オーサムサーチジャパン

全国の海岸

クリックするとその県に飛びます。

北海道の海岸

1.北オホーツク
北オホーツク(きたオホーツク)は、北海道の道北、オホーツク海側の北部地域を指す地域名称である。主に、北から稚内市(オホーツク海側)、猿払村、浜頓別町、枝幸町、つまり宗谷総合振興局管内地域が該当する。枝幸、浜頓別、猿払の各町村にわたる総面積3927haが北オホーツク道立自然公園に指定されており、湖沼、湿地、原生花園などの自然が守られている。
Wikipedia    内容詳細  
2.北見神威岬  ・北海道枝幸郡枝幸町
北見神威岬(きたみかむいみさき)は、北海道枝幸郡浜頓別町と枝幸町にまたがり、オホーツク海に突き出す岬である。北オホーツク道立自然公園内、北海道の浜頓別町と枝幸町との境界線上に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
3.金屏風・銀屏風
金屏風・銀屏風(きんびょうぶ・ぎんびょうぶ)は、北海道室蘭市の絵鞆半島にある2つの海食崖である。
Wikipedia    内容詳細  
4.原生花園
原生花園(げんせいかえん)とは、人為的な手を加えず自然をそのままにした状態でも色鮮やかな花が咲く、湿地帯や草原地帯のこと。独特の植生が見られることで知られ、自然の花畑とも呼べる。
Wikipedia    内容詳細  
5.小清水原生花園
小清水原生花園(こしみずげんせいかえん)とは、北海道斜里郡小清水町にある砂丘上の草原地帯に広がる原生花園である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
6.ゴメ島  ・北海道枝幸郡枝幸町
ゴメ島(ごめじま)は、北海道枝幸郡枝幸町に属する無人島。同町音標(おとしべ)の海岸から北東方約500メートル沖合に位置する離島であり、漁港がある音標岬からは直線距離にして約1キロメートル離れている。島名の「ゴメ」は日本語の北海道方言でカモメを意味し、ウミネコやオオセグロカモメの繁殖地[2]であることから町指定文化財の天然記念物となっている。また音標ゴメ島遺跡が存在する。
Wikipedia    内容詳細  
7.西の河原
西の河原(さいのかわら)は、北海道古宇郡神恵内村珊内(さんない)ジュウボウ岬にある霊場。アイヌ語で「神の遊びしところ」を意味する「カムイミンタラ」と呼ばれていた。
Wikipedia    内容詳細  
8.汐首岬
汐首岬(しおくびみさき)は、北海道亀田半島最南端の岬である[1]。函館市(旧:亀田郡戸井町)汐首町に属する[2]。付近は海岸段丘が発達しており、西には函館山、東には恵山を望む景勝地[1]。恵山道立自然公園の一部[3]。汐首の由来はアイヌ語のシリ・ポク(山・下の意)[3]。
Wikipedia    内容詳細  
9.島武意海岸
島武意海岸(しまむいかいがん)は、北海道積丹町出岬町にある日本海に面した海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
10.積丹半島
積丹半島(しゃこたんはんとう)は北海道西部、後志総合振興局にある半島である。地名の由来はアイヌ語のシャク・コタン(夏の村)である。日本海に向かって突き出ており、地質学上では那須火山帯に属する後志火山群の延長上に位置する。半島部の全長は約30km、地形は平野部が少なく急峻で、中心では積丹岳や余別岳が脊梁をなし、沿岸は複雑な海岸線が連続する。そのため、風光明媚な景観に富み、海岸線一帯はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
11.積丹岬
積丹岬(しゃこたんみさき)は、北海道西部、積丹半島の北端にあたる岬。
Wikipedia    内容詳細  
12.砂坂海岸  ・ 日本、北海道檜山郡江差町檜山道立自然公園、
砂坂海岸(すなさかかいがん)は北海道檜山郡江差町にある海岸。背部にはクロマツを主体とした松林があり、砂坂海岸林(すなさかかいがんりん)と呼ばれる。一帯は檜山道立自然公園に含まれる。
Wikipedia    内容詳細  
13.チキウ岬
チキウ岬(チキウみさき)は、北海道室蘭市の太平洋に面する岬。名前はアイヌ語の「(ポロ・)チケプ」(ci-ke-p、親である・断崖)に由来しており[1][2]、それが転訛して一般的に地球岬(ちきゅうみさき)と呼ばれている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
14.大森浜
大森浜(おおもりはま)は、北海道函館市の海岸である。住吉漁港より湯の川温泉、松倉川河口付近までの津軽海峡に面している。
Wikipedia    内容詳細  
15.トッカリショ
トッカリショは、北海道室蘭市の地名。地球岬の東側に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
16.海驢島  ・北海道礼文郡礼文町
海驢島(とどじま、とどしま)は、北海道礼文郡礼文町(大字船泊村)に属する無人島。名称は「海馬島」や「トド島」とも表記され、またアイヌ語における名称はポンモシリ(Ponmosir)である。礼文島のスコトン岬から北方約1キロメートル沖合に位置する離島であり、白浜の須古頓漁港から直線距離にして約2キロメートル、江戸屋の浜中漁港からは約3キロメートル離れている。利尻礼文サロベツ国立公園に含まれる島であり、20世紀初頭から1980年代にかけては昆布やウニの漁期に限って漁業者が居住していた。高台には海驢島灯台が存在する。
Wikipedia    内容詳細  
17.トドワラ
トドワラは、北海道東部の根室振興局野付郡別海町の野付半島にある、立ち枯れたトドマツ林の跡である。同じく野付半島内にあるナラワラについても当項で述べる。
Wikipedia    内容詳細  
18.アゼチ岬
アゼチ岬(アゼチみさき)は、「アゼチの岬」とも呼ばれ、北海道厚岸郡浜中町にある岬。琵琶瀬湾に浮かぶテーブル状のゴメ島、小島、嶮暮帰島を一望できる。付近一帯はエトピリカの営巣地である。[1][2]
Wikipedia    内容詳細  
19.プユニ岬
プユニ岬(プユニみさき、Cape Puyuni[1])は、知床半島北岸にある岬。 世界遺産「知床」の構成遺産である。
Wikipedia    内容詳細  
20.イタンキ浜
イタンキ浜(イタンキはま)は、北海道室蘭市みゆき町にある砂浜及びその地名。チキウ岬の北東に位置し、太平洋に面して約1.7kmの砂浜海岸を形成している。鳴き砂があることで知られ、日本の渚百選に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
21.マスイチ浜
マスイチ浜(ますいちはま)は、北海道室蘭市にある浜。絵鞆半島の太平洋側に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
22.室蘭八景
室蘭八景(むろらんはちけい)とは1970年に一般市民からの投票などをもとに選定された[1]、北海道胆振管内室蘭市を代表する8つの景勝地である。
Wikipedia    内容詳細  
23.襟裳岬
襟裳岬(えりもみさき)は、北海道幌泉郡えりも町えりも岬に属し、太平洋に面する岬。北緯41度55分28秒、東経143度14分57秒。北海道の形を大きく表徴する自然地形の一つである。日高山脈の最南端で、太平洋に向かって南へ突き出しており、海上には岩礁が点在する。
Wikipedia    内容詳細  
24.エンルム岬
エンルム岬(エンルムみさき)は、北海道様似郡様似町にある岬の名称(アポイ岳世界ジオパーク 様似海岸エリア Geological Site C3)[1]。 エンルㇺ[2]とはアイヌ語で「岬」という意味であり、様似川河口東岸の所から島のような岬が伸びていて、そこが「エンルム」と呼ばれている[3]。 エンルム岬は直訳すると「岬岬」ということになる[4]。 地名の由来は、アイヌ語の「エンルㇺ(enrum)」(岬)または「エㇽムン(ermun)」(ネズミ)などがある[5]。
Wikipedia    内容詳細  
25.ローソク岩
ローソク岩(ローソクいわ)は、北海道余市郡余市町豊浜町沖、約550mに存在する岩[1]であり、無人島である。
Wikipedia    内容詳細  
26.落石岬
落石岬(おちいしみさき)は、北海道根室市の根室半島の付け根に位置し、太平洋に突き出た岬。
Wikipedia    内容詳細  
27.尾花岬
尾花岬(おばなみさき)は、北海道最西端の岬である。北海道久遠郡せたな町に位置し、日本海に面している。
Wikipedia    内容詳細  
28.雄冬岬
雄冬岬(おふゆみさき)は、北海道石狩市浜益区の国道231号線沿いの雄冬海岸に位置する断崖の中にある岬。
Wikipedia    内容詳細  
29.神威岬
神威岬(かむいみさき)は、北海道積丹郡積丹町大字神岬町にある岬。積丹半島北西部から日本海に突き出している。ニセコ積丹小樽海岸国定公園に属している。
Wikipedia    内容詳細  

青森県の海岸

30.淋代海岸
淋代海岸(さびしろかいがん)は、青森県三沢市にある海岸である。日本の白砂青松100選に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
31.千畳敷 (青森県)
千畳敷(せんじょうじき)は、青森県西津軽郡深浦町にある海岸。津軽国定公園に属する。地名をとって深浦千畳敷とも。
Wikipedia    内容詳細  
32.竜飛崎
龍飛崎(たっぴざき)[1]は、青森県東津軽郡外ヶ浜町三厩龍浜にある津軽海峡に突き出た岬。津軽半島の最北端に位置する[2]。津軽国定公園の一部[2]。
Wikipedia    内容詳細  
33.種差海岸
種差海岸(たねさしかいがん)は、青森県八戸市最東部に位置し、太平洋に面する海岸である。三陸復興国立公園内にあり、国の名勝に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
34.仏ヶ浦
仏ヶ浦(ほとけがうら)は、青森県下北半島西岸の下北郡佐井村南部に所在する景勝地。古くは仏宇陀(ほとけうた、ほとけうだ)と称した。国の名勝および天然記念物に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
35.大須賀海岸
大須賀海岸(おおすかかいがん)は青森県八戸市にある海岸。三陸復興国立公園(種差海岸階上岳地域、鮫角〜白浜地区)に位置する[1]。
Wikipedia    内容詳細  

岩手県の海岸

36.北山崎
北山崎(きたやまざき)は、三陸復興国立公園の北部、岩手県下閉伊郡田野畑村北山にある断崖絶壁の自然景勝地。北は黒崎、南は弁天崎まで続く高台の中間付近にある。「やませ」と言われる風や濃霧が海上に発生しやすく、雲のような霧が断崖麓の海面を覆う時もある。
Wikipedia    内容詳細  
37.黒崎 (岩手県)
黒崎(くろさき)は、岩手県下閉伊郡普代村にある景勝地で三陸復興国立公園の一部。太平洋に突き出しており、北緯40度線が通過する世界最東端の地である。
Wikipedia    内容詳細  
38.碁石海岸
碁石海岸(ごいしかいがん)は、岩手県大船渡市末崎半島にある[1]、碁石のような扁平な石(黒色の泥岩による円礫)を主体とする海岸、および、周辺の観光エリアの総称。三陸復興国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
39.小袖海岸
小袖海岸(こそでかいがん)は、岩手県久慈市の久慈湾南東部に位置する海岸および景勝地。三陸復興国立公園および久慈海岸平庭県立自然公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
40.三王岩 (岩手県)
三王岩(さんのういわ)は岩手県宮古市田老にある海岸景勝地。男岩(高さ50m)、女岩(高さ23m)、太鼓岩(高さ17m)が並び立つ。1992年9月4日、県指定天然記念物に指定された。遊歩道などの施設も整備されていた。2011年の震災の影響により岩自体は津波に耐えたものの、遊歩道は一部破損、手すりはもぎ取られ立ち入りは危険な状態にあり、役所としては立ち入らないように遊歩道入口に注意書きが書かれている。三陸復興国立公園内に属する
Wikipedia    内容詳細  
41.浄土ヶ浜
浄土ヶ浜(じょうどがはま)は、岩手県宮古市にある海岸。国の名勝に指定されている。三陸復興国立公園に属し、三陸を代表する景勝地の1つである。
Wikipedia    内容詳細  
42.高田松原
高田松原(たかたまつばら)は、岩手県陸前高田市気仙町の太平洋(広田湾)岸にある松原である。以下、本項において「松原」と略記する。
Wikipedia    内容詳細  
43.つりがね洞
つりがね洞(つりがねどう)は、岩手県久慈市三陸復興国立公園小袖海岸にある名所のひとつ。
Wikipedia    内容詳細  
44.青の洞窟 (陸中海岸)
青の洞窟(あおのどうくつ)は、岩手県宮古市、陸中海岸の浄土ヶ浜にある洞窟[1]。別名 八戸穴(はちのへあな)と言われ、青森県八戸市に続いていると言われている。
Wikipedia    内容詳細  
45.鵜ノ巣断崖
鵜ノ巣断崖(うのすだんがい)は、岩手県下閉伊郡田野畑村にある海岸景勝地。太平洋に沿って標高200mにも及ぶ大規模な断崖絶壁となっており、太平洋に突き出したような地形が特色。名の由来は中腹にウミウ及びカワウの営巣地があることに因み、鵜ノ巣断崖と名付けられたとされる。三陸海岸北部を代表する景勝地の一つで、三陸復興国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
46.綾里崎
綾里崎(りょうりざき)は、三陸リアス式海岸の岬のひとつで岩手県大船渡市三陸町綾里に在する。綾里崎先端の高さは300m、中間にある立石山(たていしやま)の標高354m、長さ約5km。岬先端に綾里崎灯台、立石山中腹に気象庁大気環境観測所が設置されてある。牡鹿半島金華山から北方100kmに位置する突き出た岬のため、南三陸近海の指標となる岬。
Wikipedia    内容詳細  
47.重茂半島
重茂半島(おもえはんとう)は、岩手県南東部、太平洋に面する本州最東端の半島。無数の入り江と半島が連続する三陸海岸の中でも最大の半島。
Wikipedia    内容詳細  

宮城県の海岸

48.三陸海岸
三陸海岸(さんりくかいがん)は、青森県南東部の鮫角(八戸市)から宮城県東部の万石浦(石巻市)まで、総延長600キロメートル余りの海岸である[1]。おおむね、岩手県宮古市を境として北部は海岸段丘が発達し、南部はリアス式海岸となっている[2]。世界三大漁場「三陸沖」などでの漁業や観光が盛んな地域である。三陸の名称はかつての陸奥国、陸中国、陸前国に由来する。
Wikipedia    内容詳細  
49.菖蒲田海水浴場  ・宮城県宮城郡七ヶ浜町菖蒲田浜字長砂(花渕浜字長須賀)
菖蒲田海水浴場(しょうぶたかいすいよくじょう)は、宮城県宮城郡七ヶ浜町南部の仙台湾に面した海水浴場[1]であり、同浴場の実行委員会によって開設されている。「菖蒲田浜海水浴場」と表記・発音される場合もある[1][2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
50.深沼海水浴場  ・宮城県仙台市若林区荒浜
深沼海水浴場(ふかぬまかいすいよくじょう)は、宮城県仙台市若林区荒浜に存在する海水浴場。
Wikipedia    内容詳細  
51.松島
松島(まつしま)は、宮城県北東部の松島湾内外にある約260の島々からなる諸島やそれを擁する多島海[1](島の数については諸説ある。後述)。または、湾周囲を囲む松島丘陵も含めた修景地区のことである。日本三景の一つに数えられている[1]。2019年の観光入込客数は約598万人[2]。かつては「東の松島 西の象潟」と謳われ、同じく東北地方に存在していた修景地の象潟と並び称されていた。
Wikipedia    内容詳細  
52.岩井崎
岩井崎(いわいさき)は、宮城県気仙沼市の中心部から10km南にある気仙沼湾入り口の岬。2015年に南三陸金華山国定公園を編入するまでは、三陸復興国立公園の最南端だった。石灰岩の岩場が続く岬で、波の高い日は吹き潮が見られる。岩井崎石灰岩化石は宮城県の天然記念物に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
53.万石浦  ・ 日本宮城県石巻市、牡鹿郡女川町
万石浦(まんごくうら)は、宮城県の石巻市及び牡鹿郡女川町にまたがる[1]海跡湖である。
Wikipedia    内容詳細  
54.大島 (宮城県気仙沼市)  ・ 日本(宮城県)
大島(おおしま)は、日本の東北地方の三陸海岸に位置する、面積8.50平方キロメートルの島。行政上は宮城県気仙沼市に属する有人島。通常「大島」と呼ばれるが、全国各地にある他の「大島」と区別する場合「気仙沼大島(けせんぬま おおしま)」と呼ばれる[2]。2012年時点で約1000世帯約3,000人が暮らし、面積・人口共に宮城県および東北地方最大の島である。
Wikipedia    内容詳細  
55.余景の松原
余景の松原(よげのまつばら)は宮城県東松島市にある海岸の松原。
Wikipedia    内容詳細  
56.巨釜半造
巨釜・半造(おおがまはんぞう、英: Oogama Hanzo)は、唐桑半島(宮城県気仙沼市唐桑町)中ごろにある三陸復興国立公園の名勝。巨釜の折石(おれいし)は高さ16m、幅3m。左へ移動すると幅2mと細く、右へ移動すると幅4mと太く見える。石灰岩が変質した熱変成岩地帯で、ほとんどの岩が方解石からできている。波飛沫をかぶるため黒ずんでいる岩の表面の中身は灰色から白色の結晶質石灰岩。大型低気圧が通過した翌日と翌々日、波が炭酸水のように泡立つ。巨釜(北緯38度53分48.0秒 東経141度39分51.0秒 / 北緯38.896667度 東経141.664167度 / 38.896667; 141.664167 (巨釜))と半造(北緯38度53分34.5秒 東経141度40分01.5秒 / 北緯38.892917度 東経141.667083度 / 38.892917; 141.667083 (半造))の間は幅500mの前田浜(まえだはま)でつながり、その入り江には高さ10m、幅70mほどの八幡岩(はちまんいわ)、500m沖には人参島(にんじんじま)の岩礁にぶつかる白波がわずかに見える。
Wikipedia    内容詳細  
57.御崎 (宮城県)
御崎(おさき)は、宮城県気仙沼市唐桑町に所在する唐桑半島先端の景観地である。三陸復興国立公園が南三陸金華山国定公園を編入するまでは、旧陸中海岸国立公園(1955~2013)南端だった。岬には御崎岬灯台があり、老磯島(おいそじま)、児置島(こおきじま)、御山崎(おやまざき)と三つの岩島が半島先端の東沿岸に並んでいる。御崎駐車場からアカマツ林を500m南へ歩くと御崎岬(おさきさき)へ出る。太平洋に突き出た岬のため海水の透明度は高く、黒潮が4月から10月まで北上、親潮が11月から3月まで南下する海域にある。
Wikipedia    内容詳細  

秋田県の海岸

58.入道崎
入道崎(にゅうどうざき)は、秋田県男鹿市、男鹿半島北西端に位置し、日本海に突出する岬。入道岬と表記することもある。
Wikipedia    内容詳細  
59.風の松原
風の松原(かぜのまつばら)とは、秋田県能代市の海岸に面した約700万本のクロマツによる海岸防災林のことである[1]。760haの全域が保安林に指定されており、砂防林、防砂林、防潮林、防風林などの複合的機能を持つ。保健保安林でもあり、林内には、サイクリングコースやジョギングコースが設けられ市民の憩いの場にもなっている。
Wikipedia    内容詳細  

山形県の海岸

60.十六羅漢岩
十六羅漢岩 (じゅうろくらかんいわ)は、山形県飽海郡遊佐町にある22体の磨崖仏の総称。地元の吹浦[注 1]海禅寺の21代寛海和尚が、仏教の隆盛と衆生の救済、事故死した漁師の供養と海上安全を願って、1864年から5年の年月をかけ、1868年に完成させた[1][2][3][4][5][6][7][8]。水産庁による「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選出されている
Wikipedia    内容詳細  
61.飛島 (山形県)  ・ 日本 山形県酒田市
飛島(とびしま)は、日本海に浮かぶ島。山形県酒田市に属する[1]。離島振興対策実施地域(1955年指定)[2]。
Wikipedia    内容詳細  
62.三崎公園 (秋田県・山形県)
三崎公園(みさきこうえん)は、秋田県にかほ市と山形県遊佐町にまたがる三崎にある、海浜公園である。鳥海国定公園の一部である。
Wikipedia    内容詳細  

福島県の海岸

63.大洲海岸
大洲海岸(おおすかいがん)は、福島県相馬市にある海岸、景勝地。日本の渚百選に選ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
64.松川浦  ・ 日本福島県相馬市
松川浦(まつかわうら)は、福島県相馬市原釜と磯辺の間にある潟湖[2]。白砂青松で知られており松川浦県立自然公園に指定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  

茨城県の海岸

65.高戸海岸
高戸海岸(たかどかいがん)は、茨城県高萩市にある海岸。高萩市内の複数に分けられる海岸地域の1つであり、「高戸小浜海岸」ともよばれる。同海岸は茨城県立の海岸公園にも指定され、日本の渚百選にも選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
66.五浦海岸
五浦海岸(いづらかいがん[1])は、茨城県北茨城市大津町五浦にある海岸、景勝地。花園花貫県立自然公園に属する。「関東の松島」の異名を持つ[2]。岡倉天心旧宅・庭園及び大五浦・小五浦の一部として国の登録記念物に登録されている[3]。
Wikipedia    内容詳細  
67.大洗海岸
大洗海岸(おおあらいかいがん)は、茨城県東茨城郡大洗町にある海岸、景勝地。大洗県立自然公園に含まれる。かつては潮湯治の場として群馬県出身の詩人の山村暮鳥が結核療養のために晩年を過ごした。ひたちなか市にある平磯海岸と同じく県内初の海水浴場である。久慈川などから水が入っているため、水晶が入っている石英の塊や、瑪瑙、赤瑪瑙、玉髄、レッドジャスパーが取れる
Wikipedia    内容詳細  

千葉県の海岸

68.九十九里浜  ・ 日本千葉県旭市、匝瑳市、山武市、大網白里市、いすみ市、横芝光町、九十九里町、白子町、一宮町、長生村
九十九里浜(くじゅうくりはま)は、千葉県東部の刑部岬から太東崎までに及ぶ太平洋沿岸に面する、日本最大級の砂浜海岸。全域が千葉県立九十九里自然公園に指定されており、日本の白砂青松100選、日本の渚百選に選定されている[1][2][3]。『日本書紀』景行紀は玉浦とし、両端には玉前・玉崎神社があり、のち源頼朝が1里ごとに矢を立て99本に達したことから九十九里矢指ヶ浦と呼ばれた。
Wikipedia    内容詳細  
69.稲毛海浜公園  ・ 日本千葉市美浜区 高浜
稲毛海浜公園(いなげかいひんこうえん、英:Inage Seaside Park)は、千葉県千葉市美浜区にある都市公園(総合公園)である。東京湾(千葉港第5区)に面し、長さ約3km、面積約83ha。
Wikipedia    内容詳細  
70.千葉県立九十九里自然公園  ・ 日本千葉県千葉市緑区銚子市・旭市・匝瑳市・山武市・東金市・大網白里市山武郡横芝光町・九十九里町長生郡白子町・一宮町・長生村
千葉県立九十九里自然公園(ちばけんりつくじゅうくりしぜんこうえん)は、九十九里浜を中心とした千葉県東部に位置する都道府県立自然公園。自然公園施設として上永井自然公園、片貝自然公園、白子自然公園が整備されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
71.江川海岸  ・ 日本 千葉県木更津市
江川海岸(えがわかいがん)は、千葉県木更津市の木更津港(東京湾)に面した海岸。海岸部には盤州干潟が形成されている[1][2]。潮干狩り場や絶景スポットとして観光名所となっている。
Wikipedia    内容詳細  
72.九十九里浜  ・ 日本千葉県旭市、匝瑳市、山武市、大網白里市、いすみ市、横芝光町、九十九里町、白子町、一宮町、長生村
九十九里浜(くじゅうくりはま)は、千葉県東部の刑部岬から太東崎までに及ぶ太平洋沿岸に面する、日本最大級の砂浜海岸。全域が千葉県立九十九里自然公園に指定されており、日本の白砂青松100選、日本の渚百選に選定されている[1][2][3]。『日本書紀』景行紀は玉浦とし、両端には玉前・玉崎神社があり、のち源頼朝が1里ごとに矢を立て99本に達したことから九十九里矢指ヶ浦と呼ばれた。
Wikipedia    内容詳細  
73.屏風ヶ浦
屏風ヶ浦(びょうぶがうら)は、千葉県銚子市から旭市までの太平洋海岸線に連なる海食崖の景勝地である。水郷筑波国定公園に属する[1]。2016年3月に国の名勝及び天然記念物に指定された[2]。房総の魅力500選に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
74.稲毛海浜公園  ・ 日本千葉市美浜区 高浜
稲毛海浜公園(いなげかいひんこうえん、英:Inage Seaside Park)は、千葉県千葉市美浜区にある都市公園(総合公園)である。東京湾(千葉港第5区)に面し、長さ約3km、面積約83ha。
Wikipedia    内容詳細  
75.犬吠埼
犬吠埼(いぬぼうさき)は、関東平野最東端に位置する千葉県銚子市の太平洋に突出する岬。水郷筑波国定公園に含まれる景勝地。岬には犬吠埼灯台が屹立する。岬一帯の町名にも犬吠埼が使用されている。郵便番号は288-0012[3]。
Wikipedia    内容詳細  
76.鵜原理想郷
鵜原理想郷(うばらりそうきょう)は、千葉県勝浦市鵜原の太平洋に面した勝浦湾の西側に突出する明神岬周辺の海岸景勝地。
Wikipedia    内容詳細  
77.沖ノ島 (千葉県)  ・ 日本(千葉県館山市)
沖ノ島(おきのしま)は、千葉県館山市の館山湾にある島(無人島かつ陸繋島)。自然環境区域として南房総国定公園に指定され、島の大半を沖ノ島公園として館山市が整備している。
Wikipedia    内容詳細  
78.勝浦海中公園
座標: 北緯35度8分7.81秒 東経140度17分5.2秒 / 北緯35.1355028度 東経140.284778度 / 35.1355028; 140.284778勝浦海中公園(かつうらかいちゅうこうえん)は千葉県勝浦市にある海域公園(旧称:海中公園)で、南房総国定公園のなかに位置している。
Wikipedia    内容詳細  
79.鴨川松島  ・日本(千葉県)
鴨川松島(かもがわまつしま)は、千葉県鴨川市の太平洋にある7つの島の総称である。日本三景の松島をイメージさせる景観から外房を代表する観光地の1つであり、新日本百景にも選ばれている。
Wikipedia    内容詳細  

東京都の海岸

80.釜の下海岸
釜の下海岸(かまのしたかいがん、Kamanoshita-beach)は東京都新島村の式根島にある海岸[1]。
Wikipedia    内容詳細  
81.羽伏浦海岸
羽伏浦海岸(はぶしうらかいがん)は、伊豆諸島・新島の東側にある海岸である。白い砂浜と海が延々と続く様は新東京百景に指定されている。同海岸の南に白ママ断層がある。
Wikipedia    内容詳細  

神奈川県の海岸

82.七里ヶ浜
七里ヶ浜(しちりがはま)は、神奈川県鎌倉市南西部にある相模湾に面した2.9kmほどの浜で、稲村ヶ崎と小動岬の間にある。日本の渚100選の一つで鎌倉市の町名でもある[6]。現行行政地名は七里ガ浜一丁目及び二丁目並びに七里ガ浜東一丁目から七里ガ浜東五丁目。住居表示は実施済み区域だが、七里ガ浜東三丁目の一部のみ未実施区域[7]。
Wikipedia    内容詳細  
83.湘南海岸
湘南海岸(しょうなんかいがん)は、神奈川県の湘南地域(平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、大磯町、二宮町)に位置する海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
84.本牧海づり施設  ・ 日本神奈川県横浜市中区本牧ふ頭1番地[9]
本牧海づり施設(ほんもくうみづりしせつ)は、神奈川県横浜市中区本牧ふ頭にある海釣り公園(海浜公園)である[9]。
Wikipedia    内容詳細  
85.馬堀海岸
馬堀海岸(まぼりかいがん)は、神奈川県横須賀市大津地区の町名である。住居表示が実施され、現行行政地名は馬堀海岸一丁目から馬堀海岸四丁目[4]。
Wikipedia    内容詳細  
86.三浦海岸
広義には、東京湾の入口である浦賀水道に面する金田湾を囲み、横須賀市野比から三浦市南下浦金田まで約10kmにわたって緩やかな弧を描く海岸を指す。狭義には、弧の南半分で三浦市に属する海岸、なかでも北側で津久井浜に、南側で菊名浜に連なる、三浦海岸海水浴場一帯の砂浜を指す。全国的に珍しく、例年お盆を過ぎてもクラゲが殆ど出現しないため、台風等による被害が無ければ海水浴場は9月末まで開設される。 2022年シーズンは海の家の設置希望者がなかったため海水浴場を開設しないことになった(三浦海岸に海水浴場が自主的に開設されない初の事例となる)
Wikipedia    内容詳細  
87.諸磯の隆起海岸
諸磯の隆起海岸(もろいそのりゅうきかいがん)は、神奈川県三浦市にある隆起海岸。
Wikipedia    内容詳細  
88.弁天島 (真鶴町)
弁天島(べんてんじま)は、神奈川県足柄下郡真鶴町の岩海岸(岩海水浴場)に存在する岩礁である。
Wikipedia    内容詳細  
89.真鶴岬
真鶴岬(まなづるみさき)は、神奈川県足柄下郡真鶴町にある岬である。神奈川県南西部、真鶴半島先端に位置し、相模灘に向けて突き出す。当地と三浦半島南端沖に浮かぶ城ヶ島の長津呂崎を結ぶ線より北側の海域が相模湾と呼ばれ、この線より南側の海域は相模灘と呼ばれている。神奈川県立真鶴半島自然公園に指定され、付近の森林は森林浴の森100選、沿岸部は日本の重要湿地500に指定されている。また、真鶴岬の先端を三ツ石と呼んでおり、「真鶴岬と三ツ石」がかながわの景勝50選に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
90.岩海水浴場
岩海水浴場(いわかいすいよくじょう)は、神奈川県足柄下郡真鶴町岩の相模湾に面した岩海岸にある海水浴場。古くから「源頼朝船出の浜」[1]とも呼ばれている。
Wikipedia    内容詳細  
91.三ツ石 (真鶴町)
三ツ石(みついし)は「笠島」とも呼ばれ、神奈川県足柄下郡真鶴町の真鶴半島の先端、真鶴岬の海上にある岩礁で、見る方向によって三つの岩でできているように見えるのでこの名がある。神奈川県立真鶴半島自然公園(「真鶴岬と三ツ石」)、箱根ジオパーク真鶴エリア(三ツ石海岸ジオサイト)の一部となっている。[1]
Wikipedia    内容詳細  
92.お林展望公園  ・ 日本真鶴町真鶴1178-1
お林展望公園(おはやしてんぼうこうえん)は、神奈川県足柄下郡真鶴町の公園である。
Wikipedia    内容詳細  

新潟県の海岸

93.笹川流れ
笹川流れ(ささがわながれ)は、新潟県村上市にある海岸。国の名勝および天然記念物に指定されている地域で(1927年指定「笹川流」)[1]、日本百景にも選定された県下有数の海岸景勝地である。笹川流れの笹川とは集落名(1889年まで存在した「笹川村」、現・村上市笹川)で、この笹川より沖合いの岩場まで潮流が見られたことが名の由来とされる。
Wikipedia    内容詳細  
94.瀬波海岸
瀬波海岸(せなみかいがん)は新潟県村上市瀬波にある海岸。近くに瀬波温泉街がある他、瀬波温泉海水浴場があり、環境省による快水浴場百選にも選ばれている。防風や防砂目的で海岸林が築かれており、元和6年(1620年)に、村上藩主が屋敷や畑を守るため植えたものが始まりといわれている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
95.外海府海岸
外海府海岸(そとかいふかいがん)は、新潟県の佐渡市(佐渡島)の北部に位置する海岸。両津地区の弾崎から相川地区の尖閣湾までの約50キロメートルを指す。海岸段丘が発達しており、一帯には奇岩、奇勝が連続する。佐渡弥彦米山国定公園の代表的な景勝地の一つで、佐渡海府海岸として国の名勝にも指定されている。日本の秘境100選に選ばれている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
96.角海浜
角海浜(かくみはま)は、越後毒消しの里として知られる、新潟県新潟市西蒲区の巻地区の日本海沿岸部に所在する町字またはその地域に在る砂浜海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
97.新潟海岸
新潟海岸(にいがたかいがん)は、新潟県新潟市内にある海岸。
Wikipedia    内容詳細  
98.ヒスイ海岸 (糸魚川市)
ヒスイ海岸(ヒスイかいがん)は、新潟県糸魚川市に位置する海岸の通称である。この通称は、同市内の海岸線でヒスイの原石を拾うことができることに由来する[1][2]。 糸魚川・青海付近の地図 糸魚川周辺のヒスイ産地とヒスイがよく見られる海岸線の地図。ヒスイがよく見られる海岸線は、地図上で青い太線で表示している(木島勉「縄文時代における翡翠加工 生産遺跡とその技術」『ヒスイ文化フォーラム2003』より) 糸魚川市に属する海岸のうち、糸魚川海岸(いといがわかいがん)と青海海岸(おうみかいがん)、そして親不知海岸(おやしらずかいがん)と市振海岸(いちぶりかいがん)の4地点が糸魚川ジオパークを構成する24のジオサイトに含まれている[注釈 1][5][6][7][8]。ヒスイ海岸では通称の由来となったヒスイ以外にも、ルビーやサファイアなどが時折見つかることがある[2]。糸魚川市の海岸で見られる石の種類は日本一といわれ、同市は「(自称)日本一の石ころタウン」と名乗っている
Wikipedia    内容詳細  
99.福浦八景
福浦八景(ふくうらはっけい)は、新潟県柏崎市西部にある海岸の特に優れた8つの景観である。
Wikipedia    内容詳細  
100.小木海岸
小木海岸(おぎかいがん)は、新潟県佐渡市の南西部に位置する海岸景勝地。「佐渡小木海岸」として、国の天然記念物及び名勝に指定されている。海岸線の長さは約8キロメートルで、玄武岩、粗面岩から成る海蝕崖が連続し、岩礁が非常に多く、変化に富んだ景観が連続する。
Wikipedia    内容詳細  
101.親不知
親不知(おやしらず)は、新潟県糸魚川市の西端に位置する崖が連なった地帯。正式には親不知・子不知(おやしらず・こしらず)といい、日本海の海岸の断崖絶壁に沿って狭い砂浜があるだけで古くから交通の難所として知られる[1]。
Wikipedia    内容詳細  

富山県の海岸

102.古志の松原
古志の松原(こしのまつばら)は、富山県富山市の岩瀬から浜黒崎に及ぶ松並木のことであり、本項においては富山県の天然紀念物に指定されている「浜黒崎の松並木」についても解説する。
Wikipedia    内容詳細  
103.雨晴海岸
座標: 北緯36度49分40.7秒 東経137度1分7.4秒 / 北緯36.827972度 東経137.018722度 / 36.827972; 137.018722
Wikipedia    内容詳細  
104.古志の松原
古志の松原(こしのまつばら)は、富山県富山市の岩瀬から浜黒崎に及ぶ松並木のことであり、本項においては富山県の天然紀念物に指定されている「浜黒崎の松並木」についても解説する。
Wikipedia    内容詳細  
105.宮崎・境海岸
宮崎・境海岸(みやざき・さかいかいがん)は、富山県下新川郡朝日町宮崎、境にまたがる日本海に面した海岸。幅200m・東西約4kmの砂利浜である。また海水浴場として整備されている。県内一の水質を誇り、環境省による快水浴場百選に選定、ほか日本の渚百選にも選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
106.雨晴海岸
雨晴海岸(あまはらしかいがん)は、富山県高岡市北部の海岸。能登半島国定公園に含まれ、日本の渚百選に選ばれている[1]。 概要
Wikipedia    内容詳細  

石川県の海岸

107.琴ヶ浜海岸 (石川県)
琴ヶ浜海岸(ことがはまかいがん)は、石川県輪島市門前町剱地の日本海に面した海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
108.猿山岬
猿山岬(さるやまみさき)は、石川県輪島市門前町深見と門前町吉浦の間にある、日本海に面した岬である。最大標高は猿山の332mで西側は侵食によって高さ200mもの断崖絶壁となって海に接している。先端に130万カンデラの猿山岬灯台がある。
Wikipedia    内容詳細  
109.曽々木海岸
曽々木海岸(そそぎかいがん)は、石川県輪島市にある海岸。能登半島有数の景勝地で、国の名勝および天然記念物に指定されている。海岸の背後に岩倉山が迫り込んでいたことから、「能登の親不知」と呼ばれるほどの難所として知られた。2015年(平成27年)4月24日、「灯り舞う半島 能登 -熱狂のキリコ祭り-」の構成文化財として日本遺産に認定される。
Wikipedia    内容詳細  
110.九十九湾
九十九湾(つくもわん)は、石川県能登町にあるリアス式海岸である。能登半島国定公園の北東部内浦側に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
111.恋路海岸
恋路海岸(こいじかいがん)は、能登半島七尾北湾に位置する石川県鳳珠郡能登町の1kmの海岸。沖には弁天島が浮かぶ。
Wikipedia    内容詳細  
112.能登金剛
能登金剛(のとこんごう)は、石川県能登地方羽咋郡志賀町に位置する景勝地である。
Wikipedia    内容詳細  
113.能登外浦海岸
能登外浦海岸(のとそとうらかいがん)は、能登半島の外側、つまり、富山湾側ではない日本海外洋に面した側の海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
114.尼御前岬
尼御前岬(あまごぜんみさき)は、石川県加賀市美岬町にある、日本海に面した岬である。越前加賀海岸国定公園内にあり[1]、海食台と断崖からなる奇勝で知られる[2]。
Wikipedia    内容詳細  
115.増穂浦海岸
増穂浦海岸(ますほがうらかいがん)は石川県羽咋郡志賀町の日本海沿岸部に広がる海岸。延長は3km[1]ないし4km[2]。海岸は海水浴場としても利用され、日本の水浴場55選[3]および日本の水浴場88選[4]に選出されているほか、海岸線に立ち並ぶ松原は日本の白砂青松100選に指定されている[5]。海水の透明度が高く、波打ち際に集まるキスの姿もはっきりと見ることができる[6]。
Wikipedia    内容詳細  
116.皆月湾
皆月湾(みなづきわん)は、石川県輪島市にある半円形の湾である。北の通ヶ鼻から南の小岬まで1.5kmで奥行きが1.1km、20mの等深線からなる。能登半島国定公園の北西部外浦側に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
117.ヤセの断崖
ヤセの断崖(ヤセのだんがい)は、石川県羽咋郡志賀町笹波にある断崖絶壁である。能登金剛と呼ばれる複雑に入り組んだ海岸線や奇岩・奇勝の数々が見渡せる。また、松本清張の小説を原作としたサスペンス映画『ゼロの焦点』の舞台として知られている[1][2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
118.禄剛崎
禄剛崎(ろっこうさき、ろっこうざき)は、能登半島の先端に位置し、日本海に面する岬。所属自治体は石川県珠洲市。
Wikipedia    内容詳細  
119.加佐ノ岬
加佐ノ岬(かさのみさき)は、石川県加賀市橋立町にある、日本海に面した岬である。加佐の岬[1]、加佐岬[2]とも表記される。
Wikipedia    内容詳細  

福井県の海岸

120.気比松原
気比松原(けひのまつばら)は、福井県敦賀市の景勝地。虹の松原、三保の松原に並び、日本三大松原の一つとされ[1][2]、1934年(昭和9年)に国の名勝に指定[3]されている。また、若狭湾国定公園の一部であり、みなとオアシス敦賀の構成施設の一つでもある。
Wikipedia    内容詳細  
121.蘇洞門
蘇洞門(そとも)は、福井県小浜市の内外海半島にある、日本海に面した海岸景勝地。全長は6キロメートルに及び、一帯には洞門、瀑布、断崖が見られる。1934年(昭和9年)に「若狭蘇洞門」という名称で国の名勝に指定[1]された。1955年(昭和30年)に指定された若狭湾国定公園に含まれる。
Wikipedia    内容詳細  
122.常神岬
常神岬(つねがみみさき)は、福井県南西部の三方上中郡若狭町常神に位置し、若狭湾に突出した常神半島の先端にある岬[1]。
Wikipedia    内容詳細  
123.東尋坊
東尋坊(とうじんぼう)は、福井県坂井市三国町安島に位置する崖。越前加賀海岸国定公園の特別保護地区に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
124.三方五湖  ・福井県三方郡美浜町、三方上中郡若狭町
三方五湖(みかたごこ)は、福井県三方郡美浜町と同県三方上中郡若狭町にまたがって位置する5つの湖の総称。若狭湾国定公園に含まれる。
Wikipedia    内容詳細  
125.内外海半島
内外海半島(うちとみはんとう)は、福井県小浜市北東部にある半島である。小浜湾側は穏やかな内海であり、半島の東端の松ヶ崎から若狭湾に直接面する半島で若狭湾国定公園に含まれる。
Wikipedia    内容詳細  
126.越前海岸
越前海岸(えちぜんかいがん)は、日本海に面し、福井県敦賀市杉津(すいづ)から越前岬を経て、坂井市三国町安島の東尋坊に至る海岸の総称。
Wikipedia    内容詳細  
127.越前加賀海岸国定公園
越前加賀海岸国定公園(えちぜんかがかいがんこくていこうえん)は、石川県加賀市から福井県敦賀市に至る海岸線を中心に指定された国定公園である。
Wikipedia    内容詳細  
128.明鏡洞
明鏡洞(めいきょうどう)とは、福井県大飯郡高浜町の若狭湾国定公園、城山公園内にある海食洞である。
Wikipedia    内容詳細  
129.門ヶ崎
門ヶ崎(もんがさき)は、福井県敦賀市白木に位置する断崖。若狭湾国定公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
130.大島半島 (福井県)
大島半島(おおしまはんとう)は、福井県おおい町北東部にある半島である。小浜湾側は穏やかな青戸入江であり、半島の先端のから若狭湾に直接面する半島で若狭湾国定公園に含まれる。若狭湾側は断崖であり、小浜湾側に集落が点在し、海水浴や釣り客で民宿が多い。かつては小浜藩の台場(小浜藩台場跡)もあった。
Wikipedia    内容詳細  
131.音海半島
音海半島(おとみはんとう)は、福井県高浜町北西部にある半島である。若狭湾西部に突出する半島で若狭湾国定公園に含まれる。西部に内浦湾、東部に通称高浜湾がある。
Wikipedia    内容詳細  

静岡県の海岸

132.国安海岸
国安海岸(くにやすかいがん、英語: Kuniyasu Beach)は、遠州灘に面した日本の海岸。
Wikipedia    内容詳細  
133.城ヶ崎海岸
城ヶ崎海岸(じょうがさきかいがん)は、静岡県伊東市の南西に位置する海岸。富士箱根伊豆国立公園の指定を受けている。
Wikipedia    内容詳細  
134.千浜海岸
千浜海岸(ちはまかいがん、英語: Chihama Beach)は、遠州灘に面した日本の海岸。
Wikipedia    内容詳細  
135.大浜海岸 (掛川市)
大浜海岸(おおはまかいがん、英語: Ōhama Beach)は、遠州灘に面した日本の海岸。
Wikipedia    内容詳細  
136.国安海岸
国安海岸(くにやすかいがん、英語: Kuniyasu Beach)は、遠州灘に面した日本の海岸。
Wikipedia    内容詳細  
137.千本浜
千本浜(せんぼんはま)は、静岡県沼津市の海岸。夏場には千本浜海水浴場として賑わう。
Wikipedia    内容詳細  
138.田子の浦
田子の浦(たごのうら)は、駿河湾西沿岸を指す名称であり歌枕。万葉仮名では田兒之浦(田兒浦)とあり、『続日本紀』や『平家物語』[注釈 1]には多胡浦とある。
Wikipedia    内容詳細  
139.千浜海岸
千浜海岸(ちはまかいがん、英語: Chihama Beach)は、遠州灘に面した日本の海岸。
Wikipedia    内容詳細  
140.ヒリゾ浜
ヒリゾ浜(ヒリゾはま)は、静岡県賀茂郡南伊豆町にある海岸[1]。中木漁港(座標)[注 1]と石廊崎の中間に位置する海岸で[5]、行政区画上は南伊豆町中木に属する[6]。かつてはアーチ型の岩の中に夕日が沈む光景が見られたことから「日入り洞浜」と呼ばれており、それが転じて「ヒリゾ浜」と呼ばれるようになったとされている[7]。ヒリゾ海岸[8]、ヒリド浜との表記も見られる[9]。
Wikipedia    内容詳細  
141.三保の松原
三保松原(みほのまつばら)は、静岡県静岡市清水区の三保半島にある景勝地。御穂神社の鎮守の杜として守られてきた。その美しさから日本新三景(大沼、三保松原、耶馬溪)、日本三大松原(三保の松原、虹の松原、気比の松原)のひとつとされ、国の名勝に指定されている[1]。また、ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産に登録されている。また、2020年(令和2年)6月19日には、文化庁の「日本遺産」のストーリー『日本初「旅ブーム」を起こした弥次さん喜多さん、駿州の旅~滑稽本と浮世絵が描く東海道旅のガイドブック(道中記)~』の構成文化財の1つに認定された[2]。
Wikipedia    内容詳細  
142.大崩海岸
大崩海岸(おおくずれかいがん)は、駿河湾沿いの静岡市駿河区石部から焼津市浜当目にかけて続く急崖の海岸。延長は約4km。地名は崩落が多いことに由来する。
Wikipedia    内容詳細  
143.大浜海岸 (掛川市)
大浜海岸(おおはまかいがん、英語: Ōhama Beach)は、遠州灘に面した日本の海岸。
Wikipedia    内容詳細  

愛知県の海岸

144.四海波
愛知県知多郡武豊町の海岸。
Wikipedia    内容詳細  
145.赤羽根海岸
赤羽根海岸(あかばねかいがん)は、愛知県田原市にある海岸である。旧・渥美郡赤羽根町の海岸部分を指し、太平洋ロングビーチまたは赤羽根ロングビーチという愛称で親しまれている。
Wikipedia    内容詳細  
146.千鳥ヶ浜 (愛知県)
千鳥ヶ浜 (ちどりがはま)は、知多半島西側の伊勢湾に面した海岸・浜。愛知県知多郡南知多町大字内海にある。
Wikipedia    内容詳細  
147.片浜十三里
片浜十三里(かたはまじゅうさんり)は、愛知県田原市渥美半島の先端、伊良湖岬付近にある日出の石門から、静岡県浜松市の浜名湖と外海の境目である今切れ口までの約52km(十三里)に亘って続く砂浜である。
Wikipedia    内容詳細  
148.恋路ヶ浜 (田原市)
恋路ヶ浜(こいじがはま)は、渥美半島の先端、伊良湖岬から付近にある日出の石門までの、約1kmの砂浜である。愛知県の田原市にある。
Wikipedia    内容詳細  

三重県の海岸

149.七里御浜
七里御浜(しちりみはま)は三重県熊野市から紀宝町にかけて熊野灘に面した浜。吉野熊野国立公園内に位置しており、七里御浜風致探勝林がある[1]。
Wikipedia    内容詳細  
150.国府白浜
国府白浜(こうしらはま)は、三重県志摩市阿児町国府にある海浜。通称は国府の浜。
Wikipedia    内容詳細  
151.二見浦
二見浦(ふたみがうら)は、三重県伊勢市二見町の今一色から立石崎に至る海岸。立石崎から神前岬までの海岸(神前海岸)もその一部とされることがある。
Wikipedia    内容詳細  
152.鬼ヶ城
鬼ヶ城(おにがじょう)は三重県熊野市木本町にある海岸景勝地。国の名勝(「熊野の鬼ケ城 附 獅子巖」〈くまののおにがじょう つけたり ししいわ〉)の一部である。
Wikipedia    内容詳細  

京都府の海岸

153.経ヶ岬
経ヶ岬(きょうがみさき)は、京都府京丹後市丹後町袖志に属し、日本海(若狭湾西部)に面する岬。経ヶ岬灯台がある。
Wikipedia    内容詳細  
154.琴引浜  ・京都府京丹後市網野町掛津小字西山7番ノ1
琴引浜(ことひきはま)は、丹後天橋立大江山国定公園の丹後半島海岸地区の一部で、京都府京丹後市網野町掛津地区および遊地区にまたがる海岸線の砂浜である[1][2]。古くは琴曳浜[1]、琴弾浜とも表記された[3]。摩擦係数の大きな石英を多く含むため、砂の乾燥した時期に歩くと砂の振動から「キュッキュッ」あるいは「ブブゥブブゥ」という音が鳴る[1]。鳴き砂の浜としては、日本最大級の規模をもつ[4]。
Wikipedia    内容詳細  
155.八丁浜
八丁浜(はっちょうはま)は、京都府京丹後市網野町浅茂川と網野町小浜にまたがる海岸。浅茂川にある嶋児神社には浦島伝説があり、浦島子、日子坐王などが祀られている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
156.浜詰海岸
浜詰海岸(はまづめかいがん)は、京都府京丹後市網野町浜詰地区にある海岸。「夕日ヶ浦海岸」もしくは「常世濱」とも称される[1]。日本の夕陽百選にも選ばれ、夕陽の美しい景勝地として知られている[2]。1987年(昭和62年)には日本の松の緑を守る会によって日本の白砂青松100選に選ばれた[3][4]。田道間守によって橘の木がもたらされた日本最古の場所であるという伝承が残る[5]。
Wikipedia    内容詳細  
157.穴文殊  ・京都府京丹後市丹後町袖志
穴文殊(あなもんじゅ)は、清涼山九品寺(きゅうひんじ/くほんじ)の通称である。また、その本尊である文殊菩薩像がかつて祀られていた経ヶ岬付近の海食洞のことをいう。丹後三文殊のひとつに数えられる[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
158.若狭湾
若狭湾(わかさわん)は、福井県から京都府にかけての海岸地形を形成する日本海が深く入り込んでできた湾。福井県北部西端の越前岬と京都府北端の経ヶ岬を結ぶ直線、及び本州の海岸線によって囲んだ海域を指し、2,657 km²の面積を有する。日本海側では珍しい大規模なリアス式海岸が特徴である。
Wikipedia    内容詳細  
159.若狭湾国定公園
若狭湾国定公園(わかさわんこくていこうえん)は、福井県敦賀市の笙の川河口左岸から京都府舞鶴市の由良川河口右岸に至る、若狭湾に面した海岸線を中心に指定された国定公園である。
Wikipedia    内容詳細  

大阪府の海岸

160.矢倉海岸  ・大阪府大阪市西淀川区西島
矢倉海岸(やぐらかいがん)は、大阪府大阪市西淀川区西島にある海岸[1]。一帯は矢倉緑地公園として整備されている。
Wikipedia    内容詳細  

兵庫県の海岸

161.気比の浜  ・兵庫県豊岡市気比
気比の浜(けいのはま)は兵庫県豊岡市気比にある白砂青松の砂浜、海水浴場。山陰海岸国立公園および山陰海岸ジオパークの区域内にある。通称Kビーチ。
Wikipedia    内容詳細  
162.慶野松原
慶野松原(けいのまつばら)は、淡路島の西側、播磨灘に面した兵庫県南あわじ市松帆古津路から松帆慶野にある松原である[1]。国指定の名勝。
Wikipedia    内容詳細  
163.下荒洞門
下荒洞門(したあらどうもん)は、兵庫県新温泉町の但馬御火浦にある海食洞。山陰海岸国立公園および山陰海岸ジオパークに属する。
Wikipedia    内容詳細  
164.須磨海岸
須磨海岸(すまかいがん)は、兵庫県神戸市須磨区にある海岸、景勝地。
Wikipedia    内容詳細  
165.千賊断崖
千賊断崖(せんぞくだんがい)は、兵庫県新温泉町の諸寄海岸にある高さ180メートルの崖。千束断崖とも。山陰海岸国立公園に属する。崖を構成する安山岩の模様が積み上げられた藁束のようであることが名称の由来とされる。
Wikipedia    内容詳細  
166.竹野海岸  ・兵庫県豊岡市竹野町
竹野海岸(たけのかいがん)は、兵庫県豊岡市にある岩礁海岸。山陰海岸国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
167.竹野浜
竹野浜(たけのはま)は、兵庫県豊岡市竹野町竹野にある白砂青松の砂浜で、日本海に面する竹野海岸の猫崎半島の東に位置する。竹野浜を含む竹野海岸は山陰海岸国立公園および山陰海岸ジオパークに属する。
Wikipedia    内容詳細  
168.但馬海岸  ・兵庫県豊岡市気比から美方郡新温泉町居組に至る岩礁海岸
但馬海岸(たじまかいがん)は日本海に面し、兵庫県豊岡市気比から美方郡香美町の香住海岸を経て美方郡新温泉町居組に至る東西約50kmの岩礁海岸。但馬国の海岸と同義。すべての海岸線が山陰海岸国立公園及び山陰海岸ジオパークに含まれ、一部の海岸部が国の名勝および天然記念物、海中公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
169.但馬御火浦
但馬御火浦(たじまみほのうら)は、兵庫県美方郡香美町と新温泉町にある、香住海岸西端の伊笹岬から浜坂海岸東端の観音山の間の約8キロメートルの岩礁海岸。御火浦という地名は、漁火に由来するとされる。
Wikipedia    内容詳細  
170.今子浦  ・兵庫県美方郡香美町香住区境
今子浦(いまごうら)は、兵庫県美方郡香美町にある入江。名勝香住海岸を代表する自然景勝地の一つ。今子浜、今子浦海岸とも呼ばれる。山陰海岸国立公園、山陰海岸ジオパークに属す。
Wikipedia    内容詳細  
171.釣鐘洞門
釣鐘洞門(つりがねどうもん )は、兵庫県香美町の名勝海岸但馬御火浦にある世界最大級の洞門。国の天然記念物。山陰海岸国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
172.竹野浜
竹野浜(たけのはま)は、兵庫県豊岡市竹野町竹野にある白砂青松の砂浜で、日本海に面する竹野海岸の猫崎半島の東に位置する。竹野浜を含む竹野海岸は山陰海岸国立公園および山陰海岸ジオパークに属する。
Wikipedia    内容詳細  
173.日本洞門
日本洞門(にほんどうもん)は兵庫県新温泉町の居組海岸にある鍾乳洞の海食洞。鍾乳日本洞門とも呼ばれる。山陰海岸国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
174.鳴尾浜臨海公園  ・日本西宮市
鳴尾浜臨海公園(なるおはまりんかいこうえん、英:Naruohama Seaside Park)は、兵庫県西宮市鳴尾浜にある海浜公園(総合公園)である。大阪湾に面した鳴尾地区埋立地に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
175.猫崎
猫崎(ねこざき)は、兵庫県豊岡市の竹野海岸に属し、竹野浜の西端を基部として北の日本海に突き出した岬。北緯35度40分28秒 東経134度45分51秒 / 北緯35.67444度 東経134.76417度 / 35.67444; 134.76417座標: 北緯35度40分28秒 東経134度45分51秒 / 北緯35.67444度 東経134.76417度 / 35.67444; 134.76417で兵庫県最北端。山陰海岸国立公園に含まれる。海抜42 mの場所に灯台があり、その光は18海里先まで達する。
Wikipedia    内容詳細  
176.はさかり岩
はさかり岩(はさかりいわ)は、兵庫県豊岡市の竹野海岸切浜にある岩。山陰海岸国立公園および山陰海岸ジオパークに属する。
Wikipedia    内容詳細  
177.浜坂県民サンビーチ  ・兵庫県美方郡新温泉町浜坂芦屋
浜坂県民サンビーチ(はまさかけんみんサンビーチ)は、兵庫県美方郡新温泉町にある白砂青松の砂浜。
Wikipedia    内容詳細  
178.日和山海岸  ・兵庫県豊岡市瀬戸
日和山海岸(ひよりやまかいがん)は、兵庫県豊岡市にある岩礁海岸。山陰海岸国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
179.旭洞門
旭洞門(あさひどうもん)は兵庫県新温泉町と香美町の境界にある鋸岬にある火山砕屑岩の海食洞。山陰海岸国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
180.吹上浜 (兵庫県)  ・ 日本兵庫県南あわじ市阿万吹上町113-1
吹上浜(ふきあげはま)は、兵庫県南あわじ市阿万吹上町に広がる砂浜の海岸。淡路島の中で最も南に位置する海岸の一つ[1]。NHK連続テレビ小説「まんぷく」の聖地として淡路島の観光スポットともなっている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
181.家島十景
家島十景(いえしまじっけい)は、瀬戸内海の家島諸島(兵庫県姫路市)にある10の景勝地の総称である。
Wikipedia    内容詳細  
182.今子浦  ・兵庫県美方郡香美町香住区境
今子浦(いまごうら)は、兵庫県美方郡香美町にある入江。名勝香住海岸を代表する自然景勝地の一つ。今子浜、今子浦海岸とも呼ばれる。山陰海岸国立公園、山陰海岸ジオパークに属す。
Wikipedia    内容詳細  
183.宇日流紋岩の流理
宇日流紋岩の流理(ういりゅうもんがんのりゅうり)は、兵庫県豊岡市北部の竹野海岸の平井の鼻から宇日海岸・田久日海岸にかけての海岸線に連続する宇日流紋岩を指す。
Wikipedia    内容詳細  
184.御崎
御崎(みさき)は、兵庫県赤穂市御崎に属し、瀬戸内海(播磨灘北西部)に面する岬。瀬戸内海国立公園の区域。日本百景の一つ。「恋人の聖地プロジェクト」により選定されたデートスポット。
Wikipedia    内容詳細  
185.諸寄東西洞門
諸寄東西洞門(もろよせとうざいどうもん)は、諸寄港を挟んで東と西に存在する諸寄東ノ洞門(もろよせひがしのどうもん)と諸寄西ノ洞門(もろよせにしのどうもん)の総称で、ともに兵庫県新温泉町の諸寄海岸にある海蝕洞である。山陰海岸国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
186.淀の洞門
淀の洞門(よどのどうもん)は兵庫県豊岡市の竹野海岸にある海食洞。山陰海岸国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
187.鎧の袖
鎧の袖(よろいのそで)は兵庫県香美町の香住海岸にある柱状節理と板状節理の断崖。山陰海岸国立公園に属する。国の天然記念物。
Wikipedia    内容詳細  
188.大浜海岸 (洲本市)  ・ 日本兵庫県洲本市洲本市海岸通1丁目
大浜海岸(おおはまかいがん)は兵庫県洲本市にある白砂青松の砂浜海岸。大浜公園、三熊公園とも呼ばれる。慶野松原と並ぶ淡路島を代表する景勝海岸で、一帯は瀬戸内海国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
189.大引きの鼻
大引の鼻(おおびきのはな)は、兵庫県香美町北部、香住海岸今子にある断崖の岬[1]。山陰海岸国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
190.岡見公園
岡見公園(おかみこうえん)は兵庫県香美町香住区一日市に位置する公園。香住海岸の展望スポットとして有名。
Wikipedia    内容詳細  
191.香住海岸  ・ 日本兵庫県美方郡香美町
香住海岸(かすみかいがん)は、兵庫県美方郡香美町にある岩礁海岸。山陰海岸国立公園に属する[1]。国の名勝[2]。
Wikipedia    内容詳細  

和歌山県の海岸

192.紀の松島
紀の松島(きのまつしま)は、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にある勝浦湾の湾口周囲約17kmに点在する大小130余りの島々の総称である。
Wikipedia    内容詳細  
193.雑賀崎
雑賀崎(さいかざき)は、和歌山県和歌山市にある岬。瀬戸内海国立公園の指定特別地域。雑賀崎漁港周囲の丘陵部に家々が建ち並ぶ風景から「日本のアマルフィ」とも呼ばれる[1]。
Wikipedia    内容詳細  
194.三段壁
三段壁(さんだんべき)は和歌山県西牟婁郡白浜町三段にある自然景勝地(崖)。「円月島(高嶋)・千畳敷・三段壁」の名称で国の名勝に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
195.三段壁洞窟
三段壁洞窟(さんだんべきどうくつ)は、和歌山県西牟婁郡白浜町の熊野枯木灘海岸県立自然公園内にある[1]景勝地・三段壁の地下36mに広がる海蝕洞で、源平合戦で知られる熊野水軍の舟隠し場の伝承が残る史跡でもある。
Wikipedia    内容詳細  
196.白良浜
白良浜(しららはま)は、和歌山県西牟婁郡白浜町の鉛山湾沿岸に位置する砂浜である。石英の砂からなる白い浜辺と白浜温泉で知られる。ハワイ・ワイキキビーチの友好姉妹浜 (Goodwill Beach City Relationship) である。
Wikipedia    内容詳細  
197.千畳敷 (和歌山県)
千畳敷(せんじょうじき)は和歌山県西牟婁郡白浜町の瀬戸崎から崎ノ湯にかけて位置する海食台[1]。円月島および三段壁とともに「円月島(高嶋)・千畳敷・三段壁」の名称で国の名勝に指定されている[2]。吉野熊野国立公園(田辺地域)の一部に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
198.高嶋 (和歌山県)  ・ 日本(和歌山県西牟婁郡白浜町)
高嶋(たかしま)は和歌山県西牟婁郡白浜町の臨海浦に浮かぶ島。国の名勝に指定されている。円月島(えんげつとう)の通称で名高い。南紀白浜のシンボルの一つ。夕景の名所としても知られる。春分・秋分の時期には、中心部の穴を通して夕日が見える。
Wikipedia    内容詳細  
199.千里の浜
千里の浜(せんりのはま)は、和歌山県日高郡みなべ町にある海岸。太平洋に面しており、延長約1.3km、幅約100m[1]。吉野熊野国立公園(田辺地域)の一部[1]。和歌山県指定史跡(1964年〈昭和39年〉7月20日指定)[2]。
Wikipedia    内容詳細  
200.二里ヶ浜
二里ヶ浜(にりがはま)は、和歌山県和歌山市にある砂浜。磯ノ浦海水浴場があることで知られている。
Wikipedia    内容詳細  
201.橋杭岩  ・〒649-3511和歌山県東牟婁郡串本町鬮野川1549
橋杭岩(はしぐいいわ)は、和歌山県東牟婁郡串本町にある奇岩群。同町の大字鬮野川(くじのかわ)小字橋杭の海岸から紀伊大島方面へ大小約40の岩が南西一列におよそ850メートルもの長きにわたって連続してそそり立っている。直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれている。また干潮時には岩の列中ほどに附属する弁天島まで歩いて渡ることができる。なお、弁天島の西側には朱色の鳥居があり、それをくぐると小道があって少し登ると岸壁を背にした祠があり、参拝することができる。
Wikipedia    内容詳細  
202.番所庭園  ・和歌山県和歌山市雑賀崎
番所庭園(ばんどこていえん)は和歌山県和歌山市の雑賀崎にある庭園。
Wikipedia    内容詳細  
203.海金剛
海金剛(うみこんごう)は和歌山県東牟婁郡串本町にある自然景勝地。吉野熊野国立公園に含まれる。
Wikipedia    内容詳細  
204.煙樹ヶ浜
煙樹ヶ浜(えんじゅがはま)は、和歌山県日高郡美浜町にある海岸。
Wikipedia    内容詳細  
205.和歌浦  ・〒644-0001和歌山県和歌山市和歌浦西二丁目1-19
和歌浦(わかのうら)は和歌山県北部、和歌山市の南西部に位置する景勝地の総称。国指定の名勝。2017年4月に「絶景の宝庫 和歌の浦」として日本遺産に認定された[1]。
Wikipedia    内容詳細  
206.神島 (和歌山県)  ・日本(和歌山県)
神島(かしま)は、和歌山県田辺市にある無人島。全島が照葉樹林に覆われ、南方系の植物が多く知られることから、天然記念物に指定されている。南方熊楠が保存運動に動いたことでも知られている。
Wikipedia    内容詳細  

鳥取県の海岸

207.山陰海岸国立公園
山陰海岸国立公園(さんいんかいがんこくりつこうえん)は、京都府の丹後の網野海岸から兵庫県の但馬御火浦を経て鳥取県の東部の鳥取砂丘までの日本海に面する75kmの海岸線を中心とする日本の国立公園である。当公園を中核とするエリアが世界ジオパーク「山陰海岸ジオパーク」に認定されている。
Wikipedia    内容詳細  
208.山陰海岸ジオパーク
山陰海岸ユネスコ世界ジオパーク(さんいんかいがんユネスコせかいジオパーク、英: San'in Kaigan UNESCO Global Geopark)は、鳥取県岩美町、鳥取市北部、兵庫県豊岡市、香美町、新温泉町、京都府京丹後市にまたがる[1]、山陰海岸国立公園とその周辺からなるジオパークである。山陰海岸地域にある地質遺産を保護・保全するほか、ジオツーリズムや教育・研究への活用、地域社会への貢献等を目的としている。2008年に日本ジオパークネットワークへの、2010年に世界ジオパークネットワークへの加盟が認定された[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
209.皆生海岸
皆生海岸(かいけかいがん)は、鳥取県米子市にある海岸。上空から見るとおわん状の小さな湾がいくつもならんだ海岸線になっている。[1]「皆生温泉海遊ビーチ」という名称で、海水浴場として整備されている。皆生温泉は、この皆生海岸の浅瀬で湧きだしていた温泉が発見され、これを有本松太郎が開発したことから始まっている。
Wikipedia    内容詳細  
210.鳥取砂丘
鳥取砂丘(とっとりさきゅう)は、鳥取県鳥取市の日本海海岸に広がる広大な砂礫地で、代表的な海岸砂丘である。山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されており、南北2.4 km、東西16 kmに広がる[1]。1955年(昭和30年)に国の天然記念物に、2007年(平成19年)に日本の地質百選に選定された。大山と並んで鳥取県のシンボルの一つとされている。
Wikipedia    内容詳細  
211.東浜 (岩美町)
東浜(ひがしはま)は、鳥取県岩美郡岩美町陸上にある海岸。浦富海岸の一部。
Wikipedia    内容詳細  
212.弓ヶ浜半島
弓ヶ浜半島(ゆみがはまはんとう)は、本州の日本海側、鳥取県西端部に位置する半島である。弓浜(きゅうひん)半島、夜見ヶ浜(よみがはま)半島、五里ヶ浜(ごりがはま)半島とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
213.東浜海岸
東浜海岸(ひがしはまかいがん)は、鳥取県岩美郡岩美町陸上にある海岸[1]。国の天然記念物である浦富海岸の一部[2]。
Wikipedia    内容詳細  
214.浦富海岸
浦富海岸(うらどめかいがん)は、鳥取県岩美郡岩美町にある約15キロメートルにわたるリアス式海岸。但馬御火浦の西に位置する。
Wikipedia    内容詳細  

島根県の海岸

215.国賀海岸
国賀海岸(くにがかいがん)は、隠岐諸島の西ノ島(島根県隠岐郡西ノ島町)北西部に位置する自然景勝地。昭和13年に国の名勝に指定、続いて昭和38年に国立公園に指定された。所在地をとって隠岐国賀海岸ともいわれる。
Wikipedia    内容詳細  
216.琴ヶ浜
琴ヶ浜(ことがはま)は島根県大田市仁摩町(旧邇摩郡仁摩町)にある砂浜。鳴き砂(鳴り砂とも言う)で有名であり、1996年に日本の音風景100選と日本の渚百選に選ばれる。延長1.6Km。
Wikipedia    内容詳細  
217.静之窟
静之窟(しずのいわや)は、島根県大田市静間町魚津の海岸に存在する海食洞(奥行は約45m、高さは約13m)で「静窟(しずがいわや)」ともいう。大田市指定の天然記念物である。
Wikipedia    内容詳細  
218.島根半島
島根半島(しまねはんとう)は、島根県の北東に位置し、北側を日本海、東側を美保湾、南側を中海、宍道湖に囲まれた半島である。出雲市大社の日御碕から松江市美保関の地蔵崎に至る東西65km、南北15 - 20kmの半島で、一帯は200 - 500mの丘陵地となっている。境水道、大橋川に加え、宍道湖と日本海(恵曇港)を直接結ぶ、人工運河の佐陀川が天明時代に掘削されたので、半島東部は本土と切り離されている。北岸は日本海の荒波によって浸食された海食崖や沈水海岸が連続し、その中に小湾が続き、恵曇(えとも)や七類、片江、御津、十六島(うっぷるい)などの漁港がある。
Wikipedia    内容詳細  
219.浄土ヶ浦
浄土ヶ浦(じょうどがうら)は島根県隠岐諸島の島後、東部に位置する海岸。浄土ヶ浦海岸ともいう。風光明媚な景勝地で知られ、また隠岐布施海岸の名で、国の名勝にも指定されている。大山隠岐国立公園に含まれる。なお、名は一休宗純がこの地を訪れ、さながら極楽浄土のようだと謳ったということにちなんでいるという。
Wikipedia    内容詳細  
220.知夫赤壁
知夫赤壁(ちぶせきへき、ちぶりせきへき)は、島根県隠岐郡知夫村の西海岸にある高さ50から200メートルの巨大な岩石の壁である。一般には「赤壁(あかかべ)」と呼ばれる。酸化鉄のためにその岩石の色が赤、茶、黒に変色し、同郡西ノ島町の国賀海岸とは違って強烈な印象がある。陸から展望台があるほか、海からも遊覧船がある。
Wikipedia    内容詳細  
221.波根西の珪化木
波根西の珪化木(はねにしのけいかぼく)は、島根県大田市久手町の波根西海岸にある机島を中心とした岩礁に存在する樹木の化石。火山泥流が固結した際に珪化が起こり、第三紀中新世大森層の角礫凝灰岩層が波打ち際に露出したものである[1]。国の天然記念物に指定されている[2]。
Wikipedia    内容詳細  
222.赤尾展望所
赤尾展望所(あかおてんぼうじょ)とは、島根県隠岐郡西ノ島町浦郷に所在する、国賀海岸(摩天崖など)を一望できる展望所[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
223.稲佐の浜
稲佐の浜(いなさのはま)は、島根県出雲市大社町にある砂浜。
Wikipedia    内容詳細  
224.摩天崖
摩天崖(まてんがい)は、島根県隠岐郡西ノ島町浦郷に位置する海崖。隠岐ユネスコ世界ジオパークおよび大山隠岐国立公園にそれぞれ指定されている隠岐諸島の西ノ島にある。
Wikipedia    内容詳細  
225.石見畳ヶ浦
石見畳ヶ浦(いわみたたみがうら)は、島根県浜田市にある海岸景勝地。単純に畳ヶ浦ともいう。名の由来は千畳敷が畳を敷き詰めたように見えることに因む。
Wikipedia    内容詳細  
226.加賀の潜戸
加賀の潜戸(かかのくけど)は島根県松江市北部(旧島根町)、日本海に面する潜戸鼻にある海岸景勝地。加賀は集落名を表し、単純に潜戸ともいい、加賀潜戸と表記することもある。1927年(昭和2年)国の名勝及び天然記念物に「潜戸」の名称で指定されている[1]。大山隠岐国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  

岡山県の海岸

227.沙美海岸
沙美海岸(さみかいがん)は、岡山県倉敷市玉島黒崎(沙美西及び沙美東[1])に位置する海浜公園である。
Wikipedia    内容詳細  
228.渋川海岸
渋川海岸(しぶかわかいがん)は、岡山県玉野市渋川に位置する海岸。瀬戸内海国立公園に属し、環境省による快水浴場百選をはじめ、日本の渚百選、日本の白砂青松100選に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
229.高島 (岡山県笠岡市)  ・ 日本(岡山県笠岡市 笠岡諸島)
高島(たかしま)は、岡山県笠岡市にある笠岡諸島に属する有人島。人口71人(2022年)[1]。
Wikipedia    内容詳細  
230.日生諸島
日生諸島(ひなせしょとう)は、瀬戸内海の諸島。岡山県東部および一部は兵庫県南西部に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
231.犬島  ・ 日本・岡山県岡山市東区
犬島(いぬじま)は瀬戸内海に位置する島のひとつである。犬島諸島最大の島であり、行政上は岡山県岡山市東区犬島に属する。犬島本島とも呼ばれる[2]。岡山市内唯一の有人離島でもある[2]。郵便番号は704-8153(西大寺郵便局管区)[3]。2016年9月30日現在で人口49人[4]。2010年10月1日時点で35世帯[5]。
Wikipedia    内容詳細  
232.みなとの見える丘公園  ・ 日本岡山県備前市
みなとの見える丘公園(みなとのみえるおかこうえん)は岡山県備前市日生町にある公園。
Wikipedia    内容詳細  
233.王子が岳  ・ 日本岡山県玉野市渋川四丁目岡山県倉敷市児島唐琴
王子が岳(おうじがたけ、おうじがだけ)は、岡山県南部、児島半島の玉野市と倉敷市児島の境に位置する山稜。最高峰は標高233.9mの新割山(しんわりやま)[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
234.夕立受山  ・ 日本岡山県備前市穂浪・日生
夕立受山(ゆうだちうけやま)は、岡山県備前市にある山である。瀬戸内海国立公園に属し、眼下に広がる片上湾や日生諸島の眺望が良い。
Wikipedia    内容詳細  
235.鷲羽山  ・ 日本岡山県倉敷市下津井田ノ浦
鷲羽山(わしゅうざん)は、岡山県倉敷市下津井田ノ浦にある山である。児島半島最南端付近に位置する。
Wikipedia    内容詳細  

広島県の海岸

236.鞆の浦
鞆の浦(とものうら)は、広島県福山市鞆地区の沼隈半島南端にある港湾およびその周辺海域。
Wikipedia    内容詳細  
237.厳島  ・ 日本(広島県廿日市市)[1][2]
厳島(いつくしま)は、広島県廿日市市宮島町にある島。瀬戸内海西部、広島湾の北西部に位置する。通称は安芸の宮島(あきのみやじま)、または宮島。
Wikipedia    内容詳細  
238.音戸の瀬戸
音戸の瀬戸(おんどのせと)は、広島県の呉市にある本州と倉橋島の間に存在する海峡。この瀬戸とは、海峡を意味する[1]。ほぼ南北に伸びる海峡で南北方向約1,000メートル、幅は北口で約200メートル、南口の狭いところで約80メートル。瀬戸内銀座と称される瀬戸内海有数の航路であり、平清盛が開削したという伝説や風光明媚な観光地として知られている
Wikipedia    内容詳細  

山口県の海岸

239.須佐ホルンフェルス
須佐ホルンフェルス (すさホルンフェルス)は、山口県萩市須佐高山にある変成岩地形。日本の地質百選の一つ[1][2]。本来は須佐の高山にある変成岩地形全体を指すが、主に観光ガイド等では「須佐ホルンフェルス大断層」や「須佐ホルンフェルス大断崖」等と呼ばれ、須佐ホルンフェルスの一部で海食崖である畳岩を指して、須佐ホルンフェルスと紹介されていることが多い。
Wikipedia    内容詳細  
240.須佐湾
須佐湾(すさわん)は山口県萩市(旧須佐町)にある、日本海に面する小湾。国の名勝及び天然記念物に指定されており(1928年)、北長門海岸国定公園を代表する景観の一つ。湾の内部は穏やかな入り江が見られる一方で、外部は断崖が連続し、特徴的な縞模様で知られる須佐ホルンフェルスがある。
Wikipedia    内容詳細  
241.千畳敷 (山口県)
千畳敷(せんじょうじき)は、山口県長門市日置中に位置する草原・台地。
Wikipedia    内容詳細  
242.きらら浜
きらら浜(きららはま)は、山口県山口市阿知須にある山口湾(周防灘)を望む干拓地。国営干拓事業時代の事業名称でもある阿知須干拓地(あじすかんたくち)とも呼ばれる。総面積は286ha。
Wikipedia    内容詳細  
243.室積海岸
室積海岸(むろづみかいがん)は、山口県光市に位置する海岸で、瀬戸内海国立公園の指定地の一つである。延長5kmに及ぶ海岸線に沿ってクロマツ林が広がる海水浴場としても知られる。市街地を挟んで西側には、同じく長い海岸線を持つ虹ヶ浜海岸が位置する。
Wikipedia    内容詳細  
244.青海島  ・ 日本 山口県長門市
青海島(おおみじま、おうみじま)は、山口県長門市の北の日本海にある島である。
Wikipedia    内容詳細  

徳島県の海岸

245.北の脇海岸  ・徳島県阿南市中林町-見能林町
北の脇海岸(きたのわきかいがん)は、徳島県阿南市中林町にある紀伊水道に面した海岸である。日本の渚百選に選定。
Wikipedia    内容詳細  
246.小鳴門海峡
小鳴門海峡(こなるとかいきょう)は、徳島県鳴門市の四国本土と大毛島・高島・島田島との間に位置する海峡である。狭義には北部の最狭部である小鳴門新橋付近(幅約110m)を指す。小鳴門、あるいは撫養の瀬戸とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
247.小松海岸  ・徳島県徳島市川内町旭野
小松海岸(こまつかいがん)は、徳島県徳島市川内町にある紀伊水道に面した海岸である。夏の海水浴シーズンには小松海水浴場が開かれる。
Wikipedia    内容詳細  
248.小神子海岸  ・徳島県徳島市大原町小神子
小神子海岸(こみこかいがん)は、徳島県徳島市大原町に位置する海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
249.千羽海崖
千羽海崖(せんばかいがい)は、徳島県海部郡美波町の室戸阿南海岸国定公園特別保護地区で、日和佐港の南西に続く断崖絶壁の海岸、景勝地。
Wikipedia    内容詳細  
250.田井の浜  ・徳島県海部郡美波町田井
田井の浜(たいのはま)は、徳島県海部郡美波町にある砂浜海岸である。夏季には田井の浜海水浴場が開かれる。快水浴場百選選定。
Wikipedia    内容詳細  
251.千鳥ヶ浜 (徳島県)  ・徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦
千鳥ヶ浜(ちどりがはま)は、徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦の大毛島にある瀬戸内海に面した海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
252.中林海岸  ・徳島県阿南市中林町
中林海岸(なかばやしかいがん)は、徳島県阿南市中林町にある紀伊水道に面した海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
253.鳴門海峡
鳴門海峡(なると かいきょう、国際名称・英語名: Naruto Strait)は、日本の四国の北東端にある大毛島孫崎(徳島県鳴門市)と淡路島門崎(兵庫県南あわじ市)との間に位置する海峡[1]。瀬戸内海の播磨灘と太平洋の紀伊水道を結ぶ海峡である[1]。「大鳴門(おおなると)」ともいう。日本百景に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
254.相ヶ浜  ・徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦福池
相ヶ浜(あいがはま)は、徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦の大毛島にある瀬戸内海に面した海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
255.袙海岸  ・徳島県阿南市大潟町
袙海岸(あこめかいがん)は、徳島県阿南市大潟町にある紀伊水道に面した海岸である。「あこめ海岸」と表記されることもある。夏季には袙海水浴場が開かれる。
Wikipedia    内容詳細  
256.淡島海岸  ・徳島県阿南市福村町・畭町
淡島海岸(あわしまかいがん)は、徳島県阿南市福村町および畭町にある紀伊水道に面した海岸である。夏季には淡島海水浴場が開かれる。
Wikipedia    内容詳細  
257.内妻海岸  ・徳島県海部郡牟岐町内妻
内妻海岸(うちづまかいがん)は、徳島県海部郡牟岐町の八坂八浜にある海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
258.恵比須洞
恵比須洞(えびすどう)は徳島県海部郡美波町にある洞窟である。とくしま88景選定。
Wikipedia    内容詳細  
259.恵比須浜  ・徳島県海部郡美波町恵比須浜
恵比須浜(えびすはま)は、徳島県海部郡美波町にある砂浜海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
260.大毛海岸  ・徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字大毛
大毛海岸(おおげかいがん)は、徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦の大毛島にある瀬戸内海に面した海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
261.八坂八浜  ・徳島県海部郡牟岐町内妻 - 海部郡海陽町浅川
八坂八浜(やさかやはま)は、徳島県牟岐町から海陽町に広がる海岸。室戸阿南海岸国定公園指定。
Wikipedia    内容詳細  
262.大里松原海岸  ・徳島県海部郡海陽町大里
大里松原海岸(おおさとまつばらかいがん)は、徳島県海部郡海陽町にある太平洋に面した海岸である。日本の白砂青松100選選定。
Wikipedia    内容詳細  
263.横須海岸  ・徳島県小松島市横須町 - 同市金磯町
横須海岸(よこすかいがん)は、徳島県小松島市横須町から同市金磯町に位置する海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
264.大手海岸 (小松島市)  ・徳島県小松島市和田島町遠見
大手海岸(おおてかいがん)は、徳島県小松島市和田島町にある紀伊水道に面した海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
265.大手海岸 (海陽町)  ・徳島県海部郡海陽町宍喰浦字松原
大手海岸(おおてかいがん)は、徳島県海部郡海陽町にある太平洋に面した海岸である。別名は宍喰海岸。
Wikipedia    内容詳細  
266.大手海岸 (鳴門市)  ・徳島県鳴門市里浦町里浦
大手海岸(おおてかいがん)は、徳島県鳴門市里浦町里浦にある紀伊水道に面した海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
267.竜宮の磯  ・徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦高砂
竜宮の磯(りゅうぐうのいそ)は、徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦の大毛島に位置する海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
268.大浜海岸 (美波町)  ・徳島県海部郡美波町日和佐浦
大浜海岸(おおはまかいがん)は、徳島県海部郡美波町日和佐浦に位置する延長約500mの砂浜である。日本の渚百選・四国のみずべ八十八カ所選定。
Wikipedia    内容詳細  
269.大神子海岸  ・徳島県徳島市大原町大神子
大神子海岸(おおみこかいがん)は、徳島県徳島市の日峰大神子公園にある紀伊水道に面した海岸である。日峯大神子広域公園の一部。
Wikipedia    内容詳細  
270.岡崎海岸 (徳島県)  ・徳島県鳴門市撫養町岡崎
岡崎海岸(おかざきかいがん)は、徳島県鳴門市撫養町岡崎にある海岸。
Wikipedia    内容詳細  
271.沖洲海岸  ・徳島県徳島市北沖洲4丁目
沖洲海岸(おきのすかいがん)は、徳島県徳島市北沖洲にある紀伊水道に面した海岸である。海岸の一部はマリンピア北緑地として整備されている。
Wikipedia    内容詳細  
272.蒲生田岬
蒲生田岬(かもだみさき[1]、がもうだみさき[2]、かもうだみさき[2])は、瀬戸内海紀伊水道に突き出た形の四国最東端の岬である。徳島県阿南市椿町に位置し、室戸阿南海岸国定公園に属する[2]。
Wikipedia    内容詳細  

香川県の海岸

273.寒霞渓
寒霞渓(かんかけい)は、香川県の小豆島にある渓谷。国指定の名勝。
Wikipedia    内容詳細  
274.銀波浦
銀波浦(ぎんぱうら)は、香川県小豆郡土庄町にある観光地[1]。
Wikipedia    内容詳細  
275.琴林公園  ・ 日本香川県さぬき市津田町津田
琴林公園(きんりんこうえん)は、香川県さぬき市津田町津田に位置する面積約9.3haの香川県営の都市公園(風致公園)である[1]。名前は、松原を吹き抜ける風の琴を奏でるような音に由来するという。一般的には津田の松原と呼ばれる。松原を抜けた先の浜辺は美しく、夏は海水浴客を多く集める。
Wikipedia    内容詳細  
276.琴弾公園  ・ 日本香川県観音寺市有明町
琴弾公園(ことひきこうえん)は、香川県観音寺市にある香川県営の都市公園(風致公園)である[1]。瀬戸内海国立公園に含まれ、国の名勝に指定されている。1897年に県立公園として開園。設計は園芸師の小沢圭次郎。
Wikipedia    内容詳細  
277.竹居観音岬
竹居観音岬(たけいかんのんみさき)は、四国最北端とされる岬である。香川県高松市庵治町・庵治半島の端に位置し瀬戸内海国立公園に属する。観音崎や竹居岬とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  
278.父母ヶ浜
父母ヶ浜(ちちぶがはま)は、香川県三豊市仁尾町にある燧灘に面した海岸で古くから海水浴場として知られている[1]。四国八十八景70番に、「日の入り前のマジックアワー父母ヶ浜の夕日」として選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
279.直島町  ・〒761-3110香川県香川郡直島町1122番地1北緯34度27分35秒 東経133度59分44秒 / 北緯34.45981度 東経133.99564度 / 34.45981; 133.99564座標: 北緯34度27分35秒 東経133度59分44秒 / 北緯34.45981度 東経133.99564度 / 34.45981; 133.99564町役場位置
直島町(なおしまちょう)は、香川県の町で、香川郡に属する。瀬戸内海上に浮かぶ直島を中心とした直島諸島の島々で構成される。
Wikipedia    内容詳細  
280.粟島 (香川県)  ・ 日本 香川県三豊市
粟島(あわしま)は、香川県三豊市に位置し、詫間港の北西4.5kmの海上に浮かぶ島。面積3.72km2、周囲16km。北東に高見島、東に志々島がある。南西の細長い半島は荘内半島。
Wikipedia    内容詳細  
281.エンジェルロード
エンジェルロードは、香川県小豆郡土庄町にある砂洲である。景勝地になっている。
Wikipedia    内容詳細  
282.女木島  ・ 日本(香川県高松市)
女木島(めぎじま)は、瀬戸内海にある島。香川県高松市女木町に属する。郵便番号は760-0092(高松中央郵便局管区)。また、女木島は「雌」、男木島は「雄」を指し、両者で雌雄島(しゆうじま)を成す[1]。
Wikipedia    内容詳細  
283.余島
余島(よしま)は香川県小豆郡土庄町字余島に位置する島々の総称。また、特にその島々の中で最大面積の大余島を指して使用される場合もある。
Wikipedia    内容詳細  
284.男木島  ・ 日本(香川県高松市)
男木島(おぎじま/おぎしま[注 1])は瀬戸内海中部の備讃瀬戸に位置する、面積1.34 km2の島である。2019年(令和元年)現在で109世帯168人[6][注 2]。行政上は香川県高松市男木町に属する。郵便番号は760-0091(高松中央郵便局管区)。隣島である女木島とは、雌雄島(しゆうじま)の関係にある[8]。
Wikipedia    内容詳細  

愛媛県の海岸

285.蕪崎海岸
蕪崎海岸(かぶらさきかいがん)は、愛媛県四国中央市土居町大字蕪崎地先にある海岸。
Wikipedia    内容詳細  
286.姫ヶ浜
姫ヶ浜(ひめがはま)は、愛媛県松山市長師(中島本島)にある海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
287.北条鹿島  ・ 日本 愛媛県松山市
北条鹿島(ほうじょうかしま)は、愛媛県松山市北条地区(旧・北条市)の沖合いにある島。鹿島(かしま)とも呼ばれる。野生のキュウシュウジカが生息している[1][2]。北条港から渡船で渡ることができる[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  

高知県の海岸

288.竜串
竜串(たつくし)は高知県西部の足摺岬近辺にある奇勝。竜串海岸ともいい、土佐清水市にある。狭義では竜串のみを指し、広義では周辺の見残し海岸を含める一帯を指す。いずれも足摺宇和海国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
289.白山洞門
白山洞門(はくさんどうもん)は、高知県土佐清水市足摺岬にある海蝕洞である。高知県の天然記念物に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
290.足摺岬
足摺岬(あしずりみさき)は、高知県南西部土佐清水市に属し、太平洋(フィリピン海)に突き出る足摺半島の先端の岬。足摺宇和海国立公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
291.室戸岬
室戸岬(むろとざき、むろとみさき)は、高知県室戸市に属し、太平洋(フィリピン海)に突き出る室戸半島の先端の岬。国の名勝、室戸阿南海岸国定公園に指定、日本新八景、四国八十八景22番に選定されている。北緯33度14分34秒 東経134度10分35秒 / 北緯33.24278度 東経134.17639度 / 33.24278; 134.17639 (室戸岬)座標: 北緯33度14分34秒 東経134度10分35秒 / 北緯33.24278度 東経134.17639度 / 33.24278; 134.17639 (室戸岬)。波乗り(サーフィン)の名所でもある。
Wikipedia    内容詳細  
292.大堂海岸
大堂海岸(おおどうかいがん)は、高知県幡多郡大月町にある海岸である。足摺宇和海国立公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
293.桂浜
桂浜(かつらはま)は、高知県高知市浦戸に位置し太平洋に臨む海岸。土佐民謡「よさこい節」にも詠われ、そして太平洋を望んで立つ坂本龍馬の銅像がある浜辺は、高知を代表する名所の一つとして知られる。四国八十八景26番。
Wikipedia    内容詳細  

福岡県の海岸

294.芥屋の大門
芥屋の大門(けやのおおと)とは、福岡県糸島市志摩芥屋の海岸にある海食洞である。1966年(昭和41年)に国の天然記念物に指定された。「芥屋大門」と表記されることもある。
Wikipedia    内容詳細  
295.三里松原
三里松原(さんりまつばら)は、福岡県遠賀郡岡垣町から芦屋町までの響灘[注 1]沿岸部に広がる松林。隣接する海岸と合わせて三里松原海岸とも呼ばれる。一帯は玄海国定公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
296.千仏鍾乳洞
千仏鍾乳洞(せんぶつしょうにゅうどう)は福岡県北九州市小倉南区平尾台にある鍾乳洞。1935年12月24日に国の天然記念物に指定された。
Wikipedia    内容詳細  
297.奈多海岸 (福岡県)
奈多海岸(なたかいがん)は、福岡市東区奈多の海岸。博多湾の北部に位置し志賀島、海の中道と陸続きである。
Wikipedia    内容詳細  
298.二見ヶ浦 (福岡県)
二見ヶ浦(ふたみがうら)は、福岡県の玄海国定公園内に位置し[1]、同県の糸島市志摩桜井[2]にある海岸。桜井二見ヶ浦(さくらいふたみがうら)または筑前二見ヶ浦(ちくぜんふたみがうら)とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  

佐賀県の海岸

299.立神岩 (佐賀県)
立神岩(たてがみいわ)は、佐賀県唐津市湊町岡の海岸にある岩柱。玄界灘に面し、玄海国定公園の景勝地のひとつ[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
300.虹の松原
虹の松原(にじのまつばら)は、佐賀県唐津市の唐津湾沿岸に広がる松原。
Wikipedia    内容詳細  
301.屋形石の七ツ釜
屋形石の七ツ釜(やかたいしのななつがま)とは、佐賀県唐津市の海岸に複数並んで存在する、海食洞である。
Wikipedia    内容詳細  

長崎県の海岸

302.九十九島 (西海国立公園)
九十九島(くじゅうくしま)は北松浦半島西岸に連なるリアス式海岸の群島である。全域が西海国立公園に指定されている。
Wikipedia    内容詳細  
303.展海峰
展海峰(てんかいほう)とは、長崎県佐世保市下船越町にある展望公園。1981年(昭和56年)から整備が始められた比較的新しい観光地である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
304.七ツ釜鍾乳洞
七ツ釜鍾乳洞(ななつがましょうにゅうどう)は長崎県西海市西海町中浦北郷にある複数の鍾乳洞の総称。1928年に西彼杵郡七釜村(現・西海市西海町)の七釜尋常小学校職員による数回の調査で発見され、1936年に「七釜鍾乳洞」の名称で国の天然記念物に指定された。西彼杵半島県立公園の一部[3][4]。観光地としては一般公開されている「清水洞」を指す。
Wikipedia    内容詳細  

熊本県の海岸

305.妙見浦
妙見浦(みょうけんうら / みょうけんがうら)は、熊本県の天草諸島天草下島西岸、天草灘沿岸に発達する海岸。天草市に属する。風光明媚な景勝地で、国の名勝及び天然記念物(1935年指定)。雲仙天草国立公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  

大分県の海岸

306.黒ヶ浜
黒ヶ浜(くろがはま)は、大分県大分市佐賀関の佐賀関半島先端の関崎にある海岸である。日豊海岸国定公園の一部であり、「黒ヶ浜及びビシャゴ岩」として国の登録記念物に登録され[1][2]、日本の渚百選に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
307.黒津崎海岸
黒津崎海岸(くろつざきかいがん)は、大分県国東市国東地区の国東半島東部にある砂浜海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
308.神崎海岸
神崎海岸(こうざきかいがん)は、大分県大分市大字本神崎にある海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
309.佐志生海岸
佐志生海岸(さしうかいがん)は、大分県臼杵市佐志生にある海岸。
Wikipedia    内容詳細  
310.下ノ江海岸
下ノ江海岸(したのえかいがん)は、大分県臼杵市下ノ江にある海岸。
Wikipedia    内容詳細  
311.白木海岸 (大分県)
白木海岸(しらきかいがん)は、大分県大分市大字白木にある海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
312.住吉浜
住吉浜(すみよしはま)は、大分県杵築市にある海岸。
Wikipedia    内容詳細  
313.田ノ浦海岸 (大分県)
田ノ浦海岸(たのうらかいがん)は、大分県大分市西部に位置する別府湾沿いの海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
314.奈多海岸 (大分県)
奈多海岸(なだかいがん)は、大分県杵築市にある海岸である。「奈多」は、「なた」ではなく「なだ」と読む[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
315.最勝海海岸
最勝海海岸(にいなめかいがん)は、大分県佐伯市(旧上浦町)にある海岸。
Wikipedia    内容詳細  
316.間越海岸
間越海岸(はざこかいがん)は、大分県佐伯市米水津(旧米水津村)にある海岸。
Wikipedia    内容詳細  
317.波当津海岸
波当津海岸(はとうづかいがん、はとづかいがん)は、大分県佐伯市蒲江にある海岸である。日豊海岸国定公園の一部である。
Wikipedia    内容詳細  
318.豊後二見ヶ浦
豊後二見ヶ浦(ぶんごふたみがうら)は、大分県佐伯市上浦(旧南海部郡上浦町)の日豊海岸国定公園内にある海岸である。佐伯市の名勝に指定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
319.糸ヶ浜
糸ヶ浜(いとがはま)は、大分県速見郡日出町大神にある海岸。
Wikipedia    内容詳細  
320.真玉海岸
真玉海岸(またまかいがん)は、大分県豊後高田市臼野にある、周防灘に面した海岸である。国東半島の西側の付け根に位置し西方に開けているため、夕陽の美しさで知られ、国の登録記念物(名勝地関係)に登録されたほか、日本の夕陽百選おおいた遺産にも「真玉海岸の夕陽」として選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
321.馬ノ瀬 (大分県)
馬ノ瀬(まのせ[1]、うまのせ[2])は、国東半島北部の大分県国東市国見町にある岩礁[2]である。
Wikipedia    内容詳細  
322.元猿海岸
元猿海岸(もとさるかいがん、もとざるかいがん)は、大分県佐伯市蒲江の元猿湾にある海岸。日豊海岸国定公園の一部であり[1]、日本の渚百選に選定されている。
Wikipedia    内容詳細  
323.大志生木海岸
大志生木海岸(おおじゅうきかいがん)は、大分県大分市大字志生木にある海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
324.和間海岸
和間海岸(わまかいがん)は、大分県宇佐市にある海岸。和間海岸の干潟としておおいた遺産に選定されており、和間干潟とも呼ばれる。
Wikipedia    内容詳細  

宮崎県の海岸

325.願いが叶うクルスの海
願いが叶うクルスの海(ねがいがかなうクルスのうみ)は、宮崎県日向市細島にある名勝である。
Wikipedia    内容詳細  
326.須美江家族旅行村
須美江家族旅行村(すみえかぞくりょこうむら)は、宮崎県延岡市須美江町にある滞在型総合レジャー施設である。
Wikipedia    内容詳細  
327.日豊海岸
日豊海岸(にっぽうかいがん)は、大分県中・南部から宮崎県北部にかけての、豊後水道及び日向灘沿いの海岸の総称。
Wikipedia    内容詳細  
328.鼻熊 (千貫目)
鼻熊(はなぐま)または千貫目(せんがんめ)は、宮崎県延岡市にある海蝕洞。
Wikipedia    内容詳細  
329.青島 (宮崎県)  ・ 日本 宮崎県
青島(あおしま)は、宮崎県宮崎市の南東部海岸付近に所在する架橋された島。
Wikipedia    内容詳細  
330.日向サンパーク
日向サンパーク(ひゅうがサンパーク)は、宮崎県日向市大字幸脇にある総合レクリエーション施設である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
331.日向岬
日向岬(ひゅうがみさき)または細島半島(ほそしまはんとう)は、宮崎県日向市の海岸沿いにある景勝地である。日向岬の秀麗なリアス式海岸は日豊国定公園の南端部に位置しており、独特な地形及び植生が保護されている。日向岬には日向灘と地形を望む観光地が点在し、行楽シーズンには多くの観光客でにぎわう観光スポットとしての側面もある。
Wikipedia    内容詳細  
332.馬ヶ背
馬ヶ背(うまがせ)は、宮崎県日向市細島にある日向岬の景勝地。日豊海岸国定公園の南端付近に位置する。
Wikipedia    内容詳細  
333.南北浦海岸
南北浦海岸(みなみきたうらかいがん)は、宮崎県延岡市北東部にある海岸の名称である。
Wikipedia    内容詳細  

鹿児島県の海岸

334.黒島 (鹿児島県)  ・ 日本
黒島(くろしま)は、薩南諸島北部に位置する有人島である。全国の他の黒島と区別するため薩摩黒島(さつまくろしま)と呼ばれることもある。郵便番号は890-0902。人口は176人、世帯数は96世帯(2022年7月1日現在)[1]。大隅諸島には、含まれるとする説と含まれないとする説とがある。竹島、硫黄島および周辺の小島や岩礁とあわせて鹿児島郡三島村を構成する。地名(行政区画)としての「黒島」の呼称は鹿児島県鹿児島郡三島村の大字となっており、全島がこれに該当する。
Wikipedia    内容詳細  
335.佐多岬
佐多岬(さたみさき)は、鹿児島県肝属郡南大隅町佐多馬籠に位置し、大隅海峡に面する岬。北緯30度59分42秒、東経130度39分42秒。鹿児島湾東岸の大隅半島のみならず、九州本島の最南端にあたる。霧島錦江湾国立公園(旧・霧島屋久国立公園)に含まれる。佐多岬先端部は2012年10月29日まで一帯を管理していた岩崎産業が運営する佐多岬展望公園として入園料を徴収していたが、10月30日付で譲渡され南大隅町の所有となり、無料で入園できるようになった。公園入口前の佐多岬駐車場には九州最南端の公衆電話がある。
Wikipedia    内容詳細  
336.竹島 (鹿児島県)  ・ 日本
竹島(たけしま)は、鹿児島県の薩南諸島北部に位置する島である。行政区画(地名)としては全島が鹿児島郡三島村大字竹島に属する。
Wikipedia    内容詳細  
337.種子島  ・ 日本・鹿児島県
種子島(たねがしま)は、九州の鹿児島県に属し、大隅諸島を構成する島の一つ。
Wikipedia    内容詳細  
338.千座の岩屋
千座の岩屋(ちくらのいわや)は、日本の鹿児島県南種子町にある洞窟である。
Wikipedia    内容詳細  
339.吐噶喇列島
吐噶喇列島(とかられっとう)は、南西諸島のうち、鹿児島県側の薩南諸島に属する島嶼群。行政区域は全島が鹿児島県鹿児島郡十島村である。天気予報など気象の地域区分としては、南側にある奄美群島と共に奄美地方の一部(北部)として扱われる。
Wikipedia    内容詳細  
340.長崎鼻 (鹿児島県)
長崎鼻(ながさきばな)は、鹿児島県南部、薩摩半島の最南端にある岬である。鹿児島県指宿市山川岡児ケ水(旧山川町)に位置する。指宿カルデラの外輪山の一角を成しており、一帯は火山岩にて形成されている。
Wikipedia    内容詳細  
341.吹上浜  ・ 日本 鹿児島県いちき串木野市、日置市、南さつま市
吹上浜(ふきあげはま)は、鹿児島県西部のいちき串木野市・日置市・南さつま市にかけての砂丘海岸。日本三大砂丘と呼ばれている[1]ほか、日本の渚百選にも選定されている。薩摩半島西岸に位置し東シナ海に面する。吹上浜一帯は、1953年に県立自然公園に指定された。南部に吹上浜海浜公園があり、1987年からほぼ毎年「吹上浜砂の祭典」が開催されている。
Wikipedia    内容詳細  
342.阿久根大島  ・ 日本 (鹿児島県)阿久根大島 (鹿児島県)
阿久根大島(あくねおおしま)は、鹿児島県阿久根市の沖合いおよそ3kmに浮かぶ周囲およそ4kmの無人島で、阿久根市の重要な観光スポットとなっている。島の名は元来「大島」であったが他の「大島」との区別のため「阿久根」を冠して「阿久根大島」と呼ばれることも多い。阿久根県立自然公園に属する。
Wikipedia    内容詳細  
343.吹上浜  ・ 日本 鹿児島県いちき串木野市、日置市、南さつま市
吹上浜(ふきあげはま)は、鹿児島県西部のいちき串木野市・日置市・南さつま市にかけての砂丘海岸。日本三大砂丘と呼ばれている[1]ほか、日本の渚百選にも選定されている。薩摩半島西岸に位置し東シナ海に面する。吹上浜一帯は、1953年に県立自然公園に指定された。南部に吹上浜海浜公園があり、1987年からほぼ毎年「吹上浜砂の祭典」が開催されている。
Wikipedia    内容詳細  
344.硫黄島 (鹿児島県)  ・ 日本
硫黄島(いおうじま)は、薩南諸島北部に位置する島である。郵便番号は890-0901。人口は125人、世帯数は62世帯(2020年5月1日現在)[1]。薩摩硫黄島(さつまいおうじま)とも呼ばれる。大隅諸島に含まれるとする説と含まれないとする説とがある。
Wikipedia    内容詳細  
345.屋久島  ・ 日本鹿児島県熊毛郡屋久島町
屋久島(やくしま)は、鹿児島県の大隅半島佐多岬南南西約60kmの海上に位置する島。熊毛郡屋久島町に属し、近隣の種子島や口永良部島などと共に大隅諸島を形成する。南方に位置するトカラ列島や奄美群島などとともに南西諸島を構成する。
Wikipedia    内容詳細  
346.大浜海浜公園
大浜海浜公園(おおはまかいひんこうえん)は、鹿児島県の奄美大島中部の奄美市にある公園。奄美群島国立公園(旧奄美群島国定公園)内に位置する[1]。
Wikipedia    内容詳細  

沖縄県の海岸

347.茅打バンタ
茅打バンタ (かやうちばんた)は、沖縄県国頭郡国頭村宜名真に位置する観光地で、高さ約100mの断崖絶壁。ハンタとは方言で端や崖のことを指し、束ねた茅を崖から投げ落とすと強風でバラバラになったことからこの名がついたといわれている。やんばる国立公園(2016年までは沖縄海岸国定公園)に含まれる。
Wikipedia    内容詳細  
348.コンドイ浜
コンドイ浜(コンドイはま)は、沖縄県八重山郡竹富町の竹富島西部にある海岸である[1][2][3][4]。
Wikipedia    内容詳細  
349.佐和田の浜
佐和田の浜(さわだのはま)は、沖縄県宮古島市の伊良部島北西部から下地島北東部にかけての海岸。日本の渚百選に選定されている[1]。
Wikipedia    内容詳細  
350.白保サンゴ礁
白保サンゴ礁(しらほサンゴしょう)は、沖縄県石垣市の白保地区を中心とする石垣島東岸に位置するサンゴ礁である。
Wikipedia    内容詳細  
351.砂山ビーチ
砂山ビーチ(すなやまビーチ)は、沖縄県宮古島市の宮古島にある砂浜である。
Wikipedia    内容詳細  
352.石西礁湖
石西礁湖(せきせいしょうこ[1])は、石垣島と西表島の間に広がる日本国内最大のサンゴ礁[1]海域である。
Wikipedia    内容詳細  
353.竹富島  ・ 日本 沖縄県八重山郡竹富町
竹富島(たけとみじま)は、沖縄県の八重山列島にある島である。全島が沖縄県八重山郡竹富町に属している。
Wikipedia    内容詳細  
354.トゥドゥマリの浜
トゥドゥマリの浜(トゥドゥマリのはま)は、南西諸島西表島の宇那利崎の付け根にある砂浜である。通称は月ヶ浜。
Wikipedia    内容詳細  
355.渡口の浜
渡口の浜(とぐちのはま)は、沖縄県宮古島市の伊良部島南西部にある砂浜海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
356.名蔵アンパル
名蔵アンパル(なぐらアンパル、名蔵網張)は、日本の沖縄県石垣市西部に位置する干潟およびマングローブ林を含む地域である。地元では単にアンパルと呼ばれている。アンパルには網張という漢字があてられ、真栄里マニカという賊を捕らえるため、名蔵川周囲を村民総出で網を張るがごとく包囲したことに由来すると言われているが[1]、「網を張って漁をする」あるいは「人頭税からの逃亡者を捕える」との説もある[2]。
Wikipedia    内容詳細  
357.仲本海岸
仲本海岸(なかもとかいがん)は、沖縄県竹富町の黒島西部にある海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
358.ニシ浜
ニシ浜(ニシはま、北浜[1])は、沖縄県八重山郡竹富町の波照間島北部にある海岸である。
Wikipedia    内容詳細  
359.はての浜
はての浜(はてのはま)は、沖縄本島から西に約100キロメートル(km)、久米島沖東5kmに浮かぶ砂だけからなる3つの無人島の総称である[1]。
Wikipedia    内容詳細  
360.アーラ浜
アーラ浜(アーラはま)は、沖縄本島から西に約100km、沖縄諸島に属する久米島南西部にある砂浜。海岸には、湧き水の淡水が流れ込み、このため魚介類が豊富な浜としても知られ、大潮の干潮時には約1kmほど沖合いの珊瑚礁のリーフへ徒歩で渡ることができる。この時期には、海人が貝やタコなどを捕獲する光景が見られ、多くの人でにぎわうが、普段は人家の少ない海岸である。海岸の左手の岩場の先付近の珊瑚礁と夕日の美しさでも知られるが、場所的に分かりにくく不便であるため、人は少ない
Wikipedia    内容詳細  
361.東平安名岬
東平安名岬(ひがしへんなざき)は、沖縄県宮古島市城辺字保良に位置し、太平洋及び東シナ海に面する岬である。宮古島の南東端で、同島を代表する観光地のひとつとなっている。東平安名崎とも書く。
Wikipedia    内容詳細  
362.新城海岸
新城海岸(あらぐすくかいがん)は、宮古島東部の沖縄県宮古島市城辺字新城にある砂浜である。
Wikipedia    内容詳細  
363.ペムチ浜
ペムチ浜(ペムチはま)は、沖縄県八重山郡竹富町の波照間島南部にある海岸である[1]。日本最南端の有人島である波照間島の南側に位置する砂浜であり、日本最南端の浜とも呼ばれる[2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
364.石垣島東海岸の津波石群
石垣島東海岸の津波石群(いしがきじまひがしかいがんのつなみいしぐん)は、沖縄県石垣市の石垣島の東海岸に点在する津波石である。
Wikipedia    内容詳細  
365.保良泉ビーチ
保良泉ビーチ(ボラガービーチ[1])は、宮古島南東部の沖縄県宮古島市城辺字保良にある砂浜。
Wikipedia    内容詳細  
366.真栄田岬
真栄田岬(まえだみさき)は、沖縄県恩納村真栄田区にある岬である。万座毛と同じく琉球石灰岩で形成される断崖が連なり[1]、隆起サンゴ礁が三角に突き出し、崖下には入り江と岬、深い青色の海が広がっている。岬にある洞窟は、青の洞窟 (恩納村)としてよばれダイビングスポットとなっている。[2]悪天候の場合は遊泳禁止となる。*真栄田岬の公式ホームページでは本日の海の状況を確認でき入水の可、不可が分かる。冬にはクジラを見ることもできる。[3]
Wikipedia    内容詳細  
367.万座毛
万座毛(まんざもう)は、沖縄県国頭郡恩納村にある名勝地。恩納村のほぼ中央、東シナ海に面した標高約20メートルの琉球石灰岩からなる絶壁で、象の鼻に似た奇岩がある。崖上は芝生台地となっている。沖縄海岸国定公園である[1][2][3]。
Wikipedia    内容詳細  
368.吉野海岸
吉野海岸(よしのかいがん)は、宮古島東部の沖縄県宮古島市城辺字吉野にある砂浜・海水浴場[1]である。
Wikipedia    内容詳細  
369.与那覇前浜
与那覇前浜(よなはまえはま)は、沖縄県宮古島市の宮古島にある砂浜・海水浴場である。
Wikipedia    内容詳細  
370.与那覇湾
与那覇湾(よなはわん)は、沖縄県宮古島市の宮古島の南西部にある湾である。2012年7月3日にラムサール条約の登録湿地となった[1][2]。
Wikipedia    内容詳細  
371.帯岩
帯岩(おぴいわ)は、沖縄県宮古島市の下地島の西岸にある巨岩である。
Wikipedia    内容詳細  
372.川平湾
川平湾(かびらわん)は、沖縄県石垣市の石垣島北西部にある湾である。
Wikipedia    内容詳細  

TOPへ戻る

about/inquiry/company/privacypolicy/免責