オーサムサーチジャパン

北海道の観光スポット

クリックするとその項目に飛びます。
1.北海道
北海道(ほっかいどう)は、日本の北海道地方に位置する道。道庁所在地は札幌市。 47都道府県中唯一の「道」である。ブランド総合研究所による「都道府県の魅力度ランキング」で2021年現在、13年連続で1位に選ばれ、観光意欲度、産品購入意欲度でも1位、居住意欲度でも3位となっており、各意欲の面で高い評価を得ている。
人口:5,140,388人[編集](住民基本台帳人口、2022年12月31日)面積:83,423.84km2
公式サイト  Wikipedia

北海道の

1.北海道十三仏霊場
北海道十三仏霊場(ほっかいどうじゅうさんぶつれいじょう)は1987年(昭和62年)開場の霊場で、番外札所を含めた17か寺の寺院からなる。
Wikipedia    内容詳細  
2.北海道三十三観音霊場
北海道三十三観音霊場(ほっかいどうさんじゅうさんかんのんれいじょう)は、北海道にある33か所の観音霊場のこと。
Wikipedia    内容詳細  
3.北海道三十六不動尊霊場
北海道三十六不動尊霊場(ほっかいどうさんじゅうろくふどうそんれいじょう)は、北海道にある36か所の不動尊霊場のこと。
Wikipedia    内容詳細  
4.有珠善光寺  ・北海道伊達市有珠町124番地
有珠善光寺(うすぜんこうじ)は、北海道伊達市にある寺院。「善光寺跡」として国の史跡に指定されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
5.永祥寺  ・北海道帯広市西三条2丁目
永祥寺(えいしょうじ)は、北海道十勝地方帯広市に所在する曹洞宗の寺院。山号は十勝山(じっしょうざん)で、本尊は釈迦牟尼仏。創建年は1903年(明治36年)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
6.永専寺  ・北海道網走市南6条東2
永専寺(えいせんじ)は、北海道網走市にある真宗大谷派の寺院。網走市街地の国道244号沿いに建つ。長らく網走監獄の教誨師を務めた僧侶・寺永法専が住職であった寺で、その縁から1924年(大正13年)に旧網走監獄正門が当山の門として払い下げられた。現在は旧網走監獄正門のある寺として広く知られる。
Wikipedia    内容詳細  
7.教願寺  ・北海道札幌市北区篠路町上篠路21番地
教願寺(きょうがんじ)は、北海道札幌市北区篠路町上篠路21番地にある真宗大谷派の寺院。本山は京都の東本願寺(真宗本廟=通称:お東)。札幌市内の真宗大谷派の末寺では歴史ある寺院。現如上人が北海道開拓の折、当地にたたれ、この地に一寺建立の発願により創設。当時の真宗大谷派では、東の苗穂村に法国寺、西の琴似村に浄恩寺、南の豊平村に慧林寺、北の篠路村に教願寺が建立された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
8.金龍寺 (石狩市)  ・北海道石狩市新町4
金龍寺(きんりゅうじ)は北海道石狩市新町4にある日蓮宗の寺院。幕末の石狩に建てられた4寺のひとつ。旧本山は、函館実行寺。
Wikipedia    内容詳細  
9.金輪王寺  ・北海道亀田郡七飯町大川392
金輪王寺(きんりんのうじ)は、北海道亀田郡七飯町大川392にある寺院である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
10.光顕寺 (北海道幌加内町)
光顕寺(こうけんじ)は、北海道雨竜郡幌加内町朱鞠内にある真宗大谷派の寺院。本堂は「朱鞠内旧光顕寺・笹の墓標展示館」となっている。
Wikipedia    内容詳細  
11.光善寺 (北海道松前町)  ・北海道松前郡松前町松城303
光善寺(こうぜんじ)は、北海道松前町にある浄土宗の寺院。山号は高徳山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
12.高野寺 (函館市)  ・北海道函館市住吉町12-13
高野寺(こうやじ)は、北海道函館市にある高野山真言宗の寺院。山号は北南山。高野山金剛峯寺大日堂から下付された藤原期の大日如来を本尊としている。北海道三十三観音霊場1番札所[1]。
Wikipedia    内容詳細  
13.高龍寺  ・北海道函館市船見町21-11
国華山高龍寺(こうりゅうじ)は、北海道函館市にある曹洞宗の寺院。函館市内にある最古の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
14.国泰寺 (北海道厚岸町)  ・北海道厚岸郡厚岸町湾月町1丁目15
国泰寺(こくたいじ)は、北海道厚岸郡厚岸町(創建時は釧路国)のバラサン岬に所在する臨済宗南禅寺派の仏教寺院。山号は景運山。国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
15.直行寺 (小樽市)  ・北海道小樽市緑1丁目23-8
直行寺(じきぎょうじ)は、北海道小樽市にある浄土宗の寺院である。山号は金元山。
Wikipedia    内容詳細  
16.実行寺 (函館市)  ・北海道函館市船見町18-18
実行寺(じつぎょうじ)は、北海道函館市船見町にある日蓮宗の寺院。箱館(現在の函館)開港後は一時ロシア領事館の仮止宿所としても使用された。
Wikipedia    内容詳細  
17.聖教寺 (北海道士幌町)  ・北海道河東郡士幌町字士幌西2線167
聖教寺(しょうきょうじ)は、北海道河東郡士幌町(十勝地方)にある真宗大谷派の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
18.勝福寺 (士別市)  ・北海道士別市下士別町40線東3
勝福寺(しょうふくじ)は、北海道士別市下士別町にある真宗大谷派の寺院である。山号は紫雲山。
Wikipedia    内容詳細  
19.正法寺 (函館市)  ・北海道函館市高盛町18-1
正法寺(しょうぼうじ)は、北海道函館市に所在する日蓮正宗の寺院。山号は真実山(しんじつざん)。
Wikipedia    内容詳細  
20.真宗大谷派函館別院  ・北海道函館市元町16-15
真宗大谷派函館別院(しんしゅうおおたにははこだてべついん)は、北海道函館市元町にある真宗大谷派の寺院である。同派の別院。「真宗本廟」(「東本願寺」)を本山と仰ぐ。「東本願寺函館別院」とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
21.精周寺  ・小樽市最上2丁目15-33
精周寺(せいしゅうじ)は、小樽市にある真言宗豊山派の寺。本尊は大日如来(胎蔵界)。北海道三十三観音霊場8番札所[1]。
Wikipedia    内容詳細  
22.清隆寺  ・根室市松本町2-2
清隆寺(せいりゅうじ)は、根室市にある真言宗智山派の寺院。本尊は不動明王。北海道三十三観音霊場22番札所[1]。
Wikipedia    内容詳細  
23.千光寺 (登別市)  ・北海道登別市登別市中央町2-1-3
千光寺(せんこうじ)は、北海道登別市にある高野山真言宗の寺院。山号は幌別山。本尊は大日如来。
Wikipedia    内容詳細  
24.曹源寺 (石狩市)  ・北海道石狩市弁天町20
曹源寺(そうげんじ)は北海道石狩市弁天町20にある曹洞宗の寺院。幕末の石狩に建てられた4寺のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
25.大雄寺 (北海道伊達市)  ・北海道伊達市元町18番地
大雄寺(だいおうじ)は、北海道伊達市にある曹洞宗の寺院。亘理伊達家の菩提寺末寺。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
26.天融寺
天融寺(てんゆうじ)は、北海道恵庭市上山口476にある真宗大谷派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
27.等澍院  ・北海道様似郡様似町潮見台11- 4
等澍院(とうじゅいん)は、北海道様似郡様似町にある天台宗の寺院。山号は歸嚮山(ききょうざん)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
28.能量寺  ・北海道石狩市親船町26
能量寺(のうりょうじ)は北海道石狩市親船町26にある真宗大谷派の寺院。幕末の石狩に建てられた4寺のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
29.法源寺 (北海道松前町)  ・北海道松前郡松前町松城341
法源寺(ほうげんじ)は、北海道松前町にある曹洞宗の寺である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
30.法華寺 (北海道せたな町)
法華寺(ほっけじ)は、北海道久遠郡せたな町大成区都にある日蓮宗の寺院。山号は久遠山。
Wikipedia    内容詳細  
31.法性寺 (石狩市)  ・北海道石狩市弁天町15
法性寺(ほっしょうじ)は北海道石狩市弁天町15にある浄土宗の寺院。幕末の石狩に建てられた4寺のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
32.本願寺小樽別院  ・〒047-0017北海道小樽市若松1丁目4番17号
本願寺小樽別院(ほんがんじおたるべついん)は北海道小樽市にある浄土真宗の寺院である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
33.萬念寺  ・北海道岩見沢市栗沢町万字幸町75
萬念寺(まんねんじ)は、北海道岩見沢市栗沢町にある浄土宗西山禅林寺派の寺院。山号は慈光山。本尊は阿弥陀如来である。髪の毛が伸びる人形「お菊人形」で有名[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
34.密厳寺 (北海道余市町)  ・北海道余市郡余市町大川町10丁目17番地
密厳寺(みつごんじ)は、北海道余市郡余市町にある真言宗豊山派の寺。本尊は十一面観音、秘佛歓喜天、大日如来。
Wikipedia    内容詳細  
35.妙法寺 (旭川市)  ・北海道旭川市6条通19丁目右
妙法寺(みょうほうじ)は、北海道旭川市6条通19丁目右にある日蓮宗の寺院。山号は延寿山。旧本山は身延山久遠寺。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
36.龍澤寺 (石狩市)  ・北海道石狩市厚田区古潭2
龍澤寺(りゅうたくじ)は北海道石狩市厚田区古潭2にある曹洞宗の寺院。竜沢寺とも表記される。
Wikipedia    内容詳細  
37.龍徳寺 (小樽市)  ・北海道小樽市真栄1丁目3-8
龍徳寺(りゅうとくじ)は、北海道小樽市にある曹洞宗の寺院である。山号は海雲山。
Wikipedia    内容詳細  
38.慧照寺 (札幌市)  ・北海道札幌市南区澄川458-10
慧照寺(えしょうじ)は、北海道札幌市南区澄川にある真宗大谷派の寺院である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
39.経王寺 (札幌市)  ・北海道札幌市豊平区豊平4条3丁目2-1
経王寺(けいおうじ)は北海道札幌市豊平区豊平にある日蓮宗の寺院。山号は妙法華山。旧本山は身延山久遠寺、小西法縁。
Wikipedia    内容詳細  
40.定山寺  ・北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目247
定山寺(じょうざんじ)は、北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目にある曹洞宗の寺。山号は「大徳山」。
Wikipedia    内容詳細  
41.真宗大谷派札幌別院  ・札幌市中央区南7条西8丁目290
真宗大谷派札幌別院(しんしゅうおおたにはさっぽろべついん)は、札幌市中央区南7条西8丁目にある真宗大谷派の寺院である。同派の別院。真宗本廟(東本願寺)を本山と仰ぐ。別名、「東本願寺札幌別院」。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
42.新善光寺 (札幌市)  ・北海道札幌市中央区南6条西1丁目
北縁山 廣度院新善光寺(ほくえんざん こうどいん しんぜんこうじ)は北海道札幌市中央区南6条西1丁目にある浄土宗の寺院[2][3][4][5]。山号は北縁山(ほくえんざん)、院号は増上寺と同じ廣度院(こうどいん)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
43.善道寺  ・北海道札幌市豊平区豊平4条11丁目5-11
善道寺(ぜんどうじ)は札幌市豊平区豊平4条11丁目5-11にある浄土宗の寺院である[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
44.大覚寺 (札幌市)  ・北海道札幌市東区北10条東11丁目2-10
大覚寺(だいかくじ)は北海道札幌市東区北10条東11丁目2-10にある曹洞宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
45.大乗院 (札幌市)  ・北海道札幌市中央区宮の森1263−3
大乗院(だいじょういん)は、北海道札幌市中央区宮の森1263−3にある曹洞宗の寺院。薬王寺と国安寺の2寺が大乗院によってまとめられている[1]。中央区宮の森と盤渓を結ぶ峠を越える山道沿いにあり、木々が繁る季節になると周囲の緑が美しい[1]。寺の前にはばんけいバスの「大乗院お寺前」停留所がある。
Wikipedia    内容詳細  
46.中央寺 (札幌市)  ・北海道札幌市中央区南6条西2丁目1
中央寺(ちゅうおうじ)は北海道札幌市中央区南6条西2丁目にある曹洞宗の仏教寺院。山号は實相山[1]。大本山永平寺直末[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
47.豊川稲荷札幌別院  ・札幌市清田区北野7条2丁目8-18(本院) 北海道札幌市中央区南7条西4-1-1(祖院)
豊川稲荷札幌別院(とよかわいなりさっぽろべついん)は、本院が北海道札幌市清田区北野7条2丁目8-18、祖院が中央区南7条西4丁目1-1にある曹洞宗玉宝禅寺の別称である。
Wikipedia    内容詳細  
48.成田山札幌別院新栄寺  ・北海道札幌市中央区南7条西3-2
成田山札幌別院新栄寺(なりたさんさっぽろべついんしんえいじ)は、北海道札幌市中央区南7条西3丁目2にある真言宗智山派の寺院である。名称に成田山が付いている通り、千葉県成田市にある成田山新勝寺の札幌別院である。北海道三十三観音霊場九番札所[1]。北海道三十六不動尊霊場三十六番札所。
Wikipedia    内容詳細  
49.日正寺 (札幌市)  ・ 日本北海道札幌市北区北36条西4丁目1番1号
日正寺(にっしょうじ)は、北海道札幌市北区に所在する日蓮正宗の寺院。山号は法泉山(ほうせんざん)。
Wikipedia    内容詳細  
50.佛願寺  ・北海道札幌市南区石山東6丁目1-24
佛願寺、仏願寺(ぶつがんじ)は北海道札幌市南区石山東6丁目1-24に所在する寺院。
Wikipedia    内容詳細  
51.本願寺札幌別院  ・札幌市中央区北3条西19丁目2-1
本願寺札幌別院(ほんがんじさっぽろべついん)は、札幌市中央区北3条西19丁目にある浄土真宗本願寺派の寺院。同派の別院。本願寺(西本願寺)を本山と仰ぐ。
Wikipedia    内容詳細  
52.本龍寺 (札幌市)  ・北海道札幌市東区北14条東15丁目4-30
本龍寺(ほんりゅうじ)は北海道札幌市東区にある日蓮宗の寺院。山号は妙見山。
Wikipedia    内容詳細  
53.妙覚寺 (札幌市)  ・北海道札幌市中央区円山西町
妙覚寺(みょうかくじ)は、北海道札幌市中央区円山西町にある日蓮宗の寺院。旧本山は市川市の大本山正中山法華経寺、小西法縁。師子相承の祖師像を祀る。
Wikipedia    内容詳細  
54.龍雲寺 (札幌市)  ・北海道札幌市北区篠路5条10丁目10-21
龍雲寺(りゅううんじ)は北海道札幌市北区篠路5条10丁目10-21にある浄土宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  

北海道の神社

55.北海道神宮  ・北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)は、北海道札幌市中央区にある神社(神宮)。円山公園に隣接する。1964年(昭和39年)までは札幌神社。旧官幣大社であり、現在は神社本庁の別表神社。また、全国一の宮会より蝦夷国新一の宮に認定されている。
Wikipedia    内容詳細  
56.相内神社  ・北海道北見市相内町51
相内神社(あいのないじんじゃ)は、北海道北見市に鎮座する神社本庁包括下(北海道神社庁網走支部管内)の神社。旧社格は無格社。旧相内村の大部分を氏子区域とする。
Wikipedia    内容詳細  
57.蘆別神社  ・北海道芦別市北3条西1丁目6
蘆別神社(あしべつじんじゃ)は、北海道芦別市北3条西1丁目6番地にある神社である。『芦別市史』などの史料では「芦別神社」と書かれることもあるが、「蘆別神社」が正しい[1]。
Wikipedia    内容詳細  
58.厚田神社  ・北海道石狩市厚田区厚田1-14
厚田神社(あつたじんじゃ)は、北海道石狩市厚田区厚田1-14に所在する神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
59.網走神社  ・北海道網走市桂町2丁目1番1号
網走神社(あばしりじんじゃ)は、北海道網走市にある神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
60.飯生神社  ・北海道山越郡長万部町字長万部379
飯生神社(いいなりじんじゃ)は、北海道山越郡長万部町陣屋町にある神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
61.石狩八幡神社  ・北海道石狩市弁天町1
石狩八幡神社(いしかりはちまんじんじゃ)は、北海道石狩市弁天町1に所在する神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
62.石狩弁天社  ・北海道石狩市弁天町22-8
石狩弁天社(いしかりべんてんしゃ)は、北海道石狩市弁天町22-8に所在する神社。同市内最古の神社である。
Wikipedia    内容詳細  
63.厳島神社 (釧路市)  ・北海道釧路市米町1丁目3-18
厳島神社(いつくしまじんじゃ)は北海道釧路市に鎮座する神社。釧路市民の守護神として仰がれている。旧社格は県社。御朱印は「釧路一之宮 厳島神社」となっている。知人岬の太平洋を見下ろす台地上に東面して鎮座し、境内には米町公園が接する。
Wikipedia    内容詳細  
64.厳島神社 (増毛町)  ・北海道増毛郡増毛町稲葉町3丁目38番地
厳島神社(いつくしまじんじゃ)は、北海道増毛郡増毛町稲葉町3丁目に所在する神社。増毛厳島神社とも表記される。
Wikipedia    内容詳細  
65.稲荷神社 (増毛町)  ・北海道増毛郡増毛町阿分
稲荷神社(いなりじんじゃ)は、北海道増毛郡増毛町阿分(あふん)に所在する神社。阿分稲荷神社とも表記される。
Wikipedia    内容詳細  
66.岩内神社 (岩内郡)  ・北海道岩内郡岩内町字宮園41番地
岩内神社(いわないじんじゃ)は、北海道岩内郡岩内町にある神社。神紋は「巴紋」。
Wikipedia    内容詳細  
67.岩見沢神社  ・北海道岩見沢市12条西1丁目3番地
岩見沢神社(いわみざわじんじゃ)は、北海道岩見沢市にある神社である。旧社格は県社。石狩一宮と称される。
Wikipedia    内容詳細  
68.姥神大神宮  ・北海道檜山郡江差町姥神町99
姥神大神宮(うばがみだいじんぐう)は、北海道檜山郡江差町にある神社である。旧社格は県社。社伝では鎌倉時代の創建と伝える、北海道最古の神社とされる[1]。渡島国の一宮と称されており、姥神大神宮渡御祭にて配られる名刺にその記載がある事からもそれがうかがえる。
Wikipedia    内容詳細  
69.浦臼神社  ・北海道樺戸郡浦臼町字キナウスナイ186番地
浦臼神社(うらうすじんじゃ)は、北海道空知総合振興局の浦臼町にある神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
70.浦河神社
浦河神社(うらかわじんじゃ)とは、北海道浦河郡浦河町(北海道 (令制)日高国浦河郡)にある神社。浦河の総鎮守神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
71.越後神社 (江別市)  ・北海道江別市江別太
越後神社(えちごじんじゃ)は、北海道江別市江別太に所在する神社。国道12号沿い、夕張川に架かる江別大橋の近くにある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
72.恵比須神社 (増毛町)  ・北海道増毛郡増毛町別苅
恵比須神社(えびすじんじゃ)は、北海道増毛郡増毛町別苅(べつかり)に所在する神社。旧社格は村社。別苅神社とも表記される。
Wikipedia    内容詳細  
73.江別神社  ・北海道江別市萩ケ岡1-1
江別神社(えべつじんじゃ)は、北海道江別市にある神社である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
74.太田山神社  ・北海道久遠郡せたな町大成区太田17番地(太田神社)
太田山神社(おおたさんじんじゃ)とは、北海道久遠郡せたな町にある神社である。北海道本土で最も西に位置する神社であり、また道南五大霊場の一つであるとされている。地元では太田神社または太田の神社とも呼ばれ、猿田彦大神を祀る。旧社格は村社(太田神社)。
Wikipedia    内容詳細  
75.帯廣神社  ・北海道帯広市東3条南2丁目1番地
帯廣神社(おびひろじんじゃ)は、北海道帯広市にある神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
76.開拓三神
開拓三神(かいたくさんじん)は、北海道神宮などに祀られている三柱の神の総称である。
Wikipedia    内容詳細  
77.刈田神社 (登別市)  ・北海道登別市中央町6丁目24-1
刈田神社(かったじんじゃ)は、北海道登別市中央町(胆振国幌別郡)にある神社。創祀は平安時代末期とされる。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
78.釜加神社  ・北海道千歳市釜加
北緯42度53分43.1秒 東経141度38分2.1秒 / 北緯42.895306度 東経141.633917度 / 42.895306; 141.633917
Wikipedia    内容詳細  
79.上川神社  ・北海道旭川市神楽岡公園2-1
上川神社(かみかわじんじゃ)は、北海道旭川市にある神社。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
80.神威神社  ・北海道積丹郡積丹町大字来岸町10
神威神社(かむいじんじゃ)は、北海道積丹郡積丹町にある神社。旧社格は郷社。本社の神殿は善美を尽くした神明造で、北海道でも類を見ず、道文化財に指定される。
Wikipedia    内容詳細  
81.亀田八幡宮  ・北海道函館市八幡町3-2
亀田八幡宮(かめだはちまんぐう)は、北海道函館市八幡町にある神社。旧社格は郷社。祭神は誉田別命。
Wikipedia    内容詳細  
82.金吾龍神社  ・北海道小樽市蘭島1丁目21-24
金吾龍神社(きんごりゅうじんじゃ)は、北海道小樽市蘭島に鎮座する神社。日本最古と伝わる龍神が鎮座されている。旧社格は無格社。普段は鳥居より先はフェンスに覆われ、立入禁止となっている。
Wikipedia    内容詳細  
83.古潭八幡神社  ・北海道石狩市厚田区古潭50
北緯43度21分27.8秒 東経141度25分41.4秒 / 北緯43.357722度 東経141.428167度 / 43.357722; 141.428167
Wikipedia    内容詳細  
84.琴平神社 (古平町)  ・北海道古平郡古平町大字新地町86番地
琴平神社(ことひらじんじゃ、こんぴらじんじゃ)は、北海道古平町新地町にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
85.金刀比羅神社 (根室市)  ・北海道根室市琴平町1-4
金刀比羅神社(ことひらじんじゃ、こんぴらじんじゃ)は、北海道根室市にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
86.札幌八幡宮  ・北海道北広島市輪厚中央5丁目3番16号
札幌八幡宮(さっぽろはちまんぐう)は、北海道北広島市輪厚中央5丁目3番16号にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
87.静狩稲荷神社  ・北海道山越郡長万部町字静狩59
静狩稲荷神社(しずかりいなりじんじゃ)は、北海道山越郡長万部町静狩にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
88.島松神社  ・北海道恵庭市島松本町4丁目3番地
嶋松神社(しままつじんじゃ)は、北海道恵庭市島松本町(旧嶋松村総鎮守)にある神社である。旧社格は無格社。廣島神社が兼務している。
Wikipedia    内容詳細  
89.下徳富神社  ・北海道樺戸郡新十津川町花月258
北緯43度30分8.8秒 東経141度50分42.9秒 / 北緯43.502444度 東経141.845250度 / 43.502444; 141.845250
Wikipedia    内容詳細  
90.舎熊神社  ・北海道増毛郡増毛町舎熊
舎熊神社(しゃくまじんじゃ)は、北海道増毛郡増毛町舎熊に所在する神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
91.新十津川神社  ・北海道樺戸郡新十津川町字中央37番地
北緯43度34分17.2秒 東経141度52分10.3秒 / 北緯43.571444度 東経141.869528度 / 43.571444; 141.869528
Wikipedia    内容詳細  
92.水天宮 (小樽市)  ・北海道小樽市相生町3番1号
水天宮(すいてんぐう)は、北海道小樽市にある神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
93.住吉神社 (小樽市)  ・北海道小樽市住ノ江2-5-1
住吉神社(すみよしじんじゃ)は、北海道小樽市に鎮座する、神社本庁包括下(北海道神社庁後志支部管内)の神社である。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。
Wikipedia    内容詳細  
94.宗谷岬神社  ・北海道稚内市宗谷岬
宗谷岬神社(そうやみさきじんじゃ)は、北海道稚内市にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
95.空知神社  ・北海道美唄市西2条南1-1-1
空知神社(そらちじんじゃ)は、北海道美唄市のほぼ中心に鎮座する、神社本庁包括下(北海道神社庁空知支部管内)の神社で、旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
96.樽川神社  ・北海道石狩市樽川332番地
北緯43度36分7.7秒 東経141度23分30.7秒 / 北緯43.602139度 東経141.391861度 / 43.602139; 141.391861
Wikipedia    内容詳細  
97.樽前山神社  ・北海道苫小牧市字高丘6-49
樽前山神社(たるまえざんじんじゃ)は、北海道苫小牧市にある神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
98.千歳神社  ・北海道千歳市真町1番地
千歳神社、千歲神社(ちとせじんじゃ)は、北海道千歳市真町1番地にある神社。創祀は享和3年(1803年)である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
99.徳山大神宮  ・北海道松前郡松前町字神明66
徳山大神宮(とくやまだいじんぐう)は、北海道松前郡松前町にある神社である。旧社格は郷社。渡島一宮と称される。
Wikipedia    内容詳細  
100.常呂神社  ・北海道北見市常呂町字常呂63番地
常呂神社(ところじんじゃ)は、北海道北見市常呂町にある神社である。社格は旧村社。
Wikipedia    内容詳細  
101.鳥取神社 (釧路市)  ・北海道釧路市鳥取大通4丁目2-18
鳥取神社(とっとりじんじゃ)は、北海道釧路市鳥取大通にある神社である。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
102.豊栄神社 (恵庭市)  ・北海道恵庭市大町3丁目6番5号
豊栄神社、豐榮神社(とよさかじんじゃ)は、北海道恵庭市大町214番地(現在は3丁目6番5号)にある神社。創祀は明治7年(1874年)である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
103.豊足神社  ・北海道小樽市銭函2丁目9番10号
豊足神社(とよたりじんじゃ)は、小樽市銭函2丁目9番10号にある神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
104.中標津神社  ・北海道標津郡中標津町西1条南4丁目1番地
中標津神社(なかしべつじんじゃ)は、北海道標津郡中標津町西1条南4丁目1番地にある神社。旧社格は無格社。
Wikipedia    内容詳細  
105.中嶋神社 (室蘭市)  ・北海道室蘭市宮の森町1丁目1番64号
中嶋神社(なかじまじんじゃ)は、北海道室蘭市にある神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
106.永山神社  ・北海道旭川市永山4条18丁目
永山神社(ながやまじんじゃ)は北海道旭川市永山地区にある神社。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
107.南豪神社  ・北海道帯広市東一条南28丁目2-2
南豪神社(なんごうじんじゃ)は、北海道帯広市に鎮座する神社。大正時代に父と共に九州より帯広に渡った竹中祥晃が地域発展のために創建した。
Wikipedia    内容詳細  
108.錦山天満宮  ・北海道江別市野幌代々木町38番地1
錦山天満宮(にしきやまてんまんぐう)は北海道江別市野幌代々木町38番地1にある神社。旧社格は無格社。
Wikipedia    内容詳細  
109.西当別神社  ・北海道石狩郡当別町当別太612
西当別神社(にしとうべつじんじゃ)は、北海道石狩郡当別町当別太に所在する神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
110.函館護国神社  ・北海道函館市青柳町9-23
函館護国神社(はこだてごこくじんじゃ)は、北海道函館市青柳町にある神社。旧指定護国神社。
Wikipedia    内容詳細  
111.函館八幡宮  ・北海道函館市谷地頭町2-5
函館八幡宮(はこだてはちまんぐう)は、北海道函館市にある神社である。旧社格は国幣中社で現在は神社本庁の別表神社。
Wikipedia    内容詳細  
112.浜益神社  ・北海道石狩市浜益区浜益227
北緯43度36分7.7秒 東経141度23分30.7秒 / 北緯43.602139度 東経141.391861度 / 43.602139; 141.391861
Wikipedia    内容詳細  
113.班渓神社  ・芦別市常磐町564番地
班渓神社(はんけいじんじゃ)とは、北海道芦別市にある神社である。社格は旧村社。
Wikipedia    内容詳細  
114.花畔神社  ・北海道石狩市花畔北十一線573
北緯43度36分7.7秒 東経141度23分30.7秒 / 北緯43.602139度 東経141.391861度 / 43.602139; 141.391861
Wikipedia    内容詳細  
115.弁華別神社  ・北海道石狩郡当別町弁華別435番地2
弁華別神社(べんけべつじんじゃ)は、北海道石狩郡当別町弁華別に所在する神社。『当別町史』には弁華別橿原神社の名で記載されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
116.北門神社  ・北海道稚内市中央1丁目1番21号
北門神社(ほくもんじんじゃ)は、北海道稚内市にある神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
117.北海道護國神社  ・北海道旭川市花咲町一丁目2282番2
北海道護國神社(ほっかいどうごこくじんじゃ)は、北海道旭川市に鎮座する護国神社。北海道・樺太関係の戦没者等の国事殉難者を祀る。北海道招魂社を経て昭和14年(1939年)4月から北海道護國神社となる。戊辰戦争から大東亜戦争(太平洋戦争)に至る国事殉難者が祀られ、祭神は63,141柱におよぶ。
Wikipedia    内容詳細  
118.北海道東照宮  ・北海道函館市陣川町82-153
北海道東照宮(ほっかいどうとうしょうぐう)は、北海道函館市陣川町にある神社。別名は函館東照宮。東照大権現(徳川家康)を祀る東照宮の一社である。旧県社[1]。
Wikipedia    内容詳細  
119.松前護國神社  ・北海道松前郡松前町豊岡
座標: 北緯41度26分29秒 東経140度07分01秒 / 北緯41.44147567576686度 東経140.1169692398677度 / 41.44147567576686; 140.1169692398677松前護国神社(まつまえごこくじんじゃ)は、北海道松前郡松前町豊岡にある神社[1]。旧指定外護国神社。
Wikipedia    内容詳細  
120.南線神社  ・北海道石狩市花川南3条1丁目24番地
北緯43度36分7.7秒 東経141度23分30.7秒 / 北緯43.602139度 東経141.391861度 / 43.602139; 141.391861
Wikipedia    内容詳細  
121.室蘭八幡宮  ・北海道室蘭市海岸町2丁目9-3
室蘭八幡宮(むろらんはちまんぐう)は、北海道室蘭市にある神社(八幡宮)。旧社格は県社。1874年(明治7年)に漂着したクジラを売った代価を神社の造営費用に充てたことから「鯨八幡」と呼ばれた[1]。境内にあるソメイヨシノは室蘭市の標本木になっている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
122.茂平沢神社  ・北海道石狩郡当別町茂平沢3062番地
茂平沢神社(もへいざわじんじゃ)は、北海道石狩郡当別町茂平沢にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
123.八雲神社 (八雲町)  ・北海道二海郡八雲町宮園町56番地[1]
八雲神社(やくもじんじゃ)は、北海道二海郡八雲町宮園町にある神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
124.山上大神宮  ・北海道函館市船見町15-1
山上大神宮(やまのうえだいじんぐう)は北海道函館市船見町(函館山の北麓)にある神社である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
125.夕張神社  ・北海道夕張市住初6番地
夕張神社(ゆうばりじんじゃ)は、北海道夕張市にある神社である。夕張で最も古い神社であり、「夕張市総鎮守」を称する。
Wikipedia    内容詳細  
126.湯倉神社  ・北海道函館市湯川町2丁目28-1
湯倉神社(ゆくらじんじゃ)は、北海道函館市にある神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
127.義経神社  ・北海道沙流郡平取町本町119番地1
義経神社(よしつねじんじゃ(義經神社))は、北海道沙流郡平取町(北海道 (令制)日高国沙流郡)にある神社。祭神は源義経(源義經)。
Wikipedia    内容詳細  
128.呼人神社  ・北海道網走市呼人267
呼人神社(よびとじんじゃ)は、北海道網走市呼人に立地する神社。
Wikipedia    内容詳細  
129.龍宮神社 (小樽市)  ・北海道小樽市小樽市稲穂3丁目22番11号
龍宮神社(りゅうぐうじんじゃ)は、北海道小樽市稲穂に鎮座する神社である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
130.厚別神社  ・北海道札幌市清田区平岡2条1丁目3番1号
厚別神社、厚别神社(あしりべつじんじゃ)は、北海道札幌市清田区平岡2条1丁目3番1号にある神社である。旧社格は旧無格社。同市内の厚別区にある神社ではなく、呼称も「あつべつ」ではない。
Wikipedia    内容詳細  
131.石山神社  ・北海道札幌市南区石山254番地
石山神社(いしやまじんじゃ)は、北海道札幌市南区に鎮座する、神社本庁包括下(北海道神社庁札幌支部管内)の神社で、南区では唯一神職が常駐する神社。
Wikipedia    内容詳細  
132.弥彦神社 (札幌市)  ・北海道札幌市中央区中島公園1番8号
弥彦神社、彌彦神社、彌彥神社、ないし伊夜日子神社(伊夜日子神社)[1](いやひこじんじゃ)は、北海道札幌市中央区中島公園1番8号にある神社である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
133.大谷地神社  ・北海道札幌市厚別区大谷地西2丁目2番1号
大谷地神社(おおやちじんじゃ)は北海道札幌市厚別区大谷地西2丁目2番1号にある神社。旧社格は無格社。
Wikipedia    内容詳細  
134.丘珠神社  ・北海道札幌市東区丘珠町183番地4
丘珠神社(おかだまじんじゃ)は、北海道札幌市東区丘珠町183番地4にある神社である。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
135.上手稲神社  ・北海道札幌市西区西野290-257
上手稲神社(かみていねじんじゃ)は、北海道札幌市西区西野にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
136.上山鼻神社  ・北海道札幌市南区藻岩山
上山鼻神社(かみやまはなじんじゃ)は、北海道札幌市南区にある神社である。「上山鼻」とは近隣の藻岩下地区の古名である。
Wikipedia    内容詳細  
137.江南神社  ・北海道札幌市北区屯田7条6丁目2番25
江南神社(こうなんじんじゃ)は北海道札幌市北区屯田7条6丁目2番25にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
138.琴似神社  ・北海道札幌市西区琴似1条7丁目1-30
琴似神社(ことに じんじゃ)は、北海道札幌市西区琴似1条7丁目1-30にある神社。旧社格は郷社。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
139.小野幌神社  ・北海道札幌市厚別区厚別東4条4丁目9番7号
小野幌神社(このっぽろじんじゃ)は、北海道札幌市厚別区の厚別東地区にある神社であり、国道12号に面した小高い場所に位置する[1]。境内に狛犬はないが、本殿の妻壁に、阿吽(あうん)の一対となる獅子の木彫像が取り付けられている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
140.札幌護国神社  ・北海道札幌市中央区南15条西5丁目1番地
札幌護国神社(さっぽろごこくじんじゃ、札幌護國神社)は、北海道札幌市中央区にある神社。護国神社の一つである。
Wikipedia    内容詳細  
141.札幌祖霊神社  ・北海道札幌市中央区南5条西8丁目1番地
札幌祖霊神社(さっぽろそれいじんじゃ)は、北海道札幌市中央区南5条西8丁目1番地にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
142.札幌伏見稲荷神社  ・北海道札幌市中央区伏見2丁目2-17
札幌伏見稲荷神社(さっぽろふしみいなりじんじゃ)は、北海道札幌市中央区伏見にある神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
143.札幌村神社  ・北海道札幌市東区北16条東14丁目3番1号
札幌村神社(さっぽろむらじんじゃ)は北海道札幌市東区北16条東14丁目3番1号にある神社。旧社格は無格社。
Wikipedia    内容詳細  
144.信濃神社 (札幌市)  ・北海道札幌市厚別区厚別中央4条3丁目3番3号
信濃神社(しなのじんじゃ)は、北海道札幌市厚別区厚別中央4条3丁目3番3号にある神社である。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
145.篠路神社  ・北海道札幌市北区篠路4条7丁目2番
篠路神社(しのろじんじゃ)は、北海道札幌市北区篠路4条7丁目2番にある神社である。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
146.白石神社 (札幌市)  ・北海道札幌市白石区本通14丁目北1-12
白石神社(しろいしじんじゃ)は、北海道札幌市白石区本通14丁目北1-12にある神社である。旧社格は旧村社。
Wikipedia    内容詳細  
147.新川皇大神社  ・北海道札幌市北区新川3条13丁目1番33
新川皇大神社(しんかわこうたいじんじゃ)は、北海道札幌市北区新川に位置する神社。
Wikipedia    内容詳細  
148.新琴似神社  ・北海道札幌市北区新琴似8条3丁目1-6
新琴似神社(しんことにじんじゃ)は、北海道札幌市北区新琴似8条3丁目1-6にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
149.諏訪神社 (札幌市)  ・北海道札幌市東区北12条東1丁目1番10号
諏訪神社(すわじんじゃ)は北海道札幌市東区北12条東1丁目1番10号にある神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
150.相馬神社 (札幌市)  ・北海道札幌市豊平区平岸2条18丁目1番1号
相馬神社(そうまじんじゃ)は北海道札幌市豊平区平岸にある神社。旧社格は無格社。
Wikipedia    内容詳細  
151.月寒神社  ・北海道札幌市豊平区月寒西3条4丁目1-56
月寒神社(つきさむじんじゃ)は、北海道札幌市豊平区月寒西にある神社。福住厳島神社とは同根である。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
152.手稲神社  ・北海道札幌市手稲区手稲本町2条3丁目4番28号
手稲神社(ていねじんじゃ)は北海道札幌市手稲区手稲本町2条3丁目4番28号にある神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
153.豊平神社  ・北海道札幌市豊平区豊平4条13丁目1番18号
豊平神社(とよひらじんじゃ)は、北海道札幌市豊平区豊平4条13丁目1番18号にある神社である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
154.苗穂神社  ・北海道札幌市東区本町2条3丁目5番35号
苗穂神社(なえぼじんじゃ)は北海道札幌市東区本町2条3丁目5番35号にある神社。旧社格は無格社。
Wikipedia    内容詳細  
155.西岡八幡宮  ・北海道札幌市豊平区西岡4条8-293
西岡八幡宮(にしおかはちまんぐう)は、北海道札幌市豊平区西岡4条8-293にある八幡宮である。
Wikipedia    内容詳細  
156.西野神社  ・北海道札幌市西区平和1条3丁目1-1
西野神社(にしのじんじゃ)は、北海道札幌市西区に鎮座する、神社本庁包括下(北海道神社庁札幌支部管内)の神社。札幌市西区の西野・平和・福井の3地区を氏子区域とする(但し西野の一部地域は上手稲神社の氏子区域に含まれる)。旧社格は村社。摂社・末社や兼務社などはない。
Wikipedia    内容詳細  
157.発寒神社  ・北海道札幌市西区発寒11条3丁目1-33
発寒神社、發寒神社(はっさむじんじゃ)は、北海道札幌市西区発寒11条3丁目1番33にある神社。道路を挟んだ向かいには札幌市立発寒小学校がある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
158.花岡神社 (札幌市)  ・北海道札幌市南区簾舞2条5丁目3番1号
花岡神社(はなおかじんじゃ)は北海道札幌市南区簾舞2条5丁目3番1号にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
159.福住厳島神社  ・北海道札幌市豊平区福住一条四丁目85番1号
福住厳島神社(ふくずみいつくしまじんじゃ)は、北海道札幌市豊平区福住にある神社である。旧社格は無格社。
Wikipedia    内容詳細  
160.北海道神宮  ・北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
北海道神宮(ほっかいどうじんぐう)は、北海道札幌市中央区にある神社(神宮)。円山公園に隣接する。1964年(昭和39年)までは札幌神社。旧官幣大社であり、現在は神社本庁の別表神社。また、全国一の宮会より蝦夷国新一の宮に認定されている。
Wikipedia    内容詳細  
161.北海道神宮頓宮  ・北海道札幌市中央区南2条東3丁目
北海道神宮頓宮(ほっかいどうじんぐう とんぐう)は、北海道札幌市中央区南2条東3丁目に所在する神社。北海道神宮の境外末社であり、「頓宮」とは「仮の宮」を意味する[1]。
Wikipedia    内容詳細  
162.本陣狸大明神社  ・北海道札幌市中央区南2条西5丁目
本陣狸大明神社(ほんじんたぬきだいみょうじんじゃ)は、北海道札幌市中央区にある、タヌキを祭っている神社。「狸神社」という通称もある。狸小路商店街の5丁目に設置されている。神社には本陣狸大明神や商売繁盛など8つの徳を持つと言われる狸の地蔵が祀られているほか、おみくじを引くことも可能である。運営・管理は、札幌狸小路商店街振興組合が行なっている。
Wikipedia    内容詳細  
163.三吉神社 (札幌市)  ・北海道札幌市中央区南1条西8丁目17番地
三吉神社(みよしじんじゃ)とは、北海道札幌市中央区南1条西8丁目にある神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
164.山口神社 (札幌市)  ・北海道札幌市手稲区手稲山口552番地1札幌郡山口村
山口神社(やまぐちじんじゃ)は北海道札幌市手稲区手稲山口552番地1にある神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
165.烈々布神社  ・北海道札幌市東区北42条東10丁目1番地
烈々布神社(れつれっぷじんじゃ)は北海道札幌市東区北42条東10丁目1番地にある神社。「烈々布」とは付近一帯の旧称である。
Wikipedia    内容詳細  
166.三吉鬼
三吉鬼(さんきちおに)は秋田県に伝わる正体不明の妖怪。江戸時代の女流文学者・只野真葛の著書『むかしばなし』に記述がある。
Wikipedia    内容詳細  
167.鹽竈神社 (仙台市宮城野区)  ・宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-22
鹽竈神社(しおがまじんじゃ)は、宮城県仙台市宮城野区のJR仙台駅東口の初恋通沿いにある神社。「名掛丁塩釜神社」とも呼ばれる。当社は、同県塩竈市にある鹽竈神社の仮宮を端緒とし、現在は島崎藤村が下宿していた三浦屋の跡地に建つ。
Wikipedia    内容詳細  
168.ダイダラボッチ
ダイダラボッチは、日本の各地で伝承される巨人。類似の名称が数多く存在するが、以下では便宜的にダイダラボッチと呼称する。山や湖沼を作ったという伝承が多く、元々は国づくりの神に対する巨人信仰がダイダラボッチ伝承を生んだと考えられている(鬼や大男などの妖怪伝承が巨人伝承になったという説もある。)[2]。
Wikipedia    内容詳細  
169.太平山 (秋田県)  ・ 日本秋田県秋田市・北秋田郡上小阿仁村
太平山(たいへいざん)とは、秋田県中央部、秋田市と上小阿仁村とにまたがる山である。太平山地の主峰。標高1170メートル。太平山を中心として太平山県立自然公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
170.太平山三吉神社  ・秋田県秋田市広面字赤沼3-2
太平山三吉神社(たいへいざんみよしじんじゃ)は、秋田県秋田市に鎮座する神社。山岳信仰の対象。太平山のふもとに里宮が、山頂に奥宮がある。
Wikipedia    内容詳細  
171.豊足神社  ・北海道小樽市銭函2丁目9番10号
豊足神社(とよたりじんじゃ)は、小樽市銭函2丁目9番10号にある神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
172.三吉神社
三吉神社(みよしじんじゃ)は日本の神社。
Wikipedia    内容詳細  
173.三吉神社 (札幌市)  ・北海道札幌市中央区南1条西8丁目17番地
三吉神社(みよしじんじゃ)とは、北海道札幌市中央区南1条西8丁目にある神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
174.烈々布神社  ・北海道札幌市東区北42条東10丁目1番地
烈々布神社(れつれっぷじんじゃ)は北海道札幌市東区北42条東10丁目1番地にある神社。「烈々布」とは付近一帯の旧称である。
Wikipedia    内容詳細  

北海道の

175.大館跡
大館跡(おおだてあと)は、北海道松前郡松前町神明にある館跡であり、道南十二館の一つ。1977年4月5日、国史跡に指定された。
Wikipedia    内容詳細  
176.勝山館  ・山城
勝山館(かつやまだて)は、北海道檜山郡上ノ国町にあった中世の日本の城(山城)。昭和52年(1977年)4月12日、「上之国館跡」のうちの一つ「勝山館跡」として国の史跡に指定された[1]。
Wikipedia    内容詳細  
177.五稜郭  ・稜堡式
五稜郭(ごりょうかく)は、江戸時代末期に江戸幕府が蝦夷地の箱館(現在の北海道函館市)郊外に築造した稜堡式の城郭である[注釈 1]。
Wikipedia    内容詳細  
178.志苔館  ・山城
志苔館(しのりたて)は、北海道函館市に所在する中世城館跡(日本の城)。小林氏によって築かれたとされる道南十二館のひとつ。国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
179.白老仙台藩陣屋跡
白老仙台藩陣屋跡(しらおいせんだいはんじんやあと)は、北海道白老郡白老町にある、幕末期に蝦夷地警備を命じられた仙台藩が置いた陣屋があった場所[2]。国指定の史跡[1]で、約6万6000平方メートルの史跡公園として整備されている[2]。この項目では、博物館の仙台藩白老元陣屋資料館(せんだいはんしらおいもとじんやしりょうかん)についても記述している。
Wikipedia    内容詳細  
180.四稜郭  ・稜堡式
四稜郭(しりょうかく)は、箱館戦争の際に蝦夷共和国(箱館政権)が、1869年(明治2年)に現在の北海道函館市陣川町に築城した堡塁。新台場、神山台場、新五稜郭などとも呼ばれる。国の史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  
181.館城
館城(たて じょう)は、明治元年(1868年)、箱館戦争の直前に松前藩により渡島国檜山郡の館(現在の厚沢部町)に建造された日本の城である。従来の本拠である松前城に対し、新城とも言う。完成直後に旧幕府軍の攻撃を受け、落城した。国の史跡に指定されている[1]。 
Wikipedia    内容詳細  
182.千代ヶ岱陣屋
千代ヶ岱陣屋(ちよがだいじんや)は、幕末の亀田村(現・函館市)に築かれた陣屋である。「千代ヶ岡陣屋」「津軽陣屋」とも呼ばれた。明治2年(1869年)5月16日、中島三郎助が率いる旧幕府軍と新政府軍との間に、戊辰戦争・箱館戦争最後の戦闘が行われた場所である。
Wikipedia    内容詳細  
183.道南十二館
道南十二館(どうなんじゅうにたて)は、蝦夷地(後の渡島国、現北海道)渡島半島にあった和人領主層の館の総称。松前藩の歴史を記した『新羅之記録』に十二の館が記されていることから、この名がついた。東は函館市に所在する志苔館から西の上ノ国町の花沢館まで、渡島半島南端の海岸線に分布する。安東氏の被官である館主はこれらの館をアイヌ民族や和人商人との交易や領域支配の重要拠点とした。
Wikipedia    内容詳細  
184.南部陣屋  ・陣屋
南部陣屋(なんぶじんや)は北海道函館市元町に所在した南部藩の陣屋跡。函館山山麓の南部坂の名前は、南部陣屋が坂上の函館山ロープウェイ「山麓駅」専用駐車場の辺り[2]に置かれた事に由来している。
Wikipedia    内容詳細  
185.根室半島チャシ跡群
根室半島チャシ跡群(ねむろはんとうチャシあとぐん)は、北海道根室市にある24か所のチャシ跡(チャシコツ)の総称。国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
186.戸切地陣屋
座標: 北緯41度51分15.2秒 東経140度37分9.8秒 / 北緯41.854222度 東経140.619389度 / 41.854222; 140.619389戸切地陣屋(へきりちじんや)は、北海道北斗市にあった陣屋。この項目では戸切地陣屋跡史跡公園についても記載している。
Wikipedia    内容詳細  
187.弁天台場
弁天台場(べんてんだいば)は、江戸時代末期(幕末)に北海道函館市に設営された台場。弁天岬台場、弁天砲台とも。設計者は武田斐三郎。
Wikipedia    内容詳細  
188.松前城  ・平山城
松前城(まつまえじょう)は、西蝦夷地(渡島国津軽郡、のち福島郡の一部を編入で松前郡[1])福山(現・北海道松前町松城)にあった日本の城(平山城)。江戸時代、公式には福山城(ふくやまじょう)と記されたが、当時から備後福山城との混同を避けるため松前城とも呼ばれていた[2]。
Wikipedia    内容詳細  
189.茂別館跡
茂別館跡(もべつたてあと)は、北海道北斗市矢不来にある安東氏の館跡。茂別館は、道南十二館の1つである。1982年7月3日、国史跡に指定された。
Wikipedia    内容詳細  

北海道の博物館

190.足寄動物化石博物館  ・〒089-3727 日本 北海道足寄郡足寄町郊南1丁目29-25
足寄動物化石博物館(あしょろどうぶつかせきはくぶつかん、Ashoro Museum of Paleontology)は、北海道足寄郡足寄町にある博物館。設置者は足寄町。
Wikipedia    内容詳細  
191.厚岸町太田屯田開拓記念館
厚岸町太田屯田開拓記念館(あっけしちょうおおたとんでんかいたくきねんかん)は、1991年(平成3年)5月に厚岸町が太田屯田兵の入植100年を記念して、設置した施設である。屯田兵制度の移り変わり、最後の士族屯田の村などをテーマに展示している。1955年に分割して厚岸町と標茶町に編入合併した急旧厚岸郡太田村の開拓資料を保管展示する。 記念館の所在地(厚岸町太田5の通り23番地1)は旧太田村の中心地である。 開館は、9:00から16:00まで。毎週月曜日、祝祭日の翌日、11月16日 - 翌4月15日は閉館。 座標: 北緯43度05分37秒 東経144度47分17秒 / 北緯43.0935度 東経144.78797度 / 43.0935; 144.78797
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
192.岩見沢郷土科学館  ・〒068-0833 日本 北海道岩見沢市志文町809番地1
岩見沢郷土科学館(いわみざわきょうどかがくかん)は、北海道岩見沢市にある博物館・科学館。いわみざわ公園内にある。
Wikipedia    内容詳細  
193.江差追分会館・江差山車会館  ・〒043-8560北海道檜山郡江差町字中歌町193-3
江差追分会館・江差山車会館(えさしおいわけかいかん・えさしやまかいかん)は、北海道檜山郡江差町にある、「江差追分」に関する展示と体験、及び姥神大神宮渡御祭の山車(ヤマ)に関する展示を主とした施設である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
194.江差町郷土資料館
江差町郷土資料館(えさしちょうきょうどしりょうかん)は、道指定有形文化財である「旧檜山爾志郡役所庁舎」(きゅうひやまにしぐんやくしょちょうしゃ)を活用した博物館施設である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
195.恵庭市郷土資料館  ・〒061-1375北海道恵庭市南島松157-2
恵庭市郷土資料館(えにわしきょうどしりょうかん)は、北海道恵庭市にある郷土博物館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
196.長万部町民センター
長万部町民センター(おしゃまんべちょうみんセンター)は、北海道山越郡長万部町にある博物館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
197.帯広市児童会館  ・〒080-0846 日本北海道帯広市字緑ヶ丘2
帯広市児童会館(おびひろしじどうかいかん)は、北海道帯広市にある社会教育施設。児童文化センターと青少年科学館の機能を併せ持つ施設になっている。
Wikipedia    内容詳細  
198.帯広百年記念館  ・〒080-0846 日本北海道帯広市字緑ヶ丘2
帯広百年記念館(おびひろひゃくねんきねんかん)は、北海道帯広市にある総合博物館。この項目では分館の埋蔵文化財センターについても記載する。
Wikipedia    内容詳細  
199.かかし古里館  ・〒048-2202北海道共和町南幌似103-13
かかし古里館(かかしふるさとかん)は、北海道岩内郡共和町にある共和町立の歴史博物館。 安政4年の開拓以来の歴史と文化的資料を展示している[3]。1933年(昭和8年)に建築された旧幌似小学校を展示場として再活用し、1994年(平成6年)にオープンした[4]。また、かかし祭りで入賞したかかしなども展示されている[4]。
Wikipedia    内容詳細  
200.萱野茂二風谷アイヌ資料館
萱野茂二風谷アイヌ資料館(かやのしげるにぶたにアイヌしりょうかん)は北海道沙流郡平取町二風谷にある博物館。萱野茂が館長を務めていたことで有名である。現在の館長は茂の次男の萱野志朗[1]。 アイヌ民族研究家で参議院議員だった萱野茂の個人コレクションを展示している。アイヌ民族関係の所蔵品だけではなく、世界各地の先住・少数民族の生活・工芸資料も数多く陳列されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
201.北見ハッカ記念館  ・〒090-0812 日本 北海道北見市南仲町1丁目7-28
北見ハッカ記念館(きたみハッカきねんかん)は、北海道北見市にある資料館。この項目では隣接する薄荷蒸溜館(はっかじょうりゅうかん)についても記載している。
Wikipedia    内容詳細  
202.釧路市こども遊学館  ・〒085-0017 日本北海道釧路市幸町10丁目2
釧路市こども遊学館(くしろしこどもゆうがくかん)は、北海道釧路市にある体験参加型の社会教育施設。科学館と児童館の機能を併せ持つ。
Wikipedia    内容詳細  
203.釧路市立博物館  ・〒085-0822北海道釧路市春湖台1-7
釧路市立博物館(くしろしりつはくぶつかん)は、北海道釧路市にある博物館。釧路市埋蔵文化財調査センターを併設している。
Wikipedia    内容詳細  
204.サケのふるさと 千歳水族館  ・〒066-0028北海道千歳市花園2丁目312
サケのふるさと 千歳水族館(さけのふるさと ちとせすいぞくかん)は、北海道千歳市にある水族館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
205.沙流川歴史館  ・〒055-0101北海道沙流郡平取町二風谷227-2
沙流川歴史館(さるがわれきしかん)は北海道沙流郡平取町二風谷にある博物館。
Wikipedia    内容詳細  
206.標津サーモン科学館  ・〒086-1631 日本北海道標津郡標津町北1条西6丁目1-1
標津サーモン科学館(しべつサーモンかがくかん)は、北海道標津町にある鮭、鱒の生態系を扱う標津町立の科学館である。
Wikipedia    内容詳細  
207.市立室蘭水族館  ・〒051-0036北海道室蘭市祝津町3丁目3番12号
市立室蘭水族館(しりつむろらんすいぞくかん)は、北海道室蘭市の水族館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
208.新ひだか町アイヌ民俗資料館  ・〒056-0011 日本 北海道日高郡新ひだか町静内真歌7-1
新ひだか町アイヌ民俗資料館(しんひだかちょうあいぬみんぞくしりょうかん)は、北海道日高郡新ひだか町静内にあるアイヌ民族資料館。アイヌ民俗資料の収集保存とアイヌ文化の研究利用を目的としている[1]。5月から11月に開放されている[2]。 シャクシャインが1669年の戦いで最後の砦とした地であり、彼の銅像が建つ静内町の真歌公園に、1983年、静内町アイヌ民俗資料館として開館した[3]。2006年に静内町が三石町と合併し、新ひだか町となった際に、現在の名前に改称した[1]。 アイヌ民族の外洋船「イタオマチㇷ゚」、漁撈具、編み物、着物、儀礼用具などに加えて、アイヌの儀式に使われ、世界に大英博物館など3つしか残っていないエゾオオカミの頭蓋骨の展示をしている[3][4]。エゾオオカミの頭蓋骨は、新ひだか町の有形文化財に指定されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
209.だて歴史文化ミュージアム  ・〒052-0022 日本 北海道伊達市梅本町57-1
だて歴史文化ミュージアム(だてれきしぶんかミュージアム、英語: Date City Museum of History and Culture)は、北海道伊達市にある博物館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
210.忠類ナウマン象記念館  ・〒089-1701 日本 北海道中川郡幕別町忠類白銀町383-1
忠類ナウマン象記念館(ちゅうるいナウマンぞうきねんかん)は、北海道中川郡幕別町にある自然・科学博物館である[1]。1988年創立。 1969年に旧忠類村で発見・発掘されたナウマン象化石を記念して建設され、建物の平面構成はナウマン象の姿をイメージした形になっている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
211.月形樺戸博物館  ・〒061-0500北海道樺戸郡月形町字月形1219番地
月形樺戸博物館(つきがたかばとはくぶつかん)は、北海道樺戸郡月形町にある月形町立の博物館。
Wikipedia    内容詳細  
212.弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民族資料館  ・〒088-3351北海道川上郡弟子屈町屈斜路市街1条通14番地先
弟子屈町屈斜路コタンアイヌ民族資料館(てしかがちょうくっしゃろコタンアイヌみんぞくしりょうかん)は北海道川上郡弟子屈町にある資料館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
213.苫小牧市科学センター  ・〒053-0018北海道苫小牧市旭町3-1-12
苫小牧市科学センター(とまこまいしかがくセンター)は、苫小牧市にある天文学系博物館。
Wikipedia    内容詳細  
214.中川町エコミュージアムセンター
中川町エコミュージアムセンター(なかがわちょうエコミュージアムセンター 、中川町自然誌博物館)は、北海道中川郡中川町にある自然史博物館・宿泊研修施設。施設管理はNPO法人エコール咲く。夏季と冬季で休館日が異なる。
Wikipedia    内容詳細  
215.中標津町郷土館
中標津町郷土館(なかしべつちょうきょうどかん)は、北海道標津郡中標津町にある、中標津町立の博物館類似施設。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
216.名寄市北国博物館
名寄市北国博物館(なよろしきたぐにはくぶつかん)は北海道名寄市にある博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
217.二風谷アイヌ文化博物館  ・〒055-0101北海道沙流郡平取町字二風谷55
平取町立二風谷アイヌ文化博物館(びらとりちょうりつにぶたにあいぬぶんかはくぶつかん)は北海道沙流郡平取町二風谷にある博物館。平取町が管理・運営をおこなう。
Wikipedia    内容詳細  
218.根室市歴史と自然の資料館  ・〒087-0032 日本 北海道根室市花咲港209
根室市歴史と自然の資料館(ねむろしれきしとしぜんのしりょうかん)は、北海道根室市にある資料館である。2004年創立。根室市とその周辺の歴史、自然資料の収集、保管、展示を行っている[1]。建物は、レンガ造りで1942年に大湊海軍通信隊根室分遣所として建設されたものである[1]。前身は1990年開設の「根室市郷土資料保存センター」[2]。
Wikipedia    内容詳細  
219.はまます郷土資料館  ・〒061-3101北海道石狩市浜益区浜益77-1
はまます郷土資料館(はまますきょうどしりょうかん)は、北海道石狩市浜益区浜益に所在する博物館。 展示物は漁具や漁師の生活道具であり、案内係の解説では「稼働時間130年を越えるアメリカ製のカレンダー時計が一番の見もの」としている[1]。 建物は旧白鳥家番屋として石狩市指定文化財に選ばれているほか、水産庁の「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」にも名を連ねている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
220.東川町郷土館
東川町郷土館(ひがしかわちょうきょうどかん)は、北海道上川郡東川町にある郷土博物館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
221.日高山脈博物館  ・〒055-2301北海道沙流郡日高町本町東1丁目297-12
日高山脈博物館(ひだかさんみゃくはくぶつかん、英語表記:Hidaka Mountains Museum)は、北海道沙流郡日高町にある博物館。日高山脈の貴重な自然を活かした展示・研究、特に岩石を中心とした道内でも唯一の施設である。足元から地域の自然に目を向けてもらい、輪を広げることでひいては地域の活性化に寄与する施設となることを目指している。 1999年6月26日に「日高山脈館」(ひだかさんみゃくかん、英語表記:Hidaka Mountains Center)として開館。2004年10月19日に登録博物館となった(北博登第52号)。2012年4月1日に現名称へ改称した。2018年4月には、日高山脈博物館紀要「日高山脈研究」を創刊した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
222.ファーム富田
ファーム富田(ファームとみた)は、北海道空知郡中富良野町にある農園。主にラベンダーを中心とした花を呼び物に、春から秋にかけて開園する。園内にはドライフラワーを使用した土産屋や資料館も位置しており、営業時間内は入園無料である。所在地は北海道空知郡中富良野町北星。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
223.福島町青函トンネル記念館  ・〒049-1331北海道松前郡福島町字三岳32-1
福島町青函トンネル記念館(ふくしまちょうせいかんトンネルきねんかん)は、北海道松前郡福島町にある博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
224.ふらび
ふらのやまべ美ゅーじあむ ふらびは、北海道富良野市山部駅近くにある博物館、観光スポット。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
225.ふるさと銀河線りくべつ鉄道  ・〒089-4300北海道足寄郡陸別町字陸別原野基線69番地1
ふるさと銀河線りくべつ鉄道(ふるさとぎんがせんりくべつてつどう)は、北海道足寄郡陸別町にある鉄道保存展示施設である。 2006年(平成18年)に廃線となった北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線の線路の一部と、動態保存されていた気動車6両を引き継いで2008年(平成20年)に開業した[2]。2021年4月30日に開業した、旧陸別駅 - 旧分線駅間を利用した鉄道運転体験コースは5.7kmで日本国内最長である[2]。 陸別町商工会が事業主体となり「株式会社りくべつ」が営業委託を受け管理運営を行っている。
Wikipedia    内容詳細  
226.北海道立埋蔵文化財センター  ・〒069-0832北海道江別市西野幌685番地1
北海道立埋蔵文化財センター(ほっかいどうりつまいぞうぶんかざいセンター、英訳名: Hokkaido Archaeological Operations Center)は北海道が設置する、埋蔵文化財の調査研究及び収蔵保管、または普及啓発を行う施設である。各地の都道府県・市町村などに設けられている、いわゆる埋蔵文化財センターの1つ。 北海道立埋蔵文化財センターは北海道内の埋蔵文化財の保護、保存・活用を図ることを目的として1999年4月に設置。施設の管理・運営は指定管理者制度のもと公益財団法人北海道埋蔵文化財センターが北海道教育委員会からの指定を受けて行っている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
227.穂別博物館  ・〒054-0211北海道勇払郡むかわ町穂別80番地6
穂別博物館(ほべつはくぶつかん)は北海道勇払郡むかわ町にある博物館。
Wikipedia    内容詳細  
228.丸瀬布森林公園いこいの森  ・ 日本北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利80番地
丸瀬布森林公園いこいの森(まるせっぷしんりんこうえんいこいのもり)は、北海道紋別郡遠軽町にある森林公園である。本項では公園に隣接する丸瀬布昆虫生態館および丸瀬布温泉「やまびこ」についても述べる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
229.美流渡駅  ・北海道岩見沢市栗沢町美流渡本町北緯43度9分46.4秒 東経141度54分51.1秒 / 北緯43.162889度 東経141.914194度 / 43.162889; 141.914194座標: 北緯43度9分46.4秒 東経141度54分51.1秒 / 北緯43.162889度 東経141.914194度 / 43.162889; 141.914194
美流渡駅(みるとえき)は、北海道空知郡栗沢町(現・岩見沢市栗沢町)美流渡本町にあった日本国有鉄道(国鉄)万字線の駅(廃駅)である。電報略号はミル。事務管理コードは▲132003[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
230.三笠市立博物館  ・〒068-2111北海道三笠市幾春別錦町1丁目212-1
三笠市立博物館(みかさしりつはくぶつかん)は、北海道三笠市にある博物館。別名「化石の博物館」とも言われる当博物館は、天然記念物に指定されている「エゾミカサリュウ」の化石をはじめとして、アンモナイト等およそ3,000点以上の展示物を収蔵する。また、炭坑の街として栄えた三笠市の歴史を刻む北海道初の資料や、三笠市の豊かな自然を知ることができる屋外博物館なども整備されている。所在地は北海道三笠市幾春別錦町1丁目212番1号。
Wikipedia    内容詳細  
231.三笠鉄道記念館  ・〒068-2145北海道三笠市幌内町2-287
三笠鉄道記念館(みかさてつどうきねんかん)は、北海道三笠市にある鉄道を中心とした博物館。三笠市が設置し、指定管理者の三笠振興開発株式会社が管理・運営をしている。この記事では、記念館を含む鉄道施設群「三笠鉄道村」(みかさてつどうむら)についても記述する。
Wikipedia    内容詳細  
232.八雲町郷土資料館
八雲町郷土資料館(やくもちょう きょうどしりょうかん)は、北海道二海郡八雲町にある博物館。1978年、旧尾張藩主徳川慶勝が旧尾張藩士を八雲に入植させてから100年を迎えたことを記念して開館した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
233.山の水族館  ・〒091-0153北海道北見市留辺蘂町松山1番地4
山の水族館(やまのすいぞくかん YAMA NO Aquarium)は北海道北見市留辺蘂町(るべしべちょう)の温根湯温泉(おんねゆおんせん)にある淡水魚の水族館。北の大地の水族館とも呼称される[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
234.夕張市石炭博物館  ・〒068−0401北海道夕張市高松7-1
夕張市石炭博物館(ゆうばりしせきたんはくぶつかん)は、北海道夕張市高松7-1にある博物館。 石炭の歴史村の整備に合わせてその中核施設として1980年(昭和55年)7月に開館したもので[4]、1970年(昭和45年)開設の夕張市郷土資料館(後に夕張市炭鉱資料館に改称)を前身としている。 北海道の明治期以降の基幹産業となった石炭産業を、石炭と炭鉱のテーマに分け、石炭の生成から開発、利用など技術や労働、生活を実物の資料、坑道、石炭層などから紹介している。 旧北炭夕張炭鉱天竜坑を利用した採炭現場の動態展示[5]など石炭産業関連としては世界でも有数の博物館である[6]。 2013年(平成25年)に「郷土文化施設」となり、観光施設から文化施設に行政上の扱いが転換された[7]。
Wikipedia    内容詳細  
235.蘭越町貝の館  ・〒048-1341 日本 北海道磯谷郡蘭越町港町1401
蘭越町貝の館(らんこしちょうかいのやかた)は、北海道磯谷郡蘭越町港町1401番地にある貝類専門博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
236.留萌市海のふるさと館  ・〒077-0048北海道留萌市大町2-3-1
留萌市海のふるさと館(るもいしうみのふるさとかん)は、北海道留萌市大町にある博物館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
237.稚内市開基百年記念塔・北方記念館
稚内市開基百年記念塔・北方記念館(わっかないしかいきひゃくねんきねんとう・ほっぽうきねんかん)は、北海道稚内市にある展望塔及び展示施設。稚内公園内にあり、地上部は2階建ての記念館、その上に稚内市や周辺の海、島を望むことが可能な展望塔が聳え立っている。建物は記念館と塔が組み合わさってできており、塔頂部の展望台まで小さなテレビ画面付きのエレベーターが設置されている。所在地は北海道稚内市ヤムワッカナイ。 記念館・塔が建設されたのは1978年である。これは1879年に現在の宗谷地方へ宗谷村が設置され、役所などが正式に置かれた同年を稚内市の開基としてから100周年を記念し建てられたもの。稚内はその後1949年に市制が敷かれ、北海道内で14番目の市となる。1978年7月1日に稚内市は開基百年、市制の施行より30周年を迎え、稚内公園にある丘陵に記念館・塔が建設されることとなった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
238.稚内市立ノシャップ寒流水族館  ・〒097-0026北海道稚内市ノシャップ2-2-17
稚内市立ノシャップ寒流水族館(わっかないしりつノシャップかんりゅうすいぞくかん)は、北海道稚内市にある水族館。稚内市青少年科学館が隣接しており、どちらも水族館・科学館施設としては日本最北端に所在する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
239.和寒町郷土資料館
和寒町郷土資料館(わっさむちょうきょうどしりょうかん)は、北海道上川郡和寒町にある博物館。和寒町の歴史に関する資料を展示し、無料で公開されている。主な運営は和寒町教育委員会が行っている。所在地は北海道和寒町字北町61番地。 和寒町郷土資料館は、和寒町における郷土の歴史を伝える目的で、1972年12月8日に開設された。資料館の総面積は163.35平方メートル。資料館に保管されている資料の多くは和寒町の町民から寄付されたもので、地域一帯が開拓された時代から昭和時代の半ばまでに実際に使用されていた生活器具や農業機具をはじめとする郷土資料が中心である。 和寒村として成立した時期からの文化や産業に関わる郷土資料は、約1850点収蔵されており、そのうち常設展示されているものは約850点である。主な資料には鋤などの農具、かつての民家の室内を再現して展示されている箪笥、囲炉裏、和寒郵便局の看板など。往時の写真とその説明文が表示された展示パネルが常設されているほか、かつて栄えていた砂金の産業を説明した写真パネルや器具、さらには東町の遺跡で出土した石器や土器が展示されているのも特徴の一つである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
240.旭川市旭山動物園  ・〒078-8205北海道旭川市東旭川町倉沼
旭川市旭山動物園(あさひかわしあさひやまどうぶつえん)は、北海道旭川市東旭川町倉沼にある旭川市が運営する動物園。通称は旭山動物園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
241.旭川市科学館 サイパル  ・〒078-8391北海道旭川市宮前1条3丁目3番32号
旭川市科学館 サイパル(あさひかわしかがくかん サイパル)は、北海道上川支庁管内、旭川市の中心部にある北海道最大級の科学館。プラネタリウムなどの施設を備える。
Wikipedia    内容詳細  
242.川村カ子トアイヌ記念館
川村カ子トアイヌ記念館(かわむらかねとあいぬきねんかん)は、旧近文コタン(現北海道旭川市北門町11)内に設立されたアイヌ民族文化の保護・伝承を目的とする私設の資料館。1916年(大正5年)に開設された日本最古のアイヌ資料館である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
243.北鎮記念館  ・〒070-8630北海道旭川市春光町陸上自衛隊旭川駐屯地隣接
北鎮記念館(ほくちんきねんかん)は、北海道旭川市にある資料館。屯田兵や旧陸軍第七師団についての資料を展示している。入館料は無料[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
244.北邦野草園
北邦野草園(ほっぽうやそうえん)は、北海道上川郡鷹栖町にある植物園である。鷹栖町域にあるが、運営管理は旭川市が行っている。 北方系植物の野草園としては国内最大の規模を誇る。約600種の動植物が生息し、貴重な環境が残されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
245.網走市立郷土博物館  ・〒093-0041北海道網走市桂町1丁目1番3号
網走市立郷土博物館(あばしりしりつきょうどはくぶつかん)は、北海道網走市にある郷土博物館である。1936年(昭和11年)竣工の本館建物は、北海道を代表する建築家田上義也の設計。分館に1966年(昭和41年)に開館したモヨロ貝塚館(2013年リニューアルオープン)がある。
Wikipedia    内容詳細  
246.オホーツク流氷館  ・〒093-0044北海道網走市字天都山244-3
オホーツク流氷館(オホーツクりゅうひょうかん)は北海道網走市の天都山山頂にある流氷とオホーツク海をテーマとする網走市立の科学館。実物のオホーツク海の流氷を展示し、その発生の仕組み等を紹介する。そのほか、流氷の海に生息する、"流氷の天使"クリオネやフウセンウオなどの海洋生物を飼育展示する。 館建物には天都山展望台が併設されている。旧館の老朽化などにより建て替え工事が行われ、2015年(平成27年)8月1日より新館にて営業を行う[3]。 2022年(令和4年)から展示エリアの刷新が行われ、2023年(令和5年)1月20日にリニューアルオープンすることになった[4]。
Wikipedia    内容詳細  
247.博物館網走監獄  ・〒099-2421 日本北海道網走市字呼人1-1
博物館網走監獄(はくぶつかんあばしりかんごく)は、北海道網走市にある博物館。
Wikipedia    内容詳細  
248.北海道立北方民族博物館  ・北海道網走市字潮見309-1
北海道立北方民族博物館(ほっかいどうりつほっぽうみんぞくはくぶつかん)は、北海道網走市にある博物館。北海道教育委員会が設置し、財団法人北方文化振興協会が指定管理者として管理をしている。英語名はHokkaido Museum of Northern Peoples。
Wikipedia    内容詳細  
249.オホーツク水族館  ・北海道網走市字二ツ岩1番地
オホーツク水族館(オホーツクすいぞくかん)は、2002年まで北海道網走市に存在した水族館である。 クリオネ(ハダカカメガイ)の世界初飼育で知られる[3][注釈 3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
250.小樽オルゴール堂
小樽オルゴール堂は、北海道小樽市にあるオルゴールショップ・博物館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
251.小樽市総合博物館  ・〒047-0041北海道小樽市手宮1-3-6
小樽市総合博物館(おたるしそうごうはくぶつかん)は、北海道小樽市手宮1丁目にある北海道の歴史や自然、鉄道をはじめとした交通、科学などに関する展示を行う博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
252.おたる水族館  ・〒047-0047北海道小樽市祝津3丁目303番地
おたる水族館(おたるすいぞくかん英:OTARU AQUARIUM)は、小樽水族館公社が北海道小樽市で運営する水族館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
253.日本銀行旧小樽支店金融資料館  ・〒047-0031北海道小樽市色内1丁目11番16号
日本銀行旧小樽支店金融資料館(にっぽんぎんこうきゅうおたるしてんきんゆうしりょうかん、英字表記:The Bank of Japan Otaru Museum)は、北海道小樽市にある資料館。元は日本銀行の小樽支店として機能していた建物であり、2003年から日本銀行の広報施設として再オープンした。建物は現在、小樽市指定文化財に指定されている。入場料無料。所在地は北海道小樽市色内1丁目11番16号。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
254.石原裕次郎記念館  ・〒047-0008 日本 北海道小樽市築港5-10
石原裕次郎記念館(いしはらゆうじろうきねんかん)は、かつて北海道小樽市にあった石原裕次郎に関する記念館。
Wikipedia    内容詳細  
255.札幌市アイヌ文化交流センター
札幌市アイヌ文化交流センター サッポロピリカコタン(さっぽろしアイヌぶんかこうりゅうセンター サッポロピリカコタン、英語名:Sapporo AINU Culture Promotion Center "Sapporo Pirka Kotan")は北海道札幌市南区小金湯27番地にあるアイヌ民族の生活・文化・歴史をテーマとする博物館である。札幌市が運営・管理をおこなう。 2003年(平成15年)12月20日開館[1]。「市民がアイヌ民族の文化及び歴史に対する理解を深めることができる場を提供することにより、アイヌ文化の継承を図るとともに、アイヌ文化とのふれあいを通して市民交流を促進し、もって市民の生活文化の向上と社会福祉の増進に資するため」に設置された[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
256.札幌市交通資料館  ・ 日本北海道札幌市南区真駒内東町1丁目1
札幌市交通資料館(さっぽろしこうつうしりょうかん)は、北海道札幌市南区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市交通局の外郭団体)が運営する鉄道保存展示施設。札幌市営地下鉄南北線自衛隊前駅の南側高架下に設けられている。
Wikipedia    内容詳細  
257.札幌市青少年科学館  ・〒004-0051 日本 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目2-20
札幌市青少年科学館(さっぽろしせいしょうねんかがくかん)は、札幌市厚別区にある科学館。
Wikipedia    内容詳細  
258.札幌市手稲記念館  ・〒063-0062北海道札幌市西区西町南21丁目3番10号
札幌市手稲記念館(さっぽろしていねきねんかん、Sapporo city Teine Memorial Museum)は、北海道札幌市西区西町南21丁目3-10にある郷土資料館。1967年(昭和42年)の手稲町と札幌市の合併を記念して1969年(昭和44年)に開館した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
259.札幌市豊平川さけ科学館  ・〒005-0017北海道札幌市南区真駒内公園内
札幌市豊平川さけ科学館(さっぽろしとよひらがわさけかがくかん)は、北海道札幌市南区真駒内公園内にある、サケ回帰事業と自然知識普及を目的とする博物館、科学館。「さけ科学館」と略されることが多い。建物は北海道を代表する建築家の田上義也の設計によるものであり、公益財団法人札幌市公園緑化協会が指定管理者として運営する[1]。
Wikipedia    内容詳細  
260.サッポロビール博物館  ・〒065-8633 日本 札幌市東区北7条東9丁目1-1
サッポロビール博物館(サッポロビールはくぶつかん)は、北海道札幌市東区にある企業博物館。サッポロガーデンパークにあり、日本国内で唯一となるビールに関する博物館になっている。
Wikipedia    内容詳細  
261.札幌村郷土記念館  ・〒065-0013北海道札幌市東区北13条東16丁目
札幌村郷土記念館(さっぽろむらきょうどきねんかん)は、北海道札幌市東区にある博物館。札幌の開拓者である大友亀太郎や当時栽培が盛んであった玉葱を中心に、郷土史を語り継いでいく目的で開設された。記念碑や像のほか、館内には多くの歴史的資料が展示されている。また、札幌市指定の有形文化財を多く収蔵しており、記念館全体の土地である大友亀太郎の役宅跡も札幌市指定史跡のうちの一つである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
262.新琴似屯田兵中隊本部  ・〒001-0903北海道札幌市新琴似8条3丁目1-6
新琴似屯田兵中隊本部(しんことにとんでんへいちゅうたいほんぶ)は、北海道札幌市北区新琴似にある郷土資料館。 1887年(明治20年)5月20日に、陸軍屯田兵歩兵第一大隊第三中隊が、札幌の北に位置した琴似村新琴似の地に入植する[1]。屯田兵兵士には、給与地が与えられ、蕎麦や麦およびジャガイモそして亜麻の栽培がなされた[1]。なお、屯田兵制度は、1904年(明治37年)に廃止となった[1]。 1886年(明治19年)頃にバルーンフレーム建築として建造され[2]、新琴似屯田兵中隊本部として使用されていた建物が、新琴似屯田兵村ゆかりの新琴似神社境内にて、1972年(昭和47年)に復元され、資料館となっている[3]。なお、1974年(昭和49年)4月20日には、札幌文化遺産に登録される[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
263.新さっぽろサンピアザ水族館  ・〒004-0052札幌市厚別区厚別中央2条5丁目7-5
新さっぽろサンピアザ水族館(しんさっぽろサンピアザすいぞくかん)は、札幌市厚別区の新札幌副都心にある水族館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
264.北海道開拓の村
北海道開拓の村(ほっかいどうかいたくのむら、英称:Historical village of Hokkaido)は、北海道札幌市厚別区厚別町小野幌(野幌森林公園内)にある野外博物館[1]。 2007年(平成19年)8月に「博物館相当施設」に指定された[2]。 一般財団法人北海道歴史文化財団が指定管理者として管理運営を行っている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
265.北海道大学総合博物館  ・〒060-0810札幌市北区北10条西8丁目
北海道大学総合博物館(ほっかいどうだいがくそうごうはくぶつかん)は、国立大学法人北海道大学が設置している博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
266.北海道博物館  ・〒004-0006北海道札幌市厚別区厚別町小野幌53-2
北海道博物館(ほっかいどうはくぶつかん、英語: Hokkaido Museum)は、2015年(平成27年)4月18日に開館した総合博物館で、愛称は森のちゃれんがである。
Wikipedia    内容詳細  
267.北の映像ミュージアム
北の映像ミュージアム(きたのえいぞうミュージアム)は、北海道札幌市中央区[1]にあった特定非営利活動法人及び同法人が運営していたミュージアム。 北海道新聞記者出身の映画評論家・竹岡和田男を中心に北海道を舞台とする劇映画やドキュメンタリー、テレビドラマなどの映像作品を保存・展示する映像ミュージアムの設立が呼びかけられ、2001年8月に「竹岡和田男コレクション設立期成会」が発足した[2]。そして2001年秋に任意団体「北の映像ミュージアム推進協議会」が設立され、2003年6月に「NPO法人北の映像ミュージアム推進協議会」となった[2]。 2015年3月15日に「NPO法人北の映像ミュージアム」に名称を変更した[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
268.北欧館パン博物館  ・〒063-0006北海道札幌市西区山の手6条1-3-30
北欧館パン博物館(ほくおうかんパンはくぶつかん)は、かつて北海道札幌市西区山の手に所在した日本の企業博物館。株式会社北欧が1990年に開館したパンの博物館で[1]、同社の本社兼工場「北欧館」に併設されていた[1]。 パンの博物館としては日本初のもので[要出典]、全国的にも珍しい施設であった。
Wikipedia    内容詳細  
269.登別市郷土資料館  ・〒059-0016北海道登別市片倉町6丁目27
登別市郷土資料館(のぼりべつしきょうどしりょうかん)は、北海道登別市片倉町6丁目27番地2 (幌別ダムの向かい)にある地上3階建ての郷土博物館である。建物のモデルは白石城。
Wikipedia    内容詳細  
270.登別マリンパークニクス  ・北海道登別市登別東町1丁目[3]22
登別マリンパークニクス(のぼりべつマリンパークニクス)は、北海道登別市に所在する日本の水族館[3]。「北欧ロマンと海洋ファンタジー」をテーマにしている。登別駅より徒歩約5分。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
271.旧函館博物館1号・2号
旧函館博物館1号・2号(きゅうはこだてはくぶつかん1ごう・2ごう)は、函館市青柳町の函館公園内にある、現存する日本最古の博物館施設である。 旧函館博物館1号(開拓使博物場・北緯41度45分23.6秒 東経140度42分54.9秒) 旧函館博物館1号は、開拓使函館支庁が1879年(明治12年)、E.S.モースから寄贈された採集物を展示・収蔵することと、開拓使製造物の見本陳列する目的で建てられた。左右対称、内部1室の木造平屋建で、施工者は田中善蔵。北海道指定の有形文化財に指定されている。 旧函館博物館2号(函館県博物館・北緯41度45分22秒 東経140度42分54.8秒) 旧函館博物館2号は、東京にあった開拓使東京出張所仮博物場が閉鎖する際、その収蔵物を収める目的で建てられ、博物館として1884年に開館した。木造平屋建で、玄関や、窓上部にアーチ型の欄間を配している。施工者は浜谷新助、1号館と同じく北海道指定有形文化財に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
272.市立函館博物館  ・〒040-0044北海道函館市青柳町17-1
市立函館博物館(しりつはこだてはくぶつかん)は、函館市青柳町の函館公園内に本館がある公立総合博物館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
273.函館市熱帯植物園  ・〒042-0932北海道函館市湯川町3丁目1番15号
函館市熱帯植物園(はこだてしねったいしょくぶつえん)は、北海道函館市にある植物園。1970年7月に開館した。[1] 1971年(昭和46年)10月、函館市熱帯植物園内にサル山開設。[1]
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
274.函館市縄文文化交流センター  ・〒041-1613北海道函館市臼尻町551-1
函館市縄文文化交流センター(はこだてしじょうもんぶんかこうりゅうせんたー、英語: Hakodate Jomon Culture Center)は、2011年(平成23年)10月1日に開館した歴史博物館で、愛称は茅空(かっくう)センターである。
Wikipedia    内容詳細  
275.函館市青函連絡船記念館摩周丸  ・ 日本北海道函館市若松町12番地先公有水面
函館市青函連絡船記念館摩周丸(はこだてし せいかんれんらくせんきねんかん ましゅうまる)は北海道函館市にある博物館船である。日本国有鉄道(→北海道旅客鉄道)青函航路に就航していた津軽丸型連絡船「摩周丸(2代目)」の船体を使用(博物館船)し、内部も一部現役当時のものを残している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
276.函館市北洋資料館  ・〒040-0001函館市五稜郭町37-8
函館市北洋資料館(はこだてしほくようしりょうかん)は、北海道函館市にある博物館。北洋漁業の歴史をはじめとする資料を展示している。所在地は北海道函館市五稜郭町37-8。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
277.函館市北方民族資料館  ・〒040-0053北海道函館市末広町21-7
函館市北方民族資料館(はこだてしほっぽうみんぞくしりょうかん)は、北海道函館市末広町にある博物館である。旧日本銀行函館支店を改装した施設で、アイヌやウィルタほか北方民族の衣装や生活用品などを展示している。
Wikipedia    内容詳細  

北海道の科学館

278.むかわ町穂別地球体験館  ・〒054-0211 日本北海道勇払郡むかわ町穂別79-5
むかわ町穂別地球体験館(むかわちょうほべつちきゅうたいけんかん)は、北海道勇払郡むかわ町穂別に存在した博物館。
Wikipedia    内容詳細  
279.室蘭市青少年科学館  ・〒051-0015北海道室蘭市本町2丁目2-1
室蘭市青少年科学館(むろらんしせいしょうねんかがくかん)は、北海道室蘭市にあった北海道最初の科学館。1963年(昭和38年)4月1日開館。2021年(令和3年)3月31日閉館。2021年(令和3年)12月25日に開館したDENZAI環境科学館・室蘭市図書館へその役割を引き継いだ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

北海道の動物園

280.札幌市円山動物園  ・〒064-0959北海道札幌市中央区宮ケ丘3-1
札幌市円山動物園(さっぽろしまるやまどうぶつえん)は、北海道札幌市中央区宮ケ丘の円山公園内にある動物園。札幌市環境局が管理運営を行っている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
281.サホロリゾート ベア・マウンテン  ・〒081-0039北海道上川郡新得町狩勝高原
サホロリゾート ベア・マウンテン(Sahoro Resort Bear Mountain)は、北海道上川郡新得町にあるクマのサファリパーク。サホロリゾートにある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
282.昭和新山熊牧場  ・〒052-0102北海道有珠郡壮瞥町昭和新山183[1]
昭和新山熊牧場(しょうわしんざんくまぼくじょう)は、北海道有珠郡壮瞥町の昭和新山にあるクマの動物園(観光牧場、テーマパーク)。近距離からの観察のために「人のおり」がある。入園者が給餌ができる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
283.ノースサファリサッポロ  ・〒061-2273北海道札幌市南区豊滝469-1
ノースサファリサッポロは、北海道札幌市南区にある動物園兼レジャー施設[1]。2005年7月に北海道初のサファリパークとしてオープン。運営は有限会社サクセス観光(本社:北海道札幌市)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
284.のぼりべつクマ牧場  ・〒059-0551北海道登別市登別温泉町224
のぼりべつクマ牧場(のぼりべつくまぼくじょう)は、北海道登別市登別温泉町にあるクマを主に取り扱う動物園。ヒグマ博物館とアイヌ資料館を併設する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
285.おびひろ動物園  ・〒080-0846北海道帯広市字緑ヶ丘2
おびひろ動物園(おびひろどうぶつえん)は、北海道帯広市にある動物園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
286.オホーツクとっかりセンター  ・北海道紋別市海洋公園2番地
オホーツクとっかりセンターは北海道紋別市海洋公園2番地にある日本で唯一の海獣専門保護施設。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
287.北きつね牧場  ・〒091-0157北見市留辺蘂町花丘52-1
北きつね牧場(きたきつねぼくじょう)は、北海道北見市留辺蘂町(旧:常呂郡留辺蘂町)花丘地区にあるキツネ専門の動物園。温根湯温泉を代表する観光スポットの一つ。 開設は1983年(昭和58年)で、現在は株式会社フォックスが運営している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
288.釧路市動物園  ・〒085-0201 北海道釧路市阿寒町下仁々志別11番
釧路市動物園(くしろしどうぶつえん)は、北海道釧路市阿寒町にある動物園。 1975年に開園。総敷地面積47.8haとゆったりしており、北海道最大の動物園である。(開園当時は国内最大の面積)。国内最東端の動物園でもある。動物の保護研究機関として1995年に世界で初めてシマフクロウの飼育下での繁殖に成功しており、国内唯一のシマフクロウ保護育成センターになっている。積雪期は園内に歩くスキーコースとそり山が開設され、用具貸出しも行われる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

北海道の植物園

289.手宮公園  ・ 日本北海道小樽市手宮
手宮公園(てみやこうえん)は、北海道小樽市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
290.豊平公園  ・ 日本札幌市豊平区豊平5条13丁目、美園5・6条1丁目[1]
豊平公園(とよひらこうえん)は、札幌市豊平区にある公園。 農林省林業試験場(現在の森林総合研究所北海道支所[3])跡地を利用して設置。緑化植物園「緑のセンター」の花壇や庭園が広がり、試験場の名残が残る樹林区域では様々な野鳥を見ることができ、バードウォッチング(野鳥観察)が楽しめる。米里行啓通を挟んで豊平公園温水プールがある。 公園に隣接して北海道立総合体育センター(北海きたえーる)、豊平警察署が立地している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
291.八紘学園花菖蒲園
八紘学園花菖蒲園(はっこうがくえん はなしょうぶえん)とは、北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目1に所在し、学校法人八紘学園が運営する農業教育施設。 毎年7月上旬〜下旬に一般開放(有料)し、それ以外の一般入園は不可能。広大な敷地に約450種類10万株に及ぶハナショウブをメインとして栽培している。見どころには6月下旬頃より開花するハナショウブの他に、7月中旬以後開花するヘメロカリスやラベンダーがあり、同時期に合わせて観覧できる場合もある。 この園は、同経営の北海道農業専門学校の生徒の農作業実習場にもなっており、生徒自ら栽培した植物もある。八紘学園とハナショウブの関係性は、八紘学園創始者栗林元二郎が北海道月寒の地に移住する際に東京より持ち込み栽培したことが始まりである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
292.平岡樹芸センター  ・〒004-0874札幌市清田区平岡4条3丁目
平岡樹芸センター(ひらおかじゅげいセンター)は、北海道札幌市清田区に位置する植物公園(特殊公園[3])。愛称、みどりーむ[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
293.平取町芽生すずらん群生地
平取町芽生すずらん群生地(びらとりちょうめむ すずらんぐんせいち)は、北海道沙流郡平取町芽生にスズランが自生する、野生群生地。所管は、平取町観光協会。 日本最大の群生地(約15ヘクタール)でもあり、スズランの一般公開イベント「すずらん観賞会」が開催される。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
294.北海道ガーデン街道
北海道ガーデン街道(ほっかいどうガーデンかいどう)は、北海道旭川市・上川町から十勝地方に至る道路の愛称名。 2009年(平成21年)に命名された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
295.北海道大学植物園  ・〒060-0003北海道札幌市中央区北3条西8丁目
北海道大学植物園(ほっかいどうだいがくしょくぶつえん)は、北海道大学が運営する大学植物園・大学博物館である[1]。札幌農学校時代の1886年に開園した。植物学の教育・研究を目的に設置され、絶滅危惧植物の保全にも取り組む[2]一方、広く一般にも開放されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
296.真鍋庭園
真鍋庭園(まなべていえん)は北海道帯広市稲田町にある農園、植物園。国内におけるコニファー希少品種の生産で知られる[1]。総面積は100ヘクタールで日本一の面積[2]。日本初のコニファー庭園とされる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
297.神楽岡公園  ・ 日本北海道旭川市神楽岡公園
神楽岡公園(かぐらおかこうえん)は、北海道旭川市にある公園・地名。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
298.ローズガーデンちっぷべつ
ローズガーデンちっぷべつは、北海道雨竜郡秩父別町にある屋外レクリェーション施設[1][2]。広大な庭園内で一面に咲く、様々な種類のバラの花を楽しめる観光地である。管理・運営は秩父別町役場。「こども冒険の森公園」や、秩父別町観光体験牧場「めぇーめぇーランド」とも隣接している。 ローズガーデンちっぷべつは、主にバラの花を中心として、緑や花などの自然を楽しめる野外レクリェーション基地を設立する目的で、1998年に建設工事が着工、翌1999年7月11日に竣工・オープンとなった。園内の敷地面積はおよそ5.4ヘクタールあり、植栽や花壇ほか緑地・施設で構成されている。特に敷地内およそ3千平方メートルに咲くバラは3百種類を数え、その総数は3千株に及ぶ。園内に咲く代表的なバラの種類には、グレーフィン・ソニア、ウィミィ、アンソニーメイアン、アブラカダブラなどが含まれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
299.あさひかわ北彩都ガーデン
あさひかわ北彩都ガーデン(あさひかわきたさいとガーデン)は、北海道旭川市にある観光庭園。通常は「北彩都ガーデン」と呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
300.いわみざわ公園  ・ 日本北海道岩見沢市志文町
いわみざわ公園(いわみざわこうえん)は、北海道岩見沢市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
301.上野ファーム
上野ファーム(うえのファーム)は、北海道旭川市にある観光庭園。ガーデニングの聖地とされ、日本全国から観光客・愛好家が訪れる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
302.釧路フィッシャーマンズワーフMOO
釧路フィッシャーマンズワーフMOO(くしろフィッシャーマンズワーフ・ムー)は、北海道釧路市にある複合商業施設。名前はサンフランシスコのフィッシャーマンズワーフに由来し、MOOはMarine Our Oasisの略。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

北海道の文学館

303.有島記念館
有島記念館(ありしまきねんかん)は、北海道虻田郡ニセコ町にある文学館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
304.井上靖記念館  ・〒070-0875旭川市春光5条7丁目5-41
井上靖記念館(いのうえやすしきねんかん)は、北海道旭川市にある博物館。旭川市出身の作家、井上靖を記念して造られた施設である。所在地は旭川市春光5条7丁目5番41号、中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館に隣接する。
Wikipedia    内容詳細  
305.港文館  ・〒085-0847 日本 北海道釧路市大町2丁目1-12
港文館(こうぶんかん)は、北海道釧路市にある港湾休憩所および歌人石川啄木の資料を展示する文学館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
306.塩狩峠記念館  ・ 日本 北海道上川郡和寒町字塩狩
塩狩峠記念館(しおかりとうげきねんかん)は、北海道上川郡和寒町字塩狩にある、旧民家を利用した記念館。現地ゆかりの小説『塩狩峠』作者である三浦綾子の旧宅を部分移築して開設された[2]。 建物は、元は1961年に旭川市内に建てられた店舗兼用の住宅だった[2]。三浦は1971年までこの建物で暮らし、その間の1964年に『氷点』を発表、小説家となる[2]。1993年に老朽化により解体されたが、周囲からの保存を望む声に三浦が同意し、資材は保管されていた[2]。 『塩狩峠』の舞台となった和寒町が100年記念事業の一環として、塩狩峠での復元を決め、1999年に開館した[2]。式典には最晩年の三浦も夫ともに出席した[2]。
Wikipedia    内容詳細  
307.市立小樽文学館  ・〒047-0031 日本 北海道小樽市色内1丁目9番5号
市立小樽文学館(しりつおたるぶんがくかん、英: Otaru Municipal Museum of Literature)は、北海道小樽市の文学館[4]。小樽市分庁舎(旧小樽地方貯金局)にあり、市立小樽美術館を併設している。市町村立の文学館としては日本国内で初めて開館した[5]。
Wikipedia    内容詳細  
308.知里幸恵 銀のしずく記念館  ・〒059-0465 日本 北海道登別市登別本町2丁目34−7
知里幸恵 銀のしずく記念館(ちりゆきえぎんのしずくきねんかん)は、『アイヌ神謡集』の著者である知里幸恵(ちりゆきえ)の記念館。一般の募金により、2010年、北海道登別市に開館した。運営は特定非営利活動法人の知里森舎(ちりしんしゃ)[3]。
Wikipedia    内容詳細  
309.函館市文学館  ・〒040-0053北海道函館市末広町22-5
函館市文学館(はこだてしぶんがくかん)は、北海道函館市末広町にある文学館。石川啄木など主に函館市にゆかりのある作家に関連する資料約250点[1]を収蔵・展示している。所在地は北海道函館市末広町22-5。
Wikipedia    内容詳細  
310.北海道立文学館  ・〒064-0931札幌市中央区中島公園1-4
北海道立文学館(ほっかいどうりつぶんがくかん、英: Hokkaido Museum of Literature)は、北海道札幌市中央区中島公園にある文学館である。管理運営は公益財団法人北海道文学館が指定管理者としておこなっている。なお、当記事では本館の前身にあたる旧「北海道文学館」(札幌市資料館)、また「公益財団法人北海道文学館」についても触れる。
Wikipedia    内容詳細  
311.三浦綾子記念文学館  ・〒070-8007 日本 北海道旭川市神楽7条8丁目2-15
三浦綾子記念文学館(みうらあやこきねんぶんがくかん)は、北海道旭川市神楽7条8丁目にある作家・三浦綾子の偉業の数々を展示している北海道の登録博物館。運営は、公益財団法人三浦綾子記念文化財団[1]。
Wikipedia    内容詳細  
312.宮尾登美子文学記念館  ・〒052-0022 日本 北海道伊達市梅本町57-1
宮尾登美子文学記念館(みやおとみこぶんがくきねんかん)は、かつて北海道伊達市にあった文学館。伊達市が設置し、特定非営利活動法人(NPO法人)だて観光協会が管理・運営していた。 直木賞作家の宮尾登美子が、1999年(平成11年)から2003年(平成15年)の間に『宮尾本平家物語』執筆のため伊達市に移り住んだことを縁として、宮尾の業績と作品を広く伝えるとともに、市民が文学にふれることができる場として設置した。館内には自筆の原稿や各受賞作品をはじめとして、愛用していた着物や書斎道具・小物類が展示している。 2018年(平成30年)に閉館となり、翌年の「だて歴史文化ミュージアム」開館に伴って「宮尾登美子記念アートホール」としてリニューアルし、芸術に特化したホールとなったが、2020年度(令和2年度)に閉館した[2][3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

北海道の美術館

313.アートホール東洲館  ・〒074-0001 日本北海道深川市1条9丁目19号 深川経済センター2階
アートホール東洲館(アートホールとうしゅうかん)は、北海道深川市にある美術館。 深川市出身の書家、小川東洲の作品や洋画家の松島正幸ほか、数々の芸術作品を展示する。深川駅からほど近い、深川市経済センタービルの2階に位置する。館長は洋画家の渡辺貞之。開館は2001年5月19日。
Wikipedia    内容詳細  
314.網走市立美術館  ・〒093-0016北海道網走市南6条西1丁目
網走市立美術館(あばしりしりつびじゅつかん)は北海道網走市にある美術館。
Wikipedia    内容詳細  
315.岩見沢市絵画ホール・松島正幸記念館  ・〒068-0027 日本北海道岩見沢市7条西1丁目7番地
岩見沢市絵画ホール・松島正幸記念館(いわみざわしかいがホール・まつしままさゆききねんかん)は北海道岩見沢市にある美術館。
Wikipedia    内容詳細  
316.置戸ぽっぽ絵画館  ・〒099-1100北海道常呂郡置戸町字置戸456-1
置戸ぽっぽ絵画館(おけとぽっぽかいがかん)は、北海道常呂郡置戸町にある美術館。寄贈された絵画を主に展示する。
Wikipedia    内容詳細  
317.小樽芸術村  ・〒047-0031 日本 北海道小樽市色内1丁目3-1
小樽芸術村(おたるげいじゅつむら)は、北海道小樽市にあるニトリホールディングスによる美術館。国の重要文化財建造物および「小樽市指定歴史的建造物」、小樽市指定の「有形文化財」を美術館施設として使用する[4]。
Wikipedia    内容詳細  
318.北一ヴェネツィア美術館  ・〒047-0027 日本 北海道小樽市堺町5−27
北一ヴェネツィア美術館(きたいちヴェネツィアびじゅつかん)とは北海道小樽市堺町にある美術館[2]。 1988年設立[1]。イタリア・ヴェネツィアの中世の宮殿を再現した美術館で[3]、ヴェネツィアの文化及び価値が高まっているヴェネツィアガラスの優れた作品の保存・展示・紹介を行っている。特にヴェネツィアガラスに関しては小樽市がガラスの町と言われていることもあり1000年以上歴史を持つ多彩なジャンルなものが3000点以上展示されている[1]。またイタリア製ドレスでの記念撮影やダイアナ妃が実際に乗ったゴンドラの展示などもポイントの一つである[4]。 美術館の外装はグラッシィ宮殿をモデルに建てられており、内装も18世紀の貴族による暮らしを基にすべてヴェネツィア風にしている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
319.北のアルプ美術館  ・〒099-4114北海道斜里郡斜里町朝日町11-2
北のアルプ美術館(きたのアルプびじゅつかん)は、北海道斜里郡斜里町にある美術館。 1992年(平成4年)に山の月刊文芸誌『アルプ』の愛読者だった写真家の山崎猛によって創設された美術館である[1][2]。 山の月刊文芸誌『アルプ』は1958年(昭和33年)に串田孫一や尾崎喜八らによって創刊された[3]。1983年(昭和58年)に300号をもって終刊となった[4]。 美術館は2022年(令和4年)6月に30周年となり一般財団法人化された[1]。30周年を記念して30周年記念誌が発行された[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
320.釧路市立美術館  ・〒085-0836北海道釧路市幣舞町4番28号 釧路市生涯学習センター3階
釧路市立美術館(くしろしりつびじゅつかん)は北海道釧路市幣舞町にある市立美術館である。
Wikipedia    内容詳細  
321.国際染織美術館  ・〒070-8567北海道旭川市南が丘3丁目1-1
国際染織美術館(こくさいせんしょくびじゅつかん)は、北海道旭川市にある美術館。日本で初めての染織専門美術館で[1]、主に日本・世界の染色工芸品(世界約80カ国・およそ5千点)を分類別に分けて展示する。 優佳良織工芸館、雪の美術館とともに北海道伝統美術工芸村の一館として開設された。建物は2階建て。敷地面積85,000平方メートル、床面積1,258.25平方メートル。入口ドアのレリーフは蓮田修吾郎作。1階に販売室・第1展示室、2階に第2〜第5展示室がそれぞれ位置する。 運営会社である「北海道伝統美術工芸村」が債務超過に陥り、2016年12月1日に長期休館することとなる[2]。2016年12月12日、北海道伝統美術工芸村は旭川地方裁判所から破産開始決定を受けた[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
322.市立小樽美術館  ・〒047-0031 日本 北海道小樽市色内1丁目9番5号
市立小樽美術館(しりつおたるびじゅつかん)は、北海道小樽市にある美術館。小樽市分庁舎(旧小樽地方貯金局)にあり、市立小樽文学館を併設している。 小樽にゆかりのある美術家の作品を中心に調査、収集、保存、展示している。美術作品、美術関係書資料の収集などを市民団体(市立小樽美術館協力会)が行っている。
Wikipedia    内容詳細  
323.新星館 須田剋太・島岡達三美術館
新星館(しんせいかん)は、北海道上川郡美瑛町新星の丘にある美術館である。 1997年(平成9年)8月3日に開館された[1]。 新星館須田剋太・島岡達三美術館(しんせいかん すだこくた・しまおかたつぞうびじゅつかん)とも表記される。 建物3階からは美瑛の丘や十勝岳連峰を一望できる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
324.拓真館  ・〒071-0474 日本北海道上川郡美瑛町字拓進
拓真館(たくしんかん)は、北海道上川郡美瑛町にある写真のギャラリー。
Wikipedia    内容詳細  
325.苫小牧市美術博物館  ・〒053-0011 日本 北海道苫小牧市末広町3-9-7
苫小牧市美術博物館(とまこまいしびじゅつはくぶつかん)は、北海道苫小牧市にある博物館と美術館の複合施設。前身の苫小牧博物館に美術館を併設し2013年にリニューアルオープンした。愛称は「あみゅー」[1]。
Wikipedia    内容詳細  
326.中札内美術村  ・〒089-1366 日本 北海道河西郡中札内村栄東5線
中札内美術村(なかさつないびじゅつむら)は、北海道河西郡中札内村にある六花亭による施設。カシワの林に囲まれた敷地内には美術館やレストラン、庭園などが点在している。六花亭、中札内村、大林組は、六花の森とともに地域に根ざした施設づくりが評価され、「日本建築学会賞」学会賞(業績部門)を受賞している[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
327.中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館  ・北海道旭川市春光5条7丁目5-35
中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館(なかはらていじろうきねんあさひかわしちょうこくびじゅつかん)は、北海道旭川市にある美術館。旭川市にゆかりのある彫刻家・中原悌二郎の作品を数多く収蔵し、彫刻に関連した作品の展示や企画展・講座などを開催している。 美術館の建物は1994年(平成6年)に彫刻美術館として開館する以前は、旭川市立旭川郷土博物館として使用されており、さらにそれ以前は旧陸軍第7師団の旭川偕行社として使用されていた建造物である。建物自体は「旧旭川偕行社」としても知られ、1989年(平成元年)に国の重要文化財に指定されている。 旭橋(北海道遺産)や平和通買物公園(日本初の恒久的歩行者天国)などとともに、旭川八景の一つでもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
328.北網圏北見文化センター  ・〒090-0015 日本 北海道北見市公園町1
北網圏北見文化センター(ほくもうけんきたみぶんかセンター)は、北海道北見市にある複合施設。科学館・博物館・美術館・プラネタリウムの機能を有している。
Wikipedia    内容詳細  
329.北海道伝統美術工芸村
北海道伝統美術工芸村(ほっかいどうでんとうびじゅつこうげいむら)は、北海道旭川市にある美術館群の名称。国際染織美術館、雪の美術館、優佳良織工芸館の3つの施設で構成されている。所在地は北海道旭川市南が丘3丁目1-1。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
330.北海道立旭川美術館  ・〒070-0044北海道旭川市常磐公園内
北海道立旭川美術館(ほっかいどうりつあさひかわびじゅつかん)は、北海道旭川市にある美術館である。設置者は北海道。建物は北海道を代表する建築家田上義也による設計。
Wikipedia    内容詳細  
331.北海道立帯広美術館  ・〒080-0846 日本 北海道帯広市字緑ヶ丘2
北海道立帯広美術館(ほっかいどうりつおびひろびじゅつかん)は、北海道帯広市にある美術館。
Wikipedia    内容詳細  
332.北海道立釧路芸術館  ・〒085-0017北海道釧路市幸町4丁目1番5号
北海道立釧路芸術館(ほっかいどうりつくしろげいじゅつかん)は、北海道釧路市幸町に位置する北海道立の公立美術館である。
Wikipedia    内容詳細  
333.北海道立函館美術館  ・〒040-0001 日本北海道函館市五稜郭町37-6
北海道立函館美術館(ほっかいどうりつはこだてびじゅつかん)は、北海道函館市にある美術館。
Wikipedia    内容詳細  
334.ミカサ・モダンアートミュージアム
ミカサ・モダンアートミュージアムは、北海道三笠市の美術館。正式名称は三笠市芸術文化交流施設[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
335.安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄  ・〒072-0831 日本 北海道美唄市落合町栄町
安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄(やすだかんちょうこくびじゅつかん アルテピアッツァびばい)は、北海道美唄市にある芸術文化交流施設[3]。「アルテピアッツァ」とはイタリア語で「芸術広場」を意味する[4]。
Wikipedia    内容詳細  
336.優佳良織工芸館  ・〒070-8028北海道旭川市南が丘3丁目1-1
優佳良織工芸館(ゆうからおりこうげいかん、英:Yukara Ori Craft Museum[2])は、北海道旭川市の北海道伝統美術工芸村にあった工芸館。北海道の染織工芸品「優佳良織(ゆうからおり)」を展示していた。2016年12月に閉館となったが、後述のように再活用の動きがある[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
337.六花の森
六花の森(ろっかのもり)は、北海道河西郡中札内村にある六花亭による施設(庭園)。敷地内には工場、美術館、ミュージアムショップ・レストランなどがある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
338.中山峠写真の森美術館  ・ 日本 北海道虻田郡喜茂別町字川上345番地
中山峠写真の森美術館(なかやまとうげしゃしんのもりびじゅつかん)は、北海道虻田郡喜茂別町にかつて存在した美術館。国道230号に面し、道の駅望羊中山と連絡通路で接続していた。本項目では、前身・後身となる「中山峠森の美術館」(なかやまとうげもりのびじゅつかん)についても解説する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
339.本間コレクション
本間コレクション(ほんまコレクション)は、北海道恵庭市にかつて存在した美術館。株式会社本間武男(現ウェルフェアコミュニティーデザイン株式会社)が経営していた。北海道出身の芸術家・本間武男が収集した美術品を展示公開していたが2003年に完全閉館している。 ウェルフェアコミュニティーデザイン株式会社http://www.wfcd.co.jp/ 以下、当時の公式ウェブサイトによる。 JR千歳線・恵庭駅の南西、恵庭公園のそばに位置していた。付近には漁川が流れる。 当初は仏像や彫刻品をメインに展示していたが2000年頃からは展示物の縮小に伴い美術館へと衣替えをし「本間武男の世界」と題して本間武男によるシルクスクリーン版画作品や、本間武男に関する資料、そのほか約3,000頭ものチョウ(蝶)の標本や、5ミリメートル四方の聖書の豆本、宇宙から地球に飛来した隕鉄(鉄隕石)などを展示していた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
340.雪の美術館  ・〒070-8028北海道旭川市南が丘3丁目1-1
雪の美術館(ゆきのびじゅつかん、英:Snow Crystals Museum[3])は、北海道旭川市の北海道伝統美術工芸村に存在した雪をテーマにした美術館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
341.500m美術館
500m美術館(Sapporo Odori 500-m Underground Walkway Gallery)は、札幌市営地下鉄大通駅とバスセンター前駅を結ぶコンコースを利用してアート作品を展示する施設。「創造力を育む、直線空間。」をスローガンに札幌で活躍するアーティストを内外に発信している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
342.札幌芸術の森美術館  ・〒005-0864北海道札幌市南区芸術の森2丁目75番地
札幌芸術の森美術館(さっぽろげいじゅつのもりびじゅつかん)は、北海道札幌市の南部に位置する複合文化施設・札幌芸術の森にある日本の美術館。北海道、札幌ゆかりの作家の作品および国内外の近現代美術などをコレクションの核とし、多彩な内容の特別展を年間5〜7本開催するとともに、美術に関する調査研究活動を行っている。また、74点の彫刻作品を常設展示する野外美術館ならびに佐藤忠良記念子どもアトリエを併設し、園内の豊かな自然環境や、周辺の教育・研究機関などとの繋がりを活かしたワークショップなどの事業を行っている。
Wikipedia    内容詳細  
343.HOKUBU記念絵画館  ・〒062-0911北海道札幌市豊平区旭町1丁目1番36号
HOKUBU記念絵画館(ほくぶきねんかいがかん)は、北海道札幌市豊平区にある私立美術館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
344.北海道立近代美術館  ・北海道札幌市中央区北1条西17丁目
北海道立近代美術館(ほっかいどうりつきんだいびじゅつかん、英称:The Hokkaido Museum of Modern Art)は、北海道札幌市中央区にある、道立の美術館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
345.北海道立三岸好太郎美術館  ・〒060-0002北海道札幌市中央区北2条西15丁目
北海道立三岸好太郎美術館(ほっかいどうりつみぎしこうたろうびじゅつかん、Migishi Kotaro Museum of Art, Hokkaido)は、北海道札幌市にある北海道立近代美術館の分館である。設置者は北海道。
Wikipedia    内容詳細  
346.本郷新記念札幌彫刻美術館  ・〒064-0954札幌市中央区宮の森4条12丁目
本郷新記念札幌彫刻美術館(ほんごうしんきねん さっぽろちょうこくびじゅつかん)は、北海道札幌市中央区宮の森に所在する美術館。 本館では、札幌市出身の彫刻家である本郷新の作品を主に収蔵・展示しており、前庭は彫刻庭園となっている[3]。毎冬、本館前庭を無料解放して、「雪像彫刻展」を開催している。[4] 記念館では、本郷の石膏原型・油絵・デッサンに加えて、彼が収集した他作家の作品や、制作道具・生活用品等の展示を行っている[3]。
Wikipedia    内容詳細  

北海道の人物記念館

347.エドウィン・ダン記念館  ・ 日本 北海道札幌市南区真駒内泉町1丁目
エドウィン・ダン記念館(エドウィン・ダンきねんかん)は、明治時代のお雇い外国人、エドウィン・ダンを記念し紹介する施設で、北海道札幌市南区真駒内泉町のエドウィン・ダン記念公園内にある。ダンの事績と札幌開拓の歴史を示す。記念館の建物は、1887年(明治20年)に建てられた真駒内種畜産場事務所を移築したもので、木造、白塗りで緑の屋根を持つ。
Wikipedia    内容詳細  
348.北島三郎記念館  ・〒040-0053北海道函館市末広町22-11 ウイニングホール1-3F
北島三郎記念館(きたじまさぶろうきねんかん)は、北海道函館市に設けられた北島三郎の記念館。ウイニングホールの建物内にあるが建物老朽化のため館内施設のウイニングホテル及びレストラン・ウイニングとともに2021年8月末で休館となる[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
349.大鵬相撲記念館  ・〒088-3465北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-1-20
大鵬相撲記念館(たいほうすもうきねんかん)は、北海道川上郡弟子屈町にある博物館である。旧名は『弟子屈町川湯相撲記念館』。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
350.DCTgarden IKEDA  ・〒083-0002 日本北海道中川郡池田町清見83-3
DCTgarden IKEDA(ディーシーティーガーデン イケダ)は、北海道中川郡池田町にあるDREAMS COME TRUE・吉田美和に関する施設。
Wikipedia    内容詳細  
351.ピアソン記念館  ・〒090-0036北見市幸町7-4-28
ピアソン記念館(ピアソンきねんかん)は、北海道北見市にある歴史的建造物および博物館。 大正時代から昭和初期にかけて宣教活動に従事したアメリカ人宣教師夫妻の[4]ジョージ・ペック・ピアソンとアイダ・ゲップ・ピアソンの業績を記念して[5]、その旧邸を資料館としたものである。 2004年(平成16年)4月から指定管理者制度により、特定非営利活動法人ピアソン会が管理・運営している[2]。 1996年(平成8年)に北見市指定文化財に指定され(北見市指定文化財第10号)[6]、2001年(平成13年)には北海道遺産に選定された[7](2001年10月22日選定)。
Wikipedia    内容詳細  
352.北海道坂本龍馬記念館  ・〒040-0053北海道函館市末広町8番6号
北海道坂本龍馬記念館(ほっかいどうさかもとりょうまきねんかん)は、北海道函館市に設立された幕末の志士坂本龍馬および北海道に渡った坂本家子孫の史料を展示する記念館である。
Wikipedia    内容詳細  
353.宮部金吾記念館  ・〒060-0003北海道札幌市中央区北3条西8丁目
宮部金吾記念館(みやべきんごきねんかん)は北海道札幌市中央区にある北海道大学植物園の初代園長・宮部金吾の遺品を展示している博物館である。北海道大学植物園設立に関わる資料の他、宮部金吾が学生時代に使用していたノートや植物採集記録、愛用していた顕微鏡等を展示している。1992年(平成4年)9月に記念館として一般公開が開始され、2000年(平成12年)4月には建物が国の登録有形文化財に登録された。
Wikipedia    内容詳細  
354.横綱千代の山・千代の富士記念館  ・北海道松前郡福島町字福島190
横綱千代の山・千代の富士記念館(よこづなちよのやま ちよのふじきねんかん)は、北海道松前郡福島町字福島190番地にある福島町立の千代の山雅信と千代の富士貢の記念館である。道の駅横綱の里ふくしまが併設されている。1997年4月に開館。単に「横綱記念館」と呼ばれることもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

北海道の鉄道

355.新吉野駅  ・北海道十勝郡浦幌町字吉野
新吉野駅(しんよしのえき)は、北海道十勝郡浦幌町字吉野にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK39。電報略号はシヨ[2]。事務管理コードは▲110424[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
356.千代台停留場  ・北海道函館市千代台町21-7先、16-23先
千代台停留場(ちよがだいていりゅうじょう)は、北海道函館市千代台町にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である[2]。駅番号はDY11。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
357.常豊信号場  ・北海道十勝郡浦幌町字常豊
常豊信号場(つねとよしんごうじょう)は、北海道十勝郡浦幌町字常豊にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の信号場である。事務管理コードは▲110458[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
358.函館アリーナ前停留場  ・北海道函館市湯川町1丁目34-17先、32-3先
函館アリーナ前停留場(はこだてアリーナまえていりゅうじょう)は、北海道函館市湯川町1丁目にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である。駅番号はDY03。市民会館前の副名称がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
359.恵庭駅  ・北海道恵庭市相生町501-1
恵庭駅(えにわえき)は、北海道恵庭市相生町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅。恵庭市の代表駅である。駅番号はH10。電報略号はエニ。事務管理コードは▲131407[2]。副駅名称は「北海道文教大学前」[報道 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
360.函館駅  ・北海道函館市若松町
函館駅(はこだてえき)は、北海道函館市若松町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH75。事務管理コードは▲140101[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
361.サッポロビール庭園駅  ・北海道恵庭市戸磯
サッポロビール庭園駅(サッポロビールていえんえき)は、北海道恵庭市戸磯にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅。駅番号はH11。電報略号はサホ。一部の普通列車は通過する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
362.函館どつく前停留場  ・北海道函館市入舟町6-17先、1-6先
函館どつく前停留場(はこだてどっくまえていりゅうじょう)は、北海道函館市入舟町にある函館市企業局交通部(函館市電)本線[2]の停留場である。駅番号はD23。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
363.島松駅  ・北海道恵庭市島松仲町1丁目
島松駅(しままつえき)は、北海道恵庭市島松仲町1丁目1にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)千歳線の駅。かつては急行「ちとせ」が停車していた。JR北海道の駅番号はH08。電報略号はママ。事務管理コードは▲131406[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
364.深堀町停留場  ・北海道函館市柏木町24-17先、34-25先
深堀町停留場(ふかぼりちょうていりゅうじょう)は、北海道函館市柏木町にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である。駅番号はDY06。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
365.恵み野駅  ・北海道恵庭市恵み野西1丁目
恵み野駅(めぐみのえき)は、北海道恵庭市恵み野西1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅。駅番号はH09。電報略号はメク。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
366.宝来町停留場  ・北海道函館市宝来町21-3先、10-12先
宝来町停留場(ほうらいちょうていりゅうじょう)は、北海道函館市宝来町21番先(往線)・宝来町10番地先(復線)にある函館市企業局交通部(函館市電)宝来・谷地頭線[2]の停留場である。駅番号はY24。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
367.江別駅  ・北海道江別市萩ケ岡25番地
江別駅(えべつえき)は、北海道江別市萩ケ岡にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA09。電報略号はエツ。事務管理コードは▲130129[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
368.堀川町停留場  ・北海道函館市千代台町2-4先、中島町21-19先
堀川町停留場(ほりかわちょうていりゅうじょう)は、北海道函館市中島町21番地先・千代台町2番地先にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である。駅番号はDY12。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
369.大麻駅  ・北海道江別市大麻中町
大麻駅(おおあさえき)は、北海道江別市大麻中町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅。駅番号はA06。電報略号はオア。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
370.松風町停留場  ・北海道函館市松風町12-4先、11-15先
松風町停留場(まつかぜちょうていりゅうじょう)は、北海道函館市松風町11番地先、12番地先にある、函館市企業局交通部(函館市電)[2]の停留場である。駅番号はDY16。また、1992年3月31日までは東雲線も接続していた[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
371.高砂駅 (北海道)  ・北海道江別市高砂町56-1
高砂駅(たかさごえき)は北海道江別市高砂町にある北海道旅客鉄道(JR北海道) 函館本線の駅である。駅番号はA08。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
372.谷地頭停留場  ・北海道函館市谷地頭町35-2先、25-16先
谷地頭停留場(やちがしらていりゅうじょう)は、北海道函館市谷地頭町35番地先、25番地先にある函館市企業局交通部(函館市電)宝来・谷地頭線の停留場である。駅番号はY26。映画『犬と私の10の約束』でロケ地となる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
373.豊幌駅  ・北海道江別市豊幌
豊幌駅(とよほろえき)は北海道江別市豊幌にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA10。電報略号はトホ。事務管理コードは▲130130[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
374.湯の川停留場  ・北海道函館市湯川町2丁目18-14先、27-29先
湯の川停留場(ゆのかわていりゅうじょう)は、北海道函館市湯川町2丁目にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場。函館市最東端の停留場である。駅番号はDY01。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
375.野幌駅  ・北海道江別市野幌町94-1
野幌駅(のっぽろえき)は、北海道江別市野幌町94にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA07。電報略号はノツ。事務管理コードは▲130128[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
376.湯の川温泉停留場  ・北海道函館市湯川町1丁目26-29先、28-1先
湯の川温泉停留場(ゆのかわおんせんていりゅうじょう)は、北海道函館市湯川町1丁目にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である。駅番号はDY02。ゴールデンウィークなどの繁忙期には乗車整理員が配置されることがある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
377.生田原駅  ・北海道紋別郡遠軽町生田原
生田原駅(いくたはらえき)は、北海道紋別郡遠軽町生田原にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はイハ。事務管理コードは▲122522[2][3]。駅番号はA53。特急「オホーツク」「大雪」を含む全ての定期列車が停車する[4][注釈 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
378.姉別駅  ・北海道厚岸郡浜中町姉別3丁目50番地
姉別駅(あねべつえき)は、北海道厚岸郡浜中町姉別3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はアネ。事務管理コードは▲110447[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
379.遠軽駅  ・北海道紋別郡遠軽町岩見通南1丁目
遠軽駅(えんがるえき)は、北海道紋別郡遠軽町岩見通南1丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はエン。事務管理コードは▲122520[4][5]。駅番号はA50。遠軽町の代表駅であり、歴史的な経緯から全国でも数少ない平面スイッチバック駅のため全ての列車が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
380.茶内駅  ・北海道厚岸郡浜中町茶内緑113
茶内駅(ちゃないえき)は、北海道厚岸郡浜中町茶内緑113にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はチナ。事務管理コードは▲110445[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
381.白滝駅  ・北海道紋別郡遠軽町白滝
白滝駅(しらたきえき)は、北海道紋別郡遠軽町白滝にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はラキ。事務管理コードは▲122514[2][3]。駅番号はA45。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
382.浜中駅  ・北海道厚岸郡浜中町浜中桜北5番地
浜中駅(はまなかえき)は、北海道厚岸郡浜中町浜中桜北5にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はハナ。事務管理コードは▲110446[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
383.瀬戸瀬駅  ・北海道紋別郡遠軽町瀬戸瀬西町
瀬戸瀬駅(せとせえき)は、北海道紋別郡遠軽町瀬戸瀬西町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はセセ。事務管理コードは▲122518[2]。駅番号はA49。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
384.北美瑛駅  ・北海道上川郡美瑛町字下宇莫別
北美瑛駅(きたびえいえき)は、北海道上川郡美瑛町字下宇莫別(しもうばくべつ)[2][3]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121708[3]。駅番号はF36。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
385.丸瀬布駅  ・北海道紋別郡遠軽町丸瀬布水谷町
丸瀬布駅(まるせっぷえき)は、北海道紋別郡遠軽町丸瀬布水谷町(まるせっぷみずたにまち)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はマセ。事務管理コードは▲122517[2][3]。駅番号はA48。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
386.美瑛駅  ・北海道上川郡美瑛町本町1丁目1
美瑛駅(びえいえき)は、北海道上川郡美瑛町本町(もとまち)1丁目1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅。事務管理コードは▲121707[2]。駅番号はF37。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
387.安国駅  ・北海道紋別郡遠軽町生田原安国
安国駅(やすくにえき)は、北海道紋別郡遠軽町生田原安国にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はヤニ。事務管理コードは▲122521[2]。駅番号はA51。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
388.美馬牛駅  ・北海道上川郡美瑛町美馬牛北1丁目3番1号
美馬牛駅(びばうしえき)は、北海道上川郡美瑛町美馬牛北1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅。事務管理コードは▲121706[2]。駅番号はF38。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
389.西女満別駅  ・北海道網走郡大空町女満別本郷
西女満別駅(にしめまんべつえき)は、北海道網走郡大空町女満別本郷にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はニメ。事務管理コードは▲122532[2]。駅番号はA66。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
390.比布駅  ・北海道上川郡比布町西町2丁目
比布駅(ぴっぷえき)は北海道上川郡比布町西町2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。事務管理コードは▲121806[1]。電報略号はヒフ[2]。駅番号はW34。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
391.女満別駅  ・北海道網走郡大空町女満別本通1丁目
女満別駅(めまんべつえき)は、北海道網走郡大空町女満別本通1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はメマ。事務管理コードは▲122533[2][3]。駅番号はA67。全ての定期列車が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
392.蘭留駅  ・北海道上川郡比布町北9線14号
蘭留駅(らんるえき)は、北海道上川郡比布町北9線14号にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。事務管理コードは▲121808[1]。駅番号はW36。電報略号はラン。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
393.長万部駅  ・北海道山越郡長万部町字長万部228-7
長万部駅(おしゃまんべえき)は、北海道山越郡長万部町字長万部にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はH47。電報略号はマン。事務管理コードは▲140129[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
394.光珠内駅  ・北海道美唄市光珠内町北
光珠内駅(こうしゅないえき)は、北海道美唄市光珠内町北にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA15。電報略号はコウ。事務管理コードは▲130135[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
395.北豊津信号場  ・北海道山越郡長万部町字豊津
北豊津信号場(きたとよつしんごうじょう)は、北海道山越郡長万部町字豊津にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の信号場。電報略号はヨツ[2]。事務管理コードは▲140126[3]。旅客扱い末期の駅番号はH50。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
396.茶志内駅  ・北海道美唄市茶志内町
茶志内駅(ちゃしないえき)は、北海道美唄市茶志内町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)函館本線の駅である。JR北海道の駅番号はA17。事務管理コードは▲130137[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
397.国縫駅  ・北海道山越郡長万部町字国縫
国縫駅(くんぬいえき)は、北海道山越郡長万部町字国縫にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH49。電報略号はクニ。事務管理コードは▲140127[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
398.美唄駅  ・北海道美唄市東1条南2丁目3番1号
美唄駅(びばいえき)は、北海道美唄市東1条南2丁目3番にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA16。電報略号はヒハ。事務管理コードは▲130136[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
399.静狩駅  ・北海道山越郡長万部町字静狩
静狩駅(しずかりえき)は北海道山越郡長万部町字静狩にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH46。電報略号はシツ。事務管理コードは▲140302[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
400.峰延駅  ・北海道美唄市峰延町峰樺
峰延駅(みねのぶえき)は、北海道美唄市峰延町峰樺(みねかば)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA14。電報略号はミネ。事務管理コードは▲130134[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
401.中ノ沢駅  ・北海道山越郡長万部町字中ノ沢
中ノ沢駅(なかのさわえき)は、北海道山越郡長万部町字中ノ沢にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH48。電報略号はナワ。事務管理コードは▲140128[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
402.恩根内駅  ・北海道中川郡美深町字恩根内
恩根内駅(おんねないえき)は、北海道中川郡美深町字恩根内にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はネイ。事務管理コードは▲121827[2]。駅番号はW57。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
403.二股駅  ・北海道山越郡長万部町字双葉
二股駅(ふたまたえき)は、北海道(渡島総合振興局)山越郡長万部町字双葉にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS32。電報略号はフタ。事務管理コードは▲140130[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
404.豊清水信号場  ・北海道中川郡美深町字清水
豊清水信号場(とよしみずしんごうじょう)は、北海道中川郡美深町字清水にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の信号場である。電報略号はトス。事務管理コードは▲121828[2]。旅客営業末期の駅番号はW58。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
405.朝里駅  ・北海道小樽市朝里1丁目
朝里駅(あさりえき)は、北海道小樽市朝里1丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS12。事務管理コードは▲130118[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
406.初野駅  ・北海道中川郡美深町字富岡
初野駅(はつのえき)は、北海道中川郡美深町字富岡にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。事務管理コードは▲121825[1]。駅番号はW55。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
407.小樽駅  ・北海道小樽市稲穂2丁目22番15号
小樽駅(おたるえき)は、北海道小樽市稲穂2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS15。電報略号はオタ。事務管理コードは▲130115[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
408.美深駅  ・北海道中川郡美深町開運町1番地1[JR北 1]
美深駅(びふかえき)は、北海道中川郡美深町開運町[JR北 1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はW54。電報略号はヒカ。事務管理コードは▲121824[2][3]。特急「宗谷」「サロベツ」含む全列車が停車し、かつては美幸線が分岐した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
409.小樽築港駅  ・北海道小樽市築港1番4号
小樽築港駅(おたるちっこうえき)は、北海道小樽市築港にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS13。電報略号はタコ。事務管理コードは▲130117[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
410.美幌駅  ・北海道網走郡美幌町字新町3丁目
美幌駅(びほろえき)は、北海道網走郡美幌町字新町3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はヒロ。事務管理コードは▲122531[4][5]。駅番号はA65。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
411.塩谷駅  ・北海道小樽市塩谷2丁目
塩谷駅(しおやえき)は、北海道小樽市塩谷2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である[2]。駅番号はS16。電報略号はシホ。事務管理コードは▲130114[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
412.納内駅  ・北海道深川市納内町字納内
納内駅(おさむないえき)は、北海道深川市納内町字納内にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA25。事務管理コードは▲120104[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
413.銭函駅  ・北海道小樽市銭函2丁目2番5号
銭函駅(ぜにばこえき)は、北海道小樽市銭函2丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS11。電報略号はセニ。事務管理コードは▲130120[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
414.北一已駅  ・北海道深川市一已町
北一已駅(きたいちやんえき)は、北海道(空知総合振興局)深川市一已町(いちやんちょう)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)留萌本線の駅である。電報略号はキイ。事務管理コードは▲121501[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
415.南小樽駅  ・北海道小樽市住吉町10番7号
南小樽駅(みなみおたるえき)は、北海道小樽市住吉町にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS14。電報略号はタル。事務管理コードは▲130116[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
416.深川駅  ・北海道深川市1条9丁目[JR北 1]
深川駅(ふかがわえき)は、北海道深川市1条9丁目[JR北 1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はA24。電報略号はフカ。事務管理コードは▲120103[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
417.蘭島駅  ・北海道小樽市蘭島1丁目
蘭島駅(らんしまえき)は、北海道小樽市蘭島1丁目24にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS17。電報略号はシマ。事務管理コードは▲130113[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
418.学田駅  ・北海道富良野市字西学田二区
学田駅(がくでんえき)は、北海道富良野市字西学田二区にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅。駅番号はF44。事務管理コードは▲121701[2]。普通列車でも一部が通過する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
419.新小樽駅  ・北海道小樽市
新小樽駅(しんおたるえき)は、北海道小樽市に設置予定の北海道新幹線の駅(仮称)である。従来の小樽駅(北海道旅客鉄道(JR北海道)の函館本線)とは別の位置に建設されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
420.島ノ下信号場  ・北海道富良野市字島ノ下
島ノ下信号場(しまのしたしんごうじょう)は、北海道富良野市字島ノ下にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の信号場。電報略号はマシ、事務管理コードは▲130409[3]。旅客駅時代の駅番号はT29。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
421.筬島駅  ・北海道中川郡音威子府村大字物満内小字筬島
筬島駅(おさしまえき)は、北海道(上川総合振興局)中川郡音威子府村大字物満内(ものまない)小字筬島[2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はサマ。事務管理コードは▲121831[3]。駅番号はW62。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
422.布部駅  ・北海道富良野市字布部
布部駅(ぬのべえき)は、北海道富良野市字布部市街地にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT31。電報略号はヌノ[2]。事務管理コードは▲110401[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
423.音威子府駅  ・北海道中川郡音威子府村字音威子府509番地
音威子府駅(おといねっぷえき)は、北海道中川郡音威子府村字音威子府にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はオト。事務管理コードは▲121830[1][2]。駅番号はW61。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
424.富良野駅  ・北海道富良野市日の出町1
富良野駅(ふらのえき)は、北海道富良野市日の出町1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。事務管理コードは▲130410[3]。JR北海道の駅番号はT30。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
425.咲来駅  ・北海道中川郡音威子府村字咲来
咲来駅(さっくるえき)は、北海道中川郡音威子府村字咲来にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。事務管理コードは▲121829[2]。電報略号はクル。駅番号はW60。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
426.山部駅  ・北海道富良野市字山部
山部駅(やまべえき)は、北海道富良野市山部中町1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT32。電報略号はヤマ。事務管理コードは▲110402[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
427.天塩川温泉駅  ・北海道中川郡音威子府村字咲来
天塩川温泉駅(てしおがわおんせんえき)は、北海道中川郡音威子府村字咲来にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はW59。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
428.渡島当別駅  ・北海道北斗市当別鉄道用地[1]
渡島当別駅(おしまとうべつえき)は、北海道北斗市当別にある道南いさりび鉄道線の駅。電報略号はマト。駅番号はsh05。副駅名はトラピスト修道院入口。日本国有鉄道・JR北海道における事務管理コードは▲141406[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
429.帯広駅  ・北海道帯広市西2条南12丁目
帯広駅(おびひろえき)は、北海道帯広市西2条南12丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK31。電報略号はオロ。事務管理コードは▲110417[7][8]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
430.上磯駅  ・北海道北斗市飯生2丁目7番6号[1][2][3]
上磯駅(かみいそえき)は、北海道北斗市飯生(いなり)2丁目にある道南いさりび鉄道線の駅。電報略号はイソ。駅番号はsh07。日本国有鉄道・JR北海道における事務管理コードは▲141404[7]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
431.帯広貨物駅  ・北海道帯広市西20条南1丁目
帯広貨物駅(おびひろかもつえき)は、北海道帯広市西20条南1丁目にある、日本貨物鉄道(JR貨物)根室本線の貨物駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
432.清川口駅  ・北海道北斗市中央1丁目[1]
清川口駅(きよかわぐちえき)は、北海道北斗市中央1丁目にある道南いさりび鉄道線の駅。駅番号はsh08、副駅名は北斗市役所・かなで~る前。日本国有鉄道・JR北海道における事務管理コードは▲141403[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
433.西帯広駅  ・北海道帯広市西23条南1丁目
西帯広駅(にしおびひろえき)は、北海道帯広市西23条南1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK29。事務管理コードは▲110416[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
434.久根別駅  ・北海道北斗市久根別2丁目25番14号[1]
久根別駅(くねべつえき)は、北海道北斗市久根別2丁目にある道南いさりび鉄道線の駅。電報略号はクヘ。駅番号はsh09。日本国有鉄道・JR北海道における事務管理コードは▲141402[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
435.柏林台駅  ・北海道帯広市西17条南1丁目
柏林台駅(はくりんだいえき)は、北海道帯広市西十七条南1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK30。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
436.新函館北斗駅  ・北海道北斗市市渡1丁目1番1号
座標: 北緯41度54分19秒 東経140度38分47秒 / 北緯41.9053度 東経140.6465度 / 41.9053; 140.6465
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
437.上川駅  ・北海道上川郡上川町中央町
上川駅(かみかわえき)は、北海道上川郡上川町中央町にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はミワ。事務管理コードは▲122508[2][3]。駅番号はA43。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
438.七重浜駅  ・北海道(渡島総合振興局)北斗市七重浜2丁目32番21号[1][2][3]
七重浜駅(ななえはまえき)は、北海道(渡島総合振興局)北斗市七重浜2丁目にある道南いさりび鉄道線の駅。電報略号はナハ。駅番号はsh11。日本国有鉄道・JR北海道における事務管理コードは▲141401[6]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
439.上越信号場  ・北海道上川郡上川町字上越
上越信号場(かみこししんごうじょう)は、北海道上川郡上川町字上越にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の信号場である。電報略号はミコ。事務管理コードは▲122511[2]。石北本線の最高地点(石北トンネル内、644m[3])に近い標高634 m に位置し[4][5]、現存する北海道内の停車場では最も高い所にある[6]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
440.東久根別駅  ・北海道北斗市久根別1丁目[1]
東久根別駅(ひがしくねべつえき)は、北海道北斗市久根別1丁目にある道南いさりび鉄道線の駅。駅番号はsh10。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
441.中越信号場  ・北海道上川郡上川町字中越
中越信号場(なかこししんごうじょう)は、北海道上川郡上川町字中越にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の信号場である。電報略号はナコ。事務管理コードは▲122510[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
442.茂辺地駅  ・北海道北斗市茂辺地鉄道用地[1]
茂辺地駅(もへじえき)は、北海道北斗市茂辺地にある道南いさりび鉄道線の駅。電報略号はモチ。駅番号はsh06。日本国有鉄道・JR北海道における事務管理コードは▲141404[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
443.上富良野駅  ・北海道空知郡上富良野町中町1丁目1
上富良野駅(かみふらのえき)は、北海道空知郡上富良野町中町1丁目1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅。事務管理コードは▲121705[4]。駅番号はF39。かつては急行列車の停車駅でもあった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
444.矢不来信号場  ・北海道北斗市館野
矢不来信号場(やふらいしんごうじょう)は、北海道北斗市館野(だての)にある道南いさりび鉄道線の信号場。上磯駅 - 茂辺地駅間(茂辺地駅から3.3kmの位置)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
445.泉沢駅  ・北海道上磯郡木古内町字泉沢鉄道用地[1]
泉沢駅(いずみさわえき)は、北海道上磯郡木古内町字泉沢にある道南いさりび鉄道線の駅。電報略号はイミ。駅番号はsh03。日本国有鉄道・JR北海道における事務管理コードは▲141408[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
446.雄信内駅  ・北海道天塩郡幌延町字雄興
雄信内駅(おのっぷないえき)は、北海道(宗谷総合振興局)天塩郡幌延町字雄興(ゆうこう)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はオノ。事務管理コードは▲121838[2]。駅番号はW68。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
447.釜谷駅  ・北海道上磯郡木古内町字釜谷鉄道用地[1]
釜谷駅(かまやえき)は、北海道上磯郡木古内町釜谷にある道南いさりび鉄道線の駅。電報略号はマヤ。駅番号はsh04。日本国有鉄道・JR北海道における事務管理コードは▲141407[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
448.下沼駅  ・北海道天塩郡幌延町字下沼
下沼駅(しもぬまえき)は、北海道(宗谷総合振興局)天塩郡幌延町字下沼にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はモマ。事務管理コードは▲121843[2]。駅番号はW73。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
449.木古内駅  ・北海道上磯郡木古内町
木古内駅(きこないえき)は、北海道上磯郡木古内町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・道南いさりび鉄道の駅である。北海道内最南端の駅である。日本国有鉄道・JR北海道における事務管理コードは▲141410[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
450.問寒別駅  ・北海道天塩郡幌延町字問寒別
問寒別駅(といかんべつえき)は、北海道(宗谷総合振興局)天塩郡幌延町字問寒別にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はW66。事務管理コードは▲121837[2]。電報略号はトヒ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
451.札苅駅  ・北海道上磯郡木古内町字札苅鉄道用地[1]
札苅駅(さつかりえき)は、北海道上磯郡木古内町札苅にある道南いさりび鉄道線の駅。電報略号はサカ。駅番号はsh02。日本国有鉄道・JR北海道における事務管理コードは▲141409[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
452.糠南駅  ・北海道天塩郡幌延町字問寒別746-3[幌延町 1]
糠南駅(ぬかなんえき)は、北海道(宗谷総合振興局)天塩郡幌延町字問寒別にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はW67。電報略号はヌナ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
453.北広島駅  ・北海道北広島市中央6丁目10番地
北広島駅(きたひろしまえき)は、北海道北広島市中央6丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅。駅番号はH07。電報略号はキヒ。事務管理コードは▲131405[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
454.幌延駅  ・北海道天塩郡幌延町1条南1丁目
幌延駅(ほろのべえき)は、北海道天塩郡幌延町1条南1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はノヘ。事務管理コードは▲121842[1][2]。駅番号はW72。特急「宗谷」「サロベツ」が停車し、かつては羽幌線の終着駅でもあった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
455.西の里信号場  ・北海道北広島市西の里
西の里信号場(にしのさとしんごうじょう)は、北海道北広島市にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
456.南幌延駅  ・北海道天塩郡幌延町字開進
南幌延駅(みなみほろのべえき)は、北海道(宗谷総合振興局)天塩郡幌延町字開進にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はミホ。事務管理コードは▲121840[1]。駅番号はW70。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
457.北海道ボールパーク駅  ・北海道北広島市共栄
北海道ボールパーク駅(ほっかいどうボールパークえき、仮称)は、北海道北広島市共栄に設置予定の北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
458.札内駅  ・北海道中川郡幕別町札内中央町638番地4[1]
札内駅(さつないえき)は、北海道中川郡幕別町札内中央町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK32。電報略号はサナ。事務管理コードは▲110418[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
459.相内駅  ・北海道北見市相内町
相内駅(あいのないえき)は、北海道北見市相内町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はアイ。事務管理コードは▲122526[2]。駅番号はA57。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
460.幕別駅  ・北海道中川郡幕別町錦町141番地[1]
幕別駅(まくべつえき)は、北海道中川郡幕別町錦町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK34。電報略号はマク。事務管理コードは▲110419[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
461.愛し野駅  ・北海道北見市端野町三区
愛し野駅(いとしのえき)は、北海道北見市端野町三区にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。駅番号はA62。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
462.幾寅駅  ・北海道空知郡南富良野町字幾寅
幾寅駅(いくとらえき)は、北海道空知郡南富良野町字幾寅にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT36。電報略号はトラ。事務管理コードは▲110407[2]。かつては急行「狩勝」の停車駅だった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
463.金華信号場  ・北海道北見市留辺蘂町金華
金華信号場(かねはなしんごうじょう)は、北海道北見市留辺蘂町金華にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の信号場。電報略号はカネ。事務管理コードは▲122524[2]。旅客営業時の駅番号はA54。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
464.落合駅 (北海道)  ・北海道空知郡南富良野町字落合
落合駅(おちあいえき)は、北海道空知郡南富良野町字落合にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT37。電報略号はオチ。事務管理コードは▲110407[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
465.北見駅  ・北海道北見市大通西1丁目
北見駅(きたみえき)は、北海道北見市大通西1丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)石北本線の駅である。電報略号はキミ。事務管理コードは▲122528[3][4]。駅番号はA60。全ての旅客列車が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
466.金山駅 (北海道)  ・北海道空知郡南富良野町字金山
金山駅(かなやまえき)は、北海道空知郡南富良野町字金山にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT34。電報略号はカナ。事務管理コードは▲110404[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
467.端野駅  ・北海道北見市端野町端野
端野駅(たんのえき)は、北海道北見市端野町端野にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はタノ。事務管理コードは▲122529[2]。駅番号はA63。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
468.上落合信号場  ・北海道空知郡南富良野町字落合
上落合信号場(かみおちあいしんごうじょう)は、北海道空知郡南富良野町字落合にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線・石勝線の信号場である。電報略号はカイ[2]。両路線の施設上の分岐点であり、ここから新得駅へは「S」の字状に線路が敷設され、距離を稼いで勾配が緩和されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
469.西北見駅  ・北海道北見市緑町6丁目
西北見駅(にしきたみえき)は、北海道北見市緑町6丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。駅番号はA59。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
470.串内信号場  ・北海道空知郡南富良野町字串内
串内信号場(くしないしんごうじょう)は、北海道空知郡南富良野町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はクナ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
471.西留辺蘂駅  ・北海道北見市留辺蘂町旭334-1
西留辺蘂駅(にしるべしべえき)は、北海道北見市留辺蘂町旭334-1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。北海道留辺蘂高等学校への通学に利用するという地元の要望で請願駅として2000年に開設された[1]。特別快速「きたみ」は通過する。駅番号はA55。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
472.下金山駅  ・北海道空知郡南富良野町字下金山
下金山駅(しもかなやまえき)は、北海道空知郡南富良野町字下金山にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT33。電報略号はシモ。事務管理コードは▲110403[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
473.柏陽駅  ・北海道北見市並木町
柏陽駅(はくようえき)は、北海道北見市並木町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。駅番号はA61。高架駅としては、日本最北端かつ最東端に位置する駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
474.東鹿越駅  ・北海道空知郡南富良野町字東鹿越
東鹿越駅(ひがししかごええき)は、北海道空知郡南富良野町字東鹿越にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)根室本線の駅である。JR北海道の駅番号はT35。事務管理コードは▲110406[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
475.緋牛内駅  ・北海道北見市端野町緋牛内
緋牛内駅(ひうしないえき)は、北海道北見市端野町緋牛内にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はヒウ。事務管理コードは▲122530[2]。駅番号はA64。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
476.オサワ信号場  ・北海道勇払郡むかわ町穂別長和
オサワ信号場(オサワしんごうじょう)は、北海道勇払郡むかわ町穂別長和(ほべつおさわ)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はワオ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
477.東相内駅  ・北海道北見市東相内町
東相内駅(ひがしあいのないえき)は、北海道北見市東相内町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はヒノ。事務管理コードは▲122527[2]。駅番号はA58。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
478.東オサワ信号場  ・北海道勇払郡むかわ町穂別長和
東オサワ信号場(ひがしオサワしんごうじょう)は、北海道勇払郡むかわ町穂別長和(ほべつおさわ)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はカオ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
479.留辺蘂駅  ・北海道北見市留辺蘂町東町
留辺蘂駅(るべしべえき)は、北海道北見市留辺蘂町東町(あずままち)にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はルヘ。事務管理コードは▲122525[2][3]。駅番号はA56。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
480.鵡川駅  ・北海道勇払郡むかわ町末広2-1
鵡川駅(むかわえき)は、北海道(胆振総合振興局)勇払郡むかわ町末広にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)日高本線の駅である。事務管理コードは▲132204[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
481.小沢駅  ・北海道岩内郡共和町小沢
小沢駅(こざわえき)は、北海道岩内郡共和町小沢にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である[2]。駅番号はS22。電報略号はサワ。事務管理コードは▲130108[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
482.崎守駅  ・北海道室蘭市崎守町
崎守駅(さきもりえき)は、北海道室蘭市崎守町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH34。電報略号はサモ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
483.清里町駅  ・北海道斜里郡清里町水元町
清里町駅(きよさとちょうえき)は、北海道斜里郡清里町水元町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はキサ[2]。事務管理コードは▲111614[3]。駅番号はB69。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
484.陣屋町駅  ・北海道室蘭市陣屋町2丁目
陣屋町駅(じんやまちえき)は、北海道室蘭市陣屋町2丁目1番地にある日本貨物鉄道(JR貨物)室蘭本線の貨物駅である。事務管理コードは▲130311[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
485.札弦駅  ・北海道斜里郡清里町札弦町
札弦駅(さっつるえき)は、北海道斜里郡清里町札弦町(さっつるまち)にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)の釧網本線の駅である。電報略号はツル。事務管理コードは▲111613[2]。駅番号はB68。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
486.東室蘭駅  ・北海道室蘭市東町2丁目29
東室蘭駅(ひがしむろらんえき)は、北海道室蘭市にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)室蘭本線の駅である。駅番号はH32。電報略号はヒム[4]。事務管理コードは▲130313[5][6]。JR北海道の駅は東町2丁目[4][5]、JR貨物の駅は日の出町1丁目にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
487.緑駅  ・北海道斜里郡清里町緑町
緑駅(みどりえき)は、北海道斜里郡清里町緑町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はミリ。事務管理コードは▲111612[2]。駅番号はB67。当駅始発列車(網走・北見方面)が早朝に1本設定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
488.母恋駅  ・北海道室蘭市母恋北町一丁目
母恋駅(ぼこいえき)は北海道室蘭市母恋北町1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はM35。電報略号はホコ。事務管理コードは▲130353[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
489.大楽毛駅  ・北海道釧路市大楽毛5丁目
大楽毛駅(おたのしけえき)は、北海道釧路市大楽毛5丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。電報略号はシケ。事務管理コードは▲110435[2]。駅番号はK50。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
490.御崎駅  ・北海道室蘭市御崎町2丁目
御崎駅(みさきえき)は北海道室蘭市御崎町2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はM34。電報略号はミサ。事務管理コードは▲130352[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
491.音別駅  ・北海道釧路市音別町本町1丁目
音別駅(おんべつえき)は、北海道釧路市音別町本町(もとまち)1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)根室本線の駅である。電報略号はオン。事務管理コードは▲110430[2]。駅番号はK45。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
492.室蘭駅  ・北海道室蘭市中央町4丁目
室蘭駅(むろらんえき)は、北海道室蘭市にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線(支線)の駅で、室蘭支線の終着駅。駅番号はM36。電報略号はムロ[5]。事務管理コードは▲130354[6]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
493.釧路駅  ・北海道釧路市黒金町(初代)[1]北大通14丁目5(2代目)
釧路駅(くしろえき)は、北海道釧路市北大通14丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK53。電報略号はクシ。事務管理コードは▲110437[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
494.本輪西駅  ・北海道室蘭市本輪西町1丁目1
本輪西駅(もとわにしえき)は、北海道室蘭市本輪西町1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)室蘭本線の駅である。駅番号はH33。事務管理コードは▲130312[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
495.新大楽毛駅  ・北海道釧路市大楽毛南1丁目
新大楽毛駅(しんおたのしけえき)は、北海道釧路市大楽毛南1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。事務管理コードは▲110470。駅番号はK51。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
496.輪西駅  ・北海道室蘭市仲町
輪西駅(わにしえき)は、北海道室蘭市仲町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はM33。電報略号はワニ。事務管理コードは▲130351[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
497.新富士駅 (北海道)  ・北海道釧路市新富士町3丁目
新富士駅(しんふじえき)は、北海道釧路市新富士町3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。事務管理コードは▲110436[2]。駅番号はK52。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
498.大成駅  ・北海道河西郡芽室町東芽室南2線
大成駅(たいせいえき)は、北海道河西郡芽室町東芽室南2線にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。電報略号はタセ[3]。駅番号はK28。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
499.東釧路駅  ・北海道釧路市貝塚2丁目23-76
東釧路駅(ひがしくしろえき)は、北海道釧路市貝塚2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はB54。電報略号はヒク。事務管理コードは▲110438[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
500.芽室駅  ・北海道河西郡芽室町本通一丁目
芽室駅(めむろえき)は、北海道河西郡芽室町本通一丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK27。電報略号はメム。事務管理コードは▲110415[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
501.武佐駅 (北海道)  ・北海道釧路市武佐4丁目56-2
武佐駅(むさえき)は、北海道釧路市武佐4丁目56-2にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。事務管理コードは▲110469。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
502.妹背牛駅  ・北海道雨竜郡妹背牛町妹背牛
妹背牛駅(もせうしえき)は、北海道雨竜郡妹背牛町妹背牛にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA23。電報略号はモセ。事務管理コードは▲120102[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
503.釧路湿原駅  ・北海道釧路郡釧路町字トリトウシ原野南5線27-4
釧路湿原駅(くしろしつげんえき)は、北海道釧路郡釧路町字トリトウシ原野にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。駅番号はB56。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
504.赤井川駅  ・北海道茅部郡森町字赤井川
赤井川駅(あかいがわえき)は、北海道茅部郡森町字赤井川にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(本線)の駅である。駅番号はH66。電報略号はアカ。事務管理コードは▲140110[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
505.遠矢駅  ・北海道釧路郡釧路町遠矢2丁目23-1
遠矢駅(とおやえき)は、北海道釧路郡釧路町遠矢2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はトヤ。事務管理コードは▲111601[2]。駅番号はB55。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
506.石倉駅  ・北海道茅部郡森町石倉町
石倉駅(いしくらえき)は、北海道茅部郡森町石倉町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH58。電報略号はイシ。事務管理コードは▲140118[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
507.別保駅  ・北海道釧路郡釧路町別保4丁目
別保駅(べっぽえき)は、北海道釧路郡釧路町別保4丁目に立地する北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はヘホ。事務管理コードは▲110439[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
508.石谷信号場  ・北海道茅部郡森町本茅部町
石谷信号場(いしやしんごうじょう)は、北海道茅部郡森町本茅部町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の信号場である。電報略号はイヤ[1]。旅客営業末期の駅番号はH60。事務管理コードは▲140116[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
509.細岡駅  ・北海道釧路郡釧路町字達古武23-2
細岡駅(ほそおかえき)は、北海道釧路郡釧路町達古武(たっこぶ)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅(臨時駅)である。電報略号はホヲ。事務管理コードは▲111602[3]。駅番号はB57。例年4月25日から11月30日までの営業となっている[JR北 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
510.渡島砂原駅  ・北海道茅部郡森町砂原4丁目
渡島砂原駅(おしまさわらえき)は、北海道(渡島総合振興局)茅部郡森町砂原4丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(通称:砂原支線)の駅である。駅番号はN66。電報略号はオラ。事務管理コードは▲140155[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
511.倶知安駅  ・北海道虻田郡倶知安町南3条西4丁目3番地
倶知安駅(くっちゃんえき)は、北海道虻田郡倶知安町南3条西4丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS23。電報略号はクチ。事務管理コードは▲130107[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
512.渡島沼尻駅  ・北海道茅部郡森町砂原東4丁目
渡島沼尻駅(おしまぬまじりえき)は、北海道(渡島総合振興局)茅部郡森町砂原東4丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(砂原支線)の駅である。駅番号はN67。電報略号はヌリ。事務管理コードは▲140154[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
513.比羅夫駅  ・北海道虻田郡倶知安町字比羅夫
比羅夫駅(ひらふえき)は、北海道虻田郡倶知安町字比羅夫にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS24。電報略号はラフ。事務管理コードは▲130106[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
514.尾白内駅  ・北海道茅部郡森町尾白内町
尾白内駅(おしろないえき)は、北海道(渡島総合振興局)茅部郡森町尾白内町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(通称:砂原支線)の駅である。駅番号はN64。電報略号はオナ。事務管理コードは▲140157[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
515.栗山駅  ・北海道夕張郡栗山町錦4丁目
栗山駅(くりやまえき)は、北海道夕張郡栗山町錦4丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。電報略号はクリ。事務管理コードは▲130334[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
516.掛澗駅  ・北海道茅部郡森町砂原西3丁目
掛澗駅(かかりまえき)は、北海道(渡島総合振興局)茅部郡森町砂原西3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(通称:砂原支線)の駅である。駅番号はN65。電報略号はリマ。事務管理コードは▲140156[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
517.滝ノ下信号場  ・北海道夕張郡栗山町滝下
滝ノ下信号場(たきのしたしんごうじょう)は、北海道夕張郡栗山町滝下(たきのした)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はタタ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
518.駒ヶ岳駅  ・北海道茅部郡森町字駒ケ岳
駒ヶ岳駅(こまがたけえき)は、北海道茅部郡森町字駒ケ岳にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(本線)の駅である。駅番号はH65。電報略号はコマ。事務管理コードは▲140111[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
519.黒松内駅  ・北海道寿都郡黒松内町字黒松内
黒松内駅(くろまつないえき)は、北海道寿都郡黒松内町字黒松内にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS30。電報略号はマツ。事務管コードは▲140132[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
520.東森駅  ・北海道茅部郡森町港町
東森駅(ひがしもりえき)は、北海道(渡島総合振興局)茅部郡森町港町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(通称:砂原支線)の駅である。駅番号はN63。電報略号はヒモ。事務管理コードは▲140158[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
521.熱郛駅  ・北海道寿都郡黒松内町字白井川
熱郛駅(ねっぷえき)は、北海道(後志総合振興局)寿都郡黒松内町字白井川(しろいかわ)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS29。電報略号はネツ。事務管理コードは▲140133[3]。函館支社管轄の北端にあたり、次の目名駅から滝川駅までは、北海道旅客鉄道鉄道事業本部管轄となる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
522.姫川信号場  ・北海道茅部郡森町字姫川
姫川信号場(ひめかわしんごうじょう)[4]は、北海道茅部郡森町字姫川にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(本線)の信号場。電報略号はヒメ。旅客営業時の駅番号はH63であった。事務管理コードは▲140113[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
523.剣淵駅  ・北海道上川郡剣淵町仲町
剣淵駅(けんぶちえき)は、北海道上川郡剣淵町仲町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はケヌ。事務管理コードは▲121812[1]。駅番号はW40。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
524.森駅 (北海道)  ・北海道茅部郡森町字本町
森駅(もりえき)は、北海道茅部郡森町字本町(ほんちょう)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH62。電報略号はモリ。事務管理コードは▲140114[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
525.あいの里教育大駅  ・札幌市北区あいの里1条5丁目1番2号[注釈 1]
あいの里教育大駅(あいのさときょういくだいえき)は、北海道札幌市北区あいの里1条5丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG10。事務管理コードは▲110224。電報略号はアノ[2]。札沼線(学園都市線)は当駅を境に拓北方面が複線、あいの里公園方面が単線区間となる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
526.落部駅  ・北海道二海郡八雲町落部
落部駅(おとしべえき)は、北海道二海郡八雲町落部に所在する北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。かつては急行「せたな」・快速「アイリス」が停車していた。駅番号はH57。電報略号はオヘ。事務管理コードは▲140119[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
527.あいの里公園駅  ・札幌市北区あいの里2条8丁目
あいの里公園駅(あいのさとこうえんえき)は、北海道札幌市北区あいの里2条8丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG11。電報略号はアコ。事務管理コードは▲130203[2]。札幌市最北端の駅[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
528.黒岩駅  ・北海道二海郡八雲町黒岩
黒岩駅(くろいわえき)は、北海道二海郡八雲町黒岩にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH51。電報略号はクロ。事務管理コードは▲140125[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
529.厚別駅  ・札幌市厚別区厚別中央5条4丁目2番1号
厚別駅(あつべつえき)は、北海道札幌市厚別区厚別中央5条4丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA04。電報略号はアヘ。事務管理コードは▲130127[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
530.野田生駅  ・北海道二海郡八雲町野田生
野田生駅(のだおいえき)は、北海道二海郡八雲町野田生に所在する北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH56。電報略号はノタ。事務管理コードは▲140120[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
531.稲積公園駅  ・札幌市手稲区富丘1条4丁目4
稲積公園駅(いなづみこうえんえき)は、北海道札幌市手稲区富丘1条4丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS06。電報略号はスミ。駅の北に手稲稲積公園がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
532.八雲駅  ・北海道二海郡八雲町本町125番地1
八雲駅(やくもえき)は、北海道二海郡八雲町本町(ほんちょう)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH54。電報略号はクモ。事務管理コードは▲140122[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
533.稲穂駅  ・札幌市手稲区稲穂1条5丁目
稲穂駅(いなほえき)は、北海道札幌市手稲区稲穂1条5丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS08。電報略号はイナ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
534.山越駅  ・北海道二海郡八雲町山越
山越駅(やまこしえき)は、北海道二海郡八雲町山越にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH55。電報略号はヤコ。事務管理コードは▲140121[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
535.大谷地駅  ・札幌市厚別区大谷地東3丁目
大谷地駅(おおやちえき)は、北海道札幌市厚別区大谷地東3丁目にある札幌市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT17。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
536.山崎駅 (北海道)  ・北海道二海郡八雲町山崎
山崎駅(やまさきえき)は、北海道二海郡八雲町山崎(やまざき)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH52。電報略号はサキ。事務管理コードは▲140124[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
537.学園前駅 (北海道)  ・札幌市豊平区豊平6条6丁目
学園前駅(がくえんまええき)は、北海道札幌市豊平区豊平6条6丁目にある札幌市営地下鉄東豊線の駅。駅番号はH10。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
538.鷲ノ巣信号場  ・北海道二海郡八雲町花浦
鷲ノ巣信号場(わしのすしんごうじょう)は、北海道二海郡八雲町花浦にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の信号場。かつては駅であったが、2016年(平成28年)3月26日に旅客営業を廃止し、信号場となった[新聞 1][1]。駅番号はH53、電報略号はワシ。事務管理コードは▲140123[2]。函館本線は森駅から当信号場まで複線、当信号場から山崎駅まで単線となる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
539.上野幌駅  ・札幌市厚別区厚別町上野幌686-16
上野幌駅(かみのっぽろえき)は、北海道札幌市厚別区厚別町上野幌にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅である。千歳線における、札幌市最南端の駅。駅番号はH06。電報略号はミノ。事務管理コードは▲131404[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
540.新八雲駅  ・北海道二海郡八雲町春日
新八雲駅(しんやくもえき)は、北海道二海郡八雲町春日(かすが)に設置予定の北海道新幹線の駅である。従来の八雲駅(北海道旅客鉄道(JR北海道)の函館本線)とは別の位置に建設される。2031年開業予定で駅名は仮称である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
541.環状通東駅  ・札幌市東区北15条東16丁目
環状通東駅(かんじょうどおりひがしえき)は、北海道札幌市東区北15条東16丁目にある、札幌市営地下鉄東豊線の駅である。駅番号はH04。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
542.楓信号場  ・北海道夕張市楓
楓信号場(かえでしんごうじょう)は、北海道夕張市楓にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はカテ[2]。かつては旅客駅だったが、利用者の減少により、2004年に信号場に格下げされた[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
543.北13条東駅  ・札幌市東区北13条東2丁目
北13条東駅(きたじゅうさんじょうひがしえき)は、北海道札幌市東区北13条東2丁目にある、札幌市営地下鉄東豊線の駅である。駅番号はH06。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
544.新夕張駅  ・北海道夕張市紅葉山550番地[1]
新夕張駅(しんゆうばりえき)は、北海道夕張市紅葉山にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の駅である。駅番号はK20。事務管理コードは▲132103[4][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
545.琴似駅 (JR北海道)  ・札幌市西区琴似2条1丁目1
琴似駅(ことにえき)は、北海道札幌市西区琴似2条1丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS03。電報略号はコト。事務管理コードは▲130122[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
546.滝ノ上駅  ・北海道夕張市滝ノ上
滝ノ上駅(たきのうええき)は、北海道夕張市滝ノ上にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の駅である。駅番号はK18。電報略号はウヘ[2]。事務管理コードは▲132102[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
547.琴似駅 (札幌市営地下鉄)  ・札幌市西区琴似1条4丁目
琴似駅(ことにえき)は、北海道札幌市西区琴似1条4丁目にある、札幌市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT03。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
548.十三里信号場  ・北海道夕張市紅葉山
十三里信号場(とみさとしんごうじょう)は、北海道夕張市紅葉山(もみじやま)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はミト[2]。事務管理コードは▲132108[3]。旅客駅時代の駅番号はK19。駅廃止時点において、普通列車の一部は通過していた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
549.栄町駅 (札幌市)  ・札幌市東区北41条東15丁目
栄町駅(さかえまちえき)は、北海道札幌市東区北41条東15丁目(参考:栄町 (札幌市))にある、札幌市営地下鉄東豊線の駅。東豊線の起点でもある。駅番号はH01。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
550.川端駅  ・北海道夕張郡由仁町川端
川端駅(かわばたえき)は、北海道夕張郡由仁町川端にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の駅である。駅番号はK17[2]。事務管理コードは▲132101[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
551.札幌貨物ターミナル駅  ・札幌市白石区流通センター3丁目1-48
札幌貨物ターミナル駅(さっぽろかもつターミナルえき)は、北海道札幌市白石区流通センター3-1-48にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
552.古山駅  ・北海道夕張郡由仁町古山
古山駅(ふるさんえき)は、北海道(空知総合振興局)夕張郡由仁町古山にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。電報略号はフサ。事務管理コードは▲130332[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
553.新さっぽろ駅  ・札幌市厚別区厚別中央2条5丁目
新さっぽろ駅(しんさっぽろえき)は、北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目にある札幌市交通局(札幌市営地下鉄)東西線の駅。駅番号はT19。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
554.三川駅 (北海道)  ・北海道夕張郡由仁町字三川
三川駅(みかわえき)は、北海道(空知総合振興局)夕張郡由仁町字三川[2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。電報略号はミカ。事務管理コードは▲130333[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
555.新札幌駅  ・札幌市厚別区厚別中央2条5丁目6番1号
新札幌駅(しんさっぽろえき)は、北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅。駅番号はH05。電報略号はシン。事務管コードは▲131413[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
556.由仁駅  ・北海道夕張郡由仁町本町
由仁駅(ゆにえき)は、北海道夕張郡由仁町本町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である[1]。電報略号はユニ。事務管理コードは▲130333[3]。かつては急行「夕張」の停車駅だった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
557.新道東駅  ・札幌市東区北34条東16丁目
新道東駅(しんどうひがしえき)は、北海道札幌市東区北34条東16丁目にある、札幌市営地下鉄東豊線の駅である。駅番号はH02。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
558.余市駅  ・北海道余市郡余市町黒川町5丁目43番地7
余市駅(よいちえき)は、北海道余市郡余市町黒川町5丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS18。電報略号はイチ。事務管理コードは▲130112[2][3]。余市町唯一の駅であり、かつては特急「北海」、急行「ニセコ」・「らいでん」などの停車駅であった。函館本線のいわゆる「山線」区間の中では小樽駅に次いで乗降客数が多く、小樽駅から当駅折り返しの列車も設定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
559.森林公園駅 (北海道)  ・札幌市厚別区厚別北1条4丁目3番1号
森林公園駅(しんりんこうえんえき)は、北海道札幌市厚別区厚別北1条4丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA05。電報略号はシコ。札幌市最東端の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
560.昆布駅  ・北海道磯谷郡蘭越町昆布町
昆布駅(こんぶえき)は、北海道磯谷郡蘭越町昆布町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である[3]。駅番号はS26。電報略号はコフ。事務管理コードは▲130104[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
561.月寒中央駅  ・札幌市豊平区月寒中央通7丁目
月寒中央駅(つきさむちゅうおうえき)は、北海道札幌市豊平区月寒中央通7丁目の国道36号(月寒通・室蘭街道)下にある、札幌市営地下鉄東豊線の駅である。駅番号はH13。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
562.目名駅  ・北海道磯谷郡蘭越町目名
目名駅(めなえき)は、北海道磯谷郡蘭越町目名にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS28。電報略号はメナ。事務管理コードは▲130102[3]。当駅から滝川駅まで本社管轄となる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
563.手稲駅  ・札幌市手稲区手稲本町1条4丁目3-7
手稲駅(ていねえき)は、北海道札幌市手稲区手稲本町1条4丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS07。電報略号はテネ。事務管理コードは▲130121[3][4]。副駅名称は「北海道科学大学 最寄駅」[報道 1]。快速「エアポート」「ニセコライナー」をはじめとする全定期旅客列車が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
564.蘭越駅  ・北海道磯谷郡蘭越町蘭越町853
蘭越駅(らんこしえき)は、北海道磯谷郡蘭越町蘭越町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS27。電報略号はコシ。事務管理コードは▲130103[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
565.豊平公園駅  ・札幌市豊平区豊平5条13丁目
豊平公園駅(とよひらこうえんえき)は、北海道札幌市豊平区豊平5条13丁目にある、札幌市営地下鉄東豊線の駅である。駅番号はH11。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
566.抜海駅  ・北海道稚内市抜海村字クトネベツ
抜海駅(ばっかいえき)は、北海道(宗谷総合振興局)稚内市抜海村字クトネベツにある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。事務管理コードは▲121849[2]。電報略号はハツ。駅番号はW78。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
567.中の島駅  ・札幌市豊平区中の島2条1丁目[1]
中の島駅(なかのしまえき)は、北海道札幌市豊平区中の島2条1丁目[1]にある札幌市交通局(札幌市営地下鉄)南北線の駅である。駅番号はN11。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
568.南稚内駅  ・北海道稚内市大黒1丁目8-1
南稚内駅(みなみわっかないえき)は、北海道稚内市大黒(だいこく)1丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。事務管理コードは▲121850[2][3]。駅番号はW79。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
569.二十四軒駅  ・札幌市西区二十四軒1条4丁目
二十四軒駅(にじゅうよんけんえき)は、北海道札幌市西区二十四軒にある、札幌市営地下鉄東西線の駅である。駅番号はT04。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
570.勇知駅  ・北海道稚内市抜海村字上勇知
勇知駅(ゆうちえき)は、北海道稚内市抜海村字上勇知にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はユチ。事務管理コードは▲121848[2]。駅番号はW77。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
571.八軒駅  ・札幌市西区八軒6条東2丁目[1]1
八軒駅(はちけんえき)は、北海道札幌市西区八軒6条東2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG03。事務管理コードは▲110229。電報略号はハケ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
572.稚内駅  ・北海道稚内市中央3丁目6-1
稚内駅(わっかないえき)は、北海道稚内市中央3丁目に所在する北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はW80[注 1]。事務管コードは▲121851[1][2]。現存する日本国内の鉄道駅としては最北に所在する[注 2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
573.発寒駅  ・札幌市西区発寒9条13丁目1
発寒駅(はっさむえき)は、北海道札幌市西区発寒9条13丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS05。電報略号はサム。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
574.塩狩駅  ・北海道上川郡和寒町字塩狩
塩狩駅(しおかりえき)は、北海道上川郡和寒町字塩狩にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はシリ。事務管理コードは▲121809[2]。駅番号はW37。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
575.発寒中央駅  ・札幌市西区発寒10条3丁目1
発寒中央駅(はっさむちゅうおうえき)は、北海道札幌市西区発寒10条3丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS04。電報略号はハチ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
576.和寒駅  ・北海道上川郡和寒町字北町
和寒駅(わっさむえき)は、北海道上川郡和寒町字北町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はワサ。事務管理コードは▲121810[2][3]。駅番号はW38。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
577.発寒南駅  ・札幌市西区西町北7丁目
発寒南駅(はっさむみなみえき)は、北海道札幌市西区西町北7丁目にある、札幌市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT02。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
578.旭川四条駅  ・北海道旭川市4条通18丁目
旭川四条駅(あさひかわよじょうえき)は、北海道旭川市4条通18丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はA29。宗谷本線のほか、新旭川駅 - 旭川駅間に乗り入れている石北本線の列車も停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
579.東区役所前駅  ・札幌市東区北13条東8丁目
東区役所前駅(ひがしくやくしょまええき)は、北海道札幌市東区北13条東8丁目にある、札幌市営地下鉄東豊線の駅である。駅番号はH05。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
580.神楽岡駅  ・北海道旭川市神楽4条14丁目
神楽岡駅(かぐらおかえき)は北海道旭川市神楽4条14丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121714[2]。駅番号はF29。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
581.ひばりが丘駅  ・札幌市厚別区厚別南1丁目
ひばりが丘駅(ひばりがおかえき)は、北海道札幌市厚別区厚別南1丁目にある札幌市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT18。駅名は付近に造成されたひばりが丘団地に由来し、公募で命名されたものである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
582.北旭川駅  ・北海道旭川市流通団地1条5丁目
北旭川駅(きたあさひかわえき)は、北海道旭川市流通団地1条5丁目に所在する日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である[1]。宗谷本線所属。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
583.平岸駅 (札幌市)  ・札幌市豊平区平岸2条7丁目[1]
平岸駅(ひらぎしえき)は、北海道札幌市豊平区平岸2条7丁目[1] にある札幌市交通局(札幌市営地下鉄)南北線の駅。駅番号はN12[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
584.北永山駅  ・北海道旭川市永山町14丁目
北永山駅(きたながやまえき)は、北海道(上川総合振興局)旭川市永山町14丁目[1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はキヤ[2]。事務管理コードは▲121804[3]。駅番号はW32。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
585.福住駅
福住駅(ふくずみえき)は、北海道札幌市豊平区月寒東1条13丁目にある札幌市営地下鉄東豊線の終点の駅。駅番号はH14。札幌ドームの最寄駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
586.桜岡駅  ・北海道旭川市東旭川町桜岡
桜岡駅(さくらおかえき)は、北海道旭川市東旭川町桜岡にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。事務管理コードは▲122502[2]。駅番号はA34。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
587.星置駅  ・札幌市手稲区星置1条3丁目1番1号
星置駅(ほしおきえき)は、北海道札幌市手稲区星置1条3丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS09。電報略号はホシ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
588.新旭川駅  ・北海道旭川市東8条6丁目
新旭川駅(しんあさひかわえき)は、北海道旭川市東8条6丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。事務管理コードは▲121801[2]。駅番号はA30。所属線の宗谷本線に[3]、当駅を起点とする石北本線が乗り入れるが、石北本線の列車に当駅始終着の列車はなく、全て旭川駅方面へ直通する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
589.ほしみ駅  ・札幌市手稲区星置1条9丁目
ほしみ駅(ほしみえき)は、北海道札幌市手稲区星置1条9丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS10。電報略号はホミ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
590.近文駅  ・北海道旭川市近文町20丁目
近文駅(ちかぶみえき)は、北海道旭川市近文町20丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)函館本線の駅である。駅番号はA27。事務管理コードは▲120107[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
591.美園駅  ・札幌市豊平区美園8条6丁目
美園駅(みそのえき)は、北海道札幌市豊平区美園8条6丁目にある、札幌市営地下鉄東豊線の駅である。駅番号はH12。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
592.千代ヶ岡駅  ・北海道旭川市西神楽1線24号
千代ヶ岡駅(ちよがおかえき)は、北海道旭川市西神楽1線24号にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121709[2]。駅番号はF35。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
593.南平岸駅  ・札幌市豊平区平岸4条13丁目[1]
南平岸駅(みなみひらぎしえき)は、北海道札幌市豊平区平岸4条13丁目[1]にある、札幌市交通局(札幌市営地下鉄)南北線の駅。駅番号はN13[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
594.永山駅  ・北海道旭川市永山1条19丁目
永山駅(ながやまえき)は、北海道旭川市永山1条19丁目1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はナカ。事務管理コードは▲121803[1]。駅番号はW31。普通列車と快速「なよろ」が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
595.宮の沢駅  ・札幌市西区宮の沢1条1丁目
宮の沢駅(みやのさわえき)は、北海道札幌市西区宮の沢1条1丁目にある札幌市営地下鉄東西線の起点となる駅。駅番号はT01。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
596.西神楽駅  ・北海道旭川市西神楽南1条1丁目
西神楽駅(にしかぐらえき)は、北海道旭川市西神楽南1条1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121711[2]。駅番号はF33。電報略号はニカ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
597.元町駅 (北海道)  ・札幌市東区北24条東16丁目
元町駅(もとまちえき)は、北海道札幌市東区北24条東16丁目(参考:元町 (札幌市))にある、札幌市営地下鉄東豊線の駅である。駅番号はH03。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
598.西御料駅  ・北海道旭川市西御料4条3丁目
西御料駅(にしごりょうえき)は北海道旭川市西御料4条3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121713[2]。駅番号はF31。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
599.鹿部駅  ・北海道茅部郡鹿部町本別
鹿部駅(しかべえき)は、北海道(渡島総合振興局)茅部郡鹿部町本別にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(通称:砂原支線)の駅である。駅番号はN68。電報略号はカヘ。事務管理コードは▲140153[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
600.西聖和駅  ・北海道旭川市西神楽2線17号
西聖和駅(にしせいわえき)は、北海道旭川市西神楽2線17号にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121710[2]。駅番号はF34。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
601.磯分内駅  ・北海道川上郡標茶町字熊牛原野16線東1-6
磯分内駅(いそぶんないえき)は、北海道川上郡標茶町字熊牛原野にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はイフ。事務管理コードは▲111607[2]。駅番号はB62。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
602.西瑞穂駅  ・北海道旭川市西神楽1線9号
西瑞穂駅(にしみずほえき)は、北海道旭川市西神楽1線9号にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121712[2]。駅番号はF32。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
603.茅沼駅  ・北海道川上郡標茶町コッタロ原野北17線35-2
茅沼駅(かやぬまえき)は、北海道川上郡標茶町字コッタロ原野北17線にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はカヌ。事務管理コードは▲111604[2]。駅番号はB59。タンチョウが来る駅として知られる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
604.東旭川駅  ・北海道旭川市東旭川北3条5丁目
東旭川駅(ひがしあさひかわえき)は、北海道旭川市東旭川北3条5丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。事務管理コードは▲122501[2]。駅番号はA32。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
605.標茶駅  ・北海道川上郡標茶町旭1丁目1-1
標茶駅(しべちゃえき)は、北海道川上郡標茶町旭1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はシチ。事務管理コードは▲111606[5]。駅番号はB61。かつては標津線の分岐駅でもあった。冬期はSL冬の湿原号が発着する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
606.緑が丘駅 (北海道)  ・北海道旭川市神楽岡13条9丁目
緑が丘駅(みどりがおかえき)は北海道旭川市神楽岡13条9丁目[2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。駅番号はF30。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
607.塘路駅  ・北海道川上郡標茶町字塘路4番地11
塘路駅(とうろえき)は、北海道川上郡標茶町字塘路4番地11にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はトロ。事務管理コードは▲111603[1]。駅番号はB58。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
608.南永山駅  ・北海道旭川市永山10条3丁目
南永山駅(みなみながやまえき)は北海道旭川市永山10条3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。駅番号はA31。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
609.士別駅  ・北海道士別市西3条8丁目
士別駅(しべつえき)は、北海道士別市西3条8丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はシヘ。事務管理コードは▲121813[1][2]。駅番号はW42。特急「宗谷」「サロベツ」含む全列車が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
610.多寄駅  ・北海道士別市多寄町36線東3番地
多寄駅(たよろえき)は、北海道士別市多寄町36線東3番地にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はタヨ。事務管理コードは▲121815[2]。駅番号はW44。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
611.あいの里教育大駅  ・札幌市北区あいの里1条5丁目1番2号[注釈 1]
あいの里教育大駅(あいのさときょういくだいえき)は、北海道札幌市北区あいの里1条5丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG10。事務管理コードは▲110224。電報略号はアノ[2]。札沼線(学園都市線)は当駅を境に拓北方面が複線、あいの里公園方面が単線区間となる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
612.瑞穂駅  ・北海道士別市多寄町31線
瑞穂駅(みずほえき)は、北海道(上川総合振興局)士別市多寄町31線にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はW45。電報略号はスホ[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
613.あいの里公園駅  ・札幌市北区あいの里2条8丁目
あいの里公園駅(あいのさとこうえんえき)は、北海道札幌市北区あいの里2条8丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG11。電報略号はアコ。事務管理コードは▲130203[2]。札幌市最北端の駅[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
614.上芽室信号場  ・北海道上川郡清水町御影
上芽室信号場(かみめむろしんごうじょう)は北海道上川郡清水町御影にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
615.麻生駅  ・札幌市北区北40条西5丁目
麻生駅(あさぶえき)は、北海道札幌市北区北40条西5丁目にある札幌市営地下鉄南北線の駅である。駅番号はN01。なお、かつてはほぼ同じ位置に札幌市電鉄北線の麻生町停留場があった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
616.十勝清水駅  ・北海道上川郡清水町本通1丁目
十勝清水駅(とかちしみずえき)は、北海道上川郡清水町本通1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK24。電報略号はミス。事務管理コードは▲110412[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
617.北12条駅  ・札幌市北区北12条西4丁目
北12条駅(きたじゅうにじょうえき)は、北海道札幌市北区北12条西4丁目にある札幌市営地下鉄南北線の駅である。駅番号はN05。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
618.平野川信号場  ・北海道上川郡清水町字羽帯
平野川信号場(ひらのがわしんごうじょう)は北海道上川郡清水町字羽帯にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の信号場である。事務管理コードは▲110457[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
619.北18条駅  ・札幌市北区北18条西4丁目
北18条駅(きたじゅうはちじょうえき)は、北海道札幌市北区北18条西4丁目にある札幌市営地下鉄南北線の駅。駅番号はN04。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
620.御影駅 (北海道)  ・北海道上川郡清水町御影本通1丁目
御影駅(みかげえき)は、北海道上川郡清水町御影本通1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK26。電報略号はミケ。事務管理コードは▲110414[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
621.北24条駅  ・札幌市北区北23条西4丁目
北24条駅(きたにじゅうよじょうえき)は、北海道札幌市北区北23条西4丁目(参考:北24条)にある札幌市営地下鉄南北線の駅。駅番号はN03。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
622.占冠駅  ・北海道勇払郡占冠村占冠[1]
占冠駅(しむかっぷえき)は、北海道勇払郡占冠村占冠にある[1]、北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の駅である。駅番号はK21。事務管コードは▲132145[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
623.北34条駅  ・札幌市北区北33条西4丁目
北34条駅(きたさんじゅうよじょうえき)は、北海道札幌市北区北33条西4丁目にある、札幌市営地下鉄南北線の駅。駅番号はN02。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
624.清風山信号場  ・北海道勇払郡占冠村字ニニウ2953
清風山信号場(せいふうざんしんごうじょう)は、北海道勇払郡占冠村字ニニウ2953にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はセサ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
625.札幌駅  ・札幌市北区北6条西4丁目1-1(駅ビルは中央区北5条)
札幌駅(さっぽろえき)は、北海道札幌市北区北6条西4丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅。駅番号は01。電報略号はサツ。事務管理コードは▲130124。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
626.滝ノ沢信号場  ・北海道勇払郡占冠村字下トマム
滝ノ沢信号場(たきのさわしんごうじょう)は、北海道勇払郡占冠村字下トマムにある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はタワ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
627.篠路駅  ・札幌市北区篠路4条7丁目2
篠路駅(しのろえき)は、北海道札幌市北区篠路4条7丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG08。電報略号はノロ。事務管理コードは▲130202[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
628.トマム駅  ・北海道勇払郡占冠村中トマム[1]
トマム駅(トマムえき)は、北海道勇払郡占冠村中トマムにある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の駅である。駅番号はK22。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
629.新川駅 (北海道)  ・札幌市北区新川4条1丁目3
新川駅(しんかわえき)は、北海道札幌市北区新川4条1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG04。事務管理コードは▲110226。電報略号はニイ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
630.東占冠信号場  ・北海道勇払郡占冠村字占冠
東占冠信号場(ひがししむかっぷしんごうじょう)は、北海道勇払郡占冠村字占冠にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はムフ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
631.新琴似駅  ・札幌市北区新琴似8条1丁目4番1号
新琴似駅(しんことにえき)は、北海道札幌市北区新琴似8条1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG05。電報略号はコニ。事務管理コードは▲130201[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
632.ホロカ信号場  ・北海道勇払郡占冠村字下トマム
ホロカ信号場(ホロカしんごうじょう)は、北海道勇払郡占冠村字下トマムにある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
633.太平駅  ・札幌市北区太平2条5丁目[注釈 1]
太平駅(たいへいえき)は、北海道札幌市北区太平2条5丁目[注釈 1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG06。事務管理コードは▲110227。電報略号はタヘ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
634.知床斜里駅  ・北海道斜里郡斜里町港町17
知床斜里駅(しれとこしゃりえき)は、北海道斜里郡斜里町港町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はシヤ[1]。事務管理コードは▲111616[2]。駅番号はB72。かつては根北線が接続していた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
635.拓北駅  ・札幌市北区拓北6条3丁目9番1号
拓北駅(たくほくえき)は、北海道札幌市北区拓北6条3丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG09。電報略号はタク。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
636.中斜里駅  ・北海道斜里郡斜里町字中斜里83
中斜里駅(なかしゃりえき)は北海道斜里郡斜里町字中斜里にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はナリ[2]。事務管理コードは▲111615[3]。駅番号はB71。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
637.百合が原駅  ・札幌市北区百合が原5丁目
百合が原駅(ゆりがはらえき)は、北海道札幌市北区百合が原5丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG07。事務管理コードは▲110225。電報略号はユリ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
638.北吉原駅  ・北海道白老郡白老町字北吉原
北吉原駅(きたよしはらえき)は、北海道白老郡白老町北吉原にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH25。事務管理コードは▲130341[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
639.虎杖浜駅  ・北海道白老郡白老町字虎杖浜
虎杖浜駅(こじょうはまえき)は、北海道白老郡白老町字虎杖浜[2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH27。電報略号はコヨ。事務管理コードは▲130318[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
640.石山通停留場  ・札幌市中央区南22条西11丁目
石山通停留場(いしやまどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC13。電車の通る白石藻岩通と、石山通(国道230号)との交差点の西側(南22条西11丁目)に位置している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
641.社台駅  ・北海道白老郡白老町字社台
社台駅(しゃだいえき)は、北海道白老郡白老町字社台にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH22。電報略号はシタ。事務管理コードは▲130322[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
642.行啓通停留場  ・札幌市中央区南14条西7丁目
行啓通停留場(ぎょうけいどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC18。山鼻線の通る西7丁目通と米里行啓通との交差点(南14条西6丁目)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
643.白老駅  ・北海道白老郡白老町東町一丁目
白老駅(しらおいえき)は、北海道白老郡白老町末広町2丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH23、電報略号はシラ、事務管理コードは▲130321[4][5]。副駅名称は「ウポポイ 民族共生象徴空間前」[報道 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
644.幌南小学校前停留場  ・札幌市中央区南21条西7丁目
幌南小学校前停留場(こうなんしょうがっこうまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区南21条西6丁目にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC15。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
645.竹浦駅  ・北海道白老郡白老町字竹浦(メップ)
竹浦駅(たけうらえき)は、北海道白老郡白老町字竹浦[2][3]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH26。電報略号はタケ。事務管理コードは▲130319[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
646.資生館小学校前停留場  ・札幌市中央区南4条西6丁目
資生館小学校前停留場(しせいかんしょうがっこうまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場。停留場番号はSC22。南4条通と西7丁目通との交差点の東側(南4条西6丁目)に位置する。「西創成」の副駅名が付けられている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
647.萩野駅  ・北海道白老郡白老町字萩野
萩野駅(はぎのえき)は、北海道白老郡白老町字萩野にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)室蘭本線の駅である。JR北海道の駅番号はH24。事務管理コードは▲130320[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
648.静修学園前停留場  ・札幌市中央区南16条西7丁目
静修学園前停留場(せいしゅうがくえんまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC17。山鼻線の通る西7丁目通と、豊水通との交差点の北側(南16条西6丁目)に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
649.庶路駅  ・北海道白糠郡白糠町庶路甲区
庶路駅(しょろえき)は、北海道白糠郡白糠町庶路甲区にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。電報略号はヨロ。事務管理コードは▲110434[2]。駅番号はK49。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
650.狸小路停留場  ・札幌市中央区南3条西4丁目(内回り)札幌市中央区南2条西3丁目(外回り)
狸小路停留場(たぬきこうじていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)都心線の停留場である[1][4]。停留場番号はSC24[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
651.白糠駅  ・北海道白糠郡白糠町東1条南1丁目
白糠駅(しらぬかえき)は、北海道白糠郡白糠町東1条南1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。電報略号はヌカ。事務管理コードは▲110432[3][4]。駅番号はK47。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
652.中央区役所前停留場  ・札幌市中央区南1条西10丁目
中央区役所前停留場(ちゅうおうくやくしょまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)一条線の停留場である。停留場番号はSC03。市電の通る南1条通と、石山通(国道230号)との交差点に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
653.西庶路駅  ・北海道白糠郡白糠町西庶路西1条南3丁目
西庶路駅(にししょろえき)は、北海道白糠郡白糠町西庶路西1条南3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。事務管理コードは▲110433[2]。駅番号はK48。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
654.中央図書館前停留場  ・札幌市中央区南22条西13丁目
中央図書館前停留場(ちゅうおうとしょかんまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区南22条西13丁目にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)の停留場である。停留場番号はSC12。初・終電や一部の電車はここを起・終点にしている。通常は単に「中央図書館前」と呼ばれるため、以降は本稿でもこれに倣う。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
655.東庶路信号場  ・北海道白糠郡白糠町恋問3丁目4-53
東庶路信号場(ひがししょろしんごうじょう)は、北海道白糠郡白糠町恋問3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
656.電車事業所前停留場  ・札幌市中央区南21条西14丁目
電車事業所前停留場(でんしゃじぎょうしょまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC11。福住桑園通と白石藻岩通との交差点北側(南21条西14丁目)にある。市電の運行拠点「電車事業所」が近くにあり、乗務員交代もここで行われる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
657.古瀬信号場  ・北海道白糠郡白糠町和天別
古瀬信号場(ふるせしんごうじょう)は、北海道白糠郡白糠町和天別(わてんべつ)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の信号場である。事務管理コードは▲110431[5]。旅客営業末期の駅番号はK46。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
658.中島公園通停留場  ・札幌市中央区南11条西7丁目
中島公園通停留場(なかじまこうえんどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC19。山鼻線の通る西7丁目通と、南11条通との交差点(南11条西6丁目)に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
659.湯の里知内信号場  ・北海道(渡島総合振興局)上磯郡知内町字湯ノ里[報道 1]48-13[報道 2]
湯の里知内信号場(ゆのさとしりうちしんごうじょう)は、北海道(渡島総合振興局)上磯郡知内町字湯ノ里[報道 1][報道 2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)北海道新幹線・海峡線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
660.西4丁目停留場  ・札幌市中央区南1条西4丁目
西4丁目停留場(にしよんちょうめていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区南1条西4丁目にある札幌市交通局(札幌市電)一条線・都心線の停留場である。停留場番号はSC01。札幌市営地下鉄の大通駅が至近に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
661.新狩勝信号場  ・北海道上川郡新得町字新得
新狩勝信号場(しんかりかちしんごうじょう)は、北海道上川郡新得町字新得にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(石勝線との重複区間)の信号場である。電報略号はリチ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
662.西8丁目停留場  ・札幌市中央区南1条西8丁目
西8丁目停留場(にしはっちょうめていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)一条線の停留場である。停留場番号はSC02。路面電車が走る南1条通と、西8丁目通との交差点に位置している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
663.新得駅  ・北海道上川郡新得町本通北1丁目
新得駅(しんとくえき)は、北海道上川郡新得町本通北1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はK23。電報略号はトク[4]。事務管理コードは▲110411[5][6]。根室本線が所属線であるが[7]、当駅と約24km滝川方の上落合信号場の間は、当駅が線路名称上の終点である石勝線との重複区間であり、この間に旅客駅がないことから、相互の乗換駅となっている。全定期旅客列車が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
664.西15丁目停留場  ・札幌市中央区南1条西14丁目
西15丁目停留場(にしじゅうごちょうめていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)の停留場である。停留場番号はSC04。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
665.西新得信号場  ・北海道上川郡新得町字新得西5線54番地[1]
西新得信号場(にししんとくしんごうじょう)は、北海道上川郡新得町字新得西5線[1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(石勝線との重複区間)の信号場である。電報略号はニン[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
666.西線6条停留場  ・札幌市中央区南6条西14丁目
西線6条停留場(にしせんろくじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC05。山鼻西線の通る福住桑園通と南6条通の交差点(南6条西14丁目)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
667.広内信号場  ・北海道上川郡新得町字新得
広内信号場(ひろうちしんごうじょう)は、北海道上川郡新得町字新得にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(石勝線との重複区間)の信号場である。電報略号はウチ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
668.西線9条旭山公園通停留場  ・札幌市中央区南9条西14丁目
西線9条旭山公園通停留場(にしせんくじょうあさひやまこうえんどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC06。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
669.砂川駅  ・北海道砂川市東2条北3丁目
砂川駅(すながわえき)は、北海道砂川市東2条北3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA20。電報略号はスナ。事務管理コードは▲130140[5][6]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
670.西線11条停留場  ・札幌市中央区南11条西14丁目
西線11条停留場(にしせんじゅういちじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC07。山鼻西線の通る福住桑園通と、南11条通との交差点(南11条西14丁目)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
671.豊沼駅  ・北海道砂川市東3条南19丁目
豊沼駅(とよぬまえき)は、北海道砂川市東3条南19丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA19。電報略号はトヌ。事務管理コードは▲130139[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
672.西線14条停留場  ・札幌市中央区南14条西14丁目
西線14条停留場(にしせんじゅうよじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC08。山鼻西線の通る福住桑園通と米里行啓通の交差点(南14条西14丁目)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
673.江部乙駅  ・北海道滝川市江部乙町西12丁目4
江部乙駅(えべおつえき)は、北海道滝川市江部乙町西12丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA22。電報略号はエオ。事務管理コードは▲120101[2]。当駅より旭川方面は旭川支社の管轄となる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
674.西線16条停留場  ・札幌市中央区南16条西14丁目
西線16条停留場(にしせんじゅうろくじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC09。山鼻西線の通る福住桑園通と豊水通の延長である南16条通の交差点にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
675.滝川駅  ・北海道滝川市栄町4丁目9-15
滝川駅(たきかわえき)は北海道滝川市にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。JR北海道の駅は栄町4丁目に、JR貨物の駅は栄町1丁目にある。駅番号はA21。事務管理コードは▲130141[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
676.東屯田通停留場  ・札幌市中央区南22条西9丁目
東屯田通停留場(ひがしとんでんどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC14。電車の通る白石藻岩通と、東屯田通(西8丁目と9丁目の境を南北に走る)の交差点に位置している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
677.東滝川駅  ・北海道滝川市東滝川町3丁目4番1号[1]
東滝川駅(ひがしたきかわえき)は、北海道滝川市東滝川にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT22。電報略号はヒワ。事務管理コードは▲130401[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
678.東本願寺前停留場  ・札幌市中央区南7条西7丁目
東本願寺前停留場(ひがしほんがんじまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC21。山鼻線の通る西7丁目通りと南7条通りとの交差点(南7条西6丁目)に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
679.有珠駅  ・北海道伊達市有珠町
有珠駅(うすえき)は北海道伊達市有珠町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH40。電報略号はウス。事務管理コードは▲130305[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
680.山鼻9条停留場  ・札幌市中央区南9条西7丁目
山鼻9条停留場(やまはなくじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC20。山鼻線の通る西7丁目通と菊水旭山公園通との交差点に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
681.北舟岡駅  ・北海道伊達市舟岡町
北舟岡駅(きたふなおかえき)は、北海道伊達市舟岡町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH37。電報略号はキフ。事務管理コードは▲130339[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
682.山鼻19条停留場  ・札幌市中央区南19条西7丁目
山鼻19条停留場(やまはなじゅうくじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC16。山鼻線の通る西7丁目通と、環状線との交差点(南19条西6丁目)に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
683.黄金駅 (北海道)  ・北海道伊達市南黄金町
黄金駅(こがねえき)は、北海道伊達市南黄金町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH35。電報略号はコネ。事務管理コードは▲130309[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
684.ロープウェイ入口停留場  ・札幌市中央区南19条西14丁目
ロープウェイ入口停留場(ロープウェイいりぐちていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC10。山鼻西線の通る福住桑園通と環状通との交差点(南19条西14丁目)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
685.伊達紋別駅  ・北海道伊達市山下町8-2
伊達紋別駅(だてもんべつえき)は北海道伊達市山下町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH38。電報略号はタテ。事務管理コードは▲130307[4][5]。特急「北斗」をはじめとする全定期旅客列車が停車し、かつては胆振線の分岐駅でもあった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
686.菊水駅  ・札幌市白石区菊水2条2丁目
菊水駅(きくすいえき)は、北海道札幌市白石区菊水2条2丁目にある、札幌市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT11。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
687.長和駅  ・北海道伊達市長和町
長和駅(ながわえき)は、北海道伊達市長和町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH39。電報略号はワナ。事務管理コードは▲130306[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
688.白石駅 (JR北海道)  ・札幌市白石区平和通3丁目北6番1号
白石駅(しろいしえき)は、北海道札幌市白石区平和通3丁目北にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はH03。電報略号はシイ。事務管理コードは▲130126[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
689.稀府駅  ・北海道伊達市南稀府町
稀府駅(まれっぷえき)は、北海道伊達市南稀府町(みなみまれふちょう)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH36。電報略号はマレ。事務管理コードは▲130308[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
690.白石駅 (札幌市営地下鉄)  ・札幌市白石区東札幌2条6丁目
白石駅(しろいしえき)は、北海道札幌市白石区東札幌2条6丁目にある、札幌市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT13。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
691.北秩父別駅  ・北海道雨竜郡秩父別町六条
北秩父別駅(きたちっぷべつえき)は、北海道(空知総合振興局)雨竜郡秩父別町六条にある北海道旅客鉄道(JR北海道)留萌本線の駅である。電報略号はキヘ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
692.南郷7丁目駅  ・札幌市白石区南郷通7丁目南
南郷7丁目駅(なんごうななちょうめえき)は、北海道札幌市白石区南郷通7丁目南にある、札幌市営地下鉄東西線の駅である。駅番号はT14。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
693.秩父別駅  ・北海道雨竜郡秩父別町字秩父別
秩父別駅(ちっぷべつえき)は、北海道(空知総合振興局)雨竜郡秩父別町字秩父別[2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)留萌本線の駅である。電報略号はチツ。事務管理コードは▲121502[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
694.南郷13丁目駅  ・札幌市白石区南郷通13丁目南
南郷13丁目駅(なんごうじゅうさんちょうめえき)は、北海道札幌市白石区南郷通13丁目にある札幌市営地下鉄東西線の駅である。駅番号はT15。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
695.長都駅  ・北海道千歳市上長都
長都駅(おさつえき)は、北海道千歳市上長都にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅。駅番号はH12。電報略号はオツ。副駅名称は「キリンビール北海道千歳工場前」[2]。事務管理コードは▲131409[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
696.南郷18丁目駅  ・札幌市白石区南郷通18丁目南
南郷18丁目駅(なんごうじゅうはっちょうめえき)は、北海道札幌市白石区南郷通18丁目にある札幌市営地下鉄東西線の駅である。駅番号はT16。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
697.駒里信号場  ・北海道千歳市
駒里信号場(こまさとしんごうじょう)は、北海道千歳市駒里にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はコサ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
698.東札幌駅  ・札幌市白石区東札幌2条2丁目
東札幌駅(ひがしさっぽろえき)は、北海道札幌市白石区東札幌2条2丁目にある札幌市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT12。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
699.新千歳空港駅  ・北海道千歳市美々
新千歳空港駅(しんちとせくうこうえき、英: New Chitose Airport Station)は、北海道千歳市美々にある北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
700.平和駅  ・札幌市白石区平和通16丁目北[1]
平和駅(へいわえき)は、北海道札幌市白石区平和通16丁目北[1]にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅。駅番号はH04。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
701.千歳駅 (北海道)  ・北海道千歳市千代田町7丁目
千歳駅(ちとせえき)は、北海道千歳市千代田町7丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅。駅番号はH13。電報略号はチセ。事務管理コードは▲131408[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
702.大谷地駅 (国鉄)  ・札幌市白石区栄通
大谷地駅(おおやちえき)は、かつて北海道札幌市白石区栄通の日本国有鉄道(国鉄)千歳線上に存在した鉄道駅(廃駅)である。事務管理コードは▲131403[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
703.美々信号場  ・北海道千歳市美々
美々信号場(びびしんごうじょう)は、北海道千歳市美々にある北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の信号場。電報略号はヒヒ、事務管理コードは▲131410[2]。旅客営業時代の駅番号はH15。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
704.月寒駅  ・札幌市白石区栄通4丁目
月寒駅(つきさっぷえき)は、かつて北海道札幌市白石区栄通の日本国有鉄道(国鉄)千歳線上に存在した鉄道駅(廃駅)である。事務管理コードは▲131402[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
705.南千歳駅  ・北海道千歳市平和[1]
南千歳駅(みなみちとせえき)は、北海道千歳市平和[1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はH14。電報略号はミセ。事務管コードは▲131414[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
706.東札幌駅 (国鉄)  ・北海道札幌市白石区菊水7条4丁目
東札幌駅(ひがしさっぽろえき)は、かつて北海道札幌市白石区東札幌の日本国有鉄道(国鉄)千歳線上に存在した鉄道駅(廃駅)である。事務管理コードは▲131401[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
707.川湯温泉駅  ・北海道川上郡弟子屈町川湯駅前1丁目
川湯温泉駅(かわゆおんせんえき)は、北海道川上郡弟子屈町川湯駅前1丁目にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅。電報略号はハユ。事務管理コードは▲111611[1]。駅番号はB66。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
708.美留和駅  ・北海道川上郡弟子屈町美留和
美留和駅(びるわえき)は、北海道川上郡弟子屈町字美留和にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はルワ。事務管理コードは▲111610[2]。駅番号はB65。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
709.石山通停留場  ・札幌市中央区南22条西11丁目
石山通停留場(いしやまどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC13。電車の通る白石藻岩通と、石山通(国道230号)との交差点の西側(南22条西11丁目)に位置している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
710.摩周駅  ・北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7-26
摩周駅(ましゅうえき)は、北海道川上郡弟子屈町朝日1丁目7-26にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はマユ[1]。事務管理コードは▲111609[3]。駅番号はB64。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
711.大通駅  ・札幌市中央区大通西2丁目 - 4丁目
大通駅(おおどおりえき)は、北海道札幌市中央区大通西2丁目- 4丁目にある、札幌市営地下鉄の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
712.当別駅  ・北海道石狩郡当別町錦町55-9
当別駅(とうべつえき)は、北海道石狩郡当別町錦町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG13。電報略号はタウ。事務管理コードは▲130205[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
713.行啓通停留場  ・札幌市中央区南14条西7丁目
行啓通停留場(ぎょうけいどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC18。山鼻線の通る西7丁目通と米里行啓通との交差点(南14条西6丁目)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
714.太美駅  ・北海道石狩郡当別町太美町
太美駅(ふとみえき)は、北海道石狩郡当別町太美町にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である。駅番号はG12。電報略号はリミ。事務管理コードは▲130204[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
715.幌南小学校前停留場  ・札幌市中央区南21条西7丁目
幌南小学校前停留場(こうなんしょうがっこうまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区南21条西6丁目にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC15。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
716.北海道医療大学駅  ・北海道石狩郡当別町字金沢
北海道医療大学駅(ほっかいどういりょうだいがくえき)は、北海道石狩郡当別町字金沢にある北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅。同線の終着駅である。駅番号はG14。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
717.さっぽろ駅  ・札幌市中央区北4条西4丁目(南北線)・北4条西2丁目(東豊線)
さっぽろ駅(さっぽろえき)は、北海道札幌市中央区北4条西4丁目(南北線)・北4条西2丁目(東豊線)にある、札幌市営地下鉄南北線・東豊線の駅。駅番号は南北線がN06、東豊線がH07。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
718.ロイズタウン駅  ・北海道石狩郡当別町当別太1225番地9[JR北 1]
ロイズタウン駅(ロイズタウンえき)は、北海道石狩郡当別町当別太(とうべつぶと)にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)札沼線(学園都市線)の駅である[JR北 1]。駅番号はG11-1[注釈 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
719.資生館小学校前停留場  ・札幌市中央区南4条西6丁目
資生館小学校前停留場(しせいかんしょうがっこうまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場。停留場番号はSC22。南4条通と西7丁目通との交差点の東側(南4条西6丁目)に位置する。「西創成」の副駅名が付けられている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
720.伊香牛駅  ・北海道上川郡当麻町伊香牛
伊香牛駅(いかうしえき)は、北海道上川郡当麻町伊香牛にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。事務管理コードは▲122504[2]。電報略号はイカ。駅番号はA37。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
721.すすきの駅  ・札幌市中央区南4条西4丁目
すすきの駅(すすきのえき)・すすきの停留場(すすきのていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区南4条西4丁目に所在する札幌市交通局の駅・札幌市交通事業振興公社の停留場である。前者は札幌市営地下鉄南北線の駅、後者は札幌市電山鼻線・都心線の停留場(電停)である。南北線の駅番号はN08、札幌市電の停留所番号はSC23。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
722.当麻駅  ・北海道上川郡当麻町4条東3丁目
当麻駅(とうまえき)は、北海道上川郡当麻町4条東3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はトウ。事務管理コードは▲122503[2]。駅番号はA35。特別快速「きたみ」と普通列車が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
723.静修学園前停留場  ・札幌市中央区南16条西7丁目
静修学園前停留場(せいしゅうがくえんまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC17。山鼻線の通る西7丁目通と、豊水通との交差点の北側(南16条西6丁目)に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
724.北入江信号場  ・北海道虻田郡洞爺湖町入江
北入江信号場(きたいりえしんごうじょう)は、北海道虻田郡洞爺湖町入江にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
725.桑園駅  ・北海道札幌市中央区北11条西15丁目
桑園駅(そうえんえき)は、北海道札幌市中央区北11条西15丁目(参考:桑園)にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はS02。電報略号はソウ。事務管理コードは▲130123[4]。副駅名称は「JRA 札幌競馬場前」。所属線の函館本線と[1]、当駅を起点とする札沼線(愛称:学園都市線)が乗り入れる[注釈 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
726.洞爺駅  ・北海道虻田郡洞爺湖町旭町19-1
洞爺駅(とうやえき)は、北海道虻田郡洞爺湖町旭町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH41。事務管理コードは▲130304[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
727.狸小路停留場  ・札幌市中央区南3条西4丁目(内回り)札幌市中央区南2条西3丁目(外回り)
狸小路停留場(たぬきこうじていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)都心線の停留場である[1][4]。停留場番号はSC24[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
728.青葉駅  ・北海道苫小牧市青葉町1丁目
青葉駅(あおばえき)は、北海道苫小牧市青葉町1丁目[1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH19。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
729.中央区役所前停留場  ・札幌市中央区南1条西10丁目
中央区役所前停留場(ちゅうおうくやくしょまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)一条線の停留場である。停留場番号はSC03。市電の通る南1条通と、石山通(国道230号)との交差点に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
730.糸井駅  ・北海道苫小牧市日吉町3丁目
糸井駅(いといえき)は、北海道苫小牧市日吉町3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH20。電報略号はイイ。事務管理コードは▲130324[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
731.中央図書館前停留場  ・札幌市中央区南22条西13丁目
中央図書館前停留場(ちゅうおうとしょかんまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区南22条西13丁目にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)の停留場である。停留場番号はSC12。初・終電や一部の電車はここを起・終点にしている。通常は単に「中央図書館前」と呼ばれるため、以降は本稿でもこれに倣う。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
732.植苗駅  ・北海道苫小牧市字植苗
植苗駅(うえなええき)は、北海道苫小牧市字植苗にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線の駅である。駅番号はH16。電報略号はウナ。事務管理コードは▲131411[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
733.電車事業所前停留場  ・札幌市中央区南21条西14丁目
電車事業所前停留場(でんしゃじぎょうしょまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC11。福住桑園通と白石藻岩通との交差点北側(南21条西14丁目)にある。市電の運行拠点「電車事業所」が近くにあり、乗務員交代もここで行われる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
734.苫小牧駅  ・北海道苫小牧市表町6丁目4-3
苫小牧駅(とまこまいえき)は、北海道苫小牧市表町6丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はH18。電報略号はトマ。事務管理コードは▲130325[3][4]。全ての旅客列車が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
735.苗穂駅  ・札幌市中央区北3条東11丁目[注釈 1]
苗穂駅(なえぼえき)は、北海道札幌市中央区北3条東11丁目[注釈 1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)函館本線の駅である。駅番号はH02[JR 1]。電報略号はナホ。事務管理コードは▲130125[4]。函館本線が所属線であるが、千歳線が旧線時代に当駅を起点としていた経緯から、千歳線の0キロポストが当駅構内に置かれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
736.苫小牧貨物駅  ・北海道苫小牧市一本松町15
苫小牧貨物駅(とまこまいかもつえき)は、北海道苫小牧市一本松町に位置する日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。開業以来苫小牧駅として扱われてきたが、2011年(平成23年)3月12日のダイヤ改正を機に、実態に合わせて現在の名称に改称された[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
737.中島公園駅  ・札幌市中央区南9条西4丁目
中島公園駅(なかじまこうえんえき)は、北海道札幌市中央区南9条西4丁目にある、札幌市営地下鉄南北線の駅。駅番号はN09。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
738.錦岡駅  ・北海道苫小牧市宮前町2丁目
錦岡駅(にしきおかえき)は、北海道苫小牧市宮前町3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH21。電報略号はニオ。事務管理コードは▲130323[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
739.中島公園通停留場  ・札幌市中央区南11条西7丁目
中島公園通停留場(なかじまこうえんどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC19。山鼻線の通る西7丁目通と、南11条通との交差点(南11条西6丁目)に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
740.沼ノ端駅  ・苫小牧市沼ノ端中央3丁目
沼ノ端駅(ぬまのはたえき)は、北海道苫小牧市沼ノ端中央3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はH17。電報略号はハタ。事務管理コードは▲130326[2][3]。Kitaca利用可能エリア[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
741.西4丁目停留場  ・札幌市中央区南1条西4丁目
西4丁目停留場(にしよんちょうめていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区南1条西4丁目にある札幌市交通局(札幌市電)一条線・都心線の停留場である。停留場番号はSC01。札幌市営地下鉄の大通駅が至近に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
742.勇払駅  ・北海道苫小牧市字勇払
勇払駅(ゆうふつえき)は、北海道(胆振総合振興局)苫小牧市字勇払にある北海道旅客鉄道(JR北海道)日高本線の駅である。電報略号はユフ。事務管理コードは▲132201[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
743.西8丁目停留場  ・札幌市中央区南1条西8丁目
西8丁目停留場(にしはっちょうめていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)一条線の停留場である。停留場番号はSC02。路面電車が走る南1条通と、西8丁目通との交差点に位置している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
744.大岸駅  ・北海道虻田郡豊浦町字大岸
大岸駅(おおきしえき)は、北海道虻田郡豊浦町字大岸にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH43。電報略号はキシ。事務管理コードは▲130301[2]。当駅から東室蘭方面は本社直轄となる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
745.西11丁目駅  ・札幌市中央区大通西11丁目
西11丁目駅(にしじゅういっちょうめえき)は、北海道札幌市中央区大通西11丁目にある、札幌市営地下鉄東西線の駅である。駅番号はT08。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
746.小幌駅  ・北海道虻田郡豊浦町字礼文華
小幌駅(こぼろえき)は北海道虻田郡豊浦町字礼文華(れぶんげ)にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH45。事務管理コードは▲140303[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
747.西15丁目停留場  ・札幌市中央区南1条西14丁目
西15丁目停留場(にしじゅうごちょうめていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)の停留場である。停留場番号はSC04。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
748.豊浦駅  ・北海道虻田郡豊浦町字旭町
豊浦駅(とようらえき)は、北海道虻田郡豊浦町字旭町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH42。電報略号はヨラ。事務管理コードは▲130303[2]。かつては急行「ちとせ」が発着していた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
749.西18丁目駅  ・札幌市中央区大通西18丁目
西18丁目駅(にしじゅうはっちょうめえき)は、北海道札幌市中央区大通西18丁目にある札幌市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT07。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
750.礼文駅  ・北海道虻田郡豊浦町字礼文華
礼文駅(れぶんえき)は北海道虻田郡豊浦町字礼文華(れぶんげ)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH44。電報略号はレン。事務管理コードは▲140304[2]。当駅から長万部方面は函館支社の管轄になる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
751.西28丁目駅  ・札幌市中央区北4条西28丁目
西28丁目駅(にしにじゅうはっちょうめえき)は、北海道札幌市中央区北4条西28丁目にある札幌市営地下鉄東西線の駅。駅番号はT05。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
752.十弗駅  ・北海道中川郡豊頃町十弗宝町
十弗駅(とおふつえき)は、北海道中川郡豊頃町十弗宝町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK37。電報略号はトフ。事務管理コードは▲110422[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
753.西線6条停留場  ・札幌市中央区南6条西14丁目
西線6条停留場(にしせんろくじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC05。山鼻西線の通る福住桑園通と南6条通の交差点(南6条西14丁目)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
754.愛山駅  ・北海道上川郡愛別町字愛山
愛山駅(あいざんえき)は、北海道上川郡愛別町字愛山にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。駅番号はA40。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
755.豊頃駅  ・北海道中川郡豊頃町豊頃旭町
豊頃駅(とよころえき)は、北海道中川郡豊頃町豊頃旭町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。電報略号はヨコ[2]。事務管理コードは▲110423[3]。駅番号はK38。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
756.西線9条旭山公園通停留場  ・札幌市中央区南9条西14丁目
西線9条旭山公園通停留場(にしせんくじょうあさひやまこうえんどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC06。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
757.愛別駅  ・北海道上川郡愛別町東町
愛別駅(あいべつえき)は、北海道上川郡愛別町字東町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はイヘ。事務管理コードは▲122505[2]。駅番号はA38。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
758.兜沼駅  ・北海道天塩郡豊富町字上サロベツ619
兜沼駅(かぶとぬまえき)は、北海道(宗谷総合振興局)天塩郡豊富町字上サロベツ[2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はカマ。事務管理コードは▲121847[3]。駅番号はW76。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
759.西線11条停留場  ・札幌市中央区南11条西14丁目
西線11条停留場(にしせんじゅういちじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC07。山鼻西線の通る福住桑園通と、南11条通との交差点(南11条西14丁目)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
760.安足間駅  ・北海道上川郡愛別町字愛山
安足間駅(あんたろまえき)は、北海道上川郡愛別町字愛山にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はアマ。事務管理コードは▲122507[2]。駅番号はA41。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
761.豊富駅  ・北海道天塩郡豊富町字豊富駅前通
豊富駅(とよとみえき)は、北海道天塩郡豊富町字豊富駅前通にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。事務管理コードは▲121844[2]。駅番号はW74。特急「宗谷」「サロベツ」が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
762.西線14条停留場  ・札幌市中央区南14条西14丁目
西線14条停留場(にしせんじゅうよじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC08。山鼻西線の通る福住桑園通と米里行啓通の交差点(南14条西14丁目)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
763.中愛別駅  ・北海道上川郡愛別町字中央
中愛別駅(なかあいべつえき)は、北海道上川郡愛別町字中央にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はナア。事務管理コードは▲122506[2]。駅番号はA39。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
764.奈井江駅  ・北海道空知郡奈井江町本町2区[JR北 1]
奈井江駅(ないええき)は、北海道空知郡奈井江町本町2区[JR北 1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA18。電報略号はナイ。事務管理コードは▲130138[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
765.西線16条停留場  ・札幌市中央区南16条西14丁目
西線16条停留場(にしせんじゅうろくじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC09。山鼻西線の通る福住桑園通と豊水通の延長である南16条通の交差点にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
766.赤平駅  ・北海道赤平市泉町1丁目1番地[1]
赤平駅(あかびらえき)は、北海道赤平市泉町1丁目[1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT23。事務管理コードは▲130412[3]。かつては急行「狩勝」の停車駅だった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
767.佐久駅  ・北海道中川郡中川町字佐久
佐久駅(さくえき)は、北海道(上川総合振興局)中川郡中川町字佐久にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はサク。事務管理コードは▲121833[2]。駅番号はW63。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
768.バスセンター前駅  ・札幌市中央区南1条東4丁目
バスセンター前駅(バスセンターまええき)は、札幌市中央区南1条東4丁目にある、札幌市営地下鉄東西線の駅である。駅番号はT10。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
769.平岸駅 (北海道赤平市)  ・北海道赤平市平岸仲町1丁目
平岸駅(ひらぎしえき)は、北海道赤平市平岸仲町1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT25。電報略号はヒキ。事務管理コードは▲130404[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
770.天塩中川駅  ・北海道中川郡中川町字中川
天塩中川駅(てしおなかがわえき)は、北海道(上川総合振興局)中川郡中川町字中川にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はテナ。事務管理コードは▲121834[2][3]。駅番号はW64。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
771.東屯田通停留場  ・札幌市中央区南22条西9丁目
東屯田通停留場(ひがしとんでんどおりていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC14。電車の通る白石藻岩通と、東屯田通(西8丁目と9丁目の境を南北に走る)の交差点に位置している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
772.茂尻駅  ・北海道赤平市茂尻元町南2丁目
茂尻駅(もしりえき)は、北海道赤平市茂尻(もじり[2])元町南2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT24。電報略号はモシ。事務管理コードは▲130403[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
773.鹿討駅  ・北海道空知郡中富良野町字中富良野
鹿討駅(しかうちえき)は、北海道空知郡中富良野町字中富良野にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅。事務管理コードは▲121702[2]。駅番号はF43。普通列車でも一部が通過する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
774.東本願寺前停留場  ・札幌市中央区南7条西7丁目
東本願寺前停留場(ひがしほんがんじまえていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC21。山鼻線の通る西7丁目通りと南7条通りとの交差点(南7条西6丁目)に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
775.旭川四条駅  ・北海道旭川市4条通18丁目
旭川四条駅(あさひかわよじょうえき)は、北海道旭川市4条通18丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はA29。宗谷本線のほか、新旭川駅 - 旭川駅間に乗り入れている石北本線の列車も停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
776.中富良野駅  ・北海道空知郡中富良野町西町8
中富良野駅(なかふらのえき)は、北海道空知郡中富良野町西町8にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅。事務管理コードは▲121703[2]。駅番号はF42。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
777.豊水すすきの駅  ・札幌市中央区南6条西2丁目
豊水すすきの駅(ほうすいすすきのえき)は、北海道札幌市中央区南6条西2丁目にある、札幌市営地下鉄東豊線の駅である。駅番号はH09。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
778.神楽岡駅  ・北海道旭川市神楽4条14丁目
神楽岡駅(かぐらおかえき)は北海道旭川市神楽4条14丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121714[2]。駅番号はF29。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
779.西中駅  ・北海道空知郡中富良野町字中富良野基線18号
西中駅(にしなかえき)は、北海道空知郡中富良野町字中富良野基線18号[2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅。駅番号はF40。事務管理コードは▲121704[3]。一部の普通列車は通過する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
780.幌平橋駅  ・札幌市中央区南15条西4丁目[1]
幌平橋駅(ほろひらばしえき)は、北海道札幌市中央区南15条西4丁目[1]にある、札幌市交通局(札幌市営地下鉄)南北線の駅。駅番号はN10。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
781.北旭川駅  ・北海道旭川市流通団地1条5丁目
北旭川駅(きたあさひかわえき)は、北海道旭川市流通団地1条5丁目に所在する日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である[1]。宗谷本線所属。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
782.ラベンダー畑駅  ・北海道空知郡中富良野町基線北15号
ラベンダー畑駅(ラベンダーばたけえき)は、北海道空知郡中富良野町基線北15号にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅(臨時駅)である。駅番号はF41。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
783.円山公園駅  ・札幌市中央区南1条西25丁目
円山公園駅(まるやまこうえんえき)は、北海道札幌市中央区南1条西25丁目にある札幌市営地下鉄東西線の駅である。駅番号はT06。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
784.北永山駅  ・北海道旭川市永山町14丁目
北永山駅(きたながやまえき)は、北海道(上川総合振興局)旭川市永山町14丁目[1]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はキヤ[2]。事務管理コードは▲121804[3]。駅番号はW32。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
785.大中山駅  ・北海道亀田郡七飯町大中山1丁目2
大中山駅(おおなかやまえき)は、北海道亀田郡七飯町大中山1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH72。電報略号はオウ。事務管理コードは▲140104[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
786.山鼻9条停留場  ・札幌市中央区南9条西7丁目
山鼻9条停留場(やまはなくじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC20。山鼻線の通る西7丁目通と菊水旭山公園通との交差点に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
787.桜岡駅  ・北海道旭川市東旭川町桜岡
桜岡駅(さくらおかえき)は、北海道旭川市東旭川町桜岡にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。事務管理コードは▲122502[2]。駅番号はA34。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
788.大沼駅  ・北海道亀田郡七飯町字大沼町4番地5[JR北 1]
大沼駅(おおぬまえき)は、北海道亀田郡七飯町字大沼町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH68。電報略号はオマ。事務管理コードは▲140108[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
789.山鼻19条停留場  ・札幌市中央区南19条西7丁目
山鼻19条停留場(やまはなじゅうくじょうていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通事業振興公社(札幌市電)山鼻線の停留場である。停留場番号はSC16。山鼻線の通る西7丁目通と、環状線との交差点(南19条西6丁目)に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
790.新旭川駅  ・北海道旭川市東8条6丁目
新旭川駅(しんあさひかわえき)は、北海道旭川市東8条6丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。事務管理コードは▲121801[2]。駅番号はA30。所属線の宗谷本線に[3]、当駅を起点とする石北本線が乗り入れるが、石北本線の列車に当駅始終着の列車はなく、全て旭川駅方面へ直通する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
791.大沼公園駅  ・北海道亀田郡七飯町字大沼町85-8
大沼公園駅(おおぬまこうえんえき)は、北海道亀田郡七飯町字大沼町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(駒ヶ岳回り・本線)の駅である。駅番号はH67。電報略号はオエ。事務管コードは▲140109[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
792.ロープウェイ入口停留場  ・札幌市中央区南19条西14丁目
ロープウェイ入口停留場(ロープウェイいりぐちていりゅうじょう)は、北海道札幌市中央区にある札幌市交通局(札幌市電)山鼻西線の停留場である。停留場番号はSC10。山鼻西線の通る福住桑園通と環状通との交差点(南19条西14丁目)にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
793.近文駅  ・北海道旭川市近文町20丁目
近文駅(ちかぶみえき)は、北海道旭川市近文町20丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)函館本線の駅である。駅番号はA27。事務管理コードは▲120107[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
794.銚子口信号場  ・北海道亀田郡七飯町字東大沼
銚子口信号場(ちょうしぐちしんごうじょう)は、北海道(渡島総合振興局)亀田郡七飯町字東大沼にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(通称:砂原支線)の信号場である。電報略号はシク[1]。旅客営業末期の駅番号はN69。事務管理コードは▲140152[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
795.札幌市場駅  ・札幌市中央区北12条西20丁目
札幌市場駅(さっぽろしじょうえき)は、1959年(昭和34年)から1978年(昭和53年)まで、北海道札幌市に設けられた日本国有鉄道(国鉄)函館本線の駅である[1]。事務管理コードは▲130161[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
796.千代ヶ岡駅  ・北海道旭川市西神楽1線24号
千代ヶ岡駅(ちよがおかえき)は、北海道旭川市西神楽1線24号にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121709[2]。駅番号はF35。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
797.七飯駅  ・北海道亀田郡七飯町本町1丁目1-1
七飯駅(ななええき)は、北海道亀田郡七飯町本町(ほんちょう)1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH71。電報略号はナナ。事務管理コードは▲140105[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
798.自衛隊前駅  ・札幌市南区澄川4条7丁目[1]
自衛隊前駅(じえいたいまええき)は、北海道札幌市南区澄川4条7丁目[1]にある、札幌市交通局(札幌市営地下鉄)南北線の駅である。駅番号はN15[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
799.永山駅  ・北海道旭川市永山1条19丁目
永山駅(ながやまえき)は、北海道旭川市永山1条19丁目1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はナカ。事務管理コードは▲121803[1]。駅番号はW31。普通列車と快速「なよろ」が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
800.仁山駅  ・北海道亀田郡七飯町仁山
仁山駅(にやまえき)は、北海道亀田郡七飯町仁山にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線(本線)の駅である[2]。駅番号はH69。電報略号はニマ。事務管理コードは▲140107[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
801.澄川駅  ・札幌市南区澄川4条2丁目[1]
澄川駅(すみかわえき)は、北海道札幌市南区澄川4条2丁目[1]にある札幌市交通局(札幌市営地下鉄)南北線の駅である。駅番号はN14[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
802.西神楽駅  ・北海道旭川市西神楽南1条1丁目
西神楽駅(にしかぐらえき)は、北海道旭川市西神楽南1条1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121711[2]。駅番号はF33。電報略号はニカ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
803.智恵文駅  ・北海道名寄市智恵文十一線
智恵文駅(ちえぶんえき)は、北海道(上川総合振興局)名寄市智恵文十一線にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はチフ。事務管理コードは▲121822[2]。駅番号はW51。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
804.真駒内駅  ・札幌市南区真駒内17番地[1]
真駒内駅(まこまないえき)は、北海道札幌市南区真駒内17番地[1]にある札幌市交通局(札幌市営地下鉄)南北線の駅である。駅番号はN16[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
805.西御料駅  ・北海道旭川市西御料4条3丁目
西御料駅(にしごりょうえき)は北海道旭川市西御料4条3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121713[2]。駅番号はF31。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
806.智北駅  ・北海道名寄市字智恵文智北
智北駅(ちほくえき)は、北海道(上川総合振興局)名寄市字智恵文智北にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。駅番号はW52。電報略号はチホ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
807.石切山駅  ・北海道札幌市南区石山1条3丁目1番30号
石切山駅(いしきりやまえき)は、かつて北海道札幌市南区の定山渓鉄道線に存在した鉄道駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
808.西聖和駅  ・北海道旭川市西神楽2線17号
西聖和駅(にしせいわえき)は、北海道旭川市西神楽2線17号にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121710[2]。駅番号はF34。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
809.名寄駅  ・北海道名寄市東1条南6丁目1番1号
名寄駅(なよろえき)は、北海道名寄市東1条南6丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)・日本貨物鉄道(JR貨物)宗谷本線の駅である。事務管理コードは▲121818[4][5]。駅番号はW48。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
810.一の沢停留所  ・北海道札幌市南区小金湯
一の沢停留所(いちのさわていりゅうじょ)は、かつて北海道札幌市南区小金湯に存在した定山渓鉄道線の停留所(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
811.西瑞穂駅  ・北海道旭川市西神楽1線9号
西瑞穂駅(にしみずほえき)は、北海道旭川市西神楽1線9号にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。事務管理コードは▲121712[2]。駅番号はF32。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
812.名寄高校駅  ・北海道名寄市徳田
名寄高校駅(なよろこうこうえき)は、北海道名寄市徳田にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。事務管理コードは▲121817[2]。駅番号はW47。全ての普通列車と快速「なよろ」が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
813.小金湯停留所  ・北海道札幌市南区小金湯
小金湯停留所(こがねゆていりゅうじょ)は、かつて北海道札幌市南区小金湯に存在した定山渓鉄道線の停留所(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
814.東旭川駅  ・北海道旭川市東旭川北3条5丁目
東旭川駅(ひがしあさひかわえき)は、北海道旭川市東旭川北3条5丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。事務管理コードは▲122501[2]。駅番号はA32。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
815.日進駅 (北海道)  ・北海道名寄市日進
日進駅(にっしんえき)は、北海道(上川総合振興局)名寄市日進にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はニン。事務管理コードは▲121819[1]。駅番号はW49。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
816.慈恵学園停留所  ・北海道札幌市南区
慈恵学園停留所(じけいがくえんていりゅうじょ)は、北海道札幌市南区にあった定山渓鉄道線の停留所である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
817.緑が丘駅 (北海道)  ・北海道旭川市神楽岡13条9丁目
緑が丘駅(みどりがおかえき)は北海道旭川市神楽岡13条9丁目[2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)富良野線の駅である。駅番号はF30。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
818.風連駅  ・北海道名寄市風連町本町
風連駅(ふうれんえき)は、北海道名寄市風連町本町(もとまち)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線の駅である。電報略号はフレ。事務管理コードは▲121816[2]。駅番号はW46。普通列車のほか快速「なよろ」全列車が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
819.下藤野停留所  ・北海道札幌市南区藤野2条9丁目
下藤野停留所(しもふじのていりゅうじょ)は、かつて北海道札幌市南区の定山渓鉄道線に存在した停留所(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
820.南永山駅  ・北海道旭川市永山10条3丁目
南永山駅(みなみながやまえき)は北海道旭川市永山10条3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。駅番号はA31。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
821.銀山駅  ・北海道余市郡仁木町銀山2丁目
銀山駅(ぎんざんえき)は、北海道余市郡仁木町銀山2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS21。電報略号はキン。事務管理コードは▲130109[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
822.十五島公園停留所  ・北海道札幌市南区藤野2条6丁目
十五島公園停留所(じゅうごしまこうえんていりゅうじょ)は、かつて北海道札幌市南区の定山渓鉄道線に存在した停留所(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
823.芦別駅  ・北海道芦別市本町1018番地2[1]
芦別駅(あしべつえき)は、北海道芦別市本町(ほんちょう)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT26。電報略号はアシ。事務管理コードは▲130405[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
824.然別駅  ・北海道余市郡仁木町然別
然別駅(しかりべつえき)は、北海道余市郡仁木町然別にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS20。電報略号はシカ。事務管理コードは▲130110[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
825.定山渓駅  ・北海道札幌市南区定山渓温泉東4丁目
定山渓駅(じょうざんけいえき)は、かつて北海道札幌市南区の定山渓鉄道線に存在した鉄道駅(廃駅)である。定山渓温泉の玄関口であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
826.上芦別駅  ・北海道芦別市上芦別町
上芦別駅(かみあしべつえき)は、北海道芦別市上芦別町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT27。電報略号はミヘ。事務管理コードは▲130406[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
827.仁木駅  ・北海道余市郡仁木町北町1丁目
仁木駅(にきえき)は、北海道余市郡仁木町北町1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS19。電報略号はニキ。事務管理コードは▲130111[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
828.白糸の滝停留所  ・北海道札幌市南区定山渓温泉東2丁目
白糸の滝停留所[1](しらいとのたきていりゅうじょ)は、かつて北海道札幌市南区の定山渓鉄道線に存在した停留所(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
829.野花南駅  ・北海道芦別市野花南町
野花南駅(のかなんえき)は、北海道芦別市野花南町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はT28。電報略号はノナ。事務管理コードは▲130407[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
830.ニセコ駅  ・北海道虻田郡ニセコ町字中央通
ニセコ駅(ニセコえき)は、北海道虻田郡ニセコ町字中央通にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はS25。事務管理コードは▲130105[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
831.澄川駅 (定山渓鉄道)  ・北海道札幌市南区澄川4条2丁目
澄川駅(すみかわえき)は、北海道札幌市南区にあった定山渓鉄道線の駅である。同線の廃線により1969年(昭和44年)に廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
832.厚岸駅  ・北海道厚岸郡厚岸町宮園1丁目
厚岸駅(あっけしえき)は、北海道厚岸郡厚岸町宮園1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はアケ。事務管理コードは▲110443[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
833.石狩沼田駅  ・北海道雨竜郡沼田町北1条3丁目
石狩沼田駅(いしかりぬまたえき)は、北海道雨竜郡沼田町北1条3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)留萌本線の駅である。電報略号はマタ。事務管理コードは▲121503[3]。留萌本線の終着駅。かつては札沼線の終点駅でもあった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
834.滝の沢駅  ・北海道札幌市南区豊滝3区
滝の沢駅(たきのさわえき)は、かつて北海道札幌市南区豊滝の定山渓鉄道線に存在した鉄道駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
835.尾幌駅  ・北海道厚岸郡厚岸町尾幌
尾幌駅(おぼろえき)は、北海道厚岸郡厚岸町尾幌にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はオホ。事務管理コードは▲110441[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
836.厚床駅  ・北海道根室市厚床
厚床駅(あっとこえき)は、北海道根室市厚床にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はアト。事務管理コードは▲110448[1][2]。かつては標津線(厚床支線)の分岐駅であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
837.豊滝停留所  ・北海道札幌市南区豊滝1区
豊滝停留所(とよたきていりゅうじょ)は、かつて北海道札幌市南区豊滝1区に存在した定山渓鉄道線の停留所(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
838.上尾幌駅  ・北海道厚岸郡厚岸町上尾幌1番地
上尾幌駅(かみおぼろえき)は、北海道厚岸郡厚岸町上尾幌にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はカホ。事務管理コードは▲110440[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
839.落石駅  ・北海道根室市落石東
落石駅(おちいしえき)は、北海道根室市落石東にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はオシ。事務管理コードは▲110451[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
840.錦橋駅  ・北海道札幌市南区定山渓温泉東1丁目
錦橋駅(にしきばしえき)は、かつて北海道札幌市南区に存在した定山渓鉄道線の鉄道駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
841.門静駅  ・北海道厚岸郡厚岸町門静
門静駅(もんしずえき)は、北海道厚岸郡厚岸町門静にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はモン。事務管理コードは▲110442[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
842.昆布盛駅  ・北海道根室市昆布盛
昆布盛駅(こんぶもりえき)は、北海道根室市昆布盛[2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。事務管理コードは▲110455[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
843.東簾舞停留所  ・北海道札幌市南区簾舞3区
東簾舞停留所(ひがしみすまいていりゅうじょ)は、かつて北海道札幌市南区簾舞3区に存在した定山渓鉄道線の停留所(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
844.浜厚真駅  ・北海道勇払郡厚真町字浜厚真
浜厚真駅(はまあつまえき)は、北海道(胆振総合振興局)勇払郡厚真町字浜厚真にある北海道旅客鉄道(JR北海道)日高本線の駅。事務管理コードは▲132202[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
845.西和田駅  ・北海道根室市西和田
西和田駅(にしわだえき)は、北海道根室市西和田にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はニシ。事務管理コードは▲110452[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
846.藤の沢駅  ・北海道札幌市南区藤野2条2丁目3番
藤の沢駅(ふじのさわえき)は、かつて北海道札幌市南区の定山渓鉄道線に存在した鉄道駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
847.網走駅  ・北海道網走市新町2丁目2-12
網走駅(あばしりえき)は、北海道網走市新町2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。電報略号はアハ。事務管理コードは▲122535[2][3]。駅番号はA69。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
848.根室駅  ・北海道根室市光和町2丁目
根室駅(ねむろえき)は、北海道根室市光和町2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅(終着駅)である。電報略号はネム。事務管理コードは▲110454[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
849.真駒内駅 (定山渓鉄道)  ・北海道札幌市南区
真駒内駅(まこまないえき)は北海道札幌市南区にあった定山渓鉄道線の駅である。同線の廃線により1969年(昭和44年)に廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
850.桂台駅  ・北海道網走市南10条東3丁目
桂台駅(かつらだいえき)は、北海道網走市南10条東3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はツタ[1]。駅番号はB79。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
851.東根室駅  ・北海道(根室振興局)根室市光洋町2丁目15番地
東根室駅(ひがしねむろえき)は、北海道(根室振興局)根室市光洋町2丁目[2]にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。事務管理コードは▲110456[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
852.簾舞駅  ・北海道札幌市南区簾舞3区
簾舞駅(みすまいえき)は、かつて北海道札幌市南区の簾舞三区にあった[1]定山渓鉄道線の鉄道駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
853.北浜駅 (北海道)  ・北海道網走市字北浜無番地
北浜駅(きたはまえき)は、北海道網走市字北浜にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はキマ[1]。事務管理コードは▲111619[2]。駅番号はB76。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
854.別当賀駅  ・北海道根室市別当賀
別当賀駅(べっとがえき)は、北海道根室市別当賀にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線(花咲線)の駅である。電報略号はトカ。事務管理コードは▲110450[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
855.緑ヶ丘停留所  ・北海道札幌市南区真駒内泉町4丁目
緑ヶ丘停留所(みどりがおかていりゅうじょ)は、かつて北海道札幌市南区の定山渓鉄道線に存在した停留所(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
856.鱒浦駅  ・北海道網走市字鱒浦104-1
鱒浦駅(ますうらえき)は、北海道網走市字鱒浦104-1にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はスマ[1]。事務管理コードは▲111621[2]。駅番号はB78。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
857.富浦駅 (北海道)  ・北海道登別市富浦町2丁目
富浦駅(とみうらえき)は、北海道登別市富浦町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。事務管理コードは▲130316[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
858.藻琴駅  ・北海道網走市字藻琴
藻琴駅(もことえき)は、北海道網走市字藻琴にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅である。電報略号はモコ[1]。事務管理コードは▲111620[2]。駅番号はB77。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
859.登別駅  ・北海道登別市登別港町1丁目4番地1
登別駅(のぼりべつえき)は、北海道登別市登別港町(みなとちょう)1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH28。電報略号はノホ。事務管理コードは▲130317[3][4]。市内中心部の幌別地区にある幌別駅に対して、当駅は登別地区及び登別温泉への最寄駅であり[5]、特急「北斗」(2号を除く)、「すずらん」が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
860.呼人駅  ・北海道網走市字呼人
呼人駅(よびとえき)は、北海道網走市字呼人にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線の駅である。電報略号はヨヒ。事務管理コードは▲122534[2]。駅番号はA68。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
861.幌別駅  ・北海道登別市幌別町3丁目
幌別駅(ほろべつえき)は、北海道登別市幌別町3丁目20にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH30。電報略号はヘツ。事務管理コードは▲130315[4][5]。優等列車は特急「すずらん」のみが停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
862.安平駅  ・北海道勇払郡安平町安平
安平駅(あびらえき)は、北海道(胆振総合振興局)勇払郡安平町安平にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。電報略号はヒラ。事務管理コードは▲130329[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
863.鷲別駅  ・北海道登別市鷲別町2丁目
鷲別駅(わしべつえき)は、北海道登別市鷲別町2丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。駅番号はH31。電報略号はワヘ。事務管理コードは▲130314[4][5]。全ての普通列車のほか、特急「すずらん」が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
864.追分駅 (北海道)  ・北海道勇払郡安平町追分中央
追分駅(おいわけえき)は、北海道勇払郡安平町追分中央1番地にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。駅番号はK15。電報略号はオイ[2]。事務管理コードは▲130330[3][4]。所属線の室蘭本線に石勝線を加えた2路線が乗り入れ[1]、特急「とかち」の全列車と「おおぞら」の一部[注 1]が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
865.青柳町停留場  ・北海道函館市青柳町33-2先、21-11先
青柳町停留場(あおやぎちょうていりゅうじょう)は、北海道函館市青柳町33番地先、21番地先にある函館市企業局交通部(函館市電)宝来・谷地頭線の停留場である。駅番号はY25。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
866.遠浅駅  ・北海道勇払郡安平町遠浅
遠浅駅(とあさえき)は、北海道(胆振総合振興局)勇払郡安平町遠浅にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。電報略号はトサ。事務管理コードは▲130327[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
867.魚市場通停留場  ・北海道函館市大手町3-1先、豊川町21-9先
魚市場通停留場(うおいちばどおりていりゅうじょう)は、北海道函館市豊川町(往線)・大手町(復線)にある函館市企業局交通部(函館市電)本線[2]の停留場である。駅番号はDY19。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
868.西早来信号場  ・北海道勇払郡安平町早来富岡
西早来信号場(にしはやきたしんごうじょう)は、北海道勇払郡安平町早来富岡にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はニヤ[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
869.大町停留場 (北海道)  ・北海道函館市大町3-14先、7-1先
大町停留場(おおまちていりゅうじょう)は、北海道函館市大町3番地先・大町7番地先にある函館市企業局交通部(函館市電)本線[2]の停留場である。駅番号はD22。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
870.早来駅  ・北海道勇払郡安平町早来大町
早来駅(はやきたえき)は、北海道(胆振総合振興局)勇払郡安平町早来大町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅[1]。事務管理コードは▲130328[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
871.柏木町停留場  ・北海道函館市柏木町1-36先、3-38先
柏木町停留場(かしわぎちょうていりゅうじょう)は、北海道函館市柏木町にある函館市企業局交通部(函館市電)の停留場である。駅番号はDY07。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
872.東追分信号場  ・北海道勇払郡安平町追分美園
東追分信号場(ひがしおいわけしんごうじょう)は、北海道勇払郡安平町追分美園にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石勝線の信号場である。電報略号はカケ[2][3]。事務管理コードは▲132110[4]。旅客営業時代の駅番号はK16。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
873.桔梗駅  ・北海道函館市桔梗3丁目41-36
桔梗駅(ききょうえき)は、北海道函館市桔梗3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はH73。電報略号はキケ。事務管理コードは▲140103[4]。快速「アイリス」の停車駅だった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
874.池田駅 (北海道)  ・北海道(十勝総合振興局管内)中川郡池田町字東1条32番地1
池田駅(いけだえき)は、北海道(十勝総合振興局管内)中川郡池田町字東1条にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK36。電報略号はイケ。事務管理コードは▲110421[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
875.競馬場前停留場  ・北海道函館市駒場町12先、深掘町22先
競馬場前停留場(けいばじょうまえていりゅうじょう)は、北海道函館市駒場町12番地先にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である。駅番号はDY05。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
876.昭栄信号場  ・北海道中川郡池田町字昭栄
昭栄信号場(しょうえいしんごうじょう)は北海道中川郡池田町字昭栄にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
877.駒場車庫前停留場  ・北海道函館市駒場町14-15先、深掘町24-30先
駒場車庫前停留場(こまばしゃこまえていりゅうじょう)は、北海道函館市駒場町15番地先にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である。駅番号はDY04。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
878.利別駅  ・北海道中川郡池田町字利別西町
利別駅(としべつえき)は、北海道中川郡池田町字利別西町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK35。電報略号はトシ。事務管理コードは▲110420[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
879.五稜郭駅  ・北海道函館市
五稜郭駅(ごりょうかくえき)は、北海道函館市亀田本町にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)・道南いさりび鉄道の駅である。両社の共同使用駅であり、JR北海道が管轄する。JR北海道の駅番号はH74。事務管理コードは▲140102[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
880.岩見沢駅  ・北海道岩見沢市有明町南1-1
岩見沢駅(いわみざわえき)は、北海道岩見沢市有明町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅である。所属線である函館本線[1]に当駅を終点とする室蘭本線が乗り入れ、全ての定期旅客列車が停車する。電報略号はイワ[4]。駅番号はA13。事務管理コードは▲130133[5][6]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
881.五稜郭公園前停留場  ・北海道函館市本町32-15先、25-13先
五稜郭公園前停留場(ごりょうかくこうえんまえていりゅうじょう)は、北海道函館市本町にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である[2]。駅番号はDY09。2008年9月29日より、ネーミングライツ制度により野村證券前の副名称が設定された。函館市最北端の停留場でもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
882.上幌向駅  ・北海道岩見沢市上幌向南1条4丁目
上幌向駅(かみほろむいえき)は、北海道岩見沢市上幌向南1条4丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA12。電報略号はカミ。事務管理コードは▲130132[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
883.市役所前停留場 (北海道)  ・北海道函館市大手町12-9先、18-9先
市役所前停留場(しやくしょまえていりゅうじょう)は、北海道函館市大手町12番地先(往線)・大手町18番地先にある函館市企業局交通部(函館市電)本線[2]の停留場である。駅番号はDY18。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
884.栗丘駅  ・北海道岩見沢市栗沢町栗丘
栗丘駅(くりおかえき)は、北海道(空知総合振興局)岩見沢市栗沢町栗丘にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。電報略号はクオ。事務管理コードは▲130335[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
885.十字街停留場  ・北海道函館市末広町8-6先、9-15先
十字街停留場(じゅうじがいていりゅうじょう)は、北海道函館市末広町[2]にある、函館市企業局交通部(函館市電)の停留場である。駅番号はDY20。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
886.栗沢駅  ・北海道岩見沢市栗沢町北本町
栗沢駅(くりさわえき)は、北海道(空知総合振興局)岩見沢市栗沢町北本町(きたほんちょう)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。電報略号はクワ。事務管理コードは▲130336[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
887.昭和橋停留場  ・北海道函館市堀川町5-1先、6-22先
昭和橋停留場(しょうわばしていりゅうじょう)は、北海道函館市堀川町にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である。駅番号はDY13。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
888.志文駅  ・北海道岩見沢市志文本町1条4丁目
志文駅(しぶんえき)は、北海道岩見沢市志文本町(ほんちょう)1条4丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)室蘭本線の駅である。電報略号はフン。事務管理コードは▲130337[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
889.新川町停留場  ・北海道函館市千歳町10-5先、新川町1-24先
新川町停留場(しんかわちょうていりゅうじょう)は、北海道函館市新川町1番地先、千歳町10番地先にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である。駅番号はDY15。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
890.幌向駅  ・北海道岩見沢市幌向南1条3丁目
幌向駅(ほろむいえき)は、北海道岩見沢市幌向南1条3丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線の駅である。駅番号はA11。電報略号はムイ。事務管理コードは▲130131[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
891.末広町停留場 (北海道)  ・北海道函館市末広町20-17先、21-2先
末広町停留場(すえひろちょうていりゅうじょう)は、北海道函館市末広町にある函館市企業局交通部(函館市電)本線[2]の停留場である。駅番号はD21[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
892.厚内駅  ・北海道十勝郡浦幌町字厚内
厚内駅(あつないえき)は、北海道十勝郡浦幌町字厚内にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK42。電報略号はアツ。事務管理コードは▲110427[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
893.杉並町停留場  ・北海道函館市松陰町1-31先、杉並町21-16先
杉並町停留場(すぎなみちょうていりゅうじょう)は、北海道函館市杉並町21番地先・松陰町1番地先にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である。駅番号はDY08。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
894.浦幌駅  ・北海道十勝郡浦幌町本町
浦幌駅(うらほろえき)は、北海道十勝郡浦幌町本町(ほんちょう)にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅である。駅番号はK40。電報略号はウラ。事務管理コードは▲110425[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
895.千歳町停留場 (北海道)  ・北海道函館市千歳町27-4先、新川町23-17先
千歳町停留場(ちとせちょうていりゅうじょう)は、北海道函館市千歳町27番地先、新川町23番地先にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である[2]。駅番号はDY14。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
896.上厚内信号場  ・北海道十勝郡浦幌町字上厚内
上厚内信号場(かみあつないしんごうじょう)は、北海道十勝郡浦幌町字上厚内にある北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の信号場。電報略号はカア。事務管理コードは▲110426[2]。旅客営業当時の駅番号はK41であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
897.中央病院前停留場  ・北海道函館市本町33-5先、2-13先
中央病院前停留場(ちゅうおうびょういんまえていりゅうじょう)停留所は、北海道函館市本町にある函館市企業局交通部(函館市電)湯の川線の停留場である。駅番号はDY10。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

北海道の公園

898.アトサヌプリ
アトサヌプリ(アイヌ語ラテン文字表記: atusa-nupuri)は、北海道弟子屈町にある第四紀火山である。標高は512m。活火山に指定されている。硫黄山(いおうざん)とも呼ばれる[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
899.戸田記念墓地公園  ・ 日本北海道石狩市厚田区(旧・厚田村)望来327
戸田記念墓地公園(とだきねんぼちこうえん)とは、北海道石狩市厚田区(旧・厚田村)にある創価学会が設営する墓地公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
900.雄阿寒岳
雄阿寒岳(おあかんだけ)は、北海道釧路市阿寒町にある第四紀火山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
901.鳥取10号公園  ・ 日本北海道釧路市鳥取北[1]
鳥取10号公園(とっとり10ごうこうえん)は、北海道釧路市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
902.オンネトー
オンネトーは、北海道足寄郡足寄町東部の阿寒摩周国立公園内にある湖である。名前はアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
903.戸外炉峠駐車公園  ・ 日本北海道深川市音江町字国見
戸外炉峠駐車公園(ととろとうげちゅうしゃこうえん)は、北海道深川市音江町にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
904.川湯温泉 (北海道)
川湯温泉(かわゆおんせん)は、北海道川上郡弟子屈町にある温泉である。川湯の名は、アイヌ語の「セセキ(熱い)ペツ(川)」を意訳したものである。温泉街のなかを高温の温泉川が流れている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
905.利根別自然公園  ・ 日本北海道岩見沢市緑が丘73番地2
利根別自然公園(とねべつしぜんこうえん)は北海道岩見沢市にある都市公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
906.屈斜路湖
屈斜路湖(くっしゃろこ)は、北海道東部(道東)の弟子屈町に位置する自然湖。日本最大のカルデラ湖で[2]、全面結氷する淡水湖としても日本最大の面積を持つ[3]。1934年(昭和9年)、全域が阿寒国立公園に指定された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
907.苫小牧市錦大沼公園  ・ 日本北海道苫小牧市字錦岡・字樽前
苫小牧市錦大沼公園(とまこまいしにしきおおぬまこうえん)は[7]、北海道苫小牧市にある公園。この項目では公園の一角にある苫小牧市錦大沼公園オートリゾート苫小牧[7](オートリゾート苫小牧アルテン)についても記載している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
908.屈斜路湖畔温泉郷
屈斜路湖畔温泉郷(くっしゃろこはんおんせんごう)は、北海道川上郡弟子屈町屈斜路湖畔にある温泉地の総称(温泉郷)。冬季において、砂湯・コタン温泉・池の湯などは廃湯によって湖面が氷結しないため、白鳥が集まってくる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
909.苫小牧市緑ヶ丘公園  ・ 日本北海道苫小牧市清水町、字高丘[1]
苫小牧市緑ヶ丘公園(とまこまいしみどりがおかこうえん)は[注 1]、北海道苫小牧市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
910.コタン温泉
コタン温泉(コタンおんせん)は、北海道川上郡弟子屈町字屈斜路にある温泉である。屈斜路湖の南東の湖畔に位置し、「コタンの湯」では24時間無料での入浴が可能。温泉の名称は地名の古丹(コタン。アイヌ語で「村」の意)に由来する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
911.苫小牧市民文化公園  ・ 日本北海道苫小牧市末広町
苫小牧市民文化公園(とまこまいしみんぶんかこうえん)は、北海道苫小牧市にある公園。出光興産がネーミングライツ(命名権)を取得し、愛称が出光カルチャーパーク(いでみつカルチャーパーク)になった[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
912.津別峠
津別峠(つべつとうげ)は、北海道網走郡津別町と川上郡弟子屈町との境にある峠である。網走と釧路を分ける峠の一つ。標高754m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
913.鳥沼公園  ・ 日本北海道富良野市字東鳥沼
鳥沼公園(とりぬまこうえん)は、北海道富良野市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
914.西別岳
西別岳(にしべつだけ)は、北海道川上郡標茶町にある標高799,5 mの山。摩周火山を構成する火山の一つ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
915.なよろ健康の森  ・ 日本北海道名寄市
なよろ健康の森(なよろけんこうのもり)は、北海道名寄市にある公園。この項目では、トムテ文化の森(トムテぶんかのもり)についても記載している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
916.パンケトー
パンケトーは、北海道東部、釧路市にある淡水湖である。パンケトーの湖水は阿寒湖に注いだ後、最終的には阿寒川に流出する。以前は交通困難地に指定されていたが、現在は交通困難地から外されている。しかし、現在も陸路で湖に接近するのは困難である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
917.野付風蓮道立自然公園  ・ 日本北海道根室市、野付郡別海町、標津郡標津町
野付風蓮道立自然公園(のつけふうれんどうりつしぜんこうえん)は、北海道根室市、野付郡別海町、標津郡標津町にある自然公園(都道府県立自然公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
918.美幌峠
美幌峠(びほろとうげ)は、北海道網走郡美幌町と川上郡弟子屈町の境にある国道243号の峠。オホーツク総合振興局と釧路総合振興局の境界にもなっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
919.函館公園  ・ 日本北海道函館市青柳町
函館公園(はこだてこうえん)は、北海道函館市にある都市公園(総合公園)。近代日本における代表的な都市公園の1つであり、文化財保護法に基づく登録記念物(名勝地関係)に登録されている[6]。また、「日本の歴史公園100選」や「北の造園遺産」にも選定されている[7][8]。なお、函館公園の敷地は財務省所管の国有財産であり、函館市が無償貸与を受けている[9]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
920.ペンケトー
ペンケトーは、北海道東部、釧路市にある淡水湖である。ペンケトーの湖水はパンケトー、阿寒湖を経て、最終的には阿寒川に流出する。国道241号の双湖台から遠望可能である。双湖台から見られるペンケトーの形は北海道の形に似ていると言われる。以前は交通困難地に指定されていたが、現在は交通困難地から外されている。しかし、現在も陸路で湖に接近するのはパンケトー以上に困難であり、熊が出没し危険である。原生林保護の目的で、立ち入りには管理者の許可が必要である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
921.春採公園  ・ 日本北海道釧路市春湖台、千歳町、柏木町、春採[1]
春採公園(はるとりこうえん)は、北海道釧路市にある公園。1962年に旧釧路公園から分離した。園内に春採湖や釧路市立博物館、史跡「春採台地竪穴群」「鶴ヶ岱チャランケ砦(チャシ)跡」、天然記念物「春採湖のヒブナ生息地」などを有する。「日本の歴史公園100選」や「北の造園遺産」にも認定されている。釧路の代表的公園の一つ[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
922.摩周温泉
摩周温泉(ましゅうおんせん)は、北海道川上郡弟子屈町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
923.ひがしかぐら森林公園  ・ 日本北海道上川郡東神楽町
ひがしかぐら森林公園(ひがしかぐらしんりんこうえん)は、北海道上川郡東神楽町にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
924.摩周湖
摩周湖(ましゅうこ)は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。2001年には北海道遺産に選定された。急激に深くなっていることとその透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
925.東川町キトウシ森林公園家族旅行村  ・ 日本北海道上川郡東川町
東川町キトウシ森林公園家族旅行村(ひがしかわちょうキトウシしんりんこうえんかぞくりょこうむら)は[3]、北海道上川郡東川町にある森林公園、森林レクリエーション施設。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
926.摩周岳
摩周岳(ましゅうだけ)は、北海道釧路総合振興局弟子屈町にある標高857mの山。カルデラ湖である摩周湖の外輪山の最高峰で湖面標高は502m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
927.東山公園 (岩見沢市)  ・ 日本北海道岩見沢市総合公園
東山公園(ひがしやまこうえん)は、北海道岩見沢市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
928.雌阿寒温泉
雌阿寒温泉(めあかんおんせん)は、北海道足寄郡足寄町にある温泉である。オンネトー温泉ともいう。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
929.日高山岳ビラパーク  ・ 日本北海道沙流郡日高町字富岡
日高山岳ビラパーク(ひだかさんがくビラパーク)は、北海道沙流郡日高町字富岡にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
930.雌阿寒岳
雌阿寒岳(めあかんだけ)は、北海道東部にある阿寒カルデラの南西部にある8つの火山で構成される成層火山群の総称[3]。主峰はポンマチネシリ(標高1,499m)[4]。雄阿寒岳とともに「阿寒岳」として、深田久弥による日本百名山[5]に掲載されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
931.日高山脈襟裳国定公園
日高山脈襟裳国定公園(ひだかさんみゃくえりもこくていこうえん)は、北海道にある国定公園。総面積103,447 haは日本の国定公園の中で最も広い[3]。2024年度中には国立公園への昇格が予定されている[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
932.藻琴山
藻琴山(もことやま)は北海道東部の釧路総合振興局管内とオホーツク総合振興局管内にまたがり、阿寒知床火山列に属する成層火山。標高999.9メートル[1][2]
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
933.日の出公園 (上富良野町)  ・ 日本北海道空知郡上富良野町
日の出公園(ひのでこうえん)は、北海道空知郡上富良野町にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
934.和琴温泉
和琴温泉(わことおんせん)は、北海道川上郡弟子屈町にある温泉。屈斜路湖南側の和琴半島に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
935.檜山道立自然公園  ・ 日本北海道檜山郡上ノ国町、檜山郡江差町、爾志郡乙部町、二海郡八雲町、久遠郡せたな町、奥尻郡奥尻町
檜山道立自然公園(ひやまどうりつしぜんこうえん)は、北海道檜山郡上ノ国町・江差町、爾志郡乙部町、二海郡八雲町(旧熊石町)、久遠郡せたな町(旧大成町)、奥尻郡奥尻町にある自然公園(都道府県立自然公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
936.嵐山公園 (北海道)  ・ 日本北海道旭川市江丹別町嵐山・上川郡鷹栖町
嵐山公園(あらしやまこうえん)は、北海道旭川市から上川郡鷹栖町にかけてある公園。明治期に開拓使が視察した際に、京都の嵐山に似ていることから名づけたとされている。「嵐山と嵐山からの眺望」は旭川八景に選定。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
937.深川市桜山公園  ・ 日本北海道深川市一已町字一已1863番地
深川市桜山公園(ふかがわしさくらやまこうえん)は、北海道深川市一已町にある公園。深川市より管理受託している深川振興公社が運営している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
938.神楽岡公園  ・ 日本北海道旭川市神楽岡公園
神楽岡公園(かぐらおかこうえん)は、北海道旭川市にある公園・地名。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
939.ふきだし公園  ・ 日本北海道虻田郡京極町字川西
ふきだし公園(ふきだしこうえん)は、北海道虻田郡京極町字川西にある公園である。羊蹄山の伏流水が湧出する区画を公園として整備し、湧水の採取スペースが設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
940.カムイの杜公園  ・ 日本北海道旭川市神居町富沢・台場
カムイの杜公園(カムイのもりこうえん)は、北海道旭川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
941.富良野芦別道立自然公園  ・ 日本北海道夕張市、芦別市、三笠市、富良野市、空知郡南富良野町
富良野芦別道立自然公園(ふらのあしべつどうりつしぜんこうえん)は、北海道夕張市、芦別市、三笠市、富良野市、空知郡南富良野町にある自然公園(都道府県立自然公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
942.春光台公園  ・ 日本北海道旭川市字近文
春光台公園(しゅんこうだいこうえん)は、北海道旭川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
943.平和の灯公園  ・ 日本北海道北広島市共栄315
平和の灯公園(へいわのひこうえん)は、北海道北広島市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
944.忠和公園  ・ 日本北海道旭川市神居町忠和
忠和公園(ちゅうわこうえん)は、北海道旭川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
945.別保公園  ・ 日本北海道釧路郡釧路町字別保原野
別保公園(べっぽこうえん)は、北海道釧路郡釧路町にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
946.東光スポーツ公園  ・ 日本北海道旭川市東光
東光スポーツ公園(とうこうスポーツこうえん)は、北海道旭川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
947.ほかり公園  ・ 日本北海道標津郡中標津町東中2-8
ほかり公園(ほかりこうえん)は、北海道標津郡中標津町にある私設公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
948.常磐公園  ・ 日本北海道旭川市常磐公園
常磐公園(ときわこうえん)は、北海道旭川市にある公園・地名。「旭川八景」[5]、「日本の都市公園100選」選定。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
949.北海道子どもの国  ・ 日本北海道砂川市
北海道子どもの国(ほっかいどうこどものくに)は、北海道砂川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
950.突哨山
突哨山(とっしょうざん)は、北海道旭川市と上川郡比布町にまたがる山・公園(都市緑地)[2]。日本国内最大級のカタクリ群落がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
951.北海道立オホーツク公園  ・ 日本北海道網走市
北海道立オホーツク公園(ほっかいどうりつオホーツクこうえん)は、北海道網走市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
952.花咲スポーツ公園  ・ 日本北海道旭川市花咲町
花咲スポーツ公園(はなさきスポーツこうえん)は、北海道旭川市にある公園。公園内に旭川市公園緑地協会事務局がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
953.北海道立オホーツク流氷公園  ・ 日本北海道紋別市
北海道立オホーツク流氷公園(ほっかいどうりつオホーツクりゅうひょうこうえん)は、北海道紋別市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
954.網走国定公園
網走国定公園(あばしりこくていこうえん)は、北海道にある国定公園。1950年(昭和25年)に道立公園に指定され、自然公園法制定に伴って1958年(昭和33年)に国定公園に指定された[3]。大小7つの湖沼と砂丘、草原(原生花園)、丘陵からなる地域になっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
955.北海道立サンピラーパーク  ・ 日本北海道名寄市
北海道立サンピラーパーク(ほっかいどうりつサンピラーパーク、英: SUNPILLAR PARK)が、北海道名寄市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
956.網走湖
網走湖(あばしりこ)は、北海道網走市と網走郡大空町にまたがる湖である。網走国定公園に含まれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
957.北海道立宗谷ふれあい公園  ・ 日本北海道稚内市
北海道立宗谷ふれあい公園(ほっかいどうりつそうやふれあいこうえん)は、北海道稚内市にある公園。5番目に設けられた道立広域公園[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
958.小清水原生花園
小清水原生花園(こしみずげんせいかえん)とは、北海道斜里郡小清水町にある砂丘上の草原地帯に広がる原生花園である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
959.北海道立道南四季の杜公園  ・ 日本北海道函館市
北海道立道南四季の杜公園(ほっかいどうりつどうなんしきのもりこうえん)は、北海道函館市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
960.サロマ湖
サロマ湖(サロマこ)は、北海道、オホーツク海岸の北見市、常呂郡佐呂間町、紋別郡湧別町にまたがる日本最大の汽水湖。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
961.北海道立道民の森  ・ 日本北海道石狩郡当別町・樺戸郡月形町
道民の森(どうみんのもり)は[4]、北海道石狩郡当別町と樺戸郡月形町ある森林レクリエーション施設。「水源の森百選」に選定されている「当別水源の森」地域になっている[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
962.天都山
座標: 北緯44度0分3.83秒 東経144度14分23.6秒 / 北緯44.0010639度 東経144.239889度 / 44.0010639; 144.239889
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
963.北海道立野幌総合運動公園  ・ 日本北海道江別市西野幌
北海道立野幌総合運動公園(ほっかいどうりつのっぽろそうごううんどうこうえん)は、北海道江別市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
964.濤沸湖
濤沸湖(とうふつこ)は、北海道東部、網走市と小清水町にまたがる汽水湖[1]。面積は約900ha[1]。網走国定公園に含まれる。ラムサール条約に登録されている(2005年)[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
965.北海道立噴火湾パノラマパーク  ・ 日本北海道二海郡八雲町
北海道立噴火湾パノラマパーク(ほっかいどうりつふんかわんパノラマパーク)は[5]、北海道二海郡八雲町にある公園[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
966.能取湖
能取湖(のとろこ、のとりこ)は、北海道網走市にある湖。網走国定公園に含まれる。湖名はアイヌ語の「ノッ・オロ」(岬のところ)に由来するが、これは本来、北東側の能取岬のことを指していた。能取岬に近い湖の意で、この湖名になったものである。2018年(平成30年)9月1日より、漁業法上で海面として扱われている[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
967.北海道立ゆめの森公園  ・ 日本北海道標津郡中標津町
北海道立ゆめの森公園(ほっかいどうりつゆめのもりこうえん)は、北海道標津郡中標津町にある都市公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
968.北海道立オホーツク公園  ・ 日本北海道網走市
北海道立オホーツク公園(ほっかいどうりつオホーツクこうえん)は、北海道網走市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
969.北邦野草園
北邦野草園(ほっぽうやそうえん)は、北海道上川郡鷹栖町にある植物園である。鷹栖町域にあるが、運営管理は旭川市が行っている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
970.藻琴湖
藻琴湖(もことこ)は、北海道東部、網走市にある汽水湖[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
971.松前矢越道立自然公園  ・ 日本北海道松前郡松前町、松前郡福島町、上磯郡知内町
松前矢越道立自然公園(まつまえやごしどうりつしぜんこうえん)は、北海道松前郡松前町・福島町、上磯郡知内町にある自然公園(都道府県立自然公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
972.相内公園
相内公園(あいのないこうえん)は北海道北見市相内町に所在する公園。かつては屯田兵(歩兵第四大隊第三中隊)の練兵場で、旧相内村の様々な遺蹟が存在する。近隣では桜の名所としても著名。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
973.丸瀬布森林公園いこいの森  ・ 日本北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利80番地
丸瀬布森林公園いこいの森(まるせっぷしんりんこうえんいこいのもり)は、北海道紋別郡遠軽町にある森林公園である。本項では公園に隣接する丸瀬布昆虫生態館および丸瀬布温泉「やまびこ」についても述べる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
974.旭公園 (北見市)  ・ 日本北海道北見市留辺蘂町旭公園
旭公園(あさひこうえん)は[2]、北海道北見市にある公園(運動公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
975.緑ヶ丘公園 (帯広市)  ・ 日本北海道帯広市
緑ヶ丘公園(みどりがおかこうえん)は、北海道帯広市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
976.香りゃんせ公園  ・ 日本北海道北見市
香りゃんせ公園(かおりゃんせこうえん)は、北海道北見市にある公園(庭園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
977.みなみ公園 (岩見沢市)  ・ 日本北海道岩見沢市9条東2丁目
みなみ公園・南公園(みなみこうえん)は、北海道岩見沢市にある近隣公園(鉄道公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
978.北見市端野町屯田の杜公園  ・ 日本北海道北見市端野町
北見市端野町屯田の杜公園(きたみしたんのちょうとんでんのもりこうえん)は[3]、北海道北見市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
979.ミニ万里の長城
ミニ万里の長城(ミニばんりのちょうじょう)は北海道(上川総合振興局)上川郡下川町西町桜ヶ丘公園内にある万里の長城を模した構築物[1]。下川町の観光名所となっている。なお、中華人民共和国駐札幌総領事館より許可を受けた上で正式名称を「万里長城」としている[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
980.北見市仁頃はっか公園  ・ 日本北海道北見市
北見市仁頃はっか公園(きたみしにころはっかこうえん)は[5]、北海道北見市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
981.見晴公園 (函館市)  ・ 日本北海道函館市
見晴公園(みはらしこうえん)は、北海道函館市にある公園。「日本の歴史公園100選」選定[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
982.東陵公園  ・ 日本北海道北見市東陵町
東陵公園(とうりょうこうえん)は[3]、北海道北見市東陵町にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
983.室蘭岳山麓総合公園  ・ 日本北海道室蘭市神代町・香川町
室蘭岳山麓総合公園(むろらんだけさんろくそうごうこうえん)は[7]、北海道室蘭市にある公園。愛称は「だんパラ公園」(「家族団らんパラダイス」から命名[8])。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
984.野付牛公園  ・ 日本北海道北見市公園町
野付牛公園(のつけうしこうえん)は、北海道北見市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
985.室蘭本線跡地緑地  ・ 日本北海道岩見沢市大和4条4丁目14番地ほか
室蘭本線跡地緑地(むろらんほんせんあとちりょくち、英:Muroran Line Ruins Green space)は北海道岩見沢市にある緑地。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
986.フラワーパラダイス  ・ 日本北海道北見市若松・川東
フラワーパラダイス(Flower Paradise)は[5][6]、北海道北見市にある公園(緑地)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
987.明治公園 (根室市)  ・ 日本北海道根室市牧の内[1]
明治公園(めいじこうえん)は、北海道根室市にある公園。「日本の歴史公園100選」選定[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
988.恵み野中央公園  ・ 日本北海道恵庭市恵み野西・恵み野北
恵み野中央公園(めぐみのちゅうおうこうえん)は、北海道恵庭市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
989.元町公園  ・ 日本北海道函館市元町
元町公園(もとまちこうえん)は、北海道函館市にある公園。「日本の歴史公園100選」選定[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
990.旭山記念公園  ・ 日本北海道札幌市中央区界川・双子山[1]
旭山記念公園(あさひやまきねんこうえん)は、北海道札幌市中央区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
991.柳町公園  ・ 日本北海道釧路市東川町、豊川町、暁町、中園町、柳町、光陽町、花園町、中島町、入江町、堀川町、川北町[1]
柳町公園(やなぎまちこうえん)は、北海道釧路市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
992.明日風公園  ・ 日本札幌市手稲区明日風[1]
明日風公園(あすかぜこうえん)は、札幌市手稲区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
993.米町公園  ・ 日本北海道釧路市米町[1]
米町公園(よねまちこうえん)は、北海道釧路市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
994.厚別公園  ・ 日本札幌市厚別区上野幌[1]
厚別公園(あつべつこうえん)は、札幌市厚別区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
995.利尻礼文サロベツ国立公園
利尻礼文サロベツ国立公園(りしりれぶんサロベツこくりつこうえん)は、北海道にある国立公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
996.石山緑地  ・ 日本札幌市南区石山[1]
石山緑地(いしやまりょくち)は、札幌市南区にある公園(緑地)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
997.ルルマップ自然公園ふれらんど  ・ 日本北海道恵庭市西島松
ルルマップ自然公園ふれらんど(ルルマップしぜんこうえんふれらんど)は[5]、北海道恵庭市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
998.大通公園  ・ 日本札幌市中央区大通西
大通公園(おおどおりこうえん)は、札幌市中央区にある公園。「日本の道100選」「日本の都市公園100選」「都市景観100選」「日本の歴史公園100選」選定[3][4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
999.ワッカ原生花園
ワッカ原生花園(わっかげんせいかえん)は、北海道北見市常呂町にある原生花園である。2001年(平成13年)10月に北海道遺産に選定された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1000.偕楽園 (札幌市)  ・ 日本札幌市北区北6 - 7条 西7丁目
偕楽園(かいらくえん)は、かつて北海道札幌市に存在した公園。札幌最古の都市公園である。日本にはさらに古い由来を持つ公園も多くあるが、それは旧来の名勝名跡を「公園」と改めたものであり、意図して無から造成した都市公園としては、この偕楽園が日本最古となる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1001.稚内公園  ・ 日本北海道稚内市中央
稚内公園(わっかないこうえん)は、北海道稚内市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1002.川下公園  ・ 日本札幌市白石区川下[1]
川下公園(かわしもこうえん)は、札幌市白石区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1003.五天山公園  ・ 日本札幌市西区福井[2]
五天山公園(ごてんざんこうえん)は、札幌市西区福井にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1004.札幌芸術の森  ・ 日本札幌市南区芸術の森[1]
札幌芸術の森(さっぽろげいじゅつのもり)は、札幌市南区芸術の森にある複合文化施設[5]。札幌市の都市公園として整備している。「公共建築百選」選定。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1005.篠路五ノ戸の森緑地  ・ 日本北海道札幌市北区篠路3条10丁目
篠路五ノ戸の森緑地(しのろごのへのもりりょくち)は、北海道札幌市北区篠路3条10丁目に所在する緑地。「五ノ戸」とは上篠路地区北部を指す旧称で、由来は「最初の入植者が5戸だったから」あるいは「青森県五戸町から入植してきたから」と言われる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1006.下手稲公園  ・ 日本札幌市手稲区前田5条13丁目
下手稲公園(しもていねこうえん)は、北海道札幌市手稲区前田5条13丁目にある近隣公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1007.十五島公園  ・ 日本北海道札幌市南区藤野108地先
十五島公園(じゅうごしまこうえん)は、札幌市南区藤野108地先[1]にある公園。札幌市を流れる豊平川流域近くにある。石山地区よりは、上流であるが、定山渓よりは下流に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1008.創成川公園  ・札幌市中央区北1条西1丁目、大通西1丁目、南1条~南4条西1丁目[1]
創成川公園(そうせいがわこうえん)は、札幌市中央区にある公園。全長820 m[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1009.大学村の森  ・ 日本北海道札幌市東区北28条東4丁目
大学村の森(だいがくむらのもり)は、北海道札幌市東区北28条東4丁目に所在する緑地。住宅街の中に残された小さな森で、ハンノキやハルニレが繁り、ゴムチップ舗装が施された散策路がめぐらされている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1010.滝野すずらん丘陵公園  ・ 日本札幌市南区滝野
滝野すずらん丘陵公園(たきのすずらんきゅうりょうこうえん)は、北海道札幌市南区にある公園。北海道唯一の国営公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1011.月寒公園  ・ 日本札幌市豊平区美園10~12条7、8丁目、月寒西2、3条4丁目[1]
月寒公園(つきさむこうえん)は、札幌市豊平区にある都市公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1012.手稲稲積公園  ・ 日本札幌市手稲区前田1条[1]
手稲稲積公園(ていねいなづみこうえん)は、北海道札幌市手稲区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1013.手稲緑道  ・ 日本札幌市手稲区曙1~4条1丁目
手稲緑道(ていねりょくどう)は北海道札幌市手稲区曙1条1丁目 - 4条1丁目にある緑道(都市公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1014.道立自然公園野幌森林公園  ・ 日本札幌市厚別区・江別市・北広島市
道立自然公園野幌森林公園(どうりつしぜんこうえんのっぽろしんりんこうえん)は、北海道札幌市・江別市・北広島市にある公園(都道府県立自然公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1015.豊平公園  ・ 日本札幌市豊平区豊平5条13丁目、美園5・6条1丁目[1]
豊平公園(とよひらこうえん)は、札幌市豊平区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1016.屯田西公園  ・ 日本札幌市北区屯田4条9・10丁目[1]
屯田西公園(とんでんにしこうえん)は、札幌市北区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1017.中島公園  ・ 日本札幌市中央区中島公園・南14条西5丁目・南15条西4丁目[1]
中島公園(なかじまこうえん)は、札幌市中央区にある公園。「日本の都市公園100選」、「日本の歴史公園100選」に選定[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1018.西岡公園  ・ 日本札幌市豊平区西岡[1]
西岡公園(にしおかこうえん)は、札幌市豊平区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1019.農試公園  ・ 日本札幌市西区八軒4条西6丁目、5条西6丁目、西8丁目[1]
農試公園(のうしこうえん)は、札幌市西区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1020.東雁来公園  ・ 日本北海道札幌市東区東雁来[1]
東雁来公園(ひがしかりきこうえん)は、北海道札幌市東区東雁来12条4丁目にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1021.ひのまる公園  ・ 日本札幌市東区北41条東10丁目
ひのまる公園(ひのまるこうえん)は、北海道札幌市東区北41条東10丁目に所在する公園。北辺には北海道道431号丘珠空港線が東西に走り、道路を挟んで反対側には札幌市立栄小学校と烈々布神社がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1022.平岡公園  ・ 日本札幌市清田区平岡公園[1]
平岡公園(ひらおかこうえん)は、札幌市清田区にある公園・地名。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1023.平岡樹芸センター  ・〒004-0874札幌市清田区平岡4条3丁目
平岡樹芸センター(ひらおかじゅげいセンター)は、北海道札幌市清田区に位置する植物公園(特殊公園[3])。愛称、みどりーむ[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1024.平岸高台公園  ・ 日本北海道札幌市豊平区平岸4条13丁目
平岸高台公園(ひらぎしたかだいこうえん)は、北海道札幌市豊平区平岸4条13丁目にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1025.伏古公園  ・ 日本北海道札幌市東区伏古[1]
伏古公園(ふしここうえん)は、北海道札幌市東区伏古1条2丁目にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1026.平和公園 (札幌市)
平和公園(へいわこうえん)は、北海道札幌市豊平区月寒西2条7丁目に所在する公園。区分は、近隣公園。面積12,069㎡。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1027.紅桜公園
紅桜公園(べにざくらこうえん)は、北海道札幌市南区澄川389にある私設の公園である。紅桜庭園、紅桜遊園地とも呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1028.星置緑地  ・ 日本札幌市手稲区星置1条5丁目
星置緑地(ほしおきりょくち)は、北海道札幌市手稲区星置にある緑地(都市公園)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1029.星観緑地  ・ 日本札幌市手稲区手稲星置201外
星観緑地(ほしみりょくち)は、北海道札幌市手稲区にある緑地(都市公園)である。札幌市で唯一の緩衝緑地である[1][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1030.北海道立真駒内公園  ・ 日本札幌市南区真駒内公園
北海道立真駒内公園(ほっかいどうりつまこまないこうえん)は、札幌市南区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1031.前田公園  ・ 日本札幌市手稲区前田7条11丁目[1]
前田公園(まえだこうえん)は札幌市手稲区前田にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1032.前田森林公園  ・ 日本北海道札幌市手稲区手稲前田[1]
前田森林公園(まえだしんりんこうえん)は、北海道札幌市手稲区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1033.円山公園 (札幌市)  ・ 日本札幌市中央区円山、宮の森、宮ケ丘、北1条西28丁目、宮の森1条13・14丁目、宮の森2条14丁目、円山西町8丁目[1]
円山公園(まるやまこうえん)は、札幌市中央区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1034.美香保公園  ・ 日本札幌市東区北20 - 22条 東4 - 5丁目
美香保公園(みかほこうえん)は、北海道札幌市東区北20 - 22条 東4 - 5丁目にかけて所在する地区公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1035.宮丘公園  ・ 日本札幌市西区西野[1]
宮丘公園(みやのおかこうえん)は、札幌市西区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1036.藻岩下公園  ・ 日本北海道札幌市南区南30条西8丁目3
藻岩下公園(もいわしたこうえん)は、北海道札幌市南区南30条西8丁目3にある公園。ミュンヘン大橋のたもとに位置する[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1037.モエレ沼公園  ・ 日本札幌市東区モエレ沼公園、中沼町[1]
モエレ沼公園(モエレぬまこうえん)は、札幌市東区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1038.藻南公園  ・ 日本札幌市南区川沿・真駒内柏丘[1]
藻南公園(もなみこうえん)は、札幌市南区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1039.やなぎ公園 (札幌市)  ・ 日本北海道札幌市白石区平和通5丁目北8
やなぎ公園(やなぎこうえん)は、北海道札幌市白石区平和通5丁目北8に所在する公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1040.山鼻日の出公園  ・ 日本北海道札幌市中央区南29条西11丁目
山鼻日の出公園(やまはなひのでこうえん)は、北海道札幌市中央区南29条西11丁目に所在する公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1041.百合が原公園  ・ 日本札幌市北区百合が原公園・百合が原2、11丁目[1]
百合が原公園(ゆりがはらこうえん)は、札幌市北区にある公園・地名。公園内の一部は東区となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1042.若草公園 (札幌市)  ・ 日本北海道札幌市北区北25条西7丁目
若草公園(わかくさこうえん)は、北海道札幌市北区北25条西7丁目に所在する公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1043.支笏洞爺国立公園
支笏洞爺国立公園(しこつとうやこくりつこうえん)は、北海道にある国立公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1044.漁岳
漁岳(いざりだけ)は、北海道石狩振興局恵庭市と千歳市および札幌市の接点にある標高1,318 mの火山である。北海道の百名山に選定されている。山頂には二等三角点「漁岳」が設置されている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1045.有珠郡
有珠郡(うすぐん)は、北海道(胆振国)胆振総合振興局の郡。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1046.有珠山
有珠山(うすざん)は、北海道・洞爺湖の南に位置する標高737mの活火山。常時観測火山。山頂は有珠郡壮瞥町にあり、山体は虻田郡洞爺湖町、伊達市にまたがっている。支笏洞爺国立公園内にあり[2]、昭和新山とともに「日本の地質百選」に選定され[3]、周辺地域が洞爺湖有珠山ジオパークとして「日本ジオパーク」「世界ジオパーク」に認定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1047.恵庭市
恵庭市(えにわし)は、北海道中部(道央地方)に位置し、石狩振興局に属する市。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1048.恵庭岳
恵庭岳(えにわだけ、アイヌ語: e-en-iwa)は、北海道の支笏洞爺国立公園にある第四紀火山である。標高は1,320 mで、1991年に気象庁より活火山に指定されている。山名はアイヌ語の「エエンイワ[3]」(頭が・尖っている・山)に由来する[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1049.大滝村 (北海道)
大滝村(おおたきむら)は、かつて北海道の南西部に位置していた村である。現在は伊達市になっている。村名は、村の名所である三階滝に由来した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1050.長流川
長流川(おさるがわ)は、北海道胆振総合振興局管内を流れ噴火湾に注ぐ二級河川。長流川水系の本流である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1051.オロフレ峠
オロフレ峠(オロフレとうげ)は、北海道有珠郡壮瞥町と登別市の境にある峠。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1052.オロフレ山
オロフレ山(オロフレやま)は、北海道白老郡白老町と有珠郡壮瞥町とにまたがる標高1,230.8mの火山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1053.カルルス温泉
カルルス温泉(カルルスおんせん)は、北海道登別市にある温泉。「登別カルルス温泉」とも言われる。「国民保養温泉地」に指定されており[3]、「名湯百選」にも選定されている[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1054.北湯沢温泉
北湯沢温泉(きたゆざわおんせん)は、北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町にある温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1055.喜茂別町
喜茂別町(きもべつちょう)は、北海道後志総合振興局管内にある町である。虻田郡に属す。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1056.京極町
京極町(きょうごくちょう)は北海道後志総合振興局管内、羊蹄山(蝦夷富士)の麓にある町。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1057.クスリサンベツ川
クスリサンベツ川(クスリサンベツがわ)は、北海道登別市を流れる登別川水系登別川支流の二級河川である。登別温泉の温泉街を流れ、温泉水が流れ込む。川の名は、アイヌ語で「薬(温泉水)が流れ下る川」を意味する「クスリ・サンケ・ペツ」から。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1058.倶多楽湖
倶多楽湖(クッタラ湖[2]、くったらこ)は、北海道白老郡白老町にあるカルデラ湖で、活火山「倶多楽」の一部である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1059.倶知安町
倶知安町(くっちゃんちょう)は、北海道虻田郡にある町。後志総合振興局所在地。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1060.札幌市
札幌市(さっぽろし)は、北海道の道央地方に位置し、石狩振興局に属する市。道庁所在地および石狩振興局所在地。政令指定都市であり、10の行政区が置かれる。北海道の行政・経済・文化の中心地であり、道内で人口最多の市(人口197万1463人[1]、2023年8月1日現在)である。北の歓楽街「すすきの」は有名である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1061.札幌岳
札幌岳(さっぽろだけ)は支笏洞爺国立公園[3]内に含まれ、北海道石狩振興局札幌市にある標高1,293mの火山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1062.地獄谷 (登別市)
地獄谷(じごくだに、英: Jigokudani)は、北海道登別市にある爆裂火口群。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1063.支笏湖
支笏湖(しこつこ)は、北海道千歳市にある[2][1]淡水湖。支笏洞爺国立公園に属し[2]、日本最北の不凍湖[1]となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1064.社台滝
社台滝(しゃだいたき)は、北海道白老町にある滝。社台川の上流部にあたる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1065.ジョイランド樽前
座標: 北緯42度37分16秒 東経141度28分12秒 / 北緯42.621014度 東経141.469997度 / 42.621014; 141.469997 (ジョイランド樽前(北海道野生動物公園)が所在した大体の位置)ジョイランド樽前(ジョイランドたるまえ)は、かつて北海道苫小牧市に存在したレジャー施設。正式には「北海道野生動物公園」[1][2]と呼ばれる。新聞広告では「北海道野生動物公園」の文字の下に「ジョイランド樽前」と併記されていた[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1066.定山渓温泉
定山渓温泉(じょうざんけい おんせん)は、北海道札幌市南区にある温泉地。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1067.定山渓ダム
定山渓ダム(じょうざんけいダム)は、北海道札幌市南区定山渓、一級河川・石狩川水系小樽内川に建設されたダムである。旧名は小樽内ダム(おたるないダム)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1068.昭和新山
昭和新山(しょうわしんざん)は、北海道有珠郡壮瞥町にある火山。または有珠郡壮瞥町の地名。支笏洞爺国立公園内にあり[1]、国の特別天然記念物に指定されている[2]。また、有珠山とともに日本の地質百選に選定され[3]、周辺地域が洞爺湖有珠山ジオパークとして「日本ジオパーク」「世界ジオパーク」に認定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1069.白老郡
白老郡(しらおいぐん)は、北海道(胆振国)胆振総合振興局の郡。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1070.白老町
白老町(しらおいちょう)は、北海道中南部(道央地方)に位置し、胆振総合振興局に属する町。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1071.壮瞥川
壮瞥川(そうべつがわ)は、北海道胆振総合振興局管内を流れる二級河川。長流川水系の支流である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1072.壮瞥町
壮瞥町(そうべつちょう)は、北海道胆振総合振興局の西部に位置する。洞爺湖の南東岸に面し、有珠山・昭和新山という火山のある町である。雪合戦の国際大会が開催される町としても知られる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1073.空沼岳
空沼岳(そらぬまだけ)は、北海道石狩管内の札幌市にある標高約1,251mの山である。山頂付近は支笏洞爺国立公園の第1種特別地域に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1074.伊達市 (北海道)
伊達市(だてし)は、北海道の道央地方南部に位置し、胆振総合振興局の西いぶり地域に属する市。市名は、明治時代初期に東北地方から入植した亘理伊達氏が開拓したことに由来する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1075.樽前ガロー
樽前ガロー(たるまえガロー)は、北海道苫小牧市にある渓谷。自然景観を観察する観光名所として知られる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1076.樽前山
樽前山(たるまえさん、たるまえざん、たるまいさん、たるまいざん)は、北海道の道央地方南部にある支笏湖の南側、苫小牧市の北西部に位置する活火山。日本二百名山。標高は最高点の樽前ドームで1,041m、一等三角点(点名「樽前岳」)の東山で1,022m、三等三角点(点名「樽前山」)の西山で994m。この樽前ドームは、立ち入り禁止となっている火口原にある溶岩ドームで、周辺との比高は約120m、最大径は約450m[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1077.千歳市
千歳市(ちとせし)は、北海道中部(道央地方)に位置し、石狩振興局に属する市。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1078.トーノシケヌプリ
トーノシケヌプリは、洞爺湖中島の最高峰であり、北海道胆振総合振興局洞爺湖町と壮瞥町に跨る標高455m(湖面標高371m)の火山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1079.洞爺湖
洞爺湖(とうやこ)は、北海道虻田郡洞爺湖町と有珠郡壮瞥町にまたがる湖。二級河川長流川水系に属する。周辺が支笏洞爺国立公園に指定されており[2]、洞爺湖有珠山ジオパークとして『日本ジオパーク』『世界ジオパーク』に登録されている[3]。また、「日本百景」「新日本旅行地100選」「美しい日本の歩きたくなるみち500選」にも選定されている[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1080.洞爺湖温泉
洞爺湖温泉(とうやこおんせん、英: Lake Toya Hot Spring)は、北海道虻田郡洞爺湖町にある温泉、または洞爺湖町と有珠郡壮瞥町の地名。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1081.洞爺湖町
洞爺湖町(とうやこちょう)は、北海道胆振総合振興局にある町。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1082.苫小牧市
苫小牧市(とまこまいし)は、北海道中南部(道央地方)の胆振総合振興局にある市。計量特定市。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1083.豊平川
豊平川(とよひらがわ)は、北海道札幌市を流れる石狩川水系石狩川支流の一級河川である[1]。札幌市の市街地は、この川が形成した扇状地の上にある[2]。市街を貫流する豊平川は、利水と治水の両面で札幌にとって最も重要な川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1084.中山峠 (国道230号)
中山峠(なかやまとうげ)は、北海道札幌市南区と虻田郡喜茂別町の境にある峠。標高は835m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1085.ニセコ町
ニセコ町(ニセコちょう)は、北海道虻田郡にある町。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1086.登別温泉
登別温泉(のぼりべつおんせん、英: Noboribetsu Onsen)は、北海道登別市にある温泉。江戸時代から温泉の存在が知られており、明治時代に温泉宿が設けられてからは保養地・観光地となった。「にっぽんの温泉100選・総合ランキング」では毎年上位にランクインしている日本有数の温泉地となっている[1]。地名の語源はアイヌ語の「ヌプル・ペツ」(水色の濃い川)に由来している[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1087.登別市
登別市(のぼりべつし)は、北海道中南部(道央地方)に位置し、胆振総合振興局に属する市。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1088.蟠渓温泉
蟠渓温泉(ばんけいおんせん)は、北海道有珠郡壮瞥町蟠渓にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1089.風不死岳
風不死岳(ふっぷしだけ)は、北海道千歳市にある火山。標高は1,102.5 mで三等三角点(点名「風不止」)がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1090.フレ岳
フレ岳(フレだけ)は、北海道千歳市に山頂があり支笏湖の西にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1091.豊平峡ダム
豊平峡ダム(ほうへいきょうダム)は、札幌市南区定山渓、一級河川・石狩川水系豊平川の上流部に建設されたダムである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1092.ホロホロ山
ホロホロ山(ホロホロやま)は、北海道伊達市大滝区と白老郡白老町にまたがる標高1,322.4 mの火山である。すぐ隣の徳舜瞥山と双耳峰を成しており、一等三角点(点名「徳心別山[2]」)が若干標高の高いホロホロ山頂側に設置されている。支笏洞爺国立公園内にあるのはホロホロ山のみ[3]で、徳舜瞥山は含まれていない。胆振総合振興局内の最高峰であり、伊達市および白老町、共に各市町内の最高峰でもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1093.真狩村
真狩村(まっかりむら)は、北海道後志総合振興局管内にある村である。虻田郡に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1094.南区 (札幌市)
南区(みなみく)は、札幌市の行政区。札幌市10区の中で最も広い面積を持ち、全市域の約60%を占めている[1]。また、政令指定都市の行政区の中では静岡市葵区、浜松市天竜区に次ぐ3番目の広さを有する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1095.無意根山
無意根山(むいねやま)は北海道札幌市南区定山渓と虻田郡京極町にまたがる山。標高1464メートルで[2]、余市岳に次ぐ札幌市第2の高峰である[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1096.紋別岳 (千歳市)
紋別岳(もんべつだけ)は、北海道石狩振興局千歳市にある標高866 mの山。支笏カルデラの外輪山である。支笏洞爺国立公園[2]内に含まれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1097.羊蹄山
羊蹄山(ようていざん)は、北海道後志地方南部(胆振国北西部)にある、標高1,898mの成層火山である。後方羊蹄山(しりべしやま)として、深田久弥による日本百名山に掲載されている[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1098.四十三山
四十三山(よそみやま)、あるいは明治新山(めいじしんざん)は、日本の北海道有珠郡洞爺湖町と壮瞥町の境界、洞爺湖の南岸に位置する標高252mの火山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1099.来馬岳
来馬岳(らいばだけ)は、北海道登別市にある標高1,040.1mの火山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1100.北海道ガーデン街道
北海道ガーデン街道(ほっかいどうガーデンかいどう)は、北海道旭川市・上川町から十勝地方に至る道路の愛称名。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1101.あさひかわ北彩都ガーデン
あさひかわ北彩都ガーデン(あさひかわきたさいとガーデン)は、北海道旭川市にある観光庭園。通常は「北彩都ガーデン」と呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1102.旭山三浦庭園
旭山三浦庭園(あさひやまみうらていえん)は北海道旭川市東旭川町倉沼にある庭園[1]。スイレンの名所として知られている[1]。旭川市旭山動物園に隣接しており、連絡通路で接続している[1]。面積2.9ha[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1103.いわみざわ公園  ・ 日本北海道岩見沢市志文町
いわみざわ公園(いわみざわこうえん)は、北海道岩見沢市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1104.上野ファーム
上野ファーム(うえのファーム)は、北海道旭川市にある観光庭園。ガーデニングの聖地とされ、日本全国から観光客・愛好家が訪れる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1105.えこりん村
えこりん村(えこりんむら)は、北海道恵庭市にあるテーマパーク。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1106.十勝千年の森
十勝千年の森(とかちせんねんのもり、英: TOKACHI MILLENNIUM FOREST)は、北海道上川郡清水町にある庭園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1107.十勝ヒルズ
十勝ヒルズ(とかちヒルズ、Tokachi Hills)は、北海道中川郡幕別町にある農と食に関するテーマパーク[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1108.花の拠点「はなふる」
花の拠点「はなふる」(はなのきょてん「はなふる」、英: hanafuru)は、北海道恵庭市にある庭園を中心とした観光地。道の駅や農産物直売所、観光案内所や子どものあそび場などがある。2022年に恵庭市で開催予定の全国都市緑化フェア『第39回全国都市緑化北海道フェア』のメイン会場の1つとなることが決まっている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1109.北大遺跡保存庭園
北大遺跡保存庭園(ほくだいいせきほぞんていえん)は、北海道大学札幌キャンパスにある、遺跡を保存している空間のことを指す。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1110.真鍋庭園
真鍋庭園(まなべていえん)は北海道帯広市稲田町にある農園、植物園。国内におけるコニファー希少品種の生産で知られる[1]。総面積は100ヘクタールで日本一の面積[2]。日本初のコニファー庭園とされる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1111.ローズガーデンちっぷべつ
ローズガーデンちっぷべつは、北海道雨竜郡秩父別町にある屋外レクリェーション施設[1][2]。広大な庭園内で一面に咲く、様々な種類のバラの花を楽しめる観光地である。管理・運営は秩父別町役場。「こども冒険の森公園」や、秩父別町観光体験牧場「めぇーめぇーランド」とも隣接している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1112.六花の森
六花の森(ろっかのもり)は、北海道河西郡中札内村にある六花亭による施設(庭園)。敷地内には工場、美術館、ミュージアムショップ・レストランなどがある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1113.風のガーデン
『風のガーデン』(かぜのガーデン)は、2008年10月9日から12月18日まで毎週木曜日22:00 - 22:54に、フジテレビ系の「木曜劇場」枠で放送された日本のテレビドラマ。フジテレビ開局50周年記念ドラマ第1弾。主演は中井貴一。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1114.ニセコ積丹小樽海岸国定公園
ニセコ積丹小樽海岸国定公園(ニセコしゃこたんおたるかいがんこくていこうえん)は、北海道にある国定公園。北海道内唯一となる海域公園に指定されている地区(積丹半島・小樽海岸)がある[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1115.イワオヌプリ
イワオヌプリは、北海道虻田郡倶知安町と磯谷郡蘭越町とにまたがる標高1,116 mの活火山である。ニセコ連峰東山系に位置し、ニセコ積丹小樽海岸国定公園内に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1116.神威岬
神威岬(かむいみさき)は、北海道積丹郡積丹町大字神岬町にある岬。積丹半島北西部から日本海に突き出している。ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1117.島武意海岸
島武意海岸(しまむいかいがん)は、北海道積丹町出岬町にある日本海に面した海岸である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1118.積丹岬
積丹岬(しゃこたんみさき)は、北海道西部、積丹半島の北端にあたる岬。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1119.神仙沼
神仙沼(しんせんぬま)は、北海道後志総合振興局岩内郡共和町にある高層湿原である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1120.チセヌプリ
チセヌプリは、北海道岩内郡共和町と磯谷郡蘭越町とにまたがる標高1,134.2 mの火山である。ニセコ連峰東山系に位置し、ニセコ積丹小樽海岸国定公園内にある。二等三角点(点名「袴腰」)が設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1121.ニセコアンヌプリ
ニセコアンヌプリは、北海道後志総合振興局かつニセコ積丹小樽海岸国定公園内にある標高1,308.2mの火山[1]。ニセコ火山群[2]に属しニセコ連峰の主峰である。世界の4大スキー場の一つに数えられ[疑問点 – ノート][要出典]、西側にはイワオヌプリ、ニトヌプリ、チセヌプリなどの山々、北側にはワイスホルンがある。尻別川を挟んで羊蹄山の向かいにあり、世界的なスキー場のある山としても有名である。日本三百名山である。山頂には一等三角点(点名「似古安岳」)が設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1122.ニセコ連峰
ニセコ連峰(にせこれんぽう)は、北海道の西部にある火山群[1]である。比羅夫から雷電峠までを東西にわたって延びる。長さは東西約25 km、南北 15km。最高峰はニセコアンヌプリで標高1,308.2 m。ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1123.ニトヌプリ
ニトヌプリは、北海道虻田郡倶知安町と磯谷郡蘭越町にまたがる、ニセコ連峰東山系内の標高1,080 mの火山である。ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1124.目国内岳
目国内岳(めくんないだけ)は、ニセコ連峰西山系にある北海道磯谷郡蘭越町と岩内郡岩内町とにまたがる火山。ニセコ積丹小樽海岸国定公園内にある。標高は1,220 mであるが、三等三角点(点名「四国内」)が設置されている場所の標高は1202.3 mである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1125.雷電山 (後志支庁)
雷電山(らいでんやま)は、北海道岩内郡岩内町と磯谷郡蘭越町とにまたがる第四紀の火山である。標高は1,211.3 mで一等三角点(点名「雷電岳」)がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1126.青空公園 (千歳市)  ・ 日本北海道千歳市あずさ・根志越・北信濃
青空公園(あおぞらこうえん)は、北海道千歳市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1127.旭公園 (北見市)  ・ 日本北海道北見市留辺蘂町旭公園
旭公園(あさひこうえん)は[2]、北海道北見市にある公園(運動公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1128.厚別公園  ・ 日本札幌市厚別区上野幌[1]
厚別公園(あつべつこうえん)は、札幌市厚別区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1129.網走運動公園  ・ 日本北海道網走市駒場南
網走運動公園(あばしりうんどうこうえん)は、北海道網走市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1130.入江運動公園  ・ 日本北海道室蘭市茶津町・入江町
入江運動公園(いりえうんどうこうえん)は[1]、北海道室蘭市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1131.帯広の森運動公園  ・ 日本北海道帯広市・河西郡芽室町
帯広の森運動公園(おびひろのもりうんどうこうえん)は、北海道帯広市・河西郡芽室町の帯広の森にある運動施設区。運動公園のようになっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1132.釧路大規模運動公園  ・ 日本北海道釧路市広里[1]
釧路大規模運動公園(くしろだいきぼうんどうこうえん)は、北海道釧路市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1133.千代台公園  ・ 日本北海道函館市千代台町
千代台公園(ちよがだいこうえん)は、北海道函館市にある運動公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1134.手稲稲積公園  ・ 日本札幌市手稲区前田1条[1]
手稲稲積公園(ていねいなづみこうえん)は、北海道札幌市手稲区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1135.東光スポーツ公園  ・ 日本北海道旭川市東光
東光スポーツ公園(とうこうスポーツこうえん)は、北海道旭川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1136.東陵公園  ・ 日本北海道北見市東陵町
東陵公園(とうりょうこうえん)は[3]、北海道北見市東陵町にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1137.苫小牧市緑ヶ丘公園  ・ 日本北海道苫小牧市清水町、字高丘[1]
苫小牧市緑ヶ丘公園(とまこまいしみどりがおかこうえん)は[注 1]、北海道苫小牧市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1138.屯田西公園  ・ 日本札幌市北区屯田4条9・10丁目[1]
屯田西公園(とんでんにしこうえん)は、札幌市北区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1139.農試公園  ・ 日本札幌市西区八軒4条西6丁目、5条西6丁目、西8丁目[1]
農試公園(のうしこうえん)は、札幌市西区にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1140.花咲スポーツ公園  ・ 日本北海道旭川市花咲町
花咲スポーツ公園(はなさきスポーツこうえん)は、北海道旭川市にある公園。公園内に旭川市公園緑地協会事務局がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1141.深川市総合運動公園  ・ 日本北海道深川市
深川市総合運動公園(ふかがわしそうごううんどうこうえん)は、北海道深川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1142.ふるさと公園 (新十津川町)  ・ 日本北海道樺戸郡新十津川町総進
ふるさと公園(ふるさとこうえん)は、北海道樺戸郡新十津川町にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1143.北海道立野幌総合運動公園  ・ 日本北海道江別市西野幌
北海道立野幌総合運動公園(ほっかいどうりつのっぽろそうごううんどうこうえん)は、北海道江別市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1144.青空公園 (千歳市)  ・ 日本北海道千歳市あずさ・根志越・北信濃
青空公園(あおぞらこうえん)は、北海道千歳市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1145.青葉公園 (千歳市)  ・ 日本北海道千歳市真町・泉沢
青葉公園(あおばこうえん)は、北海道千歳市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1146.青葉公園 (石狩市)  ・ 日本北海道石狩市新港南
青葉公園(あおばこうえん)は、北海道石狩市にある公園。石狩湾新港地域にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1147.朝日ケ丘公園 (大空町)  ・ 日本網走郡大空町女満別朝日
朝日ケ丘公園(あさひがおかこうえん)は、北海道網走郡大空町にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1148.朝日ヶ丘総合公園  ・ 日本北海道富良野市北の峰町・字下御料
朝日ヶ丘総合公園(あさひがおかそうごうこうえん)は、北海道富良野市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1149.飛鳥山公園 (江別市)  ・ 日本北海道江別市緑町西2丁目11
飛鳥山公園(あすかやまこうえん)は北海道江別市緑町西2丁目11に所在する公園。飛烏山公園とも表記される。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1150.厚岸霧多布昆布森国定公園  ・ 日本北海道釧路郡釧路町、厚岸郡厚岸町、厚岸郡浜中町、川上郡標茶町
厚岸霧多布昆布森国定公園(あっけしきりたっぷこんぶもりこくていこうえん)は、北海道釧路郡釧路町、厚岸郡厚岸町・浜中町、川上郡標茶町にまたがる国定公園である。元は「厚岸道立自然公園」として1955年(昭和30年)に指定された都道府県立自然公園で、2021年(令和3年)3月30日に国定公園に指定された[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1151.網走スポーツ・トレーニングフィールド  ・ 日本北海道網走市字呼人
網走スポーツ・トレーニングフィールド(あばしりスポーツ・トレーニングフィールド)は、北海道網走市にあるスポーツ施設、公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1152.安平町鹿公園  ・ 日本北海道勇払郡安平町追分白樺2丁目1番地安平町 - 地理院地図安平町鹿公園 - Google マップ
安平町鹿公園(あびらちょうしかこうえん)は、北海道勇払郡安平町に所在する自然公園。所管は、安平町建設課。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1153.アポイ岳ジオパーク  ・北海道様似町、アポイ岳,
アポイ岳ジオパーク(アポイだけジオパーク、英: Mt. Apoi GeoparkもしくはMt.Apoi UNESCO Global Geopark)は、北海道の様似町全域をテリトリーとするジオパークである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1154.あやめ公園 (岩見沢市)  ・ 日本北海道岩見沢市緑が丘3丁目
あやめ公園(あやめこうえん)は北海道岩見沢市にある都市公園(地区公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1155.入江運動公園  ・ 日本北海道室蘭市茶津町・入江町
入江運動公園(いりえうんどうこうえん)は[1]、北海道室蘭市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1156.いわみざわ公園  ・ 日本北海道岩見沢市志文町
いわみざわ公園(いわみざわこうえん)は、北海道岩見沢市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1157.恵山道立自然公園  ・ 日本北海道函館市、亀田郡七飯町、茅部郡鹿部町
恵山道立自然公園(えさんどうりつしぜんこうえん)は、北海道函館市(旧戸井町・恵山町・椴法華村・南茅部町)、亀田郡七飯町、茅部郡鹿部町にある自然公園(都道府県立自然公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1158.恵庭公園  ・ 日本北海道恵庭市駒場町
恵庭公園(えにわこうえん)は、北海道恵庭市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1159.榎本公園  ・ 日本北海道江別市工栄町
榎本公園(えのもとこうえん)は、北海道江別市工栄町にある公園。公園の名称は、かつて榎本武揚が開拓使から払い下げを受けて農場経営を行わせた土地であることに由来する[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1160.大沼国定公園
大沼国定公園(おおぬまこくていこうえん)は、北海道にある国定公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1161.小樽公園  ・ 日本北海道小樽市花園
小樽公園(おたるこうえん)は、北海道小樽市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1162.オニウシ公園  ・ 日本北海道茅部郡森町字上台町
オニウシ公園(オニウシこうえん)は、北海道茅部郡森町にある公園。道の駅YOU・遊・もりに併設している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1163.帯広の森  ・ 日本北海道帯広市・河西郡芽室町
帯広の森(おびひろのもり)は、北海道帯広市・河西郡芽室町にある公園。「生物多様性保全上重要な里地里山」(重要里地里山)[2]、平成5年度「都市景観100選」[3]に選定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1164.帯広の森運動公園  ・ 日本北海道帯広市・河西郡芽室町
帯広の森運動公園(おびひろのもりうんどうこうえん)は、北海道帯広市・河西郡芽室町の帯広の森にある運動施設区。運動公園のようになっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1165.外国樹種見本林
外国樹種見本林(がいこくじゅしゅみほんりん)は、北海道旭川市にある国有林。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1166.桂ヶ岡公園  ・網走市
桂ヶ岡公園(かつらがおかこうえん)は北海道網走市桂町にある都市公園。桂ヶ岡砦跡(チャシ)と桜の名所として知られる。 網走市の景観・緑計画区域「景観・緑重要公共施設」に設定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1167.カナディアンワールド公園  ・ 日本北海道芦別市黄金町731
カナディアンワールド公園(カナディアンワールドこうえん)とは、北海道芦別市にある民営公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1168.かみゆうべつチューリップ公園  ・ 日本北海道紋別郡湧別町上湧別屯田市街地[2]
かみゆうべつチューリップ公園(かみゆうべつチューリップこうえん、英語:Kamiyubetsu Tulip Park)は、北海道紋別郡湧別町にある都市公園である。ガーデンアイランド北海道(GIH)登録ガーデン[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1169.神威岳自然公園  ・ 日本北海道歌志内市歌神104番地
神威岳自然公園(かもいだけしぜんこうえん[1])は、北海道歌志内市の神威岳の山頂から麓にかけて広がる自然公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1170.神恵内2000年の森公園  ・ 日本北海道古宇郡神恵内村大字神恵内村字トーマル
神恵内2000年の森公園(かもえない2000ねんのもりこうえん)は、北海道古宇郡神恵内村当丸(トーマル)にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1171.狩場茂津多道立自然公園  ・ 日本北海道寿都郡寿都町、島牧郡島牧村、久遠郡せたな町
狩場茂津多道立自然公園(かりばもったどうりつしぜんこうえん)は、北海道寿都郡寿都町、島牧郡島牧村、久遠郡せたな町にある自然公園(都道府県立自然公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1172.含翠園  ・ 日本北海道岩内郡岩内町高台
含翠園(がんすいえん)は、北海道岩内郡岩内町高台に所在する公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1173.北オホーツク道立自然公園  ・ 日本北海道宗谷郡猿払村、枝幸郡浜頓別町、枝幸郡枝幸町
北オホーツク道立自然公園(きたオホーツクどうりつしぜんこうえん)は、北海道宗谷郡猿払村、枝幸郡浜頓別町・枝幸町にある自然公園(都道府県立自然公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1174.北広島市開拓記念公園  ・ 日本北海道北広島市中央2丁目5
北広島市開拓記念公園(きたひろしまし かいたくきねんこうえん)は、北海道北広島市にある公園。市役所のほど近くに所在する[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1175.きたひろしま総合運動公園  ・ 日本北海道北広島市Fビレッジ
きたひろしま総合運動公園(英: Kitahiroshima Sport Park)は、北海道北広島市にある運動公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1176.北村中央公園  ・ 日本北海道岩見沢市北村赤川586-5
北村中央公園(きたむらちゅうおうこうえん)は北海道岩見沢市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1177.玉泉館跡地公園  ・ 日本北海道岩見沢市東山3丁目3-1
玉泉館跡地公園(ぎょくせんかんあとちこうえん)は北海道岩見沢市にある日本庭園様式の都市公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1178.釧路湿原国立公園
釧路湿原国立公園(くしろしつげんこくりつこうえん)は、北海道にある国立公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1179.釧路大規模運動公園  ・ 日本北海道釧路市広里[1]
釧路大規模運動公園(くしろだいきぼうんどうこうえん)は、北海道釧路市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1180.栗沢スポーツ公園  ・ 日本北海道岩見沢市栗沢町最上506-1
栗沢スポーツ公園は北海道岩見沢市(旧栗沢町)にある都市公園(総合公園)である。園内には岩見沢市栗沢B&G海洋センターが設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1181.市民の森 (函館市)  ・ 日本北海道函館市上湯川町
市民の森(しみんのもり)は、北海道函館市にある公園。トラピスチヌ修道院の向かいにある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1182.射的山
射的山(しゃてきやま)は、北海道旭川市永山に存在する、標高およそ171mの山である。周辺には庭園で有名な上野ファームが存在する。永山地域唯一の山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1183.斜里岳道立自然公園  ・ 日本北海道斜里郡斜里町、斜里郡清里町、標津郡標津町
斜里岳道立自然公園(しゃりだけどうりつしぜんこうえん)は、北海道斜里郡斜里町・清里町、標津郡標津町にある自然公園(都道府県立自然公園)。道立自然公園の中では最も新しい公園になっている。斜里岳 (1,547 m)は千島火山帯に属し、知床連山と阿寒・摩周火山群を繋ぐ位置にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1184.朱鞠内道立自然公園  ・ 日本北海道雨竜郡幌加内町、士別市、天塩郡遠別町、苫前郡羽幌町
朱鞠内道立自然公園(しゅまりないどうりつしぜんこうえん)は、北海道雨竜郡幌加内町、士別市、天塩郡遠別町、苫前郡羽幌町にある自然公園(都道府県立自然公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1185.暑寒別天売焼尻国定公園
暑寒別天売焼尻国定公園(しょかんべつてうりやぎしりこくていこうえん)は、北海道にある国定公園。1990年(平成2年)8月1日に暑寒別道立自然公園と天売焼尻道立自然公園を統合して日本国内で55番目、北海道内で5番目に指定された国定公園。公園区域は暑寒別山系と雄冬(おふゆ)地区の海岸部、送毛(おくりげ)・濃昼(ごきびる)地区の海岸部、日本海に浮かぶ天売島・焼尻島の3つの地域で構成している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1186.白滝ジオパーク
白滝ジオパーク(しらたきジオパーク)は、北海道紋別郡遠軽町にあるジオパークである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1187.知床国立公園
知床国立公園(しれとここくりつこうえん)は、北海道知床半島にある国立公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1188.嵐山公園 (北海道)  ・ 日本北海道旭川市江丹別町嵐山・上川郡鷹栖町
嵐山公園(あらしやまこうえん)は、北海道旭川市から上川郡鷹栖町にかけてある公園。明治期に開拓使が視察した際に、京都の嵐山に似ていることから名づけたとされている。「嵐山と嵐山からの眺望」は旭川八景に選定。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1189.水明公園  ・ 日本北海道岩見沢市5条東16丁目
水明公園(すいめいこうえん)は北海道岩見沢市にある都市公園。かつてこの場所には大正時代に竣工した浄水場があり、この地域の近代水道の発展を支えていた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1190.神楽岡公園  ・ 日本北海道旭川市神楽岡公園
神楽岡公園(かぐらおかこうえん)は、北海道旭川市にある公園・地名。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1191.静観園
静観園(せいかんえん)は、北海道亀田郡七飯町大川392にある明治日本庭園。前身は江戸時代の入植者が作った七重薬園。北海道固有の薬草が将軍家に献上された。庭園内に金輪王寺がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1192.カムイの杜公園  ・ 日本北海道旭川市神居町富沢・台場
カムイの杜公園(カムイのもりこうえん)は、北海道旭川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1193.総合公園だて歴史の杜  ・ 日本北海道伊達市梅本町・舟岡町・松ヶ枝町[1]
総合公園だて歴史の杜(そうごうこうえんだてれきしのもり)は、北海道伊達市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1194.春光台公園  ・ 日本北海道旭川市字近文
春光台公園(しゅんこうだいこうえん)は、北海道旭川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1195.大雪山国立公園
大雪山国立公園(だいせつざんこくりつこうえん)は、北海道にある国立公園。総面積 (226,764 ha) は日本の国立公園の中で最も広い[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1196.忠和公園  ・ 日本北海道旭川市神居町忠和
忠和公園(ちゅうわこうえん)は、北海道旭川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1197.太陽の丘えんがる公園  ・ 日本紋別郡遠軽町丸大
太陽の丘えんがる公園(たいようのおかえんがるこうえん)は、北海道紋別郡遠軽町にある公園[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1198.東光スポーツ公園  ・ 日本北海道旭川市東光
東光スポーツ公園(とうこうスポーツこうえん)は、北海道旭川市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1199.中央公園 (帯広市)  ・ 日本北海道帯広市
中央公園(ちゅうおうこうえん)は北海道帯広市にある都市公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1200.常磐公園  ・ 日本北海道旭川市常磐公園
常磐公園(ときわこうえん)は、北海道旭川市にある公園・地名。「旭川八景」[5]、「日本の都市公園100選」選定。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1201.つくも水郷公園  ・ 日本北海道士別市九十九町
つくも水郷公園(つくもすいごうこうえん)は、北海道士別市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1202.突哨山
突哨山(とっしょうざん)は、北海道旭川市と上川郡比布町にまたがる山・公園(都市緑地)[2]。日本国内最大級のカタクリ群落がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1203.天塩岳道立自然公園  ・ 日本北海道士別市、上川郡下川町、紋別郡滝上町、紋別郡西興部村
天塩岳道立自然公園(てしおだけどうりつしぜんこうえん)は、北海道士別市(旧朝日町)、上川郡下川町、紋別郡滝上町・西興部村にある自然公園(都道府県立自然公園)。公園地域は北見山地最高峰の天塩岳と渚滑岳周辺の地域、ウエンシリ岳周辺の地域に分けられる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1204.花咲スポーツ公園  ・ 日本北海道旭川市花咲町
花咲スポーツ公園(はなさきスポーツこうえん)は、北海道旭川市にある公園。公園内に旭川市公園緑地協会事務局がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1205.手宮公園  ・ 日本北海道小樽市手宮
手宮公園(てみやこうえん)は、北海道小樽市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1206.阿寒摩周国立公園
阿寒摩周国立公園(あかんましゅうこくりつこうえん、英称:Akan-Mashu National Park [3])は、北海道にある国立公園。2017年の「阿寒国立公園」からの名称変更に伴い、摩周湖・神の子池周辺まで区域が拡がり、1市10町に跨る総面積9万1000ヘクタールとなった[4][※ 1]。国立公園内のほぼ9割以上が未開発地域として手つかずの自然保護地域として保全された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1207.洞爺湖有珠山ジオパーク
洞爺湖有珠山ジオパーク(とうやこうすざんジオパーク、英: Toya Caldera and Usu Volcano Global Geopark)は、北海道にある洞爺湖及び有珠山を中心とし、伊達市、豊浦町、壮瞥町、洞爺湖町にひろがるジオパークである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1208.阿寒川
阿寒川(あかんがわ)は、北海道釧路市を流れ太平洋に注ぐ二級河川。阿寒川水系の本流である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1209.道立自然公園野幌森林公園  ・ 日本札幌市厚別区・江別市・北広島市
道立自然公園野幌森林公園(どうりつしぜんこうえんのっぽろしんりんこうえん)は、北海道札幌市・江別市・北広島市にある公園(都道府県立自然公園)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1210.阿寒湖
阿寒湖(あかんこ)は、北海道東部、釧路市北部に位置する湖。全域が阿寒摩周国立公園に含まれ、道東を代表する観光地となっている。淡水湖として北海道で5番目に大きい。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1211.十勝エコロジーパーク  ・ 日本北海道河東郡音更町・中川郡幕別町・中川郡池田町
十勝エコロジーパーク(とかちエコロジーパーク、英語: Tokachi Ecology Park)は、河東郡音更町・中川郡幕別町・中川郡池田町にかけてある公園。一部区域は道立公園(北海道立十勝エコロジーパーク)になっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1212.阿寒湖温泉
阿寒湖温泉(あかんこおんせん)は、北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉の、阿寒湖畔にある温泉である。温泉街が形成されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1213.十勝が丘公園  ・ 日本北海道河東郡音更町十勝川温泉
十勝が丘公園(とかちがおかこうえん)は、北海道河東郡音更町にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1214.阿寒富士
阿寒富士(あかんふじ)は、美しい円錐状の山容を持つ北海道東部に位置する活火山。標高1,476m。雌阿寒岳(8つの小さな火山から構成される成層火山群)を構成する一火山である[1]。北海道釧路総合振興局白糠郡白糠町と十勝総合振興局足寄郡足寄町の境界に位置し、山腹の北東部が釧路市(旧阿寒町)に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1215.とかち鹿追ジオパーク
とかち鹿追ジオパーク(とかちしかおいジオパーク、英: Tokachi Shikaoi Geopark)は、北海道十勝総合振興局管内の鹿追町全域をテリトリーとする日本ジオパークである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

北海道の温泉

1216.十勝川温泉  ・北海道河東郡音更町
十勝川温泉(とかちがわおんせん)は、北海道河東郡音更町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1217.十勝岳温泉  ・北海道空知郡上富良野町十勝岳温泉
十勝岳温泉(とかちだけおんせん)は、北海道空知郡上富良野町十勝岳温泉にある温泉。 大雪山系十勝岳山腹の標高1,280mにある凌雲閣は、北海道で最も高所にある温泉である[1]
Wikipedia    内容詳細  
1218.トムラウシ温泉  ・北海道上川郡新得町屈足
トムラウシ温泉は、北海道上川郡新得町屈足にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
1219.豊浦温泉  ・北海道虻田郡豊浦町
豊浦温泉(とようらおんせん)は、北海道虻田郡豊浦町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1220.豊富温泉  ・北海道天塩郡豊富町字温泉豊富温泉 (北海道)
豊富温泉(とよとみおんせん)は、北海道天塩郡豊富町にある温泉。日本の温泉郷としては最北に位置する[1]。 1926年(大正15年)、石油試掘中に天然ガスとともに湧出した化石海水によるモール泉である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
1221.ナウマン温泉  ・北海道中川郡幕別町元忠類111-2[1]
ナウマン温泉(ナウマンおんせん)は、北海道中川郡幕別町元忠類111-2を源泉とするアルカリ性単純温泉[1]。 この源泉をひく入浴施設として幕別町が町民のふれあい・健康保持増進・宿泊研修・観光振興のため幕別町忠類白銀町384-1に設置したアルコ236がある[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1222.中岳温泉  ・北海道上川郡東川町
中岳温泉(なかだけおんせん)は、北海道上川郡東川町にある、大雪山旭岳山系、中岳の中腹に湧く野湯。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1223.仲洞爺温泉  ・北海道有珠郡壮瞥町字仲洞爺30-11仲洞爺温泉北海道の地図を表示北海道南部の地図を表示北海道地図
仲洞爺温泉(なかとうやおんせん)は、北海道有珠郡壮瞥町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1224.ながぬま温泉  ・北海道夕張郡長沼町
ながぬま温泉(ながぬまおんせん)は、北海道夕張郡長沼町にある温泉。 平仮名表記を用いることが多いが長沼温泉と漢字表記されることもある。
Wikipedia    内容詳細  
1225.流山温泉  ・北海道亀田郡七飯町字東大沼294番1[報道 1]流山温泉北海道南部の地図を表示北海道の地図を表示北海道地図
流山温泉(ながれやまおんせん)は、かつて北海道亀田郡七飯町にあった日帰り温泉施設である。『NPO法人大沼・駒ヶ岳ふるさとづくりセンター』が運営していた。当初は北海道企画開発、そして北海道旅客鉄道(JR北海道)グループのジェイ・アールはこだて開発により運営されていた。 温泉名は火山によってもたらされた流れ山地形に由来するもので[1]、火山である駒ヶ岳の麓にあることから命名された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1226.南幌温泉  ・北海道空知郡南幌町
南幌温泉(なんぽろおんせん)は、北海道空知郡南幌町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1227.新冠温泉  ・北海道新冠郡新冠町
新冠温泉(にいかっぷおんせん)は、北海道新冠郡新冠町字西泊津にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1228.濁川温泉  ・北海道茅部郡森町濁川濁川温泉北海道南部の地図を表示北海道の地図を表示北海道地図
濁川温泉(にごりかわおんせん)は、北海道茅部郡森町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1229.ぬかびら温泉  ・北海道河東郡上士幌町
ぬかびら温泉( - おんせん)は、北海道河東郡上士幌町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1230.ヌプントムラウシ温泉  ・北海道新得町
ヌプントムラウシ温泉は、北海道上川郡新得町にある温泉。沼ノ原温泉(ぬまのはらおんせん)ともいう。北海道にある野湯の一つ。地名語源は、アイヌ語で「山の方にあるトムラウシ」の意。トムラウシの語源は、アイヌ語の「トㇺラ・ウㇱ・イ」(緑色の藻の一種が群生するところ)、あるいは「水垢のあるところ」に由来するとされる。 2017年現在は林道の中間地点が完全崩落、崩落手前に倒木もあり徒歩でしか行く事はできない。水温調整の水バルブが壊れて水温は高めであるが2016年度の台風の影響で湯船が埋まっている可能性有り。また、アクセスする林道も途中にヒグマの糞があったりとヒグマの生息圏内であることから徒歩でのアクセスも十分な注意が必要である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1231.根崎温泉
根崎温泉(ねさきおんせん)とは、北海道函館市根崎町(旧銭亀沢村)の温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1232.登別温泉  ・北海道登別市
登別温泉(のぼりべつおんせん、英: Noboribetsu Onsen)は、北海道登別市にある温泉。江戸時代から温泉の存在が知られており、明治時代に温泉宿が設けられてからは保養地・観光地となった。「にっぽんの温泉100選・総合ランキング」では毎年上位にランクインしている日本有数の温泉地となっている[1]。地名の語源はアイヌ語の「ヌプル・ペツ」(水色の濃い川)に由来している[2]。
Wikipedia    内容詳細  
1233.浜頓別温泉  ・北海道枝幸郡浜頓別町クッチャロ湖畔浜頓別温泉北海道地図
浜頓別温泉(はまとんべつおんせん)は、北海道枝幸郡浜頓別町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1234.浜益温泉  ・北海道石狩市浜益区実田
浜益温泉(はまますおんせん)は、北海道石狩市浜益区実田にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1235.蟠渓温泉  ・北海道有珠郡壮瞥町蟠渓
蟠渓温泉(ばんけいおんせん)は、北海道有珠郡壮瞥町蟠渓にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1236.晩成温泉  ・北海道広尾郡大樹町晩成
晩成温泉(ばんせいおんせん)は、北海道東部の太平洋岸の晩成海岸付近に作られた温泉施設である。温泉成分中にヨウ素が高濃度に含有されている事で知られる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1237.びふか温泉  ・北海道中川郡美深町字紋穂内びふか温泉北海道地図
びふか温泉(びふかおんせん)は、北海道中川郡美深町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1238.平田内温泉  ・北海道二海郡八雲町熊石平町平田内温泉北海道の地図を表示北海道南部の地図を表示北海道地図
平田内温泉(ひらたないおんせん)は、北海道二海郡八雲町熊石平町にある温泉。合併前は熊石町にあり、熊石温泉とも呼ばれた。
Wikipedia    内容詳細  
1239.平取温泉  ・北海道沙流郡平取町二風谷
平取温泉(びらとりおんせん)は、北海道沙流郡平取町二風谷にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1240.美利河温泉  ・北海道瀬棚郡今金町字美利河205-1美利河温泉北海道の地図を表示北海道南部の地図を表示北海道地図
美利河温泉(ぴりか おんせん)は、北海道瀬棚郡今金町字美利河にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
1241.ピンネシリ温泉  ・北海道枝幸郡中頓別町敏音知148ピンネシリ温泉北海道地図
ピンネシリ温泉(ピンネシリおんせん)は、北海道枝幸郡中頓別町敏音知(ぴんねしり)に作られた温泉施設である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1242.吹上温泉 (北海道)  ・北海道空知郡上富良野町吹上温泉
吹上温泉(ふきあげおんせん)は、北海道空知郡上富良野町吹上温泉にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
1243.二股ラヂウム温泉  ・北海道山越郡長万部町字大峯32
二股ラヂウム温泉(ふたまたらぢうむおんせん)は、北海道山越郡長万部町字大峯にある温泉。 二股温泉、二股ラジウム温泉、二股らぢうむ温泉など、複数の名称で呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
1244.フラヌイ温泉  ・北海道空知郡上富良野町新町
フラヌイ温泉(フラヌイおんせん)は、北海道空知郡上富良野町にある温泉である。"フラヌイ"は富良野のアイヌ語による古地名。
Wikipedia    内容詳細  
1245.弁景温泉  ・北海道有珠郡壮瞥町弁景
弁景温泉(べんけいおんせん)は、北海道有珠郡壮瞥町弁景にある温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1246.豊平峡温泉  ・北海道札幌市南区定山渓
豊平峡温泉(ほうへいきょうおんせん)とは、北海道札幌市南区定山渓にある温泉。豊平川(とよひらがわ)の上流にある。近くに豊平峡ダム(ほうへいきょうダム)がある。 「豊平」は、豊平区、豊平川などその多くが「とよひら」と読むが、豊平峡の場合は豊平館(ほうへいかん)と同じく「ほうへい」と読む。
Wikipedia    内容詳細  
1247.幌加温泉  ・北海道河東郡上士幌町幌加
幌加温泉(ほろかおんせん)は、北海道河東郡上士幌町幌加にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1248.ほろしん温泉  ・北海道雨竜郡沼田町幌新
ほろしん温泉(ほろしんおんせん)は、北海道雨竜郡沼田町幌新にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1249.ぽんぴら温泉  ・北海道中川郡中川町字中川ぽんぴら温泉北海道地図
ぽんぴら温泉(ぽんぴらおんせん)は、北海道中川郡中川町にある温泉。名称の「ぽんぴら(誉平)」は、アイヌ語で小さな崖を意味する「ポン・ピラ」に由来する。
Wikipedia    内容詳細  
1250.幕別温泉  ・北海道中川郡幕別町依田
幕別温泉(まくべつおんせん)は、北海道中川郡幕別町依田にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1251.摩周温泉  ・北海道川上郡弟子屈町
摩周温泉(ましゅうおんせん)は、北海道川上郡弟子屈町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1252.真狩温泉  ・北海道虻田郡真狩村字緑岡
真狩温泉(まっかりおんせん)は、北海道虻田郡真狩村字緑岡にある温泉。 
Wikipedia    内容詳細  
1253.丸駒温泉  ・北海道千歳市幌美内
丸駒温泉(まるこまおんせん)は、北海道千歳市幌美内にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1254.丸瀬布温泉  ・北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利
丸瀬布温泉(まるせっぷおんせん)は、北海道紋別郡遠軽町丸瀬布上武利にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1255.水無海浜温泉  ・北海道函館市恵山岬町水無海浜温泉北海道南部の地図を表示北海道の地図を表示北海道地図
水無海浜温泉(みずなしかいひんおんせん)は、北海道函館市椴法華地区にある温泉である。活火山である恵山東斜面裾野の海岸線に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
1256.三石温泉  ・北海道日高郡新ひだか町
三石温泉(みついしおんせん)は、北海道三石郡三石町(現、日高郡新ひだか町三石地区 )にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1257.雌阿寒温泉  ・北海道足寄郡足寄町
雌阿寒温泉(めあかんおんせん)は、北海道足寄郡足寄町にある温泉である。オンネトー温泉ともいう。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1258.芽登温泉  ・北海道足寄郡足寄町芽登
芽登温泉(めとうおんせん)は、北海道足寄郡足寄町芽登にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
1259.妹背牛温泉  ・北海道雨竜郡妹背牛町
妹背牛温泉(もせうしおんせん)は、北海道雨竜郡妹背牛町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1260.モッタ海岸温泉  ・北海道島牧郡島牧村栄浜
モッタ海岸温泉(もったかいがんおんせん)は、北海道島牧郡島牧村にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1261.門別温泉  ・北海道沙流郡日高町字富浜223-140
門別温泉(もんべつおんせん)は、北海道沙流郡日高町字富浜にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1262.八雲温泉 (北海道)  ・北海道二海郡八雲町鉛川八雲温泉北海道の地図を表示北海道南部の地図を表示北海道地図
八雲温泉(やくもおんせん)は、北海道二海郡八雲町鉛川にある温泉である。鉛川温泉とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
1263.谷地頭温泉  ・北海道函館市谷地頭町谷地頭温泉北海道南部の地図を表示北海道の地図を表示北海道地図
谷地頭温泉(やちがしらおんせん)は、北海道函館市谷地頭町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1264.山田温泉 (北海道)  ・北海道河東郡鹿追町北瓜幕無番地[1]
山田温泉(やまだおんせん)は、北海道河東郡鹿追町北瓜幕にある温泉である。然別湖から北へ約2km進んだ原生林の中に立地する。
Wikipedia    内容詳細  
1265.山花温泉  ・北海道釧路市山花14線131番[1]
山花温泉(やまはなおんせん)は、北海道釧路市が農村と都市の交流により農業及び農村の振興をするため1996年に[3]設置した施設[1]。正式名称は釧路市農村都市交流センター[1]、通称は山花温泉リフレ[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1266.有毒温泉  ・北海道上川郡上川町
有毒温泉(ゆうどくおんせん)は、北海道上川郡上川町にある温泉。 大雪山国立公園の御鉢平カルデラの底部に位置する。「有毒温泉」の名前は、温泉とともに、強力な毒性を持つ硫化水素の火山ガスが噴出していることによるもの。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1267.由仁温泉  ・北海道夕張郡由仁町
由仁温泉(ゆにおんせん)は、北海道夕張郡由仁町にある温泉。ユンニの湯、伏見温泉とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
1268.湯の川温泉 (北海道)  ・北海道函館市湯の川温泉北海道南部の地図を表示北海道の地図を表示北海道地図
湯の川温泉(ゆのかわおんせん)は、北海道函館市にある温泉。「名湯百選」選定[2]。
Wikipedia    内容詳細  
1269.湯ノ岱温泉 (北海道)  ・北海道檜山郡上ノ国町湯ノ岱
湯ノ岱温泉(ゆのたいおんせん)は、北海道檜山郡上ノ国町湯ノ岱にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1270.湯元 花の湯  ・北海道函館市桔梗町418番414号
湯元 花の湯(ゆもと はなのゆ)は、北海道函館市にある日帰り温泉施設である。
Wikipedia    内容詳細  
1271.養老牛温泉  ・北海道標津郡中標津町養老牛
養老牛温泉(ようろううしおんせん)は、北海道標津郡中標津町にある温泉。渓流沿いに立地しており、川の流れを聞きながら入る露天風呂を設けている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1272.羅臼温泉  ・北海道目梨郡羅臼町
羅臼温泉(らうすおんせん)は、北海道目梨郡羅臼町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1273.利尻富士温泉  ・北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字栄町利尻富士温泉北海道地図
利尻富士温泉(りしりふじおんせん)は、北海道利尻郡利尻富士町鴛泊にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1274.利尻ふれあい温泉  ・北海道利尻郡利尻町沓形字富士見町利尻ふれあい温泉北海道地図
利尻ふれあい温泉(りしりふれあいおんせん)は北海道利尻郡利尻町沓形にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1275.留真温泉  ・北海道十勝郡浦幌町留真
留真温泉(るしんおんせん)は、北海道十勝郡浦幌町留真にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1276.留寿都温泉  ・北海道虻田郡留寿都村
留寿都温泉(るすつおんせん)は、北海道虻田郡留寿都村にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1277.礼文島温泉  ・北海道礼文郡礼文町大字香深村礼文島温泉北海道地図
礼文島温泉(れぶんとうおんせん)は、北海道礼文郡礼文町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1278.和琴温泉  ・北海道川上郡弟子屈町
和琴温泉(わことおんせん)は、北海道川上郡弟子屈町にある温泉。屈斜路湖南側の和琴半島に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1279.稚内温泉  ・北海道稚内市富士見4丁目1487稚内温泉北海道の地図を表示日本の地図を表示北海道地図
稚内温泉(わっかないおんせん)は、北海道稚内市富士見地区にある日本最北端の温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1280.札幌温泉
札幌温泉(さっぽろおんせん)は、かつて北海道札幌市に存在した温泉保養施設。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1281.さるふつ温泉  ・北海道宗谷郡猿払村浜鬼志別214さるふつ温泉北海道地図
さるふつ温泉(さるふつおんせん)は、北海道宗谷郡猿払村にあった温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1282.ジョイランド樽前
座標: 北緯42度37分16秒 東経141度28分12秒 / 北緯42.621014度 東経141.469997度 / 42.621014; 141.469997 (ジョイランド樽前(北海道野生動物公園)が所在した大体の位置)ジョイランド樽前(ジョイランドたるまえ)は、かつて北海道苫小牧市に存在したレジャー施設。正式には「北海道野生動物公園」[1][2]と呼ばれる。新聞広告では「北海道野生動物公園」の文字の下に「ジョイランド樽前」と併記されていた[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1283.ふるっぷ温泉  ・北海道虻田郡喜茂別町相川89-1
ふるっぷ温泉(ふるっぷおんせん)は、北海道虻田郡喜茂別町にかつてあった温泉。名称は相川の語源であるアイヌ語の「フルボッケ」と湯船のイメージから名付けられた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1284.雷電温泉  ・北海道岩内郡岩内町
雷電温泉(らいでんおんせん)は、北海道岩内郡岩内町にある温泉。雷電温泉郷とも呼ばれる。2019年までに全ての温泉施設が閉館した。 地名の「雷電」の由来は、アイヌ語の「ライニ(枯れ木)」や「ラエンルム(低い出崎)」が語源になったという説や、奥州平泉を脱したとされる源義経や武蔵坊弁慶にまつわる伝説において、義経がアイヌの酋長チパの娘メヌカと別れる際に「来年戻る」と言い、この「来年」が訛って「雷電」となったという説がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1285.北見温泉  ・北海道北見市留辺蘂町泉
北見温泉(きたみおんせん)は、北海道北見市留辺蘂町泉にある温泉。「北見ポン湯温泉」とも。同じ市内の温根湯温泉よりも東側に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
1286.北湯沢温泉  ・北海道伊達市
北湯沢温泉(きたゆざわおんせん)は、北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町にある温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1287.京極温泉  ・北海道虻田郡京極町川西
京極温泉(きょうごくおんせん)は、北海道虻田郡京極町川西にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1288.協和温泉  ・北海道上川郡愛別町協和
協和温泉(きょうわおんせん)は、北海道上川郡愛別町協和にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
1289.清里温泉  ・北海道斜里郡清里町
清里温泉(きよさとおんせん)は、北海道斜里郡清里町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1290.霧多布温泉  ・北海道厚岸郡浜中町湯沸432番地[1]
霧多布温泉(きりたっぷおんせん)は、北海道厚岸郡浜中町が町民の保養・健康づくり・研修・交流、及び災害避難のため運営する施設[1]。正式名称は浜中町ふれあい交流・保養センター[1]、通称は霧多布温泉ゆうゆ[3]。1999年(平成11年)に完成し[3]、温泉の泉質はナトリウム-塩化物泉(アルカリ性低張性温泉)[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1291.金花湯  ・北海道島牧村
金華湯(きんかとう)は北海道島牧郡島牧村、泊川支流小金井沢川沿いにある温泉、野湯である。正式な名称は決まっていない。文献やサイトによっては、「金花湯」「小金井沢温泉」「小金の湯」「黄金湯」「黄金温泉」などと表現される事もある。ここでは、現在設置されている看板の表記に基づき「金華湯」の表現を用いる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1292.銀鱗荘  ・〒047-0156北海道小樽市桜1丁目1番地
銀鱗荘(ぎんりんそう)は、北海道小樽市桜にある料亭、温泉旅館。日本唯一の宿泊可能な鰊御殿である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1293.宮内温泉  ・北海道島牧郡島牧村
宮内温泉(ぐうないおんせん)は、北海道島牧郡島牧村にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1294.屈斜路湖畔温泉郷  ・北海道川上郡弟子屈町屈斜路湖畔
屈斜路湖畔温泉郷(くっしゃろこはんおんせんごう)は、北海道川上郡弟子屈町屈斜路湖畔にある温泉地の総称(温泉郷)。冬季において、砂湯・コタン温泉・池の湯などは廃湯によって湖面が氷結しないため、白鳥が集まってくる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1295.黒松内温泉  ・北海道寿都郡黒松内町
黒松内温泉(くろまつないおんせん)は、北海道寿都郡黒松内町にある温泉。 株式会社ブナの里振興公社が運営している日帰り入浴施設。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1296.見市温泉  ・北海道二海郡八雲町熊石大谷町見市温泉北海道の地図を表示北海道南部の地図を表示北海道地図
見市温泉(けんいちおんせん)は、北海道二海郡八雲町熊石大谷町にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
1297.小金湯温泉  ・北海道札幌市南区小金湯
小金湯温泉(こがねゆおんせん)は、北海道札幌市南区にある温泉である。郊外農村の中にある小さな温泉地で、札幌市街からは、定山渓温泉の手前に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1298.虎杖浜温泉  ・北海道白老郡白老町
虎杖浜温泉(こじょうはまおんせん)は、北海道白老郡白老町竹浦から虎杖浜にかけて存在する温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1299.コタン温泉  ・北海道川上郡弟子屈町屈斜路
コタン温泉(コタンおんせん)は、北海道川上郡弟子屈町字屈斜路にある温泉である。屈斜路湖の南東の湖畔に位置し、「コタンの湯」では24時間無料での入浴が可能。温泉の名称は地名の古丹(コタン。アイヌ語で「村」の意)に由来する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1300.五味温泉  ・北海道上川郡下川町班渓
五味温泉(ごみおんせん)は北海道上川郡下川町班渓にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
1301.盃温泉  ・北海道古宇郡泊村
盃温泉(さかずきおんせん)は、北海道古宇郡泊村にある温泉。盃温泉郷と呼ばれることもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1302.桜野温泉  ・北海道二海郡八雲町桜野桜野温泉北海道の地図を表示北海道南部の地図を表示北海道地図
桜野温泉(さくらのおんせん)は、かつて北海道二海郡八雲町桜野にあった温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1303.沙流川温泉  ・北海道沙流郡日高町字富岡
沙流川温泉(さるかわおんせん)は、北海道沙流郡日高町字富岡にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1304.三香温泉  ・北海道川上郡弟子屈町字屈斜路
三香温泉(さんこうおんせん)は、北海道川上郡弟子屈町字屈斜路にある温泉。 屈斜路湖畔温泉郷の一つとして数えられるほか、文献によっては和琴温泉の一部とされる事もある。
Wikipedia    内容詳細  
1305.塩別温泉  ・北海道北見市留辺蘂町滝の湯
塩別温泉(しおべつおんせん)は、 北海道北見市留辺蘂町滝の湯にある温泉。ガイド本によっては[1]滝の湯温泉の一部とすることもある。
Wikipedia    内容詳細  
1306.鹿の湯  ・北海道河東郡鹿追町
鹿の湯(しかのゆ)は北海道河東郡鹿追町北瓜幕のユーヤンベツ川河畔に湧く温泉(野湯)。菅野温泉および周辺に点在する野湯とともに然別峡温泉の名称で国民保養温泉地に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1307.鹿部温泉  ・北海道茅部郡鹿部町鹿部温泉北海道の地図を表示北海道南部の地図を表示 北海道地図
鹿部温泉(しかべおんせん)は北海道茅部郡鹿部町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1308.然別湖畔温泉  ・北海道河東郡鹿追町
然別湖畔温泉(しかりべつこはんおんせん)は、北海道河東郡鹿追町にある温泉。然別湖の西岸にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1309.支笏湖いとう温泉  ・北海道千歳市ポロピナイ番外地
支笏湖いとう温泉(しこつこいとうおんせん)は、北海道千歳市の支笏湖北岸にあった温泉。 2013年以降、施設は閉鎖、解体されている。本項で記載のデータ等は旧施設のものである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1310.支笏湖温泉  ・北海道千歳市支笏湖温泉
支笏湖温泉(しこつこおんせん)は、北海道千歳市にある温泉、および支笏湖東岸部の地名である。
Wikipedia    内容詳細  
1311.静内温泉  ・北海道日高郡新ひだか町静内浦和
静内温泉(しずないおんせん)は、北海道日高郡新ひだか町静内浦和にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1312.積丹温泉  ・北海道積丹郡積丹町大字野塚町
積丹温泉(しゃこたんおんせん)は、北海道積丹郡積丹町大字野塚町と大字西河町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1313.樹海温泉  ・北海道勇払郡むかわ町
樹海温泉(じゅかいおんせん)は、北海道勇払郡むかわ町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1314.定山渓温泉  ・北海道札幌市南区
定山渓温泉(じょうざんけい おんせん)は、北海道札幌市南区にある温泉地。
Wikipedia    内容詳細  
1315.初山別温泉  ・北海道苫前町初山別村豊岬初山別温泉北海道地図
初山別温泉(しょさんべつおんせん)は、北海道苫前郡初山別村豊岬にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1316.白老温泉  ・北海道白老郡白老町白老温泉北海道南部の地図を表示北海道の地図を表示北海道地図
白老温泉(しらおいおんせん)は、北海道白老郡白老町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1317.知内温泉  ・北海道上磯郡知内町字湯ノ里知内温泉北海道南部の地図を表示北海道の地図を表示北海道地図
知内温泉(しりうちおんせん)は、北海道上磯郡知内町字湯ノ里にある温泉。北海道最古の歴史を持つ温泉地である。
Wikipedia    内容詳細  
1318.白金温泉  ・北海道上川郡美瑛町白金温泉
白金温泉(しろがねおんせん)は、北海道上川郡美瑛町にある温泉。付近は白樺林の美しい光景が広がる。
Wikipedia    内容詳細  
1319.寿都温泉  ・北海道寿都郡寿都町
寿都温泉(すっつおんせん)は、北海道寿都郡寿都町にある温泉。湯別温泉とも称する[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
1320.政和温泉  ・北海道雨竜郡幌加内町字政和第一
政和温泉(せいわおんせん)は、北海道雨竜郡幌加内町政和第一にある温泉。 現在は、道の駅森と湖の里ほろかない内の主要施設「幌加内せいわ温泉ルオント」が1軒のみ営業している。
Wikipedia    内容詳細  
1321.瀬石温泉  ・北海道目梨郡羅臼町瀬石瀬石温泉北海道の地図を表示北海道広域の地図を表示北海道地図
瀬石温泉(せせきおんせん)とは、北海道目梨郡羅臼町瀬石にある温泉(野湯)。カタカナでセセキ温泉と表記する場合もある[2]。海岸線の際にあり満潮時には海没することから、旅行者向けガイドブックやテレビ番組でしばしば取り上げられる。
Wikipedia    内容詳細  
1322.瀬戸瀬温泉  ・北海道紋別郡遠軽町字湯の里
瀬戸瀬温泉(せとせおんせん)は、北海道紋別郡遠軽町字湯の里にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1323.層雲峡温泉  ・北海道上川郡上川町層雲峡
層雲峡温泉(そううんきょうおんせん)は、北海道上川郡上川町の層雲峡地区にある温泉で、北海道有数の規模を誇る温泉街を形成している。
Wikipedia    内容詳細  
1324.壮瞥温泉  ・北海道有珠郡壮瞥町壮瞥温泉
壮瞥温泉(そうべつおんせん)は、北海道有珠郡壮瞥町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1325.大雪高原温泉  ・北海道上川郡上川町
大雪高原温泉(たいせつこうげんおんせん)は、北海道上川郡上川町にある温泉。標高1260メートルの山中に位置。
Wikipedia    内容詳細  
1326.財田温泉  ・北海道虻田郡洞爺湖町
財田温泉(たからだおんせん)は、北海道虻田郡洞爺湖町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1327.滝の湯温泉  ・北海道北見市留辺蘂町滝の湯
滝の湯温泉(たきのゆおんせん)は、北海道北見市留辺蘂町滝の湯にある温泉。 同じ旧・留辺蘂町内の温根湯温泉よりも石北峠側、塩別温泉よりも国道39号側に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
1328.竹山高原温泉  ・北海道北広島市富ヶ岡896-5
竹山高原温泉(たけやまこうげんおんせん)は、北海道北広島市にある温泉又は入浴施設の名。
Wikipedia    内容詳細  
1329.伊達温泉  ・北海道伊達市伊達温泉北海道の地図を表示北海道南部の地図を表示北海道地図
伊達温泉(だておんせん)は、北海道伊達市にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1330.秩父別温泉  ・北海道雨竜郡秩父別町秩父別温泉北海道地図
秩父別温泉(ちっぷべつおんせん)は、北海道雨竜郡秩父別町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1331.千走川温泉  ・北海道島牧郡島牧村字江ノ島千走川温泉北海道の地図を表示北海道南部の地図を表示北海道地図
千走川温泉(ちはせがわおんせん)は、北海道島牧郡島牧村字江の島にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1332.鶴の湯温泉 (北海道)  ・北海道勇払郡安平町早来北町5番地鶴の湯温泉北海道南部の地図を表示北海道の地図を表示北海道地図
鶴の湯温泉(つるのゆおんせん)は、北海道勇払郡安平町早来北町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1333.天塩温泉  ・北海道天塩郡天塩町字サラキシ5807天塩温泉北海道地図
天塩温泉(てしおおんせん)は、北海道天塩郡天塩町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1334.天塩川温泉  ・北海道中川郡音威子府村咲来天塩川温泉北海道地図
天塩川温泉(てしおがわおんせん)は、北海道中川郡音威子府村咲来にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
1335.天人峡温泉  ・北海道上川郡東川町天人峡温泉
天人峡温泉(てんにんきょうおんせん)は、北海道上川郡東川町の忠別川沿いにある温泉。大雪山国立公園内にあり柱状節理の深い渓谷の底に位置する。旭川市の奥座敷で、大雪山の登山拠点のひとつにもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
1336.洞爺温泉  ・北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町
洞爺温泉(とうやおんせん)は、北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1337.洞爺湖温泉  ・虻田郡洞爺湖町
洞爺湖温泉(とうやこおんせん、英: Lake Toya Onsen)は、北海道虻田郡洞爺湖町にある温泉、または洞爺湖町と有珠郡壮瞥町の地名。
Wikipedia    内容詳細  
1338.洞爺月浦温泉  ・虻田郡洞爺湖町月浦
洞爺月浦温泉(とうやつきうらおんせん)は、北海道虻田郡洞爺湖町月浦、洞爺湖西側湖畔にある温泉。温泉施設は2011年(平成23年)11月10日から営業休止中。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

北海道の

1339.オコツナイ岳  ・ 日本北海道後志総合振興局島牧村
オコツナイ岳(オコツナイだけ)は、北海道島牧村にある狩場山地の標高1,170.4 mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1340.音威富士  ・ 日本北海道中川郡音威子府村
音威富士(おといふじ)は、北海道中川郡音威子府村にある山である。標高489m。 北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線音威子府駅の東3㎞に位置しており[1]、南西の山麓には1970年代に音威富士スキー場が整備されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1341.音更山  ・ 日本北海道上川郡上川町河東郡上士幌町
音更山(おとふけやま)は、北海道中央部の石狩山地にある北海道上川総合振興局管内の上川郡上川町と十勝総合振興局管内の河東郡上士幌町にまたがる標高1,932mの山。石英閃緑岩からなる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1342.温泉富士  ・ 日本北海道標津郡中標津町
温泉富士(おんせんふじ)は、北海道標津郡中標津町にある山である。標高660.18m。二等三角点設置。三角点名は観示守山(カンシシュ山)で標高659.85m[1]。東側の養老牛温泉付近や北西の清里峠から見ると端正な富士山型の山容を見せる[2]。登山道はない。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1343.硬石山  ・ 日本北海道札幌市南区
硬石山(かたいしやま、こうせきやま)は、北海道札幌市南区にある山である。 札幌の南郊外にあって、明治時代から札幌硬石という石材を産出した。現在は切込砕石(道路路盤用やコンクリートに混ぜて骨材にするためのもの)が主として生産され、石垣や護岸に用いられる自然石も生産されている。 標高371.0メートルとされるが、これは三角点のある東峰の高さである。中央峰はより高く397メートル、西峰は353メートルである[1]。 「かたいしやま」の名称は周辺一帯の住所としても用いられている[2]。一方、じょうてつバスの停留所名は「こうせきやま」である[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1344.カムイエクウチカウシ山  ・北海道日高郡新ひだか町・河西郡中札内村
カムイエクウチカウシ山(カムイエクウチカウシやま)は、北海道日高山脈に属する山である。日本二百名山の一つに数えられる。名称はアイヌ語の「熊(神)の転げ落ちる山」に由来する。登山家の間ではしばしばカムエクと略して呼ばれる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1345.神居尻山  ・ 日本北海道石狩郡当別町
神居尻山(かむいしりやま)とは、北海道石狩郡当別町にある標高946.7mの山である。山名はアイヌ語のカムイ・シリに由来しており、月形北部の樺戸山地に位置する。山頂からは暑寒別岳をはじめとした増毛山地などを望むことができる。 道民の森神居尻地区として整備されており、登山道は次の3つのコースがある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1346.神威岳 (大樹町・浦河町)  ・ 日本北海道広尾郡大樹町・浦河郡浦河町
神威岳(かむいだけ)は、北海道広尾郡大樹町と浦河郡浦河町とにまたがる標高1,600 mの山。日高山脈南部にあり、日高山脈襟裳国定公園に属する。威風堂々とした山容で[1]、日本三百名山に選定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1347.神威岳 (札幌市)  ・ 日本北海道札幌市南区
神威岳(かむいだけ)は北海道札幌市南区にある山。標高983メートル[1][2]。北海道百名山に選定されている。 山名の由来については諸説ある。 山体は岩がむき出しになった頂が凸字型にそびえる異様な姿をしている[3][1]。烏帽子岳とは尾根続きで1キロメートルほど離れており[3]、縦走も可能だが素人向きではない[5]。 登山道は、南を流れる豊平川に架けられた百松橋から始まる[1][6]。かつては西側の木挽沢コースで手ごろな沢登りが楽しめたが、定山渓ダムによって沢の標高400メートルまでが水没し[1]、往時の魅力はなくなった[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1348.カムイヌプリ (登別)  ・ 日本北海道登別市
カムイヌプリとは、北海道登別市にある標高750.1mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1349.神居山 (旭川市)  ・ 日本 北海道旭川市
神居山(かむいやま)とは、北海道旭川市神居町にある山である。 標高799.2m。空知地方と上川地方の電波送信における中継地点として有利な地理特性により、ラジオや防衛庁の中継施設(旧神居山分屯地)が山頂に設置されている。 また、北側斜面には国設神居山スキー場が設けられ各種スキー大会に使用されている。火山としての記録は存在せず、不明である。 西側斜面に見えるコースはカムイスキーリンクスであり、山頂北側にあるのは旧国設神居山スキー場跡地で、現在はカムイスキーリンクス第5リフト及びダイナミックコースとして運用している。山頂南側にある通信施設はラジオの中継施設及び防衛施設(旧神居山分屯地)である。山頂へは国道12号沿いの夢殿観音前から山頂にかけてのアプローチ道が存在しており、山麓は山菜が採れる事から春先を中心に地元住民が笹竹及び蕨等を採取している姿がある。付近はヒグマの生息区域である事から、麓からの林道には「ヒグマ注意」の看板が設置されており、目撃情報も散見される。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1350.神威岳 (赤平市・歌志内市)  ・ 日本北海道赤平市歌志内市
神威岳(かもいだけ、かむいだけとも)は、北海道赤平市から歌志内市に跨る山である。歌志内市の市街地北部に位置し、東は赤平山と接する。標高467.4m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1351.カルルス山  ・ 日本北海道有珠郡壮瞥町
カルルス山(カルルスやま)とは、北海道有珠郡壮瞥町にある標高1,075.0mの山である。 登別市の最高峰は、通称バケモノ山と呼ばれている1,077m峰である。ここは支笏洞爺国立公園内にあり、人工工作物の設置は環境省の許可なく行ってはいけない。しかし何者かによって無断で山頂にコンクリート製の標柱が設置された。 そのため、環境省や地元営林署の意向を受けた登別山岳会が、2009年(平成21年)に1,077m峰から西側300メートルの壮瞥町内にあり、国立公園の区域から外れている1,075m無名峰をカルルス山と命名し、登山道を開発して、標柱を設置した。現在はオロフレ峠から1,077m峰に向かう登山道は閉鎖され、立ち入ることはできなくなっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1352.岩石山 (北海道)  ・北海道河東郡上士幌町[1]
岩石山(がんせきやま)は、北海道河東郡上士幌町の標高1,088 mの山。 然別火山群を構成する火山の一つで、溶岩ドームに分類される。山体は大雪山国立公園に指定されている[2]。同火山群の中でも最もガレ場が多い[3]。 2020年8月時点では国土地理院地図を含め、山名が書かれているインターネット上の地図サービスは無いが、公的組織が設置した現地の登山道にある標識では記載されている[4]。 登山口は、南麓の士幌高原ヌプカの里の至近にあり、これが最短の登山道となる。また、然別湖南端から白雲山を経由するルートもある。白雲山とは隣同士の関係で、山頂同士は450mほどしか離れていない。岩石山の山頂からは十勝平野を望める。然別湖はほぼ見えない。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1353.観音岩山  ・ 日本北海道札幌市南区
観音岩山(かんのんいわやま)は、北海道札幌市南区にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1354.喜茂別岳  ・ 日本北海道札幌市南区定山渓・虻田郡喜茂別町
喜茂別岳(きもべつだけ)は、北海道札幌市南区定山渓と喜茂別町の境界にある山[1]。標高1177メートル[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1355.九度山  ・ 日本 北海道名寄市字日進
九度山(くどさん)は、 北海道名寄市に位置する標高673.6メートルの山である[1]。 名寄市字日進に位置する独立峰。かつてはアイヌ民族における「チノミシリ(ci-nomi-sir)」(われら・礼拝する・山)であったとされている[2]。山は名寄ピヤシリスキー場として利用されている[3]。 2009年、「ピㇼカノカ」(アイヌ語で、「美しい形」の意)の一つとして、石狩市の黄金山(ピンネタイオルシペ)とともに国の名勝に指定された。 アイヌ語に由来すると考えられており、山田秀三は「クトゥヌㇷ゚リ(kutu-nupri)」(崖・山)あるいは「クトゥンヌㇷ゚リ(kut-un-nupri)」(崖・ある・山)からと考察している[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1356.隈根尻山  ・ 日本北海道樺戸郡月形町北海道樺戸郡浦臼町北海道石狩郡当別町
隈根尻山(くまねしりやま)とは、北海道樺戸郡月形町および浦臼町と石狩郡当別町との境にある標高971.4mの山である。 月形北部の樺戸山地に位置し、神居尻山、ピンネシリ山と並んで樺戸三山の1つに数えられる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1357.毛無山 (小樽市)  ・ 日本 北海道小樽市
毛無山(けなしやま)は、北海道小樽市にある山。標高548.2m。 語源は、アイヌ語“ケナシ・kenas(山林)”と考えられており、それに「毛無」という当て字がなされたもの。 山肌を縫うように作られた国道393号(毛無峠)は小樽側からキロロリゾートなどがある赤井川村へ抜ける途中にあり、スキーシーズンには多くの車で混雑する。中腹には北海道ワインの工場がある。また、毛無山展望台からは小樽市のほぼ全域を見渡すことができ、昼夜を問わず多くの方が訪れる景勝地である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1358.黄金山 (石狩市)  ・ 日本 北海道石狩市浜益区
黄金山(こがねやま)は、北海道石狩市浜益区に位置する標高739.1メートルの山である。 アイヌ語ではピンネタイオルシペ(樹叢の平原の中にそびえる雄山)。石狩市浜益区実田(みた)、暑寒別天売焼尻国定公園内に位置する。[1]その形から「浜益富士」、「黄金富士」とも呼ばれる。[2]2009年、ピリカノカ(アイヌ語では「ピㇼカノカ」で、「美しい形」の意)の一つとして、名寄市の九度山(クトゥンヌプリ)とともに国の名勝に指定された。 国道451号から登山口まで約5km。登山口より頂上へはおよそ100分。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1359.小天狗岳  ・北海道札幌市南区定山渓
小天狗岳(こてんぐだけ)は北海道札幌市南区定山渓にある山。標高764.7メートル[1]。名称の由来は、北西の奥にある定山渓天狗岳のミニチュア版とも言うべき小ぶりな岩山であることからと思われる[1]。 定山渓ダムによってできたさっぽろ湖の西に位置し[1]、登山道はダム資料館の奥に入り口がある[2]。登山道自体はダムの完成以前から開削されていたが[1]、かつては全く登る者が無く[3]、ダム下流園地の完成によってようやく気軽にアクセスできるようになった[1]。 登山道には多くの階段が設けられているが、木の板が腐敗して支えの鉄杭だけが露出した状態になっており、危険である[4][5]。 山体は約500万年前に周辺の地層を貫いた溶岩からできており、山頂付近では暗灰色の安山岩が確認できる[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1360.五天山  ・北海道札幌市西区平和
五天山(ごてんざん)は、北海道札幌市西区平和にある標高304メートルの山である。 1000万年ほど前、一帯が海底だったころに堆積した地層に安山岩質のマグマが貫入して岩脈となった。その後、一帯が地表に隆起して周囲が浸食される中で残った、堅い岩脈の部分が山体を形成している[1]。かつては採石場として利用されていたため、南側の斜面は階段状の崖になっている[2]。山体が露出しているため柱状節理の発達を確認できるが、山腹と山頂では節理の方向が違っており、複雑な過程でマグマが冷却したと想定される[3]。 山名は1935年(昭和10年)、開拓者の井上弥一郎が夢で大国主のお告げを受け、安井広・野村村栄・佐々木千代松といった土地の所有者たちと相談の上、神祠を設けるとともに仏典から引用して命名した[4]。そのため登山口近くには五天山神社が、山頂には小さな祠がある[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1361.木挽山  ・ 日本北海道札幌市南区
木挽山(こびきやま)は、北海道札幌市南区澄川にある山である。この山と周辺の森林は、札幌建設の最初期に木材を供給した。低い丘で、宅地造成によって削られている。標高102m。「慈恵の山」と付近の住民から言われている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1362.狭薄山  ・ 日本北海道札幌市南区
狭薄山(さうすやま)は北海道札幌市南区にある山。 標高1296.1メートル。札幌岳・空沼岳間の縦走路から西に約1.5キロメートルの位置にあり、漁岳まで含めた連峰中の最高峰である。登山道は存在せず、登頂のためには狭薄沢ないし蝦蟇沢をさかのぼるか、雪山登山を行うしかない[1]。 山名の「サウス」は、アイヌ語で「山が狭まって、こだまする」を意味する「サシヌ」が変化したものと言われ[2]、豊平峡をほうふつとさせる形容だが、「藪が多い」という意味との説もある[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1363.察来山  ・ 日本北海道石狩郡当別町北海道樺戸郡新十津川町
察来山(さっくるやま)とは、北海道の石狩郡当別町と樺戸郡新十津川町との境に山頂がある標高589.8m[1]の山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1364.札内岳  ・ 日本北海道十勝総合振興局帯広市・河西郡中札内村
札内岳(さつないだけ)は、北海道帯広市と河西郡中札内村とにまたがる標高1,895 m[1][2]の山である。日高山脈襟裳国定公園に含まれる。また、北海道の百名山に選ばれている。 日高山脈北部主稜線上のエサオマントッタベツ岳から東に派生する支稜線上に位置し、ピパイロ岳からカムイエクウチカウシ山とピラミッド峰を札内川越しにぐるりと見渡すことができる展望の良い山である[3]。東面に底の崩れたカールを抱いている。山頂には三等三角点(点名「札内岳」)[4]が設置されている。 山名はアイヌ語で「Sat(乾く)nay(川)」を意味し、この山が札内川の源流となっていることに由来する[5]
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1365.札幌50峰
札幌50峰(さっぽろ50ほう)、または札幌50山(さっぽろ50ざん)は、北海道札幌市近郊に所在する50の山[1]。1989年(平成元年)に札幌市が刊行したさっぽろ文庫第48巻『札幌の山々』によって選定された[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1366.札幌岳  ・ 日本北海道札幌市南区
札幌岳(さっぽろだけ)は支笏洞爺国立公園[3]内に含まれ、北海道石狩振興局札幌市にある標高1,293mの火山である。 山の名は、豊平川の水源であることに由来。札幌市内を流れる豊平川は明治以前はサッ・ポロ・ペツ(アイヌ語で「渇いた大きな川」の意)と呼ばれていた。サッ・ポロ・ペツは札幌市の地名語源でもある[4]。 山頂には「石鎚神社」碑と[5]、一等三角点「札幌岳」が設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1367.佐幌岳  ・ 日本北海道空知郡南富良野町・上川郡新得町
佐幌岳(さほろだけ)は、北海道中央部新得町と南富良野町の境界にある山。日高山脈の最北部に位置する。 名はアイヌ語で下方の川の意の「サオロオペツ」に由来する[1]。古くは「サオロ岳」とも呼ばれた[2]。 狩勝峠の北4 kmにあり、山体は花崗岩主体だが、周辺部の大部分は、十勝溶結凝灰岩の台地となっている。頂上には石狩アイヌと十勝アイヌの伝説にまつわるチャランケ(=談判)岩がある。 1954年(昭和29年)に新内側からの、1961年(昭和36年)に狩勝峠側からの登山道が開かれた。 第二次世界大戦前から滑降スキー場として使用され、1961年(昭和36年)には、国有A級スキー場の指定を受けた。1980年(昭和55年)に初めてリフトが置かれ、狩勝高原スキー場(後のサホロリゾートスキー場)として再開発された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1368.三角山 (札幌市)  ・ 日本北海道札幌市西区
三角山(さんかくやま)は、北海道札幌市西区山の手にある標高311.3 mの山。 見る角度によって山体が三角形に見えることからその名が付けられた。アイヌ語名は、「発寒の小山」を意味する「ハチャムエプイ」。山頂には一等三角点があり、点名は「琴似山」となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1369.三頭山 (北海道)  ・ 日本北海道雨竜郡幌加内町
三頭山(さんとうさん)は、北海道雨竜郡幌加内町の天塩山系にある、標高1,009mの山である。同山系でピッシリ山に次いで2番目に高い山であり、北海道百名山の一つでもある[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1370.然別火山群
然別火山群(しかりべつかざんぐん)は、北海道鹿追町、上士幌町、士幌町にまたがる火山群である。大雪山国立公園に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1371.標津岳  ・ 日本 北海道中標津町・清里町
標津岳(しべつだけ)は、北海道中標津町と清里町との境界にある山。山頂からは、知床山系や屈斜路湖・斜里岳が眺望できる。標高は1,061m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1372.島松山  ・北海道恵庭市桜森
島松山(しままつやま)は北海道恵庭市・北広島市・札幌市清田区の境界上にある山。 山麓一帯は自衛隊の演習場になっている。特に山頂はレーダーサイトがあるため柵で囲まれており、一般人の立入は禁じられている[1]。標高492.8メートルとされるが[2]、レーダーサイトの造成に山頂を削ったといわれ、古い地図では512.2メートルと記すものがある[3]。 登山道は北海道道790号仁別大曲線起点のさらに奥から続いているが、前述の通り山頂にはたどり着けないため、最高到達点の487.8メートルをもって北広山(きたひろやま)と呼ばれている[1]。 山菜採りの適地として知られ、春先にはにぎわう。むしろ登山目的で訪れる人のほうが少ない[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1373.積丹岳  ・ 日本北海道積丹町
積丹岳(しゃこたんだけ)は、北海道積丹町に位置する山。標高1,255.3m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1374.射的山  ・ 日本 北海道旭川市
射的山(しゃてきやま)は、北海道旭川市永山に存在する、標高およそ171mの山である。周辺には庭園で有名な上野ファームが存在する。永山地域唯一の山である。 1897年(明治30年)から屯田兵第三大隊射撃場として一次利用されていた。このことが射的山の名前の由来になっている。1910年(明治43年)に山頂部に祠が祀られた。当時火災が多く、火の守り神、安産の願いを込めて祀られたものとされている。その後、特に利用されることはなかったが、大正時代に畑として開墾され、このとき山頂部から南側が大規模に伐採された。 この斜面は、当時この地域では唯一のスキー場として、多くの子供たちがスキーを楽しむ場所になった。現在は周辺スキー場の開発や安全性の問題から、行なわれることは全くなくなっている。2001年(平成13年)より、麓で上野ファームの庭園工事が始まり、現在では有名な観光スポットとなっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1375.定山渓天狗岳  ・ 日本北海道札幌市南区定山渓
天狗岳(てんぐだけ)は北海道札幌市南区定山渓にある山。標高1144.5メートル[1]。北海道百名山、北海道の百名山および札幌50峰に選定されている。 定山渓温泉から見ると北西の方角、白井川と小樽内川に挟まれた小天狗岳の向こうにある[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1376.暑寒別岳  ・北海道増毛郡増毛町雨竜郡雨竜町・北竜町樺戸郡新十津川町
暑寒別岳(しょかんべつだけ)とは、北海道空知総合振興局西部と、留萌振興局東部の3郡4町にまたがる、標高1492mの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1377.渚滑岳  ・ 日本北海道紋別郡滝上町
渚滑岳(しょこつだけ)は、北海道紋別郡滝上町にある標高1,345mの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1378.白井岳 (北海道)  ・ 日本北海道札幌市南区定山渓
白井岳(しらいだけ)は北海道札幌市南区定山渓にある山である。標高1,301.3メートル[1]。近隣の余市岳・朝里岳と合わせて「余市三山」と称される[2]。 山名は、南斜面から白井川の源流のひとつである右股川[注 1]が発していることに由来する[3]。 山体は溶岩ドームの中心部にあたる[1]。東側には岩壁が連続しており、北東に向けて岩脈と思われる尾根が3キロメートル、股下山のすぐ西まで延びている[1]。 かつてはヘルヴェチア・ヒュッテから尾根をたどる登山道があったが[4]、いつしか消え去った[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1379.白旗山  ・北海道札幌市清田区有明
白旗山(しらはたやま/Shirahata-yama・Mt.Shirahata)は北海道札幌市清田区有明に位置する[1]標高321.5mの低山である。 名称は、屯田兵が測量時に白旗を立てたことに由来する。 厚別川・平岡公園の梅林と並ぶ、清田区のシンボルのひとつとされる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1380.尻別岳  ・北海道喜茂別町・留寿都村・真狩村
尻別岳(しりべつだけ)は、北海道喜茂別町、留寿都村、真狩村にまたがる第四紀火山である。標高は1107.27m、二等三角点(点名「後別岳」)[1]の山である。アイヌの人々はピンネシリ(雄岳)[2]と呼び、当時の入植者は前方羊蹄山と呼んだ。南側山麓の橇負山(枝脈)にはルスツリゾートが広がる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1381.神社山  ・北海道札幌市中央区
神社山(じんじゃやま)は、北海道札幌市中央区に位置する山。標高は237メートル[1]。 山名は1897年(明治30年)12月に札幌神社(後の北海道神宮)の所有地となったことに由来する[1]。アイヌ語ではエプイ(つぼみのような小山)と呼ばれていたらしい[2]。 神宮が管理しているため、緑がよく残っている[1]。登山道は存在しない。 太平洋戦争末期、日本の敗色が濃厚となると、北部軍はアメリカ軍の上陸に備えて月寒の防空作戦室の移転先を求めるようになった。その建設地に選ばれたのが神社山である。北海道神宮の「社務日誌」には、「昭和20年6月25日北部軍司令部大竹少尉が要望書なるものを持ってきた」とある[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1382.銭函天狗山  ・ 日本 北海道小樽市
銭函天狗山(ぜにばこてんぐやま)は北海道小樽市見晴町に位置する、標高536.7mの山である。 正式名称は天狗山だが、定山渓天狗岳、小樽中心部の天狗山、朝里天狗岳となど区別するために銭函天狗山と呼ばれ、山頂標識もこちらになっている。略して銭天と呼ばれることもある。三等三角点の基準点名は天狗山。 国道5号を進み銭函市街に入る。小樽商工信用組合の横道を曲がり、札幌緑花会の看板の曲がり道なりに進み、突き当たりまで車を走らすと銭天の登山道の看板がある。ここから登山がスタートする。登山口から暫く行くと銭天山荘があり、そこを横目にさらに進むと沢の地形となり傾斜が厳しくなり尾根に出る。尾根からはゴルフ場がみえる。尾根の比較的急な登りを進み、肩と呼ばれる岩壁の基部までたどり着く。ここから頂上へは回り込んで登ることができる。初心者でも1時間半程度で登れる手軽な山であるが、頂上は想像以上に切り立っており、眼下には弧を描く石狩湾が一望できる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1383.ソエマツ岳  ・ 日本北海道広尾郡大樹町・浦河郡浦河町
ソエマツ岳(ソエマツだけ)は、北海道広尾郡大樹町と浦河郡浦河町とにまたがる山である。標高1,625 mの双耳峰で、日高山脈南部にあり日高山脈襟裳国定公園に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1384.測量山  ・北海道室蘭市清水町
測量山(そくりょうざん)は、北海道室蘭市清水町にある標高199.63mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1385.空沼岳  ・ 日本北海道札幌市南区簾舞
空沼岳(そらぬまだけ)は、北海道石狩管内の札幌市にある標高約1,251mの山である。山頂付近は支笏洞爺国立公園の第1種特別地域に指定されている。 札幌市中心部から車で40分程とアクセスが良いため、夏場のハイキング・秋の紅葉・冬のスキー登山など、市民に親しまれている山のひとつである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1386.大千軒岳  ・北海道松前郡松前町・上ノ国町
大千軒岳(だいせんげんだけ)は、北海道渡島半島の南西部、松前郡松前町と上ノ国町との境にある山である。標高1,072m。1896年(明治29年)、北海道で最初に一等三角点が設置された山である。 寛永16年(1639年)、松前藩による隠れキリシタン処刑によって106人が殉教した地でもあり[1]、金山番所跡(知内川コースの5合目付近)と、千軒平の尾根には十字架が建てられており、毎年7月の最終日曜日には千軒岳殉教記念ミサが行われる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1387.樽前山  ・北海道苫小牧市・千歳市
樽前山(たるまえさん、たるまえざん、たるまいさん、たるまいざん)は、北海道の道央地方南部にある支笏湖の南側、苫小牧市の北西部に位置する活火山。日本二百名山。標高は最高点の樽前ドームで1,041m、一等三角点(点名「樽前岳」)の東山で1,022m、三等三角点(点名「樽前山」)の西山で994m。この樽前ドームは、立ち入り禁止となっている火口原にある溶岩ドームで、周辺との比高は約120m、最大径は約450m[1]。 支笏洞爺国立公園に属する。風不死岳、恵庭岳とともに支笏三山の一つに数えられる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1388.手稲山  ・ 日本 北海道札幌市手稲区・西区
手稲山(ていねやま)は、北海道札幌市西部の手稲区と西区に跨る標高1023.1mの山。 北海道における登山とスキーの発祥の地であるが、全山が民有林になっているために開発が進行し、北面はゴルフ場・遊園地・スキー場が立ち並ぶ一大レジャーランドと化している[2]。 また、山頂にはテレビ送信所が林立している[2](札幌送信所を参照)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1389.天塩岳  ・ 日本北海道士別市・紋別郡滝上町
天塩岳(てしおだけ)は、北海道士別市と紋別郡滝上町にまたがる標高1,558mの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1390.天塩富士  ・ 日本北海道士別市・紋別郡滝上町
天塩富士(てしおふじ)は、北海道士別市と紋別郡滝上町の境に位置する山である。標高1,450m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1391.天狗山 (小樽市)  ・ 日本北海道小樽市
天狗山(てんぐやま)は、北海道小樽市にある山である。標高532.5m[1]。市の中心部より南西に位置し、山麓の小樽天狗山スキー場と山頂のやや下までは小樽天狗山ロープウェイが結んでいる[1]。展望台からは夜景を含めて眺望を楽しめ[1]、小樽市民や観光客からリゾート地として親しまれている。 山岳信仰の場でもあり、山中には四国八十八箇所を模した巡礼の霊場や神社、石碑がある[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1392.天神山 (北海道)  ・ 日本 北海道札幌市豊平区
天神山(てんじんやま)とは、北海道札幌市豊平区平岸にある小さな山である。名称の由来は、天満宮を祀ったことによる。 標高は89メートル。さっぽろ文庫48「札幌の山々」掲載の「札幌50峰」のうち、最も低い山である。周辺は市街化しているが、同山一帯は「天神山緑地」として保護されている。山頂には札幌市が設置した「天神山国際ハウス」(2008年3月閉館)があったが、閉館した後に2014年5月31日より「さっぽろ天神山アートスタジオ」として開館。また、麓のあたりには平岸リンゴにまつわる石川啄木の歌碑が設置されている。 山体は約4万年前に支笏湖カルデラを形成した火山噴火によって噴出した火砕流の堆積物からなっており、道路を切り開いた箇所の側面では黄灰色の火山灰が確認できる。かつて一面に広がっていた火山灰台地は豊平川の浸食によって扇状地へと変わっており、その削り残しが天神山となったのである[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1393.天都山
天都山(てんとざん)は、北海道網走市市街地の南西にある標高207メートルの山である。国の名勝に指定(1938年指定)されている。網走国定公園に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1394.天望山 (北海道)  ・北海道河東郡上士幌町[1]
天望山(てんぼうざん)は、北海道河東郡上士幌町の標高1,174 mの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1395.砥石山 (北海道)  ・ 日本北海道札幌市中央区盤渓
砥石山(といしやま)は北海道札幌市中央区盤渓と同市南区の境界上にある山。および、その周辺を指す南区の町名。 山の標高は826.7メートル。山名は、水成岩の砥石が採取されたことに由来する。山腹の風洞の内部気温が一定であることから、営林署が種子の保存所として活用していたことがあった[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1396.十勝岳 (日高山脈)  ・ 日本北海道浦河郡浦河町・広尾郡広尾町
十勝岳(とかちだけ)は、北海道浦河郡浦河町と広尾郡広尾町に跨り、日高山脈南部にある標高1,457mの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1397.十勝幌尻岳  ・北海道十勝総合振興局帯広市・河西郡中札内村
十勝幌尻岳(とかちぽろしりだけ)は、北海道帯広市と河西郡中札内村とにまたがる標高1,846 mの山である。日高山脈襟裳国定公園に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1398.徳舜瞥山  ・ 日本北海道伊達市大滝区
徳舜瞥山(とくしゅんべつやま)は、北海道伊達市大滝区にある標高1,309 mの火山である。すぐ隣のホロホロ山と双耳峰を成している。北海道百名山および北海道の百名山に選定されている。 昭和46年まで日鉄鉱業徳舜瞥鉱山が存在した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1399.突哨山  ・ 日本 北海道旭川市・上川郡比布町
突哨山(とっしょうざん)は、北海道旭川市と上川郡比布町にまたがる山・公園(都市緑地)[2]。日本国内最大級のカタクリ群落がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1400.豊似岳  ・ 日本北海道幌泉郡えりも町
豊似岳(とよにだけ)は、北海道幌泉郡えりも町にある標高1,105 mの山である。日高山脈主稜線上最南に位置し、日高山脈襟裳国定公園に含まれる。山頂には一等三角点(点名「豊似山I」)[1]がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1401.中岳 (札幌市・京極町)  ・ 日本北海道札幌市南区定山渓・虻田郡京極町
中岳(なかだけ)は、北海道札幌市南区定山渓と京極町の境界にある山。標高1387.5メートル[1]。 山名は無意根山と喜茂別岳の中間に座することに由来する[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1402.中ノ岳 (日高山脈)  ・ 日本北海道広尾郡大樹町・日高郡新ひだか町
中ノ岳(なかのだけ)は、北海道広尾郡大樹町と日高郡新ひだか町とに跨る山である。日高山脈南部にあり標高1,519mである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1403.泣面山  ・ 日本 北海道函館市
泣面山(なきつらやま)は、北海道函館市にある第四紀火山である。標高は834.9m。 地質は安山岩質の成層火山である。火口地形を思わせる地形が山頂東側に開いている。 近年、万畳敷からの登山ルートが新設された。所要時間はおよそ30分程度
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1404.七飯岳  ・ 日本北海道亀田郡七飯町
七飯岳(ななえだけ)は、北海道亀田郡七飯町中央部にある山である。函館本線七飯駅の北東約5 kmの位置。標高779.2 m。 七飯岳山頂は七飯町営城岱牧場内に存在する。山頂の南側にある七飯町、函館市街地、北斗市および函館湾、北側にある駒ヶ岳を望むことができる。 1954年、七飯岳山頂には警察無線中継所が設置され、札幌方面本部とパトカーおよび警察署との通信を中継する役割を担った。その後、城岱に中継所ができたため廃止された。2017年現在山頂に残る建物はその中継所局舎として建設されたものである[1][2][3]。現在の所有者は不明。2022年5月現在、屋根が抜け落ちて廃屋となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1405.新冠泥火山
新冠泥火山(にいかっぷでいかざん)は、北海道新冠町に存在する丘陵群。地表に泥水などが噴出する泥火山である。国道235号沿いに並ぶ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1406.ニセイカウシュッペ山  ・ 日本北海道上川郡上川町
ニセイカウシュッペ山(ニセイカウシュッペやま)は、北海道上川郡上川町にある標高1,883 mの火山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1407.袴腰岳  ・北海道函館市亀田大森町1-1
袴腰岳(はかまごしだけ)は北海道函館市にある標高1108.4mの山で、函館市内の最高峰である。袴腰山(はかまごしやま)とも呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1408.白雲山 (北海道)  ・北海道河東郡上士幌町[1]
白雲山(はくうんざん)は、北海道河東郡上士幌町の標高1,186 mの山。 然別火山群を構成する火山の一つで、溶岩ドームに分類される[2]。山体は大雪山国立公園に指定されている[3]。 登山口は、山体西北西の然別湖南端と、南麓の士幌高原ヌプカの里の2箇所。山頂からは然別湖や十勝平野を望める。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1409.函館山  ・ 日本 北海道函館市
函館山(はこだてやま)は、北海道函館市の市街地西端にある山であり陸繋島でもある。陸繋島として表す場合でも「函館島」「函館山島」といった表現をすることは稀である。標高334m、周囲約9km。牛が寝そべるような外観から臥牛山(がぎゅうざん)とも呼ばれる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
1410.春香山  ・北海道札幌市南区定山渓
春香