オーサムサーチジャパン

栃木県の観光スポット

クリックするとその項目に飛びます。
1.栃木県
栃木県(とちぎけん)は、日本の関東地方に位置する県。県庁所在地は宇都宮市。 県北部に日光国立公園があり、観光地・保養地の日光や那須が知られる。
人口:1,905,170人[編集](推計人口、2023年1月1日)面積:6,408.09km2
公式サイト  Wikipedia

栃木県の

1.満願寺 (栃木県上三川町)  ・栃木県河内郡上三川町東汗1105
満願寺(まんがんじ)は、栃木県河内郡上三川町東汗(ひがしふざかし)にある真言宗智山派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
2.満願寺 (栃木市)  ・栃木県栃木市出流町288
満願寺(まんがんじ)は、栃木県栃木市出流町にある真言宗智山派の寺院。山号は出流山(いずるさん)。坂東三十三観音霊場の第17番札所[2]。
Wikipedia    内容詳細  
3.満福寺 (栃木県野木町)  ・栃木県下都賀郡野木町野渡706
満福寺(まんぷくじ)は、栃木県下都賀郡野木町野渡にある曹洞宗の寺院。正式には、山号を西光山、院号を乾亨院、寺号を満福寺という[1]。古河公方ゆかりの寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
4.満福寺 (栃木市)  ・栃木県栃木市旭町22-27
満福寺(まんぷくじ)は、栃木県栃木市にある真言宗智山派の寺院。山号を「教王山」、院号を「遍照光院」という。奥の細道霊場十八番札所。ご本尊は大日如来(金剛界)。他に開運厄除大師をはじめ悪運断ち三鬼尊・子授け観音・縁結び歓喜天・身代り地蔵尊などを祀る。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
5.壬生寺 (栃木県壬生町)  ・栃木県下都賀郡壬生町大師町11番17号
壬生寺(みぶじ)は、栃木県下都賀郡壬生町にある天台宗の寺院である。山号は紫雲山(しうんざん)。本尊は不動明王。慈覚大師円仁誕生の地として伝えられる。
Wikipedia    内容詳細  
6.妙雲寺 (那須塩原市)  ・栃木県那須塩原市塩原665
妙雲寺(みょううんじ)は、栃木県那須塩原市塩原[1]にある臨済宗妙心寺派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
7.妙建寺 (小山市)  ・栃木県小山市宮本町1-1-17
妙建寺(みょうけんじ)は、栃木県小山市にある日蓮宗の寺院。旧本山は、真間弘法寺。池上・土富店法縁。
Wikipedia    内容詳細  
8.妙顕寺 (佐野市)  ・栃木県佐野市堀米町264
妙顕寺(みょうけんじ)は、栃木県佐野市堀米町にある、日蓮宗の本山(由緒寺院)。山号は開本山。
Wikipedia    内容詳細  
9.無量寿寺 (真岡市)  ・栃木県真岡市下籠谷728
無量寿寺(むりょうじゅじ)は、栃木県真岡市大字下籠谷字中里にある寺院。宗派は天台宗。境内に天然記念物に指定されているケヤキがある。山号は常在山、院号は極楽院。
Wikipedia    内容詳細  
10.龍光寺 (さくら市)  ・栃木県さくら市喜連川4317
龍光寺(りゅうこうじ)は、栃木県さくら市にある臨済宗円覚寺派の寺院。山号は慈雲山。本尊は釈迦如来。
Wikipedia    内容詳細  
11.龍興寺 (下野市)  ・栃木県下野市薬師寺1416
龍興寺(りゅうこうじ)は、栃木県下野市にある真言宗智山派の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
12.輪王寺  ・栃木県日光市山内2300
輪王寺(りんのうじ)は、栃木県日光市にある寺院で、天台宗の門跡寺院である。明治初年の神仏分離令以後、東照宮、二荒山神社とあわせて「二社一寺」と称される。近世まではこれらを総称して「日光山」と呼ばれていた。現在、「日光山」は輪王寺の山号とされている[1]。また、「輪王寺」は日光山中にある寺院群の総称でもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
13.蓮行寺 (下野市)  ・栃木県下野市小金井2936
蓮行寺(れんぎょうじ)は、栃木県下野市に所在する日蓮正宗の寺院。山号は珠栄山(しゅえいざん)。
Wikipedia    内容詳細  
14.下野国分寺跡
下野国分寺跡(しもつけこくぶんじあと)は、栃木県下野市にある古代寺院跡。国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
15.下野薬師寺跡
下野薬師寺跡(しもつけやくしじあと)は、栃木県下野市にある古代寺院跡。国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
16.関東八十八箇所
関東八十八箇所(かんとうはちじゅうはちかしょ)は、1995年(平成7年)に四国八十八箇所を模して開創された札所巡りである。東京都内には宝暦年間に開創された御府内八十八箇所が存在するため、重複する寺院はなるべく避けられている。なお、札所八十八箇所に加え、番外七箇所が特別霊場として選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
17.円照寺 (入間市)  ・埼玉県入間市野田158
圓照寺(えんしょうじ)は、埼玉県入間市野田にある真言宗智山派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
18.観音院 (桐生市)  ・群馬県桐生市東二丁目13番18号
観音院(かんのんいん)は、群馬県桐生市東二丁目にある真言宗豊山派の寺院である。山号は諏訪山。本尊は聖観音菩薩。寺号は詳しくは「諏訪山観音院能満寺(すわさん かんのんいん のうまんじ)」と称する。一般には「日限地蔵尊」として知られる。境内には、地蔵菩薩を祀る地蔵堂があり、毎月24日の縁日には、参道に露店が立ち並び、多くの参拝者が訪れる。
Wikipedia    内容詳細  
19.高野山東京別院  ・東京都港区高輪三丁目15番18号
高野山東京別院(こうやさんとうきょうべついん)とは、東京都港区高輪三丁目に存在する寺院である。宗派は高野山真言宗。本尊は弘法大師(1703年、本堂再建の際に造顕)。境内には不動堂・修行大師・お砂踏場等があり、お遍路の受入も万全。隣に建つのは高輪警察署である。
Wikipedia    内容詳細  
20.慈眼院 (高崎市)  ・群馬県高崎市石原町2710-1
慈眼院(じげんいん)は、群馬県高崎市にある高野山真言宗の寺院である。本尊は聖観世音菩薩。通称、高崎観音。境内に高崎白衣大観音(高崎観音)がある。
Wikipedia    内容詳細  
21.勝覺寺  ・千葉県山武市松ヶ谷イ2058
勝覺寺(しょうかくじ)は、千葉県山武市松ヶ谷にある真言宗智山派の寺院。山号は萬徳山。通称四天尊勝覺寺と称する。本尊は釈迦如来。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
22.聖眼寺  ・群馬県桐生市元宿町15-19
聖眼寺(しょうげんじ)は、群馬県桐生市にある高野山真言宗の寺院。山号は慈丸山。本尊は大日如来。
Wikipedia    内容詳細  
23.即清寺  ・東京都青梅市柚木町1-4-1
即清寺(そくせいじ)は、東京都青梅市柚木町(多摩郡杣保永川郷由木村)にある真言宗豊山派の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
24.不動寺 (安中市)  ・群馬県安中市松井田町松井田甲987
不動寺(ふどうじ)は、群馬県安中市松井田町にある真言宗豊山派の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
25.前橋厄除大師  ・群馬県前橋市下増田町1626番地[1]
前橋厄除大師(まえばしやくよけたいし)は、群馬県前橋市下増田町に所在する真言宗智山派の寺院である。山号は今宮山、院号は蓮花院、寺号は増田寺で、公式ホームページでは「前橋厄除大師 蓮花院」と記している。本尊の厄除弘法大師像は、自称川崎大師の第一分身である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
26.宥勝寺  ・埼玉県本庄市栗崎155
宥勝寺(ゆうしょうじ)は、埼玉県本庄市栗崎にある真言宗智山派の寺院。山号は西光山。詳しくは西光山無量寿院宥勝寺と称する。本尊は不動明王。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
27.安養寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市材木町5番15号
安養寺(あんようじ[2][4]、あんにょうじ[5][6])は、栃木県宇都宮市材木町にある、浄土真宗本願寺派の仏教寺院。鎌倉時代に親鸞が結んだ草庵を起源とし、短い期間ながら宇都宮県の県庁舎として用いられた歴史を持つ[7]。宗務のみならず、ボーイスカウト[1]・ガールスカウトの指導[8]や幼稚園の運営も手掛けている[9]。
Wikipedia    内容詳細  
28.一向寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市西原二丁目1-10
一向寺(いっこうじ)は、栃木県宇都宮市西原二丁目にある時宗一向派の寺院である。山号は清照山。本尊は阿弥陀如来。開基(創立者)は宇都宮景綱。国の重要文化財に指定されている銅造阿弥陀如来坐像は「汗かき阿弥陀」として知られる。
Wikipedia    内容詳細  
29.延命院 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市泉町4-30
延命院(えんめいいん)は、栃木県宇都宮市泉町4にある真言宗智山派の寺院である。山号は摩尼山。本尊は地蔵菩薩。開基(創立者)は藤原宗円。
Wikipedia    内容詳細  
30.大谷寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市大谷町1198番地
大谷寺(おおやじ)は、栃木県宇都宮市大谷町にある天台宗の寺院である。山号は天開山。院号は浄土院。本尊は千手観音で、坂東三十三観音第19番札所。国の特別史跡および重要文化財に指定されている「大谷磨崖仏」の所有者となっている。
Wikipedia    内容詳細  
31.桂林寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市清住1-3-37
桂林寺(けいりんじ)は、栃木県宇都宮市清住一丁目にある曹洞宗の寺院である。山号は松峰山。開基(創立者)は宇都宮満綱。墓地には蒲生君平の墓碑がある。
Wikipedia    内容詳細  
32.興禅寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市今泉3-5-13
興禅寺(こうぜんじ)は、栃木県宇都宮市今泉三丁目にある臨済宗妙心寺派の寺院である。山号は神護山。本尊は釈迦如来。勧請開山は高峰顕日(仏国国師)、開山は真空妙応禅師、開基(創立者)は宇都宮貞綱。寺域は河北禅林と呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
33.金剛定寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市上桑島町1041
金剛定寺(こんごうじょうじ)は、栃木県宇都宮市にある真言宗智山派の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
34.慈光寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市塙田1-3-3
慈光寺(じこうじ)は、栃木県宇都宮市にある浄土宗の寺院である。桜の名所でもあり、宇都宮市で最も早く咲くといわれる樹齢150年越えのヒガンザクラの木がある。
Wikipedia    内容詳細  
35.祥雲寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市東戸祭1-1-16
祥雲寺(しょううんじ)は、栃木県宇都宮市東戸祭一丁目にある曹洞宗の寺院である。山号は戸祭山。境内には祥雲寺観音霊場があり、当寺境内で西国三十三所観音霊場の観音巡りができる。
Wikipedia    内容詳細  
36.成高寺  ・栃木県宇都宮市塙田四丁目3番7号
成高寺(じょうこうじ)は、栃木県宇都宮市塙田四丁目にある曹洞宗の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
37.清巌寺  ・栃木県宇都宮市大通り5-3-14
清巌寺(せいがんじ)は、栃木県宇都宮市大通り五丁目にある浄土宗の寺院。山号は芳宮山。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。開基(創立者)は宇都宮頼綱、開山は旭蓮社儀翁。宇都宮貞綱が母の菩提を弔うために鋳造して奉納したと謂われる鉄塔婆が現存することで知られる。鉄塔婆は国の重要文化財に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
38.善願寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市南大通り1-8-19
善願寺(ぜんがんじ)は、栃木県宇都宮市南大通り一丁目にある天台宗の寺院。山号は福寿海山。本尊は如意輪観音。善願寺はまた宇都宮大仏(大豆三粒の金仏)で知られる寺院であり、宇都宮の小名所となっている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
39.多気山不動尊  ・栃木県宇都宮市田下町563
多気山不動尊(たげさんふどうそん)は、栃木県宇都宮市の多気山腹(田下町563番地)にある真言宗智山派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
40.東海寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市篠井町827
東海寺(とうかいじ)は、栃木県宇都宮市篠井町にある真言宗智山派の寺院。山号は福聚山。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。開基は円覚(寺伝)。
Wikipedia    内容詳細  
41.同慶寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市竹下町1107
同慶寺(どうけいじ)は、栃木県宇都宮市にある臨済宗妙心寺派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
42.報恩寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市西原一丁目3-13
報恩寺(ほうおんじ)は、栃木県宇都宮市西原一丁目にある臨済宗の寺院。山号は松嶺山。
Wikipedia    内容詳細  
43.宝蔵寺 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市大通り4-2-12
宝蔵寺(ほうぞうじ)は、栃木県宇都宮市大通り四丁目にある天台宗の寺院。山号は光明山。本尊は阿弥陀如来と普賢菩薩。開基(創立者)は円仁(慈覚大師)と伝える。
Wikipedia    内容詳細  
44.妙金寺
妙金寺(みょうきんじ)は、栃木県宇都宮市仲町にある日蓮宗の寺院。山号は法光山清光院。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)、小西法縁。日蓮真筆曼荼羅(鴛鴦大曼荼羅)を祀る。
Wikipedia    内容詳細  
45.妙正寺 (宇都宮市)
妙正寺(みょうしょうじ)は、栃木県宇都宮市大通り五丁目にある日蓮宗の寺院。旧本山は、池上本門寺。池上法縁。
Wikipedia    内容詳細  
46.英巌寺  ・栃木県宇都宮市花房本町2番7号[1](花房本町1842-1[2])
英巌寺(えいがんじ)は、下野国河内郡宇都宮城内の不動組(現・栃木県宇都宮市花房本町)に存在した、臨済宗の仏教寺院[7]。宇都宮藩主・戸田氏の菩提寺で、廃寺になった後、戸田氏の墓所が整備された[8][9]。跡地の大部分は私有地と化したが、一部が英巌寺児童公園として残されている[10]。
Wikipedia    内容詳細  
47.粉河寺 (宇都宮市)
粉河寺(こかわでら)は、かつて下野国河内郡宇都宮(現在の栃木県宇都宮市本町付近)にあった天台宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
48.長楽寺 (宇都宮市)
長楽寺(ちょうらくじ)は、かつて栃木県宇都宮市下河原にあった時宗一向派の寺院。本尊は阿弥陀如来。開基(創立者)は宇都宮満綱、開山は忍阿上人。現在、国の重要文化財に指定されている銅造阿弥陀如来坐像(汗かき阿弥陀)は、当寺の本尊として造立されたものといわれる。
Wikipedia    内容詳細  
49.東勝寺 (宇都宮市)
東勝寺(とうしょうじ)は、かつて宇都宮城下(現在の栃木県宇都宮市日野町、宇都宮パルコから宮島町十文字付近)にあった天台宗の寺院で宇都宮氏の菩提寺のひとつ。本尊は朝日観音。1262年(弘長2年)に宇都宮景綱によって当時の宇都宮城下の田川東岸に建立され、その後、田川西岸の荒尾崎に移され、現在の馬場通り三丁目から一番町に亘る広大な伽藍には釈迦堂、普賢堂、千手堂が建立された。1585年(天正13年)12月に後北条氏の下野国侵略に加担した日光山僧兵の焼き討ちを受けて焼失、1597年(慶長2年)には宇都宮氏が豊臣秀吉によって改易され廃寺となった。名残として、元境内地の町名には江戸時代に千手町や釈迦堂町、普賢町など仏堂の名前が冠された。
Wikipedia    内容詳細  
50.関東八十八箇所
関東八十八箇所(かんとうはちじゅうはちかしょ)は、1995年(平成7年)に四国八十八箇所を模して開創された札所巡りである。東京都内には宝暦年間に開創された御府内八十八箇所が存在するため、重複する寺院はなるべく避けられている。なお、札所八十八箇所に加え、番外七箇所が特別霊場として選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
51.北関東三十六不動尊霊場
北関東三十六不動尊霊場(きたかんとうさんじゅうろくふどうそんれいじょう)は、群馬県・栃木県・茨城県内にある36箇所の不動明王霊場寺院の総称。1988年(昭和63年)4月21日に開創された。
Wikipedia    内容詳細  
52.坂東三十三観音
坂東三十三観音(ばんどうさんじゅうさんかんのん)は、神奈川県・埼玉県・東京都・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県にまたがる33か所の観音霊場。
Wikipedia    内容詳細  
53.ぼけ封じ関東三十三観音霊場
ぼけ封じ関東三十三観音霊場(ぼけふうじかんとうさんじゅうさんかんのんれいじょう)は、千葉県、東京都、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県にある観音菩薩を祀る寺院から構成される霊場である。平成元年(1989年)に開創された。    
Wikipedia    内容詳細  
54.足利七福神
足利七福神(あしかがしちふくじん)は、栃木県足利市の11ヶ所の寺社に祀られている七福神の巡礼札所。1942年(昭和17年)に開始されたが第二次世界大戦中に一時中断、1987年(昭和62年)に再開された[1]。
Wikipedia    内容詳細  
55.安国寺 (下野市)  ・栃木県下野市薬師寺1737
安国寺(あんこくじ)は、栃木県下野市にある真言宗智山派の寺院。山号は医王山。本尊は薬師如来。
Wikipedia    内容詳細  
56.安楽寺 (那須烏山市)  ・栃木県那須烏山市田野倉285
安楽寺(あんらくじ)は、栃木県那須烏山市にある真言宗智山派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
57.医王寺 (鹿沼市)  ・栃木県鹿沼市北半田1250
医王寺(いおうじ)は、栃木県鹿沼市にある真言宗豊山派の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
58.一向寺 (佐野市)  ・栃木県佐野市堀米町1102
一向寺(いっこうじ)は、栃木県佐野市にある浄土宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
59.雲巌寺  ・ 日本 栃木県大田原市雲岩寺27
雲巌寺(うんがんじ)は、日本の北関東、栃木県大田原市雲岩寺に所在する臨済宗妙心寺派の寺院である。山号は東山(とうざん)[1]。本尊は釈迦牟尼仏(銅造釈迦如来坐像)。開山は高峰顕日(仏国国師)、開基(創立者)は叟元和尚(寺伝)。
Wikipedia    内容詳細  
60.円通寺 (栃木県益子町)  ・栃木県芳賀郡益子町大沢1770
円通寺(えんつうじ)は、栃木県芳賀郡益子町にある浄土宗の寺院である。山号は大沢山。院号は虎渓院。本尊は阿弥陀如来。
Wikipedia    内容詳細  
61.温泉寺 (日光市)  ・栃木県日光市湯元2559
温泉寺(おんせんじ)は、栃木県日光市湯元にある天台宗の寺院で、輪王寺の別院となっている。山号は日光山。本尊は薬師如来。庫裏には源泉から温泉を引いて湯船が作られており誰でも参篭できるようになっている。期間は4月中旬から11月下旬まで。
Wikipedia    内容詳細  
62.開雲寺  ・栃木県下野市石橋284-1
開雲寺(かいうんじ)は、栃木県下野市にある真言宗智山派の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
63.海潮寺 (真岡市)  ・栃木県真岡市田町2317
海潮寺(かいちょうじ)は、栃木県真岡市にある曹洞宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
64.樺崎寺
樺崎寺(かばさきじ)は、栃木県足利市樺崎町にあった足利氏ゆかりの寺院である。寺跡は2001年(平成13年)1月、国の史跡に指定された。
Wikipedia    内容詳細  
65.願成寺 (佐野市)  ・栃木県佐野市鉢木町15-5
願成寺(がんじょうじ)は、栃木県佐野市にある臨済宗建長寺派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
66.観音寺 (小山市)  ・栃木県小山市大字鏡955-1
観音寺(かんのんじ)は、栃木県小山市大字鏡にある真言宗豊山派の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
67.近龍寺  ・栃木県栃木市万町22-4
近龍寺(きんりゅうじ)は、栃木県栃木市にある浄土宗の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
68.鶏足寺 (足利市)  ・栃木県足利市小俣町2748
鶏足寺(けいそくじ)は、栃木県足利市にある真言宗豊山派の寺院である。山号は仏手山。院号は金剛王院。
Wikipedia    内容詳細  
69.華蔵寺 (下野市)  ・栃木県下野市下古山928-1
華蔵寺(けぞうじ)は、栃木県下野市下古山にある、真言宗の仏教寺院。通称は下野大師(しもつけだいし)、下野厄除大師(しもつけやくよけだいし)[5]。鎌倉時代[注 1]から続く歴史ある寺院であるが、ペット供養や樹木葬なども取り入れている[5]。また、ネコの保護活動に取り組んでおり[7]、ネコが多数暮らす「にゃんにゃん堂」を境内に設置したり[8]、猫神の御朱印を授与したりしている[7]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
70.玄性寺  ・栃木県大田原市福原361
玄性寺(げんしょうじ)は、栃木県大田原市にある曹洞宗の寺院である。山号は須峯山。詳名は須峯山瑠璃光院玄性寺。本尊は薬師如来。
Wikipedia    内容詳細  
71.建徳寺 (矢板市)
建徳寺(けんとくじ)は、栃木県矢板市大字館の川にあった曹洞宗の寺。山号は神護山。
Wikipedia    内容詳細  
72.興雲律院  ・栃木県日光市萩垣面2404
興雲律院(こううんりついん)は、栃木県日光市にある天台宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
73.高勝寺  ・栃木県栃木市岩舟町静3
高勝寺(こうしょうじ)は、栃木県栃木市にある天台宗の寺院である。山号は岩船山。
Wikipedia    内容詳細  
74.光真寺  ・栃木県大田原市山の手2丁目11-14
光真寺(こうしんじ)は、栃木県大田原市にある曹洞宗の寺院である[1]。大田原氏の菩提寺として知られている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
75.興法寺
興法寺(こうぼうじ)は、栃木県小山市本郷町にある天台宗の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
76.金乘院 (那須塩原市)  ・栃木県那須塩原市沼野田和571
金乘院(こんじょういん)は、栃木県那須塩原市に所在する高野山真言宗の寺院である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
77.最勝寺 (足利市)  ・栃木県足利市大岩町264(最勝寺本坊)
最勝寺(さいしょうじ)は、栃木県足利市にある真言宗豊山派の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
78.西導寺 (さくら市)  ・栃木県さくら市氏家2550
西導寺(さいどうじ)は、栃木県さくら市にある浄土宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
79.西明寺 (栃木県益子町)  ・栃木県芳賀郡益子町益子4469
西明寺(さいみょうじ)は、栃木県芳賀郡益子町にある真言宗豊山派の寺院である。山号は独鈷山。院号は善門院。本尊は十一面観音であり、坂東三十三観音第20番札所である。現在の住職は、元国立がんセンター研究員の田中雅博[注釈 1]の妻、田中貞雅。
Wikipedia    内容詳細  
80.西林寺 (小山市)  ・栃木県小山市大字神鳥谷174-1
西林寺(さいりんじ)は、栃木県小山市にある浄土真宗本願寺派の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
81.佐貫観音院  ・栃木県塩谷郡塩谷町佐貫799
佐貫観音院(さぬきかんのんいん)は、栃木県塩谷郡塩谷町佐貫にある真言宗智山派の寺院である。江戸時代までは岩戸山慈眼寺観音院であったが、明治期の廃仏毀釈によって慈眼寺は廃寺となり、現在は宇都宮市篠井町の東海寺の別院となっている。本尊は鬼怒川河畔にある聖観世音菩薩(しょうかんぜおんぼさつ)。
Wikipedia    内容詳細  
82.佐野板東三十三箇所
佐野板東三十三箇所(さのばんどうさんじゅうさんかしょ)は、栃木県の佐野市、栃木市に跨る、雲国法師(本源雲国)ゆかりの33か所の観音菩薩霊場の総称。
Wikipedia    内容詳細  
83.慈眼寺 (下野市)  ・栃木県下野市小金井1-26-2
慈眼寺(じげんじ)は、栃木県下野市にある真言宗智山派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
84.慈光寺 (矢板市)
慈光寺(じこうじ)は、栃木県矢板市にあった真言宗の寺院である。矢板市の大字の上太田と川崎反町の2か所に存在したが、それぞれ現在は廃寺となっている。
Wikipedia    内容詳細  
85.地蔵院 (栃木県益子町)  ・栃木県芳賀郡益子町上大羽945
地蔵院(じぞういん)は、栃木県芳賀郡益子町にある真言宗智山派の寺院である。山号は大羽山。本尊は延命地蔵菩薩。
Wikipedia    内容詳細  
86.持宝寺 (小山市)  ・栃木県小山市宮本町2-13−15
持宝寺(じほうじ)は、栃木県小山市にある新義真言宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
87.下野国分寺  ・栃木県下野市国分寺1541
下野国分寺(しもつけこくぶんじ)は、栃木県下野市にある真言宗豊山派の寺院。山号は瑠璃光山。院号は安養院。本尊は大日如来。
Wikipedia    内容詳細  
88.住林寺  ・栃木県栃木市岩舟町小野寺1133-1
住林寺(じゅうりんじ)は、栃木県栃木市にある時宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
89.種徳院 (佐野市)  ・栃木県佐野市戸奈良町960
種徳院(しゅとくいん)は、栃木県佐野市にある曹洞宗の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
90.浄圓寺 (小山市)  ・栃木県小山市小薬333
浄圓寺 (じょうえんじ)は、栃木県小山市に所在する日蓮正宗の寺院だったが、現在は離脱して単立寺院となっている。山号は本如山(ほんにょさん)。
Wikipedia    内容詳細  
91.常光寺 (小山市)  ・栃木県小山市中央町3-11−28
常光寺(じょうこうじ)は、栃木県小山市にある浄土宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
92.常珍寺 (栃木県芳賀町)  ・栃木県芳賀郡芳賀町西水沼1236
常珍寺(じょうちんじ)は、栃木県芳賀郡芳賀町にある天台宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
93.称念寺 (小山市)  ・栃木県小山市大字小薬307
称念寺(しょうねんじ)は、栃木県小山市にある浄土宗の寺院である。山号は田谷山。院号は無量寿院。本尊は阿弥陀如来。
Wikipedia    内容詳細  
94.常楽寺 (栃木県壬生町)  ・栃木県下都賀郡壬生町本丸1-1-30[1]
常楽寺(じょうらくじ)は、栃木県下都賀郡壬生町にある曹洞宗の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
95.信行寺 (栃木市)  ・栃木県栃木市平井町536-1
信行寺(しんぎょうじ)は、栃木県栃木市にある日蓮正宗の寺院である。山号は法華山(ほっけざん)。
Wikipedia    内容詳細  
96.瑞雲院 (矢板市)  ・栃木県矢板市大字東泉517
瑞雲院(ずいうんいん)は、栃木県矢板市大字東泉[1]にある曹洞宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
97.専修寺  ・三重県津市一身田町2819
専修寺(せんじゅじ)は、浄土真宗10派のうちの一つである真宗高田派の寺院。本寺専修寺と本山専修寺がある。本山の住職が本寺の住職を兼任している。「専修寺」の名の由来は浄土系宗派の特徴である専修念仏に基づいている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
98.専称寺 (栃木県那須町)  ・栃木県那須郡那須町伊王野1622
専称寺(せんしょうじ)は、栃木県那須郡那須町にある時宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
99.全超寺  ・栃木県大田原市上石上西7
全超寺(ぜんちょうじ)は、栃木県大田原市にある曹洞宗の寺院。山号は長栄山。本尊は釈迦三尊。
Wikipedia    内容詳細  
100.泉龍寺 (小山市)  ・栃木県小山市乙女1-25−8
泉龍寺 (せんりゅうじ)は、栃木県小山市にある真言宗豊山派の寺院。御瀧山明王院泉龍寺不動坊と号す。北関東三十六不動尊十三番札所。通称 乙女不動尊。
Wikipedia    内容詳細  
101.惣宗寺  ・栃木県佐野市金井上町2233
惣宗寺(そうしゅうじ) は、栃木県佐野市にある天台宗の寺院である。山号は「春日岡山」、寺号は詳しくは「春日岡山 転法輪院 惣宗官寺(かすがおかやま てんぼうりんいん そうしゅうかんじ)」と称する。一般には佐野厄除け大師[1]の通称で知られる。年末年始には関東地方を中心にテレビCMが多く放送されるため広く知られている。
Wikipedia    内容詳細  
102.崇真寺  ・栃木県芳賀郡芳賀町稲毛田1400
崇真寺(そうしんじ)は、栃木県芳賀郡芳賀町にある真言宗智山派の寺院。「下野三金剛」の内の一つである(当寺・金剛寿院・金剛定寺)。
Wikipedia    内容詳細  
103.大雄寺 (大田原市)  ・栃木県大田原市黒羽田町450
大雄寺(だいおうじ)は栃木県大田原市にある曹洞宗の寺院。山号は黒羽山。
Wikipedia    内容詳細  
104.大慈寺 (栃木市)  ・栃木県栃木市岩舟町小野寺2247番地
大慈寺(だいじじ)は、栃木県栃木市にある天台宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
105.大中寺  ・栃木県栃木市大平町西山田252
大中寺(だいちゅうじ)は、栃木県栃木市大平町西山田にある曹洞宗の寺院で関三刹の1つ。山号は太平山。
Wikipedia    内容詳細  
106.大導寺 (矢板市)
大導寺、大導寺(だいどうじ)は、栃木県矢板市の伊佐野地区(大字下伊佐野)字大導地[1]に存在した寺。
Wikipedia    内容詳細  
107.大平寺 (那須烏山市)  ・那須烏山市滝395
大平寺(たいへいじ)とは那須烏山市滝にある天台宗の寺の事である。山名は瀧尾山。川口松太郎の小説「蛇姫様」のモデルとなった「於志賀姫」の墓で知られる寺院である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
108.中禅寺 (日光市)  ・栃木県日光市中宮祠2482
中禅寺(ちゅうぜんじ)は栃木県日光市の中禅寺湖畔・歌ヶ浜にある天台宗の寺院である。世界遺産に登録された日光山輪王寺の別院であり、坂東三十三観音霊場の第18番に位置付けられている。
Wikipedia    内容詳細  
109.長林寺 (足利市西宮町)  ・栃木県足利市西宮町2884
長林寺(ちょうりんじ)は、栃木県足利市にある曹洞宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
110.寺山観音寺  ・栃木県矢板市長井1875
寺山観音寺(てらやまかんのんじ)は、栃木県矢板市長井の寺山地区にある真言宗智山派の寺院。高原山の中腹標高450m前後の比較的高い場所に位置する。山号は与楽山、院号は大悲心院。詳名は与楽山 大悲心院 観音寺と言い、寺山観音寺は通称である。本尊は千手観世音菩薩(国の重要文化財)。
Wikipedia    内容詳細  
111.天性寺 (那須烏山市)  ・栃木県那須烏山市南1-4-25
天性寺(てんしょうじ)は、栃木県那須烏山市にある曹洞宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
112.天翁院  ・栃木県小山市本郷町1丁目9−41
天翁院(てんのういん)は、栃木県小山市本郷町一丁目にある曹洞宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
113.如来寺 (日光市)  ・栃木県日光市今市710
如来寺(にょらいじ)は、栃木県日光市にある浄土宗の寺院。山号は星顕山。院号は光明院。本尊は阿弥陀如来。
Wikipedia    内容詳細  
114.能持院 (栃木県茂木町)  ・栃木県芳賀郡茂木町塩田227
能持院(のうじいん)は、栃木県芳賀郡茂木町にある曹洞宗の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
115.能仁寺 (真岡市)  ・栃木県真岡市根本55 
能仁寺(のうにんじ)は、栃木県真岡市根本にある臨済宗妙心寺派の寺院である。山号は大雄山。本尊は釈迦三尊(県指定文化財)である。元円覚寺派。
Wikipedia    内容詳細  
116.馬頭院 (栃木県那珂川町)  ・栃木県那須郡那珂川町馬頭188
馬頭院(ばとういん)は、栃木県那須郡那珂川町にある真言宗智山派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
117.鑁阿寺  ・栃木県足利市家富町2220
鑁阿寺(ばんなじ)は、栃木県足利市家富町にある真言宗大日派の本山である。「足利氏宅跡(鑁阿寺)」(あしかがしたくあと(ばんなじ))として国の史跡に指定されている。本堂は国宝に指定されている。日本100名城の一つ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
118.仏生寺 (真岡市)  ・栃木県真岡市南高岡259
仏生寺(ぶっしょうじ)は、栃木県真岡市にある真言宗豊山派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
119.芳全寺  ・栃木県真岡市久下田801
芳全寺(ほうぜんじ)は、栃木県真岡市にある曹洞宗の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
120.荘厳寺 (真岡市)  ・栃木県真岡市寺内75
荘厳寺(そうごんじ)は、栃木県真岡市にある天台宗の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
121.遍照寺 (真岡市)  ・栃木県真岡市中2402
遍照寺(へんじょうじ)は、栃木県真岡市にある真言宗智山派の寺院。山号は如意山。本尊は金剛界大日如来。開基(創立者)は足利基氏、中興開基(現在地付近移転)は中村時長[1]。
Wikipedia    内容詳細  
122.宝積寺 (高根沢町)
宝積寺(ほうしゃくじ)は、栃木県塩谷郡高根沢町にある大字。また、その地に過去に存在した寺院の名称。
Wikipedia    内容詳細  
123.宝寿院 (大田原市)  ・栃木県大田原市片府田1075-4
宝寿院(ほうじゅいん)は、栃木県大田原市にある真言宗智山派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
124.法楽寺 (足利市)  ・栃木県足利市本城3-2067
法楽寺(ほうらくじ)は、栃木県足利市本城にある曹洞宗の寺院[1]。山号は正義山[2]。1249年(建長元年)に、足利氏の3代目の棟梁であった足利義氏が開基したとされ、境内にある「足利義氏墓所」が足利市指定文化財(史跡)に指定されている[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
125.法楽寺 (矢板市)
法楽寺(ほうらくじ)は、栃木県矢板市に奈良時代前期から平安時代初頭まで存在した寺。山号は与楽山。開山は行基と伝わる。
Wikipedia    内容詳細  
126.法輪寺 (大田原市)  ・栃木県大田原市佐良土1401
法輪寺(ほうりんじ)は、栃木県大田原市にある天台宗の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
127.本光寺 (佐野市)  ・栃木県佐野市栃本町
本光寺(ほんこうじ)は、栃木県佐野市にある曹洞宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  

栃木県の神社

128.朝日森天満宮  ・栃木県佐野市天神町807
朝日森天満宮(あさひもりてんまんぐう)は栃木県佐野市天神町にある神社。かつては「旭森」とも書かれた。所在地の地名「天神町」はこの神社に由来する。
Wikipedia    内容詳細  
129.愛宕神社 (小山市城東)  ・栃木県小山市城東5丁目8番地38号
愛宕神社(あたごじんじゃ)は、栃木県小山市にある神社。旧社格は村社[1]。
Wikipedia    内容詳細  
130.愛宕神社 (小山市宮本町)  ・栃木県小山市宮本町1丁目1番7号
愛宕神社(あたごじんじゃ)は、栃木県小山市にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
131.荒橿神社  ・栃木県芳賀郡茂木町小井戸325
荒橿神社(あらかしじんじゃ)は、栃木県芳賀郡茂木町小井戸325にある神社。『延喜式神名帳』に掲載されている下野国芳賀郡荒樫神社に比定されているが異論があり荒樫神社は大前神社の相殿に合祀されたという説もある[1]。式内社としては下野十一社の第五位に位置づけられたという[2]。国常立尊、国狭槌尊、豊斟渟尊を祭神としている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
132.安房神社 (小山市)  ・栃木県小山市粟宮1615
安房神社(あわじんじゃ)は、栃木県小山市粟宮にある神社。旧社格は郷社、式内社(小社)。
Wikipedia    内容詳細  
133.生子神社 (鹿沼市)  ・栃木県鹿沼市樅山町1167
生子神社(いきこじんじゃ)は栃木県鹿沼市樅山町(もみやままち)の西部丘陵部の縁辺に鎮座する神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
134.稲荷神社 (日光市稲荷町)  ・栃木県日光市稲荷町1-379
稲荷神社(いなりじんじゃ)は、栃木県日光市の神社。
Wikipedia    内容詳細  
135.今泉八坂神社  ・栃木県宇都宮市今泉4-16-28
今泉八坂神社(いまいずみやさかじんじゃ)は、栃木県宇都宮市の中心部にある神社。正式名称は八坂神社(やさかじんじゃ)。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
136.今宮神社 (さくら市馬場)  ・栃木県さくら市馬場43
今宮神社(いまみやじんじゃ)は、栃木県さくら市の神社。
Wikipedia    内容詳細  
137.今宮神社 (鹿沼市)  ・栃木県鹿沼市今宮町1692
今宮神社(いまみやじんじゃ)は、栃木県鹿沼市の神社。
Wikipedia    内容詳細  
138.宇都宮二荒山神社  ・栃木県宇都宮市馬場通り一丁目1番1号
宇都宮二荒山神社(うつのみやふたあらやまじんじゃ、うつのみやふたらやまじんじゃ)は、栃木県宇都宮市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。神紋は「三つ巴(菊に三つ巴)」。
Wikipedia    内容詳細  
139.祖母井神社  ・栃木県芳賀郡芳賀町祖母井749
祖母井神社(うばがいじんじゃ)は、栃木県芳賀郡芳賀町の神社。
Wikipedia    内容詳細  
140.大前恵比寿神社  ・栃木県真岡市東郷943
大前恵比寿神社(おおさきえびすじんじゃ)栃木県真岡市にある神社。全高20メートルの大きなえびす像のある神社。
Wikipedia    内容詳細  
141.大前神社  ・栃木県真岡市東郷937
大前神社(おおさきじんじゃ)は栃木県真岡市にある神社。式内社。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
142.太平山神社  ・栃木県栃木市平井町659
太平山神社(おおひらさんじんじゃ)は、栃木県栃木市にある神社。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
143.大神神社 (栃木市)  ・栃木県栃木市惣社町477
大神神社(おおみわじんじゃ)は、栃木県栃木市惣社町にある神社。式内社(小)論社、下野国総社。旧社格は県社。古くは「下野惣社大明神」「惣社六所大明神」「八島大明神」などの別称があった。
Wikipedia    内容詳細  
144.雄琴神社 (壬生町)  ・栃木県下都賀郡壬生町通町18-58
雄琴神社(おことじんじゃ)は、栃木県下都賀郡壬生町通町にある神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
145.織姫神社 (足利市)  ・栃木県足利市西宮町3889番地
織姫神社(おりひめじんじゃ)は、栃木県足利市西宮町にある神社である。足利織姫神社[1]。
Wikipedia    内容詳細  
146.加蘇山神社  ・栃木県鹿沼市上久我3880
加蘇山神社(かそやまじんじゃ)は、栃木県鹿沼市上久我にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
147.蒲生神社  ・栃木県宇都宮市塙田五丁目1-19
蒲生神社(がもうじんじゃ)は栃木県宇都宮市塙田五丁目に鎮座する神社。
Wikipedia    内容詳細  
148.加茂神社 (那須烏山市)  ・栃木県那須烏山市月次
加茂神社(かもじんじゃ)は、栃木県那須烏山市月次にある神社。山名から「鳴井山」の名でも知られる[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
149.唐沢山神社  ・栃木県佐野市富士町1409
唐沢山神社(からさわやまじんじゃ)は、栃木県佐野市の唐沢山山頂にある神社。藤原秀郷を祀る。旧社格は別格官幣社。
Wikipedia    内容詳細  
150.烏森神社 (那須塩原市)  ・栃木県那須塩原市三区町635
烏森神社(からすがもりじんじゃ)は、栃木県那須塩原市の神社。
Wikipedia    内容詳細  
151.喜連川神社  ・栃木県さくら市喜連川4491
喜連川神社(きつれがわじんじゃ)は、栃木県さくら市の神社。
Wikipedia    内容詳細  
152.木幡神社  ・栃木県矢板市木幡1194
木幡神社(きばたじんじゃ)は、栃木県矢板市にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
153.金精神社 (日光市・片品村)
金精神社(こんせい じんじゃ)は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村の境にある金精峠に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
154.塩竃神社 (矢板市)  ・栃木県矢板市上町6-11
塩竃神社(しおがまじんじゃ)は、栃木県矢板市にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
155.下野國一社八幡宮  ・栃木県足利市八幡町387
下野國一社八幡宮(しもつけのくにいっしゃはちまんぐう)は栃木県足利市八幡町にある神社である。源頼義・義家父子の創建とされる。
Wikipedia    内容詳細  
156.白鷺神社  ・栃木県河内郡上三川町しらさぎ一丁目41番地6[1][2]
白鷺神社(しらさぎじんじゃ)は、栃木県河内郡上三川町しらさぎ一丁目にある神社[1][2]。上三川町を代表する神社であり[7]、近代社格制度に基づく旧社格は郷社であった[4]。祭神の日本武尊にゆかりの深い白鷺にちなんだ像や彫刻を境内に配置し[3]、日本一と称する平和の剣や干支絵馬が奉納されている[3][8]。また、イヌやネコの健康を願う御朱印の頒布を行っている[9][10]。
Wikipedia    内容詳細  
157.白髭神社 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市白沢町1868-2
白髭神社(しらひげじんじゃ)は、栃木県宇都宮市白沢町にある神社である。旧社格は村社。猿田彦命を祀る。また、白沢の名前の起源とも云われている。
Wikipedia    内容詳細  
158.白髭神社 (小山市)  ・栃木県小山市出井1906
白髭神社(しらひげじんじゃ)は、栃木県小山市出井にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
159.神明宮 (栃木市)  ・栃木県栃木市旭町26-3
神明宮(しんめいぐう)とは栃木県栃木市旭町にある神社。旧社格は「県社」。
Wikipedia    内容詳細  
160.須賀神社 (小山市)  ・栃木県小山市宮本町1-2-4
須賀神社(すがじんじゃ)は、栃木県小山市宮本町一丁目にある神社である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
161.雀宮神社  ・栃木県宇都宮市雀の宮一丁目1番23号
雀宮神社(すずめのみやじんじゃ)は、栃木県宇都宮市雀の宮一丁目にある神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
162.精忠神社  ・栃木県下都賀郡壬生町本丸1-8-33
精忠神社(せいちゅうじんじゃ)は、栃木県下都賀郡壬生町の神社。
Wikipedia    内容詳細  
163.高椅神社  ・栃木県小山市高椅702
高椅神社(たかはしじんじゃ)は、栃木県小山市にある神社である。式内社で、旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
164.健武山神社  ・栃木県那須郡那珂川町健武2302
健武山神社(たけぶやまじんじゃ)は、栃木県那須郡那珂川町の神社。
Wikipedia    内容詳細  
165.智賀都神社  ・栃木県宇都宮市徳次郎町2478[1]
智賀都神社(ちかつじんじゃ)は、栃木県宇都宮市徳次郎町にある神社。近代社格制度に基づく旧社格は郷社[1]。徳次郎六か郷(徳次郎町)の鎮守であり、社名の智賀都(ちかつ)は鎮座地の名「千勝森」(ちかつのもり)に由来する[1][3]。
Wikipedia    内容詳細  
166.栃木県護国神社  ・栃木県宇都宮市陽西町1-37
栃木県護国神社(栃木縣護國神社)(とちぎけんごこくじんじゃ)は、栃木県宇都宮市にある神社(護国神社)であり、境内には護国会館がある。
Wikipedia    内容詳細  
167.富田星宮神社  ・栃木県栃木市大平町富田1193-1
富田星宮神社(とみたほしのみやじんじゃ)は栃木県栃木市大平町富田1193-1にある神社。正式名は単に「星宮神社」であるが、栃木県内には複数の星宮神社があるため地名を冠して呼ばれることが多い。なお、二の鳥居の額には「星の宮神社」とある。
Wikipedia    内容詳細  
168.富田八坂神社  ・栃木県栃木市大平町富田1647
富田八坂神社(とみたやさかじんじゃ)は栃木県栃木市大平町富田にある神社。例幣使街道富田宿の鎮守。正式名は単に「八坂神社」であるが、大平地域内には複数の八坂神社があるため(榎本八坂神社・西水代八坂神社など)地名を冠して呼ばれることが多い。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
169.鷲子山上神社  ・〔栃木側〕栃木県那須郡那珂川町矢又1948[1]〔茨城側〕茨城県常陸大宮市鷲子3627[1]
鷲子山上神社(とりのこさんしょうじんじゃ[13]、とりのこさんじょうじんじゃ[13])は、栃木県那須郡那珂川町と茨城県常陸大宮市の境界に鎮座する神社[10][14]。
Wikipedia    内容詳細  
170.長沼八幡宮 (真岡市)  ・栃木県真岡市長沼1059-1
長沼八幡宮(ながぬまはちまんぐう)は、栃木県真岡市の神社。
Wikipedia    内容詳細  
171.中村八幡宮 (真岡市)  ・栃木県真岡市中556
中村八幡宮(なかむらはちまんぐう)は、栃木県真岡市中にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
172.那須神社  ・栃木県大田原市南金丸1628
那須神社(なすじんじゃ)は、栃木県大田原市南金丸にある神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
173.那須温泉神社  ・栃木県那須郡那須町湯本182
那須温泉神社(なすゆぜんじんじゃ)は、栃木県那須郡那須町の神社。
Wikipedia    内容詳細  
174.西野田雷電神社  ・栃木県栃木市大平町西野田436
西野田雷電神社(にしのだらいでんじんじゃ)は栃木県栃木市大平町西野田にある神社。西野田の鎮守。正式名は単に「雷電神社」であるが、栃木県内には複数の雷電神社があるため(平出雷電神社など)地名を冠して呼ばれることが多い。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
175.西水代八坂神社  ・栃木県栃木市大平町西水代1831-1
西水代八坂神社(にしみずしろやさかじんじゃ)は栃木県栃木市大平町西水代にある神社。西水代の鎮守。正式名は単に「八坂神社」であるが大平地域内には複数の八坂神社があるため(榎本八坂神社・富田八坂神社など)地名を冠して呼ばれることが多い。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
176.日光東照宮  ・栃木県日光市山内2301
日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社。江戸幕府初代将軍・徳川家康を神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を主祭神として祀る。日本全国の東照宮の総本社的存在である。また久能山東照宮・上野東照宮と共に三大東照宮の一つに数えられる。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、東照宮の公式サイトがホームページに「日光東照宮」と掲げており、他の東照宮との区別のために「日光東照宮」とも呼ばれる。 隣接する仏教寺院の輪王寺は、勝道による日光山開山を奈良時代の天平神護2年(766年)とする。その後、関東地方の霊場として尊崇を集め、鎌倉幕府創始者の源頼朝からも寄進を受けた。頼朝は、母方の熱田大宮司家の出身者を別当に据えて以来、鎌倉幕府、関東公方、後北条氏の歴代を通じて、東国の宗教的権威となっていた。こうした歴史を背景に、徳川氏は東照宮を造営したと考えられる。 輪王寺、日光二荒山神社を含めた二社一寺は、「日光の社寺」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。JR日光駅、東武日光駅にかけて門前町が形成され、参拝者や外国人を含む観光客が多く訪れる。
Wikipedia    内容詳細  
177.日光二荒山神社  ・栃木県日光市
日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
Wikipedia    内容詳細  
178.乃木神社 (那須塩原市)  ・栃木県那須塩原市石林795
乃木神社(のぎじんじゃ)は、栃木県那須塩原市にある神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
179.野木神社  ・栃木県下都賀郡野木町野木2404
野木神社(のぎじんじゃ)は、栃木県下都賀郡野木町にある神社である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
180.羽黒山 (栃木県)  ・ 日本栃木県宇都宮市
羽黒山(はぐろさん)は栃木県宇都宮市今里町にある山である。山頂付近の水準点は標高458.2m。国土地理院作成の25,000分の1地形図およびその等高線によると、羽黒山の最高地点は頂上部南東部のピークである標高470m以上480m未満の地点である。
Wikipedia    内容詳細  
181.塙田八幡宮  ・栃木県宇都宮市塙田五丁目2-61
塙田八幡宮(はなわだはちまんぐう)は栃木県宇都宮市塙田五丁目の八幡山山麓にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
182.人丸神社 (佐野市)  ・栃木県佐野市小中町1061
人丸神社(ひとまるじんじゃ)は、栃木県佐野市小中町に鎮座する神社[1]。
Wikipedia    内容詳細  
183.平出雷電神社  ・栃木県宇都宮市平出町3848
平出雷電神社(ひらいでらいでんじんじゃ)とは栃木県宇都宮市平出町にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
184.平柳星宮神社  ・栃木県栃木市平柳町1-23-26
平柳星宮神社(ひらやなぎほしのみやじんじゃ)は栃木県栃木市平柳町1-23-26にある神社。旧平柳村の鎮守。正式名は単に「星宮神社」であるが、栃木県内には複数の星宮神社があるため地名を冠して呼ばれることが多い。旧社格は村社。江戸期の社名は「平柳大明神」で、その頃は虚空蔵菩薩を本尊としていたため、その名残で現在も「こくぞうさん」と通称されることがある。「ウナギの神社」として知られる[1]。当社ではウナギは神の使いとされ、泥の中を突き進む姿から困難を乗り越えられる御利益が得られるとされている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
185.藤岡神社 (栃木市)  ・栃木県栃木市藤岡町藤岡3976
藤岡神社(ふじおかじんじゃ)は、栃木県栃木市の神社。
Wikipedia    内容詳細  
186.船玉神社 (さくら市)  ・栃木県さくら市上阿久津150
船玉神社(ふなだまじんじゃ)は、栃木県さくら市の神社。
Wikipedia    内容詳細  
187.古峯神社  ・栃木県鹿沼市草久3027
古峯神社(ふるみねじんじゃ)は、栃木県鹿沼市草久(くさぎゅう)にある神社。祭神は日本武尊。天狗が祭神の使いとされ、「天狗の社」としても知られる[3]。神仏習合の時代には日光修験の道場であり、火伏や豊作・村内安全の神として庶民の崇敬を集めるなど、古峯信仰(ふるみねしんこう)の中心となった[4]。
Wikipedia    内容詳細  
188.報徳二宮神社 (日光市)  ・栃木県日光市今市743
報徳二宮神社(ほうとくにのみやじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社である。ご祭神は二宮尊徳、配祭神として尊徳嫡子の二宮尊行(にのみやそんこう)、尊徳高弟の冨田高慶(とみたこうけい)。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
189.星宮神社 (佐野市)  ・栃木県佐野市大蔵町2928
星宮神社(ほしのみやじんじゃ)は、栃木県佐野市大蔵町にある神社である。旧社格は村社。銅造の鳥居(明神鳥居)が佐野市の文化財に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
190.間々田八幡宮  ・栃木県小山市間々田2330-1
間々田八幡宮(ままだはちまんぐう)は栃木県小山市間々田にある神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
191.三和神社  ・栃木県那須郡那珂川町三輪726
三和神社(みわじんじゃ)は、栃木県那須郡那珂川町三輪にある神社。式内社で、旧社格は郷社[1]。
Wikipedia    内容詳細  
192.胸形神社 (小山市)  ・栃木県小山市寒川1730
胸形神社(むなかたじんじゃ)は、栃木県小山市の巴波川(うずまがわ)左岸堤防の下に鎮座する、田心姫命を祭神とする神社。下野国寒川郡の延喜式内小社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
193.村檜神社  ・栃木県栃木市岩舟町小野寺4697
村檜神社(村桧神社、むらひじんじゃ)は、栃木県栃木市にある神社。旧社格は式内社。
Wikipedia    内容詳細  
194.薬師寺八幡宮  ・栃木県下野市薬師寺1509
薬師寺八幡宮(やくしじはちまんぐう)は、栃木県下野市薬師寺にある神社。旧社格は村社。神紋は「菊」。別称として「薬師寺郷鎮守八幡宮」とも。
Wikipedia    内容詳細  
195.八雲神社 (足利市)  ・栃木県足利市通5-2816
本項目では栃木県足利市にある八雲神社について述べる。
Wikipedia    内容詳細  
196.安住神社  ・栃木県塩谷郡高根沢町上高根沢2313
安住神社(やすずみじんじゃ)は栃木県塩谷郡高根沢町にある神社。安産と家を守る御利益がある。本殿は栃木県指定文化財。旧社格は当初、郷社であったが、のち村社。全国バイク神社認定一号[1]。
Wikipedia    内容詳細  
197.山神社 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市下岡本町4151番地
山神社(やまじんじゃ)は、栃木県宇都宮市下岡本町に鎮座する神社。
Wikipedia    内容詳細  
198.鷲宮神社 (栃木市都賀町)  ・栃木県栃木市都賀町家中451-2
鷲宮神社(わしのみやじんじゃ)は、栃木県栃木市都賀町にある神社。別名は下野国鷲宮神社。現在は都賀町の総鎮守となっている。
Wikipedia    内容詳細  
199.日光二荒山神社  ・栃木県日光市
日光二荒山神社(にっこうふたらさんじんじゃ)は、栃木県日光市にある神社。式内社(名神大社)論社、下野国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
Wikipedia    内容詳細  
200.神橋  ・栃木県日光市上鉢石町1112[1]
神橋(しんきょう)は、栃木県日光市上鉢石町にある、大谷川(だいやがわ)に架かる朱塗りの橋[1]。世界遺産「日光の社寺」を構成する文化財の1つ[2][14][15]。日本の重要文化財に指定されている[注 2]。
Wikipedia    内容詳細  
201.祢々切丸
祢々切丸(ねねきりまる)は、南北朝時代に作られたとされる日本刀(大太刀)である[2]。栃木県日光市の日光二荒山神社が所蔵する[2]。祢々切りと呼ばれることもある[2]。
Wikipedia    内容詳細  
202.化灯籠
化灯籠、化け灯籠(ばけとうろう)は、栃木県の日光二荒山神社に鎌倉時代に奉納された銅灯籠(唐銅灯籠)の俗称、およびその灯籠にまつわる怪異譚[1]。
Wikipedia    内容詳細  

栃木県の

203.伊佐城
伊佐城(いさじょう)は、常陸国伊佐郡(現在の茨城県筑西市)にあった伊佐氏の日本の城。その城域は、東側に勤行川をのぞむ台地上の施無畏山延命院観音寺境内とその周辺で、「伊佐城跡」の名称で茨城県の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
204.今城 (下総国)  ・連郭式
今城(いまんじょ)は、現在の茨城県守谷市けやき台に存在した日本の城である。高野(こうや)館とも[1]。
Wikipedia    内容詳細  
205.牛久城  ・平山城
牛久城(うしくじょう)は、茨城県牛久市城中にあった日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
206.海老ヶ島城  ・平山城
海老ヶ島城(えびがしまじょう)とは日本の城で茨城県筑西市(旧・真壁郡明野町)松原にあった。
Wikipedia    内容詳細  
207.太田城 (常陸国)  ・平山城
太田城(おおたじょう)は、常陸国にあった日本の城。現在の茨城県常陸太田市に位置し、JR常陸太田駅から北方へ約1.7kmの高台(現在の太田小学校)に本郭が存在したとみられる。関東七名城の一つ。別名:佐竹城、舞鶴城、青龍城。
Wikipedia    内容詳細  
208.岡見城  ・平山城
岡見城(おかみじょう)は茨城県牛久市岡見町にあった日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
209.小栗城  ・山城
小栗城(おぐりじょう)は、茨城県筑西市小栗(かつての常陸国)にあった日本の城(山城)。小栗判官で有名な小栗氏の居城。戦国時代には宇都宮氏家臣小宅氏の居城にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
210.小坂城  ・平山城
小坂城(おさかじょう)は茨城県牛久市小坂町にあった戦国時代の日本の城。牛久市指定史跡。
Wikipedia    内容詳細  
211.小田城  ・平城
小田城(おだじょう)は、現在の茨城県つくば市に存在した日本の城。国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
212.笠間城  ・山城
笠間城(かさまじょう)は、茨城県笠間市の佐白山にあった日本の城である。江戸時代には、笠間藩の藩庁が置かれた。
Wikipedia    内容詳細  
213.鹿島城 (常陸国)  ・連郭式平山城
鹿島城(かしまじょう)は茨城県鹿嶋市城山1丁目にあった中世の日本の城郭である。
Wikipedia    内容詳細  
214.木原城 (常陸国)  ・山城
木原城(きはらじょう)または神越城(かみこしじょう)は、現在の茨城県稲敷郡美浦村に存在した日本の城(平山城)である。
Wikipedia    内容詳細  
215.久下田城
久下田城(くげたじょう)は、茨城県筑西市樋口にあった日本の城。茨城県指定文化財(史跡)。
Wikipedia    内容詳細  
216.久野城  ・平山城
久野城(くのじょう)は茨城県牛久市久野町にあった日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
217.栗橋城  ・平城
栗橋城(くりはしじょう)は、下総国葛飾郡にあった古河公方ゆかりの日本の城。現在は茨城県猿島郡五霞町元栗橋地内、法宣寺の西から南西に位置する。五霞町指定史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  
218.古河公方館  ・平城
古河公方館(こがくぼうやかた)は茨城県古河市鴻巣にあった中世の城館。鴻巣御所・鴻巣館とも呼ばれる。古河御所と呼ばれる場合もある。現在、古河公方館跡地の大半は古河総合公園にある。
Wikipedia    内容詳細  
219.古河城  ・平城(平山城)
古河城(こがじょう)は、現在の茨城県古河市(下総国)の渡良瀬川東岸にあった日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
220.頃藤城
頃藤城(ころふじじょう)は、常陸国に隣接していた陸奥国南端部(現在の茨城県久慈郡大子町頃藤)に築かれた日本の城(山城)のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
221.逆井城  ・平城
逆井城(さかさいじょう)は、下総国猿島郡(現・茨城県坂東市逆井)にあった戦国時代の日本の城(平城)。落城後、後北条氏によって大規模に築城しなおされたため、それ以前の遺構と後北条氏時代の遺構が重なっている。はじめの逆井氏の城を逆井古城、後北条時代の城を飯沼城ともいう。
Wikipedia    内容詳細  
222.坂戸城 (常陸国)  ・山城
坂戸城(さかどじょう)は、茨城県桜川市西飯岡字伊勢代(かつての常陸国)にある日本の城跡(山城)。宇都宮氏家臣小宅氏・小田氏家臣信太氏などの居城。
Wikipedia    内容詳細  
223.宍戸陣屋
宍戸陣屋(ししどじんや)は、常陸国(現在の茨城県笠間市平町)にあった陣屋で、水戸徳川家御連枝の宍戸藩の藩庁が置かれたところである。
Wikipedia    内容詳細  
224.下館城
下館城(しもだてじょう)は、現在の茨城県筑西市甲(本城町)にあった日本の城。筑西市指定文化財(史跡)。
Wikipedia    内容詳細  
225.下妻城  ・平城
下妻城(しもつまじょう)は、常陸国関郡下妻荘(現在の茨城県下妻市)にあった日本の城。多賀谷氏の居城であったことから多賀谷城(たがやじょう)とも称し、地元では一般にこの名称を用いている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
226.上条城 (常陸国)  ・平城
上条城(じょうじょうじょう)は、現在の茨城県稲敷郡阿見町上条字城ノ内に存在した日本の城(平城)である。史跡指定はされていないが「阿見町名所百選(No.20)」に選定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
227.助川海防城  ・連郭式山城
助川海防城(すけがわかいぼうじょう)は、常陸国多賀郡助川(介川)(現在の茨城県日立市助川町)に、江戸時代後期に築かれた日本の城である。
Wikipedia    内容詳細  
228.関城 (常陸国)  ・平城
関城(せきじょう)は、常陸国真壁郡(現在の茨城県筑西市関館)にあった日本の城。国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
229.大宝城  ・平城
大宝城(だいほうじょう)は、現在の茨城県筑西市・下妻市大宝に所在した、平安時代末期から南北朝時代にかけての平城。1934年(昭和9年)5月1日、「大宝城跡」として国史跡に指定された[1]。茨城百景にも選定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
230.高井城 (下総国)  ・平山城
高井城(たかいじょう)は、現在の茨城県取手市下高井に存在した日本の城である。
Wikipedia    内容詳細  
231.高井城 (常陸国)
高井城(たかいじょう)とは、茨城県土浦市上高津にあった南北朝時代の日本の城である。
Wikipedia    内容詳細  
232.多気城 (常陸国)  ・山城
多気城(たきじょう[1]・たけじょう[2])は、常陸国筑波郡多気(現在の茨城県つくば市北条小字多気)にあった日本の城。多気山城(たきさんじょう)・城山城(じょうやまじょう)とも称する[3]。現存する史料や遺物が少なく、謎の城とされてきた。
Wikipedia    内容詳細  
233.多良崎城  ・居館
多良崎城(たらざきじょう、たらさきじょう[1])とは、茨城県ひたちなか市足崎にあった、鎌倉末期から南北朝時代にかけて築城されたとされる中世の居館(日本の城)である。ひたちなか市指定史跡[2]。
Wikipedia    内容詳細  
234.茅根城
茅根城(ちのねじょう)は、茨城県常陸太田市茅根町にある城。常陸守護 佐竹氏の家臣 茅根氏が築城し、代々城主の座を世襲した。
Wikipedia    内容詳細  
235.月居城  ・山城
月居城(つきおれじょう)は、常陸国久慈郡大子村(茨城県久慈郡大子町袋田)に築かれた日本の城(山城)のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
236.土浦城  ・輪郭式平城
土浦城(つちうらじょう)は、常陸国新治郡(現:茨城県土浦市)にあった日本の城。室町時代に築かれ、江戸時代に段階的に増改築されて形を整えた。幅の広い二重の堀で守る平城である。天守は作られなかった。太鼓櫓門が現存し、東西二か所の櫓が復元されている。土浦は度々水害に遭っているが、その際にも水没することがなく、水に浮かぶ亀の甲羅のように見えたことから亀城(きじょう)の異名を持つ。茨城県指定史跡第1号。
Wikipedia    内容詳細  
237.筒戸城  ・梯郭式平城
筒戸城(つつどじょう)は、現在の茨城県つくばみらい市に存在した日本の城である。
Wikipedia    内容詳細  
238.東林寺城  ・平山城
東林寺城(とうりんじじょう)は茨城県牛久市新地町にあった日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
239.徳宿城
徳宿城(とくしゅくじょう)は、常陸国(現:茨城県)鉾田市に存在した城。
Wikipedia    内容詳細  
240.馴馬城  ・平城
馴馬城(なれうまじょう)は、茨城県龍ケ崎市にあった日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
241.野口城 (常陸国)  ・平山城
野口城(のぐちじょう)は、常陸国那珂郡野口にあった日本の城。現在の茨城県常陸大宮市野口にあたる。常陸大宮市指定史跡。
Wikipedia    内容詳細  
242.真壁城  ・平城
真壁城(まかべじょう)は、常陸国真壁郡、現在の茨城県桜川市真壁町古城にあった戦国時代の日本の城(平城)。大掾氏の一族である真壁氏が代々支配した。国の史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  
243.松岡城 (常陸国)  ・山城・平山城
松岡城(まつおかじょう)は、常陸国多賀郡(現在の茨城県高萩市下手綱)にあった日本の城。龍子山城(たつごやまじょう)・手綱城(たづなじょう)とも呼ばれる。明治時代初期には常陸松岡藩の藩庁が置かれた。
Wikipedia    内容詳細  
244.見川城  ・平山城
見川城(みがわじょう)は、茨城県水戸市見川にあった日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
245.水海城  ・平城
水海城(みずうみじょう、みずみじょう)は、下総国葛飾郡水海(現在の茨城県古河市)にあった中世日本の城。古河公方重臣・簗田氏の居城のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
246.水戸城  ・連郭式平山城
水戸城(みとじょう)は、常陸国茨城郡水戸(現在の茨城県水戸市三の丸)にあった日本の城である。
Wikipedia    内容詳細  
247.結城城  ・平山城
結城城(ゆうきじょう)は茨城県結城市結城にあった日本の城。室町時代には結城合戦の舞台となった事で知られる。江戸時代には結城藩の藩庁が置かれた。結城市指定史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  
248.吉田城 (常陸国)
吉田城(よしだじょう)とは、茨城県水戸市元吉田町に江戸時代以前にあった中世の居館(日本の城)である。
Wikipedia    内容詳細  
249.依上城  ・山城
依上城(よりがみじょう)は、常陸国久慈郡大子村(茨城県久慈郡大子町)に築かれた日本の城(山城)のひとつである。
Wikipedia    内容詳細  

栃木県の博物館

250.岩下の新生姜ミュージアム  ・〒328-0034栃木県栃木市本町1-25
岩下の新生姜ミュージアム(いわしたのしんしょうがミュージアム)は、栃木県栃木市本町にある、岩下食品の企業博物館。同社が商品展開する「岩下の新生姜」に関する展示の観覧や体験活動を通して「新生姜のあるシアワセ」を感じられる施設とされる[2][3]。 風変わりな「B級スポット」として扱われることも多いが[4]、旬刊旅行新聞の「プロが選ぶ観光・食事・土産物施設100選」に4年連続で選出されるなど[5]、観光業界から評価を得ている[4]。2022年3月3日には文化庁の食文化ミュージアム「食の体験・情報発信施設」として認定された[6][7]。
Wikipedia    内容詳細  
251.大谷資料館  ・〒321-0345栃木県宇都宮市大谷町909
大谷資料館(おおやしりょうかん)は、栃木県宇都宮市大谷町にある、大谷石採石場跡に関する博物館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
252.岡田記念館  ・〒328-0072栃木県栃木市嘉右衛門町1-12
岡田記念館(おかだきねんかん)は、栃木県栃木市嘉右衛門町にある博物館。当地を開拓した岡田嘉右衛門の屋敷を一般公開した施設であり[7]、2020年(令和2年)現在も当地で子孫が生活している[8]。 岡田家に伝わる陣屋や土蔵を公開し、館内では栃木県指定有形文化財を含む美術品・武具・史料[9]・着物・道具などを展示している[10]。記念館から西へ100 mほど行くと、日本国登録有形文化財の翁島別邸(おきなじまべってい)がある[11]。
Wikipedia    内容詳細  
253.おもちゃのまちバンダイミュージアム  ・〒321-0202栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち三丁目6-20
おもちゃのまちバンダイミュージアムは、栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまちにある、バンダイの玩具を主とした博物館。
Wikipedia    内容詳細  
254.小山市立博物館  ・〒329-0214栃木県小山市乙女1丁目31番7号
小山市立博物館 (おやましりつはくぶつかん) は、栃木県小山市にある市立の博物館。1983年(昭和58年)に設置された[2]。北側には国の史跡に指定されている乙女不動原瓦窯跡(おとめふどうはらかわらかまあと)がある。 当初は古文書等の市史編さん調査資料の保管も行っていたが、記録史料の収集・整理・保存は2007年(平成19年)に開館した小山市文書館に移管された[2]。なお、間々田八幡宮近くに「間々田のじゃがまいた伝承館」を整備するのに合わせて博物館も隣接地に移転する計画がある[3]。
Wikipedia    内容詳細  
255.葛生化石館  ・〒327-0501 日本 栃木県佐野市葛生東1丁目11-15
葛生化石館(くずうかせきかん)は、栃木県佐野市葛生地区にある自然史系博物館である。葛生地域やその周辺には、古生代ペルム紀に古太平洋の真ん中に位置していた海底火山上のサンゴ礁で形成された大きな石灰岩体で、2009年に日本の地質百選に選定された「葛生石灰岩(鍋山石灰岩)」が分布し、その標本などを軸に展示が構成されている[4]。
Wikipedia    内容詳細  
256.木の葉化石園  ・〒329-2924 日本栃木県那須塩原市中塩原472
木の葉化石園(このはかせきえん)は、栃木県那須塩原市に所在する民間の化石博物館である。1905年(明治38年)に開園し、古代の塩原化石湖の湖底に堆積した泥岩層の植物化石を展示している。
Wikipedia    内容詳細  
257.佐野市郷土博物館  ・〒327-0003 日本 栃木県佐野市大橋町2047 
佐野市郷土博物館(さのしきょうどはくぶつかん)は、栃木県佐野市にある歴史系博物館である。 足尾鉱毒事件に生涯を捧げた政治家田中正造の関係資料約1万点を収蔵し[3]、展示室を設けている[4]。天明鋳物、佐野氏・彦根藩・佐野藩資料、オランダ船リーフデ号船尾のエラスムス木像(貨狄尊者)複製なども展示する[1]。また、佐野市立図書館と分担して、朝鮮独立運動を支援した漢学者須永元の旧蔵資料約1万点を保管している[5]。 1983年11月開館[1]。1984年の第36回日本建築学会賞作品賞の受賞作品となり、1998年には公共建築百選に選定された。
Wikipedia    内容詳細  
258.昭和館 (栃木県庁舎)  ・〒320-8501栃木県宇都宮市塙田一丁目1番20号[1]
昭和館(しょうわかん)は、栃木県宇都宮市塙田一丁目にある建築物。建築家の佐藤功一が4代目の栃木県庁本庁舎として設計し、65年間県庁舎として利用されてきた[1][7]。2003年(平成15年)に行政庁舎としての役割を終え、2008年(平成20年)より展示施設やイベント会場として再開館した[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
259.大麻博物館
大麻博術館(たいまはくぶつかん)は、栃木県那須郡那須町に所在する布素材としての大麻普及を目的とした私立博物館である[1][2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
260.東京大学大学院理学系研究科附属植物園  ・〒112-0001東京都文京区白山三丁目7番1号
東京大学大学院理学系研究科附属植物園(とうきょうだいがくだいがくいんりがくけいけんきゅうかふぞくしょくぶつえん、英: Botanical Gardens, Graduate School of Science, the University of Tokyo)は、東京都文京区白山三丁目にある植物園。小石川植物園(こいしかわしょくぶつえん)の通称を持つ。 植物に関する様々な研究を行っている東京大学の附属施設の一つだが、広く一般にも公開されている。 また、栃木県日光市に日光分園があり、こちらは日光植物園と通称されている。本項では、東京・日光の両方の植物園について記載する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
261.陶芸メッセ・益子  ・〒321-4217 日本栃木県芳賀郡益子町益子3021番地
陶芸メッセ・益子(とうげいめっせましこ)は、栃木県芳賀郡益子町にある、益子町に関係した益子焼や民藝を含めた陶芸を扱う[4]町立の複合施設である。 「益子陶芸美術館」を中心として、「御城山遺跡」を公園とした「遺跡広場」や、益子焼の陶芸家・濱田庄司の旧邸宅や登り窯、また「陶芸工房」も備え、そして「益子国際交流工芸館」も運営されている。
Wikipedia    内容詳細  
262.栃木県子ども総合科学館
栃木県子ども総合科学館(とちぎけんこどもそうごうかがくかん)は、栃木県宇都宮市西川田町にある科学館。1988年(昭和63年)開館[1]。 2008年4月1日から2013年3月31日まで宇都宮市の不動産会社グランディハウスがネーミングライツを取得し、わくわくグランディ科学ランドという愛称がついたが、次のネーミングライツパートナー企業が決まらなかったため、2013年4月1日からは愛称がなくなった。敷地内にはプラネタリウムやH-IIロケットの実物大模型、風力発電機などが設置されている。 設備更新や展示物の入れ替えなどを含む大規模改修工事のため、2024年1月1日 - 2025年9月30日まで休館が予定されているが[2]、屋外施設については工事の影響がない範囲で利用可能[3]。
Wikipedia    内容詳細  
263.栃木県なかがわ水遊園  ・〒324-0404栃木県大田原市佐良土2686
栃木県なかがわ水遊園(とちぎけんなかがわすいゆうえん)は、栃木県大田原市佐良土(さらど:旧湯津上村)の那珂川の畔にある栃木県水産試験場に併設された淡水魚水族館及び関連する公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
264.栃木県立博物館  ・〒320-0865栃木県宇都宮市睦町2-2
栃木県立博物館(とちぎけんりつはくぶつかん)は、栃木県立の総合博物館である。栃木県宇都宮市の栃木県中央公園内に立地している。
Wikipedia    内容詳細  
265.栃木市おおひら歴史民俗資料館  ・〒329-4405 日本 栃木県栃木市大平町西山田898-1
栃木市おおひら歴史民俗資料館(とちぎしおおひられきしみんぞくしりょうかん)は、栃木県栃木市大平町西山田にある資料館。下野七廻り鏡塚古墳から出土した日本最大級の舟形木棺・組合木棺を含む、日本国の重要文化財などを展示する[5]。 本項では、歴史民俗資料館の東に隣接する栃木市おおひら郷土資料館「白石家戸長屋敷」(とちぎしおおひらきょうどしりょうかん しらいしけこちょうやしき)[5]についても記述する。こちらは、明治時代に戸長を務めた[5]白石家の屋敷地全体を資料館とした施設である[6]。
Wikipedia    内容詳細  
266.とちぎ山車会館  ・〒328-0015栃木県栃木市万町3-23
とちぎ山車会館(とちぎだしかいかん)は、栃木県栃木市万町にある、とちぎ秋まつりで巡行する人形山車を展示する施設[5]。栃木県指定有形民俗文化財の「とちぎの山車」6台を保管する[6][7]。
Wikipedia    内容詳細  
267.栃木県立日光自然博物館  ・〒321-1661 日本栃木県日光市中宮祠2480-1
日光自然博物館(にっこうしぜんはくぶつかん)は栃木県日光市中宮祠にある博物館。またそれを管理運営する企業。
Wikipedia    内容詳細  
268.日光市平家の里  ・〒321-2601栃木県日光市湯西川1042番地
日光市平家の里(にっこうしへいけのさと)は、栃木県日光市湯西川にある、市立の観光文化施設。一般には単に平家の里と呼ばれる[1][4][5][6][7][8][9]。平家の落人伝説が残り、独特の風習を継承する湯西川地区の生活の一端を伝える施設であり[5][6][7][8]、各種催事・祭事の会場としても利用される[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
269.芳賀町総合情報館  ・〒321-3307栃木県芳賀郡芳賀町祖母井南1-1-1
芳賀町総合情報館(はがまちそうごうじょうほうかん)は、栃木県芳賀郡芳賀町に所在する、図書館と郷土博物館、文書館の機能を併せ持つ施設である。「知恵の環館」の愛称を持つ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
270.ホンダコレクションホール  ・〒321-3597栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
ホンダコレクションホール (Honda Collection Hall) は、日本の自動車メーカー、本田技研工業の傘下のホンダモビリティランドが運営している栃木県芳賀郡茂木町のモビリティリゾートもてぎ内にある4輪自動車および2輪車(オートバイ等)に関する博物館[1]。
Wikipedia    内容詳細  
271.益子参考館  ・〒321-4217栃木県芳賀郡益子町益子3388[6]
濱田庄司記念益子参考館(はまだしょうじきねんましこさんこうかん)[1]は、栃木県芳賀郡益子町にある濱田庄司の自邸の一部と[7]陶芸窯(工房)跡を活用した[8][9]栃木県の登録博物館。運営は「公益財団法人濱田庄司記念益子参考館」[1][8](はまだしょうじきねんましこさんこうかん、法人番号:3060005007610)。 益子焼の陶芸家であり、民藝運動の主要人物であった濱田庄司が、濱田自身が参考にした蒐集品を、あらゆる人々に「参考にしてもらうために」[10]、自らの手で世界各地から蒐集した民藝品[11][12][13]を展示している博物館である[8][10][7]。
Wikipedia    内容詳細  
272.壬生町おもちゃ博物館  ・〒321-0211栃木県下都賀郡壬生町国谷2300
壬生町おもちゃ博物館(みぶまちおもちゃはくぶつかん)は、栃木県下都賀郡壬生町の壬生町総合公園(道の駅みぶ)内にある壬生町立の玩具の企業博物館である。略称は「おも博」。
Wikipedia    内容詳細  

栃木県の科学館

273.真岡市科学教育センター  ・〒321-4325栃木県真岡市田町1349番地1
真岡市科学教育センター(もおかしかがくきょういくセンター)は、栃木県真岡市田町にある、理科学習施設[5]。「育てよう科学する心」を合言葉に、大型の実験・観察装置やプラネタリウムを備え、小中学生向けに理科の学習環境を提供している[5]。ムシテックワールド・京都市青少年科学センター・出雲科学館と並び、理科教育に活用される科学館の日本における先進事例の1つとされる[7]。 2025年(令和7年)春に真岡市立図書館などを含む複合交流拠点施設が開館するのに合わせて、センターの廃止が予定されている[8]。
Wikipedia    内容詳細  

栃木県の動物園

274.那須アルパカ牧場  ・〒329-3223栃木県那須郡那須町大島1389-2
那須アルパカ牧場(なすアルパカぼくじょう、Nasu Alpaca Farm)は、栃木県那須郡那須町にある那須ビッグファームが運営するアルパカ専門の牧場である。2023年2月28日に、当年度をもって営業終了することが発表された[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
275.那須サファリパーク  ・〒325-0303栃木県那須郡那須町高久乙3523
那須サファリパーク(なすサファリーパーク)は、栃木県那須郡那須町の動物園である。1980年開園。姉妹施設として東北サファリパーク(福島県)、岩手サファリパーク(岩手県)、那須ワールドモンキーパーク[4]などがある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
276.那須どうぶつ王国  ・〒329-3223栃木県那須郡那須町大島1042-1
那須どうぶつ王国(なすどうぶつおうこく、Nasu Animal Kingdom)は、栃木県那須郡那須町大島1042-1にある動物園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
277.宇都宮動物園  ・〒321-2115栃木県宇都宮市上金井町552-2
宇都宮動物園(うつのみやどうぶつえん)は、栃木県宇都宮市にある民営の動物園。コンセプトは「自然とどうぶつとこどもたち」のふれあいテーマパーク。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

栃木県の美術館

278.足利市立美術館  ・〒326-0814栃木県足利市通二丁目14番地7
足利市立美術館(あしかがしりつびじゅつかん)は、栃木県足利市の中心部、通二丁目にある美術館。 足利市の再開発事業の一環として1994年4月に開館。集合住宅と併設された美術館としては日本国内でも珍しい存在である[2]。企画展を中心とし、読売新聞社などとの協賛展覧展も開催することがある。
Wikipedia    内容詳細  
279.宇都宮美術館  ・〒320-0004栃木県宇都宮市長岡町1077
宇都宮美術館(うつのみやびじゅつかん 英表記:Utsunomiya Museum of Art)は栃木県宇都宮市長岡町にある美術館である。
Wikipedia    内容詳細  
280.うつのみや妖精ミュージアム  ・〒320-0026 日本栃木県宇都宮市馬場通り4-1-1うつのみや表参道スクエア内5階
うつのみや妖精ミュージアム(うつのみやようせいミュージアム)は、栃木県宇都宮市にある妖精をテーマにした博物館である[1]。2007年(平成19年)7月31日に開館[2]。名誉館長は井村君江[3]。運営は宇都宮市教育委員会。
Wikipedia    内容詳細  
281.小山市立車屋美術館  ・〒329-0214栃木県小山市乙女3丁目10番34号
小山市立車屋美術館(おやましりつくるまやびじゅつかん)は、栃木県小山市乙女3丁目にある市立の美術館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
282.川上澄生美術館  ・〒322-0031栃木県鹿沼市睦町287-14
川上澄生美術館(かわかみすみおびじゅつかん 英表記:Kanuma Municipal Art Museum of Kawakami Sumio)は栃木県鹿沼市睦町にある鹿沼市立の美術館である。正式名称は、鹿沼市立川上澄生美術館。
Wikipedia    内容詳細  
283.久保記念観光文化交流館  ・〒321-4305栃木県真岡市荒町1105番地1
久保記念観光文化交流館(くぼきねんかんこうぶんかこうりゅうかん)は、栃木県真岡市荒町にある観光施設[3][6][9]。愛称は「さだじろう記念館」[1][2]で、美術評論家の久保貞次郎の邸宅跡を改修した施設である[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
284.栗田美術館  ・〒329-4217栃木県足利市駒場町1542
栗田美術館(くりたびじゅつかん)は、栃木県足利市駒場町にある伊万里焼、鍋島焼の磁器を専門とする美術館。栃木県の登録博物館[2]。足利三名所の一つ[3]。本館建物は第18回BCS賞を受賞[4]。運営は、一般財団法人栗田美術館。
Wikipedia    内容詳細  
285.佐野市立吉澤記念美術館  ・〒327-0501栃木県佐野市葛生東1-14-30
佐野市立吉澤記念美術館(さのしりつよしざわきねんびじゅつかん)は、佐野市にある美術館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
286.草雲美術館  ・栃木県足利市緑町二丁目3768
草雲美術館(そううんびじゅつかん)は、栃木県足利市の足利公園内にある足利市立の美術館。 「富嶽図」、「蓬莱山図」などで知られている幕末の画家である田崎草雲の代表的な絵画をはじめ書籍、遺品などを収蔵、保存し一般に公開している。足利市在住の鈴木栄太郎が1968年(昭和43年)2月に私費を投じて草雲ゆかりの地、白石山房に建設し、同年4月に足利市に寄付されたもの。建物は、草雲が画室としても使用していた「白石山房」の門内にあり、茅葺の旧宅、茶室などが併設されている。
Wikipedia    内容詳細  
287.東石美術館
東石美術館(とうせきびじゅつかん)は、東京石灰工業が運営する栃木県佐野市にある美術館[1]。2024年(令和6年)5月に「佐野東石美術館」から名称を改めた[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
288.とちぎ歌麿館
とちぎ歌麿館(とちぎうたまろかん)は、栃木県栃木市万町にある浮世絵師・喜多川歌麿と栃木市のゆかりを紹介する施設[1]。2014年(平成26年)10月25日開館し[1]、2023年(令和5年)9月末で閉館となった[2][3]。 古久磯提灯店見世蔵(栃木県指定有形文化財に指定)内に設けられていた[1][2]。 開館時は歌麿の三部作(「雪月花」三部作)のうち「品川の月」と「吉原の花」の高精細複製画をメインに展示を行っていた[1][2]。2015年度は1万5360人が入館した[2]。しかし、整備決定後に「深川の雪」が発見されたため、栃木市では三部作が揃うよう所蔵する岡田美術館の許可を得て高精細複製画を制作した[1][4]。ただ「深川の雪」を含めるとスペースが狭小で3点を同時展示することが困難だっため、高精細複製画は主に栃木市役所で同時展示されることが多くなった[2]。さらに新型コロナウイルス禍の影響もあり入館者は減少し、2022年(令和4年)11月の栃木市立美術館の開館も受け、2023年(令和5年)9月末で閉館することになった[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
289.とちぎ蔵の街美術館  ・〒328-0015栃木県栃木市万町3番23号
とちぎ蔵の街美術館(とちぎくらのまちびじゅつかん)は、栃木県栃木市にあった栃木市立の美術館。 2003年開館。その約15年前まで実際に使われていた、江戸時代に建てられた3つの質蔵(登録有形文化財)を活用した。蔵そのものと関連資料を常設展示する「蔵の展示室」を備えたほか、地元ゆかりの絵画など芸術作品を約200点収蔵していた[4]。 2020年の企画展「知られざるレオナルド・ダ・ヴィンチ展」を最後に閉館し、入舟町に開館予定の栃木市立美術館に業務を移管する[5]。建物は同年11月1日より栃木市蔵の街市民ギャラリーとして再オープンし、引き続き使用されている[6]。
Wikipedia    内容詳細  
290.栃木県立美術館  ・〒320-0043栃木県宇都宮市桜4-2-7
栃木県立美術館(とちぎけんりつびじゅつかん 英表記:Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts)は栃木県宇都宮市桜四丁目にある美術館である。
Wikipedia    内容詳細  
291.とりっくあーとぴあ日光  ・〒321-2525栃木県日光市小佐越1-4
とりっくあーとぴあ日光(とりっくあーとぴあにっこう)は、栃木県日光市にある美術館。
Wikipedia    内容詳細  
292.那珂川町馬頭広重美術館  ・〒324-0613栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9
那珂川町馬頭広重美術館(なかがわまちばとうひろしげびじゅつかん)は、栃木県那須郡那珂川町にある町立美術館である。 歌川広重の版画・肉筆画94点のほか、小林清親・川村清雄・徳富蘇峰の作品や関係資料など約4500点を所蔵・展示している。中でも「天童広重」十数点を含む広重の肉筆画の所蔵点数が40を超え、全国の美術館でも多いことが特色である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
293.那須オルゴール美術館  ・〒325-0302 日本 栃木県那須郡那須町高久丙270
那須オルゴール美術館(なすオルゴールびじゅつかん)は、栃木県那須郡那須町にあるアンティークオルゴールを中心とした自動演奏楽器を展示する美術館。
Wikipedia    内容詳細  
294.那須とりっくあーとぴあ  ・〒325-0304栃木県那須郡那須町高久甲5760
那須とりっくあーとぴあ(なすとりっくあーとぴあ)は、栃木県那須郡那須町にある、体験型アートのトリックアート美術館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
295.藤城清治美術館那須高原  ・〒325-0301 日本 栃木県那須郡那須町湯本203
藤城清治美術館那須高原(ふじしろせいじびじゅつかんなすこうげん)は、影絵作家として有名な藤城清治氏の作品を約150点[1]展示する美術館。展示室には各所に仕掛けが施されており、大人から子どもまで楽しめる[2]。
Wikipedia    内容詳細  
296.益子陶芸美術館  ・〒321-4217 日本栃木県芳賀郡益子町益子3021番地
益子陶芸美術館(ましことうげいびじゅつかん)は、栃木県芳賀郡益子町にある[4]陶芸美術館である。 益子町に関係した益子焼と陶芸、そして民藝も扱う[2]町立の複合施設である「陶芸メッセ・益子」の中心となっている美術館である[2]。 1993年(平成5年)6月26日に「陶芸メッセ・益子 陶芸館」として開館した[2]後、2003年(平成15年)、「陶芸メッセ・益子」の博物館登録と共に「益子陶芸美術館」へと改称した[3]。
Wikipedia    内容詳細  
297.渡辺私塾
渡辺私塾(わたなべしじゅく)は、真岡市および芳賀郡を中心として栃木県内に複数の教室を展開する学習塾である。略称はナベ塾、私塾など。 渡辺淑寛が株式会社渡辺私塾(渡辺私塾台町本校)を設立し、淑寛の弟の渡辺佳寛が有限会社荒町私塾(渡辺私塾荒町教室)を設立したため法人としては2つ存在するが、ともに共通の渡辺私塾のブランド名を使用している。現在は淑寛の長男の渡辺夢寛が台町本校の代表取締役を務める。 単なる進学塾にとどまらず、美術館としての側面も持つ(後述)。
Wikipedia    内容詳細  

栃木県の鉄道

298.豊原駅  ・栃木県那須郡那須町大字豊原甲2204
豊原駅(とよはらえき)は、栃木県那須郡那須町大字豊原甲にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
299.那須塩原駅  ・栃木県那須塩原市大原間561
那須塩原駅(なすしおばらえき)は、栃木県那須塩原市大原間にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
300.七井駅  ・栃木県芳賀郡益子町大字大沢1415-2
七井駅(なないえき)は、栃木県芳賀郡益子町大字大沢にある真岡鐵道真岡線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
301.仁井田駅 (栃木県)  ・栃木県塩谷郡高根沢町大字文挾28
仁井田駅(にいたえき)は、栃木県塩谷郡高根沢町大字文挾にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)烏山線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
302.西田井駅  ・栃木県真岡市西田井2136-6
西田井駅(にしだいえき)は栃木県真岡市西田井にある真岡鐵道真岡線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
303.西那須野駅  ・栃木県那須塩原市永田町1-1
西那須野駅(にしなすのえき)は、栃木県那須塩原市永田町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である[1]。「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
304.楡木駅  ・栃木県鹿沼市楡木町1018
楡木駅(にれぎえき)は、栃木県鹿沼市楡木町にある東武鉄道日光線の駅。駅番号はTN 16。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
305.野木駅  ・栃木県下都賀郡野木町大字丸林322
野木駅(のぎえき)は、栃木県下都賀郡野木町大字丸林にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
306.野崎駅 (栃木県)  ・栃木県大田原市薄葉2233
野崎駅(のざきえき)は、栃木県大田原市薄葉(うすば)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である[1]。「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
307.宝積寺駅
宝積寺駅(ほうしゃくじえき)は、栃木県塩谷郡高根沢町大字宝積寺にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
308.堀米駅  ・栃木県佐野市堀米町1274
堀米駅(ほりごめえき)は、栃木県佐野市堀米町にある東武鉄道佐野線の駅である。駅番号はTI 35。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
309.益子駅  ・栃木県芳賀郡益子町大字益子1591-2
益子駅(ましこえき)は、栃木県芳賀郡益子町大字益子にある真岡鐵道真岡線の駅である。関東の駅百選に選出されている[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
310.間々田駅  ・栃木県小山市乙女三丁目16
間々田駅(ままだえき)は、栃木県小山市乙女三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
311.壬生駅  ・栃木県下都賀郡壬生町駅東町3-1
壬生駅(みぶえき)は、栃木県下都賀郡壬生町駅東町にある東武鉄道宇都宮線の駅である。駅番号はTN 33。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
312.真岡駅  ・栃木県真岡市台町2474-1
真岡駅(もおかえき)は、栃木県真岡市台町にある真岡鐵道真岡線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
313.茂木駅  ・栃木県芳賀郡茂木町大字茂木1499-2
茂木駅(もてぎえき)は、栃木県芳賀郡茂木町大字茂木にある真岡鐵道真岡線の駅である。真岡線の終点であり、栃木県の最東端の駅でもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
314.樅山駅  ・栃木県鹿沼市樅山町702-2
樅山駅(もみやまえき)は、栃木県鹿沼市樅山町にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 17。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
315.矢板駅  ・栃木県矢板市扇町一丁目1-1
矢板駅(やいたえき)は、栃木県矢板市扇町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)東北本線の駅である。JR東日本の「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。なお、当駅は矢板市の代表駅に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
316.安塚駅  ・栃木県下都賀郡壬生町大字安塚1053
安塚駅(やすづかえき)は、栃木県下都賀郡壬生町大字安塚にある東武鉄道宇都宮線の駅である。駅番号はTN 36。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
317.吉水駅  ・栃木県佐野市新吉水町60-1
吉水駅(よしみずえき)は、栃木県佐野市新吉水町にある東武鉄道佐野線の駅。駅番号はTI 36。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
318.かしの森公園前停留場  ・栃木県芳賀郡芳賀町下高根沢
かしの森公園前停留場(かしのもりこうえんまえていりゅうじょう)は、栃木県芳賀郡芳賀町下高根沢に開業予定の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
319.芳賀台停留場  ・栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台
芳賀台停留場(はがだいていりゅうじょう)は、栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台に開業予定の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
320.芳賀・高根沢工業団地停留場  ・栃木県芳賀郡芳賀町下高根沢
芳賀・高根沢工業団地停留場(はが・たかねざわこうぎょうだんちていりゅうじょう)は、栃木県芳賀郡芳賀町下高根沢に建設中の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場である。同線の終点。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
321.芳賀町工業団地管理センター前停留場  ・栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台
芳賀町工業団地管理センター前停留場(はがまちこうぎょうだんちかんりセンターまえていりゅうじょう)は、栃木県芳賀郡芳賀町芳賀台に開業予定の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
322.県駅  ・栃木県足利市県町49-1
県駅(あがたえき)は、栃木県足利市県町にある東武鉄道伊勢崎線の駅である。駅番号はTI 12。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
323.足利駅  ・栃木県足利市伊勢町一丁目118
足利駅(あしかがえき)は、栃木県足利市伊勢町一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
324.足利市駅  ・栃木県足利市南町3694
足利市駅(あしかがしえき)は、栃木県足利市南町にある東武鉄道伊勢崎線の駅である。駅番号はTI 15。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
325.あしかがフラワーパーク駅  ・栃木県足利市迫間町字本郷533番
あしかがフラワーパーク駅(あしかがフラワーパークえき)は、栃木県足利市迫間町字本郷にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線の駅である[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
326.小俣駅 (栃木県)  ・栃木県足利市小俣町682
小俣駅(おまたえき)は、栃木県足利市小俣町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
327.東武和泉駅  ・栃木県足利市福居町2149
東武和泉駅(とうぶいずみえき)は、栃木県足利市福居町にある東武鉄道伊勢崎線の駅である。駅番号はTI 14。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
328.富田駅 (栃木県)  ・栃木県足利市駒場町148
富田駅(とみたえき)は、栃木県足利市駒場町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
329.福居駅  ・栃木県足利市福居町1157-1
福居駅(ふくいえき)は、栃木県足利市福居町にある東武鉄道伊勢崎線の駅である。駅番号はTI 13。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
330.野州山辺駅  ・栃木県足利市八幡町637
野州山辺駅(やしゅうやまべえき)は、栃木県足利市八幡町にある東武鉄道伊勢崎線の駅である。駅番号はTI 16。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
331.山前駅  ・栃木県足利市鹿島町1102
山前駅(やままええき)は、栃木県足利市鹿島町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
332.西足利駅  ・栃木県足利市栄町
西足利駅(にしあしかがえき)は、栃木県足利市栄町にあった日本国有鉄道両毛線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
333.葉鹿駅  ・栃木県足利市葉鹿町
葉鹿駅(はじかえき)は、栃木県足利市葉鹿町にあった日本国有鉄道両毛線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
334.東足利駅  ・栃木県足利市山川町
東足利駅(ひがしあしかがえき)は、栃木県足利市山川町にあった日本国有鉄道両毛線の駅。名称は毛野村が編入されこの地域が足利市東部となったことに由来する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
335.三重駅 (栃木県)  ・栃木県足利郡足利市今福町
三重駅(みええき)は、栃木県足利市今福町に存在した日本国有鉄道(国鉄)両毛線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
336.宇都宮駅  ・栃木県宇都宮市
宇都宮駅(うつのみやえき)は、栃木県宇都宮市川向町(かわむこうちょう)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)および日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である[1][2][3][4]。事務管コードは▲411012[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
337.江曽島駅  ・栃木県宇都宮市大和二丁目12-31
江曽島駅(えそじまえき)は、栃木県宇都宮市大和二丁目にある東武鉄道宇都宮線の駅である。駅番号はTN 38。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
338.岡本駅 (栃木県)  ・栃木県宇都宮市下岡本町1986
岡本駅(おかもとえき)は、栃木県宇都宮市下岡本町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
339.雀宮駅  ・栃木県宇都宮市雀の宮一丁目19
雀宮駅(すずめのみやえき)は、栃木県宇都宮市雀の宮一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。当駅 - 宇都宮駅間の距離は7.7 kmで、宇都宮線内の栃木区間では最長、東北本線全体でも4番目に長い区間である[注釈 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
340.鶴田駅  ・栃木県宇都宮市西川田町1079
鶴田駅(つるたえき)は、栃木県宇都宮市西川田町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
341.東武宇都宮駅  ・栃木県宇都宮市宮園町5-4
東武宇都宮駅(とうぶうつのみやえき)は、栃木県宇都宮市宮園町にある東武鉄道宇都宮線の駅である。同線の終点。駅番号はTN 40。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
342.西川田駅  ・栃木県宇都宮市西川田五丁目1-17
西川田駅(にしかわだえき)は、栃木県宇都宮市西川田五丁目にある、東武鉄道宇都宮線の駅である。駅番号はTN 37。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
343.南宇都宮駅  ・栃木県宇都宮市吉野二丁目8-23
南宇都宮駅(みなみうつのみやえき)は、栃木県宇都宮市吉野二丁目にある、東武鉄道宇都宮線の駅である。駅番号はTN 39。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
344.花房町駅  ・栃木県宇都宮市
花房町駅(はなぶさちょうえき)は、かつて栃木県宇都宮市に存在した東武鉄道宇都宮線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
345.古田駅
古田駅(ふるたえき)は、かつて栃木県田原村(現・宇都宮市古田町)の日本鉄道本線南区(現・東日本旅客鉄道東北本線(宇都宮線))上に存在した駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
346.宇都宮大学陽東キャンパス停留場  ・栃木県宇都宮市陽東
宇都宮大学陽東キャンパス停留場(うつのみやだいがくようとうキャンパスていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市に開業予定の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。本項では、宇都宮大学陽東キャンパス停留場に併設予定の交通結節点、「ベルモール前トランジットセンター」についても解説する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
347.駅東公園前停留場  ・栃木県宇都宮市東宿郷
駅東公園前停留場(えきひがしこうえんまえていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市東宿郷に開業予定の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
348.清原地区市民センター前停留場  ・栃木県宇都宮市清原工業団地
清原地区市民センター前停留場(きよはらちくしみんセンターまえていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市清原工業団地に建設中の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
349.グリーンスタジアム前停留場  ・栃木県宇都宮市清原工業団地
グリーンスタジアム前停留場(グリーンスタジアムまえていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市清原工業団地に建設中の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
350.清陵高校前停留場  ・栃木県宇都宮市竹下町
清陵高校前停留場(せいりょうこうこうまえていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市竹下町に開業予定の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
351.飛山城跡停留場  ・栃木県宇都宮市竹下町
飛山城跡停留場(とびやまじょうあとていりゅうじょう[3])は、栃木県宇都宮市竹下町に建設中の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
352.東宿郷停留場  ・栃木県宇都宮市東宿郷
東宿郷停留場(ひがししゅくごうていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市東宿郷に開業予定の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
353.平石中央小学校前停留場  ・栃木県宇都宮市下平出町
平石中央小学校前停留場(ひらいしちゅうおうしょうがっこうまえていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市下平出町に建設中の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
354.平石停留場  ・栃木県宇都宮市下平出町
平石停留場(ひらいしていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市下平出町に建設中の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
355.峰停留場  ・栃木県宇都宮市峰
峰停留場(みねていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市峰に開業予定の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
356.ゆいの杜中央停留場  ・栃木県宇都宮市ゆいの杜
ゆいの杜中央停留場(ゆいのもりちゅうおうていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市ゆいの杜に建設中の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
357.ゆいの杜西停留場  ・栃木県宇都宮市ゆいの杜
ゆいの杜西停留場(ゆいのもりにしていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市ゆいの杜に開業予定の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
358.ゆいの杜東停留場  ・栃木県宇都宮市ゆいの杜
ゆいの杜東停留場(ゆいのもりひがしていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市ゆいの杜に建設中の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
359.陽東3丁目停留場  ・栃木県宇都宮市陽東
陽東3丁目停留場(ようとうさんちょうめていりゅうじょう)は、栃木県宇都宮市陽東に開業予定の宇都宮ライトレール宇都宮芳賀ライトレール線の停留場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
360.家中駅  ・栃木県栃木市都賀町家中5897-9
家中駅(いえなかえき)は、栃木県栃木市都賀町家中にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 14。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
361.岩舟駅  ・栃木県栃木市岩舟町静
岩舟駅(いわふねえき)は、栃木県栃木市岩舟町静にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
362.大平下駅  ・栃木県栃木市大平町富田
大平下駅(おおひらしたえき)は、栃木県栃木市大平町富田にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
363.合戦場駅  ・栃木県栃木市都賀町合戦場513
合戦場駅(かっせんばえき)は、栃木県栃木市都賀町合戦場にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 13。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
364.静和駅  ・栃木県栃木市岩舟町静和2143
静和駅(しずわえき)は、栃木県栃木市岩舟町静和にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 09。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
365.新大平下駅  ・栃木県栃木市大平町富田571-2
新大平下駅(しんおおひらしたえき)は、栃木県栃木市大平町富田にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 10。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
366.新栃木駅  ・栃木県栃木市平柳町一丁目8-18
新栃木駅(しんとちぎえき)は、栃木県栃木市平柳町一丁目にある、東武鉄道の駅である。駅番号はTN 12。日光線と宇都宮線が乗り入れ、宇都宮線は当駅を起点としている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
367.東武金崎駅  ・栃木県栃木市西方町金崎243-2
東武金崎駅(とうぶかなさきえき)は、栃木県栃木市西方町金崎にある、東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 15。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
368.栃木駅  ・栃木県栃木市沼和田町
栃木駅(とちぎえき)は、栃木県栃木市沼和田町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
369.藤岡駅  ・栃木県栃木市藤岡町藤岡5078-2
藤岡駅(ふじおかえき)は、栃木県栃木市藤岡町藤岡にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 08。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
370.野州大塚駅  ・栃木県栃木市大塚町1258-10
野州大塚駅(やしゅうおおつかえき)は、栃木県栃木市大塚町にある東武鉄道宇都宮線の駅である。駅番号はTN 32。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
371.野州平川駅  ・栃木県栃木市大宮町229-19
野州平川駅(やしゅうひらかわえき)は、栃木県栃木市大宮町にある東武鉄道宇都宮線の駅である。駅番号はTN 31。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
372.小野寺駅  ・栃木県下都賀郡岩舟町新里(現・栃木市)
小野寺駅(おのでらえき)は、栃木県下都賀郡岩舟町新里(現・栃木市)にあった日本国有鉄道両毛線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
373.足尾駅  ・栃木県日光市足尾町掛水6
足尾駅(あしおえき)は、栃木県日光市足尾町掛水にあるわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線の駅である。駅番号はWK16。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
374.今市駅  ・栃木県日光市平ケ崎67
今市駅(いまいちえき)は、栃木県日光市平ケ崎にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
375.大桑駅 (栃木県)  ・栃木県日光市大桑町131
大桑駅(おおくわえき)は、栃木県日光市大桑町にある東武鉄道鬼怒川線の駅である。駅番号はTN 52。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
376.男鹿高原駅  ・栃木県日光市横川680-5
男鹿高原駅(おじかこうげんえき[3])は、栃木県日光市横川にある野岩鉄道会津鬼怒川線の駅[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
377.上今市駅  ・栃木県日光市今市533-3
上今市駅(かみいまいちえき)は、栃木県日光市今市にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 24。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
378.上三依塩原温泉口駅  ・栃木県日光市上三依804
上三依塩原温泉口駅(かみみよりしおばらおんせんぐちえき)は、栃木県日光市上三依にある野岩鉄道会津鬼怒川線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
379.川治温泉駅  ・栃木県日光市藤原1077番地4
川治温泉駅(かわじおんせんえき)は、栃木県日光市藤原にある野岩鉄道会津鬼怒川線の駅。川治温泉街へは、隣の川治湯元駅が最寄り駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
380.川治湯元駅  ・栃木県日光市川治温泉川治129-1
川治湯元駅(かわじゆもとえき)は、栃木県日光市川治温泉川治にある野岩鉄道会津鬼怒川線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
381.鬼怒川温泉駅  ・栃木県日光市鬼怒川温泉大原1390
鬼怒川温泉駅(きぬがわおんせんえき)は、栃木県日光市鬼怒川温泉大原にある東武鉄道鬼怒川線の駅である。駅番号はTN 56。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
382.鬼怒川温泉山麓駅  ・栃木県日光市鬼怒川温泉滝834
鬼怒川温泉山麓駅(きぬがわおんせんさんろくえき)は、栃木県日光市鬼怒川にある鬼怒高原開発が運営する鬼怒川温泉ロープウェイの索道駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
383.鬼怒川公園駅  ・栃木県日光市藤原19
鬼怒川公園駅(きぬがわこうえんえき)は、栃木県日光市藤原にある東武鉄道鬼怒川線の駅である。駅番号はTN 57。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
384.鬼怒立岩信号場  ・栃木県日光市鬼怒川温泉大原
鬼怒立岩信号場(きぬたていわしんごうじょう)は、栃木県日光市鬼怒川温泉大原にある、東武鉄道鬼怒川線の信号場。東武ワールドスクウェア駅と鬼怒川温泉駅の間の、東武ワールドスクウェア駅から1.0 km、鬼怒川温泉駅から0.8 kmの地点にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
385.小佐越駅  ・栃木県日光市鬼怒川温泉大原29
小佐越駅(こさごええき)は、栃木県日光市鬼怒川温泉大原にある東武鉄道鬼怒川線の駅である。駅番号はTN 54。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
386.下今市駅  ・栃木県日光市今市1110
下今市駅(しもいまいちえき)は、栃木県日光市今市にある東武鉄道の駅である。駅番号はTN 23。当駅には日光線・鬼怒川線の両路線が乗り入れており、鬼怒川線は当駅を起点とする。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
387.下小代駅  ・栃木県日光市小代329
下小代駅(しもごしろえき)は、栃木県日光市小代にある、東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 21。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
388.下野大沢駅  ・栃木県日光市土沢557
下野大沢駅(しもつけおおさわえき)は、栃木県日光市土沢(どさわ)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
389.新高徳駅  ・栃木県日光市高徳465
新高徳駅(しんたかとくえき)は、栃木県日光市高徳にある東武鉄道鬼怒川線の駅である。駅番号はTN 53。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
390.新藤原駅  ・栃木県日光市藤原399-28
新藤原駅(しんふじわらえき)は、栃木県日光市藤原(ふじはら)にある、野岩鉄道・東武鉄道の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
391.大谷向駅  ・栃木県日光市今市1406
大谷向駅(だいやむこうえき)は、栃木県日光市今市にある東武鉄道鬼怒川線の駅である。駅番号はTN 51。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
392.通洞駅  ・栃木県日光市足尾町松原13
通洞駅(つうどうえき)は、栃木県日光市足尾町松原にあるわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線の駅である。駅番号はWK15。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
393.東武日光駅  ・栃木県日光市松原町4-3
東武日光駅(とうぶにっこうえき)は、栃木県日光市松原町にある東武鉄道日光線の駅。同線の終点である。駅番号はTN 25。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
394.東武ワールドスクウェア駅  ・栃木県日光市鬼怒川温泉大原334-10[1]
東武ワールドスクウェア駅(とうぶワールドスクウェアえき)は、栃木県日光市鬼怒川温泉大原にある、東武鉄道鬼怒川線の駅である[2]。駅番号はTN 55。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
395.中三依温泉駅  ・栃木県日光市中三依378-2
中三依温泉駅(なかみよりおんせんえき)は、栃木県日光市中三依にある野岩鉄道会津鬼怒川線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
396.日光駅  ・栃木県日光市相生町115
日光駅(にっこうえき)は、栃木県日光市相生町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線の駅である。同線の終着駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
397.原向駅  ・栃木県日光市足尾町3066
原向駅(はらむこうえき)は、栃木県日光市足尾町にあるわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線の駅である。間藤方面へ向かう列車はこの駅から栃木県となる。駅番号はWK14。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
398.文挟駅  ・栃木県日光市小倉885
文挟駅(ふばさみえき)は、栃木県日光市小倉(こぐら)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線の駅である[1]。駅名標や時刻表等では旧字体を用いて「文挾駅」と表記されることもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
399.間藤駅  ・栃木県日光市足尾町下間藤2
間藤駅(まとうえき)は、栃木県日光市足尾町下間藤にあるわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線の駅である。同線の終点。駅番号はWK17。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
400.明神駅  ・栃木県日光市明神883
明神駅(みょうじんえき)は、栃木県日光市明神にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 22。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
401.湯西川温泉駅  ・栃木県日光市西川481-1
湯西川温泉駅(ゆにしがわおんせんえき)は、栃木県日光市西川にある野岩鉄道会津鬼怒川線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
402.龍王峡駅  ・栃木県日光市藤原1357
龍王峡駅(りゅうおうきょうえき)は、栃木県日光市藤原にある野岩鉄道会津鬼怒川線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
403.足尾本山駅  ・栃木県日光市足尾町本山
足尾本山駅(あしおほんざんえき)は、栃木県上都賀郡足尾町本山(現在の日光市足尾町本山)にあった東日本旅客鉄道(JR東日本)足尾線の駅(廃駅)である。1914年の開業以来、貨物専用駅であった。1973年(昭和48年)に足尾銅山が閉山して以降も、DE10形+トキ25000形+車掌車による貨物列車が引き続き運転されていた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
404.石橋駅 (栃木県)  ・栃木県下野市石橋240
石橋駅(いしばしえき)は、栃木県下野市石橋にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
405.板荷駅  ・栃木県鹿沼市板荷222
板荷駅(いたがえき)は、栃木県鹿沼市板荷にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 20。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
406.市塙駅  ・栃木県芳賀郡市貝町大字市塙2068-2
市塙駅(いちはなえき)は、栃木県芳賀郡市貝町大字市塙にある真岡鐵道真岡線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
407.氏家駅  ・栃木県さくら市氏家2344
氏家駅(うじいええき)は、栃木県さくら市氏家にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である[1]。「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
408.宇都宮貨物ターミナル駅  ・栃木県河内郡上三川町大字多功字上の原2970[1]
宇都宮貨物ターミナル駅(うつのみやかもつターミナルえき)は、栃木県河内郡上三川町大字多功にある日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅。東北本線(宇都宮線)所属。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
409.大金駅  ・栃木県那須烏山市大金152
大金駅(おおがねえき)は、栃木県那須烏山市大金にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)烏山線の駅である[1]。宝積寺駅管理の無人駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
410.思川駅  ・栃木県小山市大字松沼965
思川駅(おもいがわえき)は、栃木県小山市大字松沼にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
411.おもちゃのまち駅  ・栃木県下都賀郡壬生町幸町一丁目22-1
おもちゃのまち駅(おもちゃのまちえき)は、栃木県下都賀郡壬生町にある、東武鉄道宇都宮線の駅である。駅番号はTN 35。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
412.小山駅  ・栃木県小山市城山町三丁目3-22
小山駅(おやまえき)は、栃木県小山市城山町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。事務管コードは▲411018[3]を使用している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
413.片岡駅  ・栃木県矢板市片岡2099
片岡駅(かたおかえき)は、栃木県矢板市片岡にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である[1]。「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
414.鹿沼駅  ・栃木県鹿沼市上野町100
鹿沼駅(かぬまえき)は、栃木県鹿沼市上野町(うわのまち)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)日光線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
415.蒲須坂駅  ・栃木県さくら市蒲須坂698
蒲須坂駅(かますさかえき)は、栃木県さくら市蒲須坂にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。「宇都宮線」の愛称区間に含まれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
416.烏山駅  ・栃木県那須烏山市南二丁目5-6
烏山駅(からすやまえき)は、栃木県那須烏山市南二丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)烏山線の駅である[1]。烏山線の終着駅である。栃木県内のJRの駅としては最東端に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
417.北鹿沼駅  ・栃木県鹿沼市玉田町724
北鹿沼駅(きたかぬまえき)は、栃木県鹿沼市玉田町にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 19。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
418.北真岡駅  ・栃木県真岡市熊倉町908-10
北真岡駅(きたもおかえき)は栃木県真岡市にある真岡鐵道真岡線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
419.北山駅 (栃木県)  ・栃木県真岡市西田井北山778-3
北山駅(きたやまえき)は、栃木県真岡市西田井字北山にある真岡鐵道真岡線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
420.久下田駅  ・栃木県真岡市久下田800-4
久下田駅(くげたえき)は、栃木県真岡市久下田にある真岡鐵道真岡線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
421.葛生駅  ・栃木県佐野市葛生東一丁目1-5
葛生駅(くずうえき)は、栃木県佐野市葛生東にある東武鉄道佐野線の駅。同線の終点である。駅番号はTI 39。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
422.国谷駅  ・栃木県下都賀郡壬生町大字壬生甲3780-8
国谷駅(くにやえき)は、栃木県下都賀郡壬生町大字壬生甲にある東武鉄道宇都宮線の駅である。駅番号はTN 34。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
423.黒磯駅  ・栃木県那須塩原市本町1-1
黒磯駅(くろいそえき)は、栃木県那須塩原市本町(ほんちょう)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
424.黒田原駅  ・栃木県那須郡那須町大字寺子丙2
黒田原駅(くろだはらえき)は、栃木県那須郡那須町大字寺子丙にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
425.鴻野山駅  ・栃木県那須烏山市鴻野山192-4
鴻野山駅(こうのやまえき)は、栃木県那須烏山市鴻野山にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)烏山線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
426.小金井駅  ・栃木県下野市小金井3009
小金井駅(こがねいえき)は、栃木県下野市小金井にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
427.小塙駅  ・栃木県那須烏山市小塙272
小塙駅(こばなえき)は、栃木県那須烏山市小塙にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)烏山線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
428.笹原田駅  ・栃木県芳賀郡市貝町笹原田59-1
笹原田駅(ささはらだえき)は、栃木県芳賀郡市貝町笹原田にある真岡鐵道真岡線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
429.佐野駅  ・栃木県佐野市若松町
佐野駅(さのえき)は、栃木県佐野市若松町にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・東武鉄道の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
430.佐野市駅  ・栃木県佐野市上台町2164
佐野市駅(さのしえき)は、栃木県佐野市上台町にある東武鉄道佐野線の駅である。特急「リバティりょうもう」停車駅。駅番号はTI 33。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
431.自治医大駅  ・栃木県下野市医大前三丁目13-3
自治医大駅(じちいだいえき)は、栃木県下野市医大前三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
432.下野花岡駅  ・栃木県塩谷郡高根沢町大字花岡1768
下野花岡駅(しもつけはなおかえき)は、栃木県塩谷郡高根沢町大字花岡にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)烏山線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
433.新鹿沼駅  ・栃木県鹿沼市鳥居跡町1475[1]
新鹿沼駅(しんかぬまえき)は、栃木県鹿沼市鳥居跡町(とりいどちょう)にある東武鉄道日光線の駅である。駅番号はTN 18。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
434.高久駅
高久駅(たかくえき)は、栃木県那須郡那須町大字高久甲字西久保にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
435.滝駅 (栃木県)  ・栃木県那須烏山市滝163
滝駅(たきえき)は、栃木県那須烏山市滝にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)烏山線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
436.田島駅  ・栃木県佐野市田島町184
田島駅(たじまえき)は、栃木県佐野市田島町にある東武鉄道佐野線の駅。駅番号はTI 32。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
437.多田駅 (栃木県)  ・栃木県佐野市多田町1272-2
多田駅(ただえき)は、栃木県佐野市多田町にある東武鉄道佐野線の駅。駅番号はTI 38。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
438.多田羅駅  ・栃木県芳賀郡市貝町多田羅770-4
多田羅駅(たたらえき)は、栃木県芳賀郡市貝町多田羅にある真岡鐵道真岡線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
439.田沼駅  ・栃木県佐野市栃本町1766
田沼駅(たぬまえき)は、栃木県佐野市栃本町にある東武鉄道佐野線の駅である。特急「リバティりょうもう」停車駅。駅番号はTI 37。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
440.寺内駅  ・栃木県真岡市寺内830-4
寺内駅(てらうちえき)は、栃木県真岡市寺内にある真岡鐵道真岡線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
441.天矢場駅  ・栃木県芳賀郡茂木町北高岡1225-4
天矢場駅(てんやばえき)は、栃木県芳賀郡茂木町北高岡にある真岡鐵道真岡線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

栃木県の公園

442.井頭公園  ・ 日本栃木県真岡市下籠谷99番地
井頭公園(いがしらこうえん)は、栃木県真岡市にある都市公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
443.イタリア大使館別荘記念公園  ・ 日本栃木県日光市中宮祠2482
イタリア大使館別荘記念公園(イタリアたいしかんべっそうきねんこうえん)は、栃木県日光市にある公園。1928年(昭和3年)から1997年(平成9年)までイタリア大使館別荘として使用され、建物を修築、復元した上で公園として整備し一般公開している[1]。明治期以降に中禅寺湖沿岸に建てられた数多くの各国大使館別荘のうちの一つ。本邸は国の登録有形文化財に登録されている。近くに英国大使館別荘があり、こちらも一般公開されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
444.市貝町芝ざくら公園  ・栃木県芳賀郡市貝町大字見上614-1
市貝町芝ざくら公園(いちかいまちしばざくらこうえん)は、栃木県芳賀郡市貝町にある公園[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
445.市貝町城見ヶ丘運動公園  ・ 日本栃木県芳賀郡市貝町大字市塙176
市貝町城見ヶ丘運動公園(いちかいまちしろみがおかうんどうこうえん)は、栃木県芳賀郡市貝町にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
446.宇都宮駅東公園  ・ 日本栃木県宇都宮市元今泉5丁目10-1
宇都宮駅東公園(うつのみやえきひがしこうえん)は、栃木県宇都宮市元今泉五丁目にある都市公園である。公園の種別は地区公園[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
447.宇都宮県立自然公園
宇都宮県立自然公園(うつのみやけんりつしぜんこうえん)は、栃木県宇都宮市の大谷・古賀志・鞍掛山などを擁する都道府県立自然公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
448.宇都宮市森林公園  ・ 日本栃木県宇都宮市福岡町、古賀志町
宇都宮市森林公園(うつのみやししんりんこうえん)は、栃木県宇都宮市福岡町と古賀志町にまたがる市営の森林公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
449.宇都宮城址公園  ・ 日本栃木県宇都宮市本丸町
宇都宮城址公園(うつのみやじょうしこうえん)は、栃木県宇都宮市本丸町にある宇都宮市立の都市公園(地区公園)である[1]。旧称は御本丸公園(ごほんまるこうえん)。総面積約3.7万m2、災害時避難場所に位置づけられ、防災公園にも指定されている。管轄は宇都宮市 都市計画部 公園緑地課。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
450.うつのみや平成記念子どものもり公園  ・ 日本栃木県宇都宮市
うつのみや平成記念子どものもり公園(うつのみや へいせいきねん こどものもりこうえん)は、栃木県宇都宮市篠井町にある公園。体験学習施設の宇都宮市冒険活動センター(うつのみやし ぼうけんかつどうセンター)を設置している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
451.英巌寺
英巌寺(えいがんじ)は、下野国河内郡宇都宮城内の不動組(現・栃木県宇都宮市花房本町)に存在した、臨済宗の仏教寺院[9]。宇都宮藩主・戸田氏の菩提寺で、廃寺になった後、戸田氏の墓所が整備された[10][11]。跡地の大部分は私有地と化したが、一部が英巌寺児童公園として残されている[12]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
452.桜美公園  ・ 日本栃木県宇都宮市桜4丁目1585-2
桜美公園(おうびこうえん)は、栃木県宇都宮市桜四丁目にある都市公園である。公園の種別は近隣公園[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
453.太平山県立自然公園 (栃木県)
太平山県立自然公園(おおひらさんけんりつしぜんこうえん)は、栃木県栃木市の太平山と晃石山を含む都道府県立自然公園。1955年(昭和30年)3月25日に県立自然公園として指定された。面積は1,079 ヘクタール。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
454.おしどり塚
おしどり塚(おしどりづか、鴛鴦塚)は、栃木県宇都宮市一番町にある、オシドリの夫婦を慰霊する塚。宇都宮市指定史跡[3][4]。鎌倉時代の僧・無住が著した『沙石集』にある説話の故地とする説がある[4][7][8]が、郷土史家は否定的な見解を示している[7][8]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
455.尾瀬国立公園
尾瀬国立公園(おぜこくりつこうえん)は、福島県、栃木県、群馬県、新潟県の4県にまたがる国立公園である。2007年8月30日に日光国立公園から尾瀬地域25,203ha(現・尾瀬国立公園の67.75%にあたる)を分割し、会津駒ヶ岳、田代山、帝釈山など周辺地域を編入する形で指定された。釧路湿原国立公園以来20年ぶりに新設された29番目の国立公園である。総面積は37,222haである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
456.かしの森公園  ・ 日本栃木県芳賀郡芳賀町下高根沢4632
かしの森公園(かしのもりこうえん)とは、栃木県芳賀郡芳賀町下高根沢にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
457.嘉多山公園  ・ 日本栃木県佐野市嘉多山町
嘉多山公園(かたやまこうえん)は、栃木県佐野市嘉多山町(旧葛生町)にある都市公園(近隣公園)である[1]。石灰の採掘跡地につくられた公園で、約300本のソメイヨシノがあり、春は桜が咲き誇り、桜の名所となる。また、樹齢100年以上と推定される和白檀の林もある。嘉多山公園を会場とした祭りもあり、それがさくらまつり(4月)と原人祭り(8月)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
458.鬼怒川緑地運動公園  ・ 日本栃木県宇都宮市上桑島町桑島町(きよはら水辺の楽校)石井町(石井緑地)
鬼怒川緑地運動公園(きぬがわりょくちうんどうこうえん)は、栃木県宇都宮市上桑島町の鬼怒川河川敷に整備された公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
459.グリムの森
グリムの森(グリムのもり)は栃木県下野市下古山にあるコミュニティ・パーク[1]。グリムの森は下野市が施設を所有しており、一般財団法人グリムの里いしばしが指定管理者になっている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
460.塩原温泉天皇の間記念公園
塩原温泉天皇の間記念公園(しおばらおんせん てんのうのまきねんこうえん)とは、栃木県那須塩原市にかつて存在した旧塩原御用邸の建物のうち、最後まで残されていた天皇御座所を近隣に移築保存したものである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
461.塩谷町総合公園  ・ 日本栃木県塩谷郡塩谷町大字飯岡1160番地
塩谷町総合公園(しおやまちそうごうこうえん)は、栃木県塩谷郡塩谷町飯岡にある、塩谷町の設置する都市公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
462.水上公園  ・ 日本栃木県宇都宮市錦3丁目1100-3
水上公園(すいじょうこうえん)は栃木県宇都宮市錦三丁目にある公園である。公園の種別は地区公園[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
463.栃木県総合運動公園  ・ 日本栃木県宇都宮市西川田4丁目1-1
栃木県総合運動公園(とちぎけんそうごううんどうこうえん)は、栃木県が設置[1] する総合運動公園である。指定管理者制度により、栃木県スポーツ協会・栃木県民公園福祉協会が共同で管理・運営を行っている[2]。県民からは「総合グランド」と呼ばれ広く親しまれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
464.栃木県中央公園  ・ 日本栃木県宇都宮市
栃木県中央公園(とちぎけんちゅうおうこうえん)は、栃木県宇都宮市に位置する県営都市公園で、昭和天皇の在位50周年記念事業の一環として地方公共団体が整備する全国11か所の記念公園の1つとして採択された。専売公社宇都宮工場跡地[3] に1977年(昭和52年)から整備が行われ、1982年(昭和57年)10月に開園した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
465.栃木市総合運動公園  ・ 日本栃木県栃木市川原田町760
栃木市総合運動公園(とちぎしそうごううんどうこうえん)は、栃木県栃木市にある公園(運動公園)である[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
466.とちぎわんぱく公園  ・ 日本栃木県下都賀郡壬生町大字国谷2273
とちぎわんぱく公園(とちぎわんぱくこうえん)は、栃木県下都賀郡壬生町にある都市公園[2]。正式名称は栃木県とちぎわんぱく公園[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
467.飛山城跡
飛山城跡(とびやまじょうせき)は、栃木県宇都宮市竹下町にある中世の城郭・飛山城の遺跡である。鬼怒川左岸の段丘上に立地し、永仁年間に芳賀高俊により築かれた城郭である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
468.那珂川県立自然公園
那珂川県立自然公園(なかがわけんりつしぜんこうえん)は、栃木県那須烏山市と茂木町にまたがる都道府県立自然公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
469.那須高原恋人の聖地展望台
那須高原恋人の聖地展望台(なすこうげんこいびとのせいちてんぼうだい)は、栃木県那須郡那須町湯本の那須岳中腹にある展望台で、特定非営利活動法人地域活性化支援センターが主催する「恋人の聖地プロジェクト」により全国で100番目の恋人の聖地に選定されたデートスポットである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
470.那須平成の森
那須平成の森(なすへいせいのもり)は、2011年(平成23年)に栃木県那須町の飯盛山(標高1364m)東南麓の日光国立公園内に開園した自然公園・遊歩道・フィールドセンター等の総称である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
471.日光国立公園
日光国立公園(にっこうこくりつこうえん)は、日光市を中心とする栃木県に、隣接する群馬県、福島県の3県にまたがる国立公園である。日光地域、鬼怒川・栗山地域、那須甲子・塩原地域の三地域に分けられる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
472.那須高原
那須高原(なすこうげん)とは、栃木県北部の那須岳の南側山麓地域を言い、那須岳の標高千数百メートルの地域より東北本線、国道4号が通る標高300m辺りまで、緩やかな斜面が広がる。また、那珂川を挟んで那須野が原、那須高原の北西側は福島県の甲子高原に連なる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
473.日光だいや川公園  ・ 日本栃木県日光市瀬川、野口
日光だいや川公園(にっこうだいやがわこうえん)は、栃木県日光市に位置する県営都市公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
474.日光田母沢御用邸記念公園  ・栃木県日光市本町
日光田母沢御用邸記念公園(にっこうたもざわごようていきねんこうえん)は、栃木県日光市にある栃木県立の都市公園(歴史公園)である。元は皇太子時代の大正天皇の静養所として造営された旧御用邸の建物と庭園を公園として整備し一般公開している。明治期以降に数多く造られた御用邸建築のうち、全体がほぼ完存する唯一の例として貴重であり、建造物群は国の重要文化財に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
475.馬事公苑  ・ 日本東京都世田谷区上用賀2-1-1
馬事公苑(ばじこうえん)は、東京都世田谷区上用賀にある公園。日本中央競馬会(JRA)が運営する馬事普及の拠点である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
476.八幡山公園  ・ 日本栃木県宇都宮市塙田、東戸祭、大曽
八幡山公園(はちまんやまこうえん)は、栃木県宇都宮市塙田五丁目にある都市公園(総合公園)である[1]。敷地内には宇都宮タワーや八幡山交通公園などの設備がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
477.八幡山交通公園
八幡山交通公園(はちまんやまこうつうこうえん)は、栃木県宇都宮市にある公園のひとつ。八幡山の東峰に立地し八幡山公園の一角、アドベンチャーUの北側にあるゴーカートコース。1969年開設[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
478.みずほの自然の森公園  ・ 日本栃木県宇都宮市
みずほの自然の森公園(みずほのしぜんのもりこうえん)は、栃木県宇都宮市西刑部町と平塚町にまたがる公園[4]。全国都市緑化フェアの会場跡地に整備された公園で[2][3][4][5][8]、家族連れをはじめとする市民の憩いの場や[2][3]、各種イベント会場として利用されている[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
479.宮原運動公園  ・ 日本栃木県宇都宮市
宮原運動公園(みやはらうんどうこうえん)とは、栃木県宇都宮市陽南四丁目にある宇都宮市が設置した運動公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
480.山田かかしの里 (栃木県)  ・ 日本栃木県栃木市大平町西山田1771番地3
山田かかしの里(やまだかかしのさと)とは、栃木県栃木市大平町西山田の、大平町ぶどう団地内にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

栃木県の温泉

481.赤見温泉  ・栃木県佐野市
赤見温泉(あかみおんせん)は、栃木県佐野市(旧国下野国)にある温泉。 出流原弁天池の湧水を沸かした鉱泉であり、温泉ではない。 出流原弁天池は、古生層石灰岩の割れ目から湧き出て池を成している。かなり厚い土の層を通ってろ過された水は、年間通して水温約16°Cを保っていて湧水は豊富である。この水を沸かしたのが赤見温泉である。 弁天池の周りに4軒の宿がある。また池の周囲には磯山弁財天、赤見温泉フィッシングパークなどがある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
482.足尾温泉  ・栃木県日光市足尾町銀山平
足尾温泉(あしおおんせん)は、栃木県日光市足尾町銀山平にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
483.芦野温泉  ・栃木県那須郡那須町
芦野温泉(あしのおんせん)は、栃木県那須郡那須町(旧国下野国)にある温泉。旧奥州街道の宿場町芦野本陣の近くに位置する。那須高原、那須温泉郷の喧騒から離れた穴場的な新しい温泉である.
Wikipedia    内容詳細  
484.板室温泉  ・栃木県那須塩原市板室
板室温泉(いたむろおんせん)は、栃木県那須塩原市(旧国下野国)板室にある温泉。日光国立公園内の那須連山の西端、那珂川最上流の山あいに位置する[1]。栃木県内では日光湯元温泉と並び国民保養温泉地に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
485.大沢温泉 (栃木県)  ・栃木県那須郡那須町
大沢温泉(おおさわおんせん)「長寿の湯」は、栃木県那須郡那須町(旧国下野国)にある温泉。那須湯本温泉と白河の中間の余笹川近辺に位置し、外観は美術館風、周辺は別荘、キャンプ場などが多数存在するため、シーズン中は別荘、キャンプ場からの利用者が多数訪れる。那須高原、那須温泉郷の喧騒から離れた穴場的な新しい温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
486.大田原温泉
大田原温泉(おおたわらおんせん)は、栃木県大田原市(旧国下野国)にある温泉。ここでは大田原市街地周辺にある温泉を総称して大田原温泉と称する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
487.小川温泉 (栃木県)
小川温泉(おがわおんせん)は、栃木県那須郡那珂川町(旧国下野国)にある温泉。小川温泉は、ともに日帰り温泉のまほろばの湯と小川温泉森林の湯(現在閉鎖中)がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
488.篭岩温泉  ・栃木県日光市高徳
篭岩温泉[要検証 – ノート](かごいわおんせん)は、栃木県日光市高徳(旧下野国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
489.上河内温泉  ・栃木県宇都宮市今里町
上河内温泉(かみかわちおんせん)は、栃木県宇都宮市(旧国下野国)に湧出する温泉。市営の日帰り入浴施設「ほたるの里 梵天の湯(ぼんてんのゆ)」にて供給されている。 梵天の湯の名前の由来は、旧・上河内町の中心部今里宿と羽黒山に伝わる地元の祭り『梵天祭』に由来する。近隣地域の温泉は1980年代以降に初めて湧出した喜連川温泉と早乙女温泉のみであったが、掘削技術の進歩により1998年に湧出した。梵天の湯では、寝湯・砂風呂・露天風呂などが楽しめる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
490.川俣温泉  ・栃木県日光市川俣
川俣温泉(かわまたおんせん)は、栃木県日光市川俣にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
491.喜連川温泉  ・栃木県さくら市喜連川5296-1
喜連川温泉(きつれがわおんせん)は、栃木県さくら市(旧喜連川町。旧国下野国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
492.鬼怒川温泉  ・栃木県日光市
鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)は、栃木県日光市鬼怒川地区(旧藤原町区域)の鬼怒川上流域にある温泉。 箱根や熱海と並んで「東京の奥座敷」と呼ばれ[1]、年間200万人以上[1]の宿泊客で賑わう。鬼怒川温泉は地域団体商標に登録されている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
493.黒羽温泉  ・栃木県大田原市堀之内
黒羽温泉(くろばねおんせん)五峰の湯は、栃木県大田原市黒羽地区(旧黒羽町)(旧国下野国)にある温泉。五峰の湯の名前の由来は、那須岳・大佐飛山・高原山・女峰山・男体山の五峰(ごほう)が一望できることに由来する[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
494.光徳温泉  ・栃木県日光市中宮祠
光徳温泉(こうとくおんせん)は、栃木県日光市中宮祠にある温泉。奥日光、中禅寺湖の北約5km、戦場ヶ原北部にある温泉地。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
495.佐久山温泉  ・栃木県大田原市
佐久山温泉(さくやまおんせん)は、栃木県大田原市(旧国下野国)にある温泉。ここでは、大田原市佐久山地区にある温泉を総称して佐久山温泉と称することにする。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
496.三斗小屋温泉  ・栃木県那須塩原市
三斗小屋温泉(さんどごやおんせん)は、栃木県那須塩原市(旧国下野国)旧会津中街道の三斗小屋宿近くにある板室温泉郷エリアの温泉。江戸時代には『那須七湯』を構成する温泉に数えられ、現在でも那須温泉郷を構成する温泉として数えられる。アクセスは徒歩のみ、トレッキング程度以上の装備が良い。
Wikipedia    内容詳細  
497.塩原温泉郷
塩原温泉郷(しおばらおんせんきょう)は、栃木県那須塩原市(旧国下野国)塩原地区内の、箒川沿いの谷間を中心に点在する11の温泉の総称(温泉郷)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
498.地蔵の湯  ・栃木県足利市
地蔵の湯(じぞうのゆ)は、栃木県足利市にある温泉(鉱泉)。一軒宿の「東葉館」内で湧出している。
Wikipedia    内容詳細  
499.スパリゾートリブマックス  ・〒321-4364栃木県真岡市長田1丁目24-3
スパリゾートリブマックスとは、栃木県真岡市に所在する、温泉・プール・短期賃貸マンションからなるレジャー施設である。旧称「スパリゾート・フジ」。
Wikipedia    内容詳細  
500.早乙女温泉  ・栃木県さくら市早乙女2114
早乙女温泉(そうとめおんせん)または喜連川早乙女温泉は、栃木県さくら市(旧国下野国)の喜連川地区にある温泉。平地の温泉としては珍しく硫黄の強い、色が変化する温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
501.高根沢温泉  ・栃木県塩谷郡高根沢町
高根沢温泉(たかねざわおんせん)は、栃木県塩谷郡高根沢町(旧国下野国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
502.中禅寺温泉  ・栃木県日光市
中禅寺温泉(ちゅうぜんじおんせん)は、栃木県日光市にある中禅寺湖の北岸、二荒山神社中宮祠付近にある温泉地。
Wikipedia    内容詳細  
503.藤和那須リゾート
藤和那須リゾート株式会社(とうわなすリゾート)は、栃木県那須郡那須町に本社があるリゾート事業会社。親会社は日本駐車場開発株式会社の完全子会社である日本テーマパーク開発株式会社。
Wikipedia    内容詳細  
504.栃木温泉 湯楽の里  ・栃木県栃木市大町22-70
栃木温泉 湯楽の里(とちぎおんせん ゆらのさと)は、栃木県栃木市大町にある温泉施設(スーパー銭湯)である。 源泉は2005年(平成17年)3月に地下1,000 mから温泉の湧出に成功したものを使用している[1]。
Wikipedia    内容詳細  
505.中三依温泉  ・栃木県日光市中三依423
中三依温泉(なかみよりおんせん)は、栃木県日光市中三依にある温泉。男鹿川沿いにある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
506.那須温泉郷  ・栃木県那須郡那須町
那須温泉郷(なすおんせんきょう)は、栃木県那須郡(旧国下野国)那須町に散在する温泉の総称(温泉郷)。日光国立公園内の那須岳(茶臼岳)南麓に点在する8つの温泉地をいう[1]。同じ那須岳南麓には皇室が静養に訪れる那須御用邸がある。
Wikipedia    内容詳細  
507.那須塩原駅前温泉  ・栃木県那須塩原市唐杉41ー5
那須塩原駅前温泉(なすしおばらえきまえおんせん)は、栃木県那須塩原市唐杉にある温泉、および同温泉を使用した日帰り入浴施設である[1]。2020年10月2日にオープンした[2]。 白河井戸ボーリングにより運営されており、施設も同社那須営業所敷地内に設置されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
508.日光湯元温泉  ・栃木県日光市
日光湯元温泉(にっこうゆもとおんせん)は、栃木県日光市[1]奥日光の湯ノ湖畔、金精峠の麓にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
509.馬頭温泉郷
馬頭温泉郷(ばとうおんせんきょう)は、栃木県那須郡那珂川町(旧国下野国)にある温泉の総称(温泉郷)。 温泉郷を名乗っているが、一軒宿などがそれぞれ個々の温泉名を名乗っていることに由来する。書物などでの取り上げ方では、温泉郷を1つの温泉地とみなして馬頭温泉として紹介されることも多い。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
510.ピラミッド温泉  ・栃木県那須塩原市
ピラミッド温泉(ピラミッドおんせん)は、栃木県那須塩原市にあるピラミッド型の建物の温泉。1994年創設(株式会社美商)。2019年現在は「ピラミッド元氣温泉」[1]。天然温泉を利用した温泉旅館と日帰り温泉である[2]。「氣」に関する瞑想室や美術館も伴う。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
511.平家平温泉  ・栃木県日光市川俣
平家平温泉(へいけだいらおんせん)は、栃木県日光市(旧国下野国)にある温泉。川俣温泉の一部。
Wikipedia    内容詳細  
512.益子温泉  ・栃木県芳賀郡益子町
益子温泉(ましこおんせん)は、栃木県芳賀郡益子町(旧国下野国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
513.松島温泉 (栃木県)  ・栃木県さくら市
松島温泉(まつしまおんせん)は、栃木県さくら市(旧国下野国)にある温泉。 宮城県の日本三景・松島との混同を防ぐため、観光PRでは氏家松島温泉と表記されることがある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
514.道の駅はが (栃木県)  ・〒321-3304栃木県芳賀郡芳賀町大字祖母井842-1
道の駅はが(みちのえき はが)は、栃木県芳賀郡芳賀町祖母井にある、芳賀町道三日市上横西線の道の駅である[1]。 西棟と東棟にわかれ、西棟には総合案内所や惣菜店など、東棟には物産館や農産物直売所などがある[2]。さらに道の駅施設の西側の道路向かいには芳賀温泉「ロマンの湯」が併設されている。施設の運営は、指定管理者の芳賀町ロマン開発株式会社が行っている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
515.女夫渕温泉  ・栃木県日光市川俣荒井田
女夫渕温泉(めおとぶちおんせん)は、栃木県日光市(旧国下野国)にある温泉。 2022年時点で当地で旅館等を営業する業者は存在しない(後述)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
516.真岡井頭温泉  ・栃木県真岡市下籠谷21番地
真岡井頭温泉(もおかいがしらおんせん)は、栃木県真岡市下籠谷にある温泉[5]。愛称は、“いちご”の湯[6][7]。温浴施設の「真岡市健康増進施設真岡井頭温泉」と、宿泊施設の「真岡市勤労者研修交流施設井頭温泉チャットパレス」がある[8]。井頭公園に隣接する[9]。 市民の健康の保持・増進を目的として、1996年(平成8年)に開湯した[2]。真岡市民だけでなく、広く首都圏から入湯客を集め、栃木県内では上位の集客力を有する[2]。
Wikipedia    内容詳細  
517.矢板温泉  ・栃木県矢板市
矢板温泉(やいたおんせん)は、栃木県矢板市(旧国下野国)にある温泉。ここでは矢板市にある温泉・鉱泉を総称して矢板温泉と便宜上称するが、「矢板温泉」という名称は矢板温泉まことの湯の登録商標である。 矢板市の史跡川崎城跡公園の近くに位置し、民間の矢板温泉まことの湯(旧 館の川矢板温泉)と、他に市営の城の湯温泉センター、少し離れて矢板インターチェンジ近くにコリーナ矢板がある。また、市北部高原山麓には日帰り入浴が可能な湯治宿の寺山鉱泉、小滝鉱泉、赤滝鉱泉がある。 それぞれ温泉施設は一軒だけの単独施設である。矢板温泉まことの湯には貸しロッジがある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
518.柳沢温泉 (栃木県)  ・栃木県那須郡那須町
柳沢温泉(やなぎさわおんせん)は、栃木県那須郡那須町(旧国下野国)にある温泉。 
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
519.湯沢噴泉塔  ・栃木県日光市栗山村
湯沢噴泉塔 (ゆざわふんせんとう)は、栃木県日光市の川俣温泉・奥鬼怒温泉郷にある噴泉塔。1922年3月8日に国の地質・鉱物天然記念物に指定された。 1908年に渡辺渡が西沢金山探しの際に発見。炭酸カルシウムなどの温泉沈殿物から三角形の小塔が形成された。 2013年現在、Google, Yahoo! JAPAN, Bing などの地図では 北緯36度51分11秒 東経139度24分59秒 / 北緯36.85306度 東経139.41639度 / 36.85306; 139.41639 と入力されているが、この位置は誤っており、右のテンプレートでは国土地理院の 北緯36度51分27秒 東経139度25分26秒 / 北緯36.85750度 東経139.42389度 / 36.85750; 139.42389 を記載。
Wikipedia    内容詳細  
520.湯津上温泉  ・栃木県大田原市湯津上
湯津上温泉(ゆづかみおんせん)やすらぎの湯は、栃木県大田原市湯津上(旧下野国)にある温泉。「湯けむりふれあいの丘」に温泉施設「湯津上温泉 やすらぎの湯」がある[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
521.湯西川温泉  ・栃木県日光市湯西川北緯36度57分49.9秒 東経139度35分32.4秒 / 北緯36.963861度 東経139.592333度 / 36.963861; 139.592333 (湯西川温泉)
湯西川温泉(ゆにしがわおんせん)は、栃木県日光市(旧下野国)の日光国立公園内にある温泉である。温泉地名の由来ともなった湯西川(一級河川利根川水系)の渓谷沿いに旅館や民家が立ち並ぶ温泉地。
Wikipedia    内容詳細  

栃木県の

522.尺丈山  ・ 日本茨城県常陸大宮市・茨城県久慈郡大子町・栃木県那須郡那珂川町
尺丈山(しゃくじょうさん)は、茨城県・栃木県の県境にある標高511.5 mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
523.栃木百名山
栃木百名山(とちぎひゃくめいざん)は、2004年に栃木の下野新聞社が創刊120周年の記念事業として選定した栃木県内の百名山[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
524.関東百名山
関東百名山(かんとうひゃくめいざん)は、関東地方のの1都6県(東京都・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・埼玉県・神奈川県)に位置する山の中から選ばれた日本の百名山、および1993年に山と溪谷社から刊行された本[1]の名前。2019年に同名で再刊され、新関東百名山と称される。また同種の本としては関東百山があり、1985年に実業之日本社から刊行されている。 1993年に山と溪谷社によって選定された[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
525.赤薙山  ・ 日本栃木県日光市
赤薙山(あかなぎさん)は日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2,010 m。三等三角点「赤薙山」(標高2,010.3 m)が設置されている。第四紀の成層火山である。 日光連山(日光表連山)の東端を形成する一峰で、丸山(標高1,689 m)と女峰山の間に位置し、両山間は登山道で結ばれている。山頂は高木に覆われており見晴らしは良くない。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
526.朝日岳 (栃木県)  ・栃木県那須郡那須町
朝日岳(あさひだけ)は栃木県那須郡那須町にある標高1,896mの火山。日本百名山の一つである那須岳の一峰。日光国立公園に在る。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
527.雨乞山 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市
雨乞山(あまごやま)は栃木県宇都宮市にある山。標高は360m。南東側を姿川の源流である栗谷沢が流れ、北麓にはジェイセレモカントリークラブのゴルフコースがある。栗谷沢の沖積平野と当山の境界部には日枝神社、薬師如来堂、自性院の3つの寺社が南北に並ぶ。うち、最も南側に位置する日枝神社周辺には山王の地名が残る。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
528.荒海山  ・ 日本福島県南会津郡南会津町栃木県日光市
荒海山(あらかいさん、あらかいざん、あらかいやま)は、福島県南会津郡南会津町と栃木県日光市の境界に位置する標高1,581 mの山である。二等三角点「太郎岳」(標高1,580.4 m)は山頂の東北東約90 mに位置するピーク東峰にある。福島県側では荒海山、栃木県側では太郎岳(たろうだけ)と呼ばれる。江戸時代の文献『新編会津風土記』では荒貝嶽(あらかいがだけ)と表記されている。 日本三百名山、東北百名山、新・うつくしま百名山、会津百名山に選定されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
529.伊吹山 (栃木県)
伊吹山(いぶきやま)は、栃木県栃木市吹上地区にある丘陵[1]。下野三十三観音札所巡りの第23番札所善応寺(山号は伊吹山)がある。 滋賀・岐阜県境の伊吹山(近江伊吹山、江州伊吹山)と区別して下野伊吹山ともいう[2]。 古典文学でヨモギの古名またはもぐさのことを指す「さしもぐさ」「させもぐさ」の枕詞として「伊吹山」が数多く登場する[3][2]。 代表例に百人一首にも収められた藤原実方朝臣の「かくとだに えやは伊吹の さしもぐさ さしも知らじな 燃ゆるおもひを」の和歌がある[3]。 平安時代の文学に登場するこれらの伊吹山の場所については議論があるが、多数説によると和歌に詠まれたこれらの伊吹山は下野国の伊吹山(栃木市)であるとされ、能因法師は『坤元儀』で、契沖は『勝地吐懐編』で下野国の伊吹山であると主張した[1][2]。滋賀県と岐阜県にまたがる伊吹山がヨモギの産地となるのは江戸時代からとされる[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
530.岩船山  ・ 日本 栃木県栃木市
岩船山(いわふねさん[1]、いわふねやま[2])は、北関東の栃木県栃木市(旧・岩舟町)にある、標高172.7メートル[3]の山。足尾山地の最南端に位置する。この山でかつて切り出された岩舟石や所在地の旧町名には「舟」、山名には「船」の字が使われるようになった経緯は不明である[4]。 日本三大霊山[5]、日本三大地蔵[6]の一つとして名を連ねる。一大霊場として東国の人々の信仰を集めた高勝寺がある。切り立った崖を持つ奇妙な形をしているが、江戸時代から始まった岩舟石の採掘で徐々に山体が現在のように変わった。採石場跡地では1970年代後半以降は、神秘的な景観を生かして、街中ではできない爆発シーンを含む特撮作品などのロケーション撮影に使われている[7]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
531.太平山 (栃木県)  ・ 日本 栃木県栃木市
太平山(おおひらさん)は、栃木県南部の栃木市にある山である。標高341メートル。 太平山は「太」と書くのに対し旧大平町(現在の栃木市大平地域)は「大」と書く。これは、旧大平村が合併発足した際に、画数が4である「太」の字を忌避したためと言われている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
532.大真名子山  ・栃木県日光市
大真名子山(おおまなこさん)[3][4]は日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2,376m[1][5]。三等三角点「大真名子山」(標高2,375.4m)が設置されている。 日光連山(日光表連山)を代表する一峰で、男体山と小真名子山の間に位置する。関東地方南部地域からも男体山と女峰山の間にその山容が良く臨まれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
533.石裂山  ・ 日本栃木県鹿沼市
石裂山(おざくさん、尾鑿山[3])は、栃木県鹿沼市入粟野、同市上久我にまたがる標高879mの山。賀蘇山神社、加蘇山神社の御神体にとされている[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
534.葛老山  ・ 日本 栃木県日光市
葛老山(かつろうざん)は、 栃木県日光市に位置する標高1,123 mの山[1]。古くは戸板山と呼ばれていた。 下野新聞社が選定した栃木百名山のひとつである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
535.鎌倉山 (栃木県)  ・ 日本 栃木県芳賀郡茂木町
鎌倉山(かまくらさん)は、栃木県芳賀郡茂木町にある標高216 mの山。 鎌倉山は那珂川西方に位置し、南北に断続的に連なる八溝山地の4つの山塊(八溝山塊、鷲子山塊、鶏足山塊、筑波山塊)のうち鶏足山塊にあたる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
536.鞍掛山 (栃木県)  ・栃木県宇都宮市、同日光市
鞍掛山(くらかけさん)は栃木県宇都宮市と日光市に跨る山。標高は492.4m。北麓の鞍掛峠(くらかけとうげ)には宇都宮市新里町と日光市猪倉を結ぶ新里街道(にっさとかいどう、県道22号線)の鞍掛トンネル(くらかけとんねる)が通る。登山口は南麓の鞍掛林道(くらかけりんどう)沿いにある鞍掛神社(くらかけじんじゃ)付近である。鞍掛峠の東部は姿川の源流部で、新里町栗谷には砂防を兼ねた栗谷沢ダムがある。栃木百名山、大谷七名山に選定されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
537.鶏頂山  ・栃木県日光市
鶏頂山(けいちょうざん)は栃木県日光市にある標高1,765mの火山。山体は日光国立公園に属す。日本三百名山のひとつである高原山を構成する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
538.袈裟丸山  ・ 日本栃木県日光市群馬県沼田市・みどり市
袈裟丸山(けさまるやま)は栃木県日光市・群馬県沼田市と群馬県みどり市にまたがる山。前袈裟丸山・中袈裟丸山・後袈裟丸山・奥袈裟丸山・法師岳の総称のこと。一般には前袈裟丸山がこう呼ばれる。標高は1,878 m(前袈裟丸山)。最高点は奥袈裟丸山の標高点1,961 m[1]。袈裟丸連峰。袈裟丸山は古い皇海火山を構成する一峰である[3]。日本三百名山。名所としては寝釈迦像が有名。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
539.庚申山  ・栃木県日光市
座標: 北緯36度40分23秒 東経139度21分41秒 / 北緯36.673129度 東経139.361285度 / 36.673129; 139.361285 庚申山(こうしんざん)は、足尾山地に存在する那須火山帯に属した成層火山である。標高は1892 mだが、侵食が著しく、山頂には庚申神社が存在する。場所は栃木県日光市南西部に当たり、この付近は日光国立公園に指定されている。なお「とちぎの景勝100選」に選定された観光名所でもある[1]。この山は、特別天然記念物に指定されている固有種の食虫植物で、この山の名が付けられているコウシンソウの自生地として知られる。また山中では、奇岩や怪石などが多く見られる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
540.古賀志山  ・栃木県宇都宮市
古賀志山(こがしやま)は栃木県宇都宮市にある山。標高は582.8m。日本百低山、栃木百名山、大谷七名山に選定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
541.小真名子山  ・栃木県日光市
小真名子山(こまなこさん)[1][2]は日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2,323m。三等三角点「小真名子山」(標高2,322.9m)が設置されている。第四紀の溶岩円頂丘である。政府機関文書では「こまなこさん」と濁らない読み方で記載されているが、一般には「こまなごやま」とも呼ばれる。また、大真名子山と対で呼ぶ際は「おおまなこ、こまなこ」と濁らないようである。 日光連山(日光表連山)を代表する一峰で、大真名子山と帝釈山の間に位置し、両山間は登山道で結ばれている。関東地方南部地域からも女峰山と大真名子山の間に隠れるように山頂部の輪郭のみよく見える。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
542.三本槍岳  ・ 日本福島県西白河郡西郷村栃木県那須塩原市
三本槍岳(さんぼんやりだけ)は、福島県西白河郡西郷村と栃木県那須塩原市との境界にある山である。標高1,916.9m。那須岳の最高峰。一等三角点「三倉山(みくらやま)」設置。日光国立公園に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
543.篠井富屋連峰  ・栃木県宇都宮市
篠井富屋連峰(しのいとみやれんぽう)は、栃木県宇都宮市北部山系を成す山域の総称である。南東側に田川、北西側に鬼怒川が流れ、両川に挟まれた形で山地が形成されている。宇都宮アルプスと呼ばれることもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
544.尺丈山  ・ 日本茨城県常陸大宮市・茨城県久慈郡大子町・栃木県那須郡那珂川町
尺丈山(しゃくじょうさん)は、茨城県・栃木県の県境にある標高511.5 mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
545.社山 (栃木県)  ・ 日本栃木県日光市
社山(しゃざん)は、栃木県日光市と足尾町(現日光市)の境界にそびえる山。標高1,827m。栃木百名山に選定されている。 半月山第二駐車場から半月山峠・阿世潟峠経由で約3時間。帰路は半月山第二駐車場だとアップダウンがあり、中禅寺温泉の方が下りのみになるため早い。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
546.皇海山  ・ 日本栃木県日光市・群馬県沼田市
皇海山(すかいさん)は、栃木県日光市と群馬県沼田市との境界にある山である。足尾山地に属する。標高2,144m[1][注釈 1]。日本百名山の一つ。約160万~90万年前に活動した[2]古い成層火山だが、侵食が進み、また樹林に覆われ、今日では火山らしい面影はない。 東西に長い頂稜を持つが、北側は国境平付近まで標高差にして500m以上も切れ落ちている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
547.仙人ヶ岳  ・ 日本栃木県足利市小俣町群馬県桐生市菱町
仙人ヶ岳(せんにんがだけ)は、栃木県と群馬県に跨る山。標高663メートル。朝日沢山・朝日岳・仙人岳とも呼ばれる[1]。栃木百名山の一つ[2]。足利市の最高峰[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
548.帝釈山  ・ 日本福島県南会津郡南会津町・檜枝岐村栃木県日光市
帝釈山(たいしゃくさん)は福島県南会津郡南会津町、檜枝岐村、栃木県日光市の境界にある標高2060 mの山。日本二百名山のひとつ。二等三角点設置。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
549.帝釈山 (日光連山)  ・栃木県日光市
帝釈山(たいしゃくさん)は日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2455 m。三角点は設けられていない。女峰山と痩せ尾根で繋がっており、稜線は女峰山と一体となっている。日光連山(日光表連山)の中央、女峰山と小真名子山の間に位置する。女峰山と繋がる痩せ尾根は「馬の背渡り」と呼ばれ、日光三嶮のひとつに数えられている。 帝釈山の山名は、かつて当山を帝釈天に見立て、御神体として山頂に祀ったからと考えられるが定かではない。 日光表連山の一峰として、これらを結ぶ縦走路が整備されている。当山を目指す登山客は少なく、志津峠から入って唐沢小屋から女峰山に登頂し、「馬の背渡り」、当山、富士見峠、小真名子山、大真名子山、「千鳥返し」を経て志津峠に戻るコースの登山客があるほか、滝尾神社あるいは霧降高原から入る日光表連山の縦走コース経路として当山を経る登山客が多い。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
550.大小山  ・栃木県足利市・佐野市
大小山(だいしょうやま)は、栃木県足利市大沼田町・西場町・佐野市赤見町にある標高282mの山。鷹巣山(たかのすやま)とも呼ばれる。下野新聞社により選ばれた栃木百名山の第95座であり、[1]足利百名山の第35座。三角点がある。 この記事では足利市ホームページに準じ、南嶺を大小山、北嶺を妙義山と呼称する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
551.高原山  ・栃木県日光市、塩谷郡塩谷町
高原山(たかはらやま、たかはらさん)は、栃木県日光市と同塩谷郡塩谷町、那須塩原市、矢板市にまたがる山である。特に主峰鶏頂山、釈迦ヶ岳、中岳、西平岳の山頂部は日光市と塩谷町に在り、東北部の裾野である八方ヶ原も含め、その山体は日光国立公園に在る。日本三百名山の一つに選定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
552.高峯  ・ 日本茨城県桜川市 / 栃木県芳賀郡茂木町
高峯(たかみね)は、茨城県桜川市・栃木県芳賀郡茂木町に位置する標高519.6メートルの山[1][2]。別称は竜神山。 雨巻山、仏頂山、鶏足山から八溝山へ続く山地の峰の1つ。山桜の名所であり、毎年春には林道を車両通行止めとし、桜を見る歩行者で溢れている。 展望地点が数多く設けられており、標高もあるため景色は良い。山頂付近のパラグライダー跡地は芝生広場となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
553.多気山  ・栃木県宇都宮市
多気山(たげさん、多氣山)は栃木県宇都宮市にある山。標高は376.9m。山腹に多気不動尊が鎮座し、山域全体に山城多気城の遺構が残る。栃木百名山、大谷七名山に選定されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
554.太郎山 (栃木県)  ・栃木県日光市
太郎山(たろうさん)は、栃木県日光市にある標高2,368mの火山[1][注釈 1]。日本三百名山のひとつ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
555.茶臼岳 (栃木県)  ・栃木県那須郡那須町
茶臼岳(ちゃうすだけ)は、栃木県那須郡那須町にある標高1,915mの山であり、数枚の溶岩流、火砕流、頂部の火砕丘、溶岩円頂丘から成る成層火山である。山体は日光国立公園に属す。日本百名山のひとつ、那須岳の主峰、または那須岳の別称である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
556.茶ノ木平
茶ノ木平(ちゃノきだいら)とは、栃木県日光市中宮祠の標高1,600mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
557.晃石山  ・栃木県栃木市志鳥町・同市大平町西山田
晃石山(てるいしさん)は、栃木県栃木市にある山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
558.戸祭山
戸祭山(とまつりやま)は、栃木県宇都宮市にある山。通称、「水道山」。標高186.3m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
559.戸室山 (宇都宮市)  ・ 日本栃木県宇都宮市
戸室山(とむろさん、とむろやま)は、栃木県宇都宮市大谷町にある標高228mの山。大谷七名山のうちの1つとされている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
560.外山 (奥日光)  ・栃木県日光市
外山(とやま、そとやま)は栃木県日光市の西部、男体山の西北西約8km地点にある標高2,204mの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
561.外山 (前日光)  ・栃木県日光市
外山(とやま、そとやま)は栃木県日光市萩垣面にある山。旧日光市市街地の北側に位置し、標高は880.1m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
562.那須岳  ・ 日本栃木県那須郡那須町栃木県那須塩原市福島県西白河郡西郷村
那須岳(なすだけ)は、広義には栃木県北部に位置する那須連山の総称[1](特に茶臼岳や朝日岳、三本槍岳三山の総称)[2]。狭義には那須連山の主峰の茶臼岳(標高1,915m)をいう[1]。那須火山帯の南端に位置する。深田久弥の日本百名山の一つ[1]。本項では那須五岳や那須連山について記す。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
563.奈良部山  ・ 日本栃木県佐野市
奈良部山(ならぶやま)は、栃木県佐野市にある山である。標高985.4m。 カタクリの名所である。山名の「ならぶ」の原義は「楢生」で「ナラの木の生えているところ」の意であるといわれている。その名の通り、現在でもナラの木などの広葉樹が生い茂り、四季折々の美しさを感じることができるスポットでもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
564.男体山  ・ 日本 栃木県日光市
男体山(なんたいさん)は、栃木県日光市にある標高2,486mの火山である。山体は日光国立公園に属す。日本百名山のひとつ。日光二荒山神社の境内地で冬季入山禁止(霊峰男体山の登拝期間は、毎年5月5日から10月25日までであったが、2019年より4月25日から11月11日までに延長された)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
565.日光白根山  ・ 日本栃木県日光市・群馬県利根郡片品村
日光白根山(にっこうしらねさん)は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村の境界にある標高2,578mの山。 日光火山群の北西端にある活火山で、西方への溶岩流の上に主峰・奥白根(おくしらね)などの溶岩ドームが形成されている[1]。深田久弥の日本百名山の一つで、火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている[2]。日本国内では北関東以北で最高峰の山かつ、中部地方に属さない山としても最高峰である[1][注釈 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
566.女峰山  ・ 日本 栃木県日光市
女峰山(にょほうさん)は日光市の北側、男体山の北東約7km地点にある標高2,483mの成層火山である。日光三山のひとつ。日本二百名山のひとつ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
567.芳賀富士  ・ 日本 栃木県芳賀郡益子町、茂木町
芳賀富士(はがふじ)は、大平山の別称で栃木県芳賀郡益子町の北東、茂木町との境に位置する標高272 mの山。 標高は低いものの、富士山を彷彿させる端正な姿である。山頂は桜が植えられた芝生の広場になっており、筑波山などの山々を望める。 下野新聞社が選定した栃木百名山のひとつである。また、関東ふれあいの道のコースにもなっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
568.羽黒山 (栃木県)  ・ 日本栃木県宇都宮市
羽黒山(はぐろさん)は栃木県宇都宮市今里町にある山である。山頂付近の水準点は標高458.2m。国土地理院作成の25,000分の1地形図およびその等高線によると、羽黒山の最高地点は頂上部南東部のピークである標高470m以上480m未満の地点である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
569.八幡山 (宇都宮市)  ・ 日本 栃木県宇都宮市
八幡山(はちまんやま)は、栃木県宇都宮市にある山である。標高158.7m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
570.半月山  ・栃木県日光市中宮祠・足尾町
半月山(はんげつやま[2][4][6]、はんげつさん[1][3][5])は、栃木県日光市にある山。山頂付近にある展望台は男体山と中禅寺湖を望み、奥日光を代表する景観が開ける[9]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
571.半蔵山  ・栃木県宇都宮市
半蔵山(はんぞうやま、はんぞうさん)は栃木県宇都宮市にある山。標高は502.1m。半蔵山山頂部とその南麓部は宇都宮県立自然公園に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
572.雲雀鳥屋  ・ 日本栃木県宇都宮市
雲雀鳥屋(ひばりがとや)は栃木県宇都宮市にある山。標高は362m。山麓に複数の神社があり、登山口には権現神社の石製鳥居と祠がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
573.宝生山  ・ 日本 栃木県佐野市作原町 群馬県みどり市東町沢入
宝生山(ほうしょうさん)は栃木県佐野市と群馬県みどり市に跨る山。標高1154.3メートル[1]。 氷室山と十二山とを繋ぐ尾根に位置しており[2]、山頂の南側を佐野市からみどり市へと結ぶ広域基幹林道の作原沢入線が通っている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
574.三毳山  ・ 日本栃木県佐野市・栃木市[1]
三毳山(みかもやま)は、栃木県にある山。関東平野の北西端に位置し、南北約3.5 kmにわたって連なる細長い山である。最高峰は青竜ヶ岳と呼ばれ、標高は229 mである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
575.三峰山 (栃木市・鹿沼市)  ・ 日本栃木県栃木市・鹿沼市
三峰山(みつみねさん)は栃木県栃木市北西のはずれ、鹿沼市と、一部佐野市(旧葛生町)の飛び地、羽鶴(はねつる)にまたがる山。標高604.9m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
576.明神山 (宇都宮市)  ・ 日本栃木県宇都宮市馬場通り一丁目
明神山(みょうじんやま)は、栃木県宇都宮市市街地中心部にある山(丘)の俗称である。ほかに臼が峰など。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
577.本山 (宇都宮市)  ・ 日本栃木県宇都宮市
本山(もとやま、ほんざん)は栃木県宇都宮市篠井町にある山。篠井富屋連峰の一峰。栃木百名山に選定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
578.谷倉山  ・ 日本栃木県栃木市・鹿沼市
谷倉山(やぐらさん)は栃木市の北西、鹿沼市との境界に位置する標高599mの山。栃木百名山の一つ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
579.八溝山  ・ 日本福島県東白川郡棚倉町・茨城県久慈郡大子町
八溝山(やみぞさん)は、茨城県と福島県の県境にある標高1,021.8mの山である。茨城県最高峰の山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
580.温泉ヶ岳  ・ 日本栃木県日光市
温泉ヶ岳(ゆせんがたけ)は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村にまたがる標高2,332.9mの火山。日光白根山の北側、根名草山の南側、於呂倶羅山の西側に位置する。 温泉ヶ岳は、金精山の北側、根名草山の南側に在る山である。頂上は狭いが円く平らで、山頂付近まで針葉樹林に覆われている。山頂の見通しは悪くはなく、特に東-北-西側は開けており、燧ヶ岳や根名草山などが臨まれる。 古くは勝道上人が日光山を開山、今の奥日光に分け入って湯元温泉を発見し、その背後に聳える山に温泉ヶ岳と名付け、瑠璃光如来を祀ったとの伝承もある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
581.両崖山  ・栃木県足利市
両崖山(りょうがいさん)は、栃木県足利市にある標高251mの山。足利城跡でもある。市街(旧足利町)を象徴する山であり、旧足利市歌にも登場する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

栃木県の

582.岩井橋 (渡良瀬川)
岩井橋(いわいばし)は栃木県足利市寿町と同市岩井町の中洲を結ぶ渡良瀬川の橋。足利市道岩井橋通り線を通す。橋長253.9m、幅員5.5m[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
583.氏家大橋  ・栃木県さくら市・宇都宮市
氏家大橋(うじいえおおはし)は鬼怒川に架かるさくら市と宇都宮市を結ぶ国道293号の橋である。同路線にかかる新氏家大橋についても本稿で記述する。 この橋がこの地に架かる前は仮橋や渡し船で両岸を結んでいた。増水時には当然渡河は不可能だった。現在の橋のうち宇都宮方面車線となっている橋は昭和39年に竣工した。当時の路線名は県道氏家鹿沼線であった。後述の新氏家大橋開通後は宇都宮方面車線となる。 氏家大橋(宇都宮方面) 交通量の増加に伴い新橋を建設することになり、それまでの橋より高幅員で設計され、昭和59年に竣工した。こちらの橋はさくら方面車線と歩行者・自転車用走行帯になっている。 新氏家大橋(さくら方面)
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
584.川崎橋 (渡良瀬川)
川崎橋(かわさきばし)は、栃木県足利市の渡良瀬川に架かる橋である。橋長389m、幅員9.25m[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
585.鬼怒楯岩大吊橋  ・栃木県日光市鬼怒川温泉大原1436
鬼怒楯岩大吊橋(きぬたていわおおつりばし)は、栃木県日光市に架かる吊橋。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
586.鬼怒橋  ・栃木県宇都宮市石井町[1]
鬼怒橋(きぬばし)は、栃木県宇都宮市石井町にある、鬼怒川を渡る道路橋。宇都宮市が管理する橋梁であり、以前は国道123号の一部であった[2]。秋田杉を使用した木橋として1915年(大正4年)に初めて架橋され、1931年(昭和6年)に鋼橋として架け替えられた[2]。架橋から90年を経た2021年(令和3年)現在も現役の橋梁として利用されており、土木学会選奨土木遺産に認定されている[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
587.幸来橋
幸来橋(こうらいばし)は栃木県栃木市倭町にある巴波川に架かる栃木県道75号栃木佐野線の橋である。橋長12.7m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
588.新開橋
新開橋(しんかいばし)は、栃木県栃木市藤岡町藤岡の渡良瀬川に架かる、栃木県道・群馬県道・埼玉県道・茨城県道9号佐野古河線の橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
589.神橋  ・栃木県日光市上鉢石町1112[1]
神橋(しんきょう)は、栃木県日光市上鉢石町にある、大谷川(だいやがわ)に架かる朱塗りの橋[1]。世界遺産「日光の社寺」を構成する文化財の1つ[2][14][15]。日本の重要文化財に指定されている[注 2]。 日光の社寺の入り口にあり、日光のシンボルとも[10]、日光の表玄関とも称され[17]、栃木県で最も美しい橋と讃える人もいる[7]。神橋を境として、東側の商店街を東町(出町)、西側の日光山内を西町(入町)という[6][18]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
590.大谷川橋梁 (東武鬼怒川線)
大谷川橋梁(だいやがわきょうりょう)は、栃木県日光市の大谷川に架かる東武鉄道鬼怒川線の鉄道橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
591.高橋大橋
高橋大橋(たかはしおおはし)は栃木県佐野市高橋町から同県足利市野田町を結ぶ渡良瀬川の橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
592.田中橋 (渡良瀬川)
田中橋(たなかばし)は、栃木県足利市の渡良瀬川に架かる橋である。 国道293号と群馬県道・栃木県道402号桐生足利藤岡自転車道線の一部となっている。橋長290 m、幅員12 m[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
593.中橋 (渡良瀬川)
中橋(なかばし)は、栃木県足利市の渡良瀬川に架かる栃木県道38号足利千代田線・栃木県道116号足利市停車場線の橋。橋長296.08m、幅員11.00m[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
594.中橋 (秋山川)
中橋(なかばし)は栃木県佐野市天明町と同市大橋町の間の秋山川に架かる佐野市道53号[1]の橋。正式名称は佐野7号橋[2]。佐野市管理の市道橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
595.福猿橋
福猿橋(ふくさるばし)は、栃木県足利市猿田町から同市福富町を結ぶ、渡良瀬川に架かる橋である。橋長291.5m 幅員7.0m[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
596.福寿大橋
福寿大橋(ふくじゅおおはし)は栃木県足利市寿町と同市福富町を結ぶ、渡良瀬川に架かる足利市道助戸・新山福富線の道路橋である。橋長429.0 m、幅員12.0 m[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
597.藤岡大橋
藤岡大橋(ふじおかおおはし)は、栃木県栃木市藤岡町藤岡の渡良瀬川に架かる、栃木県道11号栃木藤岡線の橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
598.古河橋  ・栃木県日光市足尾町赤倉
古河橋(ふるかわばし)は、栃木県日光市足尾町赤倉にある道路橋。一級水系利根川水系渡良瀬川の上流である松木川に架かっている。国の重要文化財に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
599.松木川橋梁
松木川橋梁(まつきがわきょうりょう)は、栃木県日光市の渡良瀬川(旧・松木川)に架かるわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線の鉄道橋である。 下流側から第一松木川橋梁・第二松木川橋梁(廃橋)の2つの鉄道橋があるが、本項では一括して詳述する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
600.緑橋 (渡良瀬川)
緑橋(みどりばし)は、栃木県足利市の渡良瀬川に架かる橋である。橋長263m、幅員11.5m[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
601.宮の橋  ・栃木県宇都宮市[1][2]
宮の橋(みやのはし)は、栃木県宇都宮市の田川にかかる橋[2]。JR宇都宮駅の西にあり、宇都宮のシンボルとして親しまれてきた橋である[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
602.湯西川橋梁
湯西川橋梁(ゆにしがわきょうりょう)は、栃木県日光市の湯西川(五十里湖)に架かる野岩鉄道会津鬼怒川線の鉄道橋である。五十里橋(いかりばし)とも呼ばれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
603.渡良瀬川大橋
渡良瀬川大橋(わたらせがわおおはし)は、栃木県佐野市高橋町から同県足利市野田町を結ぶ、渡良瀬川に架かる国道50号の橋である。橋長347.05m、幅員21.5m[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
604.渡良瀬川橋梁 (わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線)
渡良瀬川橋梁(わたらせがわきょうりょう)は、群馬県みどり市 - 栃木県日光市間の渡良瀬川に架かるわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線の鉄道橋である。 下流側から第一渡良瀬川橋梁(旧線・廃橋)・第一渡良瀬川橋梁(新線)・第二渡良瀬川橋梁の3つの鉄道橋があるが、本項では一括して詳述する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
605.渡良瀬橋
渡良瀬橋(わたらせばし)は、栃木県足利市のほぼ中央を流れる渡良瀬川に架かる下路平行弦6連ワーレントラス橋。橋長243.27m、幅員5.5m。 森高千里がこの橋をモデルに同名の楽曲を発表したことによって存在が全国的に知られるようになり、観光名所となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
606.渡良瀬橋 (日光市)
渡良瀬橋(わたらせばし)は、栃木県日光市の足尾地区渡良瀬(橋の竣工時は、栃木県上都賀郡足尾町渡良瀬)にある、渡良瀬川に架かる橋。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
607.佐野橋  ・群馬県高崎市佐野窪町[1]
佐野橋(さのばし)は、烏川に架かる人道橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

栃木県の

608.鬼怒川
鬼怒川(きぬがわ)は、関東平野東部を北から南へと流れ利根川に合流する一級河川である。全長176.7kmで、利根川の支流の中で最も長い[2][3]。 江戸時代以前、鬼怒川は常陸川などと共に香取海(太平洋に銚子でつながる内海)へ注ぐ鬼怒川水系の本流であったが、利根川が東遷されそれまでの常陸川の河道および太平洋までを流れることになったに伴い、鬼怒川も利根川に注ぐ支流河川とされた。 名称は、当初は毛野国(栃木県・群馬県域の古地名)を流れる川として「毛野川(毛野河)」と記されたが、中世から近世には「衣川(衣河)」や「絹川(絹河)」の字があてられ、明治初期から「鬼怒川」の文字があてられるようになった[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
609.赤川 (栃木県)
赤川(あかがわ)は、栃木県宇都宮市および鹿沼市を流れる一級河川利根川水系思川支流姿川の第3次支流の河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
610.赤津川
赤津川(あかづがわ)は、栃木県を西から南へと流れる利根川水系永野川支流の川。名称の由来は、布袋が岡城の戦い[1]の時に傷ついた兵士の血が溢れて赤血川と呼ばれるようになり、それが転じたものといわれる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
611.秋山川 (栃木県)
秋山川(あきやまがわ)は、栃木県佐野市を流れる利根川水系渡良瀬川支流の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
612.荒川 (栃木県)
荒川(あらかわ)は、栃木県北東部を流れる那珂川水系の一級河川である。上流部は日光国立公園、那珂川合流部は那珂川県立自然公園の指定地域内にあり、流域には豊かな自然が残されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
613.出流川
出流川(いずるがわ)は、栃木県佐野市(一部は足利市)を流れる利根川水系渡良瀬川支流の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
614.巴波川
巴波川(うずまがわ)は、栃木県南部を流れる利根川水系渡良瀬川支流の一級河川。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
615.内川 (栃木県)
内川(うちかわ)は、栃木県矢板市の八方ヶ原を源流とし、同市およびさくら市を流れて同市喜連川および葛城の境界部で荒川に合流する那珂川水系の河川である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
616.江川 (栃木県)
江川(えがわ)は、栃木県を流れる那珂川水系の河川である。 高原山南麓に位置する栃木県矢板市の箒川近くの里山に源を発し、塩那丘陵の尾根の谷間に沿って南東方向に流れる。さくら市を流れ下り、那須烏山市向田にて同じく高原山を水源とする荒川に合流する。 JR烏山線滝駅の南側にある巾65m、落差20mの龍門の滝が有名である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
617.思川 (栃木県)
思川(おもいがわ)は、栃木県鹿沼市の足尾山地地蔵岳(標高1,274m)の東麓を源流とし、栃木県中西部を西から南へと流れ同県南端部にある渡良瀬遊水地に流入する利根川水系渡良瀬川支流の一級河川である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
618.釜川
釜川(かまがわ)は、栃木県宇都宮市を流れる利根川水系田川支流の一級河川である。川名の由来は、「流域の地形が侵食によってカマのような形をしている」ことに由来するといわれているが、江戸期地図に「賀茂川」とあることから、京に縁が深い下野宇都宮氏等が京の鴨川に擬して命名したものともいわれる。長さ7.3 km、流域面積6.4 km²。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
619.熊川 (栃木県)
熊川(くまがわ)は、栃木県北東部の那須野が原扇状地を流れる一級河川である。那珂川水系箒川支流の蛇尾川に注ぐ[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
620.黒川 (利根川水系)
黒川(くろかわ)は、栃木県南西部を流れる利根川水系思川の支流である[1]。日光市南部の鳴虫山(1,104m)南西麓、三ノ宿山(1,299m)東麓および滝ヶ原峠(831m)南麓を源流とし、壬生町・栃木市境で思川に合流する[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
621.黒川 (那珂川水系)
黒川(くろかわ)は、福島県および栃木県を流れる那珂川水系余笹川支流の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
622.小貝川
小貝川(こかいがわ)は、関東平野を北から南へと流れる一級河川。利根川水系利根川の支流である。全長111.8kmで、利根川の支流中で第2位の長さを誇る。また川の美化活動も活発で、国土交通省関東地方整備局下館河川事務所主催により毎年7月第2土曜日に「小貝川クリーン大作戦」が開催され流域市町村では一斉に清掃活動が行われる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
623.五行川
五行川(ごぎょうがわ)または勤行川(ごんぎょうがわ)は、関東平野北部を北から南へと流れる一級河川。利根川水系小貝川の支流である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
624.蛇尾川
蛇尾川(さびがわ、じゃびがわ[1])は、栃木県の那須野が原扇状地を流れる那珂川水系箒川支流の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
625.新川 (栃木県)
新川(しんかわ)は、栃木県宇都宮市および下野市を流れる利根川水系姿川支流の一級河川(一部は準用河川)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
626.姿川
姿川(すがたがわ)は、栃木県の南部を流れる利根川水系思川支流の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
627.大谷川 (日光市)
大谷川(だいやがわ)は、栃木県日光市を流れる利根川水系鬼怒川支流の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
628.田川 (利根川水系)
田川(たがわ)は、栃木県日光市を源流とし、宇都宮市、下野市を流れ、同県小山市で田川放水路を経て鬼怒川に合流する一級河川である。旧水路は栃木県小山市から茨城県結城市に至り鬼怒川に合流するが、田川放水路の整備により河川としての実質上の合流点は小山市となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
629.那珂川
那珂川(なかがわ)は、栃木県と茨城県を流れる河川。 一級水系那珂川の本流である。栃木県那須郡那須町の那須岳山麓を源とし、栃木県の東部を南に流れた後、芳賀郡茂木町で東に向きを変え、茨城県を南東に流れてひたちなか市と東茨城郡大洗町の境界部で太平洋に注ぐ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
630.永野川
永野川(ながのがわ、ながのかわ)は、栃木県南部を流れる利根川水系巴波川支流の一級河川。巴波川の支流としては最長である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
631.那須疏水
那須疏水(なすそすい)は、栃木県北部の那須野が原に飲料・農業用水を供給する用水路である。 安積疏水(福島県郡山市とその周辺地域)、琵琶湖疏水(滋賀県琵琶湖-京都市)と並ぶ日本三大疏水の一つと数えられる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
632.旗川
旗川(はたがわ)は、栃木県佐野市(一部は足利市)を流れる利根川水系渡良瀬川支流の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
633.蟇沼用水
蟇沼用水(ひきぬまようすい)は、栃木県北部の那須野が原扇状地を流れる用水路の一つ。 那珂川水系箒川支流蛇尾川から取水し、那須塩原市を通過して大田原市に至る[1]。その起源は江戸時代初期に遡り、那須野が原一帯においては記録に残る中で最も古い用水路とされる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
634.箒川
箒川(ほうきがわ)は、栃木県の那須野が原南縁を流れる那珂川水系の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
635.湯川 (日光市)
湯川(ゆかわ、ゆがわ[注 1])は、栃木県日光市の奥日光地域を流れる、利根川水系地獄川支流の一級河川[3]。中禅寺湖の主要な水源となっている河川の一つである[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
636.湯西川
湯西川(ゆにしがわ)は、栃木県北西部を流れる利根川水系男鹿川支流の一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
637.余笹川
余笹川(よささがわ)は、栃木県の主に那須郡那須町を流れる那珂川水系那珂川支流の一級河川である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
638.吉田用水
吉田用水(よしだようすい)は、栃木県と茨城県を流れる用水路。 江戸時代に飯沼の干拓と関連して井沢弥惣兵衛が開削した用水路である。1724年(享保9年)12月に着工し、僅か7か月余りで完成した[1]。 栃木県下野市本吉田(旧吉田村)より取水し、茨城県結城市、古河市(旧三和町)、八千代町、下妻市(旧千代川村)、常総市、坂東市(旧岩井市)に至る全長約56kmの用水路である[2]。 鬼怒川の河床低下により取水困難となったため1965年(昭和40年)より用水路の改良を行った[3]。吉田東伍は飯沼吉田堀と記している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責