オーサムサーチジャパン

長崎県の観光スポット

クリックするとその項目に飛びます。
1.長崎県
長崎県(ながさきけん)は、日本の九州地方に位置する県。県庁所在地は長崎市。 五島列島、壱岐島、対馬など数多くの島嶼を含み、47都道府県中最も島が多いことで知られる。また、多島であるうえにリアス式海岸を多く擁することから海岸線の長さは47都道府県中第2位となっている(※「地形」節にて詳説)。
人口:1,279,871人[編集](推計人口、2023年1月1日)面積:4,130.88km2
公式サイト  Wikipedia

長崎県の

1.安国寺 (壱岐市)  ・長崎県壱岐市芦辺町深江栄触546
安国寺(あんこくじ)は、長崎県壱岐市芦辺町深江栄触にある臨済宗大徳寺派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
2.壱岐国分寺  ・長崎県壱岐市芦辺町中野郷西触
壱岐国分寺(いきこくぶんじ)は、長崎県壱岐市芦辺町中野郷西触にある臨済宗大徳寺派の寺院。山号は護国山。本尊は釈迦如来[1]。
Wikipedia    内容詳細  
3.一乗院 (雲仙市)  ・長崎県雲仙市南串山町丙9218
一乗院(いちじょういん)は、長崎県雲仙市にある真言宗御室派の仏教寺院。山号は温泉山(うんぜんざん)[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
4.御橋観音寺  ・長崎県佐世保市吉井町直谷94番地
御橋観音寺(おはしかんのんじ)は、長崎県佐世保市にある仏教寺院(真言宗智山派)。山号は石橋山(せっきょうざん)。本尊は十一面観音坐像。
Wikipedia    内容詳細  
5.観音寺 (対馬市)  ・長崎県対馬市豊玉町小綱
観音寺(かんのんじ)は、長崎県対馬市豊玉町小綱にある臨済宗南禅寺派の寺。
Wikipedia    内容詳細  
6.教法寺 (佐世保市)  ・長崎県佐世保市元町5-24
教法寺(きょうほうじ)は長崎県佐世保市にある浄土真宗本願寺派の仏教寺院。山号は大智山。
Wikipedia    内容詳細  
7.光伝寺 (島原市)  ・長崎県島原市寺町5958
光伝寺(こうでんじ)は、長崎県島原市寺町にある[1]日蓮宗の寺院[2]。山号は松島山。旧本山は小城光勝寺、親師法縁。最寄り駅は島原鉄道線の霊丘公園体育館駅、島原駅、島原船津駅 である[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
8.洪徳寺  ・長崎県佐世保市相浦町2117
洪徳寺(こうとくじ)は、長崎県佐世保市にある仏教寺院(曹洞宗)。山号は飯盛山。
Wikipedia    内容詳細  
9.光明寺 (平戸市)  ・長崎県平戸市鏡川町258番地
光明寺(こうみょうじ)は、長崎県平戸市にある浄土真宗本願寺派の仏教寺院。
Wikipedia    内容詳細  
10.護国寺 (島原市)  ・長崎県島原市寺町6239
護国寺(ごこくじ)は、長崎県島原市寺町にある日蓮宗の寺院。山号は長久山。旧本山は熊本本妙寺(六条門流)、親師法縁。境内には龍造寺隆信の墓所、種田山頭火の句碑がある。島原市文化財の蘇生三十番神を祀る。
Wikipedia    内容詳細  
11.最教寺 (平戸市)  ・長崎県平戸市岩の上町1206番地1
最教寺(さいきょうじ)は、長崎県平戸市にある真言宗智山派の仏教寺院。山号は高野山(こうやさん)。本尊は虚空蔵菩薩像。
Wikipedia    内容詳細  
12.西方寺 (佐世保市)  ・長崎県佐世保市八幡町5番13号
西方寺(さいほうじ)は、長崎県佐世保市八幡町にある曹洞宗の仏教寺院。山号は東陽山。
Wikipedia    内容詳細  
13.寿福寺 (佐世保市)  ・長崎県佐世保市江迎町長坂276
寿福寺(じゅふくじ)は、長崎県佐世保市江迎町に所在する真言宗智山派の寺院である。山号は栄久山(えいきゅうざん)。
Wikipedia    内容詳細  
14.是心寺 (平戸市)  ・長崎県平戸市田平町山内免659番地
是心寺(ぜしんじ)は、長崎県平戸市田平町山内免にある臨済宗妙心寺派の仏教寺院。山号は海印山(かいいんざん)。
Wikipedia    内容詳細  
15.千光寺 (平戸市)
千光寺 (せんこうじ)は、長崎県平戸市木引町にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は、龍燈明山。
Wikipedia    内容詳細  
16.大円寺 (五島市)  ・長崎県五島市大円寺町1-1
大円寺(だいえんじ)は、長崎県五島市大円寺町にある曹洞宗の寺院である。山号は広巌山。本尊は釈迦如来。
Wikipedia    内容詳細  
17.大智院 (佐世保市)  ・長崎県佐世保市戸尾町9-8
大智院(だいちいん)は長崎県佐世保市にある真言宗大覚寺派の仏教寺院で、同派別格本山。山号は黒髪山(くろかみざん)。地元では「黒髪山」の呼称が有名。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
18.大宝寺 (五島市)  ・長崎県五島市玉之浦町大宝633番地
大宝寺(だいほうじ)は、長崎県五島市玉之浦町にある高野山真言宗の寺院である。山号は弥勒山[1]。所在地の玉之浦町は五島列島(五島)・福江島の南西端にあたり、遣唐使が唐へ向かう際の最終寄港地であった。創建は元年(701年)と伝えられ、遣唐使に随行した空海が講釈を開いた逸話が残り「西の高野山」の異名で知られる。
Wikipedia    内容詳細  
19.対馬国分寺  ・長崎県対馬市厳原町天道茂
対馬国分寺(つしまこくぶんじ)は、長崎県対馬市厳原町(いづはらまち)天道茂(てんどうしげ)にある曹洞宗の寺院。山号は天徳山。本尊は釈迦如来[1]。
Wikipedia    内容詳細  
20.東漸寺 (佐世保市)  ・長崎県佐世保市中里町250
東漸寺(とうぜんじ)は、長崎県佐世保市中里町[1]にある真言宗智山派の寺院。山号は岩問山(いわとさん)。本尊は薬師如来。愛宕山の勝軍地蔵菩薩の祭礼を行う本寺。室町〜戦国時代は宗家松浦氏(相神浦松浦氏)の菩提寺だったが、平戸氏に減ぼされたため、江戸時代からは平戸藩祈願寺となった。飯盛神社別当寺。九州八十八箇所第74番札所。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
21.徳性寺 (雲仙市)  ・長崎県雲仙市吾妻町栗林名
徳性寺(とくしょうじ)は、長崎県雲仙市吾妻町栗林名にある日蓮宗の寺院。山号は大黒山。旧本山は千葉県小西正法寺。親師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
22.日誠寺  ・長崎県雲仙市南串山町甲1353
日誠寺(にちじょうじ)は、長崎県雲仙市南串山町甲にある日蓮宗の寺院。山号は源寿山。赤山の通称で知られる。旧本山は島原市の光伝寺。親師法縁。
Wikipedia    内容詳細  
23.梅林寺 (対馬市)  ・長崎県対馬市美津島町小船越382
梅林寺(ばいりんじ)は、長崎県対馬市美津島町にある曹洞宗の寺院である。
Wikipedia    内容詳細  
24.万松院  ・長崎県対馬市厳原町西里192
万松院(ばんしょういん)は、長崎県対馬市厳原町にある、天台宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
25.福石観音  ・長崎県佐世保市福石町24-5
福石観音(ふくいしかんのん)は、長崎県佐世保市福石町[1]にある真言宗智山派の仏教寺院。正式には清嵓寺(せいがんじ)。山号は福石山(ふくいしさん)。
Wikipedia    内容詳細  
26.本経寺 (大村市)  ・長崎県大村市古町1-64
本経寺(ほんきょうじ)は、長崎県大村市にある日蓮宗の仏教寺院である。山号は萬歳山。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)。親師法縁。六条門流三本の一寺。
Wikipedia    内容詳細  
27.満明寺
大乗院満明寺(だいじょういん まんみょうじ)は長崎県雲仙市小浜町雲仙にある仏教寺院(真言宗御室派)である。山号は雲仙山(うんぜんさん)。5メートルの釈迦如来が奉られており誰でも見学できるが、本尊は大日如来が本堂に鎮座。
Wikipedia    内容詳細  
28.妙国寺 (島原市)  ・長崎県島原市宇土町乙838
妙国寺(みょうこくじ)は、長崎県島原市宇土町乙にある日蓮宗の寺院。山号は楠峰山。旧本山は千葉県の栗源大乗寺。
Wikipedia    内容詳細  
29.明星院 (五島市)  ・五島市吉田町1905番地
明星院(みょうじょういん)は、長崎県五島市にある高野山真言宗の仏教寺院。五島の真言宗本山
Wikipedia    内容詳細  
30.妙法寺 (南島原市)
妙法寺(みょうほうじ)は、長崎県南島原市布津町丙にある日蓮宗の寺院。山号は一乗山。旧本山は大本山妙顕寺(四条門流)。
Wikipedia    内容詳細  
31.雄香寺  ・長崎県平戸市大久保町2166番地1
雄香寺(ゆうこうじ)は長崎県平戸市にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は俊林山(しゅんりんさん)。
Wikipedia    内容詳細  
32.長崎三福寺
長崎三福寺(ながさきさんぷくじ)とは、江戸時代初期に、長崎に創建された3ヶ寺の唐寺の総称である。唐三か寺(とうさんかじ)とも称される。
Wikipedia    内容詳細  
33.観善寺  ・長崎県長崎市玉園町3‐81
観善寺(かんぜんじ)は、長崎県長崎市玉園町にある浄土真宗本願寺派の寺院。さだまさしの小説『解夏』には高野家の墓所として登場する。
Wikipedia    内容詳細  
34.観音寺 (長崎市脇岬町)  ・長崎県長崎市脇岬町2330
観音寺(かんのんじ)は、長崎県長崎市脇岬町にある曹洞宗の仏教寺院。山号は円通山。円通山観音禅寺と号する。
Wikipedia    内容詳細  
35.清水寺 (長崎市)  ・長崎県長崎市鍛冶屋町8-43[1]
清水寺(きよみずでら)は長崎県長崎市鍛冶屋町にある真言宗霊雲寺派の寺院である。山名は長崎山(ちょうきさん)。本尊は千手観音。
Wikipedia    内容詳細  
36.晧台寺  ・長崎県長崎市寺町1-1
晧台寺(こうたいじ)は、長崎県長崎市にある仏教寺院(曹洞宗)。正式には海雲山普昭晧台禅寺という。
Wikipedia    内容詳細  
37.興福寺 (長崎市)  ・長崎県長崎市寺町4-32
興福寺(こうふくじ)は、長崎市寺町(てらまち)にある、日本最古の黄檗宗の寺院である。山号は東明山。山門が朱塗りであるため、あか寺とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
38.悟真寺 (長崎市)  ・長崎県長崎市曙町6-14
悟真寺(ごしんじ)は長崎県長崎市にある浄土宗の寺院[1]。正式名称は終南山光明院悟真寺[4]。本尊は明国由来と伝えられる阿弥陀三尊像。長崎市に現存する最古の寺院である[8]。
Wikipedia    内容詳細  
39.聖福寺 (長崎市)  ・長崎県長崎市玉園町3-77
聖福寺(しょうふくじ)は長崎県長崎市にある黄檗宗の仏教寺院。山号は万寿山(まんじゅさん)。
Wikipedia    内容詳細  
40.崇福寺 (長崎市)  ・長崎県長崎市鍛冶屋町
崇福寺(そうふくじ)は、長崎県長崎市にある黄檗宗の寺院。大雄宝殿と第一峰門は国宝建築である。興福寺・福済寺とともに「長崎三福寺」に数えられる。長崎に4つある唐寺の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
41.大音寺  ・長崎県長崎市鍛冶屋町5-87
大音寺(だいおんじ)は、長崎県長崎市にある浄土宗の寺院。山号は正覚山。院号は中道院。本尊は阿弥陀如来。
Wikipedia    内容詳細  
42.福済寺  ・長崎県長崎市筑後町2-56
福済寺(ふくさいじ)は、長崎県長崎市筑後町にある黄檗宗の寺院。山号は分紫山。1628年(寛永5年)に建立され、崇福寺、興福寺とともに「長崎三福寺」、さらに聖福寺も加えて「長崎四福寺」に数えられる唐寺である。本寺の檀信徒には、福建省の中でも漳州と泉州出身の華僑が多く、漳州寺や泉州寺と称せられた。本堂(大雄宝殿)などの建造物は、第二次大戦以前、国宝に指定されていたが、長崎市への原子爆弾投下で焼失した。
Wikipedia    内容詳細  
43.菩提寺 (長崎市)  ・長崎県長崎市深堀町5丁目417番地
菩提寺(ぼだいじ)は、長崎県長崎市深堀町にある曹洞宗の仏教寺院。山号は金谷山(きんこくざん)。鎌倉時代以来、当地の地頭であった深堀氏(三浦氏)、深堀氏の名跡を継いだ佐賀藩家老深堀鍋島家(石井氏)の菩提寺である。
Wikipedia    内容詳細  
44.法生寺 (長崎市)  ・長崎県長崎市緑町4-38
法生寺(ほっしょうじ)は、長崎県長崎市にある真宗大谷派の寺院。山号は真正山。本尊は阿弥陀如来。
Wikipedia    内容詳細  
45.本蓮寺 (長崎市)
本蓮寺(ほんれんじ)は、長崎県長崎市にある日蓮宗の寺院。山号は聖林山。開山は本瑞院日恵。旧本山は大本山本圀寺(六条門流)。達師法縁。加藤清正発願、題目の五ヶ寺の一寺。五ヶ寺とは、「妙」本妙寺(熊本)、「法」法心寺(鶴崎)、「蓮」本蓮寺(長崎)、「華」法華寺(水俣、現在廃寺)、「経」本経寺(大村)のこと。かつては晧台寺、大音寺と共に長崎三大寺と呼ばれた。
Wikipedia    内容詳細  
46.安禅寺 (長崎市)
安禅寺(あんぜんじ)は、江戸時代に長崎市にあった天台宗寺院。号は松岳山正光院。開基は現応寺の僧侶・玄澄[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  

長崎県の神社

47.阿麻氐留神社  ・長崎県対馬市美津島町小船越352
阿麻氐留神社(あまてるじんじゃ)は、長崎県対馬市美津島町小船越にある神社。『延喜式神名帳』に記された式内社。
Wikipedia    内容詳細  
48.天手長男神社  ・長崎県壱岐市郷ノ浦町田中触730
天手長男神社(あめのたながおじんじゃ[2][3][4]、あまのたながおじんじゃ[5][6][7])は、長崎県壱岐市にある神社。式内社(名神大社)論社、壱岐国一宮後継社で、旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
49.飯盛神社 (佐世保市)  ・長崎県佐世保市相浦町2371
飯盛神社(いいもりじんじゃ)は、長崎県佐世保市に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
50.壱岐神社  ・長崎県壱岐市芦辺町瀬戸浦103
壱岐神社(いきじんじゃ)は、長崎県壱岐市に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
51.諫早神社  ・長崎県諫早市宇都町1番12号
諫早神社(いさはやじんじゃ)は、長崎県諫早市に鎮座する神社である。九州の守り神をおまつりする、九州総守護の四面宮(しめんぐう)の神社であり、霊験あらたかなご神徳は広大無辺で、地域の守り神として崇敬されている。
Wikipedia    内容詳細  
52.厳原八幡宮神社  ・長崎県対馬市厳原町中村字清水山645-1
厳原八幡宮神社(いづはらはちまんぐうじんじゃ)は、長崎県対馬市厳原町中村にある神社。式内社(名神大社)論社、対馬国一宮論社で、旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
53.伊奈久比神社  ・長崎県対馬市上県町伊奈字元在家330
伊奈久比神社(いなくひじんじゃ)は、長崎県対馬市上対馬町にある神社。『延喜式神名帳』に記された式内社。
Wikipedia    内容詳細  
54.温泉神社 (雲仙市)  ・長崎県雲仙市小浜町雲仙319
温泉神社(うんぜんじんじゃ)は、長崎県雲仙市小浜町雲仙の湯町に鎮座する神社。
Wikipedia    内容詳細  
55.大村神社 (大村市)  ・長崎県大村市玖島1丁目34
大村神社(おおむらじんじゃ)は長崎県大村市の神社。大村藩の居城であった玖島城の本丸跡に鎮座する。旧社格は県社。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
56.沖ノ神島神社  ・長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷
沖ノ神島神社(沖ノ神嶋神社、神島(嶋)神社、おきのこうじまじんじゃ)は、長崎県北松浦郡小値賀町野崎郷(野崎島)にある神社。境内の奇岩「王位石」で知られる。島内北端、標高305mの山の中腹の斜面(標高200m超)に建てられ、五島列島に所在する神社では最古の1つとされる。旧社格は郷社。
Wikipedia    内容詳細  
57.乙和多都美神社  ・長崎県対馬市厳原町久和字東浜1
乙和多都美神社(おとわたつみじんじゃ)は、長崎県対馬市厳原町にある神社。『延喜式神名帳』に記された式内社・和多都美神社の論社。
Wikipedia    内容詳細  
58.小牧宿禰神社  ・長崎県対馬市峰町三根字寺の内959
小牧宿禰神社(おひらのすくねじんじゃ)は、長崎県対馬市峰町にある神社。『延喜式神名帳』に記された式内社。
Wikipedia    内容詳細  
59.海神神社  ・長崎県対馬市峰町木坂247
海神神社(わたつみじんじゃ、通称、かいじんじんじゃ)は、長崎県対馬市峰町木坂にある神社。式内社(名神大社)論社、対馬国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
Wikipedia    内容詳細  
60.亀岡神社 (平戸市)  ・長崎県平戸市岩の上町1517番地ホ第2
亀岡神社(かめおかじんじゃ)は、長崎県平戸市に鎮座する神社。平戸城本丸跡に鎮座する。旧県社。
Wikipedia    内容詳細  
61.亀山八幡宮 (佐世保市)  ・長崎県佐世保市八幡町3-3
亀山八幡宮(かめやまはちまんぐう)は、長崎県佐世保市にある神社である。「八幡神社」や「八幡様」の通称で知られる、市内でも最大規模の境内を持つ神社。
Wikipedia    内容詳細  
62.熊野神社 (五島市)  ・長崎県五島市浜町141
熊野神社(くまのじんじゃ)は、長崎県五島市浜町に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
63.興神社  ・長崎県壱岐市芦辺町湯岳興触676
興神社(こうじんじゃ)は、長崎県壱岐市芦辺町湯岳興触にある神社。式内社(名神大社)論社、壱岐国一宮で、旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
64.小茂田浜神社  ・対馬市厳原町小茂田742番地
小茂田浜神社(こもだはまじんじゃ)は、長崎県対馬市厳原に鎮座する神社である。対馬西南海岸に位置し、元寇(文永の役)の際に元・高麗連合軍が上陸した地にあたる。
Wikipedia    内容詳細  
65.胡簶神社  ・長崎県対馬市上対馬町琴1
胡簶神社(ころくじんじゃ)は、長崎県対馬市上対馬町にある神社。『延喜式神名帳』に記された式内社の胡簶神社、胡簶御子神社、和多都美御子神社の論社。
Wikipedia    内容詳細  
66.山王神社 (長崎市)  ・長崎県長崎市坂本2丁目5-6
山王神社(さんのうじんじゃ)は、長崎県長崎市坂本に鎮座する神社。村社であった山王神社(日吉神社)と県社の皇大神宮(こうたいじんぐう)とが合併(皇大神宮側に合祀)して創祀された神社で、浦上皇大神宮[1](うらかみこうたいじんぐう)とも称され、また山王日吉神社(さんのうひよしじんじゃ)とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
67.志々伎神社  ・長崎県平戸市野子町251番地
志々伎神社(しじきじんじゃ)は、長崎県平戸市野子町にある神社。志志伎神社あるいは志自伎神社とも表記する。式内小社、旧社格は県社。九州各地に志々岐・志式・志自岐として分社がある。規模が大きく県下の式内社で最大。ここに古くから伝わる神相撲は、今日の相撲の原形といわれる[1][2]。平戸全島で行われるジャンガラも当社から広まったものである。
Wikipedia    内容詳細  
68.聖母宮  ・長崎県壱岐市勝本町勝本浦554-2
聖母宮(しょうもぐう)は、長崎県壱岐市勝本町勝本浦に鎮座する神社。『延喜式神名帳』に載せる壱岐島壱岐郡の名神大社、「中津神社」の有力論社であるが、現在その社名の別神社(中津神社)が存在している。
Wikipedia    内容詳細  
69.城山神社 (五島市)  ・長崎県五島市池田町1-3[1]
城山神社(しろやまじんじゃ)は、長崎県五島市にある神社。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
70.新城神社  ・長崎県壱岐市勝本町新城東触字尻井441番地
新城神社(しんじょうじんじゃ)は、長崎県壱岐市に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
71.住吉神社 (壱岐市)  ・長崎県壱岐市芦辺町住吉東触470
住吉神社(すみよしじんじゃ)は、長崎県壱岐市芦辺町住吉東触にある神社。式内社(名神大社)、旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
Wikipedia    内容詳細  
72.多久頭魂神社  ・長崎県対馬市厳原町豆酘
多久頭魂神社(たくずだまじんじゃ)は、長崎県対馬市厳原町豆酘(つつ)にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
73.橘神社 (雲仙市)  ・長崎県雲仙市千々石町己
橘神社(たちばなじんじゃ)は、長崎県雲仙市千々石町にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
74.鎮西大社諏訪神社  ・長崎県長崎市上西山町18-15
鎮西大社諏訪神社(ちんぜいたいしゃすわじんじゃ)は、長崎県長崎市にある神社。現在の正式名称は諏訪神社であり、鎮西大社は通称。地元では「お諏訪さま」、「おすわさん」と呼ばれる。10月7日から9日までの例祭は長崎くんちとして有名である。
Wikipedia    内容詳細  
75.月讀神社 (壱岐市)  ・長崎県壱岐市芦辺町国分東触464
月讀神社(つきよみじんじゃ)は、長崎県壱岐市芦辺町国分東触に鎮座する神社である。橘三喜が延喜式内社(名神大社)であると査定したが、これは誤りであるとされる[1]。
Wikipedia    内容詳細  
76.天神多久頭魂神社  ・長崎県対馬市上県町佐護字洲﨑西里2864
天神多久頭魂神社(てんじんたくずだまじんじゃ)は、長崎県対馬市上県町佐護にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
77.長崎縣護國神社  ・長崎県長崎市城栄町41-67
長崎縣護國神社(ながさきけんごこくじんじゃ)は、長崎県長崎市にある神社(護国神社)である。
Wikipedia    内容詳細  
78.長崎東照宮
長崎東照宮(ながさきとうしょうぐう[注釈 1])は、長崎に勧請された東照宮。
Wikipedia    内容詳細  
79.那須加美乃金子神社  ・長崎県対馬市上対馬町小鹿字大浜520
那須加美乃金子神社(なすかみのかねこじんじゃ)は、長崎県対馬市上対馬町にある神社。『延喜式神名帳』に記された式内社。
Wikipedia    内容詳細  
80.滑石太神宮  ・長崎県長崎市滑石6-1-11
滑石太神宮(なめしだいじんぐう)は、長崎県長崎市滑石に位置する神社。 御祭神は天照大御神。滑石大神宮とも表記される。
Wikipedia    内容詳細  
81.祝詞神社  ・長崎県佐世保市田原町126
祝詞神社(のりとじんじゃ)は、長崎県佐世保市にある神社である。
Wikipedia    内容詳細  
82.箱崎八幡神社 (壱岐市)  ・長崎県壱岐市芦辺町箱崎釘の尾触823
箱崎八幡神社(はこざきはちまんじんじゃ)は、長崎県壱岐市芦辺町にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
83.淵神社  ・長崎県長崎市渕町8番1号
淵神社(ふちじんじゃ)は、長崎県長崎市淵町にある神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
84.太祝詞神社  ・長崎県対馬市美津島町加志512
太祝詞神社(ふとのりとじんじゃ)は、長崎県対馬市美津島町加志に鎮座する神社である。旧県社で、かつては加志大明神・賀志宮とも称した。
Wikipedia    内容詳細  
85.三柱神社 (佐々町)  ・長崎県北松浦郡佐々町羽須和免404番地
三柱神社(みはしらじんじゃ)は、長崎県北松浦郡佐々町羽須和免にある神社。旧社格は郷社[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
86.八坂神社 (壱岐市)  ・長崎県壱岐市勝本町新城西触字長山765
八坂神社(やさかじんじゃ)は長崎県壱岐市の神社。市内に2社鎮座する。
Wikipedia    内容詳細  
87.霊丘神社  ・長崎県島原市弁天町2丁目7341
霊丘神社(れいきゅうじんじゃ)は、長崎県島原市に鎮座する神社である。旧社格は県社。
Wikipedia    内容詳細  
88.和多都美神社  ・長崎県対馬市豊玉町仁位和宮55
和多都美神社(わたづみじんじゃ)は、長崎県対馬市にある神社。式内社論社、旧社格は村社。
Wikipedia    内容詳細  
89.和多都美御子神社  ・長崎県対馬市豊玉町仁位桜町1416
和多都美御子神社(わたつみのみこじんじゃ)は、長崎県対馬市豊玉町にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
90.青方神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町青方郷字汐道越1395-10
青方神社(あおかたじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町青方郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
91.有川神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町有川郷1073-1
有川神社(ありかわじんじゃ)は、長崎県新上五島町有川郷に鎮座する神社である。有川郷の祖母君(うばぎみ)神社、天満神社、八幡神社の3神社が合併されて創祀された。
Wikipedia    内容詳細  
92.榎津神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町榎津郷185-1
榎津神社(えのきづじんじゃ)は、長崎県新上五島町榎津郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
93.江ノ濱神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町江ノ浜郷字江ノ浜420
江ノ濱神社(えのはまじんじゃ)は、長崎県新上五島町江ノ浜郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
94.蛭子神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町飯ノ瀬戸郷538
蛭子神社(えびすじんじゃ)は、長崎県新上五島町飯ノ瀬戸(いのせと)郷・飯ノ浦地区に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
95.老松神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町若松郷537-1
老松神社(おいまつじんじゃ)は、長崎県新上五島町若松郷神部地区に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
96.大山祇神社 (新上五島町今里郷)  ・長崎県南松浦郡新上五島町今里郷232
大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、長崎県新上五島町今里郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
97.大山祇神社 (新上五島町道土井郷)  ・長崎県南松浦郡新上五島町道土井郷324-18
大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町道土井郷(みちどいごう)に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
98.祖父君神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町浦桑郷367
祖父君神社(おじぎみじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町浦桑郷に鎮座する神社である。有川郷の祖母君(うばぎみ)神社(現有川神社)と由緒を同じくし、祖母君神社を「下の宮」と呼ぶのに対し、当社は「浦の宮」と呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
99.雄嶽日枝神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町荒川郷三王山133(下社)
雄嶽日枝神社(おたけひえじんじゃ)は、長崎県新上五島町荒川郷に鎮座する神社である。同郷の山王山(標高439.2m)山頂に上社山王宮が、南麓に下社が鎮座する。
Wikipedia    内容詳細  
100.乙宮神社 (新上五島町小河原郷)  ・長崎県南松浦郡新上五島町小河原郷字泓ノ上187
乙宮神社(おとみやじんじゃ)は、長崎県新上五島町小河原郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
101.乙宮神社 (新上五島町立串郷)  ・長崎県南松浦郡新上五島町立串郷628
乙宮神社(おとみやじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町立串郷(たてくしごう)に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
102.海童神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町有川郷
海童神社(かいどうじんじゃ)は、長崎県新上五島町有川郷船津地区の応護島に鎮座する神社である。鯨の顎骨を使用した鳥居があることで有名。
Wikipedia    内容詳細  
103.熊野神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町阿瀬津郷792
熊野神社(くまのじんじゃ)は、長崎県新上五島町阿瀬津(あぜつ)郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
104.小串神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町小串郷字先筋420
小串神社(こぐしじんじゃ)は、長崎県新上五島町小串(こぐし)郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
105.事代主神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町似首郷字堂脇806
事代主神社(ことしろぬしじんじゃ)は、長崎県新上五島町似首(にたくび)郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
106.金刀比羅神社 (新上五島町三日ノ浦郷)  ・長崎県南松浦郡新上五島町三日ノ浦郷字松ヶ崎313
金刀比羅神社(ことひらじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町三日ノ浦郷(みかのうら)に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
107.金比羅神社 (新上五島町有川郷)  ・長崎県南松浦郡新上五島町有川郷字竹道1714
金比羅神社(こんぴらじんじゃ)は、長崎県新上五島町有川郷上有川地区に鎮座する神社である。また、当社神域内に鎮座する大地主神社(おおとこぬしじんじゃ)についても記述する。
Wikipedia    内容詳細  
108.塩釜神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町榊ノ浦郷字小頭道956-3
塩釜神社(しおがまじんじゃ)は、長崎県新上五島町榊ノ浦郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
109.塩竈神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町船崎郷字色摩247
塩竈神社(しおがまじんじゃ)は、長崎県新上五島町船崎郷(ふなさき)に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
110.潮目天満神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町七目郷字宮ノ下144
潮目天満神社(しおのめてんまんじんじゃ)は、長崎県新上五島町七目郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
111.志自岐羽黒神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町岩瀬浦郷字杉ノ本703-9
志自岐羽黒神社(しじきはぐろじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町岩瀬浦郷に鎮座する神社である。奈良尾東掛(奈良尾、岩瀬浦、東神の浦、鯛の浦、阿瀬津、太田)の産土神として崇敬された。
Wikipedia    内容詳細  
112.志自岐羽黒神社 (新上五島町太田郷)  ・長崎県南松浦郡新上五島町太田郷字シジキデ1671
志自岐羽黒神社(しじきはぐろじんじゃ)は、長崎県新上五島町太田郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
113.宿ノ浦神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町宿ノ浦郷289-1
宿ノ浦神社(しゅくのうらじんじゃ)は、長崎県新上五島町宿ノ浦郷宿ノ浦地区に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
114.白鳥神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町間伏郷字若山19
白鳥神社(しらとりじんじゃ)は、長崎県新上五島町間伏郷若山地区に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
115.天満神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町続浜ノ浦郷471
天満神社(てんまんじんじゃ)は、長崎県新上五島町続浜ノ浦郷(つづきはまのうらごう)のうちの浜ノ浦地区に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
116.孕神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町赤尾郷字本村376
孕神社(はらうみじんじゃ、はらみじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町赤尾郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
117.姫神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町相河郷字破波ノ上168
姫神社(ひめじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町相河郷[1](あいこごう)に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
118.弁財天宮  ・長崎県南松浦郡新上五島町有川郷
弁財天宮(べんざいてんぐう)は、長崎県新上五島町有川郷に鎮座する神社である。また、当社に関連した『弁財天(めーざいてん)祭り』も記す。
Wikipedia    内容詳細  
119.政彦神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町奈摩郷896
政彦神社(まさひこじんじゃ)は、長崎県新上五島町奈摩郷(なまごう)に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
120.正彦神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町曽根郷962
正彦神社(まさひこじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町曽根郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
121.間伏神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町間伏郷315
間伏神社(まぶしじんじゃ)は、長崎県新上五島町間伏郷間伏地区に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
122.丸尾神社  ・長崎県南松浦郡新上五島町丸尾郷
丸尾神社(まるおじんじゃ)は、長崎県新上五島町丸尾郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
123.客人神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町網上郷370
客人神社(まろうどじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町網上(あみあげ)郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
124.八坂神社 (新上五島町友住郷)  ・長崎県南松浦郡新上五島町友住郷字立木353
八坂神社(やさかじんじゃ)は、長崎県新上五島町友住郷に鎮座する神社である。同郷の小高い山の頂上付近に鎮座し、麓の住宅地には下社がある。
Wikipedia    内容詳細  
125.山神神社 (新上五島町桐古里郷)  ・長崎県南松浦郡新上五島町桐古里郷字波戸本235
山神神社(やまがみ、やまのかみじんじゃ)は、長崎県南松浦郡新上五島町桐古里(きりふるさと)郷に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
126.山神神社 (新上五島町続浜ノ浦郷)  ・長崎県南松浦郡新上五島町続浜ノ浦郷208-5
山神神社(やまがみじんじゃ)は、長崎県新上五島町続浜ノ浦郷(つづきはまのうら)のうち続地区に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
127.山神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町船崎郷字扇山746-8
山神社(やまじんじゃ)は、長崎県新上五島町船崎郷(ふなさきごう)に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
128.若松神社 (新上五島町)  ・長崎県南松浦郡新上五島町若松郷字築出山296
若松神社(わかまつじんじゃ)は、長崎県新上五島町若松郷若松地区に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  

長崎県の

129.飯盛城 (肥前国)
飯盛城(いいもりじょう)は、長崎県佐世保市(旧肥前国松浦郡)相浦の愛宕山(別称飯盛山)にかつてあった城である。
Wikipedia    内容詳細  
130.石田城  ・海城
石田城(いしだじょう)は長崎県五島市池田町にあった日本の城。城跡は長崎県指定史跡。城内に残る五島氏庭園は国の名勝に指定されている。福江城とも記される。続日本100名城の1つ。
Wikipedia    内容詳細  
131.梶谷城  ・山城
梶谷城(かじやじょう)は、かつて肥前国松浦郡今福(現長崎県松浦市今福町東免)にあった城である。
Wikipedia    内容詳細  
132.勝本城  ・山城
勝本城(かつもとじょう)は、安土桃山時代に壱岐国壱岐郡勝本(現在の長崎県壱岐市勝本町坂本触)[1] に築かれた城である。別称風本(かざもと)城・武末城・雨瀬包(あませかね)城。国の史跡に指定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
133.金石城  ・平城
金石城(かねいしじょう)は、長崎県対馬市厳原町にあった城である。市街を挟んで北東隣の桟原城(さじきばらじょう)とあわせて厳原城(いずはらじょう)ともいう[1]。
Wikipedia    内容詳細  
134.金田城  ・古代山城(朝鮮式山城)
金田城(かねだじょう/かなたのき/かねたのき)は、対馬国下県郡の城山(じょうやま、現在の長崎県対馬市美津島町黒瀬)にあった日本の古代山城(分類は朝鮮式山城)。城跡は国の特別史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
135.釜蓋城  ・平山城
釜蓋城(かまぶたじょう)は、長崎県雲仙市に所在する、有馬氏家臣・千々石淡路守直員(千々石ミゲルの実父)が城主を務めた日本の城。標高154メートルの山城である。雲仙市指定史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  
136.玖島城  ・連郭式平山城(海城[注釈 1])
玖島城(くしまじょう)は、日本の城。所在地は長崎県大村市玖島。
Wikipedia    内容詳細  
137.桟原城  ・平城
桟原城(さじきはらじょう)または桟原屋形(さじきばるやかた)は、長崎県対馬市厳原町桟原にあった城郭で、対馬府中藩3代藩主宗義真が金石城を拡張整備したのと同時期に新築された藩主の屋形。金石城からは市街をはさんで北東隣に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
138.三城城
三城城(さんじょうじょう)は、戦国時代から江戸時代初期に肥前国彼杵郡大村武部郷(現長崎県大村市三城町)にあった日本の城。
Wikipedia    内容詳細  
139.島原城  ・連郭式平城
島原城(しまばらじょう)は、長崎県島原市城内にあった日本の城。別名は「森岳城」や「高来城」。城跡は長崎県指定史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
140.清水山城 (対馬国)  ・山城
清水山城(しみずやまじょう)は、安土桃山時代に現在の長崎県対馬市厳原町西里の清水山(標高206メートル)に築かれた城である。国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
141.鶴亀城  ・山城
鶴亀城(つるかめじょう)は、長崎県雲仙市国見町にある東西350メートル×南北450メートルの大きな山城跡である。別名、神代城、蓑鶴城。
Wikipedia    内容詳細  
142.原城  ・梯郭式平山城(海城[注釈 1])
原城(はらじょう・はるのじょう[注釈 3])は、長崎県南島原市南有馬町乙にあった日本の城である。国の史跡。別名、春城、志自岐原城、日暮城、有馬城。2018年6月30日に世界遺産登録が決まった長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の構成遺産である[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
143.日野江城  ・連郭式平山城
日野江城(ひのえじょう)は、肥前国高来郡有間庄(長崎県南島原市北有馬町戊谷川名)にあった城。日之江城、日ノ江城、火ノ江城、日ノ枝城とも記される。国の史跡。
Wikipedia    内容詳細  
144.平戸城  ・梯郭式平山城
平戸城(ひらどじょう)は、肥前国松浦郡平戸[注釈 1](現・長崎県平戸市)にあった城。江戸時代には平戸藩松浦氏の居城であった。別名は亀岡城(かめおかじょう)、亀甲城、日之嶽城。
Wikipedia    内容詳細  
145.本城 (肥前国)  ・山城
本城(ほんじょう)は、長崎県北松浦郡小値賀町に存在した山城。
Wikipedia    内容詳細  
146.丸木館  ・居館
丸木館(まるきやかた)は現在の長崎県長崎市に存在した館。
Wikipedia    内容詳細  

長崎県の博物館

147.壱岐市立一支国博物館  ・〒811-5322長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触515-1
壱岐市立一支国博物館(いきしりついきこくはくぶつかん、Iki City Ikikoku Museum)は、長崎県壱岐市にある博物館。近傍にある「魏志倭人伝」に記された一支国の王都跡とされる原の辻遺跡や壱岐島内の遺跡に関する資料や出土品を収蔵展示している。 併設されている長崎県埋蔵文化財センター(ながさきけんまいぞうぶんかざいセンター)についても本項目で記述する。
Wikipedia    内容詳細  
148.雲仙岳災害記念館  ・〒855-0879長崎県島原市平成町1-1
雲仙岳災害記念館(うんぜんだけさいがいきねんかん、英: Mt. Unzen Disaster Memorial Hall)は、長崎県島原市平成町にある記念館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
149.音浴博物館
音浴博物館 (おんよくはくぶつかん)は、長崎県西海市にある博物館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
150.海上自衛隊佐世保史料館  ・〒857-0058長崎県佐世保市上町8-1
海上自衛隊佐世保史料館(かいじょうじえいたいさせぼしりょうかん)は長崎県佐世保市にある海上自衛隊及び大日本帝国海軍に関する史料館。愛称は「セイルタワー」。1997年(平成9年)3月10日に現在地に開館した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
151.九十九島パールシーリゾート  ・〒858-0922長崎県佐世保市鹿子前町1055番地
九十九島パールシーリゾート(くじゅうくしま Pearl sea resort)は、長崎県佐世保市にある、佐世保市立の水族館・遊覧船・飲食店・土産物店などの複合施設である。2014年4月1日に「西海パールシーリゾート」(さいかい- )から名称変更された[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
152.五島観光歴史資料館  ・〒853-0018長崎県五島市池田町1-4
五島観光歴史資料館(ごとうかんこうれきししりょうかん)は、長崎県五島市にある資料館。1989年(平成元年)に、福江市[注釈 1]の市制施行35周年を記念して、石田城[注釈 2]の二の丸跡に建てられた[3][4]。
Wikipedia    内容詳細  
153.里田原歴史民俗資料館  ・〒859-4807長崎県平戸市田平町里免236番地2
里田原歴史民俗資料館(さとたばるれきしみんぞくしりょうかん)は、長崎県平戸市田平町里免にある平戸市営の資料館。
Wikipedia    内容詳細  
154.たびら昆虫自然園
たびら昆虫自然園(たびらこんちゅうしぜんえん)は、長崎県平戸市にある平戸市営の全国でも珍しい昆虫園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
155.対馬博物館  ・〒817-0021長崎県対馬市厳原町今屋敷668-2
対馬博物館(つしまはくぶつかん、Tsushima Museum)は、長崎県対馬市厳原町今屋敷にある博物館。事業主体は長崎県と対馬市で、「長崎県対馬歴史研究センター」が併設されている[3]。対馬藩主だった宗氏ゆかりの資料「宗家文庫」8万点を中心とした11万2000点を収蔵し、うち対馬島内の遺跡出土品、仏教美術、朝鮮通信使関連など約500点を常設展示する[4]。 開館は2022年(令和4年)4月30日で、対馬全島を網羅した初の博物館である[5]。当初の予定より開館が遅くなったが、開館までの間、完成した部分の施設を利用して時折、開館準備イベントが行われていた。また、新型コロナウイルス感染防止対策のため、島内修学旅行に切り替えとなった市内小学校の訪問先ともなっていた[6]。
Wikipedia    内容詳細  
156.豊玉町郷土館  ・〒817-1201長崎県対馬市豊玉町仁位370 
豊玉町郷土館(とよたまちょうきょうどかん)は、長崎県対馬市豊玉町にある博物館・歴史研究施設。対馬の歴史資料・民俗資料などの収集・保管・調査及び研究、収蔵資料の一部展示を行っている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
157.上対馬町歴史民俗資料館  ・〒817-1701長崎県対馬市上対馬町比田勝575 上対馬総合センター内
上対馬町歴史民俗資料館(かみつしまちょうれきしみんぞくしりょうかん)は、長崎県対馬市上対馬町にある博物館・歴史研究施設。対馬北端の重要な位置の歴史資料・民俗資料などの収集・保管・調査及び研究、収蔵資料の一部展示を行っている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
158.原の辻ガイダンス  ・〒811-5322長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触1092-5
原の辻ガイダンス(はるのつじガイダンス, Harunotsuji Guidance)は、長崎県壱岐市にある「原の辻一支国王都復元公園」のガイダンス施設。原の辻遺跡発掘の歴史や復元公園整備記録の展示の他、勾玉づくり、ガラス玉づくりなどの体験ができる。壱岐神楽の展示もある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
159.平戸市切支丹資料館  ・〒851-2327長崎県平戸市大石脇町1502番地1
平戸市切支丹資料館(ひらどしきりしたんしりょうかん)は、長崎県平戸市にある、主に長崎県の隠れキリシタンに関する資料を収蔵展示する資料館。
Wikipedia    内容詳細  
160.松浦市立埋蔵文化財センター  ・〒859-4303長崎県松浦市鷹島町神崎免146番地
松浦市立埋蔵文化財センター(まつうらしりつまいぞうぶんかざいセンター)は、長崎県松浦市鷹島にある松浦市内全体の埋蔵文化財に関する業務を掌握し、埋蔵文化財及び歴史資料等を収集・展示する松浦市教育委員会の組織である。
Wikipedia    内容詳細  
161.松浦史料博物館  ・〒859-5152長崎県平戸市鏡川町12
松浦史料博物館(まつらしりょうはくぶつかん)は、長崎県平戸市にある旧平戸藩主松浦家と平戸の歴史に関する史料を収蔵した長崎県の登録博物館。運営は、公益財団法人松浦史料博物館。建物は「旧松浦家住宅」として長崎県指定有形文化財となっている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
162.峰町歴史民俗資料館  ・〒817-1301長崎県対馬市峰町三根451
峰町歴史民俗資料館(みねちょうれきしみんぞくしりょうかん)は、長崎県対馬市峰町にある博物館・歴史研究施設。対馬の歴史資料・民俗資料などの収集・保管・調査及び研究、収蔵資料の一部展示を行っている[1]。峰行政サービスセンター、対馬市教育委員会・農業委員会に併設されている。
Wikipedia    内容詳細  
163.亀山社中記念館  ・〒850−0802長崎県長崎市伊良林2丁目7番24号
亀山社中記念館(かめやましゃちゅうきねんかん)は、長崎県長崎市伊良林にある坂本龍馬らにより1865年、長崎で結成された浪士結社・貿易結社「亀山社中」の跡を長崎市が整備した記念館である。
Wikipedia    内容詳細  
164.旧長崎税関下り松派出所  ・長崎県長崎市松が技町4番33号
旧長崎税関下り松派出所(きゅうながさきぜいかんさがりまつはしゅつしょ)は、長崎県長崎市にある歴史的建造物。国の重要文化財。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
165.旧香港上海銀行長崎支店  ・〒850-0921長崎市松が枝町4番27号
旧香港上海銀行長崎支店(きゅうホンコンシャンハイぎんこうながさきしてん)は、イギリスの銀行である香港上海銀行の旧長崎支店を引き継いだ記念館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
166.旧羅典神学校  ・長崎県長崎市南山手町5-3
旧羅典神学校(きゅうらてんしんがっこう)は、長崎県長崎市にある歴史的建造物。国の重要文化財[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
167.グラバー園
グラバー園(グラバーえん)は、長崎県長崎市南山手町8-1にある観光施設である。1859年(安政6年)の長崎開港後に長崎に来住したイギリス人商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築し、野外博物館の状態を呈している。 世界遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」(全23資産)の構成資産である旧グラバー住宅などの洋風建築がある。2004年(平成16年)10月1日 - 2007年(平成19年)9月30日の間、長崎市民は無料で入場できていたが、2007年(平成19年)10月1日より市民も通常料金が必要になった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
168.軍艦島資料館  ・〒851-0505長崎県長崎市野母町563番1号
軍艦島資料館(ぐんかんじましりょうかん)は長崎県長崎市にある資料館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
169.軍艦島デジタルミュージアム  ・〒850 - 0921 日本 長崎県長崎市松が枝町5-6
軍艦島デジタルミュージアム(ぐんかんじまデジタルミュージアム)とは長崎県長崎市松が枝町5-6に存在する博物館。設置者は端島(通称、軍艦島)付近へのクルーズ船を運航しているという軍艦島コンシェルジュ。 端島の歴史を写真や映像で紹介することを目的とした博物館として、2015年(平成27年)9月17日に開館した[1]。 館内には巨大スクリーンに映されている当時の写真や動画や、炭鉱に入ったかのような体験ができるコンピューターグラフィックス映像や、島のジオラマなどが展示されており閲覧できる[2]。12月には、最新デジタル技術を駆使し、閉山前の日常が疑似体験できるという「Amazing Hashima」というコンテンツが誕生。これには映像と音楽で、軍艦島の繁栄から閉山さらにはその後の日本の産業革命のストーリーが描かれている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
170.四海樓 (中華料理店)
四海樓(しかいろう)は、長崎県長崎市に店舗を置く中華料理店及び同市に本社を置き同店を経営する企業(株式会社)である。ちゃんぽん及び皿うどん発祥の店として知られる。
Wikipedia    内容詳細  
171.出島
出島(でじま、英語: Dejima、オランダ語: Deshima)は、1634年江戸幕府が対外政策の一環として長崎に築造した日本初の本格的な人工島[2]、扇型で面積は3,969坪(約1.5ヘクタール)[3]。1636年から1639年までは対ポルトガル貿易、1641年から1859年まではオランダ東インド会社(AVOC、アムステルダムに本部のあるVOC)を通して対オランダ貿易が行われた。 明治以降は長崎港港湾整備に伴う周辺の埋立等により陸続きとなり扇形の面影は失われたが、出島全体は1922年(大正11年)10月12日「出島和蘭商館跡」として国の史跡に指定され[4][5]、1996年(平成8年)より江戸当時の姿への復元を目指す長崎市が出島復元整備事業計画(後述)を進めている[6]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
172.長崎原爆資料館  ・〒852-8117長崎市平野町7番8号
長崎原爆資料館(ながさきげんばくしりょうかん)は、長崎市への原子爆弾投下に関する資料を取り扱った長崎市立の資料館である。長崎県長崎市平野町7番8号に所在し(長崎市平和会館・国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館と同じ)、平和公園の一角をなす。
Wikipedia    内容詳細  
173.長崎市科学館  ・〒852-8035長崎県長崎市油木町7-2
長崎市科学館(ながさきしかがくかん、Nagasaki City Science Museum)は、長崎県長崎市油木町にある、地球科学・天文学をメインにおいた科学館である。別名はスターシップ。
Wikipedia    内容詳細  
174.長崎市恐竜博物館  ・〒851-0505 日本長崎県長崎市野母町568-1
長崎市恐竜博物館(ながさきしきょうりゅうはくぶつかん、英: Nagasaki City Dinosaur Museum)は、長崎県長崎市野母町の野母崎総合運動公園内にある、恐竜を主たるテーマとした自然史博物館。 日本国内では、福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)、御船町恐竜博物館(熊本県上益城郡御船町)に続いて3か所目の恐竜博物館である[1]。 長崎とオランダは江戸時代から縁があり、長崎市とオランダライデン市は姉妹都市であるという縁から、ライデンのナチュラリス生物多様性センターと提携している。本博物館では重要人物として横山又次郎を取り上げている。 諫早市に本社を置く株式会社日本ベネックスがネーミングライツを取得し2024年4月から施設愛称を「ベネックス恐竜博物館」とした[2]。
Wikipedia    内容詳細  
175.ナガサキピースミュージアム
ナガサキピースミュージアムは、長崎県長崎市の常盤地区にある、平和祈念のための博物館。特定非営利活動法人「ナガサキピーススフィア貝の火運動」が運営している。名誉館長は画家の原田泰治で、会長はさだまさしが務めている[1]。 同地出身のシンガーソングライター・さだまさしは、1987年から8月6日の広島の原爆忌に「長崎から広島に向かって歌う」平和祈念コンサート『夏・長崎から』(2006年終了)を行っていたが、年1回のコンサートだけではなく、具体的に「平和の玄関口」になる場所があれば良いと考え、1995年から全国のコンサート会場でミュージアム落成の為の募金活動を開始。長崎県より無償貸与された松が枝埠頭の一角の県有地に2003年4月19日に開館[2]。設計は古市徹雄。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
176.長崎ペンギン水族館  ・〒851-0121長崎県長崎市宿町3番地16
長崎ペンギン水族館(ながさきぺんぎんすいぞくかん)は、長崎県長崎市宿町にある市立の水族館。ペンギン9種180羽とその他水族165種9,700点を飼育している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
177.長崎歴史文化博物館  ・〒850-0007長崎県長崎市立山1丁目1番1号
長崎歴史文化博物館(ながさきれきしぶんかはくぶつかん、Nagasaki Museum of History and Culture)は、長崎県長崎市立山にある長崎県立および長崎市立の博物館である[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
178.日本二十六聖人記念館  ・〒850-0051 日本・長崎県長崎市西坂町7-8
日本二十六聖人記念館(にほんにじゅうろくせいじんきねんかん)は、長崎県長崎市にある、日本二十六聖人の顕彰を目的としてカトリック教会によって設立された博物館。長崎県史跡「西坂の丘」のある西坂公園に隣接する[1]。設計は今井兼次で鉄筋コンクリート製の3階建て[1]。日本二十六聖人の列聖100周年にあたる1962年に開館した[1][2]。 本項目では、日本二十六聖人記念館と一体の施設である日本二十六聖人記念聖堂、日本二十六聖人記念碑(それぞれ「記念館」「記念聖堂」「記念碑」と略称)についても述べる。
Wikipedia    内容詳細  
179.東山手十二番館
東山手十二番館(ひがしやまてじゅうにばんかん)は、明治時代初期に建てられた長崎県長崎市にある木造の洋館。 長崎市大浦・東山手に現存する洋館としては最も古いもので[1]、1998年(平成10年)には主屋・附属屋の2棟が国の重要文化財に指定され、現在は「旧居留地私学歴史資料館」として利用されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
180.三菱重工業長崎造船所史料館  ・〒850-8610長崎県長崎市飽の浦町1番1号
三菱重工業長崎造船所史料館(みつびしじゅうこうぎょうながさきぞうせんじょしりょうかん)は長崎県長崎市飽の浦町にある、三菱重工業長崎造船所飽の浦本工場内の企業博物館。 三菱重工業発祥の地で、日本の近代化に貢献した同造船所の歴史を振り返る。
Wikipedia    内容詳細  
181.長崎水族館
長崎水族館(ながさきすいぞくかん)は、かつて長崎県長崎市宿町3番地に存在した水族館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
182.長崎県亜熱帯植物園  ・〒851-0506長崎県長崎市脇岬町833番地
長崎県亜熱帯植物園(ながさきけんあねったいしょくぶつえん)は、長崎県長崎市脇岬町にあった県立の植物園。別名「サザンパーク野母崎」。1969年(昭和44年)開園、東京ドーム約7個分の敷地内に1,200種類、45,000本の亜熱帯植物が植栽されていた。1991年から発生していた地すべりによる問題が解決に至らず、2017年(平成29年)3月末に閉園した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の水族館

183.壱岐イルカパークアンドリゾート  ・〒811-5512長崎県壱岐市勝本町東触2668-3
壱岐イルカパーク&リゾート(通称:イルカパーク)は、2019年4月25日にリニューアルオープンした、長崎県壱岐市勝本町にある、イルカふれあい施設。 自然のイルカと泳ぐような感覚で泳げる「ドルフィンエンカウンター」を中心に、イルカにご飯をあげたり、直近でトレーナーの解説を聴きながら、イルカを観察できるペンウォークや、イルカとふれあえるプログラムを多数提供。1日1組限定の、イルカと泊まれる「ドルフィンパークキャンプ」は特に人気。 2020年より「イルカとヒトとがコミュニケーションが取れるような施設」になることを目標に、アメリカのDolphin Research Center が行っている ”Relationship Based Training” の手法を取り入れ、餌を使ったトレーニングに加え、たくさんのイルカと遊ぶ時間を設け、イルカとの信頼関係構築を第一に考えたトレーニングを日々行っている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の動物園

184.西海国立公園九十九島動植物園  ・〒857-1231長崎県佐世保市船越町2172番地
西海国立公園九十九島動植物園(さいかいこくりつこうえんくじゅうくしまどうしょくぶつえん)は、長崎県佐世保市にある市営の動物園・植物園である[1]。以前は近くにある山・石岳(197m)から石岳動植物園という愛称で親しまれていた。 2011年(平成23年)4月1日に佐世保市亜熱帯動植物園(させぼしあねったいどうしょくぶつえん)から園名が変更された[2]。また、2011年(平成23年)7月17日に公募による愛称が森きらら(もりきらら)に決定した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
185.長崎バイオパーク  ・〒851-3302長崎県西海市西彼町中山郷2291-1
長崎バイオパーク(ながさきバイオパーク)は、長崎県西海市にある動物園である。バイオパーク株式会社が運営している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の植物園

186.山茶花高原ピクニックパーク
山茶花高原ピクニックパーク(さざんかこうげんピクニックパーク)は、長崎県諫早市小長井町(旧小長井町)にある遊園地。ハーブ園を併設している。 2005年(平成17年)2月1日に観覧車が増設された。 高原という立地を活用し、園内に風力発電機を設置し発電を行なっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の文学館

187.遠藤周作文学館  ・〒851-2327長崎市東出津町77番地
遠藤周作文学館(えんどうしゅうさくぶんがくかん)は、長崎県長崎市東出津町にある長崎市立の文学館である。
Wikipedia    内容詳細  

長崎県の美術館

188.諫早市美術・歴史館  ・〒854-0014 長崎県諫早市東小路町2-33
諫早市美術・歴史館(いさはやし びじゅつ れきしかん、英: Isahaya Museum of Art & History)は、長崎県諫早市の市街地に美術館兼博物館機能を搭載[1]、2014年に開館した同市初の本格的ミュージアム施設[2]。 2015年、グッドデザイン賞受賞[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
189.祈りの丘絵本美術館  ・〒850-0391長崎県長崎市南山手町2-10
祈りの丘絵本美術館(いのりのおかえほんびじゅつかん)は、長崎県長崎市にある絵本美術館である。
Wikipedia    内容詳細  
190.佐世保市博物館島瀬美術センター  ・〒857-0806長崎県佐世保市島瀬町6-22
佐世保市博物館島瀬美術センター(させぼしはくぶつかんしまのせびじゅつセンター、Sasebo city museum shimanose art Center)は、長崎県佐世保市の中心部に位置し、市民の憩いの場となるよう“開かれた美術博物館”を目指し、同市が運営する美術館(博物館機能も有する)。
Wikipedia    内容詳細  
191.童話館
童話館(どうわかん)は、子どもの本を専門とする日本の書店。
Wikipedia    内容詳細  
192.長崎県美術館  ・〒850-0862長崎県長崎市出島町2番1号
長崎県美術館(ながさきけんびじゅつかん)は、長崎県長崎市にある、公益財団法人長崎ミュージアム振興財団(長崎県指定管理者)が運営する美術館。外交官須磨弥吉郎の寄贈したコレクションを基礎にしたスペイン美術、長崎ゆかりの美術の収蔵が特徴。
Wikipedia    内容詳細  
193.長崎市野口彌太郎記念美術館  ・〒852-8117長崎県長崎市平野町7-8 平和会館1階
長崎市野口彌太郎記念美術館(ながさきし のぐちやたろうきねんびじゅつかん)は、長崎県長崎市にある美術館である。戦後の日本洋画壇における代表画家である、野口彌太郎の作品を展示している。
Wikipedia    内容詳細  
194.長崎県立美術博物館
長崎県立美術博物館(ながさきけんりつびじゅつはくぶつかん, Nagasaki Prefectural Museum)は、長崎県長崎市立山にあった、美術館兼博物館。長崎県立長崎図書館に隣接していた。 2002年(平成14年)末に閉館し、2005年(平成17年)に長崎県美術館(出島町)と長崎歴史文化博物館(旧長崎美術博物館跡地)が完成、開館した。 なお、旧長崎県立美術博物館2階の外壁の一部が、長崎県立長崎図書館の裏手にある立山防空壕のそばに設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の人物記念館

195.シーボルト記念館  ・〒850-0011 日本長崎県長崎市鳴滝2丁目7-40
シーボルト記念館(シーボルトきねんかん)は、長崎県長崎市にある、長崎市立の博物館。
Wikipedia    内容詳細  
196.鄭成功記念館  ・〒859-5132長崎県平戸市川内町1114-2
鄭成功記念館(ていせいこうきねんかん)とは長崎県平戸市にある記念館である。平戸市出身の軍人・政治家である鄭成功を顕彰するために2013年に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
197.松永安左エ門記念館  ・〒811-5214長崎県壱岐市石田町印通寺浦360番地
松永安左エ門記念館(まつながやすざえもんきねんかん)は、長崎県壱岐市石田町にある人物記念館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の鉄道

198.愛野駅 (長崎県)  ・長崎県雲仙市愛野町甲3873-3
愛野駅(あいのえき)は、長崎県雲仙市愛野町甲にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
199.吾妻駅  ・長崎県雲仙市吾妻町牛口名280-3
吾妻駅(あづまえき)は、長崎県雲仙市吾妻町牛口名にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。「雲仙市役所前」の副駅名が設定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
200.阿母崎駅  ・長崎県雲仙市吾妻町阿母名1096-1
阿母崎駅(あぼざきえき)は、長崎県雲仙市吾妻町阿母名にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
201.今福駅  ・長崎県松浦市今福町東免
今福駅(いまぶくえき)は、長崎県松浦市今福町東免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
202.岩松駅  ・長崎県大村市岩松町947-2
岩松駅(いわまつえき)は、長崎県大村市岩松町にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
203.大村駅 (長崎県)  ・長崎県大村市東本町123
大村駅(おおむらえき)は、長崎県大村市東本町にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。全ての定期旅客列車が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
204.大村車両基地駅  ・長崎県大村市宮小路三丁目1058-1[1]
大村車両基地駅(おおむらしゃりょうきちえき)は、長崎県大村市宮小路三丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
205.小串郷駅  ・長崎県東彼杵郡川棚町小串郷1480
小串郷駅(おぐしごうえき)は、長崎県東彼杵郡川棚町小串郷にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
206.川棚駅  ・長崎県東彼杵郡川棚町百津郷420-1
川棚駅(かわたなえき)は、長崎県東彼杵郡川棚町百津郷にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
207.神代駅 (長崎県)  ・長崎県雲仙市国見町神代乙454-2
神代駅(こうじろえき)は、長崎県雲仙市国見町神代乙にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。「鍋島邸前」の副駅名が設定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
208.神田駅 (長崎県)  ・長崎県北松浦郡佐々町皆瀬免
神田駅(こうだえき)は、長崎県北松浦郡佐々町皆瀬免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
209.高田駅 (長崎県)  ・長崎県西彼杵郡長与町高田郷129-2
高田駅(こうだえき)は、長崎県西彼杵郡長与町高田郷にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線(長与支線)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
210.小浦駅 (長崎県)  ・長崎県北松浦郡佐々町小浦免
小浦駅(こうらえき)は、長崎県北松浦郡佐々町小浦免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
211.古部駅  ・長崎県雲仙市瑞穂町古部乙82-4
古部駅(こべえき)は、長崎県雲仙市瑞穂町古部乙にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
212.西郷駅  ・長崎県雲仙市瑞穂町西郷辛136-1
西郷駅(さいごうえき)は、長崎県雲仙市瑞穂町西郷辛にある、島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
213.佐々駅  ・長崎県北松浦郡佐々町本田原免
佐々駅(さざえき)は、長崎県北松浦郡佐々町本田原免にある松浦鉄道西九州線の駅。かつては臼ノ浦線が分岐していた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
214.新大村駅  ・長崎県大村市植松三丁目115番地3[1]
新大村駅(しんおおむらえき)は、長崎県大村市植松三丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。西九州新幹線と、在来線の大村線が乗り入れる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
215.諏訪駅  ・長崎県大村市諏訪三丁目47
諏訪駅(すわえき)は、長崎県大村市諏訪三丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
216.清峰高校前駅  ・長崎県北松浦郡佐々町中川原免
清峰高校前駅(せいほうこうこうまええき)は、長崎県北松浦郡佐々町中川原免にある松浦鉄道西九州線の駅。2007年までは上佐々駅(かみさざえき)と称した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
217.彼杵駅  ・長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷
彼杵駅(そのぎえき)は、長崎県東彼杵郡東彼杵町蔵本郷にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
218.大正駅 (長崎県)  ・長崎県雲仙市瑞穂町古部甲5-2
大正駅(たいしょうえき)は、長崎県雲仙市瑞穂町古部甲にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
219.多比良駅  ・長崎県雲仙市国見町多比良乙200-2
多比良駅(たいらえき)は、長崎県雲仙市国見町多比良乙にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
220.鷹島口駅  ・長崎県松浦市今福町仏坂免
鷹島口駅(たかしまぐちえき)は、長崎県松浦市今福町仏坂免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
221.竹松駅  ・長崎県大村市竹松本町531
竹松駅(たけまつえき)は、長崎県大村市竹松本町にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
222.たびら平戸口駅  ・長崎県平戸市田平町山内免
たびら平戸口駅(たびらひらどぐちえき)は、長崎県平戸市田平町山内免にある松浦鉄道西九州線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
223.千綿駅  ・長崎県東彼杵郡東彼杵町平似田郷
千綿駅(ちわたえき)は、長崎県東彼杵郡東彼杵町平似田郷にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
224.調川駅  ・長崎県松浦市調川町下免
調川駅(つきのかわえき)は、長崎県松浦市調川町下免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
225.中田平駅  ・長崎県平戸市田平町下亀免
中田平駅(なかたびらえき)は、長崎県平戸市田平町下亀免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
226.長与駅  ・長崎県西彼杵郡長与町吉無田郷275
長与駅(ながよえき)は、長崎県西彼杵郡長与町吉無田郷にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線(長与支線)の駅である。駅名標のデザインは中尾城公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
227.西木場駅  ・長崎県松浦市御厨町米ノ山免
西木場駅(にしこばえき)は、長崎県松浦市御厨町米ノ山免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
228.西田平駅  ・長崎県平戸市田平町荻田免
西田平駅(にしたびらえき)は、長崎県平戸市田平町荻田免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
229.東田平駅  ・長崎県平戸市田平町小崎免
東田平駅(ひがしたびらえき)は、長崎県平戸市田平町小崎免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
230.本川内駅  ・長崎県西彼杵郡長与町本川内郷902
本川内駅(ほんかわちえき)は、長崎県西彼杵郡長与町本川内郷にある九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線(長与支線)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
231.前浜駅  ・長崎県松浦市調川町平尾免
前浜駅(まえはまえき)は、長崎県松浦市調川町平尾免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
232.松浦駅  ・長崎県松浦市志佐町浦免
松浦駅(まつうらえき)は、長崎県松浦市志佐町浦免にある松浦鉄道西九州線の駅。松浦市の中心駅で、国鉄時代には急行「平戸」の停車駅であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
233.松浦発電所前駅  ・長崎県松浦市志佐町白浜免
松浦発電所前駅(まつうらはつでんしょまええき)は、長崎県松浦市志佐町白浜免にある松浦鉄道西九州線の駅。駅名の通り、駅の北側に松浦発電所がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
234.松原駅 (長崎県)  ・長崎県大村市松原本町198
松原駅(まつばらえき)は、長崎県大村市松原本町にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
235.御厨駅 (長崎県)  ・長崎県松浦市御厨町里免
御厨駅(みくりやえき)は、長崎県松浦市御厨町里免にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
236.諫早駅  ・長崎県諫早市
諫早駅(いさはやえき)は、長崎県諫早市にある、九州旅客鉄道(JR九州)・島原鉄道の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
237.諫早東高校駅  ・長崎県諫早市森山町杉谷109-2
諫早東高校駅(いさはやひがしこうこうえき)は、長崎県諫早市森山町杉谷にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
238.市布駅  ・長崎県諫早市多良見町市布
市布駅(いちぬのえき)は、長崎県諫早市多良見町市布にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
239.小江駅  ・長崎県諫早市高来町上与313
小江駅(おええき)は、長崎県諫早市高来町上与にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
240.大草駅  ・長崎県諫早市多良見町元釜197
大草駅(おおくさえき)は、長崎県諫早市多良見町元釜にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線(長与支線)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
241.小野駅 (長崎県)  ・長崎県諫早市小野町520-13
小野駅(おのえき)は、長崎県諫早市小野町にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
242.釜ノ鼻駅  ・長崎県諫早市森山町田尻985-1
釜ノ鼻駅(かまのはなえき)は、長崎県諫早市森山町田尻にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
243.干拓の里駅  ・長崎県諫早市小野町289-2
干拓の里駅(かんたくのさとえき)は、長崎県諫早市小野町にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
244.喜々津駅  ・長崎県諫早市多良見町化屋755
喜々津駅(ききつえき)は、長崎県諫早市多良見町化屋にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
245.小長井駅  ・長崎県諫早市小長井町小川原浦808
小長井駅(こながいえき)は、長崎県諫早市小長井町小川原浦にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
246.幸駅  ・長崎県諫早市幸町821-2
幸駅(さいわいえき)は、長崎県諫早市幸町にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
247.土井崎信号場  ・長崎県諫早市小長井町遠竹
土井崎信号場(どいざきしんごうじょう)は、長崎県諫早市小長井町遠竹にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
248.長里駅  ・長崎県諫早市小長井町打越
長里駅(ながさとえき)は、長崎県諫早市小長井町打越にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
249.西諫早駅  ・長崎県諫早市馬渡町8-2
西諫早駅(にしいさはやえき)は、長崎県諫早市馬渡町にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。駅名標のデザインは諫早眼鏡橋。2021年に一般公募により駅名標1ヶ所が街道の分岐をモチーフとしたものに変更された[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
250.東諫早駅  ・長崎県諫早市福田町366-2
東諫早駅(ひがしいさはやえき)は、長崎県諫早市福田町にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
251.東園駅  ・長崎県諫早市多良見町東園357
東園駅(ひがしそのえき)は、長崎県諫早市多良見町東園にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線(長与支線)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
252.肥前長田駅  ・長崎県諫早市長田町2521
肥前長田駅(ひぜんながたえき)は、長崎県諫早市長田町にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
253.本諫早駅  ・長崎県諫早市東小路町4-22
本諫早駅(ほんいさはやえき)は、長崎県諫早市東小路町にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。「諫早市役所前」の副駅名が設定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
254.森山駅  ・長崎県諫早市森山町下井牟田2411-5
森山駅(もりやまえき)は、長崎県諫早市森山町下井牟田にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
255.湯江駅  ・長崎県諫早市高来町三部壱286
湯江駅(ゆええき)は、長崎県諫早市高来町三部壱にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。長崎方面からの普通列車は一部が当駅で折り返し、鳥栖方面は上下9本(うち2本は小長井駅までの運行であり、佐賀県との県境を越えるのは上下7本のみ)のみの運行となる。このため、5時間以上運転されない時間帯がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
256.相浦駅  ・長崎県佐世保市相浦町
相浦駅(あいのうらえき)は、長崎県佐世保市相浦町にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
257.いのつき駅  ・長崎県佐世保市江迎町猪調
いのつき駅(いのつきえき)は、長崎県佐世保市江迎町猪調にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
258.江迎鹿町駅  ・長崎県佐世保市鹿町町深江
江迎鹿町駅(えむかえしかまちえき)は、長崎県佐世保市鹿町町深江にある松浦鉄道西九州線の駅。かつては急行「平戸」が停車していた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
259.皆瀬駅  ・長崎県佐世保市皆瀬町
皆瀬駅(かいぜえき)は、長崎県佐世保市皆瀬町にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
260.上相浦駅  ・長崎県佐世保市新田町
上相浦駅(かみあいのうらえき)は、長崎県佐世保市新田町にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
261.北佐世保駅  ・長崎県佐世保市俵町
北佐世保駅(きたさせぼえき)は、長崎県佐世保市俵町にある松浦鉄道西九州線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
262.佐世保駅  ・長崎県佐世保市三浦町21-1
佐世保駅(させぼえき)は、長崎県佐世保市三浦町にある、九州旅客鉄道(JR九州)・松浦鉄道の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
263.佐世保中央駅  ・長崎県佐世保市島瀬町
佐世保中央駅(させぼちゅうおうえき)は、長崎県佐世保市島瀬町にある、松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
264.すえたちばな駅  ・長崎県佐世保市江迎町末橘
すえたちばな駅は、長崎県佐世保市江迎町末橘にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
265.泉福寺駅  ・長崎県佐世保市瀬戸越四丁目
泉福寺駅(せんぷくじえき)は、長崎県佐世保市瀬戸越四丁目にある松浦鉄道西九州線の駅。長崎県立佐世保工業高等学校の最寄り駅であるため、朝夕は生徒で賑わう。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
266.潜竜ヶ滝駅  ・長崎県佐世保市江迎町田ノ元
潜竜ヶ滝駅(せんりゅうがたきえき)は、長崎県佐世保市江迎町田ノ元にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
267.大学駅  ・長崎県佐世保市川下町
大学駅(だいがくえき)は、長崎県佐世保市川下町にある松浦鉄道西九州線の駅。付近には長崎県立大学佐世保校がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
268.大塔駅  ・長崎県佐世保市大塔町16-2
大塔駅(だいとうえき)は、長崎県佐世保市大塔町にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
269.高岩駅 (長崎県)  ・長崎県佐世保市江迎町小川内
高岩駅(たかいわえき)は、長崎県佐世保市江迎町小川内にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
270.棚方駅  ・長崎県佐世保市棚方町
棚方駅(たながたえき)は、長崎県佐世保市棚方町にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
271.中佐世保駅  ・長崎県佐世保市島瀬町
中佐世保駅(なかさせぼえき)は、長崎県佐世保市島瀬町にある松浦鉄道西九州線の駅。隣の佐世保中央駅との営業キロは0.2Kmで、鉄道線としては筑豊電気鉄道黒崎駅前-西黒崎間と並んで短い。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
272.中里駅 (長崎県)  ・長崎県佐世保市上本山町
中里駅(なかざとえき)は、長崎県佐世保市上本山町にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
273.野中駅  ・長崎県佐世保市野中町
野中駅(のなかえき)は、長崎県佐世保市野中町にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
274.早岐駅  ・長崎県佐世保市早岐一丁目93
早岐駅(はいきえき)は、長崎県佐世保市早岐一丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
275.ハウステンボス駅  ・長崎県佐世保市南風崎町417-2
ハウステンボス駅(ハウステンボスえき)は、長崎県佐世保市南風崎町にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
276.南風崎駅  ・長崎県佐世保市南風崎町
南風崎駅(はえのさきえき)は、長崎県佐世保市南風崎町にある、九州旅客鉄道(JR九州)大村線の駅である。難読駅の一つ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
277.日宇駅  ・長崎県佐世保市日宇町682-7
日宇駅(ひうえき)は、長崎県佐世保市日宇町にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
278.左石駅  ・長崎県佐世保市田原町
左石駅(ひだりいしえき)は、長崎県佐世保市田原町にある松浦鉄道西九州線の駅。かつては日本国有鉄道柚木線が分岐していた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
279.真申駅  ・長崎県佐世保市光町
真申駅(まさるえき)は、長崎県佐世保市光町にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
280.三河内駅  ・長崎県佐世保市三川内本町296
三河内駅(みかわちえき)は、長崎県佐世保市三川内本町にある、九州旅客鉄道(JR九州)佐世保線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
281.本山駅 (長崎県)  ・長崎県佐世保市下本山町
本山駅(もとやまえき)は、長崎県佐世保市下本山町にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
282.山の田駅  ・長崎県佐世保市春日町
山の田駅(やまのたえき)は、長崎県佐世保市春日町にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
283.吉井駅 (長崎県)  ・長崎県佐世保市吉井町大渡
吉井駅(よしいえき)は、長崎県佐世保市吉井町大渡にある松浦鉄道西九州線の駅。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
284.祝橋駅  ・長崎県北松浦郡吉井町
祝橋駅(いわいばしえき)は、かつて長崎県北松浦郡吉井町(現・佐世保市吉井町)にあった、日本国有鉄道(国鉄)世知原線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
285.臼ノ浦駅  ・長崎県北松浦郡小佐々町臼ノ浦免
臼ノ浦駅(うすのうらえき)は、かつて長崎県北松浦郡小佐々町臼ノ浦免(現・佐世保市小佐々町臼ノ浦)にあった日本国有鉄道(国鉄)臼ノ浦線の駅(廃駅)である。同線の終着駅であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
286.上佐世保駅
上佐世保駅(かみさせぼえき)は大正時代から昭和時代前期に佐世保鉄道・鉄道省松浦線(国有化後、線路切替による廃線区間)上に存在した鉄道駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
287.世知原駅  ・長崎県佐世保市世知原町栗迎
世知原駅(せちばるえき)は、かつて長崎県北松浦郡世知原町栗迎免(現・佐世保市世知原町栗迎)にあった日本国有鉄道(国鉄)世知原線の駅(廃駅)であり、同線の終着駅であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
288.肥前池野駅  ・長崎県佐世保市大野町
肥前池野駅(ひぜんいけのえき)は、かつて長崎県佐世保市大野町にあった日本国有鉄道(国鉄)柚木線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
289.柚木駅 (長崎県)  ・長崎県佐世保市柚木町
柚木駅(ゆのきえき)は、かつて長崎県佐世保市柚木町にあった日本国有鉄道(国鉄)柚木線の駅(廃駅)であり、柚木線の終着駅であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
290.有明湯江駅  ・長崎県島原市有明町湯江甲472-2
有明湯江駅(ありあけゆええき)は、長崎県島原市有明町湯江甲にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
291.大三東駅  ・長崎県島原市有明町大三東丙135-2
大三東駅(おおみさきえき)は、長崎県島原市有明町大三東丙にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
292.島原駅  ・長崎県島原市片町577-1
島原駅(しまばらえき)は、長崎県島原市片町にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
293.島原港駅  ・長崎県島原市下川尻町7923-2
島原港駅(しまばらこうえき)は、長崎県島原市下川尻町にある島原鉄道島原鉄道線の駅。同線の終着駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
294.島原船津駅  ・長崎県島原市津町409-1
島原船津駅(しまばらふなつえき)は、長崎県島原市津町にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
295.松尾駅 (長崎県)  ・長崎県島原市有明町大三東甲2012
松尾駅(まつおえき)は、長崎県島原市有明町大三東甲にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
296.三会駅  ・長崎県島原市大手原町甲2218-1
三会駅(みええき)は、長崎県島原市大手原町甲にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
297.霊丘公園体育館駅  ・長崎県島原市弁天町2丁目7389-10
霊丘公園体育館駅(れいきゅうこうえんたいいくかんえき)は、長崎県島原市弁天町2丁目にある島原鉄道島原鉄道線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
298.安徳駅  ・長崎県島原市北安徳町
安徳駅(あんとくえき)は、長崎県島原市北安徳町にあった島原鉄道島原鉄道線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
299.秩父が浦駅  ・長崎県島原市秩父が浦町
秩父が浦駅(ちちぶがうらえき)は、長崎県島原市秩父が浦町にあった島原鉄道島原鉄道線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
300.赤迫停留場  ・長崎県長崎市中園町21番21号先
赤迫停留場(あかさこていりゅうじょう、赤迫電停)は、長崎県長崎市中園町にある長崎電気軌道赤迫支線の路面電車停留場。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。駅番号は11。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
301.石橋停留場  ・長崎県長崎市大浦町9番23号先
石橋停留場(いしばしていりゅうじょう、石橋電停)は、長崎県長崎市大浦町にある長崎電気軌道大浦支線の路面電車停留場。駅番号は51。大浦支線の終点で、5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
302.岩屋橋停留場  ・長崎県長崎市大橋町7番9号先
岩屋橋停留場(いわやばしていりゅうじょう、岩屋橋電停)は、長崎県長崎市大橋町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場。駅番号は16。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
303.現川駅  ・長崎県長崎市現川町1947
現川駅(うつつがわえき)は、長崎県長崎市現川町にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
304.浦上駅  ・長崎県長崎市川口町
浦上駅(うらかみえき)は、長崎県長崎市川口町にある九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
305.浦上車庫停留場  ・長崎県長崎市大橋町4番4号先
浦上車庫停留場(うらかみしゃこていりゅうじょう、浦上車庫電停)は、長崎県長崎市大橋町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は17。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
306.大浦海岸通停留場  ・長崎県長崎市常盤町1番地先
大浦海岸通停留場(おおうらかいがんどおりていりゅうじょう、大浦海岸通電停)は、長崎県長崎市常盤町にある長崎電気軌道大浦支線の路面電車停留場。駅番号は48。5号系統が停車する。表記は「大浦海岸通り」とも。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
307.大浦天主堂停留場  ・長崎県長崎市大浦町3番25号先
大浦天主堂停留場(おおうらてんしゅどうていりゅうじょう、大浦天主堂電停)は、長崎県長崎市大浦町にある長崎電気軌道の路面電車停留場。駅番号は50。5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
308.大橋停留場  ・長崎県長崎市松山町3番46号先
大橋停留場(おおはしていりゅうじょう、大橋電停)は、長崎県長崎市松山町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は18。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
309.大波止停留場  ・長崎県長崎市江戸町2番1号先
大波止停留場(おおはとていりゅうじょう、大波止電停)は、長崎県長崎市江戸町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は29。1号系統、2号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
310.観光通停留場  ・長崎県長崎市銅座町6番30号先
観光通停留場(かんこうどおりていりゅうじょう、観光通電停)は、長崎県長崎市銅座町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場。駅番号は33。1号系統、4号系統が停車する。表記は「観光通り」とも。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
311.原爆資料館停留場  ・長崎県長崎市川口町13番地先
原爆資料館停留場(げんばくしりょうかんていりゅうじょう、原爆資料館電停)とは、長崎県長崎市川口町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は20。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
312.五島町停留場  ・長崎県長崎市元船町二丁目18番地先
五島町停留場(ごとうまちていりゅうじょう、五島町電停)は、長崎県長崎市元船町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は28。1号系統、2号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
313.桜町停留場  ・長崎県長崎市桜町1番3号先
桜町停留場(さくらまちていりゅうじょう、桜町電停)は、長崎県長崎市桜町にある長崎電気軌道桜町支線の路面電車停留場である。駅番号は44。3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
314.思案橋停留場  ・長崎県長崎市油屋町1番1号先
思案橋停留場(しあんばしていりゅうじょう、思案橋電停)は、長崎県長崎市油屋町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場。駅番号は34。1号系統、4号系統が停車する[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
315.市役所停留場  ・長崎県長崎市魚の町4番18号先
市役所停留場(しやくしょていりゅうじょう、市役所電停)は、長崎県長崎市魚の町にある長崎電気軌道の路面電車停留場である。駅番号は38と45。桜町支線と蛍茶屋支線が接続する停留場で、2号系統、3号系統、4号系統、5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
316.昭和町通停留場  ・長崎県長崎市中園町1番地先
昭和町通停留場(しょうわまちどおりていりゅうじょう、昭和町通電停)は、長崎県長崎市中園町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場。駅番号は13A。1号系統・2号系統・3号系統の赤迫方面行きのみが停車する。表記は「昭和町通り」とも。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
317.新大工町停留場  ・長崎県長崎市新大工町71番地先
新大工町停留場(しんだいくまちていりゅうじょう、新大工町電停)は、長崎県長崎市新大工町にある長崎電気軌道蛍茶屋支線の路面電車停留場。駅番号は40。2号系統、3号系統、4号系統、5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
318.新地中華街停留場  ・長崎県長崎市銅座町1番地先
新地中華街停留場(しんちちゅうかがいていりゅうじょう、新地中華街電停)は、長崎県長崎市銅座町にある長崎電気軌道の路面電車停留場である。駅番号は崇福寺・蛍茶屋方面が31A、長崎駅前・石橋方面が31B。本線と大浦支線が乗り入れる停留場で、1号系統、2号系統、5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
319.新中川町停留場  ・長崎県長崎市新中川町1番地先
新中川町停留場(しんなかがわまちていりゅうじょう、新中川町電停)は、長崎県長崎市新中川町にある長崎電気軌道蛍茶屋支線の路面電車停留場である。駅番号は41。2号系統、3号系統、4号系統、5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
320.住吉停留場 (長崎県)  ・長崎県長崎市住吉町7番1号先
住吉停留場(すみよしていりゅうじょう、住吉電停)は、長崎県長崎市住吉町にある長崎電気軌道の路面電車停留場。駅番号は12。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。路線は当停留場を境に長崎駅前方面は本線、赤迫方面は赤迫支線と分かれるが、列車は全て両線を直通する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
321.諏訪神社停留場  ・長崎県長崎市出来大工町4番地先
諏訪神社停留場(すわじんじゃていりゅうじょう、諏訪神社電停)は、長崎県長崎市出来大工町にある長崎電気軌道蛍茶屋支線の路面電車停留場である。駅番号は39。2号系統、3号系統、4号系統、5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
322.銭座町停留場  ・長崎県長崎市目覚町1番3号先
銭座町停留場(ぜんざまちていりゅうじょう、銭座町電停)は、長崎県長崎市目覚町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は24。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
323.崇福寺停留場  ・長崎県長崎市油屋町5番2号先
崇福寺停留場(そうふくじていりゅうじょう、崇福寺電停)は、長崎県長崎市油屋町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は35。本線の終点で、1号系統、4号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
324.大学病院停留場  ・長崎県長崎市浜口町2番5号先
大学病院停留場(だいがくびょういんていりゅうじょう、大学病院電停)は、長崎県長崎市浜口町にある、長崎電気軌道の路面電車停留場である。駅番号は21。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
325.宝町停留場  ・長崎県長崎市宝町5番7号先
宝町停留場(たからまちていりゅうじょう、宝町電停)は、長崎県長崎市宝町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は25。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
326.千歳町停留場 (長崎県)  ・長崎県長崎市若葉町10番3号先
千歳町停留場(ちとせまちていりゅうじょう、千歳町電停)は、長崎県長崎市若葉町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
327.出島停留場  ・長崎県長崎市出島町6番26号先
出島停留場(でじまていりゅうじょう、出島電停)は、長崎県長崎市出島町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。1号系統、2号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
328.長崎駅  ・長崎県長崎市尾上町
長崎駅(ながさきえき)は、長崎県長崎市尾上町にある九州旅客鉄道(JR九州)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
329.長崎大学停留場  ・長崎県長崎市若葉町1番23号先
長崎大学停留場(ながさきだいがくていりゅうじょう、長崎大学電停)は、長崎県長崎市若葉町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場。駅番号は15。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
330.西浦上駅  ・長崎県長崎市音無町
西浦上駅(にしうらかみえき)は、長崎県長崎市音無町にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線(長与支線)の駅である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
331.西浜町停留場  ・長崎県長崎市銅座町4番1号先
西浜町停留場(にしはまのまちていりゅうじょう、西浜町電停)は、長崎県長崎市にある長崎電気軌道の路面電車停留場である。駅番号は西浜町が32、浜町アーケードが36。本線と蛍茶屋支線が接続する停留場で、1号系統、2号系統、5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
332.肥前古賀駅  ・長崎県長崎市松原町2371
肥前古賀駅(ひぜんこがえき)は、長崎県長崎市松原町にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の駅である[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
333.肥前三川信号場  ・長崎県長崎市三川町
肥前三川信号場(ひぜんみかわしんごうじょう)は、長崎県長崎市三川町にある、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線の信号場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
334.平和公園停留場  ・長崎県長崎市松山町3番3号先
平和公園停留場(へいわこうえんていりゅうじょう、平和公園電停)は、長崎県長崎市松山町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は19。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
335.蛍茶屋停留場  ・長崎県長崎市中川一丁目
蛍茶屋停留場(ほたるぢゃやていりゅうじょう[1]、蛍茶屋電停)は、長崎県長崎市中川一丁目にある長崎電気軌道蛍茶屋支線の路面電車停留場である。駅番号は43。蛍茶屋支線の終点で、2号系統、3号系統、4号系統、5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
336.道ノ尾駅  ・長崎県長崎市葉山一丁目372[1]
道ノ尾駅(みちのおえき)は、長崎県長崎市葉山一丁目と西彼杵郡長与町高田郷にまたがる、九州旅客鉄道(JR九州)長崎本線(長与支線)の駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
337.めがね橋停留場  ・長崎県長崎市栄町5番1号先
めがね橋停留場(めがねばしていりゅうじょう、めがね橋電停)は、長崎県長崎市栄町にある長崎電気軌道蛍茶屋支線の路面電車停留場である。駅番号は37。2号系統、4号系統、5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
338.メディカルセンター停留場  ・長崎県長崎市新地町6番38号先
メディカルセンター停留場(メディカルセンターていりゅうじょう、メディカルセンター電停)は、長崎県長崎市新地町にある長崎電気軌道大浦支線の路面電車停留場。駅番号は47。5号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
339.茂里町停留場  ・長崎県長崎市目覚町5番1号先
茂里町停留場(もりまちていりゅうじょう、茂里町電停)は、長崎県長崎市目覚町にある、長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は23。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
340.八千代町停留場  ・長崎県長崎市八千代町2番9号先
八千代町停留場(やちよまちていりゅうじょう、八千代町電停)は、長崎県長崎市八千代町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場である。駅番号は26。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
341.若葉町停留場  ・長崎県長崎市若葉町4番21号先
若葉町停留場(わかばまちていりゅうじょう、若葉町電停)は、長崎県長崎市若葉町にある長崎電気軌道本線の路面電車停留場。駅番号は14。1号系統、2号系統、3号系統が停車する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
342.入江町停留場  ・長崎県長崎市新地町
入江町停留場(いりえまちていりゅうじょう、入江町電停)は、長崎県長崎市新地町に存在した長崎電気軌道大浦支線の路面電車停留場である。5号系統が停車した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
343.長崎港駅  ・長崎県長崎市出島町
長崎港駅(ながさきみなとえき)は、長崎県長崎市出島町にあった日本国有鉄道(国鉄)長崎本線の駅(廃駅)である。長崎本線の終着駅であった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の公園

344.壱岐対馬国定公園
壱岐対馬国定公園(いきつしまこくていこうえん)は、長崎県北西部に位置する壱岐及び対馬の海岸部を中心とした国定公園。総面積126.3平方km。1968年(昭和43年)7月22日指定。海中公園も多く分布する。大陸性の固有種が多く棲息することでも知られ、ツシマテン、ツシマヤマネコなどは天然記念物にも指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
345.諫早公園  ・ 日本長崎県諫早市高城町
諫早公園(いさはやこうえん)は、長崎県諫早市高城町にある公園で、上山公園の一部である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
346.浦頭引揚記念平和公園
浦頭引揚記念平和公園(うらがしらひきあげきねんへいわこうえん)は、長崎県佐世保市にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
347.雲仙天草国立公園
雲仙天草国立公園(うんぜんあまくさこくりつこうえん)は長崎県島原半島と熊本県天草諸島に属する国立公園である(一部鹿児島県も含む)。雲仙地区は1934年3月16日に雲仙国立公園として、瀬戸内海国立公園,霧島国立公園(現・霧島錦江湾国立公園)とともに日本で最初の国立公園に指定される。天草地区は1956年7月20日に編入され、現在の雲仙天草国立公園と改称され面積28,279haとなる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
348.大村公園  ・長崎県大村市玖島1丁目43
大村公園(おおむらこうえん)は長崎県大村市玖島にある大村市立の都市公園(総合公園)である[1]。玖島城(大村城)跡の外堀を利用してできた公園で、春にはソメイヨシノや国の天然記念物のオオムラザクラ、ハナショウブ、ツツジなどが咲く。日本さくら名所100選・日本の歴史公園100選の1つ。大村市役所の南隣りにある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
349.グラバー園
グラバー園(グラバーえん)は、長崎県長崎市南山手町8-1にある観光施設である。1859年(安政6年)の長崎開港後に長崎に来住したイギリス人商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸があった敷地に、長崎市内に残っていた歴史的建造物を移築し、野外博物館の状態を呈している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
350.玄海国定公園
玄海国定公園(げんかいこくていこうえん)は、九州の福岡、佐賀、長崎各県の玄界灘沿岸(長崎県は福島、鷹島のみ)を中心に指定された国定公園である。指定年月日は1956年6月1日[1]、総面積は101.58km2(2001年3月31日現在)。十数か所の松原や玄武岩による海食地形などの自然景勝地や朝鮮半島などとの交流に関係する文化史跡が多い。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
351.西海国立公園
西海国立公園(さいかいこくりつこうえん)は、長崎県西部に位置する国立公園である。1955年(昭和30年)3月16日に日本で18番目に指定を受けた。キャッチフレーズは「島と海、自然と文化のクルスロード」。面積は24,646ヘクタール(ha)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
352.西海橋公園
西海橋公園(さいかいばしこうえん)は、長崎県佐世保市と西海市に跨がる長崎県が設置する県立の公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
353.崎方公園
崎方公園(さきがたこうえん)は長崎県平戸市大久保町にある公園[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
354.山茶花高原ピクニックパーク
山茶花高原ピクニックパーク(さざんかこうげんピクニックパーク)は、長崎県諫早市小長井町(旧小長井町)にある遊園地。ハーブ園を併設している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
355.島原総合運動公園  ・ 日本長崎県島原市上の原三丁目5643-7
島原総合運動公園(しまばらそうごううんどうこうえん)は、長崎県島原市にあるスポーツ施設を有する都市公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
356.島原半島ジオパーク
島原半島ジオパーク(しまばらはんとうジオパーク、英: Unzen Volcanic Area Geopark)は、長崎県島原半島にある雲仙火山を中心とした島原市、雲仙市、南島原市の行政区域をもって構成する日本のジオパークである。2009年に、新潟県の糸魚川、北海道の洞爺湖有珠山と共に、世界ジオパークとしては日本で初めて認定された[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
357.上山公園
上山公園(じょうやまこうえん)は、長崎県諫早市に所在する諫早城本丸跡を整備した諫早公園を含む面積120.3ヘクタールの都市公園である。日本の歴史公園100選、日本の都市公園100選、森林浴の森100選に選ばれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
358.土石流被災家屋保存公園
土石流被災家屋保存公園(どせきりゅうひさいかおくほぞんこうえん)は、長崎県南島原市にある、雲仙・普賢岳の噴火による土石流災害の災害遺構を保存する公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
359.ながさき県民の森  ・ 日本長崎市、西海市
ながさき県民の森(ながさきけんみんのもり, Nagasaki Prefectural Forest Park)は、長崎県長崎市と西海市にまたがって位置している県民の森である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
360.長崎県立総合運動公園
長崎県立総合運動公園は長崎県諫早市宇都町に位置する総合運動施設。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
361.長崎水辺の森公園  ・ 日本長崎県長崎市常盤町22-17
長崎水辺の森公園(ながさきみずべのもりこうえん)は、長崎県長崎市にある海浜公園。長崎県が管理している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
362.長串山公園
長串山公園(なぐしやまこうえん)は長崎県の旧北松浦郡鹿町町(2010年3月佐世保市に編入)長串にある公園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
363.東公園 (佐世保市)  ・ 日本長崎県佐世保市東山町182-1
東公園(ひがしこうえん)は、長崎県佐世保市にある旧海軍墓地を整備した公園。通称、東山公園。佐世保港から東に位置する天神山の山頂近くに位置している。佐世保港が見渡せる場所であり、佐世保市により都市公園として管理されている。春は花見客でにぎわう[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
364.平和公園
平和公園(へいわこうえん、英: Peace Park)は、長崎県長崎市松山町に位置する公園。「平和記念(祈念)公園」と呼称する場合もあるが、正確には誤りである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
365.壱岐対馬国定公園
壱岐対馬国定公園(いきつしまこくていこうえん)は、長崎県北西部に位置する壱岐及び対馬の海岸部を中心とした国定公園。総面積126.3平方km。1968年(昭和43年)7月22日指定。海中公園も多く分布する。大陸性の固有種が多く棲息することでも知られ、ツシマテン、ツシマヤマネコなどは天然記念物にも指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
366.壱岐島
壱岐島(いきのしま)は、長崎県の離島で、九州と対馬の間に位置する。南北17 km・東西14 km程度の大きさの壱岐島は、周辺の小さな島々と区別して壱岐本島と呼ぶ場合もある。また『古事記』では「伊伎島(いきのしま)」と書かれ[1]、別名を天比登都柱(あめひとつばしら)と言う[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
367.対馬
対馬(つしま)または対馬島(つしまとう、英語: Tsushima Island)は、日本の九州の北方の玄界灘にある、長崎県(ながさきけん)に属する島で、島全域が対馬市の1島1市体制である。面積は日本第10位で[5]、島内人口は3万470人[6](2019年9月現在)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
368.浅茅湾
浅茅湾(あそうわん)は、長崎県対馬市、対馬の上島と下島の間、西側にあるリアス式海岸に囲まれた湾である。浅海湾とも表記する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
369.壱岐湯ノ本温泉
壱岐湯ノ本温泉(いきゆのもとおんせん)は、長崎県壱岐市(旧国壱岐国)湯本浦、立石西触、本宮南触に跨る温泉である。単に湯ノ本温泉ともいう。壱岐随一のいで湯として昔から知られていた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
370.金田城
金田城(かねだじょう/かなたのき/かねたのき)は、対馬国下県郡の城山(じょうやま、現在の長崎県対馬市美津島町黒瀬)にあった日本の古代山城(分類は朝鮮式山城)。城跡は国の特別史跡に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
371.原の辻遺跡  ・長崎県壱岐市芦辺町深江栄触・深江鶴亀触、石田町石田西触
座標: 北緯33度45分34.0秒 東経129度45分11.6秒 / 北緯33.759444度 東経129.753222度 / 33.759444; 129.753222
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
372.若宮島
若宮島(わかみやじま)は、長崎県壱岐島の北部に位置する日本の島。壱岐市に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の温泉

373.荒川温泉 (長崎県)  ・長崎県五島市玉之浦町
荒川温泉(あらかわおんせん)は、長崎県五島列島の福江島(五島市玉之浦町)にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
374.いいもり月の丘温泉
いいもり月の丘温泉(いいもりつきのおかおんせん、英語表記 : imori tsukino oka onsen)は、長崎県諫早市飯盛町の月の丘公園内に位置する日帰り入浴施設である。一般財団法人諫早市施設管理公社が指定管理者として運営している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
375.壱岐湯ノ本温泉  ・長崎県壱岐市
壱岐湯ノ本温泉(いきゆのもとおんせん)は、長崎県壱岐市(旧国壱岐国)湯本浦、立石西触、本宮南触に跨る温泉である。単に湯ノ本温泉ともいう。壱岐随一のいで湯として昔から知られていた。
Wikipedia    内容詳細  
376.稲佐山温泉  ・長崎県長崎市
稲佐山温泉(いなさやまおんせん)は、長崎県長崎市にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
377.雲仙温泉  ・長崎県雲仙市小浜町雲仙
雲仙温泉(うんぜんおんせん)は、長崎県雲仙市小浜町雲仙(旧国肥前国)にある、キリシタン殉教悲史の舞台で世界的に有名な温泉。日本初の国立公園(雲仙天草国立公園)に指定された温泉保養地である。
Wikipedia    内容詳細  
378.小浜温泉  ・長崎県雲仙市小浜町
小浜温泉(おばまおんせん)は、長崎県雲仙市小浜町にある温泉。島原半島の西側、雲仙国立公園の西麓に位置し、橘湾に臨む風光明媚な温泉地でリウマチ・神経痛に効果のある高温で湯量の豊富な温泉として昔から多くの人に親しまれており、『湧出量×湯温』で求められる放熱量が日本一といわれている。また、2013年には小浜温泉の未利用温泉を活用した210kW級の小浜温泉バイナリー発電所が稼働を始めた。
Wikipedia    内容詳細  
379.琴乃湯  ・長崎県佐世保市ハウステンボス町
琴乃湯(ことのゆ)は、長崎県佐世保市ハウステンボス町にある温泉。九州随一のテーマパーク「ハウステンボス」の目の前で湧出している。
Wikipedia    内容詳細  
380.島原温泉  ・長崎県島原市
島原温泉(しまばらおんせん)は、長崎県島原市(旧国肥前国)にある温泉。世界ジオパークネットワーク加盟する島原半島ジオパークの一部である。
Wikipedia    内容詳細  
381.世知原温泉  ・長崎県佐世保市世知原町上野原
世知原温泉(せちばるおんせん)は、長崎県佐世保市世知原町にある温泉。国見山の麓で湧出している。
Wikipedia    内容詳細  
382.I+Land nagasaki  ・〒851-1201長崎県長崎市伊王島町1丁目3277-7
i+Land nagasaki(アイランド ナガサキ)は、長崎県長崎市伊王島町にある、天然温泉を備えた宿泊施設。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
383.波佐見温泉  ・長崎県東彼杵郡波佐見町
波佐見温泉(はさみおんせん)は、長崎県東彼杵郡波佐見町にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
384.平戸温泉  ・長崎県平戸市
平戸温泉(ひらとおんせん)は、長崎県平戸市にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の

385.愛宕山 (佐世保市)  ・ 日本 長崎県佐世保市相浦
愛宕山(あたごさん)は、長崎県佐世保市にある山である。標高259メートル。相浦富士とも呼ばれる。 麓に飯盛神社(松尾・愛宕・祇園三社合祀)が鎮座しており、山上には平戸松浦家の松浦隆信(道可)により京都の愛宕神社から勧請された愛宕勝軍地蔵菩薩が東漸寺により祀られている(後述の愛宕まつりの期間中以外は東漸寺に安置されている)。毎年2月24日から26日まで相浦愛宕祭りが行われ、ご開帳がある。 南側山腹部は戦国時代に築かれた宗家松浦氏居城の飯盛城の城跡であるが、遺構はほとんど残っていない。 各放送局の相浦中継局が設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
386.有明山 (長崎県)  ・長崎県対馬市[1]
有明山(ありあけやま)は、長崎県対馬市にある、標高558.09メートルの山[1]。万葉集で「対馬の嶺」と詠まれた山とされる[2][3]。壱岐対馬国定公園[4]、しま山100選[5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
387.到彦山
到彦山(いたひこやま)は長崎県 五島列島(五島市) 椛島にある標高326mの山。 椛島の最高峰。北側である本窯町にあり、五島の五つの島(福江島、久賀島、奈留島、若松島、中通島)を見渡せる場所に位置する。 現在は登頂する人がおらず道がなくなり、山頂も木に覆われて展望がない。頂上付近には三角点がある。 以前は中腹にも畑などがあり、薪を切り出すなどの利用がされていた。現在は立ち入る人もなく、石垣などが人の痕跡を留めている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
388.稲佐山  ・ 日本 長崎県長崎市
稲佐山(いなさやま)は、長崎県長崎市にある標高333メートルの山。稲佐山公園が整備されており、遊具広場や草スキー場、野外ステージなどがある[1]。 稲佐山公園及び長崎ロープウェイについては、リージョナルクリエーション長崎・長崎ロープウェイ事業共同体[2]が指定管理者として長崎市の委託を受けて管理・運営を行っている[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
389.岩屋山 (長崎県)  ・ 日本 長崎県長崎市
岩屋山(いわやさん)は、長崎県長崎市北西部に位置する標高475.2mの山。時津町の南方に位置する非火山性孤峰である[1]。古くから信仰の山として崇められ、長崎七高山に数えられる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
390.雲仙岳  ・長崎県島原市、南島原市、雲仙市
雲仙岳(うんぜんだけ)は、長崎県の島原半島中央部にそびえる火山。半島中央部にある20以上の山々の総称であり[1]、山体の中心部は半島の中央を東西に横断する雲仙地溝内にある[2]。火山学上は「雲仙火山」といい、広義では東の眉山から西の猿葉山までの山々を含む[1]。山容は複雑で、三岳五峰、八葉、二十四峰、三十六峰など数字を用いた様々な呼称があった[1]。1934年(昭和9年)に日本で最初の国立公園として雲仙国立公園(のちの雲仙天草国立公園)が指定された[3]。行政区分では島原市、南島原市、雲仙市にまたがる。 現代でも火山活動が続いており、1991年5月から1996年5月に9432回の火砕流が観測された。特に1991年6月に発生した大規模火砕流では43人、1993年6月の火砕流でも1人が死亡し、慰霊活動が行われている。被災家屋は251棟、経済被害は約2300億円に達した[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
391.烏帽子岳 (佐世保市)  ・日本(長崎県佐世保市)
烏帽子岳(えぼしだけ)は、長崎県佐世保市にある山。標高は568メートル。佐世保富士とも呼ばれ、佐世保を代表する山の一つでもある。山頂周辺部は西海国立公園に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
392.鬼岳  ・ 日本 長崎県五島市
鬼岳(おんだけ)は、長崎県五島市上大津町にある標高315メートルの火山である。西海国立公園に指定されている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
393.隠居岳  ・ 日本 長崎県佐世保市
隠居岳(かくいだけ)は、長崎県佐世保市にある山。標高669.8m[1]。別称西ノ岳(にしのたけ、にしんたけ)[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
394.経ヶ岳 (佐賀県・長崎県)  ・ 日本 佐賀県鹿島市・藤津郡太良町・長崎県大村市
経ヶ岳(きょうがたけ)は、佐賀県鹿島市と藤津郡太良町および長崎県大村市の境に位置する多良山系に属する標高1,075.7mの火山である。佐賀県最高峰の山であると同時に、多良山系最高峰の山でもある。南東には多良岳もあり、両山を尾根伝いに縦走する人も多い。多良岳県立自然公園の一部である。山頂では多良岳や五家原岳、大村湾等を、天気が良ければ雲仙岳をも見渡すことができる。 古くに噴火した多良岳の火口の、北西部の先端が山頂となっている。噴火の記録は残っていない。 標高1,000m以上の山としては日本で最西端に位置する。従って日本国内には、経ヶ岳より西にそれより高い地点はない[注釈 1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
395.国見山 (長崎県)  ・ 日本 長崎県佐世保市・佐賀県伊万里市・西松浦郡有田町
国見山(くにみやま)は、北松浦半島のほぼ中央部にある山。標高776.2m。北松県立公園に指定されている。 北松浦半島及び佐世保市の最高峰である。山頂は長崎県佐世保市だが、山頂のすぐ東側に県境があり、東側は佐賀県伊万里市および有田町に属する。山裾は有田川西側各支流および佐々川、相浦川、志佐川などの源流部となっている。 周辺の山も含め自然が残されており、生物相も豊かである。例えば九州各地の山地に生息するヤマアカガエルとブチサンショウウオは長崎県では国見山系だけに生息し、半島部や離島での記録はない。 山頂近くの国有林内には気象庁がアメダスの観測点を設置している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
396.五家原岳  ・ 日本 長崎県大村市・諫早市
五家原岳(ごかはらだけ)は日本の山。標高1057.3m。長崎県の大村市と諫早市との境界に位置し、多良岳と同じ多良山系に属する。 景観も良好で、登山客も多い。長崎県央地区・佐賀県西部のほぼ全域をカバー出来る位置にあるため、テレビ・ラジオ放送局等を始めとした送信所、および警察庁や九州電力などの業務無線の固定局が多く設置されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
397.虚空蔵山 (長崎県川棚町)  ・ 日本 長崎県東彼杵郡川棚町同郡東彼杵町佐賀県嬉野市
虚空蔵山(こくぞうさん)は、長崎県東彼杵郡川棚町と同郡東彼杵町及び佐賀県嬉野市に跨っている標高608.5mの山。山頂は川棚町に属する。九州百名山の一つ。古くは甲後岳との別称があった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
398.琴ノ尾岳  ・長崎県諫早市・西彼杵郡長与町
琴ノ尾岳(ことのおだけ)は、長崎県諫早市(旧多良見町)および西彼杵郡長与町にまたがる標高451.4メートルの山である[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
399.志々伎山  ・長崎県平戸市
志々伎山(しじきさん)は、長崎県平戸市の平戸島最南部にある山である。標高347.2m。九州百名山の一つである。 山体は古期安山岩からなるが浸食が進んで山頂部が円錐状に突出した露岩となっており、特徴的な山容を持つ姿が遠く九州本土や五島列島からも望めることから、古くから近海における航海時の標識としての役割を果たしてきた。 山頂には式内社である志々伎神社の上宮(かみつみや)の石祠がある。また、山腹部には照葉樹原生林が広がり、長崎県の天然記念物に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
400.多良岳  ・佐賀県藤津郡太良町・長崎県諫早市
多良岳(たらだけ)は、九州の山。長崎県と佐賀県の県境に位置する標高996mの山。多良岳山系の一峰。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
401.二半岳  ・ 日本 長崎県北松浦郡小値賀町
二半岳(にはんだけ)は、長崎県北松浦郡小値賀町、五島列島の野崎島にある山。標高306.4m。 小値賀島の東にある野崎島の中央部に位置する。山頂の近くには神社が祀られている。 登山ルートは、沖ノ神島神社山越え参道の途中から入るものと、野崎集落と野首集落を結ぶ里道から入るものの2つが存在する。いずれの登山口も九州自然歩道上にあり、島内の野崎漁港より徒歩でアクセス可能。野崎漁港には小値賀島からの町営船が日に数回入港している。但し、2015年現在ではどちらのルートも荒廃が進んでおり、単独行は推奨されない。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
402.八郎岳  ・ 日本 長崎県長崎市
八郎岳(はちろうだけ)は、長崎県長崎市にある標高589.8mの山。九州百名山の一つ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
403.番岳 (長崎県五島市伊福貴町)  ・ 日本長崎県五島市
番岳(ばんだけ)は長崎県五島市、五島列島椛島にある標高264mの山。 西側である伊福貴町にある。 以前は物見所があり、見張りの「番」からこの名前がついたと言われる。 現在は登頂する人がおらず道がなくなっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
404.番岳 (長崎県小値賀町)  ・ 日本 長崎県北松浦郡小値賀町
番岳(ばんだけ)は、長崎県北松浦郡小値賀町にある山である。五島列島の小値賀島にあり標高は105.2mである。 小値賀島の中央部に位置する。 山は「番岳園地」と称する公園となっており、山腹部と山頂にそれぞれ展望台が設けられている。また、山腹には藤浦洸の詩碑と忠魂碑がある。 島の西部と北部から車道が通っている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
405.姫神山 (長崎県)
姫神山(ひめがみやま)は、長崎県対馬市美津島町緒方にある山[1]。標高172m[2]。 姫神山山頂には旧日本陸軍が日露戦争を前に1901(明治34)年に完成させた姫神山砲台の跡がある[1]。日露戦争が始まった1904年に3つの砲座に28cmりゅう弾砲を2砲床ずつ計6門設置し、左右の高台には観測所が設置された[1][2]。太平洋戦争の終戦の1945年までに廃止され砲座跡や兵舎跡などが残っている[1][2]。 2019年4月、戦争遺構として対馬市の史跡に指定された[1]。2020年10月、第二砲座跡などがイノシシによる掘削被害に遭っていることが判明した[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
406.本城岳  ・ 日本長崎県北松浦郡小値賀町
本城岳(ほんじょうだけ)は、長崎県北松浦郡小値賀町にある山である。標高111.3m。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
407.眉山 (島原市)  ・ 日本 長崎県島原市
眉山(まゆやま)は、長崎県島原市にある山。眉山自体の活動記録はないが雲仙火山に付属する火山。世界ジオパークネットワークに加盟する島原半島ジオパークのジオサイトの一つである。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
408.安満岳  ・長崎県平戸市
安満岳(やすまんだけ)は、長崎県平戸市の平戸島北西部にある山である。標高530m[2]。平戸市及び平戸島の最高峰である。 自然公園法に基づく西海国立公園の第1種特別地域に指定。 2007年(平成19年)に世界遺産候補長崎の教会群とキリスト教関連遺産を構成する資産「平戸島の聖地と集落(安満岳と周辺、春日集落の棚田及び中江ノ島)」としてユネスコの暫定リストに掲載された。正式推薦を前に世界遺産に求められる完全性としての法的保護根拠に文化財保護法の重要文化的景観が用いられることになり、2010年に「平戸島の文化的景観」の一画に選定された。2018年(平成30年)6月30日に長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産として世界遺産登録が決定[3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
409.弓張岳  ・ 日本 長崎県佐世保市
弓張岳(ゆみはりだけ)は、長崎県佐世保市にある山である。標高は364メートル。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
410.多良岳  ・佐賀県藤津郡太良町・長崎県諫早市
多良岳(たらだけ)は、九州の山。長崎県と佐賀県の県境に位置する標高996mの山。多良岳山系の一峰。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の海岸

411.九十九島 (西海国立公園)
九十九島(くじゅうくしま)は北松浦半島西岸に連なるリアス式海岸の群島である。全域が西海国立公園に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
412.展海峰
展海峰(てんかいほう)とは、長崎県佐世保市下船越町にある展望公園。1981年(昭和56年)から整備が始められた比較的新しい観光地である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
413.七ツ釜鍾乳洞
七ツ釜鍾乳洞(ななつがましょうにゅうどう)は長崎県西海市西海町中浦北郷にある複数の鍾乳洞の総称。1928年に西彼杵郡七釜村(現・西海市西海町)の七釜尋常小学校職員による数回の調査で発見され、1936年に「七釜鍾乳洞」の名称で国の天然記念物に指定された。西彼杵半島県立公園の一部[3][4]。観光地としては一般公開されている「清水洞」を指す。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の

414.鷹島肥前大橋  ・西岸:長崎県松浦市鷹島町神崎免東岸:佐賀県唐津市肥前町星賀
鷹島肥前大橋(たかしまひぜんおおはし)は、日比水道をまたぎ、佐賀県唐津市肥前町星賀と長崎県松浦市鷹島町神崎免を結ぶ長崎県道・佐賀県道109号鷹島肥前線の橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
415.福島大橋 (佐賀県・長崎県)
福島大橋(ふくしまおおはし)は、佐賀県伊万里市から長崎県松浦市の福島までを結ぶ橋である。タツノ瀬戸(伊万里湾)に架かる橋である。 福島と九州本島を結ぶ唯一の道路である長崎県道・佐賀県道103号喜内瀬鍋串辻線の一部を構成している。通行料無料。 座標: 北緯33度22分23秒 東経129度51分27秒 / 北緯33.37314度 東経129.85758度 / 33.37314; 129.85758
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
416.伊王島大橋  ・長崎県長崎市香焼町 - 伊王島町(沖ノ島)間
伊王島大橋(いおうじまおおはし)は、長崎市伊王島町沖ノ島と長崎市香焼町を結ぶ道路橋である。2011年(平成23年)3月27日より供用を開始した[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
417.生月大橋  ・平戸市春日町-同市生月町南免間
生月大橋(いきつきおおはし)は、長崎県平戸市の平戸島と生月島を両島を隔てる辰の瀬戸を跨いで連絡する道路橋(トラス橋)である。この橋の開通で離島だった生月島は平戸島と平戸大橋を通じて九州本土とつながった。 全区間を生月大橋有料道路の一部として長崎県道路公社が管理していたが、2010年4月1日より無料開放された[1]。 総工費約46億円。2004年度の通行台数921,920台。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
418.大島大橋 (長崎県)  ・長崎県西海市
大島大橋(おおしまおおはし)は、長崎県西海市にあり、西彼杵半島と同市大島町の寺島を結ぶ斜張橋である[1]。寺島からは寺島大橋を経て大島へいたる。 1999年11月に供用開始し長崎県道路公社が大島大橋有料道路として管理していたが、2011年4月に無料開放された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
419.観潮橋
観潮橋(かんちょうばし)とは、長崎県佐世保市早岐2丁目と、針尾島に位置する有福町を結ぶトラス橋である。 外洋との出入り口が2つしかない閉鎖性海域の大村湾。2つの出入り口のうち、早岐瀬戸の最も狭い場所に架けられている橋である(もうひとつの出入り口、針尾瀬戸にかかるのが、西海橋と新西海橋である)。 外洋との干満の差から、桁下の潮の流れは急であり、満ち潮、引き潮のたびに、右に左に潮の流れが変わる。そういった潮の流れを眺めることができることから「観潮橋」と名づけられた。近年では、この急流を楽しむカヌー愛好家の姿が見られる様になった。 奈良時代には、川でもないのに、水が流れるような急流が生じることから、『肥前国風土記』には「早来の瀬戸」と記された。後に「早来(はやき)」が転じ、周辺の地名が「早岐(はいき)」になったといわれている。また、江戸時代には当時の早岐を治めていた平戸藩主の松浦熈により平戸八景の1つ「潮目」として入れられている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
420.銕橋
銕橋(くろがねばし)は、長崎市の中島川に架かる橋。国道324号の一部。河口から数えて6番目の橋で、「てつばし」の愛称で親しまれている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
421.西海橋  ・佐世保市-西海市間
西海橋(さいかいばし)は、長崎県佐世保市針尾島と西海市西彼町の間にある伊ノ浦瀬戸(針尾瀬戸)に架かるアーチ橋である。完成当時は固定アーチ橋としては世界で三番目の長さを誇り、東洋一と評された[1]。潮の流れが速く工事が困難な海峡での設計と使われた鋼橋製作・架設技術が卓越していたことから、戦後日本の長大橋建設の原点・日本の橋梁技術発展の起点と言われる[2][3]。2020年に国の重要文化財に指定[4][5]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
422.幸橋 (平戸市)
幸橋(さいわいばし)は、長崎県平戸市岩の上町の鏡川に架かるアーチ橋(石橋)。国の重要文化財に指定されている。別名、オランダ橋[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
423.佐世保橋
佐世保橋(させぼばし)は、長崎県佐世保市の佐世保川に架かる橋である。別称海軍橋(かいぐんばし)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
424.新西海橋
新西海橋(しんさいかいばし)は、長崎県佐世保市の針尾島と西海市との間にある伊ノ浦瀬戸(針尾瀬戸)にかかる橋梁である。後述するように、建設時の仮称は第二西海橋であったため[1]、地元ではそのまま「第二西海橋」と呼ばれることも多い。 鋼中路ブレースドリブアーチ橋の主橋部と、PC4径間連続ラーメン箱桁橋の入江部からなる。2006年3月5日に開通した。初代西海橋と並行しているため、西海橋からもその姿を見ることができる。橋下には潮の流れの速さで有名な針尾瀬戸が流れ、渦潮などを見ることが出来る。また、近くには真珠湾攻撃の指令を発信したとされる針尾送信所無線塔があり、桁下の歩行者専用道にある展望台から見ることが出来る。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
425.第一江迎川橋梁
第一江迎川橋梁(だいいちえむかえがわきょうりょう)は、長崎県佐世保市江迎町上川内と同市鹿町町深江潟の境界(松浦鉄道西九州線すえたちばな駅 - 江迎鹿町駅間)となる江迎川に架かる単線鉄道橋である。 国鉄伊万里線(後の松浦線、現松浦鉄道西九州線)の延伸に伴い建設されたもので、1939年(昭和14年)1月25日の平戸口(現たびら平戸口) - 潜竜(現潜竜ヶ滝)間の開業時に供用開始された。 江迎駅(現江迎鹿町)と同線最長となる田代トンネル(延長1,370m)の間に位置する地形上の事情と江迎川の船舶航行を妨げないことが求められたため、全国でも例の少ない半径400mのカーブと25パーミルの下り勾配(江迎駅方向)を同時に有する特徴的な橋梁となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
426.出島橋
出島橋(でじまばし)は、長崎県長崎市にある中島川に架かる橋。河口から数えて3番目の橋で、出島町と江戸町を結ぶ。現役の鉄製道路橋としては日本最古といわれている。国指定史跡である出島和蘭商館跡の東側にある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
427.日見夢大橋  ・長崎県長崎市芒塚町
日見夢大橋(ひみゆめおおはし)は、長崎県長崎市に架かる長崎自動車道の橋である。 1982年(昭和57年)11月17日に長崎多良見IC - 大村ICが開通、1990年(平成2年)1月26日には長崎多良見IC - 鳥栖JCT間が結ばれた長崎自動車道は、全線開通を目指し長崎多良見IC - 長崎IC間の建設が進められた。このうち長崎多良見IC - 長崎芒塚IC間の日見夢大橋は2000年(平成12年)12月に着工[1]。2004年(平成16年)3月27日に長崎多良見IC - 長崎IC間が暫定2車線で開通した。本橋の建設時の仮称は「日見橋」であったが[4]、長崎市立日見小学校3年生(当時)の女子児童により「日見夢大橋」と命名された[5]。本橋は2004年度に土木学会田中賞[6]およびプレストレストコンクリート技術協会作品賞[7]を受賞している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
428.平戸大橋  ・平戸市岩の上町-同市田平町小手田免間
平戸大橋(ひらどおおはし)は、長崎県平戸市にある平戸島と本土部を隔てる平戸瀬戸に架かる吊橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
429.福井川橋梁
福井川橋梁(ふくいがわきょうりょう)は、長崎県佐世保市吉井町直谷と同市江迎町田ノ元の境界(松浦鉄道西九州線の潜竜ヶ滝駅~吉井駅間)となる福井川(佐々川支流)に架かる単線鉄道橋である。2006年(平成18年)9月、同駅間にある他の2本の橋梁とともに国の登録有形文化財に登録され、また長崎県のまちづくり景観資産にも指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
430.箕島大橋  ・長崎県大村市
箕島大橋は、長崎県大村市と大村湾の沖合にある箕島(長崎空港)を結ぶ、長崎県道38号長崎空港線の道路橋(海上橋)である。建設当時の仮称は「大村空港大橋」であった[1]。 周囲7キロほどの小島であった箕島を世界初の海上空港「長崎空港」として造成する中で同時並行で架けられ、箕島と本土が初めて結ばれた。全長970メートル、片側1車線で歩道もある[2]。 1990年9月、長崎市で開催された「'90長崎旅博覧会」に合わせ、エールフランスの超音速旅客機「コンコルド」が長崎空港に飛来した際、箕島大橋はコンコルドを一目見ようと歩いて渡る人や車であふれ、長崎空港の運営会社「長崎空港ビルディング」の職員によると「橋を渡りきるまで1時間以上かかった」という[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
431.眼鏡橋 (諫早市)
眼鏡橋(めがねばし)とは長崎県諫早市高城町の諫早公園内の池に架かる石造二連アーチ橋である。石橋としては日本で初めて国の重要文化財に指定された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
432.眼鏡橋 (長崎市)
眼鏡橋(めがねばし)は、長崎市の中島川に架かる石造二連アーチ橋である。架橋時、琉球王国だった天女橋を除くと、日本初の石造りアーチ橋である[1][2]。1960年(昭和35年)に国の重要文化財に指定された[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
433.女神大橋  ・長崎市
女神大橋(めがみおおはし)は、長崎県長崎市の長崎県道51号長崎南環状線および臨港道路女神大橋線[1]にある斜張橋。両側に歩道が設けられている(自転車通行と共用)。 長崎港の港口に架かる。ながさき女神大橋道路区間である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

長崎県の

434.相浦川
相浦川(あいのうらがわ)は、長崎県の北松浦半島南西部の相神浦谷(相浦谷)を西へ流れ、南九十九島へ注ぐ二級河川である。流域の全域が長崎県佐世保市に属する。長崎県の川では流路延長3位・流域面積5位の河川規模をもつ。 北隣の佐々川と同様に西へ流れ、それに多くの支流が合流する。 佐世保市街地の北東にある国見山系八天岳(標高707m)・隠居岳(標高670m)を水源とする。源流部は国見山系の溶岩台地に樹枝状の深い谷を刻む。本流は川谷貯水池で一旦貯水された後に北西へ流れ、柚木地区の盆地へ入る。 柚木では北東方向からの牟田川をはじめ多くの支流が合流する。川はさらに大野・皆瀬・中里と西へ流れる。皆瀬では北から小川内川が合流する。中里からは南西方向へ向きを変え、両岸には水田が広がる。相浦で再び住宅地の中を流れ、南九十九島へ注ぐ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
435.有家川
有家川(ありえがわ)は、島原半島の雲仙岳南麓を南へ流れ下り、有明海南部へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県南島原市に属するが、源流域は雲仙市にも属する。島原半島では千々石川・有馬川に次ぐ3番目の河川規模をもつ。 清水川・見岳川・有家川の3本の準用河川が下流域で合流する。二級河川に指定されているのは3河川の合流点から河口までの2.2kmだが、雲仙盆地から西有家の北部を流れて合流する清水川は10.3kmの長さがある。 雲仙山系の南西部から南部にかけて連なる、絹笠山(標高879m)・矢岳(標高940m)・高岩山(標高881m)を水源とする。絹笠山と矢岳に挟まれた雲仙盆地(雲仙温泉)から清水川、矢岳の東側斜面から有家川、両河川に挟まれた高岩山の南側斜面から見岳川が流れ出す。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
436.有馬川
有馬川(ありまがわ)は、島原半島南部を東へ流れ、有明海へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県南島原市に属するが、源流部は雲仙市にも属する。 島原半島では千々石川に次ぐ河川規模をもち、特に北側から多くの支流が流れこむ。源流を除く流域のほぼ全域が田畑に利用され、農業集落やため池が点在する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
437.伊佐ノ浦川
伊佐ノ浦川(いさのうらがわ)は、長崎県の西彼杵半島北西部を西へ流れ、五島灘(東シナ海)へ注ぐ二級河川である。流域は西海市に属し、優れた自然景観から西彼杵半島県立公園にも指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
438.一の川
一の川(いちのがわ)は、五島列島の福江島中央部を南から北へほぼ縦断し、北岸の河務湾(岐宿湾)に注ぐ二級河川である。一の河川(いちのこがわ)とも呼ばれ、上流域は二里木場川と呼ばれる。 福江島では西に並んで流れる鰐川を上回る最大の川で、延長15.3kmは長崎県内の川で第6位である。流域は全て長崎県五島市に属する[1][2][3]。 福江島南部の富江地区にある犬山瀬(標高360m)北東側斜面を水源とする。川は北へ流れ出し繁敷(しげじき)の盆地に入るが、ここには昭和53年(1978年)に繁敷ダムが完成した。 繁敷ダムを流れ出した川は山間部に谷を作りながら北へ流れ、二里木場、雨通宿(うとじゅく)を通過する。雨通宿までを「二里木場川」、以降を「一の川」「一の河川」と呼ぶ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
439.浦上川
浦上川(うらかみがわ)は、長崎県長崎市および西彼杵郡長与町を流れる二級河川。長崎市街地北部から南下し長崎港に注ぐ川で、中島川とともに市街地の中心河川となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
440.江迎川
江迎川(えむかえがわ)は、長崎県北部の北松浦半島西部を西へ流れ、九十九島北の江迎湾に注ぐ二級河川である。流域の大部分は佐世保市江迎地区(旧・北松浦郡江迎町)だが、源流部は同市吉井地区(旧・北松浦郡吉井町)、支流の高岩川源流は北松浦郡佐々町、河口左岸は佐世保市鹿町地区(旧・北松浦郡鹿町町)に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
441.鹿尾川
鹿尾川(かのおがわ)は、長崎半島北西部の戸町・小ヶ倉・土井首地区を流れ、長崎湾南部へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県長崎市に属する。上流と下流に二つのダムがあり、長崎市街地南部の上水道用水確保のために利用されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
442.川棚川
川棚川(かわたながわ)は、佐賀県・長崎県境の桃ノ木峠を水源とし、大村湾へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県東彼杵郡波佐見町・川棚町に属する。上流の波佐見町域では波佐見川とも呼ばれる。 長崎県内の川としては延長4位・流域面積3位という屈指の規模をもち、大村湾流入河川では郡川(大村市)を上回る最大の川である。支流の石木川に多目的ダムを作る「石木ダム」計画は、長崎県・佐世保市・地元住民で賛否が分かれ、論議を呼んでいる(後述)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
443.雞知川
雞知川(けちがわ)は、長崎県対馬市を流れる二級河川雞知川水系本流の河川である。流域は壱岐対馬国定公園の区域に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
444.神浦川
神浦川(こうのうらがわ)は、長崎県の西彼杵半島南西部を西へ流れ、角力灘(東シナ海)に注ぐ二級河川である。流域は長崎市に属する。 平成2年(1990年)には「日本一の清流」にも選ばれたが、上流部の三方山にある廃棄物処分場(長崎三共有機)が水質汚染を起こしているとされ、問題ともなっている。 西彼杵半島南部の三方山(さんぽうざん/標高412m)、および半島中央の長浦岳(標高561m)南西側斜面を水源とする。細い渓流は山間にそれぞれV字谷を刻んで西へ流れる。長浦岳方面からの支流には長崎県道57号線が並走する。それらは扇山地区の下流・標高約120m地点で合流するが、昭和44年(1969年)にはここに神浦ダムが完成した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
445.郡川
郡川(こおりがわ)は、多良山系の西側斜面を流れ、大村市街地の北で大村湾へ注ぐ二級河川である。大村湾流入河川では川棚川(波佐見町・川棚町)に次いで大きい。流域全てが長崎県大村市に属し、大村市街地の北部は郡川が作った扇状地の上にある。 郡岳・経ヶ岳・多良岳・五家原岳に囲まれた多良山系の西側斜面を水源とする。源流の渓流群は「黒木渓谷」と呼ばれる。それらの細流は黒木地区の下流、標高約250mの盆地に集まる。昭和37年(1962年)にはここに萱瀬ダム(かやぜだむ)が完成した。 萱瀬ダムを過ぎると流路を南へ変え、多良山系のなだらかな山裾に深い谷を刻んで流れ下る。田下町で南東方向から流れてくる南ノ川内川と合流する。合流後は谷底平野の中を西へ流れる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
446.小森川 (長崎県)
小森川(こもりがわ)は、長崎県佐世保市東部の三川内・早岐地区を流れ、早岐瀬戸へ注ぐ二級河川である。流域全体が長崎県佐世保市に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
447.境川 (諫早市)
境川(さかいがわ)は、長崎県諫早市を流れる一級河川本明川水系の河川である。源流部は多良岳県立公園[1]の区域に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
448.佐護川
佐護川(さごがわ)は、上対馬北西部を流れ、佐護湾(対馬海峡西水道)へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県対馬市に属する。 流域面積53.9km2は、対馬では仁田川に次ぐ2番目、長崎県の河川でも第7位の規模である。また下流域に広がる佐護平野は、山地がほとんどを占める対馬島内にあって珍しい平野部となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
449.佐々川
佐々川(さざがわ)は、長崎県北部の北松浦半島南西部を西へ流れ、九十九島を二分する佐々浦に注ぐ二級河川である。流域は佐世保市・北松浦郡佐々町に属するが、支流・福井川の一部は佐世保市江迎町にも属する。 長崎県の河川では流路延長1位・流域面積2位であったが、流路延長2位だった本明川の河口に諫早湾干拓調整池が作られて本明川の河川規模が拡大されたため、2008年度以降は流路延長・流域面積とも2位となった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
450.佐須川
佐須川(さすがわ)は、下対馬中央部をほぼ横断し、下対馬西側の対馬海峡西水道(東シナ海側)へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県対馬市に属する。 対馬では仁田川・佐護川に次ぐ3番目の川で、流域面積40.2km2は長崎県内の河川で第9位である。流域に沿って日掛・大板・士富・若田・経塚・床谷・下原・樫根・小茂田と多くの集落があり、これらを「佐須」と総称する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
451.佐世保川
佐世保川(させぼがわ)は、佐世保市中心部を北から南へ縦断し、佐世保港(佐世保湾)に注ぐ二級河川である。流域の全てが長崎県佐世保市に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
452.志佐川
志佐川(しさがわ)は、北松浦半島東部を北西へ流れ、伊万里湾西部へ注ぐ二級河川である。流域の上流は佐賀県伊万里市、中流・下流は長崎県松浦市に属する。松浦市最大の川であり、中心河川である。 北松浦半島中央部の国見山(標高776m)北麓を水源とする。上流部は溶岩台地に樹枝状の深い谷を刻む。これらの流れは国見断層と長浜断層に仕切られた伊万里市滝野地区の盆地に集まり、幅数百mほどの谷底平野を流れ下る。 松浦市域では蛇行しながら北西へ流れ、長野川・笛吹川・落合川・庄野川などが合流する。下流域は沖積平野が広がる。右岸には松浦市中心部の街並みがあり、河口外側には砂浜が広がる。川沿いの堤防は遊歩道が作られ「志佐川河畔公園」として整備されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
453.彼杵川
彼杵川(そのぎがわ)は、長崎県・佐賀県境の大野原から流れ出し、大村湾へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県東彼杵町に属し、南の千綿川とともに火山性の台地を大きく削り取った渓谷を形成する。千綿川よりは平野部が広く、流域には農業集落が点在する。 長崎県東彼杵町と佐賀県嬉野市の境をなす台地「大野原」(おおのばる)の北西部を水源とする。大野原は森林と原野が広がる標高350-550m程度のなだらかな台地で、陸上自衛隊大野原演習場・茶畑(そのぎ茶)・棚田などに利用されている。また、ここにはため池の中山池・太ノ原池・平山池がある。本流は佐賀県境に近接した中山池に一旦溜まり、北西へ流れ出す。 大野原の北西部から数本の川が北へ流れ落ちて合流するが、この際に台地の縁に深いV字谷を刻む。台地を流れ落ちた水は谷底から西へ流れる。本流に沿った坂本郷や菅無田郷には谷底平野があり、川沿いに棚田や段々畑が広がる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
454.大明寺川
大明寺川(だいみょうじがわ)は、西彼杵半島東部を流れ大村湾へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県西海市に属するが、源流部は長崎市にも属する。西彼地区では最大の川で、下流域および各支流の流域には住宅地や田畑が広がる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
455.谷江川
谷江川(たにえがわ)は、壱岐島北部の勝本・芦辺地区を東へ流れ、玄界灘に面する芦辺漁港へ注ぐ二級河川である。流域は全て長崎県壱岐市に属する。壱岐島では中部の幡鉾川に次ぐ第2位の河川規模をもち、幡鉾川と同様に緩やかな傾斜の川である。また支流にはダムやため池が多い。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
456.千々石川
千々石川(ちぢわがわ)は、島原半島西岸を北西へ流れ下り、橘湾へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県雲仙市に属する。島原半島最大の川で、橘湾に流入する最大の川でもある。 流域は雲仙地溝内にあたり、北の千々石断層と南の木場断層・別所断層に仕切られる。落差が大きく水量も安定しているため、明治時代末から水力発電が行われている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
457.千綿川
千綿川(ちわたがわ)は、多良山系の北西側斜面を流れ、大村湾へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県東彼杵町に属する。 火山性の台地を抉って渓谷を刻み、北の彼杵川よりも険しい浸食地形を形成する。上流部の「龍頭泉」(りゅうとうせん : 千綿渓四十八潭、千綿渓谷、千綿峡などとも)は自然景勝地として知られ、多良岳県立自然公園の一部に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
458.中島川
中島川(なかしまがわ)は、長崎県長崎市を流れ長崎港に注ぐ二級河川。江戸期には「大川」ともいわれていた。 多数の橋が架設されており、このうち、石造2連アーチ橋の眼鏡橋は国の重要文化財に、桃渓橋と袋橋(いずれも石造アーチ橋)は長崎市の有形文化財に指定されている[1]。複数個所が護岸工事されており、川岸へ下りる階段も設置されているため、観光などの目的で歩くことも可能。放流されている鯉などを水辺から間近に見ることができる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
459.長与川
長与川(ながよがわ)は、大村湾南岸の琴ノ尾岳西麓を流れ、長与浦に注ぐ二級河川である。流域は長崎県西彼杵郡長与町に属し、川に沿って住宅地や田畑が広がる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
460.仁田川
仁田川(にたがわ)は、上対馬中央部を西へ流れ、仁田湾(対馬海峡西水道)へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県対馬市に属する。上対馬をほぼ横断する対馬最大の川で、流域面積79.9km2は長崎県内の河川でも本明川・佐々川・川棚川に次ぐ第4位である。 水系としては、南隣を流れ河口近くで合流する飼所川(かいどこがわ)を含めて「仁田川水系」と定義される。南の飼所川に対し、北の仁田川を瀬田川とも呼ぶ。飼所・瀬田とも下流域の集落名である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
461.幡鉾川
幡鉾川(はたほこがわ)は、壱岐島中央部を流れ、東部の内海(うちめ : 内海湾とも)に注ぐ二級河川である。 壱岐島では北部の谷江川を上回る最大の川で、流域の全てが長崎県壱岐市に属する。河内川(こうちがわ)とも呼ばれる。流域には「物部田原」「木田田原」「深江田原(河内盆地)」といった平野部が広がり、国の特別史跡に指定された原の辻遺跡もこの川の下流域にある。 芦辺町湯岳地区の西にある鉾の木山(標高135m)を水源とする。本流はまず西、次いで南へ流れる。柳田方面からの支流が合流した後は東へ流路を変える。 下流域は約3km2の河内盆地が広がり、大原・湯岳・池田・深江といった集落がある。川は町谷川や池田川などの支流を併せながら、水田地帯の中を東へ流れる。河内盆地の最下流に原の辻遺跡があり、旧石器時代から中世までの複合遺跡となっている。内海へ注ぐ河口域は壱岐島を形成する溶岩台地を刻む谷となっていて、両岸に丘陵地が迫る。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
462.八郎川
八郎川(はちろうがわ)は、長崎市の古賀・矢上地区を南へ流れ、天草灘へ注ぐ二級河川である。東長崎地区の中心河川で、流域は長崎県長崎市に属する。川の名は「鎮西八郎」と呼ばれた源為朝に由来している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
463.東大川
東大川(ひがしおおかわ)は、諫早市街地の西部を流れて大村湾最奥部へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県諫早市に属するが、下流北側は大村市にも属する。諫早市では本明川に次ぐ河川規模をもつ。 河口の津水町は、江戸期に諫早藩(佐賀藩支藩)の貿易拠点「津水港」が作られて栄えた歴史がある。西に接して流れる西大川(延長1.8km・流域面積5.1km²)と対をなして「東大川」と呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
464.福江川
福江川(ふくえがわ)は、五島列島の福江島東部を東へ流れ、五島灘(福江港)へ注ぐ二級河川である。流域は全て長崎県五島市に属する。 五島市の中心地たる福江の街並みを横断する重要な川で、本流に二つのダムがある。上流域は一里川とも呼ばれる。福江島では一の川・鰐川に次ぐ3番目の規模をもつ。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
465.本明川
本明川(ほんみょうがわ)は、長崎県の多良山系南斜面から諫早市街中心部を流れ、諫早湾(有明海)に注ぐ川である。 長崎県内では唯一の一級河川である。2008年4月25日より諫早湾干拓調整池と調整池への流入河川も「本明川水系」に組み込まれ[1]、流路延長・流域面積とも長崎県第1位となった。流域の大部分は諫早市に属するが、調整池の南部は雲仙市にも属する。上流部に本明川ダムが建設中である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
466.水無川 (長崎県)
水無川(みずなしがわ)は、島原半島中央部の雲仙岳東斜面から有明海(島原湾)へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県島原市と南島原市の境になっているが、源流部の一部は雲仙市にも属する。 流域の全てが雲仙岳に由来する火山砕屑物に覆われ、地表を水が流れるのは降雨時のみである。1990年-1995年の雲仙普賢岳噴火では、この流域に沿って土石流・火砕流が流れ下って大きな被害を出し、地形も大きく変化した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
467.三根川
三根川(みねがわ)は、上対馬南西部を南へ流れ、対馬海峡西水道の三根湾へ注ぐ二級河川である。流域は長崎県対馬市に属する。 対馬では仁田川・佐護川・佐須川に次ぐ4番目の規模をもつ。下流域の三根地区は対馬島内で最も早く開けた地域で、多くの遺跡がある。谷に沿って各方面への道が作られ、上対馬の交通の要所となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
468.雪浦川
雪浦川(ゆきのうらがわ)は、長崎県の西彼杵半島西部を流れ、角力灘(東シナ海)に注ぐ二級河川である。西彼杵半島最大の川で、流域は西海市と長崎市に属する。本流全体は「へ」の字型で、それに多くの支流が合流する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
469.鰐川 (長崎県)
鰐川(わにがわ)は、五島列島の福江島中央部の山内盆地から北東へ流れ、岐宿湾へ注ぐ二級河川である。流域は全て長崎県五島市に属する。 福江島では東に並んで流れる一の川に次ぐ河川規模をもち、延長14.6kmは長崎県内の川で第7位である。流域の岐宿地区は田畑が多く、「五島の穀倉」とも称される。鰐川はこれらの田畑を潤す重要な川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責