オーサムサーチジャパン

秋田県の観光スポット

クリックするとその項目に飛びます。
1.秋田県
秋田県(あきたけん)は、日本の東北地方に位置する県。県庁所在地は秋田市。
人口:925,933人[編集](推計人口、2023年1月1日)面積:11,637.52km2
公式サイト  Wikipedia

秋田県の

1.秋田六郡三十三観音霊場
秋田六郡三十三観音霊場(あきたろくぐんさんじゅうさんかんのんれいじょう)とは、秋田県の旧久保田藩に所在する33か所の観音霊場。
Wikipedia    内容詳細  
2.歓喜寺 (秋田市)  ・秋田県秋田市下北手梨平字袖ケ沢1-1
歓喜寺(かんきじ)は、秋田県秋田市にある曹洞宗の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
3.蚶満寺  ・秋田県にかほ市象潟町象潟島
蚶満寺(かんまんじ)は、秋田県にかほ市に所在する曹洞宗の寺院。山号は皇宮山、本尊は釈迦牟尼仏。
Wikipedia    内容詳細  
4.香積寺 (湯沢市)  ・秋田県湯沢市高松中村148[1]
香積寺(こうしゃくじ)は、秋田県湯沢市高松中村にある寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
5.国清寺跡  ・秋田県能代市檜山字蟹沢
国清寺跡(こくせいじあと)は、秋田県能代市に存在した華厳宗の寺院・国清寺の跡。
Wikipedia    内容詳細  
6.浄明寺 (能代市)  ・秋田県能代市檜山字檜山町40番地
浄明寺(じょうみょうじ)は秋田県能代市檜山字檜山町に所在する真宗大谷派の寺院。山号は善城山。
Wikipedia    内容詳細  
7.大龍寺 (男鹿市)  ・秋田県男鹿市船川港船川字鳥屋場34
大龍寺(だいりゅうじ)は、秋田県男鹿市にある曹洞宗の寺院。山号を海蔵山とする。本尊は釈迦如来。龍神の美女伝説をはじめ、鐘楼堂を兼ねた多宝塔は日本で唯一で、多くの文人が訪れた寺院[1]。12000坪の敷地内に、広大な浄土式庭園を有する。秋田新四国八十八ヵ所第四十六番霊場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
8.多宝院 (能代市)  ・秋田県能代市檜山字小間木
多宝院(たほういん)は、秋田県能代市檜山字小間木にある曹洞宗寺院。地元ではシダレザクラの名所としても知られる。
Wikipedia    内容詳細  
9.長谷寺 (由利本荘市)  ・秋田県由利本荘市赤田上田表115
長谷寺(ちょうこくじ)は、秋田県由利本荘市赤田にある曹洞宗の寺院である。当寺に安置されている高さ約9m、木製金箔押しの長谷十一面観音立像は通称赤田大仏と呼ばれ、[1]奈良県桜井市の長谷寺(はせでら)、神奈川県鎌倉市の長谷寺(はせでら)と並び日本三大長谷観音[2]の一つと言われている。秋田三十三箇所観音霊場第8番札所。
Wikipedia    内容詳細  
10.天徳寺 (秋田市)  ・秋田県秋田市泉三嶽根10-1
天徳寺(てんとくじ)は、秋田県秋田市にある曹洞宗の寺院。本尊は聖観音。久保田藩(秋田藩)主佐竹家の菩提寺である。秋田県指定史跡。
Wikipedia    内容詳細  
11.天寧寺 (仙北市)  ・秋田県仙北市角館町上新町10
天寧寺(てんねいじ)は、秋田県仙北市角館町上新町に所在する曹洞宗の寺院。山号は萬松山、本尊は釈迦如来(釈迦牟尼仏)。
Wikipedia    内容詳細  
12.東光寺 (秋田市)  ・秋田県秋田市仁井田本町5-15-8
東光寺(とうこうじ)は、秋田県秋田市仁井田に所在する曹洞宗の寺院。山号は崇源山(そうげんざん)。
Wikipedia    内容詳細  
13.遍照院 (大館市)  ・秋田県大館市上町6
遍照院(へんじょういん)は、秋田県大館市上町にある真言宗智山派の寺院。山号は医王山、寺号は長久寺[1]。本尊は不動明王。
Wikipedia    内容詳細  
14.宝泉寺 (秋田県羽後町)  ・秋田県雄勝郡羽後町西馬音内裏町130
延命山 宝泉寺(えんめいさん ほうせんじ)は、秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字裏町に所在する曹洞宗寺院。なお、現代でもしばしば旧字体の寶泉寺で記される。
Wikipedia    内容詳細  
15.補陀寺 (秋田市)  ・秋田県秋田市山内字松原26番地
補陀寺(ほだじ)は、秋田県秋田市所在の曹洞宗の寺院である。秋田三十三観音霊場第23番札所。
Wikipedia    内容詳細  
16.本覚寺 (秋田県美郷町)  ・秋田県仙北郡美郷町六郷字東高方町26
東光山 本覚寺(とうこうさん ほんがくじ)は、秋田県仙北郡美郷町六郷字東高方町に所在する浄土宗寺院。栃木県芳賀郡益子町に所在する大沢山円通寺の末山で、寺伝では、もと天台宗の寺院であったが、弘治3年(1557年)、常蓮社等誉によって浄土宗に改宗されたと伝わる[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
17.龍源寺 (由利本荘市)  ・秋田県由利本荘市矢島町城内字田屋の下26
龍源寺(りゅうげんじ)は、秋田県由利本荘市にある曹洞宗の寺院。山号は金嶺山。本尊は釈迦如来。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
18.龍泉寺 (秋田県羽後町)  ・秋田県雄勝郡羽後町新町字上高寺99
龍泉寺(りゅうせんじ)は、秋田県雄勝郡羽後町新町字上高寺に所在する曹洞宗寺院。山号は瀧澤山 (ろうたくさん)。古代の七高山信仰と戦国武将小野寺道親が築営した高寺城の歴史にかかわりをもつ寺院である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
19.秋田六郡三十三観音霊場
秋田六郡三十三観音霊場(あきたろくぐんさんじゅうさんかんのんれいじょう)とは、秋田県の旧久保田藩に所在する33か所の観音霊場。
Wikipedia    内容詳細  
20.唐松神社  ・秋田県大仙市協和境字下台86
唐松神社(からまつじんじゃ)は、秋田県大仙市協和にある神社である。女性の生涯を守る「女一代守神」であり、縁結び、子宝、安産の神として「境の唐松さま」[2]とも呼ばれ親しまれている。
Wikipedia    内容詳細  
21.古四王神社  ・秋田県秋田市寺内児桜一丁目55-5
古四王神社(こしおうじんじゃ)は、秋田県秋田市にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
22.塩湯彦神社  ・秋田県横手市山内大松川字御嶽山3
塩湯彦神社(しおゆひこじんじゃ)は、秋田県横手市にある神社である[1]。式内小社、旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
23.白瀑神社  ・秋田県山本郡八峰町八森町字館10
白瀑神社(しらたきじんじゃ)は秋田県山本郡八峰町にある神社である。境内には八幡神社、菅原神社、唐松神社がある。八森町の曹洞宗の寺院である松源院の起源は白瀑神社と一緒であったとされる。八幡神社は本館城の城主だったが八森本館一揆によって殺された武田重左衛門を祀ったものである。
Wikipedia    内容詳細  
24.真山神社  ・秋田県男鹿市北浦字真山字水喰沢97
真山神社(しんざんじんじゃ)は秋田県男鹿市北浦字真山にある神社。江戸時代は秋田六郡三十三観音霊場の27番札所として赤神山光飯寺があった。しかし、明治の廃仏毀釈運動で真山神社となった。
Wikipedia    内容詳細  
25.高岩神社 (能代市)  ・秋田県能代市二ツ井町荷上場字五輪岱23番
高岩神社(たかいわじんじゃ)は、秋田県能代市二ツ井町にある神社である。高岩山山頂付近や参道には多くの奇岩や巨石、巨木があり古くからの霊山として周辺から信仰の対象となっていた。ここでは、その周辺にあった宗教施設についても解説する。
Wikipedia    内容詳細  
26.七座神社  ・秋田県能代市二ツ井町小繋字天神道上67
七座神社(ななくらじんじゃ)とは、秋田県能代市二ツ井町小繋にある神社である。「ななざじんじゃ」とは、読まない。山号は、七座山。斉明天皇4年(658年)に阿部比羅夫が創建したと言われている。別名「天神七座神社」。旧社格は県社。神社からは、能代市の一部や、七座山を望むことができる。受験の神様として有名である。
Wikipedia    内容詳細  
27.補陀寺 (秋田市)  ・秋田県秋田市山内字松原26番地
補陀寺(ほだじ)は、秋田県秋田市所在の曹洞宗の寺院である。秋田三十三観音霊場第23番札所。
Wikipedia    内容詳細  
28.本覚寺 (秋田県美郷町)  ・秋田県仙北郡美郷町六郷字東高方町26
東光山 本覚寺(とうこうさん ほんがくじ)は、秋田県仙北郡美郷町六郷字東高方町に所在する浄土宗寺院。栃木県芳賀郡益子町に所在する大沢山円通寺の末山で、寺伝では、もと天台宗の寺院であったが、弘治3年(1557年)、常蓮社等誉によって浄土宗に改宗されたと伝わる[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
29.松峰山信仰遺跡群  ・ 日本秋田県大館市松峰大山
松峰山信仰遺跡群(まつみねさんしんこういせきぐん)とは、秋田県大館市松峰字大山10にある松峰神社を中心にして、古代・中世に縁起を持つ密教遺跡である。松峰山は本尊の松峰不動明王にちなんだ名称で、中央にある山は標高375.7mの大山である。大館市松峰字仁王田141-5にある里宮は今は松峰稲荷神社になっている。松峰山信仰遺跡群は2009年(平成21年)5月1日に大館市指定史跡として文化財指定された。(地図の座標は、文化財指定された際の位置図より)
Wikipedia    内容詳細  

秋田県の神社

30.赤神神社  ・秋田県男鹿市船川港本山門前字祓川35
赤神神社(あかがみじんじゃ)は、秋田県男鹿市にある神社である。一般には赤神神社五社堂として知られる。五社堂5棟は国の重要文化財(建造物)に指定されている。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
31.秋田県護国神社  ・秋田県秋田市寺内大畑5-3
秋田県護国神社(あきたけんごこくじんじゃ)は、秋田県秋田市にある神社(護国神社)。秋田県下の戦没者および伊弉諾尊・伊弉冉尊を祀る。
Wikipedia    内容詳細  
32.秋田諏訪宮  ・秋田県仙北郡美郷町六郷字本道町19
秋田諏訪宮(あきたすわぐう)は、秋田県仙北郡美郷町にある神社。旧社格は県社。現神社本庁別表神社。
Wikipedia    内容詳細  
33.天照皇御祖神社  ・秋田県鹿角市八幡平字谷内14
天照皇御祖神社(あまてらすすめみおやじんじゃ)は秋田県鹿角市八幡平にある神社。市指定無形民俗文化財である先祓舞、またユネスコ無形文化遺産、国重要無形民俗文化財である大日堂舞楽の一部、五大尊舞を奉納している。境内にある磨崖仏は中世のものでは北限のものとされており、県指定史跡である。
Wikipedia    内容詳細  
34.伊豆山神社 (大仙市)  ・本宮 秋田県大仙市花館揚ノ森1番地里宮 秋田県大仙市泉町8-59
伊豆山神社(いづさんじんじゃ)は、秋田県大仙市にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
35.彌高神社  ・秋田県秋田市千秋公園1-16
彌高神社(いやたかじんじゃ)は、秋田県秋田市千秋公園にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
36.岩関神社  ・秋田県能代市二ツ井町山根72
岩関神社(いわせきじんじゃ)とは、秋田県能代市二ツ井町山根にある神社である。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
37.大館八幡神社  ・秋田県大館市字八幡1
大館八幡神社(おおだてはちまんじんじゃ)は、秋田県大館市にある八幡神社。本殿は正八幡宮と若宮八幡宮の2社あり、どちらも国の重要文化財に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
38.大日霊貴神社  ・秋田県鹿角市八幡平堂の上16
大日霊貴神社(おおひるめむちじんじゃ[1])は、秋田県鹿角市八幡平にある神社。大日堂とも称される。
Wikipedia    内容詳細  
39.月山神社 (鹿角市)  ・秋田県鹿角市十和田毛馬内字毛馬内沢32
月山神社(がっさんじんじゃ)は、秋田県鹿角市十和田毛馬内字毛馬内沢32にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
40.金澤八幡宮  ・秋田県横手市金沢字安本館4
金澤八幡宮(かねざわはちまんぐう)は秋田県横手市にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
41.唐松神社  ・秋田県大仙市協和境字下台86
唐松神社(からまつじんじゃ)は、秋田県大仙市協和にある神社である。女性の生涯を守る「女一代守神」であり、縁結び、子宝、安産の神として「境の唐松さま」[2]とも呼ばれ親しまれている。
Wikipedia    内容詳細  
42.漢槎宮  ・秋田県仙北市西木町西明寺
漢槎宮(かんさぐう)は、秋田県仙北市西木町西明寺の田沢湖畔にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
43.金峰神社 (にかほ市)  ・秋田県にかほ市象潟町小滝字奈曽沢1
金峰神社(きんぽうじんじゃ)は、秋田県にかほ市象潟町小滝にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
44.古四王神社  ・秋田県秋田市寺内児桜一丁目55-5
古四王神社(こしおうじんじゃ)は、秋田県秋田市にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
45.古四王神社 (秋田県大仙市)  ・秋田県大仙市大曲字古四王際30
古四王神社(こしおうじんじゃ)は、秋田県大仙市大曲字古四王際にある神社。本殿は重要文化財に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
46.三哲神社  ・ 日本秋田県大館市三哲山
三哲神社(さんてつじんじゃ)とは、秋田県大館市十二所の三哲山にある神社。江戸時代の医師である千葉上総介秀胤(三哲)を祀っている。三哲山(さんてつやま)は三哲神社が鎮座する山。ここでは双方を記述する。
Wikipedia    内容詳細  
47.塩湯彦神社  ・秋田県横手市山内大松川字御嶽山3
塩湯彦神社(しおゆひこじんじゃ)は、秋田県横手市にある神社である[1]。式内小社、旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
48.十三騎神社  ・秋田県南秋田郡五城目町字神明前115 (神明社境内)
十三騎神社(じゅうさんきじんじゃ)は、秋田県南秋田郡五城目町にある神社。北弾正とその家臣12名の計13人を祀る。五城目神明社[1]の一角にある。
Wikipedia    内容詳細  
49.白瀑神社  ・秋田県山本郡八峰町八森町字館10
白瀑神社(しらたきじんじゃ)は秋田県山本郡八峰町にある神社である。境内には八幡神社、菅原神社、唐松神社がある。八森町の曹洞宗の寺院である松源院の起源は白瀑神社と一緒であったとされる。八幡神社は本館城の城主だったが八森本館一揆によって殺された武田重左衛門を祀ったものである。
Wikipedia    内容詳細  
50.真山神社  ・秋田県男鹿市北浦字真山字水喰沢97
真山神社(しんざんじんじゃ)は秋田県男鹿市北浦字真山にある神社。江戸時代は秋田六郡三十三観音霊場の27番札所として赤神山光飯寺があった。しかし、明治の廃仏毀釈運動で真山神社となった。
Wikipedia    内容詳細  
51.水神社 (大仙市)  ・秋田県大仙市豊川字観音堂57番
水神社(すいじんじゃ)は、秋田県大仙市にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
52.素波里神社  ・秋田県山本郡藤里町粕毛字岩合2
素波里神社(すばりじんじゃ)は、秋田県山本郡藤里町粕毛字岩合にある神社である。ご神体は不動明王立像である。その他に脇侍、矜羯羅童子、制多迦童子の木像がある。「藤里町」の名前の2字目にある「里」は、「素波里」の「里」から取っている。
Wikipedia    内容詳細  
53.副川神社  ・秋田県南秋田郡八郎潟町浦大町字小坂45
副川神社(そえがわじんじゃ)は秋田県南秋田郡八郎潟町の高岳山山頂付近にある神社である。式内小社、旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
54.太平山三吉神社  ・秋田県秋田市広面字赤沼3-2
太平山三吉神社(たいへいざんみよしじんじゃ)は、秋田県秋田市に鎮座する神社。山岳信仰の対象。太平山のふもとに里宮が、山頂に奥宮がある。
Wikipedia    内容詳細  
55.高岩神社 (能代市)  ・秋田県能代市二ツ井町荷上場字五輪岱23番
高岩神社(たかいわじんじゃ)は、秋田県能代市二ツ井町にある神社である。高岩山山頂付近や参道には多くの奇岩や巨石、巨木があり古くからの霊山として周辺から信仰の対象となっていた。ここでは、その周辺にあった宗教施設についても解説する。
Wikipedia    内容詳細  
56.抱返神社  ・秋田県仙北市田沢湖卒田黒倉139
抱返神社(だきがえりじんじゃ)は秋田県仙北市にある神社。抱返り渓谷の入り口に鎮座する。
Wikipedia    内容詳細  
57.嶽六所神社  ・秋田県大仙市神宮寺字落貝7
嶽六所神社(だけろくしょ じんじゃ)は秋田県大仙市にある神社である。式内小社、旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
58.土崎神明社  ・秋田県秋田市土崎港中央3丁目9-37
土崎神明社(つちざきしんめいしゃ)は、秋田県秋田市にある神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
59.綴子神社  ・秋田県北秋田市綴子字西館47
綴子神社(つづれこじんじゃ)は、秋田県北秋田市綴子にある神社。700年以上の歴史をもつと伝えられている綴子大太鼓の奉納行事が行われることで知られる。
Wikipedia    内容詳細  
60.東湖八坂神社  ・秋田県潟上市天王字天王106番地
東湖八坂神社(とうこやさかじんじゃ)は、日本の東北地方、秋田県潟上市天王字天王(江戸時代における出羽国秋田郡天王村、幕藩体制下の久保田藩天王村)に所在する神社である。古名・別名については後述。
Wikipedia    内容詳細  
61.七座神社  ・秋田県能代市二ツ井町小繋字天神道上67
七座神社(ななくらじんじゃ)とは、秋田県能代市二ツ井町小繋にある神社である。「ななざじんじゃ」とは、読まない。山号は、七座山。斉明天皇4年(658年)に阿部比羅夫が創建したと言われている。別名「天神七座神社」。旧社格は県社。神社からは、能代市の一部や、七座山を望むことができる。受験の神様として有名である。
Wikipedia    内容詳細  
62.日吉八幡神社  ・秋田県秋田市八橋本町1丁目4-1
日吉八幡神社(ひえはちまんじんじゃ)は、秋田県秋田市八橋本町にある神社。旧国道の一里塚をすぎて面影橋にいく中間、八橋運動公園の北に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
63.保呂羽山波宇志別神社  ・秋田県横手市大森町八沢木字保呂羽山1-1
保呂羽山波宇志別神社(ほろわさんはうしわけじんじゃ)は、秋田県横手市大森町八沢木の保呂羽山山腹にある神社。式内小社「出羽国平鹿郡 波宇志別神社」、旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
64.松舘菅原神社  ・秋田県鹿角市八幡平字天神館33番地
松舘菅原神社(まつだてすがわらじんじゃ)は、秋田県鹿角市八幡平字天神館に鎮座する神社である。松舘天満宮とも称される。
Wikipedia    内容詳細  
65.松峰山信仰遺跡群  ・ 日本秋田県大館市松峰大山
松峰山信仰遺跡群(まつみねさんしんこういせきぐん)とは、秋田県大館市松峰字大山10にある松峰神社を中心にして、古代・中世に縁起を持つ密教遺跡である。松峰山は本尊の松峰不動明王にちなんだ名称で、中央にある山は標高375.7mの大山である。大館市松峰字仁王田141-5にある里宮は今は松峰稲荷神社になっている。松峰山信仰遺跡群は2009年(平成21年)5月1日に大館市指定史跡として文化財指定された。(地図の座標は、文化財指定された際の位置図より)
Wikipedia    内容詳細  
66.横手神明社  ・013-0046 秋田県横手市神明町7-2
横手神明社(よこてしんめいしゃ)は、秋田県横手市にある神社である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
67.与次郎稲荷神社  ・秋田県秋田市千秋公園1-8
与次郎稲荷神社(よじろういなりじんじゃ、正字体表記:與次郎稲荷神社)は、秋田県秋田市と山形県東根市にある神社である。「与次郎狐の伝説」を由緒に持つ同名の神社が、両市に合わせて3社存在する。本項では主に秋田市の神社について解説する。
Wikipedia    内容詳細  
68.老犬神社  ・秋田県大館市葛原
老犬神社(ろうけんじんじゃ)とは、秋田県大館市葛原にある神社。伝説のマタギ犬を祀っている。神社には多くの犬の像や絵馬、写真が奉納されていて、「秋田犬」の字も見える。
Wikipedia    内容詳細  

秋田県の

69.赤石館 (出羽国)  ・平城(居館)
赤石館(あかいしだて)は、秋田県にかほ市金浦字館ヶ森に所在する中世の城館跡。
Wikipedia    内容詳細  
70.秋田城  ・古代城柵
秋田城(あきたじょう/あきたのき)は、出羽国秋田(現在の秋田県秋田市)にあった日本の古代城柵。国の史跡に指定されており、かつての城域の一部は現在高清水公園(旧称土崎公園)となっている。また、秋田県護国神社も秋田城の城址に遷座したものである。
Wikipedia    内容詳細  
71.岩崎城 (出羽国)  ・平山城
岩崎城(いわさきじょう)は、出羽国雄勝郡、現在の秋田県湯沢市に存在した日本の城(平山城)。
Wikipedia    内容詳細  
72.浦城  ・山城
浦城(うらじょう)は、秋田県南秋田郡八郎潟町にあった日本の城である。
Wikipedia    内容詳細  
73.大館城  ・平山城
大館城(おおだてじょう)は、かつて秋田県大館市にあった日本の城。桂城(かつらじょう)とも呼ばれる。城跡は桂城公園(けいじょうこうえん)として整備されている。
Wikipedia    内容詳細  
74.大鳥井山遺跡  ・古代城柵
大鳥井山遺跡(おおとりいやまいせき)または大鳥井柵跡(おおとりいさくあと)[1]は、出羽国北部(現、秋田県域に相当)の横手盆地中部、現在の秋田県横手市新坂町・大鳥町にある平安時代の遺跡(居館跡)。2010年(平成22年)2月、国の史跡に指定された[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
75.雄勝城  ・古代城柵
雄勝城(おかちじょう/おかちのき)は、出羽国雄勝郡(現在の秋田県雄物川流域地方)にあった日本の古代城柵。藤原朝狩が天平宝字3年(759年)に築造したとされる。
Wikipedia    内容詳細  
76.小野城 (出羽国)  ・山城                   
小野城(おのじょう)は出羽国、現在の秋田県湯沢市雄勝泉沢字古館に存在した日本の城(山城)。湯沢市指定史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  
77.角館城  ・山城
角館城(かくのだてじょう)は、秋田県仙北市の角館地域にある日本の城(山城)跡。別名、小松山城。戦国時代に戸沢氏の本拠地があったことで知られている。
Wikipedia    内容詳細  
78.柏崎館  ・平山城
柏崎館(かしわざきたて)は、秋田県鹿角市十和田毛馬内に所在した日本の城。別称・毛馬内城(けうまないじょう)。
Wikipedia    内容詳細  
79.金沢柵  ・古代城柵
金沢柵(かねざわさく、かねざわのき)は、出羽国に置かれた古代日本の城柵の1つ。後三年の役の舞台となった。
Wikipedia    内容詳細  
80.久保田城  ・平山城
久保田城(くぼたじょう)は、羽後国(旧出羽国)秋田郡久保田、現在の秋田県秋田市千秋公園近辺にあった城郭。史跡指定はされていないが、「千秋公園(久保田城跡)」として秋田市指定名勝に指定されている[1]。また日本100名城の第9番に選定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
81.昌斎館  ・単郭式山城
昌斎館(しょうさいだて)は、出羽国鹿角郡、現在の秋田県鹿角市十和田大湯字上折戸に所在した中世の城館である。
Wikipedia    内容詳細  
82.出羽柵  ・古代城柵
出羽柵(でわのき/いではのき/でわのさく)は、現在の山形県庄内地方(城輪柵跡か)、のち秋田県秋田市付近(=秋田城)にあった日本の古代城柵。
Wikipedia    内容詳細  
83.花輪城
花輪城(はなわじょう)は、日本に複数ある城。
Wikipedia    内容詳細  
84.花輪館  ・平山城
花輪館(はなわたて)は、秋田県鹿角市花輪町に所在した日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
85.百騎館
百騎館(ひゃっきだて)は出羽国山本郡(現・秋田県山本郡三種町下岩川)にあった日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
86.檜山安東氏城館跡  ・山城
檜山安東氏城館跡(ひやまあんどうしじょうかんあと)は、秋田県能代市檜山集落の東側丘陵にある山城および城館遺跡群。1980年(昭和55年)と1986年(昭和61年)に、檜山城跡とその近くにある大館跡・茶臼館跡・国清寺跡とを併せて、国の史跡に指定された[1]。また、秋田魁新報社が主催した1952年(昭和27年)6月20日の第1回「秋田県観光三十景」(有効投票約195万票)で第10位(53172票)に選出されている。
Wikipedia    内容詳細  
87.払田柵跡  ・古代城柵
払田柵跡(ほったのさくあと)は、秋田県大仙市払田・仙北郡美郷町本堂城廻にある日本の古代城柵遺跡。国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
88.本荘城  ・平山城
本荘城(ほんじょうじょう)は、秋田県由利本荘市にある中世からの平山城跡。江戸時代には本荘藩の藩庁が置かれた。別名は鶴舞城。尾崎城とも。
Wikipedia    内容詳細  
89.本堂城  ・平城
本堂城(ほんどうじょう)は、秋田県仙北郡美郷町に所在していた中世日本の城。城跡は県指定史跡となっている。
Wikipedia    内容詳細  
90.湊城  ・平城
湊城(みなとじょう)は、出羽国秋田郡土崎湊、現在の秋田県秋田市にあった城郭(平城)である[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
91.紫島城
紫島城(むらさきしまじょう)は、秋田県大仙市長野(旧、中仙町)にあった日本の城である。形式は平城。
Wikipedia    内容詳細  
92.本館城 (出羽国)
本館城(もとだてじょう)は、かつて秋田県山本郡八峰町八森字倉の沢にあった日本の城である。日本海に面した海岸段丘上に根小屋(現在は本館地区)と本館地区東側の丘陵上に築かれた要害からなる城館である。
Wikipedia    内容詳細  
93.湯沢城  ・山城
湯沢城(ゆざわじょう)は、出羽国雄勝郡、現在の秋田県湯沢市の古館山(湯沢中央公園)にあった城である。湯沢市指定史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  
94.横手城  ・山城
横手城(よこてじょう)は、出羽国[1] 平鹿郡横手町(現・秋田県横手市城山町)にかつて存在した日本の城である。構造は山城。朝倉城(あさくらじょう)や阿櫻城(あざくらじょう)とも呼ばれる。廃城後に城跡は横手公園として整備されており、模擬天守が建てられている。
Wikipedia    内容詳細  
95.淀川城
淀川城(よどかわじょう)は、戦国時代、羽後国(出羽国北部; 現在の秋田県)にあった中世城館。現在の秋田県大仙市協和中淀川千着に所在する。
Wikipedia    内容詳細  
96.脇本城  ・階郭式山城
脇本城(わきもとじょう)は、秋田県男鹿市にある中世の日本の城(山城)跡。国の史跡。中世に安東氏の居城となった。
Wikipedia    内容詳細  

秋田県の博物館

97.大館郷土博物館  ・〒017-0804秋田県大館市釈迦内獅子ケ森1
大館郷土博物館(おおだてきょうどはくぶつかん)は、秋田県大館市にある、大館の歴史・文化・自然を展示する博物館。
Wikipedia    内容詳細  
98.秋田県立男鹿水族館  ・〒010-0673秋田県男鹿市戸賀塩浜字壺ケ沢
秋田県立男鹿水族館(あきたけんりつおがすいぞくかん)は、秋田県男鹿市戸賀塩浜(男鹿半島)にある水族館。通称・男鹿水族館GAO(おがすいぞくかん ガオ)。指定管理者制度により、第三セクターの株式会社男鹿水族館が管理・運営している[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
99.小坂町総合博物館郷土館  ・〒017-0201秋田県鹿角郡小坂町小坂字中前田48-1
小坂町総合博物館郷土館(こさかまちそうごうはくぶつかん きょうどかん)は秋田県鹿角郡小坂町にある町立の郷土博物館である。屋外展示では小坂鉄道で使用されていた11号蒸気機関車、貴賓客車およびキハ2101号気動車が保存されていた。(現在はいずれも小坂鉄道レールパークに移設)
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
100.後三年合戦金沢資料館  ・〒013-0814秋田県横手市金沢中野字根小屋102-4
後三年合戦金沢資料館(ごさんねんかっせん かねざわしりょうかん)は、秋田県横手市金沢にある、1083年(永保3年)から1089年(寛治元年)にかけて奥羽地方で起きた内乱・後三年の役に関する歴史博物館。
Wikipedia    内容詳細  
101.史跡 尾去沢鉱山  ・〒018-5202秋田県鹿角市尾去沢字獅子沢13-5
史跡 尾去沢鉱山(しせきおさりざわこうざん)は、秋田県鹿角市にある尾去沢鉱山跡を利用したテーマパークである。1982年に前身のマインランド尾去沢としてオープンし、2008年4月より「史跡 尾去沢鉱山」に改称してリニューアルオープンした。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
102.TDK歴史みらい館  ・〒018-0402秋田県にかほ市平沢字画書面15
TDK歴史みらい館(TDKれきしみらいかん)は、秋田県にかほ市にあるTDK株式会社の企業博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
103.なまはげ館  ・〒010-0686秋田県男鹿市北浦真山字水喰沢
なまはげ館(なまはげかん)は、秋田県男鹿市にある資料館である。
Wikipedia    内容詳細  
104.秋田県立農業科学館  ・〒014-0073秋田県大仙市内小友字中沢171-4
秋田県立農業科学館(あきたけんりつのうぎょうかがくかん、英: Akita Prefectural Museum of Agricultural Science)は秋田県大仙市にある博物館。愛称はサン・アグリン。
Wikipedia    内容詳細  
105.フェライト子ども科学館  ・〒018-0402秋田県にかほ市平沢字宝田4-1
フェライト子ども科学館(ふぇらいとこどもかがくかん The Children's Ferrite and Science Museum)は、秋田県にかほ市に所在する市立の科学館である。 地上二階建て。一階には展示室と児童遊戯室があり、子どもたちが科学に親しみを覚えるための体験型の展示がされている。二階ではさまざまな実験教室が行われる研究工房、地域のサークル活動の拠点でもある多目的ギャラリーがあるほか、郷土の偉人であり、世界最初のフェライト工業化およびTDKの創立・発展に尽力した齋藤憲三、山崎貞一の業績を紹介するメモリアルホールがある。 また、科学館の周りには憩いの場としてサイエンスパークが整備されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
106.田沢湖郷土史料館  ・〒014-1204秋田県仙北市田沢湖田沢字春山145-1
田沢湖郷土史料館(たざわこきょうどしりょうかん)は、秋田県仙北市の田沢湖畔にあった市立の博物館。田沢湖にまつわる資料を所蔵・展示していた。開館は毎年4月20日から11月10日までであり、冬期は休館していた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
107.秋田県立博物館  ・〒010-0124秋田県秋田市金足鳰崎字後山52
秋田県立博物館(あきたけんりつはくぶつかん、Akita Prefectural Museum)は秋田県の考古、歴史、民俗、工芸、生物、地質を展示する総合博物館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
108.秋田市立佐竹史料館  ・〒010-0876秋田県秋田市千秋公園1-4
秋田市立佐竹史料館(あきたしりつさたけしりょうかん)は、秋田県秋田市にある市立の郷土史料館である。千秋公園の二の丸広場の近くに位置する。
Wikipedia    内容詳細  
109.秋田市立中央図書館明徳館  ・〒010-0875秋田市千秋明徳町4番4号
秋田市立中央図書館明徳館(あきたしりつちゅうおうとしょかん めいとくかん)は、秋田市千秋明徳町4-4にある秋田市立図書館の中央図書館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
110.秋田大学附属鉱業博物館  ・〒010-8502 日本・秋田県秋田市手形字大沢28番地2
秋田大学附属鉱業博物館(あきただいがくふぞくこうぎょうはくぶつかん、Mining Museum of Akita University)は、秋田県秋田市手形にある秋田大学附属の博物館である。 なお、2016年(平成28年)現在は大学院国際資源学研究科に附属する施設であるが、過去に何度か博物館を所管する大学組織が変更されていることから、本項では秋田大学附属鉱業博物館で統一して記述する。
Wikipedia    内容詳細  
111.仁別森林博物館  ・〒010-0824秋田県秋田市仁別字務沢国有林22林班
仁別森林博物館(にべつしんりんはくぶつかん)は、秋田市北東部の森林地帯にある林業専門の博物館。
Wikipedia    内容詳細  
112.ノースアジア大学雪国民俗館  ・〒010-8515秋田県秋田市下北手桜字守沢46番地1
北緯39度42分55.7秒 東経140度9分23.2秒 / 北緯39.715472度 東経140.156444度 / 39.715472; 140.156444 ノースアジア大学雪国民俗館(ノースアジアだいがくゆきぐにみんぞくかん)は、秋田県秋田市に所在する民俗資料を収蔵・展示している資料館。ノースアジア大学に付設する。国指定重要有形民俗文化財の大沼キッツや作業用覆面のコレクションがある。研究誌として『雪国民俗』を発行している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の科学館

113.秋田県児童会館  ・〒010-0955 日本 秋田県秋田市山王中島町1番2号
秋田県児童会館(あきたけんじどうかいかん)は、秋田県秋田市山王中島町にある文化施設である。児童館としての分類では、大型児童館(A型児童館)となっており、秋田県内では唯一の大型児童館となっている。
Wikipedia    内容詳細  
114.能代市子ども館  ・秋田県能代市大町10番1号
能代市子ども館(のしろしこどもかん)は、秋田県能代市大町にある教育文化施設である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の動物園

115.たいよう (キリン)
たいようは、秋田県秋田市の大森山動物園にいたキリン(アミメキリン)である。 骨折した脚を切断し義足を装着したことが各種メディアで報道され、「義足のキリンたいよう」として広く知られている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
116.秋田市大森山動物園  ・〒010-1654秋田県秋田市浜田字潟端154番地
秋田市大森山動物園(あきたしおおもりやまどうぶつえん)は、秋田県秋田市浜田字潟端にある秋田市立の動物園。愛称は「ミルヴェ」[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
117.阿仁熊牧場  ・〒018-4731秋田県北秋田市阿仁打当字陳場1番地39
阿仁熊牧場(あにくまぼくじょう)は、秋田県北秋田市の「阿仁マタギの里」内にあるクマの動物園(テーマパーク、観光牧場)。 2017年現在、東北地方唯一の熊牧場である。また、日本で唯一の自治体が設置したクマ牧場であるが[注釈 1]、運営は民間会社であった。2016年度からは市が直接運営している。熊に与えるための餌も販売している。 飼育するクマは、2008年ごろには100頭を超えていた。 2016年現在、48頭のツキノワグマ(うち幼獣7頭)、18頭のヒグマを飼育する[1]
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の植物園

118.美郷町ラベンダー園
美郷町ラベンダー園(みさとちょうラベンダーえん)とは、秋田県仙北郡美郷町千屋字大台野に所在する植物公園で、初夏にはラベンダーが楽しめる。毎年、6月中旬から7月上旬にかけ「ラベンダーまつり」が開催され、案内所が開設されるほか軽食や飲料を販売する店舗が出店する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
119.一つ森公園  ・日本秋田県秋田市下北手桜蛭沢141−7
一つ森公園(ひとつもりこうえん)は、秋田県秋田市にある都市公園(総合公園)である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
120.日本国花苑  ・日本秋田県南秋田郡井川町浜井川二階
日本国花苑(にほんこっかえん)は、秋田県南秋田郡井川町浜井川二階にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の文学館

121.石坂洋次郎文学記念館  ・〒013-0005秋田県横手市幸町2番10号
石坂洋次郎文学記念館(いしざかようじろうぶんがくきねんかん、英語: Yojiro Ishizaka Memorial Hall)は、秋田県横手市幸町にある石坂洋次郎の記念館[1]。1988年に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
122.新潮社記念文学館  ・秋田県仙北市角館町田町上丁23
新潮社記念文学館(しんちょうしゃきねんぶんがくかん)は、秋田県仙北市角館町にある文学館。仙北市総合情報センター学習資料館に併設されている。 新潮社創設者である佐藤義亮は旧角館町(現仙北市)の荒物屋を営む両親の元に生まれ、読書好きな父の影響で子どもの頃から書籍に親しんだ。17歳の時に上京し、印刷工などを経て、出版界に身を投じ、1904年(明治37年)に雑誌『新潮』を創刊[1]。1922年(大正11年)に郷里に図書館ができたことを機に、自らの蔵書や出版物を寄贈し始め[1][2]、義亮以降の歴代社主もこの風習を続けた[1]。 旧角館町が町立図書館の建て直しを検討した際、町のため、たくさんの本を寄贈してくれた佐藤の功績を讃えようと「文学館」構想が浮上し[1]、2000年(平成12年)4月に開館した[2]。外観は武家屋敷の街並みが残る角館にふさわしい蔵造りで、外壁には戦後、新潮社が出版事業を再開した折、現在の原型となる新潮文庫第1号が川端康成の『雪国』だったことに因み、文庫本のオブジェとして、その冒頭が開いた形で埋め込まれている[1]。展示は新潮社の歩みとともに明治以降の日本近代文学をたどる構成となり[3]、角館で過ごした体験を描いた『北の河』で芥川賞を受賞した高井有一が名誉館長を務めてきたが[1]、高井は2016年(平成28年)に亡くなった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の美術館

123.秋田県立近代美術館  ・〒013-0064秋田県横手市赤坂字富ヶ沢62-46
秋田県立近代美術館(あきたけんりつきんだいびじゅつかん、英語: Akita Museum of Modern Art)は、秋田県横手市の「秋田ふるさと村」内に位置する県立の美術館。 小田野直武、佐竹義躬などの秋田蘭画、福田豊四郎、平福穂庵、平福百穂、勝平得之、小西正太郎、寺崎広業など近代絵画(版画ふくむ)、松井如流の書、関谷四郎の工芸作品など秋田県にゆかりのある作家の作品を中心に展示している。2013年現在の館長は河野元昭。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
124.秋田県立美術館 平野政吉コレクション  ・〒010-0001秋田県秋田市中通一丁目4番2号
秋田県立美術館 平野政吉コレクション(あきたけんりつびじゅつかん ひらのまさきちコレクション)は秋田県秋田市のエリアなかいち内にある美術館。『秋田の行事』(1937年)をはじめ、1930年代を中心とした藤田嗣治(レオナール・フジタ)作品を多く収蔵しており、これら収蔵品の多くは藤田と交友のあった秋田の資産家、美術蒐集家である平野政吉(1895 - 1989)の蒐集によるものである。 2013年(平成25年)9月28日、近接する千秋公園内より旧秋田県立美術館(平野政吉美術館)が移転、再オープンして開館した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
125.秋田市立赤れんが郷土館  ・〒010-0921秋田県秋田市大町3-3-21
秋田市立赤れんが郷土館(あきたしりつあかれんがきょうどかん)は、秋田県秋田市にある市立の郷土史料館・美術館である。旧秋田銀行の本店として1912年(明治45年)に完成した赤れんが館(重要文化財)[1]をメインに、新館、収蔵庫および少し離れたところにある分館、秋田市民俗芸能伝承館(通称ねぶり流し館)からなる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
126.秋田市立千秋美術館  ・〒010-0001秋田県秋田市中通二丁目3-8
秋田市立千秋美術館(あきたしりつせんしゅうびじゅつかん)は秋田総合生活文化会館・美術館(愛称:アトリオン)内に1989年(平成元年)に開館された市立美術館。
Wikipedia    内容詳細  
127.大村美術館  ・〒014-0326 日本 秋田県仙北市角館町山根町39-1
大村美術館(おおむらびじゅつかん)は、秋田県仙北市角館町山根町に所在する私営美術館である。 1995年に開設され、アール・ヌーヴォー、アール・デコの時代に活躍したルネ・ラリックの作品を専門に展示している。ルネ・ラリックのガラス工芸作品と関連資料など約400点余を所蔵し、コレクションの中からテーマを定めて70 - 80点程度を2 - 3か月おきに入れ替え展示しており、カフェを併設している。 座標: 北緯39度35分57.3秒 東経140度33分46.7秒 / 北緯39.599250度 東経140.562972度 / 39.599250; 140.562972
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
128.横手市増田まんが美術館  ・〒019-0701秋田県横手市増田町増田字新町285番地
横手市増田まんが美術館(よこてしますだまんがびじゅつかん)は、秋田県横手市増田町にある美術館。増田町出身の漫画家である矢口高雄の偉業を記念し、1995年(平成7年)10月に日本で初めて「漫画の原画」をテーマにした美術館として開館した[3]。
Wikipedia    内容詳細  

秋田県の人物記念館

129.白瀬南極探検隊記念館  ・〒018-0302秋田県にかほ市黒川字岩潟15番地3
白瀬南極探検隊記念館(しらせなんきょくたんけんたいきねんかん、The Shirase Antaractic Expedition Memorial Museum)は、秋田県にかほ市にある市立の科学館・記念館である。 当地出身の探検家であり、日本人で初めて南極探検に挑んだ陸軍中尉白瀬矗(しらせ のぶ)の業績を記念するため、1990年(平成2年)に旧金浦町に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
130.美郷町歴史民俗資料館・佐々木毅記念室
美郷町歴史民俗資料館・佐々木毅記念室(みさとちょうれきしみんぞくしりょうかん・ささきたけしきねんしつ)は秋田県美郷町畑屋地内に所在する歴史民俗資料館。美郷町出身の政治学者佐々木毅の蔵書や資料等を併設展示している。2015年(平成27年)10月にオープンした。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の鉄道

131.あきた白神駅
あきた白神駅(あきたしらかみえき)は、秋田県山本郡八峰町八森字御所の台(ごしょのだい)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
132.飯詰駅
飯詰駅(いいづめえき)は、秋田県仙北郡美郷町上深井字谷地中(やちなか)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。横手盆地のほぼ中央に所在し、羽州街道の重要な宿駅であった仙北郡六郷町と雄物川・横手川舟運で栄えた角間川町のほぼ中間に位置する[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
133.井川さくら駅
井川さくら駅(いかわさくらえき)は、秋田県南秋田郡井川町浜井川字新堰(しんぜき)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
134.岩館駅
岩館駅(いわだてえき)は、秋田県山本郡八峰町八森字釜の上にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である[1]。秋田県最北端の鉄道駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
135.院内駅  ・秋田県湯沢市上院内字小沢115
院内駅(いんないえき)は、秋田県湯沢市上院内字小沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
136.羽後飯塚駅  ・秋田県潟上市飯田川飯塚字中谷地45
羽後飯塚駅(うごいいづかえき)は、秋田県潟上市飯田川飯塚字中谷地(なかやち)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
137.大久保駅 (秋田県)  ・秋田県潟上市昭和大久保字街道下3-1
大久保駅(おおくぼえき)は、秋田県潟上市昭和大久保字街道下にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
138.男鹿駅  ・秋田県男鹿市船川港船川字新浜町1
男鹿駅(おがえき)は、秋田県男鹿市船川港船川字新浜町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線の駅。男鹿線の終着駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
139.鹿渡駅
鹿渡駅(かどえき)は、秋田県山本郡三種町鹿渡字東二本柳にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
140.上浜駅  ・秋田県にかほ市象潟町洗釜字砂山4
上浜駅(かみはまえき)は、秋田県にかほ市象潟町洗釜(あらいがま)字砂山にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
141.上二田駅  ・秋田県潟上市天王字蒲沼8
上二田駅(かみふただえき)は、秋田県潟上市天王字蒲沼(がまぬま)にある東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
142.上湯沢駅  ・秋田県湯沢市関口字堀量88
上湯沢駅(かみゆざわえき)は、秋田県湯沢市関口字堀量(ほうりょう)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
143.象潟駅  ・秋田県にかほ市象潟町字家の後23
象潟駅(きさかたえき)は、秋田県にかほ市象潟町字家の後(いえのうしろ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
144.北金岡駅  ・秋田県山本郡三種町志戸橋字新田[1]
北金岡駅(きたかなおかえき)は、秋田県山本郡三種町志戸橋(しとばし)字新田(しんでん)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
145.鯉川駅  ・秋田県山本郡三種町鯉川字大深根[1]
鯉川駅(こいかわえき)は、秋田県山本郡三種町鯉川字大深根にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
146.小砂川駅
小砂川駅(こさがわえき)は、秋田県にかほ市象潟町小砂川字小田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
147.後三年駅
後三年駅(ごさんねんえき)は、秋田県仙北郡美郷町飯詰字東山本にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
148.金浦駅  ・秋田県にかほ市金浦字十二林94
金浦駅(このうらえき)は、秋田県にかほ市金浦字十二林(じゅうにばやし)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
149.沢目駅
沢目駅(さわめえき)は、秋田県山本郡八峰町峰浜水沢字寺ノ後(てらのうしろ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
150.下湯沢駅  ・秋田県湯沢市成沢字上堤105
下湯沢駅(しもゆざわえき)は、秋田県湯沢市成沢(なりさわ)字上堤(かみつつみ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
151.滝ノ間駅
滝ノ間駅(たきのまえき)は、秋田県山本郡八峰町八森字滝の間にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
152.出戸浜駅  ・秋田県潟上市天王字北野223
出戸浜駅(でとはまえき)は、秋田県潟上市天王字北野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
153.天王駅  ・秋田県潟上市天王字道合18
天王駅(てんのうえき)は、秋田県潟上市天王字道合(みちあい)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
154.仁賀保駅  ・秋田県にかほ市平沢字清水18-3
仁賀保駅(にかほえき)は、秋田県にかほ市平沢字清水にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
155.羽立駅  ・秋田県男鹿市船川港比詰字大巻103
羽立駅(はだちえき)は、秋田県男鹿市船川港比詰(ふながわみなとひづめ)字大巻(おおまき)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
156.八森駅  ・秋田県山本郡八峰町八森字中浜[1]41-3
八森駅(はちもりえき)は、秋田県山本郡八峰町八森字中浜にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である[1]。八峰町の代表駅で、旧八森町の中心に近い。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
157.八郎潟駅  ・秋田県南秋田郡八郎潟町字中田85-2
八郎潟駅(はちろうがたえき)は、秋田県南秋田郡八郎潟町字中田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
158.東八森駅
東八森駅(ひがしはちもりえき)は、秋田県山本郡八峰町八森字上家後(かみいえうしろ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
159.二田駅  ・秋田県潟上市天王字上江川47
二田駅(ふただえき)は、秋田県潟上市天王字上江川にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
160.船越駅  ・秋田県男鹿市船越字狐森52
船越駅(ふなこしえき)は、秋田県男鹿市船越字狐森(きつねもり)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
161.三関駅  ・秋田県湯沢市上関字二ツ橋5
三関駅(みつせきえき)は、秋田県湯沢市上関字二ツ橋[注釈 1]にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
162.森岳駅  ・秋田県山本郡三種町森岳字町尻[1]
森岳駅(もりたけえき)は、秋田県山本郡三種町森岳字町尻にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
163.湯沢駅  ・秋田県湯沢市表町二丁目2-10
湯沢駅(ゆざわえき)は、秋田県湯沢市表町二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
164.横堀駅  ・秋田県湯沢市小野字西堺127-2
横堀駅(よこぼりえき)は、秋田県湯沢市小野字西堺にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
165.脇本駅  ・秋田県男鹿市脇本字曲田13-2
脇本駅(わきもとえき)は、秋田県男鹿市脇本字曲田(まがりた)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)男鹿線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
166.秋田駅  ・秋田県秋田市中通七丁目1-2
秋田駅(あきたえき)は、秋田県秋田市中通七丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
167.秋田貨物駅  ・秋田県秋田市泉菅野一丁目19-1
秋田貨物駅(あきたかもつえき)は、秋田県秋田市泉菅野にある、日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅。奥羽本線所属で、秋田県最大の貨物駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
168.秋田港駅  ・秋田県秋田市土崎港西一丁目12
秋田港駅(あきたこうえき)は、秋田県秋田市土崎港西一丁目にある日本貨物鉄道(JR貨物)・東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線貨物支線(通称:秋田港線)の駅。かつては秋田臨海鉄道線も乗り入れていた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
169.新屋駅 (秋田県)  ・秋田県秋田市新屋扇町9-33
新屋駅(あらやえき)は、秋田県秋田市新屋扇町(おおぎまち)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
170.泉外旭川駅  ・秋田県秋田市泉菅野二丁目18番地[報道 1][報道 2]
泉外旭川駅(いずみそとあさひかわえき)は、秋田県秋田市泉菅野二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[報道 2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
171.羽後牛島駅  ・秋田県秋田市牛島西一丁目4-17
羽後牛島駅(うごうしじまえき)は、秋田県秋田市牛島西一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
172.追分駅 (秋田県)
追分駅(おいわけえき)は、秋田県秋田市金足追分(かなあしおいわけ)字海老穴(えびあな)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
173.大張野駅  ・秋田県秋田市河辺神内字四国14
大張野駅(おおばりのえき)は、秋田県秋田市河辺神内(かわべじんない)字四国(しこく)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
174.桂根駅  ・秋田県秋田市下浜桂根字浜添173
桂根駅(かつらねえき)は、秋田県秋田市下浜桂根字浜添(はまぞえ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
175.上飯島駅  ・秋田県秋田市飯島鼠田
上飯島駅(かみいいじまえき)は、秋田県秋田市飯島鼠田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
176.下浜駅  ・秋田県秋田市下浜羽川字下野1
下浜駅(しもはまえき)は、秋田県秋田市下浜羽川(はねかわ)字下野(しもの)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
177.土崎駅
土崎駅(つちざきえき)は、秋田県秋田市土崎港中央六丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
178.四ツ小屋駅
四ツ小屋駅(よつごやえき)は、秋田県秋田市四ツ小屋小阿地(こあじ)字柳林にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
179.和田駅  ・秋田県秋田市河辺和田字上中野129
和田駅(わだえき)は、秋田県秋田市河辺和田字上中野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
180.秋田北港駅  ・秋田県秋田市飯島古道下川端
秋田北港駅(あきたきたこうえき)は、秋田県秋田市飯島古道下川端にあった秋田臨海鉄道線(北線)の貨物駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
181.秋田博前駅  ・秋田県秋田市新屋町字砂奴寄(現・向浜一丁目)
秋田博前駅(あきたはくまええき)は、秋田県秋田市新屋町(あらやまち)字砂奴寄(さぬき)にあった、秋田臨海鉄道線(南線)の臨時旅客駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
182.穀保町駅  ・秋田県秋田市土崎港穀保町130-1
穀保町駅(こくぼちょうえき)は、かつて秋田県秋田市土崎港穀保町に存在した秋田臨海鉄道秋田臨海鉄道線の貨物駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
183.中島埠頭駅  ・秋田県秋田市土崎港相染町土浜
中島埠頭駅(なかじまふとうえき)は、秋田県秋田市土崎港相染町土浜にあった、秋田臨海鉄道の貨物駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
184.向浜駅  ・秋田県秋田市向浜1丁目
向浜駅(むかいはまえき)は、秋田県秋田市向浜1丁目にあった秋田臨海鉄道線(南線)の貨物駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
185.扇田駅  ・秋田県大館市比内町扇田字上中島12
扇田駅(おうぎたえき)は、秋田県大館市比内町扇田字上中島にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
186.大滝温泉駅  ・秋田県大館市十二所字上川代17
大滝温泉駅(おおたきおんせんえき)は、秋田県大館市十二所字上川代(かみかわしろ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
187.大館駅  ・秋田県大館市御成町[1] 一丁目3-1
大館駅(おおだてえき)は、秋田県大館市御成町(おなりちょう)一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
188.沢尻駅  ・秋田県大館市十二所字川端5
沢尻駅(さわじりえき)は、秋田県大館市十二所字川端にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
189.下川沿駅  ・秋田県大館市川口字隼人岱[1]
下川沿駅(しもかわぞいえき)は、秋田県大館市川口字隼人岱(はやとだい)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
190.十二所駅  ・秋田県大館市十二所字荒町42
十二所駅(じゅうにしょえき)は、秋田県大館市十二所字荒町(あらまち)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
191.白沢駅 (秋田県)  ・秋田県大館市白沢字白沢[1]
白沢駅(しらさわえき)は、秋田県大館市白沢字白沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
192.陣場駅  ・秋田県大館市長走字相染台
陣場駅(じんばえき)は、秋田県大館市長走(ながばしり)字相染台(そうぜんだい)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
193.早口駅  ・秋田県大館市早口字弥五郎沢[1]
早口駅(はやぐちえき)は、秋田県大館市早口字弥五郎沢(やごろうさわ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
194.東大館駅  ・秋田県大館市常盤木町14-1
東大館駅(ひがしおおだてえき)は、秋田県大館市常盤木町(ときわぎちょう)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
195.篭谷駅  ・秋田県大館市雪沢字篭谷
篭谷駅(かごやえき)とは、秋田県大館市雪沢字篭谷にあった小坂製錬小坂線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
196.小雪沢駅  ・秋田県大館市雪沢字下谷地
小雪沢駅(こゆきざわえき)は、かつて秋田県大館市雪沢字下谷地にあった同和鉱業(現・小坂製錬)小坂線(小坂鉄道)の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
197.茂内駅  ・秋田県大館市雪沢字茂内屋布5-1
茂内駅(しげないえき)は、かつて秋田県大館市雪沢字茂内にあった小坂製錬小坂線の貨物駅(廃駅)である。2014年4月以降大館市の所有になる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
198.新沢駅  ・秋田県大館市雪沢字前谷地
新沢駅(しんさわえき)は、かつて秋田県大館市雪沢にあった小坂製錬小坂線(小坂鉄道)の駅(廃駅)である。2014年4月以降大館市の所有になる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
199.岱野駅  ・秋田県大館市上代野中岱3-1
岱野駅(たいのえき)は、かつて秋田県大館市上代野中岱3-1にあった小坂製錬小坂線(小坂鉄道)の駅(廃駅)である。2014年4月以降大館市の所有になる[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
200.長木沢駅  ・秋田県北秋田郡長木村
長木沢駅(ながきさわえき)は、秋田県北秋田郡長木村(現・大館市)にあった、小坂鉄道小坂線長木沢支線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
201.花岡駅 (秋田県)  ・秋田県大館市花岡町堤沢
花岡駅(はなおかえき)は、かつて秋田県大館市花岡町堤沢にあった同和鉱業花岡線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
202.東岱野駅  ・秋田県大館市大茂内字中瘤木台
東岱野駅(ひがしたいのえき)は、かつて秋田県大館市大茂内字中瘤木台にあった小坂製錬小坂線(小坂鉄道)の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
203.深沢駅  ・秋田県大館市雪沢字楢ノ木岱
深沢駅(ふかさわえき)は、かつて秋田県大館市雪沢字楢ノ木岱にあった小坂製錬小坂線(小坂鉄道)の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
204.松峯駅  ・秋田県大館市松峰字西松峰
松峯駅(まつみねえき)は、かつて秋田県大館市松峰字西松峰にあった同和鉱業花岡線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
205.雪沢温泉駅  ・秋田県大館市雪沢字小雪沢
雪沢温泉駅(ゆきさわおんせんえき)は、かつて秋田県大館市雪沢字小雪沢にあった小坂製錬小坂線(小坂鉄道)の駅(廃駅)である。廃線後も取り壊されていなかった駅舎などは、2014年4月以降大館市の所有になる[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
206.鹿角花輪駅  ・秋田県鹿角市花輪字下中島10
鹿角花輪駅(かづのはなわえき)は、秋田県鹿角市花輪字下中島にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
207.柴平駅  ・秋田県鹿角市花輪字堰ノ口
柴平駅(しばひらえき)は、秋田県鹿角市花輪字堰ノ口(せきのくち)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
208.末広駅  ・秋田県鹿角市十和田末広字向平
末広駅(すえひろえき)は、秋田県鹿角市十和田末広字向平(むかいたい)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
209.土深井駅  ・秋田県鹿角市十和田末広字下モ平
土深井駅(どぶかいえき)は、秋田県鹿角市十和田末広字下モ平(しもたい)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
210.十和田南駅  ・秋田県鹿角市十和田錦木字浜田100
十和田南駅(とわだみなみえき)は、秋田県鹿角市十和田錦木(にしきぎ)字浜田にある東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
211.八幡平駅  ・秋田県鹿角市八幡平字小山60-3
八幡平駅(はちまんたいえき)は、秋田県鹿角市八幡平字小山にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
212.湯瀬温泉駅  ・秋田県鹿角市八幡平字湯瀬53-4
湯瀬温泉駅(ゆぜおんせんえき)は、秋田県鹿角市八幡平湯瀬にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。秋田県の鉄道駅としては最も東にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
213.陸中大里駅  ・秋田県鹿角市八幡平字永田35
陸中大里駅(りくちゅうおおさとえき)は、秋田県鹿角市八幡平字永田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)花輪線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
214.合川駅  ・秋田県北秋田市下杉字川井境
合川駅(あいかわえき)は秋田県北秋田市下杉字川井境にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。急行「もりよし」停車駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
215.阿仁合駅  ・秋田県北秋田市阿仁銀山字下新町
阿仁合駅(あにあいえき)は、秋田県北秋田市阿仁銀山字下新町にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。終日社員配置駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
216.阿仁前田温泉駅  ・秋田県北秋田市小又字堂ノ下
阿仁前田温泉駅(あにまえだおんせんえき)は、秋田県北秋田市小又字堂ノ下にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。簡易委託駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
217.阿仁マタギ駅  ・秋田県北秋田市阿仁中村
阿仁マタギ駅(あにマタギえき)は秋田県北秋田市阿仁中村にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
218.荒瀬駅  ・秋田県北秋田市阿仁荒瀬字中野
荒瀬駅(あらせえき)は秋田県北秋田市阿仁荒瀬字中野にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。無人駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
219.岩野目駅  ・秋田県北秋田市阿仁幸屋渡字岩ノ目沢道下
岩野目駅(いわのめえき)は秋田県北秋田市阿仁幸屋渡字岩ノ目沢道下にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。無人駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
220.大野台駅  ・秋田県北秋田市上杉字金沢
大野台駅(おおのだいえき)は秋田県北秋田市上杉字金沢にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
221.笑内駅  ・秋田県北秋田市阿仁笑内字笑内
笑内駅(おかしないえき)は秋田県北秋田市阿仁笑内字笑内にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。無人駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
222.奥阿仁駅  ・秋田県北秋田市阿仁戸鳥内字小倉岱
奥阿仁駅(おくあにえき)は秋田県北秋田市阿仁戸鳥内字小倉岱にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
223.桂瀬駅  ・秋田県北秋田市桂瀬
桂瀬駅(かつらせえき)は、秋田県北秋田市桂瀬にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線(スマイルレール秋田内陸線)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
224.上杉駅  ・秋田県北秋田市上杉字相染岱
上杉駅(かみすぎえき)は秋田県北秋田市上杉字相染岱にある秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
225.萱草駅  ・秋田県北秋田市阿仁萱草字水上口
萱草駅(かやくさえき)は秋田県北秋田市阿仁萱草字水上口にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。無人駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
226.小渕駅  ・秋田県北秋田市阿仁小渕字谷地
小渕駅(こぶちえき)は、秋田県北秋田市阿仁小渕字谷地にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
227.縄文小ヶ田駅  ・秋田県北秋田市脇神字小ヶ田囲ノ内
縄文小ヶ田駅(じょうもんおがたえき)は、秋田県北秋田市脇神字小ヶ田にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
228.鷹ノ巣駅  ・秋田県北秋田市松葉町
鷹ノ巣駅(たかのすえき)は、秋田県北秋田市松葉町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
229.西鷹巣駅  ・秋田県北秋田市鷹巣字東中岱57
西鷹巣駅(にしたかのすえき)は、秋田県北秋田市鷹巣字東中岱にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
230.糠沢駅  ・秋田県北秋田市綴子字下谷地[1]
糠沢駅(ぬかざわえき)は、秋田県北秋田市綴子(つづれこ)字下谷地(したやち)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
231.比立内駅  ・秋田県北秋田市阿仁比立内
比立内駅(ひたちないえき)は、秋田県北秋田市阿仁比立内にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。国鉄時代は旧阿仁合線の終着駅であった。委託駅員が配置されていたが現在は無人駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
232.前田南駅  ・秋田県北秋田市五味堀字堂ノ前
前田南駅(まえだみなみえき)は秋田県北秋田市五味堀字堂ノ前にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
233.前山駅  ・秋田県北秋田市前山字綱前[1]
前山駅(まえやまえき)は、秋田県北秋田市前山字綱前(つなまえ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
234.米内沢駅  ・秋田県北秋田市米内沢字上野
米内沢駅(よないざわえき)は秋田県北秋田市米内沢字上野にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
235.羽後太田駅  ・秋田県仙北市田沢湖角館東前郷字折橋
羽後太田駅(うごおおたえき)は秋田県仙北市田沢湖角館東前郷字折橋にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
236.羽後中里駅  ・秋田県仙北市西木町桧木内字中里
羽後中里駅(うごなかざとえき)は秋田県仙北市西木町桧木内字中里にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
237.羽後長戸呂駅  ・秋田県仙北市西木町桧木内字長戸呂
羽後長戸呂駅(うごながとろえき)は秋田県仙北市西木町桧木内字長戸呂にある秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
238.角館駅  ・秋田県仙北市角館町中菅沢
角館駅(かくのだてえき)は、秋田県仙北市角館町中菅沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・秋田内陸縦貫鉄道の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
239.上桧木内駅  ・秋田県仙北市西木町上桧木内字寺村
上桧木内駅(かみひのきないえき)は秋田県仙北市西木町上桧木内字寺村にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
240.西明寺駅  ・秋田県仙北市西木町門屋六本杉
西明寺駅(さいみょうじえき)は秋田県仙北市西木町門屋六本杉にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
241.刺巻駅  ・秋田県仙北市田沢湖刺巻字大道242
刺巻駅(さしまきえき)は、秋田県仙北市田沢湖刺巻にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
242.左通駅  ・秋田県仙北市西木町上桧木内字左通
左通駅(さどおりえき)は秋田県仙北市西木町上桧木内字左通にある秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
243.志度内信号場  ・秋田県仙北市田沢湖生保内字シトナイ沢
志度内信号場(しどないしんごうじょう)は、秋田県仙北市にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
244.生田駅 (秋田県)  ・秋田県仙北市田沢湖神代字街道南53
生田駅(しょうでんえき)は、秋田県仙北市田沢湖神代にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
245.神代駅 (秋田県)  ・秋田県仙北市田沢湖卒田字白籏75-4
神代駅(じんだいえき)は、秋田県仙北市田沢湖卒田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
246.田沢湖駅  ・秋田県仙北市田沢湖生保内字男坂68
田沢湖駅(たざわこえき)は、秋田県仙北市田沢湖生保内にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
247.戸沢駅  ・秋田県仙北市西木町上桧木内字東下戸沢
戸沢駅(とざわえき)は秋田県仙北市西木町上桧木内字東戸沢にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
248.松葉駅  ・秋田県仙北市西木町桧木内字松葉
松葉駅(まつばえき)は秋田県仙北市西木町桧木内字松葉にある、秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅である。日本国有鉄道(国鉄)時代は角館線の終着駅であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
249.八津駅  ・秋田県仙北市西木町小山田字八津
八津駅(やつえき)は秋田県仙北市西木町小山田字八津にある秋田内陸縦貫鉄道秋田内陸線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
250.鶯野駅  ・秋田県大仙市下鶯野字上村89
鶯野駅(うぐいすのえき)は、秋田県大仙市下鶯野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
251.羽後境駅  ・秋田県大仙市協和境字野田128-1
羽後境駅(うごさかいえき)は、秋田県大仙市協和境字野田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
252.羽後長野駅  ・秋田県大仙市長野字柳田199-2
羽後長野駅(うごながのえき)は、秋田県大仙市長野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
253.羽後四ツ屋駅  ・秋田県大仙市四ツ屋字前田433
羽後四ツ屋駅(うごよつやえき)は、秋田県大仙市四ツ屋にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
254.大曲駅 (秋田県)  ・秋田県大仙市大曲通町6-1
大曲駅(おおまがりえき)は、秋田県大仙市大曲通町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
255.刈和野駅  ・秋田県大仙市刈和野字愛宕下119
刈和野駅(かりわのえき)は、秋田県大仙市刈和野字愛宕下(あたごした)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
256.北大曲駅  ・秋田県大仙市四ツ屋字下新谷地192
北大曲駅(きたおおまがりえき)は、秋田県大仙市四ツ屋にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
257.神宮寺駅  ・秋田県大仙市神宮寺字本郷野21
神宮寺駅(じんぐうじえき)は、秋田県大仙市神宮寺字本郷野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
258.峰吉川駅  ・秋田県大仙市協和峰吉川字半仙64-1
峰吉川駅(みねよしかわえき)は、秋田県大仙市協和峰吉川字半仙(はんせん)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
259.鑓見内駅  ・秋田県大仙市鑓見内字大根田242
鑓見内駅(やりみないえき)は、秋田県大仙市鑓見内にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)田沢湖線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
260.北能代駅  ・秋田県能代市竹生字前田[1]20
北能代駅(きたのしろえき)は、秋田県能代市竹生(たこう)字前田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
261.鶴形駅  ・秋田県能代市鶴形字草沢[1]
鶴形駅(つるがたえき)は、秋田県能代市鶴形字草沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
262.富根駅  ・秋田県能代市二ツ井町飛根字町頭[1]
富根駅(とみねえき)は、秋田県能代市二ツ井町飛根(とぶね)字町頭(まちがしら)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
263.鳥形駅  ・秋田県能代市坂形字鳥形[1]
鳥形駅(とりがたえき)は、秋田県能代市坂形(さかがた)字鳥形にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
264.能代駅  ・秋田県能代市元町[1]14-40
能代駅(のしろえき)は、秋田県能代市元町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
265.東能代駅  ・秋田県能代市鰄渕字下悪戸[1]
東能代駅(ひがしのしろえき)は、秋田県能代市鰄渕(かいらげふち)字下悪戸(しもあくど)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
266.二ツ井駅  ・秋田県能代市二ツ井町字太田面[1]
二ツ井駅(ふたついえき)は、秋田県能代市二ツ井町字太田面(おおたもて)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
267.南能代信号場  ・秋田県能代市河戸川
南能代信号場(みなみのしろしんごうじょう)は、秋田県能代市河戸川にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
268.向能代駅  ・秋田県能代市落合字下小野[1]70-7
向能代駅(むかいのしろえき)は、秋田県能代市落合字下小野にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)五能線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
269.鮎川駅  ・秋田県由利本荘市東鮎川
鮎川駅(あゆかわえき)は、秋田県由利本荘市東鮎川にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅である。無人駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
270.岩城みなと駅
岩城みなと駅(いわきみなとえき)は、秋田県由利本荘市岩城内道川字水呑場(みずのみば)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
271.羽後岩谷駅
羽後岩谷駅(うごいわやえき)は、秋田県由利本荘市岩谷町字川端にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
272.羽後亀田駅  ・秋田県由利本荘市松ヶ崎字高野62
羽後亀田駅(うごかめだえき)は、秋田県由利本荘市松ヶ崎字高野(たかや)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
273.羽後本荘駅  ・秋田県由利本荘市西梵天85-1
羽後本荘駅(うごほんじょうえき)は、秋田県由利本荘市西梵天(にしぼんてん)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・由利高原鉄道の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
274.折渡駅
折渡駅(おりわたりえき)は、秋田県由利本荘市岩城上黒川字泉田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
275.川辺駅  ・秋田県由利本荘市矢島町川辺
川辺駅(かわべえき)は、秋田県由利本荘市矢島町川辺にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
276.久保田駅 (秋田県)  ・秋田県由利本荘市久保田
久保田駅(くぼたえき)は、秋田県由利本荘市久保田にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅である。無人駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
277.黒沢駅 (秋田県由利本荘市)  ・秋田県由利本荘市黒沢
黒沢駅(くろさわえき)は、秋田県由利本荘市黒沢にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅である。無人駅[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
278.子吉駅  ・秋田県由利本荘市玉ノ池落シ14-8
子吉駅(こよしえき)は、秋田県由利本荘市玉ノ池にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅である。玉ノ池簡易郵便局を併設している[2]。無人駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
279.出戸信号場  ・秋田県由利本荘市西目町出戸
出戸信号場(でとしんごうじょう)は、秋田県由利本荘市西目町出戸にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
280.西滝沢駅  ・秋田県由利本荘市蟹沢
西滝沢駅(にしたきさわえき)は、秋田県由利本荘市蟹沢にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
281.西目駅
西目駅(にしめえき)は、秋田県由利本荘市西目町沼田字弁天前にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
282.二古信号場  ・秋田県由利本荘市岩城二古
二古信号場(ふたごしんごうじょう)は、秋田県由利本荘市岩城二古にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の信号場である。1976年までは旅客乗降の取扱もしていた[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
283.前郷駅  ・秋田県由利本荘市前郷
前郷駅(まえごうえき)は、秋田県由利本荘市前郷にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
284.曲沢駅  ・秋田県由利本荘市前郷
曲沢駅(まがりさわえき)は、秋田県由利本荘市前郷にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅である。無人駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
285.道川駅
道川駅(みちかわえき)は、秋田県由利本荘市岩城内道川字井戸ノ沢にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
286.薬師堂駅 (秋田県)  ・秋田県由利本荘市薬師堂
薬師堂駅(やくしどうえき)は、秋田県由利本荘市薬師堂にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅である。無人駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
287.矢島駅  ・秋田県由利本荘市矢島町七日町字羽坂
矢島駅(やしまえき)は、秋田県由利本荘市矢島町七日町字羽坂にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅。同線の終着駅となっている。社員配置駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
288.吉沢駅  ・秋田県由利本荘市吉沢
吉沢駅(よしざわえき)は、秋田県由利本荘市吉沢にある、由利高原鉄道鳥海山ろく線の駅である。無人駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
289.浮蓋駅  ・秋田県由利郡下郷村老方(現・由利本荘市老方)
浮蓋駅(うきぶたえき)は、秋田県由利郡下郷村老方(後に旧・平鹿郡東由利村、東由利町を経て現・由利本荘市東由利老方)にあった羽後交通横荘線(旧・横荘鉄道)の駅(廃駅)である。横荘線の部分廃線に伴い1953年(昭和28年)8月5日に廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
290.老方駅  ・秋田県由利郡下郷村老方(現・由利本荘市東由利老方)
老方駅(おいかたえき)は、秋田県由利郡下郷村老方(後に旧・由利郡東由利村、東由利町を経て現・由利本荘市東由利老方)にあった羽後交通横荘線(旧・横荘鉄道)の駅(廃駅)である。横荘線の部分廃線に伴い1953年(昭和28年)8月5日に廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
291.相野々駅  ・秋田県横手市山内土渕字中島28-2
相野々駅(あいののえき)は、秋田県横手市山内土渕(さんないつちぶち)字中島にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)北上線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
292.黒沢駅 (秋田県横手市)  ・秋田県横手市山内黒沢字蒲坂57
黒沢駅(くろさわえき)は、秋田県横手市山内黒沢(さんないくろさわ)字蒲坂(がまざか)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)北上線の駅である。横手駅管理の無人駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
293.小松川駅
小松川駅(こまつかわえき)は、秋田県横手市山内(さんない)小松川字中田谷地(なかたやち)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)北上線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
294.十文字駅  ・秋田県横手市十文字町字大道東18-1
十文字駅(じゅうもんじえき)は、秋田県横手市十文字町字大道東(だいどうひがし)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
295.醍醐駅 (秋田県)  ・秋田県横手市平鹿町醍醐字太茂田8
醍醐駅(だいごえき)は、秋田県横手市平鹿町醍醐字太茂田(たもでん)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
296.柳田駅  ・秋田県横手市柳田字柳田175
柳田駅(やなぎたえき)は、秋田県横手市柳田(やなぎだ)字柳田(やなぎた)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
297.横手駅  ・秋田県横手市駅前町5-1
横手駅(よこてえき)は、秋田県横手市駅前町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の公園

298.赤坂総合公園  ・ 日本秋田県横手市赤坂字大沼沢48
赤坂総合公園(あかさかそうごうこうえん)は、秋田県横手市赤坂字大沼沢にある都市公園(総合公園)[1]。敷地面積は33.50ha[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
299.秋田県立小泉潟公園  ・ 日本秋田県秋田市金足鳰崎字後谷地21
秋田県立小泉潟公園(あきたけんりつこいずみがたこうえん)とは、秋田県秋田市にある県立公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
300.秋田県立中央公園  ・秋田県秋田市雄和
秋田県立中央公園(あきたけんりつちゅうおうこうえん)とは、秋田県秋田市雄和にある公園であり、秋田空港を取り囲むようにして整備されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
301.秋田県立北欧の杜公園  ・ 日本秋田県北秋田市上杉
秋田県立北欧の杜公園(あきたけんりつほくおうのもりこうえん)は、秋田県北秋田市にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
302.秋田白神県立自然公園
秋田白神県立自然公園(あきたしらかみけんりつしぜんこうえん)は、秋田県の北部に位置する県立自然公園。2004年(平成16年)8月24日指定。秋田県内の県立自然公園としては1975年(昭和50年)以来約30年ぶりの新規指定であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
303.浅舞公園  ・ 日本秋田県横手市平鹿町浅舞字上蒋沼
浅舞公園(あさまいこうえん)は、秋田県横手市平鹿町浅舞にある都市公園(地区公園)。敷地面積は5.1ha[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
304.大森公園  ・ 日本秋田県横手市大森町
大森公園(おおもりこうえん)は、秋田県横手市大森町にある都市公園[1][2]。城址近辺のエリアを大森公園、レクリエーションエリアを大森リゾート村(おおもりリゾートむら)と呼ぶこともあるが[注 1]、本項では一体的に見て解説する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
305.大森山公園  ・秋田県秋田市浜田字大森山29-1
大森山公園(おおもりやまこうえん)は、秋田県秋田市浜田の大森山にある、秋田市が管理する公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
306.男鹿国定公園
男鹿国定公園(おがこくていこうえん)は、秋田県男鹿市の国定公園。公園管轄は秋田県。1973年5月15日指定。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
307.男鹿半島・大潟ジオパーク
男鹿半島・大潟ジオパーク(おがはんとう・おおがたジオパーク、英: Oga Peninsula - Ogata Geopark)は、秋田県の男鹿市および大潟村のそれぞれ全域をテリトリーとするジオパークである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
308.金沢公園 (横手市)  ・ 日本秋田県横手市金沢中野
金沢公園(かねざわこうえん)は、秋田県横手市金沢にある都市公園(地区公園)[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
309.雁の里山本公園  ・ 日本秋田県仙北郡美郷町
雁の里山本公園(かりのさと やまもとこうえん)とは、秋田県仙北郡美郷町にある公園。スキー場やパークゴルフ場、日帰り温泉施設、キャンプ場が整備されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
310.千秋公園  ・秋田県秋田市千秋公園
千秋公園(せんしゅうこうえん)は、秋田県秋田市の久保田城跡にある都市公園(総合公園)及び地名である[1]。「千秋公園(久保田城跡)」として秋田市指定名勝に指定されている[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
311.太平山県立自然公園 (秋田県)
太平山県立自然公園(たいへいざんけんりつしぜんこうえん)は、秋田県のほぼ中央部に位置する県立自然公園。1972年(昭和47年)7月15日指定。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
312.太平山リゾート公園  ・ 日本秋田県秋田市仁別
太平山リゾート公園(たいへいざんりぞーとこうえん、英称:Taiheizan Resort Park)は、秋田県秋田市仁別にある都市公園(総合公園)である[1]。指定管理者制度に基づき、太平山観光開発株式会社が、管理・運営している[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
313.鷹巣中央公園  ・ 日本秋田県北秋田市脇神字石ノ巻岱226 [1]
鷹巣中央公園(たかのすちゅうおうこうえん)とは、秋田県北秋田市脇神にある都市公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
314.田沢湖抱返り県立自然公園
田沢湖抱返り県立自然公園(たざわこだきがえりけんりつしぜんこうえん)は、秋田県東部に位置する県立自然公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
315.鳥海山・飛島ジオパーク
鳥海山・飛島ジオパーク(ちょうかいさん/ちょうかいざん[1]・とびしまジオパーク、英: Mt.Chokai & Tobishima Island Geopark)は、秋田県・山形県にまたがる鳥海山を中心とし、秋田県由利本荘市、秋田県にかほ市、山形県飽海郡遊佐町、山形県酒田市をエリアとしたジオパークである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
316.土崎街区公園  ・秋田県秋田市土崎港
土崎街区公園(つちざきがいくこうえん)とは、秋田県秋田市土崎港にある都市公園(街区公園)である[1]。かつては土崎公園、土崎児童公園とも呼ばれた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
317.十和田八幡平国立公園
十和田八幡平国立公園(とわだはちまんたいこくりつこうえん)は、北東北に位置する国立公園。青森県・岩手県・秋田県にまたがり、十和田湖周辺と八幡平周辺の火山群を包括する。1936年(昭和11年)2月1日に十和田地区だけが十和田国立公園として、吉野熊野国立公園、富士箱根国立公園(現・富士箱根伊豆国立公園)、大山国立公園(現・大山隠岐国立公園)とともに指定されたのが始まり。1956年(昭和31年)7月10日に八幡平地域が追加されたことにより、現在の十和田八幡平国立公園に改称された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
318.日本国花苑  ・秋田県南秋田郡井川町浜井川二階
日本国花苑(にほんこっかえん)は、秋田県南秋田郡井川町浜井川二階にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
319.能代公園  ・ 日本秋田県能代市清助町9
能代公園(のしろこうえん)とは、秋田県能代市清助町9にある都市公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
320.八森岩館県立自然公園
八森岩館県立自然公園(はちもりいわだてけんりつしぜんこうえん)は、秋田県北部、八峰町沿岸部に位置する県立自然公園。1964年(昭和39年)7月16日指定。2004年に秋田白神県立自然公園が指定されたことで、一部の領域が変更された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
321.八峰白神ジオパーク
八峰白神ジオパーク(はっぽうしらかみジオパーク、英:Happo Shirakami Geopark)は、秋田県山本郡八峰町全域にわたる日本ジオパークの一つである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
322.一つ森公園  ・秋田県秋田市下北手桜蛭沢141−7
一つ森公園(ひとつもりこうえん)は、秋田県秋田市にある都市公園(総合公園)である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
323.平安の風わたる公園  ・ 日本秋田県横手市金沢
平安の風わたる公園(へいあんのかぜわたる こうえん)は、秋田県横手市金沢にある都市公園[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
324.本荘公園  ・ 日本秋田県由利本荘市出戸町尾崎
本荘公園(ほんじょうこうえん)は、秋田県由利本荘市にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
325.真木真昼県立自然公園
真木真昼県立自然公園(まぎまひるけんりつしぜんこうえん)は、秋田県東部に位置する県立自然公園。1975年(昭和50年)指定。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
326.真人公園  ・ 日本秋田県横手市増田町亀田
真人公園(まとこうえん)は、秋田県横手市増田町亀田にある都市公園(総合公園)である[1]。大正天皇即位記念事業として1917年(大正6年)に旧増田町に整備されたのがはじまりである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
327.三崎公園 (秋田県・山形県)
三崎公園(みさきこうえん)は、秋田県にかほ市と山形県遊佐町にまたがる三崎にある、海浜公園である。鳥海国定公園の一部である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
328.森吉山県立自然公園  ・ 日本秋田県北秋田市
森吉山県立自然公園(もりよしざんけんりつしぜんこうえん)は、秋田県中北部に位置する県立自然公園。1968年10月1日に指定された[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
329.八橋運動公園  ・秋田県秋田市
八橋運動公園(やばせうんどうこうえん)は、秋田県秋田市に所在する公園、および同公園を町域とする秋田市の町。郵便番号は010-0974。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
330.横手公園  ・ 日本秋田県横手市城山町
横手公園(よこてこうえん)は、秋田県横手市にある都市公園(総合公園)[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の温泉

331.秋田温泉  ・秋田市添川字境内川原142
秋田温泉(あきたおんせん)は、秋田県秋田市にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
332.あきた白神温泉  ・秋田県山本郡八峰町
あきた白神温泉(あきたしらかみおんせん)は、秋田県山本郡八峰町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
333.秋ノ宮温泉郷  ・秋田県湯沢市秋ノ宮
秋の宮温泉郷(あきのみやおんせんきょう)は、秋田県湯沢市(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉郷。温泉郷とその周囲はゆざわジオパークのジオサイト「秋の宮温泉郷」に認定されている。
Wikipedia    内容詳細  
334.一本松温泉  ・秋田県仙北市田沢湖生保内字黒湯沢
一本松温泉(いっぽんまつおんせん)は、秋田県仙北市の乳頭温泉郷にある温泉、野湯である。たつこの湯とも呼ばれている。 一本松温泉にはかつて温泉宿があったが、現在は脱衣所もない完全な野湯になっている。湯船は浅く、2、3人程度が入れる。そのままでは熱すぎるのだが、ホースで沢の水をひき温度を調節して入浴できるようにしている。湯色は透明だが、清掃をしたり人が入ったりすると、底につもっている湯泥が浮き上がり、乳白色に変わる。 乳頭山登山道の休憩地点にあり、登山シーズンは登山客の往来が多い。 黒湯温泉から徒歩約1km(標高差約100m)。乳頭山(烏帽子岳)への登山道の途中にあり、一本松川の支流の川を渡河したすぐ上に温泉がわき出ている。付近は硫黄の匂いが漂っており、山中の泉源を幾つか確認することができる。下の登山道脇にも温泉が湧出する場所があり、そこで入浴する人もいる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
335.岩倉温泉  ・秋田県大仙市
岩倉温泉(いわくらおんせん)は、秋田県大仙市 (旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
336.打当温泉  ・秋田県北秋田市 阿仁打当仙北渡道上ミ
打当温泉(うっとうおんせん)は、秋田県北秋田市にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
337.大釜温泉  ・秋田県仙北市田沢湖田沢字先達国有林
大釜温泉(おおがまおんせん)は、秋田県仙北市乳頭温泉郷にある温泉。廃校を移築利用した「大釜温泉旅館」がある。
Wikipedia    内容詳細  
338.大葛温泉  ・秋田県大館市比内町大葛字金山入口
大葛温泉(おおくぞおんせん)は、秋田県大館市比内町大葛(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。近くに大葛金山がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
339.大滝温泉 (秋田県)  ・秋田県大館市十二所
大滝温泉(おおたきおんせん)は、秋田県大館市(旧国出羽国、明治以降は旧羽後国)にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
340.大沼温泉  ・秋田県鹿角市熊沢国有林
大沼温泉(おおぬまおんせん)は秋田県鹿角市にある温泉。十和田八幡平国立公園内に位置し、八幡平温泉郷のひとつである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
341.大深温泉  ・秋田県仙北市大深沢
大深温泉(おおぶかおんせん)は、秋田県仙北市大深沢(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。八幡平温泉郷の一部として国民保養温泉地に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
342.大森公園  ・ 日本秋田県横手市大森町
大森公園(おおもりこうえん)は、秋田県横手市大森町にある都市公園[1][2]。城址近辺のエリアを大森公園、レクリエーションエリアを大森リゾート村(おおもりリゾートむら)と呼ぶこともあるが[注 1]、本項では一体的に見て解説する。 テニスコート、体育館、野球場、多目的広場などのスポーツ施設や、日帰り入浴が可能な宿泊温泉施設が整備されており、5月には「芝桜フェスタ」が開催されることで知られている[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
343.大湯温泉 (湯沢市)  ・秋田県湯沢市皆瀬小安奥山国有林34
大湯温泉(おおゆおんせん)は、秋田県湯沢市(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。他の「大湯温泉」と区別するため、「奥小安峡大湯温泉」、「湯沢大湯温泉」と呼ぶ場合がある。ガイド本によっては小安峡温泉の一部とされることもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
344.大湯温泉 (鹿角市)  ・秋田県鹿角市十和田大湯
大湯温泉(おおゆおんせん)は、秋田県鹿角市(旧国陸奥国、明治以降は陸中国)にある温泉。十和田大湯、とも名乗っている。
Wikipedia    内容詳細  
345.男鹿温泉郷  ・秋田県男鹿市北浦湯本
男鹿温泉郷(おがおんせんきょう)は、秋田県男鹿市(旧国出羽国、明治以降は羽後国)、入道崎の東側にある北浦地区を中心とした温泉郷である。
Wikipedia    内容詳細  
346.奥奥八九郎温泉  ・秋田県小坂町
奥奥八九郎温泉(おくおくはちくろうおんせん)は、秋田県小坂町にある野湯である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
347.小安峡温泉  ・秋田県湯沢市皆瀬字湯元
小安峡温泉(おやすきょうおんせん)は、秋田県湯沢市(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
348.かすみ温泉  ・秋田県由利本荘市葛岡字落合
かすみ温泉(かすみおんせん)は、秋田県由利本荘市葛岡字落合にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
349.蟹場温泉  ・秋田県仙北市田沢湖田沢字先達
蟹場温泉(がにばおんせん)は、秋田県仙北市田沢湖田沢字先達の乳頭温泉郷にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
350.上畑温泉  ・秋田県横手市増田町狙半内字古家沢口
上畑温泉(かみはたおんせん)は、秋田県横手市増田町狙半内にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
351.唐松温泉  ・秋田県大仙市
唐松温泉(からまつおんせん)は、秋田県大仙市にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
352.川原毛大湯滝  ・秋田県湯沢市高松
川原毛大湯滝(かわらげおおゆたき)とは、秋田県湯沢市にある野湯のこと。上流で湧出する温泉が沢水と合流して、高さ約20mから流れ落ちる全国でも珍しい『滝の湯』。滝つぼは程よい温度で天然の露天風呂となっている。適温時期は7月上旬から9月下旬。近くに川原毛地獄がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
353.象潟温泉  ・秋田県にかほ市象潟
象潟温泉(きさかたおんせん)は、秋田県にかほ市象潟町(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
354.黒湯温泉  ・秋田県仙北市
黒湯温泉(くろゆおんせん)は、秋田県仙北市の乳頭温泉郷にある温泉。温泉郷の最奥部先達川上流に位置する。乳頭温泉郷で一番高い標高800m地点にある。
Wikipedia    内容詳細  
355.後生掛温泉  ・ 秋田県 鹿角市
後生掛温泉(ごしょうがけおんせん)は、秋田県鹿角市(旧国陸奥国、明治以降は陸中国)にある温泉。 岩手県と秋田県県境の八幡平(火山)山頂から少し西側に位置し、八幡平アスピーテライン沿いにあり、山の中にしては比較的交通の便がよい。
Wikipedia    内容詳細  
356.強首温泉郷
強首温泉郷(こわくびおんせんきょう)とは秋田県大仙市にある温泉郷である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
357.猿倉温泉 (由利本荘市)  ・秋田県由利本荘市
猿倉温泉 (さるくらおんせん)は、秋田県由利本荘市鳥海町猿倉にある温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
358.須川温泉  ・秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷山国有林
須川温泉(すかわおんせん)は、栗駒山北側の秋田県と岩手県の県境付近にある温泉地。 温泉施設としては秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷山国有林(栗駒国定公園内)に「須川温泉栗駒山荘」がある[2]。また、源泉名としては岩手県一関市厳美町祭畤山国有林46林班トを湧出地とする源泉をいう[2]。同地に源泉をもつ温泉施設として岩手県側に位置する須川高原温泉(岩手県一関市厳美町祭畤山国有林46林班ト)がある[3]。
Wikipedia    内容詳細  
359.妙乃湯温泉  ・秋田県仙北市
妙乃湯温泉(たえのゆおんせん)は、秋田県仙北市乳頭温泉郷にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
360.鷹の湯温泉  ・秋田県湯沢市秋ノ宮字殿上
鷹の湯温泉(たかのゆおんせん)は秋田県湯沢市秋ノ宮にある温泉。秋ノ宮温泉郷のひとつである。
Wikipedia    内容詳細  
361.滝温泉  ・秋田県由利本荘市滝字湯の沢30
滝温泉(たきおんせん)は、秋田県由利本荘市(旧国出羽国、明治以降は羽後国)でかつて営業した温泉。2013年3月に閉館した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
362.田沢湖高原温泉郷  ・秋田県仙北市
田沢湖高原温泉郷(たざわここうげんおんせんきょう)は、秋田県仙北市にある温泉。近隣にある水沢温泉郷と一緒に、田沢湖高原水沢温泉郷と名乗ることも多い。 秋田駒ヶ岳と田沢湖スキー場が近隣のため、登山やスキーの拠点として使用されている。
Wikipedia    内容詳細  
363.玉川温泉 (秋田県)  ・秋田県仙北市
玉川温泉(たまがわおんせん)は、秋田県仙北市(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
364.鶴の湯温泉 (秋田県)  ・秋田県仙北市田沢湖田沢字湯ノ岱2番地先先達沢国有林生保内事業区50林班8小班
鶴の湯温泉(つるのゆおんせん)は、秋田県仙北市の乳頭温泉郷内にある温泉である。旅館「鶴の湯温泉」と、その別館である「山の宿」がある。
Wikipedia    内容詳細  
365.鶴舞温泉  ・秋田県由利本荘市
鶴舞温泉(つるまいおんせん)は、秋田県由利本荘市にある温泉。本荘公園(本荘城跡)・御手作堤の畔に日帰り入浴施設があり[2]、当施設の正式名称は由利本荘市鶴舞温泉である[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
366.泥湯温泉  ・秋田県湯沢市
泥湯温泉(どろゆおんせん)は、秋田県湯沢市(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
367.夏瀬温泉  ・秋田県仙北市田沢湖卒田字夏瀬
夏瀬温泉(なつせおんせん)は、秋田県仙北市田沢湖卒田にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
368.仁賀保温泉  ・秋田県にかほ市三森
仁賀保温泉(にかほおんせん)とは、秋田県にかほ市三森(旧国出羽国、明治以降の旧羽後国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
369.乳頭温泉郷  ・秋田県仙北市
乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)は、秋田県仙北市、十和田八幡平国立公園内乳頭山の山麓に点在する温泉の総称、温泉郷である。 標高600 - 800メートル付近に温泉郷が広がっている。
Wikipedia    内容詳細  
370.能代温泉  ・秋田県能代市
能代温泉(のしろおんせん)は、秋田県能代市落合にある温泉。 米代川河口近く日本海(落合浜)に面しており、昭和40年のガス開発中に温泉が噴出して市民保養所が開設されたことに始まる[1]。当温泉付近は平成に入ってからはスポーツ振興地域として開発されている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
371.八森いさりび温泉 ハタハタ館
八森いさりび温泉 ハタハタ館(はちもりいさりびおんせん ハタハタかん)は、秋田県八峰町八森にある温泉施設である。 第三セクターのハタハタの里観光事業株式会社が管理運営している。2007年7月にリニューアル工事が行われ、館内での宿泊に対応するようになった。このリニューアル工事に先立つ2006年には隣接して物販施設「ぶりこ」がオープン、またリニューアル工事によって従来3階にあった入浴設備が1階に拡張・移設され、ジム・岩盤浴設備も追加された。宿泊施設とともに、南隣に宿泊研修施設「あきた白神体験センター」も建設された。なお、御所の台オートキャンプ場が隣接しており、トレーラーハウスでの宿泊が可能だったが、老朽化に伴い2021年にトレーラーハウスは売却される見込みである[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
372.日景温泉  ・秋田県大館市長走字長走37
日景温泉(ひかげおんせん)は、秋田県大館市(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。青森県との県境である矢立峠近くの天然秋田杉の林の中に位置する一軒宿。 現在の正式名称は白神矢立 湯源郷の宿 日景温泉。1931年の『秋田の土と人. 土の巻』(p.169)には大湯沢温泉と記載されている。 旧日景温泉は、東日本大震災の影響や施設の老朽化によって改修費用が捻出できず、2014年8月で営業を終了した。[2]その後旧経営者からの依頼を受けて、現運営会社(株)割烹きらくが2017年初冬の営業再開を目指し、新たな源泉を採掘や建物の大規模修繕等の再生支援を実施した。[3]3年に渡る修繕を経て、2017年10月1日営業を再開した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
373.蒸ノ湯温泉  ・秋田県鹿角市八幡平
蒸ノ湯温泉(ふけのゆおんせん)は、秋田県鹿角市八幡平(旧国陸奥国、明治以降は陸中国)にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
374.船沢温泉  ・能代市浅内字船沢73-25
船沢温泉(ふなざわおんせん)は、秋田県能代市浅内にある温泉。ナトリウム塩化物強塩泉に分類される[1]。 宿泊施設の初代経営者である佐藤秀雄が掘削した温泉である。佐藤は地元の人々に健康であってもらいたいとの思いから、機材を買い揃えて独力で温泉を掘り当てたとされる。1985年1月に宿泊施設の営業が開始され、佐藤秀雄と妻イホが経営を行っていた。年中無休で営業していたが、設備の故障により2007年12月28日から2008年4月9日にかけては休業していた[2][3]。 2009年に佐藤秀雄が死去して以降はイホが一人で経営を行っていたが、体力の衰えから2011年2月28日をもって一旦廃業した。しかし同年4月2日には営業を再開し、東日本大震災の被災者を無料で受け入れた[1]。その後八峰町出身で人材派遣会社を経営する若狭敏春が経営を引き継ぎ、同年9月にリニューアルオープンした[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
375.孫六温泉  ・秋田県仙北市
孫六温泉(まごろくおんせん)は、秋田県仙北市乳頭温泉郷にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
376.水沢温泉郷  ・秋田県仙北市
水沢温泉郷(みずさわおんせんきょう)は、秋田県仙北市にある温泉。近隣にある田沢湖高原温泉郷と一緒に、田沢湖高原水沢温泉郷と名乗ることも多い。 秋田駒ヶ岳と田沢湖スキー場が近隣のため、登山やスキーの拠点として使用されている。
Wikipedia    内容詳細  
377.森岳温泉  ・秋田県山本郡三種町森岳
森岳温泉(もりたけおんせん)は、秋田県山本郡三種町にある温泉である。泉質はナトリウム・カルシウム塩化物泉で、塩分が強いため「しょっぱい温泉」といわれる[1]。数件の旅館と飲食店が連なり、「森岳温泉郷」として親しまれている。 昭和27年(1952年)、石油の採掘中に湧き出し[1]、以来入浴施設のほか周囲にはゴルフ場やキャンプ場などのレジャー施設が整備されてきた。1977年(昭和52年)6月15日秋田魁新報社の新観光秋田三十景の12位に選出されている。 かつては最大320人収容の「丸富ホテル」が最大規模の宿泊施設となっていたが、2012年(平成24年)以降は休業となった[2]。かつてボウリング場「森岳ボウル」も営業していた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
378.矢立温泉  ・秋田県大館市長走字赤湯沢1
矢立温泉(やたておんせん)は、秋田県大館市(旧国出羽国、明治以降は羽後国)でかつて営業していた温泉。青森県との県境である矢立峠の直下にある。 青森県にも矢立温泉はあるが区別のためにむつ矢立温泉と呼ばれることが多い。
Wikipedia    内容詳細  
379.山の手温泉  ・秋田県大仙市
山の手温泉(やまのておんせん)は、秋田県大仙市にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
380.雄和ふるさと温泉  ・秋田県秋田市雄和神ヶ村字舟卸
雄和ふるさと温泉(ゆうわふるさとおんせん)は、秋田県秋田市にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
381.雪沢温泉  ・秋田県大館市雪沢大滝66
雪沢温泉(ゆきさわおんせん)は、秋田県大館市にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
382.湯瀬温泉  ・秋田県鹿角市八幡平字湯瀬
湯瀬温泉(ゆぜおんせん)は、秋田県鹿角市八幡平にある温泉[1]。米代川沿いに温泉街がある。川の瀬から湯が湧出していたことが、温泉名の由来ともなった[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
383.湯の沢温泉 (北秋田市)  ・秋田県北秋田市森吉湯ノ岱川向湯ノ沢7
湯の沢温泉(ゆのさわおんせん)は、秋田県北秋田市にある温泉である。杣温泉旅館(杣温泉)と森吉山荘の2軒がある[1]。杣温泉旅館は経営者の苗字から杣温泉あるいは地名から小又温泉ともよばれる。
Wikipedia    内容詳細  
384.湯ノ岱温泉 (秋田県)  ・秋田県北秋田市小森字湯ノ岱67番地1
湯ノ岱温泉(ゆのたいおんせん)は、秋田県北秋田市小森(旧国出羽国、明治以降は羽後国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
385.横手駅前温泉  ・秋田県横手市駅前町
横手駅前温泉(よこてえきまえおんせん)は、秋田県横手市駅前町にある温泉。 その名の通り、横手市の中心駅である横手駅前で湧出している。
Wikipedia    内容詳細  
386.赤川温泉 (秋田県)  ・秋田県鹿角市
赤川温泉(あかがわおんせん)は、秋田県鹿角市にかつてあった温泉。 赤川温泉は、八幡平から流れる赤川沿いの一軒宿の温泉。オンドル式の宿舎棟が立ち並び、浴場は混浴しかなく、湯治場の風情を色濃く残していた温泉だった。 1997年5月11日に、上流の澄川温泉の裏山で地滑りが発生し、それに伴う土石流(水蒸気爆発を伴う)で全壊した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
387.澄川温泉  ・秋田県鹿角市
澄川温泉(すみかわおんせん)は、秋田県鹿角市にかつてあった温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の

388.白神山地の山の一覧
本項では白神山地内の山を列記する。 「白神山地」の範囲・定義には諸説あり(詳細は白神山地参照)、文献によっては一部を「大鰐山地」「目屋丘陵」などに細分化するものもある。本項では広義の範囲[注 1]にしたがって山名を採録している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
389.秋田県の山の一覧
秋田県の山一覧(あきたけんのやまのいちらん)は、秋田県にある山の一覧。県境に近い隣県の山も記している。山名欄の「▲」は火山であることを示す。また標高欄の「△」は三角点の標高、「・」は独立標高点の標高、「━」は等高線によるおよその標高であることを示す。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
390.青岩山 (秋田県)  ・ 日本秋田県鹿角市
青岩山(あおいわやま)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
391.青様山  ・ 日本秋田県鹿角市
青様山(あおさばやま)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
392.赤岩山 (秋田県)  ・ 日本 秋田県鹿角市・鹿角郡小坂町
赤岩山(あかいわやま)は、秋田県鹿角市と小坂町の境界に位置する山である。 標高785.5m。十和田湖を囲む外輪山の一つで、同湖の南岸に位置する。 国道103号の発荷峠から甲岳台展望台を経て山頂に至る登山路があり、十和田湖の雄大な景色を眺めながら、四季を通じて自然観察をすることができる。なお、途中までは林道が開設されているが悪路である。 赤岩山の北西山麓は十和田湖に接し、付近の湖畔には休平(秋田県側)、休屋(青森県側)などがあり、観光地として賑わっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
393.秋田駒ヶ岳  ・ 日本秋田県仙北市岩手県岩手郡雫石町
秋田駒ヶ岳(あきたこまがたけ)とは、秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町に跨る活火山である。十和田八幡平国立公園の南端。標高1,637m。全国に数多い駒ヶ岳のなかで最も高山植物の豊富な山としても知られる。日本二百名山の一つである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
394.秋田焼山  ・秋田県鹿角市・仙北市
秋田焼山(あきたやけやま)は、秋田県の北東部に位置し、鹿角市と仙北市との境界にある活火山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
395.軍森  ・ 日本 秋田県鹿角市
軍森(いくさもり)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高206.6m。大湯環状列石(国の特別史跡)の近くにある。同史跡がある中通台地と同じく、太古からの舌状台地の中にこんもりとたたずんでいる。 山内には造林作業用の道路が通じている。なお、山頂は秋田スギの人工林に囲まれており眺望はよくない。 山麓一帯には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の丸館跡・丸館I遺跡・丸館II遺跡・丸館III遺跡・丸館IV遺跡・丸館下I遺跡・丸館下II遺跡・丸館表I遺跡・丸館表II遺跡・丸館表III遺跡・丸館表IV遺跡・丸館表V遺跡・草木A遺跡・草木B遺跡などの遺跡が分布している。 この森にまつわる伝承に「猿賀さま」がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
396.板戸頭  ・秋田県鹿角市
板戸頭(いたどかしら)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
397.一方高  ・ 日本秋田県鹿角市
一方高(いっぽうこう)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高1,104m。夜明島川と熊沢川支流樫内川[1](いずれも米代川水系)との尾根筋に位置する。 かつて、下流域に住んでいる人々は春の固雪の頃になると、尾根筋を通って一方高から三方高を経て大場谷地(十和田八幡平国立公園八幡平地区)を経由して仙北地方へ行くこともあったという。またこの道筋は、熊狩りのマタギの道でもあった。 夜明島川に沿った栗根沢からの登山道がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
398.犬吠森  ・秋田県鹿角市
犬吠森(いぬぼえもり)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
399.岩岳 (青森県・秋田県)  ・ 日本 青森県平川市・秋田県鹿角郡小坂町
岩岳(いわだけ)は、十和田湖の西岸の青森県平川市と秋田県鹿角郡小坂町との境界に位置する標高879.9mの山である。東北百名山に選定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
400.後森  ・ 日本秋田県鹿角市
後森(うしろもり)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
401.姥井戸山  ・秋田県雄勝郡羽後町・由利本荘市・湯沢市
姥井戸山(うばいどやま)は、出羽山地にあって、秋田県雄勝郡羽後町[1]と由利本荘市及び湯沢市の境界に位置する標高926.9mの山である[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
402.烏帽子山 (小坂町)  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
烏帽子山(えぼしやま)は、秋田県小坂町にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
403.大石岳 (秋田県)  ・ 日本秋田県秋田市・仙北市
大石岳(おおいしだけ)とは、秋田県秋田市と仙北市にまたがる山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
404.大潟富士  ・秋田県南秋田郡大潟村
大潟富士(おおがたふじ)は、秋田県南秋田郡大潟村にある山。人工の山で標高0m(海抜0m)で円錐形の築山である。周囲からの比高が富士山の1,000分の1である3.776mで、かつ山頂の標高が0mとなるように造られた[1]。日本一低い山とされる日和山よりも標高が低い。大潟村は国土地理院に地形図への掲載を求め、築山であることなどから一時掲載は見送られた[2]が、現在は地形図に表示されている。周囲は干拓地が広がり、海水面より標高の低い平らな土地である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
405.大柴峠  ・ 日本秋田県鹿角市
大柴峠(おおしばとうげ)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高731.5m。安久谷川と大清水川(いずれも米代川水系支流大湯川流域)の間の尾根筋に位置する。 来満街道(大柴峠、大柴峠越え)は、藩政時代に尾去沢鉱山の粗銅が牛の背に載せられ、陸奥湾に接する野辺地湊から日本海経由で長崎などへ運ばれたほか、巡見使の通る道筋でもあった。現在も旧道が残っているが、笹や潅木が繁っている。 山麓の登山口周辺の上折戸集落跡には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の折戸遺跡(縄文時代)や昌斎館跡(中世)などの遺跡がある。また、北畠昌教のものと伝えられている墓が残されている。 登山口から進み、標高550m程度の大明神の尾根(鉢巻山)という平たい場所に明神堂の朽ちた石祠と、70㎝程度の御題目塔が立っている。これは1909年(明治42年)に造られたものである。しかし、この部分の山道は付け替えが何度も行われており、現在の山道はこの大明神の尾根よりも約15m下を通っている。標高645m程度の左上方に小柴峠一里塚がある。ここを過ぎると大柴峠に至る。大柴峠からはさらに戸倉川に向かって三戸鹿角街道は続いていた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
406.大白森  ・ 日本秋田県仙北市・岩手県雫石町
大白森(おおしろもり)は、秋田県の北東部に位置し、秋田の小和田瀬川と岩手の葛根田川源流の山である。山頂は平坦になっており、そこに広大な高層湿原がある。 ここでは、南約1500mにあり大白森同様に山頂が平坦になっていて、高層湿原がある小白森のことも記述する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
407.大平 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
大平(おおだい)は、秋田県鹿角市にある標高1,016mの山である。 米代川水系支流熊沢川支流樫内川東ノ又沢の上流域、北側の東ノ又沢と南の猫ノ沢に挟まれた位置にあり、三方高(標高1,221m)より東に張り出した頂上部が平らな山である。 東ノ又沢からは木材搬出の林道が山頂付近まで整備されているほか、東の志張温泉付近からの登山道もある。東ノ又沢の上流部は峡谷で滝があるなど秘境であり、沢登りなどで楽しまれている。 東ノ又沢の上流域ではかつて、銅鉱石などが採掘されていた[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
408.大規長根  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
大規長根(おおつきながね)は、秋田県鹿角郡小坂町にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
409.大開山 (秋田県)  ・ 日本秋田県鹿角市
大開山(おおびらきやま)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
410.大平山 (大仙市)  ・秋田県大仙市神宮寺字三ッ森腰廻
大平山(おおひらやま、たいへいざん)は、秋田県大仙市にある標高387.6mの山である。太平山とも表記され、地元では姫神山(ひめがみやま)、西山(にしやま)という別名がある。 テレビ局のアナログテレビ放送・デジタルテレビ放送の大曲中継局が置局されており、仙北平鹿地域の内、東側の一部・仙北市方面を除く大半の地域に向けて電波を発射している。なお、ここでは北麓に置局されている大曲伊岡テレビ中継局についても併せて記述する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
411.大深岳  ・秋田県仙北市・岩手県八幡平市
大深岳(おおぶかだけ)は、秋田県仙北市と岩手県八幡平市の堺にある楯状火山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
412.大森 (鹿角市・八幡平市)  ・ 日本秋田県鹿角市岩手県八幡平市
大森(おおもり)は、秋田県鹿角市と岩手県八幡平市との境界に位置する山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
413.大森 (鹿角市草木)  ・ 日本 秋田県鹿角市
大森(おおもり)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高803.2m。草木川(米代川水系支流根市川)の上流域にある。 ここから北西方向に流れる「雨原沢」が草木川へ合流している。雨原沢のことを地元では「天原」と呼び、いろいろな伝承が伝わっている。 鹿角市花輪の菩提野集落にある佐比内沢などから、登山路が設けられている。 西側の山麓には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の菩提野I遺跡・菩提野II遺跡・高間館遺跡・蛇沢遺跡・本苗代I遺跡・本苗代II遺跡(縄文、奈良・平安)などの遺跡がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
414.大森山 (小坂町)  ・ 日本 秋田県鹿角郡小坂町
大森山(おおもりやま)は、秋田県鹿角郡小坂町にある標高455mの山である。 方角によっては円錐形に近い姿に見える低山で、麓からの比高は200mほど。小坂川(米代川水系)の上流域、国道282号の相内方面分岐点にある。 この分岐点から右方(北方向)へ入った、大森山山麓から上流一帯を「相内(あいない)」と呼び、かつて秋田スギの産地であり、また相内鉱山があって銅鉱石などを採掘していた[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
415.大森山 (鹿角市)  ・秋田県鹿角市
大森山(おおもりやま)は、秋田県鹿角市にある標高549mの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
416.男鹿三山  ・秋田県男鹿市
男鹿三山(おがさんざん)は、秋田県の男鹿市の山である。男鹿三山とは真山(565m)と本山(715.0m)、毛無山(617m)の総称で、毛無山の代わりに寒風山を男鹿三山に入れる記述もある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
417.御鼻部山  ・ 日本青森県十和田市・平川市秋田県小坂町
御鼻部山(おはなべやま、花部山とも)は、十和田湖の北岸にある標高1,010.6mの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
418.角麓平  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県鹿角市
角麓平(かくろくたい)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との県境にある山である。 標高は780m。鹿角(花輪)盆地南東縁に位置する八森から南へ伸びる稜線上にある。稜線は、鳥谷沢頭・高毛戸・角麓平・竹ノ子平を通り、呱子森を経て八幡平へ続いている。北東斜面を流れる兄川の枝沢、折合沢との間には断層があり、新第三紀中新世に断層南側が沈降して形成されたと考えられる堆積層から成るが、隆起の結果、折合沢の古生層(ジュラ系)との高低関係は逆転している。稜線部には新第三紀後期の火山岩も見られる。 国道341号沿線にある鹿角市の熊沢集落などから登山道が通じている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
419.神室山  ・ 日本秋田県湯沢市・山形県新庄市・金山町
神室山(かむろさん)は秋田県湯沢市と山形県新庄市、金山町の県境・市境上にそびえる、神室連峰の主峰となる山である。 『日本二百名山』、『花の百名山(ミネザクラ)』のひとつに数えられる。 この項では、便宜的に神室連峰(神室山地)全般についても記述する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
420.亀田山  ・ 日本 秋田県小坂町
亀田山(かめだやま)は、秋田県小坂町にある山である。 標高295.9m。米代川水系小坂川の中流右岸にある。 かつては鉱石が採掘されていた。山腹には東北自動車道亀田山トンネルが通っているが、この建設にあたって行われた発掘調査では、大部分の予定地で鉱山の跡や古代の遺跡が発見された。[要出典] 羽ノ木田三十番神社口や岩沢平志和稲荷神社口からの登山路が通じている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
421.皮投岳  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
皮投岳(かわなげだけ)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある標高1,122mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
422.寒風山 (秋田県)  ・ 日本秋田県男鹿市
寒風山(かんぷうざん)は、秋田県男鹿市にある成層火山。標高355 m。山頂部は滑落で2つに分かれている。男鹿三山の一つとして数えられる場合もある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
423.雁森岳  ・ 日本青森県西津軽郡西目屋村秋田県山本郡藤里町
雁森岳(がんもりだけ)は、青森県西津軽郡西目屋村と秋田県山本郡藤里町との境にある山である。標高は986.7m。岩木川はこの雁森岳から源を発している。雁森岳は白神山地世界遺産地域のコアゾーンになっており、基本的に入山はできない。 雁森岳は青森県側では「トッチャカの森」あるいは「トッチャカ岳」と呼ばれていた。これは突き出た坂のある山という意味で、雁森岳の山頂部は青森県側も秋田県側も切り立った崖になっている。稜線は1メートル程度の幅しかないうえに、岩肌も露出している。1753年の「津軽領内山沢図」には「トツカラ嶽」と記されている。国土地理院はこの山に置いた三角点に「突坂」と刻んでいる。ところが、1969年(昭和44年)の五万分の一の地図にはこの山は「雁森岳(泊岳)」と記されていた。「泊岳」というのは、二ッ森の青森県側呼称であり、何らかの混乱があったと思われる。1974年(昭和49年)以降の地図にはこの山の呼称は削除され、標高のみが記載されている。なお、1929年(昭和4年)の『日本地理風俗大系』には、岩木川の源流は「泊嶽連山」と書かれている。泊岳(二ッ森)からは岩木川はながれていないので、この認識が誤認の原因なのかも知れない。1974年以降の国土地理院の地形図からは地名は削除されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
424.北林  ・ 日本秋田県鹿角市
北林(きたばやし)は、秋田県鹿角市にある標高804mの山である。 奥羽山脈に属する。麓に位置する国道282号沿線の大里集落では、古来から山の恵みを受けているほか、山麓にある観音堂・五所山神社・駒形神社などが代々信仰されている。 伝統行事「オシキ刈り」は、毎年8月初旬に山頂のすぐ下の斜面で行なわれている。 西側山麓には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の下葛岡遺跡・中ノ沢遺跡・上葛岡I遺跡・上葛岡II遺跡・上葛岡III遺跡・上葛岡IV遺跡・北の林I遺跡・北の林II遺跡・飛鳥平遺跡・大里館跡・大里遺跡・鳥居平I遺跡・鳥居平II遺跡・歌内遺跡(縄文~中世)などの遺跡がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
425.金照寺山  ・ 日本秋田県秋田市
金照寺山(きんしょうじやま)は、秋田県秋田市楢山金照町にある標高56mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
426.国見台 (八幡平)  ・ 日本秋田県鹿角市・仙北市
国見台(くにみだい)は、秋田県鹿角市と仙北市との境界にある山。秋田焼山火山の一部である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
427.鞍山 (北秋田市)  ・秋田県北秋田市
鞍山(くらやま)は北秋田市にある標高が254.2mの山である。山頂には鷹巣デジタル中継局がある。また、山頂付近には馬の鞍を思わせる大きな岩がある。これは雨乞いによる踊りで雷神を慰めたといわれる「舞台石」である[1]。南の山麓には鞍山風穴があり、自然環境保全地域に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
428.黒又山  ・ 日本秋田県鹿角市
黒又山(くろまたやま)は、秋田県鹿角市十和田大湯地区中通台地にある、円錐の形をした標高280.6mの山である。北緯40度17分01秒 東経140度49分17秒
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
429.黒森 (小坂町)  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
黒森(くろもり)は、秋田県鹿角郡小坂町にある標高659mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
430.黒森山 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
黒森山(くろもりやま)は、秋田県鹿角市十和田大湯地区にある標高546mの山である。 m。大湯温泉郷を代表する山である。山麓一帯は黒森山公園となっており、児童生徒の遠足に利用される[1]。 山頂付近には黒森山神社があるほか、南側山麓にかけて大湯温泉スキー場がある。また、南側山麓にはゴルフ練習場や、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の黒森山麓竪穴群遺跡・小黒森遺跡(縄文時代)などの遺跡がある。 山内へは、大湯温泉スキー場の手前から左へ分岐する作業道が設けられている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
431.現頭倉  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
現頭倉(げんとうくら)は、秋田県鹿角郡小坂町にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
432.高地山  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町・大館市
高地山(こうちやま)は、秋田県大館市と鹿角郡小坂町との境界にある標高484mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
433.甑山  ・ 日本秋田県由利本荘市山形県真室川町
甑山(こしきやま)は、秋田県由利本荘市と山形県真室川町にまたがる山である。東北百名山に選ばれている。山形県の加無山県立自然公園内にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
434.小岳 (秋田県)  ・ 日本秋田県山本郡藤里町
小岳(こだけ)は、秋田県山本郡藤里町にある山である。標高は1,042.3m。山頂には三等三角点「小岳」が設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
435.呱子森  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
呱子森(こっこもり)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある山である。 標高1,018.8m。八森から南へ伸びる稜線は、鳥谷沢頭、高毛戸、角麓平、竹ノ子平を通り、呱子森を経て八幡平へと続く。 西側一帯には広大な緩斜面が広がり、かつて(終戦後)は相当数の入植者があったが、その後離農[1]し、現在(平成20年)そのうちのほとんどは、スギの造林地や原野になっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
436.コノケ立  ・ 日本秋田県鹿角市
コノケ立(コノケだち)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高652m。熊沢川(米代川水系支流)上流の左岸に位置する。 山内には、国道341号沿線の老沢(おいざわ)集落から「作業道」などが設置されている。 東側山麓にある老沢は、熊沢川流域では、最も上流に位置する集落(温泉を除く)である。昔(江戸時代の頃と思われる)から、老沢の人たちはマタギ(狩猟)や杣夫(そまふ)をするなど、すなわち山野からツキノワグマ・ニホンクカモシカ・ヤマドリなどの鳥獣やブナ・トチ・クルミなどの木の実、山菜などを得たりして、度重なる飢饉に遭遇しても欠落(何らかの理由で居住地を去ること)することなく[1]今日まで生活を営んできている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
437.五の宮岳  ・ 日本 秋田県鹿角市
五の宮岳(ごのみやたけ)は、秋田県鹿角市にある山である。五ノ宮嶽と表記される場合がある。 この山は錦木塚伝説に登場し、子どもを攫う大鷲の住み処であったとされる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
438.菰ノ森  ・ 日本秋田県鹿角市
菰ノ森(こものもり)は、秋田県鹿角市にある標高1,145mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
439.笹森 (鹿角市)  ・ 日本 秋田県鹿角市・鹿角郡小坂町
笹森(ささもり)は、秋田県鹿角市と鹿角郡小坂町との境界にある標高774mの山である。 大湯川(米代川水系支流)の大楽前沢(おおらくまえさわ)と、小坂川(同)支流の荒川川とに挟まれた稜線上にある。山頂付近はチシマザサや草本に覆われている。 荒川川中流域には、日本の滝百選に選定されている七滝がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
440.笹森山 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
笹森山(ささもりやま)は、秋田県鹿角市にある標高593mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
441.三ノ岳 (秋田県)  ・ 日本秋田県鹿角市
三ノ岳(さんのだけ)は、秋田県鹿角市にある山である。三の台(さんのだい)とも呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
442.三方高  ・ 日本秋田県鹿角市
三方高(さんぼうこう)は、秋田県鹿角市にある標高1,221.8mの山である。 夜明島川(米代川水系支流)[1]、熊沢川(同)[2]、樫内川(熊沢川支流)[3]の水源(源流)となっている。 山内には、夜明島川口からは、同市八幡平字桃枝(どうじ)集落から通じる夜明島林道がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
443.四角岳  ・ 日本秋田県鹿角市・青森県田子町・岩手県八幡平市
四角岳(しかくだけ)は、青森県、岩手県、秋田県の3県にまたがる、標高1,003mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
444.治助崎山  ・ 日本秋田県鹿角市
治助崎山(じすけざきやま)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高881.9m。熊沢川(米代川水系支流)の上流域にある谷内沼の近くにある。また、国道341号沿線の切留平(きりとめたい)から分岐する八幡平アスピーテライン(岩手県道・秋田県道23号大更八幡平線)は、治助崎山と谷内沼の間を通っている。 治助崎山付近の南側が、十和田八幡平国立公園八幡平地区の区域になっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
445.柴森 (青森県・秋田県)  ・ 日本 青森県平川市・秋田県鹿角郡小坂町
柴森(しばもり)は、青森県平川市と秋田県鹿角郡小坂町との県境にある標高883mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
446.白津山  ・ 日本秋田県北秋田市・能代市
白津山(しらつやま)とは、秋田県北秋田市と能代市にまたがる山である。北秋田市合川中学校校歌の2番で白津山が「白津の山の脈 うるわし四季の色 ますぐにのびる 杉のたくまし おおわが合川中学校 おおわが合川中学校」と歌われているように、旧合川町のシンボル的な山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
447.白地山  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
白地山(しろじやま)は、秋田県鹿角郡小坂町にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
448.甚吉森 (秋田県・青森県)  ・ 日本秋田県大館市・青森県平川市・大鰐町
甚吉森(じんきちもり)は、秋田県大館市と青森県平川市、大鰐町との境界にある山である。岩木川の最大の支流である平川の源流域にあたる[注 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
449.水晶山 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
水晶山(すいしょうざん)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
450.杉沢山  ・ 日本秋田県鹿角市
杉沢山(すぎさわやま)は、秋田県鹿角市十和田山根に標高734.1mの山である。 同県鹿角郡小坂町との境界に接している。山の南峰に源を発する七滝沢の下流には、日本の滝百選に選ばれている七滝がある[1]。山内には、上向地区より林道が設けられている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
451.炭塚森  ・ 日本青森県平川市・秋田県大館市・鹿角郡小坂町
炭塚森(すみづかもり)は、青森県平川市および秋田県大館市と鹿角郡小坂町との境界にある山である。 標高571m。古来から青森県(津軽地方)と秋田県(鹿角地方)との境界の指標となる山である。 近くには坂梨峠が通っており津軽街道の要衝となっているほか、地下には東北自動車道坂梨トンネルが通っている。 江戸時代、盛岡藩(南部領)では、藩境付近の森林資源や鉱物資源を守るため、街道沿線にいくつかの番所を設けて警戒していた[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
452.太平山 (秋田県)  ・ 日本秋田県秋田市・北秋田郡上小阿仁村
太平山(たいへいざん)は、秋田県の中央部、秋田市と上小阿仁村とにまたがる山。太平山地の主峰で、標高1170メートル。太平山を中心として太平山県立自然公園に指定されている。 秋田市内の各地から望むことができるため、市のシンボルのひとつとして校歌などに歌われることも多い。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
453.高井場山  ・ 日本秋田県鹿角市
高井場山(たかいばやま)は、秋田県鹿角市にある標高668mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
454.高岳山 (秋田県)  ・ 日本秋田県八郎潟町・三種町
高岳山(たかおかさん)は、秋田県八郎潟町にある山である。三角点がある一本桜展望台は八郎潟町と三種町の境にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
455.高毛戸  ・ 日本秋田県鹿角市
高毛戸(たかげど)は、秋田県鹿角市にある山である。高毛山と呼ばれることもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
456.高寺山 (小坂町)  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
高寺山(たかでらやま)は、秋田県鹿角郡小坂町上向字鳥越にある標高333mの山である。 見る方向によっては円錐の形をしている。 山麓に高寺山神社、頂上には同神社奥宮がある。同神社の祭神は木花咲耶姫命である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
457.高畑山 (岩手県・秋田県)  ・ 日本 秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
高畑山(たかはたやま)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある山である。 標高667.3m。米代川上流域左岸に位置し、両県境の指標となる山である。JR兄畑駅前の正面にそびえる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
458.高松岳  ・ 日本秋田県湯沢市
高松岳(たかまつだけ)は、秋田県湯沢市にある山である。栗駒山の西方16kmに位置する第4紀に噴出した比較的新しい火山である。隣接する小安岳と、山伏岳を合わせて「泥湯三山」とよばれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
459.高森 (夜明島川)  ・ 日本秋田県鹿角市
高森(たかもり)は、秋田県鹿角市にある標高1,005.6mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
460.高森 (大館市山館)  ・ 日本秋田県大館市
高森(たかもり)は、秋田県大館市の山。 米代川と長木川に挟まれた山域には標高が500m程度の山が並んでいるが、その最高峰がこの高森である。山頂には一等三角点がある[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
461.高山 (藤里町)  ・秋田県藤里町
高山(たかやま)は、秋田県藤里町の山である。藤里町の湯の沢温泉の奥に位置している。牧畜が盛んだった頃は、樹木は少なく牧草地として利用されており、山からはケーブルで牧草が降ろされていた。現在では樹木が茂り、2004年にこの山を含む地区は秋田白神県立自然公園に指定され、登山道などが整備されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
462.竹ノ子平  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
竹ノ子平(たけのこたい)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
463.田代岳  ・ 日本秋田県大館市早口
田代岳(たしろだけ)は、秋田県大館市にある標高1,178mの火山。田代岳県立自然公園の中心をなす。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
464.田代森  ・ 日本 秋田県鹿角市
田代森(たしろもり)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
465.達子森  ・秋田県大館市比内町扇田
達子森(たっこもり)は、秋田県大館市比内町扇田にあり、名前に森が付されているが、実際には標高207mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
466.中岳 (鹿角市・八幡平市)  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
中岳(ちゅうだけ)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市にまたがる山である。 標高1,024.2m。山頂には一等三角点と猿田彦の石碑がある。 四角岳の東方約1kmにある。なお、四角岳は中岳と比べて比較的名の通っている山だが、標高は中岳が高い。 一帯の山々の地下には良質の銅鉱石があったため、かつてこの一帯には不老倉鉱山・四角岳鉱山・細地鉱山などがあった。 登山道はそれぞれの流域から続いている。そのひとつである不老倉登山口は、大湯温泉郷(十和田大湯)から安久谷川(あくやがわ、米代川水系支流大湯川)に沿って設けられている林道の終点にある。 鹿角の大湯や草木の人からは、四角岳とともに「東ボッチ(帽子)」や「東山」と呼ばれていた。東山が雲ってボッチをかぶると、東風が吹き、その年は飢饉となる不吉な年であるとされた。周囲の人から高い山、美しい山として神聖視されて、中岳山頂には猿田彦の石碑が建てられた。猿田彦の石碑は天明3年(1832年)7月13日に、不老倉総山中の赤穂氏が行っている。この人は尾去沢鉱山の山師として活躍していた赤穂満矩という人物と考えられる。この人は、『下財聞書』(鉱山聞書)の記述を残しているが、その内容は探鉱法に関するもので、山形、日光の当たり方、草木の状況など山相から、露頭・転石・流砂の吟味などまで、当時としては、進んだ探鉱法を詳細に書いた本である。この人物が不老倉鉱山に何らかの関係を持ち、鉱山の繁栄や安全を祈って建立したものと想像される。(斎藤長八著「不老倉鉱山誌」)
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
467.鳥海山  ・ 日本山形県飽海郡遊佐町・酒田市・秋田県由利本荘市・にかほ市
鳥海山(ちょうかいさん、ちょうかいざん[2])は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236 mの活火山。山頂は山形県側にあるが、秋田県側に山頂があると主張する秋田県民で山頂争いになることが多々ある。山頂に雪が積もった姿が富士山に類似しているため、出羽富士(でわふじ)とも呼ばれ親しまれている。山形県では庄内富士(しょうないふじ)とも呼ばれている。古くからの名では鳥見山(とりみやま)という。鳥海国定公園に属する。日本百名山[3]・日本百景の一つ。2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定された。2009年(平成21年)に国史跡「鳥海山」として指定された。読みは、秋田県側で「ちょうかいさん」、山形県側で「ちょうかいざん」となっている。またかつて秋田県ではちょうげと称されていた[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
468.栂森 (八幡平)  ・ 日本秋田県鹿角市・仙北市
栂森(つがもり)は、秋田県鹿角市と仙北市との境界にある標高1,359mの山。秋田焼山の一部。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
469.筑紫森 (鹿角市)  ・ 日本 秋田県鹿角市
筑紫森(つくしもり)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高572.3m。大湯川(米代川水系支流)左岸に立ちはだかるように横たわっている。春の新緑や秋の紅葉は大湯川を彩る。 西側山麓には、大湯川の水力を利用した、新大楽前発電所・沼平発電所がある。 国道103号沿線の堀内(ほりない)集落から大湯川支流の堀内川に沿って林道が設けられている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
470.手形山スキー場  ・〒010-0851秋田県秋田市手形字大松沢
秋田市営手形山スキー場(てがたやまスキーじょう)とは、秋田県秋田市の手形山公園内にあったスキー場である。東京高等師範教授永井道明が井口阿くりの要請で1910年12月にノルウェー式(二本杖)スキーを指導した東北の近代スキー発祥の地である。1926年2月に、第1回秋田県スキー大会が本会場にて行われた{[1]。1973年に太平山スキー場ができるまで、秋田市最大のスキー場として賑わいを見せており、1日最大5,000人の人出があった[2]。秋田市スキー大会の主会場で、40メートル級の台があったとされ[3]、旧制中学校対抗のジャンプ競技大会も開催された[4]。 近隣の旭川小学校、広面小学校、秋田東中学校のスキー授業でも使用されていた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
471.鉄鉢森  ・ 日本秋田県鹿角市
鉄鉢森(てっぱちもり)は、秋田県鹿角市にある標高581mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
472.東光山  ・秋田県由利本荘市赤田
東光山(とうこうさん)は秋田県由利本荘市にある山。標高594メートル[1]。 長谷寺を開山した是山泰覚が山籠りの修行をしたことで知られる信仰の山で[2]、笹森山(594.5メートル)を最高峰とする「赤田五峰山」のひとつ[3]。登山シーズンは7月から11月頃とされており秋には山麓の紅葉が見頃を迎える[4]。毎年9月1日には地元公民館主催の登山が行なわれるなど地元住民に親しまれている[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
473.戸倉森  ・ 日本 秋田県鹿角市
戸倉森(とくらもり)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高630.1m。西側は大清水川(米代川水系支流大湯川支流)に面しており、現在は秋田スギの人工林に覆われているが、かつては山麓(国道104号沿線)に「戸倉」という集落があった。東側一帯を田代平(たしろたい)といい、開拓による牧場群が広がっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
474.独鈷森  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県鹿角市
独鈷森(とっこもり)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との県境にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
475.留山 (秋田県)  ・秋田県山本郡八峰町
留山(とめやま)は秋田県山本郡八峰町 にある山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
476.虎毛山  ・ 日本秋田県湯沢市
虎毛山(とらげさん[1][2][3]/とらげやま[2])は、秋田県湯沢市にある山である。東北百名山に選ばれている。 「虎毛」の名前は、山腹に幾筋かの沢が縦縞の模様に見え、それを虎の毛に見立てたことに由来する。この筋は、秋に目立つと言われている。山麓一帯はブナや桧などが茂る天然林である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
477.鳥谷沢頭  ・ 日本秋田県鹿角市
鳥谷沢頭(とりやざわがしら)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
478.十和田火山  ・青森県十和田市、秋田県鹿角市・小坂町
十和田(とわだ)[1]または十和田火山(とわだかざん)[2]は、青森県と秋田県の県境に位置する活火山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
479.十和利山  ・ 日本秋田県鹿角市青森県十和田市・三戸郡新郷村
十和利山(とわりさん)は、青森県十和田市・新郷村と秋田県鹿角市との境界に位置する山である。 読み方について「とわりやま」という表記も見受けられるが、地元・付近住民からの呼び名は「とわりさん」である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
480.長引山  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
長引山(ながびきやま)は、秋田県鹿角郡小坂町にある標高857mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
481.七座山  ・秋田県能代市
七座山(ななくらやま)は、秋田県能代市二ツ井町にある7つの山の総称である。きみまち阪(自然公園)の米代川を挟んだ対岸にある。また、七座山の最高峰である権現座を望むように七座神社が鎮座する信仰の山でもある。最高峰の権現座は右の写真でも米代川をはさんでもっとも高く見える山である。権現座と松座には三角点が設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
482.七滝山  ・ 日本秋田県仙北郡美郷町
七滝山(ななたきやま)は、秋田県仙北郡美郷町にある山で、標高は776mである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
483.鉛山  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
鉛山(なまりやま)は、秋田県鹿角郡小坂町にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
484.西ノ森  ・ 日本秋田県鹿角市
西ノ森(にしのもり)は、秋田県鹿角市にある標高756mの山である。 田代川(米代川水系支流大湯川支流大清水川支流)流域に位置する。この山や東ノ森のある高原台地は標高500mを越え、一帯を田代平(たしろたい)といい、開拓による牧場群が広がっている。山の北側には、数基の風力発電装置が設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
485.乳頭山  ・秋田県仙北市・岩手県岩手郡雫石町
乳頭山(にゅうとうさん)とは、秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町にまたがる山である。十和田八幡平国立公園の中に位置する。 遠くから見たゆったりとした印象とは異なり、山頂の東側は断崖絶壁となっている。山頂は崩壊が進んでいる。以前あった山頂の三角点も行方不明となり、現在の地形図では三角点が抹消されている。 秋田駒ヶ岳とともに古くから知られた山で、秘湯で名高い乳頭温泉郷の北東に乳房のような山容を見せている。山頂からは、岩手山や林野庁の森林生態系保護地域に指定されている葛根田川源流部などを一望できる。また、東隣の笊森山と三角山の鞍部に広がる千沼ヶ原は、尾瀬にも匹敵するほどの高層湿原とも言われている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
486.八幡平  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県仙北市・鹿角市
八幡平(はちまんたい)は、秋田県と岩手県にまたがる標高1,614 mの山及びその周囲の高原台地[3]。深田久弥の日本百名山に挙げられている[3][4]。山域は1956年(昭和31年)に十和田八幡平国立公園に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
487.八森 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
八森(はちもり)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
488.馬場目岳  ・ 日本秋田県南秋田郡五城目町・秋田市
馬場目岳(ばばめだけ)は、秋田県南秋田郡五城目町と秋田県秋田市の境界にある標高1,037mの山である。 馬場目岳は太平山地の西端に位置している。隣接する太平山と馬蹄形の山塊をなしており、穏やかな山頂を形どって日本海側に立ちはだかっている。その懐中には国が指定した仁別国民の森があり、太平山とともに県立自然公園に指定されている。 山頂脇のくぼ地には馬の守護神である相染神の石祠があり、かつてこの山が馬の守護神として信仰を集めていたことがしのばれる。 馬場目岳への登山道は4つのコースがある。最もよく利用されているのが、旭又登山口からのコースである。仁別国民の森を過ぎてから、旭又に移動すると、そこには駐車場、トイレ、案内板がある旭又登山口があり、太平山や赤倉山への共通の登山口となっている。登山口から約1時間50分程度で赤倉山への縦走路との分岐点につく。そこから約40分で馬場目岳山頂である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
489.馬糞森山  ・ 日本青森県平川市・秋田県鹿角郡小坂町
馬糞森山(ばふんもりやま)は、青森県平川市と秋田県鹿角郡小坂町との県境にある標高785.6mの山。 馬糞や饅頭のような「こんもり」とした形状が特徴である。秋田県側では、米代川支流小坂川の上流域にある。 国道282号から古遠部川[1](ふるとおべがわ、小坂川水系)上流にある「中の又林道」へ入ると眺めることができるほか、登山路も設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
490.羽保屋山  ・秋田県大館市
羽保屋山(はほやさん)は、秋田県大館市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
491.東ノ森  ・ 日本秋田県鹿角市
東ノ森(ひがしのもり)は、秋田県鹿角市にある標高691mの山である。 田代川(米代川水系支流大湯川支流大清水川支流)流域に位置する。この山や西ノ森のある高原台地は標高500mを越え、一帯を田代平(たしろたい)といい、開拓による牧場群が広がっている。山の北側には、数基の風力発電装置が設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
492.丁岳  ・ 日本山形県真室川町秋田県由利本荘市
丁岳(ひのとだけ)とは、秋田県由利本荘市と山形県真室川町にまたがる山である。2000年版の東北百名山に選ばれている。 秋田県と山形県境のほぼ中央部には、標高1000m前後の山々を連ねる丁岳山地があり、その主峰が丁岳である。丁岳は激しい浸食によって、多くの奇岩が積み重なり、秋田県側の山麓から見るとどっしりとした重量感のあるドーム型をしている。ブナを中心とした天然林や亜高山性植物が豊富で、秋田県の自然環境保全地域や、山形県の加無山県立自然公園に指定されている。また、秋田県側の丁岳山頂からお花畑付近、直登コースの観音岩付近までが丁岳自然環境保全地区に指定されている。この地区は自然性の高いブナ林に広く覆われ、尾根部にはキタゴヨウ、クロベなどの針葉樹が育成し、また山頂部には亜高山性のサラサドウダン、ミネザクラ、ハクサンシャクナゲなどが見られ、局所的に高山性のハイマツも育成しており、このような自然環境を将来にわたって保護するために保全地区の特別地区に指定されたとしている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
493.広森山  ・ 日本秋田県鹿角市
広森山(ひろもりやま)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高639.4m。広森川(米代川水系支流大湯川支流大清水川支流)流域に位置する。一帯は、根曲筍(チシマザサ)など山菜が採れる。 上流域(北方向)へ進むと、十和田湖外輪山に至る。 下流には水力発電所や滝がいくつもある[1]ので、自然保護や水源保全に力を入れている。山内にはツキノワグマが生息している。 山内には、国道104号から分岐する冷川林道が設けられている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
494.藤里駒ヶ岳  ・秋田県山本郡藤里町大字粕毛字鹿瀬内国有林
藤里駒ヶ岳(ふじさとこまがたけ)は、秋田県山本郡藤里町にある標高1,158mの山。この地区の地名から太良駒ヶ岳(だいらこまがたけ)とも呼ばれる。江戸時代の絵図ではカセ内嶽[1]やカセナイ[2]、駒岳[3]と記されている。所在地の住所は鹿瀬内国有林となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
495.富士山 (秋田県)  ・ 日本 秋田県秋田市東通明田
富士山(ふじやま)は、秋田県秋田市にある山である。地名から明田富士(みょうでんふじ)と通称される。標高は35メートル。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
496.二ッ森 (八幡平市・鹿角市)  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県鹿角市
二ッ森(ふたつもり)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界に位置する山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
497.二ツ森 (秋田県・青森県)  ・ 日本 秋田県藤里町・青森県鰺ヶ沢町
二ツ森(ふたつもり)は、青森県と秋田県の県境にまたがる山。白神山地の主要峰のひとつで、泊岳の名称でも知られている[3]。 「世界遺産白神山地」のなかでもっとも容易に山深くまで入山できる地として、二ツ森は白神山地を代表する知名度がある[3]。 従前は標高1086mとされてきたが、2011年(平成23年)の東日本大震災によって隆起し、1087mとなった[1]。山頂には三等三角点「泊岳」(標高1086.47m)が設置されている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
498.山毛森  ・ 日本秋田県鹿角市
山毛森(ぶなもり)は、秋田県鹿角市と仙北市との境界にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
499.鳳凰山 (秋田県)  ・ 日本秋田県大館市
鳳凰山(ほうおうざん)は、秋田県大館市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
500.房住山  ・ 日本秋田県三種町・能代市
房住山(ぼうじゅうざん)とは、秋田県三種町と能代市にまたがる山である。梵字宇山とも表記される。 房住山は低山であるが、坂上田村麻呂による長面兄弟討伐伝説の言い伝えが残り、鎌倉時代には山岳仏教の一大拠点となっていた信仰の山である。山頂からは東に森吉山、西に大潟村の広大な干拓地、男鹿半島、日本海を遠望できる。また、一帯は昭和51年(1976年)に自然観察教育林に指定されていて、また昭和52年(1977年)6月15日秋田魁新報社の新観光秋田三十景の23位に選出されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
501.保呂羽山  ・秋田県横手市大森町八沢木
保呂羽山(ほろわさん)は、秋田県横手市大森町八沢木にある標高438m、鳥海山系の山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
502.前森 (秋田県)  ・ 日本秋田県鹿角市
前森(まえもり)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
503.真瀬岳  ・ 日本青森県西津軽郡深浦町秋田県山本郡八峰町
真瀬岳(ませだけ)は、青森県西津軽郡深浦町と秋田県山本郡八峰町にある山で、標高は988mである。 真瀬岳は秋田県八峰町を流れる真瀬川の源流部にある。また青森県鰺ケ沢町を流れる赤石川(支川滝川)の源流部も真瀬岳の北側にある[1]。端正なピラミッド形の山で、日本海からも確認が容易なので漁師たちの寄港の目印になっていた。国道の分岐点から見ても、端正なピラミッド型の山を確認することができる。秋田白神県立自然公園に山域が含まれている。 登山道は、橋がない沢を2度渡河したあと、山腹に辿りついた後は山頂までジグザグになった歩道をひたすら登ることになる。標高800mぐらいで見晴らしがよくなるが、白神山地遺産地区方面はあまり見ることはできない。笹原が覆う稜線を登り切れば白い標識がある山頂である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
504.松峰山信仰遺跡群  ・秋田県大館市松峰字大山外
松峰山信仰遺跡群(まつみねさんしんこういせきぐん)は、秋田県大館市松峰字大山10にある松峰神社を中心にして、古代・中世に縁起を持つ密教関連遺跡である。松峰山は本尊の松峰不動明王にちなんだ名称で、中央にある山は標高375.7mの大山である。大館市松峰字仁王田141-5にある里宮は今は松峰稲荷神社になっている。松峰山信仰遺跡群は2009年(平成21年)5月1日に大館市指定史跡に指定された(地図の座標は、文化財指定された際の位置図より)。江戸時代には大館八景の「松峰暮雪」として知られ、秋田六郡三十三観音霊場の32番霊場でもあった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
505.松森 (秋田県)  ・ 日本秋田県大館市・鹿角市
松森(まつもり)は、秋田県鹿角市と同県大館市の境界(米代川中流右岸)にある、標高382mの山である。松森山とも呼ばれる。 北方約500mの峰筋には、峰を横断する形で鹿角市と大館市とを結ぶ秋田県道313号雪沢十和田毛馬内線が通っている。 登山道は、同県道が峰越えする地点から稜線を進む。 戊辰戦争のさい、盛岡藩と秋田藩による戦闘が行なわれた山である。盛岡藩は秋田藩を駆逐し松森周辺を越え、大館城を目指して進撃している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
506.真昼岳  ・ 日本秋田県仙北郡美郷町岩手県和賀郡西和賀町
真昼岳(まひるだけ)とは、秋田県仙北郡美郷町と岩手県和賀郡西和賀町との県境にある山である。真昼山とも。真昼山地の主峰で、標高は1059mである[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
507.三倉鼻  ・ 日本秋田県三種町・八郎潟町
三倉鼻(みくらはな)とは、秋田県三種町と八郎潟町にまたがる山である。三湖伝説にまつわる伝説など、数々の伝説が語られている。三倉鼻の名前の由来は、『三倉鼻由来』[1]によれば、八郎太郎によって助けられた夫殿は、その後長者になり3つの倉を建てたからだという。糠を捨てた場所は小山になり糠森になった[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
508.女神山  ・ 日本秋田県仙北郡美郷町,岩手県和賀郡西和賀町
女神山(めがみやま)は、秋田県仙北郡美郷町と岩手県和賀郡西和賀町の境にある山である。標高は955.4m。山頂には三等三角点「女神山」が設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
509.畚岳  ・ 日本秋田県仙北市・岩手県八幡平市
畚岳(もっこだけ)は、秋田県仙北市と岩手県八幡平市の境にある山である。八幡平の展望が良い山とされる「八幡平三大展望地」の一つである[1]。山頂は僅かに秋田県側に入っている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
510.母谷山  ・秋田県八峰町
母谷山(もやさん)は、秋田県八峰町の山である。八峰町目名潟地区のすぐ北東にあるので「目名潟山」とも呼ばれる。 秋田県の旧峰浜村と旧八森町との境界にある海抜276mの山である。標高100m程度にある広場の緑地休養施設にはトイレや水飲み場が整備されておりそこまで自動車で移動することができる。広場の北には鳥居があり、鳥居をくぐれば登山道が続いている。初めはつづら折りの緩やかな登山道も次第に急登となり約20分で山頂につく。頂上からは白神山地の県境や、男鹿半島までの海岸線、八郎潟、米代川を一望することができ、天気のよい日は鳥海山等県内のいくつもの山も見る事が出来る。 ふもとには戦国時代の館趾といわれる「蝦夷館遺跡」がある。1964年県の文化財専門委員の手で発掘され、広い台上にあるので海上に活躍した土豪の性格と、また舶来された中国古陶の遺存も考えられ、堂々たる構造の館と外柵を台上に廻し、建物をその上に掘りたし土間に礫を敷きつめて出来たものであったと言われる[1]。伝説では、この蝦夷館は安倍氏が室町時代に居館し、その後檜山安東氏との抗争に敗れたと言われている。海上交通を監視しやすいように、見晴らしの良いこの山のふもとに蝦夷館を作ったと言われている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
511.茂谷山 (能代市)  ・秋田県能代市
茂谷山(もややま)とは、秋田県能代市の山である。遠方から見ると、米代川南方台地上にあって綺麗な三角形の山に見える。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
512.茂谷山 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
茂谷山(もややま)は、秋田県鹿角市にある標高362メートルの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
513.森ヶ崎 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
森ヶ崎(もりがさき)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高240.6m。米代川左岸に位置する里山で、狐森ともいう。山内に、神明社(石の祠)がある。 西側に広がる台地は「松館野月」といい、松館しぼり大根の特産地である。 このほか、森ヶ崎ののる台地上には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の尾去II遺跡・尾去館跡・松館跡(縄文、中世)などの遺跡や松舘菅原神社がある。 昔、この山を境に、北側は”マチ(主として町場地区)”、南側は”ムラ(主として農村地帯)”であった。ムラの大人がマチへ用足しに行って、夕方過ぎにほろ酔い機嫌で帰ってくると、きまってこの狐森の麓の所でキツネに騙され、夏は畑の中、冬は雪原の中をグルグル廻ってしまうのであった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
514.森山 (秋田県)  ・ 日本秋田県南秋田郡五城目町
森山(もりやま)は、秋田県五城目町にある山である。五城目町のシンボルとして親しまれている。杜山、盛飯山、盛医山とも書く。 「森」はこの地方では孤立峰を呼ぶ場合や、社(神社の森)を意味している場合がある。[1]
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
515.森吉山  ・秋田県北秋田市
森吉山(もりよしざん)は、秋田県北秋田市に位置する標高1,454.2mの古い火山である。高山帯では多くの高山植物が咲乱れるため「花の百名山(NHK選・山と溪谷社選)」に選ばれている。向岳(むかいだけ)、秋田山(あきたやま)ともいう。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
516.諸助山  ・ 日本秋田県鹿角市
諸助山(もろすけやま)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高768.6m。 山の岩体は石英閃緑ひん岩である。大湯環状列石(国の特別史跡)の配石のほとんどはこの岩であるとされている。この山の北斜面から崩壊した石英閃緑ひん岩が、安久谷川(あくやがわ)[1]から大湯川を流下したために表面が磨り減って滑らかになったものを縄文人が利用したとされる。 西側斜面を水源とする豊真木沢川(とよまきさわがわ)[2]の上流には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の根市遺跡(縄文時代)がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
517.諸桧岳  ・ 日本岩手県八幡平市・秋田県仙北市
諸桧岳(もろびだけ)とは、岩手県八幡平市と秋田県仙北市との県境にある山である。 標高は1,516m。畚岳と嶮岨森をつなぐ登山道である裏岩手縦走路が山頂を通過している[1]。また、諸桧岳の東麓の標高1,200m付近には秋田県道・岩手県道318号八幡平公園線(八幡平樹海ライン)が南北に走る。諸桧岳山頂の標識は、諸桧岳最高点から北西約300mの登山道が直角に曲がっている点に設置されている。 諸桧岳の「諸桧」とは、アオモリトドマツ(オオシラビソ)の方言である。諸桧岳山麓は笹藪の中にアオモリトドマツが数多く茂っている。アオモリトドマツは青森県が分布の北限であるが、この八幡平地区が群生密度が日本一と言われている。標高が低い場所では樹高30mを越える巨木になることもあるが、諸桧岳の山頂付近では風雪にさらされ大きくなれない。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
518.矢柄平  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
矢柄平(やからたい)は、秋田県小坂町にある山、および集落の名称である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
519.薬師山 (八峰町)  ・秋田県八峰町
薬師山(やくしさん)は、秋田県八峰町の山である。大母爺(おおもや)ともよばれる。JR東八森駅方面から見ると、母谷山と大小の2つのピークが並んで見える。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
520.矢筈山 (鹿角市)  ・ 日本 秋田県鹿角市
矢筈山(やはずやま)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
521.湯坂森  ・ 日本秋田県鹿角市
湯坂森(ゆざかもり)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高660.2m。熊沢川(米代川水系支流)の上流右岸にある。 北西側山麓から延びる半島状丘陵の先端部には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の水沢遺跡(縄文時代)がある(標高約325m)。 この山より南方の奥地(高地)では水稲栽培はできない。北側には開拓された田畑が広がるが、冷害が多い[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
522.与須毛堂森  ・ 日本青森県三戸郡田子町秋田県鹿角市
与須毛堂森(よすけどうもり)は、青森県三戸郡田子町と秋田県鹿角市との境界にある山である。 標高840.8m。 西側斜面(鹿角市側)を水源とする山中沢川(米代川水系支流大湯川支流大清水川支流)が大清水川と合流する一帯には、かつて数戸の開拓農民が暮らしていた。 山中沢川の中流域には山中宿跡があり、昔(江戸時代頃からと思われる)の「来満街道大柴峠越え」がこの山中沢川を横断していた。この街道は、いわゆる巡見使道で、鹿角(現鹿角市)の松ノ木~錦木塚~大湯温泉~安久谷川(米代川水系支流大湯川支流)~折戸~大柴峠~山中宿を経て、現青森県へと通じていた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
523.姫ヶ岳 (北秋田市・上小阿仁村)  ・ 日本秋田県北秋田市・上小阿仁村
姫ヶ岳(ひめがたけ)は、秋田県北秋田市と上小阿仁村との境界にある山である。山頂には一等三角点と石仏を収めた小祠がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
524.竜ヶ森 (北秋田市・大館市)  ・ 日本秋田県北秋田市・大館市
竜ヶ森(りゅうがもり)とは、秋田県北秋田市と大館市にまたがる山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
525.竜ヶ森 (大館市・鹿角市)  ・ 日本秋田県大館市・鹿角市
竜ヶ森(りゅうがもり)は、秋田県大館市と鹿角市との境界にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
526.和賀山塊  ・秋田県・岩手県
和賀山塊(わがさんかい)は、秋田・岩手県境にある山塊。奥羽山脈真昼山地の一部。奥深い原生自然とブナ混生林、さらに巨樹・巨木の存在によって知られている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
527.早稲山  ・ 日本秋田県鹿角市・大館市
早稲山(わせやま)は、秋田県鹿角市と大館市との境界にある、標高811.2mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
528.二ツ森 (秋田県・青森県)  ・ 日本 秋田県藤里町・青森県鰺ヶ沢町
二ツ森(ふたつもり)は、青森県と秋田県の県境にまたがる山。白神山地の主要峰のひとつで、泊岳の名称でも知られている[3]。 「世界遺産白神山地」のなかでもっとも容易に山深くまで入山できる地として、二ツ森は白神山地を代表する知名度がある[3]。 従前は標高1086mとされてきたが、2011年(平成23年)の東日本大震災によって隆起し、1087mとなった[1]。山頂には三等三角点「泊岳」(標高1086.47m)が設置されている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の海岸

529.入道崎
入道崎(にゅうどうざき)は、秋田県男鹿市、男鹿半島北西端に位置し、日本海に突出する岬。入道岬と表記することもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
530.風の松原
風の松原(かぜのまつばら)とは、秋田県能代市の海岸に面した約700万本のクロマツによる海岸防災林のことである[1]。760haの全域が保安林に指定されており、砂防林、防砂林、防潮林、防風林などの複合的機能を持つ。保健保安林でもあり、林内には、サイクリングコースやジョギングコースが設けられ市民の憩いの場にもなっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の

531.宇宙大橋  ・秋田県湯沢市
宇宙大橋(うちゅうおおはし)は、秋田県湯沢市にある、皆瀬川の支流の中ノ台沢川に架かる秋田県道323号小安温泉椿川線の橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
532.蛇の崎橋  ・秋田県横手市四日町 - 蛇の崎町間
蛇の崎橋(じゃのさきばし)は、秋田県横手市の秋田県道272号御所野安田線にある橋で、日本百名橋の1つである。かつての羽州街道にあたり、別名は「下の橋」である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
533.秋田大橋  ・秋田県秋田市
秋田大橋(あきたおおはし)は、秋田県秋田市の雄物川に架かる秋田県道56号秋田天王線の橋長583.6 m(メートル)の桁橋。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
534.秋田南大橋
秋田南大橋(あきたみなみおおはし)は、秋田県秋田市に存在する橋である。 1998年(平成10年)3月30日に開通[1]。雄物川に架かる2車線の道路橋で、秋田市の仁井田地区と豊岩地区を結ぶ。雄物川にかかる橋では秋田市で四本目となる。長さは689メートル。橋には上水道管やガス管、電気・電話・ケーブルテレビ等のケーブルが通り、ライフラインとしても重要な役割を担う。 雄物川橋-秋田南大橋-JR雄物川橋梁
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
535.面影橋 (秋田市)
面影橋(おもかげばし)は秋田県秋田市を流れる草生津川に架かる橋。左岸は八橋本町五丁目・八橋南一丁目、右岸は八橋本町六丁目。 橋を通っているのは旧羽州街道で、現在は秋田市道となっている。1944年(昭和19年)12月21日に国道5号のバイパス(後の国道7号、現・秋田県道56号秋田天王線)が「新国道」として開通する[1]まではこちらが国道であったため、秋田市民からは「旧国道」と呼ばれている。 江戸時代、この近くに久保田藩の草生津刑場があり、罪人は橋のたもとにある茶屋で最後の食事を取り、処刑されたと言い伝えられている。この時、罪人が川に映る自分の面影を今生の見納めとしたことから、「面影橋」という名前がつけられたとされる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
536.雄物川橋梁
雄物川橋梁(おものがわきょうりょう)は、秋田県秋田市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)羽越本線の鉄道橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
537.勝平新橋
勝平新橋(かつひらしんばし)は、秋田県秋田市の秋田運河に架かる道路橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
538.旧雄物川橋梁
旧雄物川橋梁(きゅうおものがわきょうりょう)は、秋田県秋田市にある旧雄物川(秋田運河)に架かる秋田臨海鉄道秋田臨海鉄道線(南線)の鉄道橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
539.協雄大橋  ・左岸:秋田市雄和右岸:大仙市協和小種
協雄大橋(きょうゆうおおはし)は、雄物川に架かる道路橋。左岸は秋田県秋田市雄和、右岸は大仙市協和小種。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
540.手形山大橋  ・秋田市
手形山大橋(てがたやまおおはし)は、秋田県秋田市にある全長368.5 mの橋である[1]。 秋田県道41号秋田昭和線(都市計画道路横山金足線)の一部であり、手形山西町と手形山公園入り口を結ぶ。手形山公園の先で手形トンネル(276m)に接続し、添川に至る。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

秋田県の

541.秋田運河
秋田運河(あきたうんが)は、秋田県秋田市を流れる運河である。 河川法上の名称は「旧雄物川」となっている。以前は雄物川の本流であったが、1937年(昭和12年)の雄物川放水路の完成によって旧流路は運河となった。秋田市茨島で雄物川から分流し、秋田港で日本海に注ぐ。全長9.3km。この秋田運河と日本海および雄物川によって、勝平を島にしている。 左岸は勝平・向浜地区、右岸は茨島・川尻・八橋・寺内・土崎港地区に面する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
542.旭川 (秋田県)
旭川(あさひかわ)は、秋田県秋田市を流れる雄物川水系旧雄物川支流の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
543.阿仁川
阿仁川(あにがわ)は、秋田県を流れる米代川水系の一級河川である。米代川水系の支流の中では流路延長、流域面積ともに最大である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
544.出川 (秋田県)
出川(いでかわ)は、秋田県美郷町および大仙市を流れる雄物川水系横手川支流の一級河川である。流路延長は六郷東根から横手川合流地点まで約14キロメートルである[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
545.芋川 (秋田県)
芋川(いもかわ)は、秋田県由利本荘市を流れる子吉川水系子吉川支流の一級河川である。支流を含めた流域は横手市や秋田市にも及ぶ。 秋田県由利本荘市東部の横手市、大仙市との境近くに源を発し、笹森山の北を迂回するような形で西へと流路をとる。軽井沢川との合流地点からは国道105号に沿うようにして流れ、由利本荘市の中心部で本流の子吉川に合流する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
546.岩瀬川 (秋田県)
岩瀬川(いわせがわ)は、秋田県大館市を流れる米代川水系米代川支流の河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
547.岩見川 (秋田県)
岩見川(いわみがわ)は、秋田県秋田市を流れる河川。岩が多いため、この名がついた。アユ釣りが盛んに行われている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
548.大湯川
大湯川(おおゆがわ)は、秋田県鹿角市を流れる米代川水系米代川支流の河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
549.雄物川
雄物川(おものがわ)は、秋田県を流れている一級河川。雄物川水系の本流。秋田県の南半分が流域である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
550.雄物川放水路
雄物川放水路(おものがわほうすいろ)は、秋田県秋田市を流れ日本海に注ぐ一級河川雄物川の放水路である。1938年に雄物川の洪水を防ぐために作られた。延長は約2km。放水路が完成する前の旧雄物川は秋田運河となっている[1]。 雄物川放水路完成以前の雄物川下流部は、蛇行が著しく、大雨時には雄物川・岩見川・旭川の沿川部にある秋田市街地や平野の約1/3が、毎年のように洪水被害を受けていた。1886年(明治19年)、水害から地域を守る対策として『雄物川河口から上流10km地点で雄物川を閉めきり、新屋から丘陵を掘削し日本海に放流する2kmの新しい水路をつくる』ことにした。1917年(大正6年)に着手、22年の歳月と当時の金額で1170万円に及ぶ莫大な費用と延べ397万人の労力をかけて1938年(昭和13年)に完成した[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
551.粕毛川
粕毛川(かすげがわ)は、秋田県 山本郡藤里町を流れる川で、米代川水系藤琴川支流の河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
552.上郷温水路群
上郷温水路群(かみごうおんすいろぐん)は、秋田県にかほ市象潟町に所在する農業用水路群。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
553.熊沢川
熊沢川(くまざわがわ)は、秋田県鹿角市を流れる米代川水系米代川支流の河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
554.黒沢川 (湯沢市)
黒沢川(くろさわがわ)は、秋田県湯沢市を流れる雄物川水系皆瀬川の支流である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
555.小坂川 (秋田県)
小坂川(こさかがわ)は、秋田県鹿角郡小坂町から鹿角市十和田を流れる米代川水系大湯川支流の河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
556.子吉川
子吉川(こよしがわ)は、秋田県南部を流れ日本海に注ぐ一級河川。子吉川水系の本流で、流域面積において秋田県内では雄物川、米代川に次ぐ第三の規模の河川である。上流は鳥海川とも呼ばれ、鳥海川第一第二発電所が稼動している。 「癒しの川づくり」として、平成14年度国土交通省手づくり郷土賞(地域活動部門)受賞。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
557.衣川 (秋田県)
衣川(ころもがわ)は、秋田県由利本荘市を流れ日本海に注ぐ二級河川。衣川水系の本流である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
558.白瀑川
白瀑川(しらたきがわ)は、秋田県北西部に位置する八峰町(旧八森町)を流れる河川。 白瀑川の名前にある白瀑は、町内の白瀑神社の境内にあり、全国でも珍しい神輿の滝浴びを見ることができる[1]。毎年8月1日に行われ、勇壮なかけ声と共に滝壺へ神輿が入っていく。川の流れは美しく、白瀑の滝壺にはイワナやヤマメが生息する。2015年にはJR東日本の東北地方を宣伝するCMの撮影場所になった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
559.田沢疏水
田沢疏水(たざわそすい)は、秋田県南東部に広がる仙北平野を南北に流れる農業用水路である。 2006年(平成18年)2月3日に「疏水百選」に選ばれている。受益面積は約3,890haである[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
560.玉川 (秋田県)
玉川(たまがわ)は、秋田県を流れる一級河川。別名副川(そいかわ、そえがわ)。雄物川の支流としては最長である。玉川温泉の強酸性水が流れ、玉川毒水と呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
561.泊川 (秋田県)
泊川(とまりがわ)は、秋田県北西部に位置する八峰町にある河川。白神山地を水源とし、日本海へと流れ込む。 上流の渓相のまま海へ流れ込むため、河口でもイワナが見られる。五能線の鉄橋をくぐって奥へ進むと手つかずの渓谷が続き、尼子岩伝説のある岩などの景色も見られる。 座標: 北緯40度21分09秒 東経140度01分31秒 / 北緯40.3524度 東経140.0252度 / 40.3524; 140.0252
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
562.長木川
長木川(ながきがわ)は、秋田県大館市を流れる23.6 kmの河川[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
563.七滝川
七滝川(ななたきがわ)は、秋田県仙北郡美郷町を流れる雄物川水系丸子川の支流である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
564.成瀬川
成瀬川(なるせがわ)は、秋田県雄勝郡東成瀬村および横手市を流れる河川である。古くは田子内川と呼ばれていた。 東成瀬村南端の栗駒山付近に源を発し北へ流れる。なるせ温泉付近で西に転じ、横手市増田町戸波付近で皆瀬川に合流する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
565.馬場目川
馬場目川(ばばめがわ)は、秋田県南秋田郡五城目町・八郎潟町・井川町・大潟村・潟上市・男鹿市を流れる二級河川である。「ばばのめがわ」とも呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
566.早口川
早口川(はやぐちがわ)は、秋田県大館市を流れる26.5 kmの河川[1]。上流部は大川目川(おおかわめがわ)と呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
567.桧木内川
桧木内川(ひのきないがわ)は、秋田県を流れる一級河川。雄物川水系玉川の支流である。国の名勝に指定されている角館の桜並木が有名である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
568.藤琴川
藤琴川(ふじことがわ)は、秋田県を流れる米代川水系の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
569.真瀬川
真瀬川(ませがわ)は、秋田県山本郡八峰町を流れる二級水系真瀬川の本流である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
570.丸子川 (秋田県)
丸子川(まるこがわ)は、秋田県美郷町および大仙市を流れる雄物川水系の一級河川である。荒川(あらかわ)、鞠子川(まりこがわ)とも称する。流路延長は六郷東根地先から雄物川合流地点まで16.3キロメートル[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
571.水沢川 (秋田県)
水沢川(みずさわがわ)は、秋田県山本郡八峰町を流れる二級水系水沢川の本流である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
572.皆瀬川 (秋田県)
皆瀬川(みなせがわ)は、秋田県湯沢市および横手市を流れる雄物川水系の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
573.夜明島川
夜明島川(よあけしまがわ)は、秋田県鹿角市を流れる米代川支流の川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
574.横手川
横手川(よこてがわ)は、秋田県横手市・美郷町および大仙市を流れる雄物川水系の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
575.米代川
米代川(よねしろがわ)は、主に秋田県の北部を流れ日本海に注ぐ米代川水系本流の一級河川である。東北地方第5の大河で、秋田県内では流域面積が雄物川に次ぐ。河口付近では「能代川」とも呼ばれる。大日本帝国海軍の軽巡洋艦の能代はこの能代川から名付けられている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責