オーサムサーチジャパン

全国の人物記念館

クリックするとその県に飛びます。

北海道の人物記念館

1.エドウィン・ダン記念館  ・ 日本 北海道札幌市南区真駒内泉町1丁目
エドウィン・ダン記念館(エドウィン・ダンきねんかん)は、明治時代のお雇い外国人、エドウィン・ダンを記念し紹介する施設で、北海道札幌市南区真駒内泉町のエドウィン・ダン記念公園内にある。ダンの事績と札幌開拓の歴史を示す。記念館の建物は、1887年(明治20年)に建てられた真駒内種畜産場事務所を移築したもので、木造、白塗りで緑の屋根を持つ。
Wikipedia    内容詳細  
2.北島三郎記念館  ・〒040-0053北海道函館市末広町22-11 ウイニングホール1-3F
北島三郎記念館(きたじまさぶろうきねんかん)は、北海道函館市に設けられた北島三郎の記念館。ウイニングホールの建物内にあるが建物老朽化のため館内施設のウイニングホテル及びレストラン・ウイニングとともに2021年8月末で休館となる[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
3.大鵬相撲記念館  ・〒088-3465北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2-1-20
大鵬相撲記念館(たいほうすもうきねんかん)は、北海道川上郡弟子屈町にある博物館である。旧名は『弟子屈町川湯相撲記念館』。
Wikipedia    内容詳細  
4.DCTgarden IKEDA  ・〒083-0002 日本北海道中川郡池田町清見83-3
DCTgarden IKEDA(ディーシーティーガーデン イケダ)は、北海道中川郡池田町にあるDREAMS COME TRUE・吉田美和に関する施設。
Wikipedia    内容詳細  
5.ピアソン記念館  ・〒090-0036北見市幸町7-4-28
ピアソン記念館(ピアソンきねんかん)は、北海道北見市にある歴史的建造物および博物館。 大正時代から昭和初期にかけて宣教活動に従事したアメリカ人宣教師夫妻の[4]ジョージ・ペック・ピアソンとアイダ・ゲップ・ピアソンの業績を記念して[5]、その旧邸を資料館としたものである。 2004年(平成16年)4月から指定管理者制度により、特定非営利活動法人ピアソン会が管理・運営している[2]。 1996年(平成8年)に北見市指定文化財に指定され(北見市指定文化財第10号)[6]、2001年(平成13年)には北海道遺産に選定された[7](2001年10月22日選定)。
Wikipedia    内容詳細  
6.北海道坂本龍馬記念館  ・〒040-0053北海道函館市末広町8番6号
北海道坂本龍馬記念館(ほっかいどうさかもとりょうまきねんかん)は、北海道函館市に設立された幕末の志士坂本龍馬および北海道に渡った坂本家子孫の史料を展示する記念館である。
Wikipedia    内容詳細  
7.宮部金吾記念館  ・〒060-0003北海道札幌市中央区北3条西8丁目
宮部金吾記念館(みやべきんごきねんかん)は北海道札幌市中央区にある北海道大学植物園の初代園長・宮部金吾の遺品を展示している博物館である。北海道大学植物園設立に関わる資料の他、宮部金吾が学生時代に使用していたノートや植物採集記録、愛用していた顕微鏡等を展示している。1992年(平成4年)9月に記念館として一般公開が開始され、2000年(平成12年)4月には建物が国の登録有形文化財に登録された。
Wikipedia    内容詳細  
8.横綱千代の山・千代の富士記念館  ・北海道松前郡福島町字福島190
横綱千代の山・千代の富士記念館(よこづなちよのやま ちよのふじきねんかん)は、北海道松前郡福島町字福島190番地にある福島町立の千代の山雅信と千代の富士貢の記念館である。道の駅横綱の里ふくしまが併設されている。1997年4月に開館。単に「横綱記念館」と呼ばれることもある。
Wikipedia    内容詳細  

青森県の人物記念館

9.十和田市立新渡戸記念館  ・〒034-0031青森県十和田市東三番町24-1
新渡戸記念館(にとべきねんかん)は、1965年(昭和40年)に青森県十和田市が新渡戸家協力のもとに建設した博物館である。2015年6月までは市の博物館施設「十和田市立新渡戸記念館」であったが、7月以降は「新渡戸記念館」となった。
Wikipedia    内容詳細  

岩手県の人物記念館

10.菊田一夫記念館  ・〒023-1111岩手県奥州市江刺大通り3-1
菊田一夫記念館(きくたかずおきねんかん)は、岩手県奥州市江刺に所在する、劇作家・菊田一夫を顕彰する資料館である。
Wikipedia    内容詳細  
11.サトウハチロー記念館  ・〒024-0043岩手県北上市立花13-67-3
サトウハチロー記念館 (さとうはちろーきねんかん)は岩手県北上市にある記念館。詩人・作詞家・作家サトウハチローに関する資料の恒久的保存と公開を目的として開設された。開館は1996年(平成8年)。サトウハチローが亡くなってから、当初東京都文京区弥生2-16に記念館[1]があったが、未亡人(佐藤房江)が亡くなり、館長職を継ぐことになった次男の佐藤四郎が、資料の保存、散逸防止のための恒久的な倉庫を建設するため、弘前市 (祖父紅緑の出身地)、仙台市(祖母の出身地)、北上市(妻の出身地)などいくつか候補地を検討し、その結果、北上市への移転が実現した[2]。
Wikipedia    内容詳細  
12.高村山荘
高村山荘(たかむらさんそう)は、岩手県花巻市にある彫刻家・詩人の高村光太郎の旧居。旧居と、高村記念館を含めた一帯の名称として用いられることもある。一般財団法人 花巻高村光太郎記念会が管理する。
Wikipedia    内容詳細  
13.千田正記念館  ・〒029-4502岩手県胆沢郡金ケ崎町三ヶ尻谷地中98
千田正記念館(ちだただしきねんかん)は、岩手県胆沢郡金ケ崎町に所在する、参議院議員や岩手県知事を歴任した千田正を顕彰する町立の博物館である。千田に関わる建物や遺品が保存・展示されている。
Wikipedia    内容詳細  
14.花巻新渡戸記念館  ・〒025-0014岩手県花巻市高松9-21
花巻新渡戸記念館(はなまきにとべきねんかん)は、岩手県花巻市高松にある、1991年創立の記念館。住所は「〒025-0014 岩手県花巻市高松9-21」[2]。新渡戸家の敷地跡に建設され新渡戸家の功績とゆかりの品々、新渡戸稲造の世界等を紹介する[1]。
Wikipedia    内容詳細  
15.三船十段記念館  ・〒028-0082久慈市川貫第5地割20-230
三船十段記念館(みふねじゅうだんきねんかん)は、岩手県久慈市名誉市民第1号で柔道の神様とあがめられた三船久蔵十段を記念して開設された久慈市立の博物館。
Wikipedia    内容詳細  

宮城県の人物記念館

16.石ノ森章太郎ふるさと記念館  ・〒987-0601宮城県登米市中田町石森字町132番地
石ノ森章太郎ふるさと記念館(いしのもりしょうたろうふるさときねんかん)は、漫画家・石ノ森章太郎の出身地である宮城県登米市中田町石森に立地する記念館(マンガミュージアム)である。2000年(平成12年)7月20日に開館。すぐ側には、石ノ森章太郎の生家がある。
Wikipedia    内容詳細  
17.石ノ森萬画館  ・〒986-0823 日本 宮城県石巻市中瀬2番7号
石ノ森萬画館(いしのもりまんがかん)は、日本・宮城県石巻市中瀬に立地する、宮城県出身の漫画家・石ノ森章太郎の記念館(マンガミュージアム)である[1][8]。英表記はIshinomori Manga Museum。 石ノ森作品の原画などを所蔵、展示する[9][10][11]。 2001年7月23日開館[12]。2011年3月11日に発生した東日本大震災の影響による長期休館を経て、2012年11月17日に再開館[13][14]。 「萬画(まんが)」とは、1989年に石ノ森が提唱した「マンガ」の新たな呼称である[15][注釈 1]。
Wikipedia    内容詳細  
18.みちのく伊達政宗歴史館  ・〒981-0213宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂13-13
みちのく伊達政宗歴史館(みちのくだてまさむねれきしかん)は、宮城県宮城郡松島町にある歴史博物館。
Wikipedia    内容詳細  

秋田県の人物記念館

19.白瀬南極探検隊記念館  ・〒018-0302秋田県にかほ市黒川字岩潟15番地3
白瀬南極探検隊記念館(しらせなんきょくたんけんたいきねんかん、The Shirase Antaractic Expedition Memorial Museum)は、秋田県にかほ市にある市立の科学館・記念館である。 当地出身の探検家であり、日本人で初めて南極探検に挑んだ陸軍中尉白瀬矗(しらせ のぶ)の業績を記念するため、1990年(平成2年)に旧金浦町に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
20.美郷町歴史民俗資料館・佐々木毅記念室
美郷町歴史民俗資料館・佐々木毅記念室(みさとちょうれきしみんぞくしりょうかん・ささきたけしきねんしつ)は秋田県美郷町畑屋地内に所在する歴史民俗資料館。美郷町出身の政治学者佐々木毅の蔵書や資料等を併設展示している。2015年(平成27年)10月にオープンした。
Wikipedia    内容詳細  

山形県の人物記念館

21.清河八郎記念館  ・〒999-6606山形県東田川郡庄内町清川字上川原37
清河八郎記念館(きよかわはちろうきねんかん)は、山形県東田川郡庄内町清川にある記念館である。
Wikipedia    内容詳細  
22.南陽市立結城豊太郎記念館  ・〒999-2211山形県南陽市赤湯362
南陽市立結城豊太郎記念館(なんようしりつゆうきとよたろうきねんかん)は、山形県南陽市にある記念館である。結城の功績の紹介や、所有していた書籍、絵画等を展示する。
Wikipedia    内容詳細  
23.丸山薫記念館  ・〒990-0743山形県西村山郡西川町大字岩根沢454-15
丸山薫記念館(まるやまかおるきねんかん)は、山形県西村山郡西川町岩根沢にある資料館である。
Wikipedia    内容詳細  
24.最上徳内記念館  ・〒995-0035山形県村山市中央一丁目2番12号
最上徳内記念館(もがみとくないきねんかん)は、山形県村山市にある博物館である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
25.最上義光歴史館  ・〒990-0046山形県山形市大手町1-53
最上義光歴史館(もがみよしあきれきしかん)は、山形県山形市にある企業博物館。 服部敬雄が建設を提唱し、山形新聞グループと山形市が出資した財団法人が管理運営にあたってきた[1]。 最上氏関連の資料を収集・保管・調査研究・展示し、最上義光と最上氏を顕彰することを目的とした企業博物館である。御城印が発売されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  

福島県の人物記念館

26.野口英世記念館  ・〒969-3284福島県耶麻郡猪苗代町大字三ツ和字前田81
野口英世記念館(のぐちひでよきねんかん)は、福島県耶麻郡猪苗代町にある福島県の登録博物館第1号。運営管理は、公益財団法人野口英世記念会。館長は八子弥寿男(英世の幼馴染で親友の八子弥壽平の孫)[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  

茨城県の人物記念館

27.吉田正音楽記念館  ・〒317-0055茨城県日立市宮田町5-2-25
吉田正音楽記念館(よしだただしおんがくきねんかん)は、茨城県日立市にある、同市出身の作曲家吉田正に関する資料を展示公開する博物館である。 「吉」の正確な表記は「𠮷」(「土」の下に「口」、つちよし)である[3]。
Wikipedia    内容詳細  
28.板谷波山記念館  ・〒516-0052茨城県筑西市田町甲866番地1北緯36度18分40秒 東経139度58分47秒 / 北緯36.31111度 東経139.97972度 / 36.31111; 139.97972
板谷波山記念館(いたやはざんきねんかん)は陶芸家・板谷波山の功績を顕彰する茨城県筑西市にある筑西市立の博物館である。周辺は板谷波山記念公園として整備されている。
Wikipedia    内容詳細  

埼玉県の人物記念館

29.塙保己一記念館  ・〒367-0217埼玉県本庄市児玉町八幡山368番地アスピアこだま内
塙保己一記念館(はなわほきいちきねんかん)は、埼玉県本庄市にある記念館。
Wikipedia    内容詳細  

千葉県の人物記念館

30.伊能忠敬記念館
伊能忠敬記念館(いのうただたかきねんかん)は、千葉県香取市にある記念館。
Wikipedia    内容詳細  
31.杉村楚人冠記念館
杉村楚人冠記念館(すぎむらそじんかんきねんかん)は、千葉県我孫子市にある杉村楚人冠旧邸と邸宅庭園からなる記念館である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
32.鈴木貫太郎記念館  ・〒270-0206 日本 千葉県野田市関宿町1273
鈴木貫太郎記念館(すずきかんたろうきねんかん)とは、日本海軍大将で第42代内閣総理大臣を務めた鈴木貫太郎ゆかりの品を展示する千葉県野田市立の記念館である。
Wikipedia    内容詳細  

東京都の人物記念館

33.ワタミ夢ストリート  ・〒144-0033 日本 東京都大田区羽田1丁目1番3号
ワタミ夢ストリート(ワタミゆめストリート)は、東京都大田区羽田にある、ワタミグループの記念館。運営はワタミ理念研究所。
Wikipedia    内容詳細  
34.相田みつを美術館  ・〒100-0005東京都千代田区丸の内3-5-1 東京国際フォーラム 地下1階
相田みつを美術館 (あいだみつを びじゅつかん、英語表記:Mitsuo Aida Museum) は、東京都千代田区の東京国際フォーラム内にあった美術館。詩人で書家の相田みつをの作品を所蔵していた。館長は、みつをの長男である相田一人。東京国際フォーラムの長期大規模修繕工事に伴い2024年(令和6年)1月28日で閉館した[1]。
Wikipedia    内容詳細  
35.石井亮一・筆子記念館  ・〒186-0011 日本東京都国立市矢川3丁目16番地1(滝乃川学園内)
石井亮一・筆子記念館(いしいりょういちふでこきねんかん、Ryoichi & Fudeko Ishii Memorial Hall)は、東京都国立市矢川3丁目の滝乃川学園にある歴史的建造物・展示施設。知的障害者福祉分野の歴史的遺産として貴重であり、国の登録有形文化財となっている。運営者は社会福祉法人滝乃川学園。
Wikipedia    内容詳細  
36.植村冒険館  ・〒173-0003東京都板橋区加賀1-10-5
植村冒険館(うえむらぼうけんかん)は、東京都板橋区にある文化施設。管理運営は公益財団法人植村記念財団。 開館時は板橋区蓮根にあったが、2021年12月に板橋区加賀の複合施設「板橋区立植村記念加賀スポーツセンター」内に移転した[1]。
Wikipedia    内容詳細  
37.旧多摩聖蹟記念館  ・〒206-0021東京都多摩市連光寺五丁目1番地1(東京都立桜ヶ丘公園内)
旧多摩聖蹟記念館(きゅうたませいせききねんかん)は、東京都多摩市連光寺にある歴史的建造物・展示施設。東京都立桜ヶ丘公園内に所在する。明治天皇の当地への行幸を記念して1930年(昭和5年)に作られ、昭和後期には改修・改称が行われた。多摩市指定文化財及び東京都景観上重要な歴史的建造物である。
Wikipedia    内容詳細  
38.講談社野間記念館
講談社野間記念館(こうだんしゃのまきねんかん)は、東京都文京区関口2丁目にある美術館。講談社創業90周年を記念して、2000年4月に設立された。講談社の初代社長である野間清治が集めた「野間コレクション」と呼ばれる美術品をはじめ、同社の出版事業に関係する出版文化遺産なども展示されている[1]。 2019年7月16日より、施設建て替えのため、休館している。[2]
Wikipedia    内容詳細  
39.佐伯祐三アトリエ記念館  ・〒161-0032東京都新宿区中落合二丁目4番21号
佐伯祐三アトリエ記念館(さえきゆうぞうアトリエきねんかん)は、東京都新宿区にある区立の博物館。指定管理者制度により、公益財団法人新宿未来創造財団が管理・運営をしている[2]。 中落合の区立佐伯公園内にある佐伯祐三のアトリエ付住宅を改築・整備。佐伯の功績を後世に遺すべく、記念館として2010年、佐伯の誕生日である4月28日に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
40.渋沢栄一記念館
渋沢栄一記念館(しぶさわえいいちきねんかん)は、埼玉県深谷市が運営する渋沢栄一に関する博物館。東京都北区西ケ原にある「渋沢史料館」は渋沢栄一記念財団の施設であるが、当館は渋沢栄一の出身地である深谷市が設立した市立博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
41.渋沢史料館  ・〒114-0024東京都北区西ケ原二丁目16番1号(飛鳥山公園内)
渋沢史料館(しぶさわしりょうかん)は、東京都北区西ケ原にある渋沢栄一の生涯と事績に関する博物館(登録博物館)。管理運営は公益財団法人渋沢栄一記念財団。飛鳥山公園内にある「飛鳥山3つの博物館」の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
42.昭和天皇記念館  ・〒190-0014東京都立川市緑町3173番地国営昭和記念公園花みどり文化センター
昭和天皇記念館(しょうわてんのうきねんかん、英語:the Emperor Shōwa Memorial Museum)は、東京都立川市にある、昭和天皇と香淳皇后にかかわる展示施設である。
Wikipedia    内容詳細  
43.杉並区立角川庭園  ・ 日本東京都杉並区荻窪3丁目14番22号
杉並区立角川庭園(すぎなみくりつかどかわていえん)は、東京都杉並区荻窪にある区立の都市公園である。日本文学研究者で角川書店の創立者である角川源義の自邸を整備し、2009年(平成21年)5月10日に開園した。 敷地内には、近代数奇屋造の邸宅が残されており、幻戯山房~すぎなみ詩歌館~と名付けられて、展示室、詩歌室、茶室として利用されている。
Wikipedia    内容詳細  
44.洗足軒  ・〒145-0063東京都大田区南千束2-3-1
洗足軒(せんぞくけん)は、かつて東京都大田区南千束の洗足池近くにあった、勝海舟の別邸である。本項では隣接する清明文庫(現:鳳凰閣)と勝海舟記念館についても言及する。
Wikipedia    内容詳細  
45.田河水泡・のらくろ館  ・〒135-0004東京都江東区森下3-12-17(江東区森下文化センター 1階)
田河水泡・のらくろ館(たがわすいほう・のらくろかん)は、東京都江東区森下にある田河水泡の美術館である。
Wikipedia    内容詳細  
46.長谷川町子美術館  ・〒154-0014 日本・東京都世田谷区桜新町1丁目30番6号
長谷川町子美術館(はせがわまちこびじゅつかん)は、『サザエさん』の作者として知られる漫画家・長谷川町子(1920年 - 1992年)と姉の長谷川毬子(1917年 - 2012年)が集めた美術品を展示している個人美術館である。所在地は東京都世田谷区桜新町1丁目30番6号。一般財団法人長谷川町子美術館によって運営され、1993年より解散した姉妹社に代わって長谷川町子作品の著作権管理を行なう。 美術品の他、漫画の原画や菊人形、絵画、磯野家の間取りのミニチュア、サザエさんのアニメの映像が見られるコーナーがある。 売店では、この美術館でしか売られていないオリジナルグッズが多数販売されている。 また、テレビアニメ『サザエさん』の制作局であるフジテレビが毎年夏に開催するイベントとの連動企画を毎年夏休みに実施している。
Wikipedia    内容詳細  
47.日の出山荘
日の出山荘(ひのでさんそう)は、東京都西多摩郡日の出町大久野にある山荘。かつて中曽根康弘が所有していた別荘である。
Wikipedia    内容詳細  
48.湯浅八郎記念館  ・〒181-8585東京都三鷹市大沢3-10-2
湯浅八郎記念館(ゆあさはちろうきねんかん)は、東京都三鷹市大沢にある国際基督教大学の大学博物館である。 同大学の初代学長であった湯浅八郎の大学創設・育成に対する貢献を記念し、1982年6月に開館した[4]。設計は東京都美術館などを手がけた前川國男。 大学に寄贈された湯浅博士による民芸品コレクション、および大学敷地内の遺跡から発掘された考古資料を中心に、その他美術品、歴史資料も含め、常設展示と年3回の企画展を行っている。また、企画展開催時には、関連テーマの公開講座も行われる。
Wikipedia    内容詳細  

神奈川県の人物記念館

49.赤星直忠博士文化財資料館  ・〒240-0101神奈川県横須賀市長坂二丁目11番11号(宇内建設株式会社3階)
赤星直忠博士文化財資料館(あかぼしなおただはくしぶんかざいしりょうかん[注釈 1]/あかほしなおただはくしぶんかざいしりょうかん)は、神奈川県横須賀市長坂二丁目にある私設歴史資料館。神奈川県の考古学研究の先駆者・赤星直忠(あかほし なおただ)に教示を受けた県下の考古学研究者・民間企業家らの有志により設立・運営されており、赤星が調査した遺跡の出土遺物などを展示し、その学問的業績を顕彰している。
Wikipedia    内容詳細  
50.ヴェルニー公園  ・ 日本神奈川県横須賀市汐入町1丁目、2丁目、本町3丁目、東逸見町1丁目
ヴェルニー公園は、神奈川県横須賀市汐入町に位置する市立の都市公園(近隣公園)である[2]。年中無休。 名称は横須賀造兵廠その他の近代施設の建設を指導し、日本の近代化を支援したフランス人技術者レオンス・ヴェルニーに由来する。
Wikipedia    内容詳細  
51.ペリー公園  ・日本神奈川県横須賀市久里浜7-14
ペリー公園(ぺりーこうえん)は、神奈川県横須賀市にある横須賀市立の都市公園(歴史公園)である[2]。横須賀・西武パートナーズが指定管理者をつとめる。
Wikipedia    内容詳細  

新潟県の人物記念館

52.坂口記念館  ・〒942-012新潟県上越市頸城区鵜ノ木148
坂口記念館(さかぐちきねんかん)は、新潟県上越市頸城区にある、日本酒に関する展示施設。近代の酒作りに貢献した微生物学者・農学博士坂口謹一郎の業績を主に、頸城地方の酒作りについて紹介するための施設である。
Wikipedia    内容詳細  

石川県の人物記念館

53.石川県金沢港大野からくり記念館  ・〒920-0331 日本 石川県金沢市大野町4丁目甲2番29号
石川県金沢港大野からくり記念館(いしかわけんかなざわこうおおのからくりきねんかん)とは、石川県金沢市大野町 にある記念館である。
Wikipedia    内容詳細  
54.石川県銭屋五兵衛記念館  ・〒920-0336石川県金沢市金石本町口55
石川県銭屋五兵衛記念館(いしかわけんぜにやごへえきねんかん)は、北前船で財をなし「海の百万石」と謳われた豪商銭屋五兵衛に関する展示を行っている博物館。所在地は石川県金沢市金石(かないわ)本町ロ55[3]。 併設して銭屋の本宅の一部を移築した「銭五の館」がある(金沢市普正寺町参字85-1)[3]。
Wikipedia    内容詳細  
55.石川県西田幾多郎記念哲学館  ・〒929-1126石川県かほく市内日角井1番地[1]
石川県西田幾多郎記念哲学館(いしかわけんにしだきたろうきねんてつがくかん)は、石川県かほく市に所在する、哲学者西田幾多郎に関する文化施設である。
Wikipedia    内容詳細  
56.鈴木大拙館  ・〒920-0964石川県金沢市本多町三丁目4番20号
鈴木大拙館(すずきだいせつかん)は、石川県金沢市本多町にある鈴木大拙に関する博物館。2011年に開館[6]。2017年現在の館長は木村宣彰。
Wikipedia    内容詳細  
57.永井豪記念館  ・〒928-0001 日本石川県輪島市河井町1部123番地
永井豪記念館(ながいごうきねんかん)は、日本の石川県輪島市で2009年(平成21年)に開館した同市出身の漫画家、永井豪を記念した博物館(マンガ・アニメミュージアム)。
Wikipedia    内容詳細  
58.中谷宇吉郎雪の科学館  ・〒922-0411 石川県加賀市潮津町イ106番地
中谷宇吉郎雪の科学館(なかやうきちろうゆきのかがくかん、英語: Nakaya Ukichiro Museum of Snow and Ice)は、石川県加賀市に位置する中谷宇吉郎の雪にまつわる博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
59.松井秀喜ベースボールミュージアム  ・〒929-0126石川県能美市山口町口137番地
松井秀喜ベースボールミュージアム(まついひできベースボールミュージアム)は、宗教法人瑠璃教会傘下のオフィスルリが運営する石川県能美市にある元プロ野球選手・松井秀喜を記念した博物館。旧称は「松井秀喜 野球の館」(まついひでき やきゅうのやかた)で、2005年のリニューアルに合わせて改称されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  

福井県の人物記念館

60.かこさとし ふるさと絵本館  ・〒915-0832福井県越前市高瀬一丁目14-7
かこさとし ふるさと絵本館「砳」(かこさとし ふるさとえほんかん「らく」)[2]は、福井県越前市に所在する市立の生涯学習施設。越前市出身の絵本作家・かこさとしの記念館で、越前市教育委員会事務局生涯学習課が管理する[3]。 かこの生涯を紹介し原画などを展示する美術館、多数の絵本作家の作品閲覧が可能な図書館、遊戯室を設けて読み聞かせや工作教室などの催しを行う児童館の機能を複合した施設である。2013年(平成25年)4月26日開館[4]。
Wikipedia    内容詳細  
61.「ちひろの生まれた家」記念館  ・〒915-0068福井県越前市天王町4-14
「ちひろの生まれた家」記念館(ちひろのうまれたいえきねんかん)は、1918年(大正7年)12月15日に絵本画家のいわさきちひろが生まれた町家を改修し、一般公開している福井県越前市の施設である。
Wikipedia    内容詳細  

山梨県の人物記念館

62.甲府市武田氏館跡歴史館  ・〒400-0015山梨県甲府市大手三丁目1番14号
甲府市武田氏館跡歴史館(こうふしたけだしやかたあとれきしかん)は、山梨県甲府市にある公立博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
63.根津記念館  ・〒405-0032山梨県山梨市正徳寺296番地
根津記念館(ねづきねんかん、Nezu Memorial Museum)は、山梨県山梨市にある博物館。建物は国の登録有形文化財に登録されている。
Wikipedia    内容詳細  

長野県の人物記念館

64.飯沼飛行士記念館  ・〒399-8201長野県安曇野市豊科南穂高3888-2
飯沼飛行士記念館(いいぬまひこうしきねんかん)は、世界的な名パイロットとして称賛された飯沼正明の経歴、遺品、手紙等関係資料などを展示した安曇野市立の記念館である。
Wikipedia    内容詳細  
65.石の教会・内村鑑三記念堂
石の教会・内村鑑三記念堂(いしのきょうかい・うちむらかんぞうきねんどう)は、長野県北佐久郡軽井沢町にある教会、記念館。ホテルブレストンコートに隣接する。 明治・大正期のキリスト教指導者・内村鑑三の顕彰を目的として建てられた教会で、地上は礼拝堂、地下には内村鑑三記念堂となっている。石とガラスの異なるアーチが重なり合う独特のフォルムは、アメリカ人建築家ケンドリック・ケロッグの手によるもの。石は男性で、ガラスは女性を象徴しているとされる。 しなの鉄道 中軽井沢駅 徒歩20分 座標: 北緯36度21分22.7秒 東経138度35分13.6秒 / 北緯36.356306度 東経138.587111度 / 36.356306; 138.587111
Wikipedia    内容詳細  
66.軽井沢高原教会
軽井沢高原教会(かるいざわこうげんきょうかい)は、長野県北佐久郡軽井沢町にあるプロテスタントの教会。星野温泉の歴史と密接に関わっており、ホテルブレストンコートに隣接する。
Wikipedia    内容詳細  
67.ショーハウス記念館  ・〒389-0102 日本長野県軽井沢町大字軽井沢57-1
ショーハウス記念館(ショーハウスきねんかん)は長野県北佐久郡軽井沢町にある歴史的建築物。
Wikipedia    内容詳細  
68.象山記念館  ・〒381-1231長野県長野市松代町松代1446-6
北緯36度33分32.5秒 東経138度11分51.9秒 / 北緯36.559028度 東経138.197750度 / 36.559028; 138.197750 象山記念館(ぞうざんきねんかん)は、長野県長野市松代町にある佐久間象山の遺品・発明品等を収蔵する博物館。 象山が日本初の電信実験を行ったことから、松代通信資料館を併設している。
Wikipedia    内容詳細  
69.喬木村立椋鳩十記念図書館  ・〒395-1101長野県下伊那郡喬木村1459番地2
喬木村立椋鳩十記念図書館(たかぎそんりつむくはとじゅうきねんとしょかん)は、長野県下伊那郡喬木村にある、公立図書館。喬木村出身の児童文学者である椋鳩十を顕彰する喬木村椋鳩十記念館(たかぎむらむくはとじゅうきねんかん)を併設する[8]。 椋の言葉である「活字の林をさまよい思考の泉のほとりにたたずむ」を図書館・記念館の運営の基本方針に掲げ、椋の精神や彼の作品を通して地域と連携し、生涯学習の場となることを目指している[9]。また椋が動物好きで動物に関する文学作品を数多く発表したことにちなみ、図書館に迷い込んだネコを「猫館長」に任命している[6]。
Wikipedia    内容詳細  
70.高野辰之記念館  ・〒383-2104長野県中野市大字永江180936°47'44.7"N 138°18'28.0"E
高野辰之記念館(たかのたつゆききねんかん、英語: Tatsuyuki Takano Memorial Hall)は長野県中野市にある高野辰之の記念館。中野市が「中野市高野辰之記念館条例」に基づき運営している[1]。2016年(平成28年)6月4日に当時の明仁天皇・皇后が来館した[2]。
Wikipedia    内容詳細  
71.中山晋平記念館  ・〒383-0034 日本・長野県中野市新野76
中山晋平記念館(なかやましんぺいきねんかん)は長野県中野市にある中山晋平の記念館。中野市が「中野市中山晋平記念館条例」に基づき運営している[1]。 なお、静岡県熱海市には、晋平の別荘を改築した同名の「中山晋平記念館」がある[2]。
Wikipedia    内容詳細  

岐阜県の人物記念館

72.津田左右吉博士記念館  ・〒505-0018美濃加茂市下米田町西脇1471番地1
津田左右吉博士記念館(つだそうきちはくしきねんかん)とは、岐阜県美濃加茂市にある津田左右吉に関する博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
73.藤村記念館 (岐阜県)  ・〒508-0502岐阜県中津川市馬籠4256-1
藤村記念館(とうそんきねんかん)は、かつて中山道の宿場町であった信州木曽谷馬籠宿(現在の岐阜県中津川市馬籠4256-1)の島崎藤村生家跡[注釈 1]にある文学館である。藤村堂ともいう。2015年現在館長は鈴木昭一。 島崎藤村の生家は馬籠宿の本陣であったが、1895年(明治28年)の大火で焼失した。その本陣跡に1947年(昭和22年)、建築家谷口吉郎の設計により建てられた。その後、1950年(昭和25年)に、博物館運営のため財団法人藤村記念郷を設立。1952年(昭和27年)には、藤村の長男である島崎楠雄から約5000点の資料を寄贈され、長野県内の教員や小中高生の寄付を受け日本初の文学館として開館した[注釈 2]。
Wikipedia    内容詳細  
74.山県市文化の里古田紹欽記念館  ・〒501-2125岐阜県山県市洞田127番地131
山県市文化の里古田紹欽記念館(やまがたしぶんかのさとふるたしょうきんきねんかん)は、岐阜県山県市にある博物館である。 山県郡下伊自良村(後の伊自良村。現在の山県市)出身の仏教学者、古田紹欽の著書、絵、書等の収集、保管及び展示をする施設である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
75.養老町山口会館  ・岐阜県養老郡養老町高田18番地1
養老町山口会館(ようろうちょうやまぐちかいかん)は、岐阜県養老郡養老町にある博物館[1]。 山口会館とも称する。
Wikipedia    内容詳細  

静岡県の人物記念館

76.木下惠介記念館  ・〒432-8025静岡県浜松市中央区栄町3番地の1
木下惠介記念館(きのしたけいすけきねんかん)は、静岡県浜松市中央区栄町にある記念館である。木下惠介が浜松市出身の映画監督であることから、同市に設置されている。 木下惠介記念館は、浜松市指定有形文化財「旧浜松銀行協会」に設置されている。第一展示室には、木下惠介の書斎が再現されている。第二展示室では、木下惠介の生い立ちをたどる写真や映画ポスターなどが展示されている。2階にあるアートホールでは、毎月第3日曜日に、木下惠介の監督生涯の全作品49本を特集にして、上映会を開催している。そのほかに、建物の設計者である中村與資平の資料室(中村與資平資料室)も併設されている。 開館時間は午前9時から午後5時、休館日は月曜日、祝日の翌日、年末年始。通りを挟んで向かい側に、1928年(昭和3年)10月建築の鴨江アートセンター(旧浜松警察署、浜松市鴨江別館)がある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
77.豊田佐吉記念館  ・〒431-0443静岡県湖西市山口113-2
豊田佐吉記念館(とよださきちきねんかん)は、静岡県湖西市にある人物記念館・企業博物館。
Wikipedia    内容詳細  

愛知県の人物記念館

78.アイ・ファイン  ・〒480-0202愛知県西春日井郡豊山町豊場四ツ塚53[2]
アイ・ファイン(I - fain)は、メジャーリーガー・鈴木一朗(イチロー)所縁の品が展示されている施設。
Wikipedia    内容詳細  
79.一太郎翁とまと記念館  ・〒476-0003愛知県東海市荒尾町大城10番地
一太郎翁とまと記念館(いちたろうおうとまときねんかん)は、愛知県東海市荒尾町にある蟹江一太郎の記念館である。
Wikipedia    内容詳細  
80.尊徳記念館
尊徳記念館(そんとくきねんかん)は、神奈川県小田原市栢山に所在する教育施設。
Wikipedia    内容詳細  
81.東海市立平洲記念館  ・〒476-0003愛知県東海市荒尾町蜂ケ尻67番地
東海市立平洲記念館(とうかいしりつへいしゅうきねんかん)は、愛知県東海市にある細井平洲の人物記念館である。
Wikipedia    内容詳細  
82.盛田昭夫塾  ・〒479-0807愛知県常滑市小鈴谷字亀井戸7-4
盛田昭夫塾(もりたあきおじゅく)は、愛知県常滑市にある人物記念館。 盛田本家の増築部を取り壊し新たに建築されたもので、盛田家伝来の古文書などを収蔵する鈴渓資料館に隣接する[4]。
Wikipedia    内容詳細  

三重県の人物記念館

83.尾崎咢堂記念館
尾崎咢堂記念館(おざきがくどうきねんかん)
Wikipedia    内容詳細  
84.尾崎咢堂記念館 (伊勢市)  ・〒516-0052三重県伊勢市川端町97-2北緯34度29分25.4秒 東経136度40分56.5秒 / 北緯34.490389度 東経136.682361度 / 34.490389; 136.682361
尾崎咢堂記念館(おざきがくどうきねんかん)は、政治家尾崎行雄(尾崎咢堂)を記念して開設された三重県伊勢市にある伊勢市立の博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
85.村山龍平記念館  ・〒519-0415三重県度会郡玉城町田丸114番地1
村山龍平記念館(むらやまりょうへいきねんかん)は、三重県度会郡玉城町田丸にある文化施設[3]。朝日新聞の創刊に携わった村山龍平を顕彰する記念館であり、玉城町郷土資料館や玉城町図書館などを併設する[4]。 村山龍平は嘉永3年(1850年)に伊勢国田丸(現・玉城町田丸)[5]の紀州藩田丸城代に仕える家系に生まれ、後大阪へ移住、1879年(明治12年)に朝日新聞を創刊し、後に朝日新聞社の社主となった[6]。村山は財界人・言論人として社会を先導し続けたのみならず、美術品収集(香雪美術館参照)でも知られた文化人でもあった[5]。また郷土愛にあふれた人物でもあり、故郷に多くの寄付を行い、田丸城の町有化などの原資を提供した[2]。玉城町ではこうした村山の功績を讃える施設の建設が没後50周年を迎えるにあたって計画され、村山の子孫からの多額の寄付を受け、1983年(昭和58年)に開館した[2]。
Wikipedia    内容詳細  

京都府の人物記念館

86.芦田均記念館  ・〒620-0833 日本京都府福知山市字宮(野間仁田)36
芦田均記念館(あしだひとしきねんかん)とは、京都府福知山市にある第47代内閣総理大臣・芦田均の記念館。映像資料、その他所持品などが展示されている。
Wikipedia    内容詳細  

大阪府の人物記念館

87.パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館  ・〒571-8501大阪府門真市大字門真1006番地
パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館(パナソニックミュージアム まつしたこうのすけれきしかん)は、大阪府門真市でパナソニックが運営している企業博物館。2008年9月までは松下電器歴史館という名称であったが、パナソニックの社名変更にあわせて同年10月1日から現在の名称に変更された。 2017年10月に一時閉館し、2018年3月に再開された。全体を「パナソニック ミュージアム」として新たな「松下幸之助館」を設け、旧歴史館を「ものづくりイズム館」に衣替えした[4]。パナソニックの最新技術と、グループ唯一の映像制作会社パナソニック映像によるわかりやすい映像で誰でも楽しめる内容になっている。
Wikipedia    内容詳細  

兵庫県の人物記念館

88.アンネのバラの教会  ・兵庫県西宮市甲陽園西山町4-7
アンネのバラの教会は、世界で唯一のアンネ・フランクを記念する教会で[1]アンネ・フランク資料館を運営する。オットー・フランクから寄贈されたアンネの貴重な写真類に加え、ほとんど現存してないアンネの遺品を所蔵している。庭にはアンネ像を囲むようにしてアンネのバラが植えられており、西宮市のバラの名所のひとつになっている。[2][注釈 1][注釈 2] プロテスタント、聖イエス会に所属する教会(宗教法人)として、礼拝・儀式などキリスト教会としての活動を行っている。  
Wikipedia    内容詳細  
89.植村直己冒険館  ・〒669-5391 日本 兵庫県豊岡市日高町伊府785
植村直己冒険館(うえむらなおみぼうけんかん)は、兵庫県豊岡市の植村直己記念スポーツ公園内にある博物館。郷土出身の“英雄”で、国民栄誉賞を受賞した世界的な冒険家でもある植村直己の偉業の顕彰を目的として1994年4月に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
90.太田垣士郎資料館  ・〒669-6101兵庫県豊岡市城崎町湯島806-1
太田垣士郎資料館(おおたがきしろうしりょうかん)は、兵庫県豊岡市(旧:城崎郡城崎町)にある資料館である。城崎温泉ロープウェイ建設者である太田垣士郎の資料を展示している。
Wikipedia    内容詳細  
91.旧武藤家別邸洋館  ・兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051
旧武藤家別邸洋館(きゅうむとうけべっていようかん)は、兵庫県神戸市垂水区にある西洋館。別称は旧武藤山治邸(きゅうむとうさんじてい)、および旧鐘紡舞子倶楽部(きゅうかねぼうまいこくらぶ) 。
Wikipedia    内容詳細  
92.新温泉町立加藤文太郎記念図書館  ・〒669-6702兵庫県美方郡新温泉町浜坂842-2
新温泉町立加藤文太郎記念図書館(しんおんせんちょうりつかとうぶんたろうきねんとしょかん)は、兵庫県美方郡新温泉町浜坂にある図書館。 新田次郎『孤高の人』の主人公として知られる加藤文太郎は旧浜坂町出身の登山家である。1994年(平成6年)10月、加藤文太郎を記念して開館した。1階が図書館であり、2階が加藤文太郎山岳資料室と山岳図書閲覧室(約3600冊所蔵)である。建物は北アルプスの嶺をモチーフとしており、館内は中央に吹き抜けとトップライトを設けた柱のない広々とした空間になっている。設計は藤田皓一が主宰するGA設計。鉄筋コンクリート造、地下1階・地上2階建であり、延床面積は1,152m2である。
Wikipedia    内容詳細  
93.静思堂
静思堂(せいしどう)は、兵庫県豊岡市出石町中村にある記念館。同地出身の政治家・斎藤隆夫の生家を整備し、遺徳をしのぶために建てられた。「斎藤隆夫記念館」の別名がある。建物の名称は、斎藤隆夫の思想につながる「大観静思」(静かに思いを巡らせる空間)に由来するとされる[要出典]。 1983年(昭和58年)8月に開館した。 斎藤隆夫の遺墨、遺品が多数納められている。建物は兵庫県緑の建築賞に選ばれている[1]。設計は宮脇檀建築研究室が行い、出石の歴史的建築の土壁に多く見られる赤色を出石茶と名付けて採用した[2]。
Wikipedia    内容詳細  
94.孫文記念館  ・〒655-0047兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051
孫文記念館(そんぶんきねんかん)は、兵庫県神戸市垂水区の舞子公園内にある博物館。旧称は孫中山記念館(そんちゅうざんきねんかん)。八角形の中国式楼閣『移情閣』は1915年築の現存する日本最古のコンクリートブロック造建造物で、国の重要文化財に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
95.宝塚市立手塚治虫記念館  ・〒665-0844兵庫県宝塚市武庫川町7番65号
宝塚市立手塚治虫記念館(たからづかしりつてづかおさむきねんかん)は、兵庫県宝塚市にあるアニメ・マンガミュージアムである。
Wikipedia    内容詳細  

和歌山県の人物記念館

96.和歌山市立有吉佐和子記念館
和歌山市立有吉佐和子記念館(わかやましりつありよしさわこきねんかん)は、和歌山市出身の作家である有吉佐和子の東京都杉並区の自宅を復元した記念館。作家の資料を展示して有吉の業績を顕彰し、市民の文化振興に資することを目的としている。有吉は和歌山市真砂丁(現吹上1丁目)に生まれ、父の転勤に伴いインドネシアに移住。1945年、和歌山に疎開し県立和歌山高等女学校に通った。館内には有吉の作品を執筆した寝室兼書斎や茶道、三味線、鼓を学び、たしなんだ和室などを再現する他、作品を紹介し有吉の生き方や魅力を感じることができる展示室などを整備している。[1]2022年6月5日に開館[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
97.落合博満野球記念館  ・〒649-5171和歌山県東牟婁郡太地町字神の浦1099番地5号[4]
落合博満野球記念館(おちあいひろみつやきゅうきねんかん)は、和歌山県東牟婁郡太地町にある元プロ野球選手および監督・落合博満の個人記念館[2]。吉野熊野国立公園内に位置する日本初のプロ野球選手個人記念館で[1]、落合の別荘も兼ねている[5]。 改装工事のため、2020年(令和2年)6月20日から休館している[3]。営業再開時期は未定[6]。
Wikipedia    内容詳細  
98.西村記念館  ・〒647-0012和歌山県新宮市新宮7657
西村記念館(にしむらきねんかん)は、和歌山県新宮市にある博物館。建物は西村伊作旧邸で、国の重要文化財に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
99.松山常次郎記念館
松山常次郎記念館(まつやまつねじろうきねんかん)は、和歌山県九度山町にある博物館。同町出身で大正・昭和戦前期に活動した政治家・松山常次郎に関する展示を行っている。
Wikipedia    内容詳細  
100.南方熊楠記念館  ・〒649-2211和歌山県西牟婁郡白浜町3601-1
南方熊楠記念館(みなかたくまぐすきねんかん、Minakata Kumagusu Museum)は、和歌山県西牟婁郡白浜町にある博物館。
Wikipedia    内容詳細  
101.南方熊楠顕彰館  ・〒646-0035和歌山県田辺市中屋敷町36
南方熊楠顕彰館(みなかたくまぐすけんしょうかん、Minakata Kumagusu Archives)は、和歌山県田辺市中屋敷町にある博物館類似施設。 南方熊楠の死後、遺族により邸宅・書物・文献・書簡・標本等は保全されていた。2000年最後に残った長女・文枝が亡くなるが、その遺志によって、それらは田辺市に寄贈された。田辺市は、傷みが激しかった南方邸を補修し、熊楠存命時の状態に復原するとともに、熊楠の生涯や文献を紹介・保存する顕彰館が南方邸の北隣に開館した。
Wikipedia    内容詳細  

鳥取県の人物記念館

102.青山剛昌ふるさと館  ・〒689-2221鳥取県東伯郡北栄町由良宿1414番地
青山剛昌ふるさと館(あおやまごうしょう ふるさとかん)は、鳥取県東伯郡北栄町にあるマンガ・アニメミュージアム[2]。 同町出身の漫画家で、『名探偵コナン』の原作者として知られる青山剛昌の資料館である。道の駅大栄に隣接し2007年3月18日に開館した。一般社団法人アニメツーリズム協会の「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」の一つに当館が選定されている[3][4][5]。 青山剛昌ふるさと館は2007年3月に旧大栄町が建てた歴史文化学習館の建物を利用して開館した[6]。しかし、展示や収蔵のスペースが不足しており、2020年に有識者検討委員会が組織され移転すべきとの提言書が取りまとめられた[6][7]。北栄町では2027年中の開館を目指して北栄町由良宿の出会いの広場(鳥取県運転免許試験場跡地)に移転する基本計画案を公表した[8]。2023年5月16日に町民や有識者などでつくる再整備検討会が基本計画をまとめ、2026年に着工、2027年に移転新築オープンすることが決まっている[6]。
Wikipedia    内容詳細  
103.西河克己映画記念館  ・〒689-1402鳥取県八頭郡智頭町智頭
西河克己映画記念館(にしかわかつみえいがきねんかん)は鳥取県八頭郡智頭町にある地元出身の映画監督・西河克己の記念館。正式名称は、塩屋出店・西河克己映画記念館。2001年8月7日に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
104.水木しげる記念館  ・〒684-0025鳥取県境港市本町5番地
水木しげる記念館(みずきしげるきねんかん)は、鳥取県境港市にあるマンガ・アニメミュージアム。 漫画家・水木しげるが収集した精霊や妖怪に関するコレクション、ゲゲゲの鬼太郎をはじめとする水木作品の原画等の保管・展示を行っている[2]。2003年(平成15年)3月開館[3]。 2022年(令和4年)5月に「水木しげる記念館再整備 基本構想・基本計画」を策定[2]。2023年(令和5年)3月9日から建て替えのため休館し[4]、2024年(令和6年)4月20日にリニューアルオープンした[5]。
Wikipedia    内容詳細  

島根県の人物記念館

105.中村元記念館  ・〒690-1404島根県松江市八束町波入2060番地松江市役所八束支所2階
中村元記念館(なかむらはじめきねんかん)は、島根県松江市八束町の松江市役所八束支所2階にある中村元の記念館。
Wikipedia    内容詳細  

岡山県の人物記念館

106.犬養木堂記念館  ・〒701-0161岡山県岡山市北区川入102-1
犬養木堂記念館(いぬかいぼくどうきねんかん)は、 岡山県岡山市北区にある岡山県立の犬養毅の記念館。なお、「木堂」は犬養毅の号である。
Wikipedia    内容詳細  
107.倉敷市立磯崎眠亀記念館  ・〒710-1101 日本岡山県倉敷市茶屋町195番地[2]34°34'40.0"N 133°49'21.3"E
倉敷市立磯崎眠亀記念館(くらしきしりついそざきみんききねんかん)とは、岡山県倉敷市茶屋町にある記念館である。磯崎眠亀の旧宅およびい草の手織体験施設である「花むしろ工房」からなる[3]。日本遺産「一輪の綿花から始まる倉敷物語」を構成する文化財の一つである[4]。
Wikipedia    内容詳細  
108.坂野記念館  ・〒701-1144岡山県岡山市北区栢谷1039-1
坂野記念館(さかのきねんかん)は、 岡山県岡山市北区にある博物館である。運営は公益財団法人 通信文化協会。
Wikipedia    内容詳細  

山口県の人物記念館

109.東行記念館  ・〒750-1101山口県下関市大字吉田1184
東行記念館(とうぎょうきねんかん)は、山口県下関市大字吉田の東行庵境内にある高杉晋作の記念館。
Wikipedia    内容詳細  
110.星野哲郎記念館  ・〒742-2512山口県大島郡周防大島町大字平野417-11
星野哲郎記念館(ほしのてつろうきねんかん、Hoshino Tetsuro Museum)は、山口県大島郡周防大島町にある、同町出身の作詞家・星野哲郎の作品・資料等を展示した博物館。 周防大島文化交流センター(宮本常一の資料を展示する施設)に隣接しており、周防大島町役場東和総合支所(旧東和町役場から移転)を併設して2007年7月26日に開館した。記念館の展示物の大半は星野哲郎個人の所有物で、管理運営は周防大島町が行っている。 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨)平屋建の建物で、安芸灘に面して建っており、瀬戸内海に浮かぶ島々を望みながら、星野えん歌[1]を聴くことのできる施設である。開館前日の7月25日は、北島三郎、都はるみ、水前寺清子、鳥羽一郎等、星野に縁のある人々が集まり開館記念式典を行った。
Wikipedia    内容詳細  
111.村田清風記念館  ・〒759-3803山口県長門市三隅下2510-1
村田清風記念館(むらたせいふうきねんかん)は山口県長門市の三隅地区にある長門市立の記念館。
Wikipedia    内容詳細  

徳島県の人物記念館

112.徳島市天狗久資料館  ・〒779-3127徳島市国府町和田字居内172
徳島市天狗久資料館(とくしましてんぐひさしりょうかん)は、徳島県徳島市国府町和田にある人形師・天狗久に関する博物館。天狗久は明治から昭和にかけて、阿波人形浄瑠璃の隆盛を支えた人形師。こくふ街角博物館に指定されている。 初代及び三代目・天狗久の旧工房の公開及び国の重要有形民俗文化財である天狗久関係の資料を保管。 昭和16年(1941年)に制作された天狗久の記録映画「阿波の木偶」も上映している。
Wikipedia    内容詳細  
113.鳴門市賀川豊彦記念館  ・〒779-0225徳島県鳴門市大麻町桧字東山田50-2
鳴門市賀川豊彦記念館(なるとしかがわとよひこきねんかん)は、徳島県鳴門市大麻町桧に社会運動家賀川豊彦の顕彰と主たる目的として開設された博物館である。館外観は、大正6年に板東俘虜収容所のドイツ人の設計により建設された船本牧舎をモデルとしている[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  

香川県の人物記念館

114.ジョージナカシマ記念館  ・〒761-0122香川県高松市牟礼町大町1132-1
ジョージ ナカシマ記念館 (ジョージ ナカシマきねんかん)は香川県高松市牟礼町大町にある記念館。家具デザイナー・ジョージ・ナカシマの生き方や、ものづくりに対する考え方、哲学を、作品を通じて公開する目的で開設された。開館は2008年(平成20年)。ジョージ ナカシマは日系の家具デザイナーで20世紀を代表する家具デザイナーの一人。
Wikipedia    内容詳細  

愛媛県の人物記念館

115.伊丹十三記念館  ・〒790-0932愛媛県松山市東石井1丁目6番10号
伊丹十三記念館(いたみじゅうぞうきねんかん)は、1997年12月に亡くなった映画監督・俳優・エッセイスト等として活躍した伊丹十三のゆかりの品などを展示する愛媛県の登録博物館。運営は、公益財団法人ITM伊丹記念財団。
Wikipedia    内容詳細  
116.大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館
大東文化大学ビアトリクス・ポター資料館(だいとうぶんかだいがくビアトリクス ポターしりょうかん)は埼玉県東松山市岩殿の埼玉県こども動物自然公園内にあるビアトリクス・ポターの資料館である。隣接地にキャンパスが所在する大東文化大学が運営している。
Wikipedia    内容詳細  

高知県の人物記念館

117.龍馬歴史館  ・〒781-5233高知県香南市野市町大谷928番地1
龍馬歴史館(りょうまれきしかん)は、高知県香南市野市町の創造広場「アクトランド」内にある坂本龍馬の蝋人形120体を中心とした蝋人形館である。
Wikipedia    内容詳細  
118.高知県立坂本龍馬記念館  ・〒781-0262高知県高知市浦戸830番地
高知県立坂本龍馬記念館(こうちけんりつさかもとりょうまきねんかん)は、高知県高知市にある博物館。
Wikipedia    内容詳細  
119.高知市立龍馬の生まれたまち記念館  ・〒780-0901高知市上町二丁目6番33号
高知市立龍馬の生まれたまち記念館(こうちしりつ りょうまのうまれたまちきねんかん)は、高知県高知市にある博物館。
Wikipedia    内容詳細  
120.瑞山記念館  ・〒781-0112 日本 高知県高知市仁井田3021
瑞山記念館(ずいざんきねんかん)は、高知県高知市にある記念館[3]。土佐勤王党の盟主武市瑞山(武市半平太)の生涯と功績を紹介している[4]。
Wikipedia    内容詳細  
121.中岡慎太郎館  ・〒781-6449高知県安芸郡北川村柏木140
中岡慎太郎館(なかおかしんたろうかん)は、幕末の志士、中岡慎太郎に関する資料等について開示すべく、高知県安芸郡北川村が建設し、運営する公営施設である。
Wikipedia    内容詳細  

福岡県の人物記念館

122.王貞治ベースボールミュージアム  ・〒810-0065福岡県福岡市中央区地行浜2-2-6 E・ZO FUKUOKA内
王貞治ベースボールミュージアム(おうさだはるベースボールミュージアム)は、王貞治(元プロ野球選手・監督、現福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長)の功績を称え足跡を残す記念館(ミュージアム)である。2010年7月3日、福岡県福岡市中央区のヤフオク!ドーム内(スポーツバー「ザ・ビッグライフ」跡)に開館した。運営は福岡ソフトバンクホークス株式会社が行っている。ドーム改装に伴い、一旦閉館したが、2020年7月21日、BOSS E・ZO FUKUOKAの4階に正式名称「王貞治ベースボールミュージアム Supported by リポビタンD」として再オープンした[1]。現在の命名権はブシロードが獲得しており、現在の正式名称は「王貞治ベースボールミュージアム Supported by DREAM ORDER」である[2]。
Wikipedia    内容詳細  
123.岡田武彦記念館  ・福岡県朝倉市日向石字上川原55-1
岡田武彦記念館(おかだたけひこきねんかん、正式名称:秋月書院關雎學舎 岡田武彦記念館)とは、岡田武彦を顕彰・記念するために建てられた、研修施設付きの記念館である。 ※但し、現在は解説員不在のため休館中。
Wikipedia    内容詳細  

長崎県の人物記念館

124.シーボルト記念館  ・〒850-0011 日本長崎県長崎市鳴滝2丁目7-40
シーボルト記念館(シーボルトきねんかん)は、長崎県長崎市にある、長崎市立の博物館。
Wikipedia    内容詳細  
125.鄭成功記念館  ・〒859-5132長崎県平戸市川内町1114-2
鄭成功記念館(ていせいこうきねんかん)とは長崎県平戸市にある記念館である。平戸市出身の軍人・政治家である鄭成功を顕彰するために2013年に開館した。
Wikipedia    内容詳細  
126.松永安左エ門記念館  ・〒811-5214長崎県壱岐市石田町印通寺浦360番地
松永安左エ門記念館(まつながやすざえもんきねんかん)は、長崎県壱岐市石田町にある人物記念館。
Wikipedia    内容詳細  

熊本県の人物記念館

127.リデル・ライト両女史記念館  ・熊本市中央区黒髪5丁目23-1
リデル・ライト両女史記念館(英語:Riddell-Wright Memorial Hall)は、熊本県初のハンセン病病院回春病院(1895年11月12日-1941年2月3日)を創立したハンナ・リデルとその後継者エダ・ハンナ・ライトおよび回春病院を記念して、その施設の研究室、兼、後にライトの住居になった建物(1919年建築、1935年増築)に作られた博物館形式の記念館。 1992年10月20日熊本市に寄贈され、2008年3月19日より国の登録有形文化財[1]。管理団体はリデル・ライト両女史顕彰会。
Wikipedia    内容詳細  
128.北里柴三郎記念館  ・〒869ー2505熊本県阿蘇郡小国町大字北里3199番地
北里柴三郎記念館(きたざとしばさぶろうきねんかん)は、熊本県阿蘇郡小国町の学びやの里内にある展示施設。北里柴三郎の旧居宅と生家、当時の資料や書籍などがある。一般財団法人学びやの里が管理運営している。
Wikipedia    内容詳細  
129.球泉洞森林館  ・〒869-6205 日本熊本県球磨郡球磨村大瀬1121
球泉洞森林館(きゅうせんどうしんりんかん)は、熊本県球磨郡球磨村に所在する博物館である。トーマス・エジソンに関する展示を行っているが、豪雨災害のため2012年より休館している。
Wikipedia    内容詳細  
130.夏目漱石内坪井旧居  ・〒860-0077 日本 熊本県熊本市中央区内坪井町4番22号
夏目漱石内坪井旧居(なつめそうせきうちつぼいきゅうきょ)は、日本の小説家で俳人の夏目漱石が熊本滞在期に住んだ邸宅の1つ[1][2]。熊本県熊本市中央区内坪井町に所在する[3]。 1978年(昭和53年)には熊本市指定の文化財(記念物・史跡)に指定された[4][5]。同年、記念館として開館し、漱石関係資料を展示している[6][7]。熊本市が所有し[4]、所管は熊本市文化財課が担当している[8]。 漱石は彼が熊本で住んだ家のうち、最も長いおよそ1年8か月をこの家で過ごした[9]。一般には彼が熊本で5番目に住んだ家であるとされ、第5旧居と呼ばれるが、後述の「敗屋」を含めて6番目に住んだ家とする研究者もいる[9][10]。
Wikipedia    内容詳細  
131.横井小楠記念館  ・〒861-2102 日本熊本県熊本市東区沼山津1-25-91
横井小楠記念館(よこいしょうなんきねんかん)は、熊本県熊本市東区に所在する博物館である。
Wikipedia    内容詳細  

鹿児島県の人物記念館

132.西郷南洲顕彰館  ・〒892-0851鹿児島県鹿児島市上竜尾町2-1(南洲公園内)
西郷南洲顕彰館(さいごうなんしゅうけんしょうかん)は、鹿児島県鹿児島市上竜尾町にある資料館である。1978年7月に開館、南洲公園内の南洲神社西郷隆盛墓所の隣に建っている。西郷隆盛を中心に大久保利通や明治維新について展示しており、近隣には西南戦争で西郷軍が決起した私学校址の石垣、最後の戦いが行われた 城山、西郷洞窟、西郷隆盛終焉の地などがある。また鹿児島市の旧市街地(上町地区)に位置し、福昌寺址など歴史遺跡が多い。
Wikipedia    内容詳細  

沖縄県の人物記念館

133.大濱信泉記念館  ・〒907-0004沖縄県石垣市登野城2-70
大濱信泉記念館(おおはまのぶもときねんかん)は、大濱信泉を記念して開設された沖縄県石垣市にある博物館である。
Wikipedia    内容詳細  
134.具志堅用高記念館  ・沖縄県石垣市新川2376番地
具志堅用高記念館(ぐしけんようこうきねんかん)は、沖縄県石垣市にある元プロボクサー・具志堅用高を記念する博物館である。玄関上部には、具志堅をシンボライズするカンムリワシが描かれる[1]。
Wikipedia    内容詳細  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責