オーサムサーチジャパン

愛媛県の市町村


市町村名をクリックするとその市町村に飛びます。
1.松山市
松山市(まつやまし)は、愛媛県の中部に位置する市。愛媛県の県庁所在地及び四国最大の都市であり、中核市に指定されている。四国地方では、唯一人口50万人を超える都市である。中四国地方でも人口規模は広島市、岡山市に続く第3の都市となる。
人口:505,304人 面積:429.40km2
公式サイト  Wikipedia
・松山市にある:  寺・寺院神社科学館植物園文学館美術館人物記念館鉄道公園温泉海岸
・松山市の  出身有名人  
2.今治市
今治市(いまばりし)は、愛媛県北東部に位置する市。今治市と尾道市を結ぶしまなみ海道があり、大島、伯方島、大三島などの島々を結んでいる。人口は約14.6万人。計量特定市に指定されている。
人口:146,520人 面積:419.14km2
公式サイト  Wikipedia
・今治市にある:  寺・寺院神社博物館美術館鉄道公園温泉
・今治市の  出身有名人  
3.宇和島市
宇和島市(うわじまし)は、愛媛県の南部(南予地方)に位置する都市。南予地方の中心都市で、宇和島城を中心に発展した闘牛で有名な旧城下町でもある。
人口:67,461人 面積:468.19km2
公式サイト  Wikipedia
・宇和島市にある:  寺・寺院神社博物館鉄道公園
・宇和島市の  出身有名人  
4.八幡浜市
八幡浜市(やわたはまし)は、愛媛県の西端にある佐田岬半島の付け根に位置する市。北に伊予灘、西に宇和海を望み、丘陵地が多く、海はリアス式海岸が続き、温暖で風光明媚なところである。古くは九州や関西地方との海上交易が盛んで「伊予の大阪」と謳われ、現在は年間40万人近くが行き来する西日本有数の八幡浜港を抱え、四国の西の玄関口、西四国の交流・交易活動の拠点として発展してきた。 温暖な気候と地形を生かした柑橘栽培が盛んで、温州ミカンは質・量ともに全国有数の産地であり、「日の丸」「真穴」「川上」「蜜る」など全国に知られたブランドミカンを生産している。太陽の直射光、海からの反射光、段々畑の石段の輻射熱の「三つの太陽」を浴びて育ったミカンの美味しさはひとしおである。漁業も盛んで、とりわけ有名なのは四国一の規模を誇る魚市場である。八幡浜港は天然の良港として栄え、中型トロール船団の基地となっており、四季折々のたくさんの種類の魚が水揚げされ、早朝の活気にあふれた市場風景と産直市場でもある「どーや市場」は、八幡浜市の名物となっている。
人口:30,577人 面積:132.68km2
公式サイト  Wikipedia
・八幡浜市にある:  寺・寺院鉄道
・八幡浜市の  出身有名人  
5.新居浜市
新居浜市(にいはまし)は、愛媛県東部に位置する臨海工業都市。東予地方の中心都市の一つで計量特定市指定都市。都市圏人口は、愛媛県第二の規模となる約23万人を有する(新居浜平野の地帯)。四国三大祭りの新居浜太鼓祭り、別子銅山関連の近代化産業遺産群、世界2位の規模であるプラネタリウム(科学博物館内)が知られる。1937年(昭和12年)市制施行。
人口:113,149人 面積:234.50km2
公式サイト  Wikipedia
・新居浜市にある:  寺・寺院神社科学館美術館鉄道公園温泉
・新居浜市の  出身有名人  
6.西条市
西条市(さいじょうし)は、愛媛県東予地方にある市。西日本最高峰石鎚山の麓に位置し、瀬戸内海燧灘に面する。
人口:102,161人 面積:509.98km2
公式サイト  Wikipedia
・西条市にある:  寺・寺院神社博物館鉄道公園温泉
・西条市の  出身有名人  
7.大洲市
大洲市(おおずし)は、愛媛県の南予地方に位置する市。
人口:39,007人 面積:432.22km2
公式サイト  Wikipedia
・大洲市にある:  寺・寺院神社鉄道公園温泉
・大洲市の  出身有名人  
8.伊予市
伊予市(いよし)は、愛媛県の中予地方に位置する市。中予地方の最西に位置する。 複数の削り節工場が立地し、国内に出荷される6割のシェアを占めている。また、五色浜をはじめとした海水浴場、予讃線や夕やけこやけラインから見える伊予灘を観光資源としている。
人口:34,407人 面積:194.44km2
公式サイト  Wikipedia
・伊予市にある:  寺・寺院神社鉄道公園
・伊予市の  出身有名人  
9.四国中央市
四国中央市(しこくちゅうおうし)は、愛媛県の東端に位置する市。四国の他の3県(香川県、高知県、徳島県)に接している。
人口:80,430人 面積:421.24km2
公式サイト  Wikipedia
・四国中央市にある:  寺・寺院神社博物館鉄道公園海岸
・四国中央市の  出身有名人  
10.西予市
西予市(せいよし)は、愛媛県の南西部に位置する市。
人口:33,891人 面積:514.34km2
公式サイト  Wikipedia
・西予市にある:  寺・寺院博物館美術館鉄道公園温泉
・西予市の  出身有名人  
11.東温市
東温市(とうおんし)は、愛媛県中予地方に位置する市。愛媛県の市では唯一、海に面していない。
人口:33,667人 面積:211.30km2
公式サイト  Wikipedia
・東温市にある:  寺・寺院美術館鉄道温泉
・東温市の  出身有名人  
12.上島町
上島町(かみじまちょう)は、愛媛県の北部にある町。瀬戸内海の25島で構成され、海上で広島県の尾道市や福山市に接する県境の町でもある。
人口:6,181人 面積:30.38km2
公式サイト  Wikipedia
・上島町にある:  公園
・上島町の  出身有名人  
13.久万高原町
久万高原町(くまこうげんちょう)は、愛媛県の中央部に位置する町。面積は愛媛県内の市町村では最大である。
人口:6,839人 面積:583.69km2
公式サイト  Wikipedia
・久万高原町にある:  寺・寺院科学館美術館温泉
・久万高原町の  出身有名人  
14.松前町 (愛媛県)
松前町(まさきちょう)は、愛媛県伊予郡の町である。 伊予郡で唯一海に面する港町であり、以前の基幹産業は漁業で、周辺自治体への魚類の行商も重要だったがこれは廃れた。江戸時代の義農として知られる義農作兵衛の出身地でもあり「義農」と付く事物が複数現存する。ただ、現在は松山市のベッドタウンとして宅地開発が行われ、臨海部には工場も立地するなど、人々の生活スタイルや産業構造は変貌を遂げた。
人口:29,386人 面積:20.41km2
公式サイト  Wikipedia
・松前町 (愛媛県)にある:  神社博物館鉄道
・松前町 (愛媛県)の  出身有名人  
15.砥部町
砥部町(とべちょう)は、愛媛県伊予郡の町である。 200年以上の歴史がある伝統工芸品「砥部焼」で有名である。松山と高知とを結ぶ国道33号が縦貫する交通の便と、変化に富んだ緑豊かな自然により松山市のベッドタウンとして宅地開発が進んでいる。「住んでも 訪ねても いきいき砥部」をキャッチフレーズとしていたが、新町になってからは公募による「清流とほたる 砥部焼とみかんの町」をキャッチフレーズとしている。砥部と言えば「砥部焼の町」と知名度が高い。 アートの里プラン21や、ホップ・ステップとべといった町総合計画でもまちづくりを進めている。
人口:20,239人 面積:101.59km2
公式サイト  Wikipedia
・砥部町にある:  寺・寺院博物館動物園公園温泉
・砥部町の  出身有名人  
16.内子町
内子町(うちこちょう)は、愛媛県の南予地方に位置する町。
人口:14,610人 面積:299.43km2
公式サイト  Wikipedia
・内子町にある:  寺・寺院博物館鉄道公園
・内子町の  出身有名人  
17.伊方町
伊方町(いかたちょう)は、愛媛県の南予地方、佐田岬半島に位置する町。 四国電力伊方発電所(原子力発電所)があり、一時は四国の電力消費量のおよそ4割を供給していたが、全発電機が定期検査に入った2012年(平成24年)1月13日から送電を停止している。
人口:7,838人 面積:93.98km2
公式サイト  Wikipedia
・伊方町にある:  公園温泉
・伊方町の  出身有名人  
18.松野町
松野町(まつのちょう)は、愛媛県南予地方に位置する町。 四万十川の支流の一つである広見川の中流域に位置し、森林が全面積の84%を占めている。「森の国」というキャッチフレーズで、交流人口の増加、都市と農村との交流促進を図る行政施策を続けており、一定の成功を収めている。また愛媛県では市町村合併(平成の大合併)を推し進めたが、松野町は加わらなかったことから、県内最小人口の自治体となった。
人口:3,512人 面積:98.45km2
公式サイト  Wikipedia
・松野町にある:  水族館鉄道
・松野町の  出身有名人  
19.鬼北町
鬼北町(きほくちょう)は、愛媛県の南予地方の町。四万十川の上流、広見川流域の中山間地帯に位置する。
人口:9,282人 面積:241.88km2
公式サイト  Wikipedia
・鬼北町にある:  鉄道
・鬼北町の  出身有名人  
20.愛南町
愛南町(あいなんちょう)は、愛媛県の南部に位置し、南宇和郡に属する町である。
人口:18,590人 面積:238.99km2
公式サイト  Wikipedia
・愛南町にある:  寺・寺院博物館公園
・愛南町の  出身有名人  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責