オーサムサーチジャパン

沖縄県の観光スポット

クリックするとその項目に飛びます。
1.沖縄県
沖縄県(おきなわけん)は、日本の九州地方に位置する県。県庁所在地は那覇市。
人口:1,469,230人[編集](推計人口、2022年12月1日)面積:2,280.98km2
公式サイト  Wikipedia

沖縄県の

1.安国寺 (那覇市)  ・沖縄県那覇市首里寒川町1-2
安国寺(あんこくじ)は、沖縄県那覇市寒川町2丁目に鎮座する、臨済宗妙心寺派の寺院である。山号は太平山、開山は熙山周雍。創建年・景泰年間(1450〜57)。本尊は不動明王。敷地内には、立派なガジュマルの木が植えられている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
2.喜宝院  ・沖縄県八重山郡竹富町字竹富109
喜宝院布教所(きほういんふきょうしょ)は、沖縄県八重山郡竹富町(竹富島)にある浄土真宗本願寺派の寺院。日本最南端に位置する寺院である。1957年創建[1]。
Wikipedia    内容詳細  
3.金武観音寺  ・沖縄県国頭郡金武町字金武222番地
金武観音寺(きんかんのんじ)は、沖縄県国頭郡金武町にある高野山真言宗の寺院。山号は「金峯山」。本尊は聖観音。寺社建造物の多くが太平洋戦争で消失した沖縄県下で、戦前の古い建築様式が残る貴重な木造建造物である。
Wikipedia    内容詳細  
4.源空寺 (宜野湾市)  ・沖縄県宜野湾市嘉数一丁目4番17号
源空寺(げんくうじ)は沖縄県宜野湾市嘉数にある浄土宗の寺院。山号は高台山。所在地は宜野湾市嘉数1-4-17。
Wikipedia    内容詳細  
5.護国寺 (那覇市)  ・沖縄県那覇市若狭1-25-5
護国寺(ごこくじ)は、沖縄県那覇市にある高野山真言宗の寺院。山号は波上山、院号は三光院。本尊は聖観世音菩薩。琉球の真言宗総本山であり[2]、現存する沖縄の寺院では、最も古い寺院である[3]。創建以来、波上宮の神宮寺で、琉球国王の勅願寺でもあった[4]。
Wikipedia    内容詳細  
6.慈眼院 (那覇市)  ・沖縄県那覇市首里山川町3-1
慈眼院(じげんいん)は、沖縄県那覇市にある臨済宗妙心寺派の寺院。本尊は千手観音菩薩。通称、首里観音堂とも呼ばれている。1618年、萬歳嶺という丘に創建された。[1]
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
7.祥雲寺 (宮古島市)  ・沖縄県宮古島市平良西里4
祥雲寺(しょううんじ)は、沖縄県宮古島市にある臨済宗妙心寺派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
8.真教寺 (那覇市)  ・沖縄県那覇市西2-5−21
真教寺(しんきょうじ)は、沖縄県那覇市にある真宗大谷派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
9.神宮寺 (宜野湾市)  ・沖縄県宜野湾市普天間1-27-11
神宮寺(じんぐうじ)は、沖縄県宜野湾市普天間[1]にある東寺真言宗の寺院。院号は普天満山(ふてんまざん)。本尊は聖観世音菩薩。神仏分離以前は隣接する普天満宮の別当寺であった。
Wikipedia    内容詳細  
10.神徳寺 (那覇市)  ・沖縄県那覇市安里38
神徳寺(しんとくじ)は、沖縄県那覇市にある東寺真言宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
11.聖現寺  ・沖縄県那覇市上之屋392
聖現寺(せいげんじ)は、沖縄県那覇市にある東寺真言宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
12.袋中寺  ・沖縄県那覇市小禄692
袋中寺(たいちゅうじ)は、沖縄県那覇市にある浄土宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
13.大典寺  ・沖縄県那覇市松山1-9-1
大典寺(だいてんじ)は、沖縄県那覇市にある浄土真宗本願寺派の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
14.桃林寺 (石垣市)  ・沖縄県石垣市石垣285
桃林寺(とうりんじ)は、沖縄県石垣市にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は南海山。本尊は観音菩薩。八重山列島で最古の仏教寺院である[1]。本項では、隣接する権現堂(ごんげんどう)についても併せて説明する。
Wikipedia    内容詳細  
15.万松院 (那覇市)  ・沖縄県那覇市首里当蔵町3-4-1
万松院(ばんしょういん)は、沖縄県那覇市にある臨済宗妙心寺派の寺院。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
16.遍照寺 (沖縄市)  ・沖縄県沖縄市久保田1丁目2−5
遍照寺(へんしょうじ)は、沖縄県沖縄市にある東寺真言宗の寺院。本尊は大日如来。山号は金剛山(こんごうざん)。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
17.本願寺沖縄別院  ・〒901-2132沖縄県浦添市伊祖5-10-1
本願寺沖縄別院(ほんがんじおきなわべついん)は、沖縄県浦添市にある浄土真宗本願寺派の直属寺院。 住職は浄土真宗本願寺派門主が兼ねるが、輪番が置かれて平時の実務を主管している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
18.臨海寺  ・沖縄県那覇市曙1-18-19
臨海寺(りんかいじ)は、沖縄県那覇市にある東寺真言宗の寺院。
Wikipedia    内容詳細  
19.崇元寺
崇元寺(そうげんじ、琉球語:スーギージ)は、沖縄県那覇市泊にあった臨済宗の仏教寺院。山号は霊徳山。琉球王国の国廟とされ、歴代琉球国王の神霊位を祀っていた。円覚寺とともに琉球双璧の名刹であったが、1945年、沖縄戦により焼失した[1]。
Wikipedia    内容詳細  
20.円覚寺 (那覇市)
円覚寺(えんかくじ、琉球語:ウフティラ[1])は、沖縄県那覇市首里当蔵町(首里城北面)にかつて存在した臨済宗妙心寺派の仏教寺院。山号は天徳山。本尊は釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩の釈迦三尊。琉球王国における臨済宗の総本山であり、第二尚氏の香華院(菩提寺)とされた。
Wikipedia    内容詳細  

沖縄県の神社

21.琉球八社
琉球八社(りゅうきゅうはっしゃ)とは、琉球王国(琉球國)において「琉球八社(官社)の制」により王府から特別の扱いを受けた8つの神社である。
Wikipedia    内容詳細  
22.安里八幡宮  ・沖縄県那覇市安里124
安里八幡宮(あさとはちまんぐう)は、沖縄県那覇市安里にある神社。琉球八社の一つで、明治の近代社格制度では無格社。
Wikipedia    内容詳細  
23.天久宮  ・沖縄県那覇市泊3丁目19-3
天久宮(あめくぐう)は、沖縄県那覇市にある神社。琉球八社の一つで、明治の近代社格制度では無格社。
Wikipedia    内容詳細  
24.出雲大社沖縄分社  ・沖縄県那覇市古島1丁目16-13
出雲大社沖縄分社(いずもたいしゃおきなわぶんしゃ)は沖縄県那覇市古島に鎮座している神社である。出雲大社の正式な分社であり、国内最南・西端の出雲大社の分社である。出雲大社教では、「分祠」「大教会(分院)」「教会」「支教会」以外の名称は認められていないが、第二次世界大戦後の特殊事情から沖縄分社のみ「分社」の名称が認められている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
25.恵比須神社 (那覇市)  ・沖縄県那覇市安謝251
恵比須神社(えびすじんじゃ)は沖縄県那覇市に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
26.沖縄県護国神社  ・沖縄県那覇市奥武山町44
沖縄県護国神社(おきなわけんごこくじんじゃ)は、沖縄県那覇市の奥武山公園内にある神社(護国神社)である。神社本庁などの包括宗教法人に属さない単立神社である。
Wikipedia    内容詳細  
27.沖縄神社  ・沖縄県那覇市首里鳥堀町5
沖縄神社(おきなわじんじゃ)は、沖縄県那覇市首里鳥堀町にある神社。現在は波上宮が管理している。
Wikipedia    内容詳細  
28.沖宮  ・沖縄県那覇市奥武山町44
沖宮(おきのぐう)は沖縄県那覇市にある神社。琉球八社の一つであるが、近代社格制度では社格を与えられておらず、神社本庁に属さない単立の神社である。(無格社)。奥武山公園の東部に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
29.金武宮  ・沖縄県国頭郡金武町金武222
金武宮(きんぐう)は、沖縄県国頭郡金武町にある神社。琉球八社の一つで、明治の近代社格制度では無格社。
Wikipedia    内容詳細  
30.桃林寺 (石垣市)  ・沖縄県石垣市石垣285
桃林寺(とうりんじ)は、沖縄県石垣市にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は南海山。本尊は観音菩薩。八重山列島で最古の仏教寺院である[1]。本項では、隣接する権現堂(ごんげんどう)についても併せて説明する。
Wikipedia    内容詳細  
31.識名宮  ・沖縄県那覇市繁多川4-1-43[1]
識名宮(しきなぐう)は、沖縄県那覇市にある神社。琉球八社の一つで[2]、明治の近代社格制度では無格社。
Wikipedia    内容詳細  
32.末吉宮  ・沖縄県那覇市首里末吉町1-8
末吉宮(すえよしぐう)は、沖縄県那覇市首里末吉町の末吉公園内にある神社で琉球八社のひとつ。旧社格は無格社。
Wikipedia    内容詳細  
33.尖閣神社  ・沖縄県石垣市桴海大田273-170[1]
尖閣神社(せんかくじんじゃ)は、沖縄県石垣市桴海にある神社である。2000年に尖閣諸島の魚釣島に創建され、2019年に現在地に遷座した。祭神は伊勢神宮から勧請した天照大御神及び日本武命[1]。
Wikipedia    内容詳細  
34.大東宮  ・沖縄県島尻郡北大東村字中野
大東宮(だいとうぐう)は北大東島(沖縄県島尻郡北大東村)にある神社である。境内の森は夜間、天然記念物のダイトウオオコウモリが飛び回るため生態観察に適している。
Wikipedia    内容詳細  
35.大東神社 (南大東村)  ・沖縄県島尻郡南大東村字池之沢
大東神社(だいとうじんじゃ)は、沖縄県島尻郡南大東村にある神社である。境内の森は夜間、フクロウ科のダイトウコノハズクや国の天然記念物に指定されているダイトウオオコウモリ等が飛び回るため生態観察に適しているとされるが、これは北大東村の大東宮と共通である。この他、境内には環境省レッドリストに絶滅危惧IA類で掲載されているダイトウシロダモの群生地がある。
Wikipedia    内容詳細  
36.十山神社  ・沖縄県八重山郡与那国町与那国
十山神社(とおやまじんじゃ)は、沖縄県八重山郡与那国町与那国祖納地区にある神社。
Wikipedia    内容詳細  
37.波上宮  ・沖縄県那覇市若狭一丁目25番11号
波上宮(なみのうえぐう)は、沖縄県那覇市にある神社。近代社格制度では官幣小社に列格され、現在では神社本庁の別表神社に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
38.普天満宮  ・沖縄県宜野湾市普天間1-27-10
普天満宮(ふてんまぐう)は、沖縄県宜野湾市普天間にある神社。宜野湾市で唯一の神社でもある。
Wikipedia    内容詳細  
39.宮古神社  ・沖縄県宮古島市平良字西里5-1
宮古神社(みやこじんじゃ)は、沖縄県宮古島市に鎮座する神社である。
Wikipedia    内容詳細  
40.世持神社  ・沖縄県那覇市奥武山町(社殿)沖縄県那覇市若狭1-25-11(神体)
世持神社(よもちじんじゃ)は、沖縄県那覇市奥武山公園内に鎮座する神社(神社本庁に包括)。ただし、神体は社殿と分かれて波上宮境内に置かれている(後述)。
Wikipedia    内容詳細  

沖縄県の

41.グスク
グスク(御城)もしくはスク(城)とは、南西諸島の内、沖縄地方領域である奄美群島(鹿児島県)から八重山諸島(沖縄県)の沖縄弧とも呼ばれる地域にかけて、多数存在するグスク時代の遺跡。本土の戦国時代の城とは異なり、戦いに備えた建築物とは限らず、館や拝所であったと考えられるものもあり、地域、時期、により形態や呼び方に違いがある。三山時代には王や按司の居城となっていた。
Wikipedia    内容詳細  
42.安慶名城  ・輪郭式山城
安慶名城(あげなじょう、琉球語: あげなグスク、あげなグシク)は、沖縄県うるま市安慶名にあったグスク(御城)の城趾である。
Wikipedia    内容詳細  
43.伊是名城  ・山城
伊是名城(いぜなぐすく)は、伊是名島(沖縄県伊是名村)の東南にそびえるグスクである。沖縄県指定史跡[1]。
Wikipedia    内容詳細  
44.糸数城
糸数城(いとかずぐすく・いとかずじょう)は、沖縄県島尻郡南城市糸数にあったグスク(御城)の城趾である。城跡は1972年(昭和47年)5月15日に国の史跡に指定。
Wikipedia    内容詳細  
45.伊波城  ・単郭式山城
伊波城(伊覇城、いはぐすく、いはじょう)は、沖縄県うるま市石川にあったグスク(御城)の趾である。
Wikipedia    内容詳細  
46.宇江城城
宇江城城(うえぐすくじょう、うえぐすくぐすく)は、沖縄県島尻郡久米島町仲里宇江城にあるグスク(御城)である。城跡は2009年(平成21年)7月23日に国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
47.浦添城
浦添城(うらそえじょう、浦添城跡)は、沖縄県浦添市にある城(グスク)跡。1989年(平成元年)8月11日、国の史跡に指定されている(浦添大公園)。
Wikipedia    内容詳細  
48.垣花城  ・不明
垣花城(かきのはなぐすく・かきのはなじょう)は、沖縄県島尻郡南城市玉城垣花にあったグスク(御城)である。
Wikipedia    内容詳細  
49.勝連城  ・山城
勝連城(かつれんぐすく・かつれんじょう)は、沖縄県うるま市にあったグスク(御城)の城趾である。阿麻和利の城として有名。
Wikipedia    内容詳細  
50.喜屋武城  ・山城
喜屋武城(きゃんぐすく)は、沖縄県うるま市喜仲四丁目にある琉球王国時代の城跡(グスク)である。
Wikipedia    内容詳細  
51.具志川城 (久米島町)
具志川城(ぐしかわじょう)は、沖縄県久米島にかつて存在した城(グスク)。現在は具志川城跡(ぐしかわじょうせき)となっている。所在地は久米島町仲村渠432および477-1[1][4]。久米島北西の仲村渠集落の北方、東シナ海へ飛び出した丘の上にあり、三方が崖となっている[1]。1975年(昭和50年)に国の史跡に指定された[1][4]。1999年(平成11年)度から2007年(平成19年)度にかけて、史跡具志川城保存修理事業に伴い、遺構確認の発掘調査が行われた[5][6][7]。
Wikipedia    内容詳細  
52.具志川城 (糸満市)
具志川城(ぐしかわぐすく、ぐしかわじょう)は、沖縄県糸満市喜屋武具志川原[5]にあった城(グスク)。城跡は1972年(昭和47年)5月15日に国の史跡に指定された[4]。
Wikipedia    内容詳細  
53.越来城  ・山城
越来城(ごえくじょう、琉球語: ごえくグスク、ごえくグシク)は、沖縄県沖縄市城前町周辺の丘陵地にあった城(グスク)。沖縄戦などで破壊され、遺跡はほとんど残されていない[1]。
Wikipedia    内容詳細  
54.座喜味城  ・山城
座喜味城(ざきみぐすく・ざきみじょう)は、沖縄県中頭郡読谷村にあったグスク(御城)の城趾。日本軍が高射砲陣地を構築していたため、十・十空襲と沖縄戦で壊滅的な被害をうけ、瓦礫の丘陵地となり、また1974年まで米軍基地ボーローポイント内のナイキミサイル通信基地となっていた。沖縄返還を機に返還の機運が高まり、1974年に米軍から返還された。調査と復旧が進められ、通信基地に駐屯していた退役軍人も驚嘆するほどの美しいグスクとしてよみがえった。2000年、世界遺産に登録された。
Wikipedia    内容詳細  
55.佐敷城 (琉球国)
佐敷城(さしきぐすく)は沖縄本島南部のグスク。国の史跡に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
56.島添大里城
島添大里城(しましーうふざとぐすく)、史跡名:島添大里城跡(しましーおおざとじょうせき)は、現在の沖縄県南部にあった城(グスク)である。別名を大里城。
Wikipedia    内容詳細  
57.下田原城
下田原城(しもたばるじょう)は、八重 山諸島の波照間島(沖縄県八重山郡竹富町)にある城(グスク)。2003年(平成15年)3月25日に国の史跡に指定されている。琉球王国統一の歴史を示す重要な遺跡[1]。沖縄の日本復帰直後「ぶりぶち公園」として、地元老人会により寄付で整備されたが、現在は公園としては荒れ、亜熱帯の自然の侵食のままとなっている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
58.首里城  ・山城
首里城(しゅりじょう、沖縄方言: スイグシク[1])は、琉球王国中山首里(現:沖縄県那覇市)にあり、かつて海外貿易の拠点であった那覇港を見下ろす丘陵地にあったグスク(御城)の城趾である。
Wikipedia    内容詳細  
59.玉城城  ・山城
玉城城(たまぐすくぐすく、たまぐすくじょう)は、沖縄県南城市(旧玉城村)にある城(グスク)跡。1987年(昭和62年)8月21日に、国の史跡に指定された。
Wikipedia    内容詳細  
60.知念城  ・連郭式山城
知念城(ちねんじょう、琉球語: ちねんグスク)は、沖縄県南城市知念にある12世紀末から13世紀にかけて築城されたグスク(御城)の城趾である。代々同地の領主である知念按司が統治し、城跡は1972年(昭和47年)5月15日に国の史跡に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
61.北谷城
北谷城(ちゃたんじょう)あるいは 北谷グスク(ちゃたんグスク)は沖縄県北谷町にあるグスク。13世紀後半から16世紀前半にかけて中山の拠点になった。1945年の沖縄戦から米軍基地キャンプ瑞慶覧の敷地内にあったが、2013年の合意後、沖縄戦から75年目の2020年3月31日に日本に返還された。北側にはキャンプ桑江、南側にキャンプ瑞慶覧がある細長い区域に位置する。国の史跡に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
62.天願城  ・不明
天願城(てんがんじょう、琉球語: ティングヮングスク)は、沖縄県うるま市天願にあったグスク(御城)の城趾。15世紀に安慶名城を拠点に中部一帯を支配した安慶名大川按司一世の三男・後天願按司一世などが貿易の拠点であった具志川城と共に統治した。
Wikipedia    内容詳細  
63.中城城  ・山城
中城城(なかぐすくじょう)は、沖縄県中頭郡北中城村・中城村に存在した日本の城。15世紀の琉球王国・尚泰久王代、護佐丸のグスク(城)として知られる。築城された時期は不明。ユネスコ世界遺産。
Wikipedia    内容詳細  
64.今帰仁城  ・山城
今帰仁城(なきじんぐすく、なきじんじょう、別名:北山城(ほくざんじょう、ほくざんぐすく))は、沖縄県国頭郡今帰仁村に位置する城跡である。
Wikipedia    内容詳細  
65.名護城
名護城(なんぐすく)は、沖縄県名護市字城にある城跡(グスク)である。城跡一帯は「名護中央公園」として整備されており、日本さくら名所100選の1つとして「名護城公園」が選ばれている[1]。名護按司の居城だったと伝えられる。
Wikipedia    内容詳細  
66.南山城 (琉球国)  ・山城
南山城(なんざんじょう)は、現沖縄県糸満市大里にあったグスク。同市の文化財。
Wikipedia    内容詳細  
67.フルスト原遺跡
フルスト原遺跡(フルストばるいせき)は、沖縄県石垣市大浜にある遺跡。1978年(昭和53年)3月3日に国の史跡に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
68.三重城  ・平城
三重城(みえぐすく、沖縄語:みーぐしく)は、沖縄県那覇市にある琉球のグスクである。那覇港の国場川北側の河口に位置している。
Wikipedia    内容詳細  
69.山田城 (琉球国)
山田城(やまだグスク)は、沖縄県国頭郡恩納村字山田小字城原にあった14世紀から15世紀頃のグスク(御城)[1]。
Wikipedia    内容詳細  
70.屋良座森城
屋良座森城(やらざもりぐすく、沖縄語:やらざむいぐしく)は、沖縄県那覇市にあった琉球のグスクである。那覇港の国場川河口南にあった。
Wikipedia    内容詳細  

沖縄県の博物館

71.石垣市立八重山博物館  ・〒907-0004沖縄県石垣市字登野城4-1
石垣市立八重山博物館(いしがきしりつやえやまはくぶつかん)は、沖縄県石垣市にある市立博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
72.石垣やいま村  ・〒907-0021 日本 沖縄県石垣市名蔵967-1
石垣やいま村(いしがきやいまむら)は、沖縄県石垣市にある古民家を中心とした野外博物館。日本最南端かつ最西端のテーマパークでもある。
Wikipedia    内容詳細  
73.海の文化資料館  ・〒904-2427沖縄県うるま市与那城屋平4番地(2階)
うるま市立海の文化資料館(うるましりつうみのぶんかしりょうかん)は沖縄県うるま市にある公立博物館で、うるま市教育委員会が管理・運営する。略称・海文(うみぶん)。
Wikipedia    内容詳細  
74.沖縄県平和祈念資料館  ・〒901-0333 日本 沖縄県糸満市字摩文仁614-1番地(沖縄県営平和祈念公園内)
沖縄県立平和祈念資料館(おきなわけんりつへいわきねんしりょうかん)は2000年4月に糸満市の沖縄戦跡国定公園の平和祈念公園内に開設された博物館。
Wikipedia    内容詳細  
75.沖縄美ら海水族館  ・〒905-0206沖縄県国頭郡本部町石川424番地
沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん、英: Okinawa Churaumi Aquarium)は、沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園内)の水族館。一般財団法人沖縄美ら島財団が管理・運営している。「チュらうみ」とは沖縄の方言で「清〔きよ〕ら(しい)海」という意味。 完成当初世界最大だった大水槽「黒潮の海」[2]を泳ぐジンベエザメ、ナンヨウマンタなどが人気で、沖縄県の著名な観光地となっている。2005年(平成17年)にアメリカ合衆国のジョージア水族館が開館されるまでは世界最大の水槽を持つ水族館であった。 水族館の周辺には、オキちゃん劇場(イルカショー)など、無料で見学できる施設も整備されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
76.宜野湾市立博物館  ・〒901-2224沖縄県宜野湾市真志喜1丁目25番1号
宜野湾市立博物館(ぎのわんしりつはくぶつかん)は沖縄県宜野湾市にある公立博物館。1999年6月1日に開館した。宜野湾市を中心とする沖縄の歴史・考古・民俗・自然を専門分野とする。博物館のイメージキャラクターは天女ちゃん[1]。
Wikipedia    内容詳細  
77.名護博物館
名護博物館(なごはくぶつかん)は、沖縄県名護市にある総合博物館[1]。「名護・やんばるの生活と自然」をテーマとして、1984年3月1日に名護市東江の旧名護市役所の旧庁舎を改装して開館した[2]。2023年に名護市大中に新築移転し、3月にプレオープン、5月にグランドオープンした。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
78.ヌチドゥタカラの家  ・〒905-0502 日本 沖縄県国頭郡伊江村東江前2300-4
ヌチドゥタカラの家は、沖縄県国頭郡伊江村東江前にある資料館。平和運動家阿波根昌鴻が収集した沖縄戦やその後の米軍による土地の強制収用、基地問題などに関する資料を展示している[1]。 阿波根昌鴻が自宅の敷地内に開設した私設の資料館で、阿波根が収集した沖縄戦における伊江島での戦闘やその後の米軍による土地の強制収用、伊江島補助飛行場による被害、その他平和運動に関する資料を展示していて、沖縄戦時に住民が着ていた衣服や持ち物、米軍が訓練中に落とした原爆の模擬弾や薬莢、パラシュートといった貴重な資料を間近に見ることができる[2]。当時としてはまだ珍しかったカメラを阿波根は持っていたため歴史的瞬間を捉えた貴重な写真も残されていて、伊江島における抵抗運動の経過を詳細に知ることができる。また、国内外からの支援や連帯を示す寄せ書き等も多く展示されている。資料館の建物外壁にはヌチドゥタカラの家の設立理由やヌチドゥタカラ(命ど宝)の初出とされる尚泰王が詠んだとされる琉歌(詳しくは命どぅ宝の項目を参照)、聖書の警句などが記されている。
Wikipedia    内容詳細  
79.ヒストリート  ・〒904-0004沖縄県沖縄市中央1丁目2番2号
沖縄市戦後文化資料展示館ヒストリート(おきなわしせんごぶんかしりょうてんじしつヒストリート)は沖縄県沖縄市にある資料館。沖縄市が運営している。2005年の開館以来「パルミラ通り」沿いの空き店舗を利用して本館の「ヒストリート」と分館の「ヒストリートII」として運営していたが、2018年4月に閉館[1]。2018年8月8日にコザゲート通り沿いのビルに移転して再オープンした[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
80.ひめゆり平和祈念資料館  ・〒901-0344沖縄県糸満市字伊原671-1
ひめゆり平和祈念資料館(ひめゆりへいわきねんしりょうかん)は、沖縄県糸満市にある博物館。1989年6月23日開館。1992年に菊池寛賞を受賞した。 資料館内には、第三外科壕を底から見上げた形で原寸大のジオラマが作られている。また、同じく館内には南風原陸軍病院壕の一部を再現した原寸大模型があり、そこで以前は語り部の証言を直接聴くことができたが、語り部の高齢化により2004年4月のリニューアル以後は証言映像の上映に切り替えられた。第四展示室は学徒隊の戦没した生徒や教員の写真が壁中に貼られており、また、生前の人柄や死亡時の状況が文章で解説されている。BGMとして「ふるさと」が流れている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
81.宮古島海宝館  ・〒906-0101沖縄県宮古島市城辺字保良591-1
宮古島海宝館(みやこじまかいほうかん)は、沖縄県宮古島市城辺字保良にある貝類の専門博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
82.宮古島市総合博物館  ・〒906-0011沖縄県宮古島市平良字東仲宗根添1166-287
宮古島市総合博物館(みやこじましそうごうはくぶつかん)は、沖縄県宮古島市にある市立博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
83.琉球大学博物館(風樹館)
琉球大学博物館(風樹館)[1][2](りゅうきゅうだいがくはくぶつかん〈ふうじゅかん〉、英:Ryukyu University Museum(Fujukan))は、沖縄県中頭郡西原町にある琉球大学附属の大学博物館[3]。 首里城の日時計の遺跡や藁算(ワラザン)の標本などの自然系標本や文化的遺物を含む約160,000点のコレクションのうち、主に沖縄の自然や文化を代表する1500点余りの標本や資料が常設展示されている[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
84.一中学徒隊資料展示室  ・〒903-0815沖縄県那覇市首里金城町1-7
一中学徒隊資料展示室(いちちゅうがくとたいしりょうてんじしつ)は、沖縄県那覇市にある資料展示室。
Wikipedia    内容詳細  
85.沖縄郵政資料センター  ・〒900-8799沖縄県那覇市壺川3-3-8
沖縄郵政資料センター(おきなわゆうせいしりょうセンター)は、沖縄県那覇市にある、通信文化協会が運営する企業博物館である[1]。那覇中央郵便局の2階にあり、愛称は「OKICOMM(オキコム)」。 琉球藩から始まる沖縄の郵政事業に関する各種資料を展示している。沖縄切手や琉球政府時代の「郵政庁」の看板などもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
86.対馬丸記念館  ・〒900-0031沖縄県那覇市若狭1丁目25
対馬丸記念館(つしままるきねんかん)は、沖縄県那覇市若狭にある、1944年の対馬丸事件についての資料が保存された施設[1]。この記事では対馬丸事件(つしままるじけん)についても記述する。詳細は「対馬丸#対馬丸事件」も参照。
Wikipedia    内容詳細  
87.那覇市歴史博物館  ・沖縄県那覇市久茂地1丁目1番1号パレットくもじ4階
那覇市歴史博物館(なはしれきしはくぶつかん、英語: Naha City Museum of History)は、沖縄県那覇市久茂地1丁目のパレットくもじ内にある博物館。2006年(平成18年)に開館した。琉球国王尚家に関する国宝資料を所蔵する[2][3]。 2014年(平成26年)には、公式ウェブサイト上に「デジタルミュージアム」を開設した[4]。
Wikipedia    内容詳細  
88.不屈館  ・〒900-0031沖縄県那覇市若狭2丁目21-5
不屈館(ふくつかん)は、政治家瀬長亀次郎がのこした資料をもとにして、2013年3月、沖縄県那覇市に開設された[1]沖縄の戦後史に関する民間の資料館。 米軍占領下の沖縄で沖縄人民党を組織、圧制に対する抵抗運動の先頭に立ち、立法院議員・那覇市長・日本共産党衆議院議員などを歴任した政治家瀬長亀次郎がのこした膨大な資料を中心に、沖縄の民衆のたたかいを後世に伝える目的でつくられた。今後県民からの資料提供も受け、特に米軍統治下の民衆の歩みなど沖縄の戦後が学べる、民衆の支えによる民衆のための資料館を目指す、としている[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
89.沖縄県立博物館  ・〒903-0823沖縄県那覇市首里大中町1丁目1番地
沖縄県立博物館(おきなわけんりつはくぶつかん)は、かつて沖縄県那覇市首里にあった県立博物館。 2006年3月に沖縄県立博物館・美術館に移転するため閉館した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の水族館

90.DMMかりゆし水族館  ・〒901-0225沖縄県豊見城市豊崎3-35
DMMかりゆし水族館 (ディーエムエムかりゆしすいぞくかん)は、沖縄県豊見城市豊崎にある水族館。2020年5月25日に開業した[1][2][3]。運営会社は株式会社DMM RESORTS。メインテーマは「最新の映像表現と空間演出を駆使した新しいカタチのエンタテイメント水族館」[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の科学館

91.波照間島星空観測タワー
波照間島星空観測タワー(はてるまじまほしぞらかんそくタワー)は、沖縄県・八重山諸島の波照間島(八重山郡竹富町)にある天文台である。 日本最南端の公開天文台であり、4月下旬から6月中旬までは開館時間内に南十字星を観測することができる[1][注 1]。また、プラネタリウムを併設しているが、故障中である[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の動物園

92.ダチョウらんど
ダチョウらんどは、沖縄県国頭郡今帰仁村にあるダチョウの動物園。 ダチョウに直接餌を与えることが可能。ダチョウの卵にも触れることができる。ダチョウの背中に乗る体験も可能。隣接の食事コーナーでは、ソーキそばやダチョウの肉が食べられる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
93.ネオパークオキナワ  ・〒905-0012沖縄県名護市名護4607-41
ネオパークオキナワは、沖縄県名護市にある名護市立の動植物公園。1992年(平成4年)12月1日に開園。管理・運営は指定管理者制度により、名護自然動植物公園株式会社が行なっている。 園内にある広大なフライングケージでは、鳥類が放し飼いにて飼育されており、ケージ内を自由に飛び回る姿は、亜熱帯気候の開放感さながらである。 1998年にヤンバルクイナの人工孵化に世界で初めて成功した。また、ヤンバルクイナの保護個体の長期飼育に成功しており、環境省の保護増殖事業における飼育下繁殖施設にも指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
94.沖縄こどもの国  ・〒904-0021沖縄県沖縄市胡屋5丁目7番1号
沖縄こどもの国(おきなわこどものくに)は、沖縄県沖縄市(敷地の一部は北中城村にまたがる)にあるこどもの国である。動物園を中心とした3つの施設があり、県内でも有数の教育普及施設である。 以前は、県内唯一の遊園地も併設されていたが、経営悪化のため1999年8月31日に閉館。その後、動物園なども改装工事のため一時閉館。2004年4月15日に財団法人沖縄こども未来ゾーン運営財団が、沖縄子ども未来ゾーンとしてリニューアルオープン。県内唯一のチルドレンズミュージアムである「ワンダーミュージアム」を併設する。 ホワイトライオンやアミメキリンなど人気の動物と共に、琉球列島独自の生態系の魅力に触れる「アークおきまる」では沖縄県の豊かな生態系について感じ学ぶことができる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の植物園

95.東南植物楽園
東南植物楽園(とうなんしょくぶつらくえん)は、沖縄県沖縄市知花に所在する日本の植物園、博物館相当施設である。年間を通して南国の景色が広がり、約1,300種5万株以上の植物を有する日本最大級の屋外植物園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
96.熱帯・亜熱帯都市緑化植物園  ・〒905-0206沖縄県国頭郡本部町字石川424番地[1]
熱帯・亜熱帯都市緑化植物園(ねったい・あねったいとしりょっかしょくぶつえん、英語: Tropical & Subtropical Arboretum[2])は、沖縄県国頭郡の海洋博公園内にある植物園である。沖縄の気候を生かした日本唯一の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園として開園した[3]。9ヘクタールの敷地に400種類以上の植物を植栽・展示している[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
97.宮古島市熱帯植物園  ・沖縄県宮古島市平良東仲宗根添968-1
宮古島市熱帯植物園(みやこじましねったいしょくぶつえん)は、沖縄県宮古島市平良東仲宗根添にある植物園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
98.由布島  ・ 日本(沖縄県八重山郡竹富町)
由布島(ゆぶじま)は、西表島の東約0.5 kmに位置する八重山諸島の島である[1]。行政区域は、全島が沖縄県八重山郡竹富町字古見に属する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
99.国営沖縄記念公園  ・ 日本沖縄県国頭郡本部町(海洋博覧会地区)沖縄県那覇市(首里城地区)
国営沖縄記念公園(こくえいおきなわきねんこうえん)は、沖縄県の沖縄本島にある国営公園。大きく沖縄県本部町にある海洋博覧会地区と、那覇市にある首里城地区の二つの地区に分けられる。海洋博覧会地区は日本の都市公園100選、首里城地区は日本の歴史公園100選にそれぞれ選ばれている。 事業主体は内閣府沖縄総合事務局であり、計画・整備は同局が実施しているが、管理は一般財団法人沖縄美ら島財団に委託されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
100.おもろ植物園  ・〒905-0206沖縄県国頭郡本部町字石川424番地[1]
おもろ植物園(Omoro Botanical Garden[2])は、沖縄県国頭郡の海洋博公園内にある植物園である。園内には沖縄の歌謡集『おもろさうし』にうたわれている植物が展示栽培されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の美術館

101.浦添市美術館  ・〒901-2103沖縄県浦添市仲間1丁目9番2号
浦添市美術館(うらそえしびじゅつかん)は沖縄県浦添市にある美術館である。日本初の漆芸専門美術館、沖縄初の公立美術館として1990年(平成2年)に設立され、琉球漆器をコレクションとしている。1991年(平成3年)に開館した石川県輪島漆芸美術館とは、互いに漆芸専門美術館ということで友好提携を結んでいる。また設計には建築家の内井昭蔵があたった。
Wikipedia    内容詳細  
102.沖縄県立博物館・美術館  ・〒900-0006沖縄県那覇市おもろまち3丁目1番1号
沖縄県立博物館・美術館(おきなわけんりつはくぶつかん・びじゅつかん)は、沖縄県那覇市おもろまちにある県立文化施設。愛称は「OkiMu(おきみゅー)」[3]。
Wikipedia    内容詳細  
103.佐喜眞美術館  ・〒901-2204沖縄県宜野湾市上原1丁目22(上原児童公園 内)
佐喜眞美術館(さきま びじゅつかん、SAKIMA ART MUSEUM)は、沖縄県宜野湾市にある私立美術館。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
104.ボクネン美術館
ボクネン美術館(ボクネンびじゅつかん)は、沖縄県北谷町美浜にある版画家の名嘉睦稔の作品を展示する美術館。2024年(令和6年)6月2日で閉館し、ギャラリーとして移転する[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の人物記念館

105.大濱信泉記念館  ・〒907-0004沖縄県石垣市登野城2-70
大濱信泉記念館(おおはまのぶもときねんかん)は、大濱信泉を記念して開設された沖縄県石垣市にある博物館である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
106.具志堅用高記念館  ・沖縄県石垣市新川2376番地
具志堅用高記念館(ぐしけんようこうきねんかん)は、沖縄県石垣市にある元プロボクサー・具志堅用高を記念する博物館である。玄関上部には、具志堅をシンボライズするカンムリワシが描かれる[1]。
Wikipedia    内容詳細  

沖縄県の鉄道

107.浦添前田駅  ・沖縄県浦添市前田二丁目3
浦添前田駅(うらそえまえだえき)は、沖縄県浦添市前田二丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は18。浦添市中心部の最も近くに位置する。沖縄県では最北端に位置する駅である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
108.経塚駅  ・沖縄県浦添市前田字1140
経塚駅(きょうづかえき)は、沖縄県浦添市前田にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である[3]。駅番号は17。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
109.てだこ浦西駅  ・沖縄県浦添市前田三丁目22
てだこ浦西駅(てだこうらにしえき)は、沖縄県浦添市前田三丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅[3]。同線の終点である。駅番号は19。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
110.赤嶺駅  ・沖縄県那覇市赤嶺二丁目1000-11
赤嶺駅(あかみねえき)は、沖縄県那覇市赤嶺二丁目にある沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は2。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
111.安里駅  ・沖縄県那覇市字安里389-7
安里駅(あさとえき)は、沖縄県那覇市字安里にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である[2]。駅番号は10。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
112.旭橋駅  ・沖縄県那覇市泉崎一丁目105
旭橋駅(あさひばしえき)は、沖縄県那覇市泉崎一丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は6。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
113.石嶺駅  ・沖縄県那覇市首里石嶺町二丁目90
石嶺駅(いしみねえき)は、沖縄県那覇市首里石嶺町二丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である[3]。駅番号は16。那覇市の駅では最も東に位置する。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
114.奥武山公園駅  ・沖縄県那覇市奥武山町316-2地先
奥武山公園駅(おうのやまこうえんえき)は、沖縄県那覇市奥武山町にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は4。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
115.おもろまち駅  ・沖縄県那覇市おもろまち四丁目1
おもろまち駅(おもろまちえき)は、沖縄県那覇市おもろまち四丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は11。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
116.小禄駅  ・沖縄県那覇市田原三丁目1000-1
小禄駅(おろくえき)は、沖縄県那覇市田原三丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は3。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
117.儀保駅  ・沖縄県那覇市首里儀保町三丁目14-3
儀保駅(ぎぼえき)は、沖縄県那覇市首里儀保町三丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は14。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
118.県庁前駅 (沖縄県)  ・沖縄県那覇市久茂地一丁目103
県庁前駅(けんちょうまええき)は、沖縄県那覇市久茂地一丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は7。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
119.首里駅  ・沖縄県那覇市首里汀良町三丁目19
首里駅(しゅりえき)は、沖縄県那覇市首里汀良町三丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は15。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
120.市立病院前駅  ・沖縄県那覇市字古島172-2
市立病院前駅(しりつびょういんまええき)は、沖縄県那覇市古島にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は13。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
121.壺川駅  ・沖縄県那覇市壺川三丁目106
壺川駅(つぼがわえき)は、沖縄県那覇市壺川三丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は5。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
122.那覇空港駅  ・沖縄県那覇市字鏡水938-5
那覇空港駅(なはくうこうえき)は、沖縄県那覇市字鏡水にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅。同線の起点である。駅番号は1。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
123.古島駅  ・沖縄県那覇市字古島93-1
古島駅(ふるじまえき)は、沖縄県那覇市古島にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は12。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
124.牧志駅  ・沖縄県那覇市牧志三丁目272-5
牧志駅(まきしえき)は、沖縄県那覇市牧志三丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は9。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
125.美栄橋駅  ・沖縄県那覇市牧志一丁目965
美栄橋駅(みえばしえき)は、沖縄県那覇市牧志一丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅番号は8。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
126.国場駅  ・沖縄県那覇市国場
国場駅(こくばえき)は、1914年(大正3年)から1945年(昭和20年)までの間、沖縄県那覇市国場にあった沖縄県営鉄道与那原線・糸満線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
127.那覇駅  ・沖縄県那覇市旭町
那覇駅(なはえき、琉球方言:ナーファー)は、1914年(大正3年)12月1日から1945年(昭和20年)3月までの間、沖縄県那覇市にあった沖縄県営鉄道与那原線、海陸連絡線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
128.与儀駅  ・沖縄県那覇市
与儀駅(よぎえき、琉球方言:ユーヂ)は、1923年(大正12年)2月26日から1945年(昭和20年)3月23日ごろまでの間、沖縄県那覇市にあった沖縄県営鉄道嘉手納線の駅(廃駅)である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の公園

129.沖縄美ら島財団
一般財団法人沖縄美ら島財団(おきなわちゅらしまざいだん)は、日本の沖縄県にある一般財団法人。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
130.イムギャーマリンガーデン
イムギャーマリンガーデンは、宮古島市にある海浜公園。地元では「インギャー」と呼び親しまれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
131.西表石垣国立公園
西表石垣国立公園(いりおもていしがき こくりつこうえん)は、沖縄県西表島、石垣島とその周辺の島々および海域にまたがる国立公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
132.浦添運動公園  ・沖縄県浦添市仲間1丁目13
浦添運動公園(うらそえうんどうこうえん)は、沖縄県浦添市にある浦添市立の都市公園(運動公園)である[1]。公園内には、屋内運動場、プール、陸上競技場や市民球場などが設置されている。また、各種催し物の会場としても使われる。ここ数年は、東京ヤクルトスワローズのキャンプ地としても利用されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
133.浦添大公園
浦添大公園(うらぞえだいこうえん)は、沖縄県浦添市にある公園である。総面積は37.4ヘクタール。日本の歴史公園100選に選ばれている[1]。「歴史学習ゾーン」「ふれあい広場ゾーン」「憩いの広場ゾーン」などがある。また、公園内には、国の重要史跡の「浦添城跡」及び県の特別重要文化財の「浦添ようどれ」、県指定史跡の「浦添貝塚」「伊祖の高御墓」がある[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
134.沖縄県営奥武山公園  ・ 日本沖縄県那覇市奥武山町
沖縄県営奥武山公園(おきなわけんえいおうのやまこうえん)は、沖縄県那覇市に位置する運動公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
135.沖縄海岸国定公園
沖縄海岸国定公園(おきなわかいがんこくていこうえん)は、沖縄県の沖縄本島の中部読谷村の残波岬から北部国頭村の西海岸一帯及び本部半島にまたがる国定公園である[1]。慶良間諸島周辺は1978年に当公園に追加指定されたが、2014年3月に当公園の区域からは削除されるとともに新たに慶良間諸島国立公園に指定された[2]。また、2016年9月15日に新規指定されたやんばる国立公園に、沖縄本島北部(山原)の一部が編入され、区域縮小された[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
136.沖縄県総合運動公園  ・ 日本沖縄県沖縄市、中頭郡北中城村
沖縄県総合運動公園(おきなわけんそうごううんどうこうえん)は、沖縄県沖縄市と中頭郡北中城村に位置する運動公園。都市公園法第2条第2項第5号に基づく公園施設である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
137.沖縄戦跡国定公園
沖縄戦跡国定公園(おきなわせんせきこくていこうえん)は、沖縄県の沖縄本島南端部、糸満市と島尻郡八重瀬町にまたがる、第二次世界大戦(沖縄戦)の戦跡と自然景観を有する国定公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
138.宜野湾海浜公園  ・ 日本沖縄県宜野湾市真志喜
宜野湾海浜公園(ぎのわんかいひんこうえん、英: Ginowan Seaside Park)は、沖縄県宜野湾市真志喜にある都市公園(運動公園)である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
139.慶良間諸島国立公園
慶良間諸島国立公園(けらましょとう こくりつこうえん)は、沖縄県慶良間諸島及び周辺海域を区域とする国立公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
140.国営沖縄記念公園  ・ 日本沖縄県国頭郡本部町(海洋博覧会地区)沖縄県那覇市(首里城地区)
国営沖縄記念公園(こくえいおきなわきねんこうえん)は、沖縄県の沖縄本島にある国営公園。大きく沖縄県本部町にある海洋博覧会地区と、那覇市にある首里城地区の二つの地区に分けられる。海洋博覧会地区は日本の都市公園100選、首里城地区は日本の歴史公園100選にそれぞれ選ばれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
141.新都心公園  ・ 日本沖縄県那覇市おもろまち3丁目2番
新都心公園(しんとしんこうえん)は、沖縄県那覇市おもろまちにある都市公園(総合公園)である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
142.末吉公園  ・ 日本沖縄県那覇市首里末吉町1-3-1
末吉公園(すえよしこうえん)は沖縄県那覇市にある都市公園(総合公園)である[1]。国の史跡の末吉宮跡と日本一早咲きの桜(ヒカンザクラ)の標本木のある公園として知られる。公園内を流れる安謝川周辺および南側は人工的に整備された緑地公園であるのに対し、末吉宮跡のある北側の山地は多くの自然が残されている。心霊スポットとしても有名である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
143.北谷町運動公園
北谷町運動公園(ちゃたんちょううんどうこうえん)は、沖縄県北谷町美浜にある公園。東シナ海に面した埋め立て地を利用し、1988年(昭和63年)10月11日に開設され、財団法人北谷町公共施設管理公社によって管理されている。約20ヘクタールの面積がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
144.東南植物楽園
東南植物楽園(とうなんしょくぶつらくえん)は、沖縄県沖縄市知花に所在する日本の植物園、博物館相当施設である。年間を通して南国の景色が広がり、約1,300種5万株以上の植物を有する日本最大級の屋外植物園。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
145.渡具知ビーチ
渡具知ビーチ(とぐちビーチ)は沖縄県中頭郡読谷村の南西に位置する浜辺である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
146.730シィーシィーパーク
730シィーシィーパーク(ナナサンマルシィーシィーパーク)は、沖縄県石垣市にある公園。公園名の由来となっている730交差点は国道390号の起点となる交差点であり、日本の国道網における最西端に当たる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
147.西原マリンパーク
西原マリンパーク(にしはらマリンパーク、英文:Nishihara Marine Park )は、沖縄県中頭郡西原町字東崎地内の中城湾埋立地に設置された海浜公園である。西原町が指定管理者となっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
148.ネオパークオキナワ
ネオパークオキナワは、沖縄県名護市にある名護市立の動植物公園。1992年(平成4年)12月1日に開園。管理・運営は指定管理者制度により、名護自然動植物公園株式会社が行なっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
149.パイナガマビーチ  ・沖縄県宮古島市平良下里337番地2[10]
パイナガマビーチは、沖縄県宮古島市字南西里にある砂浜海岸である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
150.ひめゆりパーク
ひめゆりパークは、沖縄県糸満市真栄平にあったサボテン公園である。1983年に開園した。2003年に経営不振に伴い一旦閉園し、2004年に再度開園したが、2005年9月30日に薬師堂製薬化工に明け渡しの成立が和解し、同年10月19日で正式に閉園した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
151.ブセナ海中公園
ブセナ海中公園(ブセナかいちゅうこうえん)は沖縄県名護市の部瀬名岬にある海中公園。沖縄観光開発事業団(現・沖縄観光コンベンションビューロー)により建設され、本土復帰以前の1970年にオープンした。海中公園がある岬の先端と西岸はブセナリゾートとして整備されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
152.八重岳
八重岳(やえだけ[1])は、標高453.4メートルの山で、沖縄本島北部に位置する本部半島の最高峰である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
153.やんばる国立公園
やんばる国立公園(やんばる こくりつこうえん、英称:Yambaru National Park [1])は、沖縄県国頭郡国頭村、大宜味村および東村ならびにこれら3村の周辺海域を区域とする国立公園である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
154.与儀公園  ・ 日本沖縄県那覇市与儀1-1
与儀公園(よぎこうえん)は沖縄県那覇市にある都市公園(近隣公園)である[1]。那覇を代表する桜(カンヒザクラ)の名所である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
155.若狭海浜公園  ・ 日本沖縄県那覇市
若狭海浜公園(わかさかいひんこうえん)は沖縄県那覇市若狭にある海浜公園。 若狭緑地とも。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
156.メキシコサボテン公園
メキシコサボテン公園・サラバンダ(メキシコサボテンこうえん―)は、沖縄県糸満市にかつて存在したレジャーランドである。岩崎産業が経営した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
157.西表石垣国立公園
西表石垣国立公園(いりおもていしがき こくりつこうえん)は、沖縄県西表島、石垣島とその周辺の島々および海域にまたがる国立公園である。
Wikipedia    内容詳細  
158.沖縄海岸国定公園
沖縄海岸国定公園(おきなわかいがんこくていこうえん)は、沖縄県の沖縄本島の中部読谷村の残波岬から北部国頭村の西海岸一帯及び本部半島にまたがる国定公園である[1]。慶良間諸島周辺は1978年に当公園に追加指定されたが、2014年3月に当公園の区域からは削除されるとともに新たに慶良間諸島国立公園に指定された[2]。また、2016年9月15日に新規指定されたやんばる国立公園に、沖縄本島北部(山原)の一部が編入され、区域縮小された[3]。
Wikipedia    内容詳細  
159.やんばる国立公園
やんばる国立公園(やんばる こくりつこうえん、英称:Yambaru National Park [1])は、沖縄県国頭郡国頭村、大宜味村および東村ならびにこれら3村の周辺海域を区域とする国立公園である。
Wikipedia    内容詳細  

沖縄県の温泉

160.西表島温泉  ・沖縄県八重山郡竹富町高那
西表島温泉(いりおもてじまおんせん)は、かつて西表島北東部の沖縄県八重山郡竹富町高那にあった温泉である。西表温泉と呼ばれることもあった[2]。
Wikipedia    内容詳細  
161.カンパネルラの湯  ・沖縄県八重山郡竹富町南風見
カンパネルラの湯(カンパネルラのゆ)は、西表島の南東部の沖縄県八重山郡竹富町南風見にある温泉である。 源泉名は西表島温泉であるが、2012年まで存在した旧・西表島温泉とは別の源泉である。日本最西端、かつ最南端に位置する温泉となっている。
Wikipedia    内容詳細  
162.シギラ温泉  ・沖縄県宮古島市上野新里
シギラ黄金温泉(シギラおうごんおんせん)は、沖縄県宮古島市シギラリゾート内にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
163.ちゃたん恵み温泉  ・沖縄県中頭郡北谷町字美浜2番地
ちゃたん恵み温泉(ちゃたんめぐみおんせん)は、沖縄県北谷町美浜の北谷町運動公園内にある温泉。別名、美浜の湯(みはまのゆ)。共立メンテナンスが運営するTerme VILLA ちゅらーゆという日帰り入浴施設があり、サンセットビーチと呼ばれる海水浴場に隣接した屋外温泉プールを併設する。
Wikipedia    内容詳細  
164.天然温泉アロマ  ・沖縄県宜野湾市大山7丁目7番1号
天然温泉アロマ(てんねんおんせんアロマ)は、沖縄県宜野湾市にある日帰り温泉施設。 1997年に、JAおきなわの子会社が運営する複合施設「エデンぎのわん」内に「JA天然温泉アロマ」として開業した。2009年に経営破綻により閉鎖。その後株式会社エナジックインターナショナルに売却され、2010年6月より同社によって運営されている。 含よう素-ナトリウム-塩化物泉 地下1300メートルから汲み上げている。温泉水が使用されているのは露天風呂と大浴槽のみ。循環式だが、源泉も投入されるオーバーフロー方式。
Wikipedia    内容詳細  
165.中乃湯温泉  ・沖縄県沖縄市安慶田1丁目5番2号
中乃湯(なかのゆ)は沖縄県沖縄市にある温泉公衆浴場。県内に現存する唯一の「ゆーふるやー(湯風呂屋)」である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
166.宮古島温泉  ・沖縄県宮古島市平良東仲宗根添
宮古島温泉(みやこじまおんせん)は、沖縄県宮古島市にある温泉。現在は休業中。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
167.山田温泉 (沖縄県)  ・沖縄県国頭郡恩納村[1]
山田温泉(やまだおんせん)は、沖縄県国頭郡恩納村にある温泉。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
168.琉球温泉  ・沖縄県豊見城市瀬長
琉球温泉(りゅうきゅうおんせん)は、沖縄県豊見城市瀬長にある温泉。
Wikipedia    内容詳細  
169.ロワジールホテル那覇  ・〒441-8061沖縄県那覇市西3-1-2
ロワジールホテル那覇(ロワジールホテルなは、Loisir Hotel Naha)は、沖縄県那覇市の三重城跡付近にあるリゾートホテル。本館、イースト館など二つの建物から成る。イースト館は東洋建設が建築を行った[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の

170.安和岳  ・ 日本・沖縄県名護市
安和岳(あわだけ[1])は、沖縄本島北部の本部半島に位置する、標高432メートルの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
171.石川岳  ・ 日本沖縄県うるま市、国頭郡恩納村・金武町
石川岳(いしかわだけ[1])は、沖縄県うるま市、国頭郡恩納村と金武町にまたがる、標高204メートルの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
172.伊湯岳  ・ 日本沖縄県国頭郡国頭村・東村
伊湯岳(いゆだけ[1])は、沖縄県国頭郡国頭村と東村にまたがる、標高446メートルの山。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
173.於茂登岳  ・ 日本・沖縄県石垣市
於茂登岳(おもとだけ)は、沖縄県石垣市にある標高526メートルの山である。地元ではウムトゥダギと呼ぶ。『球陽』では宇本嶽、宇茂登嶽と記されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
174.恩納岳  ・ 日本沖縄県国頭郡恩納村・金武町
恩納岳(おんなだけ[1])は、沖縄県国頭郡恩納村と金武町にまたがる、標高363メートルの山。 沖縄本島のほぼ中央部に位置する。沖縄の名山として知られ、琉球王国時代から文学の題材とされてきた。沖縄戦終結後に米軍基地として接収され、一般人の立ち入りは制限されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
175.嘉津宇岳  ・ 日本・沖縄県名護市
嘉津宇岳(かつうだけ[1])は、沖縄本島北部の本部半島に位置する、標高452メートルの山。 古来より沖縄の名山として知られ、大正時代まで沖縄本島最高峰と思われていた。山頂は円錐状をなすカルスト地形で、八重岳と安和岳とともに沖縄県の自然保護区域に指定されている。頂上まで登山道が設定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
176.カラ岳  ・ 日本沖縄県石垣市
カラ岳(カラだけ)は、八重山諸島石垣島(行政区分は沖縄県石垣市)の白保地区北方に位置する山である。標高135.9m。カーラ岳とも呼ばれる。石垣島東部の白保地区北側の海岸近くに孤立して位置する山である。山肌は、木が生えておらず、全面が草地で覆われている。 海からの風がぶつかって上昇気流が起きやすいことと、草地であることから、パラグライダーの絶好のポイントとなっている。 石垣市では、滑走路が1,500mと短いため、大型機の離着陸ができない石垣空港に代わる新石垣空港の建設がかねてから構想されていた。 新石垣空港は、当初、白保地区沖合に計画されていた(白保海上案)が、世界的に貴重な白保サンゴ礁への影響が懸念されることから、代替案としてカラ岳東側の海上に建設するカラ岳東側案が発表された。しかし、これも白保サンゴ礁の北側に連なるサンゴ礁の海域の埋め立てを伴うものであったため反対が続き、最終的にはカラ岳南側の陸上に建設するカラ岳陸上案に決定された。カラ岳陸上案においては、カラ岳が一部(27万m3)切削されることとなっており、赤土流出による白保サンゴ礁への影響を懸念する声もある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
177.城山 (沖縄県)  ・ 日本沖縄県国頭郡伊江村
城山(ぐすくやま)は、沖縄県国頭郡伊江村にある山である。伊江島の中央にそびえる島のシンボルである。標高は172.2メートル。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
178.古見岳  ・沖縄県八重山郡竹富町
古見岳(こみだけ)は、沖縄県八重山郡竹富町に位置する山である。 標高は469.5メートルで、西表島における最高峰であり、沖縄県では於茂登岳(石垣島)、与那覇岳(沖縄本島)、桴海於茂登岳(石垣島)に次いで4番目に高い山である[1]。 山頂には三等三角点「高那岳」が設置され469.48mとなっている[2]。西表島は、古見岳をはじめ300-400メートル級の山が連なり、壮年期地形を形成している[3]。山頂付近にはリュウキュウチクが群生する[4]。 方言ではクンダギと呼び、古見岳という山名は古見村(現在の竹富町古見の一部)の背後に位置することに由来する。地元では神が降り立つ山として信仰の対象となっている[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
179.信天山  ・ 日本 沖縄県石垣市
信天山(しんてんやま)は、沖縄県石垣市の尖閣諸島・久場島にある山。 島の中央からやや北寄りに位置する。標高は105メートルで、同島最高峰の千歳山(標高117メートル)に次ぐ。 山名は、1900年(明治33年)にこの島を訪れた動物学者の宮島幹之助によって、島に棲息するアホウドリ(信天翁)に因んで名づけられた[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
180.千歳山 (沖縄県)  ・ 日本 沖縄県石垣市
千歳山(ちとせやま)は、沖縄県石垣市の尖閣諸島・久場島にある山。標高は117メートルで、同島における最高峰である[1]。 動物学者の宮島幹之助がこの島に上陸した1900年(明治33年)5月10日が、ちょうど皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)成婚の日にあたったことから、宮島により祝賀の意を表して命名された[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
181.名護岳  ・ 日本・沖縄県名護市
名護岳(なごだけ[1])は、沖縄本島北部に位置する、標高345.2メートルの山。 沖縄県名護市にあり、市街地の背後にそびえる。一帯は沖縄海岸国定公園や鳥獣保護区に指定されている。中腹の名護城にカンヒザクラが植えられ、毎年1月下旬ごろに桜祭りが開催されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
182.奈良原岳  ・ 日本 沖縄県石垣市
奈良原岳(ならはらだけ)は、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島にある山。標高は362メートルで、魚釣島の最高峰である[1]。 島の南岸近くのやや西寄りに位置する[2]。山名は、1900年(明治33年)にこの島を地質調査に訪れた黒岩恒によって、当時の沖縄県知事奈良原繁に因んで名づけられた[1]。 2012年8月19日に日本人10名が魚釣島に上陸し、この山の山頂付近に日章旗を掲揚した[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
183.野底岳  ・ 日本沖縄県石垣市
野底岳(のそこだけ、ぬすくだぎ[2])、又は、野底マーペー(のそこマーペー、ぬすくマーペー[3])は、沖縄県石垣市にある山である。しま山100選に選定されている[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
184.屏風岳 (沖縄県)  ・ 日本 沖縄県石垣市
屏風岳(びょうぶだけ)は、沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島にある山である。 島の南岸近くの東寄りに位置する[1]。標高は320メートルで、最高峰の奈良原岳(標高362メートル)に次いで、同島で2番目に高い山である。山名は、1900年(明治33年)にこの島を地質調査に訪れた黒岩恒によって名づけられた[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
185.桴海於茂登岳  ・ 日本沖縄県石垣市
桴海於茂登岳(ふかいおもとだけ)は、沖縄県石垣市桴海にある標高477mの山である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
186.ぶざま岳  ・ 日本沖縄県石垣市
ぶざま岳(ぶざまだけ)は、沖縄県石垣市にある標高322mの山である。 於茂登山系の西端に位置し、地質的には花崗岩とその風化土壌からなる[1]。この山から南東に流れる白水川は豊富な水量を有し、名蔵アンパルに流れ込む名蔵川の水源となっている。白水川の流域一帯には、ケナガエサカキやスダジイの群落が形成されている[2]。 地元では、ブザーマダキ、又は、プサーマダキと呼ぶ。「ブザーマ」は方言で「尾」を意味し、於茂登山系の西端に位置することから名づけられたとされる[1]。 この山の中腹にはテラス状になった巨石があり、川平湾を一望することができる。この場所は「川平湾絶景テラス」と名づけられて、石垣市の「島人ぬ宝さがしプロジェクト」で新名所のひとつに選定されている[3][4][5][6]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
187.辺戸岳  ・ 日本・沖縄県国頭郡国頭村
辺戸岳(へどだけ[1])は、沖縄本島最北部に位置する、標高248.3メートルの山。 安須森(あすむい)や辺戸御嶽(へどうたき)ともいわれ、琉球開闢神話に現れる霊山である。やんばる国立公園に指定されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
188.八重瀬岳  ・ 日本・沖縄県島尻郡八重瀬町
八重瀬岳(やえせだけ[1])は、沖縄県島尻郡八重瀬町に位置する、標高163メートルの山。 同町の最高峰で、町名の由来となった地で、北側は急崖をなす。沖縄戦では日本軍最後の防衛線が設定され、またアメリカ軍は八重瀬岳を「ビッグアップル (Big Apple)」と呼んだ。頂上に自衛隊基地が置かれ、中腹に整備された公園は桜の名所として知られる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
189.八重岳  ・ 日本沖縄県国頭郡本部町・名護市
八重岳(やえだけ[1])は、標高453.4メートルの山で、沖縄本島北部に位置する本部半島の最高峰である。 沖縄本島では与那覇岳に次ぐ第2位の標高で、南方に位置する嘉津宇岳と安和岳と共に連山をなす。山頂までの沿道にカンヒザクラが植えられ、日本で最も早く桜が見られることで知られる。沖縄戦では、沖縄本島北部の主要な戦闘地であった。頂上部にアメリカ軍が管理する「八重岳通信所」が置かれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
190.安良岳 (沖縄県)  ・ 日本沖縄県石垣市
安良岳(やすらだけ)は、沖縄県石垣市の石垣島の平久保半島北部に位置する標高336mの山である。 平久保半島の最高峰である[2]。 東の太平洋側に流れる安良川(ヤッサカーラ)、西の東シナ海側に流れるジーバ川の水源である。安良川の河口から約1km南にある小安良川(ヤッサマカーラ)の河口にかけてはハスノハギリが自生しており、2013年(平成25年)に「平久保安良のハスノハギリ群落」として国の天然記念物に指定されている[3]。 山の東斜面は、トムル層変成岩の礫岩層で農耕には不適で、第二次世界大戦前から平久保牧場の一部として利用されているため、樹木はほとんどない。一方、西斜面には樹木が繁茂している[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
191.与座岳  ・ 日本・沖縄県糸満市
与座岳(よざだけ[1])は、沖縄県糸満市に位置する、標高168.4メートルの山で、同市の最高峰である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
192.与那覇岳  ・ 日本・沖縄県国頭郡国頭村
与那覇岳(よなはだけ[1])は、沖縄県国頭郡国頭村に位置する、標高503メートルの山で、沖縄本島の最高峰である。 山頂部は日本国の天然記念物「与那覇岳天然保護区域」に指定され、ノグチゲラやヤンバルクイナなどの動物が生息している。やんばる国立公園へ指定され、また世界自然遺産「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の登録地に含まれている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の海岸

193.茅打バンタ
茅打バンタ (かやうちばんた)は、沖縄県国頭郡国頭村宜名真に位置する観光地で、高さ約100mの断崖絶壁。ハンタとは方言で端や崖のことを指し、束ねた茅を崖から投げ落とすと強風でバラバラになったことからこの名がついたといわれている。やんばる国立公園(2016年までは沖縄海岸国定公園)に含まれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
194.コンドイ浜
コンドイ浜(コンドイはま)は、沖縄県八重山郡竹富町の竹富島西部にある海岸である[1][2][3][4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
195.佐和田の浜
佐和田の浜(さわだのはま)は、沖縄県宮古島市の伊良部島北西部から下地島北東部にかけての海岸。日本の渚百選に選定されている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
196.白保サンゴ礁
白保サンゴ礁(しらほサンゴしょう)は、沖縄県石垣市の白保地区を中心とする石垣島東岸に位置するサンゴ礁である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
197.砂山ビーチ
砂山ビーチ(すなやまビーチ)は、沖縄県宮古島市の宮古島にある砂浜である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
198.石西礁湖
石西礁湖(せきせいしょうこ[1])は、石垣島と西表島の間に広がる日本国内最大のサンゴ礁[1]海域である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
199.竹富島  ・ 日本 沖縄県八重山郡竹富町
竹富島(たけとみじま)は、沖縄県の八重山列島にある島である。全島が沖縄県八重山郡竹富町に属している。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
200.トゥドゥマリの浜
トゥドゥマリの浜(トゥドゥマリのはま)は、南西諸島西表島の宇那利崎の付け根にある砂浜である。通称は月ヶ浜。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
201.渡口の浜
渡口の浜(とぐちのはま)は、沖縄県宮古島市の伊良部島南西部にある砂浜海岸である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
202.名蔵アンパル
名蔵アンパル(なぐらアンパル、名蔵網張)は、日本の沖縄県石垣市西部に位置する干潟およびマングローブ林を含む地域である。地元では単にアンパルと呼ばれている。アンパルには網張という漢字があてられ、真栄里マニカという賊を捕らえるため、名蔵川周囲を村民総出で網を張るがごとく包囲したことに由来すると言われているが[1]、「網を張って漁をする」あるいは「人頭税からの逃亡者を捕える」との説もある[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
203.仲本海岸
仲本海岸(なかもとかいがん)は、沖縄県竹富町の黒島西部にある海岸である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
204.ニシ浜
ニシ浜(ニシはま、北浜[1])は、沖縄県八重山郡竹富町の波照間島北部にある海岸である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
205.はての浜
はての浜(はてのはま)は、沖縄本島から西に約100キロメートル(km)、久米島沖東5kmに浮かぶ砂だけからなる3つの無人島の総称である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
206.アーラ浜
アーラ浜(アーラはま)は、沖縄本島から西に約100km、沖縄諸島に属する久米島南西部にある砂浜。海岸には、湧き水の淡水が流れ込み、このため魚介類が豊富な浜としても知られ、大潮の干潮時には約1kmほど沖合いの珊瑚礁のリーフへ徒歩で渡ることができる。この時期には、海人が貝やタコなどを捕獲する光景が見られ、多くの人でにぎわうが、普段は人家の少ない海岸である。海岸の左手の岩場の先付近の珊瑚礁と夕日の美しさでも知られるが、場所的に分かりにくく不便であるため、人は少ない
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
207.東平安名岬
東平安名岬(ひがしへんなざき)は、沖縄県宮古島市城辺字保良に位置し、太平洋及び東シナ海に面する岬である。宮古島の南東端で、同島を代表する観光地のひとつとなっている。東平安名崎とも書く。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
208.新城海岸
新城海岸(あらぐすくかいがん)は、宮古島東部の沖縄県宮古島市城辺字新城にある砂浜である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
209.ペムチ浜
ペムチ浜(ペムチはま)は、沖縄県八重山郡竹富町の波照間島南部にある海岸である[1]。日本最南端の有人島である波照間島の南側に位置する砂浜であり、日本最南端の浜とも呼ばれる[2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
210.石垣島東海岸の津波石群
石垣島東海岸の津波石群(いしがきじまひがしかいがんのつなみいしぐん)は、沖縄県石垣市の石垣島の東海岸に点在する津波石である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
211.保良泉ビーチ
保良泉ビーチ(ボラガービーチ[1])は、宮古島南東部の沖縄県宮古島市城辺字保良にある砂浜。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
212.真栄田岬
真栄田岬(まえだみさき)は、沖縄県恩納村真栄田区にある岬である。万座毛と同じく琉球石灰岩で形成される断崖が連なり[1]、隆起サンゴ礁が三角に突き出し、崖下には入り江と岬、深い青色の海が広がっている。岬にある洞窟は、青の洞窟 (恩納村)としてよばれダイビングスポットとなっている。[2]悪天候の場合は遊泳禁止となる。*真栄田岬の公式ホームページでは本日の海の状況を確認でき入水の可、不可が分かる。冬にはクジラを見ることもできる。[3]
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
213.万座毛
万座毛(まんざもう)は、沖縄県国頭郡恩納村にある名勝地。恩納村のほぼ中央、東シナ海に面した標高約20メートルの琉球石灰岩からなる絶壁で、象の鼻に似た奇岩がある。崖上は芝生台地となっている。沖縄海岸国定公園である[1][2][3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
214.吉野海岸
吉野海岸(よしのかいがん)は、宮古島東部の沖縄県宮古島市城辺字吉野にある砂浜・海水浴場[1]である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
215.与那覇前浜
与那覇前浜(よなはまえはま)は、沖縄県宮古島市の宮古島にある砂浜・海水浴場である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
216.与那覇湾
与那覇湾(よなはわん)は、沖縄県宮古島市の宮古島の南西部にある湾である。2012年7月3日にラムサール条約の登録湿地となった[1][2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
217.帯岩
帯岩(おぴいわ)は、沖縄県宮古島市の下地島の西岸にある巨岩である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
218.川平湾
川平湾(かびらわん)は、沖縄県石垣市の石垣島北西部にある湾である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の

219.池田矼  ・沖縄県宮古島市
池田矼(いけだばし)は、沖縄県宮古島市(旧下地町)の崎田川に架かるアーチ橋である。1977年7月1日に沖縄県の史跡に指定されており[1]、日本百名橋の番外のひとつでもある。池田橋とも表記される[2]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
220.池間大橋
池間大橋(いけまおおはし)は、沖縄県宮古島市北西部に位置し宮古島と池間島とを結ぶ全長1,425mの橋である。1992年2月14日に開通した[1][2]。1995年3月に来間大橋が開通するまでは、沖縄県内最長の橋であった[3]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
221.伊良部大橋  ・沖縄県宮古島市
伊良部大橋(いらぶおおはし)は、日本の沖縄県宮古島市の宮古島と伊良部島とを結ぶ橋である。 2006年(平成18年)3月18日に着工し、2015年(平成27年)1月31日16時に供用が開始された[2]。全長3,540メートル (m) で、新北九州空港連絡橋(福岡県道245号新北九州空港線)(全長2,100 m)を上回り、通行料金を徴収しない橋としては日本最長である[3][4][5]。総事業費は399億円[6]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
222.来間大橋
来間大橋(くりまおおはし)は、沖縄県宮古島市南西部に位置し宮古島と来間島とを結ぶ全長1,690mの橋。1995年3月13日に開通した[1]。 もともとは農道の一部として整備された橋で、開通時には農道橋として日本最長であった[2][3]。その後、2001年に下地町の町道の一部となり、2005年の市町村合併に伴い宮古島市の市道来間大橋線の一部となっている[4]。 また、2005年に古宇利大橋に抜かれるまでは、1992年2月開通の池間大橋を抜いて沖縄県内最長の橋であった。現在では、宮古列島では伊良部大橋に次ぐ2番目の長さとなっている[5]。 宮古島側の宮古島市下地字与那覇と来間島側の宮古島市下地字来間とを結ぶ橋で、1988年7月に着工し、1995年3月に開通。構造は、航路部が3径間連続箱桁橋、一般部が3径間連結T桁橋および中空床版橋から成っている。全長1,690mで、50トン級の船舶が航行できるように、中央部が盛り上がった形状をしており、中央部の海面(既往最高潮位)から桁下までの高さは13.5mとされている[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
223.サザンゲートブリッジ  ・石垣市
サザンゲートブリッジは、沖縄県石垣市の八島町と南ぬ浜町(新港地区)を結ぶ[5]石垣港に架かる橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
224.瀬底大橋  ・沖縄県国頭郡本部町
瀬底大橋(せそこおおはし)は、沖縄県国頭郡本部町の沖縄本島と瀬底島とを結ぶ橋。1979年(昭和54年)11月に着手し、5年3ヶ月の月日を経て1985年(昭和60年)2月に開通した。橋長は762mあり総事業費は約57億円。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
225.長虹堤
長虹堤(ちょうこうてい)は、1451年、琉球王国によって建設された全長約1キロメートルの堤防と橋からなる道路であり、崇元寺付近(那覇市泊)と伊辺嘉麻(いべがま、那覇市松山付近)を結んでいた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
226.天女橋  ・沖縄県那覇市
天女橋(てんにょばし)は、沖縄県那覇市の首里城公園北側の円鑑池に架かる石造アーチ橋。国の重要文化財に指定され、日本百名橋の1つである。観蓮橋とも呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
227.泊大橋
泊大橋(とまりおおはし)は沖縄県那覇市若狭と曙を結ぶ、那覇港泊ふ頭上にある全長1,118mの橋である。 1986年4月11日、那覇港那覇ふ頭と新港ふ頭(安謝新港)を結ぶ那覇臨港道路の一部として開通した。橋の長さは開通当時は本部町の瀬底大橋 (762m) を抜いて沖縄県で最も長い橋だったが、現在は5番目に長い橋である。泊ふ頭を定期航路にしている船舶の航行の妨げにならないように、かなりの高さで起終点部は急勾配であり、概ね風速が20m以上になると通行止めの措置が取られる。 開通前は那覇港那覇ふ頭と新港ふ頭へ行くには国道58号や県道43号を通らねばならず、泊高橋交差点や泊ふ頭入口交差点を中心にかなり渋滞していたが、開通後はこれらの交差点や国道58号や県道43号の渋滞が幾分緩和された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
228.泊高橋
泊高橋(とまりたかはし)は、沖縄県を流れる安里川河口に架かる橋であり、那覇市泊と前島に跨る。国道58号那覇市内の要所で、交差点やバス停の名称にもなっている。 泊村と兼久(前島)を結ぶ橋は古くは木製であったが、1699年(尚貞王31年)から翌年にかけて延べ2万5千人が動員され石橋に架け替えられた。船が往来できるように3段の階段を設けアーチ部分を高くしたことから高橋の名が付いた。特に夕日に映える橋の姿は名勝とされ、1854年(尚泰王7年)にロシア艦隊提督秘書官として沖縄を訪れた作家イワン・ゴンチャロフも賞賛している。 1909年(明治42年)、那覇と嘉手納を結ぶ客馬車を通すために両岸から盛り土をして傾斜を緩やかにする工事が行われ、1912年(明治45年)頃には河川改修に伴って前島側に木造橋が増設されている。1914年(大正3年)、橋の東側に沖縄電気軌道の電車を通すための鉄橋が増設された。1934年(昭和9年)には路面の石の一部を取り除いてコンクリート橋にする改装が行われたが、石組みが精緻であったため工事は困難を極めたといわれる。沖縄戦が始まると、敵方に利用されることを恐れた日本軍によって破壊された。戦後しばらくの間はアメリカ軍が設置した仮橋が使われていたが、1952年に新たに架け替えられた。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
229.泊橋
泊橋(とまりばし)は沖縄県那覇市の泊と前島の間にある橋の名前。 泊の沖縄県道29号那覇北中城線から前島の国道58号方面のみの一方通行である。730以前は現在とは逆向きの一方通行だった。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
230.泊みなと橋
泊みなと橋(とまりみなとばし)は、沖縄県那覇市の泊ふ頭内にある橋である。 ほぼ平行して国道58号が通っており、泊高橋交差点の渋滞を回避するため、交通量が比較的多い道路である。しかし、深夜から早朝にかけては泊ふ頭の北岸ゲート(泊3丁目側)が閉鎖されるため通り抜けできない。 また泊みなと橋が正式名称だが「リュウ橋」と呼ばれることもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
231.名蔵橋
名蔵橋(なぐらばし)は、沖縄県石垣市の石垣島西部を流れる名蔵川の河口に架かる橋である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
232.野甫大橋  ・沖縄県島尻郡伊平屋村字野尻 - 字野甫
野甫大橋(のほおおはし)は、沖縄県島尻郡伊平屋村の伊平屋島と野甫島の間に架かる沖縄県道179号田名野甫線の橋長320 m(メートル)の橋。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
233.辺野喜橋  ・沖縄県国頭郡国頭村
辺野喜橋(べのきばし)は、かつて沖縄県国頭郡国頭村の辺野喜川に架かっていた橋。 沖縄県により建設され、1981年に供用開始。後に国頭村に移管され、村道として使われていた[1]。 塗装不要の耐候性鋼[2]を採用していたが、海岸に近かったため、桁内部から塩害による腐食が進んだ[1]。 2004年11月、崩落の危険があるとして通行止めにした[3]が、撤去の予算がつかず[1]そのままになっていた。 2009年6月25日の集中豪雨で橋桁が傾くなどの変化が生じたため緊急に撤去の準備を進めていた[2]が、同年7月15日午後5時37分に左岸寄り[3]で橋桁が折れ曲がり崩落した。通行止めとなっていたため、人的被害は生じなかった。崩落当時は琉球大学と土木研究所構造物メンテナンス研究センターによるモニタリング調査が行われており、橋梁管理者への崩落過程の映像配信などが行われた[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
234.真玉橋  ・沖縄県那覇市、豊見城市
真玉橋(まだんばし)は、沖縄県の那覇市と豊見城市の間を流れる国場川にかかる橋の名称。また、豊見城市側の地名にもなっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
235.明治橋 (那覇市)  ・沖縄県那覇市
明治橋(めいじばし)は、沖縄県那覇市にある長さ128 m、片側3車線の橋で、北側に通堂町と東町、南側に奥武山町と垣花町がそれぞれ接している。那覇空港・沖縄本島南部と那覇市街地・沖縄本島中北部とを結ぶ沖縄県の大動脈といえる道路橋で、橋の南端部は国道58号と国道332号の終点(後者は国道331号と重複)、国道331号の起点(1993年3月までは終点)となっており、道路中央にはそれを示すモニュメントがある。明治時代の1883年(明治16年)に最初の橋が完成、現在の橋は4代目(戦後2代目)で1987年(昭和62年)3月に完成した。 また2003年には沖縄都市モノレール(ゆいレール)開通にあわせて、明治橋より東側に位置し壺川駅のある同市壺川の国道329号那覇東バイパスと奥武山町の奥武山公園との間に北明治橋(歩行者専用道路橋)が完成した。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
236.屋我地大橋
屋我地大橋(やがじおおはし)は、沖縄県名護市真喜屋の奥武島(無人島)と同市屋我地島とを結ぶ全長約300メートルの沖縄県道110号線の橋である。1993年3月に完成した。 初代の屋我地大橋は1953年に完成したが、1960年のチリ地震の津波で橋の上部が流失。それから3年後の1963年に2代目が完成し、30年にもわたって沖縄本島と結ぶ重要な交通手段を果たした。 しかし、本土復帰後の道路整備の過程で幅員が5.5メートルと極端に狭いこと、歩道がなくて交通安全上危険なことなどから、1990年代には3代目(現状)を建設、1993年に完成した。3代目の橋は幅員が12メートルで先代(2代目)の倍以上である歩道も設置されており、景観に合った現代的なデザインとなっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
237.ワルミ大橋
ワルミ大橋(ワルミおおはし)は、沖縄県の屋我地島(名護市我部)と本部半島(国頭郡今帰仁村天底)との間のワルミ海峡に架かる橋である[1]。 橋長315.0メートル、アーチ支間210.0メートルの上路式RC固定アーチ橋で、沖縄県道248号屋我地仲宗根線の一部を構成する[1]。2010年(平成22年)12月18日に開通した。合成鋼管アーチ巻立工法によるアーチ橋としては日本国内で最長、アーチ橋としても日本国内で5番目の長さの橋梁である[2]。 ワルミ海峡(ワルミ水路)は、屋我地島の西側で東シナ海と羽地内海とを隔てる海峡で、本部半島と屋我地島に挟まれている。この海峡は運天港の一部で、荒天時の避難泊地である羽地内海に出入りする船舶が通過する。ワルミ大橋の下に2,000トン級の船舶を通すために、橋の構造としては上路式アーチが採用された[3]。クリアランス高さは37.2メートルである[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

沖縄県の

238.安里川
安里川(あさとがわ)は、南西諸島の沖縄島南部を流れる二級河川である。上流部は金城川(きんじょうがわ、かなぐしくがーら)とも呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
239.石川川 (沖縄県)
石川川(いしかわがわ)は、沖縄県うるま市を流れる二級河川[1]。河川延長2.9キロメートル、流域面積10.31平方キロメートル[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
240.浦内川
浦内川(うらうちがわ)は、沖縄県八重山郡の西表島中央部を流れる二級河川[3]。沖縄県内で最長の河川である[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
241.大井川 (沖縄県)
大井川(おおいがわ)は、沖縄県北部の本部半島を流れる大井川水系の本流で、二級河川である。 沖縄本島の本部半島、嘉津宇岳中腹の名護市と今帰仁村の市村境付近を源流とし、乙羽岳の麓を北上し東シナ海に注ぐ。河口はラッパ状に開き、河口沿岸ではサンゴ礁(裾礁)が発達している。 中下流部では、沖縄県道72号線と並行して流れる。 上流から
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
242.億首川
億首川(おくくびがわ)は、沖縄本島中部を流れる全長8.0kmの川(二級河川)[1]。国頭郡恩納村を源流とし、金武町で太平洋に注いでいる[1]。流域面積は16.4平方キロである[1]。 当河川唯一のダムとして金武ダムがある。このダムは同じ名称で、新旧2つのダムが建設された。  沖縄自動車道が、金武ダムの上を通る。国道329号が、下流域で交わる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
243.ガーブ川
ガーブ川(ガーブがわ、我部川)は、沖縄県那覇市の中心市街地を流れる川である。暗渠となっている部分が多く、行政上は河川ではなく公共下水道雨水施設(排水路)として扱われることもある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
244.漢那福地川
漢那福地川(かんなふくじがわ)は、沖縄島中部を流れる二級水系に指定された河川である。福地川、あるいは漢那川とも呼ばれる。 沖縄島北部の脊梁を構成する漢那岳からガラマン岳にかけての南東斜面に発し、南あるいは南東へ流れ漢那ダム貯水池のかんな湖に至る。かんな湖南西端の漢那ダム(本ダム)から流出し南西あるいは南へ流れ、漢那集落の西端部にて漢那湾(太平洋)に注ぐ。 上流部は支流が樹枝状に細かく分かれており、谷が深くV字谷の様相を呈している[3]。また、流域の大部分は在日米軍基地キャンプハンセンの敷地となっており、一般市民の立ち入りが制限されている。 中流部の、現在かんな湖の湖底となっている地域は福地原(ふくじばる)と呼ばれ、17世紀以前に水田が拓かれたと考えられており、沖縄戦直後まで苗代として利用されていたが、地域農業のサトウキビへの転換や在日米軍用地の土地収用のため使われなくなった。ダム建設以前においては河口から1.6キロメートルの地点で支流の一番ガーラが合流していた[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
245.久茂地川
久茂地川(くもじがわ)は、沖縄県那覇市の中心市街地を横断する川であり二級河川に指定されている。 仲良橋付近で安里川から分岐し、牧志と前島の境を西流する。美栄橋付近で潮渡川を分岐し、南西方向へ向きを変え、十貫瀬橋付近でガーブ川と合流する。久茂地橋で県道222号と交差して久茂地に入り、御成橋で県道42号と交差する。蛇行して泉崎橋付近から南へ向きを変え泉崎と東町の境を流れる。旭橋で国道330号と交差、新旭橋で国道329号と交差し、明治橋付近で国場川(漫湖)に合流する。全域で海水の進入があり、潮の満ち干によって水位の変動がある。 流路のほぼ全行程において沖縄都市モノレール線が並行し、途中に美栄橋駅、県庁前駅、旭橋駅がある。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
246.源河川
源河川(げんかがわ、じんかがー)は、沖縄島北部の名護市源河地区内を流れる二級河川である。源河走川(じんかはいかー)、源河大川[1] とも呼ばれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
247.国場川
国場川(こくばがわ)は、沖縄本島南部を西流する国場川水系の本流で、二級河川。下流部の漫湖は沖縄最大の干潟であり、1999年(平成11年)、ラムサール条約に基づく湿地保全区域として登録された。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
248.小波津川
小波津川(こはつがわ)は、沖縄県の西原町を流れる流路延長3.8kmの二級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
249.塩川 (沖縄県)
塩川(しおかわ)は、沖縄県国頭郡本部町字崎本部塩川原にある全長約300メートル、川幅4メートルほどの小規模な河川である。日本国内では唯一塩分濃度の高い河川として、沖縄返還当日の1972年(昭和47年)5月15日に、国の天然記念物に指定された[1]。2011年(平成23年)に静岡県清水町にある柿田川が指定されるまで、国指定天然記念物の中で、河川それ自体を指定したものはこれだけであった[2]。 また準絶滅危惧の紅藻類「シオカワモッカ」の唯一の生育地として環境省から「重要湿地」に指定されているが[3]、近年は大雨のたびに赤土で濁り、また開発の影響で生物群系が変化したため、藻場の生育阻害が危惧されている[4]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
250.田原川 (沖縄県)
田原川(たばるがわ)は、沖縄県八重山郡与那国町を流れる河川である。 沖縄県八重山郡与那国町の中心地域となる北部を流れる。宇良部山から随分離れた場所に源を発し、町役場などがある市街地の南側を流れ東シナ海に注ぐ。 年々、生活排水や土地改良で川が汚れ、一部ヘドロや悪臭が発生している。下水処理場を建設し、住民などで、清流を取り戻すための活動が続けられている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
251.天願川
天願川(てんがんがわ)は、沖縄島中部を流れる二級河川である。別名大川。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
252.仲間川
仲間川(なかまがわ)は、沖縄県の西表島を流れる二級河川である。流域は西表石垣国立公園に含まれる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
253.名蔵川
名蔵川(なぐらがわ、のーらがー)は、沖縄県の石垣島を流れる二級河川。島の西部にある於茂登岳南麓から西流し、名蔵湾に注ぐ。島内では宮良川に次ぐ長さで、かつてはノーラフーカーラ(名蔵大川)とよばれた[1]。 上流域には1999年(平成11年)に名蔵ダムが完成し、農業用水として利用されている。流域は島内屈指の水田地帯で古くから開発が進み、下流の神田橋近くには下田原式土器が出土した大田原遺跡や、神田貝塚、名蔵貝塚群などがある。しかし大雨のたびに被害が出て放置される田も多かったため、乾隆5年(1740年)に初めて河川整備が行われた[2]。また、流域では近年ウナギの養殖も行われている。河口部では1km以上の細長い砂洲が河口をふさぐように南北に形成されており、両端の切れ目から名蔵湾に水が流入する。その近くには名蔵橋が架かっている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
254.饒波川
饒波川(のはがわ)は、沖縄本島南部を西流する国場川水系の支流で、二級河川(二級河川指定区域は下流の5.2km)。河口の漫湖は沖縄最大の干潟で、ラムサール条約による湿地保全区域にも登録されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
255.羽地大川
羽地大川(はねじおおかわ)は、沖縄本島北部の沖縄県名護市内を流れる二級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
256.比謝川
比謝川(ひじゃがわ)は、沖縄県の沖縄本島中部を流れる二級河川。沖縄本島で最大の流域面積を持ち、沖縄本島南部の水源として利用されている。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
257.福地川
福地川(ふくじがわ)は、南西諸島の沖縄島北部を流れる二級河川である。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
258.普天間川
普天間川(ふてんまがわ)は、沖縄県の沖縄本島中部を流れる二級河川。 沖縄県中城村(なかぐすくそん)南西部にある南上原(みなみうえばる)の丘陵地付近に発し、谷底の狭い平地を緩やかに蛇行しながらおおむね北東へ流れる。北中城村安谷屋(きたなかぐすくそん あだにや)付近で流れを西方向に変えて狭い谷に入り、キャンプ・フォスター(アメリカ軍施設)内を通過し、平地に出て北谷町北前(ちゃたんちょう きたまえ)付近で東シナ海に注ぐ。 かつては9.3kmの長さがあったが、キャンプ瑞慶覧の拡張に伴って流路を変えられ約1km短くなった。流域に住宅地が多く生活排水による汚染が進んでいる。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
259.辺野喜川
辺野喜川(べのきがわ)は、沖縄県国頭郡国頭村を流れる二級水系辺野喜川の本流である[2] 。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  
260.宮良川
宮良川(みやらがわ、めーらかーら、めーらがー)は、沖縄県の石垣島南部を流れる二級河川。島内で最大の河川である[1]。
Wikipedia  公式サイト  内容詳細  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責