オーサムサーチジャパン

鹿児島県の市町村


市町村名をクリックするとその市町村に飛びます。
1.鹿児島市
鹿児島市(かごしまし)は、鹿児島県の中部に位置する市。鹿児島県の県庁所在地及び最大の都市で、中核市に指定されている。 鹿児島湾西岸の市街地から桜島を望む景観がイタリアのナポリからヴェスヴィオ火山を望む風景に似ていることから、「東洋のナポリ」と称される。
人口:589,288人 面積:547.58km2
公式サイト  Wikipedia
・鹿児島市にある:  寺・寺院神社博物館動物園文学館美術館人物記念館鉄道公園温泉
・鹿児島市の  出身有名人  
2.鹿屋市
鹿屋市(かのやし)は、鹿児島県にある市。九州南東部、大隅半島の中央部に位置する。 人口10万人を擁する、大隅半島の行政・経済・産業の中核となる都市である。年間の平均気温17℃という温暖な気候と豊かな自然を活かした農業・畜産が盛んであり、黒豚やブロイラー、落花生、サツマイモなどが特産品である。また、国立大学の鹿屋体育大学や海上自衛隊鹿屋航空基地がある。 鹿児島県内では鹿児島市(県庁所在地)・霧島市に次いで3番目の人口規模を有する都市である(人口10万人規模の都市としては他に薩摩川内市がある)。現在の鹿屋市は2代目であり、旧鹿屋市と肝属郡の2町(吾平町・串良町)、曽於郡1町(輝北町)との合併により2006年に発足した。初代・鹿屋市の市制施行は1941年5月27日(海軍記念日)である。 現在は「ばらのまち」「健康・交流都市」をキャッチフレーズとしている。
人口:99,672人 面積:448.15km2
公式サイト  Wikipedia
・鹿屋市にある:  神社博物館植物園公園
・鹿屋市の  出身有名人  
3.枕崎市
枕崎市(まくらざきし)は、鹿児島県の薩摩半島南西部に位置し、東シナ海に面する市である。気候は温暖であるが、夏から秋にかけては台風の通過が多く、室戸市(高知県:室戸岬)、串本町(和歌山県東牟婁郡:潮岬)などと並び台風銀座の一つである。
人口:19,167人 面積:74.78km2
公式サイト  Wikipedia
・枕崎市にある:  寺・寺院鉄道
・枕崎市の  出身有名人  
4.阿久根市
阿久根市(あくねし)は、鹿児島県の北西部に位置する市である。
人口:18,266人 面積:134.29km2
公式サイト  Wikipedia
・阿久根市にある:  神社鉄道公園温泉海岸
・阿久根市の  出身有名人  
5.出水市
出水市(いずみし)は、鹿児島県の北西部に位置する人口約5万人の市。九州新幹線の停車駅があり、ツルの渡来地として知られている。
人口:51,137人 面積:329.98km2
公式サイト  Wikipedia
・出水市にある:  寺・寺院神社博物館鉄道公園
・出水市の  出身有名人  
6.指宿市
指宿市(いぶすきし)は、鹿児島県薩摩半島の南端にある市。 指宿温泉で知られる温泉地で古来より「湯豊宿(ゆほすき)」と呼ばれた。『和名抄』では「以夫須岐(いふすき)」と記された(市名は「指宿」、旧郡名は「揖宿」)。 観光促進と冷房節約の観点から、毎年4月下旬に行われる市長の「アロハ宣言」から10月末まで市職員・銀行職員などがアロハシャツを公用服として着用する。オクラの産地としても有名。
人口:37,687人 面積:148.84km2
公式サイト  Wikipedia
・指宿市にある:  寺・寺院神社博物館美術館鉄道公園温泉海岸
・指宿市の  出身有名人  
7.西之表市
西之表市(にしのおもてし)は、鹿児島県の南部、大隅諸島の種子島北部にある市。
人口:14,160人 面積:205.66km2
公式サイト  Wikipedia
・西之表市の  出身有名人  
8.垂水市
垂水市(たるみずし)は、鹿児島県(離島以外の地域)の中部、大隅半島の北西部に位置する市。
人口:13,070人 面積:162.12km2
公式サイト  Wikipedia
・垂水市にある:  神社温泉
・垂水市の  出身有名人  
9.薩摩川内市
薩摩川内市(さつませんだいし)は、鹿児島県の北西に位置する市。 鹿児島県内で最大の面積を有する市であり、北薩地区の中心都市である。
人口:90,932人 面積:682.92km2
公式サイト  Wikipedia
・薩摩川内市にある:  寺・寺院神社博物館文学館公園温泉
・薩摩川内市の  出身有名人  
10.日置市
日置市(ひおきし)は、鹿児島県の中央部(薩摩半島)に位置する市。南九州西回り自動車道やJR鹿児島本線で隣接する鹿児島市と結ばれ、鹿児島市のベッドタウンとしても発展している。 毎年10月には武将・島津義弘を祀る徳重神社を詣でる妙円寺詣りと呼ばれる行事が行われている。また薩摩焼の歴史とも深い関わりがある地域で、現在でも美山地区では窯元が開かれ、焼物(陶器)の街としても知られている。
人口:46,328人 面積:253.01km2
公式サイト  Wikipedia
・日置市にある:  寺・寺院神社鉄道温泉
・日置市の  出身有名人  
11.曽於市
曽於市(そおし)は、日本の鹿児島県本土の東部、大隅半島の北部に位置する市。2005年7月1日、曽於郡の末吉町・財部町・大隅町が合併し成立した。 畜産や畑作を中心とした農業が盛んな地域。旧末吉町・財部町を中心に隣接する宮崎県都城市と日常生活や文化面でのつながりが深く、都城都市圏の範囲内となる。
人口:31,902人 面積:390.11km2
公式サイト  Wikipedia
・曽於市にある:  神社鉄道温泉
・曽於市の  出身有名人  
12.霧島市
霧島市(きりしまし)は、鹿児島県本土の中央部にある市。2005年11月7日、国分市と姶良郡溝辺町・横川町・牧園町・霧島町・隼人町・福山町の1市6町が合併して誕生した。鹿児島県では、鹿児島市に次いで2番目の人口規模を有する市である。 薩摩地方と大隅地方、また宮崎県を結ぶ交通の要所で国道・鉄道などの交通手段が発達し、古くから鹿児島県内有数の都市として発展してきた。また、鹿児島空港の開港、九州自動車道の開通による地理的な条件を生かし、国分隼人テクノポリスの指定を受けて、ソニーや京セラなどのハイテク産業が発展した。 一方で日本百名山の霧島山や、鹿児島神宮の初午祭、霧島温泉郷や日当山温泉、妙見温泉などの温泉で知られる観光地でもある。民謡・鹿児島おはら節の歌詞にある「花は霧島 煙草は国分」の「霧島」とは当地が原産地とされるキリシマツツジ、「国分」とは合併前の国分市を中心に栽培されてきた葉タバコの銘柄である。2010年9月に霧島ジオパークが日本ジオパークに認定された。
人口:123,004人 面積:603.18km2
公式サイト  Wikipedia
・霧島市にある:  寺・寺院神社博物館鉄道公園温泉
・霧島市の  出身有名人  
13.いちき串木野市
いちき串木野市(いちきくしきのし)は、鹿児島県の本土西部に位置する市である。 吹上浜の北端に位置し、かつては金山と遠洋マグロ漁業が栄えていた。
人口:26,570人 面積:112.30km2
公式サイト  Wikipedia
・いちき串木野市にある:  寺・寺院鉄道
・いちき串木野市の  出身有名人  
14.南さつま市
南さつま市 (みなみさつまし)は、鹿児島県の薩摩半島西岸に位置する市である。太平洋戦争末期には最後の特攻隊の出撃地、万世飛行場が吹上浜にあった。 現在では砂丘を利用した砂の祭典や、自転車による様々な大会が開かれるなど砂丘と自転車を活かした特色あるまちづくりでも知られている。
人口:31,654人 面積:283.59km2
公式サイト  Wikipedia
・南さつま市にある:  寺・寺院神社博物館公園海岸
・南さつま市の  出身有名人  
15.志布志市
志布志市(しぶしし)は、鹿児島県の東部に位置する市である。市の南部は志布志湾に面し、国の中核国際港湾である志布志港が整備されている。志布志港からは国内外へ複数の航路が設けられており、南九州地域での重要な役割を担っている。
人口:28,412人 面積:290.28km2
公式サイト  Wikipedia
・志布志市にある:  寺・寺院神社鉄道
・志布志市の  出身有名人  
16.奄美市
奄美市(あまみし)は、南西諸島中央部の鹿児島県奄美群島の奄美大島に位置する市。
人口:40,439人 面積:308.27km2
公式サイト  Wikipedia
・奄美市にある:  動物園公園海岸
・奄美市の  出身有名人  
17.南九州市
南九州市(みなみきゅうしゅうし)は、鹿児島県薩摩半島の南部にある市である。 市名の読み仮名は9文字で、日本最長である。茶の生産量が全国の市町村単位では日本一で、知覧茶が有名。
人口:31,560人 面積:357.91km2
公式サイト  Wikipedia
・南九州市にある:  寺・寺院神社博物館鉄道公園
・南九州市の  出身有名人  
18.伊佐市
伊佐市(いさし)は、鹿児島県の北部に位置する市である。北に熊本県、東に宮崎県と県境を接し、九州本土では鹿児島県最北に位置する。 伊佐米で知られる県内屈指の米どころ。また、世界有数の高品位を誇る金を算出する菱刈鉱山が所在する。
人口:23,220人 面積:392.56km2
公式サイト  Wikipedia
・伊佐市にある:  神社温泉
・伊佐市の  出身有名人  
19.姶良市
姶良市(あいらし)は、鹿児島県の中央部に位置する人口約7万7000人の市。鹿児島湾(錦江湾)の奥側に位置する。鹿児島市のベッドタウンとして発展している。
人口: 76,655人面積:231.25km2
公式サイト  Wikipedia
・姶良市にある:  博物館
・姶良市の  出身有名人  
20.三島村
三島村(みしまむら)は、鹿児島県の村である。鹿児島郡に属す。薩摩半島南端から南南西約40kmの位置にある口之三島(上三島)と呼ばれる島嶼群からなる。 三島村役場は、各有人島とフェリーで結ばれている鹿児島市の鹿児島港付近にあり、村内の各島には出張所が設けられている。村の全域が三島村・鬼界カルデラジオパークとなっている。
人口:382人 面積:31.39km2
公式サイト  Wikipedia
・三島村にある:  神社公園温泉海岸
・三島村の  出身有名人  
21.十島村
十島村(としまむら)は、鹿児島県の村である。鹿児島郡に属す。東シナ海上の吐噶喇列島各島を行政区域とする。 十島村役場は、1956年から鹿児島市に置かれている。これは、国や鹿児島県に対応する業務が多く、役場が島内にあると交通費などが増大するためであり、同様の例としては同郡三島村(同じく鹿児島市に所在)と沖縄県八重山郡竹富町(石垣市に所在)がある。 中心となる島は中之島で、その他には口之島・平島・諏訪之瀬島・悪石島・小宝島・宝島が有人島である。 2015年の国勢調査では、人口増が全国5位など近年移住者が増加している。 なお、明治時代から1952年(昭和27年)までは現在の十島村と三島村を合わせた領域が「十島村(じっとうそん)」と呼ばれており、これが境界変更および改称により現在の三島村となっている。現在ある「十島村(としまむら)」は十島村(じっとうそん)とは別に新たに設けられた自治体である(詳しい経緯は後述)。
人口:720人 面積:101.14km2
公式サイト  Wikipedia
・十島村にある:  海岸
・十島村の  出身有名人  
22.さつま町
さつま町(さつまちょう)は、鹿児島県北部の内陸地域に位置する町である。薩摩郡に属する。鹿児島県内の町村で最大の人口を擁する。
人口:19,110人 面積:303.90km2
公式サイト  Wikipedia
・さつま町にある:  寺・寺院神社公園温泉
・さつま町の  出身有名人  
23.長島町
長島町(ながしまちょう)は、鹿児島県の北西部に位置する町である。出水郡に属す。
人口:9,278人 面積:116.18km2
公式サイト  Wikipedia
・長島町にある:  公園
・長島町の  出身有名人  
24.姶良町
姶良町(あいらちょう)は、鹿児島県(離島以外の地域)の中部にあった町である。姶良郡に属していた。 県内の町村で最も人口が多い町であり、九州の町村では福岡県筑紫郡那珂川町(現・那珂川市)に次いで2番目に人口が多かった。2010年3月23日付けで同じ姶良郡の蒲生町・加治木町と合併して姶良市となった。
人口:面積:102.52 km2
公式サイト  Wikipedia
・姶良町の  出身有名人  
25.蒲生町 (鹿児島県)
蒲生町(かもうちょう)は、鹿児島県の中央部にあった町である。姶良郡に属していた。 2010年3月23日付けで、同じ姶良郡の姶良町・加治木町と合併して姶良市が発足した。滋賀県にあった蒲生町は「がもう」と濁って読むが、こちらは「かもう」と濁らずに読む。
人口:面積:81.29 km2
公式サイト  Wikipedia
・蒲生町 (鹿児島県)にある:  神社
・蒲生町 (鹿児島県)の  出身有名人  
26.湧水町
湧水町(ゆうすいちょう)は、鹿児島県の北部内陸地域に位置する町。姶良郡に属する。
人口:8,780人 面積:144.29km2(境界未定部分あり)
公式サイト  Wikipedia
・湧水町にある:  美術館鉄道公園温泉
・湧水町の  出身有名人  
27.大崎町
大崎町(おおさきちょう)は、鹿児島県(離島を除く)の東南部にある町で、曽於郡に属する。 国の史跡に指定されている横瀬古墳などの史跡を有する町である。
人口:11,993人 面積:100.67km2
公式サイト  Wikipedia
・大崎町にある:  温泉
・大崎町の  出身有名人  
28.東串良町
東串良町(ひがしくしらちょう)は、鹿児島県の大隅半島にある町。肝属郡に属し、町域の志布志湾を埋立て、志布志国家石油備蓄基地が建設されている。
人口:6,220人 面積:27.78km2
公式サイト  Wikipedia
・東串良町の  出身有名人  
29.錦江町
錦江町(きんこうちょう)は、鹿児島県の大隅半島西部に位置する町。肝属郡に属する。2005年3月22日、旧・大根占町と旧・田代町との合併により誕生した。
人口:6,376人 面積:163.19km2
公式サイト  Wikipedia
・錦江町の  出身有名人  
30.南大隅町
南大隅町(みなみおおすみちょう)は、鹿児島県(離島部除く)の東南部、大隅半島の南部にある町。肝属郡に属する。日本本土最南端の佐多岬を有する。
人口:5,990人 面積:213.57km2
公式サイト  Wikipedia
・南大隅町にある:  植物園公園温泉海岸
・南大隅町の  出身有名人  
31.肝付町
肝付町(きもつきちょう)は、鹿児島県本土の東南部、大隅半島の東部にある町であり、肝属郡に属する。ロケット打ち上げ施設(内之浦宇宙空間観測所)があることで有名。
人口:13,526人 面積:308.10km2
公式サイト  Wikipedia
・肝付町にある:  神社公園
・肝付町の  出身有名人  
32.中種子町
中種子町(なかたねちょう)は、鹿児島県種子島の中央部にある町である。
人口:7,226人 面積:137.18km2
公式サイト  Wikipedia
・中種子町にある:  博物館
・中種子町の  出身有名人  
33.南種子町
南種子町(みなみたねちょう)は、鹿児島県の種子島南部にある町。熊毛郡に属する。 天文12年(1543年)8月25日、種子島南端の前之浜に漂着したポルトガル人により、日本に初めて鉄砲が伝えられた(鉄砲伝来)。 現在は、国内で唯一の商業ロケット打上施設「JAXA種子島宇宙センター」を抱え、日本の最先端技術の一端を担っている。 温暖な気候に恵まれ、稲作が盛んに行われている。国内では最もコシヒカリの出荷が早い。
人口:5,232人 面積:110.36km2
公式サイト  Wikipedia
・南種子町にある:  博物館海岸
・南種子町の  出身有名人  
34.屋久島町
屋久島町(やくしまちょう)は、鹿児島県の大隅諸島の屋久島および口永良部島全域を行政区域とする町。熊毛郡に属す。人口は1万1千人ほど(2022年現在)。観光資源として屋久杉を有し、国内最大級の巨木である縄文杉や、豊臣秀吉の命令で京都の方広寺大仏殿(京の大仏)造営の為に伐採されたとする 屋久杉の切り株であるウィルソン株が著名である。
人口:11,414人 面積:540.48km2
公式サイト  Wikipedia
・屋久島町にある:  神社温泉海岸
・屋久島町の  出身有名人  
35.大和村
大和村(やまとそん)は、鹿児島県の奄美大島にある村の1つで、大島郡に属する。
人口:1,344人 面積:88.26km2
公式サイト  Wikipedia
・大和村の  出身有名人  
36.宇検村
宇検村(うけんそん)は、鹿児島県の奄美大島にある村の1つで、大島郡に属する。
人口:1,577人 面積:103.07km2
公式サイト  Wikipedia
・宇検村の  出身有名人  
37.瀬戸内町
瀬戸内町(せとうちちょう)は、鹿児島県の奄美群島にある町。大島郡に属し、奄美大島の南端部とその沿岸に位置する加計呂麻島、請島などの離島からなる。
人口:8,163人 面積:239.65km2
公式サイト  Wikipedia
・瀬戸内町にある:  公園
・瀬戸内町の  出身有名人  
38.龍郷町
龍郷町(たつごうちょう)は、鹿児島県の奄美大島にある町で、大島郡に属する。 奄美市(旧名瀬市と旧笠利町)に挟まれた位置に存在している。
人口:5,799人 面積:81.82km2
公式サイト  Wikipedia
・龍郷町の  出身有名人  
39.喜界町
喜界町(きかいちょう)は、鹿児島県の喜界島一島の全域のみを町域とする町。大島郡に属す。
人口:6,313人 面積:56.82km2
公式サイト  Wikipedia
・喜界町の  出身有名人  
40.徳之島町
徳之島町(とくのしまちょう)は、鹿児島県の南西諸島、奄美群島の徳之島に3つある町の1つであり、東部に位置する。大島郡に属する。 牛と牛を戦わせる闘牛がさかんで、町の公式ゆるキャラまぶ〜る君も牛がモチーフ。 気候風土など、徳之島全域にかかわる事柄については徳之島の項目を参照。
人口:9,870人 面積:104.92km2
公式サイト  Wikipedia
・徳之島町の  出身有名人  
41.天城町
天城町(あまぎちょう)は、鹿児島県の南西諸島、奄美群島の徳之島に3つある町の1つであり、北西部に位置する。大島郡に属する。 気候風土など、徳之島全域にかかわる事柄については徳之島の項目を参照のこと。
人口:5,279人 面積:80.40km2
公式サイト  Wikipedia
・天城町の  出身有名人  
42.伊仙町
伊仙町(いせんちょう)は、鹿児島県の奄美群島の徳之島にある町の1つ。大島郡に属する。闘牛(牛同士)の習慣があり、泉重千代・本郷かまとの2人の世界最高齢者の出身地でもある町のキャッチフレーズは、「長寿と闘牛の伊仙町」である。 気候風土など、徳之島全域にかかわる事柄については徳之島の項目を参照のこと。
人口:5,945人 面積:62.71km2
公式サイト  Wikipedia
・伊仙町の  出身有名人  
43.和泊町
和泊町(わどまりちょう)は、鹿児島県の南部、沖永良部島東部(東半分)に位置する町。大島郡に属する。 気候風土など、沖永良部島全域にかかわる事柄については沖永良部島の記事を参照のこと。
人口:6,111人 面積:40.39km2
公式サイト  Wikipedia
・和泊町の  出身有名人  
44.知名町
知名町(ちなちょう)は、鹿児島県の沖永良部島にある町。大島郡に属する。
人口:5,566人 面積:53.30km2
公式サイト  Wikipedia
・知名町の  出身有名人  
45.与論町
与論町(よろんちょう)は、鹿児島県の最南端にある町。与論島1島で1町を形成している。沖縄本島の北方に位置し、沖縄本島最北端の辺戸岬とは22km程の距離にある。大島郡に属す。 町勢に関する事柄以外は与論島を参照。
人口:4,969人 面積:20.58km2
公式サイト  Wikipedia
・与論町にある:  
・与論町の  出身有名人  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責