町にある真宗大谷派の寺院である。同派の別院。「真宗本廟」(「東本願寺」)を本山と仰ぐ。「東本願寺函館別院」とも呼ばれる。

精周寺 小樽市最上2丁目15-33   真言宗豊山派  
精周寺(せいしゅうじ)は、小樽市にある真言宗豊山派の寺。本尊は大日如来(胎蔵界)。北海道三十三観音霊場8番札所。

清隆寺 根室市松本町2-2   真言宗智山派  
清隆寺(せいりゅうじ)は、根室市にある真言宗智山派の寺院。本尊は不動明王。北海道三十三観音霊場22番札所。

千光寺 (登別市) 北海道登別市登別市中央町2-1-3    
千光寺(せんこうじ)は、北海道登別市にある高野山真言宗の寺院。山号は幌別山。本尊は大日如来。 この寺は、1893年(明治26年)に創建されたのに始まる。

曹源寺 (石狩市) 北海道石狩市弁天町20   曹洞宗  
曹源寺(そうげんじ)は北海道石狩市弁天町20にある曹洞宗の寺院。幕末の石狩に建てられた4寺のひとつ。 1863年(文久3年)創建。 境内の馬頭観世音はもともと花畔(ばんなぐろ)北三線にあったもので、堤防工事の影響で移転してきたものである。

大雄寺 (北海道伊達市) 北海道伊達市元町18番地    
伊達市(だてし)は、北海道の道央地方南部に位置し、胆振総合振興局の西いぶり地域に属する市。市名は、明治時代初期に東北地方から入植した亘理伊達氏が開拓したことに由来する。

天融寺    
天融寺(てんゆうじ)は、北海道恵庭市上山口476にある真宗大谷派の寺院。

等澍院 北海道様似郡様似町潮見台11- 4    
等澍院(とうじゅいん)は、北海道様似郡様似町にある天台宗の寺院。山号は歸嚮山(ききょうざん)。

能量寺 北海道石狩市親船町26   真宗大谷派  
能量寺(のうりょうじ)は北海道石狩市親船町26にある真宗大谷派の寺院。幕末の石狩に建てられた4寺のひとつ。

法源寺 (北海道松前町) 北海道松前郡松前町松城341   曹洞宗  
法源寺(ほうげんじ)は、北海道松前町にある曹洞宗の寺である。

法華寺 (北海道せたな町)    
法華寺(ほっけじ)は、北海道久遠郡せたな町大成区都にある日蓮宗の寺院。山号は久遠山。

法性寺 (石狩市) 北海道石狩市弁天町15    
法性寺(ほっしょうじ)は北海道石狩市弁天町15にある浄土宗の寺院。幕末の石狩に建てられた4寺のひとつ。 1856年(安政3年)6月、蝦夷三官寺のひとつである有珠善光寺の末寺として、アイヌへの布教を目的に開かれた。開山にあたって、江戸幕府より紫地に葵の紋入りの幔幕と、同じく紋入りの高張提灯を授けられている。

本願寺小樽別院 〒047-0017 北海道小樽市若松1丁目4番17号   浄土真宗本願寺派  
浄土真宗本願寺派(じょうどしんしゅうほんがんじは)とは、浄土真宗の宗派の1つで、宗教法人法による宗教法人(包括宗教法人)である。宗祖親鸞の墓所である「大谷廟堂」を発祥とする「本願寺」(「西本願寺」)を本山とする。2014年12月31日現在の被包括宗教団体数は10,329。本派(ほんぱ)、お西(おにし)の通称がある。

萬念寺 北海道岩見沢市栗沢町万字幸町75   西山禅林寺派  
萬念寺(まんねんじ)は、北海道岩見沢市栗沢町にある浄土宗西山禅林寺派の寺院。山号は慈光山。本尊は阿弥陀如来である。髪の毛が伸びる人形「お菊人形」で有名。

密厳寺 (北海道余市町) 北海道余市郡余市町大川町10丁目17番地   真言宗豊山派  
密厳寺(みつごんじ)は、北海道余市郡余市町にある真言宗豊山派の寺。本尊は十一面観音、秘佛歓喜天、大日如来。

妙法寺 (旭川市) 北海道旭川市6条通19丁目右   日蓮宗  
妙法寺(みょうほうじ)は、北海道旭川市6条通19丁目右にある日蓮宗の寺院。山号は延寿山。旧本山は身延山久遠寺。

龍澤寺 (石狩市) 北海道石狩市厚田区古潭2    
龍澤寺(りゅうたくじ)は北海道石狩市厚田区古潭2にある曹洞宗の寺院。竜沢寺とも表記される。 水道が普及する以前、海沿いの土地である厚田は総じて飲料水の確保が難しく、古潭で唯一の井戸があった龍澤寺には炊飯時や渇水期になると、手桶やバケツを持った人々が長蛇の列を作ったという逸話がある。

龍徳寺 (小樽市) 北海道小樽市真栄1丁目3-8   曹洞宗  
龍徳寺(りゅうとくじ)は、北海道小樽市にある曹洞宗の寺院である。山号は海雲山。

慧照寺 (札幌市) 北海道札幌市南区澄川458-10   真宗大谷派  
慧照寺(えしょうじ)は、北海道札幌市南区澄川にある真宗大谷派の寺院である。

経王寺 (札幌市) 北海道札幌市豊平区豊平4条3丁目2-1   日蓮宗  
経王寺(けいおうじ)は北海道札幌市豊平区豊平にある日蓮宗の寺院。山号は妙法華山。旧本山は身延山久遠寺、小西法縁。

定山寺 北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目247   曹洞宗  
定山寺(じょうざんじ)は、北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目にある曹洞宗の寺。山号は「大徳山」。 1866年ごろより定山渓温泉を整備して温泉宿を造営した美泉定山によって開基された。 札幌市では最古の歴史を持つ寺の一つである。付近の定山渓温泉の町と共に伝統を受け継ぎ、現在に至っている。なお、「定山寺」や定山渓温泉もある定山渓が札幌市域に含まれるのは、1961年4月以降のことである。 同寺は、定山渓の地名の由来になった美泉定山の遺品を数多く保管している。

真宗大谷派札幌別院 札幌市中央区南7条西8丁目290   真宗大谷派  
真宗大谷派札幌別院(しんしゅうおおたにはさっぽろべついん)は、札幌市中央区南7条西8丁目にある真宗大谷派の寺院である。同派の別院。真宗本廟(東本願寺)を本山と仰ぐ。別名、「東本願寺札幌別院」。

新善光寺 (札幌市) 北海道札幌市中央区南6条西1丁目   浄土宗  
北縁山 廣度院新善光寺(ほくえんざん こうどいん しんぜんこうじ)は北海道札幌市中央区南6条西1丁目にある浄土宗の寺院。山号は北縁山(ほくえんざん)、院号は増上寺と同じ廣度院(こうどいん)。 『札幌市史』や『日本歴史地名大系』によれば、札幌の「五大寺院」の一つであるという。また、北海道における浄土宗の「中心的寺院」、「開教の代表的寺院」であるともされる。

善道寺 北海道札幌市豊平区豊平4条11丁目5-11   浄土宗  
善道寺(ぜんどうじ)は札幌市豊平区豊平4条11丁目5-11にある浄土宗の寺院である。

大覚寺 (札幌市) 北海道札幌市東区北10条東11丁目2-10    
大覚寺(だいかくじ)は北海道札幌市東区北10条東11丁目2-10にある曹洞宗の寺院。 1920年(大正9年)に建てられた山門は北海道内で最大といわれ、「元村街道と大覚寺の山門」としてさっぽろ・ふるさと文化百選No.089に選定されている。ただし元村街道の後身である北海道道273号花畔札幌線は寺の北側を通っているのに対し、山門は東を向いており、方角が一致していない。寺の関係者によると、かつては山門の側を伏籠川が流れていたとのことであり、21世紀現在に比べて伏籠川の流路が複雑に蛇行していたことをうかがわせる。昭和30年代の航空写真を見る限りでは、参拝者は伏籠川に架けられた橋を渡って山門をくぐっていたようである。 境内のイチョウ、シダレヤナギ、ヤチダモら6本の樹木が、札幌市によって保存樹に指定されている。

大乗院 (札幌市) 北海道札幌市中央区宮の森1263−3   曹洞宗  
大乗院(だいじょういん)は、北海道札幌市中央区宮の森1263−3にある曹洞宗の寺院。薬王寺と国安寺の2寺が大乗院によってまとめられている。中央区宮の森と盤渓を結ぶ峠を越える山道沿いにあり、木々が繁る季節になると周囲の緑が美しい。寺の前にはばんけいバスの「大乗院お寺前」停留所がある。 境内には不動明王や観音菩薩など多様な像が置かれており、門前にはなぜか狸の置物まである。 当寺院の大鏧(だいきん…大型の鉢)は世界一の大きさといわれる。直径2.4メートル、高さ2.1メートル、重さは3トンに及ぶ。一度鳴らしたなら、1分30秒は振動し続けるという。

中央寺 (札幌市) 北海道札幌市中央区南6条西2丁目1   曹洞宗  
中央寺(ちゅうおうじ)は北海道札幌市中央区南6条西2丁目にある曹洞宗の仏教寺院。山号は實相山。大本山永平寺直末。

豊川稲荷札幌別院 札幌市清田区北野7条2丁目8-18(本院) 北海道札幌市中央区南7条西4-1-1(祖院)   曹洞宗  
豊川稲荷札幌別院(とよかわいなりさっぽろべついん)は、本院が北海道札幌市清田区北野7条2丁目8-18、祖院が中央区南7条西4丁目1-1にある曹洞宗玉宝禅寺の別称である。 豊川稲荷(愛知県豊川市)の別院である。祖院は明治31年(1898年) 開創。本院は昭和59年(1984年)建立。

成田山札幌別院新栄寺 北海道札幌市中央区南7条西3-2   真言宗智山派  
成田山札幌別院新栄寺(なりたさんさっぽろべついんしんえいじ)は、北海道札幌市中央区南7条西3丁目2にある真言宗智山派の寺院である。名称に成田山が付いている通り、千葉県成田市にある成田山新勝寺の札幌別院である。北海道三十三観音霊場九番札所。北海道三十六不動尊霊場三十六番札所。

日正寺 (札幌市) 日本北海道札幌市北区北36条西4丁目1番1号   日蓮正宗  
日正寺(にっしょうじ)は、北海道札幌市北区に所在する日蓮正宗の寺院。山号は法泉山(ほうせんざん)。

佛願寺 北海道札幌市南区石山東6丁目1-24   往生宗  
佛願寺、仏願寺(ぶつがんじ)は北海道札幌市南区石山東6丁目1-24に所在する寺院。

本願寺札幌別院 札幌市中央区北3条西19丁目2-1   浄土真宗本願寺派  
本願寺札幌別院(ほんがんじさっぽろべついん)は、札幌市中央区北3条西19丁目にある浄土真宗本願寺派の寺院。同派の別院。本願寺(西本願寺)を本山と仰ぐ。 住職は浄土真宗本願寺派門主であるが、実際の業務は輪番が務める。北海道教区の教化センターとして、建物内に北海道教区教務所などを置く。 すすきのにある真宗大谷派(東本願寺)の札幌別院は、正式名称を「真宗大谷派札幌別院」といい、区別される。

本龍寺 (札幌市) 北海道札幌市東区北14条東15丁目4-30    
本龍寺(ほんりゅうじ)は北海道札幌市東区にある日蓮宗の寺院。山号は妙見山。 石狩国札幌郡最古の寺刹で、江戸時代に札幌村の鎮守として建立された妙見堂があり、所蔵品には大友亀太郎守護神妙見菩薩像、開拓祖大友亀太郎筆の掛軸、大友家寄進の鰐口などがある。また、寺の境内には原田與作元札幌市長筆の札幌村創建百年記念碑も立つ。毎年8月1日・2日に行われる妙見尊大祭は札幌最古の祭りである。

妙覚寺 (札幌市) 北海道札幌市中央区円山西町   日蓮宗  
妙覚寺(みょうかくじ)は、北海道札幌市中央区円山西町にある日蓮宗の寺院。旧本山は市川市の大本山正中山法華経寺、小西法縁。師子相承の祖師像を祀る。

龍雲寺 (札幌市) 北海道札幌市北区篠路5条10丁目10-21    
龍雲寺(りゅううんじ)は北海道札幌市北区篠路5条10丁目10-21にある浄土宗の寺院。