オーサムサーチジャパン

全国の山

クリックするとその県に飛びます。

北海道の山

1.オコツナイ岳  ・ 日本北海道後志総合振興局島牧村
オコツナイ岳(オコツナイだけ)は、北海道島牧村にある狩場山地の標高1,170.4 mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
2.音威富士  ・ 日本北海道中川郡音威子府村
音威富士(おといふじ)は、北海道中川郡音威子府村にある山である。標高489m。 北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線音威子府駅の東3㎞に位置しており[1]、南西の山麓には1970年代に音威富士スキー場が整備されている。
Wikipedia    内容詳細  
3.音更山  ・ 日本北海道上川郡上川町河東郡上士幌町
音更山(おとふけやま)は、北海道中央部の石狩山地にある北海道上川総合振興局管内の上川郡上川町と十勝総合振興局管内の河東郡上士幌町にまたがる標高1,932mの山。石英閃緑岩からなる。
Wikipedia    内容詳細  
4.温泉富士  ・ 日本北海道標津郡中標津町
温泉富士(おんせんふじ)は、北海道標津郡中標津町にある山である。標高660.18m。二等三角点設置。三角点名は観示守山(カンシシュ山)で標高659.85m[1]。東側の養老牛温泉付近や北西の清里峠から見ると端正な富士山型の山容を見せる[2]。登山道はない。
Wikipedia    内容詳細  
5.硬石山  ・ 日本北海道札幌市南区
硬石山(かたいしやま、こうせきやま)は、北海道札幌市南区にある山である。 札幌の南郊外にあって、明治時代から札幌硬石という石材を産出した。現在は切込砕石(道路路盤用やコンクリートに混ぜて骨材にするためのもの)が主として生産され、石垣や護岸に用いられる自然石も生産されている。 標高371.0メートルとされるが、これは三角点のある東峰の高さである。中央峰はより高く397メートル、西峰は353メートルである[1]。 「かたいしやま」の名称は周辺一帯の住所としても用いられている[2]。一方、じょうてつバスの停留所名は「こうせきやま」である[3]。
Wikipedia    内容詳細  
6.カムイエクウチカウシ山  ・北海道日高郡新ひだか町・河西郡中札内村
カムイエクウチカウシ山(カムイエクウチカウシやま)は、北海道日高山脈に属する山である。日本二百名山の一つに数えられる。名称はアイヌ語の「熊(神)の転げ落ちる山」に由来する。登山家の間ではしばしばカムエクと略して呼ばれる[2]。
Wikipedia    内容詳細  
7.神居尻山  ・ 日本北海道石狩郡当別町
神居尻山(かむいしりやま)とは、北海道石狩郡当別町にある標高946.7mの山である。山名はアイヌ語のカムイ・シリに由来しており、月形北部の樺戸山地に位置する。山頂からは暑寒別岳をはじめとした増毛山地などを望むことができる。 道民の森神居尻地区として整備されており、登山道は次の3つのコースがある。
Wikipedia    内容詳細  
8.神威岳 (大樹町・浦河町)  ・ 日本北海道広尾郡大樹町・浦河郡浦河町
神威岳(かむいだけ)は、北海道広尾郡大樹町と浦河郡浦河町とにまたがる標高1,600 mの山。日高山脈南部にあり、日高山脈襟裳国定公園に属する。威風堂々とした山容で[1]、日本三百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
9.神威岳 (札幌市)  ・ 日本北海道札幌市南区
神威岳(かむいだけ)は北海道札幌市南区にある山。標高983メートル[1][2]。北海道百名山に選定されている。 山名の由来については諸説ある。 山体は岩がむき出しになった頂が凸字型にそびえる異様な姿をしている[3][1]。烏帽子岳とは尾根続きで1キロメートルほど離れており[3]、縦走も可能だが素人向きではない[5]。 登山道は、南を流れる豊平川に架けられた百松橋から始まる[1][6]。かつては西側の木挽沢コースで手ごろな沢登りが楽しめたが、定山渓ダムによって沢の標高400メートルまでが水没し[1]、往時の魅力はなくなった[2]。
Wikipedia    内容詳細  
10.カムイヌプリ (登別)  ・ 日本北海道登別市
カムイヌプリとは、北海道登別市にある標高750.1mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
  #登別市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
11.神居山 (旭川市)  ・ 日本 北海道旭川市
神居山(かむいやま)とは、北海道旭川市神居町にある山である。 標高799.2m。空知地方と上川地方の電波送信における中継地点として有利な地理特性により、ラジオや防衛庁の中継施設(旧神居山分屯地)が山頂に設置されている。 また、北側斜面には国設神居山スキー場が設けられ各種スキー大会に使用されている。火山としての記録は存在せず、不明である。 西側斜面に見えるコースはカムイスキーリンクスであり、山頂北側にあるのは旧国設神居山スキー場跡地で、現在はカムイスキーリンクス第5リフト及びダイナミックコースとして運用している。山頂南側にある通信施設はラジオの中継施設及び防衛施設(旧神居山分屯地)である。山頂へは国道12号沿いの夢殿観音前から山頂にかけてのアプローチ道が存在しており、山麓は山菜が採れる事から春先を中心に地元住民が笹竹及び蕨等を採取している姿がある。付近はヒグマの生息区域である事から、麓からの林道には「ヒグマ注意」の看板が設置されており、目撃情報も散見される。
Wikipedia    内容詳細  
12.神威岳 (赤平市・歌志内市)  ・ 日本北海道赤平市歌志内市
神威岳(かもいだけ、かむいだけとも)は、北海道赤平市から歌志内市に跨る山である。歌志内市の市街地北部に位置し、東は赤平山と接する。標高467.4m。
Wikipedia    内容詳細  
13.カルルス山  ・ 日本北海道有珠郡壮瞥町
カルルス山(カルルスやま)とは、北海道有珠郡壮瞥町にある標高1,075.0mの山である。 登別市の最高峰は、通称バケモノ山と呼ばれている1,077m峰である。ここは支笏洞爺国立公園内にあり、人工工作物の設置は環境省の許可なく行ってはいけない。しかし何者かによって無断で山頂にコンクリート製の標柱が設置された。 そのため、環境省や地元営林署の意向を受けた登別山岳会が、2009年(平成21年)に1,077m峰から西側300メートルの壮瞥町内にあり、国立公園の区域から外れている1,075m無名峰をカルルス山と命名し、登山道を開発して、標柱を設置した。現在はオロフレ峠から1,077m峰に向かう登山道は閉鎖され、立ち入ることはできなくなっている。
Wikipedia    内容詳細  
14.岩石山 (北海道)  ・北海道河東郡上士幌町[1]
岩石山(がんせきやま)は、北海道河東郡上士幌町の標高1,088 mの山。 然別火山群を構成する火山の一つで、溶岩ドームに分類される。山体は大雪山国立公園に指定されている[2]。同火山群の中でも最もガレ場が多い[3]。 2020年8月時点では国土地理院地図を含め、山名が書かれているインターネット上の地図サービスは無いが、公的組織が設置した現地の登山道にある標識では記載されている[4]。 登山口は、南麓の士幌高原ヌプカの里の至近にあり、これが最短の登山道となる。また、然別湖南端から白雲山を経由するルートもある。白雲山とは隣同士の関係で、山頂同士は450mほどしか離れていない。岩石山の山頂からは十勝平野を望める。然別湖はほぼ見えない。
Wikipedia    内容詳細  
15.観音岩山  ・ 日本北海道札幌市南区
観音岩山(かんのんいわやま)は、北海道札幌市南区にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
16.喜茂別岳  ・ 日本北海道札幌市南区定山渓・虻田郡喜茂別町
喜茂別岳(きもべつだけ)は、北海道札幌市南区定山渓と喜茂別町の境界にある山[1]。標高1177メートル[2]。
Wikipedia    内容詳細  
17.九度山  ・ 日本 北海道名寄市字日進
九度山(くどさん)は、 北海道名寄市に位置する標高673.6メートルの山である[1]。 名寄市字日進に位置する独立峰。かつてはアイヌ民族における「チノミシリ(ci-nomi-sir)」(われら・礼拝する・山)であったとされている[2]。山は名寄ピヤシリスキー場として利用されている[3]。 2009年、「ピㇼカノカ」(アイヌ語で、「美しい形」の意)の一つとして、石狩市の黄金山(ピンネタイオルシペ)とともに国の名勝に指定された。 アイヌ語に由来すると考えられており、山田秀三は「クトゥヌㇷ゚リ(kutu-nupri)」(崖・山)あるいは「クトゥンヌㇷ゚リ(kut-un-nupri)」(崖・ある・山)からと考察している[2]。
Wikipedia    内容詳細  
18.隈根尻山  ・ 日本北海道樺戸郡月形町北海道樺戸郡浦臼町北海道石狩郡当別町
隈根尻山(くまねしりやま)とは、北海道樺戸郡月形町および浦臼町と石狩郡当別町との境にある標高971.4mの山である。 月形北部の樺戸山地に位置し、神居尻山、ピンネシリ山と並んで樺戸三山の1つに数えられる。
Wikipedia    内容詳細  
19.毛無山 (小樽市)  ・ 日本 北海道小樽市
毛無山(けなしやま)は、北海道小樽市にある山。標高548.2m。 語源は、アイヌ語“ケナシ・kenas(山林)”と考えられており、それに「毛無」という当て字がなされたもの。 山肌を縫うように作られた国道393号(毛無峠)は小樽側からキロロリゾートなどがある赤井川村へ抜ける途中にあり、スキーシーズンには多くの車で混雑する。中腹には北海道ワインの工場がある。また、毛無山展望台からは小樽市のほぼ全域を見渡すことができ、昼夜を問わず多くの方が訪れる景勝地である。
Wikipedia    内容詳細  
20.黄金山 (石狩市)  ・ 日本 北海道石狩市浜益区
黄金山(こがねやま)は、北海道石狩市浜益区に位置する標高739.1メートルの山である。 アイヌ語ではピンネタイオルシペ(樹叢の平原の中にそびえる雄山)。石狩市浜益区実田(みた)、暑寒別天売焼尻国定公園内に位置する。[1]その形から「浜益富士」、「黄金富士」とも呼ばれる。[2]2009年、ピリカノカ(アイヌ語では「ピㇼカノカ」で、「美しい形」の意)の一つとして、名寄市の九度山(クトゥンヌプリ)とともに国の名勝に指定された。 国道451号から登山口まで約5km。登山口より頂上へはおよそ100分。
Wikipedia    内容詳細  
21.小天狗岳  ・北海道札幌市南区定山渓
小天狗岳(こてんぐだけ)は北海道札幌市南区定山渓にある山。標高764.7メートル[1]。名称の由来は、北西の奥にある定山渓天狗岳のミニチュア版とも言うべき小ぶりな岩山であることからと思われる[1]。 定山渓ダムによってできたさっぽろ湖の西に位置し[1]、登山道はダム資料館の奥に入り口がある[2]。登山道自体はダムの完成以前から開削されていたが[1]、かつては全く登る者が無く[3]、ダム下流園地の完成によってようやく気軽にアクセスできるようになった[1]。 登山道には多くの階段が設けられているが、木の板が腐敗して支えの鉄杭だけが露出した状態になっており、危険である[4][5]。 山体は約500万年前に周辺の地層を貫いた溶岩からできており、山頂付近では暗灰色の安山岩が確認できる[5]。
Wikipedia    内容詳細  
22.五天山  ・北海道札幌市西区平和
五天山(ごてんざん)は、北海道札幌市西区平和にある標高304メートルの山である。 1000万年ほど前、一帯が海底だったころに堆積した地層に安山岩質のマグマが貫入して岩脈となった。その後、一帯が地表に隆起して周囲が浸食される中で残った、堅い岩脈の部分が山体を形成している[1]。かつては採石場として利用されていたため、南側の斜面は階段状の崖になっている[2]。山体が露出しているため柱状節理の発達を確認できるが、山腹と山頂では節理の方向が違っており、複雑な過程でマグマが冷却したと想定される[3]。 山名は1935年(昭和10年)、開拓者の井上弥一郎が夢で大国主のお告げを受け、安井広・野村村栄・佐々木千代松といった土地の所有者たちと相談の上、神祠を設けるとともに仏典から引用して命名した[4]。そのため登山口近くには五天山神社が、山頂には小さな祠がある[2]。
Wikipedia    内容詳細  
23.木挽山  ・ 日本北海道札幌市南区
木挽山(こびきやま)は、北海道札幌市南区澄川にある山である。この山と周辺の森林は、札幌建設の最初期に木材を供給した。低い丘で、宅地造成によって削られている。標高102m。「慈恵の山」と付近の住民から言われている。
Wikipedia    内容詳細  
24.狭薄山  ・ 日本北海道札幌市南区
狭薄山(さうすやま)は北海道札幌市南区にある山。 標高1296.1メートル。札幌岳・空沼岳間の縦走路から西に約1.5キロメートルの位置にあり、漁岳まで含めた連峰中の最高峰である。登山道は存在せず、登頂のためには狭薄沢ないし蝦蟇沢をさかのぼるか、雪山登山を行うしかない[1]。 山名の「サウス」は、アイヌ語で「山が狭まって、こだまする」を意味する「サシヌ」が変化したものと言われ[2]、豊平峡をほうふつとさせる形容だが、「藪が多い」という意味との説もある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
25.察来山  ・ 日本北海道石狩郡当別町北海道樺戸郡新十津川町
察来山(さっくるやま)とは、北海道の石狩郡当別町と樺戸郡新十津川町との境に山頂がある標高589.8m[1]の山である。
Wikipedia    内容詳細  
26.札内岳  ・ 日本北海道十勝総合振興局帯広市・河西郡中札内村
札内岳(さつないだけ)は、北海道帯広市と河西郡中札内村とにまたがる標高1,895 m[1][2]の山である。日高山脈襟裳国定公園に含まれる。また、北海道の百名山に選ばれている。 日高山脈北部主稜線上のエサオマントッタベツ岳から東に派生する支稜線上に位置し、ピパイロ岳からカムイエクウチカウシ山とピラミッド峰を札内川越しにぐるりと見渡すことができる展望の良い山である[3]。東面に底の崩れたカールを抱いている。山頂には三等三角点(点名「札内岳」)[4]が設置されている。 山名はアイヌ語で「Sat(乾く)nay(川)」を意味し、この山が札内川の源流となっていることに由来する[5]
Wikipedia    内容詳細  
27.札幌50峰
札幌50峰(さっぽろ50ほう)、または札幌50山(さっぽろ50ざん)は、北海道札幌市近郊に所在する50の山[1]。1989年(平成元年)に札幌市が刊行したさっぽろ文庫第48巻『札幌の山々』によって選定された[1]。
Wikipedia    内容詳細  
28.札幌岳  ・ 日本北海道札幌市南区
札幌岳(さっぽろだけ)は支笏洞爺国立公園[3]内に含まれ、北海道石狩振興局札幌市にある標高1,293mの火山である。 山の名は、豊平川の水源であることに由来。札幌市内を流れる豊平川は明治以前はサッ・ポロ・ペツ(アイヌ語で「渇いた大きな川」の意)と呼ばれていた。サッ・ポロ・ペツは札幌市の地名語源でもある[4]。 山頂には「石鎚神社」碑と[5]、一等三角点「札幌岳」が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
  #札幌市の楯状火山の山    #北海道の楯状火山の山    #全国の楯状火山の山  
29.佐幌岳  ・ 日本北海道空知郡南富良野町・上川郡新得町
佐幌岳(さほろだけ)は、北海道中央部新得町と南富良野町の境界にある山。日高山脈の最北部に位置する。 名はアイヌ語で下方の川の意の「サオロオペツ」に由来する[1]。古くは「サオロ岳」とも呼ばれた[2]。 狩勝峠の北4 kmにあり、山体は花崗岩主体だが、周辺部の大部分は、十勝溶結凝灰岩の台地となっている。頂上には石狩アイヌと十勝アイヌの伝説にまつわるチャランケ(=談判)岩がある。 1954年(昭和29年)に新内側からの、1961年(昭和36年)に狩勝峠側からの登山道が開かれた。 第二次世界大戦前から滑降スキー場として使用され、1961年(昭和36年)には、国有A級スキー場の指定を受けた。1980年(昭和55年)に初めてリフトが置かれ、狩勝高原スキー場(後のサホロリゾートスキー場)として再開発された。
Wikipedia    内容詳細  
30.三角山 (札幌市)  ・ 日本北海道札幌市西区
三角山(さんかくやま)は、北海道札幌市西区山の手にある標高311.3 mの山。 見る角度によって山体が三角形に見えることからその名が付けられた。アイヌ語名は、「発寒の小山」を意味する「ハチャムエプイ」。山頂には一等三角点があり、点名は「琴似山」となっている。
Wikipedia    内容詳細  
31.三頭山 (北海道)  ・ 日本北海道雨竜郡幌加内町
三頭山(さんとうさん)は、北海道雨竜郡幌加内町の天塩山系にある、標高1,009mの山である。同山系でピッシリ山に次いで2番目に高い山であり、北海道百名山の一つでもある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
32.然別火山群
然別火山群(しかりべつかざんぐん)は、北海道鹿追町、上士幌町、士幌町にまたがる火山群である。大雪山国立公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
33.標津岳  ・ 日本 北海道中標津町・清里町
標津岳(しべつだけ)は、北海道中標津町と清里町との境界にある山。山頂からは、知床山系や屈斜路湖・斜里岳が眺望できる。標高は1,061m。
Wikipedia    内容詳細  
34.島松山  ・北海道恵庭市桜森
島松山(しままつやま)は北海道恵庭市・北広島市・札幌市清田区の境界上にある山。 山麓一帯は自衛隊の演習場になっている。特に山頂はレーダーサイトがあるため柵で囲まれており、一般人の立入は禁じられている[1]。標高492.8メートルとされるが[2]、レーダーサイトの造成に山頂を削ったといわれ、古い地図では512.2メートルと記すものがある[3]。 登山道は北海道道790号仁別大曲線起点のさらに奥から続いているが、前述の通り山頂にはたどり着けないため、最高到達点の487.8メートルをもって北広山(きたひろやま)と呼ばれている[1]。 山菜採りの適地として知られ、春先にはにぎわう。むしろ登山目的で訪れる人のほうが少ない[2]。
Wikipedia    内容詳細  
35.積丹岳  ・ 日本北海道積丹町
積丹岳(しゃこたんだけ)は、北海道積丹町に位置する山。標高1,255.3m。
Wikipedia    内容詳細  
36.射的山  ・ 日本 北海道旭川市
射的山(しゃてきやま)は、北海道旭川市永山に存在する、標高およそ171mの山である。周辺には庭園で有名な上野ファームが存在する。永山地域唯一の山である。 1897年(明治30年)から屯田兵第三大隊射撃場として一次利用されていた。このことが射的山の名前の由来になっている。1910年(明治43年)に山頂部に祠が祀られた。当時火災が多く、火の守り神、安産の願いを込めて祀られたものとされている。その後、特に利用されることはなかったが、大正時代に畑として開墾され、このとき山頂部から南側が大規模に伐採された。 この斜面は、当時この地域では唯一のスキー場として、多くの子供たちがスキーを楽しむ場所になった。現在は周辺スキー場の開発や安全性の問題から、行なわれることは全くなくなっている。2001年(平成13年)より、麓で上野ファームの庭園工事が始まり、現在では有名な観光スポットとなっている。
Wikipedia    内容詳細  
37.定山渓天狗岳  ・ 日本北海道札幌市南区定山渓
天狗岳(てんぐだけ)は北海道札幌市南区定山渓にある山。標高1144.5メートル[1]。北海道百名山、北海道の百名山および札幌50峰に選定されている。 定山渓温泉から見ると北西の方角、白井川と小樽内川に挟まれた小天狗岳の向こうにある[2]。
Wikipedia    内容詳細  
38.暑寒別岳  ・北海道増毛郡増毛町雨竜郡雨竜町・北竜町樺戸郡新十津川町
暑寒別岳(しょかんべつだけ)とは、北海道空知総合振興局西部と、留萌振興局東部の3郡4町にまたがる、標高1492mの山。
Wikipedia    内容詳細  
39.渚滑岳  ・ 日本北海道紋別郡滝上町
渚滑岳(しょこつだけ)は、北海道紋別郡滝上町にある標高1,345mの山。
Wikipedia    内容詳細  
40.白井岳 (北海道)  ・ 日本北海道札幌市南区定山渓
白井岳(しらいだけ)は北海道札幌市南区定山渓にある山である。標高1,301.3メートル[1]。近隣の余市岳・朝里岳と合わせて「余市三山」と称される[2]。 山名は、南斜面から白井川の源流のひとつである右股川[注 1]が発していることに由来する[3]。 山体は溶岩ドームの中心部にあたる[1]。東側には岩壁が連続しており、北東に向けて岩脈と思われる尾根が3キロメートル、股下山のすぐ西まで延びている[1]。 かつてはヘルヴェチア・ヒュッテから尾根をたどる登山道があったが[4]、いつしか消え去った[5]。
Wikipedia    内容詳細  
41.白旗山  ・北海道札幌市清田区有明
白旗山(しらはたやま/Shirahata-yama・Mt.Shirahata)は北海道札幌市清田区有明に位置する[1]標高321.5mの低山である。 名称は、屯田兵が測量時に白旗を立てたことに由来する。 厚別川・平岡公園の梅林と並ぶ、清田区のシンボルのひとつとされる[2]。
Wikipedia    内容詳細  
42.尻別岳  ・北海道喜茂別町・留寿都村・真狩村
尻別岳(しりべつだけ)は、北海道喜茂別町、留寿都村、真狩村にまたがる第四紀火山である。標高は1107.27m、二等三角点(点名「後別岳」)[1]の山である。アイヌの人々はピンネシリ(雄岳)[2]と呼び、当時の入植者は前方羊蹄山と呼んだ。南側山麓の橇負山(枝脈)にはルスツリゾートが広がる。
Wikipedia    内容詳細  
43.神社山  ・北海道札幌市中央区
神社山(じんじゃやま)は、北海道札幌市中央区に位置する山。標高は237メートル[1]。 山名は1897年(明治30年)12月に札幌神社(後の北海道神宮)の所有地となったことに由来する[1]。アイヌ語ではエプイ(つぼみのような小山)と呼ばれていたらしい[2]。 神宮が管理しているため、緑がよく残っている[1]。登山道は存在しない。 太平洋戦争末期、日本の敗色が濃厚となると、北部軍はアメリカ軍の上陸に備えて月寒の防空作戦室の移転先を求めるようになった。その建設地に選ばれたのが神社山である。北海道神宮の「社務日誌」には、「昭和20年6月25日北部軍司令部大竹少尉が要望書なるものを持ってきた」とある[3]。
Wikipedia    内容詳細  
44.銭函天狗山  ・ 日本 北海道小樽市
銭函天狗山(ぜにばこてんぐやま)は北海道小樽市見晴町に位置する、標高536.7mの山である。 正式名称は天狗山だが、定山渓天狗岳、小樽中心部の天狗山、朝里天狗岳となど区別するために銭函天狗山と呼ばれ、山頂標識もこちらになっている。略して銭天と呼ばれることもある。三等三角点の基準点名は天狗山。 国道5号を進み銭函市街に入る。小樽商工信用組合の横道を曲がり、札幌緑花会の看板の曲がり道なりに進み、突き当たりまで車を走らすと銭天の登山道の看板がある。ここから登山がスタートする。登山口から暫く行くと銭天山荘があり、そこを横目にさらに進むと沢の地形となり傾斜が厳しくなり尾根に出る。尾根からはゴルフ場がみえる。尾根の比較的急な登りを進み、肩と呼ばれる岩壁の基部までたどり着く。ここから頂上へは回り込んで登ることができる。初心者でも1時間半程度で登れる手軽な山であるが、頂上は想像以上に切り立っており、眼下には弧を描く石狩湾が一望できる。
Wikipedia    内容詳細  
45.ソエマツ岳  ・ 日本北海道広尾郡大樹町・浦河郡浦河町
ソエマツ岳(ソエマツだけ)は、北海道広尾郡大樹町と浦河郡浦河町とにまたがる山である。標高1,625 mの双耳峰で、日高山脈南部にあり日高山脈襟裳国定公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
46.測量山  ・北海道室蘭市清水町
測量山(そくりょうざん)は、北海道室蘭市清水町にある標高199.63mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
47.空沼岳  ・ 日本北海道札幌市南区簾舞
空沼岳(そらぬまだけ)は、北海道石狩管内の札幌市にある標高約1,251mの山である。山頂付近は支笏洞爺国立公園の第1種特別地域に指定されている。 札幌市中心部から車で40分程とアクセスが良いため、夏場のハイキング・秋の紅葉・冬のスキー登山など、市民に親しまれている山のひとつである。
Wikipedia    内容詳細  
48.大千軒岳  ・北海道松前郡松前町・上ノ国町
大千軒岳(だいせんげんだけ)は、北海道渡島半島の南西部、松前郡松前町と上ノ国町との境にある山である。標高1,072m。1896年(明治29年)、北海道で最初に一等三角点が設置された山である。 寛永16年(1639年)、松前藩による隠れキリシタン処刑によって106人が殉教した地でもあり[1]、金山番所跡(知内川コースの5合目付近)と、千軒平の尾根には十字架が建てられており、毎年7月の最終日曜日には千軒岳殉教記念ミサが行われる[2]。
Wikipedia    内容詳細  
49.樽前山  ・北海道苫小牧市・千歳市
樽前山(たるまえさん、たるまえざん、たるまいさん、たるまいざん)は、北海道の道央地方南部にある支笏湖の南側、苫小牧市の北西部に位置する活火山。日本二百名山。標高は最高点の樽前ドームで1,041m、一等三角点(点名「樽前岳」)の東山で1,022m、三等三角点(点名「樽前山」)の西山で994m。この樽前ドームは、立ち入り禁止となっている火口原にある溶岩ドームで、周辺との比高は約120m、最大径は約450m[1]。 支笏洞爺国立公園に属する。風不死岳、恵庭岳とともに支笏三山の一つに数えられる。
Wikipedia    内容詳細  
50.手稲山  ・ 日本 北海道札幌市手稲区・西区
手稲山(ていねやま)は、北海道札幌市西部の手稲区と西区に跨る標高1023.1mの山。 北海道における登山とスキーの発祥の地であるが、全山が民有林になっているために開発が進行し、北面はゴルフ場・遊園地・スキー場が立ち並ぶ一大レジャーランドと化している[2]。 また、山頂にはテレビ送信所が林立している[2](札幌送信所を参照)。
Wikipedia    内容詳細  
51.天塩岳  ・ 日本北海道士別市・紋別郡滝上町
天塩岳(てしおだけ)は、北海道士別市と紋別郡滝上町にまたがる標高1,558mの山。
Wikipedia    内容詳細  
52.天塩富士  ・ 日本北海道士別市・紋別郡滝上町
天塩富士(てしおふじ)は、北海道士別市と紋別郡滝上町の境に位置する山である。標高1,450m。
Wikipedia    内容詳細  
53.天狗山 (小樽市)  ・ 日本北海道小樽市
天狗山(てんぐやま)は、北海道小樽市にある山である。標高532.5m[1]。市の中心部より南西に位置し、山麓の小樽天狗山スキー場と山頂のやや下までは小樽天狗山ロープウェイが結んでいる[1]。展望台からは夜景を含めて眺望を楽しめ[1]、小樽市民や観光客からリゾート地として親しまれている。 山岳信仰の場でもあり、山中には四国八十八箇所を模した巡礼の霊場や神社、石碑がある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
54.天神山 (北海道)  ・ 日本 北海道札幌市豊平区
天神山(てんじんやま)とは、北海道札幌市豊平区平岸にある小さな山である。名称の由来は、天満宮を祀ったことによる。 標高は89メートル。さっぽろ文庫48「札幌の山々」掲載の「札幌50峰」のうち、最も低い山である。周辺は市街化しているが、同山一帯は「天神山緑地」として保護されている。山頂には札幌市が設置した「天神山国際ハウス」(2008年3月閉館)があったが、閉館した後に2014年5月31日より「さっぽろ天神山アートスタジオ」として開館。また、麓のあたりには平岸リンゴにまつわる石川啄木の歌碑が設置されている。 山体は約4万年前に支笏湖カルデラを形成した火山噴火によって噴出した火砕流の堆積物からなっており、道路を切り開いた箇所の側面では黄灰色の火山灰が確認できる。かつて一面に広がっていた火山灰台地は豊平川の浸食によって扇状地へと変わっており、その削り残しが天神山となったのである[1]。
Wikipedia    内容詳細  
55.天都山
天都山(てんとざん)は、北海道網走市市街地の南西にある標高207メートルの山である。国の名勝に指定(1938年指定)されている。網走国定公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
56.天望山 (北海道)  ・北海道河東郡上士幌町[1]
天望山(てんぼうざん)は、北海道河東郡上士幌町の標高1,174 mの山。
Wikipedia    内容詳細  
57.砥石山 (北海道)  ・ 日本北海道札幌市中央区盤渓
砥石山(といしやま)は北海道札幌市中央区盤渓と同市南区の境界上にある山。および、その周辺を指す南区の町名。 山の標高は826.7メートル。山名は、水成岩の砥石が採取されたことに由来する。山腹の風洞の内部気温が一定であることから、営林署が種子の保存所として活用していたことがあった[1]。
Wikipedia    内容詳細  
58.十勝岳 (日高山脈)  ・ 日本北海道浦河郡浦河町・広尾郡広尾町
十勝岳(とかちだけ)は、北海道浦河郡浦河町と広尾郡広尾町に跨り、日高山脈南部にある標高1,457mの山。
Wikipedia    内容詳細  
59.十勝幌尻岳  ・北海道十勝総合振興局帯広市・河西郡中札内村
十勝幌尻岳(とかちぽろしりだけ)は、北海道帯広市と河西郡中札内村とにまたがる標高1,846 mの山である。日高山脈襟裳国定公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
60.徳舜瞥山  ・ 日本北海道伊達市大滝区
徳舜瞥山(とくしゅんべつやま)は、北海道伊達市大滝区にある標高1,309 mの火山である。すぐ隣のホロホロ山と双耳峰を成している。北海道百名山および北海道の百名山に選定されている。 昭和46年まで日鉄鉱業徳舜瞥鉱山が存在した。
Wikipedia    内容詳細  
  #伊達市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
61.突哨山  ・ 日本 北海道旭川市・上川郡比布町
突哨山(とっしょうざん)は、北海道旭川市と上川郡比布町にまたがる山・公園(都市緑地)[2]。日本国内最大級のカタクリ群落がある。
Wikipedia    内容詳細  
62.豊似岳  ・ 日本北海道幌泉郡えりも町
豊似岳(とよにだけ)は、北海道幌泉郡えりも町にある標高1,105 mの山である。日高山脈主稜線上最南に位置し、日高山脈襟裳国定公園に含まれる。山頂には一等三角点(点名「豊似山I」)[1]がある。
Wikipedia    内容詳細  
63.中岳 (札幌市・京極町)  ・ 日本北海道札幌市南区定山渓・虻田郡京極町
中岳(なかだけ)は、北海道札幌市南区定山渓と京極町の境界にある山。標高1387.5メートル[1]。 山名は無意根山と喜茂別岳の中間に座することに由来する[1]。
Wikipedia    内容詳細  
64.中ノ岳 (日高山脈)  ・ 日本北海道広尾郡大樹町・日高郡新ひだか町
中ノ岳(なかのだけ)は、北海道広尾郡大樹町と日高郡新ひだか町とに跨る山である。日高山脈南部にあり標高1,519mである。
Wikipedia    内容詳細  
65.泣面山  ・ 日本 北海道函館市
泣面山(なきつらやま)は、北海道函館市にある第四紀火山である。標高は834.9m。 地質は安山岩質の成層火山である。火口地形を思わせる地形が山頂東側に開いている。 近年、万畳敷からの登山ルートが新設された。所要時間はおよそ30分程度
Wikipedia    内容詳細  
  #函館市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
66.七飯岳  ・ 日本北海道亀田郡七飯町
七飯岳(ななえだけ)は、北海道亀田郡七飯町中央部にある山である。函館本線七飯駅の北東約5 kmの位置。標高779.2 m。 七飯岳山頂は七飯町営城岱牧場内に存在する。山頂の南側にある七飯町、函館市街地、北斗市および函館湾、北側にある駒ヶ岳を望むことができる。 1954年、七飯岳山頂には警察無線中継所が設置され、札幌方面本部とパトカーおよび警察署との通信を中継する役割を担った。その後、城岱に中継所ができたため廃止された。2017年現在山頂に残る建物はその中継所局舎として建設されたものである[1][2][3]。現在の所有者は不明。2022年5月現在、屋根が抜け落ちて廃屋となっている。
Wikipedia    内容詳細  
67.新冠泥火山
新冠泥火山(にいかっぷでいかざん)は、北海道新冠町に存在する丘陵群。地表に泥水などが噴出する泥火山である。国道235号沿いに並ぶ。
Wikipedia    内容詳細  
68.ニセイカウシュッペ山  ・ 日本北海道上川郡上川町
ニセイカウシュッペ山(ニセイカウシュッペやま)は、北海道上川郡上川町にある標高1,883 mの火山である。
Wikipedia    内容詳細  
  #上川町の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
69.袴腰岳  ・北海道函館市亀田大森町1-1
袴腰岳(はかまごしだけ)は北海道函館市にある標高1108.4mの山で、函館市内の最高峰である。袴腰山(はかまごしやま)とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
70.白雲山 (北海道)  ・北海道河東郡上士幌町[1]
白雲山(はくうんざん)は、北海道河東郡上士幌町の標高1,186 mの山。 然別火山群を構成する火山の一つで、溶岩ドームに分類される[2]。山体は大雪山国立公園に指定されている[3]。 登山口は、山体西北西の然別湖南端と、南麓の士幌高原ヌプカの里の2箇所。山頂からは然別湖や十勝平野を望める。
Wikipedia    内容詳細  
71.函館山  ・ 日本 北海道函館市
函館山(はこだてやま)は、北海道函館市の市街地西端にある山であり陸繋島でもある。陸繋島として表す場合でも「函館島」「函館山島」といった表現をすることは稀である。標高334m、周囲約9km。牛が寝そべるような外観から臥牛山(がぎゅうざん)とも呼ばれる[2]。
Wikipedia    内容詳細  
  #函館市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
72.春香山  ・北海道札幌市南区定山渓
春香山(はるかやま)は北海道札幌市南区定山渓にある山。標高906.7メートル[1]。札幌市の北端に位置し、境界線を挟んで小樽市側にある和宇尻山(わうすやま)と向かい合っている。 古くは「遙山」と呼ばれていたが、鉄道の案内書などに記載された「春香山」という表記が広まって現在に至る[2]。 1935年(昭和10年)ころにスキーコースが開削されたことがあり、以来スキーの山として知られている[2]。北麓の小樽市春香町にはスノークルーズ・オーンズが立地する。
Wikipedia    内容詳細  
73.盤渓山  ・ 日本北海道札幌市中央区盤渓
盤渓山(ばんけいざん)は北海道札幌市中央区盤渓に所在する山。標高604メートル[1]。 国土地理院の地形図には名前が記載されておらず、標高にちなんでロクマルヨン高地と呼ばれたこともあった[1]。「盤渓山」の名は、山麓にある妙福寺の山号に由来する[1]。 北海道道82号西野真駒内清田線の旧道から妙福寺に続く細道をたどり、盤渓市民の森入り口をさらに350メートル過ぎた所から登山道が始まる[1]。かつては妙福寺から直接登る道もあったという[1]。 山頂の北東部が切れ落ちているため、札幌の市街地を一望できる[2]。
Wikipedia    内容詳細  
74.盤の沢山  ・ 日本北海道札幌市南区豊滝
盤の沢山(ばんのさわやま)は、北海道札幌市南区豊滝に所在する山。南区内には焼山や豊見山のような小規模の独立峰が並ぶ一帯があり、その西端に位置する[1]。 標高はおよそ940メートルとされるものの、正確な値は不明である[1]。頂稜の北寄りに設けられた三角点は標高893メートルだが[2]、そこからさらに進んだ南端に最高点がある[1]。 豊滝集落を南に抜けて「龍神の水」で知られる神社を過ぎ、豊滝市民の森散策路を少し進んだあたりに登山口がある[3]。2本の林道を横切り、標高差約150メートルの急登を越えると頂稜に出る[4]。三角点から最高点までの距離は500メートルで、左右が絶壁になっているため注意が必要である[4]。
Wikipedia    内容詳細  
75.美瑛岳  ・ 日本北海道上川郡美瑛町
美瑛岳(びえいだけ)は、北海道上川郡美瑛町に位置する標高2,052mの火山である。大雪山国立公園に属し、山頂には二等三角点(点名「帯経しけ」[1])がある。
Wikipedia    内容詳細  
76.美瑛富士  ・ 日本北海道上川郡美瑛町
美瑛富士(びえいふじ)は、北海道上川郡美瑛町の十勝岳連峰北部に位置する標高1,888 mの山(コニーデ型火山)である。
Wikipedia    内容詳細  
77.東ヌプカウシヌプリ  ・北海道河東郡鹿追町・上士幌町・士幌町[1]
東ヌプカウシヌプリ(ひがしヌプカウシヌプリ)は、北海道河東郡鹿追町・上士幌町・士幌町にまたがる標高1,252 mの山である。 然別火山群を構成する火山の一つで、溶岩ドームに分類される[2]。山体は大雪山国立公園に指定されている[3]。山と溪谷社による北海道百名山に選定されたことがあるが、新版では除外されている。 山名の語源はアイヌ語で「野原の上にいらっしゃる山」の意[4]。山体の西隣には同じく溶岩ドームの西ヌプカウシヌプリがある。北方にある然別湖は、東ヌプカウシヌプリと西ヌプカウシヌプリが、ヤンベツ川の正面に成長したために形成された堰止湖である[5] 登山口は、山体西麓の白樺峠にあり[6]、登り1時間程度で登頂できる[6]。山頂からは十勝平野が眺められる[6]。また、登山道にはガレ場(岩塊斜面)が多くナキウサギの姿が見られる。このガレ場が多くの風穴をつくり出し、そこから出入りする空気が影響して、普通は2000m級の高山に分布する高山植物が低標高な場所に育つという特異な環境ができている[7]。
Wikipedia    内容詳細  
78.美幌岳  ・ 日本北海道えりも町・広尾町
美幌岳(びほろだけ)は北海道えりも町と広尾町との境にある日高山脈南部の山。標高1,120.9 m.
Wikipedia    内容詳細  
79.百松沢山  ・ 日本北海道札幌市中央区・西区・南区
百松沢山(ひゃくまつざわやま)は北海道札幌市の中央区、西区、南区の境界点に位置する山[1]。全山が広葉、針葉の混合で覆われうっそうたる景観を見せている[1]。 登山道は存在せず、冬季にスキーやスノーシューを用いて登られる[2]。
Wikipedia    内容詳細  
80.ピヤシリ山  ・ 日本北海道名寄市・下川町・雄武町
ピヤシリ山(ピヤシリやま)は、北海道北東部、名寄市・下川町、および雄武町の境にある標高987.1mの山。北見山地に属する。飛鏃岳(ぴやしりだけ)などとも表記される。
Wikipedia    内容詳細  
81.ピリカヌプリ  ・ 日本北海道広尾郡大樹町・浦河郡浦河町
ピリカヌプリは、北海道広尾郡大樹町と浦河郡浦河町とにまたがる、標高1,631 mの山である。日高山脈南部にあり、日高山脈襟裳国定公園に属する。山頂には二等三角点(点名「奴振」)が設置されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
82.ピンネシリ (新十津川町・当別町)  ・ 日本 北海道樺戸郡新十津川町北海道石狩郡当別町
ピンネシリとは、北海道樺戸郡新十津川町と石狩郡当別町の境にある標高1,100.4mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
83.貧乏山
貧乏山は北海道七飯町にある山。標高501m[1]。 NHKの番組『日本人のおなまえ』にて珍しい名前の山として取り上げられた[2]。
Wikipedia    内容詳細  
84.風不死岳  ・ 日本北海道千歳市
風不死岳(ふっぷしだけ)は、北海道千歳市にある火山。標高は1,102.5 mで三等三角点(点名「風不止」)がある。
Wikipedia    内容詳細  
  #千歳市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
85.富良野岳  ・ 日本 北海道上川総合振興局富良野市上川総合振興局上富良野町
富良野岳(ふらのだけ)は、石狩山地の十勝岳連峰の南西部に位置し、富良野市と上富良野町にまたがる標高1,912mの山である。山域は大雪山国立公園に指定されている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
  #上富良野町の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
86.フレ岳  ・ 日本北海道千歳市
フレ岳(フレだけ)は、北海道千歳市に山頂があり支笏湖の西にある山である。 空沼岳から漁岳・フレ岳・丹鳴(になる)岳と連なっている山の一つ。標高1,046m。千歳川、尻別川の源流。
Wikipedia    内容詳細  
87.ペテガリ岳  ・ 日本北海道日高郡新ひだか町・広尾郡大樹町
ペテガリ岳(ペテガリだけ)は、北海道の日高山脈中部に位置し、日高郡新ひだか町と広尾郡大樹町にまたがる標高1,736 mの山である。日高山脈襟裳国定公園に含まれ、山頂には二等三角点[1](点名「辺天狩岳」)がある。日本二百名山の一つ。A・B・Cの三つのカールを持つ。
Wikipedia    内容詳細  
88.北嶺山  ・北海道]上川郡比布町・愛別町
北嶺山(ほくれいざん)は北海道上川郡比布町と愛別町に跨る山。標高671.6メートル[1] 比布町の北東側に広がる森林地帯に位置しており、西麓にはぴっぷスキー場や、温泉施設などを併設したキャンプ場のグリーンパークぴっぷが設置されるなど[2]、比布町の観光拠点でもある。山頂までは民有林林道の北嶺線(通称・ほくれいスカイロード)で結ばれており、大雪山や上川盆地を一望できる[3]。 西側には高鞍山(358.8メートル)[1]、東側には伏古山(648.4メートル)[1]があって、高鞍山との間には石狩川水系の比布川が流れており、南東側の山麓方向には石狩川水系・愛別川へと流れ込む複数の河川が流下。また、南麓には旭川紋別自動車道の比布北インターチェンジが位置している。
Wikipedia    内容詳細  
89.母恋富士  ・ 日本北海道室蘭市
母恋富士(ぼこいふじ)は、室蘭市母恋南町と母恋北町、御前水町にまたがる小山である。
Wikipedia    内容詳細  
90.北海道駒ヶ岳  ・ 日本 北海道森町、鹿部町、七飯町
北海道駒ヶ岳(ほっかいどうこまがたけ)は、北海道森町、鹿部町、七飯町にまたがる標高1,131 mの活火山(成層火山)である。渡島国・渡島半島のランドマークにして、大沼国定公園のシンボルともなっている[2]。 江戸時代の旧称は内浦岳で、蝦夷駒ヶ岳(えぞこまがたけ)、渡島駒ヶ岳(おしまこまがたけ)とも呼ばれる。富士山型の紡錘状の山容から谷元旦が描いた絵画が渡島富士(おしまふじ)と呼ばれ、郷土富士となっている。 「北海道」を冠するのは全国に多数存在する同名の山と区別するためであり、地元、北海道では単に駒ヶ岳と呼ばれている。また、所在地の森町には、駒ヶ岳という地名(字)が存在し、同名の鉄道駅 駒ヶ岳駅もある[3][4][5]。
Wikipedia    内容詳細  
  #森町の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
91.幌尻岳  ・ 日本北海道日高振興局沙流郡平取町・新冠郡新冠町
幌尻岳(ぽろしりだけ)は、北海道日高振興局の沙流郡平取町と新冠郡新冠町にまたがる標高2,052 m[3][注釈 1]の山。日高山脈の主峰であるが、その主稜線からはやや西側に外れた位置にある。日高山脈襟裳国定公園に含まれ、山頂には二等三角点(点名「幌尻」)がある[4]。 深田久弥による『日本百名山』に選定されている[5]。山名はアイヌ語で「Poro(大きい)sir(山)」を意味する[6]。
Wikipedia    内容詳細  
92.母衣月山  ・ 日本北海道寿都町・島牧村
母衣月山(ほろづきやま)は、北海道後志総合振興局の寿都町と島牧村にまたがる山である。標高は503m。月越山脈の最高峰である。 頂上付近はササ藪に覆われているが、頂上には一本だけイチイが生えている。山裾には法人の森があり、地元企業の寿都砕石が出資している。法人の森には天然ブナ林が広がっている。ちなみに、このブナ林は北限としてよく知られている黒松内町よりも北にある。またミズナラの大木があることでも知られる。法人の森には寿都湾を見渡す展望台が設けられており、地元町民の憩いの場となっている。法人の森には、寿都町字樽岸町より小川沿いの舗装道を入ったところにある樽岸林道を歩いて数十分。 地形図では登山ルートが複数書かれているが、現場には明瞭なルートはない。冬季に登るのが良いと思われる。寿都町字六条町より休止中の風力発電所に至る林道を使えば、途中までは車で登ることが出来る。
Wikipedia    内容詳細  
93.ホロホロ山  ・ 日本北海道伊達市大滝区白老郡白老町
ホロホロ山(ホロホロやま)は、北海道伊達市大滝区と白老郡白老町にまたがる標高1,322.4 mの火山である。すぐ隣の徳舜瞥山と双耳峰を成しており、一等三角点(点名「徳心別山[2]」)が若干標高の高いホロホロ山頂側に設置されている。支笏洞爺国立公園内にあるのはホロホロ山のみ[3]で、徳舜瞥山は含まれていない。胆振総合振興局内の最高峰であり、伊達市および白老町、共に各市町内の最高峰でもある。 山名はアイヌ語で「甚だ大いなる川」を意味する「ポロポロ・ペッ」[4]に由来する。北海道道86号白老大滝線(四季彩街道)からの直登ルートが白老側にある[5]のに加え、大滝側からも徳舜瞥山経由の縦走路がある。また、北湯沢温泉湯元ホロホロ山荘の名の由来となっている。
Wikipedia    内容詳細  
  #伊達市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
94.馬追丘陵  ・ 日本 北海道空知管内夕張郡長沼町及び由仁町
馬追丘陵(まおいきゅうりょう)は、北海道の石狩平野の南東に位置する最高標高287.1m[1]の丘陵である[2][3]。「まおい」という名称は、アイヌ語で「ハマナスの実があるところ」を意味する「マウ・オ・イ」に由来する[4]。
Wikipedia    内容詳細  
95.待根山  ・ 日本北海道樺戸郡新十津川町・石狩郡当別町
待根山(まちねやま)とは、北海道樺戸郡新十津川町と石狩郡当別町との境にある標高1,002mの山である。山名はアイヌ語のマチネ・シリ(女山)に由来しており、ピンネシリ(男山)と対を成している。月形北部の樺戸山地に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
96.丸山 (札幌市)  ・ 日本北海道札幌市手稲区
丸山(まるやま)は北海道札幌市手稲区にある山。 標高141メートル[1]。山名はそのまま、見た目が丸いことに由来する。ただし円形ではなく、三樽別川と富丘川に挟まれて楕円形をしている[2]。登山道はない。 1951年(昭和26年)ごろ、中学生の勤労奉仕で「町民スキー場」が造られ、20メートル級のジャンプ台まで設けられた[2]。1962年(昭和37年)には、陸上自衛隊員延べ400名の手によって30メートル級のより本格的な台が建設された。しかし、スキー場を横切るような形で札樽自動車道が建設されたことを機に姿を消すことになった[3]。
Wikipedia    内容詳細  
97.円山 (札幌市)  ・北海道札幌市中央区
円山(まるやま)は、北海道札幌市中央区にある標高225 mの山である。所在地となる地名も同名である。石狩平野に面し、札幌市の中心から西の近くにあり、札幌市民の行楽の場になっている。山の大部分は円山原始林として保護されているが、過去に人の手が入っているので厳密な意味での原始林ではなく、天然林にあたる[3]。
Wikipedia    内容詳細  
98.三国山 (石狩山地)  ・ 日本 北海道北見市・上川郡上川町・河東郡上士幌町
三国山(みくにやま)は、北海道北見市と上川郡上川町と河東郡上士幌町の境界にある標高1,541mの山。大雪山系の東部に位置し[1]、石狩山地に属する。 山名は、明治初期に北海道に置かれた旧制の国名で、北見国、石狩国、十勝国の三つの境界付近にあったことに由来する。北海道を取り巻く三つの海域(日本海、オホーツク海、太平洋)へ流れ下る川の源流が集まる「北海道大分水点」が山中にある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
99.無意根山  ・ 日本北海道札幌市南区・虻田郡京極町
無意根山(むいねやま)は北海道札幌市南区定山渓と虻田郡京極町にまたがる山。標高1464メートルで[2]、余市岳に次ぐ札幌市第2の高峰である[3]。 余市岳が1980年代まで一般的ではなかったのに対し[4]、無意根山は大正時代の末ころから登山とスキーの適地として人気があった[5]。 山域は支笏洞爺国立公園内に含まれる[6]。
Wikipedia    内容詳細  
  #京極町の楯状火山の山    #北海道の楯状火山の山    #全国の楯状火山の山  
100.雌阿寒岳  ・ 日本北海道釧路総合振興局釧路市、十勝総合振興局足寄町
雌阿寒岳(めあかんだけ)は、北海道東部にある阿寒カルデラの南西部にある8つの火山で構成される成層火山群の総称[3]。主峰はポンマチネシリ(標高1,499m)[4]。雄阿寒岳とともに「阿寒岳」として、深田久弥による日本百名山[5]に掲載されている。
Wikipedia    内容詳細  
  #足寄町の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
101.メップ岳  ・ 日本北海道檜山振興局今金町渡島総合振興局せたな町
メップ岳(メップだけ)は北海道今金町およびせたな町にまたがる狩場山地の標高1,147.4 mの山。後志利別川の支流であるメップ川などの源流部の山である。
Wikipedia    内容詳細  
102.藻岩山  ・ 日本北海道札幌市南区
藻岩山(もいわやま)は、北海道札幌市の中心部から南西約5キロメートル(札幌駅の南西6km[2])に位置する[3]標高531メートル (530.9m[4][5]〈531.03m[6]〉) の山[1]。
Wikipedia    内容詳細  
103.藻琴山  ・ 日本北海道川上郡弟子屈町斜里郡小清水町網走郡大空町網走郡美幌町
藻琴山(もことやま)は北海道東部の釧路総合振興局管内とオホーツク総合振興局管内にまたがり、阿寒知床火山列に属する成層火山。標高999.9メートル[1][2]
Wikipedia    内容詳細  
  #弟子屈町の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
104.紋別岳 (伊達市)  ・ 日本北海道伊達市
紋別岳(もんべつだけ)は、北海道胆振総合振興局伊達市にある標高715mの山である。山頂には二等三角点「東山」[1]が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
105.紋別岳 (千歳市)  ・ 日本北海道千歳市
紋別岳(もんべつだけ)は、北海道石狩振興局千歳市にある標高866 mの山。支笏カルデラの外輪山である。支笏洞爺国立公園[2]内に含まれる。 山名はアイヌ語で「ゆっくり流れる静かな川」を意味する「モ・ペッ」に由来する。山頂には二等三角点「紋別岳」が設置されている[3]ほか、NTT無線中継所(支笏無線中継所)があり、山頂に向かって螺旋状に保守点検用の舗装道路が造成されている[4]。
Wikipedia    内容詳細  
106.野牛山  ・北海道札幌市南区滝野
野牛山(やぎゅうざん)は北海道札幌市南区滝野にある山。標高539.2メートル[1]。 名前の由来は、牛が寝ているように見える山容から[1]。滝野すずらん丘陵公園にある札幌市青少年山の家では、活動プログラムの一環として登山を取り入れている[2]。 山頂には雷に打たれた古木がある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
107.焼山 (札幌市南区)  ・北海道札幌市南区藤野
焼山(やけやま)は北海道札幌市南区の藤野と簾舞の境界上にある山。標高662.5メートル[1]。簾舞川の東にそびえる正三角錐の独立峰である[2]。 山名の由来は、開拓時代に山火事が多かったことにある。1906年(明治39年)には2000町歩以上、1911年(明治44年)には1500町歩が火災の被害に見舞われ、そのほか小規模な火事は数え切れないほどあったという[3]。 登山道は藤野側から野々沢川に沿って砂防ダムを越え、旧採石道路をたどって延びている[4]。
Wikipedia    内容詳細  
108.焼山 (札幌市豊平区)  ・ 日本北海道札幌市豊平区西岡
焼山(やけやま)は北海道札幌市豊平区西岡にある山。 標高261.8メートル。山名は開拓時代、火入れにともなう山火事が絶えなかったことに由来する。かつては周辺一帯も「焼山」と呼ばれていたが、1909年(明治42年)に「西山」と改められ[1]、その後「西岡」となった。 山と言っても丘陵地帯の1つのピークであり、あまり目立たない。そのためか、西岡水源池を巡る自然歩道と隣接しているが、登山客はそう多くない。一帯は樹木に覆われており、かつての山火事の跡は見られないが、これは自然に回復した樹林という点で貴重な研究試験林となっている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
109.夕張岳  ・ 日本北海道夕張市・空知郡南富良野町
夕張岳(ゆうばりだけ)は、北海道の中央部を南北に走る夕張山地の南端に位置する標高1,668 mの山。夕張市と空知郡南富良野町にまたがり、山域は北側の芦別岳と共に「富良野芦別道立自然公園」に指定されている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
110.夕日岳 (北海道)  ・北海道札幌市南区定山渓
夕日岳(ゆうひだけ)は北海道札幌市南区定山渓にある山。標高594メートル[1]。 定山渓温泉の東に位置し、一番遅くまで夕日を受けるところから、朝日岳との対比で名づけられた[2]。 登山道は定山渓神社の拝殿の横に入り口がある[3]。途中の見晴らし台からは温泉街を見下ろすことができるが[4]、山頂は木に囲まれていて展望は利かない[5]。
Wikipedia    内容詳細  
111.余市岳  ・ 日本北海道札幌市南区定山渓・余市郡赤井川村
余市岳(よいちだけ)は、北海道余市郡赤井川村と札幌市南区定山渓とにまたがる山。近隣の朝里岳・白井岳と合わせて「余市三山」と称される[1]。 標高は1488メートルで、札幌市の最高峰にあたる[2]。道南全体まで見渡しても、羊蹄山と狩場山に次ぐ3番目の高峰である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
112.横津岳  ・北海道亀田郡七飯町
横津岳(よこつだけ)は、北海道亀田郡七飯町にある恵山道立自然公園に指定された標高1166.9mの山。
Wikipedia    内容詳細  
  #七飯町の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
113.来馬岳  ・ 日本北海道登別市
来馬岳(らいばだけ)は、北海道登別市にある標高1,040.1mの火山である。
Wikipedia    内容詳細  
  #登別市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
114.楽古岳  ・ 日本北海道浦河郡浦河町・広尾郡広尾町
楽古岳(らっこだけ)は、北海道浦河郡浦河町と広尾郡広尾町とにまたがる、標高1,471 mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
115.利尻山  ・ 日本北海道宗谷総合振興局利尻郡利尻町・利尻富士町
利尻山(りしりざん)は、北海道の利尻島に位置する独立峰で標高1,721m。利尻町、利尻富士町の2町にまたがる成層火山で、利尻礼文サロベツ国立公園内の山域は特別区域に指定され、深田久弥による日本百名山に選定されている[3]、新日本百名山[4]、花の百名山[5]及び新・花の百名山[6]に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
  #利尻富士町の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
116.礼文岳  ・北海道礼文郡礼文町
礼文岳(れぶんだけ)は北海道礼文郡礼文町にある標高490mの山である。花の百名山、新花の百名山、北海道百名山、新日本百名山。
Wikipedia    内容詳細  
117.鷲別岳  ・ 日本北海道室蘭市・登別市
鷲別岳(わしべつだけ)とは、北海道登別市と室蘭市にまたがる山。国土地理院の地形図では鷲別岳(室蘭岳)と記載されている。標高911m。北海道百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
  #登別市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
118.愛別岳  ・北海道上川郡上川町
愛別岳(あいべつだけ)は、北海道上川郡上川町にある標高 2,112.7mの山である。大雪山国立公園内に位置し、大雪山系がなだらかな中で険しい姿の山として知られる。 大雪山系の北端に位置し、国土地理院の地形図に名前が載っている2,000m以上の山としては国内で最北端に位置する。日本国内では、愛別岳より北に、これより高い地点はない。 愛別岳を描いたものに画家の足立源一郎による『愛別岳・比布岳』1953年(昭和28年)がある。
Wikipedia    内容詳細  
119.赤岳 (大雪山)  ・ 日本北海道上川町
赤岳(あかだけ)は、北海道上川郡上川町にある標高2078.5 mの山である。大雪山連峰の一座。
Wikipedia    内容詳細  
120.阿寒岳
阿寒岳(あかんだけ)
Wikipedia    内容詳細  
121.阿寒富士  ・ 日本 北海道釧路総合振興局白糠郡白糠町十勝総合振興局足寄郡足寄町
阿寒富士(あかんふじ)は、美しい円錐状の山容を持つ北海道東部に位置する活火山。標高1,476m。雌阿寒岳(8つの小さな火山から構成される成層火山群)を構成する一火山である[1]。北海道釧路総合振興局白糠郡白糠町と十勝総合振興局足寄郡足寄町の境界に位置し、山腹の北東部が釧路市(旧阿寒町)に属する。
Wikipedia    内容詳細  
122.朝日岳 (北海道)  ・北海道札幌市南区定山渓
朝日岳(あさひだけ)は北海道札幌市南区定山渓にある山。標高598.1メートル[1]。 定山渓温泉の西に位置し、一番早く朝日を受けるところから、明治の末ごろ御料局職員の田代兵八によって名づけられた[2]。 登山道は2つ。岩戸観音堂横の階段を上った先に入り口がある岩戸公園コースと[1]、豊林荘跡地近くの林道から入る旧豊林荘コース(薄別左岸コース)がある[3]。
Wikipedia    内容詳細  
123.旭山  ・北海道旭川市
旭山(あさひやま)は、北海道旭川市東旭川町倉沼にある、標高295.2mの山。 大雪山の西方、ペーパン川と倉沼川に挟まれ岐登牛(キトウシ)山(標高456m)を中心にのびるキトウシ山脈の北西端に位置する[1][2]。旭川市の中心部から東方約10kmに位置している[1][2]。 上川盆地に突出した丘陵地で眺望に優れていることから、1912年(明治45年)にそれまで国有林であった山一帯を東旭川村が買収し公園として整備され、その後1963年(昭和38年)の旭川市との合併で旭川市の都市公園「旭山公園」となった[1][2]。大正時代に公園内に約1000本の桜が植樹され、昭和初期には旭山スキー場が開設、1967年(昭和42年)には山麓に旭川市旭山動物園が開園した[2]。
Wikipedia    内容詳細  
124.朝里岳  ・ 日本北海道札幌市南区定山渓
朝里岳(あさりだけ)は、北海道札幌市南区定山渓・小樽市・赤井川村の境界が交わったところにある山[1]。標高1280.6メートル[2]。近隣の余市岳・白井岳と合わせて「余市三山」と称される[3]。 大正時代から山スキーが行われており[1]、札幌国際スキー場からのリフトが山の北肩まで延びている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
125.芦別岳  ・ 日本北海道富良野市・空知郡南富良野町・芦別市
芦別岳(あしべつだけ)は、北海道・夕張山地のほぼ中央に位置し、富良野市・芦別市・南富良野町にまたがる標高1,726 m[1]の山。山頂は、富良野市と南富良野町との境界にある。日本二百名山[3]、および北海道百名山と北海道の百名山に選定されている。 夕張山地の最高峰で、山頂に二等三角点が設置されている[1]。中生代ジュラ系空知層からなる壮年期の山形を成し、特に山頂付近では鋭鋒をなしている。夕張岳と共に富良野芦別道立自然公園の一角をなし、富良野市山部からユーフレ沢に沿って新道、旧道コースの二本の登山道が開かれている。空知川の支流である芦別川の源流となる山である。
Wikipedia    内容詳細  
126.阿部山 (北海道)  ・ 日本北海道札幌市西区平和
阿部山(あべやま)は北海道札幌市西区平和にある山。 標高703メートル[1]。琴似発寒川と宮城の沢川に挟まれており、この両河川の合流地点近くには平和の滝がある[2]。 山名は最初の所有者に由来する。開拓当初は木材が利用されていたが、明治の末ごろに中島商事株式会社が札幌鉱山を設立し、金銀銅の採掘が行われるようになった。最盛期は500人の鉱員が働いていたが、採算が合わなくなったため1936年(昭和11年)か1937年(昭和12年)ころに閉山した[2]。川岸には当時の痕跡と思われる石積みがいくつか残されている[1]。 登山道は存在しない[1]。
Wikipedia    内容詳細  
127.アポイ岳  ・ 日本 北海道様似郡様似町
アポイ岳(アポイだけ)は、北海道様似郡様似町かつ日高山脈支稜線西南端に位置し、一等三角点(点名「冬島」)で標高810.5mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
128.荒井山  ・北海道札幌市中央区
荒井山(あらいやま)は、北海道札幌市中央区宮の森に位置する山[1]。標高は185メートル[2]。山名は土地の所有者だった荒井保吉に由来する[2]。 山と言っても実際には、大倉山の東側に扇状に広がる丘陵でしかないが、琴似川をはさんで相対する神社山とともにスキーの適地として知られていた[2]。戦後に札幌市が買い上げて公園化し、季節を問わず市民から憩いの場として利用されている。その一方で平成年間に入るころには、かつて木々が繁っていた周辺はすっかり宅地化された[2]。
Wikipedia    内容詳細  
129.漁岳  ・ 日本北海道恵庭市・千歳市・札幌市
漁岳(いざりだけ)は、北海道石狩振興局恵庭市と千歳市および札幌市の接点にある標高1,318 mの火山である。北海道の百名山に選定されている。山頂には二等三角点「漁岳」が設置されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
  #恵庭市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
130.石狩岳  ・ 日本北海道上川郡上川町河東郡上士幌町
石狩岳(いしかりだけ)は、北海道中央部、石狩山地にある標高1,967 mの山。山頂は上川町(石狩国)と上士幌町(十勝国)の境にある。名称は石狩川の水源であることから付けられた。大雪山国立公園に属している[4]。
Wikipedia    内容詳細  
131.1839峰  ・ 日本 北海道日高郡新ひだか町
1839峰(いっぱーさんきゅうほう[注釈 1])は、北海道日高振興局日高郡新ひだか町にある標高1,842 mの山である。日高山脈中部主稜線上のヤオロマップ岳から西に派生する支稜線上に位置し、一目瞭然の魁偉な山容を持つ[6]。日高山脈襟裳国定公園に含まれる。 1929年7月、慶應義塾大学の斎藤長寿郎らがコイカクシュサツナイ川を登路にとって登頂。冬期は1934年3月、北海道大学の伊藤紀克らがコイカクシュサツナイ岳から往復している[6]。 「1839峰」は旧標高に由来するが、国土地理院の地形図、2万5千分1「ヤオロマップ岳」に山名として記載されたのは1977年10月30日に発行された版以降、5万分1「札内川上流」では1996年12月1日発行の版以降である。しかし「1839峰」と記載される以前の1976年の測量で、既に標高は1842mとされており、1977年の2万5千分1「ヤオロマップ岳」、同年の5万分1「札内川上流」では1842mと記されている。
Wikipedia    内容詳細  
132.ウペペサンケ山  ・ 日本北海道十勝総合振興局河東郡鹿追町・河東郡上士幌町
ウペペサンケ山(ウペペサンケやま)は、北海道の東大雪南部にあり、河東郡鹿追町と上士幌町とにまたがる標高1,848 mの火山である。
Wikipedia    内容詳細  
  #鹿追町の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
133.恵山 (火山)  ・ 日本 北海道渡島総合振興局函館市
恵山(えさん)は、北海道函館市にある標高618 mの活火山。常時観測火山。渡島半島の東南端で太平洋に突き出すように位置する。山頂には三等三角点(点名「恵山」)が設置されている。恵山道立自然公園に指定されているほか、新日本百名山、北海道百名山、北海道の百名山に選定されている。 名前はアイヌ語の「エサ・ニ」(岬)に由来する[1]。
Wikipedia    内容詳細  
  #函館市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
134.恵山丸山  ・ 日本北海道函館市
恵山丸山(えさんまるやま)は、恵山道立自然公園に指定された北海道函館市にある第四紀火山である。標高は691.1m。南側に恵山が位置する。安山岩質の成層火山で、火山活動の時期は約20万年前。
Wikipedia    内容詳細  
  #函館市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
135.江鳶山  ・北海道斜里郡清里町
江鳶山(えとんびやま)は、北海道斜里郡清里町の中央部に位置する山。 名前の由来はアイヌ語で、「エ・ト・ウン・ペッ(頭が・山へ・入り込んでいる・川)」という意味で、同名のエトンビ川も同町内に存在する。標高は711mであり[1]、斜里岳の東に所在する。この山には、江鳶奥林道(エトンビ山スカイライン)という林道も存在する。
Wikipedia    内容詳細  
136.恵庭岳  ・ 日本北海道千歳市・恵庭市
恵庭岳(えにわだけ、アイヌ語: e-en-iwa)は、北海道の支笏洞爺国立公園にある第四紀火山である。標高は1,320 mで、1991年に気象庁より活火山に指定されている。山名はアイヌ語の「エエンイワ[3]」(頭が・尖っている・山)に由来する[4]。
Wikipedia    内容詳細  
137.烏帽子岳 (札幌市)  ・ 日本北海道札幌市南区
烏帽子岳(えぼしだけ)は北海道札幌市南区にある山。標高1109.4メートルで[1]、札幌の市街地から見える山としては最も高い[2]。 山名は烏帽子に似たその形状からつけられたというのが定説だが[3]、アイヌ語の「エペシ(頭が岩崖)」がなまったものともいわれる[2]。 ふもとから直接登る道は存在しない。隣の神威岳の頂上直下から縦走路が伸びているものの、荒削りの道であり、初心者は踏み入るべきではない[4]。
Wikipedia    内容詳細  
138.雄阿寒岳  ・ 日本北海道釧路市
雄阿寒岳(おあかんだけ)は、北海道釧路市阿寒町にある第四紀火山。 麓にはマリモの生育する阿寒湖と阿寒湖畔温泉街が広がる。以前は活火山ではないとされていたが、過去1万年以内に噴火していたことが判明したとして2011年6月7日に活火山に選定された[1]。西方向にそびえる雌阿寒岳は現在も活発に活動している活火山である。雌阿寒岳とともに「阿寒岳」として、深田久弥による日本百名山[2]に掲載されている。
Wikipedia    内容詳細  
  #釧路市の成層火山の山    #北海道の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
139.大倉山 (北海道)  ・ 日本北海道札幌市中央区宮の森
大倉山(おおくらやま)は北海道札幌市中央区宮の森にある山。 標高307メートル。元は無名で[1]、札幌神社(後の北海道神宮)の所有地だったが、1931年(昭和6年)に大倉喜七郎男爵が出資して「大倉シャンツェ」が建設されたのを機に、山名もまた「大倉山」となった[2]。 無雪期でも札幌市の主要な観光地として機能しており[1]、ジャンプ競技場以外に大倉山クリスタルハウスや札幌オリンピックミュージアムが設けられている。 北にある三角山から大倉山にかけて自然歩道が通じており、両山を尾根伝いに縦走することができる。また自然歩道は大倉山のさらに南まで延びており、小別沢まで抜けることができる。小別沢口近くにはよこして山(奥三角山)があり、自然歩道から登山道がつながっている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
140.大平山 (島牧村)
大平山(おおびらやま[1])は、北海道島牧村にある標高1190.6mの山[2]。「太平山」の表記もみられる[1][3]。
Wikipedia    内容詳細  
141.奥手稲山  ・ 日本北海道札幌市手稲区
奥手稲山(おくていねやま)は北海道札幌市の手稲区と南区の境界にある山。 標高948.9メートル[1]。名前の由来は手稲山の奥に所在することから[2]。スキーの山として知られる[3]。 1930年(昭和5年)[3]、山頂から南に2キロメートルほどの場所に[2]、日本国有鉄道経営の山の家が建てられた[3]。経営は後に、北海道大学のワンダーフォーゲル部が引き継いでいる[3]。 夏季でも林道を利用することで登ることができるが、以下のような注意点がある。
Wikipedia    内容詳細  
142.奥徳富岳  ・ 日本 北海道石狩市・樺戸郡新十津川町
奥徳富岳(おくとっぷだけ)は、北海道石狩市と樺戸郡新十津川町とにまたがる標高1,346mの山。新十津川町の最高峰である。 1992年頃に陸上自衛隊滝川駐屯地の副連隊長がレンジャー訓練の視察で暑寒別岳上空付近をヘリコプターで飛行中にこれまで新十津川町内最高峰とされてきたピンネシリの標高を上回る本山を発見、滝川市内やヘリコプターから複数回写真を撮影し地図と照らし合わせ命名されていない事に気づき、新十津川町役場に問い合わせたものの職員も山の存在を知らなかったため、北海道などの関係機関や隣接する浜益村と協議を行い命名を新十津川町に一任することとなった[1]。 その後1993年9月から新十津川町が山名の公募を行い、町内外合わせ151通の応募から浜益村・岩見沢営林署・雨竜町・関係山岳会と協議し同年12月に「新十津川町の古称がトックであり、トップのイメージが有る」「徳富川の源流に位置している」「現存する徳富岳の西方奥に位置する」といった理由から3通の応募があった現在の山名に決定された[2]。
Wikipedia    内容詳細  

青森県の山

143.阿闍羅山  ・青森県大鰐町・平川市
阿闍羅山(あじゃらやま)は、青森県大鰐町と平川市にある標高709.2mの山である。斜面は大鰐スキー場が造られており、山頂付近の高原地帯にはゴルフ場やホテルがある。阿闍羅山の近くの東北自動車道にあるパーキングエリアは阿闍羅パーキングエリアと名付けられている。
Wikipedia    内容詳細  
144.阿蘇ヶ岳  ・ 日本青森県平川市・南津軽郡大鰐町
阿蘇ヶ岳(あそがだけ)は、青森県津軽地方の平川市と南津軽郡大鰐町に跨る山である。標高は494.0m。かつては家畜の餌の草刈場で展望が良かったことから、大鰐町の小学生が遠足で登る山の1つだったが、現在は杉山となっている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
145.岩木山  ・ 日本青森県弘前市・西津軽郡鰺ヶ沢町
岩木山(いわきさん)は、青森県弘前市および西津軽郡鰺ヶ沢町に位置する火山。標高は1,625 mで、青森県の最高峰。日本百名山[4]および新日本百名山[5]に選定されている。その山容から津軽富士とも呼ばれるほか、しばしば「お」をつけて「お岩木(山)」あるいは「お岩木様」とも呼ばれる[6]。
Wikipedia    内容詳細  
  #鰺ヶ沢町の成層火山の山    #青森県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
146.岩岳 (青森県・秋田県)  ・ 日本 青森県平川市・秋田県鹿角郡小坂町
岩岳(いわだけ)は、十和田湖の西岸の青森県平川市と秋田県鹿角郡小坂町との境界に位置する標高879.9mの山である。東北百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
147.烏帽子岳 (青森県)  ・ 日本 青森県東津軽郡平内町・上北郡野辺地町・同郡東北町
烏帽子岳(えぼしだけ)は、青森県上北地区にある標高719.7mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
148.大黒森 (田子町)  ・ 日本青森県三戸郡田子町
大黒森(おおくろもり)は、青森県三戸郡田子町にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
149.大尽山  ・青森県むつ市[1]
大尽山(おおづくしやま)は、青森県むつ市にある標高827 mの山。新日本百名山に選定されている。 大尽山は、恐火山を構成する火山の一つであり、溶岩ドームに分類される。恐火山が宇曽利カルデラを造る前の火山活動で形成された[2]。 一般的な登山口は山体の北麓にあるが、そこまでは宇曽利湖を囲む自然歩道を歩く必要がある。山頂からは宇曽利湖や釜臥山などが見える。気象条件が良ければ、遠く南西に陸奥湾を挟んで岩木山、南に八甲田山、北には津軽海峡越しに北海道の恵山なども見える。
Wikipedia    内容詳細  
150.大峰岳  ・ 日本青森県深浦町
大峰岳(おおみねだけ)とは、青森県深浦町の山である。白神山地の中にあり、大峰岳から東側一帯は世界遺産の緩衝地帯になっている。 大峰岳は白神岳の十二湖コース登山道の途中にある。西には三角点がある小峰岳(1001.1m)がある。 通常は小峰岳へ向かう稜線の端(1020m)に大峰岳の山頂が設定されていて、ここに山頂表示もある[1][2][3]。白神岳登山口の白神岳案内板や地元で配布しているパンフレットもこの位置と標高に山頂が示されている。 しかし『白神岳』西口正司(1988年)や1960年代の「能代山の会」の白神岳概念図、『白神山地修験の源流行』北川山人(1996年)などでは、この地点よりも250mほど北の地点(1011m)を大峰岳としている。また各社の電子地形図もこの地点を山頂としている。ここは何の表示もないちょっとしたピークとなっている。
Wikipedia    内容詳細  
151.御鼻部山  ・ 日本青森県十和田市・平川市秋田県小坂町
御鼻部山(おはなべやま、花部山とも)は、十和田湖の北岸にある標高1,010.6mの山。
Wikipedia    内容詳細  
152.尾太岳  ・ 日本青森県西目屋村
尾太岳(おっぷだけ)は白神山地にある山の1つで、山頂は青森県西目屋村の美山湖から南に8kmにあり、三等三角点「尾太」(標高1083.52)が設けられている[1][2]。 北麓には江戸時代から昭和期にかけて隆盛した尾太鉱山がある。[3] 江戸時代の菅江真澄は尾太岳一帯を何度か訪れており、当時の尾太鉱山や暗門滝の様子を書き残している。このうち『雪の母呂太奇(もろたき)』[注 1]の中で「オツフの名はもと蝦夷いへるなるべし」と、アイヌ語地名であることを指摘している。[4][5][6] 「尾根が太い」ことからきているという説[7]もある。 江戸時代には津軽藩では八甲田山を「耕田(かうた)嶽・山」と文書に記載していた。ところが1834年(天保5年)10月11日、津軽藩はにわかにこれまでの耕田山を甲田山に改め、尾太山を乙富山に、鳴沢を成沢に改めるように指示した。しかしこの八甲田山、尾太岳の頭文字を甲乙揃えようとする指示は定着しなかった[8]。
Wikipedia    内容詳細  
153.釜臥山  ・ 日本 青森県むつ市
釜臥山(かまふせやま、かまぶせやま)は、青森県むつ市にある山である。下北半島中央部に位置する恐山山地の最高峰であり標高は878.2m。恐火山の先カルデラ火山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
154.雁森岳  ・ 日本青森県西津軽郡西目屋村秋田県山本郡藤里町
雁森岳(がんもりだけ)は、青森県西津軽郡西目屋村と秋田県山本郡藤里町との境にある山である。標高は986.7m。岩木川はこの雁森岳から源を発している。雁森岳は白神山地世界遺産地域のコアゾーンになっており、基本的に入山はできない。 雁森岳は青森県側では「トッチャカの森」あるいは「トッチャカ岳」と呼ばれていた。これは突き出た坂のある山という意味で、雁森岳の山頂部は青森県側も秋田県側も切り立った崖になっている。稜線は1メートル程度の幅しかないうえに、岩肌も露出している。1753年の「津軽領内山沢図」には「トツカラ嶽」と記されている。国土地理院はこの山に置いた三角点に「突坂」と刻んでいる。ところが、1969年(昭和44年)の五万分の一の地図にはこの山は「雁森岳(泊岳)」と記されていた。「泊岳」というのは、二ッ森の青森県側呼称であり、何らかの混乱があったと思われる。1974年(昭和49年)以降の地図にはこの山の呼称は削除され、標高のみが記載されている。なお、1929年(昭和4年)の『日本地理風俗大系』には、岩木川の源流は「泊嶽連山」と書かれている。泊岳(二ッ森)からは岩木川はながれていないので、この認識が誤認の原因なのかも知れない。1974年以降の国土地理院の地形図からは地名は削除されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
155.櫛ヶ峯  ・ 日本青森県平川市・黒石市
櫛ヶ峯(くしがみね)は、青森県の南八甲田山系にある火山である。南八甲田山系の最高峰である。「櫛ヶ峰」や「櫛ガ峰」と記述されることもある。また、隣の下岳 (1342m) の関係から「上岳」と呼ばれることもある。東北百名山に選ばれている。駒ケ峰など東側から望むと、山の形が“柘植の櫛”のように見える。[1] 均整のとれたなだらかな三角形の山容をしており、裾野には広大な湿原が広がっている。 6月下旬から7月中旬の花のシーズンに訪れると、裾野には広大なお花畑が広がっている。ただ、無雪期には登山のための時間があまりにもかかるため、夏に登山に訪れる人よりも、5月中頃までのスキーを利用して登山を行う人の方が多い。
Wikipedia    内容詳細  
156.崩山  ・ 日本青森県深浦町
崩山(くずれやま)とは、青森県深浦町の山である。ここでは、八合目の「大崩(おおくずれ)」についても解説する。 津軽国定公園十二湖を象徴する岩嶺の山である。白神岳から北西に延びる稜線上の先端に位置している。 写真の左にある岩場が「大崩」である。大崩は崩山の八合目に位置し、地滑りでできたとされる大崩落の山である。大崩落は地肌を完全にそぎ落として、山の半分を岩場にしている。この岩場の大崩近くの展望地から見る十二湖は、小さな池は森に隠されて、大きな池だけが12個見えたことから「十二湖」と名付けられたとされる。このように、崩山は十二湖の名付け親であり、一心同体となっている。大崩周辺は危険だが、眼下に大展望を得ることができる。
Wikipedia    内容詳細  
157.逆川岳  ・ 日本青森県青森市
逆川岳(さかさがわだけ)は、青森県青森市にある標高が1,183.4mの山である。酸ヶ湯温泉の南南西の方角に位置する。山の南側には横沼という沼がある。 春にスキーが行われている場所としても有名。登山中に雪崩が発生することもあり、注意も必要である。 山頂からは八甲田の山々を望むことができる。またブナ林も見ることもできる。
Wikipedia    内容詳細  
158.猿倉岳 (青森県)  ・ 日本青森県十和田市
猿倉岳(さるくらだけ)は、八甲田山系の山の一つ。 猿倉岳は青森県の八甲田山系(南八甲田)にある標高1353.7mの山である[1][2]。猿倉岳の周辺には、櫛ヶ峯(標高1,516m)、駒ヶ峯(標高1,416m)、乗鞍岳(標高1,450m)などの山がある[1]。 1994年7月、1999年5月、2000年4月に、ほぼ同じ場所でアオモリトドマツやダケカンバの巨木が倒壊しているのが発見されており、地形固有の特徴による強い気流が要因になっていると考えられている[1]。2022年5月にも猿倉岳東斜面でアオモリトドマツの倒木数十本が発見されており、局地的な突風が原因とみられている[2]。 春スキーや登山のルートにもあたることから突風への注意が呼びかけられている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
159.四角岳  ・ 日本秋田県鹿角市・青森県田子町・岩手県八幡平市
四角岳(しかくだけ)は、青森県、岩手県、秋田県の3県にまたがる、標高1,003mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
160.柴森 (青森県・秋田県)  ・ 日本 青森県平川市・秋田県鹿角郡小坂町
柴森(しばもり)は、青森県平川市と秋田県鹿角郡小坂町との県境にある標高883mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
161.白神岳  ・ 日本青森県西津軽郡深浦町
白神岳(しらかみだけ)は、青森県西津軽郡深浦町にある標高1,235 mの山。一等三角点の標高は1,231.9 m。世界遺産登録の白神山地にある。日本二百名山の一つである。
Wikipedia    内容詳細  
162.甚吉森 (秋田県・青森県)  ・ 日本秋田県大館市・青森県平川市・大鰐町
甚吉森(じんきちもり)は、秋田県大館市と青森県平川市、大鰐町との境界にある山である。岩木川の最大の支流である平川の源流域にあたる[注 1]。
Wikipedia    内容詳細  
163.炭塚森  ・ 日本青森県平川市・秋田県大館市・鹿角郡小坂町
炭塚森(すみづかもり)は、青森県平川市および秋田県大館市と鹿角郡小坂町との境界にある山である。 標高571m。古来から青森県(津軽地方)と秋田県(鹿角地方)との境界の指標となる山である。 近くには坂梨峠が通っており津軽街道の要衝となっているほか、地下には東北自動車道坂梨トンネルが通っている。 江戸時代、盛岡藩(南部領)では、藩境付近の森林資源や鉱物資源を守るため、街道沿線にいくつかの番所を設けて警戒していた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
164.高田大岳  ・ 日本青森県青森市・十和田市
高田大岳(たかだおおたけ)は、青森県の八甲田山系にある火山である。八甲田山中、青森市と十和田市の境界に位置する山。円錐形の堂々とした山容をしている。斜面も大きく、春山スキーの滑降コースとして楽しめる。また植物の垂直分布が顕著に見られ、900m付近まではブナ林帯で、その上部はアオモリトドマツ林帯、さらに山頂にかけてはハイマツ林帯となっている。山頂付近にはコケモモの群落もある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
165.鷹森山  ・ 日本 青森県青森市
鷹森山(たかもりやま)は、青森県青森市大字鶴ケ坂字早稲田39番地にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
166.高山 (鶴田町)  ・ 日本 青森県北津軽郡鶴田町
高山(たかやま)は、青森県北津軽郡鶴田町にある標高36mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
167.太夫峰  ・ 日本青森県深浦町
太夫峰(たゆうみね)とは、青森県深浦町の山である。 白神ラインの一ッ森峠(700m)に太夫峰登山口がある。登り初めてから程なく登山道は急峻になり、木階段が取り付けられている道となる。登り切ると、登山口から1時間弱で一ツ森流山(919m)に到達する。稜線を進むと、熊に悪戯された標識が途中に見られ、萢沼に達する。ここからは、また登山道が急になり登り切ると、やがて三角点がある太夫峰につく。一ツ森流山からは1時間15分程度かかる。山頂からの眺望は優れており、岩木山や向白神岳などを眺めることができる。 太夫峰まで登山道が整備されている。1965年には、林野庁によりここから更に向白神岳を過ぎ、白神岳まで登山道が切り開かれ、国体青森県予選が開催された。現在では、太夫峰より奥の登山道は藪に覆われていて、踏破は極めて困難である。途中で引き返したとする記録も多い。
Wikipedia    内容詳細  
168.長者山  ・ 日本 青森県八戸市
長者山(ちょうじゃさん)とは、青森県八戸市にある標高40mの丘である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
169.天狗岳 (青森県)  ・ 日本 青森県西津軽郡深浦町
天狗岳(てんぐだけ)は、青森県西津軽郡深浦町にある白神山地の山である。標高957.6m。 天狗岳の南は、世界遺産地区のコアゾーンとなっている。 山菜採りの人が度々行方不明になったことがあるため、「神隠しの山」とも言われていた。一帯はゼンマイの宝庫で、熊や猿、ニホンカモシカなどの野生動物の生息地区となっている。この天狗峠に青森県によって登山道が造られたのは1994年である。 白神ラインの天狗峠が登山口となっており、途中に「ノズの沢」に落ち込む斜面が崩落した場所は、危険なためにロープを使っての移動となる。ここを「ノズの赤たくれ」といい、遠くからもこの崩落地は目立っている。 白神山地の山々を登っている根深誠は、この天狗岳を白神山地で最も眺望の良い山としている。山頂からは、白神山地のコアゾーンはもちろん、追良瀬川源流部や赤石川源流部、日本海や男鹿半島まで遠望できる。
Wikipedia    内容詳細  
170.十和田火山  ・青森県十和田市、秋田県鹿角市・小坂町
十和田(とわだ)[1]または十和田火山(とわだかざん)[2]は、青森県と秋田県の県境に位置する活火山である。
Wikipedia    内容詳細  
171.十和田山  ・ 日本青森県十和田市
十和田山(とわだやま)とは、青森県十和田市にある山である。1990年版の東北百名山に選ばれていた。十和田富士や御子岳とも呼ばれる。十和田山と十和利山、三ツ岳は十和田三山と呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
172.十和利山  ・ 日本秋田県鹿角市青森県十和田市・三戸郡新郷村
十和利山(とわりさん)は、青森県十和田市・新郷村と秋田県鹿角市との境界に位置する山である。 読み方について「とわりやま」という表記も見受けられるが、地元・付近住民からの呼び名は「とわりさん」である。
Wikipedia    内容詳細  
173.尖岳  ・ 日本青森県東津軽郡今別町
尖岳(とんがりだけ)は、青森県東津軽郡今別町に位置する山である。
Wikipedia    内容詳細  
174.名久井岳  ・ 日本青森県三戸郡南部町・三戸町
名久井岳(なくいだけ)とは、青森県南東部にある標高615.4mの山である。名久井岳の周辺は名久井岳県立自然公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
175.縫道石山  ・青森県佐井村・むつ市
縫道石山(ぬいどういしやま)は、下北半島にある標高626メートルの山である。山頂部はわずかに佐井村に入っている。東北百名山に選ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
176.階上岳  ・ 日本青森県三戸郡階上町・岩手県九戸郡洋野町
階上岳(はしかみだけ)は、青森県階上町と岩手県洋野町の境にある標高は739.6mの山である。 臥牛山(がぎゅうざん)と呼ばれることもある。ツツジの群生地があり、観光客が多数訪れる。また、種市岳(たねいちだけ)と呼ばれることもあるが、厳密には種市岳は階上岳の山頂近くに位置する小山のことを指す。山頂付近には階上岳山頂園地や野営場がある[1]。 1974年10月3日、階上岳と階上海岸地区が種差海岸県立自然公園に編入され、種差海岸階上岳県立自然公園と改称された後、一部が陸中海岸国立公園拡張候補地となった[1]が、2011年3月11日に発生した東日本大震災によって計画の変更を余儀なくされ、2013年5月24日に三陸復興国立公園に編入された[2]。
Wikipedia    内容詳細  
177.八森山 (青森県)  ・ 日本青森県西津軽郡深浦町
八森山(はちもりやま)は、青森県西津軽郡深浦町にある標高210.9メートルの山である。
Wikipedia    内容詳細  
178.八甲田山  ・青森県青森市・十和田市
八甲田山(はっこうださん)は、青森市の南側にそびえる大岳(標高1,585m)を主峰とする18の山々からなる複数火山の総称[4]。日本百名山の一つ[4]。
Wikipedia    内容詳細  
  #十和田市の成層火山の山    #青森県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
179.馬糞森山  ・ 日本青森県平川市・秋田県鹿角郡小坂町
馬糞森山(ばふんもりやま)は、青森県平川市と秋田県鹿角郡小坂町との県境にある標高785.6mの山。 馬糞や饅頭のような「こんもり」とした形状が特徴である。秋田県側では、米代川支流小坂川の上流域にある。 国道282号から古遠部川[1](ふるとおべがわ、小坂川水系)上流にある「中の又林道」へ入ると眺めることができるほか、登山路も設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
180.燧岳
燧岳(ひうちだけ)は、本州の下北半島北部にある火山である。標高781メートル。山頂は青森県のむつ市にあるが、山体はむつ市と風間浦村にまたがる。 矢筈山、黒森山などの側火山を合わせた火山としては、むつ燧岳火山(むつひうちだけかざん)という。本州最北端の火山で、第四紀の火山フロントの一角をなす。
Wikipedia    内容詳細  
181.屏風山 (つがる市)  ・青森県つがる市
屏風山(びょうぶざん、びょうぶやま)は、青森県つがる市に位置する標高22mの山[1]。
Wikipedia    内容詳細  
182.吹越烏帽子  ・ 日本青森県横浜町・六ヶ所村
吹越烏帽子(ふっこしえぼし)は、下北半島にある標高507.8mの山である。 下北半島の柄の部分に位置する山が吹越烏帽子である。この地域の最高峰は550mの山であるが、吹越烏帽子はより立派な登山道があり、多くの登山者が訪れている。山頂付近は高緯度で、強い卓越風のため森林限界を超え、極めて見晴らしが良いことがこの山の人気の元となっている。短時間の登山で高山の雰囲気を味わうことができる。ヤマツツジの群落がある。 登山道入り口から頂上まで140分、2.5km。登山道は杉の造成地の緩やかな道から始まる。次第に傾斜が増してきて、松と広葉樹の林を抜けて、岩砂礫地に出ると一気に視界が開ける。草原の急坂をひと登りすると吹越烏帽子の山頂につく。
Wikipedia    内容詳細  
183.戸来岳  ・ 日本青森県新郷村・十和田市
戸来岳(へらいだけ)は、青森県新郷村と十和田市の境にある山である。最高峰の三ツ岳(みつだけ 1,159m[1][2])と大駒ヶ岳(おおこまがたけ 1,144m)を総称して戸来岳と言う。一部のガイドブックはこれに大文字山(だいもんじやま 1,014m)を加えている。三ツ岳は、十和田湖方面から見ると、正三角形のように見えるが、十和田市方面から見ると、ピークが三つ(三ツ岳、大駒ヶ岳、大文字山)に見える。これが三ツ岳の山名の由来とみられる。 地元住民からは、親しみを込めて単に「ダケ」と呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
184.弁天森  ・ 日本青森県西目屋村
弁天森(べんてんもり)は白神山地にある山の1つ。標高は980メートル[1]。 侵食が進み、東の湯ノ沢川(岩木川水系)・西の朝日股沢(岩木川水系大沢川の支流)まで急峻である。稜線は南北に連なっており、北は津軽白神湖へおちこみ、南は尾太岳と峰続きになっている[1]。変朽安山岩(プロピライト)に覆われ、ブナを中心とした原生林にクロベやコメツガが混じる。山麓部では部分的にスギ・カラマツの人工林がある[1]。かつて東山麓には尾太鉱山が操業されていて、特に黒鉱を産出した[1]。
Wikipedia    内容詳細  
185.梵珠山  ・青森市浪岡大釈迦
梵珠山(ぼんじゅさん)は青森市と五所川原市に跨る標高468mの山。
Wikipedia    内容詳細  
186.真瀬岳  ・ 日本青森県西津軽郡深浦町秋田県山本郡八峰町
真瀬岳(ませだけ)は、青森県西津軽郡深浦町と秋田県山本郡八峰町にある山で、標高は988mである。 真瀬岳は秋田県八峰町を流れる真瀬川の源流部にある。また青森県鰺ケ沢町を流れる赤石川(支川滝川)の源流部も真瀬岳の北側にある[1]。端正なピラミッド形の山で、日本海からも確認が容易なので漁師たちの寄港の目印になっていた。国道の分岐点から見ても、端正なピラミッド型の山を確認することができる。秋田白神県立自然公園に山域が含まれている。 登山道は、橋がない沢を2度渡河したあと、山腹に辿りついた後は山頂までジグザグになった歩道をひたすら登ることになる。標高800mぐらいで見晴らしがよくなるが、白神山地遺産地区方面はあまり見ることはできない。笹原が覆う稜線を登り切れば白い標識がある山頂である。
Wikipedia    内容詳細  
187.馬ノ神山  ・ 日本 青森県青森市、五所川原市
馬ノ神山(まのがみやま)とは、青森県五所川原市と青森市の境界にある標高549.2mの山である。当山は、中山山脈の一部を成している。
Wikipedia    内容詳細  
188.水ヶ沢山
座標: 北緯40度57分9.6秒 東経140度54分56.9秒 / 北緯40.952667度 東経140.915806度 / 40.952667; 140.915806 水ヶ沢山(みずがさわやま)は青森県東青地域(津軽地方東部)の平内町にある山で、標高323.4メートル[1]。 水ヶ沢山は夏泊半島(夏泊山地)の中央に位置し、小湊川支流盛田川以北では最高峰である。山腹には東北電力の中継所がある[1]。山頂には漁業用と青森県土木事務所の2本の無線アンテナが設置されており、一等三角点「水沢山」(標高323.26メートル)がある[2]。 東の尾根の鞍部には小湊越(標高150メートル)という旧峠があり、かつて夏泊半島に道路が整備されていなかった時代には小湊(平内町の中心部)と半島北部を繋ぐ数少ない陸路として利用されていた。1953年(昭和28年)にはここを改修して自動車の通行もできるようになった。のちに県道9号が開通して半島を周回できるようになると、小湊越は廃れた[3]。
Wikipedia    内容詳細  
189.向白神岳  ・ 日本青森県西津軽郡深浦町
向白神岳(むかいしらかみだけ)は、青森県西津軽郡深浦町にある山で、標高は1,250m。白神山地の最高峰。山頂に至る登山道は整備されておらず、ヤブ漕ぎなどを強いられるため、登頂することはかなり困難である。白神岳山頂にある避難小屋の記録では、白神岳から行きで5時間、帰りが12時間もかかったとする記録もある。比較的楽に登頂するには残雪期をねらうのが良いが、雪崩の危険性もあり、高度な登山技術を必要とする。 右の写真で、向白神岳の三角点(1,243メートル)がある場所は写真中央やや左のピークである。実際の最高点(1,250メートル)は、三角点の左にあるやや高く見えるピークの連なりの左にある。写真右のピークは静御殿という岩嶺で、ここは高山植物の宝庫となっている。
Wikipedia    内容詳細  
190.紅葉山 (青森県)  ・ 日本 青森県黒石市
紅葉山(もみじやま)は、青森県黒石市にある山である。名前のとおり、もみじを中心とした紅葉の名所である。
Wikipedia    内容詳細  
191.雲谷峠  ・ 日本青森県青森市
雲谷峠(もやとうげ)は、青森県青森市にある山である。名前は「峠」だが、実際には峠ではない。古くは「モヤノトンケ」と地元集落で呼ばれていた名残と言われる。青森市民からは単に「雲谷」と称されている。当山は、青森市街地南部に位置し、青森市街から八甲田・十和田湖方面の途中にある。標高553メートル。青森市から八甲田山を望む際に、その右側手前に見える。八甲田山本体よりはるかに低いが形のよい独立峰であるため、市民にとってはシンボリックな存在である。
Wikipedia    内容詳細  
192.与須毛堂森  ・ 日本青森県三戸郡田子町秋田県鹿角市
与須毛堂森(よすけどうもり)は、青森県三戸郡田子町と秋田県鹿角市との境界にある山である。 標高840.8m。 西側斜面(鹿角市側)を水源とする山中沢川(米代川水系支流大湯川支流大清水川支流)が大清水川と合流する一帯には、かつて数戸の開拓農民が暮らしていた。 山中沢川の中流域には山中宿跡があり、昔(江戸時代頃からと思われる)の「来満街道大柴峠越え」がこの山中沢川を横断していた。この街道は、いわゆる巡見使道で、鹿角(現鹿角市)の松ノ木~錦木塚~大湯温泉~安久谷川(米代川水系支流大湯川支流)~折戸~大柴峠~山中宿を経て、現青森県へと通じていた。
Wikipedia    内容詳細  

岩手県の山

193.赤林山  ・ 日本岩手県盛岡市・紫波郡矢巾町
赤林山(あかばやしやま)は、岩手県盛岡市市街地の西方、盛岡市と紫波郡矢巾町の境に位置する標高855mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
194.秋田駒ヶ岳  ・ 日本秋田県仙北市岩手県岩手郡雫石町
秋田駒ヶ岳(あきたこまがたけ)とは、秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町に跨る活火山である。十和田八幡平国立公園の南端。標高1,637m。全国に数多い駒ヶ岳のなかで最も高山植物の豊富な山としても知られる。日本二百名山の一つである。
Wikipedia    内容詳細  
  #雫石町の成層火山の山    #岩手県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
195.東根山  ・岩手県紫波郡紫波町・岩手郡雫石町
東根山(あずまねさん)は、岩手県紫波郡紫波町と岩手郡雫石町の境に位置する標高927.9mの山。東根山と南昌山、これに赤林山(あるいは箱ヶ森)をあわせて「志波三山」と呼ばれている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
196.飯岡山  ・ 日本岩手県盛岡市上飯岡
飯岡山(いいおかやま)は、岩手県盛岡市上飯岡に位置する標高358.6mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
197.石上山  ・岩手県遠野市
石上山(いしかみやま)は岩手県遠野市にある標高1,038mの山。
Wikipedia    内容詳細  
198.石蔵山  ・ 日本岩手県一関市
石蔵山(いしくらやま)は、岩手県一関市にある標高356mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
199.稲庭岳  ・岩手県二戸市
稲庭岳(いなにわだけ)は、岩手県二戸市にある標高1,078mの山である。稲庭岳は昔は、西側の田山方面への登山道があり、南側の登山道は比較的最近作られたものであった。
Wikipedia    内容詳細  
200.岩手山  ・ 日本岩手県八幡平市・滝沢市・雫石町
岩手山(いわてさん)は、岩手県の北西部にあり、二つの外輪山からなる標高2,038mの成層火山である。青森県から岩手県を経て福島県に連なる奥羽山脈の岩手県域北部に位置する岩手山は、岩手県の最高峰であり、県のシンボルの一つとされている[5]。日本百名山に選定されている[6]。
Wikipedia    内容詳細  
  #雫石町の成層火山の山    #岩手県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
201.牛形山  ・ 日本岩手県北上市・和賀郡西和賀町
牛形山(うしがたやま)は、岩手県北上市と和賀郡西和賀町との境界にある山である。奥羽山脈に含まれる山の一つで、標高は1,339.8mである。登山口の標高は578mであり、標高差は762m。経塚山、金ヶ崎駒ヶ岳とともに夏油三山の一つに数えられている。 登山道は東麓にある夏油温泉から通じている。
Wikipedia    内容詳細  
202.大白森  ・ 日本秋田県仙北市・岩手県雫石町
大白森(おおしろもり)は、秋田県の北東部に位置し、秋田の小和田瀬川と岩手の葛根田川源流の山である。山頂は平坦になっており、そこに広大な高層湿原がある。 ここでは、南約1500mにあり大白森同様に山頂が平坦になっていて、高層湿原がある小白森のことも記述する。
Wikipedia    内容詳細  
203.大深岳  ・秋田県仙北市・岩手県八幡平市
大深岳(おおぶかだけ)は、秋田県仙北市と岩手県八幡平市の堺にある楯状火山である。
Wikipedia    内容詳細  
204.大森 (鹿角市・八幡平市)  ・ 日本秋田県鹿角市岩手県八幡平市
大森(おおもり)は、秋田県鹿角市と岩手県八幡平市との境界に位置する山である。
Wikipedia    内容詳細  
205.折爪岳  ・ 日本 岩手県二戸市・九戸郡軽米町・同郡九戸村
折爪岳(おりつめだけ)は、岩手県二戸市、九戸郡軽米町、同郡九戸村を山域に持つ山である。山頂は二戸市と九戸村の境にあり標高は852.2mである。 山頂付近にはキャンプ場や展望台があり、展望台からは遠く岩手山や八戸市を望むことが出来る。
Wikipedia    内容詳細  
206.角麓平  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県鹿角市
角麓平(かくろくたい)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との県境にある山である。 標高は780m。鹿角(花輪)盆地南東縁に位置する八森から南へ伸びる稜線上にある。稜線は、鳥谷沢頭・高毛戸・角麓平・竹ノ子平を通り、呱子森を経て八幡平へ続いている。北東斜面を流れる兄川の枝沢、折合沢との間には断層があり、新第三紀中新世に断層南側が沈降して形成されたと考えられる堆積層から成るが、隆起の結果、折合沢の古生層(ジュラ系)との高低関係は逆転している。稜線部には新第三紀後期の火山岩も見られる。 国道341号沿線にある鹿角市の熊沢集落などから登山道が通じている。
Wikipedia    内容詳細  
207.月山 (宮古市)  ・ 日本 岩手県宮古市
月山(がっさん)は、岩手県宮古市にある標高455.9mの山である。 宮古湾東部の重茂半島にある。山頂には、宮古テレビ・FM中継局が設置されており、岩手県沿岸北部地域南部へ電波を発射している。AMラジオの宮古中継局については、宮古ラジオ中継局を参照のこと。また、2013年8月26日に開局した宮古エフエム放送の送信所についても記述する。
Wikipedia    内容詳細  
208.皮投岳  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
皮投岳(かわなげだけ)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある標高1,122mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
209.寒風山 (岩手県)  ・ 日本岩手県盛岡市川目第3地割
寒風山(かんぷうさん)とは、岩手県盛岡市川目にある山である。標高は428mである。山頂からは、盛岡市や、岩手山を望むことができる。 山頂の西側約1キロメートルに岩手県道36号上米内湯沢線が通り、県道36号の沿線には盛岡競馬場がある。また、競馬場付近から山頂近くまで林道が通る。 山の南側を国道106号、北側をJR東日本 山田線が通っている。
Wikipedia    内容詳細  
210.金鶏山  ・ 日本 岩手県西磐井郡平泉町
金鶏山(きんけいざん、きんけいさん) 金鶏山(きんけいざん[1][2][3]、きんけいさん[4][5][6])は、岩手県西磐井郡平泉町にある山。 国の史跡[1]。2011年(平成23年)6月26日、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された[7]。2014年3月18日には「おくのほそ道の風景地」の一つとして国の名勝に指定された(10県13か所一括指定されたうちの一つ)[8]。
Wikipedia    内容詳細  
211.栗駒山  ・ 日本岩手県一関市宮城県栗原市秋田県湯沢市・雄勝郡東成瀬村
栗駒山(くりこまやま)は、山体が宮城県、秋田県、岩手県の三県にまたがる山である。標高は1,626 m[1]。山頂部は宮城県と岩手県の境界になっている。奥羽山脈に属し、焼石岳や神室山とともに栗駒国定公園や栗駒山・栃ヶ森周辺森林生態系保護地域として指定されている。二百名山、花の百名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
  #一関市の成層火山の山    #岩手県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
212.黒森山 (盛岡市・紫波町)  ・ 日本岩手県盛岡市・紫波郡紫波町
黒森山(くろもりやま)とは、岩手県盛岡市と紫波郡紫波町の境に位置する標高837.3mの山である。 北上川の東にあり、朝島山や鬼ヶ瀬山とともに乙部三山の一つ。 付近は1943年(昭和18年)までは、金の採掘や精錬が盛んで多くの坑道が掘られた歴史ある山域。途中には大きな岩に囲まれた黒森大権現が祀られている。山頂からは岩手山や盛岡市街、南昌山や赤林山などが眺められる。
Wikipedia    内容詳細  
213.胡四王山  ・ 日本 岩手県花巻市
胡四王山(こしおうざん)は、岩手県花巻市にある標高183mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
214.呱子森  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
呱子森(こっこもり)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある山である。 標高1,018.8m。八森から南へ伸びる稜線は、鳥谷沢頭、高毛戸、角麓平、竹ノ子平を通り、呱子森を経て八幡平へと続く。 西側一帯には広大な緩斜面が広がり、かつて(終戦後)は相当数の入植者があったが、その後離農[1]し、現在(平成20年)そのうちのほとんどは、スギの造林地や原野になっている。
Wikipedia    内容詳細  
215.五葉山  ・日本岩手県:住田町、大船渡市、釜石市
五葉山(ごようざん)は、東北地方太平洋側にある北上山地南部の山。標高は1,351mで、三陸沿岸の最高峰である。日本三百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
216.四角岳  ・ 日本秋田県鹿角市・青森県田子町・岩手県八幡平市
四角岳(しかくだけ)は、青森県、岩手県、秋田県の3県にまたがる、標高1,003mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
217.須賀倉山  ・ 日本岩手県紫波郡紫波町・岩手郡雫石町
須賀倉山(すがくらやま)とは、岩手県紫波町と雫石町の境に位置する標高940.9mの山である。紫波町の標高最高地点。 雫石町の南、紫波町の最奥地。紫波町からは山王海ダムより西にあり、滝名川の水源である。雫石町側から見た山体は、なだらかな稜線を描いた形だが、東の紫波町側からは、東根山が大きく遮るため遠方からでなければ見られない。
Wikipedia    内容詳細  
218.高畑山 (岩手県・秋田県)  ・ 日本 秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
高畑山(たかはたやま)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある山である。 標高667.3m。米代川上流域左岸に位置し、両県境の指標となる山である。JR兄畑駅前の正面にそびえる。
Wikipedia    内容詳細  
219.高森山 (二戸市)  ・ 日本岩手県二戸市
高森山(たかもりやま)は、岩手県二戸市にある標高325mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
220.竹ノ子平  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
竹ノ子平(たけのこたい)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
221.種山ヶ原
種山ヶ原(たねやまがはら)は、岩手県奥州市、気仙郡住田町、遠野市にまたがる物見山(種山)を頂点とした標高600-870メートルに位置した高原地帯である。北上高地の南西部の東西11キロメートル、南北20キロメートルに及ぶ平原状の山で、物見山・大森山・立石などを総称して別名「種山高原」とも呼ばれている。宮沢賢治ゆかりの景勝地「イーハトーブの風景地 」の一つとして国の名勝に指定されている。 宮沢賢治がこよなく愛した高原として知られる。賢治は種山ヶ原の風景や気象を題材に、童話『風の又三郎』や戯曲『種山ヶ原の夜』、そして多くの詩・短歌を残した。
Wikipedia    内容詳細  
222.束稲山  ・ 日本岩手県西磐井郡平泉町・奥州市・一関市
束稲山(たばしねやま)は、岩手県平泉町、奥州市、一関市の境界に位置する山。標高594.9m。
Wikipedia    内容詳細  
223.中岳 (鹿角市・八幡平市)  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
中岳(ちゅうだけ)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市にまたがる山である。 標高1,024.2m。山頂には一等三角点と猿田彦の石碑がある。 四角岳の東方約1kmにある。なお、四角岳は中岳と比べて比較的名の通っている山だが、標高は中岳が高い。 一帯の山々の地下には良質の銅鉱石があったため、かつてこの一帯には不老倉鉱山・四角岳鉱山・細地鉱山などがあった。 登山道はそれぞれの流域から続いている。そのひとつである不老倉登山口は、大湯温泉郷(十和田大湯)から安久谷川(あくやがわ、米代川水系支流大湯川)に沿って設けられている林道の終点にある。 鹿角の大湯や草木の人からは、四角岳とともに「東ボッチ(帽子)」や「東山」と呼ばれていた。東山が雲ってボッチをかぶると、東風が吹き、その年は飢饉となる不吉な年であるとされた。周囲の人から高い山、美しい山として神聖視されて、中岳山頂には猿田彦の石碑が建てられた。猿田彦の石碑は天明3年(1832年)7月13日に、不老倉総山中の赤穂氏が行っている。この人は尾去沢鉱山の山師として活躍していた赤穂満矩という人物と考えられる。この人は、『下財聞書』(鉱山聞書)の記述を残しているが、その内容は探鉱法に関するもので、山形、日光の当たり方、草木の状況など山相から、露頭・転石・流砂の吟味などまで、当時としては、進んだ探鉱法を詳細に書いた本である。この人物が不老倉鉱山に何らかの関係を持ち、鉱山の繁栄や安全を祈って建立したものと想像される。(斎藤長八著「不老倉鉱山誌」)
Wikipedia    内容詳細  
224.天峰山  ・岩手県盛岡市日戸
天峰山(てんぽうざん)は岩手県盛岡市日戸にある山。標高は845メートル。 天峰山から眺望する岩手山は、眼下に広がるまち並みなどと一体化した広大な景観が特徴的である。そのため、天峰山から岩手山の眺望を確保するため建築物などの高さや建築物の外観意匠及び工作物の計画が規制されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
225.毒ヶ森  ・ 日本岩手県雫石町
毒ヶ森(どくがもり[1]・ぶすがもり[2])は、岩手県雫石町の南東、紫波郡矢巾町の境界近くに位置する標高782メートルの山である[3]。 南昌山の北西約2キロメートル、大石山と赤林山の間に位置し、南昌山と同じような釣り鐘形の山である。岩手県道281号矢巾西安庭線の南昌第一トンネルのほぼ上に聳えており、雫石側のトンネル手前付近から間近で山体を眺める事ができる。 南東2kmにある南昌山の古名も毒ヶ森(どくがもり)であった[4](1693年に徳ヶ森もしくは毒ヶ森から南昌山に改称されたと伝えられる[5])。同県花巻市と北上市の境にも同名の山がある[6]。 中新世の凝灰岩層に貫入した鮮新世の安山岩が山頂を構成する岩頸で、同じ山塊に属する南昌山や東根山とともに周辺から突出した地形をなしている[7]。
Wikipedia    内容詳細  
226.独鈷森  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県鹿角市
独鈷森(とっこもり)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との県境にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
227.七時雨山  ・岩手県八幡平市
七時雨山(ななしぐれやま)は、岩手県の北西部に位置する山。標高1,063 m[2]。八幡平市にあり、新日本百名山や東北百名山に選ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
228.七ツ森 (岩手県)
七ツ森(ななツもり)は、岩手県岩手郡雫石町にある7つの連なった低山の総称である。最高峰は生森で、標高は348m。頂上には七ツ森展望台があり、雫石盆地の田園風景と岩手山や駒ヶ岳を眺めることができる[1]。一帯には七ツ森森林公園が整備されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
229.ナメトコ山  ・ 日本 岩手県花巻市、岩手郡雫石町
ナメトコ山(ナメトコやま)は、岩手県花巻市の西方、岩手郡雫石町との境にある奥羽山脈に属する標高860mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
230.南昌山  ・ 日本・岩手県岩手郡雫石町・紫波郡矢巾町
南昌山(なんしょうざん)とは、岩手県岩手郡雫石町と紫波郡矢巾町との境にある、標高848.0mの山岳。岩の鐘を伏せたような均整のとれた形をしており[1]、地元において古くから信仰の対象とされてきた霊山である。
Wikipedia    内容詳細  
231.新山 (紫波町)  ・ 日本 岩手県紫波郡紫波町
新山(にいやま)は、岩手県紫波郡紫波町土館字馬の子115番地にある標高551.7mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
232.日光山 (岩手県)  ・岩手県下閉伊郡山田町大沢
日光山(にっこうさん)は岩手県下閉伊郡山田町にある山[2]。標高672.2メートル[3](673メートル[1])。戦前までのかつての名称は光山[1](ふもとにある光山温泉〈ひかりやまおんせん〉の名称と陸中大沢鉱山〈光山鉱山〉からの由来が共通)。大沢山(おおさわやま)とも称される[4][5][6][注釈 1]。
Wikipedia    内容詳細  
233.乳頭山  ・秋田県仙北市・岩手県岩手郡雫石町
乳頭山(にゅうとうさん)とは、秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町にまたがる山である。十和田八幡平国立公園の中に位置する。 遠くから見たゆったりとした印象とは異なり、山頂の東側は断崖絶壁となっている。山頂は崩壊が進んでいる。以前あった山頂の三角点も行方不明となり、現在の地形図では三角点が抹消されている。 秋田駒ヶ岳とともに古くから知られた山で、秘湯で名高い乳頭温泉郷の北東に乳房のような山容を見せている。山頂からは、岩手山や林野庁の森林生態系保護地域に指定されている葛根田川源流部などを一望できる。また、東隣の笊森山と三角山の鞍部に広がる千沼ヶ原は、尾瀬にも匹敵するほどの高層湿原とも言われている。
Wikipedia    内容詳細  
234.箱ヶ森  ・ 日本岩手県岩手郡雫石町・盛岡市
箱ヶ森(はこがもり)とは、岩手県岩手郡雫石町と盛岡市との境にある、盛岡市市街地の西方に鎮座する標高865.5mの山。赤林山、毒ヶ森と並ぶ連山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
235.階上岳  ・ 日本青森県三戸郡階上町・岩手県九戸郡洋野町
階上岳(はしかみだけ)は、青森県階上町と岩手県洋野町の境にある標高は739.6mの山である。 臥牛山(がぎゅうざん)と呼ばれることもある。ツツジの群生地があり、観光客が多数訪れる。また、種市岳(たねいちだけ)と呼ばれることもあるが、厳密には種市岳は階上岳の山頂近くに位置する小山のことを指す。山頂付近には階上岳山頂園地や野営場がある[1]。 1974年10月3日、階上岳と階上海岸地区が種差海岸県立自然公園に編入され、種差海岸階上岳県立自然公園と改称された後、一部が陸中海岸国立公園拡張候補地となった[1]が、2011年3月11日に発生した東日本大震災によって計画の変更を余儀なくされ、2013年5月24日に三陸復興国立公園に編入された[2]。
Wikipedia    内容詳細  
236.八幡平  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県仙北市・鹿角市
八幡平(はちまんたい)は、秋田県と岩手県にまたがる標高1,614 mの山及びその周囲の高原台地[3]。深田久弥の日本百名山に挙げられている[3][4]。山域は1956年(昭和31年)に十和田八幡平国立公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
  #仙北市の成層火山の山    #岩手県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
237.早池峰山  ・ 日本岩手県宮古市・遠野市・花巻市
早池峰山(はやちねさん)は、岩手県にある標高1917mの山。一等三角点の標高は、1913.61mである。北上山地の最高峰で日本百名山[2]、新日本百名山[3]、花の百名山[4]、新・花の百名山[5]及び一等三角点百名山[6]に選定されている。六角牛山、石上山と共に「遠野三山」と呼ばれる[7]。山頂は宮古市、遠野市、花巻市の3つの市の境界となっている。 古くから早池峰ともいい、日本百名山にもその名で収録されている。
Wikipedia    内容詳細  
238.姫神山 (岩手県)  ・ 日本 岩手県盛岡市
姫神山(ひめかみさん)は、岩手県盛岡市にある山である。独立峰でピラミッド型をした山容が特徴である。山頂には一等三角点がある。日本二百名山、新・花の百名山の1つである。
Wikipedia    内容詳細  
239.二ッ森 (八幡平市・鹿角市)  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県鹿角市
二ッ森(ふたつもり)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界に位置する山である。
Wikipedia    内容詳細  
240.前森山
前森山(まえもりやま)は、岩手県八幡平市にある山。標高1305m。
Wikipedia    内容詳細  
241.真昼岳  ・ 日本秋田県仙北郡美郷町岩手県和賀郡西和賀町
真昼岳(まひるだけ)とは、秋田県仙北郡美郷町と岩手県和賀郡西和賀町との県境にある山である。真昼山とも。真昼山地の主峰で、標高は1059mである[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
242.三ツ石山  ・ 日本岩手県岩手郡雫石町・八幡平市
三ツ石山(みついしさん)は岩手山から続く、裏岩手縦走路の上にある山である。東北百名山に選ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
243.室根山  ・ 日本岩手県一関市室根町
室根山(むろねさん)は、岩手県一関市室根町にある山。周囲1495ヘクタールと共に室根高原県立自然公園を形成している。北上高地の南部の独立峰として知られる。標高は894.7m。山頂からは、太平洋を含む360°のパノラマが望める。 春はつつじで山全体がピンク色に染まり、初夏は濃い緑で覆われる。また、秋は紅葉が見られる。冬は、雪のために5合目付近で冬季通行止めになるため、頂上までは上がることが出来ない。
Wikipedia    内容詳細  
244.女神山  ・ 日本秋田県仙北郡美郷町,岩手県和賀郡西和賀町
女神山(めがみやま)は、秋田県仙北郡美郷町と岩手県和賀郡西和賀町の境にある山である。標高は955.4m。山頂には三等三角点「女神山」が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
245.畚岳  ・ 日本秋田県仙北市・岩手県八幡平市
畚岳(もっこだけ)は、秋田県仙北市と岩手県八幡平市の境にある山である。八幡平の展望が良い山とされる「八幡平三大展望地」の一つである[1]。山頂は僅かに秋田県側に入っている。
Wikipedia    内容詳細  
246.諸桧岳  ・ 日本岩手県八幡平市・秋田県仙北市
諸桧岳(もろびだけ)とは、岩手県八幡平市と秋田県仙北市との県境にある山である。 標高は1,516m。畚岳と嶮岨森をつなぐ登山道である裏岩手縦走路が山頂を通過している[1]。また、諸桧岳の東麓の標高1,200m付近には秋田県道・岩手県道318号八幡平公園線(八幡平樹海ライン)が南北に走る。諸桧岳山頂の標識は、諸桧岳最高点から北西約300mの登山道が直角に曲がっている点に設置されている。 諸桧岳の「諸桧」とは、アオモリトドマツ(オオシラビソ)の方言である。諸桧岳山麓は笹藪の中にアオモリトドマツが数多く茂っている。アオモリトドマツは青森県が分布の北限であるが、この八幡平地区が群生密度が日本一と言われている。標高が低い場所では樹高30mを越える巨木になることもあるが、諸桧岳の山頂付近では風雪にさらされ大きくなれない。
Wikipedia    内容詳細  
247.矢神岳  ・ 日本岩手県八幡平市
矢神岳(やがみだけ)は、岩手県八幡平市にある標高666.3mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
248.焼石岳  ・ 日本岩手県奥州市・和賀郡西和賀町
焼石岳(やけいしだけ)とは、岩手県南西部、奥州市と和賀郡西和賀町の境にある火山である。標高1,548 m。奥羽山脈中部に属し、牛形山、駒ヶ岳などからなる焼石連峰の主峰で、栗駒国定公園の一部。日本二百名山の一つである。
Wikipedia    内容詳細  
249.六角牛山  ・ 日本岩手県遠野市・釜石市
六角牛山(ろっこうしさん)は、岩手県遠野市と釜石市との境界にある山。遠野小富士の異名を持つ。
Wikipedia    内容詳細  
250.和賀山塊  ・秋田県・岩手県
和賀山塊(わがさんかい)は、秋田・岩手県境にある山塊。奥羽山脈真昼山地の一部。奥深い原生自然とブナ混生林、さらに巨樹・巨木の存在によって知られている。
Wikipedia    内容詳細  

宮城県の山

251.早馬山  ・宮城県気仙沼市唐桑町
早馬山(はやまさん)は、宮城県気仙沼市唐桑町の唐桑半島の中央に位置する山である。 麓と山頂には「早馬さん」として古くから信仰を集める早馬神社がある。山頂の展望台まで遊歩道が整備されている。山頂からは、東に太平洋の大海原、広田湾、巨釜半造、西には美しい唐桑瀬戸、南に大島などを眺めることができるほか、カタクリをはじめとする四季折々の草花の観察も楽しめる。
Wikipedia    内容詳細  
252.判官森  ・ 日本 宮城県栗原市
判官森(はんがんもり)は、宮城県栗原市栗駒沼倉にある山である。 平泉で自害した源義経の胴体が葬られた地と伝えられ、山の頂部に義経の胴塚とされる五輪塔と石碑が建っている。石碑中央に「上拝源九郎官者義経公」、左には「文治五年閏四月二八日」、右に「大願成就」と刻まれている。判官森をさらに上に登ると、岩場のある弁慶森がある。麓の旧・栗駒小学校跡地前には、筆塚と義経が土に桜の枝を差して育ったという義経鞭桜がある。 地元の伝承によると、沼倉村を領していた沼倉小次郎高次が、衣川館で自刃し首を鎌倉に送られた義経の胴体をこの地に葬ったという。また高次の弟である杉目小太郎行信が義経の身代わりとなり、義経を北へ逃がしたという伝説があり、義経北行伝説の根拠の一つとなっている。
Wikipedia    内容詳細  
253.屏風岳 (蔵王連峰の山)  ・ 日本宮城県刈田郡蔵王町・七ヶ宿町
屏風岳(びょうぶだけ)は、宮城県刈田郡蔵王町と同郡七ヶ宿町の蔵王連峰にある標高1,825mの宮城県の最高峰である。山頂から南に約500m行けば白石市にも接する。 仙台市内の景観から、雪が積もった滑らかな急斜面が屏風のように見えることから名付けられた[要出典]。 ふもとから不忘山、水引入道、後烏帽子岳かを経由して登るルートと、刈田峠から杉ヶ峰を経由する南蔵王縦走コースがある。杉ヶ峰との鞍部には「芝草平」と呼ばれる湿原があり、ワタスゲやチングルマ、キンコウカなどが咲く。
Wikipedia    内容詳細  
254.日和山 (仙台市)  ・ 日本 宮城県仙台市宮城野区蒲生
日和山(ひよりやま)は、宮城県仙台市宮城野区蒲生にある標高3 mの山。1991年から1996年まで[1]、また2014年4月以降、国土地理院により「日本一低い山」と認められている[2]。人工的に作られた山であり、自然にできた山として日本一低い山は、徳島県の弁天山である。
Wikipedia    内容詳細  
255.日和山 (名取市)  ・宮城県名取市閖上東2丁目13-1(旧住所・宮城県名取市閖上4丁目18番地内)
日和山(ひよりやま)は、宮城県名取市閖上にある築山である。かつては中嶋山とも呼ばれた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
256.日和山 (石巻市)
日和山(ひよりやま)は、宮城県石巻市日和が丘にある鰐山の南東部分の名称である。 桜の咲く名所でもあり、地元では周辺一帯を「日和山公園」として親しまれている。
Wikipedia    内容詳細  
257.船形山  ・ 日本 宮城県・山形県
船形山(ふながたやま)は、宮城県と山形県の県境にそびえる、奥羽山脈船形火山群(英語版)の主峰となる火山である。別名は御所山(ごしょざん)。日本二百名山のひとつに数えられる。 一等三角点の名称は「舟形山」(北緯38度27分19.6347秒 東経140度37分11.4155秒 / 北緯38.455454083度 東経140.619837639度 / 38.455454083; 140.619837639 (一等三角点「舟形山」(1,500.34 m)))で、標高は2010年(平成22年)10月1日に1,500.23 mから1,500.34 mに改められた[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
  #の成層火山の山    #宮城県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
258.八木山 (仙台市)
八木山(やぎやま)は、宮城県仙台市太白区にある標高100メートル前後の丘陵地である[1][2]。大正時代以降に、地元の商人である八木氏がここを所有し、行楽地や住宅地として開発したことから、八木山と呼ばれるようになった。
Wikipedia    内容詳細  
259.薬萊山  ・ 日本宮城県加美郡加美町
薬萊山(やくらいさん)は、宮城県加美郡加美町のほぼ中央、宮城県立自然公園船形連峰[2]に含まれる標高553mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
260.船形山  ・ 日本 宮城県・山形県
船形山(ふながたやま)は、宮城県と山形県の県境にそびえる、奥羽山脈船形火山群(英語版)の主峰となる火山である。別名は御所山(ごしょざん)。日本二百名山のひとつに数えられる。 一等三角点の名称は「舟形山」(北緯38度27分19.6347秒 東経140度37分11.4155秒 / 北緯38.455454083度 東経140.619837639度 / 38.455454083; 140.619837639 (一等三角点「舟形山」(1,500.34 m)))で、標高は2010年(平成22年)10月1日に1,500.23 mから1,500.34 mに改められた[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
  #仙台市の成層火山の山    #宮城県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
261.青葉山 (仙台市)  ・宮城県仙台市青葉区
青葉山(あおばやま)は、宮城県仙台市青葉区にある丘陵、またその周辺の地名である。
Wikipedia    内容詳細  
262.愛宕山 (仙台市)  ・ 日本宮城県仙台市太白区
愛宕山(あたごやま)は、宮城県仙台市太白区向山にある山である。山の名は山上にある愛宕神社に由来する。かつては向山(むかいやま)とも呼ばれた。標高78m。
Wikipedia    内容詳細  
263.雨塚山  ・ 日本 宮城県白石市
雨塚山(あめづかやま)は、宮城県白石市にある山である。 標高は710.8m。福島県境から山頂までの距離は2km弱と近く、山頂のほぼ直下は、東北新幹線蔵王トンネルが貫いている。アメシストが採掘されることから、鉱物コレクターが大木を切り倒したり、アメシストが大量に掘り起こされていることで問題になっている。
Wikipedia    内容詳細  
264.安波山  ・宮城県気仙沼市
安波山(あんばさん、あんばやま)は、宮城県気仙沼市の標高239 mの山。市街地の北に位置し市民に親しまれている。 標高130 m付近まで林道が通り、駐車場がある。そこから徒歩15分程で登頂できる。山頂付近には安波山公園が整備されている。アクセスが簡単かつ市内を一望できる事から、毎年元旦には初日の出を観覧しようと多くの市民や観光客が訪れる人気のスポットとなっている。 東日本大震災の際に番組収録で偶然、気仙沼市を訪れていたお笑い芸人のサンドウィッチマンが避難した山としても知られており、彼らは毎年3月11日に気仙沼市を訪れ、市民と共に当山にて黙祷を捧げている。 また、当山には国の天然記念物に指定されているニホンカモシカが多数生息している。季節に関係なく登山者の前にも度々姿を見せており、安波山に生息する個体が市街地にも姿を現すようになり市民を驚かせている。
Wikipedia    内容詳細  
265.泉ヶ岳  ・宮城県仙台市泉区
泉ヶ岳(いずみがたけ)は、宮城県仙台市泉区の北西部に位置する標高1175メートルの山である(三角点は1172.18メートル、北緯38度24分41.7562秒 東経140度42分34.9199秒)。船形連峰に連なる。
Wikipedia    内容詳細  
266.後白髪山  ・宮城県仙台市青葉区
後白髪山(うしろしらひげやま)は、宮城県仙台市青葉区の西部に位置する標高1422mの山である。船形連峰に連なる。
Wikipedia    内容詳細  
267.大高森  ・宮城県東松島市大字宮戸字大高森1 
大高森(おおたかもり)は、宮城県東松島市の宮戸島にある山。標高106m[1](二等三角点「大高森」:標高105.22m、北緯38度20分26.2512秒 東経141度09分08.8728秒[2])。 奥松島と呼ばれる地区にあり、古くから日本三景・松島を眺望する地として知られる。その眺望は「壮観」として松島四大観の1つに数えられる。
Wikipedia    内容詳細  
268.大萩山  ・ 日本 宮城県白石市
大萩山(おおはぎやま)は、宮城県白石市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
269.大畑山 (宮城県)  ・ 日本 宮城県黒川郡大和町
大畑山(おおはたやま)は、宮城県黒川郡大和町にある山である。 標高は563.5mである。山頂には大きな岩があるほか、近接する七ツ森を望んだりすることが出来る。山の尾根は南北に両端に約1km続く。北北西約1.5kmには嘉太神ダムがある。
Wikipedia    内容詳細  
270.面白山  ・ 日本宮城県仙台市太白区・山形県山形市
面白山(おもしろやま)は、山形県山形市と宮城県仙台市太白区との県境にある奥羽山脈中の火山。標高1,264.4m。仙台側から見ると面が白く見えることから、「面白山」と名付けられた。
Wikipedia    内容詳細  
271.加護坊山  ・ 日本 宮城県大崎市
加護坊山(かごぼうやま)は、宮城県大崎市の篦岳丘陵にある標高223.2mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
272.鎌倉山 (仙台市)  ・ 日本 宮城県仙台市青葉区作並
鎌倉山(かまくらやま)は、宮城県仙台市青葉区作並にある山である。標高520.0メートル。奥羽山脈の東の山地帯にある。角度によってはゴリラの横顔に見えるため、通称でゴリラ山と呼ばれる[1]。 鎌倉山は孤立して盛り上がり、山頂は丸いが山腹の傾斜がきつく、特に南面は安山岩からなる約百メートルの絶壁になっている。山の麓には、鎌倉山と広瀬川にはさまれて、国道48号とJR仙山線が東西に走る。 国道48号は昔の関山街道、作並街道で、古くからこの道を往来する人にとって目立つ山であった。江戸時代には作並村の名所として「安永風土記書出」に記された[2]。また、『奥州里諺集』に中段までは雑木林で頂上は岩石山と記され、今と変わらない姿だったことが知れる[3]。
Wikipedia    内容詳細  
273.禿岳  ・ 日本宮城県大崎市・山形県最上郡最上町
禿岳(かむろだけ)は、宮城県大崎市鳴子温泉鬼首と山形県最上郡最上町とにまたがる標高1,261.7mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
274.鹿狼山  ・ 日本宮城県伊具郡丸森町福島県相馬郡新地町
鹿狼山(かろうさん)は、福島県相馬郡新地町および宮城県伊具郡丸森町にまたがる山である。標高は429.3m。うつくしま百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
275.雁戸山  ・ 日本 宮城県柴田郡川崎町・山形県山形市
雁戸山(がんどさん)は、宮城県柴田郡川崎町と山形県山形市の境にある山である。雁戸山と南雁戸山(標高1486m)とで双耳峰をなす。 笹谷峠の南に位置する火山である。蔵王連峰のうち北蔵王と呼ばれる山塊である。東麓にはセントメリースキー場があり、西麓には馬見ヶ崎川に造られた蔵王ダムがある。 火山活動時期は約40万年前であり、第四紀火山に分類される。蔵王連峰に属するが、中央蔵王火山に対する寄生火山ではなく、複式火山であり、その活動時期は中央蔵王よりも古い。開析が進んでおり、特に山体の東西ではそれが著しい。そのため火口などの噴火活動の痕跡を見ることはできず、かつての山頂は喪失してしまっているが、山体の南北にはそれぞれ八方平、八丁平と呼ばれる火山性の緩やかな斜面を残し、かつて雁戸山が成層火山であったことが窺い知れる。
Wikipedia    内容詳細  
  #川崎町の成層火山の山    #宮城県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
276.北泉ヶ岳  ・宮城県仙台市泉区
北泉ヶ岳(きたいずみがたけ)は、宮城県仙台市泉区の北西部に位置し、宮城県立自然公園船形連峰[1]内にある標高1,253mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
277.金華山 (宮城県)  ・ 日本・宮城県石巻市
金華山(きんかさん[1][2])は、宮城県石巻市の太平洋上に位置する島である。人口は5人。 これは全員が後述の神社の神職であり、他に一般の居住者はいない。対岸の牡鹿半島との間に内海「金華山瀬戸」がある。
Wikipedia    内容詳細  
278.蔵王連峰  ・宮城県・山形県
蔵王連峰(ざおうれんぽう)は、東北地方の中央を南北に連なる奥羽山脈の中にあって、宮城県と山形県の両県南部の県境に位置する連峰[1][2][3][4]。奥羽山脈において時と場所を移しながら次々と繰り返された火山活動によって形成された複合火山群である[5]。 玄武岩、安山岩の成層火山群の活火山であり、気象庁の常時観測火山[6]に含まれている。火口湖である御釜や噴気口が見られる。裾野には温泉やスキー場があり、両県における主要観光地の1つである。
Wikipedia    内容詳細  
279.四方山 (宮城県)  ・ 日本宮城県角田市・亘理町・山元町
四方山(しほうざん[1])は、宮城県の県南、角田市・亘理町・山元町の1市2町にまたがる標高272mの山。阿武隈高地の一角を占める。 山頂は第二次世界大戦中には高射砲の砲台が置かれていた所で、頂上の展望台からは360°見渡せ、東に太平洋、西に蔵王連峰、南に阿武隈高地、北には仙台平野のパノラマが広がっている[2]。「みやぎ蔵王三十六景」の一つ[3]。
Wikipedia    内容詳細  
280.上品山  ・ 日本 宮城県石巻市大字三輪田
上品山(じょうぼんさん)は、宮城県石巻市の、ほぼ中央部、市街地の中心部から見て北東部にある標高465.7mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
281.新富山  ・ 日本 宮城県宮城郡松島町
新富山(しんとみやま)は、日本の宮城県松島町にある標高45メートルの山である。松島を近くから見渡す位置にあり、展望台が設置されている。 新富山の名は、眺めの良さを讃えられた松島四大観の一つ、富山を意識して付けられた。四大観の山が観光の中心地から遠いので、近くの丘に展望の地を設けたものである。五大堂がある松島の中心地をすぐ後ろから見下ろす好位置である。かつては売店が置かれたが今はない。尾根沿いに後ろに回ると、イギリスの詩人エドマンド・ブランデンの詩碑がある。 松島海岸駅と松島駅の中間、松島駅寄りにある。観光の中心となる五大堂や瑞巌寺からは少し歩くが徒歩圏内である。頂上の手前まで舗装道路がつけられているが、坂道が急で狭く、駐車スペースはなきに等しいので、自家用車でのアクセスには適さない。
Wikipedia    内容詳細  
282.大年寺山
大年寺山(だいねんじやま)は、宮城県仙台市太白区にある山である。山の名は江戸時代からこの山にある黄檗宗両足山大年寺に由来する。古くは野出口山、また茂ヶ崎と呼ばれた。大年寺公園とその一部である仙台市野草園があり、他に放送局のテレビ塔3本が建つ。標高は約120メートル。
Wikipedia    内容詳細  
283.太白山  ・ 日本 宮城県仙台市太白区茂庭生出森
太白山(たいはくさん)は、宮城県仙台市太白区茂庭にある山である。山頂部にある三等三角点「生出森」の標高は320.61メートル(2014年4月1日)[1]。太白区の名称はこの山の名に由来する。仙台富士[3]または名取富士[4][5]とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
284.田束山  ・ 日本宮城県気仙沼市・本吉郡南三陸町
田束山(たつがねさん)とは宮城県本吉郡南三陸町と気仙沼市にまたがる山である。古くから霊峰として栄え、奥州藤原氏も信仰していたといわれる。そのため多数の経塚をはじめとした遺跡も発見されている。藤原秀衡が建立した寂光寺の跡が残る。 標高512mと付近の山の中ではとりわけ高い為、三陸海岸を一望できる。5月に開花する5万本のツツジでも名高く、三陸復興国立公園の飛地となっている。 安中年間黄金文化を開花させた岩手県平泉の藤原秀衡が深くこの田束山を信心し山頂に羽黒山清水寺、中腹に田束山寂光寺、北嶺に幌羽山金峰寺など七堂伽藍、七十余房を造営、「秀衡の子本吉四郎高衡をして山神祭禮を司さとらしむ」と当時の書物に記載されている。田束山経塚が出土したのはこの為である。
Wikipedia    内容詳細  
285.長の森山  ・宮城県気仙沼市
長の森山(ちょうのもりさん)は、宮城県気仙沼市にある標高487 mの山。山頂には電波塔7本が建ち、山頂まで未舗装の林道が通っている。山頂では南に展望があり、三陸海岸や小泉湾が眺められる。
Wikipedia    内容詳細  
286.徳仙丈山  ・ 日本 宮城県気仙沼市赤岩物見・同市本吉町上川内
徳仙丈山(とくせんじょうさん)は、宮城県気仙沼市にある山である。 宮城県沿岸北部に位置する気仙沼市にある山。標高711m。日本屈指のツツジの名山で、5月中旬から下旬には面積約50ヘクタール(東京ドーム約10個)、約50万本ものヤマツツジとレンゲツツジが山全体を深紅に染め上げる。周囲の緑との対比も美しく、赤く染まった山頂は、遠く離れた平野部からも見える。 登山口は北(気仙沼側)と南(本吉側)の2か所。気仙沼側には、登山口から15分程で果てしなくツツジの赤が広がる「つつじが原」を見渡す第一展望台、ツツジと太平洋の紺碧が織りなす雄大な景色を見ることができる第二展望台がある。そこから山頂まで人の背丈を越すほどのツツジがトンネルのように咲く「つつじ街道」を通って25分程で行くことができる。南の本吉側からは、好みに合わせて2つのコースから道を選んで進むことができる。のんびり作業道コースは広い作業道を利用したゆるやかな道、登山の雰囲気を楽しみたい人は尾根道コースが良い。気仙沼側、本吉側どちらから登っても山頂までは40分程。
Wikipedia    内容詳細  
287.七ツ森  ・宮城県黒川郡大和町
七ツ森(ななつもり)は、宮城県黒川郡大和町にある、7つの山の総称である。最高峰は笹倉山(大森)で、標高は507m。南川ダムの北東に6つの山があり、笹倉山のみが同ダムの南方4kmほどに離れて座する。 奥羽山脈の東方に延びる舌状台地の松島丘陵(黒川丘陵)上にあり、周囲の仙台平野各地から見ることが出来る。奥羽山脈上の船形山から東方に泉ヶ岳、七ツ森と続く峰々は、仙台市都心部の北方20km辺りに概ね東西に並んだ姿として市内の高層ビルや仙台城本丸などから遠望され、仙台都市圏の北辺の概ねの目安となっている。
Wikipedia    内容詳細  
288.箟岳山  ・ 日本 宮城県遠田郡涌谷町
箟岳山(ののだけやま/ののだけさん)は宮城県遠田郡涌谷町の、ほぼ中央部にある標高236メートルの山である[1]。「篦岳山」とも表記する。
Wikipedia    内容詳細  
289.鉢森山 (宮城県)  ・ 日本宮城県白石市
鉢森山(はちもりやま)は宮城県白石市にある山。
Wikipedia    内容詳細  
290.花渕山  ・ 日本宮城県大崎市
花渕山(はなぶちやま)は宮城県大崎市鳴子温泉にある標高984.6mの山[1]。栗駒国定公園内に位置する。
Wikipedia    内容詳細  

秋田県の山

291.白神山地の山の一覧
本項では白神山地内の山を列記する。 「白神山地」の範囲・定義には諸説あり(詳細は白神山地参照)、文献によっては一部を「大鰐山地」「目屋丘陵」などに細分化するものもある。本項では広義の範囲[注 1]にしたがって山名を採録している。
Wikipedia    内容詳細  
292.秋田県の山の一覧
秋田県の山一覧(あきたけんのやまのいちらん)は、秋田県にある山の一覧。県境に近い隣県の山も記している。山名欄の「▲」は火山であることを示す。また標高欄の「△」は三角点の標高、「・」は独立標高点の標高、「━」は等高線によるおよその標高であることを示す。
Wikipedia    内容詳細  
293.青岩山 (秋田県)  ・ 日本秋田県鹿角市
青岩山(あおいわやま)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
294.青様山  ・ 日本秋田県鹿角市
青様山(あおさばやま)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
295.赤岩山 (秋田県)  ・ 日本 秋田県鹿角市・鹿角郡小坂町
赤岩山(あかいわやま)は、秋田県鹿角市と小坂町の境界に位置する山である。 標高785.5m。十和田湖を囲む外輪山の一つで、同湖の南岸に位置する。 国道103号の発荷峠から甲岳台展望台を経て山頂に至る登山路があり、十和田湖の雄大な景色を眺めながら、四季を通じて自然観察をすることができる。なお、途中までは林道が開設されているが悪路である。 赤岩山の北西山麓は十和田湖に接し、付近の湖畔には休平(秋田県側)、休屋(青森県側)などがあり、観光地として賑わっている。
Wikipedia    内容詳細  
296.秋田駒ヶ岳  ・ 日本秋田県仙北市岩手県岩手郡雫石町
秋田駒ヶ岳(あきたこまがたけ)とは、秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町に跨る活火山である。十和田八幡平国立公園の南端。標高1,637m。全国に数多い駒ヶ岳のなかで最も高山植物の豊富な山としても知られる。日本二百名山の一つである。
Wikipedia    内容詳細  
  #仙北市の成層火山の山    #秋田県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
297.秋田焼山  ・秋田県鹿角市・仙北市
秋田焼山(あきたやけやま)は、秋田県の北東部に位置し、鹿角市と仙北市との境界にある活火山である。
Wikipedia    内容詳細  
  #仙北市の成層火山の山    #秋田県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
298.軍森  ・ 日本 秋田県鹿角市
軍森(いくさもり)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高206.6m。大湯環状列石(国の特別史跡)の近くにある。同史跡がある中通台地と同じく、太古からの舌状台地の中にこんもりとたたずんでいる。 山内には造林作業用の道路が通じている。なお、山頂は秋田スギの人工林に囲まれており眺望はよくない。 山麓一帯には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の丸館跡・丸館I遺跡・丸館II遺跡・丸館III遺跡・丸館IV遺跡・丸館下I遺跡・丸館下II遺跡・丸館表I遺跡・丸館表II遺跡・丸館表III遺跡・丸館表IV遺跡・丸館表V遺跡・草木A遺跡・草木B遺跡などの遺跡が分布している。 この森にまつわる伝承に「猿賀さま」がある。
Wikipedia    内容詳細  
299.板戸頭  ・秋田県鹿角市
板戸頭(いたどかしら)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
300.一方高  ・ 日本秋田県鹿角市
一方高(いっぽうこう)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高1,104m。夜明島川と熊沢川支流樫内川[1](いずれも米代川水系)との尾根筋に位置する。 かつて、下流域に住んでいる人々は春の固雪の頃になると、尾根筋を通って一方高から三方高を経て大場谷地(十和田八幡平国立公園八幡平地区)を経由して仙北地方へ行くこともあったという。またこの道筋は、熊狩りのマタギの道でもあった。 夜明島川に沿った栗根沢からの登山道がある。
Wikipedia    内容詳細  
301.犬吠森  ・秋田県鹿角市
犬吠森(いぬぼえもり)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
302.岩岳 (青森県・秋田県)  ・ 日本 青森県平川市・秋田県鹿角郡小坂町
岩岳(いわだけ)は、十和田湖の西岸の青森県平川市と秋田県鹿角郡小坂町との境界に位置する標高879.9mの山である。東北百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
303.後森  ・ 日本秋田県鹿角市
後森(うしろもり)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
304.姥井戸山  ・秋田県雄勝郡羽後町・由利本荘市・湯沢市
姥井戸山(うばいどやま)は、出羽山地にあって、秋田県雄勝郡羽後町[1]と由利本荘市及び湯沢市の境界に位置する標高926.9mの山である[2]。
Wikipedia    内容詳細  
305.烏帽子山 (小坂町)  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
烏帽子山(えぼしやま)は、秋田県小坂町にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
306.大石岳 (秋田県)  ・ 日本秋田県秋田市・仙北市
大石岳(おおいしだけ)とは、秋田県秋田市と仙北市にまたがる山である。
Wikipedia    内容詳細  
307.大潟富士  ・秋田県南秋田郡大潟村
大潟富士(おおがたふじ)は、秋田県南秋田郡大潟村にある山。人工の山で標高0m(海抜0m)で円錐形の築山である。周囲からの比高が富士山の1,000分の1である3.776mで、かつ山頂の標高が0mとなるように造られた[1]。日本一低い山とされる日和山よりも標高が低い。大潟村は国土地理院に地形図への掲載を求め、築山であることなどから一時掲載は見送られた[2]が、現在は地形図に表示されている。周囲は干拓地が広がり、海水面より標高の低い平らな土地である。
Wikipedia    内容詳細  
308.大柴峠  ・ 日本秋田県鹿角市
大柴峠(おおしばとうげ)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高731.5m。安久谷川と大清水川(いずれも米代川水系支流大湯川流域)の間の尾根筋に位置する。 来満街道(大柴峠、大柴峠越え)は、藩政時代に尾去沢鉱山の粗銅が牛の背に載せられ、陸奥湾に接する野辺地湊から日本海経由で長崎などへ運ばれたほか、巡見使の通る道筋でもあった。現在も旧道が残っているが、笹や潅木が繁っている。 山麓の登山口周辺の上折戸集落跡には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の折戸遺跡(縄文時代)や昌斎館跡(中世)などの遺跡がある。また、北畠昌教のものと伝えられている墓が残されている。 登山口から進み、標高550m程度の大明神の尾根(鉢巻山)という平たい場所に明神堂の朽ちた石祠と、70㎝程度の御題目塔が立っている。これは1909年(明治42年)に造られたものである。しかし、この部分の山道は付け替えが何度も行われており、現在の山道はこの大明神の尾根よりも約15m下を通っている。標高645m程度の左上方に小柴峠一里塚がある。ここを過ぎると大柴峠に至る。大柴峠からはさらに戸倉川に向かって三戸鹿角街道は続いていた。
Wikipedia    内容詳細  
309.大白森  ・ 日本秋田県仙北市・岩手県雫石町
大白森(おおしろもり)は、秋田県の北東部に位置し、秋田の小和田瀬川と岩手の葛根田川源流の山である。山頂は平坦になっており、そこに広大な高層湿原がある。 ここでは、南約1500mにあり大白森同様に山頂が平坦になっていて、高層湿原がある小白森のことも記述する。
Wikipedia    内容詳細  
310.大平 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
大平(おおだい)は、秋田県鹿角市にある標高1,016mの山である。 米代川水系支流熊沢川支流樫内川東ノ又沢の上流域、北側の東ノ又沢と南の猫ノ沢に挟まれた位置にあり、三方高(標高1,221m)より東に張り出した頂上部が平らな山である。 東ノ又沢からは木材搬出の林道が山頂付近まで整備されているほか、東の志張温泉付近からの登山道もある。東ノ又沢の上流部は峡谷で滝があるなど秘境であり、沢登りなどで楽しまれている。 東ノ又沢の上流域ではかつて、銅鉱石などが採掘されていた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
311.大規長根  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
大規長根(おおつきながね)は、秋田県鹿角郡小坂町にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
312.大開山 (秋田県)  ・ 日本秋田県鹿角市
大開山(おおびらきやま)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
313.大平山 (大仙市)  ・秋田県大仙市神宮寺字三ッ森腰廻
大平山(おおひらやま、たいへいざん)は、秋田県大仙市にある標高387.6mの山である。太平山とも表記され、地元では姫神山(ひめがみやま)、西山(にしやま)という別名がある。 テレビ局のアナログテレビ放送・デジタルテレビ放送の大曲中継局が置局されており、仙北平鹿地域の内、東側の一部・仙北市方面を除く大半の地域に向けて電波を発射している。なお、ここでは北麓に置局されている大曲伊岡テレビ中継局についても併せて記述する。
Wikipedia    内容詳細  
314.大深岳  ・秋田県仙北市・岩手県八幡平市
大深岳(おおぶかだけ)は、秋田県仙北市と岩手県八幡平市の堺にある楯状火山である。
Wikipedia    内容詳細  
315.大森 (鹿角市・八幡平市)  ・ 日本秋田県鹿角市岩手県八幡平市
大森(おおもり)は、秋田県鹿角市と岩手県八幡平市との境界に位置する山である。
Wikipedia    内容詳細  
316.大森 (鹿角市草木)  ・ 日本 秋田県鹿角市
大森(おおもり)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高803.2m。草木川(米代川水系支流根市川)の上流域にある。 ここから北西方向に流れる「雨原沢」が草木川へ合流している。雨原沢のことを地元では「天原」と呼び、いろいろな伝承が伝わっている。 鹿角市花輪の菩提野集落にある佐比内沢などから、登山路が設けられている。 西側の山麓には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の菩提野I遺跡・菩提野II遺跡・高間館遺跡・蛇沢遺跡・本苗代I遺跡・本苗代II遺跡(縄文、奈良・平安)などの遺跡がある。
Wikipedia    内容詳細  
317.大森山 (小坂町)  ・ 日本 秋田県鹿角郡小坂町
大森山(おおもりやま)は、秋田県鹿角郡小坂町にある標高455mの山である。 方角によっては円錐形に近い姿に見える低山で、麓からの比高は200mほど。小坂川(米代川水系)の上流域、国道282号の相内方面分岐点にある。 この分岐点から右方(北方向)へ入った、大森山山麓から上流一帯を「相内(あいない)」と呼び、かつて秋田スギの産地であり、また相内鉱山があって銅鉱石などを採掘していた[2]。
Wikipedia    内容詳細  
318.大森山 (鹿角市)  ・秋田県鹿角市
大森山(おおもりやま)は、秋田県鹿角市にある標高549mの山。
Wikipedia    内容詳細  
319.男鹿三山  ・秋田県男鹿市
男鹿三山(おがさんざん)は、秋田県の男鹿市の山である。男鹿三山とは真山(565m)と本山(715.0m)、毛無山(617m)の総称で、毛無山の代わりに寒風山を男鹿三山に入れる記述もある。
Wikipedia    内容詳細  
320.御鼻部山  ・ 日本青森県十和田市・平川市秋田県小坂町
御鼻部山(おはなべやま、花部山とも)は、十和田湖の北岸にある標高1,010.6mの山。
Wikipedia    内容詳細  
321.角麓平  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県鹿角市
角麓平(かくろくたい)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との県境にある山である。 標高は780m。鹿角(花輪)盆地南東縁に位置する八森から南へ伸びる稜線上にある。稜線は、鳥谷沢頭・高毛戸・角麓平・竹ノ子平を通り、呱子森を経て八幡平へ続いている。北東斜面を流れる兄川の枝沢、折合沢との間には断層があり、新第三紀中新世に断層南側が沈降して形成されたと考えられる堆積層から成るが、隆起の結果、折合沢の古生層(ジュラ系)との高低関係は逆転している。稜線部には新第三紀後期の火山岩も見られる。 国道341号沿線にある鹿角市の熊沢集落などから登山道が通じている。
Wikipedia    内容詳細  
322.神室山  ・ 日本秋田県湯沢市・山形県新庄市・金山町
神室山(かむろさん)は秋田県湯沢市と山形県新庄市、金山町の県境・市境上にそびえる、神室連峰の主峰となる山である。 『日本二百名山』、『花の百名山(ミネザクラ)』のひとつに数えられる。 この項では、便宜的に神室連峰(神室山地)全般についても記述する。
Wikipedia    内容詳細  
323.亀田山  ・ 日本 秋田県小坂町
亀田山(かめだやま)は、秋田県小坂町にある山である。 標高295.9m。米代川水系小坂川の中流右岸にある。 かつては鉱石が採掘されていた。山腹には東北自動車道亀田山トンネルが通っているが、この建設にあたって行われた発掘調査では、大部分の予定地で鉱山の跡や古代の遺跡が発見された。[要出典] 羽ノ木田三十番神社口や岩沢平志和稲荷神社口からの登山路が通じている。
Wikipedia    内容詳細  
324.皮投岳  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
皮投岳(かわなげだけ)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある標高1,122mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
325.寒風山 (秋田県)  ・ 日本秋田県男鹿市
寒風山(かんぷうざん)は、秋田県男鹿市にある成層火山。標高355 m。山頂部は滑落で2つに分かれている。男鹿三山の一つとして数えられる場合もある。
Wikipedia    内容詳細  
326.雁森岳  ・ 日本青森県西津軽郡西目屋村秋田県山本郡藤里町
雁森岳(がんもりだけ)は、青森県西津軽郡西目屋村と秋田県山本郡藤里町との境にある山である。標高は986.7m。岩木川はこの雁森岳から源を発している。雁森岳は白神山地世界遺産地域のコアゾーンになっており、基本的に入山はできない。 雁森岳は青森県側では「トッチャカの森」あるいは「トッチャカ岳」と呼ばれていた。これは突き出た坂のある山という意味で、雁森岳の山頂部は青森県側も秋田県側も切り立った崖になっている。稜線は1メートル程度の幅しかないうえに、岩肌も露出している。1753年の「津軽領内山沢図」には「トツカラ嶽」と記されている。国土地理院はこの山に置いた三角点に「突坂」と刻んでいる。ところが、1969年(昭和44年)の五万分の一の地図にはこの山は「雁森岳(泊岳)」と記されていた。「泊岳」というのは、二ッ森の青森県側呼称であり、何らかの混乱があったと思われる。1974年(昭和49年)以降の地図にはこの山の呼称は削除され、標高のみが記載されている。なお、1929年(昭和4年)の『日本地理風俗大系』には、岩木川の源流は「泊嶽連山」と書かれている。泊岳(二ッ森)からは岩木川はながれていないので、この認識が誤認の原因なのかも知れない。1974年以降の国土地理院の地形図からは地名は削除されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
327.北林  ・ 日本秋田県鹿角市
北林(きたばやし)は、秋田県鹿角市にある標高804mの山である。 奥羽山脈に属する。麓に位置する国道282号沿線の大里集落では、古来から山の恵みを受けているほか、山麓にある観音堂・五所山神社・駒形神社などが代々信仰されている。 伝統行事「オシキ刈り」は、毎年8月初旬に山頂のすぐ下の斜面で行なわれている。 西側山麓には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の下葛岡遺跡・中ノ沢遺跡・上葛岡I遺跡・上葛岡II遺跡・上葛岡III遺跡・上葛岡IV遺跡・北の林I遺跡・北の林II遺跡・飛鳥平遺跡・大里館跡・大里遺跡・鳥居平I遺跡・鳥居平II遺跡・歌内遺跡(縄文~中世)などの遺跡がある。
Wikipedia    内容詳細  
328.金照寺山  ・ 日本秋田県秋田市
金照寺山(きんしょうじやま)は、秋田県秋田市楢山金照町にある標高56mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
329.国見台 (八幡平)  ・ 日本秋田県鹿角市・仙北市
国見台(くにみだい)は、秋田県鹿角市と仙北市との境界にある山。秋田焼山火山の一部である。
Wikipedia    内容詳細  
330.鞍山 (北秋田市)  ・秋田県北秋田市
鞍山(くらやま)は北秋田市にある標高が254.2mの山である。山頂には鷹巣デジタル中継局がある。また、山頂付近には馬の鞍を思わせる大きな岩がある。これは雨乞いによる踊りで雷神を慰めたといわれる「舞台石」である[1]。南の山麓には鞍山風穴があり、自然環境保全地域に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
331.黒又山  ・ 日本秋田県鹿角市
黒又山(くろまたやま)は、秋田県鹿角市十和田大湯地区中通台地にある、円錐の形をした標高280.6mの山である。北緯40度17分01秒 東経140度49分17秒
Wikipedia    内容詳細  
332.黒森 (小坂町)  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
黒森(くろもり)は、秋田県鹿角郡小坂町にある標高659mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
333.黒森山 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
黒森山(くろもりやま)は、秋田県鹿角市十和田大湯地区にある標高546mの山である。 m。大湯温泉郷を代表する山である。山麓一帯は黒森山公園となっており、児童生徒の遠足に利用される[1]。 山頂付近には黒森山神社があるほか、南側山麓にかけて大湯温泉スキー場がある。また、南側山麓にはゴルフ練習場や、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の黒森山麓竪穴群遺跡・小黒森遺跡(縄文時代)などの遺跡がある。 山内へは、大湯温泉スキー場の手前から左へ分岐する作業道が設けられている。
Wikipedia    内容詳細  
334.現頭倉  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
現頭倉(げんとうくら)は、秋田県鹿角郡小坂町にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
335.高地山  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町・大館市
高地山(こうちやま)は、秋田県大館市と鹿角郡小坂町との境界にある標高484mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
336.甑山  ・ 日本秋田県由利本荘市山形県真室川町
甑山(こしきやま)は、秋田県由利本荘市と山形県真室川町にまたがる山である。東北百名山に選ばれている。山形県の加無山県立自然公園内にある。
Wikipedia    内容詳細  
337.小岳 (秋田県)  ・ 日本秋田県山本郡藤里町
小岳(こだけ)は、秋田県山本郡藤里町にある山である。標高は1,042.3m。山頂には三等三角点「小岳」が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
338.呱子森  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
呱子森(こっこもり)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある山である。 標高1,018.8m。八森から南へ伸びる稜線は、鳥谷沢頭、高毛戸、角麓平、竹ノ子平を通り、呱子森を経て八幡平へと続く。 西側一帯には広大な緩斜面が広がり、かつて(終戦後)は相当数の入植者があったが、その後離農[1]し、現在(平成20年)そのうちのほとんどは、スギの造林地や原野になっている。
Wikipedia    内容詳細  
339.コノケ立  ・ 日本秋田県鹿角市
コノケ立(コノケだち)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高652m。熊沢川(米代川水系支流)上流の左岸に位置する。 山内には、国道341号沿線の老沢(おいざわ)集落から「作業道」などが設置されている。 東側山麓にある老沢は、熊沢川流域では、最も上流に位置する集落(温泉を除く)である。昔(江戸時代の頃と思われる)から、老沢の人たちはマタギ(狩猟)や杣夫(そまふ)をするなど、すなわち山野からツキノワグマ・ニホンクカモシカ・ヤマドリなどの鳥獣やブナ・トチ・クルミなどの木の実、山菜などを得たりして、度重なる飢饉に遭遇しても欠落(何らかの理由で居住地を去ること)することなく[1]今日まで生活を営んできている。
Wikipedia    内容詳細  
340.五の宮岳  ・ 日本 秋田県鹿角市
五の宮岳(ごのみやたけ)は、秋田県鹿角市にある山である。五ノ宮嶽と表記される場合がある。 この山は錦木塚伝説に登場し、子どもを攫う大鷲の住み処であったとされる。
Wikipedia    内容詳細  
341.菰ノ森  ・ 日本秋田県鹿角市
菰ノ森(こものもり)は、秋田県鹿角市にある標高1,145mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
342.笹森 (鹿角市)  ・ 日本 秋田県鹿角市・鹿角郡小坂町
笹森(ささもり)は、秋田県鹿角市と鹿角郡小坂町との境界にある標高774mの山である。 大湯川(米代川水系支流)の大楽前沢(おおらくまえさわ)と、小坂川(同)支流の荒川川とに挟まれた稜線上にある。山頂付近はチシマザサや草本に覆われている。 荒川川中流域には、日本の滝百選に選定されている七滝がある。
Wikipedia    内容詳細  
343.笹森山 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
笹森山(ささもりやま)は、秋田県鹿角市にある標高593mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
344.三ノ岳 (秋田県)  ・ 日本秋田県鹿角市
三ノ岳(さんのだけ)は、秋田県鹿角市にある山である。三の台(さんのだい)とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
345.三方高  ・ 日本秋田県鹿角市
三方高(さんぼうこう)は、秋田県鹿角市にある標高1,221.8mの山である。 夜明島川(米代川水系支流)[1]、熊沢川(同)[2]、樫内川(熊沢川支流)[3]の水源(源流)となっている。 山内には、夜明島川口からは、同市八幡平字桃枝(どうじ)集落から通じる夜明島林道がある。
Wikipedia    内容詳細  
346.四角岳  ・ 日本秋田県鹿角市・青森県田子町・岩手県八幡平市
四角岳(しかくだけ)は、青森県、岩手県、秋田県の3県にまたがる、標高1,003mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
347.治助崎山  ・ 日本秋田県鹿角市
治助崎山(じすけざきやま)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高881.9m。熊沢川(米代川水系支流)の上流域にある谷内沼の近くにある。また、国道341号沿線の切留平(きりとめたい)から分岐する八幡平アスピーテライン(岩手県道・秋田県道23号大更八幡平線)は、治助崎山と谷内沼の間を通っている。 治助崎山付近の南側が、十和田八幡平国立公園八幡平地区の区域になっている。
Wikipedia    内容詳細  
348.柴森 (青森県・秋田県)  ・ 日本 青森県平川市・秋田県鹿角郡小坂町
柴森(しばもり)は、青森県平川市と秋田県鹿角郡小坂町との県境にある標高883mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
349.白津山  ・ 日本秋田県北秋田市・能代市
白津山(しらつやま)とは、秋田県北秋田市と能代市にまたがる山である。北秋田市合川中学校校歌の2番で白津山が「白津の山の脈 うるわし四季の色 ますぐにのびる 杉のたくまし おおわが合川中学校 おおわが合川中学校」と歌われているように、旧合川町のシンボル的な山である。
Wikipedia    内容詳細  
350.白地山  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
白地山(しろじやま)は、秋田県鹿角郡小坂町にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
351.甚吉森 (秋田県・青森県)  ・ 日本秋田県大館市・青森県平川市・大鰐町
甚吉森(じんきちもり)は、秋田県大館市と青森県平川市、大鰐町との境界にある山である。岩木川の最大の支流である平川の源流域にあたる[注 1]。
Wikipedia    内容詳細  
352.水晶山 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
水晶山(すいしょうざん)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
353.杉沢山  ・ 日本秋田県鹿角市
杉沢山(すぎさわやま)は、秋田県鹿角市十和田山根に標高734.1mの山である。 同県鹿角郡小坂町との境界に接している。山の南峰に源を発する七滝沢の下流には、日本の滝百選に選ばれている七滝がある[1]。山内には、上向地区より林道が設けられている。
Wikipedia    内容詳細  
354.炭塚森  ・ 日本青森県平川市・秋田県大館市・鹿角郡小坂町
炭塚森(すみづかもり)は、青森県平川市および秋田県大館市と鹿角郡小坂町との境界にある山である。 標高571m。古来から青森県(津軽地方)と秋田県(鹿角地方)との境界の指標となる山である。 近くには坂梨峠が通っており津軽街道の要衝となっているほか、地下には東北自動車道坂梨トンネルが通っている。 江戸時代、盛岡藩(南部領)では、藩境付近の森林資源や鉱物資源を守るため、街道沿線にいくつかの番所を設けて警戒していた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
355.太平山 (秋田県)  ・ 日本秋田県秋田市・北秋田郡上小阿仁村
太平山(たいへいざん)は、秋田県の中央部、秋田市と上小阿仁村とにまたがる山。太平山地の主峰で、標高1170メートル。太平山を中心として太平山県立自然公園に指定されている。 秋田市内の各地から望むことができるため、市のシンボルのひとつとして校歌などに歌われることも多い。
Wikipedia    内容詳細  
356.高井場山  ・ 日本秋田県鹿角市
高井場山(たかいばやま)は、秋田県鹿角市にある標高668mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
357.高岳山 (秋田県)  ・ 日本秋田県八郎潟町・三種町
高岳山(たかおかさん)は、秋田県八郎潟町にある山である。三角点がある一本桜展望台は八郎潟町と三種町の境にある。
Wikipedia    内容詳細  
358.高毛戸  ・ 日本秋田県鹿角市
高毛戸(たかげど)は、秋田県鹿角市にある山である。高毛山と呼ばれることもある。
Wikipedia    内容詳細  
359.高寺山 (小坂町)  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
高寺山(たかでらやま)は、秋田県鹿角郡小坂町上向字鳥越にある標高333mの山である。 見る方向によっては円錐の形をしている。 山麓に高寺山神社、頂上には同神社奥宮がある。同神社の祭神は木花咲耶姫命である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
360.高畑山 (岩手県・秋田県)  ・ 日本 秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
高畑山(たかはたやま)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある山である。 標高667.3m。米代川上流域左岸に位置し、両県境の指標となる山である。JR兄畑駅前の正面にそびえる。
Wikipedia    内容詳細  
361.高松岳  ・ 日本秋田県湯沢市
高松岳(たかまつだけ)は、秋田県湯沢市にある山である。栗駒山の西方16kmに位置する第4紀に噴出した比較的新しい火山である。隣接する小安岳と、山伏岳を合わせて「泥湯三山」とよばれている。
Wikipedia    内容詳細  
362.高森 (夜明島川)  ・ 日本秋田県鹿角市
高森(たかもり)は、秋田県鹿角市にある標高1,005.6mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
363.高森 (大館市山館)  ・ 日本秋田県大館市
高森(たかもり)は、秋田県大館市の山。 米代川と長木川に挟まれた山域には標高が500m程度の山が並んでいるが、その最高峰がこの高森である。山頂には一等三角点がある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
364.高山 (藤里町)  ・秋田県藤里町
高山(たかやま)は、秋田県藤里町の山である。藤里町の湯の沢温泉の奥に位置している。牧畜が盛んだった頃は、樹木は少なく牧草地として利用されており、山からはケーブルで牧草が降ろされていた。現在では樹木が茂り、2004年にこの山を含む地区は秋田白神県立自然公園に指定され、登山道などが整備されている。
Wikipedia    内容詳細  
365.竹ノ子平  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
竹ノ子平(たけのこたい)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
366.田代岳  ・ 日本秋田県大館市早口
田代岳(たしろだけ)は、秋田県大館市にある標高1,178mの火山。田代岳県立自然公園の中心をなす。
Wikipedia    内容詳細  
  #大館市の成層火山の山    #秋田県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
367.田代森  ・ 日本 秋田県鹿角市
田代森(たしろもり)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
368.達子森  ・秋田県大館市比内町扇田
達子森(たっこもり)は、秋田県大館市比内町扇田にあり、名前に森が付されているが、実際には標高207mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
369.中岳 (鹿角市・八幡平市)  ・ 日本秋田県鹿角市・岩手県八幡平市
中岳(ちゅうだけ)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市にまたがる山である。 標高1,024.2m。山頂には一等三角点と猿田彦の石碑がある。 四角岳の東方約1kmにある。なお、四角岳は中岳と比べて比較的名の通っている山だが、標高は中岳が高い。 一帯の山々の地下には良質の銅鉱石があったため、かつてこの一帯には不老倉鉱山・四角岳鉱山・細地鉱山などがあった。 登山道はそれぞれの流域から続いている。そのひとつである不老倉登山口は、大湯温泉郷(十和田大湯)から安久谷川(あくやがわ、米代川水系支流大湯川)に沿って設けられている林道の終点にある。 鹿角の大湯や草木の人からは、四角岳とともに「東ボッチ(帽子)」や「東山」と呼ばれていた。東山が雲ってボッチをかぶると、東風が吹き、その年は飢饉となる不吉な年であるとされた。周囲の人から高い山、美しい山として神聖視されて、中岳山頂には猿田彦の石碑が建てられた。猿田彦の石碑は天明3年(1832年)7月13日に、不老倉総山中の赤穂氏が行っている。この人は尾去沢鉱山の山師として活躍していた赤穂満矩という人物と考えられる。この人は、『下財聞書』(鉱山聞書)の記述を残しているが、その内容は探鉱法に関するもので、山形、日光の当たり方、草木の状況など山相から、露頭・転石・流砂の吟味などまで、当時としては、進んだ探鉱法を詳細に書いた本である。この人物が不老倉鉱山に何らかの関係を持ち、鉱山の繁栄や安全を祈って建立したものと想像される。(斎藤長八著「不老倉鉱山誌」)
Wikipedia    内容詳細  
370.鳥海山  ・ 日本山形県飽海郡遊佐町・酒田市・秋田県由利本荘市・にかほ市
鳥海山(ちょうかいさん、ちょうかいざん[2])は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236 mの活火山。山頂は山形県側にあるが、秋田県側に山頂があると主張する秋田県民で山頂争いになることが多々ある。山頂に雪が積もった姿が富士山に類似しているため、出羽富士(でわふじ)とも呼ばれ親しまれている。山形県では庄内富士(しょうないふじ)とも呼ばれている。古くからの名では鳥見山(とりみやま)という。鳥海国定公園に属する。日本百名山[3]・日本百景の一つ。2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定された。2009年(平成21年)に国史跡「鳥海山」として指定された。読みは、秋田県側で「ちょうかいさん」、山形県側で「ちょうかいざん」となっている。またかつて秋田県ではちょうげと称されていた[4]。
Wikipedia    内容詳細  
  #遊佐町の成層火山の山    #秋田県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
371.栂森 (八幡平)  ・ 日本秋田県鹿角市・仙北市
栂森(つがもり)は、秋田県鹿角市と仙北市との境界にある標高1,359mの山。秋田焼山の一部。
Wikipedia    内容詳細  
372.筑紫森 (鹿角市)  ・ 日本 秋田県鹿角市
筑紫森(つくしもり)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高572.3m。大湯川(米代川水系支流)左岸に立ちはだかるように横たわっている。春の新緑や秋の紅葉は大湯川を彩る。 西側山麓には、大湯川の水力を利用した、新大楽前発電所・沼平発電所がある。 国道103号沿線の堀内(ほりない)集落から大湯川支流の堀内川に沿って林道が設けられている。
Wikipedia    内容詳細  
373.手形山スキー場  ・〒010-0851秋田県秋田市手形字大松沢
秋田市営手形山スキー場(てがたやまスキーじょう)とは、秋田県秋田市の手形山公園内にあったスキー場である。東京高等師範教授永井道明が井口阿くりの要請で1910年12月にノルウェー式(二本杖)スキーを指導した東北の近代スキー発祥の地である。1926年2月に、第1回秋田県スキー大会が本会場にて行われた{[1]。1973年に太平山スキー場ができるまで、秋田市最大のスキー場として賑わいを見せており、1日最大5,000人の人出があった[2]。秋田市スキー大会の主会場で、40メートル級の台があったとされ[3]、旧制中学校対抗のジャンプ競技大会も開催された[4]。 近隣の旭川小学校、広面小学校、秋田東中学校のスキー授業でも使用されていた。
Wikipedia    内容詳細  
374.鉄鉢森  ・ 日本秋田県鹿角市
鉄鉢森(てっぱちもり)は、秋田県鹿角市にある標高581mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
375.東光山  ・秋田県由利本荘市赤田
東光山(とうこうさん)は秋田県由利本荘市にある山。標高594メートル[1]。 長谷寺を開山した是山泰覚が山籠りの修行をしたことで知られる信仰の山で[2]、笹森山(594.5メートル)を最高峰とする「赤田五峰山」のひとつ[3]。登山シーズンは7月から11月頃とされており秋には山麓の紅葉が見頃を迎える[4]。毎年9月1日には地元公民館主催の登山が行なわれるなど地元住民に親しまれている[5]。
Wikipedia    内容詳細  
376.戸倉森  ・ 日本 秋田県鹿角市
戸倉森(とくらもり)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高630.1m。西側は大清水川(米代川水系支流大湯川支流)に面しており、現在は秋田スギの人工林に覆われているが、かつては山麓(国道104号沿線)に「戸倉」という集落があった。東側一帯を田代平(たしろたい)といい、開拓による牧場群が広がっている。
Wikipedia    内容詳細  
377.独鈷森  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県鹿角市
独鈷森(とっこもり)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との県境にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
378.留山 (秋田県)  ・秋田県山本郡八峰町
留山(とめやま)は秋田県山本郡八峰町 にある山。
Wikipedia    内容詳細  
379.虎毛山  ・ 日本秋田県湯沢市
虎毛山(とらげさん[1][2][3]/とらげやま[2])は、秋田県湯沢市にある山である。東北百名山に選ばれている。 「虎毛」の名前は、山腹に幾筋かの沢が縦縞の模様に見え、それを虎の毛に見立てたことに由来する。この筋は、秋に目立つと言われている。山麓一帯はブナや桧などが茂る天然林である。
Wikipedia    内容詳細  
380.鳥谷沢頭  ・ 日本秋田県鹿角市
鳥谷沢頭(とりやざわがしら)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
381.十和田火山  ・青森県十和田市、秋田県鹿角市・小坂町
十和田(とわだ)[1]または十和田火山(とわだかざん)[2]は、青森県と秋田県の県境に位置する活火山である。
Wikipedia    内容詳細  
382.十和利山  ・ 日本秋田県鹿角市青森県十和田市・三戸郡新郷村
十和利山(とわりさん)は、青森県十和田市・新郷村と秋田県鹿角市との境界に位置する山である。 読み方について「とわりやま」という表記も見受けられるが、地元・付近住民からの呼び名は「とわりさん」である。
Wikipedia    内容詳細  
383.長引山  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
長引山(ながびきやま)は、秋田県鹿角郡小坂町にある標高857mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
384.七座山  ・秋田県能代市
七座山(ななくらやま)は、秋田県能代市二ツ井町にある7つの山の総称である。きみまち阪(自然公園)の米代川を挟んだ対岸にある。また、七座山の最高峰である権現座を望むように七座神社が鎮座する信仰の山でもある。最高峰の権現座は右の写真でも米代川をはさんでもっとも高く見える山である。権現座と松座には三角点が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
385.七滝山  ・ 日本秋田県仙北郡美郷町
七滝山(ななたきやま)は、秋田県仙北郡美郷町にある山で、標高は776mである。
Wikipedia    内容詳細  
386.鉛山  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
鉛山(なまりやま)は、秋田県鹿角郡小坂町にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
387.西ノ森  ・ 日本秋田県鹿角市
西ノ森(にしのもり)は、秋田県鹿角市にある標高756mの山である。 田代川(米代川水系支流大湯川支流大清水川支流)流域に位置する。この山や東ノ森のある高原台地は標高500mを越え、一帯を田代平(たしろたい)といい、開拓による牧場群が広がっている。山の北側には、数基の風力発電装置が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
388.乳頭山  ・秋田県仙北市・岩手県岩手郡雫石町
乳頭山(にゅうとうさん)とは、秋田県仙北市と岩手県岩手郡雫石町にまたがる山である。十和田八幡平国立公園の中に位置する。 遠くから見たゆったりとした印象とは異なり、山頂の東側は断崖絶壁となっている。山頂は崩壊が進んでいる。以前あった山頂の三角点も行方不明となり、現在の地形図では三角点が抹消されている。 秋田駒ヶ岳とともに古くから知られた山で、秘湯で名高い乳頭温泉郷の北東に乳房のような山容を見せている。山頂からは、岩手山や林野庁の森林生態系保護地域に指定されている葛根田川源流部などを一望できる。また、東隣の笊森山と三角山の鞍部に広がる千沼ヶ原は、尾瀬にも匹敵するほどの高層湿原とも言われている。
Wikipedia    内容詳細  
389.八幡平  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県仙北市・鹿角市
八幡平(はちまんたい)は、秋田県と岩手県にまたがる標高1,614 mの山及びその周囲の高原台地[3]。深田久弥の日本百名山に挙げられている[3][4]。山域は1956年(昭和31年)に十和田八幡平国立公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
  #仙北市の成層火山の山    #秋田県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
390.八森 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
八森(はちもり)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
391.馬場目岳  ・ 日本秋田県南秋田郡五城目町・秋田市
馬場目岳(ばばめだけ)は、秋田県南秋田郡五城目町と秋田県秋田市の境界にある標高1,037mの山である。 馬場目岳は太平山地の西端に位置している。隣接する太平山と馬蹄形の山塊をなしており、穏やかな山頂を形どって日本海側に立ちはだかっている。その懐中には国が指定した仁別国民の森があり、太平山とともに県立自然公園に指定されている。 山頂脇のくぼ地には馬の守護神である相染神の石祠があり、かつてこの山が馬の守護神として信仰を集めていたことがしのばれる。 馬場目岳への登山道は4つのコースがある。最もよく利用されているのが、旭又登山口からのコースである。仁別国民の森を過ぎてから、旭又に移動すると、そこには駐車場、トイレ、案内板がある旭又登山口があり、太平山や赤倉山への共通の登山口となっている。登山口から約1時間50分程度で赤倉山への縦走路との分岐点につく。そこから約40分で馬場目岳山頂である。
Wikipedia    内容詳細  
392.馬糞森山  ・ 日本青森県平川市・秋田県鹿角郡小坂町
馬糞森山(ばふんもりやま)は、青森県平川市と秋田県鹿角郡小坂町との県境にある標高785.6mの山。 馬糞や饅頭のような「こんもり」とした形状が特徴である。秋田県側では、米代川支流小坂川の上流域にある。 国道282号から古遠部川[1](ふるとおべがわ、小坂川水系)上流にある「中の又林道」へ入ると眺めることができるほか、登山路も設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
393.羽保屋山  ・秋田県大館市
羽保屋山(はほやさん)は、秋田県大館市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
394.東ノ森  ・ 日本秋田県鹿角市
東ノ森(ひがしのもり)は、秋田県鹿角市にある標高691mの山である。 田代川(米代川水系支流大湯川支流大清水川支流)流域に位置する。この山や西ノ森のある高原台地は標高500mを越え、一帯を田代平(たしろたい)といい、開拓による牧場群が広がっている。山の北側には、数基の風力発電装置が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
395.丁岳  ・ 日本山形県真室川町秋田県由利本荘市
丁岳(ひのとだけ)とは、秋田県由利本荘市と山形県真室川町にまたがる山である。2000年版の東北百名山に選ばれている。 秋田県と山形県境のほぼ中央部には、標高1000m前後の山々を連ねる丁岳山地があり、その主峰が丁岳である。丁岳は激しい浸食によって、多くの奇岩が積み重なり、秋田県側の山麓から見るとどっしりとした重量感のあるドーム型をしている。ブナを中心とした天然林や亜高山性植物が豊富で、秋田県の自然環境保全地域や、山形県の加無山県立自然公園に指定されている。また、秋田県側の丁岳山頂からお花畑付近、直登コースの観音岩付近までが丁岳自然環境保全地区に指定されている。この地区は自然性の高いブナ林に広く覆われ、尾根部にはキタゴヨウ、クロベなどの針葉樹が育成し、また山頂部には亜高山性のサラサドウダン、ミネザクラ、ハクサンシャクナゲなどが見られ、局所的に高山性のハイマツも育成しており、このような自然環境を将来にわたって保護するために保全地区の特別地区に指定されたとしている。
Wikipedia    内容詳細  
396.広森山  ・ 日本秋田県鹿角市
広森山(ひろもりやま)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高639.4m。広森川(米代川水系支流大湯川支流大清水川支流)流域に位置する。一帯は、根曲筍(チシマザサ)など山菜が採れる。 上流域(北方向)へ進むと、十和田湖外輪山に至る。 下流には水力発電所や滝がいくつもある[1]ので、自然保護や水源保全に力を入れている。山内にはツキノワグマが生息している。 山内には、国道104号から分岐する冷川林道が設けられている。
Wikipedia    内容詳細  
397.藤里駒ヶ岳  ・秋田県山本郡藤里町大字粕毛字鹿瀬内国有林
藤里駒ヶ岳(ふじさとこまがたけ)は、秋田県山本郡藤里町にある標高1,158mの山。この地区の地名から太良駒ヶ岳(だいらこまがたけ)とも呼ばれる。江戸時代の絵図ではカセ内嶽[1]やカセナイ[2]、駒岳[3]と記されている。所在地の住所は鹿瀬内国有林となっている。
Wikipedia    内容詳細  
  #藤里町の成層火山の山    #秋田県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
398.富士山 (秋田県)  ・ 日本 秋田県秋田市東通明田
富士山(ふじやま)は、秋田県秋田市にある山である。地名から明田富士(みょうでんふじ)と通称される。標高は35メートル。
Wikipedia    内容詳細  
399.二ッ森 (八幡平市・鹿角市)  ・ 日本岩手県八幡平市秋田県鹿角市
二ッ森(ふたつもり)は、岩手県八幡平市と秋田県鹿角市との境界に位置する山である。
Wikipedia    内容詳細  
400.二ツ森 (秋田県・青森県)  ・ 日本 秋田県藤里町・青森県鰺ヶ沢町
二ツ森(ふたつもり)は、青森県と秋田県の県境にまたがる山。白神山地の主要峰のひとつで、泊岳の名称でも知られている[3]。 「世界遺産白神山地」のなかでもっとも容易に山深くまで入山できる地として、二ツ森は白神山地を代表する知名度がある[3]。 従前は標高1086mとされてきたが、2011年(平成23年)の東日本大震災によって隆起し、1087mとなった[1]。山頂には三等三角点「泊岳」(標高1086.47m)が設置されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
401.山毛森  ・ 日本秋田県鹿角市
山毛森(ぶなもり)は、秋田県鹿角市と仙北市との境界にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
402.鳳凰山 (秋田県)  ・ 日本秋田県大館市
鳳凰山(ほうおうざん)は、秋田県大館市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
403.房住山  ・ 日本秋田県三種町・能代市
房住山(ぼうじゅうざん)とは、秋田県三種町と能代市にまたがる山である。梵字宇山とも表記される。 房住山は低山であるが、坂上田村麻呂による長面兄弟討伐伝説の言い伝えが残り、鎌倉時代には山岳仏教の一大拠点となっていた信仰の山である。山頂からは東に森吉山、西に大潟村の広大な干拓地、男鹿半島、日本海を遠望できる。また、一帯は昭和51年(1976年)に自然観察教育林に指定されていて、また昭和52年(1977年)6月15日秋田魁新報社の新観光秋田三十景の23位に選出されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
404.保呂羽山  ・秋田県横手市大森町八沢木
保呂羽山(ほろわさん)は、秋田県横手市大森町八沢木にある標高438m、鳥海山系の山。
Wikipedia    内容詳細  
405.前森 (秋田県)  ・ 日本秋田県鹿角市
前森(まえもり)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
406.真瀬岳  ・ 日本青森県西津軽郡深浦町秋田県山本郡八峰町
真瀬岳(ませだけ)は、青森県西津軽郡深浦町と秋田県山本郡八峰町にある山で、標高は988mである。 真瀬岳は秋田県八峰町を流れる真瀬川の源流部にある。また青森県鰺ケ沢町を流れる赤石川(支川滝川)の源流部も真瀬岳の北側にある[1]。端正なピラミッド形の山で、日本海からも確認が容易なので漁師たちの寄港の目印になっていた。国道の分岐点から見ても、端正なピラミッド型の山を確認することができる。秋田白神県立自然公園に山域が含まれている。 登山道は、橋がない沢を2度渡河したあと、山腹に辿りついた後は山頂までジグザグになった歩道をひたすら登ることになる。標高800mぐらいで見晴らしがよくなるが、白神山地遺産地区方面はあまり見ることはできない。笹原が覆う稜線を登り切れば白い標識がある山頂である。
Wikipedia    内容詳細  
407.松峰山信仰遺跡群  ・秋田県大館市松峰字大山外
松峰山信仰遺跡群(まつみねさんしんこういせきぐん)は、秋田県大館市松峰字大山10にある松峰神社を中心にして、古代・中世に縁起を持つ密教関連遺跡である。松峰山は本尊の松峰不動明王にちなんだ名称で、中央にある山は標高375.7mの大山である。大館市松峰字仁王田141-5にある里宮は今は松峰稲荷神社になっている。松峰山信仰遺跡群は2009年(平成21年)5月1日に大館市指定史跡に指定された(地図の座標は、文化財指定された際の位置図より)。江戸時代には大館八景の「松峰暮雪」として知られ、秋田六郡三十三観音霊場の32番霊場でもあった。
Wikipedia    内容詳細  
408.松森 (秋田県)  ・ 日本秋田県大館市・鹿角市
松森(まつもり)は、秋田県鹿角市と同県大館市の境界(米代川中流右岸)にある、標高382mの山である。松森山とも呼ばれる。 北方約500mの峰筋には、峰を横断する形で鹿角市と大館市とを結ぶ秋田県道313号雪沢十和田毛馬内線が通っている。 登山道は、同県道が峰越えする地点から稜線を進む。 戊辰戦争のさい、盛岡藩と秋田藩による戦闘が行なわれた山である。盛岡藩は秋田藩を駆逐し松森周辺を越え、大館城を目指して進撃している。
Wikipedia    内容詳細  
409.真昼岳  ・ 日本秋田県仙北郡美郷町岩手県和賀郡西和賀町
真昼岳(まひるだけ)とは、秋田県仙北郡美郷町と岩手県和賀郡西和賀町との県境にある山である。真昼山とも。真昼山地の主峰で、標高は1059mである[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
410.三倉鼻  ・ 日本秋田県三種町・八郎潟町
三倉鼻(みくらはな)とは、秋田県三種町と八郎潟町にまたがる山である。三湖伝説にまつわる伝説など、数々の伝説が語られている。三倉鼻の名前の由来は、『三倉鼻由来』[1]によれば、八郎太郎によって助けられた夫殿は、その後長者になり3つの倉を建てたからだという。糠を捨てた場所は小山になり糠森になった[2]。
Wikipedia    内容詳細  
411.女神山  ・ 日本秋田県仙北郡美郷町,岩手県和賀郡西和賀町
女神山(めがみやま)は、秋田県仙北郡美郷町と岩手県和賀郡西和賀町の境にある山である。標高は955.4m。山頂には三等三角点「女神山」が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
412.畚岳  ・ 日本秋田県仙北市・岩手県八幡平市
畚岳(もっこだけ)は、秋田県仙北市と岩手県八幡平市の境にある山である。八幡平の展望が良い山とされる「八幡平三大展望地」の一つである[1]。山頂は僅かに秋田県側に入っている。
Wikipedia    内容詳細  
413.母谷山  ・秋田県八峰町
母谷山(もやさん)は、秋田県八峰町の山である。八峰町目名潟地区のすぐ北東にあるので「目名潟山」とも呼ばれる。 秋田県の旧峰浜村と旧八森町との境界にある海抜276mの山である。標高100m程度にある広場の緑地休養施設にはトイレや水飲み場が整備されておりそこまで自動車で移動することができる。広場の北には鳥居があり、鳥居をくぐれば登山道が続いている。初めはつづら折りの緩やかな登山道も次第に急登となり約20分で山頂につく。頂上からは白神山地の県境や、男鹿半島までの海岸線、八郎潟、米代川を一望することができ、天気のよい日は鳥海山等県内のいくつもの山も見る事が出来る。 ふもとには戦国時代の館趾といわれる「蝦夷館遺跡」がある。1964年県の文化財専門委員の手で発掘され、広い台上にあるので海上に活躍した土豪の性格と、また舶来された中国古陶の遺存も考えられ、堂々たる構造の館と外柵を台上に廻し、建物をその上に掘りたし土間に礫を敷きつめて出来たものであったと言われる[1]。伝説では、この蝦夷館は安倍氏が室町時代に居館し、その後檜山安東氏との抗争に敗れたと言われている。海上交通を監視しやすいように、見晴らしの良いこの山のふもとに蝦夷館を作ったと言われている。
Wikipedia    内容詳細  
414.茂谷山 (能代市)  ・秋田県能代市
茂谷山(もややま)とは、秋田県能代市の山である。遠方から見ると、米代川南方台地上にあって綺麗な三角形の山に見える。
Wikipedia    内容詳細  
415.茂谷山 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
茂谷山(もややま)は、秋田県鹿角市にある標高362メートルの山である。
Wikipedia    内容詳細  
416.森ヶ崎 (鹿角市)  ・ 日本秋田県鹿角市
森ヶ崎(もりがさき)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高240.6m。米代川左岸に位置する里山で、狐森ともいう。山内に、神明社(石の祠)がある。 西側に広がる台地は「松館野月」といい、松館しぼり大根の特産地である。 このほか、森ヶ崎ののる台地上には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の尾去II遺跡・尾去館跡・松館跡(縄文、中世)などの遺跡や松舘菅原神社がある。 昔、この山を境に、北側は”マチ(主として町場地区)”、南側は”ムラ(主として農村地帯)”であった。ムラの大人がマチへ用足しに行って、夕方過ぎにほろ酔い機嫌で帰ってくると、きまってこの狐森の麓の所でキツネに騙され、夏は畑の中、冬は雪原の中をグルグル廻ってしまうのであった。
Wikipedia    内容詳細  
417.森山 (秋田県)  ・ 日本秋田県南秋田郡五城目町
森山(もりやま)は、秋田県五城目町にある山である。五城目町のシンボルとして親しまれている。杜山、盛飯山、盛医山とも書く。 「森」はこの地方では孤立峰を呼ぶ場合や、社(神社の森)を意味している場合がある。[1]
Wikipedia    内容詳細  
418.森吉山  ・秋田県北秋田市
森吉山(もりよしざん)は、秋田県北秋田市に位置する標高1,454.2mの古い火山である。高山帯では多くの高山植物が咲乱れるため「花の百名山(NHK選・山と溪谷社選)」に選ばれている。向岳(むかいだけ)、秋田山(あきたやま)ともいう。
Wikipedia    内容詳細  
  #北秋田市の成層火山の山    #秋田県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
419.諸助山  ・ 日本秋田県鹿角市
諸助山(もろすけやま)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高768.6m。 山の岩体は石英閃緑ひん岩である。大湯環状列石(国の特別史跡)の配石のほとんどはこの岩であるとされている。この山の北斜面から崩壊した石英閃緑ひん岩が、安久谷川(あくやがわ)[1]から大湯川を流下したために表面が磨り減って滑らかになったものを縄文人が利用したとされる。 西側斜面を水源とする豊真木沢川(とよまきさわがわ)[2]の上流には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の根市遺跡(縄文時代)がある。
Wikipedia    内容詳細  
420.諸桧岳  ・ 日本岩手県八幡平市・秋田県仙北市
諸桧岳(もろびだけ)とは、岩手県八幡平市と秋田県仙北市との県境にある山である。 標高は1,516m。畚岳と嶮岨森をつなぐ登山道である裏岩手縦走路が山頂を通過している[1]。また、諸桧岳の東麓の標高1,200m付近には秋田県道・岩手県道318号八幡平公園線(八幡平樹海ライン)が南北に走る。諸桧岳山頂の標識は、諸桧岳最高点から北西約300mの登山道が直角に曲がっている点に設置されている。 諸桧岳の「諸桧」とは、アオモリトドマツ(オオシラビソ)の方言である。諸桧岳山麓は笹藪の中にアオモリトドマツが数多く茂っている。アオモリトドマツは青森県が分布の北限であるが、この八幡平地区が群生密度が日本一と言われている。標高が低い場所では樹高30mを越える巨木になることもあるが、諸桧岳の山頂付近では風雪にさらされ大きくなれない。
Wikipedia    内容詳細  
421.矢柄平  ・ 日本秋田県鹿角郡小坂町
矢柄平(やからたい)は、秋田県小坂町にある山、および集落の名称である。
Wikipedia    内容詳細  
422.薬師山 (八峰町)  ・秋田県八峰町
薬師山(やくしさん)は、秋田県八峰町の山である。大母爺(おおもや)ともよばれる。JR東八森駅方面から見ると、母谷山と大小の2つのピークが並んで見える。
Wikipedia    内容詳細  
423.矢筈山 (鹿角市)  ・ 日本 秋田県鹿角市
矢筈山(やはずやま)は、秋田県鹿角市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
424.湯坂森  ・ 日本秋田県鹿角市
湯坂森(ゆざかもり)は、秋田県鹿角市にある山である。 標高660.2m。熊沢川(米代川水系支流)の上流右岸にある。 北西側山麓から延びる半島状丘陵の先端部には、秋田県鹿角市遺跡詳細分布調査報告書記載の水沢遺跡(縄文時代)がある(標高約325m)。 この山より南方の奥地(高地)では水稲栽培はできない。北側には開拓された田畑が広がるが、冷害が多い[1]。
Wikipedia    内容詳細  
425.与須毛堂森  ・ 日本青森県三戸郡田子町秋田県鹿角市
与須毛堂森(よすけどうもり)は、青森県三戸郡田子町と秋田県鹿角市との境界にある山である。 標高840.8m。 西側斜面(鹿角市側)を水源とする山中沢川(米代川水系支流大湯川支流大清水川支流)が大清水川と合流する一帯には、かつて数戸の開拓農民が暮らしていた。 山中沢川の中流域には山中宿跡があり、昔(江戸時代頃からと思われる)の「来満街道大柴峠越え」がこの山中沢川を横断していた。この街道は、いわゆる巡見使道で、鹿角(現鹿角市)の松ノ木~錦木塚~大湯温泉~安久谷川(米代川水系支流大湯川支流)~折戸~大柴峠~山中宿を経て、現青森県へと通じていた。
Wikipedia    内容詳細  
426.姫ヶ岳 (北秋田市・上小阿仁村)  ・ 日本秋田県北秋田市・上小阿仁村
姫ヶ岳(ひめがたけ)は、秋田県北秋田市と上小阿仁村との境界にある山である。山頂には一等三角点と石仏を収めた小祠がある。
Wikipedia    内容詳細  
427.竜ヶ森 (北秋田市・大館市)  ・ 日本秋田県北秋田市・大館市
竜ヶ森(りゅうがもり)とは、秋田県北秋田市と大館市にまたがる山である。
Wikipedia    内容詳細  
428.竜ヶ森 (大館市・鹿角市)  ・ 日本秋田県大館市・鹿角市
竜ヶ森(りゅうがもり)は、秋田県大館市と鹿角市との境界にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
429.和賀山塊  ・秋田県・岩手県
和賀山塊(わがさんかい)は、秋田・岩手県境にある山塊。奥羽山脈真昼山地の一部。奥深い原生自然とブナ混生林、さらに巨樹・巨木の存在によって知られている。
Wikipedia    内容詳細  
430.早稲山  ・ 日本秋田県鹿角市・大館市
早稲山(わせやま)は、秋田県鹿角市と大館市との境界にある、標高811.2mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
431.二ツ森 (秋田県・青森県)  ・ 日本 秋田県藤里町・青森県鰺ヶ沢町
二ツ森(ふたつもり)は、青森県と秋田県の県境にまたがる山。白神山地の主要峰のひとつで、泊岳の名称でも知られている[3]。 「世界遺産白神山地」のなかでもっとも容易に山深くまで入山できる地として、二ツ森は白神山地を代表する知名度がある[3]。 従前は標高1086mとされてきたが、2011年(平成23年)の東日本大震災によって隆起し、1087mとなった[1]。山頂には三等三角点「泊岳」(標高1086.47m)が設置されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  

山形県の山

432.朝日岳 (山形県・新潟県)  ・ 日本山形県小国町・朝日町・大江町・西川町・新潟県村上市
朝日岳(あさひだけ)は、新潟県と山形県の県境に位置する朝日山地(朝日連峰)に属する山[1]。ただし、大朝日岳山頂(標高1,870.3m[2])は山形県小国町に属する[3]。北の出羽三山、南の飯豊連峰とともに磐梯朝日国立公園に含まれる。日本百名山のひとつに数えられる。
Wikipedia    内容詳細  
433.飯豊山  ・ 日本山形県西置賜郡小国町新潟県東蒲原郡阿賀町福島県喜多方市
飯豊山(いいでさん)は、飯豊山地[1]の標高2,105.1 mの山である。主峰は、通称飯豊本山とも呼ばれることもあるが、国土地理院地図における表示は飯豊山のみである。
Wikipedia    内容詳細  
434.以東岳  ・ 日本山形県鶴岡市新潟県村上市
以東岳(いとうだけ)は、山形県鶴岡市と新潟県村上市との境にある標高1,771.4mの山。磐梯朝日国立公園に属する朝日山地(朝日連峰)の山で、標高966mの所に大鳥池(湖)がある[1]。日本二百名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
435.祝瓶山  ・ 日本山形県長井市・西置賜郡小国町
祝瓶山(いわいがめやま)は山形県西部に位置する標高1,417mの山である。山体は山形県長井市と小国町にまたがっており、日本三百名山の一つにも選ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
436.大岡山 (山形市)
大岡山(おおおかやま)は、山形県山形市楯山地区にある山。標高401 m。 やまがた百名山に登録されている。登山道のユニークな標識が人気である。地区の公民館ではトレッキングマップを作成している[1]。 登山の難易度はそれほど高くない。登山道は3つある。山の中には不動尊などがあり、それらを楽しみながらたどり着く山頂は絶景である[2]。 地区の山形市立高楯中学校の校歌に登場する。また山形市立楯山小学校の児童が毎年登山をする。
Wikipedia    内容詳細  
437.面白山  ・ 日本宮城県仙台市太白区・山形県山形市
面白山(おもしろやま)は、山形県山形市と宮城県仙台市太白区との県境にある奥羽山脈中の火山。標高1,264.4m。仙台側から見ると面が白く見えることから、「面白山」と名付けられた。
Wikipedia    内容詳細  
438.月山  ・ 日本山形県鶴岡市・西村山郡西川町・最上郡大蔵村・東田川郡庄内町
月山(がっさん、英: Mount Gassan[3])は、山形県の中央部、出羽丘陵の南部に位置する標高1,984mの火山。現在は噴火活動がなく、死火山だと思われている。 山域は磐梯朝日国立公園の特別区域に指定され、日本百名山[4]、新日本百名山[5]、花の百名山[6]及び新・花の百名山[7]に選定されている。また、山麓は月山山麓湧水群として名水百選[8]、月山行人清水の森として水源の森百選にも選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
  #庄内町の成層火山の山    #山形県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
439.神室山  ・ 日本秋田県湯沢市・山形県新庄市・金山町
神室山(かむろさん)は秋田県湯沢市と山形県新庄市、金山町の県境・市境上にそびえる、神室連峰の主峰となる山である。 『日本二百名山』、『花の百名山(ミネザクラ)』のひとつに数えられる。 この項では、便宜的に神室連峰(神室山地)全般についても記述する。
Wikipedia    内容詳細  
440.禿岳  ・ 日本宮城県大崎市・山形県最上郡最上町
禿岳(かむろだけ)は、宮城県大崎市鳴子温泉鬼首と山形県最上郡最上町とにまたがる標高1,261.7mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
441.雁戸山  ・ 日本 宮城県柴田郡川崎町・山形県山形市
雁戸山(がんどさん)は、宮城県柴田郡川崎町と山形県山形市の境にある山である。雁戸山と南雁戸山(標高1486m)とで双耳峰をなす。 笹谷峠の南に位置する火山である。蔵王連峰のうち北蔵王と呼ばれる山塊である。東麓にはセントメリースキー場があり、西麓には馬見ヶ崎川に造られた蔵王ダムがある。 火山活動時期は約40万年前であり、第四紀火山に分類される。蔵王連峰に属するが、中央蔵王火山に対する寄生火山ではなく、複式火山であり、その活動時期は中央蔵王よりも古い。開析が進んでおり、特に山体の東西ではそれが著しい。そのため火口などの噴火活動の痕跡を見ることはできず、かつての山頂は喪失してしまっているが、山体の南北にはそれぞれ八方平、八丁平と呼ばれる火山性の緩やかな斜面を残し、かつて雁戸山が成層火山であったことが窺い知れる。
Wikipedia    内容詳細  
  #山形市の成層火山の山    #山形県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
442.栗子山
栗子山(くりこやま)は、福島県福島市と山形県米沢市との境、奥羽山脈に位置する標高1217メートルの山。当記事では栗子山系についても記述する。
Wikipedia    内容詳細  
443.黒伏山  ・山形県東根市
黒伏山(くろぶしやま)は山形県東根市に位置する標高1227メートルの山である。 東北百名山のひとつであり、船形連峰に含まれる。地質的には船形山などより古い火山で、石英安山岩からなるとされている。いずれも人目を引くごつごつとした山容で、特に黒伏山(観音寺)の南面は、標高差約300m、幅1kmにわたり柱状節理の岩壁となって落ち込んでいる。南面を除くと、ほとんどがブナの高木だが、山頂の一部だけが樹高2m内外のミネカエデ、ウラジロヨウラク、ナナカマドなどに覆われている[1]。 東北山岳写真家集団 『東北百名山地図帳』 山と溪谷社、2010年
Wikipedia    内容詳細  
444.甑岳 (山形県)  ・ 日本山形県東根市、村山市
甑岳(こしきだけ)は、山形県東根市と村山市の境にまたがる標高1,016メートルの山である。東北百名山のひとつに数えられる。
Wikipedia    内容詳細  
445.蔵王連峰  ・宮城県・山形県
蔵王連峰(ざおうれんぽう)は、東北地方の中央を南北に連なる奥羽山脈の中にあって、宮城県と山形県の両県南部の県境に位置する連峰[1][2][3][4]。奥羽山脈において時と場所を移しながら次々と繰り返された火山活動によって形成された複合火山群である[5]。 玄武岩、安山岩の成層火山群の活火山であり、気象庁の常時観測火山[6]に含まれている。火口湖である御釜や噴気口が見られる。裾野には温泉やスキー場があり、両県における主要観光地の1つである。
Wikipedia    内容詳細  
446.笹野山  ・ 日本 山形県米沢市
笹野山(ささのやま)は、山形県米沢市南部にある標高660.2mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
447.白鷹山  ・ 日本山形県白鷹町・山辺町・南陽市
白鷹山(しらたかやま)は山形県西置賜郡白鷹町、東村山郡山辺町、南陽市の市町境上にある火山。100 - 80万年前に活動。標高994m。
Wikipedia    内容詳細  
  #白鷹町の成層火山の山    #山形県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
448.高館山  ・ 日本山形県鶴岡市
高館山(たかだてやま)は、山形県鶴岡市大山字城山331にある、標高273.2mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
449.千歳山  ・ 日本 山形県山形市
千歳山(ちとせやま)は、山形県山形市市街地の東部にある山である。標高471.3m。信仰の山とされている。
Wikipedia    内容詳細  
450.鳥海山  ・ 日本山形県飽海郡遊佐町・酒田市・秋田県由利本荘市・にかほ市
鳥海山(ちょうかいさん、ちょうかいざん[2])は、山形県と秋田県に跨がる標高2,236 mの活火山。山頂は山形県側にあるが、秋田県側に山頂があると主張する秋田県民で山頂争いになることが多々ある。山頂に雪が積もった姿が富士山に類似しているため、出羽富士(でわふじ)とも呼ばれ親しまれている。山形県では庄内富士(しょうないふじ)とも呼ばれている。古くからの名では鳥見山(とりみやま)という。鳥海国定公園に属する。日本百名山[3]・日本百景の一つ。2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定された。2009年(平成21年)に国史跡「鳥海山」として指定された。読みは、秋田県側で「ちょうかいさん」、山形県側で「ちょうかいざん」となっている。またかつて秋田県ではちょうげと称されていた[4]。
Wikipedia    内容詳細  
  #遊佐町の成層火山の山    #山形県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
451.出羽三山
出羽三山(でわさんざん)は、山形県村山地方・庄内地方に広がる月山・羽黒山・湯殿山の総称である。修験道を中心とした山岳信仰の場として現在も多くの修験者、参拝者を集めている。 出羽三山は、近代以降に使われるようになった用語である。かつては「羽州三山」、「奥三山」、「羽黒三山(天台宗系)」、「湯殿三山(真言宗系)」と呼ばれていた。三山それぞれの山頂に神社があり、これらを総称して出羽三山神社という。宗教法人としての名称は「月山神社・出羽神社・湯殿山神社」である[1]。三山のうち、羽黒山には3社の神を併せて祀る三神合祭殿と、宗教法人の社務所(鶴岡市羽黒町手向字手向7番地)とがある。 現在、毎年8月末には出羽三山神社(神道)、羽黒山修験本宗(修験道)のそれぞれの山伏により「秋の峰」と呼ばれる1週間以上におよび山に籠る荒行が行われる。
Wikipedia    内容詳細  
452.頭殿山  ・ 日本 山形県西村山郡朝日町・西置賜郡白鷹町
頭殿山(とうどのさん)は、山形県朝日町と白鷹町の境界にある山である。標高は1,203m。朝日山地の山の一つである。 主な登山道は、西からの朝日鉱泉コースと、東からの黒鴨コース。後者の登山口は白鷹町黒鴨地区の先、頭殿山林道上にある。山頂からは朝日連峰の山々を望むことが出来る。
Wikipedia    内容詳細  
453.西吾妻山  ・ 日本山形県米沢市・福島県耶麻郡北塩原村
西吾妻山(にしあづまやま)は山形県米沢市と福島県耶麻郡北塩原村の境界に位置する火山。磐梯朝日国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
  #米沢市の成層火山の山    #山形県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
454.日本国 (山)  ・山形県鶴岡市・新潟県村上市
日本国(にほんこく)は、新潟県村上市と山形県鶴岡市との境にある山である。別名を石鉢山(いまくさやま)とも呼ばれる[1]。 正保2年の庄内絵図(山形県史巻末綴)には、居熊沢山越後境とある。
Wikipedia    内容詳細  
455.羽黒山 (山形県)  ・ 日本山形県鶴岡市
羽黒山(はぐろさん)は、山形県鶴岡市にある標高414mの山。出羽三山の主峰である月山の北西山麓に位置する丘陵で、独立峰ではない。修験道を中心とした山岳信仰の山として知られる。
Wikipedia    内容詳細  
456.葉山 (村山市)  ・ 日本 山形県村山市・寒河江市
葉山(はやま)は、山形県村山市と寒河江市の市境上にある標高1,462mの山。全国の他の葉山と区別するために村山葉山と呼ばれることもあるが、地元では単に葉山と呼ばれる。かつては山岳信仰の対象となっていた。
Wikipedia    内容詳細  
  #村山市の成層火山の山    #山形県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
457.舞鶴山  ・ 日本 山形県天童市
舞鶴山(まいづるやま)は、山形県天童市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
458.摩耶山 (山形県)  ・山形県鶴岡市
摩耶山(まやさん)は、山形県鶴岡市にある山である。標高1019.8メートル[1]。
Wikipedia    内容詳細  
459.三国岳 (山形県・福島県・新潟県)  ・ 日本山形県西置賜郡飯豊町福島県喜多方市新潟県東蒲原郡阿賀町
三国岳(みくにだけ)は、山形県飯豊町・福島県喜多方市・新潟県阿賀町にまたがる飯豊山地に属する山である。標高1,644 m.
Wikipedia    内容詳細  
460.杢蔵山  ・山形県新庄市
杢蔵山(もくぞうさん)は山形県新庄市に位置する標高1,026mの山である。神室連峰の南端に位置し、新庄市街の正面に位置する。新庄市民にとって市の象徴的な山である。 山頂からは新庄盆地を一望でき、遠くに鳥海山・月山・葉山を望むことが出来る。神室連峰を神室山まで縦走する登山道の入口でもあり、気軽に登れる山として新庄市民に親しまれている。登山道の入口には山屋キャンプ場、杢蔵山へ向かう途中にある峰、前杢蔵には「杢蔵山荘」という山小屋がある。山荘からは美しい新庄市街の夜景を楽しめる。
Wikipedia    内容詳細  
461.薬師山 (山形県金山町)  ・山形県最上郡金山町大字飛森
薬師山(やくしさん)は、山形県最上郡金山町の中心部にある山。標高436.7m。 地元では「やぐっさん」と呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
462.湯殿山 (山形県)  ・ 日本山形県鶴岡市・西村山郡西川町
湯殿山(ゆどのさん)は、山形県鶴岡市及び同県西村山郡西川町にある、標高1,500mの山[1]。月山、羽黒山と共に出羽三山の1つとして、修験道の霊場でもある。
Wikipedia    内容詳細  
463.竜馬山 (山形県)  ・山形県最上郡金山町
竜馬山(りゅうばさん)は山形県最上郡金山町有屋にある山。標高520.8m。駒ヶ岳、明神ヶ岳とも呼ばれる。 町の中心部より町営バスで有屋方面に向かって10分ほどの、宮と言う集落の真正面にそびえている。上半分が断崖絶壁の岩肌をさらけ出すその姿は、誰の目もを引く。伝承によれば、神室山の修験が禁止されたことに山の神が怒り、大水を発生させた時に出来たものだという。 下の部分には、古くからの祠があり、さらに神秘さが感じられる。竜馬山には12神が鎮座しているとされ、竜馬山中の様々な自然造作物を神の化身として崇拝してきた。有屋地区では、今でも、金山まつりに合わせて、12神に参る「御山駆け」が行われている。 領主からの庇護も篤く、鮭延城主鮭延秀綱から社領を寄進され、江戸時代の新庄藩では戸沢氏の祈願所とされ、6月28日の例大祭には、新庄藩主の代参が行われるほどであった。当時は不動明王を祀る不動堂があり、竜馬山の別当寺は、今も金山町内に現存する「万宝院」であった。
Wikipedia    内容詳細  
464.飯豊山  ・ 日本山形県西置賜郡小国町新潟県東蒲原郡阿賀町福島県喜多方市
飯豊山(いいでさん)は、飯豊山地[1]の標高2,105.1 mの山である。主峰は、通称飯豊本山とも呼ばれることもあるが、国土地理院地図における表示は飯豊山のみである。
Wikipedia    内容詳細  
465.吾妻山  ・ 日本山形県・福島県
吾妻山(あづまやま)もしくは吾妻連峰(あづまれんぽう)は、福島県と一部は山形県の県境に沿って東西に伸びる火山群・山塊の総称である。最高峰は西吾妻山(2,035 m〈メートル〉)。日本百名山やうつくしま百名山にもあげられている。 火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
  #福島市の成層火山の山    #山形県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  

福島県の山

466.うつくしま百名山
うつくしま百名山(うつくしまひゃくめいざん)は、1998年(平成10年)に福島テレビが開局35周年を記念して選定した福島県内各地域を代表する名山。選定委員長は福島県三春町出身の登山家・田部井淳子。その最高峰は標高2356 m の燧ヶ岳。 うつくしま百名山に選定されて以降、多くのハイカーが訪れるようになったため、ほとんどの山では登山道や駐車場、案内板の整備が行き届いている。
Wikipedia    内容詳細  
467.会津朝日岳  ・ 日本福島県南会津郡只見町
会津朝日岳(あいづあさひだけ)は、福島県南会津郡只見町の南部にある山である。標高1,624.2m。三等三角点「朝日岳」設置。越後三山只見国定公園に属する。 日本二百名山の一つ[1]。また、要害山、蒲生岳、浅草岳とともに只見四名山の一つ[1]。
Wikipedia    内容詳細  
468.会津駒ヶ岳  ・ 日本福島県南会津郡檜枝岐村
会津駒ヶ岳(あいづこまがだけ)は、福島県南会津郡檜枝岐村にある標高2,133 mの山である。日本百名山の一つ。一等三角点「岩駒ケ岳」(標高2,132.4 m)設置。
Wikipedia    内容詳細  
469.浅草岳  ・ 日本新潟県魚沼市・福島県南会津郡只見町
浅草岳(あさくさだけ)は、越後山脈に位置し、新潟県魚沼市、福島県南会津郡只見町にまたがる第四紀火山である。標高1,585.5m。一等三角点「浅草岳」設置。越後三山只見国定公園に属する。要害山、蒲生岳、会津朝日岳とともに「只見四名山」と呼ばれる[1]。
Wikipedia    内容詳細  
  #只見町の成層火山の山    #福島県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
470.安達太良山  ・ 日本福島県福島市・二本松市・郡山市安達郡大玉村・耶麻郡猪苗代町
安達太良山(あだたらやま)は、福島県中部にある活火山である。日本百名山、新日本百名山、花の百名山およびうつくしま百名山に選定されている。山頂には二等三角点「大関平」1699.6m が設置されている。別名は、岳山(だけやま)、安達太郎山。
Wikipedia    内容詳細  
  #猪苗代町の成層火山の山    #福島県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
471.厚樫山  ・ 日本福島県伊達郡国見町
厚樫山(あつかしやま)は、福島県国見町にある標高289.4mの低山である。福島県と宮城県の県境近くに位置しており、麓を東北自動車道、国道4号、東北本線が束になって通っている。1189年(文治5年)の奥州合戦の際にはこの山一帯が古戦場(阿津賀志山の戦い)となっており、その時の遺跡である二重堀(阿津賀志山防塁)が山中から山麓にかけて現存している。 現在は山頂まで車道が通じている。山頂には展望台が設けられており、福島盆地を望める。特に盆地一帯に桃の花が咲く春の景色は美しい。
Wikipedia    内容詳細  
472.吾妻小富士  ・ 日本福島県福島市
吾妻小富士(あづまこふじ)は、福島県福島市にある標高1,707mの活火山山[1]。吾妻連峰のひとつ。本来の山名は摺鉢山である。すり鉢状の大きな火口があり、麓の福島市側から見るとあたかも小型の富士山のように見えることからこの名が付いた。
Wikipedia    内容詳細  
  #福島市の成層火山の山    #福島県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
473.吾妻山  ・ 日本山形県・福島県
吾妻山(あづまやま)もしくは吾妻連峰(あづまれんぽう)は、福島県と一部は山形県の県境に沿って東西に伸びる火山群・山塊の総称である。最高峰は西吾妻山(2,035 m〈メートル〉)。日本百名山やうつくしま百名山にもあげられている。 火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
  #福島市の成層火山の山    #福島県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
474.荒海山  ・ 日本福島県南会津郡南会津町栃木県日光市
荒海山(あらかいさん、あらかいざん、あらかいやま)は、福島県南会津郡南会津町と栃木県日光市の境界に位置する標高1,581 mの山である。二等三角点「太郎岳」(標高1,580.4 m)は山頂の東北東約90 mに位置するピーク東峰にある。福島県側では荒海山、栃木県側では太郎岳(たろうだけ)と呼ばれる。江戸時代の文献『新編会津風土記』では荒貝嶽(あらかいがだけ)と表記されている。 日本三百名山、東北百名山、新・うつくしま百名山、会津百名山に選定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
475.飯盛山 (福島県)  ・ 日本福島県会津若松市一箕町
飯盛山(いいもりやま)は福島県会津若松市の中心部から少し東側にある標高314mの山。またその周辺(周辺の主な範囲についてはこちらを参照)。白虎隊十九士自刃の地としても知られている。
Wikipedia    内容詳細  
476.一切経山  ・ 日本福島県福島市・耶麻郡猪苗代町
一切経山(いっさいきょうざん)は、福島県福島市と猪苗代町との境にある山である。吾妻連峰を構成する山の一つ。今も火山活動を続けている活火山であり、山頂は岩礫で覆われている。標高は1,948.8メートル。
Wikipedia    内容詳細  
477.一盃森  ・ 日本 福島県福島市
一盃森(いっぱいもり)は、福島県福島市森合にある山である。標高113.7メートル。 森合の住宅地の真ん中に聳え立ち、福島市のシンボル、信夫山の西側に位置する。しのぶ山に伝わる民話に登場し、大男が信夫山を作る際に零れ落ちた土で出来たと伝えられる。 頂上には愛宕神社、中腹には長次郎狐(信夫の三狐のひとつ)の社が祀られているほか、正眼寺が位置し、霊園が広がる。麓には福島市立森合小学校、福島県立福島工業高等学校などの学校が隣接する。また、周辺の字名となっている。
Wikipedia    内容詳細  
478.移ヶ岳  ・福島県田村市船引町北鹿又
移ヶ岳(うつしがだけ)は、福島県田村市北鹿又地区にそびえる山。標高994 m[1]。うつくしま百名山になっている。 登山は、移ヶ岳駐車場 瑞峰平から登ることができる。
Wikipedia    内容詳細  
479.宇津峰山  ・ 日本福島県郡山市・須賀川市
宇津峰山(うつみねさん)は、阿武隈高地にある福島県の山。「うつくしま百名山」の1つに認定されている。単に「宇津峰」「宇津峯」と呼称されることもある。
Wikipedia    内容詳細  
480.大作山  ・ 日本福島県福島市
大作山(おおさくやま)は、福島県福島市飯坂町にあり、奥羽山脈に位置する標高567.6メートルの山。
Wikipedia    内容詳細  
481.大鷹鳥谷山  ・ 日本福島県田村市・双葉郡川内村
大鷹鳥谷山(おおたかどややま)は、福島県田村市都路町古道と双葉郡川内村大字下川内との境界にある山である。標高は794m。阿武隈高地に属する。山頂付近におおたかどや山標準電波送信所がある。 昭和後期にはデッカ航法のための送信所が設けられていた。海上保安庁が管理し高さ150メートル級の送信アンテナを有していた「川内デッカ局」で、1976年(昭和51年)3月30日に運用開始、金成(宮城県)を主局とする東北デッカチェーンの3つの従局のひとつで、他に種市(岩手県)と粟島(新潟県)に従局があった。ロランCの登場やGPSの普及を背景に、先行する北海道・北九州に比べて利用の伸びは芳しくなく、海上保安庁が運用する東北・関東・北陸・四国の4チェーンは早くも1993年(平成5年)6月30日に廃止となる[1]。
Wikipedia    内容詳細  
482.大滝根山  ・ 日本 福島県田村市・双葉郡川内村
大滝根山(おおたきねやま)は、福島県田村市と双葉郡川内村との境界にそびえる山である。標高1,192.1mで阿武隈高地の最高峰である。
Wikipedia    内容詳細  
483.大戸岳  ・ 日本福島県会津若松市南会津郡下郷町
大戸岳(おおとだけ)は、福島県会津若松市および南会津郡下郷町にまたがる標高1,415.9mの山である。山域の西側は大川羽鳥県立自然公園に属する。 また、本項目では、大戸岳の北に位置する大戸山(おおとやま)についても述べる。
Wikipedia    内容詳細  
484.小田山 (福島県)  ・ 日本 福島県会津若松市
小田山(おだやま)は福島県会津若松市にある標高372mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
485.小野岳  ・ 日本福島県南会津郡下郷町
小野岳(おのだけ)は、福島県南会津郡下郷町北部にある標高1,383mの山[1][2]。二等三角点「小野岳」設置。大川羽鳥県立自然公園に属する。 うつくしま百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
486.笠ヶ森山  ・ 日本福島県郡山市・ 須賀川市
笠ヶ森山(かさがもりやま)は、奥羽山脈の南部に位置し、福島県郡山市と須賀川市とにまたがる山である。標高1,013m。三等三角点「笠ヶ森山」設置。 笠を被せたような独特の山容を有しており、山頂にはテレビ中継用の反射板が二基設置してある。そのため、遠くからでも笠ヶ森山と判別できる。地勢的には中央分水界上に存在している。 うつくしま百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
487.片曽根山  ・福島県田村市
片曽根山(かたそねやま)は、福島県田村市にある山。標高718.6m。うつくしま百名山に選定されている。その山容の美しさから田村富士と言われている。 その昔、坂上田村麻呂が鞍掛山から放った鏑矢が、この山の片方の曽根をかすめた故事から片曽根山という名前がついた。毎年5月中旬から下旬にかけて山頂には、山つつじが咲き誇り、山開きに訪れた登山者を魅了する。山頂からは、吾妻連峰や那須連山までが見渡せ、夜景も遠くの市街地の明かりを幻想的に眺望することができる。また、三十三観音を巡る遊歩道やパラグライダーエリア等の公園が整備されているほか、山頂付近には、東屋や片曽根神社の小さな祠、展望台が設置してある。車で山頂近くまで行くことができるため、気軽に頂上を訪れることができる。毎年10月中旬には、田村富士の名にちなんだ田村富士ロードレース大会が開催されている。
Wikipedia    内容詳細  
488.鎌倉岳 (田村市)  ・ 日本 福島県田村市
鎌倉岳(かまくらだけ)は、阿武隈高地中部、福島県田村市常葉(ときわ)地区に位置する標高967mの山である[1]。東北百名山ならびにうつくしま百名山の一つに選ばれている。 阿武隈高地内には同県古殿町竹貫(たかぬき)にも同名の鎌倉岳(標高669m)があり、「竹貫の鎌倉岳」、「常葉の鎌倉岳」と呼ばれ区別されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
489.蒲生岳  ・ 日本福島県南会津郡只見町
蒲生岳(がもうだけ)は、福島県南会津郡只見町にある山。標高828m[1]。越後三山只見国定公園に属する。要害山、会津朝日岳、浅草岳とともに只見四名山の一つ[1]。
Wikipedia    内容詳細  
490.鹿狼山  ・ 日本宮城県伊具郡丸森町福島県相馬郡新地町
鹿狼山(かろうさん)は、福島県相馬郡新地町および宮城県伊具郡丸森町にまたがる山である。標高は429.3m。うつくしま百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
491.川桁山
川桁山(かわげたやま)は福島県耶麻郡猪苗代町川桁にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
492.鬼面山 (安達太良連峰)  ・ 日本福島県福島市・耶麻郡猪苗代町
鬼面山(きめんざん)は、福島県福島市と同県猪苗代町の境界にあり、安達太良連峰の最北に位置する山。標高は1,482m。
Wikipedia    内容詳細  
493.口太山  ・ 日本福島県二本松市・伊達郡川俣町
口太山(くちぶとやま)は、福島県二本松市と同県伊達郡川俣町の境に山頂を有する山である。 標高842.3m、阿武隈高地に属する。中通りにあるうつくしま百名山のひとつ。 登山口は2つあり、山の南西斜面には比較的なだらかな地形の夏無沼自然公園付近(二本松市針道地区)、川俣町大綱木地区にある。南には麓山、北東には花塚山、北西には木幡山がある。木幡山との鞍部には国道349号口太山トンネルが南北に貫く。北斜面は、広瀬川とその支流の水源があり、川俣町小綱木地区には町の浄水場が町内に水道水を供給する。南斜面は、川俣町山木屋に口太川、二本松市に針道川、安達太田川の水源がある。その流れは口太川に合流し阿武隈川に注ぐ。広瀬川も同じく伊達市で阿武隈川と合流する。
Wikipedia    内容詳細  
494.国見山 (福島県)  ・ 日本 福島県南相馬市
国見山(くにみやま)は、福島県南相馬市にある山である。標高は563.7m。うつくしま百名山の一つ。 南相馬市原町区の西部に位置する[1]。眺望が良く地元の小中学校などの校歌の歌詞にも登場する[1][2]。 福島第一原子力発電所事故で居住制限区域となり、除染作業などのため、2016年まで南相馬市により立ち入りが制限されていた[1]。その後、2019年10月の台風19号などにより、斜面の崩落があり登山道も荒れた状態となっていた[1][2]。 原発事故後、不通になっていた中腹の林道国見山線(総延長7.6km)が、2024年(令和6年)4月1日に13年ぶりに再開通した[2]。これに先立って林道沿いの展望台や休憩所の改修、中腹にあるトイレの修繕、多目的広場や駐車場の整備も完了した[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
495.栗子山
栗子山(くりこやま)は、福島県福島市と山形県米沢市との境、奥羽山脈に位置する標高1217メートルの山。当記事では栗子山系についても記述する。
Wikipedia    内容詳細  
496.九ツ山  ・ 日本福島県東白川郡塙町
九ツ山(ここのつやま)は、福島県東白川郡塙町板庭にある山である。標高477.2m。山頂付近にテレビ中継局(東塙中継局)が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
497.五十人山  ・福島県田村市、葛尾村
五十人山(ごじゅうにんやま)は、福島県双葉郡葛尾村と田村市にまたがる阿武隈高地に属する山。 標高883m[1]。うつくしま百名山に選ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
498.木幡山  ・福島県二本松市、川俣町
木幡山(こはたやま)は、福島県二本松市と伊達郡川俣町の境にある山。標高666.3m。
Wikipedia    内容詳細  
499.笹森山 (福島県)  ・ 日本福島県福島市松川町水原
笹森山(ささもりやま)は、福島県福島市松川町水原にある標高649.9mの火山である。
Wikipedia    内容詳細  
500.三本槍岳  ・ 日本福島県西白河郡西郷村栃木県那須塩原市
三本槍岳(さんぼんやりだけ)は、福島県西白河郡西郷村と栃木県那須塩原市との境界にある山である。標高1,916.9m。那須岳の最高峰。一等三角点「三倉山(みくらやま)」設置。日光国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
  #西郷村の成層火山の山    #福島県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
501.信夫山  ・ 日本福島県福島市
信夫山(しのぶやま)は福島県福島市の中心市街地北部にある山である。標高275m。
Wikipedia    内容詳細  
502.背炙山  ・ 日本福島県会津若松市
背炙山(せあぶりやま)は、福島県会津若松市にある標高863 mの山である。 背炙山は会津若松市街地東部にあり、猪苗代湖の西部に位置する。山地はデイサイト質溶結凝灰岩からなり、約170万年前の噴出による火砕流台地である[1]。この火砕流堆積物は「背炙山層」と呼ばれ、会津若松市街地側から会津布引山まで広く分布している。このデイサイト質溶結凝灰岩は、会津地方では「慶山石」として利用され、若松城の石垣にも使用されている。 都市公園背炙山公園[2]が設置されており、広く会津東山自然休養林[3]に指定されている。テレビ局や国県関係機関の中継局の電波塔が多く設置されている。 山頂まで福島県道374号東山温泉線が整備されており気軽に訪れることができる。県道は冬季間閉鎖され通行止めになる。
Wikipedia    内容詳細  
503.千貫森  ・ 日本福島県福島市飯野町青木
千貫森(せんがんもり)は、福島県福島市飯野町青木にあり、阿武隈高地に位置する[1]標高462.3メートルの山[2]。
Wikipedia    内容詳細  
504.帝釈山  ・ 日本福島県南会津郡南会津町・檜枝岐村栃木県日光市
帝釈山(たいしゃくさん)は福島県南会津郡南会津町、檜枝岐村、栃木県日光市の境界にある標高2060 mの山。日本二百名山のひとつ。二等三角点設置。
Wikipedia    内容詳細  
505.高柴山  ・ 日本福島県田村市・田村郡小野町
高柴山(たかしばやま)は、福島県田村市と小野町の境界にそびえる山。標高884.1m。うつくしま百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
506.高旗山  ・ 日本福島県郡山市
高旗山(たかはたやま)は、奥羽山脈の南部の福島県郡山市付近にある標高968mの山。うつくしま百名山に選定されている[1] 源義家が山上で軍旗を高く掲げたという伝説が残っている[2]。また、かつては宇奈己呂和気神社が山頂に建ち、麓の現在地に遷座された現在もその奥社が存在する。 蘆名氏に開発されてから戦後の閉山まで鉱山としても利用されており、黄銅鉱、黄鉄鉱、方鉛鉱および金などが採掘されていた。 山頂には一等三角点および県内唯一の天測点がある。
Wikipedia    内容詳細  
507.武鉾山  ・ 日本福島県白河市表郷三森・表郷高木
武鉾山(たけほこやま)は福島県白河市にある山。標高423メートル。別称や古称に建鉾山、高野峯山、尊登山などがある[1]。 山の北側の緩斜面にある遺跡名は「建鉾山祭祀遺跡」となっている[1]。また山の東方400~500メートルには古墳時代の三森遺跡がある[1]。両遺跡の調査時に、建鉾山祭祀遺跡は「高木地区」、三森遺跡は「三森地区」と呼称された[1]。 南麓は、棚倉町との境界が近くゴルフ場があり、北麓には、国道289号が東西に走り、社川が西から東へ流れる。麓には都々古山神社、都々古和気神社がある。山の中腹にテレビ中継局が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
508.田代山 (帝釈山脈)  ・ 日本福島県南会津郡南会津町
田代山(たしろやま)は、帝釈山脈にある標高1,971mの山。山頂は福島県南会津郡南会津町に位置するが、山体は南会津町と栃木県日光市にまたがる。尾瀬国立公園の一部をなす[1]。
Wikipedia    内容詳細  
509.中吾妻山  ・ 日本福島県耶麻郡猪苗代町
中吾妻山(なかあづまやま)は、福島県耶麻郡猪苗代町にある火山である。磐梯朝日国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
510.七ヶ岳  ・ 日本福島県南会津郡南会津町
七ヶ岳(ななつがたけ、ななつがだけ)は、福島県南会津郡南会津町中央部にある標高1,635.8 mの山。一等三角点「七ツケ岳」設置。日本三百名山、東北百名山、新・うつくしま百名山、会津百名山に選定されている[1]。 福島県南西部に位置する南会津町の中央に位置する。山稜の南西端に山頂を擁し、山頂から北東に約3 kmにわたって痩せた稜線と、その南東面は比高約200 mの断崖が続く。地質は、新第三紀の砂岩、凝灰岩類を基盤岩として、第四紀初め頃に噴出、堆積したデイサイト質溶結凝灰岩から成っている。この溶結凝灰岩層は、北西方向約10 km先にある駒止湿原のある駒止高原まで達する。 山中はブナの原生林が残り、山頂付近はハクサンシャクナゲ、ベニサラサドウダン、ムラサキヤシオツツジが茂る。
Wikipedia    内容詳細  
511.西吾妻山  ・ 日本山形県米沢市・福島県耶麻郡北塩原村
西吾妻山(にしあづまやま)は山形県米沢市と福島県耶麻郡北塩原村の境界に位置する火山。磐梯朝日国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
  #北塩原村の成層火山の山    #福島県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
512.布引山 (福島県)  ・ 日本福島県伊達郡川俣町
布引山(ぬのびきやま)は、福島県伊達郡川俣町の中心市街地の北部にある山である。 別名は鳴神堂(なりかみどう)と呼ばれる。標高429.9m、阿武隈高地に属する。布引山探索路はふくしまの遊歩道50選のひとつ。 山の周囲の小神地区、鶴沢地区、川俣地区、小島地区から各々の登山道がある。川俣小学校の脇から伸びる登山道は山腹にあるテレビの中継塔を経由する。東には花塚山、南に口太山、北西に女神山と標高500mから900m程度の山々が周囲に広がる。南麓には春日神社が鎮座する。
Wikipedia    内容詳細  
513.猫魔ヶ岳  ・ 日本福島県耶麻郡磐梯町・北塩原村
猫魔ヶ岳(ねこまがだけ)は福島県耶麻郡磐梯町、北塩原村にある山。標高1,403.6m。
Wikipedia    内容詳細  
514.博士山  ・ 日本福島県河沼郡柳津町・大沼郡会津美里町・昭和村
博士山(はかせやま)は、福島県会津地方のほぼ中央にあり、柳津町、会津美里町、昭和村の境界をなしている山。標高は1,482.0mで、一等三角点「博士山」設置。
Wikipedia    内容詳細  
515.白鳳三山
白鳳三山(はくほうさんざん)とは、福島県大沼郡会津美里町にある観音山・羽黒山・岩崎山(向羽黒山)の三山の総称である。 会津美里町東部、本郷市街地の南東寄りに位置する。「三山」と称するがそれぞれの山は横一列に繋がっている。観音山には馬頭観音、羽黒山には羽黒神社が祀られている。最高点は向羽黒山山頂で標高409メートル。中腹から山麓にかけては公園になっており、また、車道や遊歩道も整備されており、ハイキングに最適な山といえる。 なお、この山が所在する本郷地区は「会津本郷焼」の産地として有名であり、登山口付近には会津本郷焼資料館がある。
Wikipedia    内容詳細  
516.花塚山  ・ 日本福島県伊達郡川俣町・相馬郡飯舘村
花塚山(はなづかやま)は、福島県伊達郡川俣町と相馬郡飯舘村の境にある山である。富士山が見える北限である。
Wikipedia    内容詳細  
517.麓山 (郡山市湖南町)  ・ 日本福島県郡山市湖南町
麓山(はやま)は、奥羽山脈の南部の福島県郡山市湖南町横沢地区の付近にある標高783mの山。
Wikipedia    内容詳細  
518.磐梯山  ・ 日本福島県猪苗代町・磐梯町・北塩原村
磐梯山(ばんだいさん)は福島県耶麻郡猪苗代町、磐梯町、北塩原村にまたがる1,816mの活火山である。会津盆地側からは、綺麗な三角の頂が見えることから会津富士(あいづふじ)、あるいは民謡にあるように会津磐梯山(あいづばんだいさん)とも呼ばれている。日本百名山に選定されており、福島県のシンボルの一つとされている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
  #猪苗代町の成層火山の山    #福島県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
519.燧ヶ岳  ・福島県南会津郡檜枝岐村
燧ヶ岳、燧ケ岳[2](ひうちがたけ[2])は、福島県会津地方南西部にある火山。山頂は南会津郡檜枝岐村に属する[2]。標高2,356 mで、東北地方以北(北海道を含む)の最高峰である[2]。 南東の山麓は尾瀬沼で、尾瀬国立公園内にあり、至仏山とともに尾瀬を代表する山でもある。日本百名山の一つに選定されている[2]。 山名の由来は、麓から見える残雪は火打ちばさみに似ていることによる[2]。
Wikipedia    内容詳細  
520.東吾妻山  ・ 日本福島県福島市・耶麻郡猪苗代町
東吾妻山(ひがしあづまやま)は福島県福島市および猪苗代町にある火山。
Wikipedia    内容詳細  
521.額取山  ・ 日本福島県郡山市
額取山(ひたいとりやま)は、郡山盆地と猪苗代湖の間の標高1,000m前後の山々が連なる尾根の北端に位置する山である。標高は1,008.7m。 別名・安積山とも呼ばれ、万葉集に収められている「安積山影さへ見ゆる山の井の浅き心を我が思はなくに」という歌の『安積山』は額取山のことであるという説がある(郡山市日和田町の安積山公園を比定する説もある)。なお、額取山の名称の由来は、源義家が元服の前に額髪を剃った場所であるという伝説からである。 登山コースは北側から登る磐梯熱海温泉口、東側から登る滝登山口、南側から登る御霊櫃峠口の3コースがある。最も利用の多いのは御霊櫃峠からのコースで、尾根上を縦走するコースとなる。そのため、東は郡山盆地、西は猪苗代湖を望みながらの登山で、眺望に恵まれているが、その反面天候が不安定なときは強風をまともに受ける危険性もある。ちなみにこのコース上にある大将旗山と呼ばれるピークは源義家が軍旗を掲げた場所であるという伝説が残っている。なお、登山口の御霊櫃峠はツツジの名所であり、6月初旬は峠全体が真っ赤に染まる。
Wikipedia    内容詳細  
522.日山  ・福島県二本松市、田村市川俣町、浪江町、葛尾村
日山(ひやま)は、福島県二本松市と葛尾村、浪江町の境界にそびえる山。別名・天王山。標高1,054m。うつくしま百名山に選定されている。以前は富士山が撮影できる北限とされていた。
Wikipedia    内容詳細  
523.二ッ箭山  ・ 日本 福島県いわき市
二ッ箭山(ふたつやさん)は、福島県いわき市にある山。標高709.7m。二つの矢を立てたように見えるためこう呼ばれている。昔から船乗りや地元の人々の信仰を集めている。磐城地方における修験道二大派閥の道場のひとつ。東北百名山やうつくしま百名山にも選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
524.二岐山  ・ 日本福島県岩瀬郡天栄村・ 南会津郡下郷町
二岐山(ふたまたやま)は、奥羽山脈の南部に位置し、福島県岩瀬郡天栄村と南会津郡下郷町とにまたがる第四紀火山である。男岳と女岳からなる双耳峰[1]。標高1,544.3m。二等三角点「二岐山」設置。大川羽鳥県立自然公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
  #下郷町の成層火山の山    #福島県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
525.弁天山 (福島市)  ・ 日本福島県福島市渡利
弁天山(べんてんやま)は、福島県福島市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
526.窓開山  ・ 日本 福島県]南会津郡檜枝岐村
窓明山(まどあけやま、まどあけさん)は、福島県南会津郡檜枝岐村字駒ケ岳にある標高1,842mの山。
Wikipedia    内容詳細  
527.三国岳 (山形県・福島県・新潟県)  ・ 日本山形県西置賜郡飯豊町福島県喜多方市新潟県東蒲原郡阿賀町
三国岳(みくにだけ)は、山形県飯豊町・福島県喜多方市・新潟県阿賀町にまたがる飯豊山地に属する山である。標高1,644 m.
Wikipedia    内容詳細  
528.妙見山 (郡山市)  ・ 日本福島県郡山市・須賀川市
妙見山(みょうけんやま)は、福島県郡山市と須賀川市の境界にある標高777mの山である。別名「飯森山」。奥羽山脈に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
529.明神ヶ岳 (福島県)  ・ 日本福島県大沼郡会津美里町・河沼郡柳津町
明神ヶ岳(みょうじんがたけ)は、福島県大沼郡会津美里町と河沼郡柳津町にまたがる標高1,074mの山
Wikipedia    内容詳細  
530.矢大臣山  ・ 日本福島県田村市・田村郡小野町・いわき市
矢大臣山(やだいじんやま)は、福島県田村市、小野町、いわき市の境界にそびえる山。標高965m。うつくしま百名山に選定されている。いわき市最高峰でもある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
531.矢祭山  ・ 日本福島県東白川郡矢祭町
矢祭山(やまつりやま)は、福島県東白川郡矢祭町にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
532.米山 (福島県)  ・ 日本福島県東白川郡塙町・棚倉町
米山(よねやま)は、福島県東白川郡塙町と棚倉町との境にある山である。標高351m。テレビ・FM中継局(塙中継局)が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
533.蓬田岳  ・ 日本福島県石川郡平田村・須賀川市・郡山市
蓬田岳(よもぎだだけ)は、阿武隈高地に属する標高952mの山である。 福島県石川郡平田村、須賀川市、郡山市の境界に位置する。阿武隈高地では珍しい独立峰であり、古くは霊峰として知られ、現在は眺望の良さやアクセスの良さから登山者が多い。東北百名山の1つ。一等三角点を保有している。
Wikipedia    内容詳細  
534.霊山 (福島県)  ・ 日本福島県伊達市・相馬市
霊山(りょうぜん)は、福島県伊達市と相馬市との境にそびえる標高825メートルの山[1]。国の名勝、日本百景、県立自然公園およびうつくしま百名山に指定されている。また、南北朝時代の重要な城跡遺構として国の史跡に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  

茨城県の山

535.赤沢富士  ・ 日本 茨城県東茨城郡城里町
赤沢富士(あかざわふじ)は、茨城県東茨城郡城里町にある標高275.4mの山である。山頂からは、城里町などを望むことができる。この山は、御前山県立自然公園内にある。
Wikipedia    内容詳細  
536.青木葉山  ・ 日本茨城県かすみがうら市・石岡市
青木葉山(あきばさん、あきばやま)は、茨城県かすみがうら市と同石岡市の境に位置する山である。西から雪入山、青木葉山、浅間山、閑居山、権現山の順に連なる筑波連山南東部の山の一つである。 朝日峠から、雪入山、青木葉峠、青木葉山、元青木葉峠、浅間山、閑居山、権現山の順に筑波連山の稜線を縦走する登山者が多い。 かすみがうら市側の中腹には金命水・銀命水と呼ばれる名水が湧き出ている。
Wikipedia    内容詳細  
537.足尾山  ・ 日本茨城県石岡市・桜川市
足尾山(あしおさん)は、茨城県石岡市と桜川市の境に位置する標高627.5mの山である。北から御嶽山、雨引山、燕山、加波山、丸山、足尾山、きのこ山、弁天山、筑波山の順に連なる筑波連山北部の山の一つである。
Wikipedia    内容詳細  
538.雨引山 (茨城県)  ・茨城県桜川市
雨引山(あまびきさん)は、茨城県桜川市にある標高409.3mの山である。 南北に連なる筑波連山の北部を構成する山の一つ。二等三角点「雨引」が置かれている。山の中腹に坂東三十三観音霊場の雨引観音(楽法寺)、麓に雨引千勝神社があり、関東ふれあいの道のコースにもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
539.奥久慈男体山  ・ 日本茨城県常陸太田市・久慈郡大子町
奥久慈男体山(おくくじなんたいさん)は、茨城県常陸太田市と久慈郡大子町の境にある山である。標高653.8m。単に男体山とも呼ばれる。 奥久慈の山の一つ。山の西側には高さ300mに及ぶ岩壁がある。山頂には一等三角点がある。西金駅、上小川駅および袋田の滝からのルートがある。
Wikipedia    内容詳細  
540.御嶽山 (桜川市)  ・ 日本茨城県桜川市
御嶽山(おんたけさん)は、茨城県桜川市に位置する標高230.9mの山である。頂上付近に御嶽神社、御嶽山森林公園を有する。 北から御嶽山、雨引山、燕山、加波山、丸山、足尾山、きのこ山、弁天山、筑波山の順に連なる筑波連山北部の山の一つである。 山頂付近には御嶽神社が鎮座し、北側の山すそには熊野神社と八剣神社[要曖昧さ回避]があり、西側山すその旧小字名の「山神」も合わせて筑波連山の山岳信仰の遺風をしのばせるものとなっている。 鬼門に爪黒神社を配する室町時代の応永年間に築城された山城の橋本城址を含めて一帯は御嶽山森林公園になっており、関東ふれあいの道のコースにもなっている。北側のJR水戸線岩瀬駅から御嶽山に登り、そのまま南へ筑波連山を縦走する登山者が多い。
Wikipedia    内容詳細  
541.加波山  ・ 日本茨城県桜川市・石岡市
加波山(かばさん)は、茨城県桜川市と同石岡市との境に位置する標高709mの山である。北から御嶽山、雨引山、燕山、加波山、丸山、足尾山、きのこ山、弁天山、筑波山の順に連なる筑波連山北部の山の一つである。
Wikipedia    内容詳細  
542.神峰山 (茨城県)  ・ 日本茨城県日立市
神峰山(神峯山)(かみねさん)は、茨城県日立市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
543.閑居山  ・ 日本茨城県かすみがうら市・石岡市
閑居山(かんきょさん)は、茨城県かすみがうら市と石岡市との境に位置する標高227mの山である。西から雪入山、青木葉山、浅間山、閑居山、権現山の順に連なる筑波連山南東部の山の一つである。古くは志筑山(しづくさん)と呼ばれていたが、閑居山に名称が変わったのは空海(弘法大師)が中腹の洞穴に閑居したからといわれている。 朝日峠から、雪入山、青木葉峠、青木葉山、元青木葉峠、浅間山、閑居山、権現山の順に筑波連山の稜線を縦走する登山者が多い。 東側中腹には、鎌倉時代の作といわれている百体磨崖仏(百体観音)があり、茨城県指定有形文化財となっている。 東麓には森林総合研究所の研究林がある。また周辺にはクリやナシなどの果樹園も多く、関東ふれあいの道のコースにもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
544.北栗山  ・ 日本茨城県桜川市犬田
北栗山(きたぐりやま)は茨城県桜川市犬田に位置する標高72mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
545.きのこ山  ・ 日本茨城県桜川市・石岡市
きのこ山(きのこやま)は、茨城県桜川市と同石岡市の境に位置する標高527.9mの山である。北から御嶽山、雨引山、燕山、加波山、丸山、足尾山、きのこ山、弁天山、筑波山の順に連なる筑波連山北部の山の一つである。関東ふれあいの道のコースにもなっている。 由来は、きのこがたくさん生えているからであり、山容がキノコの形をしているわけではない。 西麓には近世大名浅野長政の菩提寺である伝正寺がある。また、伝正寺の門前には伝正寺温泉があり、JR水戸線岩瀬駅から、御嶽山、雨引山、燕山、加波山、丸山、足尾山、きのこ山の順に筑波連山を縦走し、きのこ山から下山して、伝正寺温泉で休む登山者も多い。 筑波連山周辺はスカイスポーツが盛んであり、きのこ山から足尾山にかけての稜線にはハングライダーやパラグライダーなどのスカイスポーツの離陸場が数ヵ所設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
546.権現山 (かすみがうら市・石岡市)  ・ 日本茨城県かすみがうら市・石岡市
権現山(ごんげんやま)は、茨城県かすみがうら市と同石岡市の境に位置する標高99.5mの山である。西から雪入山、青木葉山、浅間山、閑居山、権現山の順に連なる筑波連山南東部の山の一つである。筑波連山が関東平野に溶け込む直前の山で、東麓には恋瀬川が流れる。 山頂には、志筑城に関連する中世の城郭跡が残されており、土塁や堀などを見ることが出来る。また、関東平野を望む山頂東南端は、1929年(昭和4年)の旧日本陸軍特別大演習の際に昭和天皇が統監した場所であるため、御野立所の碑が建ち、市の指定史跡となっている。碑の傍らには、権現山の由来となった権現社の祠が祀られている。 朝日峠から、雪入山、青木葉峠、青木葉山、元青木葉峠、浅間山、閑居山、権現山の順に筑波連山の稜線を縦走し、恋瀬川に到る登山者が多い。また、山頂まで林道が続いているため、車での登頂も可能である。
Wikipedia    内容詳細  
547.佐白山  ・茨城県笠間市笠間
佐白山(さしろさん)は茨城県笠間市にある山。三角点のある場所は182.1メートルだが、 佐志能神社のある山頂は205メートルとなっている[1]。 笠間盆地の中央に位置しており、全山が樹木に覆われた植生豊かな山で、自生する植物は数百種にも及ぶ[2]。古くは信仰の山で、神の使いとされる白い雉、白い鹿、白い狐が住むことから「三白山」と呼ばれていたと言う[3]。また、白雉2年(651年)に真言宗の「三白山三白寺」が山頂に建立されたとも言い伝えられている[3]。山内にあった多くの神社や寺院は鎌倉時代に笠間城が築城されたことなどから他所に移されたり破却され、江戸時代になると笠間藩の藩庁が置かれた。現在も堀跡や石垣など城の遺構が残り、笠間市による調査や保存が行なわれて[4]、城跡公園として整備されている。
Wikipedia    内容詳細  
548.椎尾山  ・ 日本茨城県桜川市
椎尾山(しいおさん)は、茨城県桜川市の南部にある標高256mの山である。石岡市と桜川市の境付近を南北に連なる筑波連山の支峰の一つで、筑波山の北西の尾根の末端が盛り上がったような山体である。 中腹には、三重塔で知られる天台宗の古刹・薬王院があり、関東ふれあいの道のコースにもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
549.浅間山 (茨城県)  ・ 日本茨城県石岡市・かすみがうら市
浅間山(せんげんやま)は、茨城県かすみがうら市と石岡市との境に位置する標高344.6mの山である。 西から雪入山、青木葉山、浅間山 、閑居山、権現山の順に連なる筑波連山南東部の山の一つである。 山頂には、浅間山の由来となった浅間神社の祠が祀られ、NHK石岡テレビ中継放送所の通信施設が設置されている。 南側中腹には三ツ石森林公園があり、山頂までの登山道が整備されている。また、北麓の石岡市半田からの登山道もある。朝日峠から、雪入山、青木葉峠、青木葉山、元青木葉峠、浅間山、閑居山、権現山の順に筑波連山の稜線を縦走する登山者も多い。 南麓には、クリやナシなどの果樹園が多い。
Wikipedia    内容詳細  
550.高鈴山  ・ 日本 茨城県日立市・常陸太田市
高鈴山(たかすずやま)は、茨城県日立市と常陸太田市の境に位置し、標高623m。 北の神峯山(598m)から高鈴山を通り、多賀山地南端の風神山(241.9m)にかけての稜線が、高鈴県立自然公園に指定されている[2]。 多賀山地南部の最高峰で、関東平野側からみえる一番高い山で、隣の神峯山が尖峰であるのに対し、なだらかな山容である。特徴の無い形だが、山頂にレーダー雨量観測の巨大なコンクリート製の塔が立っているのが目印である。車でも登れる(一般車両は進入禁止)ほか、登山道もよく整備されている。山頂には、展望台、一等三角点、天測点などがあり、雨量観測塔のほか、電波中継塔などが林立している。 人工物が多くて興をそぐが、展望はすばらしく、筑波山・加波山など、北方は、茨城県北部の山並み(奥久慈男体山や八溝山など)や、遠景に、那須連山まで見渡せる。
Wikipedia    内容詳細  
551.高峯  ・ 日本茨城県桜川市 / 栃木県芳賀郡茂木町
高峯(たかみね)は、茨城県桜川市・栃木県芳賀郡茂木町に位置する標高519.6メートルの山[1][2]。別称は竜神山。 雨巻山、仏頂山、鶏足山から八溝山へ続く山地の峰の1つ。山桜の名所であり、毎年春には林道を車両通行止めとし、桜を見る歩行者で溢れている。 展望地点が数多く設けられており、標高もあるため景色は良い。山頂付近のパラグライダー跡地は芝生広場となっている。
Wikipedia    内容詳細  
552.竪破山  ・ 日本茨城県日立市・高萩市
竪破山(たつわれさん)は、茨城県の多賀山地(阿武隈高地)にある標高658.3mの山である。 多賀山地中央部の分水界にあり、この山以南に高鈴山(623m)を除くと600mを越える山が無く、南方から見ると目立つ山である。角枯山、黒前山ともいう。
Wikipedia    内容詳細  
553.長辺寺山  ・ 日本茨城県桜川市岩瀬字長辺寺
長辺寺山(ちょうへんじやま)は茨城県桜川市岩瀬に位置する標高120mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
554.筑波山  ・ 日本茨城県つくば市
筑波山(つくばさん)は、日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877 m(メートル)の山。筑波山神社の境内地で西側の男体山(標高871 m)と東側の女体山(標高877 m)からなる。雅称は紫峰(しほう)。筑波嶺(つくばね)とも言い、茨城県のシンボルの一つとされている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
555.燕山  ・ 日本茨城県桜川市
燕山(つばくろさん、つばめさん[注釈 1])は茨城県桜川市に位置する標高701mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
556.富谷山  ・ 日本茨城県桜川市
富谷山(とみやさん)は、茨城県桜川市の北部にある標高365.1mの山である。笠間県立自然公園に指定されており、同公園の西端に位置する。 三角点設置時点での標高で365mとされているが、現在三角点は採石により失われており残存部の標高は350mである。 富谷山の中腹には小山寺があり、三重塔(国の重要文化財)は関東以北で最古のものとされる。富谷山にあることから富谷観音とも呼ばれる。 小山寺の西側に「富谷山ふれあい公園」が整備されており、国土交通省関東地方整備局の選定による「関東の富士見100景」に選ばれているほか、ハイキングコースも整備されており関東ふれあいの道のコースにもなっている。 水戸女子林間教場があったが閉鎖されており、2011年末の火災により焼失した。その後水戸女子林間教場は体育館とともに取り壊された
Wikipedia    内容詳細  
557.鍋足山  ・ 日本 茨城県常陸太田市
鍋足山(なべあしやま)は、茨城県北部に広がる久慈山地にある標高552mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
558.生瀬富士  ・ 日本茨城県久慈郡大子町
生瀬富士(なませふじ)は、茨城県久慈郡大子町にある標高406mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
559.難台山  ・ 日本茨城県石岡市・笠間市
難台山(なんだいさん)は、茨城県石岡市と笠間市の境に位置する標高553mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
560.西金砂山  ・ 日本 茨城県常陸太田市上宮河内町
西金砂山(にしかなさやま)は、茨城県常陸太田市にある標高418 mの山。山田川を挟んで東金砂山と対峙する。山頂には創建806年とされる西金砂神社本殿がある。山頂は西側が100 mも切れ落ちた断崖絶壁となっている。
Wikipedia    内容詳細  
561.羽黒山 (茨城県)  ・ 日本茨城県桜川市・笠間市
羽黒山(はぐろやま)は、茨城県桜川市に位置する標高245mの山である。頂上に羽黒山二所神社、羽黒山城跡を有する。
Wikipedia    内容詳細  
562.花園山  ・ 日本・茨城県北茨城市
花園山(はなぞのさん)は茨城県にある山。標高798メートル[注 1]。一帯には花園湿原、花園川、花園渓谷などの景勝地や花園神社といった史跡があり、花園花貫県立自然公園の中心をなしている[1][2]。 山中には茨城県指定の天然記念物3件、県指定の名勝が1件あり、「花園山と浄蓮寺」として茨城百景にもなっている。また、特徴的な変成岩は地学研究分野でよく知られている[4][2]。
Wikipedia    内容詳細  
563.羽田山  ・ 日本茨城県桜川市
羽田山(はねだやま)は、茨城県桜川市の中央部に位置する標高170.3mの山である。筑波山地の西北端に位置する丸山の西にある同山地の離れ山。 南側山麓には、桜川市役所や市立大和中学校など、公共施設が集中している。
Wikipedia    内容詳細  
564.風神山  ・ 日本 茨城県日立市・常陸太田市
風神山(ふうじんやま、かぜのかみやま)は、茨城県日立市と常陸太田市の境の山である。標高241.9m。阿武隈高地南部の多賀山地最南端に位置し関東平野の東北端と接する。山頂を中心とした一帯は高鈴県立自然公園に指定されており日立市が風神山自然公園として管理・整備している。山頂近隣にはNHKやNTTドコモなどの電波中継塔などが設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
565.富士山 (石岡市)
富士山(ふじやま)は、茨城県石岡市の西部に位置する標高152mの山である。筑波山地の南東側に位置する。柿岡富士、八郷富士とも呼ばれる郷土富士である。 山頂には富士浅間神社があるが、景色は殆ど眺めることが出来ない。 座標: 北緯36度13分25秒 東経140度11分1秒 / 北緯36.22361度 東経140.18361度 / 36.22361; 140.18361
Wikipedia    内容詳細  
566.弁天山 (桜川市・石岡市)  ・ 日本茨城県桜川市・石岡市
弁天山(べんてんやま)は、茨城県桜川市と石岡市との境に位置する標高414.11mの山である。北から御嶽山、雨引山、燕山、加波山、丸山、足尾山、きのこ山、弁天山、筑波山の順に連なる筑波連山北部の山の一つである。山頂には四等三角点『弁天山』(重点整備点でない )がある[1]。 山中には、山名の由来となった弁才天の祠を祀る弁天岩がある。
Wikipedia    内容詳細  
567.宝篋山  ・ 日本茨城県つくば市・土浦市
宝篋山(ほうきょうさん)は、茨城県つくば市と土浦市との境に位置する標高461mの山である。 三等三角点はつくば市小田字向山5204番地に位置する。筑波山から南東に連なる筑波連山の支峰の一つである。地元では小田山の俗称がある。小田・玉取から望む宝篋山の景色は、つくばの景観100にも選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
568.真弓山  ・ 日本 茨城県常陸太田市,日立市
真弓山(まゆみやま)は、茨城県常陸太田市と日立市にまたがる標高305 mの山。
Wikipedia    内容詳細  
569.丸山 (茨城県桜川市)  ・ 日本茨城県桜川市
丸山(まるやま)は、茨城県桜川市にある標高218.4 mの山である。石岡市と桜川市の境付近を南北に連なる筑波連山北部の支峰の一つで、雨引山 (409.3 m) の西に位置する。筑波連山の主脈には「丸山」(576 m) という同じ名称の山がある。 四等三角点(茨城県桜川市大字犬田字丸山下1901) 
Wikipedia    内容詳細  
570.丸山 (茨城県桜川市・石岡市)  ・ 日本茨城県桜川市・石岡市
丸山(まるやま)は、茨城県桜川市と石岡市との境に位置する標高576mの山である。北から御嶽山、雨引山、燕山、加波山、丸山、足尾山、きのこ山、弁天山、筑波山の順に連なる筑波連山北部の山の一つである。 山頂付近には「ウインド・パワーつくば風力発電所」がある。 北側の加波山、或いは南側の足尾山から筑波山連山を縦走してくる登山者が多く、関東ふれあいの道のコースにもなっている。 加波山を中心に丸山や燕山などの周辺は花崗岩(御影石)の産地である。西側の中腹には多くの石切場があり、桜川市(旧真壁町)は石材の町として全国的に知られている。
Wikipedia    内容詳細  
571.峰寺山  ・ 日本茨城県石岡市
峰寺山(みねでらさん)は、茨城県石岡市の北西部にある標高379.6mの山である。石岡市と桜川市の境付近を南北に連なる筑波連山北部の支峰の一つで、弁天山の東に位置する。 中腹には、天台宗の古刹西光院とレジャー施設の東筑波ユートピアがある。西光院は「関東の清水寺」と呼ばれ、懸造(かけづくり)の本堂からは八郷盆地を一望することができる。東筑波ユートピアは、猿を中心とした動物公園として知られている。
Wikipedia    内容詳細  
572.明山 (茨城県)  ・ 日本 茨城県常陸大宮市
明山(みょうやま[1][2]、あけやま[1]、みょうさん[3])は、茨城県北部に広がる久慈山地にある標高457mの山である[1]。周辺の山々とともに奥久慈県立自然公園の区域に指定されている[4]。
Wikipedia    内容詳細  
573.盛金富士  ・ 日本 茨城県常陸大宮市
盛金富士(もりがねふじ)は、茨城県常陸大宮市にある標高340.6 mの山。久慈川西方に位置し、南北に断続的に連なる八溝山地の4つの山塊(八溝山塊、鷲子山塊、鶏足山塊、筑波山塊)のうち鷲子山塊にあたる。
Wikipedia    内容詳細  
574.八溝山  ・ 日本福島県東白川郡棚倉町・茨城県久慈郡大子町
八溝山(やみぞさん)は、茨城県と福島県の県境にある標高1,021.8mの山である。茨城県最高峰の山である。
Wikipedia    内容詳細  
575.雪入山  ・ 日本茨城県かすみがうら市・石岡市
雪入山(ゆきいりやま)は、茨城県かすみがうら市と石岡市の境に位置する標高390.7mの山である。西から雪入山、青木葉山、浅間山、閑居山、権現山の順に連なる筑波連山南東部の山の一つである。西に朝日峠、東に青木葉峠がある。 近年南側中腹の採石場跡に建設された雪入ふれあいの里公園を起点として登山道が数ルート整備され、標識なども各所に設置された。これによるとパラボラアンテナなどの通信施設がある標高390.7mの山頂付近を通称「パラボラ山」、山頂西側標高360mの尾根付近を通称「剣ヶ峰」と呼んでいる。 雪入ふれあいの里公園を起点とする登山道の他、朝日峠から、雪入山、青木葉峠、青木葉山、元青木葉峠、浅間山、閑居山、権現山の順に筑波連山の稜線を縦走する登山者も多い。
Wikipedia    内容詳細  
576.吾国山  ・ 日本 茨城県笠間市
吾国山(わがくにさん)は茨城県笠間市と石岡市の境にある標高518 mの山。どの方面から見ても端正な円錐形をしており、山頂からの展望がよい。南東に伸びる尾根上に、難台山、愛宕山へのハイキングコースが続いている。山と溪谷社が選定した関東百名山のひとつである。
Wikipedia    内容詳細  
577.八溝山  ・ 日本福島県東白川郡棚倉町・茨城県久慈郡大子町
八溝山(やみぞさん)は、茨城県と福島県の県境にある標高1,021.8mの山である。茨城県最高峰の山である。
Wikipedia    内容詳細  
578.関東百名山
関東百名山(かんとうひゃくめいざん)は、関東地方のの1都6県(東京都・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・埼玉県・神奈川県)に位置する山の中から選ばれた日本の百名山、および1993年に山と溪谷社から刊行された本[1]の名前。2019年に同名で再刊され、新関東百名山と称される。また同種の本としては関東百山があり、1985年に実業之日本社から刊行されている。 1993年に山と溪谷社によって選定された[2]。
Wikipedia    内容詳細  

栃木県の山

579.尺丈山  ・ 日本茨城県常陸大宮市・茨城県久慈郡大子町・栃木県那須郡那珂川町
尺丈山(しゃくじょうさん)は、茨城県・栃木県の県境にある標高511.5 mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
580.栃木百名山
栃木百名山(とちぎひゃくめいざん)は、2004年に栃木の下野新聞社が創刊120周年の記念事業として選定した栃木県内の百名山[1]。
Wikipedia    内容詳細  
581.関東百名山
関東百名山(かんとうひゃくめいざん)は、関東地方のの1都6県(東京都・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・埼玉県・神奈川県)に位置する山の中から選ばれた日本の百名山、および1993年に山と溪谷社から刊行された本[1]の名前。2019年に同名で再刊され、新関東百名山と称される。また同種の本としては関東百山があり、1985年に実業之日本社から刊行されている。 1993年に山と溪谷社によって選定された[2]。
Wikipedia    内容詳細  
582.赤薙山  ・ 日本栃木県日光市
赤薙山(あかなぎさん)は日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2,010 m。三等三角点「赤薙山」(標高2,010.3 m)が設置されている。第四紀の成層火山である。 日光連山(日光表連山)の東端を形成する一峰で、丸山(標高1,689 m)と女峰山の間に位置し、両山間は登山道で結ばれている。山頂は高木に覆われており見晴らしは良くない。
Wikipedia    内容詳細  
  #日光市の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
583.朝日岳 (栃木県)  ・栃木県那須郡那須町
朝日岳(あさひだけ)は栃木県那須郡那須町にある標高1,896mの火山。日本百名山の一つである那須岳の一峰。日光国立公園に在る。
Wikipedia    内容詳細  
  #那須町の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
584.雨乞山 (宇都宮市)  ・栃木県宇都宮市
雨乞山(あまごやま)は栃木県宇都宮市にある山。標高は360m。南東側を姿川の源流である栗谷沢が流れ、北麓にはジェイセレモカントリークラブのゴルフコースがある。栗谷沢の沖積平野と当山の境界部には日枝神社、薬師如来堂、自性院の3つの寺社が南北に並ぶ。うち、最も南側に位置する日枝神社周辺には山王の地名が残る。
Wikipedia    内容詳細  
585.荒海山  ・ 日本福島県南会津郡南会津町栃木県日光市
荒海山(あらかいさん、あらかいざん、あらかいやま)は、福島県南会津郡南会津町と栃木県日光市の境界に位置する標高1,581 mの山である。二等三角点「太郎岳」(標高1,580.4 m)は山頂の東北東約90 mに位置するピーク東峰にある。福島県側では荒海山、栃木県側では太郎岳(たろうだけ)と呼ばれる。江戸時代の文献『新編会津風土記』では荒貝嶽(あらかいがだけ)と表記されている。 日本三百名山、東北百名山、新・うつくしま百名山、会津百名山に選定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
586.伊吹山 (栃木県)
伊吹山(いぶきやま)は、栃木県栃木市吹上地区にある丘陵[1]。下野三十三観音札所巡りの第23番札所善応寺(山号は伊吹山)がある。 滋賀・岐阜県境の伊吹山(近江伊吹山、江州伊吹山)と区別して下野伊吹山ともいう[2]。 古典文学でヨモギの古名またはもぐさのことを指す「さしもぐさ」「させもぐさ」の枕詞として「伊吹山」が数多く登場する[3][2]。 代表例に百人一首にも収められた藤原実方朝臣の「かくとだに えやは伊吹の さしもぐさ さしも知らじな 燃ゆるおもひを」の和歌がある[3]。 平安時代の文学に登場するこれらの伊吹山の場所については議論があるが、多数説によると和歌に詠まれたこれらの伊吹山は下野国の伊吹山(栃木市)であるとされ、能因法師は『坤元儀』で、契沖は『勝地吐懐編』で下野国の伊吹山であると主張した[1][2]。滋賀県と岐阜県にまたがる伊吹山がヨモギの産地となるのは江戸時代からとされる[4]。
Wikipedia    内容詳細  
587.岩船山  ・ 日本 栃木県栃木市
岩船山(いわふねさん[1]、いわふねやま[2])は、北関東の栃木県栃木市(旧・岩舟町)にある、標高172.7メートル[3]の山。足尾山地の最南端に位置する。この山でかつて切り出された岩舟石や所在地の旧町名には「舟」、山名には「船」の字が使われるようになった経緯は不明である[4]。 日本三大霊山[5]、日本三大地蔵[6]の一つとして名を連ねる。一大霊場として東国の人々の信仰を集めた高勝寺がある。切り立った崖を持つ奇妙な形をしているが、江戸時代から始まった岩舟石の採掘で徐々に山体が現在のように変わった。採石場跡地では1970年代後半以降は、神秘的な景観を生かして、街中ではできない爆発シーンを含む特撮作品などのロケーション撮影に使われている[7]。
Wikipedia    内容詳細  
588.太平山 (栃木県)  ・ 日本 栃木県栃木市
太平山(おおひらさん)は、栃木県南部の栃木市にある山である。標高341メートル。 太平山は「太」と書くのに対し旧大平町(現在の栃木市大平地域)は「大」と書く。これは、旧大平村が合併発足した際に、画数が4である「太」の字を忌避したためと言われている。
Wikipedia    内容詳細  
589.大真名子山  ・栃木県日光市
大真名子山(おおまなこさん)[3][4]は日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2,376m[1][5]。三等三角点「大真名子山」(標高2,375.4m)が設置されている。 日光連山(日光表連山)を代表する一峰で、男体山と小真名子山の間に位置する。関東地方南部地域からも男体山と女峰山の間にその山容が良く臨まれる。
Wikipedia    内容詳細  
590.石裂山  ・ 日本栃木県鹿沼市
石裂山(おざくさん、尾鑿山[3])は、栃木県鹿沼市入粟野、同市上久我にまたがる標高879mの山。賀蘇山神社、加蘇山神社の御神体にとされている[4]。
Wikipedia    内容詳細  
591.葛老山  ・ 日本 栃木県日光市
葛老山(かつろうざん)は、 栃木県日光市に位置する標高1,123 mの山[1]。古くは戸板山と呼ばれていた。 下野新聞社が選定した栃木百名山のひとつである。
Wikipedia    内容詳細  
592.鎌倉山 (栃木県)  ・ 日本 栃木県芳賀郡茂木町
鎌倉山(かまくらさん)は、栃木県芳賀郡茂木町にある標高216 mの山。 鎌倉山は那珂川西方に位置し、南北に断続的に連なる八溝山地の4つの山塊(八溝山塊、鷲子山塊、鶏足山塊、筑波山塊)のうち鶏足山塊にあたる。
Wikipedia    内容詳細  
593.鞍掛山 (栃木県)  ・栃木県宇都宮市、同日光市
鞍掛山(くらかけさん)は栃木県宇都宮市と日光市に跨る山。標高は492.4m。北麓の鞍掛峠(くらかけとうげ)には宇都宮市新里町と日光市猪倉を結ぶ新里街道(にっさとかいどう、県道22号線)の鞍掛トンネル(くらかけとんねる)が通る。登山口は南麓の鞍掛林道(くらかけりんどう)沿いにある鞍掛神社(くらかけじんじゃ)付近である。鞍掛峠の東部は姿川の源流部で、新里町栗谷には砂防を兼ねた栗谷沢ダムがある。栃木百名山、大谷七名山に選定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
594.鶏頂山  ・栃木県日光市
鶏頂山(けいちょうざん)は栃木県日光市にある標高1,765mの火山。山体は日光国立公園に属す。日本三百名山のひとつである高原山を構成する。
Wikipedia    内容詳細  
  #日光市の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
595.袈裟丸山  ・ 日本栃木県日光市群馬県沼田市・みどり市
袈裟丸山(けさまるやま)は栃木県日光市・群馬県沼田市と群馬県みどり市にまたがる山。前袈裟丸山・中袈裟丸山・後袈裟丸山・奥袈裟丸山・法師岳の総称のこと。一般には前袈裟丸山がこう呼ばれる。標高は1,878 m(前袈裟丸山)。最高点は奥袈裟丸山の標高点1,961 m[1]。袈裟丸連峰。袈裟丸山は古い皇海火山を構成する一峰である[3]。日本三百名山。名所としては寝釈迦像が有名。
Wikipedia    内容詳細  
596.庚申山  ・栃木県日光市
座標: 北緯36度40分23秒 東経139度21分41秒 / 北緯36.673129度 東経139.361285度 / 36.673129; 139.361285 庚申山(こうしんざん)は、足尾山地に存在する那須火山帯に属した成層火山である。標高は1892 mだが、侵食が著しく、山頂には庚申神社が存在する。場所は栃木県日光市南西部に当たり、この付近は日光国立公園に指定されている。なお「とちぎの景勝100選」に選定された観光名所でもある[1]。この山は、特別天然記念物に指定されている固有種の食虫植物で、この山の名が付けられているコウシンソウの自生地として知られる。また山中では、奇岩や怪石などが多く見られる。
Wikipedia    内容詳細  
  #日光市の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
597.古賀志山  ・栃木県宇都宮市
古賀志山(こがしやま)は栃木県宇都宮市にある山。標高は582.8m。日本百低山、栃木百名山、大谷七名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
598.小真名子山  ・栃木県日光市
小真名子山(こまなこさん)[1][2]は日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2,323m。三等三角点「小真名子山」(標高2,322.9m)が設置されている。第四紀の溶岩円頂丘である。政府機関文書では「こまなこさん」と濁らない読み方で記載されているが、一般には「こまなごやま」とも呼ばれる。また、大真名子山と対で呼ぶ際は「おおまなこ、こまなこ」と濁らないようである。 日光連山(日光表連山)を代表する一峰で、大真名子山と帝釈山の間に位置し、両山間は登山道で結ばれている。関東地方南部地域からも女峰山と大真名子山の間に隠れるように山頂部の輪郭のみよく見える。
Wikipedia    内容詳細  
  #日光市の溶岩円頂丘の山    #栃木県の溶岩円頂丘の山    #全国の溶岩円頂丘の山  
599.三本槍岳  ・ 日本福島県西白河郡西郷村栃木県那須塩原市
三本槍岳(さんぼんやりだけ)は、福島県西白河郡西郷村と栃木県那須塩原市との境界にある山である。標高1,916.9m。那須岳の最高峰。一等三角点「三倉山(みくらやま)」設置。日光国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
  #那須塩原市の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
600.篠井富屋連峰  ・栃木県宇都宮市
篠井富屋連峰(しのいとみやれんぽう)は、栃木県宇都宮市北部山系を成す山域の総称である。南東側に田川、北西側に鬼怒川が流れ、両川に挟まれた形で山地が形成されている。宇都宮アルプスと呼ばれることもある。
Wikipedia    内容詳細  
601.尺丈山  ・ 日本茨城県常陸大宮市・茨城県久慈郡大子町・栃木県那須郡那珂川町
尺丈山(しゃくじょうさん)は、茨城県・栃木県の県境にある標高511.5 mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
602.社山 (栃木県)  ・ 日本栃木県日光市
社山(しゃざん)は、栃木県日光市と足尾町(現日光市)の境界にそびえる山。標高1,827m。栃木百名山に選定されている。 半月山第二駐車場から半月山峠・阿世潟峠経由で約3時間。帰路は半月山第二駐車場だとアップダウンがあり、中禅寺温泉の方が下りのみになるため早い。
Wikipedia    内容詳細  
603.皇海山  ・ 日本栃木県日光市・群馬県沼田市
皇海山(すかいさん)は、栃木県日光市と群馬県沼田市との境界にある山である。足尾山地に属する。標高2,144m[1][注釈 1]。日本百名山の一つ。約160万~90万年前に活動した[2]古い成層火山だが、侵食が進み、また樹林に覆われ、今日では火山らしい面影はない。 東西に長い頂稜を持つが、北側は国境平付近まで標高差にして500m以上も切れ落ちている。
Wikipedia    内容詳細  
  #日光市の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
604.仙人ヶ岳  ・ 日本栃木県足利市小俣町群馬県桐生市菱町
仙人ヶ岳(せんにんがだけ)は、栃木県と群馬県に跨る山。標高663メートル。朝日沢山・朝日岳・仙人岳とも呼ばれる[1]。栃木百名山の一つ[2]。足利市の最高峰[3]。
Wikipedia    内容詳細  
605.帝釈山  ・ 日本福島県南会津郡南会津町・檜枝岐村栃木県日光市
帝釈山(たいしゃくさん)は福島県南会津郡南会津町、檜枝岐村、栃木県日光市の境界にある標高2060 mの山。日本二百名山のひとつ。二等三角点設置。
Wikipedia    内容詳細  
606.帝釈山 (日光連山)  ・栃木県日光市
帝釈山(たいしゃくさん)は日光国立公園内、栃木県日光市にある山。標高2455 m。三角点は設けられていない。女峰山と痩せ尾根で繋がっており、稜線は女峰山と一体となっている。日光連山(日光表連山)の中央、女峰山と小真名子山の間に位置する。女峰山と繋がる痩せ尾根は「馬の背渡り」と呼ばれ、日光三嶮のひとつに数えられている。 帝釈山の山名は、かつて当山を帝釈天に見立て、御神体として山頂に祀ったからと考えられるが定かではない。 日光表連山の一峰として、これらを結ぶ縦走路が整備されている。当山を目指す登山客は少なく、志津峠から入って唐沢小屋から女峰山に登頂し、「馬の背渡り」、当山、富士見峠、小真名子山、大真名子山、「千鳥返し」を経て志津峠に戻るコースの登山客があるほか、滝尾神社あるいは霧降高原から入る日光表連山の縦走コース経路として当山を経る登山客が多い。
Wikipedia    内容詳細  
607.大小山  ・栃木県足利市・佐野市
大小山(だいしょうやま)は、栃木県足利市大沼田町・西場町・佐野市赤見町にある標高282mの山。鷹巣山(たかのすやま)とも呼ばれる。下野新聞社により選ばれた栃木百名山の第95座であり、[1]足利百名山の第35座。三角点がある。 この記事では足利市ホームページに準じ、南嶺を大小山、北嶺を妙義山と呼称する。
Wikipedia    内容詳細  
608.高原山  ・栃木県日光市、塩谷郡塩谷町
高原山(たかはらやま、たかはらさん)は、栃木県日光市と同塩谷郡塩谷町、那須塩原市、矢板市にまたがる山である。特に主峰鶏頂山、釈迦ヶ岳、中岳、西平岳の山頂部は日光市と塩谷町に在り、東北部の裾野である八方ヶ原も含め、その山体は日光国立公園に在る。日本三百名山の一つに選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
  #塩谷町の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
609.高峯  ・ 日本茨城県桜川市 / 栃木県芳賀郡茂木町
高峯(たかみね)は、茨城県桜川市・栃木県芳賀郡茂木町に位置する標高519.6メートルの山[1][2]。別称は竜神山。 雨巻山、仏頂山、鶏足山から八溝山へ続く山地の峰の1つ。山桜の名所であり、毎年春には林道を車両通行止めとし、桜を見る歩行者で溢れている。 展望地点が数多く設けられており、標高もあるため景色は良い。山頂付近のパラグライダー跡地は芝生広場となっている。
Wikipedia    内容詳細  
610.多気山  ・栃木県宇都宮市
多気山(たげさん、多氣山)は栃木県宇都宮市にある山。標高は376.9m。山腹に多気不動尊が鎮座し、山域全体に山城多気城の遺構が残る。栃木百名山、大谷七名山に選定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
611.太郎山 (栃木県)  ・栃木県日光市
太郎山(たろうさん)は、栃木県日光市にある標高2,368mの火山[1][注釈 1]。日本三百名山のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
612.茶臼岳 (栃木県)  ・栃木県那須郡那須町
茶臼岳(ちゃうすだけ)は、栃木県那須郡那須町にある標高1,915mの山であり、数枚の溶岩流、火砕流、頂部の火砕丘、溶岩円頂丘から成る成層火山である。山体は日光国立公園に属す。日本百名山のひとつ、那須岳の主峰、または那須岳の別称である。
Wikipedia    内容詳細  
  #那須町の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
613.茶ノ木平
茶ノ木平(ちゃノきだいら)とは、栃木県日光市中宮祠の標高1,600mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
614.晃石山  ・栃木県栃木市志鳥町・同市大平町西山田
晃石山(てるいしさん)は、栃木県栃木市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
615.戸祭山
戸祭山(とまつりやま)は、栃木県宇都宮市にある山。通称、「水道山」。標高186.3m。
Wikipedia    内容詳細  
616.戸室山 (宇都宮市)  ・ 日本栃木県宇都宮市
戸室山(とむろさん、とむろやま)は、栃木県宇都宮市大谷町にある標高228mの山。大谷七名山のうちの1つとされている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
617.外山 (奥日光)  ・栃木県日光市
外山(とやま、そとやま)は栃木県日光市の西部、男体山の西北西約8km地点にある標高2,204mの山。
Wikipedia    内容詳細  
618.外山 (前日光)  ・栃木県日光市
外山(とやま、そとやま)は栃木県日光市萩垣面にある山。旧日光市市街地の北側に位置し、標高は880.1m。
Wikipedia    内容詳細  
619.那須岳  ・ 日本栃木県那須郡那須町栃木県那須塩原市福島県西白河郡西郷村
那須岳(なすだけ)は、広義には栃木県北部に位置する那須連山の総称[1](特に茶臼岳や朝日岳、三本槍岳三山の総称)[2]。狭義には那須連山の主峰の茶臼岳(標高1,915m)をいう[1]。那須火山帯の南端に位置する。深田久弥の日本百名山の一つ[1]。本項では那須五岳や那須連山について記す。
Wikipedia    内容詳細  
  #那須町の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
620.奈良部山  ・ 日本栃木県佐野市
奈良部山(ならぶやま)は、栃木県佐野市にある山である。標高985.4m。 カタクリの名所である。山名の「ならぶ」の原義は「楢生」で「ナラの木の生えているところ」の意であるといわれている。その名の通り、現在でもナラの木などの広葉樹が生い茂り、四季折々の美しさを感じることができるスポットでもある。
Wikipedia    内容詳細  
621.男体山  ・ 日本 栃木県日光市
男体山(なんたいさん)は、栃木県日光市にある標高2,486mの火山である。山体は日光国立公園に属す。日本百名山のひとつ。日光二荒山神社の境内地で冬季入山禁止(霊峰男体山の登拝期間は、毎年5月5日から10月25日までであったが、2019年より4月25日から11月11日までに延長された)。
Wikipedia    内容詳細  
  #日光市の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
622.日光白根山  ・ 日本栃木県日光市・群馬県利根郡片品村
日光白根山(にっこうしらねさん)は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村の境界にある標高2,578mの山。 日光火山群の北西端にある活火山で、西方への溶岩流の上に主峰・奥白根(おくしらね)などの溶岩ドームが形成されている[1]。深田久弥の日本百名山の一つで、火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている[2]。日本国内では北関東以北で最高峰の山かつ、中部地方に属さない山としても最高峰である[1][注釈 1]。
Wikipedia    内容詳細  
623.女峰山  ・ 日本 栃木県日光市
女峰山(にょほうさん)は日光市の北側、男体山の北東約7km地点にある標高2,483mの成層火山である。日光三山のひとつ。日本二百名山のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
  #日光市の成層火山の山    #栃木県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
624.芳賀富士  ・ 日本 栃木県芳賀郡益子町、茂木町
芳賀富士(はがふじ)は、大平山の別称で栃木県芳賀郡益子町の北東、茂木町との境に位置する標高272 mの山。 標高は低いものの、富士山を彷彿させる端正な姿である。山頂は桜が植えられた芝生の広場になっており、筑波山などの山々を望める。 下野新聞社が選定した栃木百名山のひとつである。また、関東ふれあいの道のコースにもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
625.羽黒山 (栃木県)  ・ 日本栃木県宇都宮市
羽黒山(はぐろさん)は栃木県宇都宮市今里町にある山である。山頂付近の水準点は標高458.2m。国土地理院作成の25,000分の1地形図およびその等高線によると、羽黒山の最高地点は頂上部南東部のピークである標高470m以上480m未満の地点である。
Wikipedia    内容詳細  
626.八幡山 (宇都宮市)  ・ 日本 栃木県宇都宮市
八幡山(はちまんやま)は、栃木県宇都宮市にある山である。標高158.7m。
Wikipedia    内容詳細  
627.半月山  ・栃木県日光市中宮祠・足尾町
半月山(はんげつやま[2][4][6]、はんげつさん[1][3][5])は、栃木県日光市にある山。山頂付近にある展望台は男体山と中禅寺湖を望み、奥日光を代表する景観が開ける[9]。
Wikipedia    内容詳細  
628.半蔵山  ・栃木県宇都宮市
半蔵山(はんぞうやま、はんぞうさん)は栃木県宇都宮市にある山。標高は502.1m。半蔵山山頂部とその南麓部は宇都宮県立自然公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
629.雲雀鳥屋  ・ 日本栃木県宇都宮市
雲雀鳥屋(ひばりがとや)は栃木県宇都宮市にある山。標高は362m。山麓に複数の神社があり、登山口には権現神社の石製鳥居と祠がある。
Wikipedia    内容詳細  
630.宝生山  ・ 日本 栃木県佐野市作原町 群馬県みどり市東町沢入
宝生山(ほうしょうさん)は栃木県佐野市と群馬県みどり市に跨る山。標高1154.3メートル[1]。 氷室山と十二山とを繋ぐ尾根に位置しており[2]、山頂の南側を佐野市からみどり市へと結ぶ広域基幹林道の作原沢入線が通っている。
Wikipedia    内容詳細  
631.三毳山  ・ 日本栃木県佐野市・栃木市[1]
三毳山(みかもやま)は、栃木県にある山。関東平野の北西端に位置し、南北約3.5 kmにわたって連なる細長い山である。最高峰は青竜ヶ岳と呼ばれ、標高は229 mである。
Wikipedia    内容詳細  
632.三峰山 (栃木市・鹿沼市)  ・ 日本栃木県栃木市・鹿沼市
三峰山(みつみねさん)は栃木県栃木市北西のはずれ、鹿沼市と、一部佐野市(旧葛生町)の飛び地、羽鶴(はねつる)にまたがる山。標高604.9m。
Wikipedia    内容詳細  
633.明神山 (宇都宮市)  ・ 日本栃木県宇都宮市馬場通り一丁目
明神山(みょうじんやま)は、栃木県宇都宮市市街地中心部にある山(丘)の俗称である。ほかに臼が峰など。
Wikipedia    内容詳細  
634.本山 (宇都宮市)  ・ 日本栃木県宇都宮市
本山(もとやま、ほんざん)は栃木県宇都宮市篠井町にある山。篠井富屋連峰の一峰。栃木百名山に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
635.谷倉山  ・ 日本栃木県栃木市・鹿沼市
谷倉山(やぐらさん)は栃木市の北西、鹿沼市との境界に位置する標高599mの山。栃木百名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
636.八溝山  ・ 日本福島県東白川郡棚倉町・茨城県久慈郡大子町
八溝山(やみぞさん)は、茨城県と福島県の県境にある標高1,021.8mの山である。茨城県最高峰の山である。
Wikipedia    内容詳細  
637.温泉ヶ岳  ・ 日本栃木県日光市
温泉ヶ岳(ゆせんがたけ)は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村にまたがる標高2,332.9mの火山。日光白根山の北側、根名草山の南側、於呂倶羅山の西側に位置する。 温泉ヶ岳は、金精山の北側、根名草山の南側に在る山である。頂上は狭いが円く平らで、山頂付近まで針葉樹林に覆われている。山頂の見通しは悪くはなく、特に東-北-西側は開けており、燧ヶ岳や根名草山などが臨まれる。 古くは勝道上人が日光山を開山、今の奥日光に分け入って湯元温泉を発見し、その背後に聳える山に温泉ヶ岳と名付け、瑠璃光如来を祀ったとの伝承もある。
Wikipedia    内容詳細  
638.両崖山  ・栃木県足利市
両崖山(りょうがいさん)は、栃木県足利市にある標高251mの山。足利城跡でもある。市街(旧足利町)を象徴する山であり、旧足利市歌にも登場する。
Wikipedia    内容詳細  

群馬県の山

639.根本山  ・ 日本栃木県佐野市群馬県桐生市・みどり市
根本山(ねもとさん)は、栃木県と群馬県に跨がる山。標高1,199m。栃木百名山・ぐんま百名山の一つ[1]。
Wikipedia    内容詳細  
640.関東百名山
関東百名山(かんとうひゃくめいざん)は、関東地方のの1都6県(東京都・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・埼玉県・神奈川県)に位置する山の中から選ばれた日本の百名山、および1993年に山と溪谷社から刊行された本[1]の名前。2019年に同名で再刊され、新関東百名山と称される。また同種の本としては関東百山があり、1985年に実業之日本社から刊行されている。 1993年に山と溪谷社によって選定された[2]。
Wikipedia    内容詳細  
641.赤城山  ・ 日本群馬県前橋市・桐生市・渋川市・沼田市・利根郡昭和村
赤城山(あかぎやま、あかぎさん、後述)は、関東地方の北部、群馬県のほぼ中央に位置する山。太平洋プレートがオホーツクプレートに沈み込んでできた島弧型火山である。また、赤城山は、カルデラ湖を伴うカルデラを持つ関東地方で有数の複成火山である。
Wikipedia    内容詳細  
642.赤久縄山  ・ 日本群馬県神流町・藤岡市
赤久縄山(あかぐなやま)は、群馬県神流町、藤岡市にある山である。御荷鉾山系の最高峰(1,523m[1][2])。山頂に一等三角点がある。好天の時は、山頂より南方に富士山を望むことができる。
Wikipedia    内容詳細  
643.朝日岳 (群馬県)  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
朝日岳(あさひだけ)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼市にまたがる標高1,945 mの山である。 山頂及び山域の西側は上信越高原国立公園内にあり[3]、「日本三百名山」[4]と「ぐんま百名山」[5]に選定されている。なお、朝日岳山頂付近は蛇紋岩で雨天時は滑りやすいが、蛇紋岩という性質上、6月上旬にはホソバヒナウスユキソウが咲き誇る。
Wikipedia    内容詳細  
644.浅間隠山  ・ 日本群馬県吾妻郡東吾妻町・長野原町
浅間隠山(あさまかくしやま)は、群馬県吾妻郡東吾妻町と長野原町の境にある山。標高1,757m。
Wikipedia    内容詳細  
645.浅間山  ・ 日本群馬県吾妻郡嬬恋村長野県北佐久郡軽井沢町・御代田町
浅間山(あさまやま)は、長野県北佐久郡軽井沢町及び御代田町と群馬県吾妻郡嬬恋村との境にある安山岩質の標高2,568メートルの成層火山。山体は円錐形でカルデラも形成されており、活発な活火山として知られる。
Wikipedia    内容詳細  
  #嬬恋村の成層火山の山    #群馬県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
646.四阿山  ・長野県上田市・須坂市、群馬県吾妻郡嬬恋村
四阿山(あずまやさん)は、長野県と群馬県の県境に跨る山。標高2,354 m[1]。日本百名山の一つに数えられている。吾妻山・吾嬬山(あがつまやま)などとも呼ばれ、嬬恋村では吾妻山が用いられている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
  #嬬恋村の成層火山の山    #群馬県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
647.吾妻耶山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町
吾妻耶山(あづまやさん)は、群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、ぐんま百名山[1]である。標高は1,341メートル。
Wikipedia    内容詳細  
648.吾妻山 (桐生市)  ・ 日本群馬県桐生市
吾妻山(あづまやま)は、群馬県桐生市にある標高481.1mの山である。ぐんま百名山の一つである。 桐生市街地の北西部に位置し、堤町・宮本町・川内町にまたがる。桐生駅から吾妻公園を通って山頂まで鳴神吾妻ハイキングコース(首都圏自然歩道の一部)が通る[1]。山頂からは関東平野を一望できる[1]。山頂から北は尾根の縦走路で、首都圏自然歩道は萱野山から西に向かい鷹ノ巣が終点となっており、鳴神吾妻ハイキングコースは萱野山からさらに北の鳴神山に通じている[1]。 旧市内の最高峰であることから、桐生市の象徴といえる山である。桐生市中心部の小学校・中学校や高等学校の校歌にも登場し、市民に広く親しまれている。
Wikipedia    内容詳細  
649.尼ヶ禿山  ・ 日本 群馬県沼田市・利根郡みなかみ町
尼ヶ禿山(あまがはげやま)は、群馬県沼田市と利根郡みなかみ町の境界に位置する標高1,466.0mの山である。 登山道の入り口は、麓の玉原高原にあり群馬県道266号上発知材木町線が通じている。山麓はブナ林に囲まれていて山頂からの眺めは開けている。東には発知川にある玉原ダムの堰止湖の玉原湖がある。北には利根川を堰き止めた藤原ダムと藤原湖がある。玉原湖から藤原湖へは北東の山麓の地下を水路が流れ、落差を利用した水力発電の玉原地下発電所がある。
Wikipedia    内容詳細  
650.荒船山  ・ 日本群馬県甘楽郡下仁田町長野県佐久市
荒船山(あらふねやま)は、群馬県甘楽郡下仁田町と長野県佐久市に跨る標高1,423 mの山である。妙義荒船佐久高原国定公園に属している。日本二百名山のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
651.稲包山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町群馬県吾妻郡中之条町
稲包山 (いなつつみやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と吾妻郡中之条町に位置する山で、標高1,598メートルである。ぐんま百名山[1]で、「ぐんま県境稜線トレイル」[2]三国峠~稲包山周回コース[3]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
652.稲含山  ・ 日本群馬県甘楽郡下仁田町・甘楽町
稲含山(いなふくみやま)とは、群馬県甘楽郡下仁田町と同郡甘楽町との境界部分にある標高1370.0mの山である。ぐんま百名山の一つ。農耕の神の山として古くから信仰されてきた山で、西上州随一の展望を誇る[1]。
Wikipedia    内容詳細  
653.岩櫃山  ・ 日本 群馬県吾妻郡東吾妻町
岩櫃山(いわびつやま)は、日本の北関東、群馬県吾妻郡東吾妻町にある、標高802.6m[1]の山。 ぐんま百名山の一つ[1]。群馬県を代表する名勝で[1]、吾妻渓谷と共に吾妻八景を代表する景勝地である[2][3][1]。
Wikipedia    内容詳細  
654.牛ヶ岳  ・ 日本 新潟県南魚沼市
牛ヶ岳(うしがだけ)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼市の境にある三国山脈に属する山。巻機山の東端に隣接している。 巻機山頂から牛ヶ岳へ向かう途中に、ニッコウキスゲの群生があるほか、群馬県側に矢木沢ダムが望める。
Wikipedia    内容詳細  
655.牛伏山 (群馬県)  ・群馬県高崎市[2]
牛伏山(うしぶせやま)は、群馬県高崎市にある山。標高491メートル。一郷山、金比羅山とも。ぐんま百名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
656.越後沢山  ・ 日本新潟県南魚沼市群馬県利根郡みなかみ町
越後沢山 (えちごさわやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、利根川源流を囲む山になる。標高1,860.6メートルである。別名は本沢山(ホンサワヤマ)。利根川源流部自然環境保全地域にもなっている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
657.大烏帽子山 (みなかみ町)  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
大烏帽子山(おおえぼしやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼市との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1819.5メートルである。利根川源流を囲む山になる。群馬県自然環境保全地域(朝日岳・白毛門山東面)[1]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
658.大高山 (群馬県・長野県)  ・群馬県吾妻郡中之条町・長野県下高井郡山ノ内町
大高山(おおたかやま)は、群馬県吾妻郡中之条町と長野県下高井郡山ノ内町に跨る山。標高2,079.6メートル[1]。 志賀高原の南に位置しており、周辺には東に高沢山(1,906メートル)、西にダン沢ノ頭(2,040.5メートル)、北西に岩菅山(2,295.3メートル)など複数のピークがあって、周辺の縦走路は1958年(昭和33年)に長野電鉄スキー登山部などが切り開いたという[2]。山頂から西側に稜線を降ると「五三郎小屋」と呼ばれる避難小屋もあるが[1]、荒廃している[3]。
Wikipedia    内容詳細  
659.大畑山 (群馬県)  ・ 日本 群馬県みどり市
大畑山(おおはたやま)は、群馬県みどり市にある山。 標高は753.9m。渡良瀬川の左岸に位置する。国道122号とわたらせ渓谷鐵道が渡良瀬川に沿って通り、中野駅・花輪駅などから登山道が通じている。山頂にはテレビアンテナが建っている。山頂から約800m西は桐生市との境界である。
Wikipedia    内容詳細  
660.大水上山  ・群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市新潟県魚沼市
大水上山(おおみなかみやま)は、新潟県南魚沼市、同県魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町の境目にある標高1,834 mの山。別名、大利根山(おおとねやま)・大利根岳・利根岳・刀根岳・刀嶺岳など。三国山脈にある。谷川岳や巻機山から連なる太平洋と日本海を分ける中央分水嶺は、この山頂で東へ屈曲し、藤原山、平ヶ岳へと続く。また、山頂は群馬県の北限点となっており越後湯沢駅よりも北に位置している。 山頂から約500メートル南には利根川水源碑が建ち、利根川の源頭の山とされる。1926年(大正15年)に利根川の水源は刀根岳(大水上山)と確認されたが、源流部までは解明できなかった。1954年(昭和29年)の調査によって、水源は大水上山の三角形の雪渓であることがつきとめられた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
661.大峰山 (群馬県)  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町
大峰山(おおみねやま)は、群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、ぐんま百名山[1]である。標高は1254.5メートル。
Wikipedia    内容詳細  
662.小沢岳  ・ 日本新潟県南魚沼市群馬県利根郡みなかみ町
小沢岳 (おざわだけ)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、利根川源流を囲む山になる。標高1,946メートルである。別名は東沢山(ヒガシサワヤマ)。
Wikipedia    内容詳細  
663.御巣鷹山  ・群馬県多野郡上野村大字楢原
御巣鷹山(おすたかやま)は群馬県多野郡上野村にある標高1,639mの山。
Wikipedia    内容詳細  
664.小野子山  ・ 日本群馬県渋川市・吾妻郡高山村
小野子山(おのこやま)は、群馬県の渋川市と高山村、中之条町にまたがる火山である。標高は1,208.3m。ぐんま百名山のひとつ。 群馬県中央部には、更新世中期(50万年前)にほぼ同時に活動開始を行った赤城火山、榛名火山、子持火山、小野子火山が存在するが、言わずもがなその小野子山のことである。気象庁に活火山に認定されている前者二山に対し、後者二山は約20万年前に活動を終えている。現在は吾妻川やその支流による侵食が進んでいる。岩質は安山岩である。噴火は三段階であると考えられており、山名に関せば奈良時代の坂上田村麻呂の東国遠征時の名将、小野金善(おののかねよし)が移り住んだ地名にあやかった説と、子持山と対照的に男性の山として名付けられた説がある。
Wikipedia    内容詳細  
  #高山村の成層火山の山    #群馬県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
665.篭ノ登山  ・群馬県吾妻郡嬬恋村・長野県東御市
篭ノ登山(かごのとやま)は、群馬県吾妻郡嬬恋村と長野県東御市との境に位置する山[5]。ぐんま百名山[6]、信州百名山[3]。
Wikipedia    内容詳細  
  #嬬恋村の溶岩円頂丘の山    #群馬県の溶岩円頂丘の山    #全国の溶岩円頂丘の山  
666.笠ヶ岳 (谷川)  ・群馬県利根郡みなかみ町
笠ヶ岳 (かさがたけ[1])は、群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、標高1852.1メートルである。ぐんま百名山[2]で、「ぐんま県境稜線トレイル」[3]谷川岳・ 馬蹄形縦走コース[4]と群馬県自然環境保全地域(朝日岳・白毛門山東面)[5]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
667.迦葉山  ・ 日本群馬県沼田市
迦葉山(かしょうざん)は、群馬県沼田市上発知町に位置する標高1,322.4mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
668.叶山
叶山(かのうさん)は、群馬県神流町にある山。石灰岩の採掘がおこなわれている叶山鉱山があり、ベルトコンベアーで秩父鉄道武州原谷駅に運ばれている。 秩父帯に属しており、大陸プレートの沈み込みによって、石灰石付加体が山頂に残っている。 武甲山から一直線上に白岩山、二子山、叶山と山頂が石灰石になっている。 秩父太平洋セメントによって1984年(昭和59年)から石灰岩の採掘がおこなわれており、全長23㎞におよぶベルトコンベアーで武州原谷駅に運ばれている[1]。かつて標高は1106.3mだったが、削られて961.5mとなっている。
Wikipedia    内容詳細  
669.柄沢山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
柄沢山(からさわやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1900.2メートルである。利根川源流を囲む山になる。
Wikipedia    内容詳細  
670.草津白根山  ・ 日本群馬県吾妻郡草津町
草津白根山(くさつ しらねさん)は、日本の北関東、群馬県吾妻郡草津町に所在する活火山である。標高は2,160メートル。正式名称は白根山であるが、他の白根山と区別する必要のある場合の名称として地域名「草津」を冠した草津白根山の名で呼ばれる。また、近隣の逢ノ峰と本白根山を含めた三山の総称とすることもあり、この場合は標高2,171メートルの本白根山が最高峰となる。一つの火山の山体として捉える際は後者の考え方をとる(特に2018年の本白根山での噴火以降は、後者の意味で扱われることが増えている)。
Wikipedia    内容詳細  
  #草津町の成層火山の山    #群馬県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
671.栗生山  ・ 日本群馬県桐生市
栗生山(くりゅうさん)は、群馬県桐生市黒保根町にある、標高968.2mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
672.黒斑山  ・ 日本群馬県嬬恋村長野県小諸市
黒斑山(くろふやま)は、群馬県嬬恋村と長野県小諸市にある浅間山の第一外輪山の最高峰である標高2,404 mの山。
Wikipedia    内容詳細  
673.景鶴山  ・ 日本 新潟県魚沼市 群馬県利根郡片品村戸倉
景鶴山(けいづるやま)は、尾瀬ヶ原の北に存在する標高2,004mの山である。群馬県利根郡片品村と新潟県魚沼市の境界に存在し、日本三百名山[1]とぐんま百名山[2]に指定されている。また山の南側は尾瀬国立公園に指定されている[3] この山はもともと、登山道がなかったために、密生しているササをかき分けて斜面を這いずるようにして登らねばならなかった[4]。この「這いずる」というものが訛って「へえずる」となりやがて「けいずる」となったことから景鶴山となったと伝えられている[4]。 一度は登山道も拓かれ、多くのガイド本でも紹介され、笹ヤブが雪に隠れる季節などにはスキー登山などのために登ることができていた。しかし2013年時点では登山道も廃道になり、さらにそもそも土地所有者の尾瀬林業が入山を認めていないため登山は一切できず、その山体を尾瀬から眺めることしかできない状況となっている[4][5]。
Wikipedia    内容詳細  
674.袈裟丸山  ・ 日本栃木県日光市群馬県沼田市・みどり市
袈裟丸山(けさまるやま)は栃木県日光市・群馬県沼田市と群馬県みどり市にまたがる山。前袈裟丸山・中袈裟丸山・後袈裟丸山・奥袈裟丸山・法師岳の総称のこと。一般には前袈裟丸山がこう呼ばれる。標高は1,878 m(前袈裟丸山)。最高点は奥袈裟丸山の標高点1,961 m[1]。袈裟丸連峰。袈裟丸山は古い皇海火山を構成する一峰である[3]。日本三百名山。名所としては寝釈迦像が有名。
Wikipedia    内容詳細  
675.荒神山 (桐生市)  ・ 日本群馬県桐生市・みどり市
荒神山(こうじんやま)は、群馬県桐生市黒保根町とみどり市大間々町の境にある、標高624.4mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
676.鉱石山  ・ 日本群馬県利根郡川場村
鉱石山(こうせきやま)は群馬県川場村に存在する山である。標高は1205m[1]。
Wikipedia    内容詳細  
677.米子頭山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
米子頭山(こめごがしらやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1,796.1メートルである。利根川源流を囲む山になる。群馬県自然環境保全地域(巻機山東面)[1]にもなっている。別名は米子山(コメゴヤマ)。
Wikipedia    内容詳細  
678.子持山  ・ 日本 群馬県渋川市・沼田市・吾妻郡高山村
子持山(こもちやま)は、群馬県の中部にある火山。標高1296メートル。「ぐんま百名山」の一つに選ばれている[2]。 典型的な成層火山で、浸食が著しく進行した結果、火山の内部構造である火山岩頸や放射状岩脈が地表に露出しており、地質学の観察に適した山として知られる[3][4]。火道のマグマが柱状に岩化して垂直に屹立する「獅子岩(大黒岩)」など特徴的な山容をしており、関越自動車道からも遠望できる[1][4]。
Wikipedia    内容詳細  
  #渋川市の成層火山の山    #群馬県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
679.桜山 (群馬県)  ・群馬県藤岡市三波川
桜山(さくらやま)は、群馬県藤岡市にある標高591mの山。山頂付近は桜山公園として整備されており国の名勝及び天然記念物である[1]。桜の名所として知られ、日本さくら名所100選に選定されている。麓にはみかん園、中腹にはりんご園があり、それぞれフルーツ狩りを楽しめる。
Wikipedia    内容詳細  
680.至仏山  ・ 日本群馬県みなかみ町・利根郡片品村
至仏山(しぶつさん、しふつさん)は、群馬県の北東部、みなかみ町と片品村との境界に位置する標高2,228.1mの山である。二等三角点「至仏山」が設置されている。日本百名山の1つに数えられており、尾瀬国立公園[注釈 1]に属する。標高はオーストラリア大陸の最高峰のコジオスコとほぼ等しい。
Wikipedia    内容詳細  
681.下津川山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町・新潟県南魚沼市
下津川山(しもつごうやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼市の境にある山である。標高は1,927.7m。越後山脈の山の一つ。標高差は1,200mである。利根川の最上流部にある。 登山道は整備されていない。
Wikipedia    内容詳細  
682.上毛三山
上毛三山(じょうもう さんざん)[注 1]は、日本の群馬県にある山、赤城山(あかぎやま、あかぎさん[注 2])・榛名山(はるなさん)・妙義山(みょうぎさん)の総称である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
683.城山 (桐生市)  ・ 日本群馬県桐生市梅田町一丁目
城山(じょうやま)は、群馬県桐生市梅田町にある山。標高361m。柄杓山(ひしゃくやま)とも呼ばれ、山頂に桐生国綱が築いた柄杓山城(桐生城)があった[1]。
Wikipedia    内容詳細  
684.白毛門  ・群馬県利根郡みなかみ町
白毛門 (しらがもん)は、群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、標高1720メートルである。ぐんま百名山[2]で、「ぐんま県境稜線トレイル」[3]谷川岳・ 馬蹄形縦走コース[4]と群馬県自然環境保全地域(朝日岳・白毛門山東面)[5]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
685.白沢山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県魚沼市
白沢山(しらさわやま)は、新潟県魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1952.6メートルである。利根川源流を囲む山になる。群馬県自然環境保全地域(平ヶ岳・白沢山西面)[1]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
686.水道山 (桐生市)  ・ 日本群馬県桐生市
水道山(すいどうやま)は、群馬県桐生市にある雷電山・小曾根山・金毘羅山の総称である。
Wikipedia    内容詳細  
687.皇海山  ・ 日本栃木県日光市・群馬県沼田市
皇海山(すかいさん)は、栃木県日光市と群馬県沼田市との境界にある山である。足尾山地に属する。標高2,144m[1][注釈 1]。日本百名山の一つ。約160万~90万年前に活動した[2]古い成層火山だが、侵食が進み、また樹林に覆われ、今日では火山らしい面影はない。 東西に長い頂稜を持つが、北側は国境平付近まで標高差にして500m以上も切れ落ちている。
Wikipedia    内容詳細  
  #沼田市の成層火山の山    #群馬県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
688.諏訪山  ・ 日本群馬県多野郡上野村
諏訪山(すわやま)は、群馬県多野郡上野村にある標高1,549 mの山である。日本山岳会が選定した日本三百名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
689.諏訪山 (群馬県・埼玉県)  ・ 日本群馬県多野郡神流町埼玉県秩父郡小鹿野町
諏訪山(すわやま)は、群馬県多野郡神流町と埼玉県秩父郡小鹿野町とにまたがる標高1,207.1mの山である。 登山道は神流町志賀坂森林公園遊歩道として整備され、「間物(まもの)登山口」と「志賀坂登山口」がある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
690.浅間山 (桐生市)  ・ 日本群馬県桐生市菱町
浅間山(せんげんやま)は、群馬県桐生市菱町にある山。標高172m。富士山とも呼ばれる。山頂には、桐生国綱が桐生城の支城として築いた浅間山砦があった[1]。
Wikipedia    内容詳細  
691.仙人ヶ岳  ・ 日本栃木県足利市小俣町群馬県桐生市菱町
仙人ヶ岳(せんにんがだけ)は、栃木県と群馬県に跨る山。標高663メートル。朝日沢山・朝日岳・仙人岳とも呼ばれる[1]。栃木百名山の一つ[2]。足利市の最高峰[3]。
Wikipedia    内容詳細  
692.仙ノ倉山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼郡湯沢町
仙ノ倉山(せんのくらやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町にまたがる山。標高は2,026mで谷川連峰(清水峠~三国峠間)の最高峰であり、二等三角点が置かれている。 上信越高原国立公園に属し、日本二百名山、ぐんま百名山[1]、越後百山、にいがた100名山に選ばれている他、「ぐんま県境稜線トレイル」コースになっている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
693.崇台山
崇台山(そうだいさん)は、群馬県安中市と富岡市の境にある山[1][2]。標高299m[1][2]。ぐんま百名山に選ばれている[1]。 2022年(令和4年)春、安中側登山口近くの民有地で幹の直径が1メートル、幹回りは3.2メートル、樹高推定50メートルのキリの巨木が発見された[1][2]。周辺は市民グループ「里山の花畑・里の小屋友の会」により歩道などが整備された[1][2]。 安中市に対して土地の所有者などから木に名前を付けてほしいと要望があり、2023年(令和5年)5月に「崇台山の大桐」と名付けられた[1][2]。そして景観法に基づく景観重要樹木に指定された[2]。
Wikipedia    内容詳細  
694.平標山  ・ 日本新潟県南魚沼郡湯沢町群馬県利根郡みなかみ町
平標山 (たいらっぴょうやま)は、新潟県南魚沼郡湯沢町と群馬県利根郡みなかみ町の間に位置する標高1,983.8メートルの山。
Wikipedia    内容詳細  
695.高天原山  ・ 日本群馬県多野郡上野村大字楢原長野県南佐久郡川上村大字梓山・南相木村
高天原山(たかまがはらやま)は、群馬県と長野県の県境にある標高1,978.6mの山である。高天原とは神話における天の世界のことで、別名、蟻ヶ峰・ショナミの頭。
Wikipedia    内容詳細  
696.谷川岳  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼郡湯沢町
谷川岳(たにがわだけ)は群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町の県境(上越国境)にある標高1,977メートルの山。日本百名山、ぐんま百名山、越後百山、新潟100名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
697.丹後山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町・新潟県南魚沼市
丹後山(たんごやま)は、新潟県南魚沼市[1]と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高は1,808.5メートルである。ぐんま百名山[2]で、利根川水源碑[3]の登山ルートでもある。
Wikipedia    内容詳細  
698.茶臼山 (桐生市)  ・ 日本群馬県桐生市
茶臼山(ちゃうすやま)は、群馬県桐生市にある山。標高294m。ぐんま百名山の一つ[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
699.戸神山  ・群馬県沼田市
戸神山(とかみやま)は、群馬県沼田市戸神町・石墨町・下発知町にまたがる山である。「ぐんま百名山」の一つに選出されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
700.七ツ小屋山  ・ 日本新潟県南魚沼郡湯沢町群馬県利根郡みなかみ町
七ツ小屋山 (ななつごややま)は、新潟県南魚沼郡湯沢町と群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、標高1,674.7メートルである。「ぐんま県境稜線トレイル」[1]谷川岳・ 馬蹄形縦走コース[2]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
701.鳴神山  ・ 日本群馬県桐生市
鳴神山(なるかみやま)は、群馬県桐生市にある、標高980mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
702.日光白根山  ・ 日本栃木県日光市・群馬県利根郡片品村
日光白根山(にっこうしらねさん)は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村の境界にある標高2,578mの山。 日光火山群の北西端にある活火山で、西方への溶岩流の上に主峰・奥白根(おくしらね)などの溶岩ドームが形成されている[1]。深田久弥の日本百名山の一つで、火山噴火予知連絡会によって火山防災のために監視・観測体制の充実等の必要がある火山に選定されている[2]。日本国内では北関東以北で最高峰の山かつ、中部地方に属さない山としても最高峰である[1][注釈 1]。
Wikipedia    内容詳細  
703.金山 (群馬県)  ・ 日本 群馬県太田市
金山(かなやま)は、群馬県太田市金山町にあり八王子丘陵の東南にある標高235.8mの独立峰である。別名「太田金山」。ぐんま百名山に選定されている[1]。 山頂には「新田神社」や「金山城(国の史跡)」があり、足尾山塊、赤城山、榛名山、浅間山、富士山、筑波山、秩父連山らが眺望できる [2][3] 。南側下に太田市街地、北側下に北関東自動車道と同自動車道の太田桐生IC、東側下にイオンモール太田、西側下にはぐんまこどもの国が見え、さらには桐生市、邑楽郡大泉町、埼玉県熊谷市、栃木県足利市まで見渡すことができる。麓には「子育て呑龍」で親しまれている大光院がある。
Wikipedia    内容詳細  
704.根本山  ・ 日本栃木県佐野市群馬県桐生市・みどり市
根本山(ねもとさん)は、栃木県と群馬県に跨がる山。標高1,199m。栃木百名山・ぐんま百名山の一つ[1]。
Wikipedia    内容詳細  
705.八寸権現山  ・ 日本群馬県伊勢崎市豊城町
八寸権現山(はちすごんげんやま)は、群馬県伊勢崎市豊城町に位置する山である。 標高は91m。 伊勢崎市が2005年(平成17年)に合併する以前は伊勢崎市内の最高峰であった。周囲を住宅街に囲まれ、山全体にアカマツが群生している。山頂よりやや下った場所に蓮神社がある。はちす権現山公園として整備されており、市民の憩いの場となっている。 中腹から麓にかけて円墳が30ほどあり、これは権現山古墳群と呼ばれている。山頂には14世紀後半頃に築かれたと目される宝塔がある。
Wikipedia    内容詳細  
706.鼻曲山  ・群馬県高崎市・吾妻郡長野原町・長野県北佐久郡軽井沢町
鼻曲山(はなまがりやま)は、群馬県高崎市、吾妻郡長野原町および長野県北佐久郡軽井沢町との境界にある山である。信州百名山とぐんま百名山に選ばれている。 二度上峠から氷妻山を経て登るルートと、軽井沢町の国境平、及び長日向から登る乙女コース、安中市の旧碓氷峠付近から留夫山を経て登るルート、十六曲峠からのルートがある。山頂に三角点はない。
Wikipedia    内容詳細  
707.榛名山  ・ 日本群馬県高崎市
榛名山(はるなさん)は、関東地方の北部の群馬県にある上毛三山の一つであり、古来山岳信仰を受けてきた山である。山の南西麓に榛名神社が祀られている。
Wikipedia    内容詳細  
  #高崎市の成層火山の山    #群馬県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
708.檜倉山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
檜倉山(ひのきぐらやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1,744.2メートルである。利根川源流を囲む山になる。別名はヒグラヤマ。
Wikipedia    内容詳細  
709.平ヶ岳 (群馬県・新潟県)  ・新潟県魚沼市群馬県みなかみ町
平ヶ岳(ひらがたけ)は、新潟県魚沼市と群馬県みなかみ町の境界にある標高2,141mの山。日本百名山のひとつ。 山頂の北東約0.2kmに二等三角点「平岳」(標高2,139.6m)が設置されている。新潟県側の山域は越後三山只見国定公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
710.富士山 (桐生市)  ・ 日本群馬県桐生市相生町
富士山(ふじやま)は、群馬県桐生市相生町にある山。標高160 m[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
711.富士山 (渋川市)  ・ 日本群馬県渋川市
富士山(ふじやま)は、群馬県渋川市にある山である。 標高は564.4mである。南麓にある谷を吾妻川が流れ、国道353号、JR吾妻線が通る。国道沿いにある道の駅おのこから見ると富士山型に見える山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
712.藤原山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県魚沼市
藤原山(ふじわらやま)は、新潟県魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1.709メートルである。利根川源流を囲む山になる。山名と利根川の源流域にある集落名は、奥州藤原氏に由来する[1][2]。藤原地区の面積は、みなかみ町の約半分(390平方キロメートル)で人口の約2%にあたる400人の住民が住んでいる[3]。
Wikipedia    内容詳細  
713.武能岳  ・ 日本新潟県南魚沼郡湯沢町群馬県利根郡みなかみ町
武能岳 (ぶのうだけ)は、新潟県南魚沼郡湯沢町と群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、標高1,760メートルである。山稜の東側が上信越高原国立公園に指定されている[1]。また、ぐんま百名山[2]で、「ぐんま県境稜線トレイル」[3]谷川岳・ 馬蹄形縦走コース[4]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
714.宝生山  ・ 日本 栃木県佐野市作原町 群馬県みどり市東町沢入
宝生山(ほうしょうさん)は栃木県佐野市と群馬県みどり市に跨る山。標高1154.3メートル[1]。 氷室山と十二山とを繋ぐ尾根に位置しており[2]、山頂の南側を佐野市からみどり市へと結ぶ広域基幹林道の作原沢入線が通っている。
Wikipedia    内容詳細  
715.武尊山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町、川場村、片品村
武尊山(ほたかやま)は、群馬県利根郡みなかみ町、川場村、片品村の境にある標高2,158mの成層火山である。北アルプスの穂高岳と区別するため、上州武尊山とも呼ばれる。日本百名山[1]及び新・花の百名山[2]に選定されている山である。
Wikipedia    内容詳細  
  #みなかみ町の成層火山の山    #群馬県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
716.本谷山 (群馬県・新潟県)  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
本谷山 (ほんたにやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼市の間に位置する標高1,870メートルの山。利根川源流を囲む山である。別名は中尾山。利根川源流部自然環境保全地域に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
717.巻機山  ・ 日本新潟県南魚沼市群馬県利根郡みなかみ町
巻機山(まきはたやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町の境、三国山脈にある標高1,967mの山。日本百名山のひとつ。2023年1月、87年振りに樹氷を確認[1][2][3]。 主要な登山道は、南西側の南魚沼市清水から通じている。
Wikipedia    内容詳細  
718.丸山 (桐生市)  ・ 日本群馬県桐生市堤町
丸山(まるやま)は、群馬県桐生市堤町にある山。標高174m。山頂には、桐生国綱が柄杓山城の支城として築いた丸山砦があった[1]。
Wikipedia    内容詳細  
719.万太郎山  ・新潟県南魚沼郡湯沢町群馬県利根郡みなかみ町
万太郎山(まんたろうやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町にまたがる三国山脈に位置する山。標高1,956mで谷川岳の支峰に属する。付近には関越自動車道の関越トンネルが有り、換気塔が山腹に存在する。「ぐんま県境稜線トレイル」コースになっている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
720.御荷鉾山  ・群馬県神流町、藤岡市
御荷鉾山(みかぼやま)は、群馬県神流町、藤岡市にある山である。通常は西御荷鉾山(1,287m[1][2])と東御荷鉾山(1,246m)の二峰を指し、広義にはこれにオドケ山(1191m)を含むことがある。
Wikipedia    内容詳細  
721.三国山 (奥秩父)  ・ 日本群馬県多野郡上野村・埼玉県秩父市・長野県南佐久郡川上村
三国山(みくにやま)は、群馬県多野郡上野村・埼玉県秩父市・長野県南佐久郡川上村に跨る標高1,834mの山である。名前の由来は旧制の国名で、上野国・武蔵国・信濃国の3つの国の境目にあったため。また、山頂から1km南にこの山名から派生して埼玉県と長野県の境界の三国峠がある。 利根川水系の神流川、荒川水系の中津川、千曲川の最上流部に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
722.三国山 (群馬県)  ・ 日本 群馬県利根郡みなかみ町・新潟県南魚沼郡湯沢町
三国山(みくにやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町の間にある山。標高1,636m。この最高点は、県境からわずかの距離にある群馬県内にある。谷川岳や平標山などがある上越国境稜線から少しそれた場所にある。
Wikipedia    内容詳細  
723.味城山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町
味城山(みじょうやま)は、群馬県利根郡みなかみ町に位置する里山。上毛高原駅の裏山で標高は757.4メートルである。
Wikipedia    内容詳細  
724.三ツ石山 (みなかみ町)  ・ 日本新潟県南魚沼市群馬県利根郡みなかみ町
三ツ石山 (みついしやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、中央分水界になり、利根川源流を囲む山になる。標高1,586メートルである。別名はタマタ山。
Wikipedia    内容詳細  
725.三峰山 (群馬県)  ・群馬県みなかみ町・沼田市
三峰山(みつみねやま)は、群馬県みなかみ町と沼田市にまたがる標高1,123mの山。他地域の三峰山と区別するため上州三峰山とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
726.妙義山  ・群馬県甘楽郡下仁田町・富岡市・安中市
妙義山(みょうぎさん)は、群馬県甘楽郡下仁田町・富岡市・安中市の境界に位置する日本三大奇景の一つとされる山である。いくつものピークから成り、最高峰は表妙義稜線上の相馬岳 (1,103.8m) で、また妙義山系全体の最高峰は裏妙義に聳える谷急山 (1,162.1m) となっている。
Wikipedia    内容詳細  
727.本白根山  ・ 日本群馬県吾妻郡草津町・同郡嬬恋村
本白根山(もとしらねさん)は、群馬県吾妻郡草津町と嬬恋村にまたがる標高2,171mの火山である。
Wikipedia    内容詳細  
728.物語山  ・ 日本群馬県甘楽郡下仁田町
物語山(ものがたりやま)は、群馬県甘楽郡下仁田町にある山。海抜は1,019.3メートル。 かつてここに山城があり、落城の際に城の財宝を山中の巨岩「メンべ岩」に埋めたという物語が伝説で残っており「物語山」と名付けられたという[1]。 国道254号沿いに登山口への道があるのでアクセスがよく、急登ありガレキありの登り甲斐のある山としてハイカーに知られている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
729.温泉ヶ岳  ・ 日本栃木県日光市
温泉ヶ岳(ゆせんがたけ)は、栃木県日光市と群馬県利根郡片品村にまたがる標高2,332.9mの火山。日光白根山の北側、根名草山の南側、於呂倶羅山の西側に位置する。 温泉ヶ岳は、金精山の北側、根名草山の南側に在る山である。頂上は狭いが円く平らで、山頂付近まで針葉樹林に覆われている。山頂の見通しは悪くはなく、特に東-北-西側は開けており、燧ヶ岳や根名草山などが臨まれる。 古くは勝道上人が日光山を開山、今の奥日光に分け入って湯元温泉を発見し、その背後に聳える山に温泉ヶ岳と名付け、瑠璃光如来を祀ったとの伝承もある。
Wikipedia    内容詳細  
730.湯ノ丸山  ・ 日本長野県東御市・上田市群馬県嬬恋村
湯ノ丸山(ゆのまるやま)は長野県東御市・上田市と群馬県嬬恋村の県境にある標高2,101mの山。烏帽子火山群の一峰。 浅間連峰の西側に位置し、山麓には湯の丸スキー場、鹿沢スノーエリアといったスキー場がある。山頂近くのつつじ平には60万株にもおよぶ湯の丸レンゲツツジ群落があり、国の天然記念物に指定されており、シーズンには山肌を朱色に染めるほどである。 長野県道・群馬県道94号東御嬬恋線の地蔵峠まで車で登れるため、比較的気軽に登山ができる山である。 隣にある烏帽子岳とあわせて登山するハイカーも多い。 山の東側には湯の丸高原を形成し、スキー、登山と年間をとおして賑わっている。 山頂からは、南には八ヶ岳、東に浅間山、北に四阿山、西に北アルプスや北信の山々が眺められる。
Wikipedia    内容詳細  
731.横手山  ・ 日本長野県下高井郡山ノ内町・群馬県吾妻郡中之条町
横手山(よこてやま)は、長野県下高井郡山ノ内町と群馬県吾妻郡中之条町との境にある火山である。
Wikipedia    内容詳細  

埼玉県の山

732.関東百名山
関東百名山(かんとうひゃくめいざん)は、関東地方のの1都6県(東京都・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・埼玉県・神奈川県)に位置する山の中から選ばれた日本の百名山、および1993年に山と溪谷社から刊行された本[1]の名前。2019年に同名で再刊され、新関東百名山と称される。また同種の本としては関東百山があり、1985年に実業之日本社から刊行されている。 1993年に山と溪谷社によって選定された[2]。
Wikipedia    内容詳細  
733.奥武蔵
奥武蔵(おくむさし)とは、埼玉県南西部の山岳・丘陵地帯の総称である。奥武蔵高原とも称される[1]。県立奥武蔵自然公園がある。
Wikipedia    内容詳細  
734.四阿屋山 (埼玉県秩父郡)  ・ 日本 埼玉県秩父郡小鹿野町
四阿屋山(あずまやさん)は、埼玉県秩父郡小鹿野町にある標高771.4 mの山である。奥秩父山域の北東部に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
735.伊豆ヶ岳  ・埼玉県飯能市
伊豆ヶ岳(いずがたけ)は、埼玉県飯能市にある山である。標高は850.9m。
Wikipedia    内容詳細  
736.大高山 (埼玉県)  ・埼玉県飯能市
大高山(おおたかやま)は、埼玉県飯能市の山。標高493m。奥武蔵山系の中部に位置する山である。
Wikipedia    内容詳細  
737.大霧山  ・ 日本 埼玉県秩父郡皆野町、東秩父村
大霧山(おおぎりやま)は、 埼玉県秩父郡皆野町と秩父郡東秩父村の境に位置する標高766.6 mの山。 比企三山(大霧山・笠山・堂平山)の1つで、槻川を挟んで笠山と対峙している。 東武東上線小川町駅から白石車庫行のイーグルバスに乗って橋場バス停で降り、粥新田峠への道をたどる。かつて秩父三十四箇所の巡礼者たちが歩いた古道である。他に経塚バス停から旧定峰峠や白石車庫バス停から定峰峠経由で登ることもできる。 または、秩父鉄道親鼻駅か西武秩父線西武秩父駅から西武観光バスで高原牧場入口バス停で降りて、粥新田峠への道をたどることもできる。5月下旬から6月上旬にかけて秩父高原牧場(彩の国ふれあい牧場)では3 ha 1000万本もの赤、白、ピンクのシャーレーポピーが咲き誇り、「天空のポピー」と呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
738.大平山 (秩父市)  ・埼玉県秩父市
大平山(おおひらやま)は、埼玉県秩父市の奥秩父山塊にある標高1,603 mの山。東京・埼玉都県境にある長沢背稜の天目山 (1,576 m) と酉谷山 (1,718 m) のほぼ中間に位置する七跳山 (1,651 m) から北東にのびる尾根上にあるに位置する。 長沢背稜側から見ると雄大で綺麗な半円形であり、大きく平らな山の形から大平山と呼ばれていたと言われている[要出典]。 秩父市細久保地区から天目山林道を歩き、大平のクビレから笹藪を分けた山道に入り、頂上まで15分ほど。頂上は2 m四方ほど藪が開けており、三角点の標石と手書きの「大平山」と書かれた板がある。頂上は樹林帯で眺望はあまりないが、木々の間から目前に七跳山や天目山、その奥に富士山の裾野まで見ることができる。
Wikipedia    内容詳細  
739.大持山  ・ 日本埼玉県秩父市・秩父郡横瀬町
大持山(おおもちやま)は、埼玉県秩父市と秩父郡横瀬町との境界にある山である。標高1,294.1m。 秩父山地に属し、隣接する小持山や武甲山、武川岳と結んで歩かれることが多い。自然のままの山容が残っており、本格的な山歩きの気分が楽しめる。 山頂は樹木に囲まれるが、大持山と小持山を結ぶ稜線は南西の浦山郷側が切り立っており、岩頭からは眼下に浦山郷の集落を見下ろす他、奥秩父・浅間山方面の眺望が楽しめる。
Wikipedia    内容詳細  
740.奥秩父山塊  ・東京都・埼玉県・山梨県・長野県
奥秩父山塊(おくちちぶさんかい)とは、野辺山高原の南東に位置する飯盛山(1643メートル)から雲取山(2017メートル)および南は三窪高原まで、広くはそれに東は奥多摩エリア、北は両神山(1723メートル)付近、南は大菩薩連嶺までを加えた山塊で関東山地の中心部をなす。奥秩父山地(おくちちぶさんち)ともいう。 千曲川(信濃川上流)、荒川、笛吹川(富士川上流)、多摩川の4河川の水源域であり、山域に火山を含まないことも特徴となっている。
Wikipedia    内容詳細  
741.越生駒ヶ岳  ・ 日本埼玉県入間郡越生町
越生駒ヶ岳(おごせこまがたけ)は、埼玉県入間郡越生町にある標高369mの山。「越生」を冠するのは全国に多数存在する同名の山と区別するためだが、地元での呼称は蒔山(薪山)。駒ヶ岳と呼んでいるのは別の場所。四等三角点「黒山」が設置されている。
Wikipedia    内容詳細  
742.笠取山 (奥秩父)  ・ 日本 埼玉県秩父市・山梨県甲州市
笠取山(かさとりやま)は、埼玉県秩父市と山梨県甲州市の境、奥秩父山塊の主脈に位置する標高1,953 mの山[1]。秩父多摩甲斐国立公園に含まれる[2]。山梨百名山選定[3]。
Wikipedia    内容詳細  
743.笠山 (埼玉県)  ・ 日本埼玉県比企郡小川町・秩父郡東秩父村
笠山(かさやま)は、埼玉県比企郡小川町と秩父郡東秩父村との境界にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
744.唐松尾山  ・ 日本 埼玉県秩父市・山梨県甲州市
唐松尾山(からまつおやま)は、埼玉県秩父市・山梨県甲州市の県境にある標高2,109.2mの山である。奥秩父の山域の主脈の一つ。 植林により、かつて山一帯がカラマツ(針葉樹マツ科カラマツ属)林だったことから名が付いた、といわれる。 なお、多摩川の集水域の最高峰である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
745.官ノ倉山  ・ 日本 埼玉県小川町、秩父郡東秩父村
官ノ倉山(かんのくらやま)は、 埼玉県小川町と秩父郡東秩父村の境に位置する標高344 mの山。
Wikipedia    内容詳細  
746.霧藻ヶ峰  ・ 日本 埼玉県秩父市
霧藻ヶ峰(きりもがみね)は、埼玉県秩父市にある標高1,523.1mの山。奥秩父の山域の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
747.熊倉山 (埼玉県)  ・ 日本埼玉県秩父市
熊倉山(くまくらさん)は埼玉県秩父市にある標高1,426.5mの山である。奥秩父の山域の一つ。秩父鉄道武州日野駅または白久駅から登ると、標高差が約1,100mある(武州日野駅や白久駅の標高は約300m)。埼玉県と東京都の境界にある長沢背稜から派生する尾根上に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
748.雲取山  ・ 日本東京都西多摩郡奥多摩町埼玉県秩父市山梨県北都留郡丹波山村
雲取山(くもとりやま・くもとりさん[2])は、東京都・埼玉県・山梨県の境界にある標高2,017.13m[1]の山。東京都の最高峰であり、都内の山で2000mを越えるのは、この山のみである。[3]
Wikipedia    内容詳細  
749.黒山 (東京都・埼玉県)  ・ 日本東京都青梅市・西多摩郡奥多摩町・埼玉県飯能市
黒山(くろやま)は奥多摩・奥武蔵山域、東京都青梅市・西多摩郡奥多摩町・埼玉県飯能市の境にある標高842.3mの山である。 山頂はミズナラやヤマザクラに囲まれていて展望はないが、ベンチが整備されている。
Wikipedia    内容詳細  
750.甲武信ヶ岳  ・埼玉県秩父市山梨県山梨市長野県南佐久郡川上村
甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)は、山梨県・埼玉県・長野県の3県の境にある標高2,475mの山で、奥秩父山塊の主脈の中央に位置する。甲武信岳(こぶしだけ)とも呼ぶ。 甲州(甲斐国=山梨県)、武州(武蔵国=埼玉県など)、信州(信濃国=長野県)の境にあるのでこの名になっているとされる説が有名だが、山容が拳のように見えるからという説もある。千曲川(新潟県に入ると信濃川)、荒川、笛吹川(釜無川と合流し富士川となる)の水源の地[注釈 1]。頂上に三角点はない。また、三宝山のほうが標高が僅かに高い。日本百名山の一つ。 山頂からは百名山のうち43座を見ることができる。
Wikipedia    内容詳細  
751.三宝山  ・ 日本埼玉県秩父市・長野県南佐久郡川上村
三宝山(さんぽうざん)は、埼玉県秩父市と長野県南佐久郡川上村の境にある標高2,483mの山で、奥秩父山域にある。 埼玉県の最高峰。山頂に一等三角点がある。眺望は全く開けていないが、すぐ近くの三宝岩に行けば眺望が良い。
Wikipedia    内容詳細  
752.城峯山  ・ 日本埼玉県秩父市・秩父郡皆野町・児玉郡神川町
城峯山(じょうみねさん)は、埼玉県秩父市、秩父郡皆野町と児玉郡神川町の境界にある山。標高1,037.7m[1]。しばしば「城峰山」とも書かれるが、国土地理院発行の地形図では城峯山と表記されている。 山頂には一等三角点と電波塔があり、この電波塔の下部が展望台となっている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
753.白岩山 (埼玉県)  ・ 日本 埼玉県秩父市
白岩山(しらいわやま、しらいわさん)は、埼玉県秩父市にある標高1921.2mの山。奥秩父山塊の山の一つで、秩父多摩甲斐国立公園内にある。 妙法が岳(1332m)、白岩山(1921m)、雲取山(2017m)を総称して三峰山という。
Wikipedia    内容詳細  
754.水晶山 (奥秩父)  ・ 日本埼玉県秩父市山梨県山梨市
水晶山(すいしょうやま)は、埼玉県秩父市と山梨県山梨市との境にある標高2,158mの山である。奥秩父の山域の主脈の一つ。 笠取山(1,953m)から雁坂嶺(2,289m)へ尾根を行くと、燕山(2,004m)、古礼山(2,112m)、水晶山(2,158m)、雁坂峠(2,070m)と通ることになる。水晶山と雁坂峠の中間あたりの真下を雁坂トンネルが通っている。東側斜面は崩落していて、ガレ場となっている。
Wikipedia    内容詳細  
755.諏訪山 (群馬県・埼玉県)  ・ 日本群馬県多野郡神流町埼玉県秩父郡小鹿野町
諏訪山(すわやま)は、群馬県多野郡神流町と埼玉県秩父郡小鹿野町とにまたがる標高1,207.1mの山である。 登山道は神流町志賀坂森林公園遊歩道として整備され、「間物(まもの)登山口」と「志賀坂登山口」がある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
756.仙元山  ・ 日本 埼玉県小川町
仙元山(せんげんやま)は、 埼玉県小川町に位置する標高299 mの山。 仙元山の由来は浅間神社、浅間山、富士山と言われている[要出典]。 山頂付近は静かな木立に包まれていて、展望は木立の間から小川町市街と榛名山方面を眺められる。中腹にある見晴らしの丘公園の展望台からの展望が良い。なお、見晴らしの丘公園には巨大なローラー滑り台があり、多くの観光客で賑わっている。 3月下旬にはカタクリやニリンソウ、4月にはサクラやシダレザクラ、スズラン、5月上旬にはヤマツツジや藤が咲く。また、6月下旬にはオオムラサキが舞う里山が広がっている。 山麓には小川小学校旧下里分校や馬頭観音、カタクリとニリンソウの里などがある。
Wikipedia    内容詳細  
757.外秩父
外秩父(そとちちぶ)は、埼玉県西部から秩父地域にかけて、秩父盆地を取り巻く山地の東側にあたる外秩父山地とその東側の山麓付近のことである。 「外秩父」の名の由来は、江戸時代に秩父郡に属した村々のうち、荒川(本流)と入間川水系(荒川支流)との分水嶺の東側の村々が「外秩父十八村」と呼ばれたことによる。[1]明治時代の町村制施行により発足した、大河原村・槻川村 (現・秩父郡東秩父村)、大椚村(現・比企郡ときがわ町)、吾野村・名栗村(現・飯能市)の五か村にあたる。それに対して、分水嶺より西の秩父盆地側は「内秩父」と呼ばれた。[2]
Wikipedia    内容詳細  
758.蕎麦粒山 (東京都・埼玉県)  ・ 日本東京都西多摩郡奥多摩町埼玉県秩父市
蕎麦粒山(そばつぶやま)は、日本の関東地方中部に位置し、東京都西多摩郡奥多摩町と埼玉県秩父市の境界(都県境)に所在する山。奥多摩山域に属する。標高1,472.9m。
Wikipedia    内容詳細  
759.高指山 (埼玉県)  ・ 日本埼玉県日高市
高指山(たかさしやま)は埼玉県日高市にある標高332mの山である[1]。かつては山頂にNTTの高指無線中継所があった[2]。物見山と日和田山を結ぶ尾根の途中にあり、山頂付近を奥武蔵自然歩道が通る[3]。最寄り駅は高麗駅。
Wikipedia    内容詳細  
760.武川岳  ・ 日本埼玉県飯能市・秩父郡横瀬町
武川岳(たけがわだけ)は、埼玉県飯能市と秩父郡横瀬町の境界にある山である。標高1,051.7m。 岳という山名がついてはいるが、山容は至ってなだらかで、長閑な雰囲気を漂わせる山である。 山頂部は広く数個のベンチが置かれており、南側の名栗・奥多摩方面に展望がひらける。また、山頂からわずかに西の方へ(妻坂峠方面)下ったところはカタクリの群落がある。 荒川の支流、横瀬川の源頭の山でもある。
Wikipedia    内容詳細  
761.秩父御岳山  ・ 日本埼玉県秩父市・秩父郡小鹿野町
御岳山(おんたけさん)は、埼玉県秩父市と秩父郡小鹿野町との境界にある山である。秩父御岳山とも呼ばれる。御嶽山と表記されることもある。
Wikipedia    内容詳細  
762.秩父槍ヶ岳  ・ 日本 埼玉県秩父市
秩父槍ヶ岳(ちちぶやりがたけ)は、埼玉県秩父市にある、標高が1,341mの山。奥秩父の山の一つ。秩父多摩甲斐国立公園の中にある。 荒川の支流である中津川の右岸に聳える岩峰。この山には一般向きの登山道が整備されておらず、藪漕ぎや岩稜登攀、ルート・ファインディング等の技術が要求される山である。
Wikipedia    内容詳細  
763.天覚山  ・埼玉県飯能市
天覚山(てんかくさん[1]、てんがくさん[2])は、埼玉県飯能市の山。標高445.5m。奥武蔵山系の山である。
Wikipedia    内容詳細  
764.天覧山  ・埼玉県飯能市
天覧山(てんらんざん)は、埼玉県飯能市にある山。標高197m(山頂の看板では195mと記載)。山というよりは丘陵という風情。
Wikipedia    内容詳細  
765.堂平山  ・ 日本埼玉県比企郡小川町・ときがわ町・秩父郡東秩父村
堂平山(どうだいらさん)は、埼玉県比企郡小川町、ときがわ町と秩父郡東秩父村の境界にある標高875.8mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
766.多峰主山  ・埼玉県飯能市
多峰主山(とうのすやま。「多峯主山」とも)は、埼玉県飯能市の山。標高271m。奥武蔵山系の東側に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
767.木賊山 (山)  ・山梨県山梨市、埼玉県秩父市
木賊山(とくさやま)は山梨県山梨市と埼玉県秩父市の境にある標高2,469 mの山で、奥秩父の山域の主脈上の一峰。別名、雲切山。大きな山容を持つ。
Wikipedia    内容詳細  
768.長沢背稜
長沢背稜(ながさわはいりょう)とは東京都と埼玉県の境界の一部をなす稜線。正確な定義はないが、雲取山北方の芋木ノドッケから天目山(三ッドッケ)付近までを意味することが多いようである。 この山域としては比較的標高の高い山々が連なる稜線で、多摩川の支流日原川と、荒川の支流浦山川の分水嶺をなす。南側は奥多摩、北側は秩父山地の領域に属し、日原川側には沢登りの対象となる沢が多数ある。また、途中の水松山付近から南に派生した尾根上に天祖山がある。 登山道はある(ただし稜線の南側を巻いている箇所が多い)が、比較的山が深く、距離が長く、山小屋も避難小屋しかないため、歩く人は多くない。冬季には、この山域で最も雪の深い場所であり、過去に遭難事件も起こっている。
Wikipedia    内容詳細  
769.南天山  ・ 日本 埼玉県秩父市
南天山(なんてんやま)は、埼玉県秩父市にある標高1,483mの山で、奥秩父の山域の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
770.白泰山  ・ 日本 埼玉県秩父市
白泰山(はくたいさん)は、埼玉県秩父市にある標高1,793.9mの山である。奥秩父の山域の一つ。 付近に東大演習林(5,800ha余り)があり、原生林が残されている。シャクナゲ尾根にシャクナゲが生える。白泰山避難小屋は、栃本(関所跡) - 十文字峠の尾根道の道中にある二里観音が在る所。二里観音の側にのぞき岩という岩があり、展望がある。
Wikipedia    内容詳細  
771.破風山  ・山梨県山梨市、埼玉県秩父市
破風山(はふさん)は山梨県山梨市と埼玉県秩父市の境にある標高2,318 mの山で、奥秩父の山域の主脈上の一峰。別名、破不山。 山名については、別途解説する。
Wikipedia    内容詳細  
772.飛竜山  ・ 日本埼玉県秩父市山梨県北都留郡丹波山村
飛竜山(ひりゅうさん)は、埼玉県秩父市と山梨県北都留郡丹波山村との県境にある標高2,077mの山である。奥秩父の山域の主脈の一つ。 飛竜権現が祀られているから飛竜山と呼ぶのだという。また、大洞川(荒川の支流)の源頭の山なので、埼玉県(秩父)側では大洞山(おおぼらやま)とも呼ばれている。 山梨百名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
773.日和田山  ・ 日本埼玉県日高市
日和田山(ひわださん)は、埼玉県日高市にある山である。標高305m。奥武蔵の山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
774.武甲山  ・埼玉県 秩父市、秩父郡横瀬町
武甲山(ぶこうざん・ぶこうさん)は、埼玉県秩父地方の秩父市と横瀬町の境界に位置する山である。秩父盆地の南側にあり、標高は1,304メートル[1]。日本二百名山の一つに数えられる。 秩父地方の総社である秩父神社の神奈備山である。無形文化遺産の秩父夜祭は、武甲山と強い関わりがあるとされている。 別名を秩父嶽、妙見山、武光山ともいう。固有種のチチブイワザクラをはじめ石灰岩地の高山植物が群生し、「武甲山石灰岩地特殊植物群落」として国指定の天然記念物となっている。 武甲山は北側斜面が石灰岩質であり、石灰岩の採掘が盛んに行われている。石灰岩採掘により山容の変化が著しく、旧山頂は既に失われている。またこれにより旧山頂にあった縄文時代から近代までにいたる歴史のあった信仰遺跡、巨岩群も消滅している。
Wikipedia    内容詳細  
775.二子山 (埼玉県小鹿野町)  ・ 日本 埼玉県秩父郡小鹿野町
二子山(ふたごやま)は、埼玉県秩父郡小鹿野町にある山である。群馬県多野郡神流町との境界に近い。石灰岩からなる岩峰である。西岳(1,165.8m)と東岳(1,122m)から成る双耳峰。ロッククライミングの登攀の対象とされている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
776.棒ノ折山  ・東京都西多摩郡奥多摩町埼玉県飯能市
棒ノ折山(ぼうのおれやま)は、東京都西多摩郡奥多摩町と埼玉県飯能市との境にある標高969mの山である。奥多摩と奥武蔵の山域の境にある。 棒ノ折嶺、棒ノ峰、棒ノ嶺ともいう。坊の尾根、坊主の尾根ともいった。 棒ノ折の由来のひとつに鎌倉時代の秩父の武将であった畠山重忠がこの山を越える際に杖として持っていた石棒が折れたことから名が付いたとされる。奥多摩側百軒茶屋から登る登山道沿いにある祠にはその折れた石棒の片破れと言われる一尺程の石柱が祀られている。 山頂は非常に広く、公園か小規模なグラウンドのような広場となっている(ただしトイレや売店はない)。昔は茅(茅葺き屋根の材料)の原であった。
Wikipedia    内容詳細  
777.宝登山  ・埼玉県秩父郡長瀞町
宝登山(ほどさん)は、埼玉県秩父郡長瀞町にある山。標高468.8m、麓には宝登山神社を擁する。 中腹まで架設されている宝登山ロープウェイは、麓駅から山頂駅までの全長963mを約15分間で結んでいる。 宝登山頂駅付近には梅園、ロウバイ園や宝登山小動物公園などがある。
Wikipedia    内容詳細  
778.三国山 (奥秩父)  ・ 日本群馬県多野郡上野村・埼玉県秩父市・長野県南佐久郡川上村
三国山(みくにやま)は、群馬県多野郡上野村・埼玉県秩父市・長野県南佐久郡川上村に跨る標高1,834mの山である。名前の由来は旧制の国名で、上野国・武蔵国・信濃国の3つの国の境目にあったため。また、山頂から1km南にこの山名から派生して埼玉県と長野県の境界の三国峠がある。 利根川水系の神流川、荒川水系の中津川、千曲川の最上流部に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
779.三峰山
三峰山(みつみねさん)は、本来は奥秩父山塊にある妙法が岳(1332m)、白岩山(1921m)、雲取山(2017m)の三山の総称。 一般的には、三峯神社が在るその頂を三峰山と認識することも多い。これはかつて三峰ロープウェイの三峯神社側の駅が三峰山頂駅と称していたことからもうかがえる。
Wikipedia    内容詳細  
780.妙法ヶ岳 (埼玉県)  ・ 日本 埼玉県秩父市
妙法ヶ岳(みょうほうがたけ)は、埼玉県秩父市にある標高1,329 mの山で、奥秩父の山域の一つ。 山頂には北西1.8 kmほどにある三峯神社の奥の院(奥宮)がある。三峰山とは、妙法ヶ岳と、白岩山(1,921 m)、雲取山(2,017 m)の総称。ブナなどの原生林がある。精進の滝がある。
Wikipedia    内容詳細  
781.物見山 (埼玉県日高市)  ・ 日本埼玉県日高市・入間郡毛呂山町
物見山(ものみやま)は、埼玉県日高市と毛呂山町との境にある山である。奥武蔵の山の一つ。 標高は375.4mであり、隣の日和田山とセットで麓の高麗駅付近からのハイキングコースとなっている。山自体は石灰岩の山である。 斜面は急であり、樹木に覆われている。物見山の頂上付近まで別ルートで道路が通っている。眺望は樹林がある。 木立の中の道を歩くことができるが、道の脇の斜面が急なので注意を要する。春の彼岸の頃、路傍のスミレやシャガの群生や、薄暗い木立の中には梅、コブシ、サクラ、レンギョウなどなど様々な花が咲いている。
Wikipedia    内容詳細  
782.物見山 (埼玉県東松山市)  ・埼玉県東松山市大字岩殿
物見山(ものみやま)は、埼玉県東松山市にある山である。標高135m。山麓一帯を物見山公園として、東松山市が都市公園(総合公園)[1]として整備し、公開している。
Wikipedia    内容詳細  
783.雷電山 (埼玉県)  ・ 日本埼玉県比企郡ときがわ町
雷電山(らいでんやま)は、埼玉県比企郡ときがわ町にある山である。標高418.2m。山名は、頂上に雷電神社が祀られていることによる。
Wikipedia    内容詳細  
784.両神山  ・ 日本埼玉県秩父郡小鹿野町・秩父市
両神山(りょうかみさん)は埼玉県秩父郡小鹿野町と秩父市の境目にある山。奥秩父山塊の北部にあり、標高は1,723 m。日本百名山の一つ。山岳信仰の霊峰であり、両神山、三峰山、武甲山をあわせて「秩父三山」という[1]。
Wikipedia    内容詳細  
785.和名倉山  ・ 日本 埼玉県秩父市
和名倉山(わなくらやま)は埼玉県秩父市にある標高2,036mの山で、奥秩父の山の一つ。別名白石山(しろいしやま)。国土地理院の地形図には白石山とあるが[1]、甲州側の呼び名であり和名倉山が古くからの秩父側の呼称である。日本二百名山に選定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  

千葉県の山

786.烏場山  ・千葉県南房総市・鴨川市
烏場山(からすばやま)は、千葉県南房総市と鴨川市との境界にある山である。標高266.6m。房総丘陵(嶺岡山地)の山の一つである。 岩崎元郎の新日本百名山の一峰に選ばれており、房総では人気のあるハイキングコースとなっている。昭和50年代に地元の「和田浦歩こう会」によりハイキングコースが整備され、昔、花嫁行列が通ったという言い伝えから、「花嫁街道」と名づけられている。山はマテバシイやスダジイ等の照葉樹林に覆われている。和田浦近辺は花の生産地で、山麓には冬でも花畑が広がる。もう一つのハイキングコースには黒滝と呼ばれる落差9mの房総半島では珍しい、1本滝がみられる。 いずれも、登り3時間・下り2時間程度。
Wikipedia    内容詳細  
787.鬼泪山  ・千葉県富津市[1]
鬼泪山(きなだやま)は、千葉県富津市のマザー牧場にその大部分がある、標高309.3メートルの山[1]。山の上ゲート付近を山頂とする。[要出典]古くは日本武尊がこの山に住んでいた鬼を退治した時に、鬼が泪をこぼしたことが名前の由来とされている[1]。ちなみにこの時に鬼が流した血で赤く染まったのが、鬼泪山から佐貫を通り新舞子海岸へと注ぐ「染川」の名前の由来との説がある。[要出典]
Wikipedia    内容詳細  
788.御殿山 (千葉県)  ・千葉県南房総市
御殿山(ごてんやま)は、千葉県南房総市にある山[2]。標高363.7メートル。
Wikipedia    内容詳細  
789.嵯峨山 (千葉県)  ・ 日本 千葉県富津市・安房郡鋸南町
嵯峨山(さがやま)は、千葉県安房郡鋸南町と富津市との境界にある山である。 標高315.5m。房総丘陵の山の一つで鋸山の東側にある。頂上は照葉樹林で展望はなく、北西40mに石祠の展望地がある。三角点峰の西側にある標高300m強の山は、山頂南側斜面に水仙が咲くことから、通称「スイセンピーク」と呼ばれている。12月下旬から2月上旬の水仙の咲く時季には多くのハイカーが訪れる。スイセンピークや富津市釜ノ台の登山口には水仙が多いが、嵯峨山には水仙が無い。
Wikipedia    内容詳細  
790.大福山  ・ 日本 千葉県市原市
大福山(だいふくざん、だいふくやま)は、千葉県市原市石塚にある山である。 標高は292メートルで、市原市の最高峰である。山頂には日本武尊を祭った白鳥神社があり、また山頂の東側約200メートルのところには大福山展望台がある。大福山の南東側には紅葉の名所として観光地となっている梅ヶ瀬渓谷へと下る道がハイキングコースとして整備されており、紅葉シーズンには人々で賑わいを見せる。
Wikipedia    内容詳細  
791.高宕山  ・ 日本千葉県君津市・富津市
高宕山(たかごやま)は、千葉県君津市・富津市の境にある山である。標高330メートル。 野生のニホンザルが生息していることで知られ、1956年に国の天然記念物に指定された。国土地理院発行の2万5千分1地形図にも「高宕山のサル生息地」と表記されている。 周辺一帯は千葉県の県有林で、周囲2342ヘクタールが、1935年に県立高宕山自然公園に指定されている。シナノキが自生する。 山頂は眺望が良く、視界がよい時には富士山や筑波山などが見える。 関東ふれあいの道のコース上にあり標識も整備されている。 山頂から少し北側には、高宕観音堂がある。
Wikipedia    内容詳細  
792.富山 (千葉県)  ・ 日本千葉県南房総市
富山(とみさん[2])は、千葉県南房総市にある房総丘陵の山の一つ。2つの峰からなる双耳峰で、標高は北峰(金毘羅峰)が349 m[1][注釈 1]、南峰(観音峰)342.0 m。北峰には三角点と金比羅神社、そして「十一州一覧台」という展望台があり、南峰には観音堂がある。周囲一帯は「県立富山自然公園」に指定されている。 古くから航海の目標とされ、石橋山の合戦で破れて舟で逃れた源頼朝も航路上の目標にしたという[2]。
Wikipedia    内容詳細  
793.鋸山 (千葉県)  ・千葉県安房郡鋸南町・富津市
鋸山(のこぎりやま)は、千葉県安房郡鋸南町と富津市との境に位置する標高329.5メートルの山。索道として鋸山ロープウェーが通る。日本寺、地獄のぞきなど観光地化されている。日本名山図会の日本80名山[1]、日本百低山に選定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
794.野見金山  ・ 日本千葉県長生郡長南町・市原市
野見金山(のみがねやま)は、千葉県長生郡長南町水沼にある標高179.9mの山である。房総丘陵の山の一つである。 長生郡長南町(外房)と市原市(内房)の境界に位置する。 2004年に長南町によって野見金公園として整備され、サクラやアジサイの咲く公園になった。近年では、毎年6月に同町で開催される「花めぐり」のスポットの1つとなっている。内房(養老川水系)と外房(一宮川水系)の分水嶺に立地しているため、九十九里浜、茂原市街、京葉工業地帯の煙突、東京スカイツリーの眺望が見られ、「スカイツリーの見える丘」の看板が公園内に設置されている。市原市側は、大千葉カントリー倶楽部となっている。 ユートピア笠森(現在閉鎖)が岩撫地先に立地していた。施設は現在も残されている。この山の直下を首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の笠森鶴舞トンネルが貫いており、千葉県の道路で最長のトンネル(全長2420m)となっている。
Wikipedia    内容詳細  
795.三石山 (千葉県)  ・ 日本千葉県君津市
三石山(みついしやま)は、千葉県君津市にある標高282mの山である。房総丘陵の山の一つである。
Wikipedia    内容詳細  
796.三舟山  ・ 日本千葉県富津市・君津市
三舟山(みふねやま)は、千葉県富津市・君津市にある山である。標高138.7m。房総丘陵の山の一つである。 北側から西側にかけてに広がる小糸川流域の富津岬(富津平野・富津洲)および東京湾の眺望が優れた山である。 地層構造は小糸川以北の下総台地とほぼ同一である事から、何らかの事情でこの付近だけ異常な隆起を見せて山を形成したと考えられている。 戦国時代の永禄10年(1567年)に、山麓の三船台で里見氏と北条氏による三船山合戦が行われた。
Wikipedia    内容詳細  
797.関東百名山
関東百名山(かんとうひゃくめいざん)は、関東地方のの1都6県(東京都・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・埼玉県・神奈川県)に位置する山の中から選ばれた日本の百名山、および1993年に山と溪谷社から刊行された本[1]の名前。2019年に同名で再刊され、新関東百名山と称される。また同種の本としては関東百山があり、1985年に実業之日本社から刊行されている。 1993年に山と溪谷社によって選定された[2]。
Wikipedia    内容詳細  
798.愛宕山 (南房総市)  ・千葉県南房総市
愛宕山(あたごやま)は、千葉県南房総市にある、房総丘陵(嶺岡山地)の一角をなす山である。山頂の高さは標高408.2mで千葉県の最高峰であるが、各都道府県の最高峰の中では最も標高が低い。県内には他に「愛宕山」と称する山が複数存在するため、嶺岡愛宕山(みねおかあたごやま)とも称される。
Wikipedia    内容詳細  
799.伊予ヶ岳  ・ 日本 千葉県南房総市
伊予ヶ岳(いよがたけ)は、千葉県南房総市にある房総丘陵の山の一つ。標高336.3m[1]。関東百名山に選ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
800.音信山  ・ 日本千葉県市原市大字山口
音信山(おとずれやま)は、千葉県市原市大字山口にある標高186mの山である。房総丘陵の山の一つとされる[1]。 小湊鉄道高滝駅の西方向に約3km、旧上総国の望陀郡(現・木更津市)と市原郡(現・市原市)の境界に位置する。 かつては近辺の人々は草刈場として利用されていたらしく、地元では茅積場と呼ばれていた。地質は山頂部が下総層群最下位の第四紀更新世地蔵堂層の砂層からなり、下部へ上総・下総層群を上下に分ける泉谷泥層、上総層群最上位の金剛地層[2]の砂層になる。 市原市と木更津市の境界に沿うように千葉県道169号南総馬来田線から音信山を経由して千葉県道160号加茂木更津線へ至る林道音信山線がある。 音信山は上総名所としても知られ、夫木集では「ほととぎす 尋ねきたれば 今こそは 音づれ山の かひになくなれ」という歌をそえて紹介されている。
Wikipedia    内容詳細  
801.鹿野山  ・ 日本千葉県君津市
鹿野山(かのうざん)は、千葉県君津市にある山[2]。標高は379メートルで、愛宕山に次いで千葉県で2番目に高い[2]。愛宕山は旧安房国(千葉県最南部)にあるため、旧上総国(千葉県中南部)では鹿野山が最高峰である[3]。
Wikipedia    内容詳細  

東京都の山

802.多摩百山
多摩百山(たまひゃくさん)は、日本山岳会東京多摩支部が、設立5周年記念事業として東京都の奥多摩山域にある350山から選定した百山[1]。選定基準は、標高(エリアでの最高点)、三角点、歴史・文化・物語、姿・たたずまい、展望・景観、花・樹木、ジャンクションピーク、山名からなる。 なお、多摩百山とは別に守屋龍男が2003年に発表した『多摩100山』(新ハイキング選書 第23巻)もあるが、選定された山は多摩百山と一部重複している[2]。
Wikipedia    内容詳細  
803.関東百名山
関東百名山(かんとうひゃくめいざん)は、関東地方のの1都6県(東京都・群馬県・栃木県・茨城県・千葉県・埼玉県・神奈川県)に位置する山の中から選ばれた日本の百名山、および1993年に山と溪谷社から刊行された本[1]の名前。2019年に同名で再刊され、新関東百名山と称される。また同種の本としては関東百山があり、1985年に実業之日本社から刊行されている。 1993年に山と溪谷社によって選定された[2]。
Wikipedia    内容詳細  
804.愛宕山 (東京都港区)  ・東京都港区愛宕一丁目5番3号
愛宕山(あたごやま)は、東京都港区愛宕にある丘陵である。一帯の愛宕神社境内には、三等三角点があり、25.7mの標高が記録されている。天然の山としては東京23区内最高峰[2]。
Wikipedia    内容詳細  
805.石尾根
石尾根(いしおね)は東京都西部の奥多摩山域にある尾根。雲取山からJR青梅線の奥多摩駅付近まで延びる。 この山域の中では比較的標高が高く、防火線のため両脇の木が比較的少ないので景色が良い。また植生は落葉広葉樹林が主なので、新緑や花、紅葉も見ることができる。 雲取山から七ツ石山までは東京都西多摩郡奥多摩町と山梨県北都留郡丹波山村の境目をなすが、七ツ石山から下は奥多摩町に入る。 奥多摩駅から雲取山まで所要時間は登り10時間15分、下り8時間[1]。尾根上または付近の山小屋として、鷹ノ巣山避難小屋、七ツ石小屋、雲取山避難小屋、雲取山荘がある。 ※雲取山側から雲取山・七ツ石山・高丸山・鷹ノ巣山・六ツ石山・三ノ木戸山
Wikipedia    内容詳細  
806.市道山  ・ 日本東京都あきる野市・西多摩郡檜原村
市道山(いちみちやま)は、東京都西多摩郡檜原村、あきる野市境、奥多摩山域にある標高795.1mの山である。戸倉三山の1つ。 高尾山から北上すると、高尾山、城山、小仏峠、景信山、堂所山、明王峠、陣馬山(陣場山)、和田峠、醍醐丸、市道山、臼杵山と続く(奥高尾縦走路)。
Wikipedia    内容詳細  
807.岩茸石山  ・東京都青梅市、西多摩郡奥多摩町
岩茸石山(いわたけいしやま)は東京都青梅市・西多摩郡奥多摩町の境目の奥多摩山域にある標高793mの山。
Wikipedia    内容詳細  
808.臼杵山 (東京都)  ・ 日本東京都あきる野市・西多摩郡檜原村
臼杵山(うすぎやま・うすきやま)は、東京都西多摩郡檜原村、あきる野市の境界、奥多摩山域にある標高842.1mの山である。 市道山・刈寄山とともに戸倉三山と称される。山頂には臼杵神社があり、養蚕の神を祀る。 高尾山から北上すると、高尾山、城山、小仏峠、景信山、堂所山、明王峠、陣馬山(陣場山)、和田峠、醍醐丸、市道山、臼杵山と続く(奥高尾縦走路)。
Wikipedia    内容詳細  
809.大岳山 (東京都)  ・東京都西多摩郡檜原村・奥多摩町
大岳山(おおだけさん、おおたけさん)は、東京都西多摩郡檜原村、奥多摩町の境界、奥多摩山域にある標高1,266.5mの山。標高はさして高くないが、個性的な山容を備えた奥多摩の名峰である。日本二百名山及び花の百名山の一つに数えられる。多様な登山コースがあり、初心者から経験者まで幅広く楽しめる山である。
Wikipedia    内容詳細  
810.奥高尾縦走路
奥高尾縦走路(おくたかおじゅうそうろ)は、高尾山より北西に連なる尾根のことで、東京都八王子市、神奈川県相模原市緑区、東京都西多摩郡檜原村および東京都あきる野市の境界となっている。 日本経済新聞がYAMAPを使用して集計した「2023年に登頂回数が多かった山」ランキングでは、高尾山が全国1位、城山が全国3位、景信山が全国7位、陣馬山が全国10位を記録するなど、登山者に人気の高い[1]山々を結ぶ。
Wikipedia    内容詳細  
811.奥秩父山塊  ・東京都・埼玉県・山梨県・長野県
奥秩父山塊(おくちちぶさんかい)とは、野辺山高原の南東に位置する飯盛山(1643メートル)から雲取山(2017メートル)および南は三窪高原まで、広くはそれに東は奥多摩エリア、北は両神山(1723メートル)付近、南は大菩薩連嶺までを加えた山塊で関東山地の中心部をなす。奥秩父山地(おくちちぶさんち)ともいう。 千曲川(信濃川上流)、荒川、笛吹川(富士川上流)、多摩川の4河川の水源域であり、山域に火山を含まないことも特徴となっている。
Wikipedia    内容詳細  
812.景信山  ・ 日本東京都八王子市神奈川県相模原市
景信山(かげのぶやま)は、笹尾根にある標高727.1mの山。東京都八王子市と神奈川県相模原市にまたがる。
Wikipedia    内容詳細  
813.刈寄山  ・ 日本 東京都あきる野市
刈寄山(かりよせやま)は、東京都あきる野市、奥多摩山域にある標高686.99mの山である。戸倉三山の一つ。日本山岳耐久レース奥多摩山域(71.5km)(通称ハセツネCUP)の登山コースである。
Wikipedia    内容詳細  
814.川苔山  ・東京都西多摩郡奥多摩町
川苔山または川乗山(かわのりやま)は、東京都西多摩郡奥多摩町にある標高1363.3mの山。 奥多摩町役場から北におよそ5kmのところにあり、埼玉県との県境にも近い。奥多摩山域の中では四季を通じて比較的登山者が多い山である。山頂からは南東方向の尾根や沢が長く、奥地まで造林用の林道や小屋の礎がある。かつては山頂付近に茶屋があった。獅子口小屋跡の湧き水は東京都の湧水57選に選ばれている。2019年現在奥多摩湖とつながる林道は不整備のため危険かつ立ち入り禁止となっている。もちろん車の通行も不可である。 川苔、川乗と表記が乱れているが、バス停や地図上の表記は川乗、しかしながら川苔は、すなわち海苔に似た淡水産の緑藻を産する谷が川苔谷と呼ばれ、それが山名になったから、本来はいずれも川苔が正しいと言われている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
815.神引山
神引山(かんびきやま)は、東京都新島村式根島の伊豆諸島式根島北部にある、標高98.5m(三角点)の山である。神引湾の西にあたり、神引展望台からの眺めは勇壮である。伊豆大島、利島、新島、神津島、三宅島、御蔵島、伊豆半島、富士山が望めると言われる。式根島の最高点は109mであり、それに近い。
Wikipedia    内容詳細  
816.熊倉山 (東京都)  ・ 日本東京都西多摩郡檜原村山梨県上野原市
熊倉山(くまくらやま)は笹尾根にある標高966mの山。山体は東京都西多摩郡檜原村と山梨県上野原市にまたがり、山頂部は東京都側に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
817.雲取山  ・ 日本東京都西多摩郡奥多摩町埼玉県秩父市山梨県北都留郡丹波山村
雲取山(くもとりやま・くもとりさん[2])は、東京都・埼玉県・山梨県の境界にある標高2,017.13m[1]の山。東京都の最高峰であり、都内の山で2000mを越えるのは、この山のみである。[3]
Wikipedia    内容詳細  
818.黒山 (東京都・埼玉県)  ・ 日本東京都青梅市・西多摩郡奥多摩町・埼玉県飯能市
黒山(くろやま)は奥多摩・奥武蔵山域、東京都青梅市・西多摩郡奥多摩町・埼玉県飯能市の境にある標高842.3mの山である。 山頂はミズナラやヤマザクラに囲まれていて展望はないが、ベンチが整備されている。
Wikipedia    内容詳細  
819.笹ヶタワノ峰  ・ 日本東京都西多摩郡檜原村山梨県上野原市
笹ヶタワノ峰(ささがたわのみね)は、東京都西多摩郡檜原村と山梨県上野原市との境にある標高1,121mの山である。笹尾根上の山。すぐそばに、数馬峠(上平峠)がある。 仲の平バス停との間に数馬温泉や蛇の湯温泉などがある。 数馬峠にベンチあり。
Wikipedia    内容詳細  
820.城山 (八王子市)  ・ 日本東京都八王子市
城山(しろやま)は、東京都八王子市にある標高446mの山である。その他の城山と区別するために八王子城山(はちおうじしろやま)とも呼ぶ。 山頂からの眺めは想定外で、何ものに遮られずに東京を一望できることである。東京都の奥多摩山域の代表的な山の一つで、多摩百山に選ばれている。かつては深沢山(ふかざわやま)とも呼ばれ、八王子城があった。直下に圏央道の「八王子城跡トンネル」が通っている。この元八王子町の歴史ある土地柄と緑あふれる恵まれた自然の中、丘陵地帯にはホーメストタウン八王子、高尾台住宅・霞ヶ丘住宅、グリーンタウン高尾、松子舞団地など大規模な一戸住宅が造成され、多くの小中学生が巣立っていった。少子高齢化に伴い丘陵地帯に所在した東京都立八王子高陵高等学校(1989年4月開校、現在は高尾の森わくわくビレッジがある場所)は、2005年(平成17年)3月31日で廃校とし、今はない。八王子城の栄華を今も見ている。
Wikipedia    内容詳細  
821.城山 (東京都・神奈川県)  ・ 日本東京都八王子市神奈川県相模原市緑区
城山(しろやま)は、東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区との境にある山である。他の城山と区別するために、小仏城山(こぼとけしろやま)と呼ぶこともある。標高670.3m。高尾山に隣接している。
Wikipedia    内容詳細  
822.陣馬山  ・ 日本東京都八王子市神奈川県相模原市緑区
陣馬山(じんばさん)は、東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区との境界にある標高854.8mの山である。従来[いつ?]は陣場山の字が使われた。
Wikipedia    内容詳細  
823.摺鉢山 (東京都)  ・東京都小笠原村硫黄島
摺鉢山(すりばちやま、英語: Mount Suribachi)は、東京都小笠原村硫黄島にある火山。太平洋戦争時に日本軍がトンネルを掘って拠点を作り、米軍と戦った場所として知られる。
Wikipedia    内容詳細  
824.浅間山 (東京都)  ・ 日本 東京都府中市
浅間山(せんげんやま)は、東京都府中市にある標高79.6mの山。陸軍に利用されていたが、太平洋戦争後に払い下げられ、1970年6月1日に東京都立浅間山公園として開園した。 人見街道沿いにあり、歴史の書や絵に記されている。この周辺の地はかつて人見村であり、「人見山」とも呼ばれた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
825.惣岳山  ・ 日本東京都青梅市・西多摩郡奥多摩町
惣岳山(そうがくさん)は、東京都青梅市と西多摩郡奥多摩町との境界の奥多摩山域にある標高756mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
826.蕎麦粒山 (東京都・埼玉県)  ・ 日本東京都西多摩郡奥多摩町埼玉県秩父市
蕎麦粒山(そばつぶやま)は、日本の関東地方中部に位置し、東京都西多摩郡奥多摩町と埼玉県秩父市の境界(都県境)に所在する山。奥多摩山域に属する。標高1,472.9m。
Wikipedia    内容詳細  
827.醍醐丸  ・ 日本東京都西多摩郡檜原村東京都八王子市上恩方町神奈川県相模原市緑区
醍醐丸(だいごまる)は、東京都西多摩郡檜原村と東京都八王子市上恩方町そして神奈川県相模原市緑区との境にある標高867mの山である。この山で奥高尾縦走路と、笹尾根(関東ふれあいの道)が合流して陣馬山に向かう。なお八王子市の最高地点は、この市境の862.7mである[1]。
Wikipedia    内容詳細  
828.高尾山  ・ 日本東京都八王子市高尾町
高尾山(たかおさん)は、東京都八王子市にある標高599メートル(m)の山。明治の森高尾国定公園及び東京都立高尾陣場自然公園に位置[1]。東京都心から近く、年間を通じて多くの観光客や登山者が訪れる。古くから修験道の霊山とされた。
Wikipedia    内容詳細  
829.鷹ノ巣山 (東京都)  ・ 日本 東京都西多摩郡奥多摩町
鷹ノ巣山(たかのすやま)は東京都西多摩郡奥多摩町にある標高1,736.6mの山である。石尾根の中間に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
830.高水山  ・ 日本東京都青梅市
高水山(たかみずさん)は東京都青梅市にある標高759mの山である。岩茸石山(標高793m)、惣岳山(標高756m)と共に高水三山とよばれ、東京近郊のハイキングコースあるいは手頃な登山コースとして人気がある。 山頂には真言宗豊山派の高水山常福院があり、4月の第2日曜日には古式ゆかしい獅子舞(高水山古式獅子舞)が披露されている。 高水山の開基は円珍(智証大師)といわれており、鎌倉時代の有力な御家人である畠山重忠は、ここの不動明王に深く帰依し不動堂を再建したが、数度にわたる山火事のため焼失し現在の不動堂は1822年に再建されたものである。 また、高水山常福院には近年まで畠山重忠奉納の品(鎧、刀剣等)が伝えられていたという。
Wikipedia    内容詳細  
831.乳房山  ・東京都小笠原村母島
乳房山(ちぶさやま)は、東京都小笠原村の母島中央部にある標高462.6 mの山。しま山100選選定[1]。小笠原諸島の有人島の最高峰(無人島を含めると標高916 mの南硫黄島が最高峰)であり、山頂からは母島諸島、遠方に父島諸島が見える。母島一帯は小笠原国立公園に指定されている。 第二次世界大戦でアメリカ軍が不要弾を投下した爆発跡や、塹壕跡などが見られる。山頂からの初日の出は、一般人が立ち入り可能な場所[注 1]としては日本で最も早い時間に見ることができる。
Wikipedia    内容詳細  
832.天上山 (東京都)  ・東京都神津島村
天上山(てんじょうさん)は、東京都神津島村の神津島にある火山である。
Wikipedia    内容詳細  
833.堂所山  ・ 日本東京都八王子市神奈川県相模原市
堂所山(どうどころやま)は、東京都八王子市と神奈川県相模原市との境界にある標高731.0mの山である。 東京都立高尾陣場自然公園に指定されており、奥高尾縦走路上の山としても知られる。 山頂には、茶屋やトイレなどはないが、30分ほど歩いた明王峠に茶屋やトイレがある。
Wikipedia    内容詳細  
834.土俵岳  ・ 日本東京都西多摩郡檜原村山梨県上野原市棡原
土俵岳(どひょうだけ)は、東京都西多摩郡檜原村と山梨県上野原市棡原との境にある標高1005.2mの山である。笹尾根上の山。そばに日原峠がある(登り20分・下り15分[1])。日原峠から徒歩5分の所に水場(飲用可)がある。
Wikipedia    内容詳細  
835.長沢背稜
長沢背稜(ながさわはいりょう)とは東京都と埼玉県の境界の一部をなす稜線。正確な定義はないが、雲取山北方の芋木ノドッケから天目山(三ッドッケ)付近までを意味することが多いようである。 この山域としては比較的標高の高い山々が連なる稜線で、多摩川の支流日原川と、荒川の支流浦山川の分水嶺をなす。南側は奥多摩、北側は秩父山地の領域に属し、日原川側には沢登りの対象となる沢が多数ある。また、途中の水松山付近から南に派生した尾根上に天祖山がある。 登山道はある(ただし稜線の南側を巻いている箇所が多い)が、比較的山が深く、距離が長く、山小屋も避難小屋しかないため、歩く人は多くない。冬季には、この山域で最も雪の深い場所であり、過去に遭難事件も起こっている。
Wikipedia    内容詳細  
836.七国山  ・ 日本東京都町田市
七国山(ななくにやま)は、東京都町田市山崎町にある標高128.5メートルの山である。鎌倉時代頃に鎌倉と上州方面を結んだ鎌倉街道上道の古道跡が現在も残っており、近隣の本町田や小野路は古くから宿場として栄えたとされる。
Wikipedia    内容詳細  
837.七ツ石山  ・ 日本東京都西多摩郡奥多摩町山梨県北都留郡丹波山村
七ツ石山(ななついしやま)は、東京都と山梨県の境界にある標高1,757.30mの山。
Wikipedia    内容詳細  
838.鍋割山 (東京都)  ・ 日本東京都青梅市・西多摩郡奥多摩町
鍋割山(なべわりやま)は、東京都青梅市と西多摩郡奥多摩町との境界にある標高1,084mの山である。別名、芥場ノ頭(あくばのかしら)。 鍋割山(なべわりやま、なべわりさん)は遠くからみると「鍋を半分に割ったような形状」のため呼ばれるようになったといわれており、この名称の山は日本列島各地に遍在する(岩手県奥州市、群馬県前橋市、東京都青梅市、神奈川県秦野市、熊本県天草市)。本来は近くに位置する大岳山がその形状であったためそう呼ばれていたのだが、大岳山の名前が普及したため代わりに近くに位置する現在の頂上が鍋割山と呼ばれるようになったといわれている。
Wikipedia    内容詳細  
839.箱根山 (新宿区)  ・東京都新宿区戸山二丁目
箱根山(はこねやま)は、東京都新宿区戸山二丁目にある、山手線内において一番標高が高い人造の山(築山)である。山頂にある水準点の標高は44.6メートルである。戸山公園内にあり、付近住民や行楽客の憩いの場所である。
Wikipedia    内容詳細  
840.日の出山  ・ 日本東京都青梅市・西多摩郡日の出町
日の出山(ひのでやま)は、東京都青梅市御岳2丁目と東京都西多摩郡日の出町大字大久野の境界に位置する、標高902メートルの山である。御岳山の東に連なり、標高は御岳山より若干低い。関東ふれあいの道が山頂を通る。積雪が少ないため、1年を通して登山者が訪れる。東側の関東平野の東京都心方面の眺望があり、元旦初日の出の登山者もいる。そのため、日の出山という名称がついたといわれている。御岳山から見て日の出る方向にあることから日の出山という説もある。南麓の日の出町の町名の由来になっている。
Wikipedia    内容詳細  
841.棒ノ折山  ・東京都西多摩郡奥多摩町埼玉県飯能市
棒ノ折山(ぼうのおれやま)は、東京都西多摩郡奥多摩町と埼玉県飯能市との境にある標高969mの山である。奥多摩と奥武蔵の山域の境にある。 棒ノ折嶺、棒ノ峰、棒ノ嶺ともいう。坊の尾根、坊主の尾根ともいった。 棒ノ折の由来のひとつに鎌倉時代の秩父の武将であった畠山重忠がこの山を越える際に杖として持っていた石棒が折れたことから名が付いたとされる。奥多摩側百軒茶屋から登る登山道沿いにある祠にはその折れた石棒の片破れと言われる一尺程の石柱が祀られている。 山頂は非常に広く、公園か小規模なグラウンドのような広場となっている(ただしトイレや売店はない)。昔は茅(茅葺き屋根の材料)の原であった。
Wikipedia    内容詳細  
842.槇寄山  ・ 日本東京都西多摩郡檜原村山梨県上野原市
槇寄山(まきよせやま)は、東京都西多摩郡檜原村と山梨県上野原市との境にある標高1,188.2mの山である。笹尾根上の山。すぐそばに、西原峠がある。 仲の平バス停に蛇の湯温泉が、隣の温泉センターバス停に数馬温泉などがある。 山頂にベンチあり。富士山が望める。
Wikipedia    内容詳細  
843.丸山 (奥多摩)  ・ 日本東京都西多摩郡檜原村山梨県上野原市
丸山(まるやま)は、東京都西多摩郡檜原村と山梨県上野原市との境にある標高1098.3mの山である。笹尾根上の山。 山頂を経由しない巻き道あり。
Wikipedia    内容詳細  
844.御岳山 (東京都)  ・ 日本 東京都青梅市
御岳山(みたけさん)は、東京都青梅市にある標高929mの山である。武蔵御岳山とも呼ばれる。古くから山岳信仰の対象となっており、山上には武蔵御嶽神社が建立されている。
Wikipedia    内容詳細  
845.三頭山 (東京都)  ・ 日本東京都西多摩郡奥多摩町、檜原村山梨県上野原市、北都留郡小菅村
三頭山(みとうさん)は、東京都西多摩郡奥多摩町・檜原村、山梨県上野原市、北都留郡小菅村にまたがる標高1,531mの山。日本三百名山、山梨百名山の一つに選定されている。古くは山の神々が集まる場所で鹿妻山と呼ばれていた。
Wikipedia    内容詳細  
846.三原山  ・ 日本 東京都大島町
三原山(みはらやま)は、東京都大島町の伊豆大島にある火山。最も高い峰は中央火口丘にある標高758mの三原新山で、伊豆大島の最高峰となっている。観光地として火口を周遊する遊歩道なども整備されている。
Wikipedia    内容詳細  
847.六ツ石山  ・東京都西多摩郡奥多摩町
六ツ石山(むついしやま)は、東京都西多摩郡奥多摩町にある山である。標高1,478.9m。奥多摩の山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
848.紅葉山 (東京都)
紅葉山(もみじやま・楓山)とは、江戸城の西丸の東北にある丘。本丸と西丸のほぼ中間にあたる。古くは「鷲の森」とも呼ばれた。現在は東京都千代田区に属し、皇居を構成する一部となっている。 太田道灌の江戸城築城以前から存在し、元は古墳であったとする説[1]もあるが確証はない。また、目青不動(最勝寺)は、元は紅葉山にあったものが道灌の江戸城築城時に城外に移されたと言われている。その後は日枝神社が置かれたが、江戸城拡張工事によりこれも移転する。 江戸幕府成立後の元和4年(1618年)、紅葉山に徳川家康の廟所(東照宮)が置かれ、家康の命日である4月17日には、将軍が紅葉山の東照宮を参詣する「紅葉山御社参」は幕府の公式行事の1つであった。また、秀忠以後の歴代将軍の廟所も紅葉山に設置された。また、寛永16年(1639年)には城内の文庫が富士見亭から紅葉山に移転・整備され、「紅葉山文庫」と称された。また、「紅葉山御社参」などの重要行事に備えて音楽を掌る楽所も設置されていた。
Wikipedia    内容詳細  
849.連行峰  ・ 日本東京都西多摩郡檜原村神奈川県相模原市緑区
連行峰(れんぎょうほう)は、東京都西多摩郡檜原村と神奈川県相模原市緑区との境にある標高1,016mの山である。奥多摩山域の南部、生藤山の東に位置する山で、神奈川県立陣馬相模湖自然公園に指定されている。登山道上の道標などでは、連行山(れんぎょうさん)とも表記される。
Wikipedia    内容詳細  

神奈川県の山

850.畦ヶ丸  ・神奈川県足柄上郡山北町
畦ヶ丸(あぜがまる)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町にある標高1,293mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
851.吾妻山 (神奈川県)  ・神奈川県中郡二宮町
吾妻山(あづまやま)は、神奈川県中郡二宮町にある標高136.2mの山である。公園として整備するにあたり、吾妻山公園とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
852.嵐山 (神奈川県)  ・神奈川県相模原市緑区
嵐山(あらしやま)は、神奈川県相模原市緑区にある山である。標高は406m。他地域の嵐山と区別するため相模嵐山とも呼ばれる。 相模湖の湖畔、相模ダムの500m程南東に位置する。南の道志山塊、北の小仏山脈の中間にあることから、間の山(あいのやま)が本来の山名であったが、山容と落葉広葉樹林などの景観が京都の嵐山に似ていることから、いつのころから嵐山と呼ばれるようになった[1]。 登山道があり、山頂は樹林が多いが、相模原市や相模湖、富士山や高尾山などを望むことができ、かながわの景勝50選の選ばれている。最寄り駅はJR中央本線の相模湖駅。 山頂には産霊宮水上神社や相模湖中継局、与瀬無線局等のアンテナなどがある。
Wikipedia    内容詳細  
853.石垣山  ・ 日本神奈川県小田原市
石垣山(いしがきやま)は、神奈川県小田原市にある山。標高261.9メートル[1]。豊臣秀吉が石垣山一夜城を築城したことで知られる[1]。1959年に「石垣山」の名称で国の史跡に指定された。
Wikipedia    内容詳細  
854.伊勢山 (藤沢市)  ・ 日本神奈川県藤沢市藤沢四丁目
伊勢山(いせやま)は、神奈川県藤沢市にある山である。
Wikipedia    内容詳細  
855.岩堂山  ・神奈川県三浦市南下浦町毘沙門
岩堂山(いわどうやま)は、神奈川県三浦市にある山。国土地理院の地形図に記載されている山としては神奈川県で最も低い。
Wikipedia    内容詳細  
856.円海山  ・神奈川県横浜市磯子区
円海山(えんかいざん)は、神奈川県横浜市磯子区に位置する三浦丘陵の北端部の山。標高153.3メートル[注釈 1]。長らく横浜市の最高地点とされてきたが、測量が進んだ結果、最高峰は大丸山(標高156.8メートル)、最高地点は大平山の尾根(標高159.4メートル)とされた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
857.大石山 (神奈川県)  ・ 日本神奈川県足柄上郡山北町
大石山(おおいしやま)は、丹沢山地西部、同角山稜に位置する標高1,220 mの山である。丹沢大山国定公園に属す。
Wikipedia    内容詳細  
858.大楠山  ・神奈川県横須賀市
大楠山(おおぐすやま)は、神奈川県横須賀市西部にある海抜241.3mの山である。三浦丘陵の一角をなし、三浦半島最高峰として知られる[1]。関東100名山の第100番目でもある。
Wikipedia    内容詳細  
859.大杉丸  ・神奈川県足柄上郡山北町、相模原市緑区
大杉丸(おおすぎまる)は丹沢山地北西部、神奈川県足柄上郡山北町と同県相模原市緑区との境界にある標高1,169mの山である[1][2]。周辺の山々とともに丹沢大山国定公園に指定されている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
860.大平山 (鎌倉市)  ・ 日本、神奈川県鎌倉市
大平山(おおひらやま)は、神奈川県鎌倉市に位置する三浦丘陵の北端部の山。標高159.4メートル。
Wikipedia    内容詳細  
861.大丸山 (神奈川県)  ・ 日本神奈川県横浜市金沢区
大丸山(おおまるやま)は、神奈川県横浜市にある標高156.8メートルの山である。栄区との区境に近い金沢区釜利谷町にあり、横浜市の最高峰である。なお横浜市最高地点は、ここよりも2キロメートルほど南西の大平山の尾根筋(頂上から数百メートル離れた茶屋付近)の159.4メートル地点である。 京浜急行電鉄の所有地にあり、大丸山を含む約29ヘクタールが金沢市民の森に指定されている。港南台・金沢文庫・鎌倉天園からのハイキングコースの途中にあり、横浜自然観察の森や金沢動物園からも近い。ハイキングコースから階段を登った先の山頂には、桜の木やベンチのある広場になっており、弁当を狙うトビに注意するよう促す看板が立てられている。東京湾に向かって眺望が開け、八景島や房総半島を一望出来る。
Wikipedia    内容詳細  
862.大室山 (丹沢)  ・ 日本神奈川県相模原市緑区山梨県南都留郡道志村
大室山(おおむろやま・地形図「おおむろざん」)は丹沢山地北部、山梨県と神奈川県の境にある標高1,587mの山[1][2]。かつては「大群山(おおむれやま)」と呼ばれた。山梨百名山に数えられており、神奈川県側は丹沢大山国定公園に指定されている。 当山はかつて国境稜線上に位置し、北面は甲州南都留郡道志(現道志村)、南面は相州津久井県青根(現相模原市緑区)にかかっていた。ただし、新編相模國風土記では神ノ川を青根村の西辺、拠って津久井県の西辺とする等、国境は必ずしも明確でない。なお、新編相模國風土記と同じ頃に編纂された甲斐國誌では、大群山を道志村と相州青根村の境、前大群山を道志村と相州帚沢村の境としている。
Wikipedia    内容詳細  
863.奥高尾縦走路
奥高尾縦走路(おくたかおじゅうそうろ)は、高尾山より北西に連なる尾根のことで、東京都八王子市、神奈川県相模原市緑区、東京都西多摩郡檜原村および東京都あきる野市の境界となっている。 日本経済新聞がYAMAPを使用して集計した「2023年に登頂回数が多かった山」ランキングでは、高尾山が全国1位、城山が全国3位、景信山が全国7位、陣馬山が全国10位を記録するなど、登山者に人気の高い[1]山々を結ぶ。
Wikipedia    内容詳細  
864.景信山  ・ 日本東京都八王子市神奈川県相模原市
景信山(かげのぶやま)は、笹尾根にある標高727.1mの山。東京都八王子市と神奈川県相模原市にまたがる。
Wikipedia    内容詳細  
865.革籠石山  ・ 日本 神奈川県愛甲郡清川村・同郡愛川町
革籠石山(かわごいしやま)は、丹沢山地の東部にある標高640mの山であり、神奈川県愛甲郡清川村と同郡愛川町の境に位置する。 東丹沢の展望台として有名な仏果山から土山峠へ下る尾根途中にある小ピークであり、地図に山名が表記されていない場合が多い。
Wikipedia    内容詳細  
866.経ヶ岳 (神奈川県)  ・神奈川県厚木市、愛甲郡清川村、愛甲郡愛川町
経ヶ岳(きょうがたけ)は、丹沢山地の東部にある標高633 mの山。神奈川県厚木市、愛甲郡清川村、愛甲郡愛川町の境界に位置し、神奈川県立丹沢大山自然公園に属する。郷土富士のひとつで、荻野富士(おぎのふじ)ともいう。
Wikipedia    内容詳細  
867.金時山  ・神奈川県南足柄市、足柄下郡箱根町静岡県駿東郡小山町
金時山(きんときやま・きんときさん)は、箱根山の北西部に位置する標高1,212mの山[2][注釈 1]。別名は猪鼻岳で頂上に猪鼻神社が祀られている[3](古くは猪鼻嶽や猪鼻ヶ嶽と称された)。日本三百名山のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
  #箱根町の成層火山の山    #神奈川県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
868.弘法山  ・ 日本神奈川県秦野市曽屋、南矢名
弘法山(こうぼうやま)は、神奈川県秦野市東部にある標高235 mの山であり、丹沢山塊の南端に位置する。隣接する権現山、浅間山とともに弘法山公園となっている。地元では、これらの山をまとめて弘法山と呼ぶことも多い。
Wikipedia    内容詳細  
869.高麗山  ・神奈川県中郡大磯町高麗
高麗山(こまやま)は神奈川県の平塚市と大磯町に跨る山。大磯丘陵の東端にあたり、標高168m。 広葉樹の自然林が残り、「21世紀に残したい日本の自然100選」に選ばれている。一帯の県有林約29haは、高麗山県民の森に指定されている。歌川広重の『東海道五十三次』では平塚宿にその姿が描かれた。名称は高句麗(中国東北部から朝鮮半島北部にわたる地域)からの渡来人に由来するといわれる。 地元では高麗寺山(こうらいじさん、こうらじやま)とも呼ばれているように江戸時代まで高麗寺という寺が山中にあり、現在の高来神社も高麗神社として寺内にあった。高麗寺は高句麗から渡来した高麗若光を祀った古い寺院と言われるが、室町時代には数度の戦火に見舞われ、廃寺寸前にまで追い込まれる。しかし江戸時代に徳川家が権現信仰のあるこの寺を上野寛永寺の末寺とし東照宮を置いたことから隆盛を取り戻した。しかし明治時代に入るとこのことが仇となり、徳川色を消し去りたい明治政府によってこの寺は廃寺とされ、廃仏毀釈で山内の堂塔は悉く破壊され高麗神社だけが残った。高麗神社は明治時代に高来神社(たかくじんじゃ)と改名し現在に至っている。高麗寺が健在の時は、山頂の大堂とその西側の西天照(現在の八俵山)東側の東天照で三権現と呼ばれ、大堂、東天照の地名は今も山中に残る。なお、江戸時代には高麗寺領は高麗寺村という独立した村となっていた。
Wikipedia    内容詳細  
870.菰釣山  ・神奈川県足柄上郡山北町・山梨県南都留郡道志村
菰釣山(こもつるしやま)は、丹沢山地西部の甲相国境尾根上にある山である。神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村の境に位置する。標高は1,379m。
Wikipedia    内容詳細  
871.坂田山  ・ 日本神奈川県中郡大磯町大磯
坂田山(さかたやま)は、神奈川県中郡大磯町にある山。標高111メートル[1]。 東海道本線の大磯駅の裏手にあり、湘南平に連なる。元々の名前は「羽白山[2]」だったが、1932年にここで発生した慶應義塾大学の男子学生と静岡県裾野の資産家令嬢との心中事件(坂田山心中事件)の第一報を報じた東京日日新聞の記者が、「詩情に欠ける山名」ということで[2]、大磯駅近辺の小字名「坂田山付」を冠して、勝手に「坂田山」と命名した。この心中が後にセンセーションを巻き起こしたことで、「坂田山」の名前も定着することになった(現在は「坂田山(羽白山)」と併記されることもある)。なお、この山は三菱財閥の創始者である岩崎家の私有地であった[3]。この年、坂田山では6月から12月までの7か月間に20組もの心中事件が発生。山の所有者が入山禁止にした時期もあった[4]。
Wikipedia    内容詳細  
872.三ノ塔  ・神奈川県秦野市
三ノ塔(さんのとう)は丹沢山地南東部、神奈川県秦野市にある標高1,204.8mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
873.シャガクチ丸  ・神奈川県足柄上郡山北町山梨県南都留郡道志村
シャガクチ丸(しゃがくちまる)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村の境にある[1]標高1,191mの山である。漢字では蛇ヶ口丸や蛇ガ口丸(読み方は同じ)とも表記される。
Wikipedia    内容詳細  
874.湘南平  ・平塚市万田、高根大磯町高麗、大磯、東小磯、西小磯
湘南平(しょうなんだいら)は、神奈川県の平塚市と大磯町の境にある標高約180mの泡垂山(あわたらやま)の山頂一帯を指す地名[1]。一帯は、風致公園の高麗山公園(こまやまこうえん)[1]として整備されている。地元ではかつて千畳敷と呼ばれていたが、公園として整備するにあたり湘南平と呼ばれるようになった。
Wikipedia    内容詳細  
875.城山 (東京都・神奈川県)  ・ 日本東京都八王子市神奈川県相模原市緑区
城山(しろやま)は、東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区との境にある山である。他の城山と区別するために、小仏城山(こぼとけしろやま)と呼ぶこともある。標高670.3m。高尾山に隣接している。
Wikipedia    内容詳細  
876.城山 (相模原市)  ・神奈川県相模原市緑区太井・同区根小屋
城山(しろやま)は、神奈川県相模原市緑区にある山である。標高375m。津久井城山(つくいしろやま)とも呼ばれる。 鎌倉時代に三浦氏によって津久井城が築城され、戦国時代には後北条氏の家臣の居城となった。津久井城は1590年の小田原征伐の際に落城し、その後廃城となった。 現在では、城山ダムによって形成された津久井湖の南側に位置しており、城山から津久井湖にかけての一帯は神奈川県立津久井湖城山公園として整備されている。 相模原市内にはほかに、東京都八王子市とに跨る、標高670.3mの城山(小仏城山(こぼとけしろやま)とも呼ばれる)がある。
Wikipedia    内容詳細  
877.陣馬山  ・ 日本東京都八王子市神奈川県相模原市緑区
陣馬山(じんばさん)は、東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区との境界にある標高854.8mの山である。従来[いつ?]は陣場山の字が使われた。
Wikipedia    内容詳細  
878.水晶沢ノ頭  ・神奈川県足柄上郡山北町山梨県南都留郡道志村
水晶沢ノ頭(すいしょうざわの あたま/かしら)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村の境にある[1]標高1,278mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
879.浅間山 (箱根町)  ・神奈川県足柄下郡箱根町
浅間山(せんげんやま)は箱根山中部、神奈川県足柄下郡箱根町にある標高802メートルの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
880.早雲山  ・神奈川県足柄下郡箱根町
早雲山(そううんざん)は箱根山中部、神奈川県足柄下郡箱根町強羅にある山の総称である[1]。富士箱根伊豆国立公園に指定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
881.大界木山  ・ 日本神奈川県足柄上郡山北町山梨県南都留郡道志村
大界木山(だいかいぎやま)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村の境に位置する標高1,246mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
882.台ヶ岳  ・神奈川県足柄下郡箱根町
台ヶ岳(だいがたけ)は、箱根山の北部、神奈川県足柄下郡箱根町仙石原にある標高1,045 mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
883.醍醐丸  ・ 日本東京都西多摩郡檜原村東京都八王子市上恩方町神奈川県相模原市緑区
醍醐丸(だいごまる)は、東京都西多摩郡檜原村と東京都八王子市上恩方町そして神奈川県相模原市緑区との境にある標高867mの山である。この山で奥高尾縦走路と、笹尾根(関東ふれあいの道)が合流して陣馬山に向かう。なお八王子市の最高地点は、この市境の862.7mである[1]。
Wikipedia    内容詳細  
884.高尾山 (神奈川県)  ・ 日本 神奈川県横浜市緑区長津田町
高尾山(たかおさん)は、神奈川県横浜市緑区長津田町にある、緑区の最高峰[1]である。 多摩丘陵の中程に位置し、山頂には一等三角点(長津田村)[2]が設置されている。また、山頂に飯縄神社が祀られている[3]。 周辺には東京工業大学すずかけ台キャンパスや、東名高速道路横浜町田インターチェンジ周辺の倉庫などがあり、周囲の市街化が進んでいる。
Wikipedia    内容詳細  
885.鷹取山 (横須賀市・逗子市)  ・神奈川県横須賀市・逗子市
鷹取山(たかとりやま)は、神奈川県横須賀市北部の逗子市との境にある海抜139メートルの山(孤立丘)[1]。三浦丘陵の山の一つ。別名「湘南妙義」[2]。
Wikipedia    内容詳細  
886.鷹巣山 (神奈川県)  ・神奈川県足柄下郡箱根町
鷹巣山(たかのすやま)は、箱根山中部、神奈川県足柄下郡箱根町にある標高834 mの山である[1]。鷹ノ巣山とも表記される。
Wikipedia    内容詳細  
887.武山  ・横須賀市武山
武山(たけやま)とは、横須賀市南部に位置する海抜206.1mの山である。三浦半島中央部に位置する三浦丘陵の一角をなす。 標高が低く交通の便も良いため、手軽に登れるハイキングコースが整備され、また、武山不動院境内でもある山頂には展望台と休憩所が設置されている。展望台からは三浦半島が一望でき、天気が良ければ遠くには伊豆大島や伊豆半島、富士山も見える。付近には2千本以上のツツジが植わっており、5月頃見頃を迎える。また山頂には航海安全を祈願する武山不動(龍塚山持経寺武山不動院)が鎮座し、毎年1月28日の「初不動」では多くの参拝者で賑わう。 周辺には郷土富士の一つ「三浦富士」や旧帝国海軍の砲台跡がある通称「砲台山」、麓には「津久井浜観光農園」や「津久井浜海水浴場」があり、自然豊かな観光名所となっている。
Wikipedia    内容詳細  
888.堂所山  ・ 日本東京都八王子市神奈川県相模原市
堂所山(どうどころやま)は、東京都八王子市と神奈川県相模原市との境界にある標高731.0mの山である。 東京都立高尾陣場自然公園に指定されており、奥高尾縦走路上の山としても知られる。 山頂には、茶屋やトイレなどはないが、30分ほど歩いた明王峠に茶屋やトイレがある。
Wikipedia    内容詳細  
889.塔ノ峰  ・神奈川県小田原市、足柄下郡箱根町
塔ノ峰(とうのみね)は箱根山の東部、神奈川県小田原市と同県足柄下郡箱根町の境にある標高566mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
890.中ノ丸  ・神奈川県足柄上郡山北町山梨県南都留郡道志村
中ノ丸(なかのまる)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村の境に位置する[1]標高1,280mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
891.鍋嵐  ・神奈川県愛甲郡清川村
鍋嵐(なべわらし)は丹沢山地東部、神奈川県愛甲郡清川村にある標高817 mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
892.南郷山  ・神奈川県足柄下郡湯河原町
南郷山(なんごうさん)は、神奈川県足柄下郡湯河原町にある山で、標高は810メートル。幕山の約1キロメートル東にある。箱根山の外輪山の南麓に位置する約15万年前の火山である[1]。 頂上は草地で見晴らしがよく、真鶴半島をはじめ伊豆諸島まで一望でき、よく幕山とセットで多くの人々が訪れる[2]。
Wikipedia    内容詳細  
893.箱根駒ヶ岳
箱根駒ヶ岳(はこねこまがたけ)は、箱根山の中央火口丘のひとつの峰で、神奈川県箱根町にあり、標高は1,356メートル。頂上は草地で見晴らしがよく、箱根園から全長約1,800メートルの箱根 駒ヶ岳ロープウェーで頂上部分まで登ることができる[1]。 頂上には、箱根神社の奥宮に当たる「箱根元宮(はこねもとつみや)[2]」(1964年建立)がある[3]。
Wikipedia    内容詳細  
894.バン木ノ頭  ・神奈川県足柄上郡山北町山梨県南都留郡道志村
バン木ノ頭(ばんぎの あたま/かしら)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村の境にある[1]標高1,180mあまりの山である。
Wikipedia    内容詳細  
895.檜洞丸  ・ 日本神奈川県相模原市・足柄上郡山北町
檜洞丸(ひのきぼらまる)は、丹沢山地西部、神奈川県相模原市と同県足柄上郡山北町の境にある標高1,601mの山である[1]。別名、青ヶ岳(あおがたけ)[2]。新字体で桧洞丸と表記されることもある。
Wikipedia    内容詳細  
896.ブナ沢ノ頭  ・ 日本神奈川県足柄上郡山北町山梨県南都留郡道志村
ブナ沢ノ頭(ぶなさわのあたま)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村の境に位置する[1]標高1,229mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
897.不老山 (神奈川県)  ・神奈川県足柄上郡山北町静岡県駿東郡小山町
不老山(ふろうざん)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と静岡県駿東郡小山町の境に位置する標高928mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
898.前大室  ・神奈川県足柄上郡山北町山梨県南都留郡道志村
前大室(まえおおむろ)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村の境にある[1]標高1,425mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
899.幕山  ・神奈川県湯河原町
幕山(まくやま)は、神奈川県湯河原町にある山である。山体は大型の火山である箱根山の側火山として約15万年前[1]に形成された溶岩ドーム[1]である。柱状節理の岩壁が山腹を取り囲み、それを歌舞伎の幕に例えたことが名称の由来と言われている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
900.松田山  ・神奈川県足柄上郡松田町、山北町
松田山(まつだやま)は丹沢山地最南部、神奈川県足柄上郡松田町と同郡山北町にまたがる山塊である。
Wikipedia    内容詳細  
901.丸岳 (神奈川県・静岡県)  ・神奈川県足柄下郡箱根町静岡県御殿場市
丸岳(まるたけ、まるだけ)は箱根山北西部、神奈川県足柄下郡箱根町と静岡県御殿場市の境にある標高1,156 mの山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
902.三国山稜  ・神奈川県・静岡県・山梨県
三国山稜(みくにさんりょう)は、神奈川県・山梨県・静岡県の3県境にある三国山から富士山東麓の籠坂峠へ伸びる延長約7kmの尾根である。
Wikipedia    内容詳細  
903.三国山 (神奈川県・山梨県・静岡県)  ・ 日本神奈川県山北町静岡県小山町山梨県山中湖村
三国山(みくにやま)は丹沢山地の西端、神奈川県・山梨県・静岡県の境に位置する山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
904.モロクボ沢ノ頭  ・ 日本神奈川県足柄上郡山北町山梨県南都留郡道志村
モロクボ沢ノ頭(もろくぼさわの あたま/かしら)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と山梨県南都留郡道志村の境にある[1]標高1,190mあまりの山である。漢字では諸窪沢ノ頭とも表記される。山名は神奈川県側を流れるモロクボ沢[1](中川川・白石沢の支流)に由来している。
Wikipedia    内容詳細  
905.矢倉岳  ・神奈川県南足柄市
矢倉岳(やぐらだけ)は神奈川県南足柄市にある[1]標高870 mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
906.湯船山  ・ 日本神奈川県足柄上郡山北町静岡県駿東郡小山町
湯船山(ゆぶねやま)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と静岡県駿東郡小山町の境に位置する標高1,041mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
907.連行峰  ・ 日本東京都西多摩郡檜原村神奈川県相模原市緑区
連行峰(れんぎょうほう)は、東京都西多摩郡檜原村と神奈川県相模原市緑区との境にある標高1,016mの山である。奥多摩山域の南部、生藤山の東に位置する山で、神奈川県立陣馬相模湖自然公園に指定されている。登山道上の道標などでは、連行山(れんぎょうさん)とも表記される。
Wikipedia    内容詳細  
908.六国見山  ・神奈川県鎌倉市
六国見山(ろっこくけんざん)は、神奈川県鎌倉市高野にある山。山域の6.9haは鎌倉市によって「六国見山森林公園」に設定され、ハイキングコースや展望台が整備されている。実際の山頂[1]は展望台から南東300mほどのところにあり[2]、海抜は147メートル。円覚寺の奥山に当たり、山号「瑞鹿山(ずいろくさん)」でも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
909.金時山  ・神奈川県南足柄市、足柄下郡箱根町静岡県駿東郡小山町
金時山(きんときやま・きんときさん)は、箱根山の北西部に位置する標高1,212mの山[2][注釈 1]。別名は猪鼻岳で頂上に猪鼻神社が祀られている[3](古くは猪鼻嶽や猪鼻ヶ嶽と称された)。日本三百名山のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
  #南足柄市の成層火山の山    #神奈川県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
910.白嵓ノ頭  ・神奈川県足柄上郡山北町静岡県駿東郡小山町
白嵓ノ頭(しろくらのあたま)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と静岡県駿東郡小山町の境に位置する標高978mの山である。 「嵓」(「巖」の異体字)がJIS X 0208で規定されていない文字であるため、「白クラノ頭」や「白くらの頭」と表記されることもある。
Wikipedia    内容詳細  
911.不老山 (神奈川県)  ・神奈川県足柄上郡山北町静岡県駿東郡小山町
不老山(ふろうざん)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と静岡県駿東郡小山町の境に位置する標高928mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
912.三国山稜  ・神奈川県・静岡県・山梨県
三国山稜(みくにさんりょう)は、神奈川県・山梨県・静岡県の3県境にある三国山から富士山東麓の籠坂峠へ伸びる延長約7kmの尾根である。
Wikipedia    内容詳細  
913.三国山 (神奈川県・山梨県・静岡県)  ・ 日本神奈川県山北町静岡県小山町山梨県山中湖村
三国山(みくにやま)は丹沢山地の西端、神奈川県・山梨県・静岡県の境に位置する山である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
914.湯船山  ・ 日本神奈川県足柄上郡山北町静岡県駿東郡小山町
湯船山(ゆぶねやま)は丹沢山地西部、神奈川県足柄上郡山北町と静岡県駿東郡小山町の境に位置する標高1,041mの山である。
Wikipedia    内容詳細  

新潟県の山

915.新潟100名山
新潟100名山(にいがたひゃくめいざん)とは、新潟県山岳協会が選定し、2010年(平成22年)に同名の書籍で発表された新潟県の山の百選の一種。新潟百名山とも書く。
Wikipedia    内容詳細  
916.秋葉山 (湯沢町)  ・ 日本新潟県南魚沼郡湯沢町
秋葉山(あきばさん)とは、新潟県南魚沼郡湯沢町にある里山である。大峯百番観音コースになっていて麓に宝珠庵がある。山頂からはNASPAニューオータニや湯沢の町並みが一望できる。直下を上越新幹線の大清水トンネルが貫通している。 別名を城平山、城泰山、石白山とも言い、三国越の要衝をよく望むことができることから山頂付近に山城の「神立城(石白城)址」があり、源平合戦の養和年中には城氏の、南北朝時代の建武年中には新田氏の居城だったと伝わる。 戦国時代の上杉氏の時代には拠点機能は山の北側麓の台地に移り、樋口主水などが城主として入った。 秋葉山の名は安政3年に起きた大火のいましめに火伏の神として山頂に秋葉神社を祀ったところによる[1]。
Wikipedia    内容詳細  
917.浅草岳  ・ 日本新潟県魚沼市・福島県南会津郡只見町
浅草岳(あさくさだけ)は、越後山脈に位置し、新潟県魚沼市、福島県南会津郡只見町にまたがる第四紀火山である。標高1,585.5m。一等三角点「浅草岳」設置。越後三山只見国定公園に属する。要害山、蒲生岳、会津朝日岳とともに「只見四名山」と呼ばれる[1]。
Wikipedia    内容詳細  
  #魚沼市の成層火山の山    #新潟県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
918.朝日岳 (群馬県)  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
朝日岳(あさひだけ)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼市にまたがる標高1,945 mの山である。 山頂及び山域の西側は上信越高原国立公園内にあり[3]、「日本三百名山」[4]と「ぐんま百名山」[5]に選定されている。なお、朝日岳山頂付近は蛇紋岩で雨天時は滑りやすいが、蛇紋岩という性質上、6月上旬にはホソバヒナウスユキソウが咲き誇る。
Wikipedia    内容詳細  
919.朝日岳 (飛騨山脈)  ・ 日本新潟県糸魚川市富山県下新川郡朝日町
朝日岳(あさひだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰にある標高2,418mの山。富山県と新潟県にまたがる。
Wikipedia    内容詳細  
920.愛宕山 (南魚沼市)  ・ 日本新潟県南魚沼市吉山新田
愛宕山(あたごやま)は、新潟県南魚沼市に位置する里山。標高336.3メートル。
Wikipedia    内容詳細  
921.阿寺山  ・ 日本 新潟県南魚沼市
阿寺山(あでらやま)とは、新潟県南魚沼市にある山である。八海山東端五龍岳から南に派生する尾根上が山頂になる。
Wikipedia    内容詳細  
922.雨飾山  ・ 日本新潟県糸魚川市長野県北安曇郡小谷村
雨飾山(あまかざりやま)は、長野県北安曇郡小谷村と新潟県糸魚川市との県境にある、標高1,963.2 mの山。妙高戸隠連山国立公園の西端にあり頸城連峰に属している[1]。
Wikipedia    内容詳細  
923.荒沢岳  ・ 日本新潟県魚沼市
荒沢岳(あらさわだけ)は新潟県魚沼市にある標高1,969 mの山。荒澤岳とも表記する。また銀山岳と呼ばれていた時代もある。三角形の山頂部を中心に両翼を広げ、均整のとれた山容を見せており、沢には盛夏でも雪渓を残す。
Wikipedia    内容詳細  
924.粟ヶ岳 (新潟県)  ・ 日本新潟県加茂市・三条市
粟ヶ岳(あわがたけ)は、新潟県加茂市と三条市の境、県のほぼ中央にある標高1,293mの山である。日本三百名山の一つ。 天気が良い時は、その三合目付近から、弥彦山、角田山、佐渡島を望むことができる。 また、水源池第1ダムの水面に映る本岳は、四季折々に美しい表情を見ることができる。 ここには、粟ヶ岳県民休養地があり、登山道、ハイキングコース、キャンプ場などの施設が整備されているほか、炭焼体験施設もある。
Wikipedia    内容詳細  
925.飯士山  ・ 日本新潟県南魚沼市・南魚沼郡湯沢町
飯士山(いいじさん)は、新潟県南魚沼市と南魚沼郡湯沢町にまたがる山である。標高は1111.2m。
Wikipedia    内容詳細  
  #湯沢町の成層火山の山    #新潟県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
926.飯豊山  ・ 日本山形県西置賜郡小国町新潟県東蒲原郡阿賀町福島県喜多方市
飯豊山(いいでさん)は、飯豊山地[1]の標高2,105.1 mの山である。主峰は、通称飯豊本山とも呼ばれることもあるが、国土地理院地図における表示は飯豊山のみである。
Wikipedia    内容詳細  
927.以東岳  ・ 日本山形県鶴岡市新潟県村上市
以東岳(いとうだけ)は、山形県鶴岡市と新潟県村上市との境にある標高1,771.4mの山。磐梯朝日国立公園に属する朝日山地(朝日連峰)の山で、標高966mの所に大鳥池(湖)がある[1]。日本二百名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
928.犬ヶ岳 (新潟県・富山県)  ・ 日本新潟県糸魚川市富山県下新川郡朝日町
犬ヶ岳(いぬがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰にある標高1,592mの山である[1][2]。富山県と新潟県とにまたがる。越後百山のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
929.威守松山  ・ 日本新潟県南魚沼市
威守松山 (いもりまつやま)は、新潟県南魚沼市清水に位置する山で、標高1,214.1メートルである。もとの山名は「えもんじょうやま」で、奥州安倍氏末裔の阿部衛門尉(あべえもんのじょう)に由来する[1][2]。柄沢登山道に越後・直路城(別名:清水城)跡がある[3][4]。
Wikipedia    内容詳細  
930.兎岳 (新潟県)  ・ 日本新潟県南魚沼市・魚沼市
兎岳(うさぎだけ)は、新潟県南魚沼市と魚沼市との境にある標高1,925.8mの山である。 利根川水源の山として知られる大水上山と、北側の中ノ岳を結ぶ稜線上に位置し、山頂からは北東の荒沢岳に向かう尾根が分岐している。すぐ北には小兎岳(こうさぎだけ)がある。なだらかな山容をもち、あまり目立つ山ではないが、中ノ岳や南方の丹後山と結んで登られている。登山道は夏季はヤブに覆われる部分もあるが、豪雪地帯なので残雪期には歩きやすくなる箇所がある。なお荒沢岳との間の稜線にも道が開かれているが、一般向きとはいえない。
Wikipedia    内容詳細  
931.牛ヶ岳  ・ 日本 新潟県南魚沼市
牛ヶ岳(うしがだけ)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼市の境にある三国山脈に属する山。巻機山の東端に隣接している。 巻機山頂から牛ヶ岳へ向かう途中に、ニッコウキスゲの群生があるほか、群馬県側に矢木沢ダムが望める。
Wikipedia    内容詳細  
932.姥見ノ頭  ・ 日本新潟県南魚沼市一之沢
姥見ノ頭(うばみのかしら)は、新潟県南魚沼市一之沢に位置する金城山対岸の山で、標高946メートルである。別名「松出山・滝谷富士」とも呼ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
933.越後駒ヶ岳  ・新潟県南魚沼市・魚沼市
越後駒ヶ岳(えちごこまがたけ)は、新潟県南魚沼市と魚沼市にまたがる標高2,003mの山。魚沼駒ヶ岳(うおぬまこまがたけ)とも呼ばれる。日本百名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
934.越後沢山  ・ 日本新潟県南魚沼市群馬県利根郡みなかみ町
越後沢山 (えちごさわやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、利根川源流を囲む山になる。標高1,860.6メートルである。別名は本沢山(ホンサワヤマ)。利根川源流部自然環境保全地域にもなっている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
935.越後三山  ・新潟県魚沼市・南魚沼市
越後三山(えちごさんざん)は、新潟県南東部にある八海山 (1778m)・越後駒ヶ岳(2003m、魚沼駒ヶ岳とも呼ぶ)・中ノ岳 (2085m) の総称[1]。三山全域が越後三山只見国定公園に指定されている[1]。魚沼三山とも呼ばれる[1]。 日本アルプス等の山岳に比べて標高はさほどではないが、変化のあるコース、迫力ある岩稜帯などが連続し、クライマーに人気がある[独自研究?]。越後駒ヶ岳 - 中ノ岳 - 八海山をめぐる三山縦走コースもあるが、かなりの難路であり、中ノ岳と八海山の間には、大きく落ち込んだオカメノゾキの難所がある。縦走には最低でも1泊2日の行程を要し、途中に有人の山小屋などもないため、避難小屋の利用が必要となる。
Wikipedia    内容詳細  
936.朳差岳  ・ 日本新潟県岩船郡関川村
朳差岳(えぶりさしだけ)は、新潟県岩船郡関川村にある飯豊山地北部の山である。標高1,636.4m。日本二百名山の一つ。山頂付近はハクサンイチゲやニッコウキスゲ、マツムシソウなどの高山植物が見られる。 杁差岳、えぶり差岳と表記されることもある。
Wikipedia    内容詳細  
937.大烏帽子山 (みなかみ町)  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
大烏帽子山(おおえぼしやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼市との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1819.5メートルである。利根川源流を囲む山になる。群馬県自然環境保全地域(朝日岳・白毛門山東面)[1]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
938.大蔵山  ・ 日本 新潟県五泉市
大蔵山(おおくらやま)は、新潟県五泉市に位置する山である。標高は864.2m。菅名岳・鳴沢峰とともに連山を成している[1]。
Wikipedia    内容詳細  
939.大水上山  ・群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市新潟県魚沼市
大水上山(おおみなかみやま)は、新潟県南魚沼市、同県魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町の境目にある標高1,834 mの山。別名、大利根山(おおとねやま)・大利根岳・利根岳・刀根岳・刀嶺岳など。三国山脈にある。谷川岳や巻機山から連なる太平洋と日本海を分ける中央分水嶺は、この山頂で東へ屈曲し、藤原山、平ヶ岳へと続く。また、山頂は群馬県の北限点となっており越後湯沢駅よりも北に位置している。 山頂から約500メートル南には利根川水源碑が建ち、利根川の源頭の山とされる。1926年(大正15年)に利根川の水源は刀根岳(大水上山)と確認されたが、源流部までは解明できなかった。1954年(昭和29年)の調査によって、水源は大水上山の三角形の雪渓であることがつきとめられた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
940.茂倉岳  ・ 日本新潟県南魚沼郡湯沢町・群馬県利根郡みなかみ町
茂倉岳(しげくらだけ)は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山である。周囲の谷川岳・万太郎山・仙ノ倉山などを総じて谷川連峰という。
Wikipedia    内容詳細  
941.大峰山 (湯沢町)  ・ 日本新潟県南魚沼郡湯沢町
大峰山(おおみねやま)は、新潟県南魚沼郡湯沢町にある山である。東麓には、越後湯沢温泉や上越新幹線越後湯沢駅があり、山頂からは日本百名山の巻機山・飯士山や上越国境の山々と湯沢町内から魚沼盆地まで見渡せる展望休憩所がある。
Wikipedia    内容詳細  
942.小沢岳  ・ 日本新潟県南魚沼市群馬県利根郡みなかみ町
小沢岳 (おざわだけ)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、利根川源流を囲む山になる。標高1,946メートルである。別名は東沢山(ヒガシサワヤマ)。
Wikipedia    内容詳細  
943.御嶽山 (魚沼市)  ・ 日本新潟県魚沼市
御嶽山(おんたけさん)は、新潟県魚沼市堀之内に位置する標高306mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
944.角田山  ・ 日本新潟県新潟市西蒲区
角田山(かくだやま)は、新潟県新潟市西蒲区にある標高481.7 mの山。長者原山とも言われる。
Wikipedia    内容詳細  
945.春日山 (新潟県)  ・ 日本新潟県上越市
春日山(かすがやま)は、新潟県上越市中部にある山、またはこの山を中心にした地域を指す。 標高189m。北に越後府中こと直江津と日本海を望み、南に高田城下を望む山である。高田平野を一望できる位置にある。 戦国時代には、春日山頂に、後に上杉謙信の本拠地となる春日山城が築かれ、北陸地方屈指の城砦として名を馳せた。 なお、春日山城は、別名を鉢ヶ峰城ともいう。 1889年の村制施行により、春日山は春日村となった。1954年に旧高田市に編入され、1971年以後は上越市春日山町となっている。 高田と直江津の両市街地の中間に位置しているので、春日山には、上越市役所をはじめとする上越市の行政機関が集まっている。
Wikipedia    内容詳細  
946.金谷山  ・ 日本 新潟県上越市
金谷山(かなやさん)は、新潟県上越市にある山である。標高は145m。 えちごトキめき鉄道高田駅の西約3kmほどのところにある。中腹を上信越自動車道がトンネルで貫き、その下に金谷山スキー場がある。1911年にテオドール・エードラー・フォン・レルヒ少佐が、この地で日本初となるスキー講習を行ったことから、「日本スキーの発祥地」としても知られ、日本スキー発祥記念館も場内にある。ただし標高が低いために、スキー場の営業には積雪が足らず滑走可能な期間が短い年もある。また、北陸新幹線のルートの一部が、金谷山の南側を南東側から北西方向に貫いている。
Wikipedia    内容詳細  
947.柄沢山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
柄沢山(からさわやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1900.2メートルである。利根川源流を囲む山になる。
Wikipedia    内容詳細  
948.刈羽黒姫山  ・ 日本 新潟県柏崎市高柳町
刈羽黒姫山(かりわくろひめさん)[1]とは新潟県柏崎市に位置する山である。標高891m[2]。刈羽三山のひとつ。地元では単に黒姫山と呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
949.刈羽三山
刈羽三山(かりわさんざん)は、新潟県の刈羽郡地方(柏崎市周辺)にある米山、刈羽黒姫山、八石山の三つの山のことを言う。
Wikipedia    内容詳細  
950.菊石山  ・ 日本新潟県糸魚川市富山県下新川郡朝日町
菊石山(きくいしやま)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰の北部にある標高1,209.8mの山。新潟県糸魚川市と富山県朝日町にまたがる。古称は下駒ヶ嶽で、犬ヶ岳、寺山(現在の白鳥山)を合わせて下駒三山と言われ、越中の古地図にもよく書かれていた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
951.麒麟山  ・ 日本新潟県東蒲原郡阿賀町津川
麒麟山(きりんざん)は、新潟県東蒲原郡阿賀町津川に位置する、標高191mの山。
Wikipedia    内容詳細  
952.金城山  ・ 日本新潟県南魚沼市
金城山(きんじょうさん)とは、新潟県南魚沼市にある山で、標高は1,369mで高低差は1,100m以上ある。県立自然公園「魚沼連峰」に隣接し、紅葉の名所で山頂からは魚沼盆地の360度パノラマ眺望が素晴らしく越後百名山でもある。山名は「雲洞庵」の山号で麓から見ると金の字に似ていることから名付けられたと言う。
Wikipedia    内容詳細  
953.金北山  ・新潟県佐渡市
金北山(きんぽくさん)は、新潟県佐渡市にある山。標高1,171.9mと、島内で最も高い山である。大佐渡山地のほぼ中央に位置する。 北山(ほくさん)と呼ばれていたが、江戸時代初期に佐渡金山が発見されてから現在の名で呼ばれるようになった。 なお、山頂には日本海全域を監視する自衛隊のレーダーサイトがあったが、2010年(平成22年)より、その金北山の西隣の妙見山(みょうけんさん・標高1,042m)山頂に建設され稼動を始めた新型レーダーサイトにその役割が引き継がれた[注釈 1]。
Wikipedia    内容詳細  
954.国上山  ・ 日本 新潟県燕市
国上山(くがみやま)は、新潟県燕市に位置する山である。標高は312.8m。
Wikipedia    内容詳細  
955.頸城駒ケ岳  ・ 日本新潟県糸魚川市
頸城駒ヶ岳(くびきこまがたけ)は新潟県糸魚川市にある標高1487.4mの山。白馬山麓県立自然公園に属する。冬には全長100mを越えるカネツコロ(大つらら)ができる。 また、駒ヶ岳東側には「越後の上高地」と呼ばれる海谷高地(732高地)がある。
Wikipedia    内容詳細  
956.頸城山塊  ・ 日本 新潟県・長野県
頸城山塊(くびきさんかい)は、関川以西で姫川以東、新潟県と長野県との境に連なる山域の総称。「頸城アルプス」あるいは「妙高連峰」と呼ばれることもある。主要な火打山、妙高山、焼山は「頸城三山」と呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
957.黒岩山 (飛騨山脈)  ・ 日本富山県下新川郡朝日町、新潟県糸魚川市
黒岩山(くろいわやま)は、富山県下新川郡朝日町と新潟県糸魚川市にまたがる山。標高は1624m。国の特別天然記念物である白馬連山高山植物帯の区域内にある山。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
958.黒姫山 (糸魚川市)  ・新潟県糸魚川市
黒姫山(くろひめやま)は、新潟県糸魚川市にある山。標高1,221m[1][2]。青海黒姫山ともいう。
Wikipedia    内容詳細  
959.景鶴山  ・ 日本 新潟県魚沼市 群馬県利根郡片品村戸倉
景鶴山(けいづるやま)は、尾瀬ヶ原の北に存在する標高2,004mの山である。群馬県利根郡片品村と新潟県魚沼市の境界に存在し、日本三百名山[1]とぐんま百名山[2]に指定されている。また山の南側は尾瀬国立公園に指定されている[3] この山はもともと、登山道がなかったために、密生しているササをかき分けて斜面を這いずるようにして登らねばならなかった[4]。この「這いずる」というものが訛って「へえずる」となりやがて「けいずる」となったことから景鶴山となったと伝えられている[4]。 一度は登山道も拓かれ、多くのガイド本でも紹介され、笹ヤブが雪に隠れる季節などにはスキー登山などのために登ることができていた。しかし2013年時点では登山道も廃道になり、さらにそもそも土地所有者の尾瀬林業が入山を認めていないため登山は一切できず、その山体を尾瀬から眺めることしかできない状況となっている[4][5]。
Wikipedia    内容詳細  
960.光明山 (新潟県)  ・ 日本 新潟県三条市笠堀
光明山(こうみょうさん)は新潟県三条市にある山[1]。標高879メートル[2]。越後百山の1つ。 三条市の東南に位置しており、砥沢川を挟んで東に毛無山(1049.7メートル)、北にコマアナ山(942.9メートル)がある。山体は凝灰岩と石英粗面岩からなっており[3]、かつて良質の砥石の産地として知られた[1]。笠堀ダム付近から万之助山(826.5メートル)を経由して光明山に向かう登山道は、砥沢川の上流で採掘された砥石を運ぶために拓かれた道であり[1]、昔は33体の観音石仏が頂上にかけて祀られていたという[3]。 登山口から山頂までは3時間30分ほどの行程だが、2011年(平成23年)7月の豪雨災害により土砂崩れが発生[1]。2022年(令和4年)現在も整備困難な崩落個所が残っていることから事実上の登山禁止となっている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
961.古峰山  ・ 日本 新潟県南魚沼市姥沢新田
古峰山(こがらさん)とは、新潟県南魚沼市姥沢新田にある里山。標高は710mで、以前は日本百名山巻機山の巻機権現登山道であった。神字川と姥沢川が両側に流れ、麓は魚沼コシヒカリの最高標高栽培地帯「台原」(400m)である。山名は、地元有志が江戸時代に栃木県鹿沼市の古峯神社参りをして帰郷した後、山頂に祀った事から来ている。現在も子孫が毎年お祭りや登山道の整備を行っている。
Wikipedia    内容詳細  
962.五頭山  ・新潟県阿賀野市・東蒲原郡阿賀町
五頭山(ごずさん)は新潟県阿賀野市と東蒲原郡阿賀町にまたがる山。標高は912m。
Wikipedia    内容詳細  
963.護摩堂山 (新潟県)  ・新潟県五泉市・南蒲原郡田上町
護摩堂山(ごまどうやま)は、新潟県五泉市と南蒲原郡田上町にまたがる標高274mの山[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
964.米子頭山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
米子頭山(こめごがしらやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1,796.1メートルである。利根川源流を囲む山になる。群馬県自然環境保全地域(巻機山東面)[1]にもなっている。別名は米子山(コメゴヤマ)。
Wikipedia    内容詳細  
965.小蓮華山  ・新潟県糸魚川市長野県北安曇郡小谷村
小蓮華山(これんげさん)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰にある標高2,766mの山。新潟県と長野県の県境にまたがる。大日岳(だいにちだけ)とも呼ぶ。
Wikipedia    内容詳細  
966.金剛山 (佐渡島)  ・ 日本新潟県佐渡市
金剛山(こんごうさん)は、新潟県佐渡市にある山である。 標高962.2m。地形図に名称が掲載されている山としては金北山、妙見山に次いで佐渡島で3番目に高い山である。
Wikipedia    内容詳細  
967.佐武流山  ・ 日本長野県下水内郡栄村新潟県南魚沼郡湯沢町
佐武流山(さぶりゅうやま、さぶるやま)は、長野県下水内郡栄村と新潟県南魚沼郡湯沢町との境にある標高2,191.5mの山。
Wikipedia    内容詳細  
968.茂倉岳  ・ 日本新潟県南魚沼郡湯沢町・群馬県利根郡みなかみ町
茂倉岳(しげくらだけ)は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山である。周囲の谷川岳・万太郎山・仙ノ倉山などを総じて谷川連峰という。
Wikipedia    内容詳細  
969.下津川山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町・新潟県南魚沼市
下津川山(しもつごうやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼市の境にある山である。標高は1,927.7m。越後山脈の山の一つ。標高差は1,200mである。利根川の最上流部にある。 登山道は整備されていない。
Wikipedia    内容詳細  
970.白沢山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県魚沼市
白沢山(しらさわやま)は、新潟県魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1952.6メートルである。利根川源流を囲む山になる。群馬県自然環境保全地域(平ヶ岳・白沢山西面)[1]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
971.化穴山  ・ 日本 山形県鶴岡市・新潟県村上市
化穴山(ばけあなやま)は、新潟県北部、山形県庄内地方南部の県境に位置する標高1,505.9mの山である。標高差は950m。 登山道は整備されておらず、登頂はかなり困難である。山頂からは展望がよく、以東岳をはじめとした朝日連峰などの眺めがよい。
Wikipedia    内容詳細  
972.白鳥山 (新潟県・富山県)  ・ 日本新潟県糸魚川市富山県下新川郡朝日町
白鳥山(しらとりやま)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰の最北端にある標高1,287mの山。新潟県糸魚川市と富山県朝日町にまたがる。山姥山・上計呂山・寺山などの別称がある。
Wikipedia    内容詳細  
973.守門岳  ・新潟県魚沼市・三条市・長岡市
守門岳(すもんだけ)は、新潟県魚沼市、三条市、長岡市にまたがる第四紀火山である。標高は袴岳の1537.2m。日本二百名山の一つでもある。 およそ240万年前〜170万年前に活動した安山岩質の成層火山である。西側より、大岳、青雲岳(あおくもだけ)、袴岳の三つのピークで構成され、総称して守門岳と称する。地元では守門山(すもんやま)と呼ばれることが多い。雪消えが遅く、頂上付近の大雪庇で知られる。北側に火山活動に伴う爆裂火口を起源にすると思われる侵食カルデラがある。前記3ピークの他に、烏帽子岳(えぼしだけ)、黒姫(くろひめ)、藤平山(ふじびろやま)、中津又岳(なかつまただけ)などがあり山塊自体は巨大である。
Wikipedia    内容詳細  
  #魚沼市の成層火山の山    #新潟県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
974.仙ノ倉山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼郡湯沢町
仙ノ倉山(せんのくらやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町にまたがる山。標高は2,026mで谷川連峰(清水峠~三国峠間)の最高峰であり、二等三角点が置かれている。 上信越高原国立公園に属し、日本二百名山、ぐんま百名山[1]、越後百山、にいがた100名山に選ばれている他、「ぐんま県境稜線トレイル」コースになっている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
975.大源太山 (新潟県)  ・新潟県南魚沼市・南魚沼郡湯沢町
大源太山(だいげんたさん)は、新潟県南魚沼市と湯沢町の境界に位置する標高1,598mの山[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
976.平標山  ・ 日本新潟県南魚沼郡湯沢町群馬県利根郡みなかみ町
平標山 (たいらっぴょうやま)は、新潟県南魚沼郡湯沢町と群馬県利根郡みなかみ町の間に位置する標高1,983.8メートルの山。
Wikipedia    内容詳細  
977.高平ノ頭  ・ 日本新潟県南魚沼市清水
高平ノ頭(たかだいらのかしら)は、新潟県南魚沼市清水と南魚沼郡湯沢町に位置する巻機山対岸の山で、標高1,278メートルである。
Wikipedia    内容詳細  
978.高妻山  ・ 日本新潟県妙高市・長野県長野市
高妻山(たかつまやま)は、新潟県妙高市と長野県長野市に跨る標高2,353 mの山。戸隠連峰の最高峰で戸隠裏山の一峰。日本百名山のひとつ。別名「戸隠富士」。 古くは山岳宗教の修行僧が入った山で、その名残として各所に小さな石仏とともに地名が残っている。一不動、二釈迦、三文殊、四普賢、五地蔵、六弥勒、七観音、八薬師、九勢至と続き、十阿弥陀を経てで山頂に到る[1]。
Wikipedia    内容詳細  
979.谷川岳  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼郡湯沢町
谷川岳(たにがわだけ)は群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町の県境(上越国境)にある標高1,977メートルの山。日本百名山、ぐんま百名山、越後百山、新潟100名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
980.丹後山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町・新潟県南魚沼市
丹後山(たんごやま)は、新潟県南魚沼市[1]と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高は1,808.5メートルである。ぐんま百名山[2]で、利根川水源碑[3]の登山ルートでもある。
Wikipedia    内容詳細  
981.天狗岩  ・ 日本新潟県南魚沼市清水
天狗岩(てんぐいわ)は、新潟県南魚沼市清水に位置する割引岳直下の岩山。
Wikipedia    内容詳細  
982.中ノ岳  ・新潟県南魚沼市・魚沼市[1][2]
中ノ岳(なかのだけ)は、新潟県南魚沼市と魚沼市にまたがる標高2,085 mの山。 越後駒ヶ岳、八海山とともに越後三山を構成し、その最高峰でもある。南は兎岳、大水上山を経て利根川水源の山々に接続している。山頂の西には前衛峰の御月山がある。標高はそれほど高くないが、豪雪地帯に位置するため、盛夏でも雪渓を残す山である。日本二百名山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
983.七ツ小屋山  ・ 日本新潟県南魚沼郡湯沢町群馬県利根郡みなかみ町
七ツ小屋山 (ななつごややま)は、新潟県南魚沼郡湯沢町と群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、標高1,674.7メートルである。「ぐんま県境稜線トレイル」[1]谷川岳・ 馬蹄形縦走コース[2]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
984.新潟焼山  ・ 日本新潟県糸魚川市、妙高市
新潟焼山(にいがたやけやま)は、新潟県西部の糸魚川市と妙高市にまたがる標高2,400 mの活火山。頸城山塊に属する。気象庁が24時間体制で観測を行う常時観測火山の一つである[4]。 通常「焼山」と呼ばれ[2][5][6][7]、また他の焼山と区別するために「新潟焼山」の名称が用いられることがあるものの、新潟県内には、新発田市・阿賀野市と小千谷市・長岡市にも「焼山」という名称の山がある。
Wikipedia    内容詳細  
  #妙高市の成層火山の山    #新潟県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
985.二王子岳  ・新潟県新発田市
二王子岳(にのうじだけ)は、新潟県新発田市にある山。越後山脈の北部に位置し、日本二百名山の一つに数えられる。
Wikipedia    内容詳細  
986.日本国 (山)  ・山形県鶴岡市・新潟県村上市
日本国(にほんこく)は、新潟県村上市と山形県鶴岡市との境にある山である。別名を石鉢山(いまくさやま)とも呼ばれる[1]。 正保2年の庄内絵図(山形県史巻末綴)には、居熊沢山越後境とある。
Wikipedia    内容詳細  
987.鋸山 (新潟県)  ・ 日本新潟県長岡市
鋸山(のこぎりやま)は、新潟県長岡市の東側に位置する標高765.1 mの山である。 栃尾市の合併まで長岡市の最高峰であった。花立峠から鋸山までの細尾根稜線は鋸のようにギザギザとした形である。 春から秋にかけて天気の良い週末は地元のハイカーで賑わっている。 春は沢山の野花やこごみ、わらび、ぜんまいなどの山菜が登山道に沿って生えているが山菜は採取禁止である。秋は紅葉が綺麗である。冬は3m以上の深雪で覆われ、稜線は危険な雪庇となり人を寄せ付けない山となる。
Wikipedia    内容詳細  
988.乗鞍岳 (白馬連峰)  ・長野県北安曇郡小谷村新潟県糸魚川市
乗鞍岳(のりくらだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)北部の後立山連峰にある標高2469mの山。長野県と新潟県にまたがる。飛騨山脈南部の乗鞍岳と区別するために、一般には白馬乗鞍岳(はくばのりくらだけ)、 またはこれを略して白馬乗鞍(はくばのりくら)と呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
989.化穴山  ・ 日本 山形県鶴岡市・新潟県村上市
化穴山(ばけあなやま)は、新潟県北部、山形県庄内地方南部の県境に位置する標高1,505.9mの山である。標高差は950m。 登山道は整備されておらず、登頂はかなり困難である。山頂からは展望がよく、以東岳をはじめとした朝日連峰などの眺めがよい。
Wikipedia    内容詳細  
990.鉢ヶ岳  ・ 日本新潟県糸魚川市富山県下新川郡朝日町
鉢ヶ岳(はちがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2,563mの山。富山県と新潟県にまたがる。
Wikipedia    内容詳細  
991.八海山  ・ 日本新潟県南魚沼市
八海山(はっかいさん)は、新潟県南魚沼市にある岩峰群である。最高峰は標高1,778mの入道岳であり、古くから霊山として崇められてきた。越後駒ヶ岳、中ノ岳とともに越後三山(魚沼三山)の1峰で、日本200名山のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
992.火打山  ・ 日本新潟県糸魚川市、妙高市
火打山(ひうちやま)は、妙高戸隠連山国立公園内の新潟県糸魚川市と妙高市にまたがる標高2,462mの頸城山塊の最高峰である[3][4]。日本百名山[5]、及び花の百名山[注釈 1][6]に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
993.日蔭山 (新潟県)  ・ 日本 新潟県十日町市・中魚沼郡津南町
日蔭山(ひかげやま)は、新潟県十日町市と中魚沼郡津南町の境にある山である。 別名「三ノ山」、または「笠ノ山」。標高は1,860mである。苗場山の4kmほど北に位置する。 この山の北西には小松原湿原と呼ばれる湿原があるほか、山頂からは苗場山などの展望が開けている。
Wikipedia    内容詳細  
994.檜倉山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
檜倉山(ひのきぐらやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1,744.2メートルである。利根川源流を囲む山になる。別名はヒグラヤマ。
Wikipedia    内容詳細  
995.平ヶ岳 (群馬県・新潟県)  ・新潟県魚沼市群馬県みなかみ町
平ヶ岳(ひらがたけ)は、新潟県魚沼市と群馬県みなかみ町の境界にある標高2,141mの山。日本百名山のひとつ。 山頂の北東約0.2kmに二等三角点「平岳」(標高2,139.6m)が設置されている。新潟県側の山域は越後三山只見国定公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
996.蒜場山  ・新潟県新発田市
蒜場山(ひるばさん)は、新潟県新発田市と東蒲原郡阿賀町との境にあり山頂が新発田市側にある山である。山名は、ひるばやまと読むこともある。標高は1,363.0m、標高差は1,063mである。甲信越百名山、越後百山にそれぞれ選ばれている。 新潟県道335号滝谷上赤谷線で加治川沿いに遡り、加治川治水ダムを渡っていくと登山口がある。1997年に下越山岳会が登山道を整備した。岩岳(932m)から先には急な岩場・痩せ尾根が連続する箇所があり初心者には不向きだが、山頂からの展望は良く、飯豊連峰の好展望台である。また道中には、かつての赤谷鉱山開発の名残であるレールやトロッコ等の遺構を見かけることもできる。コースタイムは登り約5時間。
Wikipedia    内容詳細  
997.藤原山  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県魚沼市
藤原山(ふじわらやま)は、新潟県魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町との県境に位置する山で、中央分水界になり、標高1.709メートルである。利根川源流を囲む山になる。山名と利根川の源流域にある集落名は、奥州藤原氏に由来する[1][2]。藤原地区の面積は、みなかみ町の約半分(390平方キロメートル)で人口の約2%にあたる400人の住民が住んでいる[3]。
Wikipedia    内容詳細  
998.船岡山 (新潟県小千谷市)  ・ 日本 新潟県小千谷市
船岡山(ふなおかやま)は、新潟県小千谷市にある丘。標高は104.9m。
Wikipedia    内容詳細  
999.武能岳  ・ 日本新潟県南魚沼郡湯沢町群馬県利根郡みなかみ町
武能岳 (ぶのうだけ)は、新潟県南魚沼郡湯沢町と群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、標高1,760メートルである。山稜の東側が上信越高原国立公園に指定されている[1]。また、ぐんま百名山[2]で、「ぐんま県境稜線トレイル」[3]谷川岳・ 馬蹄形縦走コース[4]にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  
1000.本谷山 (群馬県・新潟県)  ・ 日本群馬県利根郡みなかみ町新潟県南魚沼市
本谷山 (ほんたにやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼市の間に位置する標高1,870メートルの山。利根川源流を囲む山である。別名は中尾山。利根川源流部自然環境保全地域に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
1001.巻機山  ・ 日本新潟県南魚沼市群馬県利根郡みなかみ町
巻機山(まきはたやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町の境、三国山脈にある標高1,967mの山。日本百名山のひとつ。2023年1月、87年振りに樹氷を確認[1][2][3]。 主要な登山道は、南西側の南魚沼市清水から通じている。
Wikipedia    内容詳細  
1002.松代泥火山
松代泥火山(まつだいでいかざん)は、新潟県十日町市に存在する泥火山群。地表に泥水、メタン、原油などが噴出する泥火山である。旧松代町に3ヶ所点在する。
Wikipedia    内容詳細  
1003.俎倉山  ・ 日本 新潟県新発田市東赤谷・東蒲原郡阿賀町
俎倉山(まないたくらやま)は、新潟県新発田市と東蒲原郡阿賀町との境にある山である。「爼倉山」と表記される場合が多い。「まないたぐらやま」と読まれることもある。標高は856.6m。 登山道は鳥越林道入口から始まり、岩場である「琴沢」の渡りと「七曲の急登」を経て、その後は「まないた」という名の通り、比較的平坦な林道が続く。「お京平」を越えると、山頂までは急勾配の道となる。 山頂は双耳峰の形をとり、北側のピークは「天狗の庭」と称され、飯豊連峰や蒜場山などの眺望が開けている。
Wikipedia    内容詳細  
1004.万太郎山  ・新潟県南魚沼郡湯沢町群馬県利根郡みなかみ町
万太郎山(まんたろうやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町にまたがる三国山脈に位置する山。標高1,956mで谷川岳の支峰に属する。付近には関越自動車道の関越トンネルが有り、換気塔が山腹に存在する。「ぐんま県境稜線トレイル」コースになっている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
1005.御神楽岳  ・新潟県東蒲原郡阿賀町
御神楽岳(みかぐらだけ)は、新潟県東蒲原郡阿賀町の南東部にある山。標高は1,386.5m。
Wikipedia    内容詳細  
1006.三国岳 (山形県・福島県・新潟県)  ・ 日本山形県西置賜郡飯豊町福島県喜多方市新潟県東蒲原郡阿賀町
三国岳(みくにだけ)は、山形県飯豊町・福島県喜多方市・新潟県阿賀町にまたがる飯豊山地に属する山である。標高1,644 m.
Wikipedia    内容詳細  
1007.三国山 (群馬県)  ・ 日本 群馬県利根郡みなかみ町・新潟県南魚沼郡湯沢町
三国山(みくにやま)は、群馬県利根郡みなかみ町と新潟県南魚沼郡湯沢町の間にある山。標高1,636m。この最高点は、県境からわずかの距離にある群馬県内にある。谷川岳や平標山などがある上越国境稜線から少しそれた場所にある。
Wikipedia    内容詳細  
1008.御岳山 (魚沼市)  ・ 日本新潟県魚沼市
御岳山(みたけやま、おんたけさん)は、新潟県魚沼市山田に位置する標高240.4mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
1009.三ツ石山 (みなかみ町)  ・ 日本新潟県南魚沼市群馬県利根郡みなかみ町
三ツ石山 (みついしやま)は、新潟県南魚沼市と群馬県利根郡みなかみ町に位置する山で、中央分水界になり、利根川源流を囲む山になる。標高1,586メートルである。別名はタマタ山。
Wikipedia    内容詳細  
1010.妙高山  ・新潟県妙高市
妙高山(みょうこうさん)は、新潟県妙高市にある標高2,454mの成層火山で、北信五岳の一つであり、その中では最高峰。日本百名山に選定されており、妙高戸隠連山国立公園に属している。
Wikipedia    内容詳細  
  #妙高市の成層火山の山    #新潟県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
1011.妙高山 (新潟県小千谷市)  ・ 日本新潟県小千谷市
妙高山(みょうこうさん)は、新潟県小千谷市の南にある標高237.0mの山である[1]。 山はJR飯山線の妙高山トンネルの上にある。西麓を信濃川が流れ、右岸を新潟県道196号川口岩沢線、左岸を国道117号が通る。
Wikipedia    内容詳細  
1012.明星山  ・新潟県糸魚川市
明星山(みょうじさん、みょうじょうさん)は、飛騨山脈北部の新潟県糸魚川市に位置する標高1,188mの山である[3][4]。白馬山麗県立自然公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
1013.無黒山  ・ 日本新潟県南魚沼市滝谷
無黒山(むぐろやま)は、新潟県南魚沼市滝谷に位置する巻機山対岸の山。標高1,049.7メートル。葎山(むぐらやま)という別名がある。
Wikipedia    内容詳細  
1014.焼峰山  ・ 日本新潟県新発田市
焼峰山(やきみねやま)は、新潟県新発田市にある山である。標高は1,085.8m。 登山道は西側の新発田市滝谷地区及び南側の加治川治水ダムからのルートがある。山頂からは飯豊連峰や河内山塊、日本海、内ノ倉湖などへの展望が開けている。 優れた展望とアルペン的な岩稜のスリルを兼ね備えた山である。
Wikipedia    内容詳細  
1015.焼山 (新潟県新発田市・阿賀野市)  ・ 日本新潟県新発田市・阿賀野市
焼山(やけやま)は、新潟県新発田市と阿賀野市の境にある山である。 標高は539m。同県糸魚川市と妙高市の境にある焼山、同県小千谷市と長岡市の境にある焼山とは関係ない。
Wikipedia    内容詳細  
1016.矢筈岳 (新潟県)  ・新潟県三条市・五泉市 
矢筈岳(やはずだけ)は、新潟県三条市と五泉市の境にある標高1,257.4 mの山である。川内山塊の南端に位置する山塊の主峰である。南麓には特別天然記念物に指定された「笠堀のカモシカ生息地」が拡がる。
Wikipedia    内容詳細  
1017.弥彦山  ・新潟県長岡市・西蒲原郡弥彦村
弥彦山(やひこやま)は、新潟県の西蒲原郡弥彦村と長岡市[1]の境界にある標高634mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
1018.山本山 (小千谷市)  ・ 日本 新潟県小千谷市
山本山(やまもとやま)は、新潟県小千谷市にある標高336.6mの山。 小千谷市の中心部から3キロほど南に位置する。JR信濃川発電所や、ふれあいの里クラインガルデン、市民の家、市営山本山育成牧場、菜の花畑などがある。 山頂には展望台、忠魂碑、西脇順三郎詩碑があり、山頂からは、越後三山が眺められる。信濃川は山本山を東へ迂回するように流れている。山頂展望台からは、信濃川や魚野川、越後三山などを眺められる。 また、関越自動車道の山本山トンネルが山を貫く。 かつて小千谷山本山高原スキー場が存在した。
Wikipedia    内容詳細  
1019.悠久山  ・ 日本 新潟県長岡市
悠久山(ゆうきゅうざん)は、新潟県長岡市の市街地東部に位置するなだらかな山で、海抜115メートル。
Wikipedia    内容詳細  
1020.雪倉岳  ・ 日本新潟県糸魚川市富山県下新川郡朝日町
雪倉岳(ゆきくらだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰にある標高2,611mの山。日本二百名山の一つ[3]。富山県と新潟県にまたがり、山域は中部山岳国立公園に指定されている[4]。
Wikipedia    内容詳細  
1021.湯舟山  ・ 日本 新潟県南魚沼市台上
湯舟山(ゆぶねやま)は、新潟県南魚沼市台上にある里山。標高は790.1m。ニタ沢ノ頭とも呼ばれる[1]。 平成23年7月新潟・福島豪雨では、湯舟沢・ニタ沢・湯の平で土石流が発生[2]。1977年(昭和52年)山麓の湯舟原では、県営農地総合開発事業(20.5ha)により水平畑(畑にもなれば水田にもなる耕地)として整備、1982年(昭和57年)には湯舟原ブドウ生産組合がアグリコア越後ワイナリーのワイン原料用ブドウを生産。2004年(平成16年)、にいがた緑の百年物語緑化事業で『金城山麓いちょう並木』として整備[3]。南魚沼土地改良区の登川右岸幹線用水路も通っている。
Wikipedia    内容詳細  
1022.米山  ・ 日本新潟県柏崎市・上越市
米山(よねやま)は、新潟県の中越地方と上越地方の境にある山である。標高992.5メートル。きれいな四角錐(ピラミッド型)の頂上部をもつ山容はよく目立ち、古くから陸路や海路の目印ともされた。
Wikipedia    内容詳細  
1023.六万騎山  ・ 日本 新潟県南魚沼市
六万騎山(ろくまんぎやま)とは、新潟県南魚沼市にある山で、標高は320.7mである。 麓集落からハイキングコースが整備され、カタクリの群落がみられる。
Wikipedia    内容詳細  
1024.ロクロノ頭  ・ 日本新潟県南魚沼市滝谷
ロクロノ頭(ろくろのかしら)は、新潟県南魚沼市滝谷と南魚沼郡湯沢町に位置する巻機山対岸の山で、標高1,292.4メートルである。
Wikipedia    内容詳細  
1025.割引岳  ・ 日本 新潟県南魚沼市
割引岳(わりびきだけ[1][2]、別名わりめきだけ[3]・われめきだけ[4])は、新潟県南魚沼市にある三国山脈・巻機山・牛ヶ岳に隣接する山。一等三角点百名山である。
Wikipedia    内容詳細  

富山県の山

1026.大猫山  ・ 日本富山県魚津市、中新川郡上市町
大猫山(おおねこやま)は、富山県魚津市と中新川郡上市町にまたがる山。標高は2070m。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1027.大鷲山  ・富山県下新川郡朝日町
大鷲山(おおわしやま)は、富山県下新川郡朝日町にある山。標高は817m。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1028.奥鐘山  ・ 日本富山県黒部市
奥鐘山(おくかねやま、おくがねやま)は、富山県黒部市の飛騨山脈(北アルプス)・後立山連峰に位置する標高1,543 mの山。 山体は西側が黒部峡谷右岸に面しており、「黒部峡谷附猿飛ならびに奥鐘山」として国の特別天然記念物(天然保護区域)および特別名勝に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
1029.奥大日岳  ・富山県中新川郡立山町、上市町
奥大日岳(おくだいにちだけ)は、富山県にある山。飛騨山脈立山連峰から派生する大日尾根にある。標高2,611m。
Wikipedia    内容詳細  
1030.小佐波御前山  ・ 日本富山県富山市
小佐波御前山(おざなみごぜんやま)は、富山県富山市にある山。標高は754m。山頂の展望が大変優れており、山頂から神通峡や富山平野、富山湾越しの能登半島や立山連峰などを見ることが出来る。平野部からほど近いので登山者は多い。本山は岩稲累層の海底火山の溶岩からできた山である[1]。富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1031.小白山 (富山県)  ・ 日本富山県小矢部市
小白山(おじろやま)は、富山県小矢部市臼谷にある山。標高は120.9m。ブナとウラジロガシを主体とする混成林は市の天然記念物に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
1032.鹿島槍ヶ岳  ・ 日本富山県黒部市・立山町長野県大町市
鹿島槍ヶ岳(かしまやりがたけ)は、富山県黒部市、中新川郡立山町および長野県大町市にまたがる後立山連峰(飛騨山脈)の標高2,889 mの山[注釈 1][3]。中部山岳国立公園内にある[注釈 2][4]。後立山連峰の盟主とされる[5][6]。
Wikipedia    内容詳細  
1033.唐堀山  ・ 日本富山県富山市、岐阜県飛騨市
唐堀山(からほりやま)は、富山県富山市と岐阜県飛騨市にまたがる飛騨高地の山。標高は1159m。山の中腹に「上の池」などの池が複数あるのが特徴。山頂は比較的広々とした平坦地となっている。
Wikipedia    内容詳細  
1034.唐松岳  ・ 日本長野県北安曇郡白馬村、富山県黒部市
唐松岳(からまつだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある長野県北安曇郡白馬村と富山県黒部市にまたがる標高2,695.9 mの山[1][4][5]。別名が上犬ヶ嶽[4]。剱岳・立山・鹿島槍ヶ岳と並び、日本では数少ない氷河の現存する山である[6]。
Wikipedia    内容詳細  
1035.菊石山  ・ 日本新潟県糸魚川市富山県下新川郡朝日町
菊石山(きくいしやま)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰の北部にある標高1,209.8mの山。新潟県糸魚川市と富山県朝日町にまたがる。古称は下駒ヶ嶽で、犬ヶ岳、寺山(現在の白鳥山)を合わせて下駒三山と言われ、越中の古地図にもよく書かれていた[1]。
Wikipedia    内容詳細  
1036.北駒ヶ岳  ・ 日本富山県魚津市・黒部市
北駒ヶ岳(きたこまがたけ)は、富山県魚津市と黒部市にまたがる飛騨山脈(北アルプス)立山連峰の北端に位置する標高1,914mの山である。
Wikipedia    内容詳細  
1037.北ノ俣岳  ・ 日本富山県富山市岐阜県飛騨市
北ノ俣岳(きたのまただけ)は、富山市と飛騨市にまたがる飛騨山脈の標高2,662mの山である。別名は、上ノ岳(かみのだけ)。
Wikipedia    内容詳細  
1038.キラズ山  ・ 日本富山県富山市
キラズ山(キラズやま)は、富山県富山市と岐阜県飛騨市にまたがる飛騨山脈の山。標高は1,187 m。山頂は伐開されており、神通峡などの眺めが良い[1]。富山県山岳連盟において富山の百山の一つに指名されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
1039.クズバ山  ・ 日本富山県中新川郡上市町
クズバ山(クズバやま)は、富山県中新川郡上市町にある山。標高は1,876 m。富山県登山連盟の富山の百山の一つ[1]。
Wikipedia    内容詳細  
1040.呉羽丘陵  ・富山県(富山平野)
呉羽丘陵(くれはきゅうりょう)は、富山県の富山平野にある丘陵である。 呉羽丘陵は一般に呉羽山(くれはやま)とも呼ばれるが、呉羽山は呉羽丘陵の中の標高80mの山(北緯36度42分32秒 東経137度11分6秒 / 北緯36.70889度 東経137.18500度 / 36.70889; 137.18500)の名前であり、北側の呉羽山や八ヶ山、南側の城山を含めたものが呉羽丘陵である。
Wikipedia    内容詳細  
1041.黒岩山 (飛騨山脈)  ・ 日本富山県下新川郡朝日町、新潟県糸魚川市
黒岩山(くろいわやま)は、富山県下新川郡朝日町と新潟県糸魚川市にまたがる山。標高は1624m。国の特別天然記念物である白馬連山高山植物帯の区域内にある山。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1042.黒菱山  ・ 日本富山県下新川郡朝日町
黒菱山(くろひしやま)は、富山県下新川郡朝日町にある山。標高は1042m。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1043.黒部五郎岳  ・ 日本富山県富山市岐阜県高山市・飛騨市
黒部五郎岳(くろべごろうだけ)は、富山県富山市、岐阜県飛騨市および高山市にまたがる飛騨山脈の標高2,840 mの山。「黒五」と称されることもある[3]。 日本百名山[4]および花の百名山[5]に選定されている。山域は1934年(昭和9年)12月4日に中部山岳国立公園に指定されており、富山県側がその特別保護地区、岐阜県側が特別地域になっている[6]。 立山連峰が薬師岳より南下して、太郎兵衛平から北ノ俣岳を経て続くなだらかで広々とした稜線の先に、大きな圏谷(黒部五郎カール)を抱く特異な山容を見せる。花崗閃緑岩で構成され、山頂付近は岩が積み重なった砂礫地である[7]。
Wikipedia    内容詳細  
1044.黒部別山  ・ 日本富山県中新川郡立山町
黒部別山(くろべべっさん)は、富山県中新川郡立山町にある山。飛騨山脈(立山連峰)に属し、標高は2,353 m。富山県山岳連盟が制定する富山の百山の一つ。 元々は別山と呼ばれていたが、1913年の地形図で初めて黒部別山と記載された。これは立山の別山と区別するためである。 立山連峰の衛星峰で、南北に細長い台形の山容をしており、南峰、主峰、北峰がある。稜線にはカモシカ平と言われる見通しのよくきく草原がある。 黒部川の侵食により東面は急で無数の岩壁や岩稜、ルンゼがある。特に南端に位置する大タテガビン南東壁はロッククライミングの名所で、クライマーからは「黒部の魔人」と呼ばれ、奥鐘山西壁の「黒部の怪人」、丸山東壁の「黒部の巨人」とあわせて「黒部三大岩壁」に数えられる[1]。一方で西面の内蔵助平側はなだらかな薮山となっている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
1045.鍬崎山  ・ 日本富山県富山市
鍬崎山(くわさきやま)は、飛騨山脈(北アルプス)立山連峰にある富山県富山市の標高2,090 mの山。連峰の主稜線からやや離れた位置にそびえる。日本三百名山及び富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1046.毛勝三山  ・ 日本富山県魚津市、黒部市
毛勝三山(けかちさんざん)は、富山県魚津市と黒部市の間にある山岳群である。飛騨山脈立山連峰の北に連なり、毛勝山・釜谷山・猫又山で構成。この三山[注釈 1]は、片貝川の源流でもある。登山道については後述。高山植物やハイマツなどの植物も多い。山麓の雪渓の近くには、多くの山菜が自生している。
Wikipedia    内容詳細  
1047.碁石ヶ峰  ・ 日本石川県羽咋市 鹿島郡中能登町、富山県氷見市
碁石ヶ峰(ごいしがみね)は、石川県羽咋市と同県鹿島郡中能登町と富山県氷見市にまたがる山。標高は461.1m。宝達丘陵の一部。石川県側に鹿島青少年自然の家があり、夏場は小中学生が多い。独立峰で山頂の眺めが良い[1]。石川県において碁石ケ峰県立自然公園、富山県登山連盟において富山の百山の一つに指名されている。
Wikipedia    内容詳細  
1048.小白木峰  ・ 日本富山県富山市、岐阜県飛騨市
小白木峰(こしらきみね)は、岐阜県飛騨市と富山県富山市にまたがる山。標高は1436.6m。
Wikipedia    内容詳細  
1049.木挽山 (富山県)  ・ 日本富山県富山市
木挽山(こびきやま)は、富山県富山市にある山。標高は2,301m。中部山岳国立公園内にある。
Wikipedia    内容詳細  
1050.五竜岳  ・ 日本富山県黒部市・長野県大町市
五竜岳(ごりゅうだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰にある標高2,814 mの山。山体は富山県黒部市と長野県大町市にまたがり、山頂部は富山県側に位置する[3]。男性的な山容で、日本百名山の一つ[2]。「竜」のみを旧字体にして五龍岳と表記されることもある[1]。旧字体による表記は「五龍嶽」。
Wikipedia    内容詳細  
1051.金剛堂山  ・ 日本富山県富山市、南砺市岐阜県飛騨市
金剛堂山(こんごうどうざん)は、富山県富山市と南砺市にまたがる標高1,650 mの山。山頂部は富山県にあり、山域の南東面は岐阜県飛騨市に位置する。日本二百名山の一つ。白木水無県立自然公園内にある。 前金剛、中金剛、奥金剛の3つのピークがある。一等三角点のある前金剛(1,637.9 m)を金剛堂山と呼ぶが、最高峰は1,650 mの中金剛である。前金剛には一等三角点と祠があり、中金剛には富山藩第10代藩主前田利保の歌碑がある。 山頂一帯は風衝草原になっていて稜線には高い樹木がなく、草原が続く。そのため展望は非常に優れていて西に飛騨山脈が、東に両白山地の山々が望める 山頂の風景や山岳信仰の歴史から富山県西部を代表する山と言われる。
Wikipedia    内容詳細  
1052.猿ヶ山  ・ 日本富山県南砺市
猿ヶ山(さるがやま)は、富山県南砺市にある山。標高は1448m。小矢部川の源流の一つ。金沢市街と砺波平野の双方からこの山が見える。富山県登山連盟による富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1053.爺ヶ岳  ・ 日本富山県中新川郡立山町長野県大町市
爺ヶ岳(じいがたけ)は、富山県中新川郡立山町と長野県大町市にまたがる、飛騨山脈(北アルプス)・後立山連峰南部の標高2,670 mの山。山名は長野県側では「じいがたけ」と頭高型アクセントで発音される。また栂山・栂谷ノ峯・後立山・五六ヶ岳・爺岳・爺子岳の別称を持つ[3]。
Wikipedia    内容詳細  
1054.祖父岳  ・ 日本富山県富山市
祖父岳(じいだけ)は、富山県富山市にある山である。飛騨山脈の雲ノ平の東に位置しており標高は2,825m。 溶岩台地である雲ノ平のピークで、安山岩とデイサイトから成り立っている。山頂部はなだらかで、悪天候時には道に迷いやすい。西北西には谷を挟んで祖母岳(ばあだけ)がある。
Wikipedia    内容詳細  
1055.獅子岳  ・ 日本富山県中新川郡立山町芦峅寺[1]
獅々岳(ししだけ)は、富山県中新川郡立山町芦峅寺にある立山連峰(飛騨山脈)の標高2,714 mの山[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
1056.杓子岳  ・ 日本長野県北安曇郡白馬村富山県黒部市
杓子岳(しゃくしだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2,812mの山。長野県と富山県にまたがる。
Wikipedia    内容詳細  
1057.清水岳 (飛騨山脈)  ・ 日本富山県黒部市
清水岳(しょうずだけ)は、富山県黒部市にある山。標高は2,603 m。白馬岳の前衛峰である。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1058.浄土山  ・ 日本富山県中新川郡立山町
浄土山(じょうどさん)は、富山県・飛騨山脈(北アルプス)の立山連峰にある山。
Wikipedia    内容詳細  
1059.常楽園  ・富山県
常楽園(じょうらくえん)は、富山県中新川郡上市町と立山町の間にまたがる山塊。国土地理院地図では赤坂峠あたりに「常楽園」と記載されている。主峰は大観峰(標高332m)。
Wikipedia    内容詳細  
1060.白木峰  ・ 日本 富山県富山市・岐阜県飛騨市
白木峰(しらきみね)は、富山県富山市と岐阜県飛騨市の県境に位置する標高1,596mの山である。山頂に広大な草原及び高層湿原と様々な高山植物が見られるのが特徴。白木水無県立自然公園の中心の山。日本三百名山、ぎふ百山に選ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
1061.白鳥山 (新潟県・富山県)  ・ 日本新潟県糸魚川市富山県下新川郡朝日町
白鳥山(しらとりやま)は、飛騨山脈(北アルプス)後立山連峰の最北端にある標高1,287mの山。新潟県糸魚川市と富山県朝日町にまたがる。山姥山・上計呂山・寺山などの別称がある。
Wikipedia    内容詳細  
1062.城ヶ平山  ・ 日本富山県中新川郡上市町
城ヶ平山(しろがたいらやま、じょうがだいらやま)は、富山県中新川郡上市町にある山。標高は446.3m。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1063.城山 (高岡市)  ・ 日本・富山県高岡市
城山(しろやま、じょうやま)は、富山県高岡市にある標高258.9mの山。
Wikipedia    内容詳細  
1064.水晶岳  ・ 日本富山県富山市
水晶岳(すいしょうだけ)は、富山市南東部に位置する標高2,986mの飛騨山脈(北アルプス)の山である。山域は中部山岳国立公園に指定され[2]、日本百名山に選定されている[3]。別名は、黒岳。
Wikipedia    内容詳細  
1065.石動山  ・石川県鹿島郡中能登町[1][2]、七尾市、富山県氷見市[1]
石動山(せきどうさん)は、石川県鹿島郡中能登町・七尾市・富山県氷見市にまたがる標高564mの山。山頂は中能登町に位置し[3]、中能登町の最高峰でもある。
Wikipedia    内容詳細  
1066.千石城山  ・ 日本富山県中新川郡上市町
千石城山(せんごくじょうやま)は、富山県中新川郡上市町にある山。標高は757.3m。かつて修験者が剱岳を仰拝したとい展望の良い山頂がある。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1067.僧ヶ岳  ・ 日本富山県魚津市・黒部市
僧ヶ岳(そうがだけ)は、富山県魚津市と黒部市にまたがる標高1,855 mの山。飛騨山脈(北アルプス)立山連峰の北端にある。二級水系片貝川の支流である布施川(ふせがわ)の源流である。
Wikipedia    内容詳細  
1068.園家山  ・ 日本富山県下新川郡入善町
園家山(そのけやま)は、富山県下新川郡入善町にある山。標高は17m。富山県で最も標高の低い山(最低峰)であるが、山頂に一等三角点がある。 山麓にはキャンプ場と湧水がある。
Wikipedia    内容詳細  
1069.祖父岳 (飛騨高地)  ・富山県富山市
祖父岳(そふだけ)は、富山県富山市にある山。標高は837m。白木峰から続く尾根の最北端の山。地上からも目立つ尖峰をしている。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1070.大師ヶ岳  ・ 日本 富山県 高岡市・氷見市
大師ヶ岳(たいしがたけ、だいしがたけ)は、富山県の高岡市と氷見市に跨がる山。
Wikipedia    内容詳細  
1071.大乗悟山  ・ 日本富山県富山市
大乗悟山(だいじょうごやま)は、富山県富山市にある山。標高は590m。双耳峰になっている。割山自然公園「天湖森」の登山道から容易に登ることができ、山頂の眺めもよいので、ハイキングコースとして訪れる人も多い。富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1072.大日岳 (大日連峰)  ・ 日本富山県中新川郡立山町・上市町
大日岳(だいにちだけ)は、富山県にある山。飛騨山脈立山連峰から派生する大日尾根にある。山頂の標高は2,501mであるが、山頂近くの三角点の標高は2,498mである。
Wikipedia    内容詳細  
1073.大明神山 (富山県)  ・ 日本富山県魚津市
大明神山(だいみょうじんやま)は、富山県魚津市にある山。標高は2082.8m。中部山岳国立公園内にある。北日本新聞社「新越中百山」の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1074.大門山  ・ 日本石川県金沢市、富山県南砺市
大門山(だいもんざん)は、両白山地北部の石川県金沢市と富山県南砺市との県境にある標高1,572 mの山。別名が「加賀富士」[3][4]。
Wikipedia    内容詳細  
1075.高落場山  ・富山県南砺市大鋸屋・梨谷
高落場山(たかおちばやま)は、富山県南砺市にある山。標高は1122m。高清水断層による隆起によって形成された高清水山地の一つで、山系で最も南端にある。北側尾根にはブナ原生林が広がっている[1]。富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1076.高清水山地  ・富山県
高清水山地(たかしょうずさんち)は、富山県砺波市と南砺市の間にまたがる山地。地元の別名で東山連峰とも言われる。
Wikipedia    内容詳細  
1077.高清水山  ・ 日本富山県南砺市
高清水山(たかしょうずやま)は、富山県南砺市の山。標高は1145m。中腹には主にこの山の湧水を水源とし、ミズバショウの一大群落である縄ヶ池がある。高清水断層によって隆起した山で、高清水山系の最高峰である。富山の百山の一つ。庄川と小矢部川の分水嶺である。砺波平野からよく目立つ山で周囲の山々を合わせて「東山」という通称で親しまれている。
Wikipedia    内容詳細  
1078.高頭山  ・ 日本富山県富山市
高頭山(たかずこやま)は、富山県富山市にある山。標高は1210m。かつては山の中腹にタテヤマスギが自生し、杉のへき板の産地であった[1]。富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1079.高坪山  ・ 日本富山県南砺市
高坪山(たかつぼやま)は、富山県南砺市にある山。標高は1013.9m。五箇山地方のほぼ中心にある。端正な三角形の山容で、旧平村のシンボル的な存在となっていた。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1080.高峰山 (富山県)  ・ 日本富山県中新川郡上市町
高峰山(たかみねやま)は、富山県中新川郡上市町の山。標高は957.9m。富山の百山の一つ。 かつての火山であり、中腹において火山弾や窪地など火山の存在を示す遺構が見られる[1]。 周囲の山より一段と高いので、山頂で立山連峰を一望することが出来る。
Wikipedia    内容詳細  
1081.タカンボウ山  ・ 日本富山県南砺市
タカンボウ山(タカンボウやま)は、富山県南砺市にある山。標高は1,195.6 m。タカンボースキー場が所在する。山体の西側半分が白山国立公園の領域となっている。
Wikipedia    内容詳細  
1082.立山  ・富山県中新川郡立山町芦峅寺
立山(たてやま)は、富山県の飛騨山脈(北アルプス)北部にある山。中部山岳国立公園に属する。雄山(おやま、標高3,003 m)、大汝山(おおなんじやま、3,015 m)、富士ノ折立(ふじのおりたて、2,999 m)の三つの峰からなる。富山県の最高峰であり、日本海に面する道府県の最高峰である。また、日本の3,000 m級の山としては最北端・最西端に位置する。 日本三名山、日本三霊山(三大霊場、三大霊地)、日本四名山、日本百名山[図 1]、新日本百名山[図 2]および花の百名山[図 3]に選定され、富山県のシンボルの一つとされている。
Wikipedia    内容詳細  
1083.立山火山  ・富山県中新川郡立山町
立山火山(たてやまかざん)は、飛騨山脈(北アルプス)立山連峰西斜面にある活火山。弥陀ヶ原火山(みだがはらかざん)とも呼ばれる。富山県に属する。
Wikipedia    内容詳細  
  #立山町の成層火山の山    #富山県の成層火山の山    #全国の成層火山の山  
1084.太郎山 (飛騨山脈)  ・ 日本富山県富山市
太郎山(たろうやま)は、富山県富山市南東部にある標高2,373 mの立山連峰の山[2]。
Wikipedia    内容詳細  
1085.月ヶ原山  ・ 日本富山県南砺市、石川県金沢市
月ヶ原山(つきがはらやま)は、石川県金沢市と富山県南砺市にまたがる山。標高は1169.8m。
Wikipedia    内容詳細  
1086.剱岳  ・富山県中新川郡上市町、立山町
剱岳(つるぎだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)北部の立山連峰にある標高2,999 m[1]の山。富山県の上市町と立山町にまたがる。中部山岳国立公園内にあり[3]、山域はその特別保護地区になっている。日本百名山[4]および新日本百名山[5]に選定されている。立山、鹿島槍ヶ岳、唐松岳と並び、日本では数少ない氷河の現存する山である[6][7]。
Wikipedia    内容詳細  
1087.寺地山  ・ 日本富山県富山市岐阜県飛騨市
寺地山(てらじやま)は、富山県富山市と岐阜県飛騨市にまたがる標高1,996 mの立山連峰の山[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
1088.塔倉山  ・ 日本富山県中新川郡立山町
塔倉山(とうのくらやま)は、富山県中新川郡立山町にある山。標高は730m。白岩川源流の山で双耳峰が特徴。山頂は展望が良い。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1089.尖山 (富山県)  ・ 日本富山県中新川郡立山町
尖山(とがりやま)は、富山県中新川郡立山町の山。独立峰であり、地上の四方どこからも綺麗な円錐形に見える。山頂の展望も立山連峰や富山平野を一望出来るなど、大変良い。地域での通称は、「とんがり山」。 山頂では、和鏡などの遺物が発掘されている。 近代以降では、UFOの飛行場や古代ピラミッド説などの謂れのミステリースポットとしても知られるようになった。
Wikipedia    内容詳細  
1090.戸田峰  ・ 日本富山県富山市
戸田峰(とだみね)は、富山県富山市にある山。標高は1227.0m。北日本新聞社「越中百山」および「新越中百山」の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1091.鳶山  ・ 日本・富山県中新川郡立山町
鳶山(とんびやま)は、富山県中新川郡立山町にある飛騨山脈(立山連峰)の山。
Wikipedia    内容詳細  
1092.中山 (富山県)  ・ 日本富山県中新川郡上市町
中山(なかやま)は、富山県中新川郡上市町にある標高1,255mの山である。 奥大日岳から北西に派生する尾根の末端にある。山頂からは、剱岳の大展望が望めるため、多くの登山者が訪れる。山中には立山杉の巨木があり、そこは五本杉ノ平と呼ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
1093.鍋冠山 (富山県)  ・富山県中新川郡上市町
鍋冠山(なべかんむりやま)は、富山県中新川郡上市町にある山。標高は900m。登山道はなく、残雪期に登るか藪漕ぎが必要があったが、最近は草刈りがなされ、無雪期でも登れる。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1094.奈良岳  ・石川県金沢市石川県白山市富山県南砺市
奈良岳(ならだけ)は、石川県金沢市と白山市、富山県南砺市の3市にまたがる標高1,644mの両白山地北部の山。金沢市の最高峰であり、山頂に国土地理院の三等三角点(点名は「三方山」)が設置されている[1]。別称、倉谷三方岳[2]。
Wikipedia    内容詳細  
1095.鳴沢岳  ・ 日本長野県大町市富山県中新川郡立山町
鳴沢岳(なるさわだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)北部の後立山連峰にある標高2,641 mの山[2]。長野県大町市と富山県中新川郡立山町にまたがり、中部山岳国立公園内にある[3]。
Wikipedia    内容詳細  
1096.南保富士  ・ 日本富山県下新川郡朝日町
南保富士(なんぼふじ)は、富山県下新川郡朝日町にある山。標高は727m。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1097.濁谷山  ・ 日本富山県魚津市、中新川郡上市町
濁谷山(にごりだんやま)は、富山県魚津市と中新川郡上市町にまたがる山。標高は1238m。山頂には一等三角点がある。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1098.西大谷山  ・ 日本富山県中新川郡上市町
西大谷山(にしおおたんやま)は、富山県中新川郡上市町にある山。標高は2086.9m。中部山岳国立公園内にある。
Wikipedia    内容詳細  
1099.人形山  ・ 日本富山県南砺市岐阜県大野郡白川村
人形山(にんぎょうざん)は、富山県南砺市(五箇山地域)と岐阜県白川村(白川郷)にまたがる飛騨高地北部に位置する標高1,726 mの山である[2]。日本三百名山[3]、新日本百名山[4]およびぎふ百山[5]の一つに選定されている。登山口は富山県側にある。
Wikipedia    内容詳細  
1100.野口五郎岳  ・富山県富山市、長野県大町市
野口五郎岳(のぐちごろうだけ)は、飛騨山脈中部にある、標高2,924mの山。
Wikipedia    内容詳細  
1101.祖母岳  ・ 日本富山県富山市
祖母岳(ばあだけ)は、富山県富山市、中部山岳国立公園内の飛騨山脈雲ノ平にある山[1]。山というより小高い丘である。雲ノ平山荘から植物保護のため木道を用いた登山道が整備され、山頂にはベンチが設置されている[2]。一帯はアルプス庭園と呼ばれていて、森林限界のハイマツ帯で多くの高山植物が見られる[3]。雲ノ平には祖父岳(じいだけ)という山もある。
Wikipedia    内容詳細  
1102.袴腰山 (富山県)  ・ 日本富山県南砺市上田・小瀬
袴腰山(はかまごしやま)は、富山県南砺市にある山。ただし、2万5千分の1地形図には山名の記載はない[1]。そのため標高の記載には1165m[2]、1163m[3]、1159m[1]とばらつきがある。東海北陸自動車道の袴腰トンネルのほぼ真上にある。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1103.ハゲ山 (上市町)  ・ 日本富山県中新川郡上市町
ハゲ山(ハゲやま)は、富山県中新川郡上市町にある山。標高は464.7m[1]。
Wikipedia    内容詳細  
1104.鉢ヶ岳  ・ 日本新潟県糸魚川市富山県下新川郡朝日町
鉢ヶ岳(はちがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2,563mの山。富山県と新潟県にまたがる。
Wikipedia    内容詳細  
1105.鉢伏山 (富山県富山市)  ・富山県富山市
鉢伏山(はちふせやま)は、富山県富山市にある山。標高は1782m。山頂は草原や高層湿原で眺めがよく、またコバイケイソウなどが自生する。[1]。富山県登山連盟において富山の百山の一つに指名されている。県立有峰自然公園内にある。
Wikipedia    内容詳細  
1106.鉢伏山 (高岡市)  ・ 日本・富山県高岡市
鉢伏山(はちぶせやま)は、富山県高岡市にある山。 標高179.2m。二上丘陵の最高峰である二上山の東側に位置する[1]。 曹洞宗の寺院である佛舎利山佛石寺があり、高さ20mの仏舎利塔のほか、礼拝殿、祖堂がある[2]。 佛石寺から更に下った二上山万葉ライン沿いには、「平和の鐘」と呼ばれる大きな梵鐘がある。これは1969年に高岡開町360年、高岡市制施行80年の記念に建立されたものである。「平和の鐘」の周辺は駐車場やトイレが整備されている。「平和の鐘」は誰でも自由に撞くことができる(夜間は騒音防止のため禁止)。かつては平和の鐘に隣接して「長八茶屋」「万葉荘」といった飲食・休憩施設もあったが、現在は廃業となっている。
Wikipedia    内容詳細  
1107.八ヶ山
八ヶ山(はっかやま)は、富山県富山市の町名である。元々は呉羽丘陵北端の山名であった。かつて八ヶ山遊園があった。
Wikipedia    内容詳細  
1108.初雪山  ・ 日本富山県下新川郡朝日町
初雪山(はつゆきやま)は、飛騨山脈の富山県下新川郡朝日町にある標高1,615mの山。北日本新聞社発表の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1109.針ノ木岳  ・ 日本富山県中新川郡立山町長野県大町市
針ノ木岳(はりのきだけ)は、富山県中新川郡立山町と長野県大町市にまたがる標高2,821 mの山。中部山岳国立公園内にあり[3]、後立山連峰に属する。
Wikipedia    内容詳細  
1110.日尾御前山  ・ 日本富山県富山市
日尾御前山(ひおごぜんやま)は、富山県富山市にある山。標高は1054m。
Wikipedia    内容詳細  
1111.東笠山  ・ 日本富山県富山市
東笠山(ひがしかさやま)は、富山県富山市の熊野川源流部にある山。標高は1687m。越中の百山の一つ。穏やかな山頂には高層湿原に分類される草原が広がり、高山植物が多く自生する。
Wikipedia    内容詳細  
1112.鋲ヶ岳  ・ 日本富山県黒部市
鋲ヶ岳(びょうがだけ)は、富山県黒部にある山。標高は861.1m。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1113.夫婦山  ・ 日本富山県富山市
夫婦山(めおとやま)は、富山県富山市にある山。標高は784m。八尾町小井波の集落から見て左側は男峰、右側は女峰となっている。標高の割には急な登山道で難易度は高い。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1114.二上丘陵  ・富山県
二上丘陵(ふたがみきゅうりょう)は、富山県高岡市と氷見市の間にまたがる丘陵。宝達丘陵から分岐する尾根のうち、海老坂断層の構造線である海老坂谷より東側にある丘陵のことを指す。なお、海老坂断層より西側の丘陵を西山丘陵と言う。最高峰は二上山(274m)。
Wikipedia    内容詳細  
1115.二上山 (富山県)  ・ 日本 富山県 高岡市・氷見市
二上山(ふたがみやま)は、富山県の高岡市と氷見市に跨がる標高274mの山。二上丘陵の主峰。
Wikipedia    内容詳細  
1116.船窪岳  ・ 日本富山県富山市・長野県大町市
船窪岳(ふなくぼだけ)は、後立山連峰にある富山県富山市と長野県大町市にまたがる山。一般的かつ大町市の表記での標高は「第2ピーク」の2459m。ただし国土地理院地図では山頂より低い船窪乗越あたりの2303mの(第1)ピークに船窪岳と記載されており両ピークに標識がある。山名は船窪乗越あたりの稜線が大きな船底の形のように窪んでいることに由来する。
Wikipedia    内容詳細  
1117.別山  ・ 日本富山県中新川郡立山町
別山(べっさん)は、富山県・飛騨山脈(北アルプス)の立山連峰にある標高は2,880mの山。
Wikipedia    内容詳細  
1118.宝達山  ・ 日本 石川県羽咋郡宝達志水町
宝達山(ほうだつさん)は、石川県中部にある山。山域は羽咋郡宝達志水町、かほく市、河北郡津幡町、富山県氷見市、高岡市に跨り、山頂は宝達志水町にある。標高は637.1m。
Wikipedia    内容詳細  
1119.細蔵山  ・ 日本富山県中新川郡上市町
細蔵山(ほそぞうやま)は、富山県中新川郡上市町にある山。標高は1551m。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1120.真砂岳 (立山連峰)  ・ 日本富山県中新川郡立山町
真砂岳(まさごだけ)は、飛騨山脈北部の立山連峰[2]の富山県中新川郡立山町にある標高2,861 mの山[1][3]。
Wikipedia    内容詳細  
1121.マルツンボリ山  ・ 日本富山県南砺市
マルツンボリ山(マルツンボリやま)は、富山県南砺市にある山。標高は1,236.8 m。
Wikipedia    内容詳細  
1122.見越山  ・石川県金沢市富山県南砺市
見越山(みこしやま)は、石川県金沢市と富山県南砺市との県境にある標高1,621mの両白山地の山。金沢市第2の高峰である。
Wikipedia    内容詳細  
1123.水無山 (富山県・岐阜県)  ・ 日本富山県南砺市・岐阜県飛騨市
水無山(みずなしやま)は、富山県南砺市と岐阜県飛騨市にまたがる山。岐阜百山に指定されている。標高は1505.6m。白木水無県立自然公園の中核である。
Wikipedia    内容詳細  
1124.三ヶ辻山  ・ 日本富山県南砺市、岐阜県大野郡白川村
三ヶ辻山(みつがつじやま)は、富山県南砺市と岐阜県大野郡白川村にまたがる山。標高は1,764 m。山頂は池塘があり、ニッコウキスゲの群落がある他、眺めが良い。富山県登山連盟による富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1125.室堂山  ・ 日本富山県中新川郡立山町
室堂山(むろどうやま)は、富山県中新川郡立山町の室堂平にある山。標高は2668m。中部山岳国立公園内にある。
Wikipedia    内容詳細  
1126.元取山  ・ 日本富山県高岡市
元取山(もととりやま)は、富山県高岡市にある山。標高は196m。中世山城の鴨城跡がある。ふくおか西山県立公園にある。富山県登山連盟の富山の百山の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
1127.八乙女山  ・ 日本富山県南砺市
八乙女山(やおとめやま)は、富山県南砺市井波の山。旧スキー場もあり、キャンプ場、ログハウス、テニスコート、レストラン、展望台などがある。
Wikipedia    内容詳細  
1128.薬師岳  ・ 日本 富山県富山市
薬師岳(やくしだけ)は、富山県富山市南東部に位置する標高2,926 mの山。剱岳・立山と並ぶ飛騨山脈(北アルプス)立山連峰の主要峰であり、山域は中部山岳国立公園に指定されている[3]。山頂に