オーサムサーチジャパン

全国の文学館

クリックするとその県に飛びます。

北海道の文学館

1.有島記念館
有島記念館(ありしまきねんかん)は、北海道虻田郡ニセコ町にある文学館。
Wikipedia    内容詳細  
2.井上靖記念館  ・〒070-0875旭川市春光5条7丁目5-41
井上靖記念館(いのうえやすしきねんかん)は、北海道旭川市にある博物館。旭川市出身の作家、井上靖を記念して造られた施設である。所在地は旭川市春光5条7丁目5番41号、中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館に隣接する。
Wikipedia    内容詳細  
3.港文館  ・〒085-0847 日本 北海道釧路市大町2丁目1-12
港文館(こうぶんかん)は、北海道釧路市にある港湾休憩所および歌人石川啄木の資料を展示する文学館である。
Wikipedia    内容詳細  
4.塩狩峠記念館  ・ 日本 北海道上川郡和寒町字塩狩
塩狩峠記念館(しおかりとうげきねんかん)は、北海道上川郡和寒町字塩狩にある、旧民家を利用した記念館。現地ゆかりの小説『塩狩峠』作者である三浦綾子の旧宅を部分移築して開設された[2]。 建物は、元は1961年に旭川市内に建てられた店舗兼用の住宅だった[2]。三浦は1971年までこの建物で暮らし、その間の1964年に『氷点』を発表、小説家となる[2]。1993年に老朽化により解体されたが、周囲からの保存を望む声に三浦が同意し、資材は保管されていた[2]。 『塩狩峠』の舞台となった和寒町が100年記念事業の一環として、塩狩峠での復元を決め、1999年に開館した[2]。式典には最晩年の三浦も夫ともに出席した[2]。
Wikipedia    内容詳細  
5.市立小樽文学館  ・〒047-0031 日本 北海道小樽市色内1丁目9番5号
市立小樽文学館(しりつおたるぶんがくかん、英: Otaru Municipal Museum of Literature)は、北海道小樽市の文学館[4]。小樽市分庁舎(旧小樽地方貯金局)にあり、市立小樽美術館を併設している。市町村立の文学館としては日本国内で初めて開館した[5]。
Wikipedia    内容詳細  
6.知里幸恵 銀のしずく記念館  ・〒059-0465 日本 北海道登別市登別本町2丁目34−7
知里幸恵 銀のしずく記念館(ちりゆきえぎんのしずくきねんかん)は、『アイヌ神謡集』の著者である知里幸恵(ちりゆきえ)の記念館。一般の募金により、2010年、北海道登別市に開館した。運営は特定非営利活動法人の知里森舎(ちりしんしゃ)[3]。
Wikipedia    内容詳細  
7.函館市文学館  ・〒040-0053北海道函館市末広町22-5
函館市文学館(はこだてしぶんがくかん)は、北海道函館市末広町にある文学館。石川啄木など主に函館市にゆかりのある作家に関連する資料約250点[1]を収蔵・展示している。所在地は北海道函館市末広町22-5。
Wikipedia    内容詳細  
8.北海道立文学館  ・〒064-0931札幌市中央区中島公園1-4
北海道立文学館(ほっかいどうりつぶんがくかん、英: Hokkaido Museum of Literature)は、北海道札幌市中央区中島公園にある文学館である。管理運営は公益財団法人北海道文学館が指定管理者としておこなっている。なお、当記事では本館の前身にあたる旧「北海道文学館」(札幌市資料館)、また「公益財団法人北海道文学館」についても触れる。
Wikipedia    内容詳細  
9.三浦綾子記念文学館  ・〒070-8007 日本 北海道旭川市神楽7条8丁目2-15
三浦綾子記念文学館(みうらあやこきねんぶんがくかん)は、北海道旭川市神楽7条8丁目にある作家・三浦綾子の偉業の数々を展示している北海道の登録博物館。運営は、公益財団法人三浦綾子記念文化財団[1]。
Wikipedia    内容詳細  
10.宮尾登美子文学記念館  ・〒052-0022 日本 北海道伊達市梅本町57-1
宮尾登美子文学記念館(みやおとみこぶんがくきねんかん)は、かつて北海道伊達市にあった文学館。伊達市が設置し、特定非営利活動法人(NPO法人)だて観光協会が管理・運営していた。 直木賞作家の宮尾登美子が、1999年(平成11年)から2003年(平成15年)の間に『宮尾本平家物語』執筆のため伊達市に移り住んだことを縁として、宮尾の業績と作品を広く伝えるとともに、市民が文学にふれることができる場として設置した。館内には自筆の原稿や各受賞作品をはじめとして、愛用していた着物や書斎道具・小物類が展示している。 2018年(平成30年)に閉館となり、翌年の「だて歴史文化ミュージアム」開館に伴って「宮尾登美子記念アートホール」としてリニューアルし、芸術に特化したホールとなったが、2020年度(令和2年度)に閉館した[2][3][4]。
Wikipedia    内容詳細  

青森県の文学館

11.太宰治記念館 「斜陽館」  ・青森県五所川原市金木町朝日山412-1
太宰治記念館 「斜陽館」(だざいおさむきねんかん しゃようかん)は、青森県五所川原市にある小説家太宰治の生家。現在は、五所川原市太宰治記念館「斜陽館」として、五所川原市立の施設となっている[2]。また、近代和風住宅の代表例として2004年(平成16年)国の重要文化財に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
12.弘前市立郷土文学館
弘前市立郷土文学館(ひろさきしりつきょうどぶんがくかん)は、弘前市市制施行100周年記念事業施設として、追手門広場内に建設され、1990年(平成2年)7月1日に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
13.三沢市寺山修司記念館  ・〒033-0022  日本青森県三沢市大字三沢字淋代平116-2955
三沢市寺山修司記念館(みさわしてらやましゅうじきねんかん)は、青森県三沢市ゆかりの芸術家寺山修司の記念館・文学館。
Wikipedia    内容詳細  

岩手県の文学館

14.石川啄木記念館  ・〒028-4132 日本・岩手県盛岡市渋民字渋民9
石川啄木記念館(いしかわたくぼくきねんかん)は岩手県盛岡市渋民にある文学館。近代を代表する歌人石川啄木の顕彰施設として1970年に開館した。敷地内には本館のほか、啄木縁の旧斉藤家住宅、旧渋民尋常小学校が移築され、当館の施設として公開されている [1]。
Wikipedia    内容詳細  
15.日本現代詩歌文学館  ・〒024-8503岩手県北上市本石町二丁目5-60
日本現代詩歌文学館(にほんげんだいしいかぶんがくかん)は、岩手県北上市にある日本で唯一の詩歌専門の文学館。事業主体は北上市。管理・運営は日本現代詩歌文学館運営協会。 明治以降の日本の詩・短歌・俳句・川柳の書籍(作品集、評論集、研究書など)や雑誌など、詩歌に関連するものを、作者の有名・無名を問わずに収集、保存し、閲覧に供しているほか、テーマを設けた年間展示や井上靖の記念室、俳人山口青邨の移築した居宅を見ることが出来る。また、1986年より詩歌文学館賞を設立。以降毎年、詩・短歌・俳句3分野それぞれに表彰を行なっている。 初代名誉館長は井上靖(小説家)。初代館長は太田俊穂(郷土史家)、二代目扇畑忠雄(歌人)、三代目は篠弘(歌人)、現館長は高野ムツオ(俳人)。
Wikipedia    内容詳細  
16.もりおか啄木・賢治青春館  ・〒020-0871 日本岩手県盛岡市中ノ橋通1-1-25
もりおか啄木・賢治青春館(もりおかたくぼく・けんじせいしゅんかん)は、岩手県盛岡市にある文学館。同県出身の石川啄木・宮沢賢治と、彼らが中学生時代を過ごした盛岡の地をメインテーマとする[注 1]。 当館施設には明治43年(1910年)竣工の旧第九十国立銀行本店本館(国の重要文化財)[1]を使用する。
Wikipedia    内容詳細  
17.盛岡てがみ館  ・〒020-0871 日本岩手県盛岡市中ノ橋通一丁目1-10 プラザおでって6階
盛岡てがみ館(もりおかてがみかん)は、岩手県盛岡市にある博物館。盛岡にゆかりのある著名人やこれらの者にまつわる人々の書簡、日記及び原稿といった資料の収集、保存及び展示を行うとともに、資料の調査研究を行っている[1]。
Wikipedia    内容詳細  

宮城県の文学館

18.仙台文学館  ・〒981-0902 日本 宮城県仙台市青葉区北根2丁目7番1号[3]
仙台文学館(せんだいぶんがくかん)は、宮城県仙台市青葉区北根にある仙台市立の文学館・社会教育施設。台原森林公園の西側に隣接し、同園の出入口の1つにもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
19.原阿佐緒記念館  ・〒981-3624 日本・宮城県黒川郡大和町宮床字八坊原19番地の2
原阿佐緒記念館(はらあさおきねんかん)は、アララギ派の女流歌人であった原阿佐緒の記念館。宮城県黒川郡大和町宮床にある擬洋風建築の生家を改修し[1]、1990年(平成2年)に開館された[2]。玄関ポーチ脇には1961年(昭和36年)に建立された歌碑が設置されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
20.晩翠草堂  ・〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町1-2-2
晩翠草堂(ばんすいそうどう)は、宮城県仙台市出身の詩人、英文学者である土井晩翠が最晩年に過ごした邸宅である。仙台市青葉区大町にある。現在は、一般に開放されている。
Wikipedia    内容詳細  

秋田県の文学館

21.石坂洋次郎文学記念館  ・〒013-0005秋田県横手市幸町2番10号
石坂洋次郎文学記念館(いしざかようじろうぶんがくきねんかん、英語: Yojiro Ishizaka Memorial Hall)は、秋田県横手市幸町にある石坂洋次郎の記念館[1]。1988年に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
22.新潮社記念文学館  ・秋田県仙北市角館町田町上丁23
新潮社記念文学館(しんちょうしゃきねんぶんがくかん)は、秋田県仙北市角館町にある文学館。仙北市総合情報センター学習資料館に併設されている。 新潮社創設者である佐藤義亮は旧角館町(現仙北市)の荒物屋を営む両親の元に生まれ、読書好きな父の影響で子どもの頃から書籍に親しんだ。17歳の時に上京し、印刷工などを経て、出版界に身を投じ、1904年(明治37年)に雑誌『新潮』を創刊[1]。1922年(大正11年)に郷里に図書館ができたことを機に、自らの蔵書や出版物を寄贈し始め[1][2]、義亮以降の歴代社主もこの風習を続けた[1]。 旧角館町が町立図書館の建て直しを検討した際、町のため、たくさんの本を寄贈してくれた佐藤の功績を讃えようと「文学館」構想が浮上し[1]、2000年(平成12年)4月に開館した[2]。外観は武家屋敷の街並みが残る角館にふさわしい蔵造りで、外壁には戦後、新潮社が出版事業を再開した折、現在の原型となる新潮文庫第1号が川端康成の『雪国』だったことに因み、文庫本のオブジェとして、その冒頭が開いた形で埋め込まれている[1]。展示は新潮社の歩みとともに明治以降の日本近代文学をたどる構成となり[3]、角館で過ごした体験を描いた『北の河』で芥川賞を受賞した高井有一が名誉館長を務めてきたが[1]、高井は2016年(平成28年)に亡くなった。
Wikipedia    内容詳細  

山形県の文学館

23.斎藤茂吉記念館  ・〒999-3101山形県上山市北町字弁天1421
公益財団法人齋藤茂吉記念館(こうえきざいだんほうじん さいとうもきちきねんかん)は、山形県上山市にあり、歌人で医師であった齋藤茂吉を記念する山形県の登録博物館である。運営は公益財団法人齋藤茂吉記念館。
Wikipedia    内容詳細  
24.鶴岡市立藤沢周平記念館  ・〒997-0035山形県鶴岡市馬場町4-6
鶴岡市立藤沢周平記念館(つるおかしりつ ふじさわしゅうへいきねんかん)は、山形県鶴岡市にある、同地出身の作家藤沢周平を記念した市立の文学館。鶴岡公園内(鶴ヶ岡城址)に位置し、2010年4月29日に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
25.芭蕉・清風歴史資料館  ・〒999-4227山形県尾花沢市中町5-36
芭蕉・清風歴史資料館(ばしょう・せいふうれきししりょうかん)は、山形県尾花沢市にある資料館である。
Wikipedia    内容詳細  
26.まほろば・童話の里 浜田広介記念館  ・〒992-0334山形県東置賜郡高畠町大字一本柳2110番地
浜田広介記念館(はまだひろすけきねんかん)は、山形県東置賜郡高畠町にある高畠町立の記念館である。指定管理者制度により公益財団法人浜田広介記念館が管理・運営を行っている。
Wikipedia    内容詳細  
27.山寺芭蕉記念館  ・〒999-3301山形県山形市大字山寺字南院4223
山寺芭蕉記念館(やまでらばしょうきねんかん)は、山形県山形市にある記念館。
Wikipedia    内容詳細  

福島県の文学館

28.いわき市立草野心平記念文学館  ・〒979-3122いわき市小川町高萩字下夕道1-39
いわき市立草野心平記念文学館(いわきしりつくさのしんぺいきねんぶんがくかん)は福島県いわき市にある、文化勲章受章者・日本藝術院会員で、蛙の詩人としても有名な草野心平に関する資料を集めた市立文学館・生涯学習施設。
Wikipedia    内容詳細  
29.こおりやま文学の森資料館  ・福島県郡山市豊田町3-5
こおりやま文学の森資料館(こおりやまぶんがくのもりしりょうかん)は福島県郡山市にある文学をテーマとした資料館である。郡山市にゆかりのある作家を中心に、文学に関する資料を展示している。 2000年(平成12年)、鎌倉市にあった久米正雄の邸宅が親族から郡山市に寄付され、郡山総合体育館に隣接する地に移築されたことをきっかけに設立された。
Wikipedia    内容詳細  
30.中山義秀記念文学館  ・〒969-0309福島県白河市大信町屋字沢田25
中山義秀記念文学館(なかやまぎしゅうきねんぶんがくかん)は、福島県白河市にある文学館。当時の大信村がふるさと事業の一環として地元出身の芥川賞作家中山義秀を記念し、1993年4月5日に創設した。 創設当時は全国的にも珍しい村立の文学館だった。
Wikipedia    内容詳細  

茨城県の文学館

31.古河文学館  ・〒306-0033茨城県古河市中央町三丁目10番21号
古河文学館(こがぶんがくかん)は、茨城県古河市にある文学館。古河城の諏訪曲輪(出城)跡地に建てられており、古河歴史博物館に隣接している。
Wikipedia    内容詳細  

群馬県の文学館

32.群馬県立土屋文明記念文学館  ・〒370-3533群馬県高崎市保渡田町2000
群馬県立土屋文明記念文学館(ぐんまけんりつつちやぶんめいきねんぶんがくかん)は歌人・土屋文明を顕彰して設立された文学施設。
Wikipedia    内容詳細  
33.田山花袋記念文学館  ・〒374-0018群馬県館林市城町1-3
田山花袋記念文学館(たやまかたいきねんぶんがくかん)は、群馬県館林市城町にある館林市立の文学館である。1987年(昭和62年)開館。
Wikipedia    内容詳細  
34.水と緑と詩のまち前橋文学館  ・〒371-0022群馬県前橋市千代田町三丁目12-10
水と緑と詩のまち前橋文学館(みずとみどりとうたのまち まえばしぶんがくかん)または萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち前橋文学館(はぎわらさくたろうきねん・みずとみどりとうたのまち まえばしぶんがくかん)は、萩原朔太郎をはじめ前橋市にゆかりのある詩人の資料を展示する文学施設[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  

埼玉県の文学館

35.さいたま文学館
さいたま文学館は、文学に関する資料の収集、展示、調査研究や文学の振興を図るために、埼玉県によって設置された施設。所在地は埼玉県桶川市若宮。1997年(平成9年)に開館した。管理者は桶川市の外郭団体財団法人けやき文化財団だったが、同財団は2019年3月をもって解散し、2019年4月より桶川地域文化振興共同事業体(代表企業 株式会社サイオー、構成企業 株式会社埼玉新聞社、関東食糧株式会社)が運営を担っている[1]。 埼玉県に縁のある文学作品や文学者の作品や資料を収蔵するとともに文芸講演会なども行われている。桶川市民ホールと同じ建物にある複合施設で、一体的に運用されている。
Wikipedia    内容詳細  

千葉県の文学館

36.白樺文学館
白樺文学館(しらかばぶんがくかん)は、千葉県我孫子市にある、旧志賀直哉邸近くに建てられた、日本の文学記念館。
Wikipedia    内容詳細  

東京都の文学館

37.一葉記念館  ・〒110-0012東京都台東区竜泉3丁目18番4号
一葉記念館(いちようきねんかん)は、東京都台東区竜泉にある、樋口一葉の文学的業績を称える文学館。
Wikipedia    内容詳細  
38.江戸川区角野栄子児童文学館  ・〒134-0085東京都江戸川区南葛西7-3-1 なぎさ公園内
江戸川区角野栄子児童文学館(えどがわくかどのえいこじどうぶんがくかん)は、東京都江戸川区、なぎさ公園内にある文学館。愛称は魔法の文学館(まほうのぶんがくかん)[2]。館長は角野栄子[1]。
Wikipedia    内容詳細  
39.白根記念渋谷区郷土博物館・文学館  ・〒150-0011東京都渋谷区東四丁目9番1号
白根記念渋谷区郷土博物館・文学館(しらねきねん しぶやく きょうどはくぶつかん・ぶんがくかん)は、東京都渋谷区東四丁目にある博物館・文学館である。 公益財団法人渋谷区文化・芸術振興財団により運営され、郷土学習の窓口として、学校教育や生涯学習との連携を図りながら、講演会や歴史文化財講座、文学講座、体験学習講座、散策などを開催している。
Wikipedia    内容詳細  
40.新宿区立漱石山房記念館  ・〒162-0043 日本 東京都新宿区早稲田南町7
新宿区立漱石山房記念館(しんじゅくくりつそうせきさんぼうきねんかん)は、夏目漱石の生誕150周年を記念して東京都新宿区が開設した記念博物館である[2]。2017年(平成29年)9月24日に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
41.世田谷文学館  ・〒157-0062東京都世田谷区南烏山1-10-10 
世田谷文学館(せたがやぶんがくかん)は、東京都世田谷区南烏山にある博物館施設である。 1995年に東京23区初の近代総合文学館として開館した。運営は、公益財団法人せたがや文化財団。 東京都道311号環状八号線(環八通り)と蘆花恒春園の近くに位置し、ウテナ創設者久保政吉の旧邸宅に隣接して建てられた。
Wikipedia    内容詳細  
42.田端文士村記念館  ・〒114-0014 日本 東京都北区田端六丁目1-2
田端文士村記念館(たばたぶんしむらきねんかん)は、東京都北区田端にある文学館および公民館。田端アスカタワー(地図 - Google マップ)内にあり、公益財団法人北区文化振興財団によって管理・運営されている。1993年11月開館。
Wikipedia    内容詳細  
43.日本近代文学館  ・〒153-0041東京都目黒区駒場4-3-55
公益財団法人日本近代文学館(にほんきんだいぶんがくかん)は、東京都目黒区の駒場公園内に建つ文学館およびそれを運営する公益財団法人。姉妹館に1984年開館の神奈川近代文学館がある。
Wikipedia    内容詳細  
44.林芙美子記念館  ・〒161-0035東京都新宿区中井二丁目20番1号
林芙美子記念館(はやしふみこきねんかん)は、東京都新宿区にある文学館。管理・運営は、公益財団法人新宿未来創造財団。
Wikipedia    内容詳細  
45.文京区立森鷗外記念館  ・〒113-0022 日本 東京都文京区千駄木1-23-4
文京区立森鷗外記念館(ぶんきょうくりつもりおうがいきねんかん)は、森鷗外の旧居跡地に建てられた記念博物館。鷗外の遺品・関連資料の収蔵・整理・展示を図り、「文字との出会いだけでなく、文学と人と街とが広く交流する場[1]」となることを目指し2012年に開館した。 ここでは原稿・書簡・遺品などの鷗外関連資料、生前発行の貴重書、鷗外研究資料、文京区ゆかりの文学作品・文学者の資料を収集し、鷗外の遺品資料を約3,000点、三男・類の旧蔵資料を約6,000点、貴重書を含む図書資料を約11,000点、所蔵している[2]。 建物は、2階が図書室と講座室、1階が受付、ショップ、カフェ(モリキネ カフェ)、庭園となっており、地下に展示室と映像コーナーがある[3]。地下に展示室と収蔵庫を設けたのは、恒温恒湿であり、災害時の延焼や水損を避け易くするためである[4]。
Wikipedia    内容詳細  
46.町田市民文学館ことばらんど  ・〒194-0013東京都町田市原町田四丁目16番17号
町田市民文学館ことばらんど(まちだしみんぶんがくかん ことばらんど)は、東京都町田市の公立文学館。元々この地にあった町田市公民館の建物の一部を再利用して使用しており、開館にあたって増改築が行われた。
Wikipedia    内容詳細  
47.三鷹市山本有三記念館  ・〒0422-42-6233東京都三鷹市下連雀二丁目12番27号
三鷹市山本有三記念館(みたかし やまもとゆうぞうきねんかん)は、東京都三鷹市下連雀二丁目にある公立博物館。 昭和初期に三鷹にて暮らした作家・山本有三の生涯や作品を紹介したり、展示やイベントを開催したりしている。 なお、同館の建物には、山本が1936年(昭和11年)から1946年(昭和21年)まで、家族とともに居住した大正末期竣工の洋館(三鷹市有形文化財に指定)がそのまま利用されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
48.吉川英治記念館  ・〒198-0064 日本 東京都青梅市柚木町1丁目101−1
吉川英治記念館(よしかわえいじきねんかん)は、東京都青梅市にある、作家・吉川英治の資料を展示する記念館。 記念館は、公益財団法人吉川英治国民文化振興会が、青梅市内の吉川旧宅跡で1977年(昭和52年)に開設した[1]。来館者の減少に伴い2019年(平成31年)3月にいったん閉館後、財団から庭園を含む約5000平方メートルの土地や建物、約11400点の資料の寄付を受け、青梅市が事業主体の青梅市吉川英治記念館(おうめしよしかわえいじきねんかん)として2020年(令和2年)9月に再開館した[1]。 居宅には吉川が使用していた書斎が残り、青梅市の浜中啓一市長が開館前に「学術的な施設というより観光資源と位置づけ、他の観光施設とも連携して来館者を増やしたい」と話したように観光地のしての活用が目指された[2]。開館後は同市の勝沼城跡 、辛垣城跡などの城跡の「御城印」の配布などで来館者数を伸ばしている[3][4]。
Wikipedia    内容詳細  
49.吉村昭記念文学館  ・〒116-0002東京都荒川区荒川二丁目50番1号
吉村昭記念文学館(よしむらあきら きねんぶんがくかん)は、東京都荒川区にある作家吉村昭の記念館。
Wikipedia    内容詳細  
50.早稲田大学国際文学館  ・〒169-0051 日本東京都新宿区西早稲田1丁目6
早稲田大学国際文学館(わせだだいがく こくさいぶんがくかん)は、東京都新宿区の早稲田大学構内に開館されたミュージアム。村上春樹の文学を中心として研究を図る。通称村上春樹ライブラリー。
Wikipedia    内容詳細  
51.早稲田大学坪内博士記念演劇博物館  ・〒169-8050東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館(わせだだいがくつぼうちはかせきねんえんげきはくぶつかん)は、東京都新宿区の早稲田大学構内にある博物館。公式な通称(略称)はエンパク(enpaku)[1]。他に演劇博物館(えんげき はくぶつかん)、演博(えんぱく)[2]とも略される。
Wikipedia    内容詳細  
52.東京都近代文学博物館
東京都近代文学博物館(とうきょうと きんだいぶんがくはくぶつかん)とは、東京都目黒区の駒場公園内にあった文学館である。加賀藩主であった旧前田侯爵家の本邸であった洋館を利用し、1967年4月に隣接する日本近代文学館と同時開館した。
Wikipedia    内容詳細  
53.赤毛のアン記念館・村岡花子文庫
赤毛のアン記念館・村岡花子文庫(あかげのアンきねんかん・むらおかはなこぶんこ)は、かつて東京都大田区中央に1991年から2014年まで存在していた文学館である[1]。
Wikipedia    内容詳細  

神奈川県の文学館

54.大佛次郎記念館  ・〒231-0021神奈川県横浜市中区山手町113番地
大佛次郎記念館(おさらぎじろうきねんかん)は、神奈川県横浜市中区山手町113番地にある作家大佛次郎の記念館である。港の見える丘公園に隣接した位置に所在する。設計は浦辺鎮太郎による[2]。 大佛次郎の没後、遺族より蔵書や愛用品などの寄贈を受けた横浜市がそれらを収める施設として、大佛次郎の作品「霧笛」や「帰郷」の舞台となった、横浜市の山手に記念館を建設、1978年(昭和53年)5月1日に開館した。記念館はアーチ型の屋根と赤レンガが特徴的な2階建ての建物で、館内には大佛次郎が収集した文献や雑誌、執筆のための素材や愛用品など、大佛次郎に関する様々な資料が展示されている。近年では毎年3月上旬の土曜に大佛次郎賞受賞者による講演が行われている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
55.小田原文学館  ・〒250-0013神奈川県小田原市南町2-3-4
田原文学館(おだわらぶんがくかん)は、神奈川県小田原市にある公共施設。小田原出身やゆかりの作家の生涯や作品を展示紹介している。元宮内大臣田中光顕の別邸[注 1]を利用して1994年に開設された[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
56.神奈川近代文学館  ・〒231-0862神奈川県横浜市中区山手町110
神奈川近代文学館(かながわきんだいぶんがくかん)は、神奈川県横浜市にある神奈川県立の文学館。
Wikipedia    内容詳細  
57.鎌倉文学館  ・〒248-0016神奈川県鎌倉市長谷一丁目5-3
鎌倉文学館(かまくらぶんがくかん)は、神奈川県鎌倉市長谷にある鎌倉ゆかりの文学、特に鎌倉文士をテーマにした鎌倉市立の資料館である。3階建てであるが、3階は木造であり非公開となっている。大規模改修のため2023年4月から2027年3月まで休館[4]。
Wikipedia    内容詳細  
58.西村京太郎記念館  ・〒259-0314神奈川県足柄下郡湯河原町宮上42-29
西村京太郎記念館(にしむらきょうたろうきねんかん)は推理作家・西村京太郎にかかわる資料などを展示している博物館。所在地は神奈川県足柄下郡湯河原町宮上42-29。2001年、西村が病気を患い、湯河原町に移住したことを機に、自宅隣に開館した施設である[1]。 しかし、2021年1月の新型コロナウイルス流布による緊急事態宣言後に休業を発表[2]。緊急事態宣言が解除された2022年以降も休業が続いている[2]。
Wikipedia    内容詳細  

富山県の文学館

59.射水市大島絵本館  ・〒939-0283富山県射水市鳥取50
射水市大島絵本館(いみずしおおしまえほんかん、Oshima Museum of Picture Books) は、富山県射水市鳥取にある、世界の絵本をテーマとする公立博物館。大島町によって「大島町絵本館」として1994年(平成6年)8月23日にオープンした[1]。その後2005年(平成17年)11月1日に、大島町が周辺市町村と合併し射水市となったため、名称を射水市大島絵本館へ改称した。富山県博物館協会会員。
Wikipedia    内容詳細  
60.高志の国文学館  ・〒930-0095 日本 富山県富山市舟橋南町2番22号[1]
高志の国 文学館(こしのくにぶんがくかん、KOSHINOKUNI Museum of Literature)は、富山県富山市舟橋南町にある富山県立の博物館(文学館)である。2012年(平成24年)7月6日に開館した。
Wikipedia    内容詳細  

石川県の文学館

61.石川近代文学館
石川近代文学館(いしかわきんだいぶんがくかん)は、石川県金沢市に所在する、同県ゆかりの文学者に関する博物館である。四高記念文化交流館に付属している[1]。
Wikipedia    内容詳細  
62.泉鏡花記念館  ・〒920-0910石川県金沢市下新町2番3号[1]
泉鏡花記念館(いずみきょうかきねんかん)は、石川県金沢市下新町にある泉鏡花を取り扱う金沢市立の文学館である。
Wikipedia    内容詳細  
63.徳田秋聲記念館  ・〒920-0831石川県金沢市東山一丁目19番1号[1]
徳田秋聲記念館(とくだしゅうせいきねんかん)は、石川県金沢市東山にある、徳田秋声に関する文化施設である。
Wikipedia    内容詳細  
64.室生犀星記念館  ・〒921-8023石川県金沢市千日町3番22号[1]
室生犀星記念館(むろおさいせいきねんかん[5])は、石川県金沢市千日町にある室生犀星に関する文化施設である。
Wikipedia    内容詳細  

福井県の文学館

65.福井市橘曙覧記念文学館  ・〒918-8007福井県福井市足羽一丁目6番34号
橘曙覧記念文学館(たちばなあけみきねんぶんがくかん)は、福井県福井市足羽にある福井市立の文学館。
Wikipedia    内容詳細  
66.山川登美子記念館  ・〒917-0072 日本 福井県小浜市千種一丁目10-7
山川登美子記念館(やまかわとみこきねんかん)は、福井県小浜市にある文学館。明治時代に活動した、小浜出身の女流歌人山川登美子を顕彰する施設である。
Wikipedia    内容詳細  

山梨県の文学館

67.三島由紀夫文学館  ・〒401-0502 日本山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
三島由紀夫文学館(みしまゆきおぶんがくかん)は、山梨県南都留郡山中湖村平野の山中湖文学の森公園[1]内にある文学館[2]。三島由紀夫唯一の文学館として、1999年(平成11年)7月3日に開館した。公的機関での三島資料の保存・利用を希望する三島の遺族の意向と、「山中湖文学の森公園」建設の構想が一致したことから、三島文学の研究と普及を基本理念として設立された[3]。運営は山中湖村教育委員会。初代館長は佐伯彰一[4][2]。2008年(平成20年)晩春からは松本徹[5]。2017年(平成29年)5月からは佐藤秀明が館長である[6][7]。三島由紀夫文学館は、フランス発行の『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン2009』において2つ星となった[8]。
Wikipedia    内容詳細  
68.山梨県立文学館  ・〒400-0065山梨県甲府市貢川1丁目5番35号
山梨県立文学館(やまなしけんりつぶんがくかん、英: Yamanashi Prefectural Museum of Literature)は、山梨県甲府市貢川(くがわ)の「芸術の森公園」内にある文学館である。同公園内には山梨県立美術館もある。建物は地上2階地下1階、延床面積6,168 m2。
Wikipedia    内容詳細  
69.横溝正史館  ・〒405-0043山梨県山梨市江曽原1411-6
横溝正史館(よこみぞせいしかん)は、山梨県山梨市にある山梨市立の博物館。推理作家の横溝正史が晩年まで執筆の場に使用していた東京都世田谷区成城の自宅敷地内にあった木造平屋を、移築し公開したものである。
Wikipedia    内容詳細  

長野県の文学館

70.有島生馬記念館  ・〒381-2404長野県長野市信州新町上条88-1
有島生馬記念館(ありしまいくまきねんかん)は、長野県長野市信州新町上条にある博物館。有島生馬の鎌倉の家(通称「松の屋敷」)を長野市信州新町上条に移築して、1982年10月に記念館として開館したもの。
Wikipedia    内容詳細  
71.池波正太郎真田太平記館  ・〒386-0012  長野県上田市中央3丁目7番3号
池波正太郎真田太平記館(いけなみしょうたろうさなだたいへいきかん)とは、長野県上田市にある文学館。池波正太郎の時代小説『真田太平記』に関わる資料を中心に展示している。 事業主体は上田市で、正式名称は「上田市池波正太郎真田太平記館」である[1]。全国文学館協議会加盟。
Wikipedia    内容詳細  
72.一茶ゆかりの里 一茶館  ・〒382-0825長野県上高井郡高山村高井5161-1
一茶ゆかりの里一茶館(いっさゆかりのさといっさかん)は、長野県上高井郡高山村にある、村立の小林一茶の登録博物館である。正式名称は、「歴史公園信州高山一茶ゆかりの里」で「一茶館」の愛称がつけられている。
Wikipedia    内容詳細  
73.臼井吉見文学館  ・〒399-8211長野県安曇野市堀金烏川2701番地
臼井吉見文学館(うすいよしみぶんがくかん)は、長野県安曇野市にある文学館。同市出身の作家臼井吉見に関する資料を展示している。全国文学館協議会加盟。
Wikipedia    内容詳細  
74.軽井沢高原文庫  ・〒〒389-0111長野県北佐久郡軽井沢町長倉202-3
軽井沢高原文庫(かるいざわこうげんぶんこ)は、長野県軽井沢町の軽井沢タリアセンにある文学館。堀辰雄、室生犀星をはじめとする軽井沢にゆかりがある近代文学者の資料を展示し紹介する。1985年8月に開館。全国文学館協議会加盟。
Wikipedia    内容詳細  
75.窪田空穂記念館  ・〒390-1242長野県松本市大字和田1715-1
窪田空穂記念館(くぼたうつぼきねんかん)は、長野県松本市和田にある記念館。国文学者で歌人ある窪田空穂の生家に隣接して造られた文学館である。松本市立博物館の分館。
Wikipedia    内容詳細  
76.黒姫童話館  ・〒389-1303長野県上水内郡信濃町野尻3807−30
黒姫童話館 (くろひめどうわかん) は、長野県上水内郡信濃町の黒姫高原にある、信濃町立の世界の童話をテーマとする文学館。信州児童文学会の協力によって1991年(平成3年)にオープンした。
Wikipedia    内容詳細  
77.小諸市立藤村記念館  ・〒384-0804小諸市丁315番地
小諸市立藤村記念館(こもろしりつとうそんきねんかん)は、長野県小諸市の懐古園内に、詩人・作家島崎藤村の顕彰を目的に設立された文学館、設計は谷口吉郎。全国文学館協議会加盟。
Wikipedia    内容詳細  
78.塩尻短歌館  ・〒399-0706長野県塩尻市大字広丘原新田288番地1
塩尻短歌館(しおじりたんかかん)は長野県塩尻市にある短歌の文学館である[1]。1992年10月開館[1]。
Wikipedia    内容詳細  
79.諏訪湖博物館  ・〒393-0033長野県諏訪郡下諏訪町10616-111[1]
諏訪湖博物館(すわこはくぶつかん)は、長野県諏訪郡下諏訪町の諏訪湖畔にある下諏訪町立の博物館。館内に赤彦記念館(あかひこきねんかん)を併設している。
Wikipedia    内容詳細  
80.富士見町コミュニティプラザ  ・〒399-0211長野県諏訪郡富士見町富士見3597-1
富士見町コミュニティプラザ(ふじみまちコミュニティプラザ)は長野県諏訪郡富士見町にある富士見町公民館、富士見町高原のミュージアム(博物館・文学館)、富士見町図書館からなる文化複合施設である[1]。1994年11月1日開館。月曜日は全館定休日となっている。
Wikipedia    内容詳細  
81.古田晁記念館  ・〒399-0651長野県塩尻市大字北小野3035番地3 
古田晁記念館(ふるたあきらきねんかん)は、長野県塩尻市にある文学館。同市出身の出版実業家で筑摩書房の創業者古田晁に関する資料を展示している。
Wikipedia    内容詳細  
82.堀辰雄文学記念館  ・〒389-0115長野県北佐久郡軽井沢町大字追分662番地
堀辰雄文学記念館(ほりたつおぶんがくきねんかん)は、長野県北佐久郡軽井沢町にある文学館。軽井沢に別荘を構えて晩年を過ごした堀辰雄の旧居跡に、1992年に仮開館し[1]、1993年に開館した[1]。事業主体は軽井沢町で、「軽井沢町博物館・類似施設に関する条例」に基づいて運用されている。全国文学館協議会加盟。
Wikipedia    内容詳細  
83.八ヶ岳総合博物館  ・〒391-0213長野県茅野市豊平6983番地[1]
八ヶ岳総合博物館(やつがたけそうごうはくぶつかん)は、長野県茅野市にある博物館である。1988年(昭和63年)開館。「八ヶ嶽岳麓文芸館」を併設する[4]。条例上の名称は「茅野市八ヶ岳総合博物館」[1]。
Wikipedia    内容詳細  

岐阜県の文学館

84.奥の細道むすびの地記念館  ・〒503-0923 日本岐阜県大垣市船町2丁目26番地1
奥の細道むすびの地記念館(おくのほそみちむすびのちきねんかん)は、松尾芭蕉がおくのほそ道の旅を終えた岐阜県大垣市にある記念館。 2008年の大垣市制90周年を記念し、「憩いと賑わいの空間」づくりの拠点として整備された[4]。周辺整備も含めた事業費は約40億円。芭蕉と親交のあった俳人・谷木因の邸跡に建てられている。 なお東西全国俳句相撲の審査員などで市と縁のある俳人の黛まどかが市より委嘱を受け名誉館長を務めている[5]。
Wikipedia    内容詳細  

静岡県の文学館

85.井上靖文学館
長泉町井上靖文学館(ながいずみちょういのうえやすしぶんがくかん)は、静岡県長泉町にある博物館。井上靖を記念して作られた施設で『あすなろ物語』に登場する愛鷹山の山麓にある。所在地は静岡県長泉町東野クレマチスの丘で、ベルナール・ビュフェ美術館に隣接する。
Wikipedia    内容詳細  
86.藤枝市郷土博物館・文学館  ・〒426-0014藤枝市若王子500
藤枝市郷土博物館・文学館(ふじえだしきょうどはくぶつかん・ぶんがくかん)は、静岡県藤枝市が運営する博物館。市の歴史・文化を紹介する歴史系博物館と、小川国夫など藤枝ゆかりの文人・作家について紹介する文学館が併設されている。
Wikipedia    内容詳細  
87.焼津小泉八雲記念館  ・〒425-0071静岡県焼津市三ケ名1550 焼津市文化センター内
焼津小泉八雲記念館(やいづ こいずみやくも きねんかん)は、静岡県焼津市の焼津市文化センター内にある市立文学館。2007年(平成19年)に開館し、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)を顕彰している。焼津市文化センターには焼津小泉八雲記念館に加えて、焼津市立焼津図書館と焼津市歴史民俗資料館も入っている。
Wikipedia    内容詳細  
88.大岡信ことば館  ・〒411-0033静岡県三島市文教町1-9-11 Z会文教町ビル1・2階
大岡信ことば館(おおおかまことことばかん)は、詩人である大岡信の業績を紹介する、静岡県三島市にかつて存在した文学館である。地元を本部とする受験産業のZ会がスポンサーとなっていた。2017年11月26日をもって閉館した。収蔵品は明治大学に寄贈された。
Wikipedia    内容詳細  

愛知県の文学館

89.海辺の文学記念館  ・〒443-0031 日本愛知県蒲郡市竹島町15番地62
海辺の文学記念館(うみべのぶんがくきねんかん)は、東海地方西部、愛知県蒲郡市竹島町にある博物館(文学記念館)である。
Wikipedia    内容詳細  
90.新美南吉記念館  ・〒475-0966愛知県半田市岩滑(やなべ)西町1丁目10-1
新美南吉記念館(にいみなんきちきねんかん)は、愛知県半田市が設置するる新美南吉の記念文学館である[3]。
Wikipedia    内容詳細  

三重県の文学館

91.江戸川乱歩館  ・〒517-0011 日本三重県鳥羽市鳥羽2丁目5-11
江戸川乱歩館(えどがわらんぽかん)は、三重県鳥羽市にある江戸川乱歩の文学館。2002年(平成14年)に岩田準一の旧宅を利用して鳥羽みなとまち文学館としてオープンしたが[1]、火災により、2023年(令和5年)4月29日に移転して展示内容も江戸川乱歩と岩田準一に特化した施設となった[2][3]
Wikipedia    内容詳細  
92.芭蕉翁記念館  ・〒518-0873三重県伊賀市上野丸之内117
芭蕉翁記念館(ばしょうおうきねんかん)は、三重県伊賀市の上野公園(伊賀上野城)内にある伊賀市立の松尾芭蕉に関する記念館。館内には芭蕉の展示品やグッズが売られている。
Wikipedia    内容詳細  

京都府の文学館

93.宇治市源氏物語ミュージアム  ・〒611-0021京都府宇治市宇治東内45番地26
宇治市源氏物語ミュージアム(うじしげんじものがたりミュージアム)は、京都府宇治市にある公立博物館。『源氏物語』の幻の写本とよばれる「大沢本」など「源氏物語」に関する資料の収集・保管等を行う。1998年に開館し、開館10周年にあたる2008年9月にリニューアルが行われた。
Wikipedia    内容詳細  

大阪府の文学館

94.茨木市立川端康成文学館  ・〒567-0881大阪府茨木市上中条2丁目11番25
茨木市立川端康成文学館(いばらきしりつかわばたやすなりぶんがくかん)は、大阪府茨木市にある文学館。
Wikipedia    内容詳細  
95.司馬遼太郎記念館  ・〒577-0803大阪府東大阪市下小阪3-11-18
司馬遼太郎記念館(しばりょうたろうきねんかん)は、大阪府東大阪市下小阪にある作家・司馬遼太郎の業績を伝えるために自宅敷地に設立された大阪府の登録博物館。運営は、公益財団法人司馬遼太郎記念財団。
Wikipedia    内容詳細  
96.富士正晴記念館  ・〒567-0028大阪府茨木市畑田町1-51北緯34度49分37.5秒 東経135度33分56.6秒 / 北緯34.827083度 東経135.565722度 / 34.827083; 135.565722
富士正晴記念館(ふじまさはるきねんかん)は大阪府茨木市にある文学館。
Wikipedia    内容詳細  
97.大阪府立国際児童文学館  ・〒565-0826大阪府吹田市千里万博公園10番地6号
大阪府立国際児童文学館(おおさかふりつこくさいじどうぶんがくかん)は、2009年12月27日まで大阪府吹田市の万博記念公園内に所在し、日本国内外の児童書や関連書籍を収集し、研究を行っていた文学館・専門図書館。略称はIICLO(イイクロ)。
Wikipedia    内容詳細  

兵庫県の文学館

98.芦屋市谷崎潤一郎記念館  ・兵庫県芦屋市伊勢町12-15
芦屋市谷崎潤一郎記念館(あしやしたにざきじゅんいちろうきねんかん)は、兵庫県芦屋市にある文学館。小説家谷崎潤一郎に関する資料の保存と公開、およびその業績の顕彰を目的に1988年に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
99.倚松庵  ・兵庫県神戸市東灘区住吉東町1-6-50
倚松庵(いしょうあん)は、兵庫県神戸市東灘区に建つ歴史的建造物。文豪谷崎潤一郎の旧居。ここで執筆された代表作にちなんで「『細雪』の家」とも呼ばれる。庵号は夫人の名前「松子」に因む。 1929年(昭和4年)に当時の武庫郡住吉村反高林1876-203に建てられた和風木造建築で、谷崎潤一郎は1936年11月から1943年11月まで居住した。なお、谷崎が居住した時期の家主は極東選手権競技大会サッカー日本代表の後藤靱雄であった。 1986年に、倚松庵が所在する住吉川畔に神戸新交通六甲アイランド線の橋脚建設計画が持ち上がると、専門家から計画敷地の脆弱性の指摘があったほか、美しい景観が破壊されるとして住民訴訟が行われたが、1990年(平成2年)に神戸市は建設を強行し、倚松庵は同じ東灘区内の現在地に移築された[1][2]。これにより倚松庵周辺の景観は本来とは違うものになったものの、5年後に兵庫県南部地震が起きた際には専門家の指摘どおりアイランド線の橋脚は損壊したが、移築していた倚松庵は損壊を免れた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
100.以命亭  ・〒669-6702兵庫県美方郡新温泉町浜坂1208番地
浜坂先人記念館 以命亭(はまさかせんじんきねんかん いめいてい)は、兵庫県美方郡新温泉町浜坂にある新温泉町立の博物館・文学館。国の登録有形文化財[3]。
Wikipedia    内容詳細  
101.賀川記念館
賀川記念館(かがわきねんかん)は、1909年に始められた賀川豊彦とその仲間たちによる働きと志を引き継ぎ、コミュニティセンターとして地域福祉に努め、平和を望み、共に生きる社会をつくることを目的として設置されたものである。 神戸市中央区吾妻通5-2-20 JR,阪急,阪神,地下鉄 三宮から徒歩15分阪神 春日野道から徒歩7分阪神バス 吾妻通4丁目 下車 西へ徒歩1分
Wikipedia    内容詳細  
102.霞城館  ・〒679-4179兵庫県たつの市龍野町上霞城30番地3
霞城館(かじょうかん)は、兵庫県たつの市龍野町にある文学館。矢野勘治記念館(やのかんじきねんかん)を併設する。事業主体は、公益財団法人霞城館[1]。
Wikipedia    内容詳細  
103.城崎文芸館  ・〒669-6101兵庫県豊岡市城崎町湯島357番地の1
城崎文芸館(きのさきぶんげいかん)は、兵庫県豊岡市城崎町湯島357番地の1にある文学館。正式名称は豊岡市立城崎文芸館(とよおかしりつきのさきぶんげいかん)。1977年(昭和52年)11月に開館した[3][4][5]。
Wikipedia    内容詳細  
104.虚子記念文学館  ・〒659-0074兵庫県芦屋市平田町8-22
虚子記念文学館(きょしきねんぶんがくかん)は、兵庫県芦屋市にある文学館。運営は、公益財団法人虚子記念文学館。明治 - 昭和期の俳人・高浜虚子に関する資料の保存と公開を行っている。虚子の直孫で俳誌「ホトトギス」主宰者である稲畑汀子の住居に隣接して建てられている。2000年3月7日に開館した。 虚子の生涯や資料の展示が中心であるが、他にも夏目漱石『吾輩は猫である』直筆原稿や、正岡子規の書簡など貴重な文学資料を多数所蔵する。多目的ホールでは俳句会などが開催されている。
Wikipedia    内容詳細  
105.神戸文学館  ・〒650-0838兵庫県神戸市灘区王子町3丁目1番2号
神戸文学館(こうべぶんがくかん、Kobe City Museum of Literature)は兵庫県神戸市灘区にある近代文学館。
Wikipedia    内容詳細  
106.富田砕花旧居  ・〒659-0063兵庫県芦屋市宮川町4番12号
富田砕花旧居(とみたさいかきゅうきょ)は、兵庫県芦屋市にある歴史的建造物。1934年に作家谷崎潤一郎が住んで松子と婚礼をあげた屋敷であり、小説『猫と庄造と二人のをんな』の舞台とされる。 その後、1939年5月に詩人富田砕花が市内から移り住み、終の棲家とした。しかし10部屋あった大きな屋敷は、1945年8月6日にアメリカ軍B-29の爆撃により焼失した。 現在は、旧書斎と戦後建設された母屋、および管理棟、庭園で構成される。この戦災を免れた旧書斎は、谷崎潤一郎が「源氏物語の現代語訳」、「半そで物語」などを執筆した場所である。 1987年から富田砕花顕彰会の管理により、これらの施設で富田砕花の遺品や原稿等の資料が展示公開されている。
Wikipedia    内容詳細  
107.姫路文学館  ・〒670-0021兵庫県姫路市山野井町84
姫路文学館(ひめじぶんがくかん)は、兵庫県姫路市にある姫路市立の文学館。
Wikipedia    内容詳細  
108.山田風太郎記念館  ・〒667-1105 日本 兵庫県養父市関宮605-1
山田風太郎記念館(やまだふうたろうきねんかん)は、兵庫県養父市にある養父市立の文学館。2003年4月に養父郡関宮町の町立施設として開館した。2004年4月、町村合併で発足した養父市に引き継がれる。 郷土出身の小説家・山田風太郎の顕彰を目的に、山田が通っていた関宮小学校の跡地に建てられた施設。館内には山田本人や遺族などから寄贈された約1,500点に上る資料をもとに書斎の再現、直筆原稿、創作ノート、初版本、写真やパイプ等の愛用品などを展示し、山田風太郎の生涯を紹介している。
Wikipedia    内容詳細  

奈良県の文学館

109.志賀直哉旧居 (奈良市高畑)
志賀直哉旧居(しがなおやきゅうきょ)は、奈良県奈良市高畑町にある文学館。白樺派の小説家志賀直哉の旧居。高畑サロンとも呼ばれる。一般公開されており、また学校法人奈良学園のセミナーハウスとしても使用されている。
Wikipedia    内容詳細  

和歌山県の文学館

110.佐藤春夫記念館  ・和歌山県新宮市
佐藤春夫記念館(さとうはるおきねんかん)は、和歌山県新宮市にある同市立の文学館。 1989年(平成元年)11月に熊野速玉大社境内に開館したが、施設が手狭になり老朽化していたため、2024年(令和6年)4月から休館している[4][5]。国登録有形文文化財の旧チャップマン邸の隣接地への移転が決定しており、新館のオープンは2026年度(令和8年度)となる予定である[4][5]。
Wikipedia    内容詳細  

島根県の文学館

111.小泉八雲記念館  ・〒690-0888島根県松江市奥谷町322
小泉八雲記念館(こいずみやくもきねんかん、英語表記:Lafcadio Hearn Memorial Museum)は、島根県松江市の塩見繩手にある小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)を記念する松江市立の文学館。指定管理者制度により、山陰中央新報社が2018年4月より管理・運営している[2]。
Wikipedia    内容詳細  
112.小泉八雲旧居  ・島根県松江市北堀町315外
小泉八雲旧居(こいずみやくもきゅうきょ)は、島根県松江市の塩見縄手にある歴史的建造物を使用した文学館。 国の史跡に指定されている。ヘルン旧居とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  

岡山県の文学館

113.横溝正史疎開宅  ・岡山県倉敷市真備町岡田1546番地
横溝正史疎開宅(よこみぞせいしそかいたく)は、岡山県倉敷市真備町にある建築物。推理作家の横溝正史が第二次世界大戦末期の1945年から終戦後の1948年7月までの足かけ4年を一家で過ごした家である。 疎開宅は横溝の生誕100年にあたる2002年より一般公開されている[3]。来館者には、来館記念として「桜地区」[注 2] と金田一耕助をイメージした手作りの桜の花のストラップが配付されている[注 3][注 4]。 清音駅(JR伯備線・井原鉄道)を始点として川辺宿駅(井原鉄道)にいたる「金田一耕助の小径」(ウォーキングコース)の道中にある。
Wikipedia    内容詳細  

広島県の文学館

114.おのみち林芙美子記念館
おのみち林芙美子記念館(おのみちはやしふみこきねんかん)は、広島県尾道市にある林芙美子の記念館。 建物は林芙美子が尋常小学校から女学校にかけて2年半過ごした旧宮地醤油店であり[1]、「旧宮地醤油店離れ(林芙美子旧居)」として国の登録有形文化財に登録するよう答申を受けている[2]。 尾道市及び広島県立尾道東高等学校に寄贈された林芙美子の直筆原稿、書簡、油彩画、着物、愛蔵品など90点以上を常設展示している[1]。 2023年(令和5年)3月17日、文化審議会は「旧宮地醤油店離れ(林芙美子旧居)」として登録有形文化財に登録するよう答申した[2]。 座標: 北緯34度24分21秒 東経133度11分45.4秒 / 北緯34.40583度 東経133.195944度 / 34.40583; 133.195944
Wikipedia    内容詳細  
115.ふくやま文学館  ・〒720-0061広島県福山市丸之内1-9-9
ふくやま文学館(ふくやまぶんがくかん)は広島県福山市丸之内1丁目の福山城公園内にある文学館。
Wikipedia    内容詳細  
116.おのみち文学の館
おのみち文学の館(おのみちぶんがくのやかた)は、広島県尾道市の千光寺山中腹にあった尾道市立の文学館。「文学記念室」、「中村憲吉旧居」、「志賀直哉旧居」とその建物南側に記念碑がたつ「尾道市文学公園」の4つの施設からなっていた。現在は尾道文学公園となっている。
Wikipedia    内容詳細  

山口県の文学館

117.下関市立近代先人顕彰館  ・〒750-0008山口県下関市田中町5-7
下関市立近代先人顕彰館(しものせきしりつきんだいせんじんけんしょうかん)は、山口県下関市田中町5-7にある博物館。下関市出身の女優である田中絹代を顕彰しており、愛称は田中絹代ぶんか館(たなかきぬよぶんかかん)。 元は1924年(大正13年)に逓信省下関電信局電話課局舎として建てられた逓信建築で、旧逓信省下関電信局電話課庁舎(きゅうていしんしょうしものせきでんしんきょくでんわかちょうしゃ)として、下関市有形文化財に指定されている。作家古川薫が初代名誉館長[1]だった。
Wikipedia    内容詳細  
118.中原中也記念館  ・〒753-0056山口県山口市湯田温泉一丁目11-21
中原中也記念館(なかはらちゅうやきねんかん)とは山口市湯田温泉にある博物館(文学館)。
Wikipedia    内容詳細  

香川県の文学館

119.小豆島尾崎放哉記念館  ・〒761-4106香川県小豆郡土庄町本町甲1082
小豆島尾崎放哉記念館(しょうどしまおざきほうさいきねんかん)は、香川県小豆郡土庄町にある土庄町立の文学館。
Wikipedia    内容詳細  
120.壺井栄文学館
壺井栄文学館(つぼいさかえぶんがくかん)は香川県小豆郡小豆島町(小豆島)にある文学館。二十四の瞳映画村内にある。
Wikipedia    内容詳細  

愛媛県の文学館

121.子規堂
子規堂(しきどう)は、愛媛県松山市にある、松山出身の俳聖正岡子規にちなむ観光施設である。入館料50円。
Wikipedia    内容詳細  
122.松山市立子規記念博物館  ・〒790-0857愛媛県松山市道後公園1-30
松山市立子規記念博物館(まつやましりつしききねんはくぶつかん)は、俳人正岡子規を記念し1981年4月2日に開館した愛媛県松山市立の博物館。
Wikipedia    内容詳細  

高知県の文学館

123.大原富枝文学館
本山町立大原富枝文学館(もとやまちょうりつおおはらとみえぶんがくかん、英語: Ōhara Tomie Museum of Literature)は、高知県長岡郡本山町本山にある文学館。小説家大原富枝の出身地である本山町(出生当時は吉野村)に1991年に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
124.高知県立文学館  ・〒780-0850高知市丸ノ内一丁目1番20号
高知県立文学館(こうちけんりつぶんがくかん、Kochi Literary Museum)は高知県高知市にある文学館。
Wikipedia    内容詳細  

福岡県の文学館

125.北九州市立松本清張記念館  ・〒803-0813福岡県北九州市小倉北区城内2番3号
北九州市立松本清張記念館(きたきゅうしゅうしりつまつもとせいちょうきねんかん)は、福岡県北九州市小倉北区城内にある、作家・松本清張の生涯と業績にかかわる展示を行う文学館である。
Wikipedia    内容詳細  
126.北九州市立文学館  ・〒803-0813 日本 福岡県北九州市小倉北区城内4番1号
北九州市立文学館(きたきゅうしゅうしりつぶんがくかん)は、福岡県北九州市小倉北区城内にある文学資料館。初代館長は門司区在住のノンフィクション作家、佐木隆三(2012年4月1日からは名誉館長職に、2015年10月31日没)。
Wikipedia    内容詳細  
127.北原白秋記念館
北原白秋記念館(きたはらはくしゅうきねんかん)は福岡県柳川市にある博物館・文学館。北原白秋生誕百年にあたる1985年に開館した[1]。
Wikipedia    内容詳細  
128.北原白秋生家  ・福岡県柳川市大字沖端町55-1
北原白秋生家(きたはらはくしゅうせいか)は、福岡県柳川市にある詩人北原白秋(1885年生まれ)の生家跡。福岡県指定史跡。白秋生誕当時の母屋と穀倉が現存し、文学館施設として使用されている。運営は、(公財)北原白秋生家記念財団。
Wikipedia    内容詳細  
129.福岡市文学館
福岡市文学館(ふくおかしぶんがくかん)は福岡市総合図書館が実施する文学館事業である[1]。
Wikipedia    内容詳細  

長崎県の文学館

130.遠藤周作文学館  ・〒851-2327長崎市東出津町77番地
遠藤周作文学館(えんどうしゅうさくぶんがくかん)は、長崎県長崎市東出津町にある長崎市立の文学館である。
Wikipedia    内容詳細  

熊本県の文学館

131.熊本県立図書館  ・〒862-8612熊本県熊本市中央区出水二丁目5番1号
熊本県立図書館(くまもとけんりつとしょかん)は、熊本県熊本市中央区にある図書館・文学館である。水前寺江津湖公園内にあり、「温知館」の愛称が付けられている。建物内にくまもと文学・歴史館を併設している[1]。
Wikipedia    内容詳細  

大分県の文学館

132.久留島武彦記念館  ・〒879-4404大分県玖珠郡玖珠町大字森855番地
久留島武彦記念館(くるしまたけひこきねんかん)は、大分県玖珠郡玖珠町森の三島公園内にある博物館である。玖珠町出身の童話作家・口演童話家・教育者の久留島武彦に関する資料を展示する。
Wikipedia    内容詳細  
133.城下町佐伯国木田独歩館
城下町佐伯国木田独歩館(じょうかまちさいきくにきだどっぽかん)は、大分県佐伯市にある国木田独歩の記念館。2003年(平成15年)に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
134.野上弥生子文学記念館
野上弥生子文学記念館(のがみやえこぶんがくきねんかん、英語: Nogami Yaeko Literature Museum)は、大分県臼杵市浜町にある作家野上弥生子の記念館。1986年に開館した。
Wikipedia    内容詳細  

宮崎県の文学館

135.若山牧水記念文学館
若山牧水記念文学館(わかやまぼくすいきねんぶんがくかん)は、宮崎県日向市東郷町にある文学館。
Wikipedia    内容詳細  

鹿児島県の文学館

136.かごしま近代文学館  ・〒892-0853鹿児島県鹿児島市城山町5番1号
かごしま近代文学館(かごしまきんだいぶんがくかん)は、鹿児島県鹿児島市城山町にある文学館施設である。敷地は鶴丸城跡に所在している。 鹿児島市立美術館の裏手に位置し、「かごしまメルヘン館」と隣接している。鹿児島市の所管課は市民局市民文化部文化振興課であり、指定管理者として公益財団法人かごしま教育文化振興財団が管理を行っている。近隣にある鹿児島県立博物館・鹿児島県立図書館・鹿児島県歴史資料センター黎明館等と共に「かごしま文化ゾーン」を形成している。 1998年1月開館。1階は鹿児島と特に縁の深い作家である海音寺潮五郎・林芙美子・椋鳩十・梅崎春生・島尾敏雄の5名に関する常設展示と関連書籍や雑誌が閲覧できるライブラリーが設けられ、2階は有島武郎ら22名の文人に関する資料展示と向田邦子をピックアップした「向田邦子の世界」という常設展示が行われている他、特別企画展の会場にもなるホールが設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
137.川内まごころ文学館  ・〒895-0072 日本・鹿児島県薩摩川内市中郷二丁目2-6
川内まごころ文学館(せんだいまごころぶんがくかん)は、鹿児島県薩摩川内市中郷二丁目にある文学館。
Wikipedia    内容詳細  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責