オーサムサーチジャパン

石川県の観光スポット

クリックするとその項目に飛びます。
1.石川県
石川県(いしかわけん)は、日本の中部地方に位置する県。県庁所在地は金沢市。 本州の中央部、日本海側の北陸地方に位置する。県域は令制国の加賀国と能登国に当たる。
人口:1,115,944人[編集](推計人口、2023年1月1日)面積:4,186.09km2
公式サイト  Wikipedia

石川県の

1.山の寺寺院群
山の寺寺院群(やまのでらじいんぐん)は、石川県七尾市にある寺院の総称。
Wikipedia    内容詳細  
2.阿岸本誓寺  ・石川県輪島市門前町南カ26
阿岸本誓寺(あぎしほんしょうじ)は石川県輪島市門前町にある浄土真宗大谷派の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
3.栢野寺
栢野寺(かやのでら)は栢野大杉のある神社の初期の呼称。中期平安時代頃から栢野社と称した。
Wikipedia    内容詳細  
4.倶利迦羅不動寺  ・(山頂本堂)石川県河北郡津幡町倶利伽羅リ-2(鳳凰殿)石川県河北郡津幡町竹橋ク128
倶利迦羅不動寺(くりからふどうじ)は、石川県河北郡津幡町倶利伽羅にある高野山真言宗の別格本山である。[注 1]本尊は倶利迦羅不動明王。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
5.興宗寺 (小松市)  ・石川県小松市月津町ラ36
興宗寺(こうしゅうじ)は、石川県小松市月津町にある真宗大谷派の寺院である。山号は「牛鼻山」(ぎゅうびざん)。福井県福井市にも浄土真宗本願寺派の興宗寺があり山号も同じである。大谷派の寺院を「月津興宗寺」、本願寺派の寺院を「福井興宗寺」と別称する場合がある[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
6.光専寺 (かほく市)  ・石川県かほく市高松フ56
光専寺(こうせんじ)は、石川県かほく市にある真宗大谷派の寺院。本尊は阿弥陀如来。
Wikipedia    内容詳細  
7.正覚院 (羽咋市)  ・石川県羽咋市寺家町ト92
正覚院(しょうがくいん)は、石川県羽咋市にある高野山真言宗の寺院。山号は亀鶴蓬莱山。本尊は大日如来。
Wikipedia    内容詳細  
8.浄願寺 (七尾市)  ・石川県七尾市伊久留町イ部二十九番地
敷地山浄願寺(じょうがんじ)は、石川県七尾市中南部の伊久留町[1]にある浄土真宗(真宗大谷派)の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
9.成隆寺
成隆寺(じょうりゅうじ)は、石川県輪島市別所谷町にある日蓮宗の寺院。山号は妙法山。旧本山は滝谷妙成寺、通師法縁。長谷川宗清作の絹本著色日蓮聖人像(輪島市指定文化財)を所蔵する[1]。付近の里山里海は世界農業遺産に認定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
10.成蓮寺 (七尾市)
成蓮寺(じょうれんじ)は、石川県七尾市小島町の山の寺寺院群にある日蓮宗の寺院。山号は華開山。旧本山は滝谷妙成寺、通師法縁。長谷川等誉筆の釈迦涅槃図(石川県七尾美術館保管)等を所蔵する。
Wikipedia    内容詳細  
11.總持寺祖院  ・石川県輪島市門前町門前1-18-1
總持寺祖院(そうじじそいん)は、石川県輪島市門前町門前にある曹洞宗の寺院である。山号は諸嶽山。通称は能山(のうざん)あるいは岳山(がくざん)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
12.鶴来別院  ・石川県白山市鶴来清沢町ヨ12
鶴来別院(つるぎべついん)は、石川県白山市(旧・石川郡鶴来町)鶴来清沢町ヨ12にある真宗大谷派の寺院(別院)。本尊は阿弥陀如来。
Wikipedia    内容詳細  
13.得蔵寺 (輪島市)  ・石川県輪島市門前町安代原5-109
得蔵寺(とくぞうじ)は、石川県輪島市にある浄土真宗系単立寺院[1]。山号は滋徳山(じとくさん)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
14.那谷寺  ・石川県小松市那谷町ユ122
那谷寺(なたでら)は、石川県小松市にある仏教寺院。高野山真言宗別格本山。
Wikipedia    内容詳細  
15.法住寺 (珠洲市)  ・石川県珠洲市宝立町春日野83-15
法住寺(ほうじゅうじ)は、石川県珠洲市にある高野山真言宗の寺院。山号は吼木山(ほえきざん)。本尊は不動明王。
Wikipedia    内容詳細  
16.本覚寺 (小松市)  ・石川県小松市
本覚寺(ほんがくじ)は、石川県小松市にある真宗大谷派の寺院。山号は足羽山。本尊は阿弥陀如来。元は越前国の和田地区にあり和田本覚寺とも呼ばれた。
Wikipedia    内容詳細  
17.本土寺 (石川県中能登町)
本土寺(ほんどじ)は、石川県鹿島郡中能登町西馬場ユにある日蓮宗の寺院。山号は常在山。旧本山は滝谷妙成寺、通師・雑司ヶ谷法縁。日蓮宗宗門史跡。重要文化財の観音経絵を所蔵する。
Wikipedia    内容詳細  
18.本延寺 (七尾市)
本延寺(ほんねんじ)は、石川県七尾市小島町の山の寺寺院群にある日蓮宗の寺院。山号は遠寿山。旧本山は京都本法寺、親師法縁。七尾市指定文化財の日蓮聖人座像(長谷川信春彩色)、絹本著色釈迦涅槃図(長谷川等誉筆)を所蔵する。長谷川等伯の生家である奥村家の菩提寺としても知られる。
Wikipedia    内容詳細  
19.妙成寺  ・石川県羽咋市滝谷町ヨ1
妙成寺(みょうじょうじ)は、石川県羽咋市にある日蓮宗の寺院。山号は金栄山(きんえいざん)。日蓮の孫弟子に当たる日像が開祖。日蓮宗の北陸本山で、能登随一の大伽藍をもつ。本堂、五重塔、祖師堂、経堂など10が国の重要文化財に指定されている。塔頭が五寺ある(玉寿寺、善住寺、大鏡寺、円融寺、本覚寺)。
Wikipedia    内容詳細  
20.妙法輪寺
妙法輪寺(みょうほうりんじ)は、石川県羽咋郡宝達志水町麦生にある日蓮宗の寺院。山号は宝栄山。旧本山は羽咋市の妙成寺、通師法縁。境内の南天は石川県指定天然記念物に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
21.永光寺  ・石川県羽咋市酒井町イ11
永光寺(ようこうじ)は、石川県羽咋市酒井町[1]にある曹洞宗の寺院。山号は洞谷山(とうこくざん)。本尊は釈迦如来。能登観音霊場第5番札所。
Wikipedia    内容詳細  
22.能登国分寺  ・ 日本七尾市国分町リ部9
能登国分寺(のとこくぶんじ)は、かつて能登国(石川県七尾市)に存在した仏教寺院。
Wikipedia    内容詳細  
23.卯辰山山麓寺院群
卯辰山山麓寺院群(うだつやまさんろくじいんぐん)は、石川県金沢市東山にある寺院群。平成23年(2011年)重要伝統的建造物群保存地区として選定された。金沢城の南東にある小立野寺院群、南西にある寺町寺院群とならぶ金沢三寺院群の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
24.金沢三十三観音霊場
金沢三十三観音霊場(かなざわさんじゅうさんかんのんれいじょう)とは、石川県金沢市と富山県南砺市に点在する33か所(3か所の番外を含めると36か所)の観音霊場の総称。金沢三十三箇所(かなざわさんじゅうさんかしょ)とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
25.小立野寺院群
小立野寺院群(こだつのじいんぐん)は、石川県金沢市小立野、石引周辺にある寺院の総称。金沢城から見て南東の方角にあり、浅野川と犀川に挟まれた小立野台地に位置する。金沢城築城の際に戸室山から切り出した石材(戸室石)を運ぶために使われた「いし曳きの道」に沿って寺社が点在している[1]。
Wikipedia    内容詳細  
26.寺町寺院群
寺町寺院群(てらまちじいんぐん)は、石川県金沢市寺町・野町にある寺院の総称である。藩政期に一向一揆に対する防衛策として、犀川流域にあたるこの地に寺院が集められた。同様にして、金沢城の東側の卯辰山には卯辰山山麓寺院群、南東の小立野台地には小立野寺院群が形成された。忍者寺として知られる妙立寺を始め、70近くの寺院が立ち並び、市内の三つの寺院群の中で最大規模である。
Wikipedia    内容詳細  
27.永安寺 (金沢市)  ・石川県金沢市舘山町キ1-7
永安寺(えいあんじ)は、石川県金沢市に所在する真言宗醍醐派の寺院(別格本山)。位置は北緯36度31分23秒、東経136度41分23秒。
Wikipedia    内容詳細  
28.円光寺 (金沢市)
円光寺(えんこうじ)は、石川県金沢市東山にある日蓮宗の寺院。山号は妙法山。旧本山は滝谷金栄山妙成寺、奠師法縁(奠統会)。前田利長の守本尊であった開運武運長久の観世音菩薩を祀る。
Wikipedia    内容詳細  
29.円乗寺 (金沢市)
円乗寺(えんじょうじ)は、石川県金沢市河原市町にある日蓮宗の寺院。山号は船岡山。旧本山は京都妙顕寺(四条門流)、奠師法縁(奠統会)。三谷八ヶ寺巡礼2番札所。
Wikipedia    内容詳細  
30.祇陀寺 (金沢市)  ・石川県金沢市十一屋町11-2
祇陀寺[1](ぎだじ)は石川県金沢市にある曹洞宗の寺院。大乗寺の末寺。鳳凰山。
Wikipedia    内容詳細  
31.経王寺 (金沢市)  ・石川県金沢市小立野5-9-2
経王寺(きょうおうじ)は、石川県金沢市にある日蓮宗の寺院。山号は壽福山(じゅふくざん)。本尊は十界曼荼羅。旧本山は滝谷妙成寺。通師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
32.慶覚寺 (金沢市)  ・石川県金沢市幸町10-6
慶覚寺(きょうかくじ)は、石川県金沢市幸町にある真宗大谷派の寺院。山号を洲崎山と称する。本尊は蓮如から直に下賜された高さ4寸8分の阿弥陀如来像。開山開基は洲崎兵庫次男の洲崎慶覚為信[1]。
Wikipedia    内容詳細  
33.高岸寺  ・石川県金沢市寺町5丁目2番25号
高岸寺(こうがんじ)は、石川県金沢市寺町5丁目にある日蓮宗の寺院。本堂と鐘楼が揃う寺の景観は寺町寺院群の中核をなし重要位置を占める。山号は妙栄山。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)、勇師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
34.広昌寺 (金沢市)  ・石川県金沢市鶯町48
広昌寺(こうしょうじ)は、石川県金沢市鶯町の卯辰山にある曹洞宗の寺院。福島元興(絵師)、岡田愛子(明治時代の女性新聞記者)の墓所がある。
Wikipedia    内容詳細  
35.興徳寺 (金沢市)  ・石川県金沢市寺町5丁目12番16号
興徳寺(こうとくじ)は、石川県金沢市寺町5丁目にある日蓮宗の寺院。山号は金昌山。旧本山は羽咋市の妙成寺。赤門さんとして知られる。
Wikipedia    内容詳細  
36.西方寺 (金沢市寺町)  ・石川県金沢市寺町5丁目6番48号
西方寺(さいほうじ)は石川県金沢市寺町5丁目にある天台真盛宗の寺院。山号は恵光山(えこうざん)。
Wikipedia    内容詳細  
37.三宝寺 (金沢市)  ・石川県金沢市東山2-25-5
三宝寺(さんぽうじ)は、石川県金沢市東山にある日蓮宗の寺院。山号は弘法山。旧本山は羽咋市の妙成寺、通師法縁。痔の神様として知られる木造秋山尊自雲霊神坐像を祀る。
Wikipedia    内容詳細  
38.常福寺 (金沢市)  ・石川県金沢市東山2-14-1
常福寺(じょうふくじ)は、石川県金沢市東山の卯辰山山麓寺院群にある日蓮宗の寺院。山号は久栄山。旧本山は滝谷妙成寺、通師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
39.真成寺 (金沢市)
真成寺(しんじょうじ)は、石川県金沢市東山の卯辰山山麓寺院群にある日蓮宗の寺院。山号は妙運山。旧本山は滝谷妙成寺、潮師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
40.全性寺 (金沢市)
全性寺(ぜんしょうじ)は、石川県金沢市東山にある日蓮宗の寺院。山号は妙具山。旧本山は大本山妙顕寺(四条門流)、勇師法縁。山門は金沢市指定文化財。
Wikipedia    内容詳細  
41.善福寺 (金沢市)  ・石川県金沢市橋場町8番6号
善福寺 (ぜんぷくじ)は、石川県金沢市橋場町にある真宗大谷派の寺院。山号は大慈山 (だいじざん)である。
Wikipedia    内容詳細  
42.善妙寺 (金沢市)  ・石川県金沢市末広町4-2
善妙寺(ぜんみょうじ)は、石川県金沢市末広町にある日蓮宗の寺院。山号は立向山。旧本山は身延山久遠寺、潮師法縁。境内には大正7年(1918年)に水野朗によって製作された立正大師日蓮の銅像がある。泉鏡花ゆかりの摩耶夫人尊天像を安置する。
Wikipedia    内容詳細  
43.大乗寺  ・石川県金沢市長坂町ル10番地
大乗寺(だいじょうじ、大乘寺)は、石川県金沢市長坂町にある曹洞宗の寺院。山号は東香山、椙樹林、古くは金獅峯。僧堂がある。江戸時代にここで清規(僧侶の修行規則)が再構築され、規矩大乗と称された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
44.大蓮寺 (金沢市)  ・石川県金沢市野町二丁目1番14号
大蓮寺(だいれんじ)は、石川県金沢市野町にある、浄土宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
45.長久寺 (金沢市)
長久寺(ちょうきゅうじ)は、石川県金沢市東山の卯辰山山麓寺院群にある日蓮宗の寺院。山号は妙光山。旧本山は京都立本寺、奠師法縁(奠統会)。境内には杉村寛正(杉村虎一、杉村文一の兄で忠告社(政治結社)を設立)の墓所がある。
Wikipedia    内容詳細  
46.天徳院 (金沢市)  ・石川県金沢市小立野4-4-4
天徳院(てんとくいん)は、石川県金沢市小立野にある曹洞宗の寺院。山号は金龍山(きんりゅうざん)。院号は、加賀藩主前田利常の正室珠姫の法号である天徳院殿 乾運淳貞 大禅定尼にちなんでいる。
Wikipedia    内容詳細  
47.桃雲寺  ・石川県金沢市野田町チ386
桃雲寺(とううんじ)は、石川県金沢市野田町にある曹洞宗の寺院。山号は高徳山。九万坊大権現・高徳山桃雲寺。開山、象山徐芸。前田利家(高徳院殿桃雲浄見大居士)の菩提寺。加賀藩前田家墓所(野田山)の墓守寺。野田山墓地全体の管理寺(江戸時代)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
48.伏見寺  ・石川県金沢市寺町5丁目5番28号
伏見寺(ふしみじ)は、石川県金沢市寺町5丁目にある高野山真言宗の寺院である。山号は行基山。
Wikipedia    内容詳細  
49.宝円寺  ・石川県金沢市宝町6-14
宝円寺(ほうえんじ)は、石川県金沢市にある曹洞宗の寺院である。山号は護国山。周辺の寺院とともに小立野寺院群を構成する。
Wikipedia    内容詳細  
50.法光寺 (金沢市)  ・石川県金沢市寺町5丁目3番10号
法光寺(ほうこうじ)は、石川県金沢市寺町5丁目にある日蓮宗の寺院。山号は本照山。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)、通師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
51.宝乗寺
宝乗寺(ほうじょうじ)は、石川県金沢市車町にある日蓮宗の寺院。山号は妙珍山。旧本山は大本山妙顕寺(四条門流)、奠師法縁(奠統会)。梵鐘は金沢市指定文化財。
Wikipedia    内容詳細  
52.法句寺  ・石川県金沢市小将町7-10
法句寺(ほっくじ)は石川県金沢市小将町7番10号にある真宗大谷派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
53.本願寺金沢別院  ・石川県金沢市笠市町2-47
本願寺金沢別院(ほんがんじかなざわべついん)は金沢市笠市町にある浄土真宗本願寺派(西本願寺)の別院である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
54.本行寺 (金沢市)  ・石川県金沢市本多町2-9-34
本行寺(ほんぎょうじ)は、石川県金沢市本多町にある日蓮宗の寺院。本多安房守、横山山城守の庇護を受けた。小立野寺院群にあり金沢市の保存樹林に指定されている。山号は久遠山。旧本山は京都寂光寺、什師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
55.本光寺 (金沢市)
本光寺(ほんこうじ)は、金沢市東山の卯辰山山麓寺院群にある法華宗の寺院。山門は金沢市指定文化財。狂歌師の堀越左源次や北海道開拓で知られる林顕三等の墓所がある。山号は鳳栄山。京都本能寺の末寺。
Wikipedia    内容詳細  
56.本興寺 (金沢市)
本興寺(ほんこうじ)は、石川県金沢市薬師町ロにある日蓮宗の寺院。山号は一乗山。旧本山は京都立本寺、潮師法縁。北陸における日蓮宗の古刹の一つ。金沢市指定文化財の木造日蓮聖人坐像附胎内舎利塔を安置する。
Wikipedia    内容詳細  
57.本昌寺 (金沢市)  ・石川県金沢市金石北2-1-38
本昌寺(ほんしょうじ)は、石川県金沢市金石北にある日蓮宗の寺院。山号は徳深山。旧本山は大本山妙顕寺(四条門流)、奠師法縁(奠統会)。周辺は金石の寺院群。
Wikipedia    内容詳細  
58.本是寺  ・石川県金沢市弥生1丁目14番6号
本是寺(ほんぜじ)は、石川県金沢市弥生1丁目にある日蓮宗の寺院。山号は済生山。旧本山は京都立本寺、奠師法縁(奠統会)。周辺の寺院とともに寺町寺院群を形成する。
Wikipedia    内容詳細  
59.本蓮寺 (金沢市)  ・石川県金沢市深谷町ニ50
本蓮寺(ほんれんじ)は、石川県金沢市深谷町にある日蓮宗の寺院。山号は金沢山。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)、潮師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
60.妙慶寺 (金沢市)  ・石川県金沢市野町1-1-12
妙慶寺(みょうけいじ)は、石川県金沢市にある浄土宗の寺院。山号は安養山。
Wikipedia    内容詳細  
61.妙應寺 (金沢市)  ・石川県金沢市東山2-14-59
妙應寺(みょうおうじ)は、石川県金沢市東山にある日蓮宗の寺院。山号は金澤山。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)、奠師法縁(奠統会)。
Wikipedia    内容詳細  
62.妙喜寺 (金沢市)  ・石川県金沢市扇町6-26
妙喜寺(みょうきじ)は、石川県金沢市に所在する日蓮正宗の寺院。山号は天司山(てんしさん)。
Wikipedia    内容詳細  
63.妙国寺 (金沢市)  ・石川県金沢市東山2-18-9
妙国寺は(みょうこくじ)、石川県金沢市東山にある日蓮宗の寺院。山号は日向山。旧本山は京都妙覚寺、奠師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
64.妙正寺 (金沢市)
妙正寺(みょうしょうじ)は、石川県金沢市東山にある日蓮宗の寺院。山号は精進山。旧本山は滝谷妙成寺、勇師法縁。唐金立像釈尊像を祀る。
Wikipedia    内容詳細  
65.妙泰寺 (金沢市)
妙泰寺(みょうたいじ)は石川県金沢市東山にある日蓮宗の寺院。寺宝として加賀藩火矢方御用文書(高麗小川流石火矢文書)などが伝わる。山号は大谷山。旧本山は大本山妙顕寺(四条門流)、勇師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
66.妙典寺 (金沢市)  ・石川県金沢市寺町5丁目2番
妙典寺(みょうでんじ)は、石川県金沢市寺町5丁目の寺町寺院群にある日蓮宗の寺院。山号は正栄山。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)、奠師法縁(奠統会)。金沢市指定文化財で御釜師・宮崎彦九郎義一(初代宮崎寒雉)作の鋳造三具足を所蔵する。
Wikipedia    内容詳細  
67.妙法寺 (金沢市)  ・石川県金沢市寺町4丁目2番6号
妙法寺(みょうほうじ)は、石川県金沢市寺町4丁目にある日蓮宗の寺院。山号は大蓮山。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)、勇師法縁。石川県指定文化財の紙本著色圓智院妙浄画像を所蔵する。本堂の裏側のドウダンツツジは金沢市文化財。
Wikipedia    内容詳細  
68.妙立寺  ・石川県金沢市野町1-2-12
妙立寺(みょうりゅうじ)とは、石川県金沢市にある日蓮宗の寺院。山号は正久山。旧本山は京都立本寺。通称は忍者寺[1]。潮師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
69.立像寺 (金沢市)  ・石川県金沢市寺町4丁目1番2号
立像寺(りゅうそうじ)は、石川県金沢市寺町4丁目にある日蓮宗の寺院。山号は妙布山。旧本山は京都立本寺、潮師法縁。金沢市指定文化財の本堂と鐘楼は金沢市の江戸時代寺社建築を代表する貴重な遺構。充洽園旧蹟。
Wikipedia    内容詳細  
70.蓮覚寺 (金沢市)  ・石川県金沢市東山2丁目18-27
蓮覚寺(れんかくじ)は、石川県金沢市東山二丁目にある日蓮宗の寺院。山号は本学山。旧本山は大本山妙顕寺(四条門流)、勇師法縁。卯辰の七面さんとして知られ、加賀藩主・前田利常生母の寿福院の実家である上木家の歴代墓所がある。また付近は卯辰山山麓寺院群で寺院が多い。
Wikipedia    内容詳細  
71.蓮華寺 (金沢市)  ・石川県金沢市東山2-17-1
蓮華寺(れんげじ)は、石川県金沢市東山にある日蓮宗の寺院。山号は妙法山。旧本山は金栄山妙成寺、通師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
72.蓮昌寺 (金沢市)  ・石川県金沢市
蓮昌寺(れんじょうじ)は石川県金沢市東山にある日蓮宗の寺院。山号は普香山。旧本山は大本山妙顕寺(四条門流)、勇師法縁。山門は市指定文化財。
Wikipedia    内容詳細  

石川県の神社

73.金沢五社
金沢五社(かなざわごしゃ)は、石川県金沢市に所在する神社のうち、江戸時代から鎮座する宇多須神社、小坂神社、神明宮、椿原天満宮、安江八幡宮の吉田神道の五つの神社の総称である。五社ともに近代の社格制度では県社に列格された。この五社すべてを参拝することを「五社参り」といい、盛んに行われた。
Wikipedia    内容詳細  
74.安宅住吉神社  ・石川県小松市安宅町タ17
安宅住吉神社(あたかすみよしじんじゃ)は、石川県小松市安宅町、日本海沿岸に鎮座する神社。
Wikipedia    内容詳細  
75.穴水大宮  ・石川県鳳珠郡穴水町大町ホ-1
穴水大宮(あなみずおおみや)は、石川県穴水町に鎮座する神社。延喜式内社の辺津比咩神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
76.石浦神社  ・石川県金沢市本多町三丁目1番30号
石浦神社(いしうらじんじゃ)は、石川県金沢市本多町に鎮座する神社。旧社格は県社。創建時の名称は「三輪神社」[1]。『延喜式神名帳』加賀国加賀郡の小社「三輪神社」に比定される式内社論社で、金沢市最古の神社であるともされる。
Wikipedia    内容詳細  
77.石川護国神社  ・石川県金沢市石引4-18-1
石川護国神社(いしかわごこくじんじゃ)は、石川県金沢市にある神社(護国神社)である。市街地中心部の兼六園の隣にある。石川県内でも最大規模の面積を誇る神社である。
Wikipedia    内容詳細  
78.出水神社 (加賀市)  ・石川県加賀市橋立町ホ1
出水神社(いずみじんじゃ)は、石川県加賀市橋立町ホ1にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
79.泉野櫻木神社  ・石川県金沢市泉野町3丁目15番地
泉野櫻木神社(いずみのさくらぎじんじゃ)は、石川県金沢市泉野町3丁目15番地にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
80.伊須流岐比古神社  ・石川県鹿島郡中能登町石動山子部1番地1
伊須流岐比古神社(いするぎひこじんじゃ)は、石川県鹿島郡中能登町の石動山山頂(大御前)にある神社である。伊須留岐比古神社とも表記される。能登国二宮である。
Wikipedia    内容詳細  
81.石部神社 (小松市)  ・石川県小松市古府町カ169
石部神社(いそべじんじゃ)は、石川県小松市古府町に鎮座する神社である。加賀国総社であった。式内社で、旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
82.菟橋神社  ・石川県小松市浜田町イ233
莵橋神社(うはしじんじゃ)は、石川県小松市にある神社で、加賀国総鎮守でもあり、小松市の産土神でもある。延喜式神名帳に「加賀国能美郡八座莵橋神社」として撰上された古社。本殿と神輿は小松市の文化財に指定されている[1]。莵橋大神と共に諏訪大神を祀っていることから、地元の人々には「お諏訪さん(おすわさん)」と呼ばれて親しまれている。敷地内には当社の参集殿である諏訪会館があり、参拝者の休憩所や結婚式の披露宴会場として使われている。
Wikipedia    内容詳細  
83.大地主神社  ・石川県七尾市山王町1番地13
大地主神社(おおとこぬしじんじゃ)は、石川県七尾市に位置する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
84.大野日吉神社  ・石川県金沢市大野町5丁目81番地
大野日吉神社(おおのひよしじんじゃ)は、石川県金沢市大野町5丁目81番地にある神社。祭神は、大山咋神と大物主神。創建は天平5年(733年)と伝える。
Wikipedia    内容詳細  
85.大野湊神社  ・石川県金沢市寺中町ハ163
大野湊神社(おおのみなとじんじゃ)とは、石川県金沢市に鎮座する猿田彦大神を祭神とする神社である。
Wikipedia    内容詳細  
86.尾崎神社  ・石川県金沢市丸の内5-5
尾崎神社(おざきじんじゃ)は、石川県金沢市にある神社。天照大神、東照大権現、加賀藩三代藩主前田利常を祀る。朱塗りの社殿には徳川家康の紋が散りばめられ、金沢城の江戸、北陸の日光と呼ばれ崇められた。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。別名を金沢東照宮[1]という。
Wikipedia    内容詳細  
87.尾山神社  ・石川県金沢市尾山町11-1
尾山神社(おやまじんじゃ)は、石川県金沢市にある神社。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。主祭神は加賀藩の藩祖前田利家と妻の芳春院(まつ)。旧社格は別格官幣社。神門は重要文化財に指定されている。例祭は利家の命日である4月27日。現在は神社本庁の別表神社である。
Wikipedia    内容詳細  
88.加賀神社 (津幡町)  ・石川県河北郡津幡町字潟端ト10
加賀神社(かがじんじゃ)は、石川県河北郡津幡町字潟端ト10にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
89.春日神社 (石川県珠洲市)  ・石川県珠洲市飯田町17-50
春日神社(かすがじんじゃ)は、石川県珠洲市飯田町にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
90.金沢神社  ・石川県金沢市兼六町1-3
金沢神社(かなざわじんじゃ)は、石川県金沢市に鎮座する神社。菅原道真を主祭神とする。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。金澤神社とも表記する。兼六園に隣接している。
Wikipedia    内容詳細  
91.賀茂神社 (かほく市)  ・石川県かほく市横山リ119-1
賀茂神社(かもじんじゃ)は、石川県かほく市横山にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
92.栢野社
栢野社(かやのしゃ)、栢野寺から改称。栢野大杉のある神社の中期の呼称。
Wikipedia    内容詳細  
93.金剱宮  ・石川県白山市鶴来日詰町巳118-5
金剱宮(きんけんぐう)は、石川県白山市鶴来日詰町にある神社。旧社格は県社。金剱神社、金剱明神、剱明神とも。
Wikipedia    内容詳細  
94.久保市乙剣宮  ・石川県金沢市下新町6番21号
久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)は、石川県金沢市下新町6番21号にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
95.気多大社  ・石川県羽咋市寺家町ク1
気多大社(けたたいしゃ、正式名:氣多大社)は、石川県羽咋市寺家町にある神社。式内社(名神大社)、能登国一宮。旧社格は国幣大社で、現在は神社本庁に属さない単立神社。旧称は「気多大神宮」。
Wikipedia    内容詳細  
96.気多本宮  ・石川県七尾市所口町ハ部70の1番地
気多本宮(けたほんぐう)は、石川県七尾市に位置する神社である。正式には能登生国玉比古神社(のといくくにたまひこじんじゃ)と称する。
Wikipedia    内容詳細  
97.狭野神社 (能美市)  ・石川県能美市佐野町ノ-88-2
狭野神社(さのじんじゃ)は、石川県能美市佐野町にある神社である。式内社で、旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
98.重蔵神社  ・石川県輪島市河井町4-68
重蔵神社(じゅうぞうじんじゃ)は、石川県輪島市河井町にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
99.白鳥神社 (津幡町)  ・石川県河北郡津幡町加賀爪ヌ1
白鳥神社(しらとりじんじゃ)は、石川県河北郡津幡町加賀爪にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
100.白山比咩神社  ・石川県白山市三宮町ニ105-1
白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は、石川県白山市三宮町にある神社。式内社、加賀国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
Wikipedia    内容詳細  
101.菅生石部神社  ・石川県加賀市大聖寺敷地ル乙81
菅生石部神社(すごういそべじんじゃ)は、石川県加賀市大聖寺敷地にある神社。式内社、加賀国二宮で、旧社格は国幣小社。現在は神社本庁の別表神社。通称を「敷地天神」・「菅生天神」とも。
Wikipedia    内容詳細  
102.須須神社  ・石川県珠洲市三崎町寺家4-2
須須神社(すずじんじゃ)は、石川県珠洲市三崎町寺家にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
103.瀬織津姫神社  ・石川県金沢市別所町ヲ83
瀬織津姫神社(せおりつひめじんじゃ)は、石川県金沢市別所町にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
104.高皇産霊神社 (野々市市)  ・石川県野々市市押野1丁目2番地
高皇産霊神社(たかみむすひじんじゃ)は、石川県野々市市押野1丁目にある旧村社の神社。旧押野村西部にあった元の高皇産霊神社は、「加賀國式内等旧社記」に登場する押野山王神社であったされる。
Wikipedia    内容詳細  
105.豊国神社 (金沢市)  ・石川県金沢市東御影町93
豊国神社(とよくにじんじゃ)は、石川県金沢市の卯辰山にある神社である。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
106.中村神社  ・石川県金沢市中村町16
中村神社(なかむらじんじゃ)は、石川県金沢市中村町にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
107.羽咋神社  ・石川県羽咋市川原町エ164
羽咋神社(はくいじんじゃ)は、石川県羽咋市川原町にある神社。式内社で、旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
108.白山七社
白山七社(はくさんしちしゃ)は、石川県白山市にある白山信仰関係7社の総称。
Wikipedia    内容詳細  
109.羽黒神社 (珠洲市)  ・石川県珠洲市正院町小路16-102
羽黒神社(はぐろじんじゃ)は、石川県珠洲市にある神社で、正院町小路八丁全域の産土神(うぶすなのかみ)、十の神社(小路、岡田、乙谷出、新保口、平床、細屋、内方、森腰、粟津、熊谷)の総社である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
110.波自加弥神社  ・石川県金沢市二日市町カ186番地
波自加弥神社(はじかみじんじゃ、正式には「波自加彌神社」)は、石川県金沢市二日市町カ186番地にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
111.八幡神社 (かほく市森)  ・石川県かほく市森ツ2番地
八幡神社(はちまんじんじゃ)は、石川県かほく市森ツ2番地にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
112.三輪神社 (津幡町)  ・石川県河北郡津幡町字北中条サのニの2
三輪神社(みわじんじゃ)は、石川県河北郡津幡町字北中条にある神社。津幡駅裏手の山中に鎮座する。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  

石川県の

113.朝日山城 (加賀国)  ・山城
朝日山城(あさひやまじょう)は、石川県金沢市北千石町にあった安土桃山時代の日本の城跡(山城)。一本木城(いっぽんぎじょう)ともいう。
Wikipedia    内容詳細  
114.穴水城  ・山城
穴水城(あなみずじょう)は、能登国鳳至郡穴水村川島、現在の石川県鳳珠郡[1]穴水町川島に存在した日本の城。現在は町の史跡に指定され[2]、穴水城址公園として整備されている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
115.加越国境城跡群及び道
加越国境城跡群及び道(かえつくにざかいしろあとぐんおよびみち)は、石川・富山県境、すなわち加賀・越中国境にある城跡を主体とした国指定史跡の名称。「松根城」と「切山城」および山岳道「小原越」(おはらごえ)で構成されている。小牧・長久手の戦いに連動して勃発した、前田利家と佐々成政の軍事衝突の状況を示す遺跡群である。
Wikipedia    内容詳細  
116.金沢城  ・梯郭式平山城
金沢城(かなざわじょう)は、加賀国石川郡尾山[1](現・石川県金沢市丸の内)にあった日本の城である。江戸時代には加賀藩主前田氏の居城だった。城址は国の史跡に指定されており[2]、城址を含む一帯は金沢城公園(かなざわじょうこうえん)として整備されている。前田利家が本格的に城として扱ったこともあってか、利家が建てたといわれることもある[3]。
Wikipedia    内容詳細  
117.切山城  ・山城
切山城(きりやまじょう)は、石川県金沢市宮野町に所在する安土桃山時代の日本の城(山城)。「加越国境城跡群及び道」(かえつくにざかいしろあとぐんおよびみち)として、2015年(平成27年)10月7日に松根城・小原越と共に国の史跡に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
118.小松城  ・梯郭式平城
小松城(こまつじょう)は、石川県小松市丸の内町にあった日本の城。小松市指定史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  
119.小丸山城  ・平山城
小丸山城(こまるやまじょう)は、かつて能登国能登郡(のち鹿島郡)小丸山(現在の石川県七尾市馬出町子部)に存在した日本の城である。七尾城の北、七尾南湾に面した平山城。七尾港に近く、海城に分類される場合もある。
Wikipedia    内容詳細  
120.崎山城 (能登国)  ・平山城
崎山城(さきやまじょう)は、石川県鳳珠郡能登町に存在した日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
121.末森城 (能登国)  ・連郭式山城
末森城(すえもりじょう)は、能登国羽咋郡末森村[1](現在の石川県羽咋郡宝達志水町竹生野)にあった日本の城である。県指定史跡。
Wikipedia    内容詳細  
122.石動山城  ・山城
石動山城(せきどうさんじょう、いするぎやまじょう)は、能登国鹿島郡石動山(現・石川県鹿島郡中能登町[1]石動山)に存在した日本の城(山城)。七尾城の南、能越国境の荒山城の東に位置した。なお、石動山は国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
123.大聖寺城  ・連郭式平山城
大聖寺城(だいしょうじじょう)は、加賀国江沼郡大聖寺(現・石川県加賀市大聖寺錦町)に南北朝時代から江戸時代初期まで存在した日本の城(平山城)。別名は錦城。加賀国の南端、加越国境の大聖寺川付近に位置する。跡地は錦城山公園となっており、加賀市の市指定文化財(史跡)に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
124.高尾城 (加賀国)  ・山城
高尾城(たこじょう、たこうじょう[1])は、石川県金沢市に存在した日本の城。高尾城の築かれた高尾山一帯は、「ジョウヤマ」と呼ばれ付近住民から親しまれている。
Wikipedia    内容詳細  
125.津幡城
津幡城(つばたじょう)は、加賀国加賀郡(のち河北郡[1])津幡(現・石川県河北郡津幡町清水)に残る、古代の日本の城(平城)。昔から交通の要衝であった。現在は石標のみが立てられている。
Wikipedia    内容詳細  
126.天堂城  ・山城
天堂城(てんどうじょう)は、石川県輪島市別所谷町に存在した日本の城。輪島市の史跡に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
127.鳥越城  ・連郭式山城
鳥越城(とりごえじょう)は、石川県白山市三坂町(旧石川郡鳥越村)にある中世の日本の城(山城)跡。大日川を挟んだ対岸に位置する二曲城(ふとげじょう)とともに国の史跡に指定されている[1][2]。史跡指定名称は「鳥越城跡 附(つけたり) 二曲城跡」。
Wikipedia    内容詳細  
128.七尾城  ・連郭式山城
七尾城(ななおじょう)は、能登国鹿島郡七尾(現・石川県七尾市古城町)にあった日本の城。室町時代から戦国時代にかけての山城跡で、国の史跡に指定されている[1]。能登畠山氏によって拡張され、最終的には南北2.5キロメートル、東西1キロメートルにも及ぶ巨大な城となった[2]。
Wikipedia    内容詳細  
129.日谷城  ・山城
日谷城(ひのやじょう)は石川県加賀市に戦国時代に存在した日本の城(山城)。日屋城、檜屋城、檜ノ屋城などとも書かれる。
Wikipedia    内容詳細  
130.二曲城  ・連郭式山城
二曲城(ふとげじょう)は石川県白山市出合町にある中世の日本の城(山城)跡。川の対岸にある鳥越城の附(つけたり)として国の史跡に指定されている。府峠城とも言う。
Wikipedia    内容詳細  
131.松任城  ・平城
松任城(まっとうじょう)は、加賀国石川郡松任(現・石川県白山市(旧松任市)古城町)にあった日本の城。能美郡との境になる手取川の北、尾山御坊(金沢城)と川南の小松城の中間付近に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
132.松波城  ・平山城
松波城(まつなみじょう)は、能登国珠洲郡松波(現・石川県鳳珠郡[1]能登町)に存在した日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
133.松根城  ・山城
松根城(まつねじょう)は、石川県金沢市と富山県小矢部市境にある戦国時代の日本の城(山城)。「加越国境城跡群及び道」(かえつくにざかいしろあとぐんおよびみち)として切山城・小原越と共に国の史跡に指定されている[1]。富山県側はとやま城郭カードNo.44の城郭である[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  

石川県の博物館

134.アリス館志賀  ・〒925-0161石川県羽咋郡志賀町赤住ヌ部21番地
アリス館志賀(アリスかんしか)は、石川県羽咋郡志賀町赤住にある北陸電力の原子力発電展示・PR施設。1994年(平成6年)4月29日に開館した[1]。
Wikipedia    内容詳細  
135.石川県ふれあい昆虫館  ・〒920-2113石川県白山市八幡町戌3番地
石川県ふれあい昆虫館(いしかわけん ふれあいこんちゅうかん、Ishikawa Insect Museum)は、石川県白山市にある県立の博物館(昆虫館)である。
Wikipedia    内容詳細  
136.石川県立航空プラザ  ・〒923-0995石川県小松市安宅新町丙92番地
石川県立航空プラザ(いしかわけんりつこうくうプラザ)は、石川県小松市安宅新町にある航空専門の博物館である。小松飛行場(小松空港)の北側に位置している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
137.海洋漁業科学館  ・〒927-0435石川県鳳珠郡能登町字宇出津新港3-7
海洋漁業科学館(かいようぎょぎょうかがくかん、英称:Science Museum of Oceanography and Fisheries)は石川県鳳珠郡能登町字宇出津新港にある科学館。石川県水産総合センターが管理・運営を行っており、愛称「うみとさかなの科学館」。海や水産資源に関する知識を広め、石川県内の水産業を盛んにすることを目的とした博物館。
Wikipedia    内容詳細  
138.北前船の里資料館  ・〒922-0554加賀市橋立町イ乙1-1
北前船の里資料館(きたまえぶねのさとしりょうかん)は、石川県加賀市に所在する資料館である。重要伝統的建造物群保存地区に指定された加賀橋立の一角に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
139.コスモアイル羽咋  ・〒925-0027 日本石川県羽咋市鶴多町免田25
コスモアイル羽咋(コスモアイルはくい)は、石川県羽咋市にある宇宙科学博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
140.小松市立博物館  ・〒923-0903石川県小松市丸の内公園町19番地(芦城公園内)
小松市立博物館(こまつしりつはくぶつかん、KOMATSU CITY MUSEUM)は、石川県小松市丸の内公園町にある公立の博物館。2024年(令和6年)1月1日の能登半島地震で被災して休館となり、調査により建物の倒壊の危険性があることがわかり解体されることになった[1]。
Wikipedia    内容詳細  
141.小松市立ポッポ汽車展示館  ・〒923-0172石川県小松市尾小屋町カ11番地
小松市立ポッポ汽車展示館(こまつしりつポッポきしゃてんじかん)は、石川県小松市尾小屋町にある鉄道保存展示施設である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
142.サイエンスヒルズこまつ  ・〒923-0869石川県小松市こまつの杜2
サイエンスヒルズこまつは、石川県小松市こまつの杜にある博物館・科学館。小松製作所小松工場の跡地の一部に設けられた施設である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
143.中島お祭り資料館・お祭り伝承館  ・〒929-2226石川県七尾市中島町字横田1部148
中島お祭り資料館・お祭り伝承館(なかじまおまつりしりょうかん・おまつりでんしょうかん)は、石川県七尾市中島町にある博物館。資料館と伝承館の総称は「能登中島 枠旗祭りの郷 祭り会館」、通称「祭り会館」である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
144.日本自動車博物館  ・〒923-0345石川県小松市二ツ梨町一貫山40番地
日本自動車博物館(にほんじどうしゃはくぶつかん)は、石川県小松市二ツ梨町にある自動車をテーマとした博物館。
Wikipedia    内容詳細  
145.のとじま臨海公園水族館  ・〒926-0216石川県七尾市能登島曲町15部40
のとじま臨海公園水族館(のとじまりんかいこうえんすいぞくかん)は、石川県七尾市の能登島北岸にある水族館である。愛称ならびに通称はのとじま水族館で、公式のウェブサイトや施設案内などではこの名称が使用される。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
146.白山恐竜パーク白峰  ・〒920-2502石川県白山市桑島4-99-1
白山恐竜パーク白峰(はくさんきょうりゅうパークしらみね、英: Hakusan Dinosaur Park Shiramine)は、石川県白山市桑島に位置する市立の博物館類似施設。白山市桑島にある国の天然記念物「桑島化石壁」[1]から発見された動植物の化石を中心に恐竜に関する古生物学資料を展示・公開しており、化石発見広場では化石の発掘体験もできる[2]。同パーク内には白峰化石調査センターが設置されており、調査研究や最新の情報発信も行っている[3]。 白山手取川ジオパークの教育普及・活動拠点でもある。豪雪地域のため、冬季(11月下旬 - 4月中旬)は休館。
Wikipedia    内容詳細  
147.星の観察館満天星  ・〒928−0312石川県能登町字上町ロ部1-1
星の観察館「満天星」(ほしのかんさつかん「まんてんぼし」)は、日本の石川県鳳珠郡能登町上町にある天体施設。
Wikipedia    内容詳細  
148.道の駅一向一揆の里  ・〒920-2368石川県白山市出合町甲36番地[1][2]
道の駅一向一揆の里(みちのえき いっこういっきのさと)は、石川県白山市出合町にある[5]国道360号の道の駅である[2]。
Wikipedia    内容詳細  
149.和倉温泉お祭り会館  ・〒926-0175石川県七尾市和倉町2部13番地1
和倉温泉お祭り会館(わくらおんせんおまつりかいかん、Wakura Onsen Omatsuri Hall)は、石川県七尾市和倉町(和倉温泉)にある、七尾市を代表する4つの祭りの山車等を展示し、紹介する施設(山車会館)である。
Wikipedia    内容詳細  
150.和倉昭和博物館とおもちゃ館  ・〒926-0175石川県七尾市和倉町九部20の1番地
和倉昭和博物館とおもちゃ館(わくらしょうわはくぶつかんとおもちゃかん)は、石川県七尾市にある博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
151.白山市立鶴来博物館
白山市立鶴来博物館(はくさんしりつ つるぎはくぶつかん)は、石川県白山市鶴来朝日町にあった博物館である。石川郡旧鶴来町とその周辺の歴史・文化・風俗に関する資料を収蔵し、それらを展示・紹介することを目的としていた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

石川県の科学館

152.石川県立自然史資料館  ・〒920-1147 日本 石川県金沢市銚子町リ441番地
石川県立自然史資料館(いしかわけんりつ しぜんししりょうかん)とは、石川県金沢市にある自然博物館、及び文化施設である。
Wikipedia    内容詳細  

石川県の動物園

153.いしかわ動物園  ・〒923-1222石川県能美市徳山町600番地
いしかわ動物園(いしかわどうぶつえん)は、石川県能美市徳山町にある動物園である[1][2]。1999年(平成11年)10月に開園した[3][4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

石川県の植物園

154.能登町柳田植物公園  ・石川県鳳珠郡能登町字上町ロ部1-1
能登町柳田植物公園(のとちょうやなぎだしょくぶつこうえん)は、石川県鳳珠郡能登町上町(かんまち)及び合鹿(ごうろく)地内にある植物公園。能登町ふれあいの里の施設で「やなぎだ植物公園」と表記することもある[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
155.のと蘭ノ国  ・〒926-0822石川県七尾市細口町渡リスイ153
七尾フラワーパーク・のと蘭ノ国(ななおフラワーパーク・のとらんのくに)は、石川県七尾市に所在する植物園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
156.金沢大学薬用植物園  ・〒920-1192石川県金沢市角間町
金沢大学薬用植物園(かなざわだいがくやくようしょくぶつえん)は、石川県金沢市角間町にある国立大学法人金沢大学角間(かくま)キャンパスにある薬学部付属の薬用植物園。敷地面積は3.8ヘクタール。正式な名称は「金沢大学医薬保健学域薬学類・創薬科学類附属薬用植物園」。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

石川県の文学館

157.石川近代文学館
石川近代文学館(いしかわきんだいぶんがくかん)は、石川県金沢市に所在する、同県ゆかりの文学者に関する博物館である。四高記念文化交流館に付属している[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
158.泉鏡花記念館  ・〒920-0910石川県金沢市下新町2番3号[1]
泉鏡花記念館(いずみきょうかきねんかん)は、石川県金沢市下新町にある泉鏡花を取り扱う金沢市立の文学館である。
Wikipedia    内容詳細  
159.徳田秋聲記念館  ・〒920-0831石川県金沢市東山一丁目19番1号[1]
徳田秋聲記念館(とくだしゅうせいきねんかん)は、石川県金沢市東山にある、徳田秋声に関する文化施設である。
Wikipedia    内容詳細  
160.室生犀星記念館  ・〒921-8023石川県金沢市千日町3番22号[1]
室生犀星記念館(むろおさいせいきねんかん[5])は、石川県金沢市千日町にある室生犀星に関する文化施設である。
Wikipedia    内容詳細  

石川県の美術館

161.石川県九谷焼美術館  ・〒922-0861石川県加賀市大聖寺地方町1-10-13
石川県九谷焼美術館(いしかわけんくたにやきびじゅつかん)は、石川県加賀市に所在する九谷焼を収集、展示する美術館である。
Wikipedia    内容詳細  
162.石川県七尾美術館  ・〒926-0855石川県七尾市小丸山台1丁目1番地
石川県七尾美術館(いしかわけんななおびじゅつかん、英語: Ishikawa Nanao Art Museum)は、石川県七尾市にある、公益財団法人七尾美術財団が指定管理者として管理運営を行う美術館である[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
163.石川県能登島ガラス美術館  ・〒926-0211石川県七尾市能登島向田町125部10番地
石川県能登島ガラス美術館(いしかわけんのとじまガラスびじゅつかん)は、石川県七尾市に所在する美術館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
164.石川県輪島漆芸美術館  ・〒928-0063石川県輪島市水守町(みともりまち)四十苅(しじゅうがり)11番地
石川県輪島漆芸美術館(いしかわけん わじま しつげい びじゅつかん)は、石川県輪島市にある漆芸専門美術館。世界で唯一の漆芸専門の美術館である[1]。 輪島市と輪島漆器商工業協同組合が共同出資する公益財団法人輪島漆芸美術館によって管理運営されている[2]。日本を代表する伝統工芸「輪島塗」の産地に1991年(平成3年)に開館した[1]。 建物の外観は正倉院の校倉造をイメージした特徴的なデザインで、設計は富家宏泰である[3]。 漆芸品及び漆文化に関する調査研究、資料収集、保管展示を行っており、常設展「輪島塗の技と歴史」のほか特別展などの展覧会を実施している[2]。 また、漆文化の普及振興を通じた地域振興も目的としており、講演会や列品解説、学習プログラムや出前講座なども実施している[2]。館内では「沈金スプーン色付体験」「沈金箸色付体験」「蒔絵ストラップ体験」の体験メニューも用意している(事前予約必要)[4]。
Wikipedia    内容詳細  
165.金城学園白山美術館  ・〒920-2306石川県白山市河内町吉岡東108-1
金城学園白山美術館(きんじょうがくえんはくさんびじゅつかん)は、石川県白山市河内町吉岡東にある美術館。金城大学短期大学部が運営。学生の卒業制作展のほか、様々な企画展覧会を行なっている。
Wikipedia    内容詳細  
166.白山市立松任中川一政記念美術館  ・〒924-0888石川県白山市旭町61-1
白山市立松任中川一政記念美術館(はくさんしりつ まっとうなかがわかずまさきねんびじゅつかん)は、石川県白山市にある美術館である。 1986年10月に「松任市立中川一政記念美術館」として開館した。松任(現 白山市)が中川一政の母すわの生まれ故郷である縁から、中川一政より作品の寄付を受けたものである。2005年2月、市町村合併に伴い「白山市立松任中川一政記念美術館」に改称した。
Wikipedia    内容詳細  
167.石川県立美術館  ・〒920-0963石川県金沢市出羽町2番1号
石川県立美術館(いしかわけんりつびじゅつかん)は、石川県金沢市出羽町にある美術館である。
Wikipedia    内容詳細  
168.大樋美術館  ・〒920-0911石川県金沢市橋場町2-17
大樋美術館(おおひびじゅつかん)は、石川県金沢市橋場町にある個人美術館である。大樋焼歴代作品を中心とした、茶道具類の展示をしている。隣接する大樋ギャラリーでは、大樋陶冶斎(十代 長左衛門)、十一代 大樋長左衛門(年雄)の作品等の販売も行っている。
Wikipedia    内容詳細  
169.金沢市立中村記念美術館  ・〒920-0964石川県金沢市本多町3丁目2番29号
金沢市立中村記念美術館(かなざわしりつなかむらきねんびじゅつかん)は、石川県金沢市にある美術館である。
Wikipedia    内容詳細  
170.金沢市立安江金箔工芸館  ・〒920-0831石川県金沢市東山一丁目3番10号
金沢市立安江金箔工芸館(かなざわしりつやすえきんぱくこうげいかん)は、石川県金沢市東山一丁目にある、金箔をテーマとする博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
171.金沢21世紀美術館  ・〒920-8509石川県金沢市広坂一丁目2番1号[3][6]
金沢21世紀美術館(かなざわにじゅういっせいきびじゅつかん)は、石川県金沢市広坂にある現代美術を収蔵した金沢市立の美術館である。愛称はまるびぃ[3][9](由来は「丸い美術館」)。また、略称として21美(にじゅういちび)も使用される[1][10][11]。 金沢大学附属中学校・小学校・幼稚園があった場所に[7]、2004年(平成14年)10月9日に開館した[5]。
Wikipedia    内容詳細  
172.金沢能楽美術館  ・〒920-0962石川県金沢市広坂一丁目2番25号
金沢能楽美術館(かなざわのうがくびじゅつかん)は、石川県金沢市広坂にある能楽に関する美術館。
Wikipedia    内容詳細  
173.金沢湯涌夢二館  ・〒920-1123 日本 石川県金沢市湯涌町イ144番1号
金沢湯涌夢二館(かなざわゆわくゆめじかん、Kanazawa Yuwaku Yumeji-Kan Museum)は、石川県金沢市湯涌温泉にある金沢市立の美術館及び文化施設である。詩人画家、竹久夢二を顕彰するために2000年(平成12年)4月16日に開館し、作品のみならず伝記やゆかりの品々を展示している。夢二が、1917(大正6)年9月24日から10月16日まで湯涌温泉の山下旅館(現:お宿やました)に滞在したことにちなむ。 建物は2階建て。入口には受付とミュージアムショップがある。1階奥にはミニシアターと常設展示室があり、2階の企画展示室では年4回の特別展が開かれる[3]。 入口横には竹久夢二像があり、裏手にある医王山薬師寺には、歌碑と夢二が歩いたとされる道がある。
Wikipedia    内容詳細  
174.国立工芸館  ・〒920-0963石川県金沢市出羽町3-2
国立工芸館(こくりつこうげいかん、英称:National Crafts Museum)は、石川県金沢市にある、独立行政法人国立美術館が運営する美術館である。 日本海側初の国立美術館として[新聞 1][新聞 2][新聞 3]、2020年(令和2年)10月25日、石川県金沢市に開館した。移転開館当初の正式名称は「東京国立近代美術館工芸館」で[新聞 1][新聞 2]、「国立工芸館」はその通称としての位置だった[報道 2]。東京都千代田区にあった従前の東京国立近代美術館工芸館から、収蔵されている美術工芸作品のうち1,900点以上が移転する[新聞 1][新聞 2][新聞 4][新聞 3]。 東京国立近代美術館工芸館の金沢市への移転は、日本政府が掲げる地方創生政策の中で、政府関係機関の地方移転の一環として行われるものであり[新聞 4]、その政策趣旨を明確にするため、金沢市に移転後も施設の正式名称は「東京国立近代美術館工芸館」であったが[報道 2]、2021年(令和3年)4月1日より「国立工芸館」が正式な名称となった[報道 3]。また、対外的な情報発信を担う名誉館長職には元サッカー選手(元日本代表)の中田英寿が就任した[新聞 1][新聞 2][新聞 4][新聞 3][報道 1]。
Wikipedia    内容詳細  

石川県の人物記念館

175.石川県金沢港大野からくり記念館  ・〒920-0331 日本 石川県金沢市大野町4丁目甲2番29号
石川県金沢港大野からくり記念館(いしかわけんかなざわこうおおのからくりきねんかん)とは、石川県金沢市大野町 にある記念館である。
Wikipedia    内容詳細  
176.石川県銭屋五兵衛記念館  ・〒920-0336石川県金沢市金石本町口55
石川県銭屋五兵衛記念館(いしかわけんぜにやごへえきねんかん)は、北前船で財をなし「海の百万石」と謳われた豪商銭屋五兵衛に関する展示を行っている博物館。所在地は石川県金沢市金石(かないわ)本町ロ55[3]。 併設して銭屋の本宅の一部を移築した「銭五の館」がある(金沢市普正寺町参字85-1)[3]。
Wikipedia    内容詳細  
177.石川県西田幾多郎記念哲学館  ・〒929-1126石川県かほく市内日角井1番地[1]
石川県西田幾多郎記念哲学館(いしかわけんにしだきたろうきねんてつがくかん)は、石川県かほく市に所在する、哲学者西田幾多郎に関する文化施設である。
Wikipedia    内容詳細  
178.鈴木大拙館  ・〒920-0964石川県金沢市本多町三丁目4番20号
鈴木大拙館(すずきだいせつかん)は、石川県金沢市本多町にある鈴木大拙に関する博物館。2011年に開館[6]。2017年現在の館長は木村宣彰。
Wikipedia    内容詳細  
179.永井豪記念館  ・〒928-0001 日本石川県輪島市河井町1部123番地
永井豪記念館(ながいごうきねんかん)は、日本の石川県輪島市で2009年(平成21年)に開館した同市出身の漫画家、永井豪を記念した博物館(マンガ・アニメミュージアム)。
Wikipedia    内容詳細  
180.中谷宇吉郎雪の科学館  ・〒922-0411 石川県加賀市潮津町イ106番地
中谷宇吉郎雪の科学館(なかやうきちろうゆきのかがくかん、英語: Nakaya Ukichiro Museum of Snow and Ice)は、石川県加賀市に位置する中谷宇吉郎の雪にまつわる博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
181.松井秀喜ベースボールミュージアム  ・〒929-0126石川県能美市山口町口137番地
松井秀喜ベースボールミュージアム(まついひできベースボールミュージアム)は、宗教法人瑠璃教会傘下のオフィスルリが運営する石川県能美市にある元プロ野球選手・松井秀喜を記念した博物館。旧称は「松井秀喜 野球の館」(まついひでき やきゅうのやかた)で、2005年のリニューアルに合わせて改称されている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

石川県の鉄道

182.美川駅  ・石川県白山市美川中町221-1
美川駅(みかわえき)は、石川県白山市美川中町にある[2]、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
183.西松任駅  ・石川県白山市北安田町1832番地
西松任駅(にしまっとうえき)は、石川県白山市北安田町に設置予定の、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
184.粟ヶ崎駅  ・石川県河北郡内灘町向粟崎
粟ヶ崎駅(あわがさきえき)は、石川県河北郡内灘町向粟崎にある北陸鉄道浅野川線の駅である。駅番号はA11。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
185.内灘駅  ・石川県河北郡内灘町向粟崎4丁目228[1]
内灘駅(うちなだえき)は、石川県河北郡内灘町向粟崎にある北陸鉄道浅野川線の駅で、同線の終着駅である。駅番号はA12。第4回中部の駅百選に選定されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
186.宇野気駅  ・石川県かほく市宇野気チ70-5
宇野気駅(うのけえき)は、石川県かほく市宇野気にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
187.押野駅  ・石川県野々市市押野5丁目394
押野駅(おしのえき)は、石川県野々市市押野5丁目にある北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI04。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
188.金丸駅  ・石川県鹿島郡中能登町金丸又れ49
金丸駅(かねまるえき)は、石川県鹿島郡中能登町金丸にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
189.倶利伽羅駅  ・石川県河北郡津幡町字刈安レ150
倶利伽羅駅[注 1](くりからえき)は、石川県河北郡津幡町字刈安にある、IRいしかわ鉄道[4][5][6]・あいの風とやま鉄道[5][6]の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
190.敷浪駅  ・石川県羽咋郡宝達志水町敷浪リ8
敷浪駅(しきなみえき)は、石川県羽咋郡宝達志水町敷浪にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
191.高松駅 (石川県)  ・石川県かほく市内高松ケ42
高松駅(たかまつえき)は、石川県かほく市内高松にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
192.千路駅  ・石川県羽咋市千路町ヘ11
千路駅(ちじえき)は、石川県羽咋市千路町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
193.津幡駅  ・石川県河北郡津幡町字南中条チ7
津幡駅(つばたえき)は、石川県河北郡津幡町字南中条にある、IRいしかわ鉄道・西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅である。両社の共同使用駅であり、IRいしかわ鉄道が駅を管轄する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
194.中津幡駅  ・石川県河北郡津幡町字津幡ニ505
中津幡駅(なかつばたえき)は、石川県河北郡津幡町字津幡にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
195.能瀬駅  ・石川県河北郡津幡町字能瀬ハ109
能瀬駅(のせえき)は、石川県河北郡津幡町字能瀬にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
196.能登二宮駅  ・石川県鹿島郡中能登町武部へ7-1
能登二宮駅(のとにのみやえき)は、石川県鹿島郡中能登町武部にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
197.能登部駅  ・石川県鹿島郡中能登町徳丸ロ41
能登部駅(のとべえき)は、石川県鹿島郡中能登町徳丸にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
198.野々市駅 (JR西日本)  ・石川県野々市市二日市三丁目1
野々市駅(ののいちえき)は、石川県野々市市二日市三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
199.野々市駅 (北陸鉄道)  ・石川県野々市市本町1丁目74-2
野々市駅(ののいちえき)は、石川県野々市市本町1丁目にある、北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI05。かつては松金線が接続していた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
200.野々市工大前駅  ・石川県野々市市本町二丁目
野々市工大前駅(ののいちこうだいまええき)は、石川県野々市市本町二丁目にある、北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI06。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
201.羽咋駅  ・石川県羽咋市川原町18
羽咋駅(はくいえき)は、石川県羽咋市川原町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
202.宝達駅  ・石川県羽咋郡宝達志水町小川リ14
宝達駅(ほうだつえき)は、石川県羽咋郡宝達志水町小川にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
203.本津幡駅  ・石川県河北郡津幡町字清水チ7
本津幡駅(ほんつばたえき)は、石川県河北郡津幡町字清水にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
204.南羽咋駅  ・石川県羽咋市新保町下
南羽咋駅(みなみはくいえき)は、石川県羽咋市新保町下にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
205.免田駅  ・石川県羽咋郡宝達志水町免田タ106
免田駅(めんでんえき)は、石川県羽咋郡宝達志水町免田にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
206.横山駅 (石川県)  ・石川県かほく市横山井77
横山駅(よこやまえき)は、石川県かほく市横山にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。事務管コードは▲541805[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
207.良川駅  ・石川県鹿島郡中能登町良川17部3-1
良川駅(よしかわえき)は、石川県鹿島郡中能登町良川にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
208.穴水駅  ・石川県鳳珠郡穴水町字大町ト33
穴水駅(あなみずえき)は、石川県鳳珠郡穴水町字大町にある、のと鉄道七尾線の駅で、同線の終着駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
209.能登鹿島駅  ・石川県鳳珠郡穴水町曽福イ-1[1]
能登鹿島駅(のとかしまえき)は、石川県鳳珠郡穴水町曽福にある[3]、のと鉄道七尾線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
210.沖波駅  ・石川県鳳珠郡穴水町沖波
沖波駅(おきなみえき)は、石川県鳳珠郡穴水町沖波にあったのと鉄道能登線の駅である。2005年、能登線の廃止により廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
211.鹿波駅  ・石川県鳳珠郡穴水町鹿波
鹿波駅(かなみえき)は、石川県鳳珠郡穴水町鹿波にあったのと鉄道能登線の駅である。2005年、能登線の廃止により廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
212.甲駅  ・石川県鳳珠郡穴水町甲
甲駅(かぶとえき)は、石川県鳳珠郡穴水町甲にあったのと鉄道能登線の駅である。2005年、能登線の廃線により廃駅となった。かつての急行停車駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
213.中居駅  ・石川県鳳珠郡穴水町中居
中居駅(なかいえき)は、石川県鳳珠郡穴水町中居にあったのと鉄道能登線の駅である。2005年、能登線の廃止により廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
214.比良駅 (石川県)  ・石川県鳳珠郡穴水町比良
比良駅(びらえき)は、石川県鳳珠郡穴水町比良にあったのと鉄道能登線の駅である。2005年、能登線の廃止により廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
215.古君駅  ・石川県鳳珠郡穴水町花園
古君駅(ふるきみえき)は、石川県鳳珠郡穴水町花園にあったのと鉄道能登線の駅。2005年(平成17年)、能登線の廃止により廃駅となった。所在地は穴水町花園であったが、駅名は別の地名である「古君」を名乗っていた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
216.前波駅 (石川県)  ・石川県鳳珠郡穴水町前波
前波駅(まえなみえき)は、石川県鳳珠郡穴水町前波にあったのと鉄道能登線の駅である。2005年、能登線の廃止により廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
217.動橋駅  ・石川県加賀市動橋町ナ92
動橋駅(いぶりはしえき)は、石川県加賀市動橋町にある[2]、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
218.加賀温泉駅  ・石川県加賀市作見町ヲ58
加賀温泉駅(かがおんせんえき)は、石川県加賀市作見町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
219.大聖寺駅  ・石川県加賀市熊坂町イ136
大聖寺駅(だいしょうじえき)は、石川県加賀市熊坂町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。石川県最西端および最南端の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
220.磯部駅 (石川県)  ・石川県金沢市諸江町
磯部駅(いそべえき)は、石川県金沢市諸江町にある北陸鉄道浅野川線の駅である。駅番号はA04。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
221.大河端駅  ・石川県金沢市大河端町
大河端駅(おこばたえき)は、石川県金沢市大河端町にある北陸鉄道浅野川線の駅である。駅番号はA08。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
222.乙丸駅  ・石川県金沢市額乙丸町ハ210
乙丸駅(おとまるえき)は、石川県金沢市額乙丸町にある、北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI09。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
223.蚊爪駅  ・石川県金沢市蚊爪町
蚊爪駅(かがつめえき)は、石川県金沢市蚊爪町にある北陸鉄道浅野川線の駅である。駅番号はA10。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
224.金沢駅  ・石川県金沢市
金沢駅(かなざわえき)は、石川県金沢市木ノ新保町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・IRいしかわ鉄道の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
225.金沢貨物ターミナル駅  ・石川県金沢市高柳町5の1-1[1]
金沢貨物ターミナル駅(かなざわかもつターミナルえき)は、石川県金沢市高柳町にある、日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。IRいしかわ鉄道線に属している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
226.上諸江駅  ・石川県金沢市諸江町
上諸江駅(かみもろええき)は、石川県金沢市諸江町にある北陸鉄道浅野川線の駅である。駅番号はA03。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
227.北間駅  ・石川県金沢市須崎町
北間駅(きたまえき)は、石川県金沢市須崎町にある北陸鉄道浅野川線の駅である。駅番号はA09。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
228.四十万駅  ・石川県金沢市四十万4丁目286
四十万駅(しじまえき)は、石川県金沢市四十万4丁目にある、北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI10。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
229.七ツ屋駅  ・石川県金沢市北安江
七ツ屋駅(ななつやえき)は、石川県金沢市北安江にある北陸鉄道浅野川線の駅である。駅番号はA02。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
230.西泉駅  ・石川県金沢市泉本町7丁目11-1
西泉駅(にしいずみえき)は、石川県金沢市泉本町にある、北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI02。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
231.西金沢駅  ・石川県金沢市
西金沢駅(にしかなざわえき)は、石川県金沢市西金沢一丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。北陸本線において同社が単独使用する駅としては、地理上からも鉄道路線上からも最北に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
232.額住宅前駅  ・石川県金沢市額新町1丁目20
額住宅前駅(ぬかじゅうたくまええき)は、石川県金沢市額新町1丁目にある、北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI08。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
233.野町駅  ・石川県金沢市野町5丁目59-1
野町駅(のまちえき)は、石川県金沢市野町五丁目にある、北陸鉄道石川線の駅で始発駅である。駅番号はI01。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
234.東金沢駅  ・石川県金沢市三池町204
東金沢駅(ひがしかなざわえき)は、石川県金沢市三池町にある[2]、IRいしかわ鉄道IRいしかわ鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
235.馬替駅  ・石川県金沢市馬替三丁目300
馬替駅(まがええき)は、石川県金沢市馬替三丁目にある、北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI07。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
236.三口駅  ・石川県金沢市三口町
三口駅(みつくちえき)は、石川県金沢市三口町にある北陸鉄道浅野川線の駅である。駅番号はA06。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
237.三ツ屋駅  ・石川県金沢市三ツ屋町ハ**
三ツ屋駅(みつやえき)は、石川県金沢市三ツ屋町にある北陸鉄道浅野川線の駅である。駅番号はA07。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
238.森本駅  ・石川県金沢市弥勒町ロ61-2
森本駅(もりもとえき)は、石川県金沢市弥勒町(みろくまち)にある、IRいしかわ鉄道IRいしかわ鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
239.割出駅  ・石川県金沢市諸江町
割出駅(わりだしえき)は、石川県金沢市諸江町にある北陸鉄道浅野川線の駅である。駅番号はA05。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
240.粟津駅 (石川県)  ・石川県小松市符津町ヰ2-1-8
粟津駅(あわづえき)は、石川県小松市符津町にある[2]、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
241.小松駅  ・石川県小松市土居原町466
小松駅(こまつえき)は、石川県小松市土居原町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。事務管コードは▲541442[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
242.明峰駅  ・石川県小松市松梨町甲77
明峰駅(めいほうえき)は、石川県小松市松梨町にある[4]、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
243.笠師保駅  ・石川県七尾市中島町塩津
笠師保駅(かさしほえき)は、石川県七尾市中島町塩津にある、のと鉄道七尾線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
244.田鶴浜駅  ・石川県七尾市田鶴浜町カ13
田鶴浜駅(たつるはまえき)は、石川県七尾市田鶴浜町にある、のと鉄道七尾線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
245.徳田駅 (石川県)  ・石川県七尾市下町戊21
徳田駅(とくだえき)は、石川県七尾市下町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
246.七尾駅  ・石川県七尾市御祓町イ28-2
七尾駅(ななおえき)は、石川県七尾市御祓町(みそぎちょう)にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・のと鉄道の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
247.西岸駅  ・石川県七尾市中島町外
西岸駅(にしぎしえき)は、石川県七尾市中島町外にある[2]、のと鉄道七尾線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
248.能登中島駅  ・石川県七尾市中島町浜田ノ1-2
能登中島駅(のとなかじまえき)は、石川県七尾市中島町浜田にある、のと鉄道七尾線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
249.和倉温泉駅  ・石川県七尾市石崎町タ55-3
和倉温泉駅(わくらおんせんえき)は、石川県七尾市石崎町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・のと鉄道の駅である[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
250.七尾港駅  ・石川県七尾市矢田新町
七尾港駅(ななおみなとえき)は、かつて石川県七尾市矢田新町に存在した日本国有鉄道(国鉄)七尾線貨物支線(七尾港線)の駅である。1984年(昭和59年)2月1日、七尾線の貨物営業廃止に伴い廃止された[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
251.能美根上駅  ・石川県能美市大成町チ303
能美根上駅(のみねあがりえき)は、石川県能美市大成町にある[2]、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である[7]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
252.岩本駅 (石川県)  ・石川県能美郡辰口町岩本
岩本駅(いわもとえき)は、かつて石川県能美郡辰口町岩本(現:能美市岩本町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
253.加賀岩内駅  ・石川県能美郡辰口町岩内座標:
加賀岩内駅(かがいわうちえき)は、かつて石川県能美郡辰口町岩内(現:能美市岩内町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
254.加賀佐野駅  ・石川県能美郡寺井町石子
加賀佐野駅(かがさのえき)は、かつて石川県能美郡寺井町石子(現:能美市石子町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
255.加賀福岡駅  ・石川県能美郡根上町福岡
加賀福岡駅(かがふくおかえき)は、かつて石川県能美郡根上町福岡(現:能美市福岡町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
256.上開発駅  ・石川県能美郡辰口町上開発
上開発駅(かみかいほつえき)は石川県能美郡辰口町上開発(現・能美市上開発町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
257.五間堂駅  ・石川県能美郡根上町
五間堂駅(ごけんどうえき)は、かつて石川県能美郡根上町(現:能美市五間堂町)に位置していた北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
258.末信牛島駅  ・石川県能美郡寺井町末信
末信牛島駅(すえのぶうしじまえき)は、かつて石川県能美郡寺井町末信(現:能美市末信町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
259.辰口温泉駅  ・石川県能美郡辰口町辰口
辰口温泉駅(たつのくちおんせんえき)は、かつて石川県能美郡辰口町辰口(現能美市辰口町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
260.寺井西口駅  ・石川県能美郡寺井町寺井
寺井西口駅(てらいにしぐちえき)は、かつて石川県能美郡寺井町寺井(現:能美市寺井町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
261.徳久駅  ・石川県能美郡辰口町徳久
徳久駅(とくひさえき)は、かつて石川県能美郡辰口町徳久(現:能美市徳久町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
262.灯台笹駅  ・石川県能美郡辰口町灯台笹
灯台笹駅(とだしのえき)は、かつて石川県能美郡辰口町灯台笹(現:能美市灯台笹町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
263.中ノ庄駅 (石川県)  ・石川県能美郡根上町福岡
中ノ庄駅(なかのしょうえき)は、かつて石川県能美郡根上町(現:能美市中庄町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
264.火釜駅  ・石川県能美郡辰口町火釜町
火釜駅(ひがまえき)は、石川県能美郡辰口町火釜町(現・能美市)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
265.本寺井駅  ・石川県能美郡寺井町寺井
本寺井駅(ほんてらいえき)は、かつて石川県能美郡寺井町寺井(現在の能美市寺井町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
266.三ツ口駅  ・石川県能美郡辰口町三ツ口町
三ツ口駅(みつくちえき)は、石川県能美郡辰口町三ツ口町(現・能美市)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
267.宮竹駅  ・石川県能美郡辰口町宮竹
宮竹駅(みやたけえき)は、かつて石川県能美郡辰口町宮竹(現:能美市宮竹町)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
268.湯谷石子駅  ・石川県能美郡寺井町石子
湯谷石子駅(ゆのたにいしこえき)は、かつて石川県能美郡寺井町石子(現:能美市石子町)に位置していた北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
269.来丸駅  ・石川県能美郡辰口町来丸町
来丸駅(らいまるえき)は、石川県能美郡辰口町来丸町(現・能美市)に位置していた、北陸鉄道能美線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
270.井口駅 (石川県)  ・石川県白山市明光1丁目85
井口駅(いのくちえき)は、石川県白山市明光1丁目[2]にある北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI14。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
271.小柳駅 (石川県)  ・石川県白山市小柳町イ41-3
小柳駅(おやなぎえき)は、石川県白山市小柳町にある北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI15。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
272.加賀笠間駅  ・石川県白山市笠間町
加賀笠間駅(かがかさまえき)は、石川県白山市笠間町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
273.小舞子駅  ・石川県白山市湊町68
小舞子駅(こまいこえき)は、石川県白山市湊町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
274.曽谷駅  ・石川県白山市曽谷町ヲ33-2
曽谷駅(そだにえき)は、石川県白山市曽谷町にある、北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI12。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
275.鶴来駅  ・石川県白山市鶴来本町4丁目ニ69[1]
鶴来駅(つるぎえき)は、石川県白山市鶴来本町4丁目にある、北陸鉄道石川線の駅[10]で同線の終着駅である[2][11]。駅番号はI17。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
276.道法寺駅  ・石川県白山市道法寺町ホ70-2
道法寺駅(どうほうじえき)は、石川県白山市道法寺町にある北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI13。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
277.日御子駅  ・石川県白山市日御子町ホ68-2
日御子駅(ひのみこえき)は、石川県白山市日御子町にある、北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI16。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
278.陽羽里駅  ・石川県白山市陽羽里二丁目2番地
陽羽里駅(ひばりえき)は、石川県白山市陽羽里二丁目[2]にある、北陸鉄道石川線の駅である。駅番号はI11。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
279.松任駅  ・石川県白山市相木町1020
松任駅(まっとうえき)は、石川県白山市相木町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)北陸本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

石川県の公園

280.医王山県立自然公園  ・ 日本富山県南砺市・石川県金沢市
医王山県立自然公園(いおうぜんけんりつしぜんこうえん)は、富山県と石川県の2県にまたがる総面積2.940haの県立自然公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
281.石川県森林公園  ・ 日本石川県河北郡津幡町
石川県森林公園(いしかわけんしんりんこうえん)は、石川県河北郡津幡町にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
282.いしかわ四高記念公園  ・ 日本石川県金沢市広坂2丁目
いしかわ四高記念公園(いしかわしこうきねんこうえん)は、石川県金沢市広坂にある都市公園(地区公園)である[1]。石川県が開設・運営している都市公園で、公園の名称はかつて公園内に開設されていた第四高等学校に由来する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
283.越前加賀海岸国定公園
越前加賀海岸国定公園(えちぜんかがかいがんこくていこうえん)は、石川県加賀市から福井県敦賀市に至る海岸線を中心に指定された国定公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
284.金沢城北市民運動公園  ・ 日本石川県金沢市磯部町ニ25番ほか
金沢城北市民運動公園(かなざわじょうほくしみんうんどうこうえん)[1]は、石川県金沢市磯部町に所在する都市公園(運動公園)。公園全体は金沢市が所管するが、施設ごとに別々の指定管理者により管理されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
285.木場潟公園  ・ 日本石川県小松市木場町、島町、符津町、矢崎町、今江町、蓮代寺町、三谷町
木場潟公園(きばがたこうえん)は、石川県小松市南部にある都市公園。石川県が開設・運営している都市公園(広域公園)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
286.健民海浜公園  ・ 日本石川県金沢市普正寺町、佐奇森町
健民海浜公園(けんみんかいひんこうえん)は、石川県金沢市西部にある都市公園。石川県が開設・運営している都市公園(広域公園)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
287.兼六園  ・ 日本石川県金沢市
兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
288.碁石ケ峰県立自然公園
碁石ケ峰県立自然公園(ごいしがみねけんりつしぜんこうえん)は、石川県の県立自然公園。鹿島郡中能登町と羽咋市にまたがる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
289.小丸山城  ・ 日本七尾市馬出町子1-1
小丸山城(こまるやまじょう)は、かつて能登国能登郡(のち鹿島郡)小丸山(現在の石川県七尾市馬出町子部)に存在した日本の城である。七尾城の北、七尾南湾に面した平山城。七尾港に近く、海城に分類される場合もある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
290.散田金谷古墳
散田金谷古墳(さんでんかなやこふん)は、石川県羽咋郡宝達志水町に所在する古墳である。1982年(昭和57年)国の史跡に指定された。現在、隣接する石坂鍋山古墳群とあわせて「桜の里・古墳公園」として整備されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
291.獅子吼・手取県立自然公園
獅子吼・手取県立自然公園(ししく・てどりけんりつしぜんこうえん)は、石川県内の県立自然公園である。指定面積6.410ha。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
292.須曽蝦夷穴古墳
須曽蝦夷穴古墳(すそえぞあなこふん)は、石川県七尾市能登島須曽町に所在する古墳である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
293.西部緑地公園
西部緑地公園(せいぶりょくちこうえん)は、石川県金沢市袋畠町、古府町、北塚町、稚日野町にまたがる運動公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
294.石動山
石動山(せきどうさん)は、石川県鹿島郡中能登町・七尾市・富山県氷見市にまたがる標高564mの山。山頂は中能登町に位置し[3]、中能登町の最高峰でもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
295.大乗寺丘陵公園
大乗寺丘陵公園(だいじょうじきゅうりょうこうえん)は、石川県金沢市にある公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
296.チカモリ遺跡
チカモリ遺跡(チカモリいせき)は、石川県金沢市新保本町に所在する縄文時代後期から晩期の集落遺跡である。1987年(昭和62年)2月23日に国の史跡に指定された[1]。また出土した大量の木柱基部(柱根)のうち、57点が1986年(昭和61年)3月22日に石川県指定有形文化財に指定されている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
297.伝説の森公園 モーゼパーク
伝説の森公園 モーゼパークは、宝達山山麓の三ツ子塚古墳群を整備した公園である。石川県羽咋郡宝達志水町河原地内にある。ここがモーゼの墓であるとした山根キクの主張を押水町が町おこしに利用して整備し、1993年にオープンした。金沢大学教授の中村伸浩によると、モーゼの墓であるという伝承や証拠はなく、山根キクの著作が唯一の根拠である。[1]
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
298.七尾城山運動公園  ・ 日本石川県七尾市後畠町
七尾城山運動公園(ななおじょうやまうんどうこうえん)は、石川県七尾市にある公園(運動公園)である。合併により新しい七尾市が発足したことから名称を変更し、現在の正式名は城山運動公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
299.七尾マリンパーク  ・ 日本石川県七尾市府中町
七尾マリンパーク(ななおマリンパーク)は、石川県七尾市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
300.能登国分寺  ・ 日本七尾市国分町リ部9
能登国分寺(のとこくぶんじ)は、かつて能登国(石川県七尾市)に存在した仏教寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
301.能登町柳田植物公園  ・石川県鳳珠郡能登町字上町ロ部1-1
能登町柳田植物公園(のとちょうやなぎだしょくぶつこうえん)は、石川県鳳珠郡能登町上町(かんまち)及び合鹿(ごうろく)地内にある植物公園である。遊歩道や芝生公園のほか、レストランや天体望遠鏡、宿泊施設を備えている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
302.能登半島国定公園
能登半島国定公園(のとはんとうこくていこうえん)は、石川県・富山県を跨ぐ、能登半島の海岸を主体に指定されている国定公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
303.のと蘭ノ国  ・〒926-0822石川県七尾市細口町渡リスイ153
七尾フラワーパーク・のと蘭ノ国(ななおフラワーパーク・のとらんのくに)は、石川県七尾市に所在する植物園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
304.白山一里野県立自然公園
白山一里野県立自然公園(はくさんいちりのけんりつしぜんこうえん)は、石川県の県立自然公園。白山市の山間部に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
305.白山国立公園
白山国立公園(はくさんこくりつこうえん)は、富山県、石川県、福井県、岐阜県の4県にまたがる白山を中心とした国立公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
306.白山手取川ジオパーク
白山手取川ジオパーク(はくさんてどりがわジオパーク)は、石川県白山市全域を対象とするジオパークである[1][2][3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
307.本多の森公園  ・ 日本石川県金沢市本多町・出羽町・石引
本多の森公園(ほんだのもりこうえん)は、石川県金沢市本多町、出羽町、石引に跨る公園(都市公園)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
308.松任城
松任城(まっとうじょう)は、加賀国石川郡松任(現・石川県白山市(旧松任市)古城町)にあった日本の城。能美郡との境になる手取川の北、尾山御坊(金沢城)と川南の小松城の中間付近に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
309.山中・大日山県立自然公園
山中・大日山県立自然公園(やまなか・だいにちさんけんりつしぜんこうえん)は、石川県の県立自然公園。加賀市と小松市にまたがる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
310.芦城公園  ・石川県小松市丸の内公園町
芦城公園(ろじょうこうえん)は、石川県小松市丸の内公園町に位置する公園である。敷地面積は41,345m2。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

石川県の温泉

311.なかじま猿田彦温泉 いやしの湯  ・石川県七尾市中島町小牧ヨ部116番地
なかじま猿田彦温泉 いやしの湯(なかじまさるたひこおんせん いやしのゆ)は、石川県七尾市(旧鹿島郡中島町)にある温泉(日帰り入浴施設)である[1]。 2004年(平成16年)8月13日に開湯[1]。国民宿舎能登小牧台に近く、同宿舎にも温泉を供給している[2]。同施設からは立山連峰が望める[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
312.ねぶた温泉  ・石川県輪島市大野町ねぶた温泉
ねぶた温泉は石川県輪島市大野町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
313.白山一里野温泉  ・石川県白山市
白山一里野温泉(はくさんいちりのおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉。中宮温泉とあわせて白山温泉郷とも呼べるが、距離的な面からして一般的とはいえない[独自研究?]。周辺は石川県の白山一里野県立自然公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
314.白山杉の子温泉  ・石川県白山市佐良タ121
白山杉の子温泉(はくさんすぎのこおんせん)は、石川県白山市に位置する温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
315.白鳥路温泉  ・石川県金沢市
白鳥路温泉(はくちょうろおんせん)は、石川県金沢市の市街地、金沢城公園の隣にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
316.ひょっこり温泉 島の湯  ・石川県七尾市能登島佐波町ラ部29-1
ひょっこり温泉 島の湯(ひょっこりおんせん しまのゆ)は、石川県七尾市の能登島にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
317.深谷温泉  ・石川県金沢市
深谷温泉(ふかたにおんせん)は、石川県金沢市(旧国加賀国)の北部、津幡森本丘陵の深谷川沿いにある温泉である。口の湯(口ノ湯、口之湯)、中の湯(中ノ湯、中之湯)、元湯の異なる3つの泉源がある。 湯涌温泉、曲水温泉、犀川峡温泉、滝坂温泉からなる金沢温泉郷のうちのひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
318.別所温泉 (石川県)  ・石川県加賀市別所町1丁目91番地
別所温泉(べっしょおんせん)は、石川県加賀市別所町1丁目91番地(旧国加賀国)にある温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
319.松任海浜温泉  ・石川県白山市徳光町2665-1
松任海浜温泉(まっとうかいひんおんせん)は、石川県白山市にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
320.松任千代野温泉  ・石川県白山市米永町275-1[1]
松任千代野温泉(まつとうちよのおんせん)は、石川県白山市にある温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
321.美川温泉  ・石川県白山市
美川温泉(みかわおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
322.柳田温泉  ・石川県鳳珠郡能登町柳田知部
柳田温泉(やなぎだおんせん)は、石川県鳳珠郡能登町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
323.山代温泉  ・石川県加賀市
山代温泉(やましろおんせん)は、石川県加賀市(旧国加賀国)にある温泉地。 加賀温泉郷の一つであり、同じくして粟津温泉、山中温泉、片山津温泉を含めた北陸最大級の石川県有数の温泉街である。 所在地である加賀市には山代温泉という町名がある。
Wikipedia    内容詳細  
324.山中温泉  ・石川県加賀市
山中温泉(やまなかおんせん)は、石川県加賀市の旧山中町にある温泉。ならびに加賀市の町名の一つ。古くから歴史のある温泉の地であり、加賀温泉郷の一角を占める。
Wikipedia    内容詳細  
325.湯川温泉 (石川県)  ・石川県七尾市
湯川温泉(ゆがわおんせん)は、石川県七尾市に位置する温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
326.湯涌温泉  ・石川県金沢市湯涌荒屋町
湯涌温泉(ゆわくおんせん)は、石川県金沢市湯涌町、および湯涌荒屋町(旧国加賀国)にある温泉である。金沢温泉郷(湯涌、犀川峡、曲水、深谷の4温泉)を代表する温泉。「金沢の奥座敷」と称されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
327.葭ヶ浦温泉  ・石川県珠洲市三崎町寺家10-11[1]
葭ヶ浦温泉(よしがうらおんせん、よしが浦温泉)は、石川県珠洲市三崎町寺家にある温泉[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
328.和倉温泉  ・石川県七尾市和倉町和倉温泉石川県の地図を表示和倉温泉日本の地図を表示
和倉温泉(わくらおんせん)は、石川県七尾市に位置する温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
329.輪島温泉  ・石川県輪島市
輪島温泉(わじまおんせん)は、石川県輪島市(旧国能登国)にある温泉。能登輪島温泉(のとわじまおんせん)とも呼ばれている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
330.オータム天然温泉 しあわせの湯II  ・石川県金沢市田上町40街区10番地
オータム天然温泉 しあわせの湯Ⅱ(オータムてんねんおんせん しあわせのゆツー)は、かつて石川県金沢市田上町にあった日帰り入浴施設(スーパー銭湯)。2007年1月に開業したが2015年10月31日をもって閉店[1]した。 運営は米沢電気グループの大和商事株式会社。同グループが運営する他の温泉施設として、同県の野々市市横宮町6-3に「しあわせの湯」(旧称:オータム天然温泉 しあわせの湯)がある。 跡地は、同じ米沢電気グループの日産プリンス金沢が運営する「日産プリンス金沢 田上さくら店」として2017年1月4日にオープンした[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
331.赤崎温泉  ・石川県七尾市大田町
赤崎温泉(あかさきおんせん)は、石川県七尾市に位置する温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
332.粟津温泉  ・石川県小松市
粟津温泉(あわづおんせん)は、石川県小松市(旧国加賀国江沼郡)にある温泉。山代、山中、片山津とともに加賀温泉郷の一つに数えられる。
Wikipedia    内容詳細  
333.岩間温泉 (石川県)  ・石川県白山市尾添
岩間温泉(いわまおんせん)は、石川県白山市尾添にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
334.加賀温泉郷
加賀温泉郷(かがおんせんきょう)は、石川県の加賀市と小松市にある温泉の総称(温泉郷)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
335.加賀三谷温泉
加賀三谷温泉(かがみたにおんせん)は、石川県加賀市にある温泉。加賀温泉郷の近郷にあるが、同温泉郷には含めない。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
336.片山津温泉  ・石川県加賀市
片山津温泉(かたやまづおんせん)は、石川県加賀市の柴山潟湖畔にある温泉。加賀温泉郷の一つ。「片山津温泉」は地域団体商標でもある(権利者は片山津温泉旅館協同組合)[2]。
Wikipedia    内容詳細  
337.河内千丈温泉  ・石川県白山市
河内千丈温泉(かわちせんじょうおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉。白山セイモアスキー場に面している。 所在地である同市河内町(旧河内村)内尾は、1183年(寿永2)倶利伽羅峠の戦いで敗れた平家の落人が身を寄せたという伝説があり、これにちなんだ「平安まつり」が、1981年から市町村合併で河内村が消滅した2004年まで、毎年7月下旬にふるさと保養センター「清流」前の広場にて行われていた。なお、現在は「清流祭り」の名で同時期にイベントが行われている。
Wikipedia    内容詳細  
338.曲水温泉  ・石川県金沢市
曲水温泉(きょくすいおんせん)は、石川県金沢市(旧国加賀国)の温泉。湯涌温泉、深谷温泉、犀川峡温泉、滝坂温泉、からなる金沢温泉郷のうちのひとつ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
339.金城温泉  ・石川県金沢市
金城温泉(きんじょうおんせん)は、石川県金沢市に位置する日帰温泉である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
340.犀川峡温泉  ・石川県金沢市
犀川峡温泉(さいかわきょうおんせん)は、石川県金沢市にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
341.志賀の郷温泉  ・石川県羽咋郡志賀町
志賀の郷温泉(しがのさとおんせん)は、石川県羽咋郡志賀町にある温泉である。
Wikipedia    内容詳細  
342.縄文真脇温泉  ・石川県鳳珠郡能登町
縄文真脇温泉(じょうもんまわきおんせん)は、石川県鳳珠郡能登町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
343.白峰温泉  ・石川県白山市
白峰温泉(しらみねおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
344.新岩間温泉  ・石川県白山市尾添
新岩間温泉(しんいわまおんせん)は、石川県白山市尾添にある温泉で、『白山温泉郷』の一部である。 上流の岩間温泉の引湯。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
345.珠洲温泉  ・石川県珠洲市宝立町鵜飼
珠洲温泉(すずおんせん)は、石川県珠洲市宝立町鵜飼にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
346.銭がめ温泉  ・石川県金沢市板ヶ谷町イ50
銭がめ温泉(ぜにがめおんせん)は、石川県金沢市板ヶ谷町にある温泉。 湯涌温泉の上流にあり、泉質は異なる。
Wikipedia    内容詳細  
347.辰口温泉  ・石川県能美市辰口町
辰口温泉(たつのくちおんせん)は、石川県能美市辰口町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
348.中宮温泉  ・石川県白山市中宮
中宮温泉(ちゅうぐうおんせん)は、石川県白山市(旧国加賀国)にある温泉。白山白川郷ホワイトロードの無料区間内にあり[1][2][3][4][5]、冬季閉鎖される12月から4月までは休業となる[1][6]。
Wikipedia    内容詳細  
349.千里浜温泉郷
千里浜温泉郷(ちりはまおんせんきょう)とは、石川県羽咋市に存在する温泉郷である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
350.千里浜やわらぎ温泉  ・石川県羽咋郡宝達志水町敷浪
千里浜やわらぎ温泉(ちりはまやわらぎおんせん)は、石川県羽咋郡宝達志水町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
351.妻恋舟の湯
妻恋舟の湯(つまこいぶねのゆ)は、能登半島の和倉温泉にある、足湯のみの温泉共同浴場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
352.テルメ金沢  ・〒920-0364石川県金沢市松島町17
テルメ金沢(てるめかなざわ)は、石川県金沢市松島町17番地に所在する温泉・宿泊施設である。株式会社テルメ金沢により運営されている[4]。 西インター テルメ金沢[3]、天然温泉リラックスパーク テルメ金沢[1]と表記される場合もある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

石川県の

353.宝達丘陵  ・石川県・富山県
宝達丘陵(ほうだつきゅうりょう)は、能登半島の基部に位置する丘陵地帯である。石川県と富山県にまたがっており、海抜500 m以上の山も見られ、宝達山地とも呼ぶこともある。両県境に沿う山地・丘陵のうち、概ね倶利伽羅峠付近以北を指し、南は両白山地(加越山地)に連なる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
354.真砂岳 (裏銀座)
真砂岳(まさごだけ)は、飛騨山脈中部にある、標高2,862mの山。長野県・富山県の県境である裏銀座縦走コース上の野口五郎岳(標高2,924m)とワリモ岳(標高2,888m)の間にある。ワリモ岳との間にある水晶小屋(標高2,900m)付近から水晶岳(標高2,986m)を経て赤牛岳(標高2,864m)につながる尾根が伸びる。 座標: 北緯36度25分30秒 東経137度38分00秒 / 北緯36.425098度 東経137.633264度 / 36.425098; 137.633264
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
355.赤兎山  ・ 日本石川県白山市福井県大野市
赤兎山(あかうさぎやま)は、石川県白山市と福井県大野市にまたがる標高1,629 mの山。加越国境に位置する両白山地の山で、白山国立公園[3]・恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク[4]・奥越高原県立自然公園[5]内にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
356.医王山  ・石川県金沢市富山県南砺市
医王山(いおうぜん)[注釈 1]は、石川県金沢市と富山県南砺市にまたがる標高939mの山塊である。白兀山、奥医王山及び前医王山などの山塊の総称で、最高点の奥医王山には一等三角点が設置されている[4]。日本三百名山[5]及び新・花の百名山[6]に選定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
357.卯辰山  ・ 日本石川県金沢市
卯辰山(うたつやま)は、石川県金沢市にある山である。金沢城から見て東(卯辰の方角)に位置することから名づけられたとの説があるが、卯辰の方角には位置していない。宇多須山(うたすやま)、向山(むかいやま)、夢香山(むこうやま)、臥竜山(がりゅうざん)、春日山(かすがやま)等多数の別名がある。卯辰山一帯は「卯辰山公園」として整備されている[1](日本の歴史公園100選)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
358.大笠山  ・石川県白山市富山県南砺市
大笠山(おおがさやま)は、石川県白山市と富山県南砺市との県境にある標高1,822 mの両白山地の山。日本三百名山に選定されている[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
359.大長山  ・ 日本福井県勝山市石川県白山市
大長山(おおちょうさん)は、福井県勝山市および石川県白山市の境にある標高1,671mの山。加越国境に位置する両白山地の山で、白山国立公園[2]および恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク・奥越高原県立自然公園内にある。 山域は小原ダムもあり、一級河川九頭竜川水系滝波川の源流である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
360.奥能登丘陵  ・石川県
奥能登丘陵(おくのときゅうりょう)とは、能登半島北部の石川県輪島市、珠洲市、穴水町に跨る丘陵地帯である。標高は300〜400mの定高性を持ち隆起準平原状である。丘陵の最高峰は高洲山の567m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
361.刈安山  ・ 日本福井県あわら市石川県加賀市
刈安山(かりやすやま)は、福井県あわら市と石川県加賀市とにまたがる山塊である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
362.碁石ヶ峰  ・ 日本石川県羽咋市 鹿島郡中能登町、富山県氷見市
碁石ヶ峰(ごいしがみね)は、石川県羽咋市と同県鹿島郡中能登町と富山県氷見市にまたがる山。標高は461.1m。宝達丘陵の一部。石川県側に鹿島青少年自然の家があり、夏場は小中学生が多い。独立峰で山頂の眺めが良い[1]。石川県において碁石ケ峰県立自然公園、富山県登山連盟において富山の百山の一つに指名されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
363.高洲山  ・ 日本石川県輪島市
高洲山(こうしゅうざん)は、石川県の能登半島北部にある山。標高は567mであり、奥能登の最高峰である。山頂は輪島市にあるが、山体は鳳珠郡能登町にもまたがっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
364.三ノ峰 (両白山地)  ・ 日本石川県白山市、岐阜県高山市
三ノ峰(さんのみね)は、石川県白山市と岐阜県高山市の境にある白山国立公園内の、両白山地の標高の2,128 mの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
365.三方岩岳  ・石川県白山市[3]岐阜県大野郡白川村[3]
三方岩岳(さんぽういわだけ)は、石川県白山市と岐阜県大野郡白川村にまたがり[3]、両白山地の北部に位置する標高1,736 mの山である。白山国立公園内にあり[4]、日本三百名山[3][5]およびぎふ百山[6]に選定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
366.石動山  ・石川県鹿島郡中能登町[1][2]、七尾市、富山県氷見市[1]
石動山(せきどうさん)は、石川県鹿島郡中能登町・七尾市・富山県氷見市にまたがる標高564mの山。山頂は中能登町に位置し[3]、中能登町の最高峰でもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
367.大日山  ・ 日本福井県勝山市石川県加賀市・小松市
大日山(だいにちさん)は、福井県勝山市および石川県加賀市と小松市にまたがる標高1,368 mの山。加越国境に位置する両白山地のトロイデ型の火山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
368.大門山  ・ 日本石川県金沢市、富山県南砺市
大門山(だいもんざん)は、両白山地北部の石川県金沢市と富山県南砺市との県境にある標高1,572 mの山。別名が「加賀富士」[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
369.高三郎山  ・ 日本石川県金沢市
高三郎山(たかさぶろうやま)は、石川県金沢市南部にある山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
370.高爪山  ・ 日本石川県輪島市・羽咋郡志賀町
高爪山(たかつめやま)は、石川県の羽咋郡志賀町と輪島市の境にある山。能登半島中央西端部にあたる。 その山容から「能登富士」と呼ばれる。他の別名として、笠山、金龍山、大福寺山、鷹爪山、洞ヶ岳、嶽山など。 高爪山は、麓や海上から良く見え、能登中央部に住む人々信仰の対象や航海の目標とされてきた。山頂には高爪神社の本殿が鎮座する。麓の大福寺集落に鎮座する高爪神社には国指定の重要文化財である「六神宮懸仏」がある。建治元(1275)年と記された円形木板彩画は六枚一組をなしている。神社の前身は大明神で、本地は十一面観音である。昔は他に五社を擁して六社宮と呼ばれ、別当を大福寺としていた[1]。 山頂一帯は「高爪山遺跡」という近世の遺跡とされている[2]。「高爪山遺跡」の遺構の大部分は、山頂の本殿と北東に延びる尾根上にあり、堀切や土塁が確認でき、寺社関連の遺跡と考えられる。山頂の本殿の西側約2mのところに方柱形板碑が立っている。[3]
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
371.月ヶ原山  ・ 日本富山県南砺市、石川県金沢市
月ヶ原山(つきがはらやま)は、石川県金沢市と富山県南砺市にまたがる山。標高は1169.8m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
372.戸室山  ・ 日本石川県金沢市
戸室山(とむろやま)は、石川県金沢市東部にある標高548 mの第四紀火山。溶岩円頂丘(溶岩ドーム)。景観的には山体の半分が欠けて、金沢市街側が凹形の左右対称的な山容で、背後の裾野の広い医王山とよく調和した美を作りだしている[2]。医王山県立自然公園に含まれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
373.取立山  ・ 日本福井県勝山市石川県白山市
取立山(とりたてやま)は、石川県白山市と福井県勝山市にまたがる標高1,307 mの山。加越国境に位置する両白山地の山で、恐竜渓谷ふくい勝山ジオパークや奥越高原県立自然公園[3]内にある。特に福井県内有数の水芭蕉群生地と知られており、シーズン時には多くの登山客でにぎわう[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
374.七倉山  ・ 日本石川県白山市
七倉山(ななくらやま)は、白山国立公園[2]内の石川県白山市にある標高2,557mの山である。両白山地の主峰である白山(標高2,702m)の北西に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
375.奈良岳  ・石川県金沢市石川県白山市富山県南砺市
奈良岳(ならだけ)は、石川県金沢市と白山市、富山県南砺市の3市にまたがる標高1,644mの両白山地北部の山。金沢市の最高峰であり、山頂に国土地理院の三等三角点(点名は「三方山」)が設置されている[1]。別称、倉谷三方岳[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
376.成ヶ峰  ・ 日本石川県金沢市
成ヶ峰(なりがみね)は、石川県金沢市にある山。犀川ダムから南約6kmにある。 山頂には国土地理院の三等三角点(剣岳と命名)がある。 国土地理院の掲載1:25000地形図は、口直海(くちのみ)である。 犀川上流域に位置し、犀川本流(二又川)と支流の倉谷(くらたに)川に挟まれる。 明治初期に成立した『皇国地誌』石川郡倉谷村条には、この山を剣岳(つるぎだけ)とし、南方の大宝(おおたから)山(標高940mの峰か?)・礪倉(とくら)山(標高983m)とで、金山三峰(かなやまさんぽう)と総称。金山とは「鉱脈のある山」の意で、成ヶ峰斜面には通称倉谷鉱山があった。剣岳・礪倉山の名称は、二十万分一輯製図『金澤』陸地測量部(明治21年)にもある。五万分一地形図『鶴来』(明治42年)に、「成ヶ峰」と記載されて以来、成ヶ峰の呼称が定着したと見られる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
377.野田山  ・ 日本石川県金沢市
野田山(のだやま)は、石川県金沢市の市街地からほど近い山である。 頂上近くに国土地理院の三等三角点(「野田山」と命名)があり、その標高は175.09mだが、山の最高点はここから南東方にあり、地形図の等高線から標高180mを越えると考えられる。 頂上付近にはリンゴ園があり、市街地に面した北側のなだらかな斜面には野田山墓地が広がる。麓には大乗寺がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
378.能美丘陵
能美丘陵(のみきゅうりょう)は、金沢平野南部の石川県能美市及び小松市に跨る丘陵地帯である。標高は南部が200mで北部は100m程度。別名は辰口丘陵。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
379.眉丈山  ・石川県鹿島郡中能登町
眉丈山(びじょうざん)は、本州中部日本海側の能登半島中央部にある山。石川県羽咋市、羽咋郡志賀町、鹿島郡中能登町にまたがる。本項では、眉丈山から北方に広がる眉丈山地(眉丈山系)についても記述する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
380.富士写ヶ岳  ・石川県加賀市
富士写ヶ岳(ふじしゃがだけ)は、石川県加賀市にある標高942mの山。『日本百名山』の著者である深田久弥が人生で初めて登った山として知られる。「江沼富士」とも[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
381.別山 (両白山地)  ・ 日本石川県白山市岐阜県大野郡白川村、高山市
別山(べっさん)は、石川県白山市と岐阜県大野郡白川村及び高山市にまたがる白山国立公園内[3]両白山地にある標高2,399 mの山である。山頂には二等三角点があり[1]、北側に白山を望むことができる。山頂のすぐ西には別山神社がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
382.宝達山  ・ 日本 石川県羽咋郡宝達志水町
宝達山(ほうだつさん)は、石川県中部にある山。山域は羽咋郡宝達志水町、かほく市、河北郡津幡町、富山県氷見市、高岡市に跨り、山頂は宝達志水町にある。標高は637.1m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
383.宝立山  ・ 日本 石川県輪島市・珠洲市
宝立山(ほうりゅうざん)は、能登半島北東部の石川県輪島市・珠洲市にある山。西峰の標高は471mで、三角点のある東峰は468.5m。山頂付近のブナ林は奥能登では他に鉢伏山の一部にしか存在せず貴重で、いしかわの森林50選に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
384.満願寺山  ・ 日本石川県金沢市
満願寺山(まんがんじやま)は、石川県金沢市郊外にある山。 国土地理院の掲載二万五千分一地形図は、『金沢』である。国土地理院の四等三角点(「窪」と命名)が設置されている。他に正体不明の三角点が隣接する。 金沢市窪1丁目にあり、平野部に面したお椀を伏せたような外観をなす。山麓から山腹の斜面まで住宅地が拡がっている。 満願寺山と呼ばれているが、現在付近には満願寺なる寺院はない。 山腹には九万坊権現があり、そこが登り口になっている。山頂には九万坊権現の奥の院がある。500段近くある急な石段が山頂まで延々と続く。満願寺山への坂道とこの石段は、数十年来、近くの石川県立金沢錦丘中学校・高等学校や石川県立金沢泉丘高等学校などの運動部のトレーニングに利用されてきた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
385.見越山  ・石川県金沢市富山県南砺市
見越山(みこしやま)は、石川県金沢市と富山県南砺市との県境にある標高1,621mの両白山地の山。金沢市第2の高峰である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
386.八塚山
八塚山(やつつかやま)は、石川県金沢市にある山である。山頂に古墳が8基あることが由来である。御所八塚山(ごしょやつつかやま)とも呼ばれる。 山の一部を金沢外環状道路が通っている。山頂に位置する、御所八塚山古墳は金沢大学考古学研究会によって発見・調査が行われている。 金沢大学考古学研究会 1990「御所八ッ塚山古墳群の調査」『北陸史学』第39号 北陸史学会 座標: 北緯36度35分10.4秒 東経136度41分10.2秒 / 北緯36.586222度 東経136.686167度 / 36.586222; 136.686167
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

石川県の海岸

387.琴ヶ浜海岸 (石川県)
琴ヶ浜海岸(ことがはまかいがん)は、石川県輪島市門前町剱地の日本海に面した海岸である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
388.猿山岬
猿山岬(さるやまみさき)は、石川県輪島市門前町深見と門前町吉浦の間にある、日本海に面した岬である。最大標高は猿山の332mで西側は侵食によって高さ200mもの断崖絶壁となって海に接している。先端に130万カンデラの猿山岬灯台がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
389.曽々木海岸
曽々木海岸(そそぎかいがん)は、石川県輪島市にある海岸。能登半島有数の景勝地で、国の名勝および天然記念物に指定されている。海岸の背後に岩倉山が迫り込んでいたことから、「能登の親不知」と呼ばれるほどの難所として知られた。2015年(平成27年)4月24日、「灯り舞う半島 能登 -熱狂のキリコ祭り-」の構成文化財として日本遺産に認定される。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
390.九十九湾
九十九湾(つくもわん)は、石川県能登町にあるリアス式海岸である。能登半島国定公園の北東部内浦側に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
391.恋路海岸
恋路海岸(こいじかいがん)は、能登半島七尾北湾に位置する石川県鳳珠郡能登町の1kmの海岸。沖には弁天島が浮かぶ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
392.能登金剛
能登金剛(のとこんごう)は、石川県能登地方羽咋郡志賀町に位置する景勝地である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
393.能登外浦海岸
能登外浦海岸(のとそとうらかいがん)は、能登半島の外側、つまり、富山湾側ではない日本海外洋に面した側の海岸である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
394.尼御前岬
尼御前岬(あまごぜんみさき)は、石川県加賀市美岬町にある、日本海に面した岬である。越前加賀海岸国定公園内にあり[1]、海食台と断崖からなる奇勝で知られる[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
395.増穂浦海岸
増穂浦海岸(ますほがうらかいがん)は石川県羽咋郡志賀町の日本海沿岸部に広がる海岸。延長は3km[1]ないし4km[2]。海岸は海水浴場としても利用され、日本の水浴場55選[3]および日本の水浴場88選[4]に選出されているほか、海岸線に立ち並ぶ松原は日本の白砂青松100選に指定されている[5]。海水の透明度が高く、波打ち際に集まるキスの姿もはっきりと見ることができる[6]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
396.皆月湾
皆月湾(みなづきわん)は、石川県輪島市にある半円形の湾である。北の通ヶ鼻から南の小岬まで1.5kmで奥行きが1.1km、20mの等深線からなる。能登半島国定公園の北西部外浦側に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
397.ヤセの断崖
ヤセの断崖(ヤセのだんがい)は、石川県羽咋郡志賀町笹波にある断崖絶壁である。能登金剛と呼ばれる複雑に入り組んだ海岸線や奇岩・奇勝の数々が見渡せる。また、松本清張の小説を原作としたサスペンス映画『ゼロの焦点』の舞台として知られている[1][2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
398.禄剛崎
禄剛崎(ろっこうさき、ろっこうざき)は、能登半島の先端に位置し、日本海に面する岬。所属自治体は石川県珠洲市。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
399.加佐ノ岬
加佐ノ岬(かさのみさき)は、石川県加賀市橋立町にある、日本海に面した岬である。加佐の岬[1]、加佐岬[2]とも表記される。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

石川県の

400.朝霧大橋  ・金沢市
朝霧大橋(あさぎりおおはし)とは、石川県金沢市にある浅野川に架かる橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
401.浅野川大橋  ・石川県金沢市橋場町[1] - 東山一丁目
浅野川大橋(あさのがわおおはし)は、石川県金沢市の浅野川にかかる道路橋である。同市橋場町と東山一丁目の間を結ぶ国道159号(国道359号重用)の鉄筋コンクリートアーチ橋[5]。国登録有形文化財[1][2][3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
402.あやとり橋  ・石川県加賀市山中温泉河鹿町
あやとり橋(あやとりはし)は、石川県加賀市山中温泉の大聖寺川にかかる橋(人道橋)である。あやとり橋と記載されることが多いが、正式名称はあやとりはしである[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
403.内灘大橋  ・石川県河北郡内灘町
内灘大橋(うちなだおおはし)は、石川県河北郡内灘町の河北潟放水路に架けられている斜張橋[1]。愛称はサンセットブリッジ内灘(サンセットブリッジうちなだ)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
404.梅ノ橋  ・金沢市
梅ノ橋(うめのはし)は、石川県金沢市の浅野川に架けられている歩行者および自転車専用の橋。 金沢市の東山と並木町の間に架けられており、梅の橋とも表記される。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
405.川北大橋  ・石川県能美郡川北町 - 石川県能美市
川北大橋(かわきたおおはし)は、石川県能美郡川北町三反田から同県能美市三ツ口町に至る道路橋である。かつては石川県道路公社が管理する有料道路(川北大橋有料道路)となっていた[1]。加賀産業開発道路の一部となっている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
406.川北能美大橋  ・石川県能美郡川北町
川北能美大橋(かわきたのみおおはし)は、石川県能美郡川北町の手取川に架かる主要地方道金沢美川小松線の橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
407.金名橋  ・石川県白山市
金名橋(きんめいばし)は、石川県白山市の一級河川手取川に架かる道路橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
408.こおろぎ橋  ・石川県加賀市
こおろぎ橋(こおろぎばし)は、石川県加賀市山中温泉の大聖寺川にかかる橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
409.犀川大橋  ・石川県金沢市
犀川大橋(さいがわおおはし)は、石川県金沢市の犀川中流に架かる道路橋である。同市の千日町と片町一丁目を結んでおり、国の登録有形文化財に登録されている[1][2][3][4][5][7]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
410.桜橋 (金沢市)  ・金沢市
桜橋(さくらばし)は石川県金沢市を流れる犀川に架かる橋。金沢市道、通称「本多通り」の一部。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
411.手取川大橋  ・石川県能美郡川北町
手取川大橋(てどりがわおおはし)は、石川県能美郡川北町朝日の手取川に架かる国道8号(金沢西バイパス)の橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
412.手取川橋
手取川橋(てどりがわばし)は、石川県の一級河川手取川に架かる道路橋。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
413.中能登農道橋  ・石川県七尾市
中能登農道橋(なかのとのうどうきょう)は、石川県七尾市の中島地区と能登島地区を結ぶ斜張橋。愛称はツインブリッジのと。 能登島大橋が1998年(平成10年)7月1日に償還完了により無料開放された後の1999年(平成11年)3月27日に開通。橋長620m。 中島地区側に「長浦うるおい公園」が整備されており、七尾湾を望む展望台が設置されている。 2007年(平成19年)3月25日の能登半島地震により能登島大橋が全面通行止めとなり、本土から能登島間の移動手段確保のため4月2日までは制限付ながら通行は可能だった(4月14日から27日は補修工事で通行止めになった)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
414.能登島大橋  ・石川県七尾市
能登島大橋(のとじまおおはし)は、石川県七尾市石崎町と同市能登島半浦町を結ぶ[1]プレストレスト・コンクリート橋である。石川県で最も長い道路橋で七尾湾に架けられており、石川県道47号七尾能登島公園線の一部となっている[2]。 [1][3]
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
415.御影大橋  ・金沢市
御影大橋(みかげおおはし)は、石川県金沢市にある犀川に架かる橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
416.美川大橋  ・石川県白山市
美川大橋(みかわおおはし)は、石川県白山市の手取川に架かる主要地方道金沢美川小松線の橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

石川県の

417.浅野川
浅野川(あさのがわ)は、石川県金沢市を流れる大野川水系の二級河川。流路延長約29 km、流域面積約80 km2である[1]。同じく金沢市内を流れる犀川が「男川」(おとこがわ、流れが急であることに由来)と呼ばれるのに対し、浅野川は女川(おんながわ、流れが穏やかであることに由来)と呼ばれる[2][3][4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
418.内川 (石川県)
内川(うちかわ)は、石川県金沢市を流れる犀川水系の二級河川。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
419.大野川 (石川県)
大野川(おおのがわ)は、石川県金沢市、河北郡内灘町を流れる二級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
420.大海川
大海川(おおみがわ)は、石川県を流れ日本海に注ぐ二級河川。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
421.尾添川
尾添川(おぞがわ)は、石川県白山市を流れる手取川水系の川。岩底谷川との合流地点から手取川合流地点まで一級河川の指定区間となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
422.梯川
梯川(かけはしがわ)は、石川県小松市を流れる一級河川。上流域では大杉谷川と呼ばれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
423.金腐川
金腐川(かなくさりがわ)は、石川県金沢市を流れる大野川水系の河川。二級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
424.木呂川
木呂川(ころがわ)は、石川県野々市市から石川県金沢市を流れる犀川水系の二級河川。 白山の主流手取川が七ヶ用水で富樫用水に流れ、野々市市新庄で木呂川が分岐する。その後新庄から粟田、矢作などの野々市市内を抜けて金沢市へ入り、西金沢を経て黒田で犀川支流の伏見川に合流する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
425.犀川 (石川県)
犀川(さいがわ)は、石川県金沢市を流れ日本海に注ぐ二級河川である。浅野川の愛称「女川」(おんながわ、流れが穏やかであることが由来)に対して、男川(おとこがわ、流れが急であることが由来)と呼ばれている[1][2][3][4]。雅名は、菊水川(きくすいがわ)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
426.新堀川 (石川県)
新堀川(しんぼりがわ)は、石川県加賀市の二級河川である。水害を繰り返す柴山潟の放水路として開削され、1964年(昭和39年)に完成した。動橋川など複数の支川と柴山潟を含めて新堀川水系を構成する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
427.大聖寺川
大聖寺川(だいしょうじがわ)は、石川県南部を流れる二級河川。 北陸地方には珍しい常緑広葉樹林の原生林・鹿島の森(国の天然記念物)が北潟湖の湖口付近の川沿いに広がり、植物学的に興味深い。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
428.河原田川
河原田川(かわらだがわ)は、石川県輪島市に位置する二級河川。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
429.辰巳用水
辰巳用水(たつみようすい)は、石川県金沢市を流れる約11kmの用水路。 3代加賀藩主・前田利常の命により、1632年(寛永9年)に板屋兵四郎が完成させたといわれている。 1631年に発生した金沢大火が建設の契機になったとされており、金沢城の防衛・防火のための用水を導水する目的で掘削された[1]。途中、長距離のトンネルがある難工事であったが、工事開始から1年足らずで完成に至った[2]。 疏水百選の一つ。一部が国の史跡に指定[3]されている。土木学会選奨土木遺産[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
430.手取川
手取川(てどりがわ)は、石川県の主に白山市を流れて日本海へ注いでいる一級河川。石川の通称で呼ばれた時代もあり、石川郡及び石川県の由来となっている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
431.長坂用水
長坂用水(ながさかようすい)は、加賀藩が金沢市野田山山麓の丘陵農地の灌漑を目的に、犀川の支流である内川の中流部左岸(金沢市小原町)を取水口として、1671年(寛文11年)に完成させた水路(疏水)である。 長坂用水土地改良区 が管理している。 野田山西北の長坂地区を流れることから命名されたが、別名雀谷(すずめだに)川とも呼ばれる[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
432.伏見川
伏見川(ふしみがわ)は、石川県金沢市を流れる犀川水系の二級河川である。 山頂が石川県金沢市に属する倉ケ岳を水源とし、住吉、別所と山間部を流れ山科で金沢市街地に入る。石川県立金沢錦丘中学校・高等学校の校庭脇を流れ、金沢市立米泉小学校脇で高橋川が合流する。石川県立金沢伏見高等学校正門前を経て糸田新町で北陸新幹線をくぐり、黒田で木呂川が合流する。古府西で北陸自動車道をくぐった直後、石川県産業展示館4号館正面で犀川へ合流する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
433.前川 (石川県)
前川(まえがわ)は、石川県小松市を流れる梯川水系の一級河川である。木場潟より上流は日用川と呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
434.町野川
町野川(まちのがわ)は、石川県鳳珠郡能登町及び輪島市を流れ日本海に注ぐ河川。二級水系の本流。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
435.御祓川 (石川県)
御祓川(みそぎがわ)は石川県を流れる河川。二級水系御祓川水系の本川である。石動山を水源とし、七尾市の市街地を北に流れ、七尾市府中町地先、昭和町地先で七尾湾に注ぐ。七尾市西藤橋町で御祓川放水路を分派する。流域面積約 23 km2、幹川流路延長約 7 km。  江戸時代には、「御手洗川」「晦日川」「二股川」と呼ばれていた事が記録に残る。東西に流れる川は、馬出川と小島川と呼ばれるが、御祓川とは呼ばれない。[1] 座標: 北緯37度02分58秒 東経136度58分04秒 / 北緯37.049583度 東経136.967901度 / 37.049583; 136.967901
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
436.森下川
森下川(もりもとがわ)は、石川県金沢市を流れる大野川水系の二級河川。別名:豊吉川(とよよしがわ)ともいう。 石川県金沢市二俣町の医王山に源を発し、金沢市奥新保町、砂子坂町、荒山町を流れ医王ダムに注ぐ。その下流で田島川、涌波川、深谷川などのいくつかの支流を合わせ金沢市北端に位置する河北潟に注ぐ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責