オーサムサーチジャパン

佐賀県の観光スポット

クリックするとその項目に飛びます。
1.佐賀県
佐賀県(さがけん)は、日本の九州地方に位置する県。県庁所在地は佐賀市。 お茶や唐津・伊万里・有田などの古くからの陶磁器の産地として有名で、玄界灘と有明海の2つの海に接する。令制国の肥前国東部に相当する。明治の府県制成立の際、同国は佐賀県と長崎県の2県として分立した。九州地方の中では最も面積、経済規模が小さい県であり、人口は隣接する福岡県の2割以下であり、福岡市の半分程度に過ぎない。一方、人口密度は全国で16番目に高く、広島県の人口密度を上回っている。
人口:799,276人[編集](推計人口、2023年1月1日)面積:2,440.68km2
公式サイト  Wikipedia

佐賀県の

1.医王寺 (唐津市)  ・佐賀県唐津市相知町黒岩183
医王寺(いおうじ)は、佐賀県唐津市相知町黒岩にある曹洞宗の寺院である。山号は芙蓉山。本尊は薬師如来。九州四十九院薬師霊場第四十一番札所[1]。
Wikipedia    内容詳細  
2.円通寺 (小城市)  ・佐賀県小城市小城町松尾3832
円通寺(えんつうじ)は佐賀県小城市小城町松尾にある臨済宗南禅寺派の仏教寺院。山号は三間山。
Wikipedia    内容詳細  
3.教仙寺  ・佐賀県小城市小城町松尾4435
教仙寺(きょうせんじ)は、佐賀県小城市小城町にある日蓮宗の寺院。山号は大宝山。親成寺とともに鎮西本山松尾山護国光勝寺の塔頭寺院。親師法縁。このほか松尾地区には延命寺、延福寺などの寺院がある。
Wikipedia    内容詳細  
4.光勝寺  ・佐賀県小城市小城町松尾4421
光勝寺(こうしょうじ)は、佐賀県小城市小城町松尾にある日蓮宗の本山(由緒寺院)。山号は松尾山(まつおざん)。鎮西本山と称する。
Wikipedia    内容詳細  
5.高伝寺  ・佐賀県佐賀市本庄町大字本庄1112番地1
高伝寺(こうでんじ)は、佐賀県佐賀市にある曹洞宗の仏教寺院。山号は恵日山(えにちさん)。
Wikipedia    内容詳細  
6.極楽寺 (佐賀市)  ・佐賀県佐賀市高木瀬東3丁目19番地8
延命山 極楽寺(えんめいざん ごくらくじ)は、佐賀県佐賀市にある浄土真宗本願寺派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
7.西林寺 (佐賀市)  ・佐賀県佐賀市嘉瀬町大字十五525番地
西林寺(さいりんじ)は、佐賀県佐賀市嘉瀬町にある曹洞宗の仏教寺院。山号は玉塔山(ぎょくとうざん)。佐賀藩祖鍋島直茂の正室陽泰院ゆかりの寺である。
Wikipedia    内容詳細  
8.三岳寺 (小城市)  ・佐賀県小城市小城町池上3670番地
三岳寺(さんがくじ)は、佐賀県小城市小城町池上にある臨済宗南禅寺派の寺院。山号は医王山(いおうさん)、中興は徳川家康の側近三要元佶(閑室)。
Wikipedia    内容詳細  
9.修善院  ・佐賀県小城市三日月町久米1195番地
長教山 修善院(ちょうきょうざん しゅうぜんいん)は、佐賀県小城市三日月町久米にある日蓮宗の仏教寺院。もともとは本福寺修善院と称した。肥前国小城郡主であった千葉氏や、千葉氏の連枝を称し、後に佐賀藩主鍋島氏の外戚家門・重臣となる石井氏の帰依を受けた。旧本山は中山法華経寺。親師法縁。寺宝としては、浄行院日祐上人の手紙・釈尊像・身延山久遠寺第73世新居日薩上人の本尊等がある。
Wikipedia    内容詳細  
10.松陰寺 (佐賀市)  ・佐賀県佐賀市久保泉町川久保3408
松陰寺(しょういんじ)は佐賀県佐賀市にある曹洞宗の寺院[1]。山号は医王山[2]、本尊は釈迦三尊[2]。
Wikipedia    内容詳細  
11.浄円寺  ・佐賀県佐賀市本庄町鹿子1451番地
浄円寺(じょうえんじ)は、佐賀県佐賀市本庄町鹿子にある日蓮宗の仏教寺院。山号は飯盛山(はんせいざん)。佐賀藩主鍋島家の藩祖以来の外戚家門で、代々重臣をつとめた石井家の菩提寺である。旧本山は佐賀観照院。親師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
12.勝嚴寺  ・佐賀県小城市三日月町樋口637
勝厳寺(しょうごんじ)は、佐賀県小城市三日月町にある日蓮宗の仏教寺院。山号は仙道山。旧本山は三日月勝妙寺。親師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
13.常照院  ・佐賀県佐賀市本庄町鹿子1206番地3
妙光山 常照院(みょうこうざん じょうしょういん)は、佐賀県佐賀市本庄町鹿子にある日蓮宗の仏教寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
14.勝妙寺 (小城市)  ・佐賀県小城市三日月町織島3415
勝妙寺(しょうみょうじ)は、佐賀県小城市三日月町織島深川にある日蓮宗の寺院。山号は龍王山。旧本山は大本山法華経寺、親師法縁。小城市指定文化財の肥前新鐘を所蔵する。石門の書は中林梧竹によるもの。日蓮直筆の大曼荼羅御本尊が奉安されている。
Wikipedia    内容詳細  
15.親成寺  ・佐賀県小城市小城町松尾4428
親成寺(しんじょうじ)は、佐賀県小城市小城町松尾にある日蓮宗の寺院である。山号は休息山。旧本山は光勝寺、親師法縁。松尾地区には由緒寺院の光勝寺をはじめ教仙寺、延命寺、延福寺など寺院が多くある。
Wikipedia    内容詳細  
16.真龍寺 (神埼市)  ・佐賀県神埼市神埼町志波屋
真龍寺(しんりゅうじ)は、佐賀県神埼市神埼町志波屋にある曹洞宗の仏教寺院。佐賀藩主鍋島家藩祖以来の外戚家門石井家を出自とする鍋島主水家(横岳鍋島家)の菩提寺である。当家は、代々佐賀藩の家老をつとめ、知行7,500石を領した。当山の所在地は当家代々の知行所であった。当山境内にある当家代々の墓所は、「神埼市歴史まちづくり遺産」として認定・登録されている。
Wikipedia    内容詳細  
17.専称寺 (多久市)
専称寺(せんしょうじ)は、佐賀県多久市にある浄土宗の寺院で山号は光明山。当初は天台宗であったが、弘安年中(1278~87)一遍がこの地を訪れたとき時宗に改めた。満恵の弟子暁誉が中興の祖となって、慶長14年(1609年)浄土宗へ再び改めた。
Wikipedia    内容詳細  
18.宗眼寺  ・佐賀県佐賀市蓮池町大字蓮池386-1
宗眼寺(そうがんじ)は、佐賀県佐賀市にある曹洞宗の寺院。山号は正覚山。1655年(明暦元年)に、伝国周的により開山。蓮池藩初代藩主鍋島直澄が開基。蓮池藩主代々の菩提寺。
Wikipedia    内容詳細  
19.大興善寺 (佐賀県基山町)  ・佐賀県三養基郡基山町大字園部
大興善寺(だいこうぜんじ)は、佐賀県三養基郡基山町大字園部に所在する天台宗の寺院である。別格本山。山号は小松山。
Wikipedia    内容詳細  
20.泰平寺 (小城市)  ・佐賀県小城市三日月町久米1045番地
泰平寺(たいへいじ)は、佐賀県小城市三日月町久米にある日蓮宗の寺院。山号は天龍山。旧本山は久米修善院、親師法縁。境内には元禄年間(1688年-1704年)建立の奉唱三千万辺宝塔などが遺る。また二・二六事件で刑死した青年将校香田清貞大尉の墓がある。
Wikipedia    内容詳細  
21.竹崎観世音寺  ・佐賀県藤津郡太良町大浦甲竹崎248
竹崎観世音寺(たけざきかんぜおんじ)は、佐賀県藤津郡太良町大浦甲竹崎にある真言宗御室派の寺院。竹崎山(たけざきさん)、補陀洛院(ふだらくいん)と号す。本尊は千手観音で古来竹崎島の歴史の中心にあった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
22.誕生院  ・佐賀県鹿島市大字納富分2011
誕生院(たんじょういん)は、佐賀県鹿島市にある新義真言宗大本山の寺院。山号を密厳山(みつごんざん)と称する。本尊は錐鑽身代不動明王。
Wikipedia    内容詳細  
23.仁比山地蔵院  ・佐賀県神埼市神埼町的1688
仁比山地蔵院(にいやまじぞういん)は、佐賀県神埼市神埼町的(いくは)にある天台宗の寺院。本尊は千手観音(千手千眼観世音菩薩)。
Wikipedia    内容詳細  
24.普明寺 (鹿島市)  ・佐賀県鹿島市古枝甲2346
普明寺(ふみょうじ)は、佐賀県鹿島市にある黄檗宗の寺院。山号は円福山。本尊は釈迦三尊。
Wikipedia    内容詳細  
25.本行寺 (佐賀市)  ・佐賀県佐賀市西田代1-4-6
本行寺(ほんぎょうじ)は、佐賀県佐賀市西田代にある日蓮宗の寺院。山号は常住山。旧本山は大本山法華経寺。親師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
26.本通寺 (佐賀市)  ・佐賀県佐賀市高木瀬東3丁目12番25号
本通寺(ほんつうじ)は、佐賀県佐賀市高木瀬東にある日蓮宗の仏教寺院。佐賀藩主鍋島氏の藩祖以来の外戚家門・石井氏の菩提寺の一つ。山号は、弘法山。旧本山は佐賀市高木町の観照院。親師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
27.妙玉寺  ・佐賀県佐賀市本庄町鹿子104番地
妙玉寺(みょうぎょくじ)は、佐賀県佐賀市本庄町鹿子にある日蓮宗の仏教寺院。山号は大宝山(だいほうざん)。佐賀藩主鍋島家の藩祖以来の外戚家門で、代々重臣をつとめた石井家の菩提寺の一つであり、とくに石井家の一門である横岳鍋島家、深堀鍋島家(いずれも佐賀藩家老家)の菩提寺として知られ、住持職も石井家がつとめている。境内には、深堀鍋島家初代鍋島茂賢(石井孫六)と殉死した家臣、配下の侍18人の墓があり、俗に「追腹の寺」ともいわれている。旧本山は佐賀観照院。親師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
28.妙蔵寺 (小城市)  ・佐賀県小城市小城町布施947
妙蔵寺(みょうぞうじ)は、佐賀県小城市小城町布施にある日蓮宗の寺院。山号は長晴山。旧本山は三日月勝妙寺、親師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
29.瀧光徳寺  ・佐賀県三養基郡基山町宮浦2200
瀧光徳寺(りゅうこうとくじ)は、佐賀県三養基郡基山町にある真言宗系の新宗教である中山身語正宗の大本山。
Wikipedia    内容詳細  
30.龍泰寺  ・佐賀県佐賀市赤松町
平安山 龍泰寺(へいあんざん りゅうたいじ)は、佐賀県佐賀市赤松町にある曹洞宗の仏教寺院。戦国大名龍造寺氏、その末裔の佐賀藩家老村田氏、大隈重信侯爵家の菩提寺として知られる。
Wikipedia    内容詳細  
31.肥前国分寺跡
肥前国分寺跡(ひぜんこくぶんじあと)は、佐賀県佐賀市大和町にある寺院跡。現在は佐賀市の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  

佐賀県の神社

32.綾部神社  ・佐賀県三養基郡みやき町原古賀2338
綾部神社(あやべじんじゃ)は、佐賀県三養基郡みやき町にある神社。旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
33.荒穂神社  ・佐賀県三養基郡基山町宮浦字宮脇2050
荒穂神社(あらほじんじゃ)は、佐賀県三養基郡基山町にある神社。基山南麓にある宮浦字宮脇に鎮座している[1]。社格は式内小社、県社。
Wikipedia    内容詳細  
34.稲佐神社  ・佐賀県杵島郡白石町辺田
稲佐神社(いなさじんじゃ)は、佐賀県杵島郡白石町に鎮座する神社である。国史見在社の「稲佐雄神」に充てられている。旧社格は県社。この地に稲佐山泰平寺が開かれ神仏習合の痕跡が多数残る。
Wikipedia    内容詳細  
35.伊萬里神社  ・佐賀県伊万里市立花町84
伊萬里神社(いまりじんじゃ)は佐賀県伊万里市に所在する神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
36.牛嶋天満宮  ・佐賀県佐賀市東佐賀町15-30
牛嶋天満宮(うしじまてんまんぐう)は、佐賀県佐賀市東佐賀町にある菅原道真を祀った神社。牛島天満宮の表記や牛島神社と呼ばれることもある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
37.於保天満宮
於保天満宮(おほじょうてんまんぐう)は、佐賀県佐賀市大和町にある天満宮。
Wikipedia    内容詳細  
38.鏡神社 (唐津市)  ・佐賀県唐津市鏡1827
鏡神社(かがみじんじゃ)は、佐賀県唐津市の鏡山の麓にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
39.唐津神社  ・佐賀県唐津市南城内3-13
唐津神社(からつじんじゃ)は、佐賀県唐津市南城内にある神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
40.櫛田宮  ・佐賀県神埼市神埼町神埼419番地1
櫛田宮(くしだぐう)は、佐賀県神埼市に所在する神社。博多の櫛田神社はこの分社である。
Wikipedia    内容詳細  
41.佐賀縣護國神社  ・佐賀県佐賀市川原町8-15
佐賀縣護國神社(さがけんごこくじんじゃ)は、佐賀県佐賀市川原町にある神社(護国神社)である。
Wikipedia    内容詳細  
42.佐嘉神社  ・佐賀県佐賀市松原2-10-43
佐嘉神社(さがじんじゃ)は、佐賀県佐賀市にある神社である。旧社格は別格官幣社。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
43.志賀神社  ・佐賀県佐賀市川副町大字早津江津400
志賀神社(しがじんじゃ)は、佐賀県佐賀市川副町早津江津にある神社。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
44.白鬚神社 (佐賀市)  ・佐賀市久保泉町大字川久保3466
白鬚神社(しらひげじんじゃ)は、佐賀県佐賀市久保泉町にある神社である。旧社格は村社。猿田彦命を祀る。
Wikipedia    内容詳細  
45.陶山神社 (有田町)  ・佐賀県西松浦郡有田町大樽2丁目5-1
陶山神社(すえやまじんじゃ)は佐賀県西松浦郡有田町大樽に鎮座する神社(八幡宮)である。神社名は俗に「とうざんじんじゃ」とも音読される。
Wikipedia    内容詳細  
46.須賀神社 (小城市)  ・佐賀県小城市小城町松尾3594
須賀神社(すがじんじゃ)は、佐賀県小城市小城町松尾にある神社。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
47.諏訪神社 (唐津市)  ・佐賀県唐津市浜玉町浜崎1181
諏訪神社(すわじんじゃ)は佐賀県唐津市にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
48.武雄神社  ・佐賀県武雄市武雄町大字武雄5335
武雄神社(たけおじんじゃ)は、佐賀県武雄市武雄町の御船山の山麓にある神社。樹齢3000年ともいわれる御神木の大楠があることでも知られる。
Wikipedia    内容詳細  
49.田島神社  ・佐賀県唐津市呼子町加部島3965
田島神社(たしまじんじゃ)は、佐賀県唐津市呼子町(旧肥前国松浦郡呼子)の加部島にある神社[1]。大陸への最も安全な渡海ルートの要所にあたり、上代以来中央政府の重用を受けてきた。古代においては「田島坐神社(たじまにゐますかみのやしろ)」として記録されている。肥前国唯一の名神大社で、明治時代の改新による旧社格は国幣中社。現在は神社本庁の別表神社。山上憶良が歌に詠んだと言われる松浦佐用姫ゆかりの神社。宗像大社の元宮といわれる。[2]
Wikipedia    内容詳細  
50.千栗八幡宮  ・佐賀県三養基郡みやき町大字白壁字千栗
千栗八幡宮(ちりくはちまんぐう)は、佐賀県三養基郡みやき町にある神社。肥前国一宮。旧社格は国幣小社で、現在は神社本庁の別表神社。
Wikipedia    内容詳細  
51.仁比山神社  ・佐賀県神埼市神埼町的1692
仁比山神社(にいやまじんじゃ)は、佐賀県神埼市神埼町的にある神社。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
52.新北神社  ・佐賀県佐賀市諸富町大字為重1073番地
新北神社 (にきたじんじゃ)は、佐賀県佐賀市にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
53.白山神社 (伊万里市)  ・佐賀県伊万里市南波多町井手野2927番地
白山神社(はくさんじんじゃ[1])は佐賀県伊万里市にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
54.宝当神社  ・佐賀県唐津市高島523
寳當神社、宝当神社(ほうとうじんじゃ)は佐賀県唐津市の唐津城の北方約2kmの唐津湾上に浮かぶ島、高島にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
55.増田神社 (唐津市)  ・佐賀県唐津市肥前町田野
増田神社(ますだじんじゃ)は、佐賀県唐津市肥前町高串地区にある神社。旧社格は無格社。警察官を祭神とする日本で唯一の神社[1]として知られる。御神体は、増田敬太郎巡査の木像。コレラ防疫活動に従事し、1895年(明治28年)7月24日に25歳の若さで病死した増田の遺骨を住民が祀った[1]。
Wikipedia    内容詳細  
56.祐徳稲荷神社  ・佐賀県鹿島市古枝
祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)は、佐賀県鹿島市にある神社。旧社格は県社で別表神社。別名鎮西日光。西日本を代表する神社として知られる。楼門は日光東照宮の修復職人達の手による陽明門を模したものである。
Wikipedia    内容詳細  
57.與賀神社  ・佐賀県佐賀市与賀町2-50
與賀神社(よかじんじゃ、与賀神社)は、佐賀県佐賀市にある神社。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
58.與止日女神社  ・佐賀県佐賀市大和町大字川上1
與止日女神社(よどひめじんじゃ、与止日女神社)は、佐賀県佐賀市にある神社。式内社、肥前国一宮で、旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
59.龍造寺八幡宮  ・佐賀県佐賀市白山一丁目3番2号
龍造寺八幡宮(りゅうぞうじはちまんぐう)は、佐賀県佐賀市白山一丁目にある神社。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  

佐賀県の

60.島村城  ・平山城
島村城(しまむらじょう)または田中城(たなかじょう)は、佐賀県唐津市北波多田中字島に存在した平山城。上松浦党の一族・波多氏の城。
Wikipedia    内容詳細  
61.陣の森城  ・平城
陣の森城(じんのもりじょう)は佐賀県に存在した平城。
Wikipedia    内容詳細  
62.須古城  ・平山城
須古城(すこじょう)は、戦国時代における佐賀県杵島郡白石町にある城跡。平井氏の須古城、杵島城、男島城の3城での連携した防衛体制により難攻不落を誇り、佐賀県下でも最大規模の城郭群を成している。高城、隆城とも。
Wikipedia    内容詳細  
63.勢福寺城  ・山城
勢福寺城(せいふくじじょう)は、現在の佐賀県神埼市神埼町城原字北外[1]にあった城である。
Wikipedia    内容詳細  
64.高木城  ・平城
高木城(たかぎじょう)は、佐賀県に存在した平城。佐賀市の佐賀平野に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
65.高田城 (肥前国)  ・平城
高田城(たかだじょう)は佐賀県に存在した平城。小城市三日月町金田遠江の佐賀平野に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
66.常広城  ・平城
常広城(つねひろじょう)は佐賀県鹿島市常広に存在した平城。
Wikipedia    内容詳細  
67.直鳥城  ・不明
直鳥城(なおとりじょう)は、戦国時代に佐賀県神埼市に存在した日本の城(平城)。中世にこの地方で独自に発展を遂げた低平地城の典型である。
Wikipedia    内容詳細  
68.名護屋城  ・梯郭式平山城
名護屋城(なごやじょう)は、肥前国松浦郡名護屋(現在の佐賀県唐津市(旧東松浦郡鎮西町・呼子町)、東松浦郡玄海町)にあった日本の城。太閤豊臣秀吉が文禄の役を始める前に築かせた。現在、国の特別史跡に指定されている。平成18年(2006年)には日本100名城(87番)に選定された。
Wikipedia    内容詳細  
69.仁比山城  ・連郭式山城
仁比山城(にいやまじょう)は佐賀県神埼市に存在した山城。
Wikipedia    内容詳細  
70.西島城 (肥前国)  ・平城、
西島城(にしじまじょう、旧字体:西嶋城)は佐賀県三養基郡みやき町西島にかつて存在した城。
Wikipedia    内容詳細  
71.蓮池城 (肥前国)
蓮池城(はすいけじょう)は、日本の城。現在の佐賀県佐賀市蓮池町に所在した。応永年間に完成し、肥前国の国人領主小田氏、戦国時代後期は龍造寺氏・江上氏の支配となり、近世は鍋島氏、石井氏の在城を経て、佐賀藩の支藩・蓮池藩の陣屋が置かれた。
Wikipedia    内容詳細  
72.松岡城 (肥前国)  ・山城
松岡城(まつおかじょう)は佐賀県鹿島市浜町付近に存在した山城。
Wikipedia    内容詳細  
73.水ヶ江城
水ヶ江城(みずがえじょう)は、肥前国に存在した城郭。
Wikipedia    内容詳細  
74.三瀬城  ・山城
三瀬城(みつせじょう)は佐賀県佐賀市三瀬村に存在した日本の城(山城)。
Wikipedia    内容詳細  
75.牟田城  ・平城
牟田城(むたじょう)、または本告城(もとおいじょう)は佐賀県神埼市本告牟田に存在した平城。本折城とも。
Wikipedia    内容詳細  
76.湯野田城  ・山城
湯野田城(ゆのだじょう)は佐賀県嬉野市嬉野町に存在した山城。
Wikipedia    内容詳細  
77.与賀城  ・平城
与賀城(よかじょう)は、現在の佐賀県佐賀市与賀町にあった日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
78.横造城  ・平城
横造城(よこぞうじょう)は佐賀県鹿島市に存在した平城。
Wikipedia    内容詳細  
79.鷲巣城  ・山城
鷲巣城(わしのすじょう)、または鷲ノ巣城は佐賀県鹿島市高津原字鷲ノ巣に存在した山城。
Wikipedia    内容詳細  
80.青山城 (肥前国)  ・山城
青山城(あおやまじょう)は佐賀県唐津市山本に存在した中世の山城。
Wikipedia    内容詳細  
81.朝日山城 (肥前国)  ・山城
朝日山城(あさひやまじょう)は佐賀県鳥栖市村田町に存在した中世の山城。
Wikipedia    内容詳細  
82.姉川城  ・平城
姉川城(あねがわじょう)は佐賀県神埼市に存在した平城。国の史跡。
Wikipedia    内容詳細  
83.綾部城 (肥前国)  ・山城
綾部城(あやべじょう)は佐賀県三養基郡みやき町原古賀に存在した山城。足利一門の渋川氏が、九州探題府兼肥前守護所の拠点としていた。
Wikipedia    内容詳細  
84.池田城 (肥前国)  ・山城
池田城(いけだじょう)は佐賀県唐津市相知町字横枕に存在した山城。
Wikipedia    内容詳細  
85.小城城  ・平城
小城城(おぎじょう)は佐賀県小城市に存在した平城。
Wikipedia    内容詳細  
86.男島城  ・丘城
男島城(小島城、おじまじょう)は東側役400メートルの位置にある丘陵を活かした須古城の支城。杵島城と並び、須古城の東西を監視する機能があった。
Wikipedia    内容詳細  
87.白虎山城  ・山城
白虎山城(びゃっこざんじょう)は佐賀県三養基郡みやき町に存在した山城。
Wikipedia    内容詳細  
88.臥牛城 (肥前国)  ・山城
臥牛城(がぎゅうじょう)は佐賀県三養基郡みやき町原古賀に存在した山城。
Wikipedia    内容詳細  
89.鹿島城 (肥前国)  ・平城
鹿島城(かしまじょう)は、佐賀県鹿島市高津原城内に存在した平城。
Wikipedia    内容詳細  
90.梶峰城  ・山城
梶峰城(かじみねじょう)は佐賀県に存在した山城。別名、多久城(たくのじょう)[1]。
Wikipedia    内容詳細  
91.勝尾城  ・山城
勝尾城(かつのおじょう)は、佐賀県鳥栖市河内町に存在した山城。本城の勝尾城、鬼ヶ城、高取城、葛籠城、鏡城、若山砦等の支城群と当主の居館跡、家臣団屋敷跡、寺社跡、町屋跡で構成されたエリアは「勝尾城筑紫氏遺跡」として国の史跡に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
92.蒲田江城  ・平城
蒲田江城(かまたえじょう)は佐賀県に存在した平城。佐賀平野に築かれ、現在の佐賀市に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
93.唐津城  ・連郭式平山城(海城[1])
唐津城(からつじょう)は、佐賀県唐津市東城内にあった日本の城である。別名は、舞鶴城(まいづるじょう)。
Wikipedia    内容詳細  
94.基肄城  ・古代山城
基肄城(きいじょう / きいのき、椽城)は、福岡県筑紫野市と佐賀県三養基郡基山町にまたがる基山(きざん)に築かれた[1]、日本の古代山城である。城跡は、1954年(昭和29年)3月20日、国の特別史跡「基肄(椽)城跡」に指定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
95.岸岳城  ・連郭式山城
岸岳城(きしたけじょう)は、肥前国、現在の佐賀県唐津市相知町佐里・北波多岸山に存在した日本の城(山城)。もともとは鬼子岳城と書いた。佐賀県指定史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  
96.杵島城  ・丘城
杵島城(きしまじょう)は須古城の西にある独立丘陵にある支城。男島城と並び、須古城の東西を監視する機能があった。現存する杵島神社は、須古三代邑主・鍋島茂周が始祖を祀り建立したという。
Wikipedia    内容詳細  
97.熊ノ川城  ・山城
熊ノ川城(くまのかわじょう)は佐賀県に存在した山城。
Wikipedia    内容詳細  
98.佐嘉飯盛城  ・連郭式平城
佐嘉飯盛城(さがいさがいじょう)は佐賀県に存在した日本の城(平城)。
Wikipedia    内容詳細  
99.佐賀城  ・輪郭梯郭複合式平城
佐賀城(さがじょう)は、肥前国佐賀郡佐賀(現在の佐賀県佐賀市城内)にあった日本の城。佐賀城の前身は肥前の戦国大名の龍造寺隆信をはじめ龍造寺宗家代々の居城佐賀龍造寺城であり、慶長期に鍋島氏による改修により、現在の佐賀城の姿になった。古名は佐嘉城[1]。別名、沈み城、亀甲城。江戸時代初頭に完成し以降、外様大名の佐賀藩鍋島氏の居城であった。
Wikipedia    内容詳細  
100.崎村城  ・平城
崎村城(さきむらじょう)は佐賀県に存在した平城。
Wikipedia    内容詳細  
101.塩吹城  ・山城
塩吹城(しおふきじょう)は佐賀県嬉野市塩田町に存在した山城。
Wikipedia    内容詳細  
102.獅子ケ城  ・山城
獅子ケ城(ししがじょう)、または鹿家城・獅子城は、佐賀県唐津市厳木町岩屋・浪瀬に存在した日本の城(山城)。佐賀県指定史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  

佐賀県の博物館

103.小笠原記念館
小笠原記念館(おがさわらきねんかん)は佐賀県唐津市にある博物館[1]。老朽化のため2023年(令和5年)12月27日で閉館となる[2]。 旧小笠原藩の有志の寄付により、1956年(昭和31年)に小笠原家の菩提寺である近松寺の西北隅に開館した[1][2]。設計は今井兼次、施工は竹中工務店による鉄筋コンクリートの建物である[1]。 1967年(昭和42年)に唐津市に移管され、唐津城管理事務所の分館として再発足し、近松寺と管理委託契約が結ばれた[1]。 老朽化のため2023年(令和5年)12月27日で閉館し、2024年度中に解体されることになっている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
104.佐賀県立宇宙科学館  ・〒843-0021武雄市武雄町永島16351
佐賀県立宇宙科学館(さがけんりつうちゅうかがくかん)は、佐賀県武雄市にある宇宙に関する展示を主とした科学館である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
105.佐賀県立名護屋城博物館  ・〒847-0401唐津市鎮西町名護屋1931番地3
佐賀県立名護屋城博物館(さがけんりつなごやじょうはくぶつかん)は、佐賀県唐津市鎮西町にある博物館。 豊臣秀吉の唐入り(文禄・慶長の役)の出兵拠点として築かれた名護屋城跡に隣接している。
Wikipedia    内容詳細  
106.佐賀県立博物館  ・〒840-0041佐賀県佐賀市城内1-15-23
佐賀県立博物館(さがけんりつはくぶつかん)は、佐賀県佐賀市城内にある県立の総合博物館である。佐賀県立美術館とは通路で接続する。
Wikipedia    内容詳細  
107.佐賀市歴史民俗館
佐賀市歴史民俗館(さがしれきしみんぞくかん)は佐賀県佐賀市柳町にある、歴史的建物群の総称。旧長崎街道沿いに残る貴重な歴史的価値のある建物を後世に伝え、観光資源としてなど市の財産として活用することを目的に整備・公開されている。1997年に旧古賀銀行、旧古賀家、旧牛島家の3館が開館し、2000年に旧三省銀行と旧福田家が追加開館した。さらに2016年に旧森永家、旧久富家が追加され、計7館が公開されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
108.佐賀バルーンミュージアム  ・〒840-0831佐賀市松原2丁目2番27号
佐賀バルーンミュージアム(さがバルーンミュージアム)は、佐賀県佐賀市松原にある熱気球をテーマにした日本国内初の常設博物館[1]。
Wikipedia    内容詳細  
109.中冨記念くすり博物館  ・〒841-0004佐賀県鳥栖市神辺町288-1
中冨記念くすり博物館(なかとみきねんくすりはくぶつかん)は、佐賀県鳥栖市にある公益財団法人中冨記念財団が運営する歴史民俗博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
110.末盧館  ・〒847-0844佐賀県唐津市菜畑3359-2
末盧館(まつろかん)は日本の佐賀県唐津市にある唐津市立の歴史博物館。日本最古の稲作遺跡である菜畑遺跡で知られる菜畑地区に在する。 弥生時代の高床倉庫を模した外観が特徴的である。名称は魏志倭人伝に記述のある、この地域に存在したとされる末盧国から付けられた。 稲作の発祥と伝播についての資料が豊富。復元された水田跡や竪穴建物、弥生時代の菜畑集落のジオラマ模型がある。常設展示室では、石包丁、炭化米、農機具、鯨骨など出土品を見ることができる。
Wikipedia    内容詳細  
111.伊万里湾カブトガニの館
伊万里湾カブトガニの館(いまりわんカブトガニのやかた)とは、カブトガニの生態を保護・観察することを目的に地元の住民団体「牧島のカブトガニとホタルを育てる会」が佐賀県伊万里市に創設し、運営している施設である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

佐賀県の植物園

112.松浦河畔公園
松浦河畔公園(まつうらかはんこうえん)は、佐賀県唐津市にある公園。 1975年、唐津市の松浦川河畔(東側)、鏡(かがみ)から原(はる)にかけて、唐津競艇場が現在地に移転したことを期に整備が開始された。運動場、テニスコート、森林、芝生などの緑地、児童向けの模型鉄道などがある。普段は人影もまばらだが、5月、ツツジの季節には景観が楽しめる。西九州自動車道唐津道路唐津インターチェンジを出て、すぐの場所にある。 座標: 北緯33度25分38.147秒 東経129度59分35.988秒
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

佐賀県の美術館

113.有田陶磁美術館  ・〒844-0004佐賀県西松浦郡有田町大樽1-4-2
有田陶磁美術館(ありたとうじびじゅつかん)は、佐賀県西松浦郡有田町にある陶磁器専門の町立美術館である。 明治時代の初めに建てられた石造りの焼き物倉庫(2階建て)を改築し、1954年5月1日に開館した。開館当初は、陶磁器の収集、保存、展示にとどまらず、窯業に関する資料の収集、整理、研究を通した美術史、産業史の紹介も行っていた。しかし、その後、近隣に類似の施設が相次いで開館したため、その役割を有田陶磁の歴史が概観できる優品の収蔵展示に特化した。 収蔵品は有田陶磁創始期の17世紀初頭から現代のものまで多様であるが、その中心は幕末から近代にかけての作品である。
Wikipedia    内容詳細  
114.佐賀県立九州陶磁文化館  ・〒844-8585佐賀県西松浦郡有田町戸杓乙3100-1
佐賀県立九州陶磁文化館(さがけんりつきゅうしゅうとうじぶんかかん)は、佐賀県西松浦郡有田町にある陶磁器専門の県立美術館である。 伊万里焼(有田焼)の磁器や唐津焼の陶器をはじめとした肥前の陶磁器を中心に、九州各地の陶磁器の名品を収蔵展示する。伊万里焼(有田焼)については、江戸初期から幕末までの変遷を辿ることができる学術的価値のある作品群や、金欄手を中心としたヨーロッパ輸出品を再輸入した作品群など広く収蔵している。また江戸時代までの古陶磁のみならず、九州の現代陶芸家の作品もある[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
115.佐賀県立美術館  ・〒840-0041佐賀県佐賀市城内1-15-23
佐賀県立美術館(さがけんりつびじゅつかん)は、佐賀県佐賀市城内にある県立美術館である。佐賀県立博物館とは通路で接続する。
Wikipedia    内容詳細  
116.佐賀大学美術館  ・〒840-8502佐賀県佐賀市本庄町本庄1番地
佐賀大学美術館(さがだいがくびじゅつかん)は、佐賀県佐賀市本庄町本庄の佐賀大学本庄キャンパス構内にある美術館。
Wikipedia    内容詳細  

佐賀県の鉄道

117.伊賀屋駅  ・佐賀県佐賀市兵庫町若宮1740
伊賀屋駅(いがやえき)は、佐賀県佐賀市兵庫町若宮にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。駅番号はJH07。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
118.牛津駅  ・佐賀県小城市牛津町柿樋瀬1128
牛津駅(うしづえき)は、佐賀県小城市牛津町柿樋瀬(かきひせ)にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
119.嬉野温泉駅  ・佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿甲93番地2[1]
嬉野温泉駅(うれしのおんせんえき)は、佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿にある、九州旅客鉄道(JR九州)西九州新幹線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
120.大町駅 (佐賀県)  ・佐賀県杵島郡大町町大字福母376
大町駅(おおまちえき)は、佐賀県杵島郡大町町大字福母にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の駅である[2]。国鉄時代末期は一部の特急「みどり」が停車していたが、現在は普通列車のみ停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
121.小城駅  ・佐賀県小城市三日月町久米2083
小城駅(おぎえき)は、佐賀県小城市三日月町久米にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
122.神埼駅  ・佐賀県神埼市神埼町田道ヶ里2344-5
神埼駅(かんざきえき)は、佐賀県神埼市神埼町田道ヶ里にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。駅番号はJH06。旧・神埼町及び神埼市の中心駅である。3回の駅名変更を経験している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
123.北方駅 (佐賀県)  ・佐賀県武雄市北方町大字志久535
北方駅(きたがたえき)は、佐賀県武雄市北方町大字志久にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
124.基山駅  ・佐賀県三養基郡基山町大字小倉[1]
基山駅(きやまえき)は、佐賀県三養基郡基山町大字小倉にある、九州旅客鉄道(JR九州)・甘木鉄道の駅である[1]。両社の共同使用駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
125.久保田駅 (佐賀県)  ・佐賀県佐賀市久保田町大字徳万
久保田駅(くぼたえき)は、佐賀県佐賀市久保田町大字徳万にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
126.けやき台駅  ・佐賀県三養基郡基山町大字小倉[1]
けやき台駅(けやきだいえき)は、佐賀県三養基郡基山町大字小倉にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線の駅である[1]。駅番号はJB11。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
127.江北駅 (佐賀県)  ・佐賀県杵島郡江北町大字山口1381-1
江北駅(こうほくえき)は、佐賀県杵島郡江北町大字山口にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
128.佐賀駅  ・佐賀県佐賀市駅前中央一丁目11番10号
佐賀駅(さがえき)は、佐賀県佐賀市駅前中央一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。駅番号はJH08。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
129.里信号場  ・佐賀県藤津郡太良町大字大浦里
里信号場(さとしんごうじょう)は、佐賀県藤津郡太良町大字大浦里にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
130.新鳥栖駅  ・佐賀県鳥栖市原古賀町220-2
新鳥栖駅(しんとすえき)は、佐賀県鳥栖市原古賀町にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。2022年(令和4年)9月23日の西九州新幹線開業までは、佐賀県内にある唯一の新幹線駅であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
131.高橋駅  ・佐賀県武雄市朝日町大字甘久
高橋駅(たかはしえき)は、佐賀県武雄市朝日町大字甘久にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
132.多久駅  ・佐賀県多久市北多久町大字小侍1024
多久駅(たくえき)は、佐賀県多久市北多久町大字小侍にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
133.武雄温泉駅  ・佐賀県武雄市武雄町大字富岡8260
武雄温泉駅(たけおおんせんえき)は、佐賀県武雄市武雄町大字富岡にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
134.田代駅  ・佐賀県鳥栖市桜町[2]
田代駅(たしろえき)佐賀県鳥栖市桜町にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線の駅である[2]。駅番号はJB14。九州鉄道(初代)開業時より現存する九州最古の駅の一つでもある[注釈 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
135.立野駅 (佐賀県)  ・佐賀県三養基郡基山町大字長野
立野駅(たてのえき)は、佐賀県三養基郡基山町大字長野に所在する甘木鉄道甘木線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
136.多良駅  ・佐賀県藤津郡太良町大字多良1702-5
多良駅(たらえき)は、佐賀県藤津郡太良町大字多良にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
137.鳥栖駅  ・佐賀県鳥栖市京町[1]
鳥栖駅(とすえき)は、佐賀県鳥栖市京町にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である[1]。九州鉄道(初代)開業時より現存する九州最古の駅の一つでもある[注釈 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
138.鳥栖貨物ターミナル駅  ・佐賀県鳥栖市原町1370番地4
鳥栖貨物ターミナル駅(とすかもつターミナルえき)は、佐賀県鳥栖市原町1370番地4に駅事務所を置く、日本貨物鉄道(JR貨物)の貨物駅である。鹿児島本線所属。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
139.永尾駅  ・佐賀県武雄市山内町大字犬走
永尾駅(ながおえき)は、佐賀県武雄市山内町大字犬走にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
140.中多久駅  ・佐賀県多久市南多久町大字長尾
中多久駅(なかたくえき)は、佐賀県多久市南多久町大字長尾にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
141.中原駅  ・佐賀県三養基郡みやき町大字原古賀1016-2
中原駅(なかばるえき)は、佐賀県三養基郡みやき町大字原古賀にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。駅番号はJH04。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
142.鍋島駅  ・佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸溝1303(JR九州)佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸310(JR貨物)
鍋島駅(なべしまえき)は、佐賀県佐賀市鍋島町大字八戸溝および大字八戸にある、九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物鉄道(JR貨物)長崎本線の駅である。久保田駅から乗り入れる唐津線の列車も利用が可能である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
143.東多久駅  ・佐賀県多久市東多久町大字別府5330-2
東多久駅(ひがしたくえき)は、佐賀県多久市東多久町大字別府にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
144.肥前旭駅  ・佐賀県鳥栖市儀徳町[2]
肥前旭駅(ひぜんあさひえき)は、佐賀県鳥栖市儀徳町(ぎとくまち)にある、九州旅客鉄道(JR九州)鹿児島本線の駅である[2]。駅番号はJB16。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
145.肥前飯田駅  ・佐賀県鹿島市大字飯田33
肥前飯田駅(ひぜんいいだえき)は、佐賀県鹿島市大字飯田にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
146.肥前大浦駅  ・佐賀県藤津郡太良町大字大浦丙1632
肥前大浦駅(ひぜんおおうらえき)は、佐賀県藤津郡太良町大字大浦丙にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
147.肥前鹿島駅  ・佐賀県鹿島市大字高津原4111-2
肥前鹿島駅(ひぜんかしまえき)は、佐賀県鹿島市大字高津原にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
148.肥前白石駅  ・佐賀県杵島郡白石町大字福田1993-5
肥前白石駅(ひぜんしろいしえき)は、佐賀県杵島郡白石町大字福田にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
149.肥前七浦駅  ・佐賀県鹿島市大字音成562
肥前七浦駅(ひぜんななうらえき)は、佐賀県鹿島市大字音成にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
150.肥前浜駅  ・佐賀県鹿島市浜町933
肥前浜駅(ひぜんはまえき)は、佐賀県鹿島市浜町にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
151.肥前麓駅  ・佐賀県鳥栖市平田町1248
肥前麓駅(ひぜんふもとえき)は、佐賀県鳥栖市平田町にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。駅番号はJH03。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
152.肥前竜王駅  ・佐賀県杵島郡白石町大字坂田
肥前竜王駅(ひぜんりゅうおうえき)は、佐賀県杵島郡白石町大字坂田にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。駅名は旧竜王村に由来する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
153.三間坂駅  ・佐賀県武雄市山内町大字三間坂14057
三間坂駅(みまさかえき)は、佐賀県武雄市山内町大字三間坂にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
154.弥生が丘駅  ・佐賀県鳥栖市弥生が丘一丁目[1]
弥生が丘駅(やよいがおかえき)は、佐賀県鳥栖市弥生が丘一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)の鹿児島本線の駅である[1]。駅番号はJB13。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
155.吉野ケ里公園駅  ・佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田251-2
吉野ケ里公園駅(よしのがりこうえんえき)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。駅番号はJH05。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
156.バルーンさが駅  ・佐賀県佐賀市嘉瀬町大字萩野
バルーンさが駅(バルーンさがえき)は、佐賀県佐賀市嘉瀬町大字荻野にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅(臨時駅)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
157.有田駅  ・佐賀県西松浦郡有田町本町丙
有田駅(ありたえき)は、佐賀県西松浦郡有田町本町丙にある、九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物鉄道(JR貨物)・松浦鉄道の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
158.大木駅  ・佐賀県西松浦郡有田町大木宿
大木駅(おおぎえき)は、佐賀県西松浦郡有田町大木宿にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
159.上有田駅  ・佐賀県西松浦郡有田町中樽一丁目
上有田駅(かみありたえき)は、佐賀県西松浦郡有田町中樽一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
160.黒川駅 (佐賀県)  ・佐賀県西松浦郡有田町黒川
黒川駅(くろごうえき)は、佐賀県西松浦郡有田町黒川にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
161.蔵宿駅  ・佐賀県西松浦郡有田町蔵宿
蔵宿駅(ぞうしゅくえき)は、佐賀県西松浦郡有田町蔵宿にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
162.西有田駅  ・佐賀県西松浦郡有田町立部
西有田駅(にしありたえき)は、佐賀県西松浦郡有田町立部にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
163.西有田信号場  ・佐賀県西松浦郡有田町原明
西有田信号場(にしありたしんごうじょう)は、佐賀県西松浦郡有田町原明にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の信号場。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
164.三代橋駅  ・佐賀県西松浦郡有田町南原
三代橋駅(みだいばしえき)は、佐賀県西松浦郡有田町南原にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
165.夫婦石駅  ・佐賀県西松浦郡有田町二ノ瀬
夫婦石駅(めおといしえき)は、佐賀県西松浦郡有田町二ノ瀬にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
166.山谷駅  ・佐賀県西松浦郡有田町下山谷
山谷駅(やまだにえき)は、佐賀県西松浦郡有田町下山谷にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
167.世界焱博駅  ・佐賀県西松浦郡有田町
世界焱博駅(せかいほのおはくえき)は、かつて松浦鉄道西九州線に開設されていた臨時駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
168.伊万里駅  ・佐賀県伊万里市新天町
伊万里駅(いまりえき)は、佐賀県伊万里市新天町にある、九州旅客鉄道(JR九州)・松浦鉄道の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
169.浦ノ崎駅  ・佐賀県伊万里市山代町立岩
浦ノ崎駅(うらのさきえき)は、佐賀県伊万里市山代町立岩にある松浦鉄道西九州線の駅。伊万里湾に浮かぶ福島へ渡る渡船が発着する浦ノ崎港への最寄り駅であり、国鉄時代は急行「平戸」の停車駅であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
170.大川野駅  ・佐賀県伊万里市大川町大川野3372
大川野駅(おおかわのえき)は、佐賀県伊万里市大川町大川野にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
171.金石原駅  ・佐賀県伊万里市松浦町山形4737
金石原駅(かないしはらえき)は、佐賀県伊万里市松浦町山形にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
172.金武駅  ・佐賀県伊万里市二里町中里乙
金武駅(かなたけえき)は、佐賀県伊万里市二里町中里乙にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
173.上伊万里駅  ・佐賀県伊万里市大坪町丙1243
上伊万里駅(かみいまりえき)は、佐賀県伊万里市大坪町丙にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
174.川東駅 (佐賀県)  ・佐賀県伊万里市二里町大里甲
川東駅(かわひがしえき)は、佐賀県伊万里市二里町大里甲にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
175.楠久駅  ・佐賀県伊万里市山代町楠久
楠久駅(くすくえき)は、佐賀県伊万里市山代町楠久にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
176.久原駅  ・佐賀県伊万里市山代町久原
久原駅(くばらえき)は、佐賀県伊万里市山代町久原にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
177.駒鳴駅  ・佐賀県伊万里市大川町駒鳴3942
駒鳴駅(こまなきえき)は、佐賀県伊万里市大川町駒鳴にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
178.里駅  ・佐賀県伊万里市東山代町里
里駅(さとえき)は、佐賀県伊万里市東山代町里にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
179.鳴石駅  ・佐賀県伊万里市山代町峰
鳴石駅(なるいしえき)は、佐賀県伊万里市山代町峰にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
180.波瀬駅  ・佐賀県伊万里市山代町久原
波瀬駅(はぜえき)は、佐賀県伊万里市山代町久原にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
181.東山代駅  ・佐賀県伊万里市東山代町長浜
東山代駅(ひがしやましろえき)は、佐賀県伊万里市東山代町長浜にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
182.肥前長野駅  ・佐賀県伊万里市大川町大川野1662
肥前長野駅(ひぜんながのえき)は、佐賀県伊万里市大川町大川野にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
183.福島口駅  ・佐賀県伊万里市山代町立岩
福島口駅(ふくしまぐちえき)は、佐賀県伊万里市山代町立岩にある松浦鉄道西九州線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
184.桃川駅  ・佐賀県伊万里市松浦町桃川5569
桃川駅(もものかわえき)は、佐賀県伊万里市松浦町桃川にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
185.岩屋駅 (佐賀県)  ・佐賀県唐津市厳木町本山369
岩屋駅(いわやえき)は、佐賀県唐津市厳木町本山にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
186.相知駅  ・佐賀県唐津市相知町相知30-2
相知駅(おうちえき)は、佐賀県唐津市相知町相知にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
187.鬼塚駅  ・佐賀県唐津市養母田鬼塚1434
鬼塚駅(おにづかえき)は、佐賀県唐津市養母田鬼塚にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。山本駅から乗り入れる筑肥線の列車も利用が可能である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
188.唐津駅  ・佐賀県唐津市新興町2935-1
唐津駅(からつえき)は、佐賀県唐津市新興町にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
189.厳木駅  ・佐賀県唐津市厳木町厳木729
厳木駅(きゅうらぎえき)は、佐賀県唐津市厳木町厳木にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。また難読駅のひとつとしても知られている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
190.佐里駅  ・佐賀県唐津市相知町佐里
佐里駅(さりえき)は、佐賀県唐津市相知町佐里にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
191.西相知駅  ・佐賀県唐津市相知町佐里
西相知駅(にしおうちえき)は、佐賀県唐津市相知町佐里にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
192.西唐津駅  ・佐賀県唐津市二タ子二丁目1-15
西唐津駅(にしからつえき)は、佐賀県唐津市二タ子二丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。同線の終着駅となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
193.虹ノ松原駅  ・佐賀県唐津市鏡虹町
虹ノ松原駅(にじのまつばらえき)は、佐賀県唐津市鏡虹町にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である。駅番号はJK17。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
194.浜崎駅  ・佐賀県唐津市浜玉町浜崎108-3
浜崎駅(はまさきえき)は、佐賀県唐津市浜玉町浜崎にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である。駅番号はJK16。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
195.東唐津駅  ・佐賀県唐津市松南町108-3
東唐津駅(ひがしからつえき)は、佐賀県唐津市松南町にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である。駅番号はJK18。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
196.肥前久保駅  ・佐賀県唐津市相知町久保
肥前久保駅(ひぜんくぼえき)は、佐賀県唐津市相知町久保にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
197.本牟田部駅  ・佐賀県唐津市相知町牟田部
本牟田部駅(ほんむたべえき)は佐賀県唐津市相知町牟田部にある、九州旅客鉄道(JR九州)唐津線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
198.山本駅 (佐賀県)  ・佐賀県唐津市山本469
山本駅(やまもとえき)は、佐賀県唐津市山本にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
199.和多田駅  ・佐賀県唐津市和多田用尺5-3
和多田駅(わただえき)は、佐賀県唐津市和多田用尺にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線の駅である。駅番号はJK19。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
200.相知炭坑駅  ・佐賀県東松浦郡相知町相知
相知炭坑駅(おうちたんこうえき)は、かつて佐賀県東松浦郡相知町(現・唐津市)相知にあった、日本国有鉄道(国鉄)唐津線の貨物駅(廃駅)である。貨物支線の廃線に伴い、1978年(昭和53年)10月1日に廃駅となった[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
201.大島駅 (佐賀県)  ・佐賀県唐津市大島
大島駅(おおしまえき)は、かつて佐賀県唐津市大島にあった、日本国有鉄道(国鉄)唐津線の貨物駅(廃駅)である。貨物支線の廃線に伴い、1982年(昭和57年)11月15日に廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
202.鏡駅  ・佐賀県唐津市原
鏡駅(かがみえき)は、かつて佐賀県唐津市にあった日本国有鉄道(国鉄)筑肥線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
203.鹿ノ口駅  ・佐賀県東松浦郡
鹿ノ口駅(かのくちえき)は、かつて佐賀県東松浦郡にあった、鉄道院(省鉄)唐津線の貨物駅(廃駅)である。貨物支線の廃線に伴い、1912年(明治45年)1月26日に廃駅となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
204.岸嶽駅  ・佐賀県東松浦郡北波多村大字岸山
岸嶽駅(きしたけえき)は、かつて佐賀県東松浦郡北波多村(現・唐津市)にあった日本国有鉄道唐津線(岸嶽支線)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
205.久里駅  ・佐賀県唐津市久里
久里駅(くりえき)は、かつて佐賀県唐津市にあった日本国有鉄道(国鉄)筑肥線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
206.中相知信号場  ・佐賀県東松浦郡
中相知信号場(なかおうちしんごうじょう)は、かつて佐賀県東松浦郡にあった、日本国有鉄道(国鉄)唐津線の信号場(廃止)である。相知炭坑駅(貨物駅)に向かう貨物支線を本線から分岐するために設けられた単線分岐型の信号場であったが、1966年(昭和41年)頃に廃止となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
207.牟田部駅  ・佐賀県東松浦郡相知町牟田部
牟田部駅(むたべえき)は、かつて佐賀県相知町(現・唐津市)牟田部にあった日本国有鉄道唐津線(岸嶽支線)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

佐賀県の公園

208.嬉野総合運動公園  ・ 日本佐賀県嬉野市
嬉野総合運動公園(うれしのそうごううんどうこえん)は、佐賀県嬉野市にある都市公園(運動公園)である[1]。一般財団法人嬉野市体育協会が指定管理者として管理し[2]、みゆき公園という愛称で呼ばれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
209.小城公園  ・ 日本佐賀県小城市小城町
小城公園(おぎこうえん)は、佐賀県小城市小城町に所在する都市公園(総合公園)である[1]。前身の桜岡公園の名で呼ばれることもある。園内の小高い丘「桜ヶ岡」を借景にした庭園「自楽園」があり、周辺には約3,000本の桜が咲く。また、岡山神社と烏森稲荷神社の2つの神社、また丘の頂部には古墳があるほか、都市公園として運動場が設けられている。日本さくら名所100選および日本の歴史公園100選に選定されている。初夏に小城の祇園川上流へと移動する蛍が飛び交うのを最初に見られる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
210.川上金立県立自然公園
川上金立県立自然公園(かわかみきんりゅうけんりつしぜんこうえん)は、佐賀県にある県立自然公園である。佐賀市と神埼市にまたがる[1]。面積30.21km2。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
211.玄海国定公園
玄海国定公園(げんかいこくていこうえん)は、九州の福岡、佐賀、長崎各県の玄界灘沿岸(長崎県は福島、鷹島のみ)を中心に指定された国定公園である。指定年月日は1956年6月1日[1]、総面積は101.58km2(2001年3月31日現在)。十数か所の松原や玄武岩による海食地形などの自然景勝地や朝鮮半島などとの交流に関係する文化史跡が多い。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
212.神野公園 (佐賀市)  ・ 日本佐賀県佐賀市神園四丁目
神野公園(こうのこうえん)は、佐賀県佐賀市神園4丁目1番3号に位置する都市公園(地区公園)である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
213.佐賀県立森林公園  ・ 日本佐賀県佐賀市
佐賀県立森林公園(さがけんりつしんりんこうえん)は、佐賀県佐賀市久保田町にある佐賀県立の都市公園(広域公園)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
214.佐賀城公園  ・ 日本佐賀県佐賀市城内一丁目、二丁目、水ヶ江一丁目、三丁目、中の館町、鬼丸町、赤松町、与賀町
佐賀城公園(さがじょうこうえん)は、佐賀県佐賀市城内にある佐賀城跡を中心とした県立の都市公園(総合公園)である[1]。佐賀県庁など行政の中心部近くにあり、三方を濠に囲まれた公園は市民の憩いの場となっている。1989年(平成元年)7月28日には日本の都市公園100選に、2007年(平成19年)2月5日には日本の歴史公園100選の一つに選定された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
215.西渓公園  ・ 日本佐賀県多久市多久町
西渓公園(せいけいこうえん)は、佐賀県多久市多久町に所在する都市公園(近隣公園)である[3]。明治の炭鉱開発を手掛けた実業家高取伊好が寄贈したもの。山を借景にした山水庭園や高取の立像、3つの市立資料館などがある。園内に建つ木造の和風公会堂「寒鶯亭」は国の登録有形文化財。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
216.脊振北山県立自然公園
脊振北山県立自然公園(せふりほくざんけんりつしぜんこうえん)は、佐賀県にある県立自然公園である。脊振山地の東半を占める。佐賀市、唐津市、神埼市、鳥栖市、吉野ヶ里町、みやき町、基山町にまたがる[1]。面積79.67km2。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
217.体育の森公園  ・佐賀県唐津市和多田大土井4978番地1
体育の森公園(たいいくのもりこうえん)は、日本の佐賀県唐津市にある都市公園(運動公園)である[1]。多目的スポーツ複合施設が設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
218.どんどんどんの森  ・ 日本佐賀県佐賀市天神三丁目
どんどんどんの森(どんどんどんのもり)は、佐賀市中心部にある都市緑地である[1]。再開発に伴い整備された。「どん3の森」と略記することもある。話し言葉では「どんスリー」や「どんスリーの森」と略す場合もある。英語名は"Don-Don-Don no Mori"であり、近くの交差点の交通案内板には「どん3の森 Don-Don-Don no Mori」と表示されている
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
219.干潟よか公園
干潟よか公園(ひがたよかこうえん)とは、佐賀県佐賀市東与賀町に所在する公園である。昭和天皇最後の御幸地である東与賀海岸沿いにあり、有明海の東よか干潟に面している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
220.松浦河畔公園
松浦河畔公園(まつうらかはんこうえん)は、佐賀県唐津市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
221.吉野ヶ里遺跡  ・ 佐賀県吉野ヶ里町、神埼市
吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵にある遺跡。国の特別史跡に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

佐賀県の温泉

222.いろは島温泉  ・佐賀県唐津市肥前町満越
いろは島温泉(いろはしまおんせん)は佐賀県唐津市肥前町満越にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
223.嬉野温泉  ・佐賀県嬉野市嬉野町
嬉野温泉(うれしのおんせん)は佐賀県嬉野市嬉野町(旧国肥前国)にある温泉。武雄温泉と並び県を代表する温泉である。 「日本三大美肌の湯・嬉野温泉」、「佐賀・嬉野温泉」の名称で嬉野市により商標登録されている。
Wikipedia    内容詳細  
224.小城温泉  ・佐賀県小城市小城町岩蔵
小城温泉(おぎおんせん)は、佐賀県小城市小城町岩蔵にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
225.唐津温泉  ・佐賀県唐津市大名小路
唐津温泉(からつおんせん)は佐賀県唐津市大名小路にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
226.川上峡温泉  ・佐賀県佐賀市大和町
川上峡温泉(かわかみきょうおんせん)は佐賀県佐賀市大和町にある温泉。熊の川温泉からの引き湯である。
Wikipedia    内容詳細  
227.熊の川温泉  ・佐賀県佐賀市富士町
熊の川温泉(くまのかわおんせん)は、佐賀県佐賀市富士町(旧国肥前国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
228.武雄温泉  ・佐賀県武雄市
武雄温泉(たけおおんせん)は、佐賀県武雄市(旧国肥前国)にある温泉街である。
Wikipedia    内容詳細  
229.太良温泉
太良温泉(たらおんせん)は、佐賀県藤津郡太良町にある海岸、島嶼沿いの温泉。 竹崎蟹で有名な竹崎島に湧く竹崎温泉(たら竹崎温泉)として知られているが、厳密には他に温泉地が存在する。昭文社では竹崎温泉を指して太良海浜温泉と表記している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
230.とりごえ温泉  ・佐賀県鳥栖市河内町
とりごえ温泉(とりごえおんせん)は佐賀県鳥栖市河内町にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
231.古湯温泉  ・佐賀県佐賀市富士町
古湯温泉(ふるゆおんせん)は、佐賀県佐賀市富士町(旧国肥前国)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

佐賀県の

232.天山 (佐賀県)  ・ 日本佐賀県唐津市・小城市・佐賀市・多久市
天山(てんざん)は筑紫山地に属する標高1,046.2メートルの山である。佐賀県唐津市、小城市、佐賀市、多久市に跨り、佐賀県のほぼ中央に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
233.唐泉山  ・ 日本佐賀県嬉野市
唐泉山(とうせんざん)は佐賀県嬉野市にある標高409.7メートル(m)の山[注 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
234.十坊山  ・ 日本福岡県糸島市・佐賀県唐津市
十坊山(とんぼやま)は佐賀県唐津市と福岡県糸島市との境界にある山である。 標高は535.2メートル[1]。脊振山地最西端の山である。西方3kmは唐津湾に面し、国道202号やJR筑肥線が海岸線を通る。東には白木峠があり佐賀県道・福岡県道143号藤川二丈線を通す。南東斜面にはゴルフ場が広がる。 山頂からは唐津湾が一望でき、視界が良好ならば、壱岐、対馬の島影も見える。福岡側は可也山や能古島、志賀島などが見渡せる、いわゆる国見山のひとつである。 「十坊山(とんぼやま)」の名は、山に10軒の山寺があり僧侶が修行していたことに由来する[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
235.羽金山  ・ 日本佐賀県佐賀市
羽金山(はがねやま)は、福岡県糸島市と佐賀県佐賀市との境界にある、脊振山地に属する山である。山頂及び三角点は、両県の県境から約70メートルの佐賀県佐賀市側にある。山頂のはがね山標準電波送信所も同じく佐賀県側にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
236.八幡岳 (佐賀県)  ・ 日本佐賀県唐津市・伊万里市・武雄市・多久市
八幡岳(はちまんだけ)は、筑紫山地に属する佐賀県の山である。標高763.6メートル。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
237.蛤岳  ・ 日本 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町
蛤岳(はまぐりだけ)は、日本南部の九州・佐賀県北部にある、脊振山系に属する標高862.8mの山である。 福岡県との県境近くの神埼郡吉野ヶ里町北部にある。山頂には直径3〜4mほどの蛤岩と呼ばれる巨石があり、これが東西に割れて蛤が殻を開いた様子に見えることから名付けられたと言われている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
238.日の隈山  ・ 日本佐賀県神埼市
日の隈山(ひのくまやま)は、佐賀県神埼市にある標高158mの小高い山である。奈良時代から通信・伝達手段として烽(のろし)が置かれ、江戸時代以降には肥前七隈の1つとしての景勝地である。別名、西郷富士(さいごうふじ)と呼ばれる。中腹には日の隈カンツリークラブ、南麓には日の隈公園がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
239.雷山  ・ 日本福岡県糸島市・佐賀県佐賀市
雷山(らいざん)は、福岡県糸島市と佐賀県佐賀市との境にある山。標高954.5m[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
240.猟師岩山  ・ 日本福岡県福岡市早良区・佐賀県佐賀市
猟師岩山(りょうしいわやま)は、日本の九州地方北部にある、脊振山地の山の一つである。福岡県福岡市早良区と佐賀県佐賀市の境界にあり、標高は893.4m。 九州自然歩道が整備されており、佐賀市三瀬村井出野地区から西椎原峠を経て登るルートなどがある。 沿道では、コバノミツバツツジやシャクナゲなどといった植物の群生を観察できる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
241.浮嶽  ・ 日本福岡県糸島市・佐賀県唐津市
浮嶽(うきだけ)は、福岡県糸島市二丈と佐賀県唐津市七山との県境に位置する山。福岡県と佐賀県を南北に画す脊振山系(脊振山地)の西端部にあたる[1]。標高は805.1メートル[2]。浮岳とも書く[3]。別名は筑紫富士(つくしふじ)[3]。 浮嶽神社(うきだけじんじゃ)があり、山岳信仰の対象とされるとともに、航海上の目印として海上交通の安全を祈願する霊山として知られてきた[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
242.九千部山  ・ 日本福岡県那珂川市・佐賀県鳥栖市
九千部山(くせんぶやま)は、佐賀県鳥栖市と福岡県那珂川市にまたがる山である。山頂は鳥栖側にあり標高は847.5m。脊振山系。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
243.十坊山  ・ 日本福岡県糸島市・佐賀県唐津市
十坊山(とんぼやま)は佐賀県唐津市と福岡県糸島市との境界にある山である。 標高は535.2メートル[1]。脊振山地最西端の山である。西方3kmは唐津湾に面し、国道202号やJR筑肥線が海岸線を通る。東には白木峠があり佐賀県道・福岡県道143号藤川二丈線を通す。南東斜面にはゴルフ場が広がる。 山頂からは唐津湾が一望でき、視界が良好ならば、壱岐、対馬の島影も見える。福岡側は可也山や能古島、志賀島などが見渡せる、いわゆる国見山のひとつである。 「十坊山(とんぼやま)」の名は、山に10軒の山寺があり僧侶が修行していたことに由来する[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
244.羽金山  ・ 日本佐賀県佐賀市
羽金山(はがねやま)は、福岡県糸島市と佐賀県佐賀市との境界にある、脊振山地に属する山である。山頂及び三角点は、両県の県境から約70メートルの佐賀県佐賀市側にある。山頂のはがね山標準電波送信所も同じく佐賀県側にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
245.雷山  ・ 日本福岡県糸島市・佐賀県佐賀市
雷山(らいざん)は、福岡県糸島市と佐賀県佐賀市との境にある山。標高954.5m[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
246.朝日山 (佐賀県)  ・ 日本佐賀県鳥栖市
朝日山(あさひやま)は、佐賀県鳥栖市村田町にある標高132.9メートルの山。九千部山麓の地溝状低地を北に挟み、平地に孤立している。結晶片岩による基盤が長年の侵食によりなだらかになり、段丘状の小山として残ったものである。山からは筑後川水系の西田川が発し、南に向かって流れている。 古代から交通の要衝にあり狼煙台や城塞(朝日山城)などが築かれ、しばしば戦場となった。現在は朝日山公園として整備されている他、麓にはブリヂストンがゴルフ場を開設している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
247.浮嶽  ・ 日本福岡県糸島市・佐賀県唐津市
浮嶽(うきだけ)は、福岡県糸島市二丈と佐賀県唐津市七山との県境に位置する山。福岡県と佐賀県を南北に画す脊振山系(脊振山地)の西端部にあたる[1]。標高は805.1メートル[2]。浮岳とも書く[3]。別名は筑紫富士(つくしふじ)[3]。 浮嶽神社(うきだけじんじゃ)があり、山岳信仰の対象とされるとともに、航海上の目印として海上交通の安全を祈願する霊山として知られてきた[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
248.鏡山 (佐賀県)  ・ 日本 佐賀県唐津市
鏡山(かがみやま)は、佐賀県唐津市にある山。標高283.56メートル(三等三角点の標高)。麓に鏡神社(松浦廟宮)がある。神功皇后・松浦佐用姫ゆかりの山。別名:領巾振山(ひれふりやま)[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
249.基山  ・佐賀県基山町
基山(きざん)は佐賀県三養基郡基山町と福岡県筑紫野市にまたがる標高404.5メートルの山。国の特別史跡基肄城跡が残る。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
250.衣干山  ・ 日本 佐賀県唐津市
衣干山(きぬぼしやま)は、佐賀県唐津市にある標高162.6メートルの山である。 山はJR唐津線西唐津駅の西南西約1kmの場所にある。山の名は、大伴狭手彦を追いかけ鏡山から下りて松浦川に飛び込んだ佐用姫がここで濡れた衣服を干して乾かしたという伝説に由来する[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
251.経ヶ岳 (佐賀県・長崎県)  ・ 日本 佐賀県鹿島市・藤津郡太良町・長崎県大村市
経ヶ岳(きょうがたけ)は、佐賀県鹿島市と藤津郡太良町および長崎県大村市の境に位置する多良山系に属する標高1,075.7mの火山である。佐賀県最高峰の山であると同時に、多良山系最高峰の山でもある。南東には多良岳もあり、両山を尾根伝いに縦走する人も多い。多良岳県立自然公園の一部である。山頂では多良岳や五家原岳、大村湾等を、天気が良ければ雲仙岳をも見渡すことができる。 古くに噴火した多良岳の火口の、北西部の先端が山頂となっている。噴火の記録は残っていない。 標高1,000m以上の山としては日本で最西端に位置する。従って日本国内には、経ヶ岳より西にそれより高い地点はない[注釈 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
252.九千部山  ・ 日本福岡県那珂川市・佐賀県鳥栖市
九千部山(くせんぶやま)は、佐賀県鳥栖市と福岡県那珂川市にまたがる山である。山頂は鳥栖側にあり標高は847.5m。脊振山系。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
253.黒髪山 (佐賀県)  ・ 日本佐賀県西松浦郡有田町・武雄市
黒髪山(くろかみやま、くろかみざん)は、佐賀県武雄市と同県西松浦郡有田町の市町境にある標高516mの山。「新日本百名山」及び「九州百名山」の一つ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
254.虚空蔵山 (長崎県川棚町)  ・ 日本 長崎県東彼杵郡川棚町同郡東彼杵町佐賀県嬉野市
虚空蔵山(こくぞうさん)は、長崎県東彼杵郡川棚町と同郡東彼杵町及び佐賀県嬉野市に跨っている標高608.5mの山。山頂は川棚町に属する。九州百名山の一つ。古くは甲後岳との別称があった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
255.腰岳  ・ 日本佐賀県伊万里市
腰岳(こしだけ)は北松浦半島、佐賀県伊万里市の南部にある標高487.7メートルの山[1][3]。俗に「烏ん枕(からすんまくら)」と呼ばれるガラス質の黒曜石を産する。腰岳産黒曜石の石器は九州内外の先史時代遺跡で発見されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
256.作礼山 (佐賀県)  ・ 日本 佐賀県唐津市
作礼山(さくれいざん)は佐賀県唐津市にある標高887.1メートルの山。 天山から約8km西北西にあり、脊振山地の南の山々から佐賀県南西部の低山・丘陵地帯への遷移部に位置する。南麓の平之川と西麓の右伊岐佐川はともに松浦川水系。 唐津市相知町伊岐佐と同市厳木町平之の境にあたる。2つの峰があり、うち西峰が作礼山の最高地点。その400m東にある東峰には作礼岳権現神社(作礼神社の上宮)が鎮座し、権現山とも呼ばれる。頂上付近にみどり池、中の池、じゅんさい池の3つの自然湧水池がある。そのほとりには「作礼山キャンプ場」が設けられていたが、2013年3月に閉鎖された。2つの峰の中間付近にはキャンプ場附設のローラー滑り台などの遊具が設置されていた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
257.ヅーベット山  ・ 日本佐賀県神埼市脊振町服巻
ヅーベット山(ヅーベットやま[1][2]、ヅーベットさん[3])は、佐賀県神埼市脊振町にある標高729.4 m[注 1]の山[1]。カタカナ表記の変わった山名として取り上げられることがある[3]。 脊振山地の南、城原川支流の川に沿う谷や小盆地と高原状の山々からなる脊振町(旧脊振村)に位置する。一帯は花崗岩を基盤とする地質。周辺には山頂の高さが同程度の仏ノ辻山 (576 m)、頭野山 (576 m)、苔谷山 (518 m)などがある[4]。 「ヅーベット山」という山名は、『神埼郡村誌』(1881年(明治14年))などに見える「胴別当山」が転訛したものと考えられている[3][1][2]。 志津田藤四郎・著の『佐賀の方言』においても、佐賀弁では「胴体」を「ヅーチャー」と読むなどドーをヅーと発音することが多いと解説し、ヅーベット山も例に挙げている[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
258.脊振山  ・ 日本福岡県福岡市早良区・佐賀県神埼市
脊振山(せふりさん)は、佐賀県神埼市と福岡県福岡市早良区との境に位置する標高1,054.6m、脊振山系最高峰の山である。日本三百名山の一つ。山頂には、航空自衛隊、アメリカ軍のレーダーサイト(脊振山分屯基地)がある。 江戸後期までは廣瀧山と呼ばれた。廣瀧山の麓に武家の廣瀧家を中心として村を築き、住んでいた。廣瀧家は織田家の正式な家紋と同一で、五つ木瓜。 なお、脊振山の表記は正式には「脊」を使い、「背」ではない。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

佐賀県の海岸

259.立神岩 (佐賀県)
立神岩(たてがみいわ)は、佐賀県唐津市湊町岡の海岸にある岩柱。玄界灘に面し、玄海国定公園の景勝地のひとつ[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
260.虹の松原
虹の松原(にじのまつばら)は、佐賀県唐津市の唐津湾沿岸に広がる松原。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
261.屋形石の七ツ釜
屋形石の七ツ釜(やかたいしのななつがま)とは、佐賀県唐津市の海岸に複数並んで存在する、海食洞である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

佐賀県の

262.伊万里湾大橋  ・佐賀県伊万里市
伊万里湾大橋(いまりわんおおはし)は、佐賀県伊万里市の伊万里港内にあり、同市山代町楠久と瀬戸町を結ぶ橋(アーチ橋、一部鉄筋コンクリートラーメン橋)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
263.外津橋  ・東岸:佐賀県唐津市鎮西町串西岸:佐賀県玄海町今村
外津橋(ほかわづばし)は、佐賀県唐津市鎮西町と玄海町を隔てる外津浦にかかる、国道204号の橋である。世界で初めてとなるトラス張出し工法によって造られたアーチ橋であり、橋長は252メートルである。1974年(昭和49年)全建賞および土木学会田中賞作品部門を受賞している。 同じ国道204号で東隣に名護屋大橋の建設が進む中で、同橋とは異なる新しい形式が提案された。前述工法の利点としては、従来のピロン工法が用いるピロン(仮設柱)仮設やバランスをとるための橋台側斜材の張力管理が不要になり、作業性も良く、斜材支持のための大規模な足場も不要なことなどが挙げられた。1972年(昭和47年)4月に着工。工事が進められるに従い、せり出したアーチリブを目にした住民の中には「崩れ落ちてしまうのではないか」と不安を抱く者もいたというが、1974年(昭和49年)5月1日無事竣工に至った[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
264.呼子大橋  ・佐賀県唐津市
呼子大橋(よぶこおおはし)は、佐賀県唐津市の離島である加部島と九州本土を結ぶ市道「呼子大橋線」[1]の道路橋。昭和63年度土木学会田中賞受賞[2]、プレストレストコンクリート技術協会作品賞受賞[2]。平成元年度農業土木学会上野賞受賞[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
265.大川橋 (福岡県)  ・福岡県大川市・佐賀県佐賀市
大川橋(おおかわばし)は、福岡県大川市・佐賀県佐賀市の筑後川に架かる国道208号の道路橋。1955年に完成。中州の大中島を挟んで架かる諸富橋(もろどみばし)とともに、県境を跨いで両市を結ぶ[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
266.筑後川昇開橋
筑後川昇開橋(ちくごがわしょうかいきょう、Chikugo River Lift bridge)は、日本国有鉄道(国鉄)佐賀線に存在し、筑後川をまたいで福岡県大川市と佐賀県佐賀市諸富町(廃線時・佐賀郡諸富町)を結んでいた鉄道用可動式橋梁である。佐賀線の廃線後も保存され、現在は歩道橋として活用されている。旧筑後川橋梁(筑後川昇開橋)として重要文化財および機械遺産に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
267.天建寺橋  ・右岸:佐賀県みやき町天建寺左岸:福岡県久留米市大善寺
天建寺橋(てんけんじばし)は、佐賀県三養基郡みやき町と福岡県久留米市との間を流れる筑後川にかかる、佐賀県道・福岡県道138号西島筑邦線のPC斜張橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
268.豆津橋  ・右岸:福岡県久留米市大石町左岸:佐賀県みやき町江口
豆津橋(まめづばし)とは、福岡県久留米市と佐賀県みやき町の間を流れる筑後川にかかる国道264号の橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

佐賀県の

269.有田川 (佐賀県)
有田川(ありたがわ)は、佐賀県西松浦郡有田町および伊万里市を流れる二級河川有田川水系の本流の河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
270.牛津川
牛津川(うしづがわ[1][2][注 1])は、佐賀県多久市西部に源を発し、小城市牛津町を経て、白石町福富付近で六角川に合流する一級河川である。延長約27km[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
271.嘉瀬川
嘉瀬川(かせがわ)は、佐賀県中東部を流れる嘉瀬川水系の本流で、一級河川である。 毎年11月に河川敷で佐賀インターナショナルバルーンフェスタが行われることで有名である。また上流には北山ダムや嘉瀬川ダム、川上峡があり、周辺は観光地になっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
272.厳木川
厳木川(きゅうらぎがわ)は、佐賀県唐津市東部に源を発し、下田ダム、厳木ダムを経て、旧厳木町及び旧相知町の中心部を流れ、唐津市相知町山崎で松浦川に合流する一級河川である。国土交通省により「水質が最も良好な河川」として四万十川などと並んで、平成30年、令和2年の全国一水質の美しい河川に選ばれている[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
273.清水川 (佐賀県)
清水川(きよみずがわ)は、佐賀県小城市を流れる一級河川嘉瀬川水系祇園川支流の河川である。源流部は天山県立自然公園[1]の区域に指定されている。 高取山西麓に端を発し渓流を形成し、清水川の名水百選の観光スポットである清水の滝の沢と合流し、合流地点の清水地区には鯉の洗いの料理店が並ぶ。その後水田地帯を南下しに嘉瀬川水系祇園川に合流する。清水川と祇園川は数十万匹のゲンジボタル生息地として有名である。 河川全体は「清水川」として「名水百選」に選定された[2] 。 座標: 北緯33度18分15.6秒 東経130度12分12.4秒 / 北緯33.304333度 東経130.203444度 / 33.304333; 130.203444
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
274.佐賀導水事業
佐賀導水事業(さがどうすいじぎょう)は、延長約23キロメートル(km)の水路(流況調整河川)と調整池、排水ポンプ場などを設けて集中管理し、佐賀市など佐賀平野の洪水調節と低地の浸水防止、佐賀県中西部の水道用水補給などを行う事業。筑後川と城原川を結ぶ東佐賀導水路、城原川と嘉瀬川を結ぶ西佐賀導水路、巨勢川調整池(佐賀市)などからなる[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
275.塩田川 (佐賀県)
塩田川(しおたがわ)は、佐賀県嬉野市・鹿島市・杵島郡白石町を流れる二級河川。嬉野市の中心河川であり、延長・流域面積ともに二級水系としては県内最大の規模を擁する。旧嬉野町域では嬉野川と呼ばれることもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
276.寒水川
寒水川(しょうずがわ)は、佐賀県東部を流れる筑後川水系の一級河川である。延長約15キロメートル(km)[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
277.多布施川
多布施川(たふせがわ)は、嘉瀬川(川上川[注 1])から佐賀県佐賀市大和町尼寺で分岐し佐賀市中心部に流れる川。 流路延長は9.5km[2][3]。両岸に遊歩道や桜並木などの河畔公園が整備されている[4][5][6]。 江戸初期、成富兵庫茂安が石井樋(いしいび)を築いて嘉瀬川本流からの水量を調整、佐賀城の濠までを繋ぎ、城下の飲料水や近郊水田地帯の灌漑用水を確保するとともに佐賀平野の水害防止を図った[2]。かつては川上(大和町川上の都渡城)と佐賀城下を結ぶ水運路として人や物資を運んだ[2]。地下水を水源とする上水道の開設により大正から昭和前半までの一時期は飲料水源ではなくなったが、現在は再び佐賀市の上水道の水源となっている[7][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
278.玉島川
玉島川(たましまがわ)は、佐賀県唐津市東部を流れる二級河川であり、旧浜玉町及び旧七山村の中心河川。西隣を流れる松浦川水系とともに唐津平野を形成する。 肥前国風土記には神功皇后が三韓征伐を前に鮎釣りを行い吉凶を占った伝説があり、そこで述べられるところの「松浦川」は現在の松浦川ではなく本河川を指すものと云われる。その後大伴旅人をはじめとする歌人がこの地を訪れており、万葉集には玉島川や鮎釣り、及び当地に縁のある松浦佐用姫伝説に関連する数多くの歌が残されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
279.徳須恵川
徳須恵川(とくすえがわ)は、佐賀県伊万里市南波多町に源を発し、唐津市養母田で松浦川に合流する一級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
280.広瀬川 (佐賀県)
広瀬川(ひろせがわ)は、佐賀県西松浦郡有田町を流れる二級河川有田川水系支流の河川である。源流部は県立黒髪山自然公園[1]および黒髪山自然休養林[2]の区域に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
281.松浦川
松浦川(まつうらがわ)は、佐賀県北部を流れる松浦川水系の本流で一級河川。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
282.山ノ内川
山ノ内川(やまのうちがわ)は、佐賀県東部を流れる筑後川水系寒水川の支流である。 佐賀県みやき町簑原の香田地区付近を起点とし、同町東尾付近にて寒水川に合流する[1]。 佐賀県みやき町簑原の香田地区の溜池を水源とし、細流の水を集めながら同町簑原地区内を南に流れ下る。上流部は水路のような様相を呈する。簑原地区内では主に水田地帯と雑木林の中をひっそりと流れ、護岸も少ない小川であるが、長崎街道を抜けると平坦な水田地帯の中を流れるようになり、川岸はコンクリート護岸されて単調な流れとなる。同町白壁付近で流路を南西方向に転じ、そのまま寒水川に合流する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
283.六角川
六角川(ろっかくがわ)は、佐賀県中部を流れる六角川水系の本流で一級河川。下流は勾配が緩やかな蛇行地帯。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責